海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
9月30日

・Birdflu in Vietnam resisting Tamiflu CBC News, (カナダ) ベトナムでの鳥フル、タミフルに耐性
 香港のクイーン・マリー病院の研究者が、ベトナムでの人感染ウイルスにタミフル耐性株が出現してきていることを発表。製薬会社はより効果のあるリレンザの製造を行うべきと語った。
 また同研究者は、タミフルに対するインフルエンザウイルスの耐性は、日本で特に著しく、その理由は日本で一般的インフルエンザに習慣的に医師がタミフルを処方しているからと言う。
・Indonesia calls for international co-operation to combat birdflu... Brandon Sun, (カナダ) インドネシア、鳥フル対策で国際的協力を要請
 インドネシア外務省のスポークスマンの談話。
 鳥フルはインドネシアだけの問題ではなく、簡単に海外へ拡大する可能性がある。それ故国際的協力が必要。
 日本から調査協力に訪れている国立感染症研究所のKiyosa Tanigachi氏も、同様の意見を記者団に語った。
・ASEAN endorses anti- birdflu plan, creates fund Reuters  (国際) アセアン(ASEAN)、鳥フル対策計画作成と対策のてMの基金設立
 ASEAN10カ国代表がマニラで会議を開き、今後3年間に渡る鳥フル対策について計画作成を行った。同時に200万ドルの鳥フルを含む、動物感染症対策基金を設立した。

・Senate provides funds in case of birdflu outbreak KPHO Phoenix (米国) 上院、鳥フル流行に備えて予算増額を可決
 上院はCDCに対する40億ドルの予算案を可決した。予算は鳥フルに対する治療薬の備蓄用である。
・Philippines asks WHO to help acquire drugs against birdflu People's Daily Online (人民網、中国) フィリピン大統領、タミフル備蓄の援助を要請
 フィリピン政府によると同国ではタミフルの備蓄はされていないと言う。昨年早期にロッシュ社に発注したが、いまだ1カプセルも入荷していないと説明。ロッシュ社に発注されたタミフルの多くは先進国に集中されて入荷しているようだ、と関係者は説明。大統領はWHOのフィリピン代表に会議の席上で、WHOの協力を要請した。
・Flu pandemic could kill up to 150m Scotsman, (英国) 新型インフルエンザ(鳥型)流行により世界で1億5千万の死者がでる可能性もWHO専門家の意見
 WHOの専門家の高官である David Nabarro 博士は、今後数ヶ月間に世界各国は鳥フル対策を強化しなければ、それは人でのインフルエンザとして世界的流行を招き、世界で500万人〜1億5千万人の死者が出るだろうと記者会見で警告した。
・H5N1 BirdFlu False Negatives In Indonesia Recombinomics (米国)
 インドネシアにおける検査結果は、検体の不適切な採取などによる擬陰性の可能性があるとの意見。
・Four Human Bird-Flu Cases Confirmed in Indonesia Voice of America  (米国) WHO:インドネシアでの鳥フル確認例は4例のみで、実際の感染者は少ない
 インドネシア保健省は、鳥フル疑い患者は48人に上ると報告しているが、WHOは実際にはそれほど多くの患者がH5N1ウイルスに感染していないとの見方を示している。
 WHO西太平洋事務所のスポークスマンPeter Cordingley氏は、多くの患者が鳥フル疑いで入院しているが、彼等の多くは全くH5N1ウイルスに感染していないだろうと語った。同氏は患者の血液は全て香港の研究所へ送りPCR検査をしているがこれまで陽性であったのは(全て死亡者)わずか4人に過ぎないと言う。そして患者の多くが従来株によるインフルエンザの疑いを示唆した。
 しかし家禽におけるH5N1鳥フルはインドネシア全体で流行していることは確かで、早急な対策でコントロールしなければならないと語ったている。
・Migratory birds not a threat?DENR chief ABS CBN News (フィリピン) フィリピン:専門家、渡り鳥はH5N1ウイルスを運んでこないだろうとの憶測
 環境・自然保護局の当局者は、多くの渡り鳥がシベリアから南下してきているが、H5N1ウイルスには感染していないと考えられる、と語っている。5%の渡り鳥は鳥フルウイルスに感染しているが、それらウイルスは致死性ではない。致死的H5N1ウイルスに感染していたら鳥はすぐ死ぬだろうから、飛来してくる可能性はない。そのような見方を示した。
・NZ prepares birdflu response plan New Zealand Herald (ニュージーランド) ニュージーランド、鳥フル行動計画を作成
 政府は鳥フルの流行がニュージーランドまで拡大したことを予想して、色々な状況を想定した行動計画を作成した。状況の中には、2万人が入院し、さらに100万人が医療を必要としているなどの事態が招来された場合も含まれている)。
 政府はすでに2600万ドルで、人口の20%に相当する85万人分のタミフルを発注している。
 しかしながら人々の中には、とくに東南アジアへ旅行する人々は、自分達でタミフルを用意する人達もいる。
 タミフル発売元のロッシュ社は今週、今以上のタミフルの受注は無理であるとのコメントを出した。
・Indons suspect 63 birdflu cases NEWS.com.au (オーストラリア) インドネシア、鳥フル疑い患者合計63人に、しかし5人が確定例で9人が可能性例と
 今年度人での鳥フル感染疑い例は合計63人で、死亡例は6人となったと、インドネシア当局は発表した。
 保健省は63例は3分類に分けることが可能と説明。
 疑い例:高熱などの鳥フル様症状を呈している場合。
 可能性例:レントゲンで肺炎像を呈するなどの、初期の検査で強く鳥フルが疑われている場合。
 確定例:臨床的にも血清学的にも確認され、さらに香港のWHO協力研究機関で確認された場合。
 以上の分類に従えば、5人が確定例で、9人が可能性例で、残りが疑い例と区分される。
9月29日


・Japanese birdflu experts begin mission in Indonesia People's Daily Online (人民網、中国) 日本の専門家、インドネシアでの活動を開始
 日本からの専門家チームはジャカルタでの活動を開始した。病院などでの調査から、インドネシア当局に対策上のアドバイスをする。滞在は1週間。
・50 Indonesia birdflu cases suspected MSNBC (国際) インドネシア、50人の鳥フル疑い患者
 22日、インドネシア保健省は鳥フル疑いで50人以上が経過観察中と発表した。その一方、鳥フルで死亡した患者がこれまで6人としていたのを5人に修正した。
・Two suspected birdflu deaths in Indonesia Radio Australia (オーストラリア) インドネシアで鳥フル疑いで2名死亡
 先週死亡した2名の子供が鳥フル疑いで検査中であると当局は語った。
・Indonesia investigating 48 suspected cases of birdflu in humans Khaleej Times (アラブ連合首長国) インドネシア、48人の鳥フル疑い例を経過観察中
 29日、インドネシアの鳥フル疑い例は48人に増加したが、保健省は人々に感染者を避けないように訴えるとともに、患者との濃厚接触は危険ではないと発表した。
・Vietnam declares no birdflu victims in two months Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、2カ月間人での鳥フル発生はなしと
 7月25日以来人での鳥フル発生事例は無いと、ベトナム保健省は28日発表した。
・MedImmune, NIH Team Up on BirdFlu Vaccines Washington Post, (米国) 米国、MedImmune社、NIHの協力のもとに、新タイプの鳥フルワクチンの開発に
 鼻粘膜吸入ワクチン製造会社である米国のMedImmune社は、28日NIHの研究者の協力のもとに、12種類以上の鳥フルに対するワクチンを開発すると発表した。
 米国政府は最近1億ドルでSanofi-Aventis SA社とワクチン製造の契約を行ったが、対象ウイルスはH5N1ウイルスに限定されている。しかし鳥フルウイルスは16株存在し、政府はMedImmune社に各株に対するワクチンの開発を希望している。
 研究者によると、鼻粘膜吸入ワクチンは、弱毒化した生きたウイルスを用いるので、広範囲の免疫が獲得されえるので、鳥フルウイルスが変異しても効果を発揮する可能性があるとされる。
・インフルエンザで緊急対策 中国衛生省 神戸新聞 (日本)
 ... 新華社電によると、新型肺炎(SARS)など感染症治療の中国の第一人者である中国工程院の鍾南山医師は最近「インフルエンザが世界的に大流行する恐れがある」と警告していた。
・China sets blueprint for fighting flu pandemic Reuters (国際) 中国、インフルエンザ流行態勢の青写真を発表
 態勢を危険度に応じて青、黄色、オレンジ、赤に区分。もっとも危険性の高い状況は赤。
 ワクチンや抗インフルエンザ薬製造態勢の整備。13億人の人口に対して1000万人分のワクチン製造能力しかない由。
・Mexico denies link to birdflu cases in Japan Japan Today (日本) メキシコ、日本におけるH5N2鳥フル流行との関係を否定
 メキシコ農業省の当局者は、日本で疑われている、メキシコ産の鳥フルワクチンが日本の養鶏場で流行したH5N2鳥フルの原因である可能性を否定した。
 国で保有している以外、誰もワクチンを作るためのウイルスを持っていない。そのように当局者は語った。
・Inhaled birdflu vaccine in the works MSNBC (米国) 鳥フル用吸入ワクチンの開発へ
 米国のMedImmune社は米国政府のインフルエンザ専門家と協同して、鳥フルに対する新しい人用ワクチンを開発する。ワクチンは注射針を使用しない吸入タイプで、皮下注射のワクチンは不活化したウイルスを用いるが、吸入用ワクチンでは弱毒化したウイルスを用いる。完成予定時期は未定。
・China announces emergency measures to combat possible birdflu ... Radio Australia (オーストラリア) 中国、新型インフルエンザ流行に対する緊急態勢計画を作成
 中国は鳥フルが世界的に拡大する恐れから、色によって識別された警戒態勢の基準を発表した。
 色は警戒態勢の強さを表し、青、黄色、オレンジ、赤、の順になっていて、赤がもっとも警戒態勢が強く、新しい株の流行が広がりだしたとき、またはWHOがインフルエンザの世界的流行を宣言したときの態勢である。
・Want to stop spread of flu, wash your hands - study Medical News Today (press release), (英国) インフルエンザ拡大防止には、手洗いを十分に!
 ロンドンのクイーン・メリー医学大学の研究者達は、十分な手洗いにより、インフルエンザ(鳥フルも)流行の速度を落とすことが出来ると研究結果を発表した。
  チームのリーダーであるOxford教授は、手洗いにより感染の輪を切断できる可能性がある、と説明する。同教授によるとここ2,30年間急速に個人の衛生管理がルーズになってきたと言われる。怖いことに病原体は彼等の感染ルートを探し出してどんどん感染を広げる。

