オランダ研究者による変異型H5N1インフルエンザウイルス作成に関する報道集
鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集} 別掲
6月23日


鳥インフル、空気からも感染 オランダ研究者が解明  
東亜日報
 
高病原性鳥インフルエンザ(AI)ウィルスであるH5N1が空気を通じて人に感染し得るという研究結果が出た。これは、鶏や鴨などの鳥類感性固体と直接接触してこそH5H1に感染するという既存の学説を覆す内容だ。
 オランダ・エラスムス医学センターのロン・フーシェ教授は、世界的な科学誌「サイエンス」の21日付に公開した論文の中で、H5N1ウィルス遺伝子の5ヵ所を操作してフェレットに投与した結果、空気を通じたH5N1の感染を確認したと明らかにした。
 研究チームは、H5N1研究チームは、ウィルス遺伝子に突然変異を起こしてフェレットに投与した後、感染したフェレットから再びウィルスを抽出するプロセスを10回繰り返し、突然変異ウィルスを得た。同教授は、論文の中で「突然変異を経る中でH5N1ウィルスが空気から感染することを確認した」と明らかにした。  
 世界保健機構(WHO)の集計によると、H5N1は2003年から今年6月7日まで世界15ヵ国で感染者606人に上り、このうち58.9%に当たる357人が死亡するほど致死率の高い感染病だ。
 国立保健研究院・生物安全評価課のユ・チョングォン課長は、「今度の研究結果がH5N1感染率を下げるのに利用されるのか、逆に感染率を高めるのに悪用されるかは見守らなければならない」と話した。

New Bird-Flu Study Shows Virus's Pandemic Potential Wall Street Journal (米国) 新規鳥インフルエンザ研究で(H5N1)ウイルスのパンデミック発生の可能性があることが実証
Bird flu 'secrets' are out The Australian (オーストラリア) 鳥インフルエンザウイルスの秘密が公表
 
人為的作成H5N1ウイルスの秘密が雑誌で公表。
Bird flu pandemic in humans could happen any time Reuters  (国際)  人における鳥インフルエンザのパンデミックはいつでも起きる可能性がある
 
H5N1ウイルスが人に感染しだしてパンデミックを起こすのに、僅か5箇所の遺伝子変異で十分である。
 そのうち2箇所の変異は自然界に存在するウイルスで起きている。
 いつでも残りの変異が発生して、人の間でのパンデミックは起きえる。

 Scienceに発表されたオランダの研究チームの論文から。


6月22日


猛毒性鳥インフル、空気感染も-オランダ研究者らが動物実験論文 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
 オランダの研究者らのチームは、ヒトの間で大流行を引き起こす可能性のある猛毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が5つの遺伝的変異を通じて哺乳類の間で空気感染するタイプに姿を変えるメカニズムを解明した。実験結果は22日付の米科学誌サイエンスに掲載された

 この実験結果は、H5N1が将来、甚大な公衆衛生リスクを人類にもたらす恐れがあることを示している。H5N1は、2003年以降に十数カ国で鳥からヒトへの感染が確認され、感染した約600人のうち約60%を死亡させている。研究者チームは、この実験で意図的に生じさせた5つの変異のうち、2つの変異は既に鳥やヒトへの感染が確認されており、残りの3つの変異も自然進化によって発生する可能性があると指摘している。 

 22日付のサイエンスにはこの論文のほかにも、H5N1に関するいくつかの論文や解説が掲載されている。これらの研究は米国立衛生研究所(NIH)などの機関からの資金提供を受けている。

 発表された遺伝子変異の実験論文は、今年に入って物議をかもした2件の論文のうちの1つで、サイエンスなど科学誌上に発表されるとテロリストに生物化学兵器製造の設計図を与えることになりかねないとの懸念を引き起こした。もう1件の実験論文は、ヒトでの大流行を引き起こすH5N1の変種を作り出す遺伝子操作技術を詳述したもので、既に5月に英科学誌ネイチャーに掲載されている。 

 公衆衛生当局者がH5N1のどの遺伝子特性を探せば良いのかが分かれば、H5N1に感染した人々から標本を採取し、重大な変異が発生し始めているかどうかを確認できる。 

 ただしサイエンス誌上に今回掲載された同実験論文の執筆者らは、実験で作り出した5つの変異のうち、残りの3つの変異も自然界で起こるのか、起こるとしたらそれはいつになるかは予測できないとしている。また、この3つの変異がヒトの間で大流行を引き起こし得るすべての変異ではないと指摘した。 

 ケンブリッジ大学のデレク・スミス氏は、「ヒトやその他の哺乳類の宿主で残りの3つの変異発生が起きる可能性がある、ということしか分からない」と述べた。スミス氏が共同執筆したサイエンス論文の1つによると、15年間の監視データの分析の結果、実験で操作したウイルスにみられた5つの変異のうち、2つは既存の鳥インフル変種の中で実際に発生が確認されている。 

 H5N1ウイルスは物理的な接触を通じて鳥からヒトへ感染するが、ヒトからヒトへ感染するほどに効率的な力はまだない。ヒトからヒトへの感染能力は同ウイルスが大流行を引き起こすのに必要な条件だ。 

 NIHの傘下にある国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウシ博士は、ウイルス監視研究で得られる利点は、生物化学兵器の製造をもくろむテロリストなどによる「邪悪な利用のリスクよりもずっと大きい」と指摘した。ファウシ氏とNIHのフランシス・コリンズ氏は、サイエンスが特集したウイルス研究の利点とリスクに関する解説の一つを共同執筆した。

 今回の最新研究はまた、H5N1の大流行のリスクがこれまで信じられていたよりもはるかに大きいかもしれないことを示している。

 これより先、5月にネイチャー誌上で公表された別の研究チームの実験では、H5N1を豚インフルと遺伝子操作で結合し、混合ウイルスを作り出したところ、ほ乳類間で感染することが確かめられた。この実験は、「大流行する変種は、鳥ウイルスが豚のような動物の別のウイルスとの間で遺伝子を混合するときに発生する公算が大きい」との長年の考え方に基づいていた。 

 しかしサイエンス誌上で今回公表された実験論文では、こうした「リーアソートメント(混合)」が必ずしも不可欠でなく、H5N1だけの変異から生じる可能性が示唆されている。

 研究チームはまず、H5N1の3つのアミノ酸を、このウイルスが宿主としてのヒトに親和性を増すような手法で変化させた。その後、変異したこのウイルスをイタチの仲間であるフェレットに感染させた。フェレットが適切な実験モデルであるのは、インフルエンザに感染するとフェレットはヒトと同じようにくしゃみをし、似たような症状になるからだ。 

 同チームは感染したフェレットの鼻から分泌物を採取し、それを他のフェレットに「パッセージング(付着)」させた。これを何度か繰り返した。いずれの段階でも細胞サンプルを採取し、H5N1がどのように進化しているかを分析した。 

 実験論文を共同執筆したオランダ・エラスムス医療センターのロン・フーシェ博士ら研究チームは「約10回のパッセージングのあと、われわれはウイルスが感染能力を獲得したことを突き止めた」と指摘。このことは「ヒトにおいて、変異が蓄積されるために伝播の回数は少なくてもいいことを示唆している」とした。

 5つの変異によって、ウイルスはフェレット間で感染できるようになった。つまり実験当初の3つのアミノ酸の変更と、フェレットの体内で生じた進化的選択(淘汰)を通じて生じた残り2つの変異だった。

 実験室で作られたウイルスは哺乳類間で感染するが、ほとんどの感染したフェレットは治癒した。死んだのは大量のウイルスを直接のどに付着させられたフェレットだけだった。

 またフーシェ博士の研究によると、人工的に作られたウイルスは、タミフルなど抗ウイルス剤のオセルタミビルや実験的に作られたH5N1のワクチンを接種されたフェレットから得られた抗体に反応した。

New Bird-Flu Study Shows Virus's Pandemic Potential Wall Street Journal  (米国) 発表された新規論文はH5N1鳥インフルエンザウイルスがパンデミックを起こす可能性を示唆

Bird flu could develop airborne transmission: Prepare for possible ... Examiner.com (米国) 鳥インフルエンザは空気感染するかも知れない。対策強化の必要がある
 オランダの研究論文内容に関して。

H5N1: BirdFlu Pandemic May Be Closer than Thought, Study Finds Time Magazine  (米国) H5N1鳥インフルエンザ:パンデミック発生は予想よりも早い可能性、研究が示唆
 オランダの研究チームの論文が”Science”に掲載されたことからの論評。

 H5N1鳥インフルエンザウイルスが5回の変異で人に容易に感染するようになる。
 そのうち2回の変異が起きているウイルス株も出現していて、残りの3回は人に感染する過程、または鳥に感染する過程で起きえる。

 H5N1によるパンデミックは予想しているよりも早くに起きる可能性がある。


Bird flu study published after terrorism debate 3News NZ (ニュージーランド) 鳥インフル研究、テロリズム論争の果てに雑誌発表
 先月、米国ウイスコンシン大学でのH5N1鳥インフルウイルスに関する研究論文が、掲載許可に関する論争の果てに”Nature”に発表された。
 一方、もう一つの問題となっていたオランダのエラスムス医学センターの論文も21日、”Science”に掲載された。

 両論文ともH5N1ウイルスが人に容易に感染するようになる変異過程を分析したものである。
 実験動物として人の感染様式に類似性を示すフェレットを用いた。
 作成された容易に感染するH5N1ウイルスはフェレットを殺さなかったとされるが、オランダのロン・フ-シェ教授のチームの作成した変異ウイルスは5回の変異が必要とされるが、それらの2つは既に自然界で起きていて、残りは人に感染する過程、または鳥に感染する過程で起きえると説明されている。
 要するに人に感染するH5N1ウイルスは実験室内で完成していると考えられ、それは自然界でも直に誕生すると想定されるということである。
 問題は当初致死的と表現されていたフ-シェ教授のウイルスが、実はフェレットを殺しはしなかったと後に語られたされる事実性であるが、その信頼性にに関しては未だ明朗さに欠けている。


5月4日


Report details changes that may boost H5N1 spread in mammals CIDRAP (米国) ほ乳類に拡大する可能性ある作成H5N1ウイルス研究論文の詳細が変更されて発表
 米国ウイスコンシン大学から投稿された河岡義裕教授らの論文が科学雑誌”Nature”に掲載された。
 その背景について論評。
 作成ウイルスの遺伝子は、7個のH1N1ウイルス由来の遺伝子と1個(ヘマグルティニン遺伝子:細胞に感染する際に働く)のH5N1ウイルス由来の遺伝子で構成されている。
 フェレット間で容易に感染を起こすが、致死力はないとなされる。7個のH1N1ウイルス由来の遺伝子も感染力増強に働いていると考えられている。

 発表論文は当初の内容よりも考案部分が長くなっていて、作成ウイルスの危険性がないこと、セキュリティーが保たれていること、研究によるメリットが大きいこと等が詳述されているとされる。
 また当初の論文が、米国の連邦諮問委員会により発表が不承認となって以来、2回修正されたと河岡教授はCIDRAPに説明している。

ヒト感染する鳥インフル変異株論文、英ネイチャー誌に掲載 AFPBB News (AFP 日本版)
 テロリズムに悪用される懸念などから論文発表が見送られていた、ほ乳類間でも感染する高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの変異株に関する研究の1つが、3日の英科学誌ネイチャーに掲載された。
 今回ネイチャーに掲載されたのは、米ウィスコンシン大学の河岡義裕教授率いる研究チームの論文。当初の論文の重要要素に変化は加えられていないと、ネイチャーでは説明している。
 河岡教授のチームは、H5N1ウイルスから赤血球凝集素(ヘマグルチニン、HA)として知られる遺伝子を取り出し、ヒトの呼吸細胞と結合しやすくなるよう変異させた。そして、2009年にヒト間で流行したものの通常のインフルエンザと同程度の致死性しか示さなかった新型インフルエンザA型(H1N1)のウイルス株のHA遺伝子を、この変異遺伝子と置き換えた。
 この「H5N1変異株」を、ヒトと呼吸器系がよく似ているとされるフェレット6匹に感染させたところ、フェレット間での飛沫感染が起こり、変異株がせきやくしゃみで感染し得ることが証明されたという。ただし死亡したフェレットはおらず、この点についてさらに研究が必要だとしている。
 こうした変異が自然界で起きるリスクは、特に鳥とヒトのインフルエンザウイルスが混合し得るブタなどで十分存在するという。今回の研究が衛生機関などに注意を喚起し、ワクチン開発の一助となるだろうと研究チームは述べている。

