海外報道抄訳集
随時更新中
9月15日

・German farmers in birdflu move Scotsman, (英国) ドイツ農家、鳥フル対策に
 ドイツの3州で農家に対し、渡り鳥からの鳥フル感染を防止するために、家禽の閉鎖的飼育舎内での飼育が求められた。
・Birdflu persists in Tyumen, Chelyabinsk regions ITAR-TASS (ロシア) ロシア:チュメニ、チェリャビンスクの両州で鳥フル流行が続く
 ロシアのチュメニとチェリャビンスクの両州では、9月9日から14日の間、鳥フル流行の改善兆候はないと、当局が発表した。
・US funds Vietnam birdflu surveillance network Reuters (国際)米国、ベトナムの鳥フル警戒システム構築に資金援助
 米国は今後5年間に渡り、ベトナムの鳥フル警戒システムの強化のために250万ドルの援助をすると15日発表。
・Birdflu virus registered in six Russian regions ITAR-TASS,  (ロシア) 鳥フルウイルス(H5N1)はロシア6州で確認
 鳥フルウイルス(H5N1)はロシア6州(アルタイ、チェリャビンスク、クルガン、ノボシビルスク、チュメニ、オムスク)の47居住地区で確認されている(公式情報)。
・One more rural community struck by birdflu in Russia's east RIA Novosti (ロシア) ロシア東部でさらに一居住区で鳥フル発生
 ロシア非常事態省は15日、ロシア南東部の村でさらに鳥フルが発生したと発表した。チェリャビンスク州(地図の赤い部分)のLugovoi地区の5家禽農場で39羽の鶏が死亡し、チェリャビンスクの家畜研究所で検査の結果H5N1鳥フルと確認された。同州では8月に3地域で鳥フル発生が報告されていたが、今月はこれまで報告はなかった。
      
・インフルエンザ流行に警告 中国の専門家 神戸新聞 (日本)
鐘医師は、世界的なインフルエンザ流行には20年から50年の周期があるが、前回の大流行から20年以上たっていると指摘。その上で、現在は鳥インフルエンザウイルスが状況を一段と ...
・米中首脳会談 冒頭発言要旨 産経新聞 (日本) 
一、われわれには協議すべきことがたくさんある。経済問題のほか、北朝鮮やイラン問題だ。さらに、鳥インフルエンザ対策での協力を確認したい。人権問題も取り上げる。 ...
・胡錦涛主席、ブッシュ大統領と会談 中華人民共和国大使館 (中国) 
... 両国元首は、鳥インフルエンザの予防・処理など世界の公衆衛生にかかわる問題についても意見を交わし、共に鳥インフルエンザの予防・管理と情報交換を重視すること ...
・Global flu outbreak may hit at any time Shanghai Daily (中国) 世界的インフルエンザ流行はいつでも起きえる
 中国科学アカデミーのメンバーでSARS対策の指導者であるZhong Nanshanは、現在の状況下では、世界的にインフルエンザの大流行がいつ起きてもおかしくはないと語った。
 同氏によると世界的鳥フルの流行は20〜50年ごとに起きている。そして現在は最後の流行から20年は経過している。
 より状況を最近深刻にしているのは鳥フルの流行ですある。そのように同氏は言う。もし鳥フルウイルスが変異したならより危険な状況になると説明する。
 今日我々は、鳥フルウイルスが人インフルエンザウイルスと合体して、より危険なウイルスが誕生するかどうかについては、いまだ結論を出すことは出来ない。しかし一人の人間が人と鳥のインフルエンザウイルスに同時感染したなら、非常に恐ろしい結果を招来するかも知れない。彼はそのように説明している。
・Vietnam starts nationwide poultry vaccination  Xinhua, China (中国、新華社) ベトナム全土で家禽のワクチン接種開始
 ベトナムにおける64地区のうちハノイとホーチミンを含む33地区で、15日鳥フルワクチンの接種が家禽に対して始まった。
 4750万ドル相当の2億6千羽用のワクチンが各地域へ配送された。
 ベトナム政府の最新の計画では家禽、主として鶏とアヒルに対するワクチンは遅くとも11月下旬まで終了する予定となっている。
 政府は当該省庁に鳥フル感染家禽の殺処分と、感染地域の隔離、そして感染地域からの家禽とその産物の輸送の禁止を強く求めている。
 地域家畜担当局によると南メコンデルタ地域では70%の水鳥がH5N1ウイルスに感染していると言う。
 鳥フルの新規発生防止、および人感染の早期発見のためにベトナム健康省はWHOに、国内800の病院における監視体制確立の援助を申し出ている。
・Europe urged to create influenza task force Reuters (国際) ヨーロッパ、インフルエンザ対策特別委員会の編成を急ぐ
 ヨーロッパの科学者、保健医療専門家、および政府代表者は、鳥フル流行に備えてインフルエンザ対策特別委員会(influenza task force)の編成をEUに求めた。
 ”今手を打たなければ、流行が到来したとき、我々は為す術を持たず、多くの死者を出すだろう”、と世界のウイルス学者のリーダー的存在であるAlbert Osterhaus博士が、マルタでの4日間に渡るインフルエンザに関する会議の閉幕に際して語った。
 インフルエンザ対策特別委員会の役割は、各国の行動計画の調整、ワクチンと抗インフルエンザ薬の製造、そしてその備蓄について監督、さらに各国当局と製薬会社間の調整、が挙げられる。オランダのエラスムス大学の教授で、ヨーロッパ科学者行動会議の座長でもあるOsterhaus博士は語った。
 保健医療専門家達は、世界的インフルエンザ流行の到来はすでにきていても不思議ではないと語る。アジアにおけるH5N1鳥フルが致死的株に変異して、1918〜1919年に流行したスペイン風邪(世界で2000万〜4000万人死亡と言われる)以上の猛威で、世界に再びインフルエンザ大流行を起こすことが警戒されている。
 会議には約800にん参加した。
・Less Virulent Strains Of Avian Influenza Can Infect Humans Science Daily (国際) 鳥フル低病原性株(H7N3)でも人に感染
 低病原性株であるH7N3鳥フルが流行した際に採取した人の血液から抗体が検出され、低病原性株も人に感染し、人のインフルエンザウイルスとの間で遺伝子組み替えを起こす可能性が示唆された。イタリアの研究チーム。
9月14日