9月28日

・Antiviral drugs well-stocked News.gov.hk, (香港行政府ニュース) 香港、抗鳥フル薬の十分量を備蓄
 香港は300万人分のタミフルを備蓄しているが、来年初頭にはさらに400万人分相当が加わる。疾病対策センター(Centre for Health Protection)が発表した。
 最終的にはタミフルとリレンザを合わせて、2000万人分の備蓄を2007年度まで達成の予定。香港人口686万(訳者)
・Indonesia forms birdflu pandemic team Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、鳥フル流行対策チームの編成へ
・Malaysia to stockpile drug in case of birdflu outbreak Jakarta Post, (インドネシア) マレーシア、鳥フル流行に備えてタミフルの備蓄へ
 政府はタミフル備蓄の予算を決定。スイスのロッシュへ発注の予定と。
・China readying flu pandemic plans, government says, but no details ... Canada.com (カナダ) 中国、鳥フル流行に対する行動計画を作成
 中国政府は世界的鳥フル流行に備えて行動計画を発表したが、アウトラインのみで詳細は公表されていない。
・Another Suspected BirdFlu Case Occurs In E Java Antara (インドネシア) 東ジャワでさらに鳥フル疑い例発生
 東ジャワのPonggok村在住の女性が鳥フル症状で、Dr Soetomo病院で入院中と発表。担当医はかなり高い確率で鳥フルと思う、と語っている。検体はジャカルタに送られていて、間もなく結果は分かる予定。
・At least 57 people in Indonesia suspected of contracting birdflu Forbes (国際) インドネシア、少なくとも57人が鳥フル感染の疑い
 本日インドネシアでは少なくとも57人が鳥フルを疑われて治療中である。
 最新の患者はジャカルタ在住の23歳の男性で昨日遅くに入院した。
 血液と口腔粘膜からの検体が地元の研究所で調べられているが、陽性の場合は香港のWHOの研究機関に送られる。
 26日以降病院は検査で陰性だった患者5人を退院させている。
 保健省のスポークスマンは2万人分のタミフルが30日に届く予定で、それは薬局で販売される予定だと語った。これまでタミフルは病院でしか使われていなかった。
 インドネシアで鳥フルで6人死亡しており、これで東南アジアで2003年以来H5N1ウイルスで65人の死者数となっている(ベトナム43人、タイ12人、カンボジア4人、インドネシア6人)。
・'Give us sufficient information about birdflu' Jakarta Post (インドネシア) インドネシア:もっと情報を市民に!
 鳥フル対策に関する市民の声を掲載。
・Are we capable of coping with the deadly birdflu? Jakarta Post (インドネシア) 我々は致死的鳥フルにうち勝つことが出来るのだろうか?
 インドネシア大学のウイルス学と公衆衛生学の専門家による論説
・Call to stockpile rival flu drug Australian, (オーストラリア) タミフルのライバル薬であるリレンザの備蓄を勧める
 タミフルが一部のインフルエンザウイルスに無効との報告があることから、オーストラリアの専門家は同薬よりもウイルスに耐性が少ないと言われるリレンザの備蓄を政府に勧めている。。
・Poor response towards birdflu Bangkok Post, (タイ) タイも世界も鳥フル対策はいまだ十分ではない
 鳥フルのインドネシアとロシアへの拡大は、流行の爆心地でもあるタイにとって、流行対策への責任性は重い。しかし 当局はいまだ人人感染が生じていないという事実から安心感を抱いているようだ。
 しかし科学者達はウイルスが変異して人人感染を生じるのは時間の問題であると説明している。 タイも世界も十分対策をとっているかというと、非常に心許ない現状である。
 今月初めに米国大統領が「鳥フル対策の世界的協力体制」について計画を発表し、タイを含む15カ国がサインした。 しかし、問題はどのように協力関係を築き、どのような作業を行ってゆくかである。それはいまだ見えていない。…  以下問題点を探っている(省略)。
・Demand for Tamiflu increasing TVNZ, (ニュージーランド) ニュージーランド:タミフルの需要が増大
 インドネシアで鳥フル感染者の死亡が相次ぐにしたがって、鳥フルの世界的流行の脅威が高まっている。それにともないタミフルの需要が増大してきている。
 製薬会社のロッシェ社は、タミフルのストックが無くなったので、来週新たに入荷する予定と言う。
 ニュージーランド公衆衛生省の長官であるMark Jacobs博士は、ウイルスに対するタミフルの効果はいまだ立証されていない、それ故同省は、その発注量を増加する予定はないと語った。
 またローヤルニュージーランド大学の学長であるJonathan Fox博士は、個人的処方の量が増加してきて、それらに対する量が入荷してきているが、国としてどの程度必要かを判断するのは難しい、と語っている。しかし同氏は、タミフル服用による予防と同じくらい、マスク着用、手洗いは予防に重要であると、語った。
 
・UN health chief: Beware of flu epidemic United Press International (国際) WHO長官、鳥フルの世界的流行を警告
 ワシントンで開かれた氾アメリカ保健機構の46回総会でWHO長官は、次の世界的インフルエンザの流行は、現在の東南アジアで流行している鳥フル(H5N1)の可能性が大きく、世界各国が協同的に対策を講じなければ破滅的結果を招く流行が起きるだろう、と警告した。
・11月から鳥インフルエンザ特別防疫 innolife.net  (韓国) 
 農林部は、ロシアとモンゴルなど海外で発生している鳥インフルエンザの国内流入可能性が高い11月から来年2月までを、特別防疫期間として定め、渡り鳥たちの動きを注視し農家に対しても ...
9月27日

・Scientists invent quick birdflu test The Age (subscription),  (オーストラリア) 鳥フル診断迅速キットが開発
 シンガポールの研究者達が家禽の鳥フルを4時間以内で診断するキットを開発した。これまでのキットは判定まで2〜3日要した。
・Birdflu vaccine to be tested on humans Euronews.net (フランス) ハンガリー:鳥フルワクチン人で臨床試験に
 WHOが開発した人用鳥フルワクチンが、ハンガリーで100人のボランティアを対象に始まった。手始めに保健衛生大臣が接種を受けた。

・Japan helps Indonesia combat birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) 日本、インドネシアの鳥フル対策に応援
 日本から鳥フル対策のための専門家がインドネシアに1週間の予定で、派遣されるとインドネシア国営通信は報じた。
・Agency slow to spread birdflu info Jakarta Post (インドネシア) インドネシア:当局による情報は十分でない
 鳥フルと戦うには何が鍵となるか?多分個人的および環境上の衛生問題と考えられるが、ジャカルタ市保健当局からの情報は非常に遅い。
  Sulianti Saroso病院で26日さらに一人死亡し、現在22人が経過観察中である。市の保健当局は患者の治療に焦点を合わせていて、予防対策は十分でない。
・Netherlands to Relax BirdFlu Prevention Measures Planet Ark (米国) オランダ、鳥フル予防体制を緩める
 オランダ政府は、鳥フル拡大防止のためにとっていたいくつかの対策を、解除ないし緩和した。理由はロシアとカザフスタンで新規の流行が見られていないことからである。8月からとられていた家禽の屋外での飼育の禁止が29日から解除となる。
The Netherlands will withdraw several restrictions introduced to prevent the spread of bird flu as it appeared the outbreak of the disease in Russia and Kazakhstan was under control, the farm ministry said on Monday.
・Don’t panic over bird-flu virus yet, WHO says on Indonesia TravelVideo.tv (press release),  (国際) インドネシアの鳥フル状況でパニックを起こす必要はない、人人感染は起きていない:WHO
 インドネシアで鳥フル症状を呈する患者の発見が増えているが、状況が変化したわけではないのでパニックにを起こす必要はないと、WHOが警告。
・Early Detection of Avian Flu Could Prevent Pandemic Voice of America (米国) 早期発見が鳥フルの世界的流行を防止
 米国、国立アレルギー感染症研究所のAnthony Fauci長官の談話をもとに、インドネシアでの鳥フルは現在人人感染を起こしてはいないが、発生の早期発見と迅速なる対処が、鳥フルの世界的拡大防止には重要と説明。

・Australia offers more help to Indonesia Sunday Times.au (オーストラリア) オーストラリア、インドネシアへのさらなる援助
 
インドネシアで6人目の鳥フル死者が出たことから、オーストラリア政府は、23日に発表したタミフル1万人分の援助に引き続き、4万人分の援助追加を発表した。最初のタミフルはWHOが発注してインドネシアへ発送された。
・Efforts to control birdflu in animals seriously under-funded, UN ... UN News Centre (国連ニュースセンター) 動物に対する鳥フル(H5N1)対策費用は深刻に不足
 動物における鳥フル対策費用はわずか2000万ドルに過ぎない、とFAOの獣医学担当責任者のJoseph Domenech氏は訴えている。
 世界的流行に備えて人に対するタミフル備蓄も理屈にかなってはいるが、その前に鳥フル拡大を抑えるためには動物での対策が必要であり、その資金はあまりにも少なすぎる、と同氏は説明する。これまで1650万ドル各国から提供されていて、さらにFAOの資金の中から200万ドル出費する予定だと言う。同紙は実際様々な対策を行ってゆくには、少なくとも1億ドルが必要と語る。
9月26日

・Human cases of birdflu reach 42 in Indonesia Xinhua (新華社、中国) インドネシアで治療中の鳥フル疑い患者は42人に
 鳥フル疑いで経過観察中の患者はインドネシアで42人になるが、そのうち検査で確認されたのは10人と保健省大臣は発表。
・Rini Dina Not Killed By BirdFlu Virus From Another Human Antara, (インドネシア国営通信) リニ・ディニは人から鳥フルに感染していない−−インドネシアでのH5N1鳥フルウイルスは変異していない
 先に死亡したリニ・ディナさん(Rini Dina)から分離されたH5N1ウイルスの遺伝子分析の結果、彼女の感染したウイルスはインドネシアの家禽に感染しているウイルスであって、他の感染した人のウイルスではないと、保健省は発表。また彼女から分離されたウイルスはいまだ変異していないことが確かめられた。
・Japan Sending Experts to Help Contain BirdFlu in RI Antara (インドネシア国営通信) 日本、インドネシアに専門家を派遣
 下記と同じ内容。
・Japan to send experts for birdflu research in Indonesia Xinhua (新華社、 中国) 日本、インドネシアの鳥フル対策に専門家を派遣
 在インドネシア日本大使館は、インドネシア政府の要請により、日本の専門家5人を鳥フル対策の協力に、インドネシアに派遣することが決定されたと発表。専門家は明日ジャカルタに着き、1週間滞在予定という。
・Another BirdFlu Patient Dies in Jakarta Antara (インドネシア国営通信) ジャカルタでさらに鳥フルで死亡
 西ジャワのCikarangに住んでいた30歳女性が26日午前11時に、ジャカルタのSulianto Saroso病院で死亡。
 患者は9月12日に急性肺炎で同病院に入院した。当局は彼女が15羽の鶏を飼育していて、それらが突然死亡した後、彼女も発症したことを把握している。
 保健省の研究所での検査結果で鳥フルが確かめられたが、詳細なる検査のために検体が香港の研究所に送られている。
 彼女は5人目の公式死亡者となった。
 保健省は他に先週鳥フル症状で死亡した5歳の少女の検査結果が、香港の研究所で出るのを待っていると発表した。
  *他報道では27歳女性となっている。また5歳少女が血液検査で鳥フルが確認されたという情報もある。:訳者
・Fifth Indonesian dies of birdflu Reuters  (国際) インドネシアで5人目の死者、さらに死亡した1人で検査結果待ち
 26日ジャカルタの病院で27歳女性が鳥フルで死亡し、先週死亡した5歳の少女が鳥フルの疑いで検査結果待ちであると、当局は発表した。
・Indonesia "caught short" by birdflu - Australia Reuters (国際) オールストラリア、インドネシアへの援助を追加
 インドネシアで6人目の鳥フル死者が出たことから、オーストラリア政府は、23日に発表したタミフル1万人分の援助に引き続き、
本日4万人分の援助追加を発表した。
・Canberra increases Indonesia birdflu aid The Age (subscription),  (オーストラリア) オーストラリア政府、インドネシアの鳥フル対策援助を強化
 オーストラリア政府は、インドネシアで6人目の死者が出たことを受けて、タミフル4万人分をさらに提供と発表。
・Six Indonesians dead from birdflu CNN International (国際) インドネシア、鳥フル死者6人に
 インドネシア保健省は、鳥フルで6人が死亡し、10人が感染を確認されていると発表。ただし確認されている患者の中には通常のインフルエンザ様症状を呈していない者もいると語った。
 また政府は50万錠以上のタミフルを発注したと発表した。
・Indonesian confirms two new birdflu deaths; brings total to six Forbes (国際) インドネシア、さらに鳥フル死者を確認、合計6人に
 保健省の発表によると、鳥フル疑いで死亡した5歳少女 (Riska) が、検査で鳥フル感染を確認された。唾液での検査は陰性だったが、血液検査では確認された。
 本日先に報道された27歳女性に次いで本日2人目の確認となる。
・Fifth Indonesian dies of birdflu - hospital officials - UPDATE Forbes  (国際) インドネシア、5人目の死者と
 ジャカルタのSulianto Saroso病院は鳥フルで5人目の死者が出たと26日発表。
 