 一方、同じくヒト間感染するH5N1の変異株作成に成功したとするオランダ・エラスムス医学センターのロン・フーシェ氏率いる研究の論文も現在、査読過程にあり、米科学誌サイエンスに間もなく掲載される予定だという。


4月29日


Controversial bird flu virus will be published in Science after all DutchNews.nl (オランダ) 論議が続いてきた鳥インフルエンザウイルス研究論文が結局サイエンス(Science)に掲載予定に
 オランダ政府は、H5N1鳥インフルエンザウイルスの危険な株への論議を呼んでいる研究論文の海外での発表を許可した。

 鳥からほ乳類へ拡大するH5N1ウイルスは、ロッテルダムのエラスムス大学の研究者により、米国の研究所(NIHから研究費が出ている)のために作成された。
 しかしながら研究結果の公的発表は、テロリストが危険なウイルスの作成を行う危険性があると言うことから保留されていた。

 論文のいくつかの修正の後、論文は米国の科学雑誌Scienceに掲載される予定となった。
 (Following some amendments, the research will now be published in the US academic publication Science, news agency ANP said. )

 研究のリーダーであるオランダのウイルス研究者ロン・フーシュ教授は、最新の”タイム(Time)”誌で最も影響を与えた世界の100人に選ばれた。


4月23日


The Latest on the Doomsday Virus  New York Times (米国) 地球最後の日を招くウイルスに関する最新の状況
 
今年の1月、オランダから出ていたH5N1鳥インフルエンザに関する研究論文の発表に、その危険性から反対したが、その後、修正論文が米国政府から発表が承認された。この間の状況に関して論評。

 部分訳

 研究チームのリーダーがウイルスが致死力を維持していると発表した事から、ニューヨーク・タイムズの編集部は作成ウイルスの破棄、または限定された高度にセキュリティーが維持された研究室だけでウイルス研究が行われるべきであり、研究論文は発表されるべきでない(テロリストが悪用する可能性があることから)と主張した。しかし3月に研究チームが先の主張を翻して、新規に作成されたウイルスは、簡単にフェレット間で感染を広げなくて、また致死的でもないと発表した。そのため我々は国家バイオセキュリティー諮問委員会のような独立した機関に明確な判断を求めた。当委員会は先に研究論文はウイルスの変異過程に関する詳細に関して削除して論文を発表すべきと結論を出していた。
 現在委員会は見解を変えた。
 3月下旬にオランダの研究チームから提出された修正論文を検討した後、詳細は削除されていないが、12対6で雑誌掲載が承認された。

{Based on statements by the lead scientist that the virus retained its lethality, we urged in January that it be destroyed or studied only in a few high-containment laboratories, and that nothing be published about the experiments or, at a minimum, that details that might help a terrorist be redacted. In March, after the lead scientist, in a turnabout, said his new virus did not actually spread all that easily and was not lethal to ferrets when it did so, we called for clarification by an independent arbiter, like the National Science Advisory Board for Biosecurity. That is the group of nongovernmental experts that originally voted 22 to 0 to recommend that the paper be published only after details on specific mutations and how they were made were redacted.

Now that board has changed its mind. In late March, after reviewing a revised version of the paper and grilling the Dutch scientist, it voted 12 to 6 to recommend publication with none of the details excised.}


4月4日


Controversial bird flu experiments produced no killer virus, scientists say  Washington Post  (ワシントン・ポスト) 議論中の鳥インフルエンザウイルス実験で致死的ウイルスは産生されない、研究者達が説明
 
オランダのロン・フーシェ教授のチームと米国の河岡教授のチームの研究において、致死的ウイルスは産生されないと、両者が研究会で説明。
 米国諮問委員会は先週、両研究者から提出された古いデータと新規のデータを比較し、論文の公表が公衆衛生学的にリスクよりもメリットを有することを確認し、論文の雑誌公表を了承した。

 河岡教授のチームは、H5N1ウイルスのヘマグルティニンがどのように変化すると人に感染しやすくなるかを分析するために、そのヘマグルティニン遺伝子を、2009年のパンデミックインフルエンザウイルス(AH1N1pdm)に移入した。作成されたウイルス(H1N1にH5N1のヘマグルティニンが加わった)はフェレット間で容易に感染するようになったが、病原性は示さなかった。
 H5N1ウイルスはヘマグルティニンの変化で人への感染性が高まると考えられるが、現在、エジプトのH5N1ウイルスのヘマグルティニン遺伝子に変異が起きていて、人への感染性の高まりが懸念されている。
 河岡教授はそうした意味で自分達の研究は、H5N1ウイルスの人への感染性変化を予知してゆくためにも有用であると主張した。

 一方、オランダのロン・フーシェ教授は、研究ではベトナムで分離されたH5N1ウイルスを用いたが、最終的に作成されたウイルスは、フェレットにウイルスを人為的に直接噴霧すると感染し、死亡させたが、檻から檻への空気感染は起こすことはなく、ウイルスが外部に漏れたとしてもそれほどの危険性はないと説明した。
 当初の研究論文は、オランダ政府の情報の輸出コントロールに抵触することから、詳細な情報を記述出来なかった事から、誤解が生まれたとしている。

4月3日

U.S. Advisers Say It's Now Safe to Publish Bird Flu Studies HealthDay News (米国) 米国政府諮問委員会、鳥インフルエンザ研究論文は発表しても安全と判断
 AP

 米国政府のバイオセキュリティー安全委員会は3月30日、問題となっていた人為的作成H5N1ウイルス研究論文に関して、修正論文をそのまま雑誌で発表することを了承した。
 The National Science Advisory Board for Biosecurity said two research papers, which have been revised since they were first offered for publication late last year, have been reworked enough so they no longer contain details that might be of value to bioterrorists. The advisers' recommendation now goes to the U.S. Department of Health and Human Services for a decision, the Associated Press reported.

UPDATE 1-Bird flu studies OK to publish - US biosecurity expert Chicago Tribune  (米国) 鳥インフルエンザ研究論文の雑誌掲載を承認-米国バイオセキュリティー専門家
 
米国連邦諮問委員会である、バイオセキュリティー科学諮問委員会(NSABB)の責任者は、2日、問題となってきた鳥インフルエンザ研究論文の雑誌掲載を承認するとロンドンで語った。
 承認の理由は、修正論文は直ちに公衆衛生に危険な情報を提供する内容ではないことを挙げている。
 ” the data described in the revised manuscripts do not appear to provide information that would immediately enable misuse of the research in ways that would endanger public healthor national security."


3月31日


US bioethics panel approves bird flu studies BBC News  (英国) 米国、連邦生命倫理委員会、校正された鳥インフルエンザ研究論文の発表を了承
 以前から論議されていた人為的に作成されたH5N1鳥インフルエンザウイルスに関する研究論文が、ウイルス作成に関する詳細部分を削除するなどの校正が行われたことから、米国、国家バイオテクノロジー保障委員会:US National Security Advisory Board for Biotechnology (NSABB) は、論文を公開してもテロリスト等に悪用される懸念が無くなったとして、雑誌への発表を了承した。
 両論文とも昨年、サイエンスとネーチャーに投稿されていた。
 両研究とも米国政府から研究費が提供されていた。


3月4日


Lab-engineered bird flu virus may be less deadly than thought — or not  Washington Post  (米国) 研究室内で作成された鳥インフルエンザウイルスは考えられている程には致死的ではないのだろうか?それともやはり脅威的なのだろうか?

 先のよく見えない(真実がよく見えない)論議が続く。


3月1日


Genetically Altered Bird Flu Virus Not as Dangerous as Believed, Its Maker Asserts  New York Times (米国) 遺伝子変異された鳥インフルエンザウイルスは、考えられている程危険ではない、作成者が主張
 一般社会へパンデミックの脅威をもたらした、ほ乳類の間で感染する致死的鳥インフルエンザウイルスの作成者が、2月29日、作成したウイルスは人々が恐れているほどには感染性も致死性も高くはないと主張した。

 同研究者が明らかにした新事実により、危険性あるウイルスが第三者により作成され生物兵器化される恐れがあることから、論文の全容の発表は好ましくないと昨年12月に判断した米国政府の諮問委員会に対して、政府は再度論文内容の評価を求めることになりそうだ。
 またこの研究に対する批判は、実験室内から作成ウイルスが外部に漏れ、パンデミックが発生する危険性も指摘している。

 「我々は、ウイルスが一旦外部に漏れ出すと野火のごとく世界に広がるだろうとの懸念を何度も聞いている」、とオランダ、ロッテルダムの医学センターの、今回の研究リーダーのロン・フーシェ氏が語った。
 「しかし、それは当たっていないと、我々は考えている」

 国立衛生研究所(NIH)のアレルギーと感染症研究所の所長であるアンソニー・ファウチ氏も、作成ウイルスの危険性は過剰視されている、と語っている。
 「大きな誤解が広く行き渡っている」、と同氏はコメントして、再度諮問委員会による論文調査が行われるべきであるとしている。

 最近までフーシェ氏は実験でフェレットに何が起きたのか詳細を説明していなかった。理由は論文掲載の結論が出ていなかった事もある。
 しかし2月29日、ワシントンで開催された米国微生物学会で、同氏は発病したフェレットの咳やくしゃみで、他のフェレットが必ずしも全例感染したわけではないこと、感染したフェレットが重症化、または死亡はしなかったことを語った。さらにフェレットが先に通常の軽い季節性インフルエンザに対して免疫されていると、鳥インフルエンザに対しても免疫が出来ているとも語った。
 ほとんどの成人は何らかの季節性インフルエンザに対して免疫を持っていることから考えると、人はある程度の自然免疫を鳥インフルエンザウイルスに持っていると推定されると、フーシェ氏は語った。

 一方、諮問委員会のメンバーでもあるマイケル・オステルホルム氏は、フェレットは必ずしも人と同じような反応を示すわけではなく、新規に作成されたウイルスがどの程度人に危険性があり、感染力があるのかは、フェレットの実験結果から判断は出来ないとコメントしたが、委員会はどのような新規情報に対しても注意深くレビューするだろうと語っている。



2月21日


For now, bird flu papers won't be published  Washington Post (米国) 鳥インフルエンザ論文は、現時点では掲載されない
 
致死的パンデミックを引き起こす可能性のあるH5N1鳥インフルエンザウイルスを研究者がどのような方法で作成したかを記述している2編の論文は、専門家達が発表することによるリスク評価を行った後に雑誌に掲載される、とWHOが17日に発表した。
 以下省略。

WHO: Bird flu data still on hold  WLFI.com (米国) WHO:鳥インフルエンザ研究論文発表は保留に
 
致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子が操作され、人への感染力が高まったと推定される2研究に関して、論文は全容が発表されるべきであるが、その前に十分安全対策を行うべきであることが、WHO緊急委員会で結論された。

2月20日

ヒト感染する鳥インフル変異株の論文、WHOが全文公開を勧告
 AFPBB News

 
ヒト感染する能力のある強毒性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの変異株に関する2論文の公開の是非を検討していた世界保健機関(World Health Organization、WHO)は17日、スイス・ジュネーブ(Geneva)で開いた会合で、全文公開すべきだとの勧告を決定した。ただし、論文公開と研究再開の前には安全評価を実施する必要があることでも合意した。

 論文の執筆者の1人でWHO会合に出席したオランダのロン・フーシェ(Ron Fouchier)教授によると、出席者は「論文の全文公開は、公衆衛生に利する」との意見で一致したという。

 オランダと米ウィスコンシン(Wisconsin)州の研究チームはそれぞれ前年末、哺乳類間で空気感染するH5N1変異株の作成に成功した。これを受けて、変異株が研究室から流出して悪用されたり、大量の死者が出る大流行につながる懸念が浮上。米国が、論文の主要部分を非公開とするよう求めていた。

