2006年

{July}

タイで112人が健康監視下に(29日)
ラオスでも家禽の間で鳥フル発生(28日)
英国のグラクソ・スミス・クライン社、画期的ワクチンの開発に成功、来年までに大量生産が可能と(27日)
WHO、タイでの死亡例を確認(26日)
タイ農業省H5N1鳥フル発生を認める、人でも感染拡大の恐れ(25日)
タイの指導的ウイルス研究者、H5N1ウイルス蔓延の可能性を警告(24日)
タイ国内、鳥フル感染疑い患者が相次ぐ、季節性インフルエンザとの診断(23日)
中国、新疆ウイグル自治区で家禽で鳥フル流行(22日)
タイの姉妹、季節性インフルエンザと確定(21日)
インドネシア、WHO確認死者数42人に(20日)
タイで姉妹が鳥フル疑いで入院(19日)
G8サミット、パンデミック・インフルエンザに対する世界的対策強化の必要性を共同声明(17日)
タイで鳥インフルエンザ再興の可能性が示唆(17日)
インドネシアで44歳男性死亡、42人目の死者となる可能性(15日)
WHO、死亡したインドネシア女児を確認、同国の死者数41人に(14日)
インドネシア、患者の治療開始まで5.7日以上と(14日)
国連、鳥フル対策基金が集まらずと(11日)
スペインで渡り鳥からH5N1ウイルスが検出(7日)
インドネシアの女児が死亡、インドネシアの検査でH5N1ウイルスが確認
(7日)
インドネシアで5歳男児が死亡、死者数40人に(4日)
WHOの疫学統計、鳥フル、10〜19歳の致死率が最も高く、スペイン風邪と類似(1日)

{June}

インドネシアの家族発生事例でウイルスの軽度変異が確認、しかし心配なしと;WHO(23日)
中国で最初の鳥フル感染人事例は2003年11月と(23日)
グラクソ社、年末までに人用鳥フルワクチンを商用出荷と(22日)
インドネシア、鳥フル対策の国際的援助を要請(21日)
WHO、インドネシアの14歳少年のH5N1ウイルス感染を確認、同国の死者数が39人(20日)
ジャカルタで専門家による緊急対策会議開催(19日)
米国、聖ユダ小児研究病院チームが備蓄用ワクチンの開発に成功と(18日)
インドネシアで14歳少年鳥フルで死亡(16日)
インドネシアの少女、H5N1ウイルスで死亡が確認(16日)
無症状H5N1ウイルス保有家禽から、人へ感染拡大の可能性が指摘(15日)
中国広東省で男性が鳥フル疑いで重体(13日)
マラッカ海峡インフルエンザ発生!、APEC加盟国による模擬訓練が成功と(10日)
インドネシア地震被災者に鳥フル感染の心配(6日)
WHO、インドネシアの15歳少年の死を確認(5日)
ニューヨーク・:タイムズ紙、WHO報告に懐疑的論説(4日)
インドネシア、7歳少女死亡(3日)
インドネシア、鶏の殺処分遅れる、国際社会から非難(2日)
渡り鳥のH5N1ウイルス伝搬の可能性確証得られずと、FAO&OIEの国際会議
(2日)

{May}

インドネシア、さらに1人の死亡が確認(31日)
インドネシアの死亡者数36人に、脅威的増加率(30日)
インドネシアでさらに6人の発病者、うち3人が死亡(30日)
ロッシュ社、緊急事態に備え、タミフル発送態勢整う(28日)
インドネシア、西ジャワで兄妹が死亡(27日)
インドネシアでの接触者調査で30人が自宅隔離(26日)
WHO、インドネシアの家族内発生、人人感染の疑いを否定できないと(24日)
イランで5人が発病、2人が死亡の疑い(23日)
ルーマニア、ブカレスト市街で鳥フル発生、発生地域の封鎖(22日)
ブルキナ・ファソ、家きん農場で鳥フル拡大と(20日)
デンマーク、家きんの鳥フル発生(20日)
ルーマニア、家きんでの鳥フル拡大(19日)
インドネシアの家族集団感染、ブタから感染した疑いも(18日)
ジャカルタ郊外でさらに鳥フルで1人死亡(17日)
ブルガリア、生きた鳥の市場解禁へ(17日)
インドネシア家族内死亡者6人に(16日)
インドネシア家族、死亡者数5人に(15日)
インドネシア、家族内集団発生を発表:3人死亡、2人生存中(13日
アフリカ、ジブチ共和国で女児が発症(12日)
インドネシアで25人目の死者(8日)
OIE、4月に入ってから鳥フル発生事例が減少と(6日)
エジプトの女性死亡(5日)
米国、パンデミック・インフルエンザ実行計画発表(3日)
エジプトで女性が鳥フル感染(3日)
米国内医師の半数以上が今後4年以内にパンデミック発生と(2日)
オランダで家禽の屋外飼育を解禁に(2日)