鳥フル感染がすでに確認されている5人の患者の中の27歳女性が、今朝死亡したと病院当局から発表された。
 彼女の唾液と血液が鳥フル検査で陽性を示したが、検体はさらに香港の研究所に送られた。
 これで東南アジアにおける鳥フルでの死者数は2003年以来、計64人となった(ベトナム43人、タイ、12人、カンボジア4人、インドネシア5人)。
 病院によると女性は原因不明で死亡した鶏と接触した既往があり、死亡4日前に入院した。
 WHOはジャカルタで鳥フルが人人感染を起こしている事実(根拠)はないから、それほど心配はいらないと呼びかけている。
・Business Calendar Korea Herald (subscription),  (韓国) ビジネス・カレンダー
 28日、韓国農業林業省は鳥フル予防対策を発表
・Quarantine officials consider birdflu a real threat ABC Online (オーストラリア) 検疫当局、鳥フル侵入を警戒
 昨年、5トン半の家禽の肉や卵、中国製の家庭ケーキなどが空港や郵便局で押収されている。このような実情から検疫当局は、鳥フルがいつでも侵入してくる可能性を恐れている。
・INDON REPORTS 5 BIRDFLU CASES Special Broadcasting Service, (オーストラリア) インドネシア、5人で鳥フル感染が確認される
 ジャカルタの感染症専門病院であるSulianto Saroso 病院に、鳥フル(H5N1)疑いで22人入院中であるが、そのうち5人が新たに鳥フル感染が確認され、確認が否定された5人が退院と、健康省が発表した。残りは検査待ちであるが症状は改善しつつあるという。
 一方、昨日(25日)2歳の少女が高熱で入院したが、少女は鳥フルが発生したジャカルタの動物園に出かけていたという。
9月25日


・Australia to Supply AI Drugs For Indonesia Antara, (インドネシア国営通信) オーストラリア、インドネシアに抗鳥フル薬を提供
 オーストラリア政府は、インドネシアにタミフル1万人分を提供と外務省が発表。
・Patients on the mend, but another woman tests positive Jakarta Post (インドネシア) 患者は全体として回復傾向、しかし女性一人が鳥フル検査で陽性と
 ジャカルタの Sulianti Saroso感染症病院での患者の何人かは様態が改善しつつあるが、新規に1人の女性が鳥フルに感染していることが24日検査で確認された。30歳の女性は西ジャワのBekasiに住んでいて、鳥フル症状を呈していたため、22日ジャカルタの病院に入院した。親族の話では、彼女の叔母が鶏を十数羽飼育していて、全ての鶏が突然死亡したと言う。

・Govt moves to prevent birdflu outbreak ABS CBN News (フィリピン) フィリピン政府、鳥フル対策を強化へ
 インドネシアにおける人の鳥フル発生、さらにロシアと中国は(鳥における)新規発生事例を報告している。
 10月は渡り鳥が中国から南方に移動する季節である。彼等の飛来地の中にフィリピンのいくつかの湿原がある。
 フィリピン農業省は上記の状況から鳥フル対策を強化しだした。
  国境周辺の厳格な渡り鳥調査体制、情報の広い提供、研究所の技術向上トレーニングなどが含まれる。
・Greens call for birdflu education Sydney Morning Herald (subscription), (オーストラリア) オーストラリア上院議員、鳥フルに関してさらに国民に教育が必要と
 Bob Brown上院議員は、国民は何が進行しているか正確に知る権利があると語った。
 ”オーストラリアは豊かな先進国のなかで鳥フルに関してもっとも最前線にある。現在タミフル備蓄の他、様々な対策を講じているが、さらに我々が出来ること、またはすべき事が残っている”、と語った。
 ”自分は、オーストラリアはアジア太平洋の隣国に目を配るべきと思う。彼等はオーストラリアの様に鳥フルに対する準備が出来ていない”、とBob Brown上院議員は語った。
・H5N1 Admissions Include Eight Ragunan Zoo Visitors Recombinomics (米国) ジャカルタ、鳥フル疑いで入院患者の8人は動物園訪問者。軽症疑い患者は専門病院に収容できず
 以下地元紙からの情報。今週早く(19日からの週)に症状のある115人の動物園訪問者が病院を訪れたが、部屋が無いことで入院を拒否された。また最近30人の集団が病院を訪れたが、そのうち数人のメンバーが高熱を呈していたが入院は如比されたと言う。
・Wild fowl screened to avert bird-flu threat Swissinfo, スイスで渡り鳥の鳥フルチェックが開始


・Jakarta registers four more bird flu patients abc.net (オーストラリア) ジャカルタ、さらに4人が鳥フル感染疑い
 ジャカルタの鳥フル症状を保有した患者の症状は改善しつつあるが、新規に4人が疑いで入院したと医師達が語った。
 ”全体的に患者達の症状は1名を除いて改善しつつある。検査結果で異常が出ない限り、少なくとも4人は退院できるだろう”、と副院長の Sardikin Giri Putro医師は語った。
 23日と24日に入院した4人を入れて合計21人の患者がSulianti Saroso感染症病院に入院している。
 Sulianti Saroso病院は全土に44ある国立病院の一つで鳥フル患者対策用の病院に特化されている。
 インドネシアでは、これまで4人が鳥フルに感染して死亡していることが確認されている。さらに1人の少年が鳥フル検査で陽性であることも確認されている。
 Sardikin氏によると、新規入院4人のうち鳥フルが発生したジャカルタの病院を訪れた2人が23日夜と24日朝に入院し、他の2人は24日遅くに入院したと言う。その1人は1歳少女とであると語った。
 Jakarta Post紙によるとここ2,3日、ジャカルタの病院を訪れた市民が約100人検査のために病院を訪れていると言う。
9月24日

・Ministry of Health Issued BirdFlu Alert Zaman Online (トルコ) トルコ健康省は鳥フル警戒を宣言
 WHOは致死的鳥フルに対する警戒を世界に呼びかけたことから、トルコ健康省は鳥フルウイルスがロシア国境まで拡大してきた場合の緊急行動計画を作成した。
・Flu Drug at Center of International Clamor Washington Post (米国) 抗インフルエンザ薬、タミフルの国際的論争
 鳥フルの世界的流行の危険性が迫る中で、米国、そして発展途上国などの思惑、さらに製薬会社との関係などを中心に論説。
・Indonesia says world must cooperate on birdflu Boston Globe (米国) インドネシア、世界は鳥フル対策で協力しなければならないと
  インドネシア大統領は23日、政府は出来る限りの対策を講じているが、世界的協力が鳥フルと闘うためには重要である、と声明を発表。
 インドネシア国内の鳥フル感染が生じやすい場所、動物園や鳥市場などの厳重チェックが行われている。
 ジャカルタ市内の鳥フル患者専用病院で経過観察されている疑い患者は23日、17人に上ると発表。
 
・Sanofi-Aventis expects more birdflu vaccine orders, mainly from ... Forbes (国際) Sanofi-Aventis社の人用鳥フルワクチン、さらに発注される予定と
 先に米国から110億円分相当の人用H5N1ワクチンが発注されたが、現在ヨーロッパからも発注されるだろうと、同社では発表。
 同ワクチンは今春から臨床試験が米国で行われていたが、その有効性が8月に確かめられている。

・インドネシアの鳥インフルエンザ感染、ジャワ島外に拡大 日本経済新聞  (日本) 
 インドネシア保健省は23日、22日夜にカリマンタン島東部サマリンダで鳥インフルエンザ感染の疑いで5歳の子供が死亡したと発表した ...
9月23日

・US to Provide US$25 Mln for BirdFlu-Affected Countries Antara, Indonesia  (インドネシア) 米国、鳥フル感染国に2500万ドルを対策費として助成
・Philippines prepares in case of birdflu Jakarta Post (インドネシア) フィリピン、鳥フルの侵入に備える
 フィリピンの獣医師と疾病専門家達は、近隣のインドネシアやベトナムから鳥フル(H5N1)が拡大してきた場合に備えて、対策会議を開く予定となった。H5N1ウイルスの侵入の予防、早期診断、鳥や人における感染事例の対処方法等が議題となる。健康省のスポークスマンが語った。
・Vietnam says birdflu under control, stocks drug Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム政府、鳥フルはコントロール、抗インフルエンザ薬の備蓄へ
 ベトナム健康大臣は、鳥フル感染人の事例は7月以来発生していなく、鳥フルはコントロール下にあると説明。今後冬期に入るためより鳥フル流行の可能性があるため、タミフルの備蓄が必要と語った。現在60万錠が備蓄されているが、流行が発生したときには100万人分のタミフルが必要になると説明した。
・Russia: birdflu quarantine lifted in 24 villages Agrimarket Consulting (ロシア) ロシアで24村での隔離体制が解かれる
 ロシア農業省の報道部によると、9月22日、ロシアで49居住地区で鳥フ流行が確認され、81地域で観察中であると言う。
 この日、24居住地域で隔離体制が解かれた。
・Australia guards its shores against birdflu Reuters AlertNet (英国) オーストラリア、海岸線を鳥フル侵入で警戒
 オーストラリア、北部海岸線を渡り鳥による鳥フル侵入警戒のためパトロールしている。
・Minister of Trade Says Chicken in Markets Are Healthy Tempo Interactive (インドネシア) インドネシア通商大臣、市場の鶏は健康と
 通商大臣は市場で売られている鶏は鳥フルウイルスに感染していないと談話。理由は鶏は動物の中でもウイルスに感受性が高く、もし感染したなら早急に死亡するからである、と説明した。
・Indonesia says 17 under observation for birdflu Reuters (国際) インドネシア、鳥フル疑いで観察中の患者17人に
 鳥フル疑いで入院中の患者は17人と23日当局は報告した。そのうち9人はラグナン動物園に行った既往があると言う。
・USA Not to Issue Travel Warning Tempo Interactive  (インドネシア) 米国、インドネシア入国に警戒報は出さず
 インドネシア米国大使館はインドネシア旅行に対して警戒報は出さないと発表。理由は人人感染の事実と恐れがないことからと説明された。
・APEC to consider birdflu threat Brisbane Courier Mail (オーストラリア) 鳥フル対策をAPECでテーマに
 オーストラリアと米国政府は鳥フルの世界的流行の可能性があることから、来るAPECの議題として取り上げ、その対策について話し合う予定した、とオーストラリア首相が語った。
・Airport screening unlikely to stop flu, SARS spread Reuters (国際) 空港でのスクリーニング検査は、SARSや鳥フルの拡大防止には無効と
 英国の、英国疾病予防機関Britain's Health Protection Agency (HPA)の研究者は23日、SARSや新型インフルエンザ流行の際の空港におけるスクリーニング検査は、流行の拡大には無効であろう、と発表した。
 SARSの場合、潜伏期間が長いから搭乗前のスクリーニング検査で患者が除外される確率は非常に低い。一方、インフルエンザのキャリアー(症状が出る前のウイルス感染者)は症状が出る2日前には感染性を保有している。
 科学者達はSARSとインフルエンザの潜伏期間から、患者達がフライトの間に症状を出す確率を計算した。