・Flu 'would spread to UK in weeks' BBC News (英国) 鳥フルは数週間以内に英国へ到達するかも
 もしアジアでH5N1ウイルスが変異して、鳥フル流行が始まったなら、それは数週間以内に英国へ到達するだろうと、専門家は警告している。
 健康予防局(The Health Protection Agency)は統計的モデルを用いて、アジアで鳥フルが流行し始めた場合、どのくらい早くに鳥フルが英国に到達するかについて評価した。
 旅行禁止措置や空港でのスクリーニング検査は流行の拡大速度を減少させる効果がある可能性は示されたが、一旦ウイルスが英国に侵入したなら、ウイルスは容易に感染を広げるので、もはや為す術はないと説明した。
・Drugs plug gap as world awaits birdflu vaccine Reuters (国際) 鳥フルワクチン製造までの期間を抗インフルエンザ薬が役割を担う
 ロンドン(ロイター):科学者達は世界的流行の可能性ある鳥フルウイルスに対するワクチンの作り方は知っているが、問題はいかに十分量を作成出来るかである。
 鳥フルが(H5N1)がアジアからシベリアとカザフスタンに拡大すると共に、そのウイルスが人を標的にしだしていることが確認されると、保健医療専門家達はその拡大防止策を医学的手段に焦点を合わせだしてきた。
 ワクチンは数百万人の犠牲者を救うもっとも有効な手段である。
 しかし、現在の定期的インフルエンザワクチン製造量である年3億人分の量では、世界的インフルエンザ流行に対処するには不十分である。
 ”もし世界の全ての人々に対してワクチンを接種しようとするならば、現在の製造能力では不可能である。現在の製造量は基本的に西側諸国の65歳以上の人々を対象にした量だからだ”、と国際ワクチン製造協会の責任者であるChiron社の代表は語る。
 新しいワクチンの製造には時間がかかる。世界の貧しい国は対象から外される可能性が高い。
 現在ワクチン製造能力の90%はヨーロッパと北米に集中している。WHOは過去の経験から、各国は自国の需要が満たされるまでワクチンを輸出しない、と言う。
 さらに鳥インフルエンザウイルスが世界的に流行し始め、その株が同定されたとしても、その株に対してワクチン製造が開始され入手されるまで4〜6カ月要する。
 
 ワクチン入手までの時間稼ぎ
 
 ワクチン無しにインフルエンザの世界的流行を食い止めておく手段は、(現在)制限された量の抗インフルエンザ薬(ニューラミニダーゼ阻害薬)に頼るしかない。同薬はインフルエンザの症状の緩和と患者の回復の促進に有効と言われる。
 WHOは、抗インフルエンザ薬の使用はワクチン製造、そして他の流行拡大対策を確立するまでの時間稼ぎになると言う。WHOは最近、スイスのロッシュ社から300万人分のタミフルの提供を受けた。
 英国のグラクソスミスクライン社も同じように「リレンザ」の提供を申し出ている。
 望むらくは、インフルエンザ流行が勃発した地域で抗インフルエンザ薬を使用することにより、そこでの流行拡大の速度が減少することである。その間に科学者達はワクチン開発を急ぐことが出来る。
 最近得られている良いニュースとして、ワクチン製造に関わるいくつかの問題が解決されてきていることだ。
 世界的流行株に対するワクチンは、実際当該ウイルスを分離同定するまで製造不可能であるが、最近の研究によると、現在流行しているH5N1株に対するワクチンでも十分効果は期待できると言う。
 最も最新のワクチンであるフランスのSanofi-Aventis社の製品は十分人に免疫を付与することが確かめられた。米国に基盤をおくChiron社も秋にそのH5N1ワクチンの臨床試験を行う予定だ。さらにグラクソスミスクライン社は2006年に大規模な臨床試験を行う予定となっている。
 しかしながらノムラ製薬企業アナリストのMichael Leacockによると、それらの予定が計画通り進んだとしても7500万人分しか年に製造可能でしかなく、それは現在例年のインフルエンザ対策用に製造されているワクチン量の1/4に過ぎないと言う。
 そして、そうした新たなワクチン製造の着手は、例年製造されているインフルエンザワクチン製造を中止する必要がある。例年流行しているインフルエンザでも世界で25から50万人死亡しているのだ。
 H5N1鳥フルウイルスは2003年以来アジアで60人死亡させているが、専門家はそれは変異してより人に感染しやすくなり多数の人を死亡させる可能性があると言っている。

 鶏と卵

 ワクチン製造に関わる問題の多くはワクチン製造の扱いづらさからきている。すなわち受精卵中での(ウイルス)培養と、そこから限定された量しか抗原が回収されないことが大きな問題となっている。その抗原はワクチン投与したときに人の免疫システムを刺激するものである。製造可能抗原量の増加はそれ故非常に重要なこととなっている。
 現在開発されているワクチンの場合、問題は特に深刻だ。なぜならワクチンとして投与すべき一回の抗原量が、通常のインフルエンザワクチン以上に大量要するからだ。
 対処すべき方法として免疫賦活作用を有するアジュバントを併用する方法、ワクチン接種を筋肉内でなく皮膚(皮内:訳者)に接種する方法なども考えられる(皮内接種の方がワクチン効果が大きい、免疫原性が高い:訳者)。
 長期的に考えた場合の答えとして、良い技術の開発と鶏卵での製造をやめることである。鶏卵を用いるのは、鳥フル流行時には鶏の大量殺処分が行われる可能性があることから危険である。
 抗原増殖(ワクチンに用いるウイルス)を大きなステンレスの培養器で細胞培養を利用して行う方法は(鶏卵を利用しないで)、将来的方法として広く考えられている。
 しかし、先の Sanofi-Aventis社の責任者であり、世界のワクチン製造専門家のリーダーでもあるDavid Fedsonによれば、細胞培養によるワクチン製造方法は、この5年以内には実用的とはならないようだ。
・Indonesia takes tough stance on birdflu Independent Online (南アフリカ) インドネシア、鳥フル感染者発見に懸命
 インドネシア政府は、先に鳥フル疑いで死亡した女性と接触した可能性のある人の血液検査を行うと通達を出した。
 また同時にWHOはさらに患者が発生する可能性があることを示唆した。
・India to keep close watch on migratory birds for deadly flu TODAYonline, (シンガポール) インド健康相:鳥フル侵入警戒のため渡り鳥の厳重監視継続
 インドは、中国、カザフスタン、ベトナムなどから飛来してくる渡り鳥の厳重監視を続ける。健康相がそのように語った。
 インドでは鳥フルの発生報告はないけれど、それはやってきて一日で国内に広がることを覚悟しなければならない。そのためには適切に反応できるように体制を整える必要がある。インドの「Press Trust of India」はそのように大臣の説明を引用した。
・Harmless Virus May Aid in Knocking Out Deadly BirdFlu Newswise (press release) (国際) 鳥フル撲滅に無害なウイルスを利用


 無害なアドノウイルスを担体として利用した鳥フルワクチンの開発研究が、米国のPurdue 大学とCDCにより行われている。
 分子生物学者のSuresh Mittal博士と共同研究者は、人用H5N1鳥フルワクチン製造の新しい方法を研究している。国立アレルギー感染症研究所 (NIAID)からの160万ドルの研究費で、無害なアデノウイルスを担体とした新ワクチン製造方法が研究されている。
 現在開発中のワクチンは、最近いくつかの地域で分離されたウイルスに対して作成されているので、ウイルスが変異した場合は効果は期待できない。ウイルスの変異は容易に起きるので、絶えず迅速に当該ウイルスに対するワクチンを製造する必要がある、とMittal博士は語る。アデノウイルスを担体(運び屋)として使うと、製造速度も製造量も格段に上がるとされる
・Warnings on birdflu pandemic NEWS.com.au (オーストラリア) オーストラリア健康相:鳥フル流行を警告
 オーストラリア健康相のAbbott氏は、もしオーストラリアで鳥フルが流行したなら他のどの国以上の大惨事に発展する可能性があると、インドネシアで4人目の犠牲者がでた後に語った。
 同氏によるとオーストラリアは対策に1億6千万ドルすでに費やしているが、それでももし流行が起きたなら大惨事になるだろうと語った。同氏によると、新型インフルエンザの流行によりテロリストによって引き起こされる惨事以上の大惨事が起きえると警告した。
9月13日


