海外報道抄訳集
随時更新中
8月31日

・UN agency warning on birdflu CNN  (米国) 国連機関、FAOは鳥フルの拡大を警告
 国連機関のFAOは31日、近い将来、シベリアからの渡り鳥によりH5N1ウイルスがカスピ海、黒海を経てヨーロッパ、中東、南アジア、アフリカへ拡大する可能性があると警告した。
・Dutch order on avian flu may breach EU rules Telegraph.co.uk (英国) オランダの家禽飼育規制はEU規則に違反の可能性
 動物衛生などに関する規則はEUが所管しているにもかかわらず、オランダが国内における家禽飼育方法に関して、鳥フル対策から一方的に規制したことは、EU規則に違反している可能性が高い。
・Poland says EU should help Russia fight birdflu Reuters.uk (英国) ポーランド、EUはロシアの鳥フル対策を援助すべきと提唱
 ポーランド内務大臣は記者会見で、EUはロシアと話し合い、鳥フル対策の資金援助、鳥フルのロシアからヨーロッパへの拡大防止対策などに協力すべき、と語った。
・Expect NZ doctors, nurses to die from birdflu - researcher Stuff.co.nz (ニュージーランド) 鳥フル流行により多くの初期医療関係者が死亡する可能性:ニュージーランドの公衆衛生学者が研究論文
 初期医療体制を整備しなければ、鳥フル発生時には多くの家庭医と家族、そしてそこで働くナースが感染し、死亡者が多数発生と分析。
・Experts see Alaska as US front against birdflu Leading The Charge (オーストラリア) 専門家は鳥フル侵入門戸はアラスカと考えている
・Experts see Alaska as US front against birdflu Reuters (国際) 専門家は鳥フル侵入門戸はアラスカと考えている
・Experts see Alaska as US front against birdflu Newsweek (国際) 専門家は鳥フル侵入門戸はアラスカと考えている
 専門家達によりアラスカの渡り鳥や野鳥の鳥フルウイルス検査(H5N1)が始まっている。専門家は東南アジアから渡り鳥が直接
アラスカ半島や他の米国の西部(カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなど)へやってくる可能性があると語っている。
・France boosts protection against birdflu Centre Daily Times (米国) フランス、鳥フル対策を強化
 AP通信:フランス首相は、鳥フル対策として抗インフルエンザ薬の備蓄と、人用ワクチンの用意、さらに各種の警戒態勢を強化すると発表した。全てのフランス人が接種できるワクチンの準備と、それまでに鳥フルが流行した場合に備えて大量の抗インフルエンザ薬(タミフル)の備蓄を図る予定。その他の強化として、予防用マスクの備蓄を現在の5千万万枚から2億枚に、主要国際空港における乗客の健康チェックの強化が挙げられる。
・France Announces Tough Measures Against BirdFlu Voice of America (米国) フランス、鳥フル対策の強化へ
 フランス当局は30日、鳥フル(H5N1)のフランスへの到来の可能性に備えて、抗インフルエンザ薬の備蓄、主要国際空港における乗客の健康チェックの強化を図ると発表。また当局によると、予防用マスクを来年まで2億枚備蓄する予定になっている。
8月30日


・Birdflu spreads to another district in Urals RIA Novosti (ロシア) 鳥フル、ウラル地方の新たな地域で発生
 ウラル管内チュメニ州のスラドコボ村 Sladkovoで鳥フルが確認された、と当局は語った。


・France reinforces defences against birdflu Reuters (国際) フランス、鳥フル対策をさらに強化
・France boosts birdflu protection BBC News (英国) フランス、鳥フル対策強化
 フランス首相は鳥フル流行に備えて、予防用マスク2億枚(現在5千万枚)、全国民に十分量のタミフル備蓄、そして空港などにおける検疫態勢の強化を図ると発表した。(The government is ordering about 200m protective masks and enough anti-viral drugs for everyone in France,)。先にシラク大統領が鳥フル対策の強化を政府に指令したことを受けての発表となった。
・Donation of 3 million treatments of oseltamivir to WHO will help ... PressZoom (press release), (オランダ) WHOへのタミフル300万人分の提供(ロッシュ社からの)は、鳥フル流行の初期対応に強力な武器
・Govt gears up for global flu threat TVNZ (ニュージーランド) ニュージーランド政府は、世界的鳥フル流行対策強化
 政府の30組織代表は世界的インフルエンザ流行に対する対策の強化を図ると共に、緊急計画を更新した。
 現在東南アジアで流行中の鳥フルが、次に流行する世界的インフルエンザとなる可能性が危惧されている。
 公衆衛生局長はニュージーランドは85万人分のタミフルを発注していて、11月上旬まで備蓄されると語った。
 関係者は様々な角度から流行対策を考えている。
・Birdflu reported in another Omsk region district Interfax Russia (ロシア) ロシア、オムスク地域で新たな鳥フル流行
 29日の時点で、ロシア国内の46の居住地域で鳥フル発生が確認、他の80地域が疑われている。26日にはそれぞれ、45地域と78地域だった。
・Shoigu says citizens must be taught how to deal with birdflu. ITAR-TASS (ロシア) ロシア、非常事態省大臣は、市民に鳥フルへの対処教育を教えるべきと主張
・French president calls for strong international measures against ... Xinhua (新華社、中国) フランス、シラク大統領、国際的鳥フル対策の強化を呼びかける
 29日、フランスのシラク大統領はフランス大使年次総会で、鳥フル対策は国際的協力のもとに強化されなければならない、WHOは薬剤(タミフル)の国家的備蓄を勧めている、と語った。
・Vietnamese capital begins trial poultry vaccinations Radio Australia (オーストラリア) ベトナムのハノイで家禽への鳥フルワクチン投与始まる
 ハノイに持ち込まれる水鳥の50%と飼育されている家禽の10%がH5N1ウイルスに感染していると言われる。
8月29日

・Over 100 dead seagulls found in Finnish city of Oulu Newsroom Finland (フィンランド) 100羽以上のカモメがフィンランドのウル市で死亡
 当局が発表したが、先に検出した鳥フルウイルスとの関係については言及していない。当局の発表では消耗して死亡したと推定。
・A Fatal Flight To Europe? TIME (ヨーロッパ) ヨーロッパへ致死的ウイルスが飛行か?
・EU Says Finnish Seagull Didn't Have Deadly Strain of BirdFlu Bloomberg  (国際) EU、フィンランドで死亡したカモメは致死的鳥フル(H5N1)には感染していなかったと
 フィンランドの獣医担当局の責任者は、カゴメから検出されたのは致死的鳥フルウイルスではなく、人にはほとんど害のない弱毒性ウイルスだとヨーロッパ委員会へ報告した、とEUのスポークスマンは語った。
・Agriculture Ministry develops action plan against birdflu Turkish Daily News (トルコ) トルコ、農業省が鳥フルに対する行動計画を作成
・Birdflu damage nearly 38 million rubles Interfax Russia (ロシア) 鳥フルによる損害額は約3800万ルーブル(1億5千万円)と
 
検疫や予防措置に費用を除外して、鳥フル流行による損失は約3800万ルーブルを越えると当局は発表。
 また28日は鳥の死亡は報告されていない由。これまで鳥フルによる家禽の死亡は11000羽を越え、さらに138000羽が殺処分されている。
・Ministers leave '2m lives at risk from birdflu' Scotsman, (英国) 英国政府は200万人の命を鳥フルの前に危険に曝している
 健康省は鳥フルの英国への拡大を”遠い”可能性と言う。しかしその”遠い”という言葉は、BSE発生の前にも使っていた。
 公衆衛生専門家達は英国政府の鳥フルに対する対応に批判の論調を強めている。
 オランダ政府は国内の農家に家禽の屋外での飼育を禁じ、ドイツも類似の規制を敷く予定だ。
 しかし英国農業環境庁Department of Environment and Rural Affairs (DEFRA) と獣医学担当者達は、鳥フルの英国への拡大はいまだ可能性が低い、遠い、と言い続けている。
 公衆衛生学会の指導者でもあるPennington教授は、”我々は拡大してくる鳥フルウイルスが変異して、人に感染するのかどうかは分からない。しかし最善を望むとしたなら、最悪の事態に備える必要がある”、と語っている。
・British health officials stockpiling for fear of flu pandemic Monsters and Critics.com (英国) 英国政府鳥フルに対する警戒からタミフルを備蓄へ
 下記と同内容。
・British officials warn of flu pandemic Science Daily (国際) 英国政府は鳥フル流行を警告
・British officials warn of flu pandemic World Peace Herald (米国) 英国政府は鳥フル流行を警告
 UPI(United Press Internationa): 鳥フルのヨーロッパへの波及を警戒し英国政府は1460万人分のタミフル(1億8千万ドル)を発注している。
 初期医療ウイルスグループ責任者のNigel Higson博士は、H5N1ウイルスが空気感染するという証拠は得られていないが、それは世界的流行を起こすだろうと説明する。
 27日、フィンランドで人のH5N1感染事例が報告され、8月初旬には株については特定されていないが、ロシアの患者で鳥フル感染事例が見つかっている
 (訳者注:この報告は真実か間違いか不明。すくなくともフィンランドでは、海カモメで鳥フルが発生という報告しか、他報道機関では流れていない。参考までに原文も併記)。
Saturday, a human case of H5N1 was reported in Finland, and earlier in August cases were found in Russian patients. The strains of the flu cases were not specified.
・First ' BirdFlu' Infected Gulls Found in Europe Halifax Live (カナダ) ヨーロッパで初の鳥フルが発見
 フィンランドのウル(Oulu)で海カモメが死亡し、インフルエンザA型ウイルスが分離されたと言う。しかし当局は人に感染するタイプ(H5N1)ではないと説明しているが、詳細が判明するまで3週間要すると言う。
・Airlines and hotels could be hit by birdflu fallout Financial Times (英国) 鳥フル流行の際は空港やホテルが直撃
 経済アナリストの分析。
・Malaysia to stockpile drug in case of birdflu outbreak: report TODAYonline (シンガポール) マレーシア、鳥フル流行に備えてタミフルの備蓄へ
 詳細な量などは不明(訳者注)
・H5N1 Wild BirdFlu in Rovaniemi Finland? Recombinomics (米国) H5N1鳥フル、フィンランドのロバニエミで発生か?
 フィンランドからの報告によると27日、ロバニエミ(Rovaniemi)で多数の海カモメが死亡し、検体が研究所に送られているようだ。
 当該地は先にインフルエンザA株の感染が海カモメで確認されたウル(Oulu)の北に位置する。ウルの検体はフィンランドや英国で詳細な分析が行われている。
8月28日

・Britain's elite get pills to survive birdflu The Sunday Times (英国) 英国のエリート階級、鳥フル治療薬を優先的に入手
 英国のエリート階級は、もし英国で鳥フルが流行しだしたときに、税金で得られている数少ない抗インフルエンザ薬やワクチンの提供を受ける予定になっている。
 BBC放送局の職員や内閣のメンバーなどの有名な政治家達は、鳥フルウイルスからの予防措置を受けることができることになっている。
 ロンドン市長のKen Livingstoneは、すでに100万ポンド(2000万円)使って、彼の個人的オフィスの職員や雇用者達のために抗インフルエンザ薬10万錠を用意した。(1万人分:訳者)。
 現在鳥フルに対するタミフルの備蓄量は英国民の2%が対象になる程度しかない。
 健康省は流行勃発時に抗インフルエンザ薬の投与を受ける優先順序を決めてある。その上位には保健医療従事者が挙げられている。 政府の大臣達も高度優先性があるが、健康省がこの週末に語ったところによると、対立政党の政治家達を含ませるかどうかは決めていないと言う。
 BBCの職員が優先される理由は、国家的緊急時に各種情報を伝える役割があるからだ。
 政府の計画によると、病人、妊娠末期の妊婦、高齢者などよりも政治家やメディア関係者が優先されている。
 昨日、BBC放送のトップ司会者は、彼等に治療を受ける優先権があることを知って驚いていた。
 BBCラジオ4の司会者は、もし自分がそのような優先権を与えられたなら、自分は自分よりも40歳若い誰かにその権利を譲るだろう、と言っていた。
 最近の致死的鳥フルウイルス(H5N1)の広がりは、世界がウイルスで大被害を受ける恐れを高めている。
 英国で1460万人分のタミフルは発注されているが、それが完全に入手されるのは2007年の3月とされる。総経費は1億ポンドである。 しかし現在は、90万人分(900,000 doses)しか備蓄されていない。
 ワクチン接種を受けるグループには、保健医療関係者とBBC関係者以外では、消防士、警官、軍隊が入っている。
・BIRDFLU: INTENSIFIED CHECKS AT FIUMICINO Agenzia Giornalistica Italia (イタリア) 鳥フル:ローマ国際空港で検疫態勢の強化
 致死的鳥フルH5N1対策のため、ローマ国際空港で、ロシア、中国、フィンランドからの入国者とその持ち込み手荷物チェックが厳しくなった。生きた家禽や家禽産物の持ち込みはチェックされる。
8月27日

