各種情報


日本厚生労働省

各国行動計画
英語圏
・米国 英国 カナダ ・オーストラリア ニュージーランド
・WHOジャーナリストのためのガイドブック
ニュージーランド:教育機関のための行動計画

ニュージーランド:企業関連業界のための行動計画
ニュージーランド:市民啓発用リーフレット
米国政府海外広報{鳥インフルエンザへの挑戦}
米国政府実地計画(2006/5/03)
WHO pandemic influenza draft protocol for rapid response and containment (2006/5/30)
WHO Advice on use of oseltamivir タミフル投与基準 (2006/3/17)
WHO case definitions for human infections with influenza A(H5N1) virus
(2006/8/29)
米国ウイスコンシン州パンデミック・インフルエンザ対策
(2006/12/14)
ウイスコンシン州、病院危機管理行動計画
米国CDC、パンデミック時の一般市民のマスク着用の意義
(2007/5/4)
各国行動計画における「市民感染予防対策」抜粋
行動計画作成の参考にしてください!!
翻訳集(PDFファイル)

米国政府・パンデミックインフルエンザ・ホームページ

パンデミックインフルエンザ参考書
・史上最悪のインフルエンザ(スペイン風邪の記録)
・グレート・インフルエンザ
・日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 
速水 融
流行性感冒
日本におけるスペイン風邪の公的記録
内務省衛生局 編
 管理人著作

新型インフルエンザ・クライシス・新版」岩波ブックレット
 
 amazon  
  「インフルエンザ一般、トリインフルエンザ、豚インフルエンザ
  新型インフルエンザ、国家的、行政的、個人的対策」 
  事実に即した説明。この一冊で全てを網羅。勉強会、教科書に最適。  
   
  平成21年6月17日発行
  豚インフルエンザを中心に新型インフルエンザに関してナラーティブ(物語的)に記載。対策の問題点等も含む。  

小説集

パンデミック 追跡者 第一巻
   
 第二巻
   amazon 

 第三巻
amazon

小樽市保健所作成各種ガイド

特集
H5N1ウイルス、これまでの世界の経 管理人作成

・国際赤十字赤新月社(IFRC)::良くある質問

★スペイン風邪を記録したホームページ
インフルエンザ1918 米国


・パンデミックにおけるマスクの意義 (米国医学研究所)
・オーストラリア、ロウイ研究所によるパンデミック・インフルエンザ発生時の経済的損失評価
 PDFファイル
  最大死者数(日本で210万人、米国で200万人、世界で1億4千万人)
<海外報道各社特集から>

ニューヨーク・タイムズ

{鳥インフルエンザ特集ページ}(英語)

・H5N1インフルエンザ周辺の論点 (2006/3/28)
・人鳥インフルエンザ感染は報告以上の可能性(2006/6/4)
・さらなるインドネシアにおける死者の発生は、鳥フル拡大の恐れを増(2006/6/17)
・WHO H5N1疫学統計 2006/7/02
・鳥フルウイルス情報共有のためのデータベース設立へ 2006/8/25
・研究報告:鳥フル感染者には迅速な治療が不可欠 2006/9/11


