Doctors accused of ignoring birdflu threat
英国:鳥インフルエンザ脅威を無視する医師達に警告
The Sunday Times
November 13, 2005
Doctors accused of ignoring bird flu threat



THE chief medical officer has attacked the health profession for complacency in its preparations for a lethal flu pandemic that he says is now a “biological inevitability”.

Sir Liam Donaldson last week called together 30 public health leaders, including the heads of the royal colleges, to emphasise that the disease could kill between 50,000 and 750,000 people and should not be treated as a joke. He is planning to issue a “protect and survive” leaflet to every household in England and Wales and has instructed all hospitals, doctors’ practices and National Health Service trusts to inform him of contingency plans for coping with mass casualties. Donaldson fears that the current level of precautions could lead to a lethal strain of flu arriving unnoticed.

“Many doctors think, ‘Flu is flu, we see it every winter’,” Donaldson said. “We have got to get the message through that this is going to be much more serious.

“I can’t give a likelihood of it starting this year, next year or in five years, but it will come. There is a biological inevitability and we’ve got to be prepared for it.”

Donaldson said he was dismayed after hearing that some hospitals were “full of dead parrot jokes and people (don’t) believe this is actually going to happen”. The first victim of bird flu in Britain was a parrot infected with the H5N1 strain that died in quarantine at Heathrow last month.

This strain has devastated poultry flocks in the Far East over the past eight years and killed 62 people, raising fears that the world may be on the brink of a lethal mutation of the virus capable of sparking a human pandemic.

Donaldson, who was appointed to his post in 1998 and knighted in 2002, believes that the predicted emergence of the killer strain will be the biggest test of his career and the worst epidemic to face the NHS.

Responsibility for minimising casualties falls ultimately on him. The disease could strike one in four people and kill more than one in 100.

“The fight will be an extended and protracted one,” he said. “We have to get local tenacity into the planning for this. We can’t be alarmist, but we have to take it seriously and we have to prepare.”

In addition to awarding a contract for 14.5m doses of the anti-viral drug Tamiflu ? so far the only one available to combat the disease ? Donaldson is supervising the protect and survive leaflets, similar to those produced when the nation believed itself to be under threat of nuclear attack.

The leaflets will put the population on the alert, while seeking to prevent hospitals and surgeries being swamped with anxious patients. They will advise the public on what symptoms to look out for and under what circumstances they should seek medical treatment. They will also give information on the effectiveness of anti-viral drugs and indicate when vaccines will become available.

He said there were no plans at present to impose “stay at home” orders: “On the whole, people are sensible and the majority of people with flu, even pandemic flu, are going to be at home in their own beds taking a whole heap of fluids.”

Donaldson is supervising public information bulletins to be televised in the event of a pandemic. The campaign can be drawn up in detail only in the interval between an outbreak in Asia and its arrival in Britain.

Corbett McDonald, emeritus professor of epidemiology at the Royal Brompton Hospital, London, was among experts invited to Donaldson’s meeting to give accounts of previous crises. McDonald, who helped manage the 1957 Asian flu, described it as “like a bonfire”.

He said the first wave had killed 15,000 people, while a second a month later killed up to twice as many, although official estimates were lower.

It will not be possible to predict who is most at risk until the virus strikes. While the Spanish flu of 1918 mainly attacked fit adults aged 20-40, killing an unprecedented 40m worldwide, the pandemic of 1957 hit the British population aged over 50. There was an outbreak of so-called Hong Kong flu in 1968 which also affected mainly older people.

Last week’s medical summit, held over dinner, was addressed by specialists in geriatrics and emergency medicine, and was attended by Colin Blakemore, chief executive of the Medical Research Council.

Every unit of the NHS is now being told to give Donaldson precise details of its planned response: “They’ve got the data in the contingency plan to give them some idea of the numbers involved. We’re asking, ‘If this number happened in your area, what would you do?’ ” A number of hospitals have also been told to track their flu admissions this winter. “We want them to ask themselves: if it was twice, three times or four times that number, what would they do?” said Donaldson.