・Vietnam capital warned of renewed birdflu threat Radio Australia, (オーストラリア) ハノイ、新たに鳥フルを警告
 ハノイは市内に搬入される水鳥の検査を1週間前に行ったが、50%で鳥フル検査が陽性だった、と発表した。
・First case of deadly Asian birdflu feared in Finland Yorkshire Post Today (英国) フィンランドで初の致死的鳥フル発生の疑い
 フィンランド政府は北方のウル市で死亡したカモメからウイルスが見つかったことから、致死的鳥フルウイルスがヨーロッパ大陸へ拡大してきた恐れを抱いている。 最終検査結果がでるまで3週間要すると言われるが、もしH5N1ウイルスが確認されたら、ヨーロッパで初の確認となる。
・Malaysia to stockpile birdflu drug Tamiflu, says health official ... China Post (台湾) マレーシア、タミフル備蓄へ
 発注量はまだ決定されていないが、政府はスイスのロッシュ社に鳥フル対策用に備蓄タミフルを発注予定と発表。裕福な国々はタミフルを備蓄しつつあるが、東南アジアの多くの国は備蓄していない。
・Dutch order on avian flu may breach EU rules Telegraph.co.uk (英国) オランダの鳥フル対策はEU規則に違反
 アジアからの鳥フル拡大を防ぐためのオランダの、屋外での家禽飼育の禁止措置ははEU規則に違反している可能性がある。
 家畜事業に関する法律はEU委員会に課せられているにもかかわらず、オランダ単独での法的施行は規約に反しているという理由だ。
・First case of bird flu in Europe Scotsman (英国) ヨーロッパで初の鳥フルの可能性
 フィンランド農業省は昨日、北方のウル市で海カモメが鳥フルに感染した疑いを発表した。
 もし鳥フル感染が確認されたら、ヨーロッパで初のケースとなる。(H5N1ウイルス感染だとしたなら:訳者中)。
・Birdflu kills three rare civets at national park in Vietnam ... San Diego Union Tribune (米国) ベトナムの公園で飼育中のジャコウネコ3匹が鳥フルで死亡
 ベトナムの国立公園(Cuc Phuong National Park、ハノイ南方75マイル)で檻の中で飼育されているジャコウネト3匹が死亡し、採取検体から鳥フルウイルス(H5N1)が検出された。 
 ”この鳥フルが如何に危険なものであるかを示す良い例だ”、とジャコウネコ保存計画のアドバイザーである Scott Roberton氏は語った。
 ジャコウネコ(Owston civet cat)は6月下旬に死亡し、検体は香港の研究所にH5N1ウイルス検査のために送られていた。
 公園の鶏、他の鳥などを含むほとんどの動物で検査は行われているが、ウイルス感染は確認されていないようだ。
・Fears in Britain grow as birdflu reaches Europe Times Online (英国) 英国で鳥フルに対する恐れが増大
 
フィンランドの北部で発見された多数の海カモメの死亡は、英国に鳥フルが接近している脅威を新たにした。
 ヘルシンキのフィンランド農業省は昨日(26日)、ヘルシンキの北方370マイルにあるウル市(
Oulu)の公園で、弱ったり死亡したカモメからウイルスが検出されたと発表した。しかしながら詳細に関してはいあmだ調査中と言う。しかし当局者は、ウイルスが鳥フルウイルスだったとしても弱毒性と考えているようだ。
                     
・EU legal row over birdflu precautions Guardian Unlimited, (英国) 鳥フル対策でEUの法律に違反の可能性
 オランダは鳥フル対策として、国内の家禽飼育を閉鎖的飼育舎内での飼育に限定するように通達を出したが、これはEUの法律に違反している可能性が出てきている。
.・Brussels questions Dutch birdflu safeguard Financial Times (英国) EU、オランダでの家禽飼育規制はEU規則に違反の疑いと
 オランダ政府の鳥フル対策としての、家禽飼育規制(閉鎖飼育舎内)は、EU規則に違反するのではないかと26日委員会から発表された。
 ヨーロッパ委員会は、委員会の弁護士達はオランダの一方的規則発令が違法か否か検討していると言う。理由は、動物衛生に関してはEUが管理する事項で、オランダはEUの動物衛生担当者達が彼等の見解に賛成する前に規制を決めたからだ、と言う。
' Birdflu' fear over Finland gull BBC News, (英国) 鳥フル、フィンランドのカモメに感染の恐れ
 フィンランド当局は北方のウル(Oulu)で、海カモメの間で鳥フルが発生している可能性を報告した。
 当局者は、”鳥フルウイルスには多くの株があるが、危険な株は少数である。今回発生しているのは危険なタイプではないと考えられる”、と語っている。
・Birdflu scare in Finland Euronews.net (フランス) フィンランドで鳥フルの脅威
・Finland reports possible birdflu in seagulls (Updated 01:28 am) China Post (台湾) フィンランドでカモメが鳥フルに感染の可能性
・Finland reports possible birdflu in seagulls Reuters.uk (英国) フィンランドでカモメが鳥フル感染の疑い
 26日、フィンランド農業省は、北のウル(Oulu)でカモメの間で鳥フルが発生したが、アジアで人を死亡させている高致死性株ではないTP考えられる、と発表した。
 同省によると、ウルの公園で”弱ったり死亡したカモメが”が見つかり、それらからウイルスが検出されたという。しかしどのくらい多くのカモメが感染しているのか、またその鳥フルウイルス株がどの程度病原性が強いのか、不明のようだ。
 当局の高官はロイターに、現時点では鳥フルと思われるが、低病原性で、アジアで見つかっている高病原性の鳥フルではないと考えている、詳細な結果は3週間以内に得られるだろう、と語った。
 まずウイルスのタイプを確認し、それから他の野鳥での感染の有無を確認する必要があると、同氏は語っている。また近くには家禽農家はいないとされる。 低病原性の鳥フルは必ずしも希ではなく、野鳥の30%程度で見られる、と専門家は言う。
8月26日

・Birdflu kills civets in captivity in Vietnam Swissinfo (スイス) ベトナム:H5N1鳥フルで動物園で飼育中のジャコウネコが3匹死亡
・Birdflu kills civets in captivity in Vietnam Reuters (国際) ベトナム:H5N1鳥フルで動物園で飼育中のジャコウネコが3匹死亡
 ベトナムの国立公園で飼育中のジャコウネコが3匹6月下旬に死亡。香港で検査の結果H5N1ウイルスが確認された。3匹は同じ檻の中で飼育中。
・China experts say birdflu bigger threat than SARS Metro Toronto (カナダ) 中国の専門家達は、鳥フルはSARS以上に脅威的だと判断
・China experts say birdflu bigger threat than SARS Reuters (国際) 中国の専門家達は、鳥フルはSARS以上に脅威的だと判断
・China experts say birdflu bigger threat than SARS Boston Globe (米国) 中国の専門家達は、鳥フルはSARS以上に脅威的だと判断
 26日、SARSが最初に発生した南中国の広州の医学専門家達は、鳥フルはSARS以上に脅威的だと語った。
 その主な理由は、SARSに関してはその拡大をいかにして防ぐかについてすでに多くを学んでいるが、鳥によって拡大している鳥フルに関しては、その拡大予防方法についていまだ何も知らないことが挙げられている。
 鳥フルは2003年以来アジアで62人を死亡させ、数百万羽の鳥が殺処分されている。
 ウイルスが変異して人人感染を起こすようになったなら、それは世界的大流行を引き起こすとWHOは警告している。
 ”鳥フルは効果的に封じ込まれてきていない。ウイルスが変異して人に感染するようになる脅威はいまだ存在し続けている。そしてその脅威は非常に大きい”、と、中国のSARS専門家の一人であるZhong Nanshan博士は語る。
 ”鳥フルはSARS以上に危険だ”、と彼は南の広州市で語った。
 SARSは南中国で発生し、広東州全域で流行し、そして2003年に世界に広がった。8000人が感染し、800人が死亡した。
 以前はアジアに限局していた致死的鳥フルが、東ロシアとカザフスタンで発生してから、それは世界的流行の恐れが高まってきた。
 しかしながら、それらのウイルスがアジアのいくつかの国で流行しているH5N1株と同じであるかどうかは不明だ。
 人の間でウイルスが簡単に感染するようになったなら、それは破滅的結果を招く、と広州大学教授のLi Baojian氏は語った。同教授はSARS研究に関わっている。
 ”致死的鳥フルウイルスは、人の健康と生命にとって大きな脅威だ、そしてこの脅威は世界的経済発展と政治的安定感にも影響する。それは非常に急激に進行し、また非常に恐るべき事態でもある”、と彼はロイターに語った。
 専門家達は、南中国は新興感染症発生の好適な地域であると言ってきた。そして温暖な気候と、動物と人が密接に関係した生活空間は、新型インフルエンザが世界的に発生する好適な場所とも考えられてきた。
 最後の世界的インフルエンザの大流行は、1960年代後半で、世界で400万人死亡した。
 警戒されていたが、昨年の冬ははSARSの大きな流行はなかった。Li 教授は、専門家達はその理由を現在研究中であると言う。
 SARSの最初の流行は検疫と隔離で封じ込めた。その後SARSコロナウイルスは変異した可能性がある。そしてそれは人や動物に感染しても病原性を示さないことも考えられている。無症状で健康な人からSARSの抗体が見つかっている事実もあるようだ。そのようにLi教授は説明した。
・Birdflu could lead to 'devastating depression' Edinburgh Evening News (英国) 鳥フルは破壊的不況をもたらす可能性
 アジアの鳥フル流行は、1930年代の経済的不況をもたらす可能性があると、経済アナリストは分析して警告した。
 鳥フルは昨日専門家が警告したように間違いなく英国に流行する。それは食料、旅行、航空機、保険などの業界に破壊的打撃を与える。そのように2人のカナダの経済アナリストの報告では分析している。
 報告では、l経済的損失は2003年のSARS流行による損失100億ポンドを超えるだろうと計算されている。
・Birdflu kills civets in captivity in Vietnam Swissinfo, (スイス) ベトナム、動物園のジャコウネコに鳥フル感染
・Birdflu kills civets in captivity in Vietnam Boston Globe (米国) ベトナム、動物園のジャコウネコに鳥フル感染
・Birdflu kills civets in captivity in Vietnam Reuters (国際)ベトナム、動物園のジャコウネコに鳥フル感染
 アジアで60人を死亡させ、ヨーロッパへ向かっている致死的鳥フル(H5N1)が、ベトナム国立公園で檻の中で飼われているジャコオウネコに感染して3匹が死亡していたことが、26日ベトナム当局から発表された。6月下旬に死亡した3匹のジャコウネコは同一の檻で飼われていて、鶏肉を与えたことは無く、感染源については不明と言う。
・EU experts call for intensive surveillance on birdflu People's Daily (人民網、中国) EU専門家、鳥フルの警戒態勢を強化することを要求
・Vets say arrival of birdflu in UK is inevitable The Observer, (英国) 英国獣医協会は、鳥フルが英国に拡大するのは予断許されない状況と判断
・UK stockpiles 15 million courses of drug Telegraph.co.uk (英国) 英国ではタミフルを1500万人分備蓄予定
・EU to Raise BirdFlu Monitoring, but Says Threat Low Planet Ark (英国) EU、鳥フル監視体制を強化、しかし危険性は低いと判断
 昨日のブリュッセル会議の内容。
・Birdflu will come to Britain, Brussels conference is told Independent (英国) ブリュッセル会議、鳥フルは英国へ伝搬される
 以下重要部分のみ抜粋。
 昨日EU加盟国はブリュッセルで会議を開き、鳥フルの監視体制を強めることに合意したが、オランダ政府がとった緊急処置としての、家禽の屋外での飼育の禁止に関しては見送られた。
 英国のトップ獣医学研究者の一人は、鳥フルは渡り鳥によってヨーロッパへ拡大してくるのは間違いのないことだと語った。
 英国獣医学協会長のBob McCracken博士は、家禽と野鳥におけるウイルス検査は早急にすべきであると言っている。
 ”渡り鳥のルートの中にヨーロッパは含まれる。そして英国は感染する可能性がある。鳥フルがいつ英国に渡り鳥によってもたらされるかは予断が許されない”、と同博士は説明する。
・EU rules out outdoor poultry ban Australian (オーストラリア) EU、家禽の屋外飼育禁止の決定せず
 ロシアからの渡り鳥による鳥フル拡大の危険性が低いと判断したEU委員会は、家禽の屋外禁止に関しては、今のところ決定しないと結論。
・Birdflu only remote or low chance of striking EU EiTB, (スペイン)鳥フルのヨーロッパへの拡大危険性は非常に低い 
 昨日のブリュッセルの会議内容から。基本的にAP通信と同じ内容。
・EU to raise birdflu monitoring, but says threat low Reuters.uk (英国) EU、鳥フル警戒態勢を強めるも、危険性は低いと判断
・EU Concerned About Spread of BirdFlu Newsday (米国) EU、鳥フル拡大に重要な関心
 ブリュッセル、ベルギー(AP通信): 25日、ヨーロッパ連合の専門家達が、ロシアからの鳥フル拡大に重要なる関心を示し、EU事務局は25加盟国に警戒態勢を強めることを指示した。
 EU執行委員会は鳥フルの拡大を監視するための新たな資金拠出を約束すると同時に、2,3週以内に警戒態勢の協働システム作りのために、会議を開くことを提案した。
 ”我々はこのEUに破滅をもたらす可能性のある流行病をいかにしても防がなければならない。最も適切な方法を確立して警戒態勢を維持する必要がある”、とEU保健責任者であるMarkos Kyprianou氏は語った。
 ”この問題に関する最も重要な鍵は、如何に早期に発見して迅速な行動を取れるかである”、とEUスポークスマンのPhilip Tod氏は語った。
  フランスではシラク大統領が国を鳥フルから守るためにはどんな出費も惜しまないと語った。フランスの専門家達は鳥フルのフランスへの侵入のリスクは低いと説明している。
 EUの専門家達は、シベリアの5州とウラル山脈地域での鳥フル発生は、アジアからヨーロッパへ鳥フルが拡大してくる危険性があり、深刻な問題として受け止める必要がある、と声明の中で語った。
 しかしながら、彼等はただちに警戒態勢を強化することには反対した。
 彼等はヨーロッパの農家に鶏を鶏舎内で飼育することを求めたが、屋外飼育を禁止するには状況から考えて早すぎると判断した。
 EUはすでにロシアから家禽の輸入を禁止している。
 ロシアにおける鳥フルの拡大は渡り鳥によりもたらされていると考えられている。そしてロシア当局は、ウイルスは渡り鳥によりヨーロッパと北米に、来春もたらされる可能性があると警告している。しかしながらEUの専門家達は、渡り鳥によってウイルスがヨーロッパへ伝搬されてくる可能性は、多分遙かに低いだろう、と判断している。
 また、他のインフルエンザ専門家達は、ウイルスがヨーロッパへ来るのは避けられないことであるが、しかし発生してもすぐ検出され、すぐに制圧されるだろうと語っている。
 ロシアの公衆衛生責任者は25日楽観的見通しを語った。すなわちシベリアで家禽に流行している鳥フルは沈静化してきており、残されている大きな問題は商業用大養鶏場への拡大の防止である、と言う。
 ロシアでは鳥フルにより、11000羽の鳥が殺され、127000羽の家禽が殺処分されている。
 鳥フルウイルス(H5N1)はすぐには人への脅威はないが、ウイルスが変異して、人人感染を生じやすくなり、世界的大流行の危険性がはらんでいる。ほとんどの世界的大流行を起こしたインフルエンザは鳥インフルエンザ由来である。アジアで最近流行している鳥フルウイルスは人々を死亡させているが、人の間では今のところ広がっていない。
 (以上全米ニュース)
・Chirac vows to protect against birdflu Centre Daily Times (米国) シラク仏大統領、鳥フル拡大防止を政府に命令
 下記と同じ内容。全米ニュース。
・Chirac Vows to Protect Against BirdFlu Newsday (米国) シラク仏大統領、鳥フル拡大防止を政府に命令
 フランス国立食品安全委員会は、シベリアからの渡り鳥は主に中近東へ向かうという理由で、フランス国内への鳥フル伝搬の危険性は少ないと説明している。
 しかしながらシラク大統領は25日、フランス国民を鳥フルから守るためあらゆる警戒措置をとるように政府に指令した、とスポークスマンが語った。
8月25日

