2005/2/1開設
累計
今日
昨日
 Let's prepare for the next pandemic!! 
鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集
Bird Flu & Pandemic Oversea News

--二歩先を予知するための情報集約集


2012年までの情報集です。

2013年からは新規サイトに変わります。


潮流
            

What's new in the World ?

パンデミックインフルエンザ

特記すべき情報をまとめています

重要情報リスト集
詳細は日付から海外報道抄訳集で

2012年

{December}

インドネシアで4歳男児がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(15日)
エジプトで2歳女児がH5N1鳥インフルエンザを発症、回復
(3日)

{November}

特記すべき情報はない

{October}

特記すべき情報はない

{September}

特記すべき情報はない

{August}

インドネシアで37歳男性がH5N1で死亡
(11日)

{July}

インドネシアで8歳少女がH5N1に感染して死亡
(5日)

{June}

オランダチームの改造H5N1ウイルス研究論文がScienceに掲載 
(22日)
エジプトで4歳女児がH5N1に感染、早期治療で治癒
(8日)
香港、H5N1感染危険度を”警戒”から”深刻”に引き上げ 
(2日)
中国広東省の2歳男児がH5N1ウイルスに感染して香港の病院へ入院
(2日)
{May}
カンボジアで10歳少女がH5N1感染で死亡
(29日)
2009H1N1ワクチン接種はH5N1を含む多数のウイルスに反応する抗体が産生:カナダ研究陣が
(9日)
論議を呼んできたウィオスコンシン大学の改造H5N1ウイルス研究論文がNatureに掲載 
(3日)
インドネシア、スマトラで2歳男児がH5N1で死亡
(2日)

{April}

エジプトで36歳女性H5N1で死亡 
(13日)
エジプトで2人がH5N1に感染、1人が死亡
(4日)
カンボジアで6歳女児が鳥インフルエンザで死亡
(2日)

{March}

米国政府諮問委員会、鳥インフルエンザウイルス論文の公表を承認
(30日)
インドネシアで17歳少年がH5N1で死亡
(27日)
エジプトで40歳女性がH5N1出死亡
(21日)
ベトナムで男性がH5N1感染、重篤 
(8日)
インドネシア、スマトラ島で24歳女性がH5N1で死亡
(7日)
バングラデシュで男性がH5N1に感染、回復
(2)

{February}

エジプトで男性と女性がH5N1に感染、死亡
(29日)
ベトナムで21歳男性が発病
(26日)
インドネシアで少年がH5N1に感染して死亡
(25日)
エジプトで女児がH5N1に感染、回復
 (25日)
エジプトで45歳女性がH5N1に感染、快復中
(23日)
インドネシアで19歳女性がH5N1で死亡
(21日)
WHO緊急委員会、オランダと米国の変異ウイルス論文を一旦発表保留に
(17日)
ベトナムで26歳女性がH5N1で死亡
(2)、WHO発表(9日)

{January}

米国政府諮問委員会、鳥インフルエンザウイルス論文から詳細記述を削除するように結論
(31日)
中国貴州省で39歳男性がH5N1インフルエンザで死亡
(22日)
人人感染する可能性の高いH5N1ウイルスを作成した研究者達、60日間の研究停止を発表。その間に研究内容発表に関する国際的論議を行うように要求
(21日)
エジプトで2歳少女がH5N1に昨年10月に感染していたことが、定期的検体検査で判明
(18日)
エジプトで31歳男性がH5N1に感染重体
(18日)
インドネシアで5歳少女がH5N1で死亡
(18日)
ベトナムで18歳男性がH5N1で死亡
(19日)
カンボジアで男児がH5N1に感染して重体(18日死亡)
 (16日)
米国、来年までに万能型インフルエンザワクチンの実用化の可能性
(14日)
米国、H3N2vインフルエンザワクチンの製造と臨床試験を予定
(12日)
インドネシアで24歳男性がH5N1で死亡
(10日)
エジプトで42歳男性がH5N1ウイルスに感染して死亡
(7日)

2011年

{December}

中国で39才男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(31日)
米国政府、ScienceとNatureに投稿された人為的作成H5N1ウイルスに関する論文内容の一部削除を求める
(23日)
エジプトで29才男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(22日)
エジプトで母子がH5N1鳥インフルエンザに感染、母親が死亡
(16日)

{November}

エジプトで31歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染、危篤
(30日)
米国でさらに3例の豚由来新型H3N2感染者が確認
(23日)
オランダのエラスムス医学センターで作成された人人感染する可能性あるH5N1ウイルスに関して国際的に論議が拡大
(19日)
FAO、中国農業省、中国南部の家きん市場でH5N1-2.3.2.1株が拡大と警告
(17日)
インドネシア、バリ島で死亡した兄妹の母親もH5N1感染で死亡したことが確認
(14日)
日本、松江市で死亡コハクチョウからH5亜型ウイルスが検出
(10日)
エジプト、1歳男児のH5N1感染の報告(9月事例)
(3日)

{October}

韓国で野鳥からマウスに致死的感染を起こすH6N5鳥インフルエンザウイルスが分離
(17日)
インドネシア、バリ島で兄妹、西ジャカルタで女児がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(10日)

{September}

インド、西ベンガル州で家きんの間でH5N1ウイルスが拡大
(21日)
NexBio社のインフルエンザウイルス細胞侵入阻止薬が臨床試験で効果
(18日)
米国でパンデミックをテーマにした映画”Contagion(伝染)”が公開
(9日)
米国で新規豚インフルエンザウイルス(H3N2)感染者2例が報告
(3日)
米国でインフルエンザワクチン接種が始まる。18歳以上は接種勧奨
(3日)

{August}

WHO、FAOの見解に反発、H5N1変異株の人への危険性は変わりない
(31日)
アジアから拡大しつつあるH5N1変異株は従来の人用ワクチンは無効の可能性(香港専門家)
(31日)
FAO(国連食糧農業機関)、H5N1鳥インフルエンザ、世界的に再流行の可能性と警告
(30日)
厚労省、新型インフルエンザ対策行動計画改正案を発表
(21日)
カンボジアで6歳少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(20日)
アステラス製薬、昆虫細胞で製造のH5N1ワクチンを2012年度から販売へ
(18日)
エジプトで6歳女児がH5N1ウイルスに感染、治癒
(10日)

{July}

全A型インフルエンザに有効な抗体”F16”が分離
(29日)
カンボジアで4歳女児がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(29日)

{June}

エジプト保健省、27歳男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡した事を発表
(23日)
エジプト保健省、5例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を報告
(16日)
カンボジア、7歳少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡 
(10日)
米国CDC、豚インフルエンザH3N2の人人感染事例を報告(2011年度事例)
(3日)
インドネシア、H5N1感染1歳女児の回復例を発表(4月事例)
(2日)
大阪大微研:エジプトのH5N1ウイルスが人のリセプターに付着しやすくなっている 
(2日)
エジプト、H5N1による30歳女性死亡例を発表(5月事例)
(2日)

{May}

カナダ、H5N1プレパンデミックワクチン、5000人の臨床試験第3相に成功
(25日)
インドネシア、8歳少女のH5N1死亡を報告(4月事例)
(13日)

{April}

エジプトで2例のH5N1感染者発生、1例が死亡
(22日)
カンボジアで5歳少女がH5N1で死亡
(21日)
FAO、H5N1ウイルス排除には10年以上要すると判断
(19日)
鳥インフルエンザ:検体共有、先進国と途上国合意--WHO
(16日)
WHO、さらにエジプトにおける4例のH5N1感染事例を公表
(12日)
WHO、エジプトにおける4例のH5N1感染者を発表
(7日)
カンボジアの少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(6日)
インドネシアで28歳女性がH5N1インフルエンザで死亡
(1)

{March}

エジプト保健省、3例のH5N1感染例を発表、1人死亡
(30日)
国内の野生アライグマの1%がH5N1ウイルス感染
(29日)
カナダ、GSK社およびサノフィ・パスツール社とパンデミック・ワクチン供給契約を締結
(26日)
インドネシア、西ジャワ州で女児(先に死亡31歳女性の娘)が鳥インフルエンザに感染、治癒
(23日)
バングラデシュで男児が鳥インフルエンザに感染
(17日)
WHO、バングラデシュで16ヶ月女児のH5N1感染例を発表
(16日)
エジプトで38歳女性が鳥インフルエンザで死亡
(16日)
インドネシア保健省、31歳女性のH5N1感染死を発表(14日)
インドネシア保健省、2歳男児のH5N1感染死を発表
(13日)
エジプトでH5N1感染者2例が確認 
(13日)
WHO外部検証委員会、WHOのパンデミック対策に多くの問題点を指摘
(11日)
エジプト、H5N1鳥インフルエンザ感染者2例を報告
(8日)
インドネシア保健省、鳥インフルエンザ死亡事例を報告
(2日)
エジプト保健省、H5N1鳥インフルエンザ感染者3例を報告、1人死亡(1日)