 低検出率

 2003年の流行で、8000人以上がSARSを発病し800近くが死亡した。それは感染者との濃厚接触で感染し、主に感染者の咳やくしゃみで感染する。
 世界の保健担当者は、数百万人者もの犠牲者をだす可能性のある新型インフルエンザが、いつ発生してもおかしくはないと言っている。彼等は現在アジアで流行中のH5N1鳥フルが新型インフルエンザとして流行することを警戒している。
 彼等はSARSの5〜12日という長い潜伏期間では、ほんの少数の患者しか検出できないと言う。
 10時間に渡る東アジアからのフライトでは、最大で21パーセントのSARS患者しか検出されないと予想される。
 一方、インフルエンザの潜伏期間は1〜2日とSARSに比較して短い。研究者らは、もしインフルエンザに2日前に罹患した人々が10時間のフライトの間に症状をだす確率は50%と計算するが、実際のフライト時間はもっと短い場合が多いから、実際の検出率は10%程度と結論する。
 インフルエンザ感染者は症状発現の1、2日前には他人への感染性を有している。SARSに関しては不明である。
 ”極東やオーストラリア周辺からのフライトでは患者を発見する確率は高くなるが(フライト時間が長いから)、それでも感度は期待される程高くはないだろう”、と研究者らは論文の中で語っている。 (HEALTH-SCREENING)
・Australian firm to start trials of birdflu vaccine Reuters (国際) オーストラリア製薬企業、人用鳥フルワクチンの臨床試験を開始と
 オーストラリアの製薬会社 CSL Ltdは、来月から人用鳥フルワクチンの臨床試験を開始すると発表。22日に政府はアジアで流行中の鳥フルに対する警告を旅行者に出したばかりである。
 CSL Ltdは人の血漿製剤のトップメーカーであるが、スポークスマンは400にんのボランティアで臨床試験を行い、結果は今年度末には得られるだろうと発表した。
・International Agency Calls BirdFlu Endemic in Indonesia Washington File (press release) 国際機関(FAO)、インドネシアで鳥フルが流行と
 インドネシアの病院で鳥フル疑い患者が増加してきているのを受けて、FAOは2億4千万人以上もいる人口密集国で鳥フルが流行してきていると声明を出した。
 ”鳥フルはインドネシア国内で流行しており、それは拡大しつつある”、とFAOの獣医学責任者は22日記者会見で語った。
 インドネシアは家禽におけるH5N1発生を216カ所で生じているが、それはベトナムとタイに続いて多い。
・Suspected birdflu patients in Indonesia visited infected zoo ... Radio Australia (オーストラリア) 動物園訪問客3人が鳥フル感染疑いで入院
 インドネシアの鳥フル感染患者専用病院 Jakarta's Sulianto Saroso Hospitalの医師は、ジャカルタのレグナン動物園へ18日入園した人3人が鳥フル感染疑いで入院中と語った。
 現在疑い患者が13人入院中で、21日の9人から増加したと言う。
・New birdflu case in Indonesia Radio Australia (オーストラリア) インドネシアで新たに鳥フル感染が確認
 WHOはインドネシア政府が、新たに鳥フル感染確認事例が出たと報告したと発表。
 WHOの説明によると8歳の疑い患者の検査結果が香港の研究所出され、H6N1感染が確認されたと言う。
 インドネシア健康省当局者によると他の疑い例に関しても検査中であると言う。
 WHOは今のところ人人感染の根拠は得られていないと発表。
・WHO cautious over birdflu outbreak TVNZ (ニュージーランド) WHO、インドネシアの(人)鳥フル多発に注意を喚起
 インドネシア政府は22日、新たな感染者を発表したが、WHOの専門家は感染者数の増加は必ずしもインドネシアでの状況が悪化していることを意味しないと説明した。彼等はまた、ウイルスが容易に人人感染を起こすようになったという証拠は、いまだないと言った。
 インドネシアにおける鳥フルに対する警戒感は、4人が死亡し、さらに2人が疑いで死亡し(検査結果待ち)、そのほかに11人が疑いで入院している状況から、強まってきた。
 WHOは22日、インドネシア政府が新たに8歳の少年が、H5N1ウイルスに感染していることが確認された、と報告したことを発表した。検査は香港の研究所で行われた。
 WHOのインドネシア代表であるGeorg Petersen氏は、新事例が確認されたけれども、ウイルスが人での流行を引き起こすタイプに変化した証拠はないと説明した。
 WHOの鳥フル対策特別代表であるマーガレット・チャンは22日同様に、ウイルスが人に容易に感染するように変異した兆候は無いと語った。
    ”今の所、ウイルスが人人感染の機会を増したという証拠はない”、とチャンさんは電話でシドニーからロイターに答えた。シドニーへはニューカレドニアのヌメアのWHO会議に出席していた。
   しかし、Petersen氏は、非常に濃厚に感染者に接触すると感染するかも知れないと言った。
 ”それ故、病院は十分な感染防御対策をとる必要があるのだ。…しかし感染の危険性は非常に濃厚に接触した場合だけだ”、と彼は言った。
 Petersen氏はさらに、7月にジャカルタ郊外のTangerang で発生した父と二人の娘が死亡した事例は”家族内感染”だったかも知れない、とも付け加えた。
 タイで2004年9月に26歳の母と娘が人人感染した可能性があるが、この場合、母親が頻回に娘の顔に自分の顔を近づけていたことが原因とされている。
 インドネシアの事例はジャカルタかジャカルタ近郊で起きているが、チャンさんは、疑い患者の増加は、流行が必ずしも起きていることを意味しないと語った。
 ”監視体制が強化されたので、多くの事例が見つかることは珍しいことではない”、とチャンさんは説明する。

 鳥フルは2003年以来アジアで64人の犠牲者を出し、その後ロシアとヨーロッパでも発見されている(家禽や野鳥で:訳者)。

 高度の警戒が必要

    Petersen氏は、インドネシアで死亡した患者から分離されたウイルスは、アジアで数百万の鳥を死亡させたウイルスと同じか類似したものだと言う。
 ”37歳の女性から分離されたウイルスは、今のところ従来の「鳥型ウイルス」と思われる。だから現在ウイルスが変異したとは考えられない”、と同氏はインドネシアで4人目となる37歳女性の死亡に関して説明している。
   インドネシアの健康省は22日、2歳の少女が鳥フル症状でジャカルタ市内で死亡したことを発表した(検査では未確認:訳者)。
 11人の患者がジャカルタの鳥フル患者専用病院で現在観察中である、と健康大臣はこれまでの数の10人が増えたことを語った。
 インドネシア当局は21日に死亡した5歳少女の香港の研究所での検査結果を待っている。
 インドネシア健康省の疾病コントロール部門の責任者は、11人の疑い患者の中でH5N1ウイルス検査結果が陽性であったのは、今のところ死亡した37歳女性と関連した患者(甥:訳者)だけと言った。
 インドネシア政府は、地方紙で報道される鳥フル感染者の発生に過剰に心配しないよう、国民に呼びかけた。19日に政府は非常事態宣言を出し、当局に患者収容の権限などの法律を制定している。
 WHOは先週、鳥フルが人人感染を生じやすいタイプに変異しつつあることを警告し、世界は警戒体制を敷く時間的余裕はそれほどないことを発表した。
 国連の健康担当当局は、ジャカルタ当局と共に抗インフルエンザ薬であるタミフルの備蓄に協力している。
・Indonesian avian flu case confirmed, could be human-to-human ... CBC News, (カナダ) インドネシアで確定された事例は人人感染の疑いが濃厚、WHO否定せず
 WHOは22日インドネシアでさらなる鳥フル感染人の事例を確認した。
 ジュネーブのWHO本部のスポークスマンは、16日に死亡した37歳の甥にあたる8歳少年が、同様にH5N1ウイルスに感染して治療を受けていることを発表した。少年は回復しつつあると言う。
 ”二人の間に共通の感染源があった可能性はある。しかし…、もう少し時間が欲しい。我々は人人感染を除外できない”、とWHOの報道官であるマリアー・チェングさんは語った。
 ”我々は十分な情報を今持っていないので、確定的なことは言えない”。
 37歳女性は8月31日に発病し、9月6日に入院した。そして10日に死亡した。
 彼女が如何にしてウルルスに感染したから不明だが、彼女が家禽屠殺場近くに住んでいて、また近隣で鶏やアヒルを飼っていた事実はある。彼女の甥は彼女と一緒に住んでは射なかった。そのようにWHOの伝染病対策部門のチェングさんは説明する。少年は9月17日に入院した。
 二人から分離されたウイルスの遺伝子解析が行われているが、その結果により詳細が確定されるかも知れない。結果は来週になるだろう、とチャンさんは語った。
9月22日