・Questions and Answers on EU action on Avian Influenza and Flu... EUROPA (press release),  (ベルギー) 鳥フルに対するEUの対策に関するQ&A
・European vet officials to discuss birdflu threat ABC Online (オーストラリア) ヨーロッパの家畜担当者会議、鳥フル対策を話し合う
 ヨーロッパの家畜担当者が今夜ブリュッセルで、鳥フルのヨーロッパへの拡大危険性に対する対応に関して話し合う。
 アジアですでに57人を死亡させているH5N1鳥フルウイルス株に関する関心は、ロシアからウイルスが拡大してくる可能性が高い故、次第に高まっている。
 WHOは渡り鳥からの拡大の危険性は低いと言っている(これは事実かどうか?:訳者注)。
 しかし、オランダの農業省は、オランダ国内の家禽飼育舎に対して、全ての家禽の飼育を飼育舎内で行うように通達を出した。なぜなら、獣医学専門家達は鳥フルがまもなくヨーロッパへ入ってくるとアドバイスしているからだ。
・Reports conflict on birdflu in Russia Kansas City Star (米国) ロシアの情報は交錯している
・Reports conflict on birdflu in Russia Columbus Ledger-Enquirer (米国) ロシアの情報は交錯している
 ロシア農業大臣は24日、シベリアでの鳥フルは沈静化してきていると談話を発表した。しかしながら同じ日、獣医担当部門(veterinary officials)は他のシベリア地域で鴨からウイルスが検出されたと発表。しかし緊急事態省はこの事実を確認していないと語っている。
・Britain on alert as birdflu heads towards Europe Independent (英国) 鳥フルとヨーロッパへの拡大を英国は警戒
 EUが鳥フルに対する危険性について本日話し合うのを受けて、英国では野鳥に対する鳥フルの検査が開始される予定。
 科学者達はこの秋に渡り鳥(水鳥)により、人に対して感染する可能性のある致死的ウイルスが英国にもたらされることを恐れている。
 ヨーロッパ諸国の高官による鳥フル対策会議が本日開かれ、明日、政府の家畜部門責任者と英国の鳥類学者の会議がもたれる予定になっている。
 しかしながら英国政府は鳥フルが英国に侵入してくる危険性は低いと考えていて、現在のところ家禽飼育対策でオランダのような積極的対策は打ち出していない。
・Vigilance but no panic over risk of birdflu Scotsman, (英国) 鳥フルに対して警戒は必要、しかし拡大してくる危険性は低い
 スコットランドの家禽業界は(多くは大規模養鶏場)、ロシアから西方に拡大してきている致死的鳥フルの家禽への感染を警戒して、家禽の健康状態を注意深く観察している。
 しかしながら、英国の家畜衛生当局(UK veterinary authorities)は昨日、鳥フルが英国に拡大してくる危険性は低いとの判断を継続して示した。さらに現時点で家禽の飼育方法に関して、オランダのような変更を指示する予定もないと語った。
・The World Health Organization (WHO) began on Wednesday to build a ... Pravda, (プラウダ、ロシア) WHO、24日、鳥フル防衛の最前線の構築開始
 WHOはスイスのロッシュ社から300万人分のタミフルの提供を受けた。人での鳥フル流行勃発時に対処するための備蓄となる。
 ロッシュ社によると、同社は30近い国から備蓄用タミフルを受注しているようだ。多くは人口の20〜40%をカバーする量のようだ。WHOによると世界でわずか40カ国しかWHOの求めに従って鳥フル対策計画を立てていないとされる。
・Antiviral Drug Donation Eases Fear of BirdFlu Pandemic Environment News Service (国際) ロッシュ社の抗インフルエンザ薬提供、世界的鳥フル流行脅威の軽減に
 ロッシュ社のWHOに対する300万人分対象タミフル提供のニュース。
・KAZAKHSTAN: Birdflu threat demands greater international response ... Reuters AlertNet (英国) カザフスタン:鳥フルの拡大脅威に世界の協力が必要
・UN health agency calls for global medical stockpile for potential ... UN News Centre (国連ニュースセンター) 国連機関は鳥フルの世界的流行に備えて、抗インフルエンザ薬の備蓄を求める
 数千万人の犠牲者をだす可能性のある(鳥型)インフルエンザの世界的流行に備えるためWHOは、裕福な国々に抗インフルエンザ薬の備蓄に協力するように求めた。それら薬剤は流行発生時に、発生地域、特に薬剤を備蓄できていない貧しい国々に提供するためのものである。
 ”今、多くの裕福な国家は自国のための抗インフルエンザ薬を備蓄し始めている。しかしながら、貧しい国家は資金がない故、そのような努力することが不可能だ”、とWHOの長官の Lee Jong-wook氏は、スイスのロッシュ社からタミフルの300万人分投与量の寄付に対する歓迎メッセージの中で語った。
 ”もしインフルエンザ流行が貧しい国で発生したとき、我々はこれら薬剤を迅速に当該地域へ送り、流行地の人々に投与する予定だ。我々は、さらに他の国々に抗インフルエンザ薬の国際的備蓄に対する協力を求める”、と同氏はジュネーブの記者会見で語った。
 ”世界をインフルエンザの強毒株から守ることはWHOの重要な役割であるが、それは同様に全ての国家においても重要な役割のはずである。(WHOと各国間での)効果的に協調された行動は、死亡者数を減らすことができるだろうし、流行によりもたらされる社会的損害や破壊を減らすことも出来る”
 最初の鳥フル(H5N1)による人の死亡以来、WHOはウイルスが変異して、人人感染を起こし出すことを警告してきている。今回のウイルスとは株は異なるが、1918〜1920年に流行した、いわゆるスペイン風邪では2〜4千万人の人々が世界で死亡している。
 つい先週、WHOはH5N1ウイルスがロシアとカザフスタンへ流行域を広げていると警告したばかりである。今のところそれら地域では人での発生例は報告されていない。H5N1ウイルスが、より(鳥の間で)感染を繰り返していくならば、それだけ人の感染する可能性は高くなる。それはウイルスが人に適合してくる危険性、さらにはそれが世界的大流行に発展する危険性がある。そのように本日の国連ニュースで解説された。

 さらに国連発表のニュースの中で次のように述べられている。”世界的流行の時期と規模は分からないが、専門家達は大流行は起こると予想している。それ故、WHOは各国に予防計画を作成することを主張し続けている。その計画には、裕福な国家と貧しい国家が協働して、国内外における流行発生と拡大の機会を早期に阻止することと、死亡者数、感染者数、および社会的損害を減少させることが含まれなければならない”。
 抗インフルエンザ薬の使用や、早期の患者隔離および検疫で、(鳥型、または新型)インフルエンザの世界的流行拡大の時期を送らせることは重要で、その得られる時間でワクチンの製造が可能になる。
 本日ロッシュ社は300万人分のタミフル提供に合意した。
 タミフルはインフルエンザの発病率と死亡率を減じる。そして他の対策と組み合わせることで、インフルエンザの拡大の防止や、その速度の低下に役立つ。備蓄されているタミフルが流行勃発地に迅速に届けられるならば、とくに自国で薬剤を用意できない貧しい国々にとって非常な助けになるはずだ。
 これまで鳥フルに感染した人の数は112人と報告され、その中で57人が死亡している。全ては東南アジアで起きている。1億4千羽の家禽が感染して死亡、または流行拡大措置として殺処分されている。
・KAZAKHSTAN: Birdflu threat demands greater international response ... IRINnews.org (米国) カザフスタン:鳥フルの拡大脅威に世界の協力が必要
・Roche, WHO strike deal on global TODAYonline, (シンガポール) スイスのロッシュ社、WHOにタミフル300万人分提供
 スイスのロッシュ社は数週間に渡るWHOとの協議の結果、抗インフルエンザ薬のタミフルを鳥フルの世界的流行に備えて300万人分(3千万錠)提供することを決定した。これらの薬は流行勃発時に、迅速に当該地域のセンターに運ばれ、そこで流行地周辺の住民に投与される予定だ。WHOは、先進国にWHOのタミフル備蓄に協力することを要求している。WHOはインフルエンザの流行に備えて600万人分のタミフル備蓄を最近計画している。
・WHO hopes drugs will buy time against birdflu Metro Toronto (カナダ) WHO、抗インフルエンザ薬備蓄で鳥フル流行阻止計画
 WHOはスイスの大製薬会社のロッシュ社から、300万人分のタミフルの提供を受けることを発表した。鳥フルが人で流行した際、その初期に流行地域の住民に服用させることで、さらなる拡大を防ぐ目的だ。
・EU vets doubt effectiveness of curbs on poultry Financial Times, (英国) EU家畜委員会、鳥フル対策のための家禽飼育規制に疑問
 EUの家畜専門家(European Union veterinary experts)は、25日開催予定の会議で、シベリアからの鳥フル侵入対策として、ヨーロッパにおけるオープンスペースでの家禽飼育に対する規制に賛成しない予想だ。
 オランダ政府が今週、国内の全家禽飼育を閉鎖的飼育舎内に限定する通達を出したが、このような大規模の対策に対してヨーロッパでは意見の一致は見ていない。
 そのような対策の代わりにヨーロッパ委員会はブリュッセルの会議で、渡り鳥の監視態勢の強化や、農家に対する家禽の健康状態のチェックの強化に関する啓発などを、提唱することが予想されている。
8月24日

