海外報道抄訳集
(中国で流行中の豚介在感染症情報も加わっています)
随時更新中
8月14日

・Netherlands wants farmers to keep their poultry inside People's Daily Online, (人民網 中国) オランダ政府、家禽を室内に隔離するように農家に要請
 秋にシベリアからの渡り鳥が飛来するオランダでは、渡り鳥の排泄物からH5N1ウイルスが感染する可能性があることから、家禽を飼育舎内から出さないように農家に通達を出すことを、K農業省が考慮中と発表。
・Hungary to start human trials on avian flu strain MaldivesInfo (press release), (モルディブ) ハンガリア、人用鳥フルワクチンの臨床試験に
 動物での臨床試験を終え、人での臨床試験に入ると、ハンガリア健康省が発表。
・Government orders birdflu vaccine for 200,000 staff The Sunday Times (英国) アイルランド政府、20万人分の鳥フルワクチンを発注
 鳥フルが人の間で流行したときのために、公衆衛生医師や各医療機関の医師や看護師、救急隊などに最初に接種するワクチン20万人分を発注した、と健康省のスポークスマンが語った。同国ではすでに、アイルランドの人口の25%に投与出来る量のタミフルは発注している。
・H5 flu in a bigger flock Melbourne Herald Sun (オーストラリア) 鳥類の大集団におけるH5インフルエンザ流行
 H5N1鳥フルが人で流行しだしたらオーストラリアで13000人から44000人が6〜8週間で死亡すると専門家達は計算している。現在科学者達ははH5N1ウイルスに対するワクチン開発競争をしているが、人の間で蔓延する可能性ある鳥フルは他に13種類の亜型が存在している。
・Asian countries agree to set up birdflu vaccine center RedNova.com (米国) アジア諸国は鳥フル用薬剤の備蓄センター設立を合意。
 人での鳥フル流行発生24時間以内に供給する目的。(vaccineという表現は間違い。drugが正しい:訳者)
・H5N1 Wild BirdFlu Migration Explodes in Southern Russia Recombinomics (米国) H5N1鳥フル、南ロシアの渡り鳥の間で拡大
 現在H5N1鳥フルはロシア南部を西に拡大している。これから気温が低下してゆくに従い、渡り鳥は移動しだし、さらに拡大すると考えられる。

野鳥におけるH5N1発生地域   RECOMBINOMICS研究所作成
5月、 オレンジ6月、黄色7月、8月

楕円形地域は、人での疑い例が発生している地域
オレンジ= Sharkin, Udmurtia, Russia (fever, meningitis, gastro-intestinal)
= Tomsk, Tomsk, Russia (fever, meningitis)
= Moklakap, Chita, Russia (fever, vomiting)


・Experts Recommend Preventive Measures For Avian Flu To Begin From Farms MedIndia, India (インド) 専門家達は鳥フル予防対策の鍵は、農家や市場での対策にあると言う。
 野鳥と家禽が一緒になる可能性のある開放的鶏舎を改善したりすることがまず重要ですある、と説明している。
8月13日

・BirdFlu brought under control in Tibet People's Daily Online (人民網、中国) チベットの鳥フルはコントロール下に
 中国農業省は8月上旬にチベット自治区の首都ラサ郊外の農場で鳥フルが流行したことを確認したが、現在拡大は阻止されていて、他の農場への拡大は見られていないと発表した。
・Journalist ill after covering birdflu Washington Times (米国) シベリア、ロシア人カメラマン鳥フル感染疑いで入院
 ロシア国営放送のカメラマンがシベリアの鳥フル流行中のノボシビルスクを訪れた後に、鳥フル様症状を呈して入院したことがInterfax 通信が伝えた。
 カメラマンは、感染した鳥に接触した後に体調を崩したために入院したと語っている。
 検査結果ついては報告されていない。
 ロシアでは人の感染は報告されていない。
・US Armed Forces Possibly At Risk From H5N1 Blogger News Network (国際) 米国軍隊もH5N1鳥フルに感染の可能性
 鳥フルは渡り鳥によって拡大している。間もなく渡り鳥は冬期間に向かって南方へ移動する。我々はさらにこの高病原性のウイルスが拡大することを予想できる。
 この強毒なウイルスは、この春に中国青海省で現れたようだ。最近、シベリア、ノボシビルスクを調査に訪れたロシア人カメラマンが感染した疑いが報告されている、検査は結果については不明である。
 各種報告によるとロシア感染地域では拡大が続いていると言う。当局は現在人々の隔離を行いつつあるようだが、さらなるそのような措置が広範に必要かを考えるにはまだ早い。
 もし鳥フルがボルガ三角地帯へ拡大したなら、多くの渡り鳥が感染して、1〜2カ月以内に南方へと飛び立つ。
 ロシア当局は家禽農家にワクチンの接種を希望している。鳥フルは鳥の排泄物で感染を広げると考えられているため、車の車輪がウイルスを拡大させている可能性も考えられる。家禽農家達は感染防御体制をさらに高める努力をしている。しかしながらロシア当局は、H5N1鳥フルがシベリアで今後も流行を起こし続けると考えている。
 もしこのような事態がカスピ海周辺でも起きたなら、米軍はウイルスと接触する可能性がある。イランはカスピ海の南に面していて、トルコは西に面している。カスピ海にロシアやカザフスタンからの水が流れ込んでおり、ボルガ三角地帯はカスピ海の左上部に位置している。  
 H5N1ウイルスは人人感染を効率的に起こす性格を獲得していない。しかし米軍は十分な情報と予防策を立てる必要がある。最近ベトナムで発病した鶏を食べた男性がH5N1鳥フルで死亡した。最低限、米軍は中央アジア、アフガン、イラクでの家禽の摂食を禁じるべきと思われる。このウイルスの他の系がインドで100頭の虎を殺し、また豚へ感染したことも知られている。
 非公式情報として中国青海省で流行しているH5N1鳥フルで、感染した鳥を摂食したり、触ったりした人々が100人以上死亡していると言われる。ウイルスは現在の型でも十分人に危険性を持っていると考えられるのだ。
 いか省略。
・Zanamivir Should Be Readied for BirdFlu Medscape (subscription) (国際) ザナミビル(リレンザ)を鳥フル対策に備蓄すべき
・New US birdflu vaccine 'unrealistic' SciDev.net (英国) 米国開発の新鳥フルワクチンは”非現実的” 
 
米国で今週開発されたワクチンは、非現実的投与量が必要であることから、評価についてはかなり割り引く必要がある。
 科学者達によると、予備的実験では1回投与量180マイクログラムのワクチンが必要であるが、こては通常のインフルエンザワクチン投与量の12倍である。
 科学者達は、もっと少量で投与出来る方法、そして受精卵でワクチンを作製しているが、もっと効率良い作製方法を考える必要があると言っている。
・Kazakhstan bans sale of live poultry in birdflu scare ITAR-TASS, (ロシア) カザフスタン、鳥フル流行のため、生きた家禽の売買を禁止
・Russia's birdflu still spreading Cee Food industry (フランス) ロシアの鳥フルはまだ拡大中
8月12日