・Vietnam Gets Donation of BirdFlu Drug Dateline Alabama (米国) ベトナム、抗鳥フル薬の提供を受ける
 ベトナムは台湾からタミフル60万錠の提供を受けた。そして7万錠を国家の備蓄として購入する予定にしている。
・Birdflu alert unchanged despite Indonesia: WHO RedNova.com (米国) WHO:インドネシア状況は、鳥フル警戒情報レベルに変化は及ぼさず
 鳥フルで4人が死亡し、10人が疑いで入院中のジャカルタの状況は、必ずしも鳥フルが流行し始めて来たことを意味してない。WHOの警戒レベルには変更はない。インドネシア政府が警戒体制を強めていることから、新たな患者が発見されているだけで、人人感染を生じている根拠は見つかっていない。22日、WHOはそのように発表した。
・Jakarta says another dead girl had birdflu symptoms Reuters (国際) インドネシア政府、もう一人の死亡した少女は鳥フル症状を呈していたと
 昨日死亡した2歳の少女は、政府が指定した鳥フル患者用病院へは人工呼吸器が不足している理由で入院を拒否され、他の病院へ入院したが、症状は鳥フル様であったと、健康大臣は記者会見で発表した。検査の有無などについては言及しなかった。
・Five-Year-Old in Samarinda Suspected of Suffering from FluBird Antara (インドネシア国営通信) インドネシア、サマリンダで5歳少女が鳥フル疑い
 サマリンダのAW Sjahranie病院に5歳少女が鳥フル様症状で入院していることが当局から発表になった。少女は他病院で10日前から肺炎として治療されていたが、施設的な不備があるため転院された。担当医の話では鳥フルと診断は可能であるが、詳細はジャカルタに送った血液検査結果によって決定すると言われる。
・Ten under birdflu watch in Indonesia Seven.com.au (オーストラリア) インドネシア、鳥フル疑いで10人隔離中
 インドネシア健康省の疾病対策室の責任者は、現在11人の患者が鳥フル疑いで隔離治療中であると発表した。
・Indonesia's birdflu outbreak called a serious epidemic eTaiwan News (台湾) インドネシアの鳥フルは本格的流行に発展か
 インドネシア当局は少なくとも4人が死亡した鳥フルの発生を、流行が起きていると表現した。同時に農業省は感染地域における鶏の大量処分を決定した。
 昨日朝、5歳の鳥フル疑いの女児が死亡したが、H5N1ウイルス感染が確かめられたら5人目の死者となる。
 健康省大臣は”この状態は流行が生じていると呼べるかもしれない。感染源が不明なので犠牲者はさらに増える可能性がある”、と語った。
・Study: Flu shot not as effective in elders Aberdeen American News (米国) 研究発表:インフルエンザワクチンは高齢者にそれほど有効ではない
 米国CDCの研究チームが英国の医学雑誌ランセットに本日発表。
 これまでの関連論文30近くを分析しての結果。27%病院での死亡率を下げる。以前から想定されていたほどの効果ではない。施設に入っているほど効果が認められる。それは早期に診断とケアが可能だからと言われる。
 この研究を受けてWHOのコメントは、有効であるという多くの論文もあり、高齢者へのワクチン接種の勧奨に変更は無いという。
・Vietnam to stock birdflu drug, boost surveillance Reuters.uk (英国) ベトナム、タミフルの備蓄へ、全土の病院での警戒態勢を強化
 ベトナム政府は、冬の到来前に60万錠のタミフルを購入予定、さらに全土の800の病院での監視体制を強化、と発表。
・WHO tries to dial back concern over possible avian flu cases in ... Brandon Sun (カナダ) WHO本部スポークスマン、インドネシアでの鳥フル流行の可能性を肯定せず−−現在は流行分類の第三相(フェース3)と評価
 WHOのスポークスマンである、Thompson氏はジュネーブで、インドネシアでのH5N1鳥フル流行の可能性について、現時点では根拠はないと、流行発生を肯定しない発言をした。今週末に検査結果が出るからそれまではコメント出来ないと付け加えた。さらに多くの類似の感染症があり、それらと鳥フルが混同されている可能性があるから、診断は慎重に行う必要があるとも付け加えた。
 WHOは流行状況を6区分に分類している。現在はフェース3と考えており、流行の可能性あるウイルス株の人人感染は見られないか、または散発性に起こっている状態とされる。フェース4の状態は、人人感染が起きている集団がいくつも発生地域に見られる場合であるとされている。
・Deaths cause bird-flu fear in Indonesia Aberdeen American News (米国) インドネシア、さらなる死亡者の発生で鳥フル流行の脅威
 (AP通信、全米で掲載):インドネシア政府は、鳥フル疑いでさらに2人の小児が死亡した後、鳥フル流行(人での)の危険性から大量の鶏を殺処分することを発表した。
 2歳と5歳の少女が死亡したが、政府は本格的流行の危険性への対策に乗り出した。もし2少女の死がH5N1鳥フルであることが確かめられたなら、7月以来インドネシアでの鳥フル死亡者の数が6人となる。また現在ジャカルタの感染症専門病院に入院して、鳥フル疑いで治療中の患者は9人いて、H5N1鳥フルの流行(人における)の危険性が高いと考えられている。
・2 Studies Question the Effectiveness of Flu Vaccines New York Times, (米国) インフルエンザワクチンと抗インフルエンザ薬(タミフル)はそれほど効果はない:英国医学雑誌ランセットに2論文
 本日発行の英国の世界的医学雑誌ランセットにインフルエンザ治療薬の効果に関する2論文が掲載される。一つはインフルエンザワクチンに関する研究で、これまで37年間のデータをもとに、ワクチンの効果は最もよく評価したとしても些細な程度で、むしろ高齢者では副作用が目立つ、という結果が得られている。
 一方、もう一つの研究では、アマンタジンが2000年以降、特に2002年以降インフルエンザウイルスに対して無効になってきているとの結果を得ている。理由としてSARS以降アジアでは、風邪に多くの安価な抗インフルエンザ薬(アマンタジン)が投与されてきていることを、挙げている。
・US BirdFlu Scenario Envisioned WCCO, (米国) 米国で鳥フル流行時のシナリオ
 170万人の死者が出る可能性
・Expert: US BirdFlu Pandemic Would Kill Millions NBC 17.com (米国) 専門家、鳥フル流行で数百万人が死亡の可能性
 米国ミネソタ大学のMichael Osterholm博士の談話:鳥フルが流行した場合、ハリケーンのカテリーナ以上の死者数、専門家の予想によると米国で170万人が死亡する可能性がある。米国政府も鳥フルの危険性を認識し、今週初めにブッシュ大統領も対策強化の必要性を発表している。 
9月21日

・Birdflu kills two young girls in Indonesia USA Today (米国) インドネシアで、2少女が鳥フルで死亡
・Indonesia warns of birdflu epidemic risk Boston Globe, (米国) インドネシア、人での鳥フルが流行の危険性と−−2女児が死亡
 インドネシアで少なくとも4人を死亡させた致死的鳥フル(H5N1)が早急に流行し出す可能性があることを、21日2名の女児が鳥フル疑いで死亡した後、インドネシア衛生省は声明を出した。
 鳥フル疑いで死亡した女児は5歳と2歳である。最終診断は香港で行われる血液検査で確定する。
 {全米ニュース}
・Indonesia: Birdflu may become epidemic Newsweek (米国) インドネシア:鳥フルが流行の可能性
 インドネシアは21日、人口の密集した首都ジャカルタで鳥フルが流行と表現し、世界中から保健医療専門家と獣医関係者がジャカルタに対策のために集まった。
・Indonesia Warns of BirdFlu Epidemic Risk ABC News  (米国) インドネシア、人での鳥フルが流行の危険性と−−2女児が死亡
 インドネシアで少なくとも4人を死亡させた致死的鳥フル(H5N1)が早急に流行し出す可能性があることを、21日2名の女児が鳥フル疑いで死亡した後、インドネシア衛生省は声明を出した。
 鳥フル疑いで死亡した女児は5歳と2歳である。最終診断は香港で行われる血液検査で確定する。
・BirdFlu Outbreak Could Become Epidemic New York Newsday (米国) インドネシアの(人での)鳥フル発生は流行に発展する可能性ある
 インドネシアで少なくとも4人の犠牲者をだした鳥フル(H5N1)は早急に流行に発展するかも知れない、と健康大臣が発表した。同時に農業省は感染した鶏や豚の大量殺処分の計画を発表した。
 5歳の女児が鳥フル疑いで21日早朝に亡くなって以来、政府は鳥フルに対する社会的不安の沈静化に乗り出した。
 {全米ニュース}
・WHO ready to open stockpile of birdflu drugs in case of a ... Jakarta Post (インドネシア) WHO、鳥フル(人での)流行に際していつでも備蓄タミフルを提供可能と
 インドネシアで5歳の少女が鳥フル疑いで死亡し、それを受けてインドネシア健康大臣がインドネシアでの(人での)鳥フル流行の可能性を発表した後、WHOの西太平洋事務所の尾見長官が、いつでも流行が発生した地域にタミフルを供給出来る体制にあると発表した。
・Indonesia says birdflu outbreak an epidemic Reuters (国際) インドネシア、(人での)鳥フルが流行と発表
 インドネシアは21日、人口の密集した首都ジャカルタで鳥フルが流行と表現し、世界中から保健医療専門家と獣医関係者がジャカルタに対策のために集まった。
・Indonesia fears birdflu epidemic BBC News (英国) インドネシア、鳥フル(人での)の流行の恐れ
 インドネシア健康省は本日、少女が鳥フル疑いで死亡したことから、まもなく(人での)鳥フル流行に直面するかもしれないと発表した。
・Indonesia says birdflu outbreak an epidemic ABC News (米国) インドネシア、鳥フル(人での)流行と表現
 インドネシアは21日、人口の密集した首都ジャカルタで鳥フルが流行と表現し、世界中から保健医療専門家と獣医関係者がジャカルタに対策のために集まった。
・Indonesia faces birdflu epidemic - health minister Forbes (国際) インドネシア健康省(衛生省):インドネシアは(人での)鳥フルが流行と位置づけ
 インドネシアの健康大臣は、本日鳥フルの可能性の高い患者が死亡したことから、インドネシアは鳥フル(人での)の流行に直面している、と発表した。
 ここ2カ月以内に4人の死が確認され、ウイルスが変異して人に対する致死的存在になった可能性が、国際的に危惧されている。
 ”この状態は流行として位置づけられ、その感染源を特定出来ない限り、さらに他の感染者が発生するのは確実だ”、と健康大臣は記者会見で語った。
 H5N1鳥フル株は2003年以来東南アジアで63人の死亡者を出している。その多くはベトナムであるが、保健医療専門家達は世界に拡大するようになったなら、数百万人の犠牲者を出すと警戒している。

 5歳の少女が鳥フルの症状で死亡したのがもっとも新しい事例である、と Sulianti Saroso病院の副院長は本日語った。
 患者は昨日入院して、今死亡した、と彼は語った。少女はジャカルタの個人病院から移送されたようだが、副院長はさらなる詳細な話は断り、また死亡原因は鳥フル(H5N1)と確定されたわけではないと付け加えた。