・EU prepared for prevention of birdflu: official Xinhua (新華社、中国) EU、鳥フル監視態勢確立
 ヨーロッパ感染症予防とコントロール(ECDC)の責任者は、24日、EUは鳥フル対策が整っていると語った。
 同氏によると、EUは感染症の警戒システムが構築されていて、もし感染症がヨーロッパで発生したとき、ECDCはEU各国に迅速なる情報の提供と予防対策に関してアドバイス可能となっている。
 ロシアとカザフスタンで流行している鳥フルに関して同氏は、鳥フルは鳥からのみ人に感染すると語った(現在のところ、人人感染は生じないのだ、と言う意味:訳者)。
 同氏はウイルスが人人感染を生じるように変異したとき初めて、鳥フルは世界中に拡大すると説明。そして2年以内に世界中に拡大するだろうと警告した。
 ECDCは2005年5月にスエーデンのストックホルムに設立され、EU加盟国の流行病の予防対策の協力態勢を推進する目的で運営されている。
・EU authorities meet to discuss birdflu spread ABC Online (オーストラリア) EUの専門家、鳥フル対策のため国際会議予定(25日)
・WHO says only 40 countries ready for birdflu MarketWatch (国際) WHO、鳥フル対策準備はわずか40カ国と
 ”世界は必ずしも十分に鳥フルに対して対策がとられていない”、とジュネーブのWHOスポークスマンの Dick Thompson氏は24日、記者会見で語った。
 ”我々は流行に対する備えは本当に必要だと考えている”、と同氏は言う。
 WHOは各国政府にロッシュ社のタミフルやグラクソ・スミスクライン社のリレンザのような抗ウイルス薬の備蓄を勧めてきた。
 両薬剤とも製造は複雑で、入手するまでに12カ月は要する。
 経口薬のタミフルは、インフルエンザの予防にも治療にも有効な薬剤として承認されている。ロッシュ社はヨーロッパの数カ国と備蓄用タミフルを契約していて、生産量は昨年倍増している。
 一方、吸入薬として売られているリレンザは、インフルエンザの治療用としてしか認められていないが、グラクソスミスクライン社は、米国とヨーロッパで予防用として使用してもらうことを計画している。
 リレンザはこれまで抗ウイルス剤として1%のシェアしかなかったが、現在生産量を増加していると言う。グラクソスミスクライン社では、将来20%のシェアまで増加することを期待している。各国政府が鳥フルの世界的流行に備えるための備蓄として、注文することが予想されているからだ。
・Birdflu found in another Siberian province Reuters (国際) 鳥フル、シベリアで新規発生事例
 ロシアの6地域で流行している鳥フルが、さらにシベリアのアルタイ共和国の別の地域での発生が確かめられた。ロシア当局はそのように24日発表したが農業省は拡大はすでに抑え込まれていると語った。
 アルタイ共和国の当局者によると、8月13日に採取された検体でH5型鳥フルと確認されたという。、
・Birdflu epidemic in Russia contained - agriculture minister RIA Novosti, (ロシア) ロシアの鳥フル、封じ込め対策続行中農業担当大臣談話
 農業大臣のAlexei Gordeyev氏は、ロシアの鳥フル封じ込め対策は継続中であると記者会見で24日、語った。
 同氏は、H5N1ウイルスは渡り鳥によってロシアにもたらされ、カザフスタン国境近くの6カ所の州とカスピ海の北西のカルミキアで流行を起こした、と語った。
 現在の主要な問題は、商業用の大養鶏場へのウイルス感染を防ぐことだ、大臣は語った。
・Europeans on alert for Asian birdflu International Herald Tribune (フランス) ヨーロッパに鳥フル警戒報
 ロシアからヨーロッパへ致死的鳥フル(H5N1)が拡大の危険性。これまでの情報をまとめて解説。
・Officials Lift Quarantines for BirdFlu The Moscow Times, (ロシア) ロシア、鳥フルのための隔離地域減少と
 カザフスタンに隣接するシベリア地域のいくつかの集落で隔離が解かれたとロシア当局者は語った。しかし非常事態省によると、一日130羽平均で鳥が死んでいると言われる(野鳥と思われる:訳者)
Deadly birdflu strain confirmed in Kazakh villages Malaysia Star (マレーシア) カザフスタンの村でで致死的鳥フルが確認
 先に鳥フル発生が確認されていた7カ所の村で致死的H5N1ウイルスが確認されたと農業省のスポークスマンは語った。
 しかしながら8月15日以来、新規発生地域はないと説明された。
・Hungary set to start vaccine trials on humans Bangkok Post, (ハンガリー) ハンガリー、人に対する鳥フルワクチンの臨床試験を開始
 ハンガリーは、国の医薬品倫理委員会の承認をえたならば、すでに動物での臨床試験を終えた人用鳥フルワクチンの臨床試験に入ると発表。150人の人を対象に行う予定。そこには医療当局の責任者も含まれる。
 接種後3週間で血液サンプルを採取して抗体の産生程度をチェックして、以後3および6カ月の時点でもチェックすると言う。
 臨床試験が成功したなら、WHOがウイルスが人から人へ感染しだしたことを確認した時点でワクチンの製造が開始される。
最初は保健医療関係者と高齢者に用いられるが、以後は誰でも接種可能と説明された。
・Duck farmers refuse to switch to closed-system farming Bangkok Post (タイ) アヒル飼育業者、閉鎖的飼育舎内での飼育を拒否と
・Flu fears could force free-range poultry indoors Financial Times (英国) 英国の農家、家禽飼育方法の転換に備える
 英国の環境省は、渡り鳥により英国に鳥フルが拡大する危険性は低いとし、政府は農家における家禽飼育方法をオランダのように閉鎖的飼育環境へ転換する指導を行わないと言っているが、25日のブリュッセルで開かれるEUの専門家会議の結果次第では、英国の農家でも飼育方法を変更しなければならないと、英国の農業関係者は考えている。
8月23日

・Deadly birdflu strain confirmed in Kazakh villages Reuters (国際) カザフスタンの村で致死的鳥フルウイルス(H5N1)が確認
 先に鳥フル発生が確認されていた7カ所の村で致死的H5N1ウイルスが確認されたと農業省のスポークスマンは語った。
 しかしながら8月15日以来、新規発生地域はないと説明された。
・Russia’s Top Vet Urges World Community to Help Fight BirdFlu MOSNEWS (ロシア) ロシアの家畜担当責任者、鳥フル対策に国際的援助が必要と
 ロシアの家畜担当責任者(A Russian veterinary official)は22日、ロシアの鳥フルは世界的に拡大する可能性を警告し、世界的対策に国際的基金による援助が必要であると発表した。



・Birdflu epidemic situation in Altai stabilizes ITAR-TASS (ロシア) ロシア、アルタイ州での鳥フルは沈静化の傾向
 新規の流行が発生していなく、沈静化の傾向と当局は発表。
・WHO expert warns short of drugs for new influenza pandemic Xinhua, (新華社通信、中国) WHO専門家は新型インフルエンザ流行に対して抗インフルエンザ薬が不足していると警告
 ”我々は次のインフルエンザ流行に対して備えは出来ているだろうか?”、WHOのインフルエンザ世界的対策計画の責任者である、Klaus Stohr氏はそう自問し、”ノー”と答えた。バンコクで21日から25日まで開かれる国際疫学会議で語った。
 多くの国はまもなく起きるかもしれないインフルエンザ流行に対して、国家的対策を十分立てていない、と彼は言う。
 ベトナムやインドネシアでH5N1ウイルスによる新規死亡者が報告されているし、ウイルスは渡り鳥により中国、モンゴル、シベリアに広がっている。
 唯一の可能性ある抗インフルエンザ薬であるタミフルの製造可能量は制限されている。
 さらに人に対するワクチンはいまだ利用できない。
 ”今、27カ国がタミフルを備蓄しているが、それらの全量でも地球上の全人口の2%しか対応とならない”、とStohr氏は警告する。
 ”もしワクチンが作られたとしても、その65〜70%はヨーロッパで作られ、それらの国での需要が満たされるまで、ワクチンは輸出されないだろう”、と彼は言った。
 過去3回の世界的インフルエンザ流行で(1918年、1957年、1968年)世界で1億人近くの人々が死んでいる。
・EU Sees Bird Migration Low Risk for Passing on Flu Planet Ark (英国) EU、渡り鳥による鳥フル拡大をそれほど警戒せず
 22日、EU委員会はロシアの6地域から渡り鳥によって致死的鳥フルウイルス(H5N1)が運ばれてくる可能性は低いと判断していると、発表。
 ”我々の分析では、危険は低い。しかし世界の専門家達の意見は分かれている”、とスポークスマンは語った。
 委員会では、EU25カ国に鳥フルが入ってくる可能性のためのさらなる対策は必要ないと考えていると説明した。
・Birdflu again detected in Japan poultry Fort Worth Star  (米国) 鳥フル、日本で再び検出
 日本の農業省(農水省)は、東京近郊の農場で、さらなる鳥フルの流行が確認されたと22日発表した。

 当局は茨城県の養鶏場でH5タイプの鳥フルウイルスを分離して同定したと声明を出した。
 感染が確認された養鶏場の中で、閉鎖された飼育場で飼われている未感染の鶏以外は全て殺処分される見通しだ。共同通信によると処分されるのは約26万羽に上るとされる。
 分離された株は強毒のH5N1ではなく弱毒株(H5N2)と思われる。
 他に茨城県の他の2養鶏場の鶏で抗体が検出されているが、ウイルスが検出されない限り鶏の処分は行わないと当局は発表、その代わり家禽の状況を注意深く観察すると言う。
・Britain rejects quarantine to protect poultry from birdflu Times Online (英国) 英国政府、鳥フル感染防止のための家禽飼育方法の変更を拒否
 オランダやドイツが家禽飼育方法の規制に取りかかっている中、英国政府も対応を迫られているが、22日夜、特に規制しないことを決定した。専門家達からの非難が相次いでいる。
・BirdFlu Again Detected in Japan Poultry Newsday (米国) 鳥フル、再び日本で検出
 茨城県の養鶏場の鶏で、H5型鳥フルウイルスが検出され、感染した鶏のいる鶏舎の鶏26万羽が殺処分されることになった。
 ウイルス株は弱毒株と考えられている。、
 他に2鶏舎の鶏で抗体が検出されているが、ウイルスが検出されない限り鶏の処分は行わないと当局は発表、その代わり家禽の状況を注意深く観察すると言う。
・European farmers move to halt deadly birdflu MSN Money (米国) ヨーロッパの農家は鳥フル対策に着手
 渡り鳥による鳥フル流行防止のために、オランダとドイツでは家禽のオープンスペースでの飼育が禁止され、渡り鳥などの野鳥と接触しないように閉鎖的飼育舎内での飼育方法に限定される。
 ロシア当局者は22日、鳥フル拡大を阻止するためには世界規模での対策が必要と語っている。
 その一方、EU委員会は鳥フルに対する警戒感はそれほど強くもっていなくて、さらなる強化対策は考えていないようだ。
 25日に専門家達とEU諸国の代表者が鳥フルに対する会議を開く予定になっている。
Flu measures urged for UK Channel 4 News (英国) 英国内で鳥フル対策が要求
 英国政府は、英国の家禽を鳥フルから守るための緊急対策を要求されている。
 鳥フルの渡り鳥からの感染の脅威は、オープンスペースでの飼育を禁止する要求につながってきている。
 オランダでは飼育舎内での飼育が通達され、ドイツとスペインでも似たような対策が予定されている。
 英国当局の専門家達は鳥フルの拡大は渡り鳥でもたらされており、この冬に英国に渡り鳥で鳥フルウイルスが運ばれてくる可能性を考えている。
 英国の家禽業者達は、オランダと同じく家禽飼育方法の規制について政府や環境省と相談している。
・EU nations split on response to threat of birdflu Financial Times (英国) EU諸国、鳥フルに対する対策で意見が分かれる
 オランダ、ドイツでの閉鎖的飼育舎内に限定した家禽飼育の指導に対して、英国では渡り鳥からの家禽への鳥フル感染をそれほど警戒していない故、対策はとられない。他。
・EU sees bird migration low risk for passing on flu Reuters India (インド) EU、渡り鳥による鳥フル拡大をそれほど警戒せず
 22日、EU委員会はロシアの6地域から渡り鳥によって致死的鳥フルウイルス(H5N1)が運ばれてくる可能性は低いと判断していると、発表。
 ”我々の分析では、危険は低い。しかし世界の専門家達の意見は分かれている”、とスポークスマンは語った。
 委員会では、EU25カ国に鳥フルが入ってくる可能性のためのさらなる対策は必要ないと考えていると説明した。
・No registered human cases of birdflu in Russia RIA Novosti (ロシア) ロシアで感染者は報告されていない
 8月22日の時点で人の鳥フル感染はロシアで確認されていないと、ロシアの関連当局は発表。
・Germany prepares for birdflu epidemic Monsters and Critics.com (英国) ドイツ、鳥フル流行に備える
 ドイツの専門家による世界的鳥フルの危険性の説明と、それに対する対策の必要性の説明。
・EU downplays western spread of birdflu across Russia TODAYonline, (シンガポール) EU、ロシアからの鳥フル拡大を軽視
 EUはオランダ当局が鳥フル感染を防止するために、家禽の飼育を閉鎖的飼育舎内に限定するように通達を出したことに関連して、鳥フルのヨーロッパ内への拡大をそれほど警戒していないと談話をだした。
 スポークスマンは、委員会はヨーロッパの中に鳥フルが拡大してきているという根拠を得ていない、と語った。
 ”最新のロシアからの情報では、一部の報道で伝えられたカスピ海沿岸で発生したという事実はない”、と説明している。
 ロシアの消費者権利保護局(Russia's federal service for protecting consumers' rights)は19日、ウイルスはウラル山脈を越えて、カスピ海沿岸のカルミキアで流行を起こした、と発表している。
 ”我々は事態を注息深く見守っているが、決して意味なく騒がせるようなことはしない”、とスポークスマンは語った。
 さらにスポークスマンは、”EUは今月12日に、ロシアとカザフスタンからの生きた家禽の輸入禁止措置を行ったが、それで十分な措置と考える”、と付け加えた。
・The Netherlands adopts new birdflu law Monsters and Critics.com (英国) オランダ、鳥フル対策新法発足
 オランダで、渡り鳥から鳥フルが感染するのを防ぐために、家禽を室内で飼育する義務を定めた新法が22日から発足した。
・Birdflu requires global fight, Russia says Reuters AlertNet (英国) ロシア:鳥フルは世界的対策が必要
 ロシア当局者は、致死的鳥フル(H5N1)対策はロシアやカザフスタンだけでなく世界的に協力して対策を立てる必要があると記者会見で語った。ウイルスは秋以降多くの国に渡り鳥により運ばれる可能性がある。問題は地域的なものではなく、世界全体のことなのだ、と語った。


・Birdflu quarantine lifted from seven villages ITAR-TASS (ロシア) ロシア、7つの村の隔離を解く
 
ロシアの、カルミキア、ノボシビルスク、オムスク、チュメニ、クルガン州の7つの村の隔離が解かれたとロシア当局が発表。
 また医学的モニターも終了した。
 鳥フルは計45居住地域で見つかり、野鳥と個人的農家の家禽で確認された。
 人での感染例の報告はない。
8月22日