■検証後に研究再開へ、科学誌も決定を支持

 科学者らは1月20日に追加研究の60日間の一時停止に合意していたが、フーシェ教授によると今回の会合で、より幅広い専門家による危険性の検証や公開議論を行うため、停止期限を無期限とすることが決まったという。

 フーシェ教授は「この研究は進める必要のある極めて重要な研究だ」と述べ、安全性の確保、バイオセキュリティーの問題、悪用防止などの点で合意ができ次第、研究を再開させると語った。

 会合には、論文の掲載を差し控えるよう求められた米科学誌サイエンス(Science)と英ネイチャー(Nature)の代表者も出席。サイエンス誌のブルース・アルバーツ(Bruce Alberts)編集長は「(掲載するか否かの)最終決定者が(編集長の)私であってはならない」と述べ、決定を支持するとのコメントを発表した。「論文のどの部分を編集すれば安全かを見極めようと多くの政府関係者が努力してきたが、あらゆる困難に直面していた」

 同紙はネイチャー誌とともに3月号に論文の一部掲載を検討していた。アルバーツ氏によれば2誌は関係当局と緊密に協力しており、追加情報を待って全文掲載を決める予定。同氏は、今回の決定が今後、同様の問題を解決する国際機関の設立につながることを期待すると述べた。

■広い分野の専門家で会合へ

 WHOによれば、 これまで確認されたH5N1型の感染例は15か国584人で、うち345人が死亡している。最も感染例が多い国はインドネシアだ。

 WHOの福田敬二(Keiji Fukuda)事務局長補は17日、「高い致死性を持つこのウイルスに科学界が強い危機感を抱いており、さらなる研究によって(このウイルスを)理解する必要があることが会合で強く示された」と語った。

 WHOは、より多岐にわたる分野の専門家を集めた会合を近く開催する予定。フーシェ氏は「今回はインフルエンザ専門家による会合だった。より広範囲の科学界と話し合いをする必要がある」と語った。

2月19日


Bird Flu Studies Can Be Published After All: WHO U.S. News & World Report (米国) WHO:鳥インフルエンザ研究論文は、全ての対策が完了した後に発表すべき
 発表内容が完全に掲載されるのは今年の秋の予定。それまで様々な対策を講じる必要がある。
Studies on mutated H5N1 virus will be kept a secret for now TODAYonline (シンガポール) 変異H5N1ウイルス研究論文は、しばらくは未公開に
 論文内に記載されている内容の危険性を専門家が十分分析し、対応策を考慮した後に、論文は発表されるべきと、WHOが17日に発表した。
WHO panel says to publish bird flu studies in full CTV.ca - (カナダ) WHO委員会、鳥インフルエンザ論文は完全な形で出版するのが望ましい

Studies on mutated H5N1 virus will be kept a secret for now TODAYonline WHO会議:変異H5N1ウイルスに関する研究結果は現在は内容を公開しないことに結論
 H5N1ウイルスをどのようにして研究者が人に感染する変異型を作成したかに関する論文の発表は、専門家達が発表のリスクを十分評価した後に、行うべきであると専門家会議で結論がでたと、WHOは発表した。


2月18日


鳥インフル論文、全面公開は当面見送り WHO勧告 MSN産経ニュース
 
米政府が生物テロに悪用されるとの懸念から、一部の掲載削除を求めていた強毒性鳥インフルエンザウイルスの研究論文をめぐり、世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブで開かれた緊急会議で、論文の全面公開の公益性を認める一方、安全管理への配慮から全面公開は当面見送るべきだとの勧告をまとめた。
 論文は、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの研究チームなどが、H5N1型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子変異によるヒトへの感染についてまとめたもの。米政府の科学諮問委員会(NSABB)が昨年末、論文の全面公開に反対し、世界の科学者39人が研究を自主停止している。
 河岡教授をはじめ22人の専門家らが参加したこの日の会議では、論文の取り扱いに関して、部分的な公開にとどまるよりも、時期が遅れてでも全面公開する方が公衆衛生上の利益になると指摘。ただ、全面公開の前には「研究をめぐる懸念にまず対処すべきだ」と米側の主張にも理解を示した。
 また、研究の自主停止については停止期間の延長を求める一方、将来のワクチン開発などのため、ウイルスの研究自体は継続すべきだとの見解で一致した。
 WHOでは今後、研究施設からのウイルスの流出防止など、管理・研究に関する安全基準づくりに向け議論を進めていく。

WHO Recommends Continued Research of Lethal Bird Flu Strain  Voice of America (米国) WHO、致死的鳥インフルエンザウイルス研究は続けることを勧奨
 
研究を続けることは必要だが、同時に研究の社会に対する利点と危険性、および研究のセキュリティーの問題が解決される必要があるとしている。
 基本的に研究は一般社会に影響を及ぼす危険性がない、安全な研究施設で行われる必要がある、ともコメントしている。
Despite Safety Worries, Work on Deadly Flu to Be Released  New York Times (米国) 安全性が懸念されるが、致死的鳥インフルエンザウイルス研究論文は発表されるべき
 W
HOに招集され鳥インフルエンザ研究論文の発表の是非を検討していた22人からなる緊急委員会は、基本的には研究論文は発表されるべきで、それにより致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスの危険な変異などが早期に探知できるとしたが、方法論が悪用されないための対策も迅速に考える必要があるとした。
 概略のみ。

WHO: Bird flu data still on hold CNN  (米国) WHO、鳥インフルエンザ研究論文は、まだ未発表とするように

Deadly bird flu studies to stay secret for now: WHO Reuters (国際) 致死的鳥インフルエンザ研究、現段階では内容は発表しないようにWHOが勧告
 
H5N1鳥インフルエンザウイルスを変異させ人に感染するように改造したウイルス研究は、専門家達が完全にそのリスクを評価した後に発表されるべきであるとWHOが18日(現地時間)発表した。
 2日間、インフルエンザ研究専門家、米国セキュリティー専門家がジュネーブに集まり、高レベルの会議がもたれた。

 会議の結論は、研究の危険性が十分分析されるまで、研究論文は発表されるべきではないとの結論が得られたと、WHOから発表された。

 WHOの事務局長代理補であるケイジ・フクダ氏は、公衆衛生学分野からは論文全体の発表を要請する意見もあるが、この研究に対して社会的にさらに熟慮すべき問題が存在している、と語った。

 概略のみ


2月17日


Journalist's concern over bird flu research  BBC News (英国) 鳥インフルエンザ研究に対するジャーナリストの関心
 世界の一流の科学雑誌の編集者は、内容の危険性から掲載の是非を巡って論争中の鳥インフルエンザウイルスに関する研究論文を、その危険性から一部削除するように米国政府から言われているが、(健全な)研究者達にその内容に関して伝える方法に進展がなければ、雑誌に論文の全内容を掲載すると語った。

 (現在研究者達22人によって研究の発表方法についてWHOで討議されているが)WHOは後ほど人に感染するH5N1ウイルス研究を如何にして安全に研究者達に情報提供するかについて発表すると予想されている。

 科学雑誌”サイエンス”の編集者であるブルース・アルバーツ博士は、米国政府のセキュリティー諮問委員から論文の一部分を削除して掲載するように求められた。テロリストにより生物兵器化されるのを防ぐ為である。
 しかし同博士は研究結果をH5N1ウイルスを監視している研究者と保健当局者に伝える事は重要と語っている。

 同博士はバンクーバーで行われた”米国科学研究協会(American Association for the Advancement of Science )の席上で次の様に語った。
 「研究者や保健担当者が重要な情報を得る正式手段がない現状では、我々科学雑誌編集部は投稿された論文を完全な形で掲載することが必要と判断している」
 
 学問の自由

 論議の中心となっているのは2つの論文である。
 一つはScience(サイエンス)に投稿され、もう一つは前誌と共に世界の科学をリードしているNature〔ネーチャー)である。両論文とも昨年投稿されている。
 二つの論文ともH5N1ウイルスが予想外に容易に、人に感染するような変異を遂げることを示している。
 論文は米国バイオテクノロジー・セキュリティー諮問委員会(US National Security Advisory Board :NSABB)から、一部分を削除して掲載するように求められた。
 テロリスト達がウイルスを作成して生物兵器化する可能性があることが理由とされる。

 このような国家機関による干渉は、学問の自由を脅かすものだと、多くの研究者達から意義が唱えられた。

 何人かの専門家は、研究結果は学会で発表されており、その詳細に関しては広く知れ渡っているので、論文の一部を削除することの意義は小さいと主張している。

 論文を提出した研究者達と雑誌社は、論文内容を部分的削除するように示唆された内容に関して考慮中とされる。

 論文の情報は人用ワクチン開発と、自然界におけるH5N1ウイルス変異の監視にとって重要である。
 しかし論文は4ヶ月間、雑誌に掲載の結論がでないままに放置されている。

 警鐘

 最も新しい状況は、今週ジュネーブのWHO本部で開かれる会議である。

 ブルース・アルバーツ博士は、研究は如何に容易にウイルスが変異するかを示しており、それは世界に対する警鐘となるだろう、と語っている。
 同博士はさらに、このような変異は容易に自然界で起きえるはずだ。なぜならこのウイルスは非常に活発に変異を続けているからだ、と語っている。

 NSABBのメンバーは、米国の科学者と政府のセキュリティー当局者で構成されている。
 その役割は研究が安全性に脅威を持っているかどうかの判断と、削除すべき記述を指摘することである。

 注:2005年にNSABBが発足して以来、初めてのできごとである。

 アルバーツ博士はこの制度を支持している。理由は政府のセキュリティー顧問に、同じように委員会の委員となっている科学者側から、情報と意見が伝えられるからである。

 一部省略。


2月15日

鳥インフル研究に生物兵器転用の恐れ、WHOが緊急会合
Newsweek

[ロンドン/ジュネーブ 14日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は16―17日、強毒性鳥インフルエンザH5N1に関する研究について、スイス・ジュネーブで専門家22人を集めて緊急会合を開催する。

同研究をめぐっては、米政府の科学諮問委員会(NSABB)が生物兵器への転用を懸念し、論文が科学誌に掲載される前に内容の一部削除を求めたことから、世界各国の専門家らは先月20日から60日間研究を停止していた。

会合には、論文を執筆した研究者らのほか、掲載するはずだった科学誌サイエンスとネイチャーの編集者やNSABBの代表者が出席する。

議長を務めるWHOの福田敬二事務局長補代理は、同会合で論文内容の掲載の仕方や誰がそれにアクセスできるかなどについて合意を得たいとしている。

また福田氏は「こういったウイルス研究を続けるのは重要だが、リスクも引き起こす」とし、「多くのことがまだ分かっていない。問題は研究を続けるかどうかではなく、いたずらに不安やリスクを引き起こさないように、どのような条件下で研究を行うかということだ」と語った。

多くの研究者らは、このような研究をやめるのは危険な先例をつくることになると指摘する。元WHOヘルスセキュリティー・アドバイザーのデービッド・ハイマン氏(英王立国際問題研究所)は、有効なワクチンや診断検査の開発において、研究は不可欠だと主張した。

また、ハイマン氏は「研究と情報の提供方法において最良の実施フレームワーク」を国際的に合意することが、出し得る最高の成果だとした上で、「情報を提供しなくても、それを手に入れる方法はあり、悪用しようとする科学者がいることを理解することがとても重要だ」と述べた。