・World 'unprepared' for pandemic Times of Malta (マルタ) 世界はインフルエンザの世界流行に対して準備出来ていない
 ヨーロッパを中心に世界中からインフルエンザ専門家がマルタに集まり、新型インフルエンザの話題を中心にインフルエンザの問題について、明日まで会議を開いている。その中でWHOのインフルエンザ対策責任者であるKlaus Stohrは、世界は新型インフルエンザ流行に対して対策が十分なされていないと発言した。
・Poultry farmers warned as birdflu spreads ic Wales (英国) 英国、家禽農家、鳥フル拡大を警戒
 指導的動物慈善団体は英国の家禽農家に対して、厳密なバイオセキュリティー対策をとって鳥フルの拡大を防ぐように求めた。
 一方、英国動物愛護協会も同様に厳格な鳥の輸入監視体制と、家禽と野鳥の密輸の取り締まりの強化を求めた。
・Residents worry over reports of birdflu Jakarta Post (インドネシア) インドネシア:鳥フルで死亡者発生に住民は感染を心配
 南ジャカルタのPetukangan Utara 近郊で鳥フル感染を恐れる住民が血液検査を受けに、一時的に設営されている健康センターに12日押しかけた。老若男女が血液採取を待つために並んだ。
 ”私は死亡した女性と何度も会った。それで私は血液を調べなければならない。私も感染しているのかどうか不安だ。娘達にも検査を受けるように勧めている”、と住民の一人は記者に語った。


・WHO expert aims to prepare world for birdflu Newsweek (国際) WHOの専門家、世界に鳥フル対策の強化を訴える
 下記ロイター通信の内容と同じ。
・Government Official Says BirdFlu Spread "A Time Bomb Waiting to ... Health Behavior News Service (国際) 米国政府当局者、鳥フル流行は時限爆弾のごとき存在と表現
 政府のトップ科学者は、12日、米国への”鳥フル拡大”はいつ爆発するか分からない時限爆弾に等しいと表現した。米国政府は今、懸命にワクチン開発と製造に乗り出している。
 ”鳥フルの世界的流行の脅威はすぐそこまで来ているが、それを数値で示す(いつ発生するか)のは不可能だが、少なくとも数年以内と言う表現よりも、もっと至近の表現が必要だ”、と国立アレルギー感染症研究所長の Anthony Fauci博士は語った。
・WHO's Chan aims to prepare world for birdflu outbreak Reuters (国際) WHO、鳥フル対策にはまだ時間的余裕はあると
 WHOのインフルエンザ流行対策責任者であるMargaret Chanさんは、数百万人者もの犠牲者をだす可能性ある鳥フルの世界的流行は差し迫っているが、それでも対策を講じる時間的余裕はあると語った。
 Chanさん(58歳)は1997年香港で鳥フルが人へ感染した際、香港健康省の責任者であったが、発生数日以内に香港の全鶏150万羽を殺処分してさらなる拡大を防いだ。
 彼女は鳥フルに対するワクチンの準備を急ぐように語る。各国政府が公衆衛生的緊急対策として、鳥フルによる発病者数と死亡者数、そして社会的、経済的ダメージを防ぐように準備する時間はまだある、と語る。
 しかしWHOや他の専門家達は、鳥フルウイルスは変異する可能性、または人のインフルエンザウイルスとの間で遺伝子組み替えを起こす可能性があるという。
 専門家達の憶測では、鳥フルの世界的流行で、世界の2500万人の人々が入院の必要が生じ、700万人が短期間のうちに死亡するとされている。"
・Russian experts to examine migration areas in search of birdflu RIA Novosti, (ロシア) ロシア専門家、渡り鳥での鳥フル検査を開始
 ロシアの専門家はOIEの代表者の協力の下に、渡り鳥の居住地域での野鳥の鳥フル検査を開始すると発表。
 またOIE長官は、OIEの専門家は各国が鳥フル発生の早期モニターシステムを確立することが必要であると語った。
・World Influenza experts convene in Malta Maltamedia Daily News (マルタ) 世界のインフルエンザ専門家、マルタで会議
 世界のインフルエンザ専門家がマルタ共和国で第二回ヨーロッパインフルエンザ会議を開いている。14日まで開催。会議はインフルエンザ流行とその世界的流行への拡大に対する対策について話し合う。
 専門家達によると、次の世界的に流行するインフルエンザとしてH5N1鳥フルがもっとも可能性が高いとされる。そのため専門家達は緊急に対策を講じる必要を訴えている。以下省略…。 

・First Jakarta birdflu death suspected Sydney Morning Herald (オーストラリア) ジャカルタで初の鳥フル死亡疑い事例が発生
 インドネシアで女性がほぼ間違いのない鳥フルで死亡したが、政府はWHOの流行の危険性の警告と、感染鶏の殺処分の勧めを無視している。
 女性は37歳で入国管理事務所で働いていた。住まいの側に鶏の屠殺場があるが、これまで鳥との接触の既往はない。
 健康大臣は人人感染の心配はないと語ったが、この事例の感染源については不明なようである。
9月12日

・FEATURE-S. China: perfect incubator for birdflu pandemic Reuters AlertNet (英国) 中国:鳥フルウイルスのための完全なる孵卵器
 中国広州の状況。各種鳥がケージに入れられ市場で人々と同じ空間に存在。ウイルスの感染が容易に種を越えて起きえる環境が用意されている。
・Birdflu subsiding in Russia RIA Novosti (ロシア) ロシアでの鳥フル下火に
 鳥フルは47居住地域(村落)で流行しているが、発生数は減少してきていると、当局は発表。また医師達は、この24時間に23500人を検診したが発病者は見つかっていない、と報告。
・Expect more human birdflu cases, WHO tells Jakarta Reuters India  (インド) インドネシア、さらなる鳥フル患者が発生の可能性も、WHO
 インドネシアで鳥フル疑いで死亡した女性の接触者調査でさらに患者が検出される可能性もあるかも知れない、とWHOは示唆した。
9月11日

・Another Indonesian suspected of having died from birdflu Radio Australia (オーストラリア) さらにインドネシアで鳥フル疑いで死亡
・Birdflu suspected in Indonesia woman's death Reuters AlertNet (英国) インドネシアで鳥フル疑いで女性が死亡
 
ジャカルタのインドネシア女性が当局によると鳥フル疑いで死亡した。11日にインドネシア健康省から発表された。
 患者は37歳女性で南ジャカルタの病院で10日夜に死亡した。9月6日から肺炎とインフルエンザ様呼吸困難で治療を受けていたという。
 検査の結果H5N1ウイルスに血清が陽性だったと言う。さらに詳細な検査が行われているようだ。

・Kiwi doctors in bird-flu vaccine breakthrough
Stuff.co.nz  (ニュージーランド) ニュージーランドの研究者達が鳥フルワクチン開発に貢献
 ニュジーランドの研究者であるRichard Webby とRobert Webster博士は、WHOの鳥フル対策の一環としてのワクチン開発N参加していて、米国における初期の臨床テストでは成功している。
9月10日