・Japan reports new case of birdflu Radio Australia, (オーストラリア) 日本で新規鳥フル発生
 日本政府は東京の北東80キロの地域にある茨城県の石岡の養鶏場で、鳥フルの流行が確認されたと発表した。10万羽の鶏が殺処分される予定だ。同養鶏場では12の鶏舎で111万羽を飼育している。
 同農場は先週埼玉県で鳥フルが発見された養鶏場に鶏を納入していた3養鶏場の一つである。
 茨城県当局はウイルスが検出された鶏舎の10万羽の鶏を殺処分する予定だ。
・EU divided over birdflu risks EUPolitix.com (ベルギー) EU、鳥フルリスクに対して反応が分かれる
 EU諸国は鳥フルの緊急対策に関して意見が分かれていると、ヨーロッパ委員会は22日発表した。
 ヨーロッパ諸国の当局者と科学者達は25日、オランダの提唱する全家禽飼育を、閉鎖的飼育舎内に限定するという決定について話し合う。
 ロシアから致死的鳥フルウイルス(H5N1)が、渡り鳥で運ばれてきて家禽に感染する可能性に対しての対策が論議される。
 オーストリア、フランス、英国は、EUとしてフリースペースで家禽を飼育することの禁止に反対している。
・Japan hit by new birdflu case Forbes (国際) 日本で新規鳥フルが発生 下記と同内容
・Japan hit by new birdflu case ForexTV.com (米国) 日本で新規鳥フルが発生
 日本政府は東京の北東80キロの地域にある茨城県の石岡の養鶏場で、鳥フルの流行が確認されたと発表した。10万羽の鶏が殺処分される予定だ。同養鶏場では12の鶏舎で111万羽を飼育している。
 同農場は先週埼玉県で鳥フルが発見された養鶏場に鶏を納入していた3養鶏場の一つである。
 茨城県当局はウイルスが検出された鶏舎の10万羽の鶏を殺処分する予定だ。
・BirdFlu H5N1 virus has expanded its geographical range Medical News Today (英国) 鳥フルウイルスは地理的に流行地域を広げてきた

・Mixed reaction to birdflu in EU EUobserver.com (ベルギー) EU各国、鳥フルに対して様々な反応
 EUは隣国ロシアでの鳥フルの推移を神経質に見守っているが、そのヨーロッパにおける流行の可能性に関して各国の反応は様々である。
 オランダは22日から家禽は飼育舎内から外に出せなくなり、ドイツでも似たような措置が9月から実行される予定である。
 オランダの決定は、ロシアで流行している鳥フルウイルスが、いくつかの地域で致死的H5N1ウイルスと確認されたことによる。その株は東南アジアで60人もの人々を殺している。
 ロシアの鳥フルは西側に向かっていて、EUに拡大することが予想されている。
 ドイツの報道機関のDPA は、多くの渡り鳥が飛来してウイルスの拡大の危険性が高いイタリアも、英国、オーストリア、そしてフランスも、家禽の飼育法に関して何ら制限する計画はないという
 国により規制が違っていても、厳密な飼育方法をとるEU加盟国が、確固たる感染の危険性の根拠がない限り、他の規制が緩い加盟国からの輸入を禁止することは出来ない。
 ヨーロッパ委員会は、状況を注意深く見守り、もしEUのどこかで鳥フルが発生したときは、迅速なる警戒システムが発動される、と説明する。
 ”我々はロシア当局と密な連絡を取り合っている。我々はEUの中に迅速な警戒システムを持っている。もし必要な状況が起きたとき、我々は他の警戒対策も発動する”、と委員会のスポークスマンは先週語った。
 8月12日、委員会はロシアとカザフスタンからの羽根製品と生きた家禽の輸入を禁止した。
 EUの専門家達は8月25日、鳥フル対策を話し合う会議を開く予定になっている。
 もしウイルスが人人感染を生じるように変異したなら、世界的大流行が起きる恐れがある。
 WHOのインフルエンザ対策委員長のKlaus Stohrは、ドイツのラジオ放送で、もしウイルスが変異したなら、それは非常に早く世界に拡大するだろう、と語っている。 同氏によるとウイルスが世界中に広がるのに、せいぜい3〜6カ月しか要しないだろうと考えられているようだ。
・Migrating birds bring fear of avian flu New Zealand Herald (ニュジーランド) 渡り鳥が鳥フルを伝搬中
 カモや水鳥などの渡り鳥がこの冬に西ヨーロッパへ鳥フルを運ぶ可能性が出てきている、と専門家達はロシアの野鳥で鳥フルが拡大していることが報告されたことを受けて、そのように警告した。
 シベリアやカザフスタンの専門家達がH5N1ウイルスの鳥類における流行を明らかにしたが、その流行は間もなくヨーロッパへ広がると予想されている。
 昨日、ロシアでの流行地域40カ所が確認されたが、当局はさらに西シベリアのオムスク州で商業用大規模養鶏場として初めての流行が起きている可能性があることを発表した。流行地域はさらに78村落で広がっている可能性があるとされる。
・Officials Fear Flu Hit First Big Poultry Farm The Moscow Times (ロシア) ロシア:政府、大養鶏場での鳥フル発生を恐れる
 ロシアの報道機関は国内の商業用大養鶏場で致死的鳥フル(H5N1)が発生した可能性を20日に報道した。
 これまでロシア国内では、国内の食料供給に影響がほとんどない小農村だけに発生していた。
 インターファックス通信によると、西シベリア、オムスク州の健康当局は、142000羽近い鶏を飼育している商業用養鶏場でウイルスを検出した可能性があると、州当局の談話を発表した。
 もしウイルス検出が確認されたなら、全ての家禽の殺処分と周辺の検疫が開始される。
・Rome airport takes precautions against birdflu TODAYonline (シンガポール) ローマ国際空港で鳥フルに対する警戒態勢
 26日、ロシア当局はカスピ海沿岸のカルミキア共和国南部へH5N1ウイルスが達したと発表した。
 ローマ国際空港では鳥フルの侵入に対する予防策ととして、中国とロシアからの旅行客が呼吸器症状を呈しているときには、即病院へ隔離する態勢に入った。空港当局者は20日語った。
 また鳥フル感染地域から入国する旅行客の手荷物に家禽由来食品が見つかったときは、焼却処分されることになった。

H5N1ウイルスの電子顕微鏡写真
8月21日

・Farm quarantined over birdflu fears Billings Gazette (米国) ロシアで鳥フル発生の恐れから農場が隔離
・BirdFlu Suspected at Big Russian Farm Washington Post (米国) ロシアの大養鶏場で鳥フル発生の疑い−−致死的ウイルスが確認されたら、ロシア最大の鳥フル発生となる可能性
 ロシア当局は鳥フル発生の疑いでシベリアの大養鶏場を隔離した、とロシアの報道が当局発表を引用して20日報道した。もし確認されたなら、それは致死的ウイルスによる鳥フルのロシア初の大発生となり、国際的保健関係者達は致死的鳥フルが西ヨーロッパに近づいたとして重大な関心を抱いている。 
 鳥フル感染疑いで、142000羽の鶏がシベリアのオムスク州の商業用養鶏場で監視されている。同地はモスクワの1400マイル東方にあたる。致死的H5N1鳥フルウイルスは先月シベリアで確認されているが、それは野鳥の間と小さな家族農家の鶏に限られていた。
 
 鳥フルはベトナム、タイ、カンボジアで昨年の初め以来少なくとも61人死亡させているが、犠牲者のほとんどは農業従事者や家禽飼育者で、鳥達と密接に接触していた。アジアでは数百万羽の鳥達が鳥フル拡大を防ぐため殺処分されている。
 WHOは鶏、アヒル、野鳥に感染しているウイルス株が、簡単に人の間で感染するタイプに変化することを警告している。正確な感染様式は不明で、感染した鳥を摂食することで感染するかどうかについても、現在まで最終的結論は出ていない。

 WHOは18日、ロシアにおけるH5N1ウイルスの拡大は、それだけウイルスが人に暴露する機会を増やすことになるので、重大なことだと声明を出した。
 ロシア政府は先月ウイルスがロシアで発見されてから人での感染者は出ていないと言っている。
 
 ロシア消費者権利保護当局(Federal Consumers Rights and Welfare Agency)は感染地域の地図を作り、各地域に感染拡大予防のための衛生用品などを配布している”、と発表した。
 ロシアはまた先月、鶏や他の鳥類の健康状態の観察を強化している。
 ロシアの商業用養鶏場には、233百万羽の鶏がいるとされる。養鶏場内へのウイルスの侵入はロシアの経済への大きな打撃となるだけでなく、ヨーロッパ連合を含む近隣諸国への影響も大きい。
 各国当局は、9月に入ると渡り鳥がロシアから南方へ移動することになり、その際ウイルスが黒海を越えて東南ヨーロッパと北アフリカへ運ばれることを恐れている。関連地域の国々とヨーロッパ連合はロシアからの羽根や生きた家禽の輸入を禁止しだした。
 ”我々は最悪のシナリオを想定している”、とドイツ消費者保護省の長官は、家禽のオープンスペースでの飼育を禁止した際、語っている。
 オランダ政府も家禽飼育を閉鎖的飼育場内に限定するように通達を出し、また英国政府は家庭医に50ページからなる「鳥フルガイドブック」を配布する予定になっている。
 一方、WHOはスイスの製薬会社ロッシュ社と提携し、300万人分のタミフルを備蓄する予定のようだ。またWHOと他の保健当局者達は、鳥フルが世界的に流行した際には、現在、世界的に十分量のワクチンを供給できる体制にないことを表明した。
 
 ロシア当局はもし鳥フルが確認された場合は、当該農場の全ての鶏を殺処分する予定と語っている。
 ロシアでは約11000羽の鳥が鳥フルで死亡し、小農場でこれまで127000羽の鳥が殺処分されている。40近い村落で鳥フルが発生し、78カ所で観察中と言われる。しかしヨーロッパで導入された、家禽を室内に隔離して飼育する方式は、ロシアの小農家では実行は難しい(拡大を抑え込むのは非常に困難と考えられている)。

 つい先日(18日)、ロシア家禽農場は、消費者の不安を取り除くために、鳥フルは商業用養鶏場で発生していないと表明したばかりだ。
 ”全ての対策は前もって立てられていて、鳥フルは我々の養鶏場には何ら影響を与えていない。そして状況は今後もモニターされ続ける”、とロシア家禽連合の長官はインターファックスに語っている。
 国連のFAOは出来るだけ早くにロシアを訪れ、鳥フル対策のアドバイスを行う予定としているようだ。
・Flight H5N1 is approaching Britain. Brace for impact Telegraph.co.uk (英国) 英国へH5N1ウイルスが渡り鳥によって接近の危険

          
・Migrating birds could bring deadly flu to UK this winter Independent (英国) 渡り鳥が今冬英国へ致死的鳥フルを運んでくる可能性
 ロシアでH5N1鳥フルが拡大していることを受けての報道。英国の専門家達は今冬渡り鳥によってウイルスが英国にもたらされる危険性を警告している。

・Kiwis stockpile birdflu drugs Stuff.co.nz (ニュージーランド) ニュージーランドの人々はタミフルを備蓄し始める
 いつ起きても不思議ではないと専門家が語る世界的鳥フル流行に備えて、ニュージーランドでは鳥フルを心配する人々がタミフルを備蓄し始めている。
 医師達は多くの患者達が自分達や家族のために薬を集めていると言う。
 オークランドの家庭医のサイモン医師は、彼と家族、そして友人達のために2500ドル相当のタミフル40パックを注文した。
 彼は流行は多くのニュージーランド人を死亡させると信じている。
 ”それは起きるかどうかという問題ではなく、いつ起きるのかが問題で、それは明日かも知れない。自分はそのように考えている”、と彼は説明する。
 ウイルスがどのように感染し、どのように人々を発病させるのかはあまり分かっていないが、ニュージーランド健康省は、ニュージーランドの35%(140万人)程度の人々が感染する可能性があると計算している。
 鳥フルは20%の死亡率と言われる。すなわち28万人近くのニュージーランド人が死亡する計算となる。
 政府は80万人分のタミフルを発注している(人口の20%)。これらは最初に保健医療関係者の治療に使われると思われる。
 タミフルはウイルスが細胞から他の細胞に広がるのを抑える。しかし現在東南アジアやロシアで流行している鳥フルにどれだけ有効か不明だ。
 タミフル製造会社であるロッシュ社によると、昨年タミフルの発注量は5倍に上ったと言われる。
 家庭医達によると健康省のタミフル備蓄に関してあまり信頼していないため、自分達で備蓄する傾向が強いと言う。
 ほとんどの家庭医達は、自分や家族の危険性よりも、彼等が日々診ている患者達に対する、医の倫理的反応から備蓄しているようだ。
 家庭医達は、鳥フルに対する医師達への情報や、どのように政府が対処する計画を立てているのか等、あまりにも情報が少ないので当惑している。
 英国健康省は全国の家庭医達に、「鳥フルガイドブック」なる、鳥フルの診断、流行に対する備えや、患者達への説明リーフレットなどからなるパックを発送すると言う。
 アジアでは医師達が、欧米が鳥フル流行に備える薬剤を独り占めするのではないかと心配している。
 ウエリントンに住むある母親は、彼女と、夫、2人の子供達、そして彼女の母親のために、保険をかけるつもりで、タミフルの処方を頼んだという。彼女はタミフル10錠に85ドルの投資は高額だけど、心の平穏には価値があるという。(成人の場合、1日2錠づつ服用して10錠必要:訳者中)。
 先のオークランドのサイモン医師は言う。
 ”私は自分自身、家族、家族の知り合い達のためにタミフルを備蓄した。…、もっとも私の子供達はインフルエンザに対してハイリスクではないが、私は万が一の場合に備えて彼等の分まで用意している”。
 サイモン医師によると、インフルエンザでもないのにタミフルを服用して、タミフルを浪費している愚かな人々(danger people)がいると言う。
 「ProCare」の医学責任者であるカメレオン博士は、タミフルを個人的に購入している人々は80ドルを捨てているに等しく、他の人々が必要としている備蓄すべき量を取り上げているようなものだ、と言う。
 タミフルを十分備蓄できている国はない。(鳥フルに対する)最善の武器は(患者の)隔離と、(ウイルスの)封じ込めである。
 健康省は必死に流行に対する対策を立てている、”タミフルはメシヤ的存在ではない。我々にとって最も重大な対策は、ワクチンが開発されるまで、如何にウイルスの拡大を防止するかなのだ”、と健康省は言う。
 カメレオン医師はタミフルを購入しない。もしインフルエンザが流行した場合は、彼の家族を遠くへ隔離すると言う。
 ”それは本当に嫌な病原体だ。世界は生き残るだろうし、我々も生き残るだろう。しかし多くの犠牲者も出るのは間違いは無い。我々はこの国に起きる衝撃を最低限にする義務がある”、と彼は言う。
 ロッシュは政府が発注したタミフル80万人分の半分をすでに届け、残りは本年度末の予定となっている。
・Russian poultry in birdflu fear Scotsman (英国) ロシアの家禽農場、鳥フル大発生の恐れ
 西シベリアのオムスク近郊の大養鶏場で鳥フル(H5N1致死的鳥フル)が発生した可能性があり、家畜衛生当局は周辺を隔離したと、ロシアの報道機関が報じた。
 もし鳥フル感染が確認されたなら同農場の142000羽の鶏は殺処分される予定という。
・Russia fears birdflu cases in major farm - report Metro Toronto (カナダ) ロシア、大養鶏場で鳥フル発生の恐れ
・Russia fears birdflu cases in major farm (updated PM 11:48) China Post (台湾) ロシア、大養鶏場で鳥フル発生の恐れ
・Russia fears birdflu cases in major farm - report Swissinfo (スイス) ロシア、大養鶏場で鳥フル発生の恐れ
・Russia fears birdflu cases in major farm - report Reuters (国際) ロシア、大養鶏場で鳥フル発生の恐れ