{February}

AP通信社、米国における多数の人体実験例を明らかに
(28日)
韓国で46件目の農場鳥インフルエンザ発生事例、国内で20件目の発生が三重県で確認
(27日)
カンボジアで母と男児がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(24日)
英国、インフルエンザ流行終息に、死者数はパンデミック時と同じ
(18日)
三重県紀宝町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(16日)
和歌山県紀の川市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(15日)
宮崎県新城市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(14日)
カンボジアで5歳少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡
(9日)
WHO、A/H1N1ワクチンとナルコレプシー副作用の関係を調査に
(8日)
韓国の鳥インフルエンザで家きん541万羽殺処分、史上最大
(7日)
宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(7日)
宮崎県の2養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(6日)
エジプトで7歳男児が鳥インフルエンザを発病、安定
(2日)
大分県大分市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(2日)
フィンランド、グラクソ社のパンデムリクス接種で、ナルコレプシー副作用が8倍の頻度と発表
(1日)
宮崎県、宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生
(1日)

{January}

宮崎県、高鍋町の養鶏場で鳥インフルエンザ発生
(30日) 
宮崎県、川南市と延岡市の2養鶏場で鳥インフルエンザ発生を確認
(29日)
宮崎県都濃市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生が確認
(28日)
愛知県豊橋市の養鶏場でも鳥インフルエンザが発生
(26日)
鹿児島県出水市養鶏場で鳥インフルエンザ発生
(25日)
宮崎県、養鶏の町新富町で鳥インフルエンザ発生
(23日)
北海道、浜中町でオオハクチョウがH5N1鳥インフルエンザで感染死
(22日)
エジプトで1歳男児がH5N1鳥インフルエンザに感染、状態は安定
(21日)
宮崎市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生
(21日)
国内でのインフルエンザ、注意報が発令
(21日)
香港で死亡野鳥(ハシブトガラス、キシチョウ)からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出
(20日)
GSK社の静脈注射用ザナミビルが臨床試験第3相に
(19日)
エジプトで10歳少年がH5N1鳥インフルエンザに感染、状態は安定(16日)
アイルランドのA/H1N1インフルエンザ患者数、過去最悪(15日)
韓国南部、全羅南道、家きん農場のH5N1感染さらに拡大(12日)
韓国の3カモ農場でH5N1鳥インフルエンザが発生
(9日)
英国専門家、流行A/H1N1インフルエンザの変異を警戒(9日)
韓国のカモ農場でH5N1鳥インフルエンザが発生(7日)
WHO、エジプトでのH5N1感染4事例を公表(7日)
エジプトでH5N1鳥インフルエンザで男性が死亡(4日)
英国、A/H1N1インフルエンザ流行でICUベッドが不足に(3日)

2010年

{December}

韓国の2農場でH5N1鳥インフルエンザが発生(31日)
WHO、2人のエジプトのH5N1感染事例を報告(30日)
香港ランタウ島で鶏の死骸からH5ウイルスが検出(23日)
英国、インフルエンザ重症者が急増(22日)
鹿児島県でナベヅルからH5N1ウイルスが検出(17日)
富山県でコブハクチョウからH5N1ウイルスが検出(17日
エジプトでH5N1鳥インフルエンザに女性が感染(17日)
英国でA/H1N1死者8人発生(13日)
韓国、忠清南道瑞山でH5N1感染で衰弱している野鳥2羽が確認(11月末事例)(10日)
韓国で野生のカモからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出(8日)
エジプトで女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(8日)
鳥取県でコハクチョウからH5N1ウイルスが検出(3日)
米国研究:季節性インフルエンザ抗体がA/H1N1の重症化の原因(6日)


{November}

島根県の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生(30日)
インドネシア、バンドゥンで女性がH5N1鳥インフルエンザに感染(29日)
米国CDC、通常の季節性インフル感染者でも抗インフルエンザ薬投与は考慮すべきとのコメント(29日)
香港女性、H5N1鳥インフルエンザを発病、中国本土で感染した疑い(17日)
秋田県の病院で香港型H3N2インフルエンザで集団感染&死亡(7日)

{October}

稚内大沼でカモの糞から、高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出(26日)
研究報告:変異A/H1N1(D222G)の致死力は、肺の線毛細胞障害による(24日)
A/H1N1変異株がオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールで検出(22日)
インドネシアで2人、H5N1鳥インフルエンザで死亡、保健省が発表(17日)
ポーランド、豚インフルエンザ感染者数が昨年の3倍と(13日)
オーストラリア研究:2009年度のA/H1N1致死率は0.01%と推定(11日)
米国CDC、今年はH3N2が流行する可能性が高いと予想(9日)
妊婦のインフルエンザワクチン接種は新生児期の感染予防効果に(5日)

{September}

インドネシア、南スルワシ州でH5N1鳥インフルエンザの集団発生疑い(30日)
米国人の6割がA/H1N1に免疫を獲得、もはや大流行は起きえないと研究発表(29日)
中国CDC、タミフル投与でA/H1N1合併肺炎が予防と(29日)
香港のH3N2インフルエンザさらに拡大、入院患者数の増加が続く(25日)
ハワイ保健局、インフルエンザワクチン疲労のため、ワクチン接種率が低いことを危惧(25日)
ヨーロッパ医薬庁(EMA)、グラスクソ社のパンデムリクスとナルコレプシーの因果関係、明確な根拠は見いだせずと(24日)
ニュージーランド、A/H1N1流行が終息(23日)
多数がパンデミックA/H1N1とソ連型H1N1に同時感染:ニュージーランド研究(16日)
全米の医学界加盟団体の多くが妊婦へのインフルエンザワクチン接種を勧奨(15日)
国際研究:抗インフルエンザ薬非服用者のH5N1治癒率は24%と(15日)
香港、インフルエンザ流行で病床が不足に(15日)
国内の季節性インフルエンザは3000万本、今月末から配布(14日)
第一三共製薬の吸入インフルエンザ薬、イナビルが承認(10日)

東京都の中学校でA/H1N1集団感染(8日)
米国、ウイスコンシン研究:豚インフルエンザは小児では重症ではなかった(8日)

{August}

エジプトで33才女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(27日)
米国CDC、年間インフルエンザ死亡者数の平均を23000人に下方修正(27日)
香港、A/H3N2とA/H1N1の混合流行で感染者数と入院患者数が増加中(26日)
A/H1N1ワクチンで小児にナルコレプシー発作が生じる可能性(24日)
エジプトで2歳女児がH5N1鳥インフルエンザに感染(13日)
インドネシアで14歳少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡(13日)
WHO、A/H1N1のパンデミックは終息したと宣言(10日)
インドで、A/H1N1感染者数と死者数が急増(6日)

インドネシアで、7月に女性がH5N1鳥ンフルエンザで死亡したことが発表(4日)
ビオンドバックス社(BiondVax)、万能インフルエンザワクチン開発でFrost & Sullivan 賞を受賞(1日)

{July}

米国FDA、6社発売7種類の季節性インフルエンザワクチンを承認(31日)
北京研究、肥満者と妊婦はA/H1N1ハイリスクには含まれない(30日)
エジプトで20歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡(25日)
フランスの研究チーム、H5N1の状況は未だ改善されていないと警告(24日)
WHO、パンデミック終了宣言の予定(20日)
インドネシアで6月下旬に13歳少女が鳥インフルエンザで死亡したことが判明(19日)
米国NIHの研究チーム、インフルエンザ万能ワクチンの動物実験に成功(16日)
WHO、インドネシア女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡と発表(4日)
米国、A/H1N1ワクチンの政府への回収作業が始まる(3日)

{June}

メキシコ、14ヶ月ぶりに豚インフルエンザ警戒態勢を解除(30日)
インフルエンザウイルス表面のM2蛋白に対する万能抗体が作成(29日)
日本、A/H1N1ワクチン余剰分853億円が無駄に(28日)
米国、ワクチン諮問委員会、季節性インフルエンザワクチン接種勧奨を全国民対象に(27日)
WHO緊急委員会の2委員が”利益相反”の立場から、検証委員を辞任に(23日)
季節性インフルエンザ感染後の細胞性性免疫は、A/H1N1に対して交差免疫を示す(19日)
中国産豚でA/H1N1遺伝子と他の豚ウイルス遺伝子再集合が確認(18日)
ニュージーランド、季節性インフルエンザワクチン接種者、史上最多の100万人に(15日)
中国保健省、国内の保健当局に対してH5N1鳥インフルエンザ対策の強化を指示(13日)
シベリア南部の湖で野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡(11日)