・WHO renews flu warnings; Thailand has more avian outbreaks CIDRAP (米国) WHO、再度鳥フル警告;タイで新たに鳥フルが発生
 9月8日のロイター通信内容。またタイであらたに4カ所で鳥フル発生した報告。
・Dutch Health Ministry Orders Flu Medicine WJLA (米国)  オランダ政府、抗インフルエンザ薬を500万人分備蓄へ
 オランダ政府はタミフルをすでに22万分備蓄しているが、さらに抗インフルエンザ薬を500万人分を備蓄予定とした。大半はロッシェ社のタミフルであるが他にグラクソスミスクライン社のリレンザも加わっている。半量が今年度中に、残りが来年末までに入荷する予定。タミフルの価格は、最終的に一人分37〜87ドルの間と言われる。
9月9日

・Health experts call for global animal surveillance SciDev.net (英国) 
 健康専門家(公衆衛生専門家)が世界的に動物の感染症監視体制を呼びかける−Science誌最新号
 オランダのエラスムス医学大学のAlbert Osterhaus o教授らのグループが、科学雑誌のScienceに発表。SARSや鳥フルなどの動物由来感染症対策のために、世界的な野生動物の監視体制と発見したときの迅速な対策が必要と。
・Birdflu pandemic will 'overwhelm hospitals' Stuff.co.nz (ニュージーランド) 鳥フルが流行したなら病院は患者を収容しきれないだろう
 専門家の判断では、もし鳥フルが人の間で流行しだしたなら、数千人の患者や死亡患者は家庭に置かれることになるだろう、と予測されている。
 健康省の公衆衛生長官のMark Jacobs氏は、鳥フルが流行したならニュージーランドが遭遇する最も大きな危機となるだろうと語る。
 ウイルスには3人に1人が感染し、だいたい16000人の人々が病院へ入院するだろうと予測される。
 Jacobs氏は、患者でフル回転状態になった病院は患者の増加に対応できなく、多くの患者は家庭で家族や友人により看護されることになるだろう、と語る。
 ”人々は自らを、そしてお互いに看病しあう必要がある”、と同氏は言う。
 新型インフルエンザ(多分現在の鳥フル:訳者注)は間違いなく流行するだろうが、いつなのかは明確ではない、と健康省では説明する。
 アジア中からロシア、カザフスタンへ広がり数百万羽の鳥に感染している鳥フルが(H5N1)が、世界的に人の間で流行を開始する可能性はいつでもある、と健康省は言っている。
 鳥フルは致死的であり発病したら多くの人を死亡させることは確認されている。しかし現在はそれほど感染力は強くない。
 健康省の作成した「国家的健康危機行動計画(National Health Emergency Plan)」では、(新型)インフルエンザ流行時には、重症患者以外は全て家庭で治療されることになる。この計画は数週以内に更新される予定だが、それによると公民館やホテルが病院の代わりに利用されることになる。
 患者は、患者で溢れかえった病院の代わりに家庭で療養することを求められ、彼等の病状は電話で確認されることになる。
 カンタベリー地域健康委員会医療担当責任者のNigel Millar氏は、新型インフルエンザの流行は国全体に医療サービスのあり方を、根底から考え直す必要性を迫ることになるだろう、と語る。
 ”我々は現実的にならなければならない。すなわち病院はもっとも重症な患者のために用意しなければならない。その決定はどこですべきか?”、と同氏は語る。
 同氏はいまだ未確定の多くが残っていると言う。”我々はまだ起きていない感染症、そしてそれがどのくらいの人々に発病させるのかも不明な感染症について議論しなければならないのだ”。
 1918年、主として若い人々、そして健康な人々を中心に新型インフルエンザ(スペイン風邪)は流行った。一方1968年の流行では高齢者や病弱者が犠牲になっている。
 ”我々は柔軟性ある計画を立てる必要があり、状況を迅速に改善させる作業内容が必要とされる”、とMillar 氏は説明する。
 健康省は、200人に上る子供達が(両親をインフルエンザで亡くし)孤児になる可能性があるし、職場では多くの長期欠席者が出るだろうと予測している。
 クライストチャーチ市のウイルス学者であるLance Jennings氏は繰り返し、ウイルスは急速に変異して人に感染しやすいタイプになる可能性があると、警告している。そして、海外で発生した流行は旅行客により数日以内にニュージーランドにもたらされるとも語る。
 ウエリントン大学医学部では、インフルエンザ流行の大きさを予報するシステムを使っている。これによると新型インフルエンザ流行により、ニュージーランドでは3700人が死亡し、16000人が病院での治療を必要とする。(ニュージーランドの人口は400万人:訳者)
 カンタベリー地域では高齢者が多いため犠牲者の数は相当数に上る可能性がある。計算では400人が死亡し、1800人が入院の必要性が出る。”これらの数値は最近の病院の収容能力を超えている”、とシステム研究者のNick Wilson氏は語る。
9月8日


・German states fearing birdflu put poultry in pens Reuters AlertNet (英国) ドイツの2州で家禽の屋外飼育を禁止
  Lower Saxony と North Rhine Westphalia の2州で、渡り鳥が多く集まる地域での家禽の屋外飼育を禁止する通達が出された。9月15日から効力。
 ロシアと中央アジアからの渡り鳥により、H5N1鳥フルがヨーロッパに拡大してくる恐れがある。しかしEU委員会はその可能性は低いと判断し、オランダで行ったような家禽の屋外飼育の禁止措置は必要ないと判断している。
 消費者が屋外飼育の鶏の卵と鶏肉を求める傾向が強く、ドイツでは家禽の屋外飼育が盛んに行われるようになってきていた。
・UK drug maker buys vaccine firm Boston Globe (米国) 英国の製薬会社、カナダのワクチンメーカーを買収
・Glaxo will buy vaccine-maker Philadelphia Inquirer, (米国) グラクソ製薬ワクチンメーカーを買収
 英国のグラクソスミスクライン社は、カナダのワクチンの75%を製造しているカナダのワクチンメーカーID Biomedical Corp., を14億ドルで買収。
・Glaxo to Buy Canada's ID Biomedical for $1.4 Billion (Update6) Bloomberg (国際) グラクソ製薬、カナダのワクチンメーカーを買収
 ヨーロッパ最大の製薬会社であるグラクソスミスクライン社は、カナダのワクチンメーカーである ID Biomedical Corp.を14億ドルで買収した。鳥フルに対するワクチンの需要が高まってきていることが理由だ。
・$3.5 million needed for birdflu vaccine RIA Novosti (ロシア) ロシア、鳥フルワクチン製造に350万ドル必要と
 ロシア科学者による談話
・Birdflu confirmed in 47 Russian settlements RIA Novosti (ロシア) ロシア、47居住地区(村落)で鳥フル流行を確認
 7日、ロシア当局は47居住地域で鳥フル流行が確認されており、他に80地域で疑いがあるため観察中と発表した。
 数値はは9月5日の報告と変わらない(訳者)。
・Japan plans to cull 1.5 M chickens to curb birdflu outbreak Food Consumer (国際) 日本、鳥フル対策で150万羽の鶏を殺処分の予定
 9月6日の朝日新聞の記事の簡潔版
・Birdflu pandemic a question of when, not if -WHO Reuters (国際) 鳥フルの世界的流行はいつ発生するかが問題で、起きるのかどうかと考える時期は過ぎ去った。
 スリランカの首都コロンボで開かれたアジア健康省サミットで、WHO事務局と関係高官は会議後記者会見を行い、下記のような談話を発表した。