2月14日


鳥インフルエンザウイルスの改変は懸念の火種となる  Nature Asia (日本語訳)
 米国のバイオセキュリティー国家科学諮問委員会(NSABB)のメンバーたちが、H5N1インフルエンザの実験研究に関する情報交換について同委員会が出した勧告を解説する。
我々は現在、生命科学の革新的時代の真っ只中にいる。技術力は劇的に拡大し、特定の微生物の複雑な生物学的特性についての理解が大きく進み、微生物ゲノムを操作する能力も格段に高まった。これに伴い、かつてないほど高レベルの感染症対策が可能となり、社会に大きな利益がもたらされている。しかし同時に、それと同じ生命科学が故意に悪用され、その結果、壊滅的な被害がもたらされるリスクも大きくなっている。特に懸念される生命科学研究を記述もしくは定義しようとする取り組みでは、そうした研究や新しい技術から得られる知識や成果が、国家あるいは世界全体のセキュリティーに影響を及ぼすほど広範囲で直接悪用される可能性を重要視している。病原微生物による害を大幅に強めるような研究は、特に懸念の対象となってきた1–3。現在まで、こうした取り組みは、特異度の欠如や、「善悪両用が心配される研究」の具体例が乏しいことがネックとなっていた3。ここで言う善悪両用の研究とは、よい目的と悪い目的のいずれにも使えるという意味である。我々は現在、現実世界で心配な一例に直面している。 以下リンク先で。


2月11日

 自然界で育ってきたウイルスと人為的に作成されたウイルスの本質的違い
   管理人論評

 我々人類は多くの危険なウイルスと戦い、そしてワクチンにより封じ込めたり、または疫学的に拡大防止策をとり人類がこれ以上死亡しないように医科学的技術を尽くしてきた。

 しかし現在、米国とオランダの研究室で作成されたH5ウイルスは、自然界に存在する危険なウイルスの遺伝子を操作し、どの程度の遺伝子が変化すれば人類に感染し出すのかを追求した産物である。
 オランダの研究室に眠るH5N1ウイルスは、外部に「漏れ出ると、そのまま人に感染し、人類の6割以上を死滅させる可能性があるとされる。
 一方米国の研究室に保管されるウイルスはH5亜型ウイルスであるが、元々人に病原性を持たない株であることから、外部に漏れても心配はないとされる。しかしH5N1ウイルスを材料にして同様のウイルス改造実験を行うと、オランダと同じような人類の多くを失うウイルスができあがる。

 人類は数多くの感染症で同胞を失い、そして公衆衛生改善、ワクチン、抗生物質等で対抗し、多くの感染症を克服してきた経緯がある。

 しかし今回の問題はそれらの逆であり、いかにしたらウイルスが人類をアタックするように変わり得るかの研究である。
 生物兵器作成の方法論である。

  研究の公衆衛生学的大義名分
   ・自然界で変異を遂げるウイルスが、どのような変異を起こすと人に有害かを予知する。
   ・合成に成功したウイルスを用いてワクチンを産生する。

  軍事的大義名分
   ・自国の生物兵器製造
   ・敵対国。またはテロリストが産生する、生物兵器としてのH5N1ウイルスを先に作成し、先にワクチンを作ることで、そうした武器がそれほどの意味を持たないことを、敵対国に誇示すること。
   ・生物兵器として使用され、パンデミックとなった場合のためのワクチン製造


 昨日のNature掲載論説を読む限り、今回の2チームの実験は、ワクチン製造には役には立たず、さらに多種類発生しうる”人に感染するH5N1ウイルス株”の一部の遺伝子構造を知ることに、それほどの意味はないとされる。

 人に感染して6割以上の致死率を誇る人為的H5N1ウイルスの作成の成功。

 人類は彼らを賞賛しノーベル賞を与えるだろうか、それとも功名争いの勝者として拍手を送るのだろうか。
 そうした行動はウイルスが実験室内から漏れ出る前に行う必要があることは言うまでもない。

H5N1ウイルスは感染対象者がいる限り飛沫感染で拡大してゆく。
そして2から3割前後の人類が感染しても生き残り、時代を存続させてゆく。



2月10日


Lab flu may not aid vaccines Nature.com (国際) 研究室で作成されたウイルスは(パンデミック)ワクチン製造の助けにならないだろう

 
今回論文化された二つのH5N1ウイルス作成に関して、世界の専門家にネーチャーの編集部が質問。その答えをまとめている。以下概略。
 
 現行のワクチンも各H5N1ウイルスに交差免疫を持っているから、研究室で作成された問題のウイルスにも有効であるはずだ。
 現行のプレパンデミックワクチンが効果を持つと考えられているH5N1ウイルス株の一つに、今回作成されたウイルスが加わるだけの話である。
 実際に当該ウイルスに対するワクチンを製造していても、実際にパンデミックが発生した時、各国政府は実際のパンデミックウイルスに対するワクチンを、争って購入する。
   --->H5N1パンデミックのためのプレパンデミックワクチン作成に当該研究が役立つことはない。

 自然界のH5N1ウイルスが、作成されたウイルスの遺伝子に近くなれば、人の間でのパンデミック発生の危険性が高まるといえるが、世界はそのような監視態勢にはない。
 作成ウイルスと類似ウイルスがパンデミックを起こすかどうか分からない。人に感染を起こし得るH5N1ウイルスの遺伝子組成は多く存在する。今回作成したものが全てではない。


To publish? What to publish? Those will be the questions at WHO bird flu meeting Medicine Hat News  (米国) 論文を掲載するか、それとも内容を削って掲載するか、それがWHOの鳥インフルエンザ会議の問題点である
 
問題とされる二つの鳥インフルエンザ論文の発表を巡ってWHOが来週専門家会議を開く。
 会議は小さなもので、WHO以外から22人の専門家が招聘されている。
 先のWHOの説明によると、この後に大きな国際会議が予定されているという。

2月9日


インフルエンザ伝播の研究は急務である Nature Asia
 
インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)を防ごうとするなら、哺乳類で伝播する鳥インフルエンザウイルスの研究を継続することが必要だと、河岡義裕が論じている。

河岡義裕
東京大学医科学研究所(米ウイスコンシン大学兼務)

1997年、香港で、高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスによる初めての死者が出た。2003年以降、578件のH5N1ウイルス感染例が確認されており、それによる死者数は累計340人に上る(go.nature.com/epb7ts)。H5N1ウイルスは現在、東南アジアおよび中東の一部に広がっており、家禽などの殺処分も含めると何億羽という鳥の命がこれによって奪われている。

現在までのところ、ヒトの間でのH5N1ウイルスの伝播はまだ見られない。専門家の中には、H5N1ウイルスはヒトの間で伝播するようにはならないと考える向きもある。しかし、いったんパンデミックが起こった場合の種々の影響を考えると、これらのウイルスがヒトの間で伝播するようになるかどうかを知ることはきわめて重要である。我々のチームによる研究(Natureで論文受理)、および、エラスムス医療センター(オランダ、ロッテルダム)の Ron Fouchier のチームによる別の研究(Scienceで論文受理)の成果は、H5N1ウイルスが哺乳類において伝播する可能性があることを示唆している。この種の研究を行ったり研究成果を公表したりすることのリスクが議論されているが、私は、高病原性鳥インフルエンザウイルスの伝播に関する研究は緊急の課題として進めるべきだと考えている。

 以下略

Critics: Airborne Flu Research Important, But Not for Vaccine Purposes  Medical Daily (英国) 批判:空気感染するインフルエンザ研究は重要だが、ワクチン作成が目的ではない
 
人に感染するH5N1ウイルス遺伝子は単一ではなく、何種類もあり得る。
 現在作成された人に感染するH5N1ウイルスに対するワクチンを作成しても、その意義は小さい。

 人に感染するH5NI遺伝子組成は多数あり、その一部に対するワクチンの作成はそれほどの意味はない。
 多くの研究者はインフルエンザ研究を論じる事は、インフルエンザを理解するために重要と考えているが、それは必ずしもワクチン製造の為ではない。

 ホーチミン市のオックスフォード大学臨床研究部門の責任者であるジェレミー・ファーラー医師は、このような研究は燻製をつくるようなもので、ことばを言い換えると誤解をまねくようなものだと表現する。

 ファーラー氏は他の研究者と同じように、最近の研究ではウイルスの監視態勢が十分でなく、自然界での遺伝子変異が十分解析されていないと説明し、それ故、パンデミック初期の警告やウイルスの早期の駆除が不可能になっているという。

Details of secret experiments on deadly man-made bird flu that kills over half ...Mail on Sunday (英国) 人類の半数以上を殺す人為的に作成された致死的鳥インフルエンザに関する秘密実験の詳細
 最近オランダと米国で作成された人に感染するH5N1鳥インフルエンザウイルスの危険性を、論文の査読に当たった米国バイオセキュリティー委員会(NSABB)はその危険性から論文の全容を雑誌に掲載することに反対した。

 しかし現在委員会の委員長を努めるポール・カイム教授(Professor Paul Keim)は、ウイルスの作成方法は既に一般研究者レベルに知れ渡っていると警告する。
 同教授は政府に同ウイルスに対する警戒を強める必要があると警告している。

 以下略。


International gathering next week to discuss bird flu research at UW-Madison ... Milwaukee Journal Sentinel (米国) 
国際会議でウイスコンシン-マディソン大学の鳥インフルエンザ研究が論議

 来週ジュネーブで二つの鳥インフルエンザに関する研究論文に関して、人への感染性をテーマに論議される。一つの研究はウイスコンシンーマディソン大学のウイルス研究者による研究も含まれる。
 WHOは来週木曜日と金曜日に二つの研究について、科学的研究と公衆にける安全性の間におけるバランスについて論議を行う。
 
 ウイスコンシン-マディソン大学のウイルス研究者であるYoshihiro Kawaokaは、H5N1ウイルスがフェレット間で感染するようにウイルスを変異させることに成功しているが、もう一つのオランダでの類似研究(この研究では感染したフェレットは全て死亡)と共に、会議で研究の必要性と公衆衛生学的安全性に関して論議される。


2月6日

No way of stopping leak of deadly new flu, says terror chief  The Independent  (英国) 致死的H5N1ウイルスの作成方法の漏出を防ぐ方法はない、米国バイオテロ対策責任者
 
米国バイオセキュリティー諮問委員会専門家、H5N1鳥インフルエンザウイルス作成の詳細が悪用されることを警告している。

 米国国家バイオセキュリティー諮問委員会の委員長であるポール・カイム教授はH5N1ウイルスが人に感染するようになる変異過程を記述した論文の出版を止めるように強く求めている。

 教授はThe Independentの取材に対して、論文の詳細を発表することに強く反対している。理由はテロリストが自らの手で変異ウイルスを作成し、それが世界中に広がる可能性があるからである。
 カイム教授によると、H5N1ウイルス研究結果の発表速度を遅らせる必要があるという。作成される咳やくしゃみで容易に感染する致死的H5N1ウイルスに対する防衛が世界では明らかに遅れているからであるいう。
 以下略。


2月5日


Kiwi scientist urges halt to doomsday flu research  Taranaki Daily News  (ニュージーランド) ニュージーランドの研究者は、地球最後の日を迎える可能性のある鳥インフルエンザ研究の中止を訴えている
 米国の研究室で世界の人口の半数を殺す可能性のあるH5N1ウイルスが作成されたことに関して、世界的に有名な研究者が、研究は即刻、永久に中止すべきと語った。
 ニュージーランド出身のインフルエンザ研究者として高名な、米国の聖ユダ小児病院で研究しているロバート・ウエブスター教授は、このような研究は中止すべきであると主張している。
 「60%以上の人々が死亡する可能性がある。史上これまで生じた大惨事の一つになるだろう」

 以下略。

2月4日


Schism over H5N1 Avian Flu Research Leaks Out Scientific American  (米国) H5N1鳥インフルエンザ研究での研究者間での分裂が外部に漏れる
 
3日夜に開催されたニュ-ヨークでの専門家会議での紛糾と、研究者間における分裂が外部に漏れた。
Canada says any research on lab-made bird flu must be done in top biosecurity  Winnipeg Free Press (カナダ カナダ政府、研究室における鳥インフルエンザウイルスの作成はトップ・バイオセキュリティーを保つ研究室で
 
もしカナダでH5N1ウイルスの感染拡大実験を行う場合は、バイオセキュリティーがトップレベルの研究室(BSL4研究室)で行わなければならないとの意見を出した。これに該当する研究室はカナダには国立微生物研究所にしかない。
 これまでカナダの研究者はレベル3研究室での実験がゆるされていた。


2月1日


Bird flu data should be kept under wraps, science panel says CNN (米国) 鳥インフルエンザ実験データは未発表のままに、政府諮問機関が結論
 