香港研究、家族内感染者の36%が無症状、ウイルス排泄なし(10日)
チベット北部ナクチュ県で野鳥が200羽H5N1鳥インフルエンザで死亡(10日)
香港研究:タミフル治療A/H1N1感染者では十分な免疫ができていない可能性(10日)
香港、購入A/H1N1ワクチンの95%が余剰破棄に(10日)
マーガレット・チャンWHO事務局長、BMJのWHO批判に対して反論の手紙(9日)
中国、湖北省で22歳女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(5日)
欧州評議会、A/H1N1に対するWHOの対策は不当との報告書を発表(5日)
英国医学雑誌(BMJ)、WHOのパンデミック対策が公正ではないと論文発表(4日)

ニュージーランド保健省調査、学童のA/H1N1感染者の半数は無症状と(4日)
WHO、A/H1N1は未だフェーズ6(パンデミック期)にあると判断(3日)
沖永良部島におけるA/H1N1集団発生はワクチン接種済み学童(3日)
オーストラリア、5歳以下の小児の季節性ワクチン接種を副作用から中止に(1日)

{May}

多種類のA型ウイルスに効果を示す核酸を標的とする化合物が発見(31日)
オーストラリア、季節性インフルエンザ接種希望者多く、ワクチン不足に(22日)
沖永良部島の小学校でインフルエンザが集団発生(19日)
山梨県の学生寮でA/H1N1の集団感染が発生(18日)
中国でのA/H1N1死者数は約800人と(15日)
インドネシアで4歳女児がH5N1鳥インフルエンザで死亡、3人が感染疑い(2日)

{April}

ソウルの研究チーム、A/H1N1感染者の半数が無熱と(29日)
オーストラリア、A/H1N1を含むインフルエンザワクチン接種で多数の小児で副作用(27日)
日本、機内検疫で発見したA/H1N1感染者は21万6718人中4人(26日)
カンボジア男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(21日)
米国、A/H1N1ワクチン後のギラン・バレー症候群発生率3.5人/千万人(低い)(14日)
ベトナム北部でH5N1鳥インフルエンザの集団感染発生の疑い(14日)
WHO、A/H1N1に従来のフェーズ分類を適用したのは混乱の元になったと(13日)
外部専門家によるWHOのH1N1対策検証委員会が第1回目の会議(12日)
ベトナムで2歳女児がH5N1鳥インフルエンザに感染(11日)
エジプトで18歳女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(9日)
英国、A/H1N1ワクチン契約量の3分の2(1億回分)をキャンセル(6日)
ベトナムで22歳男性がH5N1鳥インフルエンザに感染、重体(6日)
ドイツで2例のH1N1合併重症肺臓炎がザナミビル(リレンザ)静注で完治(4日)

{March}

エジプトで2人がH5N1鳥インフルエンザに感染、1人が死亡(31日)
ブルガリア保健大臣、タミフル購入を巡って汚職容疑で告発(31日)
WHO、パンデミック宣言の妥当性を外部専門家による検証に(29日)
新抗インフルエンザ薬、ペラミビルの耐性A/H1N1ウイルスが米国から報告(27日)
フランス、ワクチンキャンセル料を購入価格の16%と決定(23日)
ルーマニアで鶏がH5N1で死亡、ヨーロッパで1年ぶり(17日)
ネパール中央で家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザが拡大中(17日)
ベトナム、ホーチミン市で幼児がA/H5N1で死亡(17日)
H5N1:エジプトで20歳妊婦が死亡、1歳半男児は安定(14日)
ベトナム、ハノイで25才女性がH5N1鳥インフルエンザに感染(13日)
WHO、インドネシアに鳥インフルエンザ研究機関設立に(12日)
カナダチーム、小児インフルエンザワクチン接種の地域内感染予防効果を立証(10日)
韓国のバイオテク企業が治療用モノクローナル抗体製造に成功(10日)
ニュージーランドでA/H1N1を含む季節性インフルエンザワクチン接種が開始(9日)
エジプト、H5N1鳥インフルエンザ対策を抜本的に強化(9日)
エジプト保健省、5人のH5N1感染者を報告、本年度14人に(5日)
ベトナムで17歳少女と3歳女児がH5N1に感染(3日)

{February}

香港で、ブタインフルエンザウイルスとA/H1N1ウイルスのハイブリッドが中国産ブタから検出(27日)
ベトナムで38歳女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡(27日)
中国、春節中のA/H1N1感染者数はむしろ減少と(25日)
米国、来年度の季節性インフルエンザワクチンは全国民を勧奨対象に(25日)
WHO、パンデミックはピークを終えていないと発表(24日)
ベトナムで3歳女児がH5N1鳥インフルエンザに感染、回復(23日)
WHO、2010年度インフルエンザワクチン株にA/H1N1も加えるように推奨(18日)
エジプトで成人2人がH5N1トリインフルエンザに感染、1人が死亡(17日)
インドネシア保健省、H5N1で女性が死亡(1月25日)、3歳男児が感染後回復と報告(12日)
インドネシア、ランプン州でH5N1感染疑い女性が隔離(10日)
エジプトで37歳男性がH5N1鳥インフルエンザに感染、重体(10日)
H5N1鳥インフルエンザ、ベトナム国内で拡大(9日)
HA幹に対するモノクローナル抗体製造技術をロッシュ社が獲得(9日)
エジプト保健省、2例のH5N1鳥インフルエンザ感染成人例を発表(8日)
報告:H1N1インフル、家庭内感染率13%、季節性インフルよりも低い(8日)
米国10歳以下小児、2回ワクチン接種済みは初回接種者の未だ37%(6日)
スコットランド、H1N1インフルエンザ定期報告を終了に(5日)
WHO、世界のH1N1インフルエンザ流行は下降し続けていると発表(5日)
米国CDC、米国内でのH1N1流行が終息に向かっていると発表(5日)
オーストラリアの医師チーム、IgG2低下症がブタインフル重症化の原因の可能性と(3日)
カンボジア南部、多数のアヒルでH5N1鳥インフルエンザが発生(3日)
英国、パンデミックインフルエンザオンラインサービスを終了に(2日)

{January}

エジプト保健省、1月に発生した4人のH5N1感染者を報告、全員治癒(28日)
WHO、ヨーロッパ評議会で”偽りのパンデミック宣言”を否定(27日)
欧州評議会、”偽りのパンデミック”宣言の検証に(ヒアリング)(26日)
インドネシアでH5N1感染疑い男性が隔離(26日)
インド、西ベンガル州での家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザが拡大中(26日)

英国下院議員、ブタインフル対策で要した10億ポンドの検証を要求(24日)
エジプトで45歳男性がH5N1鳥インフルエンザに感染(24日)
WHO”偽りのパンデミック”に関する欧州評議会のヒアリングにWHO高官も出席予定(23日)
国内のA/H1N1感染者数7週連続下降、定点10人を下回る(22日)
国内で大量の輸入ワクチンが余ることがほぼ確認(22日)
エジプトで2人がH5N1感染、20歳女性が死亡(22日)
英国、インフルエンザ発生率は昨年の同時期よりも少ない(21日)
厚労省、A/H1N1ワクチン接種を優先者以外にも拡大(20日)
米国、インフルエンザ流行が例年の流行閾値下限を下回る(17日)
カナダ、英国、インフルエンザ発生数は例年以下に(16日)
インド、西ベンガル州で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが流行(16日)
厚労省、9900万接種量のA/H1N1ワクチンの輸入を決定(15日)
厚労省、塩野義製薬の静注用抗インフルエンザ薬”ペラミビル”を承認(13日)
欧州評議会でWHOのパンデミック宣言に対する製薬企業の圧力を検証に(12日)
インドネシアで4歳女児がH5N1感染、回復、17歳少年感染疑い、重篤(11日)
米国のマイノリティはA/H1N1感染率が白人の2~3倍(9日)
インドでのH1N1死者数1000人を超える(6日)
香港の公園で死亡したシキシチョウからH5N1ウイルスが検出(5日)
欧州評議会、WHOの”偽りのパンデミック宣言”を緊急検証に(4日)
2009年度、インドネシアでのH5N1死者数は19人:WHO発表(3日)

