What's new
11月の出来事

{November}

ドイツの企業がH5N1鳥フル感染診断キットを発売、7時間で判定と(30日)
FAO、ホーチミン市での野鳥の殺処分に、意義が薄いと警告(30日)
野生動物専門家会議、野鳥は鳥フル伝搬の可能性は低いと(28日)
ニュージーランド政府、タミフルの個人輸入に警告(27日)
ルーマニアで家禽の間で鳥フル拡大(27日)
台湾もタミフル独自製造へ(26日)
インドネシア独自にタミフル製造へ、ロッシュ社も協力(26日)
WHO、アジアの鳥フル対策に3000万ドル必要と(25日)
インドネシア、津波大災害のスマトラで家禽に鳥フルが発生(25日)
WHO、中国安徽省へ調査チーム派遣の予定(24日)
中国安徽省で35歳女性が鳥フルで死亡、WHOは特に警戒度に変化はなしと(24日)
米国内で鳥フル危機に対して、冷静な反応が広がり始める(22日)
中国で家禽の間で鳥フル広がる−−6省3自治区(21日
米国で新型インフルエンザ流行に対する懐疑的意見も強まる(20日)
タイで11歳少女他が鳥フル感染疑い(20日)
日本の小児のタミフルの副作用死疑い、FDAは否定(19日)
米国議会、大統領の新型インフルエンザ対策予算を拒否(18日)
インドネシアで女性2名の感染が確認(17日)
WHO、中国で鳥フル感染の2名を確認(17日)
中国湖南省の9歳少年(原因不明の肺炎例)からH5N1抗体が検出(16日)
中国政府、全家禽160億羽にワクチン接種と(16日)
富める国がタミフルを独占−−WHOとロッシュ社が対策を協議(15日)
中国で在留邦人へ鳥フル注意報(15日)
インドネシアで女性が鳥フル疑いで死亡(14日)
ベトナムのH5N1ウイルスが変異しているという報告(13日)
日本、行動計画を作成(12日)
中国、湖北省でも鳥フル発生(12日)
タイで1歳半の幼児が鳥フル発病、現在回復へ(12日)
クエートで死亡渡り鳥(フラミンゴ)からH5N1ウイルスが検出(11日)
シンガポール企業が、H5N1鳥フル診断迅速キットを発売(11日)
->A型株の測定キットという情報も(12日)

遼寧省で116人が隔離される(10日)
湖南省で豚がH5N1感染との報道(10日)
中国、遼寧省での流行拡大中、温家宝首相警告を表明、WHOも詳細情報を要求(10日)
ジュネーブ国際会議:鳥と人における明確な二本立て対策を論議(9日)

米国で鳥フル対策に関する論議が高まる(9日)
中国の湖南省事例の見解変更に多大の関心が集まる(8日)
国連、世界規模の鳥フル戦略計画(7日)
中国湖南省で発生した人鳥フル感染疑いの3例、鳥フルを否定できないと中国当局、診断についてのWHOの協力を要請(6日)

米国各州で鳥フル対策が進む(6日)
オーストラリアで中国からの帰国者が、鳥フル疑いで検査(4日)
中国北東部の北京東部遼寧省で鶏と野鳥の間でH5N1鳥フルが発生(4日)
国連アナン総長、鳥フル戦略を発表(4日)
インドネシアで小児3人が鳥フル疑いで入院(3日)
英国のMRCチーム、中国と北ベトナムを調査:隠蔽人感染例は無いと(3日)
米国大統領鳥フル戦略計画に71億ドルの予算を要求(2日)
日本とカナダでH5型鳥フル感染が確認、H5N1の可能性は低いと(1日)