オムスク州:シベリアとウラルの境界
 これまで小さな村での鳥フル発生が主であったロシアで、オムスク郊外の大養鶏場で発生した疑いがあり、当局は周辺を緊急隔離した、とインターファックス通信は報じた。もし検査で確認されたら142000羽の鶏全てが殺処分される予定となっている。
 すでにオムスク州で確認されている致死的H5N1株と考えられている。
 ”人々の間で感染した事例は起きていない。さらなる大量の鳥の感染死を防ぐために、ロシア消費者権利保護当局(Federal Consumers Rights and Welfare Agency)は同地域の地図を作り、各地域に感染拡大予防のための衛生用品などを配布している”、と同局のスポークスマンは語った。
 専門家は鳥フルがさらに渡り鳥で世界中に広がり、世界的流行が起きることを恐れている。
 19日朝、西シベリア全体で40の村での鳥フル発生が公的に確認され、さらに他の78の小さな居住地域でも疑いがもたれている。ロシア農業省が発表している。
 この2,3週間、ロシアヨーロッパ地域(モスクワも含めて)の家禽農場や、家禽とさつ場では、鳥フルが家禽を通して人々に感染することを予防するためチェック態勢を強化している。
8月20日

・Birdflu found in wild migratory birds Monsters and Critics.com, (米国) モンゴルの渡り鳥からH5N1ウイルスを検出
 先週モンゴルの渡り鳥からの検体を調べていた米国農業省は、強毒性のH5N1ウイルスを検出したと発表しした。
・Authorities in Europe Try to Limit Spread of BirdFlu Voice of America (米国) ヨーロッパの政府当局は鳥フル拡大阻止対策に乗り出す
 オランダとドイツの農業省は、国内での家禽飼育を飼育舎内に隔離して行うように通達を出した。H5N1ウイルスに感染した渡り鳥との接触を阻止する目的だ。
・Germany acts to prevent spread of birdflu Financial Times (英国) ドイツ、鳥フル拡大に備える
 ウラル山脈を越えて鳥フルが拡大してくる可能性から、ドイツ政府は19日、家禽のオープン・スペースでの飼育の緊急制限の通達を出した。
 消費者保護省の長官は、”我々は最悪のシナリオに備えている”、と語った。
 ドイツの農家は、中央アジアから9月に到来すると予想される渡り鳥からウイルスが感染することを防止するために、家禽(鶏)を飼育舎内で隔離することが通達された。
・Dutch chickens locked up over birdflu fears Times Online (英国) オランダの鶏は飼育舎内に隔離
 オランダ政府は全ての商業用家禽農場に対して22日から、室内で飼育するように通達を出した。
 これはロシアの鳥フルが、シベリア西方へ拡大、そしてヨーロッパと地中海へ拡大する可能性が出てきたことによる措置と説明された。
・Europe acts to prevent birdflu Euronews.net (フランス) ヨーロッパ、鳥フル対策に着手
 オランダとドイツで家禽のオープン・スペースでの飼育が禁止され、閉鎖飼育舎内で野鳥との接触を避けるように通達。
 英国では家庭医に「鳥フル対策用ガイドブック」が配布される。
・Pandemic Influenza vaccine may appear in Russia in mid-winter RIA Novosti, (ロシア) 鳥フル対策用人ワクチン、次冬期中旬に完成
 人用鳥フルワクチンの試験的製品が来年の1月〜2月に完成予定と、ロシア消費者権利保護当局(Federal Consumer Rights Protection Service)が19日発表した。ワクチンは不活化ワクチンで、「パンデミック・インフルエンザ・ワクチン」と呼ばれる。
 新ワクチンは、人用インフルエンザ・ウイルスと鳥型インフルエンザ・ウイルスの遺伝子組み換え技術を応用して作製される。
 ワクチン用のウイルス株は、英国の研究所(British National Institute for Biological Standards and Control (NIBSC).)から購入されるが、NIBRG-14インフルエンザ株と称される。
・Poultry to stay indoors as Dutch fend off birdflu Expatica (オランダ) オランダ:鳥フル侵入対策として家禽を飼育舎内での隔離へ
 渡り鳥の移動シーズンを迎えて、オランダ農業省は来週月曜日から(22日)、家禽の飼育を閉鎖された飼育舎内に限定する規則を適用すると19日発表した。すでに18日、ドイツでも似たような禁止規則が発表されている。
・British doctors gear up for birdflu pandemic Reuters (国際) 英国政府:英国の家庭医に鳥フル対策用ガイドブックを配布
 来月、英国政府は人での鳥フル対策として、WHOの指導に従ったガイドブックを国内の家庭医に配布する。
 50ページに渡るガイドブックには、人での鳥フル診断方法と流行の防止方法などが記載されている。他に患者用に説明が書かれた小冊子も加えられている。
・Flu vaccine production capacity inadequate in emergency: WHO TODAYonline (シンガポール) WHO:緊急時にはインフルエンザワクチン製造能力は十分ではない
 下記内容の他に;
  世界は例年通りのインフルエンザワクチン製造が必要で、新型インフルエンザ(鳥型が想定されるが)用のワクチンが緊急に必要になったとしても、十分量は作製できない。
 また製造ワクチンの90%は欧米用であって、世界的需要には対応できていない。
   等。
・Flu vaccine production capacity inadequate in emergency - WHO Forbes (国際) WHO:緊急時にはインフルエンザワクチン製造能力は十分ではない
 WHOは新型インフルエンザが発生した場合、それに対する世界のワクチン製造能力が十分ではないと警告した。
 最近の世界的ワクチン開発・製造の状況は、流行時の世界に対する供給能力は不十分で、迅速に対策を論じることも出来ない、とWHOは見解を発表した。
 今月初めにH5N1鳥フルウイルスに対するワクチンの臨床試験が初めて成功したと発表されたとき、WHOはニュースを歓迎する意向を表した。
 しかし、現実に応用する上でのいくつかの問題点も指摘された:製造能力と流通経路。
 WHOはさらにこのフランスのSanofi Pasteur社と米国の科学者が行った臨床試験の内容に関しても、問題を提起した。
 それは使用できるワクチン用抗原量に限界が
あるにも関わらず、接種ワクチンには高濃度の抗原を使用している。そのためWHOは、より低濃度の抗原量を使用したワクチンによる臨床試験結果を、この3カ月以内に得手欲しいとコメントしている。
8月19日

・Birdflu spreads to new village in Kazakhstan Reuters AlertNet (英国) 鳥フル、カザフスタンの村で新規発生例
 北部カザフスタンの村で鳥フルの新規発生例が確認されたと当局は発表した。
・GPs to receive advice on birdflu epidemic Telegraph.co.uk (英国) 英国健康省:家庭医に鳥フル流行に関する情報と対処方法のアドバイスを提供
 下記と同じ内容
・Birdflu pandemic advice to doctors Daily Mail  (英国) 医師達へ鳥フル流行に際してのガイドを配布
 英国の家庭医(GP:General Practioner)は、健康省から鳥フル流行に対して如何に対処するかを説明したガイドブックを受け取る予定だ。
 多くの専門家は鳥フルの世界的流行はいつ起きても不思議ではなく、仮定の問題ではなく時間の問題だと言っている。
 世界で5千万人に達する犠牲者が出ることも可能性として考えられ、英国でも5万人以上の死者が予想されている。
 英国における対策の一環として、健康省は家庭医と他の初期医療関係スタッフに情報と対策をまとめたパックを来月送る予定である。
 パックの中には、医療担当責任者による、50ページの「インフルエンザ流行解説書」が含まれる。 またさらに患者用に、「インフレンザの流行ーあなたとあなたの家族のための重要な情報」というタイトルの小冊子が50部含まれている。
・Avian flu kills 140,000 birds in Russia - ministry Interfax Russia (ロシア) ロシアで14万羽の鳥が鳥フルで死亡
 ロシアのシベリアとボルガーウラル地区で、鳥フルにより14万羽近くの鳥が死亡、または拡大阻止のために殺処分された。非常事態省がインターファックス通信に語った。
 11000羽が鳥フルで死亡し、127000羽が殺処分された。
 ”死んだ鳥からの血液検査でA型H5ウイルスが検出されているが、それは人には危険性がないタイプである。ほとんどの鳥は東南アジアからの渡り鳥から感染している”、と非常事態省は語った。(危険性がない株、すなわちH5N1株ではないと確定はされていない。ノボシビルスク州ではH5N1株であることが確定されているから、この発表は矛盾する。ロシアで流行している株はH5N1であることは一般的事実となっているし、東南アジアからの渡り鳥によってもたらされたものなら、H5N1株である。この発表内容は当局の間違いか、報道の間違いか、どちらかと思われる:訳者)。
 人の間での感染例は報告されていないとスポークスマンは語っている。
・Birdflu confirmed in 40 Russian settlements, suspected in 78 ITAR-TASS (ロシア) 鳥フル、ロシアの40地域で確認、さらに78地区でも疑い
 アルタイ州、チュメニ州、オムスク州、クルガン州、チェリャビンスク州、ノボシビルスク州などでさらに感染地域が確認されている。
・Japan halfway through birdflu checks on farms Reuters (国際) 日本、国内農場での鳥フルチェック、半数を終了
 日本の当局(農水省)は、国内の農家における鳥フルの検査が約半数を終了したと、19日発表した。前日には、この検査の過程で新規感染農場が見つかったばかりだ。検査は9月16日に終了予定となっているが、6月下旬に東京の北方の茨城県のいくつかの農場で鳥フルの弱毒株が検出されてから行われている。当局はこれまで1270の農家の検査を終えている。
 18日、当局は首都の側の埼玉県で新規鳥フル発生例を確認した。これは全国的に検査を開始して以来最初に見つかったケースである。当局はさらに詳細な検査を行っているが、専門家はH5N2株と考えているようだ。
 拡大予防のために埼玉県の農場の全鶏98300羽は、殺処分される予定となっている。そして半径5キロ以内での鶏と卵の移動(輸送)は禁止されている。
 先の茨城県での鶏からは弱毒株のH5N2株が検出されている。
 昨年、日本は79年ぶりに鳥フルが発生し、強毒株のH5N1株が検出されている。この株は現在ベトナム、タイ、カンボジアで50人以上の人々を死亡させている。
・Roche close to deal with WHO on birdflu drug Financial Times (英国) ロッシュ社、WHOにタミフルの提供了解する
 スイスの製薬会社のロッシュ社は、鳥フル対策のためにWHOに300万錠(doses)のタミフルを提供することに合意した模様。
 この行為は東南アジアの貧しい国々で鳥フルが人の間で流行したとき、迅速なる対応(予防と治療)を可能にするものである。
・Avian flu, H5N1, identified in wild Mongolian birds Mongabay.com (モンゴル) モンゴルで流行の鳥フル、H5N1と確定
 米国農業省は先週モンゴルで発生した鳥フルウイルスを分析していたが、H5N1株であることを確認した。
Chinese Farmers Still Wary of BirdFlu Los Angeles Times (米国) 中国農家はいまだ鳥フルを心配している
 (AP通信記者による取材記事)
 新彊ウイグル自治区の省都Urumqi近郊のChangji市の養鶏農家を取材し、中国当局は鳥フルは完全に制圧したというが、近郊のシベリアやカザフスタンで流行が拡大していることから、再び同地域へ鳥フル流行が戻ってくることを恐れている状況と、中国政府の現時点での対応などについて記載。