2009年

{December}

エジプトで21歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染、様態は安定(22日)
カンボジアで57歳男性がH5N1鳥インフルに感染、様態は安定(19日)
ドイツとスペイン、H1N1ワクチンの発注量の減量に(17日)
カナダ、A/H1N1流行はほぼ下火に、例年のインフルエンザレベルに下降(12日)
日本国内のH1N1関連死者数は112人に(12日)
日本国内の感染者数下降に転じる(10日)
WHO、北半球でのパンデミックのピークが過ぎたと判断するには早すぎる(3日)
ベトナムで男性がH5N1鳥インフルで死亡(1日)
米国のH1N1感染者数減少が続き、ピークは過ぎたとCDCが判断(1日)
エジプトで3歳男児がH5N1鳥インフルに感染、様態は安定(1日)

{November}

メッカ、大巡礼でA/H1N1の流行は発生しなかった、感染者73人、死者5人(30日)
中国で犬2匹からA/H1N1ウイルスを検出(28日)
中国のゾング・ナンシャン博士、H5N1とH1N1の交雑による新ウイルス誕生を警告(26日)
英国HPA、学童の血液検査結果から、A/H1N1ウイルス無症状感染者は3~5倍と(24日)
エジプトで21歳男性がH5N1鳥インフルに感染、様態は安定(24日)
エジプト、インドネシア、タイ、ベトナムの家きんでH5N1が発生、WHOが警戒を呼びかける(22日)
メッカの大巡礼で4人の巡礼者がA/H1N1で死亡(22日)
ノルウエーで変異A/H1N1株が3患者から分離、病原性等に変化はなし(21日)
米国と英国の大学病院でタミフル耐性株で集団感染(21日)
国内、ワクチン接種後死亡者数10人に(19日)
国内、ワクチン接種後死亡8人に(18日)
過去のインフルエンザ感染、ワクチン接種がA/H1N1細胞性免疫の成立に関与(17日)
国内でワクチン接種後死者4人に、いずれも基礎疾患のある高齢者(17日)
国内でのワクチン接種後死者数3人に(16日)
日本でのA/H1N1関連死者数63人に(16日)
カナダ、流行がピークの可能性(14日)
風邪ウイルス、ライノウイルスの感染はH1N1ウイルス感染を抑制する(14日)
米国で感染者数が減少傾向(14日)
英国、感染者数が減少(13日)
日本国内での感染者数は減少に(12日)
カナダ政府、A/H1N1インフルエンザの第2波が到来と (1日)
ウクライナでA/H1N1感染者と死者が急増(1日)
アフガニスタンで感染者数が増え出す(1日)


{October}

米国大統領、H1N1インフルの流行拡大に国家緊急事態宣言を発令(25日)
WHO、CDC、若年世代での重症(ウイルス性)肺炎の増加を警告(17日)
国産ワクチンも1回接種で十分免役獲得(16日)
5歳男児が重症肺炎で死亡、27例目の死亡者(15日)
国内で3人がインフルエンザ脳炎等で死亡、死者数26人に(14日)
途上国へH1N1ワクチンがWHOから配布(12日)
メキシコ研究チーム、季節性ワクチンがH1N1インフルに効果と(7日)
厚労省、H1N1ワクチン1億回接種量を海外企業から購入に(7日)
国内21人目の死者、溶連菌感染による多臓器不全(6日)

{September}

エジプトで13歳少女と1歳2ヶ月女児がH5N1に感染、状態は安定(25日)
国内で8歳の子が18人目の死者に、脳炎を併発と(22日)
国内17人目の死者が発生(20日)
国内16人目の死者が発生(20日)
米国研究者、A(H1N1)の致死率は中等度の季節性並と(17日)
米国、医療担当者の外科用マスク着用が効果なし、N95マスクへ変更(17日)
欧米で新型ワクチン、9~10月に接種開始(17日)
国内で新型ワクチンの臨床試験が開始(国産、輸入) (17日)
国内で14人目の死者、基礎疾患のない女性(15日)
国内で13人目の死者発生(11日
国内定点患者数増加率低下、沖縄では減少に(11日)
日本国内で12人目の死者(9日)
米国CDC、抗インフルエンザ薬使用ガイドラインを改訂(9日)
中国、ワクチン優先度を5~19歳の学生を第一に(8日)
国内で11人目のH1N1感染者死亡(7日)
国内で死者2人発生、計10人に(3日)
WHO発表、エジプトで2少女H5N1発病、回復(1日)

{August}

国内で8人目の死亡者、保健師(31日)
ノバルティス社、日本国内でワクチンの臨床試験に(31日)
国内でさらに2人の死者発生、合計7人に(29日)
オーストラリア、死者数は当初予想の1/20 (28日)

米CDC長官、諮問委員会報告に疑問の談話(27日)
米大統領諮問委員会、最大9万人死亡とのシナリオ(26日)
日本で4人目の死者発生(26日)
米国研究者、ワクチン接種は学童と家族を優先に(21日)
インド、ブタインフルをマラリアと誤診、死亡(21日)
英国、レジオネラ感染症をブタインフルと誤診、死亡(20日)
英国全土でブタインフル減少続く(20日)
中国、ブタインフルワクチン臨床試験に成功、1回接種で効果(19日)
日本で3人目の死者(19日)
日本で新型インフル(ブタインフル)で2例目の死者(18日)
インドで死亡患者夫がブタインフル治療遅れで病院と主治医を告訴(18日)
日本で初のブタインフル死者発生(15日)
米国、NIH研究者、強毒性の第2波の発生の根拠は乏しいと(12日)
ブタインフルで死亡教頭の家族が市と病院を告訴(12日)
エジプトで小児2人がH5N1に感染、状態は安定(12日)
チリ、ニュージーランド、ブタインフル感染者数減少に(11日)
吸入抗インフルエンザ薬CS-8958、来年3月までに国内承認予定(10日)
米国、学校ガイドラインを改訂、休校は勧めず(8日)
英国のブタインフル感染者数減少に、ウイルス変異も認められず(6日)
大手ワクチンメーカー、ブタインフル用ワクチンの臨床試験に(6日)
アルゼンチン、ブタインフルの流行のピークをすぎる(1日)


{July}

学童のタミフル予防内服で半数以上に軽度の副作用、英国(31日)
ランセットの編集者、安易なブタインフルワクチン接種に危惧の念(31日)
米国、ブタインフルエンザワクチン接種基準を決定(30日)
カナダ保健省、50歳以上と既感染者はワクチン接種優先度低い(28日)
米国の死者数303人、推定感染者数100万人以上、致死率は0.03%(26日)
英国、国営ブタインフルエンザホットライン開設(23日)
中国、A(H1N1)ワクチンの臨床試験を開始(22日)
オーストラリアでA(H1N1)ワクチンの臨床試験が開始に(21日)
オーストラリアのA(H1N1)は流行のピークを迎えつつある(19日)
米英、新学期からの流行に備える(18日)
WHO、インフルエンザA(H1N1)発生事例数の報告は必要なしと(17日)
塩野義製薬、ペラミビルの臨床第三相試験が完了、効果が確認(17日)
各国ワクチン接種態勢の準備に(11日)
A(H1N1)ブタインフルが豚へ感染することが確認される(9日)
カナダの農場で2人が新種ブタインフルに感染(8日)
WHO、豚インフルエンザの検査をしないことを勧奨予定(8日)
アルゼンチンでブタインフル感染者急増(7日)
WHO、オランダでタミフル耐性例の孤発例が発生と確認(1日)
スコットランド、カナダでブタインフル感染者数増加(1日)

{June}

米国CDC、今夏に流行は終息しないと推定(30日)
インフルエンザA(H1N1)、米国で推定100万人、ニューヨーク市で50万人感染(CDC)(28日)
WHO、A(H1N1)のパンデミック宣言(12日)
ニューヨーク市、患者推定数55万人と(11日)
オーストラリアA(H1N1)急増中(6日)
インフルエンザA(H1N1)豪州、チリ、スコットランドで地域内拡大(5日)

{May}

エジプトで4歳幼児2人が鳥インフル感染(27日)
エジプトで幼児2人が鳥インフル感染、状態安定(23日)
エジプトで4歳少女、鳥インフルで死亡(18日)
神戸でA(H1N1)人人感染が確認(16日)
エジプトの4歳男児が鳥インフル発病(14日)
エジプトの5才少女が鳥インフル発病(11日)
さらに同じ便での帰国者が発病(10日)
日本の成田で帰国者3人のインフルエンザA(H1N1)感染が確認(9日)
メキシコ、商店、レストラン等の経済活動の正常化に(6日)
米国CDC、インフルエンザA(H1N1)による休校の必要はなしと(6日)
ワクチン製造スタンバイ、海外大手企業(2日)