 以下要約:
 ・鳥フルウイルスは、人人感染を生じるタイプに変異する可能性を否定できない。もしそのような状態になったなら、簡単に遠距離に人を介して広がるだろう。そして100〜700万人の人々が世界で死亡するだろう。
 ・我々は鳥フルが世界的流行する最後の段階に立たされている可能性がある。
 ・鳥フルが世界的流行するかどうかの問題を問う時期は過ぎ去り、今は、いつ生じるかを懸念する段階なのだ。
 ・これまで東南アジアでタイだけが流行に対する備えを強化してきた。タイは抗インフルエンザ薬の備蓄を行っている。
 ・WHOはメンバー国と鳥フル対策について話し合いを続けている。
 ・鳥フルは今、ヨーロッパへ向かっており、また先週ベトナムで一人の犠牲者をだしている。アジアでの死亡者は合計63人となった(H5N1による死亡者はアジアだけではあるが:訳者)。
 ・ベトナムでは、2003年末にアジアで鳥フル(H5N1)が流行し始めて以来、44人が死亡しているが、そのうち23人は再度流行が始まった昨年の12月以降の事例である。
 ・タイで12人、カンボジアで4人、インドネシアで3人死亡し、さらにロシアの6州とカザフスタンでは14000羽近い家禽が死んだ。
 ・渡り鳥が世界中にH5N1鳥フルを拡大させる危険性があるが、その中でも冬期間を向かえているアジアは特に危険性が高い。
 ・いまや家禽に限定しての話ではなく、WHOは全ての鳥が感染する可能性を抱いていると警戒している。
 ・ロシアで渡り鳥からウイルスが検出されているが、これら渡り鳥は冬期間に入ると寒さを逃れてアジアへ飛来してきている。
9月7日

・European Union experts agreed new guidelines to help the bloc more ... TODAYonline (シンガポール) EUの専門家は鳥フル対策ガイドラインを強化
 下記のロイター通信の内容。

・EU sees tufted ducks, gulls as high birdflu risk Reuters (国際) EUは鳥フルウイルス感染渡り鳥を警戒
 EUの動物衛生専門家達は、鳥フル対策のガイドラインを作成した:野鳥の鳥フル診断方法、ウイルスを運んで来る可能性ある15種類の野鳥の紹介など。
 ガイドラインは渡り鳥の主要な飛行ルートと、野鳥と家禽が混在する可能性ある池のような場所に沿って、監視体制と検体採取について焦点を当てている。死んだ鳥と生きている鳥、両者が調査の対象となっているが、特に異常な死亡が認められた地域、明らかに流行病が発生している地域では重要な調査となる。これはEUの獣医学、ウイルス学、鳥類学の専門家が集まった会議の後に、声明文として発表された。
 鳥フルウイルスに感染している危険性のある野鳥は、ガンカモやマガモのようなよく見られる種類の他、アヒル( tufted duck)、北方タゲリ、そして何種類かのガチョウやカモメが挙げられている。
 EUの専門家達と委員会はこれまで渡り鳥による鳥フルの拡大の可能性は低く、オランダのように家禽を閉鎖飼育舎内で飼育するような規制は必要ないと考えてきた。
 今回集まったEU動物衛生専門家達は9月14日に再度ブリュッセルで会議を開き、EU25カ国が草案した鳥フル対策プログラムを評価する予定になっている。
 8月にロシア政府は鳥フル強毒株をシベリアとウラル地区の6州で確認した。それにより、14000羽の野鳥と家禽が死亡している。ウイルスはさらにカザフスタンへも拡大している。
 専門家の中には、冬期間に入り渡り鳥がEUへ移動してウイルスを伝搬する危険性を主張している人もいるが、EU委員会はその可能性は低いと判断している。
・Birdflu poses a threat to India, Bangladesh Business Standard (インド) 鳥フル、インドとバングラディシュへ拡大の危険性
 
国連機関FAOが警告している、シベリアからの渡り鳥によるH5N1ウイルス拡大可能性の情報。渡り鳥のルートから考えてバングラディシュは危険で、全インド地域もウイルスが持ち運ばれる可能性はあると言う。
9月6日

・WHO repeats warning of rapid birdflu spread TODAYonline (シンガポール) WHO、鳥フルの急速なる拡大を再度警告
 WHOは鳥フルが家禽から渡り鳥へ移り、それは世界的流行へ拡大する危険性があると繰り返し警告した。
 WHOの長官である Lee Jong-wook氏は、コロンボでのアジア健康省会議で、鳥フルウイルスが急速に拡大する恐れがあると語った。
 ”長官は鳥フルの世界的流行が差し迫っている可能性を警告した”、とジュネーブの本部は2日間の会議後に声明の中で説明した。
  Lee博士は、ウイルスの繁殖場所は家禽からアヒルへ移り、今は中国の渡り鳥がその役割を担っている。ウイルスが流行地域を拡大するに伴い、人が感染する機会が増えると語った”、そのようにWHO声明文は伝えている。
 WHOは、アジア諸国は迅速な感染者発見体制の確立、国際的に備蓄している抗インフルエンザ薬の迅速な配布、そしてワクチン製造能力のスピードアップを図るべきと言っている。
・Europe races to shore up birdflu defences Washington Post (米国) ヨーロッパ、鳥フル対策競争へ
 これまでのオランダ、英国、さらにフランス政府の対策などについて総説。
 