 しかし記者会見した健康大臣は、少女はウイルス性と考えられる急性肺炎で死亡し、致死的鳥フル株が原因であるかどうかは検査中であると説明した。
 先週金曜日16日、当局は37歳女性がインドネシアで4人目の鳥フル死者となったことを発表した。
 健康省当局は彼女の感染原因については明確な説明はしていない。しかしWHOのインドネシア代表は、彼女が多くの鶏やアヒルが飼われている地域に住んでいて、側には殺処分場すらあると言っている。
 7月にはジャカルタに住む父親と二人の娘達が鳥フルで死亡している。当局は感染した鶏の排泄物が感染源となった可能性があると説明している。
 今日死亡した5歳の少女は、病院で鳥フルの疑いで治療を続けてきた7人の患者の1人で、もっとも最近入院した患者である。
 残りの6人の患者のうち2人で検査上鳥フル感染が確認されているが、最終結果は香港の研究所に送った結果による。
 さらに残りの4人は臨床経過を観察中であるが状態は安定しているとされる。(診断は香港の研究所からの結論待ち:訳者)
・Foreign teams to help Jakarta tackle birdflu Financial Times (英国) 海外チームがジャカルタの鳥フル対策に協力
 ジャカルタでの鳥フル感染患者増加に関係して、鳥フルの世界的流行阻止のための国際的協力が始まった。
 米国政府はCDCと他の機関から調査チームをジャカルタに18日送った。それにより、米国の協力内容について検討すると大使館のスポークスマンは語った。
 オーストラリア当局は、WHOとインドネシア政府と可能な協力について話し合っている。内容は鳥の殺処分や抗インフルエンザ薬の備蓄などを含むと言われる。
・Girl dies with birdflu symptoms TVNZ (ニュージーランド) 鳥フル疑いの少女死亡
 インドネシアのジャカルタで、鳥フル症状で治療を受けていた少女が死亡したと病院の医師が発表した。政府が緊急事態宣言を出して二日後のことである。
 病院当局者によるとその5歳の少女は、他の病院で治療を受けていたが、20日にジャカルタの鳥フル患者対応病院へ入院jした。症状は重い肺炎で、鳥フルの症状と同じだったと言う。子供の家族は、彼女が死亡した鶏に接触したことを病院当局者に告げたと言う。
・Indonesia girl who had birdflu symptoms dies-radio Reuters AlertNet (インドネシア) インドネシア、鳥フル疑いで加療中の少女死亡
 ジャカルタの病院で鳥フルの症状で入院加療中の5歳の少女が21日死亡した。病院スタッフ談話として現地のラジオ放送が伝えた。病院は政府が鳥フル患者専用として用意しているジャカルタ市内の病院で、少女は昨日(20日)入院した。
・Indonesia Plans Mass Poultry Culling to Halt BirdFlu (Update1) Bloomberg  (国際) インドネシア政府、鳥フル流行拡大阻止のため、大量の家禽の殺処分へ
 インドネシア政府は、H5N1鳥フルで4人目の死者が出て10日経過した本日、もっとも鳥フルで動物が汚染されている地域の家禽と豚を殺処分することに決定した。
 政府はまた、所有している家禽の殺処分を拒否する農民達を罰する法律の立案も予定している。
 7月に感染した家禽の大量殺処分が計画されたことがあったが、農民達の反対と補償金不足から中止された。
 ”もし感染した鶏が20%越えたならば、農場の全鶏は殺処分される”、と農業大臣は話した。
 補償金は、ヒナに換算した価格と(豚の場合は子豚?:訳者)、3カ月間の餌代となる。
Better vet controls needed in birdflu fight -OIE Reuters (国際) OIE:抗インフルエンザ薬備蓄よりも、獣医学的体制の充実が先決
 20日、OIEは鳥フルに対して獣医学的体制強化を図る1億ドル戦略の方が、人に対して致死的な鳥フル流行を阻止するには有効であろう、と談話を発表した。
 各国政府は鳥フルが人人感染を起こすような大流行に発展した場合の事を考えて、数百万ドルもの予算で抗インフルエンザ薬の備蓄を行っているが、その予算の中から、いくらかでも動物の疾病発生監視体制と予防のための費用に回されるべきであると言う。
 ”もし疾病(鳥フル)が動物の間でコントロールされるならば、人での流行の危険性は数千分の一に減る。そしてその対策費用は少額で済む”、とOIE長官はロイターに話した。
 ”もし抗インフルエンザ薬に対する出費の十分の一でも、(動物における)疾病の撲滅対策に使うなら、それは極めて良い出費になるだろうが”。
 長官によると、ヨーロッパの多くでは獣学的体制は整っているが、アフリカなどでは整っていない。 鳥フルの動物における発生の監視体制作りのためにも、獣医学的体制の整備は必要である。そのための資金として、OIEでは1億ドルの出資を国際銀行、EU、米国に求めている。ジュネーブで11月7日〜9日に開かれる会議で基金の設立を呼びかける。長官はそのように説明した。
・Indonesia Moves To Contain BirdFlu WCCO (米国) インドネシア、鳥フル制圧へ対策強化
 インドネシア政府は20日、4人が死亡した鳥フル流行阻止のために非常事態宣言を出し、症状のある患者の強制入院などの対策強化に乗り出した。
 死亡者発生の他、7人がH5N1鳥フル感染の疑いで入院していて、その中の2人は、先日飼育している鳥の間でH5N1鳥フルが流行したジャカルタの動物園の職員である。
 採取された血液は香港の研究所へ送られ検査中である。
・Indonesia Vows 'Extraordinary Measures' To Contain BirdFlu Voice of America (米国) インドネシア、鳥フル制圧のための緊急事態宣言
 インドネシア政府は最近鳥インフルエンザ(H5N1)で4人が死亡し、7人が感染疑いで入院したことを受けて、非常事態宣言を出し、鳥フル制圧のための対策を強化した。
 インドネシアの新しい対策では、鳥フル症状(高熱、咳、呼吸困難)を呈する患者は強制入院させることが出来る。
 対策の強化はWHOの度重なる警告に基づいているようだ。
・鳥インフルエンザ感染、ジャカルタで拡大 特別警戒宣言 朝日新聞 (日本)
 インドネシア保健省は20日、ジャカルタの動物園で働く職員ら3人が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した可能性があると発表 ...
・マレーシア当局が鳥インフルエンザに対する警戒態勢を強化 MNN  (マレーシア)
 世界保健機関(WHO)が抗ウィルス薬を常備し鳥インフルエンザの流行に対する警戒態勢をとるよう各国に警鐘を鳴らしたことや隣国インドネシアで鳥インフルエンザが流行しているとの ...
9月20日

・World has slim chance to stop flu pandemic Washington Post (米国) 世界には鳥フル流行阻止の機会はそれほど残っていない
 下記のロイター通信と同じ内容。
・インドネシア、鳥インフルエンザ感染拡大防止へ対策強化 日本経済新聞 (日本)
 インドネシアのユドヨノ大統領は20日、ジャカルタ首都圏での鳥インフルエンザの感染拡大を防止するため、各保健当局に防疫体制強化を指示、感染対策費として ..
・Two More People Suspected of Having Contracted Avian Influenza Antara (インドネシア国営通信) インドネシアでさらに鳥フル感染疑い例が2名発生
 インドネシア健康省は鳥フル感染疑い患者がさらに2名発生して、計6名となったことを発表した。
 1名は行商人で、もう1名は先に鳥フルが発生sた動物園の職員である。
 6名のうち2名はすでに検査で確認されているが、6歳と8歳の子供である。残りの4名は経過観察中であるが、6名全員が北ジャカルタのSulianti Saroso病院(鳥フル専用病棟がある)で治療を受けている。
・World has slim chance to stop flu pandemic Reuters  (国際)世界には鳥フル流行阻止の機会はそれほど残っていない
 鳥フル流行が世界的に爆発した場合でも初期には少数の人々しか影響を被らないだろう。しかし鳥フルが世界的に拡大して数百万人の人々が死亡するのを防止できるのは、ここ数週間しかない。
 流行勃発の防止の機会は本当に制限されている。なぜなら破滅的感染症が確認されるのは、ウイルスがすでに数カ国以上に拡大してからなのだから。
 ワクチン製造には、流行が始まりウイルス株が確認されてから4〜6カ月要する。その間にはすでに数千人規模での死者が出ると予想される。流行が始まった地域へワクチン配布が間に合う可能性はほとんどない。
 以上は20日にHitoshi Oshitani(押谷仁)博士が描いたシナリオだ。彼はSARSが流行したときにその最前線で闘い、そして今、鳥フルとの闘いをリードしている人物だ。
 ”SARSは結果的に封じ込めが容易いウイルスだった”、とWHOのアジア伝染病対策の専門家(感染症監視・対応地域アドバイザー)でもある同博士は語る。
 ”流行が拡大しやすいウイルスの封じ込めは難しいし、一端流行が起きたなら、もしかしたら阻止は不可能かもしれない”、と博士はニューカドレニアのヌメアでで行われたWHO会議でロイターに語った。”この鳥フルの地理的拡大は歴史的に前代未聞のことだ”。
 誰も鳥フルの世界的流行がいつ起きるか予測できない。それは数週以内かもしれないし、数年先かもしれない。しかし全ての条件は整っている。後はウイルスが人から人へ感染するタイプに変異することだけだ。Oshitani 博士はそのように説明する。
 アジアの四カ国で2003年以来64人を死亡させたH5N1ウイルスのみが、世界的流行を起こすわけではなく、遺伝子構造が異なる他の鳥フルウイルス株も人の間に流行する可能性もあり得る。
 鳥フル感染人の事例がアジア中で発生し続けてきたが、今週インドネシアで鳥フル警戒報が出された。7月以来4人の人々が死亡したからだ。Oshitani 博士によると、12月〜2月までの冬期間に流行が加速する可能性があり、人の感染例が増えるに従い、ウイルスが変異する危険性が高まると言う。
 ベトナムとカンボジア、そしてインドネシアが家禽の数が多いことから鳥フル流行の可能性が高いと同氏は語る。
 流行が最初に確認されたなら、保健衛生当局は2〜2週以内に大量の抗インフルエンザ薬の投与を当該地域住民に行う必要がある。流行の初期の兆候を確認するならば、世界的流行への拡大を抑えることは理論的に可能とされている。Oshitani 博士はそのように説明する。
 科学者の評価では流行初期に30万人〜100万人の人々に抗インフルエンザ薬の投与が必要になる。しかし薬剤の備蓄量には限界がある。WHOは100万人分の抗インフルエンザ薬を本年度末まで受け取り、さらに200万人分を来年中頃まで受け取る予定になっている(スイスのロッシュ社からの提供:訳者注)。
 人用鳥フルワクチンが完全に開発されたとしても、生産量の制限から十分量のワクチンは手に出来ない。
 ”ちょうど今、我々は4〜6カ月で一定量のワクチンを開発し、製造可能だが、それは必ずしも十分速いことではない”、と Oshitani博士は言う。
 先週、フランスのワクチンメーカーのSanofi-Aventis社は、米国とH5N1ウイルスに対するワクチン製造を1億ドルで契約した。米国はまた、英国のグラクソスミスクライン社と84300人分の抗インフルエンザ薬(リレンザ)の購入を契約した。これらの発注は米国の計画である、2千万人分のワクチン確保、および2千万人分の抗インフルエンザ薬備蓄の一環となっている。
 Oshitani 博士は、初期のワクチンは世界的流行するウイルスには無効と考えられると言う。”ワクチンは流行しているウイルス株に適合させる必要がある。そうした理由で現在ベトナムで開発されたワクチンは無効と考えられる”、と彼は説明する。
 しかし同博士は、一端流行が始まったなら、世界の裕福な国が限定された量のワクチンを独り占めする可能性を心配する。
 ”もし流行が起きたとき、ワクチンをどのように配布すべきかは大きな問題だ。配布のルールはどこにもない”、と彼は語る。
 カンボジアやベトナムのような貧しい国がワクチンを手にすることは出来るだろうか?という質問に彼は、”多分出来ないでしょう”、と答えた。
 Oshitani 博士は、SARSのときのような措置、すなわち患者の隔離や国境における監視などでは、鳥フルの拡大は防ぐことは出来ないと語る。なぜなら感染した人々は早い初期には無症状だからだ、と言う。(無症状のまま移動して感染を広げる:訳者)。
 ”鳥フルの流行は季節的インフルエンザの流行のように発生してくるだろう。インフルエンザウイルスの感染性はSARS以上に強いのだ”、と彼は説明する。
・WHO official warns to prepare for birdflu World Peace Herald (米国) WHO事務局、鳥フル対策をとるように世界各国へ警告
 ”まだ時間的余裕があるうちに、我々は鳥フルの世界的流行に備えて為すべき事をする必要がある。また同時に我々は最悪のシナリオを想定して態勢強化を図らなければならない”、とWHO西太平洋事務所長の尾見茂氏は、ニューカレドニアのヌメア(Noumea)で開かれた西太平洋地域WHO総会で19日演説した。
・BirdFlu Shuts Jakarta Zoo Voice of America (米国) ジャカルタの動物園で鳥フルが発生、閉園措置がとられる