{April}

メキシコでブタ新型A(H1N1)で多数の感染者と死者発生、米国でも発病者(24日)
エジプトで若い女性が発病(24日)
米国、新型豚インフルが人人感染を起こしている疑い(22日)
エジプト、4歳男児が発病(22日)
エジプト、1歳半女児が発病(20日)
中国チベット自治区、家きんの鳥インフル発生が確認(19日
エジプトの25歳女性が発病、重体(18日)->死亡(23日)
エジプトの33歳女性が発病、重体(16日)
エジプトの6歳少年が発病(6日)->死亡4/21)
エジプトの1歳9ヶ月の男児が発病(4日)
日本国内のアライグマがH5N1ウイルスに感染の事実が明らかに(3日)
エジプトの2歳男児が発病(2日)
インドネシアの豚から分離されたH5N1ウイルス、ほ乳類への適合化が進む(1日)

{March}

エジプトで2歳半の女児が発病(27日)
インドネシアで2歳男児が鳥インフル疑いで死亡(26日)
エジプトで38歳女性が発病(19日)
ベトナムの3歳男児が死亡(19日)
エジプトの1歳半女児が発病(11日)
香港の東平洲の海岸でH5N1感染鶏の死骸が発見(7日)
エジプトで2歳男児が発病(5日)
インドネシア保健省、今年度4人がH5N1鳥インフルで死亡と発表(3日)
インドネシアで8歳少女が鳥インフルで死亡した疑い(2日)
エジプトで2歳男児が発病(2日)

{February}

インドネシアで8歳少年が鳥インフルで死亡した疑い(28日)
ベトナムで32男性が死亡(27日)
クリューセル社の抗体製剤CR6261、インフルエンザ万能薬へ開発の可能性(27日)
WHO:世界人口分のパンデミック製造には4年間要すると(24日)
A型インフルエンザウイルスHAの抗原性不変部位に対する抗体が同定(23日)
ネパール東部、家きんにおけるH5N1鳥インフル発生、2度目(22日)
バクスター社、試験用インフルエンザワクチンにH5N1ウイルスを混入(18日)
ベトナム北部で30代男性が発病(16日)
中国、新疆自治区で大量の死亡した家きんからH5N1ウイルスを検出(11日)
パナソニック海外派遣社員帯同家族の引き上げを決定(10日)
エジプトで18ヶ月男児が発病(9日)
ベトナムで23歳女性が発病(7日)->死亡(21日)
中国の専門家、ワクチン接種家きんが感染を広げている可能性を示唆(6日)
エジプトで2歳男児が発病(5日)
香港の島の海岸でH5N1ウイルス感染鳥の死亡が確認(1日)

{January}

中国湖南省で21歳女性が発病、快復中(31日)
ベトナム南部で男性が鳥インフル発病の疑い(31日)
インドネシア、東ジャワで21歳女性が鳥インフル疑いで死亡(28日)
中国広西壮族自治区で若い男性が死亡(26日)
エジプトで2歳女児が発病(26日)
中国、貴州省で男性が発病(25日)
ネパールで発病疑い者が見つかる(25日)(26日)
中国新疆ウイグル自治区で女性が死亡(24日)
第一三共製薬、新インフルエンザ薬CS-8958の臨床試験をほぼ完了(22日)
インドネシアから2死亡例が報告、1例は12月16日、1例は1月2日(21日)
山西省の女児が母親から感染した疑い(20日)
中国湖南省で16歳少年が発病(19日)->死亡(20日)
インド、シッキム州で家きんの間で鳥インフル発生(19日)
中国、山東省で27歳女性が鳥インフルで死亡(19日)
中国、山西省で女児がH5N1鳥インフル発病、重体(18日)
東ジャカルタで女性が死亡した疑い(17日)
ネパールの家きんで初のH5N1鳥インフルが発生(16日)
エジプト、21ヶ月女児が発病(13日)
ベトナム8歳少女の姉が鳥インフル症状で、2日に死亡していたことが確認(8日)
中国で19歳女性が鳥インフルで死亡(6日)
ベトナムで8歳少女が発病、快復中
(6日)

2008年

{December}

広東省深セン市で女児がH9N2鳥インフルを発病(30日)
北部ベトナム、農家の鶏でH5N1鳥インフルが発生(27日)
米国ガイドライン、企業の抗インフルエンザ薬備蓄を勧める(17日)
インドネシアで少女が鳥インフル疑いで死亡(17日)
インド、西ベンガル州の家きんでも発生(16日)
エジプトで少女が家きんから感染して死亡(16日)
インド、アッサム州で家きんの鳥インフル拡大、当局人への感染懸念を表明(13日)
カンボジアで19歳男性が発病(12日)
WHO、インドネシアの2歳小児死亡例と9歳発病例(11月事例)を発表(10日)
香港で家きんにおける鳥インフルが発生(9日)
ベトナムの2省で家きんにおける鳥インフル発生(4日)
インド、アッサム州の家きんでの鳥インフル拡大(3日)

{November}

インド、アッサム州で家きんの間で鳥インフルが発生(28日)
インドネシア、スラウエシで鳥インフル集団発生か?(13日)→疑い解除(18日)
中央ベトナムで家きんにおける鳥インフルが発生(12日)
タイ北部の養鶏場で鳥インフル発生(10日)
中央ジャワで少女が鳥インフル疑いで死亡(7日)->確定(12日)
アライグマが鳥インフルと人インフル両者に感染することが確認(6日)
ラオスの家きんで鳥インフルが発生(4日)
インドネシア男性、鳥インフル疑いで死亡(3日)検査で陰性?(7日)
インドネシア保健相、ウイルスは人人感染を起こす可能性はない、と言明(3日)
米国FDA、抗インフルエンザ薬の家庭への配布を検討(1日)

{October}

英国ロイズ保険組合研究報告書、パンミック対策はH5N1以外も対象に、と警告(24日)
国連、H5N1ウイルスの脅威は低下、パンデミックは他のウイルスの可能性も(22日)
香港市街でカラスがH5N1鳥インフルで死亡(20日)
世界銀行、パンデミック最悪のシナリオで7100万人が死亡と(18日)
ドイツのアヒル農場でH5N1鳥インフルが発生(10日)
英国研究グループ、プレパンデミックワクチンの事前投与を提唱(9日)
パキスタン、H5N1鳥インフルの一掃を確認(5日)
韓国のアヒル農場で鳥インフル発生疑い(4日)弱毒性H5N2(5日)
米国CDC、A型インフルエンザ迅速判定装置を国内に配備(1日)

{September}

インドネシア当局者、H5N1鳥インフルの家きん及び人での発病は明らかに減少と発表(24日)
オックスフォード大チーム、万能型インフルエンザワクチンの初期開発に成功(6日)
グラクソ社、米国企業にリレンザ予約制度を提供(4日)
台湾と米国の研究者、(H5N1ウイルス)DNAワクチンを開発(2日)

{August}

米国ノババックス社(Novavax)の疑似ウイルス粒子ワクチン、臨床試験で成功(27日)
日本、治療薬などに598億円 新型インフルエンザ対策(22日)
ベトナム開発、人用H5N1ウイルスワクチンが臨床第一相試験に成功(22日)
米国バックスインネイト製薬のM2e万能型ワクチンが臨床試験第一相に成功(22日)
パンデミック・インフルエンザの死者の大多数は細菌性肺炎であったことが確認
(20日)
スペイン・インフルエンザ生存者の血液中にはいまだ抗体が存在することが確認(18日)
北スマトラ州でH5N1の集団発生か?(6日)->検査でH5N1ウイルス陰性と保健省が発表(9日)
英国で抗インフルエンザ薬と抗生物質備蓄量を増量(6日)
スペイン・インフルエンザでの本当の死因は細菌性肺炎との研究報告(5日)
日本でプレパンデミックワクチンの6400人対象の事前接種(臨床研究)が開始(4日)
インドネシア、19歳男性がH5N1鳥インフルで死亡と発表(3日)

{July}

1回吸入で長時間作用する抗インフルエンザ薬(CS-8958)の臨床試験が成功(31日)
パンデミック・インフルエンザによる肺の過剰炎症のメカニズムが解明(31日)
日本の研究者、インフルエンザ・ウイルス増殖に関与する酵素の構造を解明(28日)
香港、家きん市場の閉鎖に(26日)
米国保健福祉省、パンデミックワクチン接種基準を発表(24日)
英国上院委員会、WHOの抜本的組織改変がパンデミック対策には必須と(21日)
米国バイカル社開発H5N1DNAワクチン、臨床第一相試験で成功(18日)
インドネシアで38歳男性が鳥インフルで死亡。感染源は不明(17日)