・鳥フルワクチン開発、1976年の惨事は繰り返されない ー H5N1インフルエンザ用ワクチン開発周辺の問題
 ABCニュース(2006/4/2)
・ジャカルタ会議(6/21-23)に関する報道記事の全訳集
ニューヨーク・タイムズ、ロイター、ワシントン・ポスト他 (現在のH5N1ウイルス感染症の論点が集約)
・2003年、中国鳥インフルエンザ患者発生報告関連情報集 (2006/6/22)
原著論文、Science編集者コメント、ニューヨーク・タイムズ、ロイター、カナディアン・プレス他
・1918年のパンデミックの教訓は数百万人の命を救うSt. Louis Post-Dispatch) 2006/7/09
タミフルはインフルエンザに無効 (コックラン共同計画から 2006/7/19)
ベトナムの鳥フルウイルス侵入口 (ワシントンポスト) 2006/7/30
中国政府、2003年の鳥フル事例を認める  The Standard 香港 (2006/8/9)
・原著論文
Reducing the Impact of the Next Influenza Pandemic Using Household-Based Public Health Interventions 家族内対策へ公衆衛生的介入による、パンデミックインフルエンザ被害の減少(2006/8/08)
・インドネシア:無知が鳥インフルエンザ封じ込めの障害に(ワシントン・ポスト) (2006/8/25)
世界の研究者、鳥フルウイルスのデータの共有に向かって結束(CIDRAP) (2006/8/26)
・軽症および無症候性感染者に関する議論(CIDRAP他) (2006/9/22)
・新インフルエンザ薬ペラミビル情報(2006/10/2)
・季節性インフルエンザワクチンがH5N1ウイルスに効果の可能性2006/10/2
・ジャンク医療(インフルエンザ対策に有用と考えられる最新の2つの手段)10/07 The Times (英国)
・研究:保護ウイルス(protecting virus)によるインフルエンザ予防&治療10/08 Medical News Today(英国)
鳥フルワクチンは多くの亜型株に対して有効の可能性 (ワシントン・ポスト) 2006/10/19 
米国保健当局者:致死的鳥フルの脅威は去ってはいない 2006/10/20
鳥フルがパンデミックになったとしても、高死亡率を維持することもあり得る:WHO 2006/11/03
備蓄ワクチン、時間と共に効力が低下 2006/11/17
生と死の決定:副作用の強い鳥インフルエンザワクチン接種を受けるか?2006/11/19
英国、昨年の鳥フル騒動はジョークだったのか?2006/11/22
スイスにおける前パンデミックワクチン備蓄計画の詳細 2006/12/06
専門家達、鳥インフルエンザ発生の減少について様々な憶測 2006/12/07
米国各州のパンデミック・インフルエンザ対策整備状況には大きな差 2006/12/18
パンデミック・インフルエンザで8100万人が死亡する可能性 2006/12/23
タイにおけるGIS利用鳥インフル対策 2007/1/8
発展途上国は抗鳥インフルエンザ薬の公正な配分を要求 2007/1/24
・米国CDC:外国に住む合衆国市民に向けた情報 2007/2/2
ナイジェリア鳥インフル死者発生、警戒と無関心 2007/2/3
WHO疫学統計に関するコメント2件 2007/2/12
米国、野鳥調査でH5N1ウイルスを検出せず 2007/2/15
研究:インフルエンザワクチンが、鳥インフルの重症化を抑える可能性が示唆 2007/2/13
モスクワ周辺の農場、鳥インフル発生で閉鎖相次ぐ 2007/2/21 NY TIMES
鳥インフル脅威、隣人同士の結束強化へ (ニュージーランド) 2007/3/15
WHO、鳥インフルワクチンの発展途上国用の確保の同意を求める 2007/3/21
インドネシア、分離ウイルスの共有にいまだ難色を示す 2007/3/27
鳥インフルワクチンに対する攻防戦 TIME 2007/3/30
WHO:タミフルは治療の中心、ステロイドは避ける 2007/4/22
WHO、途上国のために鳥インフルワクチンの備蓄を準備 Reuter 2007/4/26
ロッシュ社、世界のパンデミック対策に疑問の声を呈す  2007/4/28
WHO:発展途上国にも、パンデミック用ワクチンが配分に 2007/4/28
米国CDC:パンデミック・インフルエンザに対する一般市民のマスク着用の意義 2007/5/4
資料(州と地域の公衆衛生担当者のためのトレーニングコース用教材) PDF、パワーポイント、ワードファイル 2007/5/19
日本医師会市民公開講座:「どう防ぐ新型インフルエンザ」 2007/5/22 日医ニュース
米国政府、パンデミック・インフルエンザ対策を急ぐように警告 2007/6/14
・WHO、人の鳥インフル発症事例集計 2007/6/16
タミフルの店頭販売でインフルエンザ死亡は防止可能 BBC News, UK 2007/7/04
鳥インフル治療に免疫抑制療法は効果がない可能性:サイトカイン・ストーム説の否定 2007/7/17
パンデミック・インフルエンザの脅威、タミフル・メーカーに新たなるビジネス 2007/7/25
研究:パンデミックに対する隔離政策 TIME 2007/8/08
NIHの研究者、将来のH5N1鳥インフル株を標的としたワクチンの開発に着手 2007/8/10
