WHO疫学統計に関するコメント2件
2007/2/12

Most bird flu victims under 40, WHO analysis finds Reuters.uk, UK  (英国) 
ほとんどの鳥フル発病者は40歳以下:WHO分析

2007/2/12

 H5N1鳥インフルの感染者の90%は40歳以下で、その60%は死亡している。最近のWHOの分析結果で、そのように指摘されている。

 しかしWHOの研究者達は、これらの分析結果は、なぜ若い人々の間で発病者が多いかについて理由を提示してなく、理由としてはいくつかの仮説が存在すると強調している。
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは、ウイルスが再興した2003年以来世界10カ国で272人に感染し、166人を殺している。
 ウイルスは生物学的に、いまだ鳥の感染症を引き起こすウイルスとして存在し、鶏やアヒル、ガチョウ、七面鳥や他の家きんを2億羽以上、殺すか、殺処分対象として殺している。
 しかし、それは時折人にも感染することから、研究者達は心配している。彼らはウイルスが季節性インフルエンザウイルス株のように変異し、容易に人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックへと拡大し、世界で数百万人の人々を殺すようになることを危惧している。
 そのためにWHOは、発生するここの事例を分析、そして疫学統計学的調査を続けている。これらの疫学調査により、科学者達は誰が感染しやすく、誰が死亡しやすいか理解できるようになる。

 WHOの疫学週報はインターネットのウエブサイトhttp://www.who.intに掲載され、そこでは2003年末から2006年11月までの研究室で確認された事例を分析している。
 分析結果では、感染者年齢の中央値は18歳で、年齢幅は3ヶ月から75歳までに亘っている。
 ”全事例の半分少々(52%)が20歳以下で89%は40歳以下である。
 これは人の感染は家きんとの濃厚感染でしか発生しないことと、多くの国では若い人々、しばしば子供達が家きんの世話をすることが理由かもしれない。
 しかし、感染に対する免疫反応の違い等も理由かもしれない、と科学者達は言う。
 WHOの研究ではH5N1ウイルス感染で、発症者の60%が死亡しているが、その率は年齢によっても大きく異なる。
 ”もっとも致死率が高いのは、10〜19歳で76%となっており、50歳以上ではもっとも致死率が低い40%となっている”、とレポーターは解説する。
 5歳以下の子供達では44%の致死率で、30〜39歳の間では66%である。

 WHOの専門家達は来月トルコで会議を開き、これらの年齢による差異にについて意見を交換する予定となっている。

90 per cent of human bird flu cases under 40; suggests immunity in ... CBC News, Canada  (カナダ) 人の鳥インフル発症者は90%以上が40歳以下:高齢者が免疫を保有している可能性

 90%近くのH5N1鳥フル発症者(診断がつけられた人々)は40歳以下であるという、新しい分析結果がWHOから発表されている。
 2人の英国の科学者が、これまで理解されていなかった年齢差による鳥インフル発症率の差が、35歳以上の人々には広くこのウイルスに対する免疫があるということで、理解が可能になると発表した。

 医学ジャーナルである「Emerging Infectious Diseases」の3月号に、ノッチンガム大学のMatthew Smallman-Raynorと、ケンブリッジ大学の Andrew Cliffが、H5N1感染人症例の年齢分布が、1969年以前に生まれた層では、地理的に広範にH5N1鳥インフルに対する免疫が確立されている仮説モデルに、一致することを、見出した。(ある種の感染症が広範に拡大してゆくと、その後、感染を経験した年齢層では免疫を獲得し、それは感染症が拡大した年以降に生まれた層となる:訳者注)。
 ”このモデルを使うと、若い世代が世界中で類似の割合で鳥インフルを発症し、それが30〜35歳を境に突然顕著に発生率が下がり、そしてこの年齢による発生特異性は、各国または各大陸の社会文化的、および人口動態背景の差を完全に越えて存在していることが、理解可能となる”、とSmallman-Raylor と Cliffは論文に記載している。前者は分析地理学、後者は理論地理学の研究者である。

 H5N1ウイルスが若者に感染しやすく、通常の季節性インフルエンザにかかり易い高齢者での感染は稀である理由は分かっていなかった。
 色々な仮説が上げられているが、子供や若い世代は、鳥インフルが発生している地域で、より密接に家きんに接触していることが理由とするものもある。


以下WHO報告からの資料の抜粋。 WHO原文

年齢別患者発生数−−90%が40歳以下


年齢別致死率 右端が男女合わせた死亡率を示しており、10〜19歳でもっとも高い。