・Journalist Hospitalized With BirdFlu Symptoms in Novosibirsk Recombinomics, (米国) シベリアのノボシビルスクでジャーナリストが鳥フル様症状で入院
 詳細は不明。
・Over 3000 heads of poultry killed in Altai terr over birdflu ITAR-TASS, (ロシア) ロシア、アルタイ地域で3000羽以上の家禽が殺処分
 アルタイ地域で3100羽以上の家禽が殺処分された。他に2000羽の鳥が鳥フルで死亡している。地域行政府筋がタス通信に発表した。
・China seals off farm to curb birdflu in Tibet Reuters India (インド) 中国チベットの鳥フル発生農場を封鎖
 中国政府はチベット極西部の首都ラサ(Lhasa)郊外の、鳥フル発生農家を封鎖すると共に、半径5キロ以内の農家の家禽にワクチンを接種した、と12日国営通信は発表した。流行ウイルス株はH5N1と考えられている。発生農場の2600羽以上の鶏が殺処分され、地域一帯は検疫体制が敷かれている。
・Second drug may be effective against birdflu MSNBC (国際)鳥フルに対して第二の抗インフルエンザ薬が有効の可能誠意
 下記と同様内容。
・Second drug should be readied for birdflu -experts Reuters.uk, UK (英国) 鳥フル対策用に、第二の抗インフルエンザ薬を備蓄すべき:専門家達が提唱
 第二の抗インフルエンザ薬である、GlaxoSmithKline社のリレンザを世界的鳥インフルエンザ流行の備えとして備蓄すべきとアジアの医師達は11日語った。
 抗インフルエンザ薬として現在4種類あるが、そのうちアマンタジンとリマンタジンはH5N1ウイルスに無効で、タミフルとリレンザの2種類のニューラミニダーザ阻害薬が有効とされている。
 リレンザの方が耐性が出来にくいと言われているが、吸入して用いるため、小児や高齢者には不向きとされてきていた。
 現在、タミフルと併用の効果、さらにはワクチンとの併用効果など、研究の余地があると言う。
・Heading Off an Influenza Pandemic Science Magazine (subscription) (国際) インフルエンザ流行阻止の新対策
 インフルエンザAの亜型であるH5N1ウイルスによる東南アジアにおける鳥フル発生の継続的ニュースは、それが世界的に流行するのか否かの判断と、発生した場合の対策に関しての諸問題など、21世紀世界が初めて突きつけられた大きな課題と言える。毎年インフルエンザで数十万人死亡していて、時々それは世界的大流行を起こしてきている。最後の世界的大流行は1968年にあった。
 現在我々は37年前よりも、新型インフルエンザ流行に対して、その被害をを小さく抑えることが出来るのだろうか?科学的進歩、ワクチンの開発、そして抗インフルエンザ薬の存在はその可能性を高めているが、これらが短期間に世界的に協同的に役割を果たせるのかどうかは保証の限りではない。
 インフルエンザAウイルスに対する絶え間ない恐怖は、その基本的生物学的要因による。ウイルスは容易に変異して、高病原性の性格を身につけることが出来る。ウイルスは野鳥の間に蔓延していて、いつでも馬、豚、そして家禽などの飼育動物に感染する。付け加えるにウイルス遺伝子の可塑性は他ウイルス遺伝子との間での遺伝子組み換えや、遺伝子の再集合などが起きやすく、高病原性の変異株を産生する。
 もっとも厄介なことは、人と鳥のインフルエンザ遺伝子の間で遺伝子交換が生じ、人人感染を起こす新型ウイルスが誕生し、世界的流行を引き起こすことである。
 高病原性H5N1ウイルスは1997年に香港で初めて検出され、人の感染例と死亡例を多数出した。地域での大量の鶏の殺処分で流行の拡大は抑えることが出来たが、ウイルスはその後アジアの鳥の間で感染し続けた。極最近、ウイルスを長距離運ぶ可能性のある渡り鳥の間でも検出された。2003年、H5N1ウイルス流行は人の間で再燃しだした。人人感染の確証は得られていないが、今日までアジアで60人死亡させている。
 将来のインフルエンザ流行を我々は如何に予防し、発生時には如何に対処すべきだろうか?明確なのは迅速に反応できる広範なる監視体制と、それを受けて反応出来るネットワークが必要なことである。
 永久的な世界レベルでのネットワーク体制が先日科学者達によって提唱されたが、我々(SCIENCE編集部)は賛成する。
*R. A. M. Fouchier, T. Kuiken, G. Rimmelzwaan, A. Osterhaus, Nature 435, 419 (2005); S. P. Layne et al., Science 293, 1729 (2001). I.M. Longini Jr. et al., Science 309, 1083 (2005); N. M. Ferguson et al., Nature, 3 August 2005 (10.1038/nature04017).

 しかしながらこのようなネットワーク体制は各国が情報を速やかに公開し、それに従い世界的流行拡大のために各国が迅速なる措置をとることが必要である。この監視体制は、人だけではなく、家禽や野鳥に対しても必要なのである。次に必要なのは、感染と病気を減じるための効果的戦略方法を開発することである。H5N1ウイルスに対するワクチン開発は重要なことだ。最近開発されたワクチンの臨床試験結果には、勇気づけられる。しかし大量製造の問題、短期間に多くの人間に如何に接種するか等、問題は多く残されている。
 抗インフルエンザ薬であるタミフルにおいても、その備蓄量に限界がある。このようにワクチンとタミフルのネットワークを介した迅速な供給のためにも、論理的シミュレーションを行い、その可能限界を決定する必要がある。さらに我々は実際に流行が生じた際に、その拡大様式とインパクトを研究するための疫学モデルを必要とする。
 最近発表された二つの論文では、抗ウイルス薬投与を基本とした拡大予防戦略が提唱された。しかしこの戦略は、流行発生に対して、迅速に協同される対応により成否が決まる。
 我々はまた流行の可能性を減じる戦略を開発しなければならない。そのためには多くの科学的情報が必要である:遺伝子組み合えの可能性とそのメカニズム、人と動物間におけるウイルス暴露率の測定、そしてどのように鳥フルウイルスが人の間に入り込み、そのまま維持されるのかなど。そのためには分離ウイルスの様々な遺伝子研究が必要である。
 
 これまでの情報ではH5N1ウイルスが世界的に人の間で流行するかどうかは不確かだ。しかしながら、もし近い将来何事も起きなかったなら、将来の流行に対する体制づくりの政治的意志が弱まる可能性がある。我々はそのような過失を起こしてはならない。
・Dutch step up measures to prevent Russian birdflu Reuters AlertNet (英国) オランダ、ロシアからの鳥フル拡大に警戒
 オランダ農業省は、ロシアからのH5N1鳥フル拡大の可能性に対して、渡り鳥のモニターの強化と週1回の鳥の排泄物におけるウイルス調査を始めると、語った。
・Bird deaths stop in four Russian regions- Consumer Control Service Interfax Russia (ロシア)
 ロシアのオムスク(Omsk)、ノボシビルスク( Novosibirsk)、 チュメン(Tyumen)、アルタイ( Altai)での鳥フルによる鳥の死亡は停止していると、ロシア消費者協会のウエブサイトで発表された。
 感染地域の拡大も見られていないという。
 さらに人での感染死亡例も報告されていない。
・Asian nations to stockpile flu drugs against pandemic SciDev.net (英国) 
 アジア12カ国はタミフルの備蓄センターを設立して、アジアで人の間で鳥フルが発生したときに早期にタミフルを配布することを決定した。


・Asian nations agree to set up bank for anti-flu drugs Bangkok Post (タイ) アジアにタミフル備蓄センター設立で、アジア各国合意。
 アジア11カ国とWHO、CDCが参加した昨日の会議で、タミフル備蓄センターを設立することが合意された。鳥フルが人の間に流行しだした初期に対応するためのタミフルは、アジア各国で用意されていない。理由は非常に高価なためと考えられる。備蓄センターに用意されたタミフルはアジア地域で人での鳥フル流行が起きたとき、24時間以内、または遅くとも72時間以内に感染地域にタミフルを配布する予定である。備蓄センターがいつ、どこに設立されるか決定されなかったが、WHOに委任された。
・BirdFlu Virus Spreads in Russia Voice of America  (米国) 鳥フルウイルスロシアで拡大中
 1000羽以上の家禽と渡り鳥が鳥フル発生によりロシアとカザフスタンで死亡している。
 死亡しているロシアでの鳥の数は、過去48時間で劇的に増加しているが、人の間での感染は報告されていない。
 ロシアのインターファックス通信は、緊急事態省の発表として7月下旬の鳥フル確認以後、1017羽の鳥が死んでいると伝えた。
 シベリア地域のオムスク、クルガン、中央ロシアでも広がっている。
 
 カザフスタンにおいても、同国農業省は北方のパウロダル(Pavlodar)地域周辺と他の3村で致死的鳥フルウイルス(H5N1)が発見されたことを確認した。
 WHOはロシアでの鳥フルは今月中に終息するだろうと語っているが、カザフスタンでは流行が始まったばかりなので、予測はつかないと説明している。
8月11日