・Indonesia tests for avian flu at zoo after 19 birds infected by ... CBC News, (カナダ) インドネシア、動物園職員も鳥フル検査対象に
 鳥フルが発生したジャカルタの動物園で当局は職員からも19日採血し、H5N1鳥フル感染の有無を検査した。
・Two Zoo Workers Test Positive for H5N1 in Jakarta Indonesia Recombinomics (米国) ジャカルタの動物園、2名の職員も感染か
 当局の検査では2名の職員も血液検査でウイルスに感染していると確認されれた。2人は鳥フル患者用のSulianti病院へ紹介された。
・Indonesia Declares BirdFlu Extraordinary National Case Antara (インドドネシア 国営通信) インドネシア、鳥フル発生を国家的非常事態と
 インドネシア健康大臣は、先に4人が鳥フルで死亡し、さらに現在3人の子供が鳥フル疑いで入院治療を受けていることを受けて、インドネシアにおける鳥フル発生を国家的異常事態と宣言し、国民に警戒を呼びかけた。
9月19日

・Indonesia prepares 44 hospitals for birdflu Xinhua, (新華社、中国) インドネシア、国内の44病院で鳥フル患者収容体制に
 インドネシア健康省は国内44の病院で鳥フル患者の収容と検査・治療が出来る体制を敷くと発表。収容患者は隔離される。
・Indonesia to intensify fight against birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) インドネシア、ジャカルタを鳥フル警戒地域に指定
 インドネシア健康大臣は18日、鳥フルウイルスの流行が確認されたことから、ジャカルタを鳥フル警戒地域に指定した。
 先にジャカルタ近くのTangerang が父娘3人が鳥フルで死亡したことから警戒地域に指定されていた。
 ジャカルタでは動物園の鳥19羽から鳥フルウイルス(H5N1)が検出され、さらに伝えられるところによると3人が鳥フルに感染して治療中で、1人が観察中であると言う。
 (訳者注:正確には先週37歳の女性がH5N1鳥フルで死亡し、その後3人の小児が疑いで治療中である)
・Three Indonesian children hospitalized for birdflu symptoms Xinhua, (新華社、中国) 3インドネシア小児、鳥フル症状で入院加療中
 2名の小児が濃厚治療室で6日間治療中。さらに昨日日曜日に3人目が入院と当局は発表。3人とも高熱と呼吸障害が主症状と言われる。
・ジャカルタを警戒地域指定/鳥インフルエンザ疑い続出 秋田魁新報 (日本)
 高病原性の鳥インフルエンザ(H5N1型)で4人が死亡したインドネシアの首都ジャカルタで、鳥インフルエンザに感染の疑いがある子供の入院が相次ぎ ...
・Poor Asian farmers are weak link in birdflu fight Reuters AlertNet (英国) 貧しいアジアの農家は鳥フル対策に消極的
 ニューカレドニアの首都、ヌメア(Noumea)で開かれたWHO西太平洋地域年次総会で、貧しいアジアの農民達は、鳥フル発生を報告する動機付けがないのだと言う事実を、我々は認識する必要がある、とWHO西太平洋事務所長の尾見茂氏は語った。
 ”実際、報告することによって、彼等の家禽が保証なしに殺処分されるかもしれないという恐れは、報告する動機を失わせる”、と同氏は付け加えた。
 2003年に南中国と香港で最初に鳥フルが報告されて以来、数百万羽の家禽がアジアで殺処分され、多くの貧しい農家が生活を破壊された。
 WHOは鳥フルが発生したときには家禽の大量処分を提唱してきたが、いくかの国はそれに従ってこなかった。例えばインドネシアは家禽に対するワクチン接種を行い、鳥フル発生時の殺処分は、農家への補償金の予算がないため十分行ってこなかった。
 WHOは鳥フルウイルスが変異して人の間で感染し出し、世界的流行を引き起こすのは時間の問題であって、そうなったなら数千万人の犠牲者を世界でだす可能性があると警告してきている。以下省略。
・Viet Nam to import 260 million more doses of birdflu vaccine Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) ベトナム、家禽へのワクチン接種継続のため、さらに2億6千羽分のワクチンを輸入
 ベトナムは国内の全家禽へのワクチン接種を行ってきているが、これまで21の省と市で終了しているが、さらに継続するために2億6千羽分のワクチンを輸入すると発表した。合計3億8千羽分のワクチン量となるが、1000億VND(約7億円)の予算となる。
・CORRECTED - Two Indonesian children suspected of birdflu Reuters India (インド) 二入のインドネシアの子供が鳥フル疑い
 2人の小児が鳥フル疑いで治療中。1人が経過観察中と。3人の検体は香港の研究所に送って検査中と発表。
・Fear aids Tamiflu recovery Financial Times (英国) タミフル量産の可能性
 世界的鳥フル流行の危険性から、ロッシュ社ではいかに量産体制を作るか考慮中のようだ。
・US in talks to order record supply of Tamiflu Financial Times (英国) 米国、記録的な大量タミフル購入を計画中
 鳥フルの世界的大流行の危険性により米国は大量のタミフルの購入を計画している。約10億ドル(1100億円)と見積もられる。
 タミフルは治療にも予防にも効果を示し、米国のこのような動きがさらにタミフルを”鳥フルブロックバスター”化するかも知れない。
・Fear aids Tamiflu recovery Financial Times (英国) 
・Struggle to buy vaccine for birdflu Bangkok Post, (タイ) タイ政府:抗鳥フル薬の備蓄に苦慮
 タイ公衆衛生相のスーチャイ博士(Dr.Suchai)は、同国では75000人分のタミフルが用意されているが、鳥フル流行が生じたときには足りないため、さらなる備蓄を考えているが、製薬会社の方では要求に答えるのが不可能と判断している、と談話を発表した。同氏はまた、タイには他に抗インフルエンザ薬を10万人分備蓄しているが、単なる小流行なら間に合うが、国内全体で流行したなら不足するとも付け加えた。
 またスーチャイ博士は、鳥フル(新型インフルエンザ)流行勃発に備えて、東南アジアに抗インフルエンザ薬備蓄センターを設立するが、そこに自国の備蓄分の5%を他国における流行に備えて提供する予定と語った。近隣には流行発生に対して全く備えが出来ていない国もあると同博士は語った。
 英国や米国では少なくとも人口の17%は治療できるタミフルを備蓄しているが、東南アジアの中では、全く用意出来ていない国もある。
・Zoo closes after birdflu outbreak Scotsman, (英国) インドネシア:鳥フル発生により動物園閉鎖、さらに3人が感染の疑い
 インドネシアのジャカルタの主要な動物園で、飼われている鳥の19羽が鳥フルで死亡したため最低3週間の休園となった。
 また3人の患者がSulianti Saroso感染症病院で鳥フル疑いで治療中と発表された。詳細なる検査結果待ちと言われる。
・Two more birdflu cases suspected in Indonesia as Jakarta closes ... TODAYonline (シンガポール) ジャカルタでさらに子供2人が感染の可能性
 ジャカルタのラグナン動物園(Ragunan)で19羽の各種の鳥がH5N1鳥フルに感染していることが確認され10月17日まで閉園となったが、同時に2人の子供が鳥フルに感染している疑いがもたれていることが発表された。検体は香港の研究所へ送られている。

・Frantic race to develop quick test for birdflu Australian (オーストラリア) 鳥フル迅速診断キット開発の熾烈な競争
 鳥フルの世界的流行勃発前に、診断のための簡易迅速キットの開発が望まれているが、シドニーの研究者が加わっている国際研究チームにより、唾液で簡単に検査できる迅速キットが開発されており1年以内に実用化のめどが立ったと言う。現在のキットは診断まで数時間かかるが、このキットは現在のインフルエンザ診断キットと基本的に同じで、短時間で診断可能となる。キットが開発されたら空港などでの患者のスクリーニングにも有用とされる。
・ジャカルタの動物園閉鎖 鳥インフルエンザ感染で 河北新報 (日本)
 インドネシアのメトロ・テレビによると、首都ジャカルタ南部にあるラグナン動物園で18日までに、鳥類計19羽が鳥インフルエンザに感染して死亡したため ...
9月18日

・No New BirdFlu Cases In Humans In Thailand This Year Bernama (マレーシア) タイでは今年人での鳥フル感染例は無し
 タイ公衆衛生省の疾病コントロール局は、本年9月14日まで人での鳥フル感染例はないと発表した。しかしながら現在4省から7人が疑い例として経過観察中とのことのようだ。
 2004年度は17人で感染が確認され、12人が死亡していることから考えると状況は改善されていると考えられる。
・Birdflu could cause global economic catastrophe Independent, (英国) 鳥フル流行は世界的経済恐慌を引き起こす可能性
 英国ノッチンガムとカナダのモントリオール大学での研究結果から。
・Fifth H5N1 Case in Jakarta Indonesia Confirmed Recombinomics (米国) ジャカルタで5例目の鳥フル感染者が確認
 先に鳥フルによる死亡が確認された37歳女性の近隣に住む、6歳になる少年がH5N1鳥フルに感染している可能性が高いことが、インドネシア健康省から発表された。PCR検査はまだだが、血清の抗体検査で陽性と判断されたようだ。
・An Indonesian Child Likely Infected by Avian Influenza ANTARA, Indonesia's National News Agency (インドネシア国営通信) インドネシアの小児が鳥フル感染の疑い
 インドネシア健康省は鳥フル疑いで治療を受けている6歳少年の血液検査で、血清は鳥フル感染を示したが、PCR検査では陰性だったと発表。さらに別な方法でPCR検査を行う予定。
・鳥インフルエンザへ対策で国際会議を開催、カナダ CNN Japan (日本) 
 オタワ──カナダのウジャル・ドサンジュ保健相は15日、鳥インフルエンザへの対策を検討する国際会議をカナダの首都オタワで今年10月に開く計画を発表した。カナダ政府の主催で ...
・World too slow to respond to looming crises, FAO director laments Brandon Sun (カナダ) 世界は予想される危機に対して反応が遅すぎる、FAO長官が嘆く
 鳥フル(H5N1)に対して対策を緊急に講じれば、被害はある程度抑えられるはずだが、世界はあまりにも対策に乗り出すのが遅すぎる、とFAOの長官は16日語った。
・Wild Bird Deaths in Tuva Signal H5N1 Move to Japan? Recombinomics (米国) ツバ共和国での野鳥の死は、H5N1鳥フルが日本へ向かう兆候か?
 ツバ共和国での野鳥の死は、モンゴルの直北方に位置するロシア南部で、H5N1鳥フルが拡大している兆候と見られる。モンゴル共和国はWHOに鳥フル対策の協力を願い出た。また先週、ツバ共和国の隣のBuryattaで大量の野鳥の死が報告された。ツバ、Buryatta、および北部モンゴルでの野鳥の死は、野鳥の温暖地域への移動を示している可能性がある。(シベリアからより温暖な地域へ向かって野鳥が動いている証拠:訳者注)。
RecombinomicsのDR Nimanのコメント(訳者からの質問に対して):手紙全文
 自分はH5N1ウイルスが日本に拡大しているとしても驚かないが、まだそのような報告はないようだ。シベリアでは多くの種類の野鳥がH5N1ウイルスに感染したため危険性は増幅されている。今それら野鳥は温暖な地域へ向かっているが、日本もその飛行ルートに入っている。
・Tuva reports cases of deaths among wild birds Itar-Tass (ロシア) ロシア、ツバ共和国で野鳥の死が報告
 ロシアのモンゴル境界地域のツバ共和国のSharonur湖周辺で、カササギとアヒル2羽が死亡し、ロシア緊急事態省の専門家と疫学者達が調査を開始したと発表された。鳥フルと確認されたなら同地域で初となる。
9月17日

