2006年

{April}

英国で家禽にH7N3鳥フルが発生、1人感染(29日)
中国で18人目の感染者が確認(28日)
米国では鳥フル拡大阻止は困難と、コンピューター・シミュレーション研究(27日)
パキスタン、アフガニスタンの農場で鳥フル拡大(25日)
米国民、多くが政府の鳥フル対策を信頼せず:世論調査(22日)
中国、湖北省で男性が死亡(21日)
国際赤十字(IFRC)、鳥フル対策基金援助をアピール(21日)
WHO、ロッシュ社提供緊急用タミフル300万人分をスイスと米国に配置(20日)
スーダンで鳥フル発生(19日)
インドネシアで家族全員が鳥フル発症の疑い(19日)
米国、インフルエンザ・パンデミック対応緊急対策計画が完成(16日)
北米へのH5N1鳥フル拡大論議高まる(15日)
インドネシアで23歳男性が死亡(11日)
エジプトで18歳女性の感染が確認(11日)
英国内で新たに感染鳥発見されず(9日)
英国、国内における死亡鳥の検査態勢を24時間態勢に強化(8日)
エジプトで16歳少女が死亡、3人目の死者に(7日)
英国、スコットランドでH5N1鳥フルウイルスが確認(7日)
エジプトで女児が感染(6日)
英国で死亡した白鳥からH5ウイルスが検出(6日)
ドイツで家禽から初のH5N1ウイルスが検出(5日)
カンボジアで少年が鳥フルで死亡(5日)
国連、アフリカでの鳥フル対策は緊急課題と(5日)
アフリカ、ブルキナファソの農場で家禽H5N1鳥フルが発生。アフリカで5番目の発生国に(4日)
WHO、エジプトの4感染例(うち2人が死亡)を公式確認(3日)
エジプトで2姉妹が発病(3日)
ヨルダンで初の疑い患者が報告(1日)

{March}

アゼルバイジャンで2姉妹が鳥フル疑いで入院(31日)
アフガニスタンで子供が3人、鳥フルで死亡の可能性(31日)
国連事務総長、発展途上国(特にアフリカ)の鳥フル封じ込めにさらなる援助が必要と(30日)
バグダッドの家禽からもH5N1ウイルスが検出(30日)
米国FDA、リレンザをインフルエンザ予防・治療薬として承認(30日)
エジプトで2人目の死者(28日)
イスラエル、パレスチナ、ヨルダン、必死の鳥フル対策(27日)
エジプト、早期発見、早期治療で患者が回復(26日)
インドネシアで女児が鳥フルで死亡(25日)
ベルリンでも野鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出(25日)
上海の女性、H5N1鳥フルと確認、中国で11番目の死者に(25日)
上海市で女性が鳥フル疑いで死亡、感染者発見のための発熱外来が設置(24日)
カンボジアで少女が死亡(24日)
ヨルダンの農場でも致死的H5N1ウイルスが確認される(24日)
パレスチナ、ガザ地域でも鶏の間でH5N1鳥フル発生の可能性(23日)
エジプト政府、4人の感染を発表(22日)
アゼルバイジャンで4人の死亡が確認、WHO
(22日)

アフリカ、支援金が集まらないため鳥フル対策が進まず(21日)
イスラエルで女性が病院隔離(20日)
インドで疑い患者4人が病院隔離
(20日)

エジプトで2例目の感染者発生(19日)
エジプトで女性が鳥フルで死亡(18日)
イスラエルの七面鳥農場でH5N1鳥フル検出(17日)
ロッシュ社、本年末には年間4億人分タミフル製造能力へ(17日)
デンマークの鳥フル、H5N1と確認
(17日)

アフガニスタンで家禽から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出(16日)
スウエーデンの鳥フルH5N1と確定される(15日)
ミャンマーの軍事政権、鳥フル発生情報を報道管制下に(15日)
アフリカのエリトレアとデンマークでH5N1鳥フル発生の疑い
(15日)

ドイツ、バイエルンでアヒルがH5N1鳥フル感染死亡の疑い(14日)
ミャンマー、H5N1鳥フル発生が確認
(14日)