 6月に離れた場所の農家で鳥フルが見つかったとき、同農家にも大きなトラックがやってきて2700羽の鶏が、鳥フル拡大防止のために運び去られたと言う。
 政府は鳥フルは制圧されたと言っているが、すぐ北方のロシアで鳥フルが流行中と聞かされ、農民はいつ自分の農場に鳥フルが舞い戻るか不安だと語る。農家では毎日1回は飼育舎や囲いを消毒し、訪問者は動物たちに近づけないようにしていると言う。家禽飼育は生活のためだから鳥フル発生は非常に心配だ、そのように農民は語る。
 
 専門家達はウイルスは中国で毒性を強めて多くの(野生の)鳥を殺している。以前は野生の鳥達はウイルスに抵抗性を示していた。
 WHOHA新疆省への調査を中国当局へ申し入れているが、中国はいまだ回答を出していない。そのことは中国の状況が、当局が報告している以上に悪化している不安を呼び起こしている。中国の指導者達は以前情報隠しをした経緯がある(2年前のSARS流行に際し)。
 WHOは、鳥フルが現在流行している西シベリアおよび東カザフスタンと国境をなす、かって流行していいた新疆省の状況を知ることで、正確に流行の実態を把握出来るから、中国当局に新疆省の調査の申し入れを要求し続ける、と語っている。
 以下省略。
 当記事は全米の報道機関で掲載。
・Great Depression fear if pandemic hits The Standard (香港) 鳥フルが世界的流行した場合は、世界的大恐慌に
 経済アナリスト達は、鳥フルが世界的に流行した場合、世界の経済は1930年代に起きた大恐慌と等しい事態に陥ると分析している。
・WHO urges close birdflu watch in Russia, Kazakhstan Reuters AlertNet (英国)
 WHO本部は昨日、ロシアとカザフスタンでの鳥フル発生の監視態勢の強化と、感染した鳥に接触した人々での呼吸器疾患発生の監視を強めるように求めた。
 下記のWHOの声明内容に基づいた記事。
・UN health agency voices concern over birdflu spread, urges ... UN News Centre (国連ニュース・センター) 国連健康機関、鳥フル拡大を懸念、予防態勢の強化を訴える
 国連健康機関は最悪の場合、人に致死的感染を起こすように変異する可能性の高い鳥フルの流行地域の拡大を懸念し、監視態勢の強化と迅速な予防対策を開始することを求めた。
 H5N1鳥フルがロシアとカザフスタンで現在広がっていることから、”さらに他の地域へ拡大する可能性は否定できない”、とWHOは最新のH5N1に関する声明で訴えた。
 ”ウイルスが地理的に拡大していることは、それだけ人へ暴露する機会が多くなっていることから、極めて重大なことだ。人に感染するケースは、変異や遺伝子の再集合などにより、ウイルスに人への感染様式を改善する機会を与える。ウイルスが人人感染を起こすようになると、それは世界的大流行の開始となるのだ”、とWHOは付け加えた。
 WHOは科学者達に繰り返し、H5N1ウイルスの性格の変化の分析の必要性が、それが世界的流行を起こすリスク評価のために、重要であると言ってきた。いわゆるスペイン風邪が1918年〜1919年に流行した際には世界で2〜4千万人死亡した。
 昨年1月にベトナムとタイで鳥フル(H5N1)の広範な流行が始まって以来、100人以上の人での感染例が報告され、約50人死亡している。過去1年、東南アジアで1億4千羽近い家禽が死亡、あるいは鳥フル撲滅のために殺処分された。
 最近のロシアとカザフスタンの流行では人の感染例は報告されていない。
 WHOは、家禽における鳥フルの流行と、渡り鳥の死亡についての監視態勢を強めるように求めてきた。そして迅速なる予防対策の導入と、鳥フル流行のあった地域における、人での呼吸器疾患に対する監視態勢の強化を図る必要もある、と言う。
 発病した人や動物からの臨床材料や,、ウイルスのWHOを中心とした関連機関への提供は、今後の世界的流行の可能性を評価したり、ウイルス開発のためなどにとって重要である。
 WHOの最新の声明では以上のように語っている。
・Russia to create birdflu vaccine - Onishchenko Interfax Russia (ロシア) ロシアで人用鳥フルワクチン開発へ
 ワクチン株はWHOから提供されたH5N1を用いる。
8月18日

・Japan finds new birdflu case on farm near Tokyo Malaysia Star (マレーシア) 日本、東京近郊の農場で鳥フルの新規発生例
 下記と同じ内容。
・Japan finds new birdflu case on farm near Tokyo Reuters AlertNet (英国) 日本、東京近郊の農場で鳥フルの新規発生例
 日本で東京近郊埼玉県の農場で新規鳥フル発生事例が確認されたが、ウイルス株はアジアで流行している強毒タイプではないものと考えられる。地方行政担当者が18日、語った。
 農場の数羽の鶏がH5株に対して陽性反応を示した。さらに亜型に関して分析中と言う。詳細なる結果が出るまで明確なことは言えないが、強毒株ではないと思われる。埼玉県の担当者が語った。彼によると株は先に茨城県で検出されたH5N2株と思われるようだ。
 ガイドラインに従えば、感染鶏が発見された農場の98300羽の鶏全てが殺処分され、半径5キロ以内の地域での鶏や卵の移動は禁止される予定だ。
・Birdflu detected at chicken farm in east Japan Xinhua (新華社通信、中国) 東日本の養鶏場で鳥フルが検出
 東京近郊の埼玉県鴻巣市の養鶏場で鳥フル検査で、陽性結果が確認された
 農林水産省では夕方から緊急対策会議を開く予定となった。
・Germany considering measures to prevent birdflu Reuters AlertNet (英国) ドイツ、鳥フル対策を強化
 野鳥との接触を防ぐために一時的なオープン・スペースでの飼育の禁止。
 国外から鳥が運び込まれるのを厳重にチェック。
 人に対するワクチンの準備
      等
・Russian birdflu heads west The Observer (英国) ロシアの鳥フル西側へ拡大
・BirdFlu Virus Wings Westwards Deutsche Welle (ドイツ) 鳥フルウイルス西側へ拡大中
・Vietnam intensifies fowl vaccination against birdflu Xinhua, (新華社通信 中国) ベトナム、家禽への鳥フルワクチン接種を強化
 ベトナムは11月中旬までに国内の家禽に対する鳥フルワクチン接種を完了する予定としている。18日、地方紙が政府当局の談話として報道した。
 主として鶏とアヒルが64の市と省のうち47カ所で、H5N1またはH5N2鳥フルワクチンを接種されるが、その最初の接種は9月1日から11月15日までの間に行われ、来年度さらに接種が行われる。
 2005年〜2006年に合計2億羽の家禽に対して行われるワクチン接種の費用は、4430万ドル(44億3千万円)となる。ベトナムは41500万羽用のワクチンを中国とオランダから購入して、来月末までストックする予定である。
Birdflu spread to Europe would increase danger, but would be easier to control, experts say  North County Times, (米国) 鳥フルはヨーロッパへ拡大していて危険性が大きくなっているが、対策はそれほど困難ではない、と専門家は語る
 下記と同じ
・Experts Discuss Possible BirdFlu Spread Washington Post (米国) 専門家が鳥フル拡大の可能性について会議を開催
 下記と同じ
・Experts Discuss Possible BirdFlu Spread New York Newsday (米国) 専門家が鳥フル拡大の可能性について会議を開催
 (ロンドンAP通信)鳥フルがロシアからヨーロッパに向かってきているが、保健専門家達は、17日、ヨーロッパはウイルスが定着し、人々の間で蔓延する前にウイルスを封じ込めることが出来るだろう、と楽観的予想を語った。
 ”確かに西側ヨーロッパにウイルスはやってくるだろうし、我々専門家の間で異論を呈すものはいないはずだ”、と米国ミネソタ大学の鳥フル専門家で、感染症研究と対策センター長のMichael Osterholm博士は言う。
 しかし彼も他の専門家達も、状況は心配だが、ヨーロッパは東南アジアとは異なり、鳥フルに対して迅速に対応できる科学的備えがあると語っている。
 ヨーロッパに(H5N1)ウイルスが拡大してきたときのシナリオは東南アジアの場合と異なるだろう、とFAOの動物衛生専門家であるuan Lubroth博士は言う。
 単に発生の早期発見が可能というだけではなく、東南アジアのように人々は動物に密に接触して生活していない。
 ヨーロッパの家禽飼育場は外界と隔離されており、東南アジアのように、ウイルスの伝搬動物と考えられる野生のアヒルと接触することはない。
 イタリアとオランダは近年鳥フル流行を早期に食い止めた実績がある。
 また専門家達は、ヨーロッパの保健医療システムは、人獣共通感染症の発生に対して十分考慮されている。
 ”理論的に言うと、早期の発見により、人の間での流行は防ぎ得ると考えられる。そうなればウイルスには、人人感染を容易に起こすような変異の機会がなくなる”、とLubroth博士は説明する。
 17日、ロシアの家畜保健衛生関係者は、モスクワの750マイル東方に位置して、ロシアのアジア部分とヨーロッパ部分を分けているウラル山脈から、鳥フルか拡大してくるのを防ぐ目的で、数千羽の鳥を焼却処分した。
 ロシアでの鳥フル流行は東南アジアから渡ってきた2種類の野生の鴨によりもたらされたと、家畜衛生省のスポークスマンは説明している。
 ロシアの公衆衛生当局の責任者は今週、ウイルスは黒海とカスピ海に今年遅くに到達する可能性があると語った。そしてそこから中東と地中海へ広がり、そして来年の春までにはヨーロッパ・ロシアへ広がるだろう、と警告した。
 ヨーロッパの家禽農場に対する危険性は現実的にある。もっとも心配しなければならないことは、ウイルスが変異して人に致死的で、かつ人人感染が容易に起きるようになることである。ほとんどの世界的流行インフルエンザ株は鳥フルウイルスが源となっている。最近アジアで流行しているウイルスは人を殺しているが、人の間では流行が拡大していない。
 しかしながら、 Osterholm博士は、ウイルスが鳥から鳥へ感染するたびに、変異する可能性はあるのだ、と言う。
 ”これは遺伝子のルーレットのようなものだ”、と博士は説明する。”全てのウイルスの感染の機会は、そのたびに人人感染が容易に生じる変異の可能性を呈しているのだ”、と語る。
 科学者達はシベリアから西ヨーロッパを越えてアフリカに至る渡り鳥のルートをモニターしている。
 バードウオッチャー達と鳥類学者達のネットワークは、オランダで野鳥からの排泄物を週1回集めて、エラスムス大学のウイルス学者であるAlbert Osterhausを中心として、ウイルス拡大の調査をしている。これまでのところH5N1ウイルスは発見されていない。
 17日、Osterhausのアドバイスに従ってオランダ当局は家禽農家に対して家禽を飼育舎内で隔離して飼育するように通達を出した。
・Birdflu spreads in Russia Washington Times (米国) ロシアで鳥フルが広がる
 17日、ロシア農業省は鳥フルが拡大中で11万3千羽の鳥がすでに死亡していると発表した。
 特にシベリアのノボシビルスク州での流行が大きく、7万羽の鳥が死亡し、15地域で鳥フルが流行している。
 ロシア政府はロシアの35地域(市町村)で鳥フルは流行しているが、他に69カ所でも流行している可能性があると発表している。
・Russia: epidemic of the birdflu extending Agrimarket Consulting, (ウクライナ) ロシア:鳥フル流行が拡大中
 ロシアの鳥フル対策にはさらに政府からの資金援助が必要で、拡大防止には対策強化が必要と、保健衛生担当の高官の談話を引用している。
・Vietnam's mass bird vaccination to end in November San Diego Union Tribune (米国) ベトナムにおける大量の家禽に対するワクチン接種は、11月に終了
 ベトナムの冬期間に入る前の11月15日までに、全国の家禽に対するワクチン接種を終了予定と、副大臣が談話。来年の正月(旧歴)には安心して鳥の売買が行われるだろうと付け加えた。
・The Coming Avian Flu Pandemic New Socialist Group (カナダ) 予想される(人での)鳥フル流行
 南部インドのカルナタカ州のカウベリー河周辺にはすでに渡り鳥のガンの第一陣が到着している。これから10週間の間に10万羽以上のガン、カモメ、ウが中国西部の夏の繁殖地である青海湖から、インド、バングラディシュ、ミャンマー、そして最終的にはオーストラリアへも向かって飛び立つ。
 これらの美しい渡り鳥がある率でH5N1ウイルスを運び、現地の水をウイルスで汚染する。そこでウイルスはヨーロッパからの渡り鳥や国内の家禽へ感染する可能性が出てくる。最悪のシナリオを想定するならば、これらの状況は、鳥フルを人口密集地帯のスラム街にもたらすことだ(ダッカ、カルカッタ、カラチ、ムンベイ)。
 以下続く(総説)
・Third birdflu-affected area detected in Chelyabinsk Region. ITAR-TASS, (ロシア) チェリャビンスク州で鳥フル発生3番目の地域が確認
 Barsuchye村で死亡した鳥が鳥フルであったことが確認され、同州で3番目の流行地となった。
・Birdflu reported in another district in northern Kazakhstan Kyrgyzstan Development Gateway (キリギスタン) 北部カザフスタンの村で鳥フルが報告
 カザフスタンの北部地域のタラプケル(Talapker)村で家禽111羽が死亡し、検査で鳥フルが確認された。
8月17日