・INTERVIEW-Deadly birdflu strain spreads in Kazakhstan Reuters (国際) カザフスタンで致死的鳥フルウイルスが拡大中
・Altai region reports worsening of birdflu situation ITAR-TASS (ロシア) ロシア、アルタイ地域での鳥フル拡大傾向
・Asia nations agree to stockpile anti- birdflu drugs Reuters AlertNet (英国) アジア各国、タミフルの備蓄に合意
 アジア12カ国は11日、アジア地域でタミフルの備蓄を行うことに、バンコクの会議で合意した。数カ国の代表者はタミフルの格安版の製造を要求した。タミフルを備蓄しておくことで流行発生24時間以内に当該地域へ配布する計画だが、詳細に関しては未定。感染症の流行が前もって踏み消されるとしたなら、人類史上初めてのことだ、とタイのWHO代表であるWilliam Aldis氏は語っている。
・Scientists in Alaska studying birds for avian disease The Casper Star Tribune アラスカで野鳥の鳥フル調査へ
 生物学者達はアラスカにやってくるカモ、アヒル、他の渡り鳥について、鳥フルウイルスの検査を行う予定。
・China reported birdflu cases in Tibet - OIE Reuters AlertNet (英国) 中国の鳥フルチベットへ拡大−OIE
・BirdFlu Spreads to Mongolia The Moscow Times (ロシア) 鳥フル、モンゴルへも拡大
・China reported birdflu cases in Tibet Reuters India (インド) 中国、チベットでも致死的鳥インフルエンザ(H5N1)発生と報告
・Birdflu found in Tibet - OIE Reuters (国際) 中国の鳥フル、チベットへ拡大−OIE
 ”我々はチベットで鳥フルが確認された、との報告を丁度うけたところだ”、とOIEの長官が10日発表した。
 ウイルスは致死的H5N1のようで、首都近くの村で133羽の家禽が死亡し、周辺地区の2600羽の鳥が殺処分された。
・WHO close to getting stockpile of flu drugs Bangkok Post (タイ) WHO、ロッシュ社提供タミフル備蓄へ
 鳥フルの人での流行に備えてWHOは緊急用タミフル備蓄を準備してきたが、スイスロッシュ社との相談がまとまり、100万人分のタミフルが備蓄される予定になった模様。
 ロッシュ社は3大陸、25カ国から備蓄用タミフルを既に受注している。
 最近のタイをモデルにしたシミュレーション研究では、流行早期に周辺の住民へタミフルを投与することで流行の拡大が防止可能との結果が得られ、流行の早期発見、タミフルの早期投与、感染地域の速やかな検疫などがキーポイントとなっている。
・Infectious diseases kill 754 in July in China Xinhua (新華社通信、中国) 7月、754人が感染症で死亡:中国
 7月の衛生省発表の中国死亡統計によると、最も頻度の多い感染症は結核、B型肝炎、細菌性およびアメーバ赤痢、淋病、梅毒の順。死亡順位は、結核、狂犬病、エイズ、流行性脳炎B( epidemic cephalitis B?、流行性脳脊髄膜炎が:訳者)、B型肝炎。これらの疾患で全死亡の85.54%を占めている。
 一方、ポリオ、SARS、高致死性鳥フル、ディフテリアでの死亡者はいない。
8月10日

・Indonesia ends birdflu source probe, case unsolved Reuters India (インド) インドネシア、鳥フル感染人事例の感染源調査に終止符−−H5N1ウイルス感染源の結論は得られず
・Birdflu outbreak spreads throughout Novosibirsk region Interfax Russia (ロシア) ロシア、ノボシビルスク地域の鳥フルは拡大
 ノボシベルスク地域のノボロチノ村で家禽に鳥フルが発生したと報告があった。
 同地域は検疫下に置かれた。また地域の家禽は全て殺処分された。地域行政当局の通信そのように語った。
・Kazakh birdflu is strain dangerous to humans Reuters.uk (英国) カザフスタンで発生の鳥フルはH5N1
・Scientists in Alaska studying birds for avian disease Jackson Hole Star-Tribune (米国) アラスカで渡り鳥を調査
 科学者達はアジアで野生の鴨の間で発見された鳥フルウイルスが、渡り鳥によりアラスカにもたらされることを警戒している。
 アラスカでは両半球からの渡り鳥が出会い、鳥フルがもたらされる可能性がある。
 アラスカ大学の科学者達は、州全体の25種類に渡る5000羽の野鳥の消化管残存物に存在するウイルスのチェックを行う計画を立てた。鳥フルウイルスが検出された場合は、その遺伝子配列を分析して、国立健康研究所(NIH)が維持している公共遺伝子バンクに登録する予定と言う
・Disease Update - Aug. 8 Boxun News Network (中国情報サイト、英語版、米国) 中国四川省情報更新
 Streptococcosis Suisに関する公式情報はないが、6日に広東省で一人の感染者が発生したとの公的情報機関からのニュースが8日にあった。
 未確認情報では上海(XinMin)で1名感染者が出た模様。
 中国在住のBoxun取材ボランティア記者の報告:流行はコントロールされていなく、四川省で少なくとも200人の死者が出ている。公式発表されない理由は、四川省の養豚産業への経済的損失があると考えられている。この地域の1億人の農家に対する社会的不安定感の助長を恐れている。しかし香港を含めて(中国国内の)人々はすでに四川省からの豚肉は買わなくなっている。
・WHO Says BirdFlu Should Disappear in 15 Days The Moscow Times (ロシア) ロシアでの鳥フル、15日以内に終息との見解:WHO
 ”鳥フル発生数は間違いなく低下してきている”、とWHOの協力研究機関の責任者であるOleg Kiselyovは記者に語った。”シベリアの気候はだんだん寒くなってくる。さらに拡大予防措置は、発生を局所的に封じ込むこTに成功している”。
 またもう一つの根拠として、ロシア緊急事態省は、家禽と野鳥の死が一晩で15羽であったというが、7月中旬以来の死亡数が5583羽であったことから考えると、非常に少なくなっていることが挙げられる。
 しかしロシアのトップ疫学者である Gennady Onishchenko氏は、結論を出すにはまだ早すぎ、もう少し推移を見る必要があると言っている。
・Birdflu kills one more person in Vietnam (Updated 12:54 am) China Post (台湾) ベトナムで新規死亡者発生
 南部メコンデルタ地域の Ben Tre省で35歳男性が7月31日死亡。ホーチミン市のパスツール研究所での検査の結果、H5N1鳥フルによるものと確認された。これで当南アジアでの死者数は61人となった。
 患者は死亡した2羽の鶏を調理して母と近隣の人と摂食し、その1週間後の25日に倒れたという。入院して翌日に死亡している。
・Families quarantined as more migratory birds die from flu in ... TODAYonline (シンガポール) モンゴルでの鳥フル発生に関連して家族達が隔離状況に
 エルケル湖周辺で白鳥などの渡り鳥が鳥フルで7月下旬から死亡しているが、周辺の100人以上の住民達は隔離され、また観光客達は近くへの立ち入りを禁止されている。
・WHO chief says talks underway to stockpile avian flu drug in ... Canada.com (カナダ) WHO、東南アジアでの鳥フル対策にタミフルを備蓄予定と
 WHOは東南アジアでの鳥フル流行対策にタミフル100万人分備蓄を考え、関係国やタミフル製造会社であるスイスのロッシュ社と相談している。ロッシュ社は無償か、または非常に低価格で発展途上国の貧しい国に提供する用意があるという。WHOはこれまで125000人分のタミフルを備蓄している。
・Volunteers to test Russian vaccine against birdflu in Sept ITAR-TASS (ロシア) ロシアで人用鳥フルワクチンの臨床試験が開始
 ペテルスブルグで開発中の人用鳥フルワクチンの臨床試験が、10月から20人のボランティアを対象として始まる予定と、政府当局者が語った。
8月9日