遺伝的に変化された致死的鳥インフルエンザに関して、その詳細は社会の安全性にとって非常に危険なことから秘密裏に保存されるべきであると、31日(現時時間)、連邦諮問委員会は結論をだした。

 Science(サイエンス)とNature(ネーチャー)に掲載された23名の委員で構成された国家バイオセキュリティー科学諮問委員会からの手紙には、新ウイルスの作成過程のデータは将来的に流行を引き起こす可能性を帯びていると記述され、論文は詳述な方法論を省いて、テロリストに生物兵器として利用されることが出来ない内容で掲載すべきであると勧奨している。


1月28日


Research into mutant flu 'must go on' The Independent (英国) 変異H5N1鳥インフルエンザウイルスの研究は続けなければならない
 東大とウイスコンシン大学の河岡義裕教授がNatureに掲載したレター。
 危険な鳥インフルエンザウイルスを作成している研究者が、米国政府が論文の検閲を行い、論文の全容を掲載すべきでないと雑誌編集部に申し入れたことは実行性のあるものでは無く、研究者hがワクチンや抗インフルエンザ薬を作成するのを障害すると反論している。
 

1月26日

Scientist Says Danger of Flu Strain He Created Is Limited  New York Times 米国で作成されたウイルスの危険性はそれほど大きくない、研究者が語る
 
ウイスコンシン大学のウイルスチームは、作成されたウイルスはオランダで作成されたウイルスほど危険なものではないと発表した。

 ウイスコンシン-マディソン大学と東京大学のヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕)博士は、ネーチャー(Nature)のオンライン版に、彼のチームが作成したウイルスはフェレットに感染するが、死亡はさせなく、現在のワクチンや抗インフルエンザ薬は有効であるであると発表した。

 対照的にオランダのエラスムス医学センターのロン・フーシェ(Ron Fouchier )のチームが作成したH5N1ウイルスは、容易に感染し、全ての感染したフェレットを死亡させ、破滅的パンデミックを世界に起こす可能性がある。

 しかし両方の研究論文をチェックした連邦政府の諮問委員会のメンバーの1人は、両論文とも詳細を掲載すべきでは無いとコメントしている。

 何人かの専門家のコメントでは、ロン・フーシェが作成したウイルスは世界史上最も致死力を持つウイルスで、くしゃみで感染し50%以上の人間を殺す、とされる。研究の制限を求められている。またニューヨーク・タイムズの編集委員を含めて、何人かの専門家はオランダで保管されているウイルスを破棄すべきと主張している。

 ロン・フーシェを含む研究者達の何人かは、ウイルスの脅威は誇張されていると言う。
 フェレットでの結果は必ずしも人の結果と同じではなく、人での正確な致死率は分かっていないという。これまで世界で600人の感染者しか報告されてない中での致死率は正確ではなく、多くの軽症感染者がいる可能性もあるので、現在の致死率(6割)は大幅に下がる可能性があると主張している。

 カワオカ博士の研究に関する論議は、それほど大きくなる可能性はないと思われる。作成されたウイルスはそれほどの危険性が無いからだ。

 以下略。


1月25日


Invitation to a Dialogue: Research and Its Risks New York Times (米国) 科学研究とリスクについての論点

 
編集者への手紙

 意見:鳥インフルエンザ研究者達、ウイルス研究の一時的休止に同意(1月21日報道)

 最近研究者達がフェレット間で容易に感染するH5N1インフルエンザウイルスの変異実験に成功したことに関して、科学と公衆衛生(健康危機)との間で大きな議論が起きている。

 フェレットはインフルエンザウイルスの人への感染性を試すには最も最適な実験動物であることから、この実験結果は作成ウイルスが容易に人の間で感染を広める可能性を示唆している。
 対立する両意見とも、こうした研究が公衆衛生学上(健康危機に対する予防上)非常に重要であることを理解していて、作成されたウイルスの危険性をいかにして(社会的に)源弱するかについて模索している。
 問題は、これらの新しい研究が鳥インフルエンザのパンデミック発生の危険性を高めているか、または源弱させているかである。

 自然に発生してきたH5N1鳥インフルエンザは、2003年以来583人に感染して60%を死に至らしめた。
 幸運なことにウイルスは人の間で容易に感染しない。
 しかし、もし今回作成されたH5N1ウイルスが意図的、または事故により実験室内から漏れ出したなら、世界で数千万人から数億人の人々が死亡する可能性がある。
 
 こうした研究をサポートする人々は、研究により鳥インフルエンザ監視態勢とワクチン作成に貢献できると主張する。
 しかし、この研究結果により鳥インフルエンザ監視態勢と制御態勢が改善される可能性はない。そして自然界で発生しているH5N1ウイルスに対するワクチン作成には、今回のような研究は必要無い。

 今回の研究で多くの利益が生じ得る可能性があるからといって、生じ得る危険性が削減されるという考えかたは正当化されない。
 研究は中止されるべきである。多くの研究室で追試実験を行える環境が備わっている限り、今回の研究発表は行われるべきではない。

 もし今回の研究の継続が許されるとしたなら、研究は国際的承認のもとに、最大限可能な安全な状況下で、明確な緊急性を目的に行われるべきである。


 トム・イングレスビー
 バルチモア、2012年1月24日

 著者はピッツバーグ大学医学センター、バイオセキュリティー・センター長で、感染症を専門としている。


1月24日


Experts debate aspects of H5N1 transmission studies CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 専門家、H5N1ウイルスの感染実験を巡って議論

 部分訳

 
H5N1ウイルスがいかにして人に飛沫感染(空気感染)するようになるのかを知るためには重要な研究で、その得られた結論は、他の類似研究を行っている研究者にとっても重要な情報となる。
 作成されたウイルスの意図的、または偶発的漏出による危険性と、科学研究の検閲に対する懸念。

 オランダと米国の研究はNIHの研究費で行われてきた。前者のリーダーはオランダのエラスムス大学のロン・フーチェ教授。後者はウイスコンシン-マディソン大学の河岡義裕教授(客員教授。東大医科研教授)。
 前者は米国のScienceへ、後者は英国のNatureへ論文を投稿中。

 両研究室とも米国CDCによる安全性とセキュリティーチェックを定期的にうけてきた。

 1980年米国最高裁判決:米国衛生研究所(NIH)の研究費で行われた研究データは、NIHのデータではなく、あくまでも研究費を譲与されたもののものである。


1月23日

Avian Flu Scientists Will 'Pause' Controversial Research For 60 Days Wall Street Journal (米国) 鳥インフルエンザ研究者達、論議を呼んでいるウイルス研究を60日間休止に

1月22日


Scientists behind Armageddon flu virus suspend their research because it ... Daily Mail (英国) ハルマゲドンを起こすインフルエンザウイルス研究者達、世界に破滅的パンデミックを起こす危険性があることから研究を一旦保留に
 
より致死的空気感染する鳥インフルエンザウイルス研究者達が、自らの研究を一旦休止とした。理由は彼らが作成した変異ウイルスがバイオテロにおける破滅的生物兵器として使われる可能性と、研究室から漏れでる危険性があるからである。

 1月20日にNatureとScience(世界的科学雑誌であるネーチャーとサイエンス:ノーベル賞級の論文も掲載される)に39人の世界のトップ研究者達が研究を健康危機を回避するために重要であると、掲載した。
 しかし、その一方で12月からメディアで論議されているように、ウイルスが漏れ出て世界拡大した場合の危険性も認めている。

 60日間の研究休止期間は完全に研究者の自発的申し出とされる。
 その期間にWHOや各国政府は研究により得られる利益を評価し、そしてそれに伴う危険性(リスク)を最小限にするための方策を論議して合意に導くべきとしている。


鳥インフル:世界の科学者39人が研究停止 テロ防止検討 毎日新聞
 鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの研究について、米政府・科学諮問委員会(NSABB)が生物兵器やテロに利用される恐れがあるため論文の一部を削除するように求めた問題で、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)ら世界の科学者39人が20日、ウイルスの研究を60日間、自主的に停止するとの声明を出した。科学者が自ら研究活動を停止するのは極めて異例だ。

 問題の論文は、オランダ・エラスムス医療センターと、河岡教授がそれぞれ執筆。H5N1ウイルスの遺伝子がどういう変異をすることで、空気感染しやすくなるかを哺乳類のフェレットを使って突き止めたとされる。

 声明は米科学誌サイエンスと英科学誌ネイチャーに発表された。それによると、管理方法を議論する時間を提供するために60日間が必要と提案。また、ウイルスが盗まれたり作成されて、テロに悪用されるのを防ぐ方策を議論するよう国際社会に呼びかけている。一方で、「ウイルスが外部に漏れないよう厳重に管理されている」とも強調した。

 世界の医療研究をリードする米国立衛生研究所(NIH)も同日付で「この方針に同調する」との声明を発表した。

 H5N1は現在までにアジアを中心に577人が感染し、340人が死亡している。人から人への持続的な感染は未報告だが、家きんでの流行は続き、危機感が強まっている。

Small meeting in mid-Feb to take first crack at bird flu research impasse: WHO Global Toronto (カナダ) WHO:鳥インフルエンザ研究に関する行き詰まり打開のための小国際会議を2月中旬に開催
 情報源 カナディアン・プレス(CP)

 WHOは論議を呼んでいる鳥インフルエンザ研究の行き詰まりの打開を図るために2月中順に、世界の技術的専門家(鳥インフルエンザウイルスの遺伝子操作に関わっている専門家を指す:訳者)を集めて、小会議を開催すると発表した。

 論議の発端は、米国政府の諮問機関であるバイオセキュリティー委員会が、投稿された2つの論文の発表の是非を依頼された雑誌編集部に対して、内容の一部を削除することを求めたことにある。その部分は、H5N1鳥インフルエンザウイルスがいかに変異すると人に感染するようになるかを詳述した部分である。

 ジュネーブのWHO本部の高官によると、招集される専門家は50人以下の予定で、期日は2月16日と17日の2日間とされる。しかしそれはあくまでも予定であり、変更される可能性はある。

 WHOインフルエンザ担当責任者であるケイジ・フクダ氏は、会議開催の目的は長期的および短期的に解決すべき問題の論議で、それにより研究の継続を図ることであると語っている。
 しかし同氏は1回の小会議で問題が解決されるとは考えておらず、後に大きな国際会議を開く必要があると語っている。

 1月28日(ジュネーブ時間)、39人の世界的インフルエンザ研究者が自発的に60日間の研究を停止して、問題の国際的解決を図るべきと声明文を発表している。

Bird Flu Researchers Postpone Work Amid Bioterrorism Concern  Voice of America (米国) バイオテロの危険性から鳥インフルエンザ研究が一旦休止に
 H5N1ウイルスのワクチン作成を目的に、H5N1ウイルス研究を行っている2チームが一次的に研究を停止すると発表した。
 理由は高度に感染性を有する人為的に作成されたウイルスが生物兵器化する懸念からである。

 研究者達が作成したウイルスは人に空気感染する(飛沫感染)可能性の高いウイルスである。

 米国のウイスコンシン大学とオランダのエラスムス大学医学センターの研究者は、自発的に60日間の研究を停止すると発表した。
 研究者達によると、60日間の間に、WHO、各国政府、および科学者の世界で、こうした研究が安全に継続できるか論議することが可能とされる。

1月21日


Scientists Developing Deadly Bird Flu Mutations Agree to Pause Research  Forbes (米国) 致死的鳥インフルエンザウイルスの変異株を作成した研究者達、研究の一次的休止に同意
Scientists agree to 60-day pause in controversial bird flu research Bellingham Herald  (米国) 研究者、論議を呼んでいる鳥インフルエンザウイルス研究を60日間中断
Bird-flu labs taking "pause" Denver Post (米国) 鳥インフルエンザ研究が一時期中断に
Fears of a Mutant Virus Flying the Coop Halt Bird-Flu Study International Business Times (米国) 人為的に作成された変異ウイルスが研究室から漏れ出る恐れから鳥インフルエンザ研究が中断に

