What's new
10月の出来事

{October}

タイで人の新規感染例、状態は安定(31日)
ギリシャでの鳥フルは否定(30日)
ベトナムで鳥フル疑いで2名死亡(29日)
WHO、中国へ少女の死亡原因の詳細情報公開迫る(29日)
タイ帰りのフランス人はH3N2インフルエンザであることが確認(28日)
ロッシュ社、米国に対して、
タミフル個人備蓄予防に、インフルエンザシーズンまでタミフル供給を保留と(28日)

米国で8000億ドルの緊急鳥フル対策費(28日)
タイ旅行のフランス人3人が鳥フル感染の疑い(27日
中国湖南省で12歳少女がH5N1鳥フル感染死亡の疑い(27日)
ドイツでカモが死亡、鳥フル感染か(26日)
中国で2100羽のガチョウが鳥フルに感染(25日)
オタワで保健担当大臣と専門家達による鳥フル対策国際会議が2日間の予定で開催(24日)
台湾の鳥はH5N1には感染していなかったと、台湾当局が反発(24日)
英国:検疫中に死亡のオウムは、台湾から輸入の鳥からH5N1ウイルスが感染と推定(24日)
台湾でもH5N1ウイルスが流行の可能性?

スエーデンのカモ、H5型の弱毒株と発表(24日)
米国で、個人的にタミフルの備蓄傾向が高まる(23日)
スエーデンでカモが鳥フルで死亡、ウイルス株は不明(23日)
中国、人人感染が生じたら国境の閉鎖と(23日
スリナム(英国輸出オウムがH5N1感染)から日本へも鳥が輸出と(23日)
日本政府、鳥フル対策本部設置へ(22日)
台湾、独自でタミフル製造方法を開発、製造へ(22日)
クロアチアで白鳥から鳥フルウイルス(22日)
英国で検疫中の南米産オウムからH5株が検出(22日)

中国から台湾へ密輸の愛玩用鳥がH5N1感染(20日
欧米人の3割以上が鳥フルを警戒(20日)
ヨーロッパロシア(モスクワ南方)でもH5N1発生の可能性(20日)
中国内蒙古自治区でH5N1鳥フルが家禽の間で発生(19日)
タイで大阪大学開発人用鳥フルワクチンの臨床試験へ(19日
スイス、ロッシュ社、タミフル製造ライセンスを他社に提供と(18日
ギリシャでも鳥フル(H5株)確認される(18日)
EU、鳥フル対策のさらなる強化に(17日)
ルーマニアで家禽の大量殺処分開始(16日)
ルーマニアの鳥フル、H5N1と確認、ヨーロッパへの拡大が確認された(15日)
インドの大手製薬会社、タミフルのコピー薬(海賊版)を製造、発売へ(15日)
韓国で鳥フル警戒予報が14日発令、国内で警戒感が強まる(15日)
バルカン諸国、鳥フル対策を強化(15日)
WHO西太平洋地域事務所長官、尾見茂氏、東南アジアの鳥フル対策に2億6千万ドルが必要と訴える(15日)
ベトナムの少女から分離したH5N1ウイルスがタミフル耐性と(15日)

トルコでH5N1ウイルスが正式に確認(14日)
ルイスのロッシュ社、タミフル製造量を10倍に(13日)
米国でタミフルの個人的備蓄量が増え出す(13日)

米国各地で鳥フル対策に関心が高まる(12日)
WHO、人用ワクチンの迅速製造方法を模索(12日)
トルコとルーマニアで鳥フル発生、タイプについては未定(10日)
ルーマニアでも鳥フル発生か?(8日)
ロシアの大規模養鶏場で鳥フル(H5N1)が発生、大量の鶏が死亡(8日
ロッシュ社、タミフルのインターネット販売に注意するように警告、偽造薬の可能性も(7日)
アナン国連総長、鳥フル対策における先進国の協力を要請(7日)
インドネシア、鳥フル対策の遅れに国際的非難が高まる(7日)
ワシントンで鳥フル対策国際会議(7日)
ブッシュ米大統領、遺伝子組み換え技術による人用鳥フルワクチン製造の要請(7日)

1918年スペイン風邪ウイルス再生される!!
ウイルスは「鳥フルウイルス」で、現在のH5N1鳥フルウイルスに近似していて、人インフルエンザウイルスとは異なっていた。(6日)

インドネシアで鶏がH5N1鳥フルウイルスのキャリア化の可能性(6日)
米大統領、流行時には軍隊を動員して隔離体制を(5日)
ブラジルで来年早々、人用鳥フルワクチン製造へ(4日)
オーストラリアで人用鳥フルワクチンの臨床試験が始まる(4日)
インドネシア、7人目の死者か?これまで60人以上が鳥フル確認、または疑いと(3日)
北ベトナムで流行しているH5N1ウイルスがタミフル耐性と(1日)