・Russian birdflu outbreak yet to be contained Reuters.uk, (英国) ロシアの鳥フルはまだ制圧されていない
 鳥の大量死は減少しているが、流行は終息しつつあるというにはまだ早いと、ロシア緊急事態省は9日語った。
  当局は死亡した鳥の数はこの24時間で15羽と、7月中旬以来5583羽が死亡しているのに比較して非常に減少している、と説明しているが、少なくともこの状態があと2週間続かなければ、完全にコントロールされたとは言えないとしている。
・Humans may contract birdflu in 3 Siberian regions - official Interfax Russia (ロシア) 3シベリア地域で鳥フルが人へ感染する可能性
  ロシア保健当局の高官のGennady Onishchenkoは9日、諸々の状況を考慮して考えると、鳥フルが鳥の間で発生しているシベリアの3地域で、人での感染例が出てもおかしくない、と語った。同氏によると、WHO分類の2相(Phase2)に相当し、鳥の間で新型インフルエンザが流行しているが、そこから人への感染が生じる可能性が否定できない状況と説明される。
・New birdflu fatality reported in Vietnam Xinhua, (新華社、中国) ベトナムで新規鳥フル死亡例が発生
 35歳男性、南部のBen Tre省、が7月25日に死んだ鶏を調理して摂食した後に鳥フルに感染して死亡したことが発表された。
 ホーチミン市のパスツール研究所でH5N1株によることが確認された。先週ベトナム健康省が確認した。
・Thailand to push for birdflu drug hub Bangkok Post (タイ) タイにタミフル備蓄センターを設立
 バンコクで第六回健康推進国際会議が開かれるが、その際鳥フルが流行した経験のある国の代表者が集まって、人の間で鳥フルが流行した際に使用する治療薬のタミフルを備蓄するセンターを、タイに設立する提案を行いたいと言っている。内容に関してWHOとも相談したと言う。
・BirdFlu Vaccine Works in Humans WebMD (米国) 鳥フルワクチンが人に効果
 科学者は歴史上初めていまだ流行していない流行病に対するワクチンを創り上げた。
 なぜかとい言うと、この感染症の鳥フルは極めて致死力の高いウイルスのH5N1株で発生し、もし変異して人人感染を起こすようになったなら世界中で多くの犠牲者をだす可能性が高いからだ。いあっまで112人の感染者と57人の死者が発生していて、今のところ、人人感染を疑わせる事例は希だ。
 ワクチン開発責任者であるニュヨーク、ロックフェラー大学教授のJohn Treanor医師は、初期の臨床試験ではワクチンは完全と言って良いほど免疫効果を現した、と説明した。
 米国政府は、すでに200万人分のワクチンを (英国の)Aventis社の子会社であるフランスの Sanofi-Pasteur社に発注しているが、さらに数百万人分発注する予定と言う。
・Birdflu tests leave officials optimistic Columbia Daily Tribune (米国) 鳥フルワクチン臨床試験結果に政府は満足
 米国政府は人用鳥フルワクチンの臨床試験が成功したことに満足感を表し、量産による緊急用ワクチンが、早ければ9月中旬には製造される可能性が出てきた。基本的に昨日のAP通信の内容。
・Mongolia reports birdflu at lake bordering Russia People's Daily Online (人民網、中国) モンゴル、ロシア近くの湖で鳥フル発生を確認
 モンゴル緊急事態省は8日、白鳥とガンがロシア国境沿いの湖で7月下旬に死亡し、検査の結果鳥フルと確認されたと発表した。
 ロシアと、少し遅れてカザフスタンで7月中旬に鳥フルの発生が報告されていた。
 ホウスゴル省(Hovsgol)のエルヘル湖( Erhel Lake)周辺で、76羽の白鳥とガンが7月下旬から死亡していたことが同省長官が発表した。鳥フルウイルスの詳細な株についてはまだ分析されていない。
 人も家禽(飼育されている鳥類)での感染は認められていなく、感染した鳥は全て渡り鳥だと言う。
 モンゴルは家禽などへの感染を防ぐための必要な処置を全てとっていると、当局は語った。
 エルテル湖周辺には緊急警戒報が発令された。死亡した野鳥は焼却されてから埋められたと説明された。
・Govt. To Order More Avian Flu Vaccine WJXX, (米国) 米国政府、鳥フルワクチンの量産を発注
 昨日のAP通信と同じ内容。今回の開発ワクチンの臨床試験が成功し、政府が200万人分のワクチン量産を発注したことを報じている。
・EU: CALL FOR BAN ON BIRD IMPORTS FROM RUSSIA, AKI, Italy (イタリア) EU、ロシアからの家禽輸入禁止を要求
 ブリュッセルのEU本部は8日、加盟国にロシアからの家禽、家禽由来産物(羽なども含む)の輸入禁止を求めた。
・Mongolia Says 80 Migratory Birds Died From Avian Flu (Update1) Bloomberg (国際) モンゴルで渡り鳥で鳥フル発生
 モンゴル政府は湖周辺で80羽の渡り鳥が鳥フルで死亡したことをOIEに報告した。
 8月2日に死亡していた野生のアヒル、ガン、白鳥での検査結果が昨日確認され、鳥フルウイルスのA株によるものと発表された。
・The timely vaccine Fort Wayne News Sentinel, (米国) 人用鳥フルワクチン開発
8月8日

・Russian birdflu may be spreading  Reuters (国際) ロシアの鳥フル流行は拡大の可能性、しかし人での感染報告は無し
・Ukraine has strengthen sanitary control on battery farm ForUm, Ukraine (ウクライナ) ウクライナ、鳥フル侵入対策のために養鶏場の衛生管理を強化
 ウクライナ家畜担当省の責任者は、鳥フル流行の防止のために養鶏場(バッテリー養鶏場、多段式養鶏場)の衛生管理を強化すると発表した。彼の発言によると、ウクライナでは鳥フル流行の危険性はないが、関連部門は定期的に家禽や渡り鳥の血液検査を行っていると言う。ウクライナはロシアとカザフスタンからの家禽と家禽産物の輸入を禁止している。
・No people contract birdflu in Russia - authority Interfax Russia (ロシア) ロシア当局:鳥フル感染者はロシアでは報告無し
 (Rospotrebnadzor consumers' rights oversight authority )ロシア消費者協会はロシア内に鳥フルと診断された患者や、疑いをもたれている患者はいないと発表した。
・No humans infected in Russian birdflu outbreak Reuters (国際) ロシアでは人の鳥フル感染者は発生せず
 高致死性のH5N1鳥フルはシベリアのノボシビルスクで流行が確認されたが、現在は落ち着いており、人での感染者は発生していないと、ロシア健康省の下部組織である消費者協会(country's consumers rights watchdog)が8日発表した。
(下記AP通信記事は本日全米のマスコミで報道)
・US prepares for birdflu vaccine production CTV (カナダ) 米国、鳥フルワクチン量産体制に
・Avian Flu Vaccine Set for Mass Production WTOP, D.C. (米国) 下記と同内容
・Avian Flu Vaccine Set for Mass Production Washington Post (米国) 米国で人用鳥フルワクチン、自国用に量産へ(AP通信)
 最近臨床試験で効果が確認された人用鳥フルワクチンの量差が、出来たら9月中旬までに開始したい旨、国立アレルギー感染症研究所の長官が7日語った。
 (訳者意訳:鳥フルが人の間で流行し始めたとき、保健医療関係者、救急医療関係者等用に使用可能なワクチンが製造可能になった。その量は少なくとも200万人以上で、すでに政府はそれをワクチン製造会社に発注してある。その作成開始時期は早ければ9月中旬と期待される。 一方、全国民を対象としたワクチンはさらなる臨床試験を重ねて、その安全性と、至適投与量などを決定しなければならない。それには今後数ヶ月〜1年は要する)
 