鳥インフル 研究中断の声明 NHK
 人に感染する可能性のあるH5N1ウイルスがオランダと米国、または日本で作成されていることに言及してない表面的内容。

Pause on avian flu transmission studies  Nature (国際) 鳥インフルエンザ感染実験の休止
 今回の人為的にウイルスを作成したオランダの研究者と米国と東大医科研で研究する河岡義裕氏と含む、世界の39人の研究者による提言。
Fears of mutant virus escape halt bird flu study  Reuters (国際) 人為的作成変異ウイルスが漏れ出す可能性から研究が一次的中止に

Epidemic fears see bird flu doctors halt research The Independent  (英国) 作成ウイルスが漏れ出す危険性から、鳥インフルエンザウイルス研究者が研究の中止に
 ScienceとNatureに、世界中の39人の研究者が、60日間鳥インフルエンザウイルスの研究を中止することを、レター欄で発表した。
 その中で研究者達は、研究は厳密なセキュリティを保って行われているが、それでも事故などによる社会的不安を呼び起こしている。各国政府や国際機関が、これらの問題を解決するため、60日間研究を中止すると記述している。
Bioterror fears halt research on mutant bird flu BBC News  (英国) 変異鳥インフルエンザウイルスの研究が、バイオテロに利用される可能性から休止に
 より致死的鳥インフルエンザウイルスを作成した研究者達が、研究結果がバイオテロに利用される可能性があることから研究を一次的に休止して、研究による利益と危険性に関する国際フォーラムを開催することを、科学雑誌であるNatureとScienceのレター欄に掲載した。

Campus Connection: Top UW-Madison flu scientist halts research  Madison.com (米国) ウイスコンシン-マディソン大学のトップ科学者が研究を一時休止と発表
 ウイスコンシン-マディソン大学の研究者であるヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕、東大医科研教授も兼ねる)は、60日間、高病原性鳥インフルエンザに関する研究を休止すると、科学雑誌”Nature”に発表した。
 カワオカ氏とロッテルダムのエラスムス医学センターのウイルス学者であるロン・フーシェ( Ron Fouchier,)氏は、人体モデルとされるフェレットに容易に感染するH5N1ウイルスの変異株を作成したことから、世界的に大きな批判を受けている。

 12月20日、米国連邦政府にバイオセキュリティー問題に関してアドバイスする諮問委員会は、このH5N1に関する実験結果はテロリストに生物兵器として悪用される可能性があることから、論文の詳細は公表すべきではないと発表した。
 1月7日にはニューヨークタイムズも、研究の休止を社説で主張した。
 「現代社会は、何でも自由に科学的研究を行い、そして発表できることをほぼ容認している」、とタイムズは語り、そして、今回の研究が人類にとって非常に危険で、研究者として投機的でもある、と警告した。

 20日の声明文にはカワオカ氏とフーシェ氏も署名し、「我々と他の研究者達は、こうした研究が重要ではあるが、その保有する危険性に対する対策をも考慮しなければならないことを認める」、と記述されている。

1月20日


More labs close to deadly bird flu mutations: researcher  Chicago Tribune (米国) 多くの研究室では致死的鳥インフルエンザの変異実験にほぼ成功している
 ロイター配信

 鳥インフルエンザの研究に関する検閲が世界的に論議されているが、他の研究室においても、致死的H5N1鳥インフルエンザイルスが人人感染する為には、どのような変異が必要か確認されているに近い状態である。
 変異ウイルスは人に感染すると5割以上を死亡させるといわれる。
 以下略。


1月16日


Killer flu doctors: US censorship is a danger to science  The Independent  (英国) 殺人的インフルエンザウイルス作成医師達:米国だけによる研究論文の検閲は科学にとって危険である
 オランダのエラスムス大学の医学センターの研究者であるロン・フューシェ(Ron Fouchier )とAbオステルハウス教授は、米国の諮問機関であるバイオセキュリティー科学委員会の勧奨を受け入れ、提出した論文のウイルス変異過程に関する詳述箇所の削除に同意した。生物兵器としてテロリスト達に利用されるのを防ぐ為である。
 その一方で、研究者達は一つの国の判断で、科学者や公衆衛生学者が大きく関わる問題が決定されることに異論を呈している。
 多くの専門家が加わった国際的論議が必要という。

12月31日


WHO: Bird flu research raises safety questions  Medical Xpress (国際) WHO:鳥インフルエンザ研究は安全性に関する問題を解決する必要がある
 
AP
 
WHOは米国政府が研究費を提供していた研究者達が人の間で容易に感染しうるH5N1鳥インフルエンザウイルスを作成したことについて、危険な科学的情報が悪用される危険性を警告している。

 30日発表された論評では、研究情報から生物兵器が作成されたり、作成されたウイルスが事故から外界に漏れ出す危険性を強い表現で警告している。
 WHOのインフルエンザ担当責任者であるケイジ・フクダ氏はAP通信の取材に対して、これは自由に交換しうる類の情報ではない、とコメントしている。
 同時にWHOは信頼出来る研究者達が致死的パンデミックを抑えるために、より詳細な情報を入手出来るようにすることも重要である、と付け加えている。

12月30日

How to Do Research on Deadly Flu Germs Without Helping Terrorists: View  Bloomberg  (米国) 論説:致死的インフルエンザウイルスの研究を如何にテロリスト達に情報を公開せずに行えるか

 テロリストへの情報が容易に伝わる現在、情報の中には十分注意して取り扱うべきものがある。
 同時に危険な病原体を扱う研究に対する検閲機構を妨害することは出来ない。
 以降省略。


12月27日


Scientists are butting heads with the government over whether scientific ... TIME (米国) 科学者達、国家的セキュリティーと科学研究の自由性に関して政府と論争
 鳥インフルエンザは致死的であるが容易に人人感染を起こさない。
 しかし現在、ウイスコンシンとオランダの研究者達は空気感染して、もしテロリストが悪用すれば数百万人が死亡する鳥インフルエンザウイルスを作成した。
 この事実は難しい問題を提起した。
 医学雑誌は論文の詳細を掲載すべきか否か?

 政府の諮問委員会は(論文を受け取っている)二つの科学雑誌は、作成ウイルスに関する詳細な記述のいくつかを削除することを求めた。このような政府による求めは初のことである。
 委員会を支持する人々は、数百万人の命を救うためには必要な措置であると主張しているが、政府は自由な研究を妨げ、論文の検閲を行おうとしているとする批判も起きている。
 以下略。
 
12月23日


Bird flu strains should be secret, government says  San Francisco Chronicle (米国) 作成鳥インフルエンザウイルスの方法論は秘密に、政府が指導
 
米国政府は致死的鳥インフルエンザウイルスが人に脅威をもたらすにはどのような変異が必要かについて、研究者達に研究費を支払った。
 その結果二箇所の研究室で容易に人に感染する可能性の高いウイルスが作成された。

 21日、連邦政府当局は雑誌社に提出された2論文の全容は掲載すべきではないという、全例のない結論を出した。

 心配されることは、論文内容は公衆衛生学的に多大のメリットを持っているが、逆に生物テロリストに悪用される可能性があることである。
 研究では、ウイルスがほ乳類に感染するような変異は、これまで研究者達が考えていた程複雑ではなく、容易に起こりえることを確認したとされる。

 「それは(政府の指導)簡単に出せる結論ではない」、と研究費を提供した国立衛生研究所(NIH)の感染症部門の責任者であるアンソニー・ファウチ博士が語っている。
 恐ろしい響きを伴うウイルスは、高度にセキュリティーを保って保存されているが、オランダのエラスムス大学医学センターとウイスコンシン-マディソン大学の研究陣は、世界の最高位に位置する科学雑誌に研究結果を発表する準備をしている。
 そうすることで他の研究者達が情報を共有して、さらに研究を進めることが出来る。例えば自然界における鳥インフルエンザウイルスの危険な進化について等。

 しかし、政府のバイオセキュリティー顧問委員会は、サイエンス(Science)とネーチャー(Nature)の編集部に対して、変異株発見の一般論的内容だけを発表し、人為的作成方法に関しては掲載しないように求めた。
 この要求に対して研究者達は声明をだし、不本意ではあるが、論文内容に変更を加えると語った。
 雑誌編集部は、どのようにするべきか思案中であるとされ、そして政府側は残すべき内容に関しては詳細に伝えていない。

 しかしながらサイエンスの主任編集者であるブルース・アルバーツ博士は、同雑誌が米国政府に、国際的研究者達がこの実験室で作成されたウイルスの完全な作成方法に関して情報を得るシステムを作る必要があることを求めた、と語っている。
 特に、鳥インフルエンザの発生が目立つインドネシアや中国の研究者達には必要であるという。


12月22日



Too late to contain killer flu science, say experts  The Independent (英国) 致死的インフルエンザウイルスの研究を抑えるには既に遅すぎる
 感染力を増強させた鳥インフルエンザウイルスの作成に関する研究論文の発表を抑えることは成功しないだろうと、研究に詳しい専門家達が語っている。
 
 米国政府は二つの科学雑誌に、H5N1鳥インフルエンザウイルスの変異株に関する論文から、テロリストが真似してウイルスを作成出来ないように、キーとなる箇所を削除するように求めた。

 しかしながら、専門家達はこのような対処は遅すぎるとコメントしていて、理由として情報は既にインフルエンザ研究者達の間で広く共有されているとしている。

Controversial 'bird flu' edits move ahead  AFP (国際) 問題視されている鳥インフルエンザ論文の出版、内容を変更することに研究者が同意
 21日、米国の指導的科学者達が、変異H5N1ウイルス作成に関する論文の詳細を発表することに反対し、制御不可能なパンデミックの発生を世界で協力して避けることを呼びかけた。
 一方、実験を行った研究者達は、政府当局と雑誌編集部(サイエンスとネーチャー)に協力して、この数週間以内に論文内容を短縮すると語っている。

Terrorist Bird Flu Is Nothing to Sneeze At  MyFox Los Angeles  (米国) 変異鳥インフルエンザウイルスをテロリストが悪用する危険性

Bird flu info kept secret  Columbia Daily Tribune  (米国) 鳥インフルエンザウイルス作成情報は秘密にするように
 2箇所の研究室で容易に人に感染するH5N1鳥インフルエンザウイルスの作成に成功した。
 連邦政府は昨日研究者達に対して変異ウイルスの作成方法は公開しないように求めた。


12月21日


Federal panel asks journals to censor reports of lab-created 'bird flu'  Washington Post (米国) 連邦委員会、雑誌編集部に研究室で作成された鳥インフルエンザウイルスに関する論文の部分削除することを求めた
 国家バイオセキュリティー科学顧問委員会は、オランダとウイスコンシンの大学で行われたH5N1ウイルスの作成実験に関する2論文の掲載には、追試実験出来ないように詳細箇所を記述しないように求めた。
Bird flu: Research row as US raises terror fears  BBC News (英国) 鳥インフルエンザ:米国がテロに利用される危険性を呈したことから、研究発表が変更に
 二つの論議を呼んでいる鳥インフルエンザに関する研究論文の著者達が、米国の要求に応じた。
 米国政府の顧問委員会が、論文内容はテロリストに悪用され、作成されたウイルスが危険な生物兵器として用いられる可能性があると指摘した事から、論文の一部分を削除することが求められていた。
 二つの論文は、作成された鳥インフルエンザウイルスの変異株が容易にフェレット間で感染する事を示している。
Journals Asked to Cut Details of Flu Studies New York Times (米国) H5N1論文掲載を求められた雑誌が詳細な方法論を削除するように求められた
 史上初めてのこととなるが、政府の顧問委員会が科学雑誌に生物医学的実験を詳述した研究論文の全容を掲載しないように求めた。
 情報がテロリストに悪用され致死的ウイルスが作成され、流行を引き起こす恐れがあることが理由である。

 オランダと米国で行われた実験では、研究者達は通常は容易に人人感染しない致死的鳥インフルエンザウイルスを高度に感染しやすいウイルスに改造した。
 これは危険な方向性に向かっているが、理由は容易に人に感染する事でウイルスは世界中に拡大するからである。
 実験はフェレットで行われたが、この実験動物は人におけるインフルエンザ感染様式を知るための良いモデルとされている。

