What's new
7月の出来事

 米国の世界的研究者達が、変異鳥フルウイルスが、アヒルを「トロイの木馬」として、アヒルを介して他の鳥達と人にウイルスが伝搬されている研究結果を発表。この「トロイのアヒル」説は米国のマスメディアを中心として世界中で発表された(19日)。
 6月末中国青海省を調査したWHOとFAOの研究者達は中国当局に情報のさらなる公開と分離ウイルスの提供を求めた。しかしながら中国当局から未だ回答はない。それに対して
19日、ワシントンポストは中国の情報隠しを非難し、先週中国側に同紙の主張に対するコメントを要求したことを明らかにした。さらに20日、全米の各紙はWHOの要求に応えない中国当局に対する非難の記事を掲載して、中国が情報を公開しない理由は、予想以上に流行が拡大し、危険性のある状態だからではないかとの憶測を呼んでいる。さらに21日、米国の多くのメディアは、2年前に中国から日本に輸入されたアヒルの冷凍肉にH5N1ウイルスが混入していたと発表した日本人研究者の発表に注目して、2年前から中国のアヒルの間でH5N1ウイルスがすでに蔓延していた証拠と論評した。
 インドネシアで鳥フル(H5N1)疑いで父娘の3人が死亡したが(
12日)、20日全員がH5N1鳥フルウイルスにい感染していたことが、香港の研究所で確かめられた。本年度抗体検査で感染が一人確認されていたが、発病して死亡に至った例はインドネシアでは初となる。またこの家族例は鳥と接触の既往がなかったが、26日、インドネシア当局は、庭に存在していた鶏の糞からH5N1ウイルスを検出して、それが感染源と発表した。
 ベトナムで新規鳥フル死亡例が2名明らかとなり、他に十数名の患者が疑い例としてハノイの病院に入院中と報道(
14日
 タイで約3カ月ぶりに鶏での鳥フル発生が報告された。定期的視察により発見された模様。WHOとFAOが、東南アジアでは鳥フルが風土病のように根付いてしまっていて、完全撲滅まで今後10年間は要するだろうと語っているが、その妥当性が強調される結果。
 ベトナムで、抗インフルエンザ効果が期待されるVIRA 38の、家禽におけるH5N1予防・治療効果に対する臨床試験が始まる。
 フィリピンで無症状アヒル3羽からH5亜型株が検出された。香港へ輸出のための定期的検査により判明。無症状で、死亡したアヒルは1羽もいないと言う。地域の鶏のウイルス検査でも全て陰性だったと言う。検体はオーストラリアで検査されたが、強毒性のウイルス(H5N1)も弱毒性のウイルスも発見されなかった(
18日)。
 一方、3カ月近く家禽での鳥フル発生が無かったタイで、定期検査で鳥フル発生が確認された。WHOやFAOが先日の会議で発表した、鳥フルは東南アジアに住み着いて風土病のように今後流行を繰り返す、という表現の妥当性が強調される。
 
7日「Nature」と「Science」の論文発表で改めて、中国における渡り鳥のH5N1ウイルス感染が各報道で取り上げられ、9月から中国青海省からインドなど南方へ飛び立つ渡り鳥から、世界中へウイルスが伝搬されてゆく恐れと、人での世界的流行に発展する懸念が広がっt。
 一方8日、中国の国営通信「新華社通信」は、Nature掲載論文の著者達は、中国青海湖へのウイルス採取の許可を政府から得ていないことなどをあげて、著者らの研究は信憑性を欠いていると反論した。それに対し
12日、香港の研究者は、研究が中国政府により妨害されているとの訴えをロイター通信を通して発表した。
 国内では、茨城県水海道市のH5N2型鳥インフルエンザ問題で、県は
7日、ウイルスが検出された2養鶏場と感染歴のある4養鶏場で鶏の殺処分をすべて終えたと発表した。処分した約14万9000羽は各養鶏場内で発酵させるか、常総環境センターに運んで焼却すると言う。
 その一方、
10日、新たに1養鶏場でH5型ウイルスの感染が確認された。詳細な検査が必要であるが、最初の養鶏場で見つかった株と同じH5N2型株と推定される。最初の養鶏場の半径5キロ以内の養鶏場であると言う。H5N2鳥フルウイルスは弱毒性で、人に対する病原性は明確ではない。ウイルス感染した鳥の肉や卵類は加熱する限り人への感染は生じない。茨城県でなぜ発生したのか不明であるが、農水省は8日、全国調査を行うと発表したが、それによると調査の対象は飼育数が1000羽を超える大規模な養鶏場で、全国約1500カ所にのぼる。そうした一方26日、県内であらたにウイルス感染が1養鶏場で確認された。