全訳:
Dr. Anthony S. Fauci長官は、フランスワクチンメーカーのワクチン臨床試験が成功した場合、米国政府は200万人分以上のワクチンを備蓄する計画を今年度当初に立てていた、と電話取材で説明した。
 追加的臨床試験が高齢者と小児で行われる予定になっている。
 115カ所における450人の健康成人における予備的臨床試験では、ワクチンは、現在東南アジアやロシアで流行している鳥フルウイルスに対して十分免疫を植え付けることができた、と科学者達は判断している。Fauci 長官は、さらに得られる予定の300カ所での検査でも似たような結果が得られると期待している。
 ”このような結果が得られた以上、ワクチン製造会社に追加ワクチンを発注しようと考えている、正確な発注量については言えない。それは企業側の製造能力によるからだが、でも少なくとも200万人分以上となると思う”、と長官は語った。
 これまで政府保健当局は、鳥フルが変異して人人感染を生じて世界的流行を引き起こす危険性があるため、ワクチン開発を急いできた。鳥フルウイルス(H5N1)はこれまで数百羽の鳥を殺してきたが、人は50人しか死亡していなく、人から人への感染は生じていないと言われている。
 Fauci長官は、米国FDAはこの新ワクチンを迅速に承認するだろうと予想している。なぜなら、このワクチンは毎年作成されているインフルエンザ用ワクチンとほとんど類似しているからだ、と言う。もっと大きな問題は製造会社の製造能力だと、長官は付け加える。
 1818年に数千万人の犠牲者を世界でだしたスペイン風邪のようなインフルエンザが世界で流行した場合、(米国では緊急に)数百万人分のワクチンが必要になると、長官は説明する。少数あるワクチンメーカーは定期的インフルエンザワクチンを例年通り製造しなければならないから、この新ワクチンの製造は同時に出来ない。
 次シーズンのワクチン製造は今月中に終了するから、この鳥フルワクチンの製造が開始されて手に入り出すのは、早くても9月中旬と考えられる。
 ”現在、それ(製造開始時期)を明確にすることは、製造量について明確にする以上に難しい”、と長官は言う。
 次のステップとして65歳以上の高齢者、さらに小児での臨床試験と進む。長官によると65歳以上のボランティアによる臨床試験は1カ月以内に開始され、結果は4〜6カ月後に得られる。そして小児での試験が引き続き行われる。各ケースで科学者達は安全性の判断と至適投与量の決定を行わなければならない。
 最初の450人の健康成人を対象にした臨床試験では、十分量の抗体産生を選るには、通常のインフルエンザワクチンの投与量以上を要した。高齢者ではさらに多くの量が必要とされるかも知れない。そのように長官は語る。
 Fauci長官は適切な投与量を決定するにはさらに臨床試験が必要と言う。それまで、すでに政府から発注されている200万人分のワクチンは、緊急事態が発生しないかぎり使用することは出来ない。そのように長官は言う。

8月7日

・Tests show promise for birdflu vaccine in humans Thanh Nien Daily, (ベトナム) 人用鳥フルワクチンの臨床試験結果は良好
 6日、米国政府当局のトップ科学者のAnthony Fauci博士(国立アレルギー感染症研究所長官)が、鳥フル(H5N1)の臨床試験で作成ワクチンが、65歳以下のボランティアの体内に十分量の抗体を産生させることが確認された、と発表。今後の課題として、インフルエンザ流行時に需要に対するだけの製造能力になる。フランスのSanofi-Aventis社で開発したワクチンであるが、量産するには鶏卵を用いて数ヶ月間要する。下記ロイター通信が配信元。
・Avian flu vaccine ready Pioneer Press (米国) 人用鳥フルワクチン準備整う
 ワクチンは臨床試験で抗体を十分量産生することが確認。問題はワクチンを量産するための受精卵を、養鶏農家がどれだけワクチン製造会社に提供できるかどうかと言うことになる。
・Disease Update - Aug. 7  Boxun News Network (原文中国語サイト 米国) 中国四川省感染者数 更新
 当局発表:1名死亡、2名感染
 他に中国内のBBSからの多くの感染者が発生という非公式情報を伝えている。
・Tests Show Promise for BirdFlu Vaccine in Humans RedNova.com (米国) 人用鳥フルワクチンの臨床試験が成功
・Birdflu vaccine effective in humans NEWS.com.au (オーストラリア) 人用鳥フルワクチンの臨床試験結果は良好
・Avian Flu Vaccine Called Effective in Human Testing New York Times (米国) 鳥フルワクチン、人への効果が確認される
 米国、国立アレルギー感染症研究所長のAnthony S. Fauci博士は、開発中のワクチンが臨床試験で有効な成績を収めたことを発表したが、さらに国家的認証を受けて量産に入るまでは数ヶ月は要すると説明した。しかし彼は’これは良いニュースだ。とにかく我々は鳥フルに対する(H5N1)ワクチンを手にしたんだ”、と語った。もし人での鳥フル流行が起きて緊急事態が発生したとき、この作成されたワクチンを使うことが出来ることを示唆した。
・Vaccine Appears to Ward Off BirdFlu Washington Post (米国) 開発ワクチンは鳥フル予防に効果が期待できそう
 実験的に作成された人用鳥フルワクチンが十分効果を持つことが昨日(6日)、連邦保健当局から発表された。
 113人のボランティアに対してワクチンの二回接種が米国の3大学で行われたが、接種者の血中にウイルスを中和出来る抗体が十分量産生された。
・Tests show promise for birdflu vaccine in humans Reuters (国際) 人用鳥フルワクチンの臨床試験結果は良好
 6日、米国政府当局のトップ科学者のAnthony Fauci博士(国立アレルギー感染症研究所長官)が、鳥フル(H5N1)の臨床試験で作成ワクチンが、65歳以下のボランティアの体内に十分量の抗体を産生させることが確認された、と発表。今後の課題として、インフルエンザ流行時に需要に対するだけの製造能力になる。フランスのSanofi-Aventis社で開発したワクチンであるが、量産するには鶏卵を用いて数ヶ月間要する。
・China confirms outbreak of pig disease to OIE Viet Nam News Agency, (ベトナム) 中国、豚感染症をOIEに報告 
 6日、OIEは中国が人で38人の死亡者を出している豚での致死的感染症を正式にOIEに報告したと発表。、
 報告によると、四川省の8農場で6月に連鎖球菌Streptococcus suisによる豚の感染症が発生し、7月25に政府により正式に確認された。
 鳥フルやニパウイルスは検査で除外診断された。
 OIEによると中国当局は厳格な感染拡大対策を敷いている。
 OIEは中国当局と密接なコンタクトをとりながら、推移を注意深く見守ってゆくと語った。
 先にWHOは病気は人人感染を生じていないと発表している。
・Outbreak associated with Streptococcussuis in pigs in China, 206 ... I-Newswire.com (press release) (国際) 中国:豚連鎖球菌感染症による感染症流行
 206人発病、18人重体、38人が死亡。
・Scientists Prepare to Battle BirdFlu Daily News Central (国際) 科学者達は鳥フルとの戦いに挑戦
 基本的に Neil Fergusonの研究を中心に解説
 (東南アジアの田舎における鳥フルは、厳格な拡大予防策をとらない限り、世界的に3カ月で広がることが可能で、1年以内に世界の人口の半分が感染するだろうと、科学者が分析して3日発表した。研究はコンピューターを使って、シミュレーションモデルで解析した。) 8月5日の中国人民網とニュースソースは同じ。
・Computer model could help prevent flu pandemic I-Newswire.com (press release) (国際) 鳥フル対策でコンピューターでシミュレーション研究
 ロンドン王立大学の Neil Fergusonが8月3日にNatureに発表した論文。(3日発行Natureで英国のFergusonの研究チームはタイの田舎での流行を想定して、200人までの患者発生に抑えるためには、せいぜい30人発病の段階で流行を認識して、周辺の住民2万人に抗インフルエンザ薬を投与する必要がある、との結果を得ている。Fergusonは3百万錠の抗ンフルエンザ薬の備蓄を勧めるとともに、流行発生時の学校、空港、職場などの閉鎖も必要と言う。)
・BirdFlu Spreads Throughout Russia All Headline News (国際) 鳥フル、ロシア全土に拡大
 昨日のロイター通信と同じ。
8月6日