 オランダ:家禽の室内飼育舎内での飼育制限
 英国:医師達は鳥フルの世界的流行を悪夢として予想
 フランス:鳥フルのヨーロッパへの拡大防止には各国の協力が必要と、協力関係の構築を提唱。
    他
・Oulu seagulls died of common influenza, not birdflu Helsingin Sanomat (フィンランド) フィンランドのウル市でのカモメは通常のインフルエンザで死亡
 ウル市で100羽のカモメが死亡した原因は、鳥フルには分類されていないA型H13インフルエンザウイルスによるものと確認された。人には無害のウイルスである。( Professor Tuula Honkanen-Buzalski, Director General of the National Veterinary and Food Research Institute of Finland (EELA))
・Japan to cull 1.5M chickens with birdflu Washington Times (米国) 日本、鳥フル対策で150万羽の鶏を殺処分
 下記朝日新聞とほぼ同じ内容。
・Outbreak of birdflu hits close to Tokyo Asahi Shimbun (日本) 東京近郊で鳥フルが発生
 日本の農業省は茨城県と埼玉県の家禽農場で流行している鳥フル対策として、150万羽の鶏の殺処分の予定である。
 当局によると流行している鳥フルは比較的弱毒性の株で、拡大予防措置としてすでに50万4千羽が殺処分されており、さらに124万羽が追加殺処分の予定といなっている。
 感染地域には30の養鶏場があり4百14万羽の鶏が飼育されている。
 農水省の当局者達は、鶏への感染は、未承認でかつ生きたウイルスを残した不完全なワクチン使用により生じた可能性を上げている。
 関係当局は、流行株は弱毒株とはいっても強毒株に変異する可能性があるから、流行の原因の特定を急いでいる。
 この弱毒型の鳥フルは6月26日に茨城県の水海道市の養鶏場で見つかった。その後、同県と近郊の埼玉県の30の養鶏場の鶏で感染が確認された。全ての鶏は産卵用に飼育されていた。
 茨城県ではこの鳥フル流行で県全域の1/3の鶏が感染していたと評価されている。
 感染地域が拡大している最中、農業省は8月22日、問題の養鶏場(H5N2抗体が検出された)の全鶏を殺処分するという方針を変更した。
 農水省は2日、何軒かの養鶏場で鳥フル感染予防のために未承認ワクチンを使ったと推定した、と語った。
 十分不活化されなかったワクチンの中に残っていたウイルスが周辺に感染拡大を起こした可能性があると説明している。
 検出されたウイルスの遺伝子配列は、1995年〜2002年にメキシコ、グアテマラ、そしてエルサルバドルで検出したウイルスのそれとほとんど同じだと、当局者は説明したが、もし仮に今回流行しているウイルスが中南米のそれらウイルスと同じだったとしても、その距離から考えても渡り鳥によってもたらされたとは考えがたい。そのように当局では説明している。(そうしたウイルスを用いて作成された不完全ワクチンの使用により、感染が広がったという仮説:訳者注)。
 日本国内の大体1700軒の養鶏場のうち茨城県の29軒と埼玉県の1軒の養鶏場だけで、当該鳥フルウイルス(H5N2)が確認されている。そうした事実から農水省当局は、今回の鳥フルが全国的に感染が拡大している可能性は低いと結論している。
・Russia getting to grips with birdflu, it says Food Production (ヨーロッパ) ロシア当局は鳥フル状況を把握しつつあると言うが…
 EUとの鳥フル対策協力に関する会議で、ロシア当局は各地の鳥フル発生数が減ってきていることを強調して、鳥フル拡大に対する脅威はそれほど強くないことを示した。
 テュメニ州当局は先に2カ所の地域で隔離が解かれたが、1週間以内にさらに2カ所の村の隔離を解くことが出来ると予想している。
 これらの結果はロシアの鳥フル流行のピークがすでに去った兆候として使われているが、鳥フルはいまだ他の地域で拡大している事実がある。5カ所のたの地域、またテュメニ州自体でも新たな発生を8月28日に見ている。
 ロシア農業省は先にヨーロッパ委員会の代表と鳥フル対策についての会議を持ったが、非常に建設的内容で、お互いに協力し合う事の必要性が確認された、と発表した。
 ロシアの鳥フル流行の中心であるシベリアから渡り鳥が西方に移動し、この秋に英国やフランスの海岸を襲うことが予想されている。
9月5日

・Birdflu situation in Russia unchanged Sept 2 - 5 Interfax Russia (ロシア) ロシアの鳥フル状況は変化無し
 9月2日〜5日までの間、鳥フルは47の町村で認められ、他の80の町村で疑われ検査中である。
 鳥フル流行はアルタイ州、チュメニ州、クルガン州、オムスク州、 チェリアビンスク州、およびノボシビルスク州で認められている。
・Migrant bird menace Warsaw Business Journal (ポーランド) 渡り鳥の脅威
 獣医サービスと家畜飼育者達は、数週以内に渡り鳥により危険なウイルスがポーランドに入ってくる可能性があることを恐れている。
 これらの脅威は、ウイルスがアジアからロシアとカザフスタンに拡大してきてから高まっている。専門家はウイルスが変異して人から人へ感染する性質を帯びることを恐れている。
 このH5N1ウイルスは人に対して危険性があり、シベリアとウラルの6州で発見され、14000羽近い野鳥と家禽を死亡させている。
 ”ポーランドはEUに、経済的援助も含めて、鳥フル対策についての協力をロシアと話し合うように求めている”、とポーランドの内務大臣は語っている。
 内務大臣と他の当局者達は、ポーランドは抗インフルエンザ薬の発注なども含めて鳥フル対策を考えている、と語っている。家畜検査官達は、家禽の屋内飼育舎での飼育を勧めている。
 ポーランドの獣医部門の責任者は、渡り鳥の飛行ルートから考えて、渡り鳥は2週間以内に鳥フルをポーランドに持ち込むと考えている。
 鳥フルは2003年以来、アジアで60人の人々を死亡させ、数百万羽の鳥が殺処分されている。
 しかしながら、EUは、鳥フルがヨーロッパへ拡大して来る可能性は低いと考えている、と発表している。
・Russia getting to grips with birdflu, it says Cee Food industry, (フランス) ロシア当局は鳥フル状況を把握しつつあると言うが…
 
EUとの鳥フル対策協力に関する会議で、ロシア当局は各地の鳥フル発生数が減ってきていることを強調して、鳥フル拡大に対する脅威はそれほど強くないことを示した。
 テュメニ州当局は先に2カ所の地域で隔離が解かれたが、1週間以内にさらに2カ所の村の隔離を解くことが出来ると予想している。
 これらの結果はロシアの鳥フル流行のピークがすでに去った兆候として使われているが、鳥フルはいまだ他の地域で拡大している事実がある。5カ所のたの地域、またテュメニ州自体でも新たな発生を8月28日に見ている。
 ロシア農業省は先にヨーロッパ委員会の代表と鳥フル対策についての会議を持ったが、非常に建設的内容で、お互いに協力し合う事の必要性が確認された、と発表した。
 ロシアの鳥フル流行の中心であるシベリアから渡り鳥が西方に移動し、この秋に英国やフランスの海岸を襲うことが予想されている。
・Birdflu risks spreading to Europe Melbourne Herald Sun (オーストラリア) 鳥フル、ヨーロッパへ拡大の危険性
 渡り鳥により拡大の危険性をFAOの専門家が語った。
・Dutch Quarantine Chickens From BirdFlu; Farmers Say Bad Idea Bloomberg (国際) オランダの鶏隔離政策:養鶏業者達は不満を訴える
 オランダの養鶏農家のJan Hol氏は、政府の通達に従って屋内に閉じこめられている鶏たちは不安からお互いにつつき合い、死亡する可能性があると語る。
 ”自分は鶏たちに過剰なくらい注意を向けなければならない”。同氏のフリースぺースの養鶏場では8000羽の鶏を飼っていた。
・Iran bans import of wheat from Russia Persian Journal (イラン) イラン、ロシアからの小麦輸入を禁止
イランはロシアと他の鳥フル発生国からの牛用飼料としての小麦の輸入を禁止した。
9月4日