{June}

ロッシュ社と米国保健福祉省、企業でのタミフル予約制度を推奨(27日)
米国CDC長官、パンデミック対策の最大の敵は人々の無関心と(22日)
インドネシア政府、2名の女性の死亡を発表(20日)
バクスター社開発の細胞培養法によるワクチン(セルバパン:Celvapan)効果が確認(12日)
北朝鮮で鳥インフルが家きんで発生、発病者発生の疑いも(11日)
香港の市場で感染鶏が確認され、全家きんの処分へ(11日)
米国ガイドライン草案で、企業のタミル備蓄の推奨、国家的備蓄量を2億人弱に(5日)
北朝鮮で原因不明の致死的流行病、鳥インフルか手足口病か、診断確定せず(3日)

{May}

秋田のベンチャー企業が、昆虫細胞の培養株を用いて製造したワクチンの臨床試験に(26日)
バングラデシュ、小児で初の発病例(22日)
十和田湖の青森県側でも死亡した白鳥からH5N1ウイルスが検出、すでに1ヶ月経過(22日)
インドネシア、スラウエシで5人が発病の疑い(21日)
韓国と日本のH5N1ウイルスは同一株、クレード2.3.2と推定(21日)
グラクソスミスクライン社の人用H5N1鳥インフルワクチン、EUで販売承認(19日)
韓国、鳥インフル拡大収まらず、感染源および感染様式不明(15日)
ジャカルタ市内で姉弟が鳥インフルで死亡疑い(14日)
ソウル市内の全家きん殺処分に(13日)
ソウル市内で2件の発生が確認。韓国全土的拡大の勢いは衰えず(12日)
WHO専門家会議:パンデミック発生の危険性は、むしろ高まっている(7日)
韓国、ソウル市内でも鳥インフル発生の疑い(6日)
野付半島のウイルス、H5N1と確認(5日)
北海道、野付半島野鳥飛来地でも白鳥から鳥インフルウイルスが検出(2日)
韓国、家きん農場での鳥インフル拡大、国内の大部分に(1日)
北朝鮮、鳥インフル対策のための「国家非常防疫委員会」の設置(1日)

{April}


インドネシアの3歳男児が鳥インフルで死亡(30日)
十和田湖の死亡白鳥から分離されたウイルスは高病原性H5N1株(29日)
秋田県十和田湖で死亡した野生の白鳥3羽からH5亜型ウイルスが検出(28日)
韓国、兵士からH5亜型株を分離。兵士はタミフル服用中に感染(22日)
韓国兵士、殺処分中に鳥インフル様症状で倒れ、発病疑いで隔離(22日)
ベトナム、培養細胞法により作成したワクチンの臨床試験を開始(22日)
感冒ウイルスを用いた遺伝子組み換えワクチンが開発、長期間免疫力持続(18日)
韓国全土へ鳥インフル拡大の危険性、殺処分に軍兵士も動員(17日)
日本で医療関係者等6000人にワクチン接種の計画(15日)
H5N1に対する各種モノクローナル抗体が作成、受動免疫治療が可能に(15日)
ウラジトストック周辺で発生の鳥インフルはH5N1株と確認(14日)
韓国、全羅道全体へH5N1鳥インフル拡大中、ロシア、ウラジオストックでも疑い(12、13日)
エジプト女性死亡(11日)
韓国、全羅南道の農場へも鳥インフルが拡大(10日)
英国研究者、パンデミック時の学校閉鎖による効果は、流行ピークの平坦化と(10日)
昨年12月の中国父息子発病事例は、人人感染によるものと中国研究者発表(9日)
韓国、全羅北道での家きん農場における鳥インフル拡大の様相(8日)
韓国、第3の地域へ鳥インフル拡大の可能性(7日)
インドで家きんにおける鳥インフル拡大(7日)
インドネシア16歳少女発病疑い(6日)
インドネシア女性発病疑い(6日)
韓国での鳥インフル、さらに拡大の可能性(6日)
エジプトで若い男性死亡、タミフル耐性株の可能性(6日)
韓国養鶏場でH5N1鳥インフル発生が確認(4日)
WHO、昨年末のパキスタンにおける兄弟内人人感染事例を確認(4日)
中国、シノバクバイオテク社、人用鳥インフルワクチンの商業ベースでの製造を開始(3日)

{March}

インドネシアで15歳少年と12歳少女が鳥インフルで死亡(31日)
インドネシアの女児の感染が確認(31日)
米国、タイにアジア地域のための鳥インフル対策用品備蓄センターを設立(26日)
全インフルエンザウイルスを数時間で同定可能なマイクロチップが開発(25日)
アイオマイ社、皮膚パッチ型アジュバント開発。ワクチン1回投与で十分な免疫効果(21日)
ベトナム、インドネシア等へ中国から鳥インフル拡大したことが研究で示唆(19日)
ベトナムの11歳少年が鳥インフルで死亡(17日)
香港隣接の広州市で鶏におけるH5N1鳥インフル発生(15日)
香港で流行中のインフルエンザ、H3N2およびH1N1株季節性インフルエンザと確認(15日)
香港、インフルエンザ様感染症により小学校が閉鎖、専門家チームが調査へ(12日)
鼻腔スプレー型鳥インフルワクチンが国立感染症研究所で開発(12日)

香港でインフルエンザ様感染症が流行中(H3N2?)。子供2名が脳症疑いで死亡(12日)
中国専門家、流行中の季節性インフルエンザウイルスとの交雑を警告(11日)
中国専門家、H5N1ウイルスは変異していると警告(11日)
国立感染症研究所で万能型インフルエンザワクチン(ペプチドワクチン)が開発(10日)
インド、西ベンガル州で再び家きんの間で鳥インフルが発生(9日)
エジプトで8歳少年が発病(9日)
エジプトで11歳少年が発病(5日)
GSK社のプレパンデミック・ワクチン、広くH5N1亜系株に効果を示すことが確認(2日)
エジプトで女性が発病、重体(2日)->死亡(5日)

{February}

FAO、インドでの鳥インフル封じ込めを評価(29日)
ベトナムで成人2人が発病疑い(27日)
ベトナムで22歳女性が死亡(26日)
エジプトで女児が発病、重体(26日)
中国、広東省で44歳女性が死亡(25日)
中国41歳男性が死亡(22日)
ベトナム南部で、男性が鳥インフルで死亡した疑い(21日)
中国で22歳男性が死亡(19日)
インドネシアで3歳男児が死亡(16日)
ベトナムで7歳の子供が発病(16日)
インドネシアで16歳少年が死亡
(16日)
米国企業開発、鼻腔スプレー方式の粉末H5N1ワクチンが臨床試験に
(16日)

ベトナム北部で27歳男性が発病、危篤(15日)-->その後死亡(15日)
ベトナム北部で40歳男性が死亡(14日)
無針方式自己接種型(皮膚上から接種)インフルワクチンが米国で開発(14日)
インドネシアで、38歳重体女性の娘、15歳少女が発病、人人感染の可能性(13日)
米国、自己接種型鼻腔スプレー方式鳥インフルワクチンが臨床試験に(12日)
バングラデシュ、H5N1鳥インフルウイルス、国内全域近くに拡大(12日)
インドネシアで29歳女性が死亡、38歳女性が発病(4日)
パキスタンとバングラデシュ、国内に鳥インフル警戒報を発令(3日)
インド西ベンガル、バングラデシュ、パキスタンで鶏H5N1鳥インフル拡大の様相(2日)

{January}

インドネシアで23才女性が死亡(29日)
インドネシアで少年が死亡、成人2人が発病(28日)-->それぞれ29日、31日に死亡
インド西ベンガル州とバングラデシュの鳥インフルエンザ、さらに拡大の危機(28日)
通常インフルワクチンの前投与が、H5N1ワクチンの効果を増強との報告(26日)
西ベンガル州でのH5N1鳥インフル、人口過密州都コルカタへ侵入の可能性(26日)
バングラデシュで家きんにおける鳥インフル拡大、国連機関が警告(25日)
タイでも10ヶ月ぶりに家きんでH5N1鳥インフルが発生(24日)
北部ベトナムで32歳男性が死亡(23日)
西ベンガル州で、鳥インフル様症状を呈した5人が隔離(22日)
インド西ベンガル州、家きんの鳥インフル制御不能に(22日)
インドネシアで30歳男性が発病(22日)-->死亡(24日)
インド、西ベンガル州で鳥インフルさらなる拡大の様相、人への感染が懸念(22日)