・Hong Kong streptococcussuis expert-team returns from Sichuan MaldivesInfo (press release) (モルディブ) 香港専門家チーム、調査を終えて四川省から戻る
 チームは四川省の3病院の医師から話を聞いたり、状況を視察した結果、豚連鎖球菌(streptococcus suis)による感染症と一致したと、記者会見で報告した。
・Birdflu may be spreading in Kazakhstan, Russia RedNova.com, TX (米国) 鳥フルはカザフスタンへ拡大
・Birdflu spreads to two Russian regions OCRegister (subscription), CA (米国) 鳥フルはロシアの2地域へ拡大
・EU to ban poultry imports from Russia, Kazakhstan Reuters AlertNet, UK  (英国) EUはロシアとカザフスタンからの家禽輸入を禁止へ
・中国四川省での感染者数 更新  Boxun News Network (原文中国語サイト 米国) 
 豚連鎖球菌(Streptococcosis Suis)に感染した人の数は公式発表で8月5日に212人となった。
 しかし四川省地域の人々はこの数は正しくないと指摘している。
・PRB's birdflu drug proves effective against SARS Pharmaceutical Business Review (国際) PRB社の鳥フル薬はSARSに対しても効果
 PRB社の薬局店頭販売の抗インフルエンザ薬のVIRA 38がSARSウイルスに対しても、効果があることが台湾の研究者によって解析された。VIRA 38はSARS流行時に大統領側近と医師団により、台北のSungshan 病院で使用された。現在格安の抗鳥インフルエンザ薬としてベトナムで臨床試験中。米国のPRB製薬会社と香港のLee製薬会社が鳥フル対策用に製造を開始している。
・Pigs and people in China continue to fall ill from puzzling ... CIDRAP, MN (米国) 中国四川省での感染症、豚と人の感染が続いている
 8月5日(CIDRAP News):中国当局は本日、人での感染者数は212人、134人が入院中、14人が重体、38人が死亡と報告した。一般論が以下続く。
 当論文でのユニークな内容は以下の通り。
 症状が重症でかつ進行が速いことから中国外の研究者は、診断名に多大の疑問を抱いている。
 他の要因の関与、原因と言われているS suisの変異株、または新型株、他の病原体の同時感染、または全く異なる病原体、など様々憶測されている。WHO、FAO、OIEは中国にもっと詳細な検査をして明確な診断を得ることと、海外に状況打開のための援助を申しでるように伝えている。
・Experts question cause of Chinese outbreak Science Daily (press release) (国際) 専門家は中国四川省で多発している感染症原因に疑問
 UPI報道と同じ。
・WHO calls for further study of China's 'swine flu' cases World Peace Herald (米国) WHO、中国の豚介在感染症に対してさらなる調査を要求
 下記UPI報道と同じ。
・Experts question cause of Chinese outbreak United Press International (国際) 専門家は中国四川省で多発している感染症原因に疑問−−鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、クリミアコンゴ出血熱の可能性も
 ワシントン、8月5日(UPI): 中国当局は、すでに多くの人を死亡させている豚での奇病が、豚風邪( swine flu)によるものであるとの説明を繰り返したいるが、WHOはさらなる検査で病原体を詳細に分析するように申し入れている。そして少なくとも一人の米国人科学者がそれはエボラウイルスである可能性を指摘している。
 中国の四川省を中心に発生している感染症は206人を発病させ、38人がを死亡させ、そして18人が重体と報告されている。
 中国衛生省は病気は豚風邪( swine flu)であると言っているが、正確には風邪ではなく、細菌の Streptococcus suisによる感染症だ。しかし、この感染症は人には希にしか生じないし、通常人を死亡させることはない。
 ”自分はこれは細菌によるものとは思わない”、と分子生物学者のHenry Niman博士はUPI(United Press International)に説明する。”この細菌は通常人には感染しないし、したとしても致死的ではない”。同氏はピッツバーグの新興感染症に関する分子生物学的研究を行っているRecombonomics研究所の所長である。
 Niman博士は、それは東南アジアで50人以上死亡させている高病原性のH5N1鳥フルウイルスの強毒株である可能性を考えている。
 ”それは詳細な検査を行わない限り確かめようがない”、と同博士は語る。
 これまで中国当局は患者からの病原体を外部に提供していない。

 もう一つの可能性は致死率が50〜90%のエボラ出血熱だとNiman博士は語る。彼はこの可能性を中国語のウエブサイトであるBoxun.comで掲載されていた、中国人研究者のインタビュー記事から知った。研究者の名前は単に Wang博士としてしか紹介されていないが、彼は四川省の感染者数人からエボラ出血熱ウイルスを検出したと言う。エボラウイルスはアフリカ以外では見つかっていないから、この事実は尋常なことではない。しかしWang博士は、中国はエボラに関する情報が外部に漏れることを阻止してきたし、また中国内で患者が出ていることは国家秘密となっていると、語っている。
 1日、Epoch Timesは、”中国共産党は報道関係者による取材を禁止し、エボラウイルスという単語の使用を禁止した”、と報道した。
 中国当局は3月下旬に広東省でエボラ出血熱が発生したという噂を否定した。四川省での豚感染症の流行が始まったのは6月である。最初の人発病例は6月24日であるが、中国当局はこの事実を発表したのは7月下旬である。そして報道関係者は四川省へ立ち入ることを禁止された。
 Wang博士はインタビューの中で、豚風邪は四川省の状況にある程度の役割を担っていると思うが、中心となっている病原体ではない、と語っている。医師達の中には腺ペストを何人かの患者で検出したとの話もあり、またエボラ、ペスト、豚風邪の病原体が検査の上で検出されたという話もあるようだ。
 ”自分はこの病原体は基本的にエボラや腺ペストのような血液媒介ウイルスによるものが主要な役割を担っていると考えている”、とWang博士は言っている。
 中国がエボラを生物兵器として開発してきたかどうかは不明であるが、2002年に米国の当局者は中国が生物兵器開発計画を継続している可能性はあると話している。
 付け加えるに、Ken Alibek氏(ソ連時代に生物兵器開発責任者であって、今は米国に住んでいる)は、以前ソビエト当局は中国の生物兵器開発研究所を発見していた、と語る。Alibek氏はさらに、研究室から漏れたと思われる病原体で、エボラ出血熱を含む2つの感染症が1980年代遅くに生じていた、とも語った。
 WHOは24日、中国での豚介在感染症について分析してまとめ、発表した。しかしその中でエボラの可能性について言及はしなかったが、発病者の症状が”通常でない”と言う表現を用い、そして”病原体の性格を詳細に突き止めるための診断テスト”をさらに行うように要求した。
 ほとんどの患者は発病したか死亡した豚に接触した男性農業従事者とされる。症状は高熱、易労感、嘔吐とされている。これに髄膜炎、皮下出血、昏睡を呈してくる患者もいるようだ。
 米国CDCスポークスマンは、中国から検体を分析のために送られてきてもいないし、エボラの可能性があるかいなかについても知らない、と語っている。
 スポークスマンのDaigle氏は、CDCの研究者の中に、これがクリミアコンゴ出血熱であることを警戒している者が何人かいる、と語った。これはウイルス疾患で死亡率は30%である。
 もし流行が鳥フルによるものとしたなら、検体を手に入れ検査して分析することは極めて重要だと、先のNiman博士は語っている。この株が世界に広がるのを防ぐためにワクチンを作成しなければならないからだ。
 米国国立健康研究所(NIH)の研究者は2004年度のH5N1株に基づいて現在ワクチンを作成している。
 ”問題はもしこれがH5N1鳥フルウイルスによって引き起こされているとしたなら、この株はベトナムで流行している株よりもさらに強毒性株と考えられる。なぜならそれは容易に変異しており、人に対する致死率も非常に高い。”、そのようにNiman博士は語り、さらにNIHで作成しているワクチンは中国のウイルスには無効であろうと、付け加えた。
 CDCスポークスマンのDaigle氏は、鳥フルウイルス株(H5N1:訳者)は、2004年以来それほど大きく変異してないが、CDCは中国の株を入手してなく、データはベトナムとタイで得られた株に基づいたものだけだ、と説明した。
・BirdFlu Spreads in Russia, Maybe in Kazakhstan Epoch Times (米国) 鳥フルはロシア内に拡大、さらにカザフスタンへも
・Kyrgyzstan bans poultry imports from Russia RosBusinessConsulting (ロシア) キリギスタン、ロシアからの家禽輸入を禁止
 キリギスタンは、ロシアとカザフスタンからの家禽とその産物の輸入を、鳥フル拡大の恐れから禁止した。
 現在まで、鳥フルはノボシビルスク地域の5地区14町、アルタイ、テュメン、クルガン、そしてオムスクの地域で確認されている。しかしノボシビルスクとテュメンでは流行は下火になっていると当局は言っている。また当局はウイルスは東南アジアから野鳥によりロシアにもたらされたことは間違いはないと言っている。
・Birdflu spreads in Russia, maybe in Kazakhstan Reuters.uk (英国)鳥フルはロシア内に拡大、さらにカザフスタンへも
・Birdflu spreads in Russia, maybe in Kazakhstan Leading The Charge (オーストラリア) 鳥フルはロシア内に拡大、さらにカザフスタンへも
・BirdFlu Spreading in Russia, Kazakh Concerned About Northern ... MOSNEWS (ロシア) 鳥フルはロシア内で拡大、そして北部カザフへも
 下記と同じ内容。
・Birdflu spreads in Russia, maybe in Kazakhstan Reuters (国際) 鳥フルはロシア内に拡大、さらにカザフスタンへも