(豪)アボット保健相、インフルエンザ流行に対して、国家備蓄抗インフルエンザ薬の放出を拒否2007/8/15
・新アジュバントによりワクチン力価が20倍に 2007/8/18
・英国、Acambis社開発の万能インフルエンザワクチン、パンデミックにも有効の可能性2008/1/4
・WHO研究者による人発病事例のレビュー 2008/1/17
アジアの鳥インフル状況は危機的 2008/2/15
グラクソ社(GSK)の鳥インフルワクチン、広い交差免疫(予防)効果を示す 2008/3/2
タミフル服用は鳥インフル生存率を上げる 2008/3/4
パンデミック発生の危険性は高まっていると、専門家達が予想 2008/5/7
米国、改訂パンデミック対策計画、抗インフルエンザ薬備蓄量の増加を求める 2008/6/5
WHO、インドネシアの鳥インフル患者公表方式の変更に当惑 2008/6/7
タミフルの予防的投与は間違った方針:指導的ウイルス学者が警告 2008/6/11
インドネシアの新規政策に(鳥インフル犠牲者の)家族達が怒る 2008/6/14
AP通信、インドネシア政府が無報告のH5N1鳥インフル死者事例を報告 2008/6/14
パンデミックに備え、従業員用にタミフルの予約制度 2008/6/27
いつでも発生が予測されるパンデミックで、英国で75万人が死亡する可能性がある:英国上院議会委員会報告 2008/7/21
米国保健福祉省、パンデミックワクチン接種基準 2008/7/24
研究:1918年のインフルエンザ・パンデミックにおける主要な死因は細菌性肺炎 2008/8/24
全てのインフルエンザに有効なスーパーワクチンが開発中(オックスフォード大)  2008/9/6
インドネシア、鳥インフルに関して語らず 2008/9/7
子供がインフルエンザ拡大者:子供へのワクチン接種を強化すべきと米国CDCが啓発 2008/9/9
開発中プレパンデミックワクチン臨床試験成績 WHO 2008/9/22
インドネシアの現状と対策の方向性:当局 2008/9/24
ロッシュ社とグラクソ社、事業主にインフルエンザ薬の備蓄を促す 2008/9/27
米国CDC、A型インフルエンザ迅速判定装置を国内に配備 2008/10/1
インドネシア問題:インフルエンザ専門家とWHOがウイルス問題で対立 2008/10/03
パンデミックワクチンは接種後7日以内で効果 2008/10/9
2008-2009年度インフルエンザワクチン接種が開始:米国ユタ州保健局 2008/10/18
経済問題:鳥インフエンザによる世界的大恐慌発生の脅威:世界銀行 2008/10/18
インフルエンザ・ワクチンは済ませた?(米国における基本的考え方) 2008/10/19
初期の軽症パンデミック・インフルエンザに罹患すると、その後に流行してくる重度のインフルエンザ感染が防がれる 2008/10/21
国連:鳥インフル発生数は減少してきているが、パンデミックの脅威はいまだ続いている 2008/10/22
国連機関警告:緊張感低下が鳥インフル対策の障害に-世界が完璧に協働したなら3年でウイルスは駆除と 2008/10/25
米国、家庭での抗インフルエンザ薬備蓄を考慮 2008/11/2
パンデミックに現代の英国は如何に対処出来るのか 2008/11/3
アライグマ、鳥インフルと人インフル両方に感染 2008/11/6
真のH5N1鳥インフルエンザの致死率 2008/11/22
ワクチンメーカー、迅速なる世界のパンデミック計画の集約を求める 2008/12/6
テキサス州で、豚インフルエンザH1N1に男性が感染 2008/12/7
英国、妊婦に対する抗インフルエンザ薬(リレンザ)の備蓄 2008/12/9
グラクソスミスクライン社(GSK)、最悪のシナリオでの企業対策計画を作成 2008/12/24
3種類の遺伝子が季節性インフルエンザを殺人ウイルスへ変える 2008/12/30
専門家達、鳥インフルの将来について語る--今後のパンデミック対策のあり方 2009/1/2
新規鳥インフル事例の発生は、人におけるパンデミック発生の脅威を蘇らせる 2009/1/4
・ 2009/2/7
パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから派遣社員家族の引き揚げを指示(ーWHOが困惑) 2009/2/11
パナソニックのパンデミック関連措置は疑問と重大関心事を呈す 2009/2/11
パナソニックの海外派遣家族帰国決定理由周辺の問題点 2009/2/13
(中国)鳥インフルの発生の隠蔽 2009/2/14
永久的にインフルエンザ予防が可能になる? 2009/2/24
パンデミック・インフルエンザに関する5つの嘘(ワシントンポスト) 2009/3/15
香港で新規鳥インフルが発見、中国の対策努力が疑問視 2009/3/15
パンデミックインフルエンザ・アラート1 (管理人) 2009/4/6
エジプトにおけるH5N1鳥インフル事例は、無症状感染者の存在が疑われる 2009/4/9
(エジプトにおける)新規鳥インフル患者の発生は、パンデミックの危険性の高まりを示唆 2009/4/12
エジプトにおける鳥インフルエンザ発生状況は警鐘を鳴らしている(ニューヨーク・タイムズ) 2009/4/21
パンデミックインフルエンザ・アラート2 (管理人) 2009/4/20