・Iran bans import of wheat from Russia IranMania News (イラン) イラン、ロシアからの小麦の輸入禁止
 イランはロシアと他の鳥フル発生国からの牛用飼料としての小麦の輸入を禁止した。
 ロシア当局によるとイランの輸入禁止で、小麦の輸出価格が下がったと言う。
・Birdflu warning over poultry ic Birmingham.co.uk (英国) 英国:国内の家禽に対する鳥フル警戒強化の声
 本日の英国内で多数の報道機関が掲載:
 動物保護団体(A leading animal charity正しい訳かどうか?:訳者注)は英国の家禽農家に対して、アジアから広がってきている鳥フルに対して警戒するように強調した。
 RSPCA(王立動物虐待防止協会) もまた、捕獲鳥類の持ち込みに対する厳格な監視態勢と、家禽や野鳥の違法な売買に対する取り締まりの強化を求めた。
 動物保護団体は、警戒態勢の強化で何十人もアジアで死亡している鳥フルが、英国に入ってくるのが阻止されることを期待している。
 オランダではすでに家禽を閉鎖的飼育舎内で飼育するように通達が出されており(渡り鳥からの感染を防ぐために)、そして英国獣医協会は渡り鳥によって鳥フルが英国に拡大してくる可能性があると警告している。
 環境、食料、農業担当省The Department for Environment, Food and Rural Affairs (Defra)は、危険性はそれほど高くないと判断し、家禽の外での飼育を禁止する必要はないだろうと言っている。
 しかしながらRSPCAは、(牛の)口蹄疫の経験から得た重要な知識は、厳重な生物学的安全対策、すなわち関連車両、履き物や予防衣の消毒、全ての動物のいる飼育舎の感染に対する対策などが重要と主張する。1っしゅうかんいなんい
 RSPCAの科学部門の長官であるArthur Lindley博士は、良い生物学的安全対策は常に実行されているべきであって、現在の鳥フル拡大の危険性は、勝手な解釈で時間を浪費している余裕はない、と語る。
 保護団体は、Defraの主張する、鳥フルが英国で発生したとき、感染した鳥を殺処分するという考えの根拠が明確でないのが問題だと言う。
 一方、 ”我々はDefraやオープンスペースでの家禽飼育を制限しないとするEUの決定を歓迎する”、と農場動物担当局の長官である(head of farm animals)Julia Wrathall博士は語る。
 ”飼育自由空間を失うことは鳥達に多大のストレスを与え、羽根のつつき( feather-pecking)や凶暴な行動につながる。ストレスの加わった鳥達は病気にもなりやすい”、と同博士は説明する。
・Artificial infection suspected in Japanese birdflu outbreak Macon Telegraph, (米国) 日本で発生の鳥フル流行は人為的感染による疑い
 (読売新聞) 全米報道機関が掲載
 日本の茨城県の農場で検出された弱毒性の鳥インフルエンザは、未承認ワクチン使用を含む人為的感染の可能性もあることが、農水省の専門委員会で発表された。
 鳥フル撲滅に必死になってきた養鶏業者達は、鳥フル感染が不法な行為により起きた可能性を知り、衝撃を受けている。
 6月以来、日本の養鶏業の中心となっている茨城県の28養鶏場と埼玉県の1養鶏場で、鳥フルウイルスに対する抗体が検出され、過去に鶏が鳥フルに感染していたことが確認された。
 さらにウイルスがそれらの7養鶏場で分離された。
 独立行政法人である国立動物衛生研究所の分析では、ウイルス遺伝子は中南米、特にメキシコやグアテマラで発見されているウイルスに極めて近いとされる。このウイルスはこれまで日本に存在することは報告されていなく、また距離から考えて渡り鳥がもたらしたものと考えるのは極めて不自然と判断される。また、感染した鶏が輸入されたという兆候もない。
 農水省の専門委員会の委員長でもある北海道大学のHiroshi Kida教授は、中南米で広がっているウイルスで作成されたワクチンが、日本に持ち込まれて使用された可能性がある、と語った。
 農水省は家禽における鳥フル流行際して使用するワクチンを備蓄している。しかしそれは一般的に使用されることは禁止されているから、農水省が承認したワクチンが国内へ出回ることは無かったはずだ。
 養鶏場で検出されたウイルス遺伝子配列が、海外で製品化されているワクチンのそれとは異なっていることから、正規の方法で作成されたワクチンではないものが輸入されて使用された可能があると、農水省では説明している。
 未承認ワクチンの使用は関連法律に違反することになるから、農水省は感染経路の特定と、違法行為が確認されたときは刑事告発する予定のようだ。
 茨城県の養鶏業者は未承認ワクチン使用の疑いがもたれていることに当惑している。6月以来、県当局は養鶏場の視察の際、ワクチン使用の可能性もチェックしてきたが、これまでそのような事実を疑わせる証拠は見つかっていないと説明している。
 ウイルスが検出された数カ所の養鶏業者は、海外の物も含め、ワクチンは一切使った事はないと語っている。彼等は国により承認されたワクチンは使った経緯があるが、それは鳥フルワクチンではないと言っている。
 ワクチン接種は鶏の症状は緩和するが、完全には感染を阻止できない。そのためこのようなワクチン接種は、後でウイルスが検出されたら流行を引き起こす可能性がある。
 WHOなどの国際機関は各国にワクチン使用を止めるように要求してきた。
 農水省の流行予防ガイドラインでもワクチン使用は禁止され、感染した鳥は破棄し、流行に対する予防措置をとることが推奨されている。
 ワクチンは科学的にウイルスを除去して作成されている。しかし、不完全な製造工程では感染性のあるウイルスをワクチン内に残す可能性がある。このような理由でワクチン接種により、ウイルス感染が拡大することが可能と考えられている。
9月3日

・Trial of birdflu vaccine in Russia could happen in November RIA Novosti (ロシア) ロシアで11月から人用鳥フルワクチンの試用
 ロシア科学アカデミーインフルエンザ研究所の長官は、すでに人用鳥フル(H5N1)ワクチンの臨床試験は行われていて、11月から試用されると発表した。ロシアでは鳥フル感染者は発生していないが、再びウイルスを渡り鳥が運んでくる来春までにはワクチンを製造する必要があると説明している。
・Birdflu diagnosis confirmed in Altai district ITAR-TASS (ロシア) ロシア、アルタイ州で新規鳥フル発生
・Birdflu ebbs in Russia, Kazakhstan, may relapse Reuters AlertNet (英国) ロシアとカザフスタンの鳥フルは下火、しかし世界的に拡大の危険性
 ロシアとカザフスタンにおける致死的鳥フル(H5N1)は、検疫態勢や冬期間の接近により下火になっているとロシア当局は2日発表した。
 しかしロシアの主任獣医検査官(chief veterinary inspector)は、流行は来春、世界のどこかで発生すると警告し、米国とヨーロッパにロシアからウイルスを運ぶ可能性のある渡り鳥のルートの監視を求めた。(渡り鳥がどのように飛来してゆくかの観察:訳者注)。
 ”このようなプログラムは、来年の世界各国におけるウイルスの広がりに関する情報を提供することになり、各国が家禽への感染防止対策に役立てることができる”、と同氏は海外の関係者に手紙を送った。
 世界の多くの国は、先月致死的鳥フルが拡大し始めた先月から、ロシアやカザフスタンからの家禽や動物飼料の輸入を禁止している。
 カザフスタンの農業省の高官は、カザフスタンでの鳥フル流行は間違いなくピークを過ぎたと説明している。
 ロシアとカザフスタンの当局者によると、両国で人での感染者は出ていないとされる。
 ”8月が最も暑い季節で、鳥フル流行がピークとなったが、今は冬期間に向かいつつあり、鳥フルは危険性を失っている”、とカザフスタン農業省の高官は語った。
・British expert in birdflu spread warning Cordis News (ヨーロッパ連合EU) 英国の専門家は鳥フルの拡大を警告
 東アングリア大学(University of East Anglia :UEA)の生物学者は、鳥フルが野生哺乳動物の種を越えて拡大している可能性を警告した。……
 昨日のScience Dailyと同じ記事。
・New birdflu outbreak contained in Thailand Xinhua (新華社通信、 中国) タイでの新規鳥フル発生は制圧
 地方の当局はKamphaeng Phet省の4地域で発生していた鳥フル流行は制圧されたと発表した。
 H5N1ウイルスに感染した鶏は殺処分され周辺は消毒された。
 報道によると省の家畜局は、発生した4地域内での家畜の移動を禁止して監視態勢を強化している。
 鳥フルの新規発生の原因は、闘鶏によりもたらされたと当局は考えているようだ。
・France and WHO coordinate in fighting birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム) 鳥フル対策でフランスとWHOは協力
 8月31日のWHO長官との会談でフランスのシラク大統領は、WHOに鳥フル対策の協力を申し出た。具体的にはアフリカやアジアのスタッフの教育に対する協力や、鳥フルワクチン開発の強化、さらに抗インフルエンザ薬の世界的備蓄量増加に対する援助などが挙げられる。
・Suspected birdflu case in Finland harmless for humans Forbes (国際) フィンランドの鳥フルはH13型、人に無害と
 先週フィンランド北方のウル市で見つかった海カモメの死亡はH13型鳥フルウイルスによるものであったと、フィンランド農業省は発表した。検体はイギリスの研究所で分析されていた。同省によると結果は予備的であるが、最終判断は変更されないと説明されている。
9月2日