 アルマティ/モスクワ(ロイター):鳥フルがロシアの2地域でさらに発生したことが当局から報告された。流行は同じように北部カザフスタンにも広がっている可能性を、当局は伝えた。
 人に危険性のある高病原性のH5N1亜型株は、これまでロシアの1地域、ノボシビルスクだけで確認されていたが、現在他の4地域で鳥フルウイルスが確認されている(亜型については未確認)。
 ロシア農業省は5日、クルガン地域の2カ所とオムスク地域の1カ所で野生の鳥で流行発生を確認した。鳥フルの流行はすでにアルタイとテュメンの両地域で確認されていた。(Kurgan、 Omsk、Altai 、 Tyumen)。
 農業省の声明では、クルガンとオムスクで検出されたウイルスは、高病原性(H5N1株)ではないだろうと言っている。
 ロシアはこの数日間で1万羽以上の家禽をウイルス拡大阻止のために殺処分した。
 またロシア当局は、アルタイ、テュメンおよびオムスクでは4日、野鳥の死亡は確認されていないと言った。しかしながらノボシビルスクでは139羽が死亡している。
 隣接するカザフスタンの獣医衛生当局の高官は、ノビシビルスクに隣接するパウロダルで鳥フルの発生が確認されたことを確認している。
 当局はパウロダルで発生の鳥フルが人に危険なタイプ(H5N1)かどうかについては不明と言っている。しかし似たような症状の病気は、すでにパウロダル近隣の地域で鳥を殺している。東カザフ地域で364羽の雌鳥が、37羽のアヒルがアクモラ地域のビノグラドウカ湖で死亡している。
8月5日

・四川省での感染者数増加 Boxun News Network (中国語サイト 米国)
 感染者数212人、死亡38人,治癒退院40人,入院中134人,重体14人。
・Birdflu cases registered in Kurgan region Interfax Russia (ロシア) ロシア、クルガン地域で鳥フル発生が報告
 ロシア東部のクルガン地域で鳥フルが発生したことが報告された。
  Petukhovoと Chastoozyorsk地区で野鳥と家禽の間で鳥フル発生が見られている。
 ノボシベルスクで行った検査で鳥フルが確かめられた。(それ以上の詳細は不明:訳者)
・Birdflu kills poultry in two Kazakh regions ITAR-TASS, (ロシア) カザフスタンの2地域で鳥フルで家禽が大量に死亡
 西カザフとアクモリンスカヤ(Akmolinskaya)地域で鶏と野生のカモが鳥フルで死亡した。
 西カザフのKrasny Yarの7カ所の農場で364羽の家禽が死亡したと、カザフ非常事態省のプレスサービスがItar-Tassに本日発表した。”全ての農場は消毒された。包括的予防計画に従って拡大予防措置がとられている”、とプレスサービスは伝えた。
 37羽の野生のカモがアクモリンスカヤ地域のビノグラドブカ(Vinogradovka)近くの湖で死亡した。ビノグラドブカの75の農場では発病した家禽と接触した鶏とアヒル数百羽が殺処分された。
 鳥フルは3カザフ地域で既に報告されている。この危険な病気は先に Pavlodar地域の Golubovkaで600羽のガチョウを殺した。
・New birdflu cases registered in Pavlodar region Gazeta.KZ (カザフスタン) カザフスタンで新規鳥フル発生報告
 鶏と七面鳥の死亡がが Pavlodar地域で報告された。Takyr 村の個人農場と言われる(Lebyazhye district)。人には感染の兆しを認めていないようだ。ウイルス検体は分析のために研究所に送られている。
・Flu could infect half world's people in year People's Daily Online (人民網:中国) 鳥フル(新型インフルエンザ)は流行後1年間で世界の人口の半分に感染
 東南アジアの田舎における鳥フルは、厳格な拡大予防策をとらない限り、世界的に3カ月で広がることが可能で、1年以内に世界の人口の半分が感染するだろうと、科学者が分析して3日発表した。研究はコンピューターを使って、シミュレーションモデルで解析した。
 科学者達はH5N1ウイルスが変異して人人感染を起こすようになるのは時間の問題と考えている。
 ”これは我々全てが恐れている出来事だが、いつでも起きえる”、とロンドン王立大学のNeil Fergusonは言う。”我々は1918年に発生したスペイン風邪以上に重症のインフルエンザを経験するだろう”、と付け加えた。
 流行が50人以下の患者で起きている初期に検出されたなら、周辺の住民2万人に抗インフルエンザ薬を投与すれば流行拡大は防止できる。Ferguson等はコンピューターシステムを使ってそのような分析をして、4日のNATUREに発表した。
 その対策には、学校や職場の閉鎖などの対策も加わり、60日以内に流行は終息し、感染者の総数は200人以下とされる。
 流行の最悪のシナリオの対処のために、科学者達は300万人分の抗インフルエンザ薬(タミフル)の国際的備蓄が必要であると主張している。
 ロッシュ社のスポークスマンは、WHOと抗インフルエンザ薬タミフルの提供について相談中であるというが、詳細については公表していない。WHOはすでに12万人分のタミフルを用意しているが、英国とフランスも各1500万人分のタミフルをロッシュ社に発注する予定と言われているところで、ロッシュ社がWHOと両国のどちらを優先するかについては不明である。
・UN Urges China to Do More Tests on Pig Disease in Humans New York Times (米国) 国連:中国に豚連鎖球菌による人感染事例の情報提供を要求
 WHOは4日、中国当局にさらなる詳細な検査を行って、四川省で流行中の豚感染症による異常に多い人での感染事例の原因を明確にするように要求した。
 暴露されてから発病までの期間は4時間から3日間で、病状の進展は非常に速いと報告されている。
 中国当局は感染者発生を厳重に監視しているが、現在は流行はコントロールされていると言う。しかしWHOスポークスマンの Thompson 氏は、それを信じるに足る十分な情報は得ていないと語った。
 SARS勃発に際して情報公開の遅れで非難された中国であるが、現在の感染症に関して情報を隠しているという証拠はない。
 ”我々は中国は情報を隠していないと思っているが、流行の様相が異常であることからさらなる情報を要求した”、と WHOのThompson氏は語った。
・Humans Succumb to Pig Strep in China Daily News Central (米国) 中国:豚の連鎖球菌感染症で人々が死亡
 専門家は状況から診断に疑問を抱いている。基本的に昨日のAP通信(ワシントンポスト)と同じ。

専門家はこの細菌により流行が拡大してゆくのはおかしいと語る。なぜなら細菌感染症はインフルエンザウイルス等のように、いつまでも感染力を維持することはなく、しだいに感染速度は低下してゆくからだ。)
・Pork industry controls tightened after flu deaths The Standard, (香港) 中国:豚肉加工工場の監視体制を強化
 中国当局は豚の屠殺と販売の監視体制を強化するように通達をだした。
 地方当局と農家は違反すれば厳重に処罰されると伝えられた。
 通達は先週四川省で違反が発見されたことから行われた。
・Kazakhs Study Bird Flu The Moscow Times (ロシア) カザフスタン研究者、鳥フルを確認調査
 4日、カザフスタン農業省は北部の Pavlodar 地域Golubovkaでの、ガチョウ400羽の鳥フルでの死亡を確認したが、専門家は人に危険性のあるタイプかどうかの判定にはしばし時間が要する、と語った。
・Flu Pandemic Could Be Stopped With Early Actions SeniorJournal.com (米国) 鳥フル流行は初期対応で防止可能
 世界的医科学雑誌で発表された2つの論文を中心に初期対応で鳥フル流行の防止体制の理論的裏付けを説明。
 一昨日のプラウダに始まるAP通信の内容に基づいている。
 3日発行Natureで英国のFergusonの研究チームはタイの田舎での流行を想定して、200人までの患者発生に抑えるためには、せいぜい30人発病の段階で流行を認識して、周辺の住民2万人に抗インフルエンザ薬を投与する必要がある、との結果を得ている。Fergusonは3百万錠の抗ンフルエンザ薬の備蓄を勧めるとともに、流行発生時の学校、空港、職場などの閉鎖も必要と言う。
 4日発行のScienceで発表した Ira Longini等の研究では、市街地での人口の半分にワクチンを投与したなら、2週間以内に感染率が1000人に1人に低下すると言う。しかし、現在H5N1株に対して有効なワクチンはない。
・Ukraine bans poultry imports from Russia, Kazakhstan ITAR-TASS (ロシア) ウクライナ農業省はロシアとカザフスタンから家禽と家禽産物の輸入を禁止した
・Vietnam vaccinates 210 million poultry against birdflu CBC News (カナダ) ベトナムで2億1千羽の家禽へのワクチン接種始まる