 実験はオランダのエラスムス医学センターとウイスコンシン-マディソン大学で別個に行われ、両者とも米国NIH(国立衛生研究所)から研究助成金を受けている。

 政府の顧問委員会の一つであるバイオセキュリティー科学顧問委員会(National Science Advisory Board for Biosecurity)は、論文は出版しても良いが、実験を容易に再現できる変異に関する詳細データは削除すべきと、結論を出した。

 米国からの論文はNatureに、オランダからの論文はScienceに投稿されている。
 Scienceの編集者であるブルース・アルバート氏は、今回の委員会のコメントを検閲とは思わないと語っている。


12月20日

Bird flu created in lab could kill millions  Belfast Telegraph  (英国) 研究室で作成された鳥インフルエンザは数百万人を殺す可能性
 人類へ感染し、数百万人を死亡させる可能性を持った致死的インフルエンザウイルスがヨーロッパの研究室で作成され、研究者は研究論文の出版を希望している。
 この致死的ウイルス作成方法の発見は米国政府内に、テロリストによるウイルス作成が可能になり、それが生物兵器となる危険性に関する不安感が高まっている。

 米国政府は現在情報を論文として公開することが危険であるか否かについて、関係機関のアドバイスを求めている。
 「もし誰かがこの致死的ウイルスを作成し、それが世界中に広がったならば、世界は多くの死者と巨額の経済的損失を受けるだろう」、と米国政府の顧問が、英国のIndependent紙に語っている。
 「その場合の最悪のシナリオは、現在予測出来る以上の想定外になる。」
 The US Government is now taking advice on whether the information is too dangerous to be published.
"The fear is that if you create something this deadly and it goes into a global pandemic, the mortality and cost to the world could be massive," a senior scientific adviser to the US Government told The Independent, speaking on condition of anonymity.
"The worst-case scenario here is worse than anything you can imagine."


12月11日


Bird flu virus now deadly to humans  Trinidad News  (トリニダード・ドバコ) (H5N1)鳥インフルエンザウイルスは現在、人に致死的ウイルスとなった
 昨日のニュース内容と同一。

 研究室内から漏れ出すか、作成方法が知れ渡り、H5N1ウイルスが人に対して致死的ウイルスに変化したと判断が可能。

12月10日

World vigilant after Dutch lab mutates killer virus  
Medical Xpress (国際) オランダの研究室で変異型キラーウイルスが作成されたことから、世界は警戒感を強めている。
 パリで Global Health Security Initiative (GHSI) で開かれているが、フランスの保健大臣Xavier Bertrand氏は、我々は非常に警戒しなければならない、今朝、会議で多くのことが話しあわれた、と語った。

 
EUヘルスコミッショナーのJohn Dalli氏は、オランダ政府からウイルス管理が厳重に行われていると保証されていると語った。

12月4日


“Bird Flu” Virus Experiment Sparks Controversy and a Biosecurity Review  Decoded Science (米国) 鳥インフルエンザウイルス実験、(その危険性から)多くの議論とバイオセキュリティー問題に発展

Bid to censor bird-flu details  The Canberra Times (オーストラリア) オーストラリア、鳥インフルエンザ研究の詳細を検閲に専門家が米国に
 キャンベラの専門家が今週ワシントンに、世界で数百万人を殺す能力のある人為的に作成されたウイルスの詳細に関して、その発表に関して論議するために向かう。

 ヨーロッパの科学者が人から人へ感染する能力のあるH5N1ウイルスを作成した。

 キャンベラのワクチン専門家であるイアン・ラムショウ教授(Ian Ramshaw )は、研究論文は発表されるべきだが、特異性のある部分は検閲されるべきであると語っている。

 ラムショウ教授は7日にオーストラリアを離れて、米国の衛生研究所(NIH)における討議に参加する。

 訳者注:オランダの研究チームは米国NIHより研究助成金を受けていた。

12月2日

Scientists create a lethal version of avian flu in lab  Catholic Online  (米国、ロスアンジェルス) 科学者、研究室内で鳥インフルエンザウイルスの致死的株を作成
 
オランダのH5N1ウイルスの研究者が研究室でほ乳類に容易に感染する株の作成に成功したが、さらに作成したウイルスはオリジナルのウイルスと同等の致死力を保有している。

 それは正しく今年のハリウッドのヒット映画である”コンテジョン(Contagion)を思い出させる。
 もしウイルスが研究室から漏れ出たり、生物テロリストの手に入ったりすると、世界的パンデミックが起き、数百万人の人々が死亡する可能性がある。

 米国保健福祉省によると、H5N1ウイルスは世界十数カ国で500人以上に感染してきた。非常に病原性が高く致死的であり、感染者の60%前後が死亡する。

 ロッテルダムのエラスムス医学センターの研究者であるロン・フーシェ氏(Ron Fouchier)はチームを率いて変異ウイルスの作成に成功した。
 同氏は研究結果を9月にマルタ島で開かれた会議で発表し、そして現在論文の発表を模索している。

 しかし、論文発表は良くないとする専門家達が科学領域で現れている。

 「致死的性格を持つウイルスから、さらに致死的で感染力の強いウイルスを作成することは悪い発想であり、さらにその作成方法を詳述した論文を発表することは、他の人々が危険なウイルスを作成出来ることになり、非常に危険な発想である」、とピッツバーグ大学のバイオセキュリティー・センター長のトーマス・イングレスビー博士がコメントしている。

 感染症研究と施策センター長(CIDRAP:ミネソタ大学)のマイケル・オスターホルム氏は、研究室での実験を擁護している。
 「これらの研究は非常に重要である。研究者達はインフルエンザ研究者達の間で十分に支持されている。なぜなら研究結果は公衆衛生(public health)に利益をもたらす可能性があるからだ。結果は、軽視されているH5N1パンデミックを再考慮すべきであることを示している(容易にウイルスは人類にとって危険な株に変わり得る:訳者)」、そのように同氏はブログで記述している。

 論文は現在米国バイオセキュリティー科学顧問委員会で審査されている。
 同委員会は、連邦顧問委員会の一つで、生物学的研究が合法的に行われ、公衆衛生および国家安全性に対して生物学的危険性を及ぼさないか等を精査している。
 

11月30日


Biosecurity panel said to be reviewing another H5N1 transmissions study CIDRAP (ミネソタ大学感染症研究と施策センター) バイオセキュリティー委員会、もう一つのH5N1ウイルス感染実験の論文を調査中
 オランダの研究者のロン・フーシェによるH5N1ウイルス変異実験はバイオテロの応用される危険性があるとの批判が起きているが、類似の研究がウイスコンシン大学と東京大学のウイルス学者である河岡義裕氏によってなされ、その論文も米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(NSABB)によって検討中であることが関係者から明らかにされた。
 両研究者の論文は科学雑誌に投稿されている。
 フーシェ氏の研究ではH5N1ウイルスをフェレットに10回感染させて、空気感染する変異ウイルスを誕生させた。5回の遺伝子変異が起きていた。
 一方河岡氏の研究も類似の結果を得ているとされる。

 NSABBの委員長であるポール・ケイム博士は、自身で詳細な議論は出来ないが、委員会は間もなく見解を公表する予定であるとし、そして”軍事・民生”共有の研究(dual use" research)に対する提言も加えると語った。
 フーシェ氏は、米国の国立衛生研究所(NIH)が彼の研究を助成していて、知見を発表することを許可していると語っているとされる。
 ケイム博士は軍事・民生共有の研究は、発表前に精査されるべきとする人々の意見に同意すると語っている。
 NSABBは論文発表を阻止する権限は保有していないが、雑誌編集部に掲載しないように勧告は出来る。
 さらにこうした例の別なオプションとして、掲載論文の中で重要な鍵となる部分を削除する方法もあると、CIDRAPの長官であるマイケル・オスターホルム氏がコメントしている。

Scientists Create Lethal Human Strain of Avian Flu In Test Tube-Now Seek to Publish Formula For How It's Done  Forbes (米国) 実験室内で人へ致死的感染する鳥インフルエンザ株が作成--その作成方法を記述した論文の発表が模索中

 一部分抜粋。

 ミネソタ大学CIDRAPセンター長のマイケル・オステルホルムは、研究成果は非常に重要とコメント。論文発表ではキーとなる部分を外して、詳細な作成方法を掲載しなければ、悪用されることは避け得るとコメント。容易にH5N1ウイルスが人に感染し得るようになることが理解され、H5N1ウイルスによるパンデミック軽視が再考されるきっかけとなるとして、論文発表に賛成している。

 これまで報告されている致死率は50%以上であるが、本当の致死率はもっと低いと考えられる。理由は軽症例が診断されてなく報告されていない可能性がある。
 しかし科学者達はウイルスが悪性であることに意見は一致している。
 フーシェ氏のマルタでの発表、およびNew Scientistの報告では、ロッテルダムのチームにより作成されたウイルスは、フェレットに対してオリジナルのウイルス株と同等に致死的である。

 他、略。

Should a New Recipe for Engineered Bird Flu, Potent Enough to Kill Millions ... Popular Science (米国) 世界の人口の半数を殺す能力を持つ、人為的に作成された鳥インフルエンザウイルスの作成方法は公開されるべきか?
 研究論文の出版の是非を巡る論争。
 オランダの研究室内に数百万人を殺害できる可能性がある生物兵器がある:H5N1ウイルスの遺伝子を改造してフェレット間で容易に感染するように遺伝子が改造されたウイルスであり、研究者達は一刻も早く論文を出版すること望んでいる。

Super bird flu strain created by scientists is a recipe for disaster newjerseynewsroom.com (米国) 科学者達が作成したスーパー鳥インフルエンザウイルス株は大災害のレシピ
 映画”コンテイジョン(Contagion)”は単なる映画の世界と思われがちであるが、オランダの科学者達は本当にH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を変化させ、世界の人口の半数を殺すのに十分な感染力を保有したウイルスを作成した。
 専門家によると炭疽菌以上に危険な病原体とされる。
 ウイルスはオランダのエラスムス医学センターのウイルス学者であるロン・フーシェ教授により作成され、フェレット間で容易に感染する。フェレットは人と同じようにインフルエンザウイルス感染を受け、人体実験の代わりとされている。
 さらに問題なのはフーシュ教授が研究結果を論文として発表することを望んでいることである。論文内容は他の研究者やバイオテロの専門家によると大災害のレシピと言われ、悪用する人々へ容易に公開されることになる。

 投稿を希望している”Science(サイエンス)”の編集部によると、別な類似の研究結果をまとめた論文がウイスコンシン大学と東京大学のウイルス学者である河岡義裕教授からも投稿されているといる。
 
 研究者達によると研究内容は正当であり、その目的はウイルスが世界的パンデミックを起こし得るかについて明確にすることであると語っているが、多数の人々を殺す可能性があることから、他の研究者達からは、この種の研究は為されるべきではないとの意見も出ている。

 サイエンス編集部では論文の出版に関して他の専門家達の意見を聞き、現在保留している。

11月29日

Pandemic Possible? Scientist Genetically Modifies Bird Flu With Scary Results TheBlaze.com (国際) パンデミックは可能? 科学者は鳥インフルエンザウイルスを改造して、恐ろしい結果を発表
 オランダのロン・フーシェ教授が作成した、人にも容易に感染し致死的となる可能性のあるH5N1ウイルスに関して、その研究論文が投稿された”サイエンス( Science )”編集部では、論文を掲載すべきか否かについて判断を保留し、米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(U.S. National Science Advisory Board for Biosecurity (NSABB))の見解を求めている。
 サイエンスの編集部関係者によると、類似の変異実験を行って感染性の高いウイルスを作成過程を記した研究論文(ウイスコンシン大学と東京大学で研究するYoshihiro Kawaoka 河岡義裕氏がリーダー)に関しても、同委員会の見解を求めているとされる。
 同委員会はこれまでも論文のレビューを研究者や雑紙編集部から依頼されることはあったが、少数に過ぎなかったとされる。