ウクライナ、イランでもH5N1鳥インフルが家きんで発生(19日)
インドネシア、8歳少年が死亡(18日)
インド、西ベンガルで発生している鶏のH5N1鳥インフル、さらに拡大の様相(17日)
インドネシアの治療中であった16歳少女が死亡(15日)
インド、家きんの間でH5N1鳥インフル発生が確認(15日)
米国ACLU、パンデミック行動計画の市民権利侵害の可能性を懸念(14日)
インドネシア女性が鳥インフルで死亡(14日)
インドネシアで16歳少女が発病(11日)
英国で野生の白鳥がH5N1鳥インフルで死亡(11日)
中国、父息子事例(12月初旬事例)で、人人感染があったことが想定されると発表(10日)
富山化学、抗インフルエンザウイルス薬「T-705」の日本国内での臨床第II相試験を開始(8日)
MITの研究チーム、H5N1鳥インフルが容易に人に感染しない新たな理由を解明(7日)
英国Acambis社、万能型インフルエンザワクチン(ACAM-FLU-A)の開発に成功(4日)
イスラエルで鶏がH5N1鳥インフル発症(4日)

2007年


{December}

エジプト人女性2人が死亡(31日)
エジプト人女性が死亡(30日)
WHO、パキスタン事例で1人からウイルス検出と発表(28日)
エジプトで2人発病(28日)
ベトナムで幼児が死亡(27日)
エジプトで女性が死亡(27日)
イタリアの研究者グループ、通常のインフルワクチンがH5N1ウイルスにも有効と(27日)
インドネシアで女性が死亡(26日)
南ロシアの家きんでのH5N1鳥インフル拡大(26日)
ドイツで鶏でのH5N1鳥インフル相次ぐ(26日)
中国、人用鳥インフルワクチンの臨床第二相試験で成功(24日)
WHO、パキスタンのクラスター内で人人感染の可能性、しかし拡大はしていない(21日)
WHOと米国CDC、パキスタンの人人感染疑いに調査団派遣(16日)
ドイツで鶏がH5N1鳥インフルに感染(16日)
パキスタンでの事例、4兄弟含む8人における人人感染の疑い(15日)
ミャンマーで7歳少女が発病(15日)
パキスタンで兄弟がH5N1鳥インフルで死亡(14日)
インドネシア47歳男性死亡(14日)
インドネシアで47歳男性がH5N1鳥インフル発症(12日)
南部ロシアの農場で鳥インフル発生(12日)
インドネシアで28歳女性がH5N1鳥インフルで死亡(11日)
ポーランドで4ヶ所目の農場でもH5N1鳥インフルが発生(9日)
江蘇省で死亡男性の父親もH5N1鳥インフルを発病(8日)
中国江蘇省で24歳男性がH5N1鳥インフルで死亡(3日)
ポーランドの家きん農場で七面鳥の間でH5N1鳥インフル発生(2日)

{November}

ルーマニアの家きん農場でH5N1鳥インフル発生(29日)
米国FDA、タミフルとリレンザによる精神的副作用の見直しに(28日)
WHO会議:インドネシア、分離ウイルスをWHOへ提供せずと(26日)
栄研化学、H5亜系株の迅速測定キットを開発(21日)
サウジアラビアの農場でも致死的H5N1鳥インフルが発生(15日)
英国の七面鳥農場で致死的H5N1鳥インフルが発生(12日)
31歳インドネシア男性が鳥インフルで死亡(11日)
インドネシアで30歳女性が鳥インフルで死亡(5日)

{October}

2歳インドネシア少年、鳥インフル発病(29日)
インドネシアで4歳少女が死亡(24日)
インドネシアで10歳少女が死亡(22日)
ロッシュ社のタミフル売り上げ、昨年よりも減少(17日)
インドネシアで12歳少年が鳥インフルで死亡(13日)  
ベトナム農業省、ウイルスが変異してきてると警告(10日)
インドネシアで44歳女性が死亡、同国で87人目の死者に(8日)
H5N1ウイルスが変異、人の上気道に感染可能に、日本と米国の研究者(5日)
インドネシアで22歳男性が死亡(1日)

{September}

H5N1ウイルス、胎児へも感染(18日)
シンガポールの研究者、持ち運び可能な迅速H5N1ウイルス検出装置を開発(24日)
ベトナム、(家きんでの)鳥インフル制圧宣言(22日)
サノフィ・パスツール社、超低濃度抗原量の人用ワクチンを実用化(19日)
広州市発生H5N1鳥インフル、ウイルス変異が懸念:香港研究者(17日)
中国の広州市で、ワクチン接種済みアヒルの間でH5N1鳥インフル発生(17日)
オランダのCrucell NV、H5N1ウイルス人モノクローナル抗体を開発(15日)
南ドイツ、ババリア州、アヒル農場でH5N1鳥インフル発生 (8日)
インドネシア、スマトラで33歳男性がH5N1鳥インフルで死亡(7日)
南ロシアの家きん農場で鶏の間でH5N1鳥インフルが発生(4日)

{August}

ドイツ、ババリア州のアヒルの間でH5N1鳥インフル発生(25日)
WHO総会、新興感染症の発生率が増加、その世界への拡大に警告(24日)
インドネシア、バリ島で2人目の死者が発生(23日)
インドネシア、WHOに分離ウイルスの提供を再開(21日)
バクスター社の細胞培養法によるワクチン、英国と契約(18日)
新アジュバントASO3, グラクソ社のワクチンを20倍以上の効力に(18日)
インドネシアで16歳少女が死亡(16日)
フランス北東部でカモからH5N1鳥インフルウイルスが検出 (15日)
インドネシアのバリ島で女性が死亡(13日)
栄研化学、H5診断試薬を今秋、厚生労働省に申請(12日)
米国NIHの研究者達、変異H5N1ウイルスの人感染株を予測したワクチン作成の方法論を発表(10日)
ベトナムで15歳少年が死亡(6日)

{July}

ベトナムで22才の妊婦が鳥インフルで(31日)
鶏で鳥インフル発生インドManipur、人々がパニック状態に(29日)
インドでも養鶏場でH5N1鳥インフル発生が確認(26日)
米国企業350社でタミフル備蓄(25日)
米国バクスター社、細胞培養法によるインフルエンザワクチンの臨床試験に(24日)
ベトナムで自国製造人用鳥インフルワクチンの臨床試験に(23にち)
エジプト女性H5N1鳥インフルに感染
(23日)

オランダとベルギーで開発のA型インフルエンザ用万能ワクチンが臨床試験に(19日)
WHOによるワクチン備蓄計画、世界数社の合意が得られる(17日)
米国で鼻腔噴霧型H5N1鳥インフル用パウダーワクチンが開発(14日)
インドネシアで少年(少女)が鳥インフルで死亡(9日)
ドイツの家きんでも鳥インフル確認(7日)
ドイツとフランスで鳥インフル危険レベルの引き上げ(6日)
フランスでも野鳥からH5N1ウイルスが検出(5日)
ドイツ国内で野鳥におけるH5N1鳥インフル感染が拡大(5日)
インドネシア当局、鳥インフル患者数111人(WHO統計101人)、死亡率80%と発表(1日)

{June}

南ドイツで死亡した野鳥からH5N1ウイルスが検出(24日)
エジプトで4歳少年が発病(24日)
インドネシアの3歳少女が発病(23日)
インドネシア、7月から人用ワクチンを使用する予定と(23日)
ベトナム、治療中の女性が死亡(21日)
ベトナムで自国製ワクチンの臨床試験に(21日)
中外製薬とロッシュ社、タミフルと異常行動発現の因果関係を調査に(20日)
ベトナムで男性が死亡(16日)
世界の大製薬企業、途上国用の備蓄用ワクチンの提供へ
(15日)
インドネシアで男性が死亡(14日)
ベトナムで2女性が発病(12日)
エジプトの4歳少女、鳥インフル発病(12日)
インドネシア、感染鶏が症状を呈さない傾向に(11日)
エジプト少女鳥インフルで死亡(9日)
インドネシア当局、H5N1鳥インフルウイルスが人に適合してきた可能性が高い(7日)
中国で発病兵士が死亡(5日)
ベトナムで男性が発病、しかし回復中
(2日)
インドネシアで少女が死亡(1日)


{May}

インドネシア男性鳥インフルで死亡(31日)
H5N1ウイルスに対するモノクローナル抗体が治療薬の可能性
(29日)
中国で兵士が鳥インフルに感染
(26日)
インドネシアで幼女が死亡
(23日)
ベトナムで1年半ぶりに患者発生
(23日)
WHO、インドネシア情報の更新を再開
(17日)
インドネシア、分離ウイルスのWHOへの提供を再開
(15日)
新抗インフルエンザ薬ペラミビル、来月からアジア地域で臨床試験に
(14日)
妊娠四ヶ月のインドネシア女性死亡
(13日)
インドネシアで29歳女性が死亡
(7日)
米国CDC、パンデミック時の一般市民のマスク着用に懐疑的見解
(4日)
インドネシア、分離ウイルスのWHOへの提供を延期
(1日)