アゼルバイジャンで死亡3人のH5N1感染が確認される(14日)
ミャンマー、大量の鶏が死亡、鳥フル検査中(13日)
アフリカのカメルーンでもH5N1鳥フルウイルスをアヒルで検出(12日)
ポーランドとナイジェリアで鳥での鳥フルが拡大(12日)
ギリシャでさらに白鳥が鳥フル感染で死亡(11日)
インドネシアで3歳男児と12歳少女が死亡(10日)
ノルウエーでもカモが鳥フルで死亡の疑い(9日)
スウェーデンとセルビアで分離されたウイルスが、H5N1鳥フルウイルスと確認(9日)
アルバニアでも鶏からH5N1ウイルスを検出(8日)
インドネシア、妊婦と2人の子供は検査で陰性と(8日)
中国で9歳少女が鳥フルで死亡(8日)
WHO、鳥フル対策はエイズ以上に困難と(7日)
米国、人用鳥フルワクチンを更新へ(7日)
インドネシアで妊婦と少年が鳥フル疑いで死亡(6日)
ポーランドでもH5鳥フルが白鳥で検出(5日)

アゼルバイジャンで家族内発生の疑い、2姉妹が死亡の可能性(5日)
中国広東省で男性鳥フル疑いで死亡(4日)
インドネシアとイラクで鳥フル疑いで死亡者発生(3日)
二ジュール、鳥フル対策の国際的緊急援助を仰ぐ(2日)
バハマで大量のフラミンゴが死亡、鳥フル疑いで検査(2日)


{February}


スエーデン、致死的鳥フル検出の疑い(28日)
パキスタンでも致死的鳥フル発生の疑い、当局大量の鶏を殺処分(27日)
アフリカ、ニジェールでも鳥フルが家禽の間で発生(27日)
スイス、フランスで鳥フル警戒態勢強まる(27日)
スイスでもH5N1鳥フルが発生の報告(26日)
中国で2名鳥フル感染確認、合計14人に(26日)
フランス、七面鳥農場で大量の七面鳥が致死的H5N1鳥フルで死亡(25日)
クロアチア、グルジアでも野鳥からH5N1ウイルスを検出(24日)
オーストリアの鶏からウイルスを検出(EUで家禽から初の検出)(22日)
ハンガリーでも死んだ白鳥からH5N1ウイルスが検出(21日)
アフリカ、ナイジェリアでの鳥フル周辺国へ拡大の危険性(20日)
EUでH5N1鳥フル拡大の勢い、6カ国へ(20日)
インドの製薬会社、タミフル類似薬を鳥フル発生地域で店頭販売へ(19日)
ナイジェリアの兄弟、鳥フルは否定
(18日)
ウイーンの公園の白鳥もH5N1鳥フルで死亡(18日)
H5N1鳥フル、インドの家禽を5万羽殺す(18日)
フランス、エジプトでも鳥フル発生(18日)
ドイツ、オーストリア、イランで、死亡した白鳥からH5N1ウイルスが発見(15日)
インドネシアで一家3人を含む4人が感染疑いで入院(13日)
ナイジェリア、兄弟が感染の疑いで検査中(13日)
2死亡インドネシア女性のH5N1鳥フル感染が香港でも確認(12日)
ナイジェリア、人感染発生の疑い(12日)
イタリア、ギリシャ、ブルガリアでH5N1鳥フル感染白鳥が確認(12日)
中国湖南省で女性が死亡(11日)
中国山西省、鳥フル発生養鶏場労働者35人が自宅隔離
(10日)
ナイジェリア、家禽での鳥フル発生拡大の可能性(10日)
インドネシアで女性が死亡(10日)
中国福建省で女性が発病
(9日)
香港で野鳥や鶏でH5N1ウイルス拡大の恐れ(9日)
アフリカ、ナイジェリアで家禽の間でH5N1鳥フル発生が確認される:OIE(8日)
イラク南部でも鳥フル感染者発生の疑い(8日)
イラクで2人目の死者が確認(7日)
H5N1鳥フルウイルスの震源地は中国東南部と、中国研究者が発表(7日)
インドネシアで女性の鳥フル感染死が確認、政府発表死者数17人と(6日)
インドネシアでさらに感染者増加、政府発表感染者数23人、死者16人に(5日)

WHO、イラクへタミフルを提供、調査団派遣(4日)
米国CDC開発H5亜型鳥フルウイルス迅速測定キットをFDAが承認(4日)
インドネシアで子供が死亡(2日)
イラク、鳥フル治療用医薬品不足(2日)