2006年

{January}

イラク政府、国内に鳥フル高度警戒報発令!(31日)
イラクの15歳少女の死がH5N1ウイルスであったことが確認、叔父も疑い(30日)
キプロス北部でH5N1ウイルスが確認(30日)
中国、最後の鳥フル隔離地域を開放(28日)
WHO「封じ込め緊急対策計画」を発表(28日)
北朝鮮、鳥フル発生を否定(27日)
北朝鮮で先月女性が鳥フル感染の疑い(25日)
中国で10人目の感染者確認(24日)
WHO、インフルエンザ・パンデミックの脅威は誇張されていないと(23日)
ヨーロッパ各地:トルコ帰りの発熱患者に警戒心(23日)
中東諸国で鳥フル警戒の動き強まる(21日)
H5N1鳥フルウイルスは1カ月以上も生存と、WHO(20日)
トルコ当局、周辺国では鳥フル発生を隠していると(20日)

WHO:イラク少女の鳥フル感染を否定、トルコでの状況が好転の可能性と(20日)
イラクで少女、鳥フルで死亡の疑い(18日)
インドネシアで姉弟鳥フル疑いで死亡、父親、姉も疑いで検査中(18日)
トルコ、感染者数21人に、その19人が20歳以下(18日)
H5N1鳥フル、トルコ内外へ拡大の可能性(17日)
トルコの感染者数20人、死亡者数4人に(17日)
WHO、トルコ感染地域住民の鳥フル感染の実態調査に:血液と咽頭拭い液を分析(14日)
トルコでの鳥フルウイルス、変異の可能性も(13日)
トルコ政府、感染者数は18人に増加と(12日)
WHO、トルコでの人人感染に否定的意見(11日)
トルコ政府:合計15人の感染者を確認(9日)
WHO、トルコでの状況に懸念、派遣チーム調査開始(9日)
トルコ、感染者数さらに増加、首都アンカラでも発生(9日)

トルコの鳥フル、EU研究機関で高病原性H5N1と確認される(7日)
トルコ、さらに多数の疑い患者−WHO、欧州CDC、EU専門家現地調査へ(7日)
トルコで3番目の死者−先に死亡した姉弟の妹が死亡(6日)
WHO、トルコでの鳥フル感染者多発、人人感染の疑いもありと(6日)
トルコで姉弟が鳥フル死亡(5日)
トルコ:8人以上の重症肺炎患者が鳥フル疑いで加療中(5日)
中国四川省で家禽の間でH5N1鳥フルが発生(4日)
世界の17サイトでタミフルのインターネット違法販売の疑い(3日)
死亡した少年等からウイルスは検出されないとトルコ保健省が発表(2日)
トルコ、感染疑いの子供が死亡、他に検査中の疑い患者が5人(2日)
トルコで感染した鶏を食べた兄弟4人が発病の疑い(1日)