・Italy passes decree to prepare for birdflu Reuters.uk (英国) イタリア、鳥フル対策法案を可決
 イタリアの内閣は鳥フル対策のための法案を16日可決した。
 イタリアへ輸入されてくる家禽の監視体制の強化と、国内の家禽飼育場における鳥フルチェック体制の強化が中心となっている。
・Researcher: Bush pandemic warning too late United Press International  米国研究者:ブッシュ大統領の鳥フル流行への警告は遅すぎる
 米国の研究者の談話。
・Canada's Martin Says Flu Conference Will Show How UN Can Work Bloomberg カナダ首相、10月開催予定の鳥フル対策国際会議は、国連が対策に如何に動くかを協議するだろうと
 マーティンカナダ首相は、10月に開かれる予定の20カ国健康相参加による鳥フル対策会議では、国連加盟国がいかに自国民を鳥フルから守るかを協議すると語った。
・Govt to seek US help on birdflu Bangkok Post (タイ) タイ政府、鳥フル対策に米国の援助を求める
 タイにおける鳥フル研究体制、専門家育成などに関してタイは米国に援助を求める必要があることを、家畜担当局の高官が語った。
 タイには鳥フル検査を行える研究所が8カ所あるが、国際的基準を満たしているのは1カ所と言われる。また鳥フル調査を行っている疫学専門家は10人にも満たないと言われる。
・Low-dose birdflu vaccine tested on humans New Scientist (国際) 低濃度鳥フルワクチン(人用)の臨床試験
 フランスのワクチンメーカーは低濃度の鳥フルワクチンの臨床試験を開始する予定で、12月までに結果を出すと発表。
 フランスのSanofi Pasteur社の流行病研究部門の責任者であるAgnes Hoffenbach,氏は、結果は12月までに発表できるだろうと語った。
 今年初めに米国は同社の別のワクチンで臨床試験を行ったが、これらのワクチンはアジュバンンドを加えていない15〜45マイクログラムの通常のインフルエンザワクチンと同じ量であった。(アジュバント:ワクチンの中に添加して抗原による抗体産生の効率を高める物質:訳者)。
 New Scientistが先に報告したように、このときのワクチン量では十分な免疫の獲得は無理だった。
 8月に米国国立アレルギー感染所長のAnthony Fauciが、接種された人々が十分な免疫効果を得るためには、90マイクログラムの殺したウイルス量を含むワクチンを4週間感覚で2回接種することが必要なことを明らかにした。含むウイルス量(抗原量)は通常のインフルエンザワクチンの12倍となる。それは世界で1年に製造できるワクチン量が2500万人分しか出来ないことを意味する。(ウイルスを増殖させる限界があるから:訳者)。
 今回臨床試験予定の Sanofi Pasteur社では3.5マイクログラムの抗原量で行う予定と考えられている。もしそれが成功したなら、世界の1月のワクチン製造能力が4倍に跳ね上がる。
 こうしたワクチン開発で克服しなければならない障害は、公共投資の額、または最低限、ワクチンの発注の約束を得ることである。それなくしては製薬企業は大規模な臨床試験は行えない。これまでカナダ、オーストラリア、および日本がワクチン試験に対する公共投資の約束をしているが、いまだ実行はされていない。フランスは人口に十分なワクチン量の購入を約束している。また8月に英国は同社に問い合わせしてきたが、今のところ未決定だ。
 今週のマルタでの会議でドイツは2千万ユーロ(約27億円)のワクチン臨床試験資金の提供を約束した。また16日にはイタリアが3企業とワクチン発注の契約をしたが、そのとき5千万ユーロ(約70億円)の予算を組むと説明した。
 マルタでの会議で製薬企業の当局者は、ヨーロッパでは世界の70%のワクチンを製造しているが、米国がこれまで3億5千万ドル(約385億円)をワクチン開発と臨床試験に投資していることから考えても、ヨーロッパ諸国の投資額は非常に少ないと語った。
 ベルギーのワクチン会社であるSolvayの海外(世界)医学担当Bram Palache部長は、多くの国が(ワクチン発注に関して)契約することを決断する必要があるのだ。すでに雪玉は転がりだしているのだから、と語っている。

・Canada to host big October conference on avian flu Reuters (国際) カナダ、10月に国際鳥フル会議を開催
 
カナダのオタワで10月に鳥フル対策を話し合う、国際的大会議を開催する予定とカナダ健康相が伝えた。
9月16日

・More birdflu deaths 'inevitable' Scotsman (英国) インドネシア:さらなる鳥フルの死亡者が出る可能性
 インドネシア政府はH5N1鳥フルにより死亡した4人目の事例を確認した(先週死亡した37歳女性)。そしてさらに国内で発症者が出る可能性があると警告した。
 健康省はさらに死亡した女性の近所の人が鳥フル様症状で入院中と発表した。しかし検査結果はまだ出ていない。
・Commission co-funds surveillance of birdflu EurActiv.com (ベルギー) EU委員会、加盟国の鳥フル監視体制に助成
 EU委員会は加盟国の渡り鳥や家禽の鳥フル検査に50%までの助成をすることに決定した。来年1月まで。
・Vietnam reports no new birdflu human cases People's Daily Online (中国、人民網) ベトナム人事例の発生は9月以来無しと
 ベトナム健康省の副大臣は、9月以来人での鳥フル感染事例はなく、現在病院で治療中の鳥フル患者はいないと、発表した。地方新聞のSaigon Liberationが16日報道した。
・US Launches International Partnership To Fight BirdFlu All American Patriots (press release), (スエーデン) 米国、鳥フル対策に国際的協力関係の確立を提唱
 米国は鳥フルの世界的流行を阻止する目的で、医学的警戒態勢の強化を目的とした国際協力関係の樹立を正式に提唱した。それはブッシュ大統領が9月14日、国連での演説の中で国際協力の必要を語ったことを受けて、15日に米国とWHOがそのアウトラインをまとめた。
 協力関係は、流行に対する準備態勢、予防、疾病発生に対する社会的反応性、その治療などの強化が基本的理念となっている。
・Indonesia Says a 5th Person May Have Contracted BirdFlu Virus Bloomberg (国際) インドネシアで5人目の鳥フル感染者発生の疑い、先の死亡者との接触者
 先に死亡して、本日正式にH5N1鳥フル感染が確認された女性との接触者の中から、鳥フル感染が疑われる患者が発生したと、インドネシア健康相が本日発表した。(もし確認されたならH5N1鳥フルの人人感染例となる:訳者)。
・Indonesia confirms fourth human birdflu death Reuters (国際) インドネシア、4人目の鳥フル(H5N1)感染死を確
 インドネシア当局は、先週インフルエンザ様症状で死亡した女性がH5N1鳥フルウイルスに感染していたことが検査で確認されたと16日発表した。
・中米首脳会談をプラス評価 外交部報道官 人民網日本語版 (中国)
... 両国首脳はこのほか、朝鮮半島の核問題や鳥インフルエンザ対策、非従来型の安全保障問題を含む他の国際問題について踏み込んだ意見交換を行い、これら分野での交流 ...
・大流行予防へ国際スクラム/米、新型インフルエンザで  秋田魁新報  (日本)
 米政府は15日、新たなインフルエンザの世界的大流行を予防するため、日本など各国と協力態勢を構築、世界保健機関(WHO)などの国際機関も交えてワクチン開発など本格的な対策に乗り出すと発表した。…
・US children's hospital on frontline in birdflu war RedNova.com, (米国) 鳥フル戦争に際し(鳥フルの世界的流行勃発時:訳者)、小児病院は最前線となる可能性
 米国の小児病院における専門家の談話。
・Canada to host big October conference on avian flu Reuters AlertNet (英国) 10月に国際鳥フル会議がカナダで
 カナダは10月に世界的流行の可能性のある鳥フル(H5N1)に対し、いかに世界は対処すべきか論じ合う国際会議を開催することとなった。健康相が15日発表した。
 WHO長官は同日鳥フルウイルスは変異して人に感染性を有する可能性があることを示唆した。鳥フルはすでにアジアで60人以上の犠牲者をだし、さらにロシアとヨーロッパへ拡大した。
 ”我々は、世界各国が互いにどのような対策をたてているか情報交換を行い、そして協力し合って世界全体で警戒態勢を築くことが重要と考えている”、とカナダ健康相はロイターに語った。
 世界30カ国の保健医療閣僚とトップ事務官により、オタワで会議は開かれる予定となった。
・US buys $100 million of birdflu vaccine Macon Telegraph 米国、人用鳥フルワクチンを1億ドルで購入予定
 
先に国内の臨床試験で良好な成績を収めたフランスのSanofi-Pasteur 社が開発中の人用鳥フルワクチン(H5N1)に対して、米国政府は1億ドルで備蓄用ワクチンを購入することを決めた。購入ワクチン量に関しては不明である。
・UN health chief sounds alarm on birdflu Reuters India, (インド) 国連健康担当責任者、鳥フル警戒声明を発表
 ニューヨークでWHO長官は、鳥フル流行が始まってからでは遅すぎて、対策は効を奏さないだろう、と記者会見で15日語った。前日、ブッシュ米大統領は国連で鳥フル対策計画を発表したが、内容では世界各国と国連は協力しあって、鳥フル対策のための資源と専門家を集積すべきとされる。
・World leaders sound the alarm over potential avian flu pandemic TODAYonline, 世界の指導者達は鳥フル流行の可能性に対して警鐘を鳴らし始めた
 米大統領と仏首相は14日国連総会で鳥フルの世界的流行に対する警告とその対策の急務について演説した。
・French company to supply birdflu vaccine to US Xinhua, (新華社、中国) フランスの製薬会社、米国へ人用鳥フルワクチン供給へ
 フランスの Sanofi Pasteur社は15日、米国健康省と人用鳥フルワクチンの提供を1億ドルで契約したと発表。
TOP