What's new
8月の出来事

渡り鳥のウイルス感染調査、9月〜来年3月、 鳥インフルエンザで日本環境省(31日)
茨城県の多数の養鶏場でH5N2抗体が検出(31日)
<抗体検出の意義とその危険性との関係が不透明か?>
 アラスカで渡り鳥のウイルス検査が始まる(31日)

フランス、鳥フル対策の強化を発表(31日)
仏シラク大統領、鳥フル対策の国際的協力とその強化を訴える(30日
フィンランドでの鳥フル発生事例
−−人での発生とも?(UPI通信)、さらに他地区でもカモメに発生の可能性も(29日)
茨城県で鳥フル抗体が新規養鶏場で検出(いつまで続く??)(27日)
フィンランドでカモメの間で鳥フル発生(27日)

ベトナムの動物園でH5N1鳥フル感染でジャコウネコ3匹の死亡が確認(26日)
国内、茨城県の養鶏場であらたに鳥フルウイルス抗体が検出(26日)

EU、ヨーロッパへの鳥フル拡大の危険性は低いと判断(26日)
スイスのロッシュ社、300万人分用タミフルをWHOに提供(25日)――>国連ニュース

ハンガリー、人用鳥フルワクチンの臨床試験へ(24日)
EU、鳥フル対策で見解分かれる(23日)
オランダ、ドイツ、スペイン:渡り鳥からの感染予防が急務、閉鎖式飼育舎内での飼育
EU委員会:渡り鳥による鳥フル拡大の危険性は低い
英国内では家禽業界と政府当局が対応について論議
 25日にEU専門家会議の予定

茨城県石岡の養鶏場で鳥フルウイルスが検出、26万羽の鶏が殺処分に(22日)−−>農水省発表

西シベリア、オムスク州の大規模養鶏場で鳥フル(H5N1)発生の可能性(21日)
ニュージーランドでタミフル備蓄を行う市民が増加(21日)――>全訳
ヨーロッパで鳥フル対策が急がれる(20日)
ロッシュ社、WHOにタミフル300万錠を(19日)ーー東南アジアでの流行対策が可能に
WHO、H5N1鳥フルの拡大を懸念、予防体制の強化と人での感染例の監視の強化を訴える(19日)
埼玉県の養鶏場でH5鳥フルウイルス感染が確認、H5N2型の疑い(18日)――>情報集へ

鳥フル、カスピ海へ拡大か?(17日)
シベリア、アルタイ州で鳥フル拡大、阻止は困難と当局(16日)
ロシアの鳥フル、ウラル山脈まで拡大(15日)、中東、地中海へ拡大の危険性(16日)
ロシア人カメラマン、シベリアで鳥フル感染疑い(12日)
アジアにタミフル備蓄センター設立(12日)
中国、チベットでもH5N1鳥フルが確認された(15日)
WHO、緊急用タミフル100万人分、スイスロッシュ社の協力で備蓄予定へ(11日)
モンゴル、ロシア国境沿いで鳥フルが発生(9日)。住民が隔離、観光客は立ち入り禁死に(10日)
仏Sanofi-Aventis社開発人用H5N1鳥フルワクチンの臨床試験が、米国で良好な結果と発表(7日)
引き続き米国で、緊急時用に200万人分の量産体制に(8日)
シベリア地域でH5N1鳥フル流行、拡大中(3日
カザフスタンでも鳥フル発生、H5N1が確認ヨーロッパへ拡大の懸念(2日)