・H5N1 alert in two provinces Bangkok Post (タイ) タイ:H5N1鳥フルが2省(県)で発生
 家畜担当局は鳥フルをモニターしてきたが、Kamphaeng Phet とAyutthaya省で最近H5N1ウイルスが検出され、家禽14万4千羽が殺処分されたと発表した。
 タイでは全土で鳥フルのモニターを行っているが、7月と8月にウズラ、アヒル、鶏
からH5N1ウイルスが4省で検出されている。その後2省では21日間のモニター期間を終了し、ウイルスが検出されなくなっているが、上記2省ではいまだ流行は続いていると説明された。
・Australian birdflu summit urged NEWS.com.au (オーストラリア) オーストラリア:関係国における鳥フル対策会議が急がれる
 オーストラリア外務省のスポークスマンは、東南アジア関係国の間で「鳥フル対策緊急会議」の開催が必要との発表。
 計画では、鳥フル(人での)の迅速な検出、診断、治療などを提供する初期の警戒システムの構築が中心となる。
・BirdFlu Claims Critically Endangered Mammal Science Daily (press release) (国際) 鳥フル、ほ乳類の種を越えて拡大の危険性
 東アングリア大学(University of East Anglia :UEA)の生物学者は、鳥フルが野生哺乳動物の種を越えて拡大している可能性を警告した。
 UEA大学生物科学のダイアナ・ベル博士は、ベトナムの公園で飼育中の3匹のジャコウネコが鳥フル(H5N1)で死亡した事実は、H5N1鳥フルが野生動物の種を拡大して感染する危険性を示していると警告した。
 ”慢性的に鳥フルが流行しているベトナムや他のアジア諸国は、多くの種の生物がいて、生物的多様性に富んだ地帯である”、とベル博士は説明する。同博士のチームは、ベトナム政府とWHO、そして香港大学の研究者と一緒に、ジャコウネコの死因を調査していた。
 ”これまでの研究の焦点は、ウイルスの家禽と人に対する病原性であり、他のほ乳類に関してのスクリーニング調査はしていなかった。今回の新しい種のほ乳類での発病例の確認は、ウイルスが他のほ乳類へも感染している可能性を強く示唆する”。
 鳥フルウイルスは、これまでいくつかの種の鳥に感染することは知られているが、今回の事例はほ乳類のこのウイルスに対する感受性について重要な問題を投げかけている。
 今回のジャコウネコの感染源は不明なままである。
 WHOに112人の感染確認事例が報告されており、そのうち67人が死亡している。この事実は(鳥)インフルエンザの世界的流行の危険性を示唆している。死亡例の80%前後はベトナムで起こっている。
・Vietnam Registers Another BirdFlu Death Voice of America (米国) ベトナム、新規鳥フル死亡例を報告
 ベトナム政府は鳥フル死亡者の新規例を発表し、アジアでの鳥フル死亡者数は62人となった。昨日のロシアのプラウダのニュースと同じ。
・UN sees birdflu spread to Euro, Africa World Peace Herald (米国) 国連、鳥フルがヨーロッパ、アフリカへ拡大の危険性と
 昨日のFAOの記者会見内容。
・UN Agency: BirdFlu Likely to Spread Newsday (ニューヨーク、米国) 国連機関FAO、鳥フルが渡り鳥で世界へ拡大の可能性と警告
 昨日のFAO本部(ローマ)の記者会見の内容
・Novartis offers $4.5 bln for rest of Chiron Reuters (国際) スイスのNovartis社が米国のワクチンメーカーChiron社に45億ドル資本提供−ワクチン販売のシェアを伸ばす
9月1日

・Vietnam birdflu death toll reaches 62 as one more dead Pravda (ロシア) ベトナム、鳥フル新規死亡例が発生して、アジアでの死亡者数が計62名に
 ハノイの58歳男性が8月24日に入院して、同日死亡したが、検査の結果H5型鳥フルに感染していたことが確認された。
 患者はSoc Son 地域に在住していたが死亡する1週間前にアヒルを食べたと言う。アヒルはマーケットで購入したが、食べた他の家族には異常は見られていない、と地域の予防医学センターの長官は説明した。患者の家の消毒と接触者の血液を採取して検査を行っている。
・Birdflu kills another Vietnamese Reuters India (インド) ベトナム、ハノイ近郊で鳥フルで感染死亡例が確認
 性別は不明だが8月28日肺炎で死亡した患者が鳥フルに感染していたことが確認された。
・Birdflu likely to travel by flyways into Europe, Africa, Middle ... Agriculture Online (国際) 鳥フルは渡り鳥のルートに沿って、ヨーロッパ、アフリカ、中東などへ拡大する可能性
 ロイター通信と同じFAO発表内容。
 他に:
 FAOと国連機関はアジアにおける鳥フルコントロール戦略(監視態勢強化、診断方法の強化、その他の予防対策)のための1億ドル基金を提唱しているが、これまで2500万ドルの提供があった。
・UN predicts spread of birdflu Scotsman, (英国) 国連、鳥フル拡大を警告 
 アジア数カ国で流行している致死的鳥フルウイルスが、ヨーロッパ、中東、南アジア、およびアフリカへ広がる可能性があると、FAOは警告し、危険性の高い国に対して警戒態勢の強化と国家的緊急行動計画を作成するように促した。
 最も緊急性ある脅威として家禽への感染であるが、その家禽への拡大はウイルスが変異して人に対して病原性を強める危険性もある。FAOはそのように説明する。
 フランスのシラク大統領は、FAOが何度も繰り返しているように、ウイルスは渡り鳥により長距離を経て運ばれる可能性がある故、鳥フル対策には世界的協力が絶対必要である、と警告している。
・UN rekindles birdflu migration fears in Europe Reuters (国際) 国連、ヨーロッパへの渡り鳥飛来の脅威を再度訴える
 渡り鳥は致死的鳥フルを西ヨーロッパと米国を含む世界中に広げる危険性を持っている。国連機関のFAOが31日記者会見で語った。
 FAOによると、東ヨーロッパ、アフリカ、南アジアは近い時期にウイルスが拡大する危険性があり、西ヨーロッパはその翌年に危険性が高まる、と説明された。
 ”冬が近づきつつある今(渡り鳥が飛び立つ今:訳者)、東ヨーロッパ、中東、北アフリカへウイルスが伝搬される危険性が高い”、とFAOの動物衛生と保護担当局の長官が語った。
 本日、各国の報道機関で発表。
TOP