・Russia Kills More Fowl Amid Flu Fears Times Daily (米国) ロシア、鳥フル拡大阻止のために家禽の大量殺処分
・Mass Bird Deaths Found In European Russian Region RadioFreeEurope/RadioLiberty (チェコ共和国) ヨーロッパ・ロシア地域で大量の鳥の死が確認
 カスピ海沿岸のカルミキアの農場で大量の鳥が死亡しているのが確認された。鳥フルであるかどうかは調査中。
・Expert proposes poultry vaccination RIA Novosti (ロシア) ロシア専門家は家禽へのワクチン接種を勧める
 ロシア家禽獣医学研究所(Russian Poultry Veterinary Institute)の長官は、人々が鳥フル感染するのを防ぐために、家禽へのワクチン接種をすべきと語った。
 彼はワクチン接種はあくまでも人の感染を防ぐためであって、鳥の感染防止のためではないと説明した。
 長官によると、ほとんどのヨーロッパの関連機関は鳥に対するワクチン接種には反対しているようだ。
・Mass bird deaths found in European Russian region Boston Globe (米国) ヨーロッパ・ロシア地域で大量の鳥の死が確認(鳥フルがヨーロッパへ拡大の可能性)
・Mass bird deaths found in European Russian region Reuters (国際) ヨーロッパ・ロシア地域で大量の鳥の死が確認(鳥フルがヨーロッパへ拡大の可能性)
 ロシアの保健医療関係者はウラル山脈の西方で大量の鳥の死亡を確認した。鳥フルとしてヨーロッパ初の発生となる可能性がある。
 場所はカスピ海地域のカルミキア( Kalmykia)であるが、最初に鳥フルが発生した地域よりも2000キロ西方となる。
 これらの鳥の死が鳥フルでもたらされたかどうかは確定されていない。
 現在調査中と言うが、人での感染例はないと言う。
 カルミキアはロシアの南方1800キロにい位置し、ヨーロッパで唯一の仏教地域である。

 一方、チェリャビンスク州での鳥フルはさらに別な村でも発生したとインターファックスは伝えている。

 また米国大使館がカザフスタンの米国人へ伝えたところによると、米国政府は大使館職員と家族用にタミフルを用意していると言う。
・Birdflu drug decision delayed TVNZ, (ニュージーランド) ニュージーランド、タミフルの店頭販売に関する決定が遅れる
 製薬会社のロッシュ社は、タミフルを処方適用外薬品として、薬品分類委員会(Medicines Classification Committee)に申請した。
 タミフルは新型インフルエンザ流行に備えてニュージーランドで備蓄しつつあるが、薬局での店頭販売により市民に何らかのメリットがありえると考えられるが、もう少し検討の余地があると委員会では判断している。
・UPDATE 4-Russia says dangerous birdflu outbreak spreads Reuters (国際) ロシア、危険な鳥フル(H5N1)が拡大中と警告
 チェリャビンスク州で発生している鳥フルは人に危険なタイプであると当局は警告している。現在、流行が広がらないように、感染した鳥たちの殺処分を行っている。
 ”家禽類での感染拡大予防と、現在ロシアでは人での感染は認めていないが、人への感染防止のための対策を行っている”、と当局は語っている。
 ”これは世界的問題だ。現在は全てのアジアの国が巻き込まれているが、じきに多分アジア以外の国も巻き込まれるだろう”、とロシアの家畜衛生担当部局の高官が、インターファックスに語っている
・Chinese pig flu outbreak claimed 39 lives Science Daily (国際) 中国の豚介在感染症で39人が死亡(流行は終息と)
 中国四川省での豚の連鎖球菌感染症で215人が感染し、39人が死亡したとWHOが16日発表した。
 中国衛生省によると8月5日以来新しい患者は出ていないと言う。
 WHOによると、中国側からの報告では7月第2週から4週にかけて患者の発生がピークとなり、その後急速に減少したという。
 初期の事例では出血熱が疑われたが、検査の結果豚の連鎖球菌感染症と確認された(Streptococcus suis serotype 2)、とWHOは報告している。
 80%の患者は男性で発病した豚の屠殺や食肉処理に関係していたとされる。
 中国当局の発表では、人人感染の事例は無く、保健医療関係者が感染した事例もないとされる。
・Dutch chickens ordered indoors over birdflu scare Xinhua (新華社通信、 中国) オランダ政府、家禽の飼育舎内での隔離を通達
 鳥インフルエンザシーズンにおける家禽の飼育舎内隔離を農業省は指導している。今年度末までであるが、多分さらに機関は延期されると考えられる。
・Dutch told to keep birds indoors over fear of flu Financial Times (英国) オランダ、鳥フルを恐れて家禽の飼育舎内に隔離と
 オランダはロシアからH5N1鳥フルが拡大してくる可能性から、家禽を飼育舎内で隔離(外部と交通しない状況)して飼育するように農家に指導し始めている。
 ”我々は2003年に鳥フル(H7N2)を経験した。二度と経験したくない。可能な限り流行を小規模に抑えたい”、とオランダ農業省のスポークスマンは語った。
・H5N1 Wild BirdFlu Reaches Caspian Sea? Recombinomics (米国) H5N1鳥フル、カスピ海へ拡大した可能性
 下記インターファックス通信の報道内容は、8月8日にAFP通信により報道されたボルガ三角地帯で、多くの鳥が鳥フルに罹患している可能性をリトアニア政府が心配していた報道を裏付け、ウイルスがすでにカスピ海へ到達している可能性を強く示唆している。
 (AFP通新内容は当ウエブで紹介していない。リトアニア当局が鳥フル警戒態勢を強めているという内容と、政府がボルガ三角地帯で鳥フルが発生している報告を受けているという内容)。
・Govt: birdflu may have hit one more Russian region Interfax Russia (ロシア) ロシア、鳥フルさらに西方へ拡大の恐れ
 ロシア消費者協会(The Russian government's consumer rights watchdog)は、16日、カルミキア( Kalmykia)で多数の鳥が死亡した報告を確認し、鳥フルが拡大した可能性があることを発表した。現在。事実を確認中。

8月16日

・Russia says dangerous birdflu outbreak spreads Metro Toronto (カナダ) ロシア、致死的鳥フルが拡大と警告
・Russia says dangerous birdflu outbreak spreads Reuters (国際) ロシア、致死的鳥フルが拡大と警告
 来月以降ロシアから渡り鳥が南方へ飛び立つが、彼等の飛行ルートは完全には把握できない。渡り鳥の飛行を阻止する方法はない、と専門家は説明する。ヨーロッパ、アフリカへH5N1ウイルスが運ばれてゆく可能性が高い、と専門家達は警告する。
・Birdflu detected in another village in Kazakhstan ITAR-TASS, (ロシア) 鳥フル、カザフスタンの別な村でも確認
 カザフスタンの北部地域のタラプケル(Talapker)村で100羽以上のガチョウ、鶏、アヒルが8月8日〜15日の間に死亡し、検査で鳥フルと確認された。
 先に発生が確認されたパウロダル地域でH5N1ウイルスが確認されている。
 これまでパウロダル、カラガンダ、アクモラ、および北部カザフスタンのいくつかの村で鳥フルが確認され、数千羽の鳥が死亡、または殺処分されている。
・Birdflu virus confirmed in six Altai districts ITAR-TASS, (ロシア) 鳥フルウイルス、アルタイ州の6地域で確認
 鳥フル流行のコントロールは極めて難しい状況だ。強力な予防対策が必要で、感染源の除去が必要だ。アルタイ州当局はそのように語っている。
・No humans infected with birdflu in Russia Interfax Russia (ロシア) ロシアでは、現在鳥フル人感染例はない
 ロシア非常事態省は、本日人での感染事例は報告されていないと発表した。
 これまでロシアでは11393羽の鳥が死亡しているが、この24時間で497羽が死亡したと、発表された。
・Russia says dangerous birdflu outbreak spreads Reuters.uk (英国) ロシア、高致死性鳥フルが拡大しつつあると警告
 チェリャビンスク州で発生している鳥フルは人に危険なタイプであると当局は警告している。現在、流行が広がらないように、感染した鳥たちの殺処分を行っている。
 ”家禽類での感染拡大予防と、現在ロシアでは人での感染は認めていないが、人への感染防止のための対策を行っている”、と当局は語っている。
・BirdFlu Reported in Sixth Region New York Times (米国) ロシアでの鳥フル、6番目の地域へ拡大
 ロシア、シベリアで発生した鳥フルは当局の封じ込め作戦にかかわらず、ついにウラル山脈麓まで拡大した。
 公衆衛生局の高官であるOnishchenko氏は、渡り鳥によりウイルスはヨーロッパ・ロシアに入ってくる可能性があり、さらに直接ヨーロッパに入ってくる危険性もあると警告している。
・BirdFlu Continues to Spread in Russia All Headline (国際) 鳥フル、ロシア内で拡大中
 ロシアの鳥フルはアジアとヨーロッパを隔てているウラル山脈地域のチェリャビンスク州でも確認された。
 同地域はロシアの主要な工業地帯で、これまで流行が見られている農業地帯とは異なっている。
 H5N1型か否かについては検査中と言う。
・Russia warns birdflu may spread to Europe MSNBC (米国) 鳥フル、ヨーロッパへ拡大とロシアが警告
 ロシア、シベリア地域の5カ所で確認された鳥フルは、15日、西方のウラル山脈地域の大工業地帯のチェリャビンスク州でも確認された。
 ロシアの鳥フルは今後渡り鳥により、中東とヨーロッパへ拡大する危険性があると、ロシア当局者が警告している。
・Birdflu spreads west to Urals Pravda (プラウダ、ロシア) 鳥フル西方ウラル山脈へ拡大
 これまでシベリアの5地域で発生している鳥フルが、アジアとヨーロッパを分離しているウラル山脈地域の工業地域のチェリャビンスク州に拡大してきた。
・Russia says birdflu may spread to Europe Swissinfo (スイス) ロシアからヨーロッパへ鳥フルは拡大の可能性
 下記ロイター内容と同じソース。
・Russia warns birdflu may spread to Europe, mid-east Malaysia Star (マレ^シア) ロシアの鳥フルはヨーロッパと中東へ拡大の危険性
 モスクワ(ロイター):15日、ロシアのトップ疫学者は、シベリアの鳥フルはロシア南方の農業地帯を越えて、中東と地中海へ拡大する可能性があると語った。
 ”渡り鳥ルートを分析すると、H5N1ウイルスは西シベリアからカスピ海と黒海へ広がる可能性がある”、とロシアの代表的疫学研究者であるOnishchenko氏は、ロシアの地方行政当局に手紙で伝えた。

・Birdflu spreads to sixth region in Russia Viet Nam News Agency (ベトナム) ロシアの鳥フル、6カ所目の地域で確認
 ロシアの鳥フルが、ウラル山脈地域の工業地域のチェリャビンスク州でも確認された。
8月15日

・Russian birdflu outbreak advances toward Europe RedNova.com (米国) ロシアの鳥フルはヨーロッパへ向かっている
 これまでシベリアの5地域で発生している鳥フルが、アジアとヨーロッパを分離しているウラル山脈地域の工業地域のチェリャビンスク州に拡大してきた。ロシアで最初に発生したノボシビルスクから1000キロ離れている。
・Russia loses over 10,000 domestic, wild birds to flu - ministry Interfax Russia (ロシア) ロシアで鳥フルにより1000羽以上の家禽と野鳥が死亡
 7月21日以来10896羽の家禽と野鳥がアルタイ、ノボシビルスク、オムスク、クルガン、チュメン州で死亡した。緊急事態省の広報がインターファックスに15日発表した。
 いくつかの省庁から17チームが感染地域へ派遣されている。3チームは緊急事態省の代表である。合計493人の関係者と152個の装備品が送り込まれている。
・Birdflu spreads west to Russian Urals Forbes (国際) ロシアの鳥フル、西方のウラル山脈まで拡大
 鳥フルはウラル山脈地域の チェリャビンスク(地図上の赤い地域)、まで拡大したとAFP通信が当局発表の情報を伝えた。
 これで、アルタイ、ノボシビルスク、オムスク(以上シベリア連邦管区)、 チュメニ、クルガン(以上ウラル連邦管区)に続いて6州に広がった。

 ロシアでは7月10日に初めて鳥フル疑いの事例が発生して以来、感染地域での大量の家禽の殺処分を行ってきている。



・Journalist hospitalized in Siberia with suspected birdflu RIA Novosti (ロシア) シベリア、ノボシビルスクでロシア人ジャーナリストが鳥フル疑いで入院
 12日にノボリビルスク州テレビ放送の特派員が、同地域の鳥フルを取材後に高熱と頭痛で入院した。鳥フル疑いで入院したのは同特派員が5人目であるが、他の4人は検査で鳥フルが否定されている。特派員の検査結果は今週末に出ると伝えられた。
・Russia reports birdflu in sixth region - Ifax Reuters (国際) ロシアの鳥フルさらに拡大、6番目の感染地が確認される
・Tibetan birdflu outbreak 'brought under control' People's Daily Online (人民網、中国) チベットの鳥フル流行、コントロール下に
 中国当局はチベットラサ近郊の養鶏場で発生した鳥フルがH5N1株であることを10日に確認したと、12日に正式に発表。
 鶏133羽が死亡し、1608羽が殺処分された。
 現在他の地域からの発生は無く、また人での感染報告もないという。
TOP