鳥インフルエンザ脅威を無視する医師達に警告:英国医療担当責任者



 英国の医療担当長官が、保健医療関係者に、鳥フル流行はいつ生物学的に発生するか分からないにもかかわらず、致死的インフルエンザ流行に対して真剣に備えようとしない、と警告した。

 長官のライアル・ドナルドソン卿は先週王立医科大学の教授陣を含む30人の公衆衛生指導者達を集めて、致死的鳥フルが流行した場合、5万人から75万人の英国人が死亡する可能性があり、それは冗談として受け取られるべきではないと強調した。

 彼は”守りを固めて生き延びる”という小冊子を英国とウエールズの各家庭に配布する予定という。彼は全ての病院、個人的開業医師達、および国立保健サービス機関に対して、鳥フル対策計画を提出するように伝えた。ドナルドソンは現状の予防対策ならば、致死的鳥フルが英国内に入ってきても、気が付かれないだろうと不安を漏らす。

 ”多くの医師達は「インフルエンザは所詮インフルエンザさ。我々は毎年経験している」と考えるようだ”、とドナルドソンは言い、”我々はこれがより重篤なインフルエンザであるという情報を、認識しなければならないのだ”、と付け加える。

 ”私はこの危険な流行が今年、または来年、または5年以内に始まるのか言えない。しかしそれが来るのは間違いない。これは生物学的に不可避なことで、それ故我々は備えなければならないのだ”。

 ドナルドソンは、いくつかの病院が死亡したオウムで溢れかえっている、と言うジョークが流れていて、人々がその真偽について噂しあっていることを聞いて愕然としたと言う。英国における最初の致死的H5N1鳥フルの犠牲は、先月ヒースロー空港で検疫中のオウムだった。

 この鳥フルウイルス株は、過去8年間に渡り極東で家禽集団に大被害をもたらし、62人の人を死亡させた。これらの事実は世界が今、ウイルスが人に対して致死的性格を帯びるような変異を生じ、人の間で大流行する瀬戸際である恐れを呈している。

 ドナルドソンは1998年から現職にあり、2002年にナイトの称号を授かっているが、彼が言うところによると、この殺人ウイルスにより招来されると予想される事態は、彼の仕事の中で最大の試練となり、また英国が遭遇する最悪の流行病となると言う。

 被害を可能な限り小さく抑え込むことは、彼の大きな責任となっている。流行で4人に1人が感染し、1%以上の人々が死亡する可能性がある。

”鳥フル対策は拡大し、長期間継続する必要があるだろう”、と彼は言い、”地域の結束した対策を計画の中に盛り込む必要がある。我々は警戒を呼びかけてばかりいても駄目で、事態を深刻に受け止め、それに(実際的に)対処しなければならないのだ”、と付け加える。

 1450万人分のタミフル備蓄の他に、ドナルドソンは、核攻撃の脅威下にあると国家が信じていた時に作成した、市民のための小冊子のような、”守りを固めて生き延びる”という(鳥フル対策の)小冊子の作成を指導している。

 小冊子では、病院や医院が感染を心配した市民で溢れかえるのを防ぐために、どのような症状や状況の時、医療機関を訪れるべきか、さらに抗インフルエンザ薬の効果、そしていつ人用鳥フルワクチンが接種可能になるかなどを説明している。

 ドナルドソンは、現在”自宅待機(療養)”を命令する計画はないと言ったが、”概して人々は思慮深く、インフルエンザを発病した多くの人々は、新型インフルエンザだったとしても、家庭で彼等のベッドで療養するだろう”、と言う。

 ドナルドソンは、公衆衛生情報紀要からの緊急情報のテレビ放送を監督している。テレビにおけるキャンペーンは、鳥フルがアジアで流行し、英国に到達した(検疫中のオウムが感染したこと)までの間に、間欠的に行われただけである。

 ロンドン、王室ブロンプトン病院の名誉疫学教授であるコルベット・マクドナルドは、ドナルドソンの会議に招待され、先のアジア風邪流行時の状況についての講演を依頼された。マクドナルドは当時の対策に当たっていたが、彼によるとアジア風邪を”大かがり火”と評した。
 彼は第一波は15000人を死亡させ、1カ月後の第二波でその2倍の人々が死亡した。もっとも公的発表数値はより少ないが、と説明した。

 ウイルスが流行するまで、発病リスクの高い対象の予知は不可能である。1918年のスペイン風邪の場合は、20から40歳の間の成人が最も多く罹患し、世界で4000万人死亡した。1957年のアジア風邪の場合は英国で50歳以上の高年者が多く罹患した。また1968年にはいわゆる香港風邪が世界で流行したが、英国では主として高齢者が罹患している。

 先週の医学サミットは、老人病学と救急医学の専門家に焦点が当てられ、医学研究評議会(MRC:Medical Research Council.)の委員長であるColin Blakemoreも参加した。

 全ての保健医療機関はドナルドソンに詳細な対策を報告するように求められている。”彼等は実際に流行が生じたときに発生する患者数を知っている。我々はたずねる、「もしこの数の患者数があなた達の地域で発生したとき、あなた達はどうする?」”。多数の病院はこの冬にこれらの数値の患者が入院する場合の、対策を求められている。”我々は多くの病院に彼等自身が対策を考えるように求めたい:もし(収容能力の)2倍、3倍、または4倍の数の患者が発生したなら、どうするのだろうか?”、とドナルドソンは語った。