新規ブタインフルエンザ発病事例が懸念 2009/4/22
パンデミック・アラート3(管理人) 2009/4/23
英国保健省ブタインフル解説リーフレット 2009/6/7
英国BBC放送、ブタインフルエンザのQ&A 2009/6/8
WHO、21世紀初のパンデミック宣言 2009/6/12
ブタインフル米国内で拡大中、新学期に大流行の懸念 2009/7/18
豚インフルエンザ:なぜまだ気にかけておくべきなのか 2009/7/18
各種情報 2009/8/10
専門家:大被害をもたらすH1N1第二波が発生するという根拠はない (ニューヨークタイムズ)2009/8/12
ブタインフルエンザの第二波は起きるのだろうか? 2009/8/19
第二波への準備:最近の流行から得られた知見-パンデミック(H1N1)2009 要約集9(WHO) 2009/8/29
ブタインフルエンザ脅威は正当か? 、医師達とWHOはH1N1の脅威について論議 2009/8/30
パンデミックを防ぐには豚インフルエンザワクチンは遅すぎる、と専門家が言及 2009/9/12
ブタインフルエンザワクチン集団接種は、予想外に容易  2009/9/14
A/H1N1ワクチン接種は1回で効果-報道集 2009/9/14
米国、医療従事者着用マスクについて見直しに-調査結果が外科用マスクは無効と 2009/9/17
豚インフルエンザの致死率は季節性インフルエンザと同様: 専門家 2009/9/17
この春インフルエンザが多く流行した地域では現在の患者数は少ない 2009/10/8
H1N1ウイルスはウイルス性肺炎を起こしやすいのは断定的 2009/10/18
ECDC長官からのキーメッセージ 2009/11
(A/H1N1)パンデミック・インフルエンザはもっとも軽症なパンデミックの可能性 2009/12/8
中国、回復期患者血漿を重症ブタインフル患者に投与  2009/12/26
偽りのパンデミック:製薬企業ブタインフルエンザ脅威の陰で多額の収入増に2010/1/11
インド、WHOにブタインフル警告の理由を求める  2010/1/21
A/H1N1インフルエンザに関する医師達へのインタビュー調査:国際的調査  2009/1/25
H1N1の脅威は誇張されたか? Time 2010/1/26
WHO、製薬企業が”パンデミック”宣言に影響力をもったことを否定 Reuter 2010/1/27
余剰ワクチンの途上国への提供は遅れている NY Times 2010/2/2
大多数の米国人は豚インフルエンザパンデミックは去ったと考えている、ハーバード大の調査結果 NY Times 2010/2/5
H1N1インフルエンザの推移 2009/2/28
パンデミック・アラート第4報 2010/3/8
パンデミック・アラート2009-2010 2010/3/8
集団ヒステリーの記録(シュピーゲル) 解説 2010/3/12
WHO外部専門家による、パンデミック対策検証会議 2010/4/18
ベトナム、バクカン省におけるH5N1集団発生疑い報道集 2010/4/16
発生しなかったブタインフルエンザのパンデミックに数十億ポンドが費やされた 2010/5/16
パンデミック及び季節性インフルエンザの疫学は類似(タミフル服用で抗体価低い) 2010/6/17
専門家、H5N1を巡る状況は改善されていないと報告 2010/7/24
パンデミック・アラート第5報 2010/8/9
WHO、パンデミック終息宣言、 CIDRAP, REUTERS  2010/8/11
パンデミックインフルエンザ-見通しが明るいいくつかの理由(Lancet編集部) 2010/8/25
米国CDC、インフルエンザ死亡者数は誤解されている 2010/8/27
豚インフルエンザは他の季節性インフルエンザよりも軽症であった(ウイスコンシン研究) 2010/9/7
H5N1特集9月12日 徒然日記より 2010/9/12
米国:多くの保健医療関係者はインフルエンザワクチン接種を受けないと回答 2010/10/15
CIDRP ニュース 研究:2009H1N1変異株が3カ国で検出 2010/10/26
イングランド、豚インフルエンザで70人の小児が死亡:統計 2010/10/27
季節性インフルエンザウイルスの感染は、H1N1ウイルスに対する防御力を弱める 2010/12/6
新型インフルエンザの流行と対策-田代眞人インフルエンザウイルスセンター長 2011/3/25
エジプトにおけるH5N1ウイルスの疫学的および分子生物学的特性(原文) 2011/3/25
エジプトにおけるパンデミックウイルス誕生の恐れ(上記CIDRAPコメント) 2011/3/25
ドイツの”スプラウト(新芽、ベビーリーフ)に由来した致死的大腸菌感染症の流行 (NYT) 2011/6/6
専門家達はスプラウトは致死的感染症を引き起こす可能性があると警告 2011/6/13
スプラウトには手をつけない 2011/6/15 
40人の命を奪ったドイツの大腸菌流行と多くの研究者による遺伝子分析
 Nature 2011/6/21
世界は余りにも(H5N1)鳥インフルエンザに無関心すぎる 20118/17
ロバート・ウエブスター:世界は鳥インフルエンザの危険性を命がけで無視している 2011/9/18
パンデミックの予知は不可能なのか(徒然日記から) 2011/10/26
家きん市場で鳥インフルエンザウイルスが拡大-FAOおよび中国農業省 2011/11/17