 委員会のポール・ケイム委員長は、数週間に亘って内容を論議してきていて、間もなく委員会としての意見を公表すると語っている。
 同委員長は、これほど危険な病原体は他にはない、と語り、多くのコメントが用意されていると語った。

 問題はこうして作成されたウイルスが、どの程度人の間で感染するかということと、そのパンデミックを引き起こす可能性についてである。

 今回の研究に関しては研究者間で大きな論争も起きている。(内容は略)。

Dutch Scientist Modifies Avian Flu into More Virulent Virus  

Global Security Newswire (国際) オランダの研究者、鳥インフルエンザウイルスから、より病原性の高いウイルスを作成
 NTI組織の報道: 核兵器、生物兵器、および化学兵器、およびテロリズムに関するニュース速報

 NTINuclear Threat Initiative:核兵器脅威に対する国際NOP委員会、多くの専門家、知識人から構成)
 クリックで拡大


 オランダの研究者が米国から生物兵器防衛計画の一環として助成された研究で、鳥インフルエンザウイルスを改造し、より危険な致死的ウイルスを作成した。
 この研究が生物兵器によるテロに悪用される可能性があることに、関心が高まっている。

 米国国立衛生研究所(NIH)は、ロッテルダムの分子ウイルス学教授であるロン・フーシェ(Ron Fouchier )氏に、鳥インフルエンザウイルスH5N1が集団感染を起こし得るかのテーマで研究を委託したとされる。オランダのde Volkskrant紙による。
 研究者が研究論文の要約を米国の世界的科学雑誌”サイエンス(Science)に送り、雑誌掲載の可否を尋ねた。
 雑誌編集部は(米国)国家バイオセキュリティー科学顧問委員会に、論文発表は安全であるかの判断を求めたが、同委員会では現在検討中とされる。

 多くの専門家達は、フーシェ氏の厳格なセキュリティー下で行われたとされる鳥インフルエンザウイルス研究の結果に対して大きな懸念を抱いている。
 このオランダの研究者は伝えられるところによると、遺伝子構造に小さな変化を加えることで高度に病原性を有するウイルスに改造したとされる。
 非常に致死力を持っているが、現在のH5N1ウイルスは希にしか動物から人へ感染しない。

11月27日

Deadly flu virus created in Dutch lab  Examiner.com (国際) オランダの研究室で致死的インフルエンザウイルスが作成
 米国の国立衛生研究所(NIH)の助成を受けて致死的インフルエンザウイルスを作成したオランダの研究に関して、市民の間で、なぜこのような危険な研究が自国で行われたかを問う声が上がっている。
 以下略。

'Anthrax isn't scary at all compared to this': Man-made flu virus with ... Daily Mail (英国) 炭疽菌以上に恐ろしいインフルエンザウイルスを実験室で作成
 H5N1鳥インフルエンザウイルスを変異させた改造ウイルスが実験室内で作成されたが、その研究を発表させることに関して、研究者間で論争が起きている。
 作成されたウイルスは、より感染性が高まっていて、同時に数百万人の人々に感染する可能性がある。
 以下略。

11月25日


US fears Dutch research could be biological weapon   Radio Netherlands (オランダ) 米国、オランダの研究が生物兵器につながることを懸念
 米国は、オランダの教授が作成した鳥インフルエンザの致死的ウイルスについて、大きな懸念を抱き、研究論文の雑誌掲載を遅らせている。
 専門家はテロリストが情報を得て、生物兵器としてウイルスを作成することを懸念している。

 皮肉にも同研究は米国のNIH(国立衛生研究所)から、ロッテルダムのエラスムス教育病院の分子ウイルス学教授であるロン・フーシェ(Ron Fouchier )氏に委託されたもので、目的はH5N1ウイルスがパンデミックを起こし得るかどうかについてである。
 フーシェ教授はウイルス遺伝子の少数の変異で、ウイルスが非常に感染力を持つ株に変化することを見いだした。
 変異ウイルスはフェレット間で容易に感染し、致死的病原性を示した。フェレットは人と同じようにウイルス感染を受けるため、人体実験の代用とされている。

 教授は研究内容を米国の科学雑誌”サイエンス”に投稿したが、雑誌編集部は出版前に論文を米国バイオテロ顧問委員会に提出し、その判断を委ねた。
 委員会では変異ウイルスが一般社会に放たれたとした場合、世界的に重大な結果が生じるかについて考察している。

 フーシェ博士は結果が明らかになるまでコメントは保留している。
 論文掲載の延期、そして掲載が禁止される可能性があることから、同博士の研究論文は、研究者間に科学研究の自由性に関して大きな議論を呼んでいる。
 
 またH5N1ウイルスに関する類似の研究結果をまとめた日本人の研究者の論文も同様に委員会で検討されている。

Man-made super-flu could kill half humanity  RT (国際) 人口的に作成されたスーパーインフルエンザは人類の半数を殺す
 世界の人口の半数を殺すことが出来るウイルスが実験室で作成された。
 現在、研究者やバイオテロリズム専門家が、その研究論文を発表させるべきか、そしてこうした研究が為されるべきか論争している。

 ウイルスはH5N1株の一種であるが、遺伝子が組み変わられていて、より感染力が強まっている。
 このウイルス株はオランダのロッテルダムにあるエラスムス医学センターの研究者であるロン・フーシェにより作成された。
 同氏はその研究結果を初めて9月に行われたマルタでのインフルエンザ会議で発表した。

 フーシェ氏によると、H5N1ウイルスは鳥、特に家きんの間で感染を続けているが、人へは希にしか感染しないとされる。
 ウイルスがアジアに現れてこの10年ほどに600人程度の人しか感染していない。
 しかしウイルスが一旦感染すると半数の人々が死亡する。
 ウイルスの人へ感染しにくい性格が危険なパンデミックに、少なくともこれまでは発展してこなかった理由である。

 フーシュ氏のチームはフェレットを使ってH5N1ウイルスの感染実験を行った。フェレットへのウイルス感染は人への感染様式と似ているため、人の模擬感染となっている。
 実験ではフェレットにウイルスを適合させるために互いに感染させることを繰り返し、10代目の感染フェレットから分離されたウイルスが周辺のフェレットに容易に感染し、死亡させるような変異を遂げていた。
 フーシュ氏は、そのウイルスは人の季節性インフルエンザと同じように感染するが、致死率は遙かに高い、という。(多分、実際に人へも感染すると考えられている)。

 長年炭疽菌に関して研究してきたポール・ケイム氏(Paul Keim)は、これだけ恐ろしい病原体は他にはないだろう、全てにおいて炭疽菌以上に恐ろしい、とコメントしている
 同氏は現在米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(NSABB)の座長をしているが、他のメンバーと共にフーチュ氏の研究論文発表に関して、判断を下すことに苦慮している。
 フーチュ氏は研究論文の発表を望んでいる(世界一流の科学雑誌であるサイエンスに投稿中)。
 また類似の研究結果を以前にウィスコンシン大学と共同研究で出している、東京大学の河岡義裕氏も研究論文の発表に賛成している。

 ピッツバーグ医学センターのバイオセキュリティーセンタ長で、バイオテロリズムの専門家であるトーマス・イングレスビ(Thomas Inglesby)博士は以下の様にコメントしている。
 「研究者が致死的ウイルスを、さらに致死的で感染力の高いウイルスに変異させる研究は許されるべきではないが、さらにその内容を公表して他の人間に同様な実験を可能にすることは決して許されるべきではない」。

11月22日

Bioterror fears could block crucial flu research  New Scientist (国際) バイオテロの恐れが重大なインフルエンザ研究を阻止
 米国バイオセキュリティー委員会は、H5N1鳥インフルエンザウイルスに関する重大な研究結果が、論文として発表するには危険すぎるかどうかについて検討している。
 研究では僅かな変異でH5N1ウイルスが人に対して容易に感染し、致死的病原性を保有する可能性を示している。

 研究結果は9月にNew Scientist に簡単に掲載されたが、本論文は、詳細な内容が一般公開されるとテロリスト他が危険なウイルスの作成が可能となるため、その掲載は延期されている。
 しかしウイルス学者の多くは、H5N1ウイルスの動向を評価するためには論文の公表は必要と主張している。

 H5N1ウイルスは人に感染すると半数以上を死に追いやるが、容易に人から人への感染は起こさない。
 オランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターのロン・フーシェ(Ron Fouchier )氏は、9月にマルタで行われた国際インフルエンザ会議で、以下の様な報告を行った;H5N1ウイルスに既に知られているような”ほ乳類”に適合する2箇所の変異を起こさせ、続いて変異ウイルスを繰り返しフェレットに感染させてさらなる変異を起こさせ、そして致死的で容易に飛沫感染するウイルスを誕生させた。合計5回の変異が要された。

 研究論文は世界のトップ科学雑誌である”Science,(サイエンス)”に投稿されたが、論文は現在、米国国家バイオセキュリティー科学顧問委員会へ回され、出版することが生物学的脅威につながるか否かについて評価を受けている。なお、雑誌に論文掲載の決定権は同委員会にはない。

11月20日

Malta flu conference comments spark bioterrorism alarm Malta Independent Online (マルタ) マルタにおけるインフルエンザ会議での発表内容が、バイオテロ警戒に発展
 マルタで9月に開催されたインフルエンザ会議で、オランダのエラスムス医学センターのウイルス研究者であるロン・フーシェ(Ron Fouchier )が、H5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子にいくつかの微調整を行うと、ウイルスがフェレットに強力に感染力を有するようになることを発表した。フェレットは人のモデルとして使用される標準的実験動物であり、それはウイルスが容易に人に感染するようになることを意味している。
 同氏は国際的研究の一環として、ウイルス遺伝子を分析中に、5個の変異でウイルスが容易に感染するようになることを見いだした。

 今週、この研究に対してバイオテロ専門家達の間で警戒感が高まり、マルタで発表された研究内容を葬り去ることを多くの専門家が主張し始めた。
 研究内容が他の研究者達と共有されることにより、この微調整されたウイルス(“tweaked” virus )が生物兵器として使用される危険性があると懸念されている。

 研究内容は現在、米国のバイオセキュリティー科学顧問委員会で精査されている。

 ウイルスは人に感染すると半数以上を殺すが、現在のところ、人人感染を起こさないことから、広汎にウイルスは広がっていない。
 しかしながら、もしウイルスが進化して容易に人の間で季節性インフルエンザのように感染し出すと、破滅的パンデミックとなり得る。
 そのため研究者達は研究室内でウイルス遺伝子を操作し、どのような遺伝子変化が人にとって危険なウイルスとなるのか等を研究している。

11月19日

Debate rages over new bird flu research; some argue it's not safe to publish Global Toronto (カナダ) 新規鳥インフルエンザ研究に対する議論、方法論を発表するのは危険との意見も
 Canadian Press

 危険なH5N1鳥インフルエンザウイルスが変異して容易にフェレットに感染するようになった(多分、人へも感染)実験発表に関して科学者達の間で難しい論議を行われている。

 バイオセキュリティー専門家達は、研究方法が危険な勢力により利用される可能性もあり、その論文の出版に反対している。
 一方、インフルエンザ専門家達は、H5N1インフルエンザウイルスがどのように変異すれば人に危険なウイルスに変化するかを知る上で、そのような研究は重要と主張している。
 研究はオランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターで行われた。

Scientists mutate bird flu to make it MORE contagious - but critics claim the ...  Mail on Sunday (英国) 研究者達は鳥インフルエンザウイルスを、より感染しやすくなるように変異実験を繰り返す-しかし批判が相次ぐ
 9月にマルタ島で行われたインフルエンザ会議。
 オランダのエラスムス医学センターのウイルス学者ロン・フーシェ(Ron Fouchier )が、発表した内容で会議が紛糾。
 H5N1ウイルスに5箇所の変異を起こさせると、フェレットに対して非常に感染性の高く、致死的ウイルスに変貌。

 このような研究は生物兵器としてテロリストに利用される可能性もある。
 多くの参加研究者は、研究は抑制されるべきとの意見を主張した。
 研究内容を論文化すると作成方法が公開されることになるから危険とされる。

 同研究者の研究内容は、米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(American committe called the National Science Advisory Board for Biosecurity)により調査されている。