What's new
12月の出来事

{December}

中国でのH5N1鳥フルは不良ワクチン使用が原因の可能性(30日)
中国福建省で3人目の死者(30日)
鳥フルウイルスの渡り鳥による拡大説は可能性が低いと、米英の専門家(28日)
中国、人用抗インフルエンザ薬を開発−タミフルより高効果で安価と(27日)
米国、英国、カナダ、ヴァーレーン、偽タミフルのインターネット販売を警告(25日)
インドの製薬会社、自国と発展途上国政府向けジェネリック薬製造へ(24日)
ロッシュ社、H5N1治療にタミフル量の増量と投与期間延長、さらに他薬剤との併用を考慮中(23日)
ベトナム医師等、タミフル治療鳥フル患者半数(4/8)が死亡、2例で耐性と(22日)
フランス、パンデミック時の死者数を下方修正、対策が整ってきたことが理由(21日)

中国、情報や分離ウイルスを米国と共有と(20日)
米国でインターネット販売タミフルの模造品が摘発(20日)
国連高官、H5N1ウイルスは微妙に変異してきていて、人人感染の危険性が高まっていると(18日)

仏Sanofi-Pasteur社の改良型ワクチン、臨床試験に成功(16日)
中国で6人目の感染者(16日)
インドネシアで9人目の死者が確認される(13日)
ウクライナとルーマニアで家禽の間の鳥フル拡大(13日)
ロッシュ社、12製薬会社とタミフルのジェネリック薬製造に対する許可と協力へ(13日)
タイの5歳少年、鳥フルで死亡(10日)
渡り鳥シーズン終了、H5N1ウイルスの拡大は認められなかった、渡り鳥拡大説が否定(9日)
中国で感染者さらに5人に
(9日)
中国で鳥フル感染者4人に(7日)
ウクライナの鳥フルさらに拡大の可能性(6日)
インドネシア、ジャカルタで乳児が鳩から感染の疑い(6日)
{ベトナム医師、人の鳥フル患者にはタミフルは無効と}(4日)
ウクライナでも鳥フル発生の可能性(3日)
冬期を迎えた北ベトナムで家禽での鳥フル発生が相次ぐ(3日)
タイで人人感染疑い事例発生(3日)
インドネシアで家族内発生(人人感染)疑い事例が発生(1日)