{April}

WHO、パンデミックインフルエンザ用ワクチンの途上国用も含めて世界的備蓄を計画(28日)
ロッシュ社、タミフル製造能力、需要量を超えたため、製造の減量に(27日)
WHO、副腎皮質ホルモン剤は鳥インフル治療には効果がなしと(20日)
サノフィ・アベンティス社(フランス)ワクチン、米国政府により正式承認(18日)
昆虫細胞の培養系を用いてワクチン製造技術が開発(FluB1OK)、臨床試験に(11日)
エジプトの15歳少女、治療にも関わらず死亡(11日)
パキスタンとバングラデシュの農場でH5N1鳥インフルが拡大(10日)
エジプトの15歳少女が発病、状態は安定(9日)
インドネシア、分離ウイルス提供の交換条件として無償ワクチンの提供を要求(7日)
インドネシアで29歳男性が鳥インフルで死亡(7日)
カンボジアで13歳少女が鳥インフルで死亡(6日)
インドネシア15歳少女死亡、同国73人目の死者に(6日)
エジプト、2歳女児発病(6日)
インドネシアで新規発病者確認、同国93人目(5日)
インドネシア女性死亡、同国72人目の死者に(4日)
エジプトでの本年度死亡率21%に大幅に減少:昨年度56%(2日)
エジプトの4歳少女の感染が確認(1日)
バクスター、細胞培養を用いたワクチン製造開発に成功、広く臨床試験に(1日)

{March}

エジプトで子供2人が発病(31日)
インドネシアで医師が感染した可能性(30日)
インドネシアで2人の死亡がさらに確認(29日)
中国安徽省で16歳少年が死亡(29日)
インドネシアで3人死亡(28日)
エジプトで子供2人が発病(27日)
エジプトで3歳女児が発病、同国27人目の感染者に(26日)
WHO、世界へのワクチン供給のために100億ドルが必要と(23日)
インドネシアで同国66人目の死者が発生(20日)
エジプトの2歳男児が鳥フル発病(19日)
インドネシア32歳男性が鳥インフルで死亡(17日)
エジプトの10歳少女が発病(15日)
エジプトで4歳男児が鳥インフル発病(11日)
韓国のアヒル飼育場で7件目の鳥インフル発生(8日)
韓国の防疫作業員、鳥インフル疑いで病院へ収容(8日)
ラオスの鳥インフル15歳少女死亡(8日)
グラクソ社のワクチン、広く交差免疫反応を示す可能性(5日)
ラオスで42歳女性鳥インフルで死亡、同国2人目の感染者(5日)
中国で回復患者の血清を、治療として患者に投与(4日)
ミャンマー、クエート、ベトナムで家きんにおけるH5N1鳥インフルが拡大(1日)

{February}

中国女性鳥インフル発病
(28日)
FDA顧問委員会、サノフィ社のワクチンを推奨。初の商用鳥インフルワクチンの誕生の可能性
(28日)
米国FDA、(フランス系)サノフィ社のワクチンに予想したほどの効果は認めず
(27日)
ラオスで15歳少女発病
(26日)
クエートの家きんと鷹で致死的鳥インフルが確認
(26日)
エジプトの5歳少年が回復
(25日)
パキスタンも首都の動物園でH5N1鳥インフルが発生
(20日)
モスクワ周辺で家きんのH5N1鳥インフルが発生、拡大
(18日)
WHOワクチン会議:人用鳥インフルワクチンは十分実用的
(17日)
エジプト:37歳女性死亡、5歳少年発病
(17日)
37歳エジプト女性、鳥フル検査で陽性-WHO発表
(14日)
インフルエンザワクチンが鳥インフルに効果の可能性:聖ユダ小児病院
(13日)
トルコの疑い患者全て検査で陰性
(12日)
9歳少年死亡、インドネシア西ジャワ
(12日)
インドネシア、西ジャワで20歳女性が死亡
(11日)
トルコでも家きんで鳥インフル再興、子供3人が検査中
(9日)
インドネシアで発病者2名、エジプトで1名死亡
(4日)
国内初の新型インフルエンザ大規模訓練が徳島で
(4日)
英国の七面鳥農場でH5N1鳥インフル発生
(3日)
宮崎県新富町の鳥インフルもH5N1鳥インフルと確定
(3日)
ナイジェリアの22歳女性の死がH5N1ウイルスによると確認
(1日)

{January}

岡山県高梁市の鳥インフルはH5N1ウイルスによるものと確定(31日)
宮崎県新富町でも鳥インフル(30日)
岡山県の養鶏場でも鳥インフル発生(27日)
宮崎県日向市養鶏場で発生の鳥インフルはH5N1ウイルスによるものと確認(27日)
インドネシアで6歳女児が死亡、同国で6人目の死者に(25日)
ハンガリーのガチョウ農場で、今年度EU初のH5N1鳥インフル発生が確認(25日)
宮崎県日向市の養鶏場で高病原性鳥インフルデンザ発生の可能性(23日)
インドネシア、20歳の疑い患者が死亡(21日)
インドネシアで19歳女性が死亡、同国62人目の死者に(20日)
韓国の養鶏場で再び鳥インフル発生、5事例目(20日)
エジプト女性死亡(20日)
WHO、タミフル耐性H5N1ウイルス株を分離(18日)
エジプト女性H5N1鳥インフル陽性(17日)
宮崎県の鳥インフルは致死的H5N1株と確定(16日)
ジャカルタの鳥インフル専門病棟、患者と疑い患者で溢れかえる(15日)
インドネシアの18歳少年、感染確認、重体(13日)
宮崎県の養鶏場の鶏死亡は高病原性のH5亜型鳥インフルと確定(13日)
インドネシアで2女性が死亡、同国の死者数61人に(13日)
日本の宮崎の養鶏場で高病原性鳥インフル発生の疑い(12日)
インドネシアの女性死亡(12日)
韓国で無症状H5N1ウイルス感染が確認(11日)
インドネシアの少年死亡(10日)
中国で男性が発病、しかし回復、と発表(10日)
インドネシア、37歳女性が発病(9日)
インドネシアの西ジャワで少年が鳥インフル感染(7日)
香港の繁華街で死亡した野鳥から致死的H5N1ウイルスが検出(6日)
米国、新抗インフルエンザ薬(ペラミビル)開発に100億円の助成(5日)
ベトナムの家族事例、鳥インフル検査で陰性と(2日)

2006年

{December}

ベトナムで家族4人が鳥フル疑いで入院(30日)
エジプトの26歳の男性死亡(27日)
15歳少女死亡、エジプト(26日)
エジプトの30歳女性死亡(25日)
エジプトで親族3名感染(24日)
ナイジェリアで家きんの間で鳥インフルエンザが拡大(23日)
韓国で4番目の鳥インフルエンザがアヒル農場で発生(21日)
ベトナムのメコンデルタで鳥インフルエンザが拡大
(21日)
ベトナムの家きんで鳥インフルエンザが再興(19日)
マリでの国際会議、アフリカへの支援と援助が最も優先と(7日)
日本、省庁と自治体が参加した大規模訓練が1月に(4日)

{November}

インドネシアの35歳女性死亡(13日既報の事例)(28日)
韓国の鶏農場でH5N1鳥インフルエンザ発生が確認(25日)
抗インフルエンザ新薬、ペラミビル、緊急時には使用の可能性(25日)
米国、鳥フルワクチン、270万人分追加注文(21日)
インドネシアで少年が鳥フル疑いで死亡(17日)
H5N1ウイルスの人への感染性に関する重要な遺伝子変化が解明(16日)
安価な鳥フル迅速診断キット(Mチップ)が開発
(15日)
米国FDA、小児での精神症状副作用多発のため、タミフル使用警告文書を考慮(14日)
インドネシアで幼児が死亡、女性が入院治療中(13日)
中国、新規株(福建株)の存在を再度否定、分離株の海外研究者による不正使用を非難(11日)
中国、家きんから分離されたH5N1ウイルス20株をWHOに提出(10日)
WHO事務総長に中国のマーガレット・チャン氏が選出(8日)
米国で皮膚塗布(スキンパッチ)ワクチンが開発、各種感染症に応用可能(7日)
中国研究者、H5N1ウイルスの致死性を規定している遺伝子を同定(6日)
中国、新規株(福建株)の広がりを否定(3日)


ページトップ