・Buy time on birdflu Australian (オーストラリア) 鳥フル流行に対する時間稼ぎ
 300万錠のタミフルの用意と迅速なる対応で鳥フルの初期流行を抑え、ワクチン製造までの時間的余裕を作り出すことが可能であるという研究結果が、二つの国際研究チームにより報告された(NatureとScience)。
 鍵となるのは、感染した人々および彼等の近隣の住人に対する2週間以内の治療(タミフル投与:訳者注)、学校や職場の閉鎖、そして感染者の隔離(検疫)であると言う。
 このような初期対応は、H5N1鳥フルが変異して人人感染を容易に起こすようになった場合、数百万人の命を救う結果になるとロンドン王室大学のNeil Fergusonは論文で説明する。同氏は初期対応が全てであると付け加えている。
・Containing a pandemic Economist (英国) 流行抑止対策
 NatureとScienceに掲載された論文を紹介して、初期対応により世界的流行の抑止が可能と説明。
 タミフルの初期投与のために、スイスのロッシュ社はWHOに提供を考慮中と報告。
  ロッシュ社にタミフル発注を公開している国


・Mystery pig germ baffles experts CNN  (カナダ) 専門家は豚の細菌感染症に疑問を抱く
 専門家は中国での37人におよぶ豚介在感染症での死に当惑している。これだけの致死率、皮下出血など、これまでこの感染症で聞かれたことのない状況だ。
 豚では必ずしも希ではない感染症だが、この豚での連鎖球菌Streptococcus suisは人ではまず感染しないし、同時に数十人もの発症はあり得ない。このことから他の細菌またはウイルスが原因である可能性が論議されている。
   ”何かが違っている”、とWHOのこの疾患の専門家であるMarcelo GottschalkがAP通信に語った。
 我々は心配しているし、何が起きているのか疑問を持っている。我々は細菌を入手して同定したい。同氏は言う。
 Gottschalkは、世界で唯一この細菌(Streptococcus suis)を研究しているカナダの研究室で研究しているが、いまだかって中国側から相談されたことはないと言う。
 以下昨日のワシントンポスト(AP通信)の内容と同じ。
8月4日

・Birdflu case suspected in east Japan Xinhua (中国) 鳥フルの新事例が東日本で発生
 日本経済新聞によると、東日本の福島県の養鶏場で鶏の血清で鳥フルに対する抗体反応が陽性だったと、3日発表された。
 現在国立動物衛生研究所で詳細な検査を行っている。
 福島県当局は現在養鶏場の消毒と、感染地域からの鶏の移動を禁止した。
・Birdflu may reach Europe but threat limited Reuters AlertNet (英国) 鳥フルはヨーロッパに到達するかも知れないが、危険性はそれほど高くない。
 専門家達はH5N1鳥フルウイルスを、ガンやアヒルのような水棲渡り鳥によって東南アジアからシベリアに運ばれたと考えている。それが今度はヨーロッパへ向かおうとしている。
 ”流行は多分アジアから渡り鳥によってもたらされたと思われる。そしてそこから鳥達がヨーロッパへ飛び立つのは疑いない。”、とOIE長官のBernard Vallatはロイターに語った。
 H5N1ウイルスは強毒性でアジアで1億4千羽の鳥を殺し、何十億ドルもの損失を招いている。しかしヨーロッパでは状況は異なる。農場の構造がアジアとは全く異なっているのだ。
 ”もし鳥がヨーロッパへやってきてウイルスを農場の家畜の上に撒いたとしても、鳥に感染する可能性はアジアの場合よりもはるかに低い。”、とVallatは説明する。”ヨーロッパの農場は密閉されていて、個々に離れて存在する。” アジアでは小さな放し飼い農家や、規制のない地方の市場などが流行を拡大させた大きな原因なのだ。Vallatはそのように説明する。
・Russian birdflu threatens European region Pravda (ロシア) ロシアの鳥フル、ヨーロッパへの拡大の懸念
 基本的に本日の英国Times Onlineと同じ内容。
・Sichuan Disease Update -August 3  Boxun news (米国、 中国語サイト、英語版) 四川省状況−更新(8月3日)
 8月3日(北京時間)における中国当局による、いわゆる連鎖球菌感染症(Streptococcosis Suis)による死者数は38人、重体18人、感染者数206人。
 人々はこれらの数は信用していないということで、現地のBBSに書き込まれた投稿内容を掲載。
・China urged to inform of swine-borne disease in Sichuan province Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) 中国、四川省の豚介在感染症に関する情報の提供を求められる
 WHOは中国に四川省での豚介在感染症が人で異常な状況で感染が拡大していることから、詳細に監視して状況を報告するように求めた。
 四川省では11地域で、200人以上がStreptococcus suisに感染し38人が死亡した。多くの例は成人男性農業従事者である。中国当局によると、これまで人人感染の事例は発生していないとされる。
 WHOによると、地域の医師の報告する臨床症状は、高熱、全身倦怠、悪心、嘔吐、そして髄膜炎や皮下出血、トキシック・ショック、そして重症例では昏睡に至る。潜伏期間は短く、病気の進行は急激だ。
 正確な診断で原因病原体の性格を把握することで、この流行病の理解と早急な封じ込め、死亡者発生の阻止が可能になるとWHOは言っている。
・Vietnam confirms 3 latest birdflu cases Xinhua (中国、新華社通信) ベトナム当局鳥フル感染者3人を確認
 ベトナム健康省は、2名の死者を含む鳥フル感染者3名を確認したと報告。2004年12月以来合計63人となった。
 死亡例は、南部Tra Vinh省の24歳男性と、26歳の南部ホーチミン市の女性。2名とも感染した鶏を摂食した後発病した。
 生存している患者は北部のHa Tay省の女性で、7月15日以来入院している。女性は地域の市場で鶏を購入して調理したという。
・Roche Studies Anti- BirdFlu Drug Donation to UN Planet Ark (米国) スイスのロッシュ社、国連にタミフルの提供を考慮中
 タミフルはインフルエンザウイルス感染を予防および治療に使用される。それはアジアで50人以上殺している鳥フルウイルスも含まれる。
 ”我々はWHOとタミフルの提供について話し合っている”、とロッシュ社の女性スポークマンは語った。”それは少量ではなく、十分意味のある量になる”、と彼女は語った。秋までに結論はでるだろうと付け加えた。
 WHOは各国にタミフルの備蓄を呼びかけてきた。今回の話し合いに関してWHOのスポークスマンはコメントを差し控えているようだ。
 バーゼルに本社を置いたロッシュ社は、世界25カ国以上からタミフルを受注しているが、米国政府とも備蓄量を増やすことで協議中と言う。
・Epidemic may spread to Russian heartlands Times Online (英国) 鳥フルはロシア中心部へ拡大の可能性
 人に対して致死的な鳥フルのウイルス株がシベリアから、人口が集中しているロシアのヨーロッパ地域へ拡大してくる可能性がある、とロシア非常事態省が3日発表した。
 H5N1ウイルスはすでに西シベリアに広がっているが、現在まで人での感染例はロシアでは報告されていない。当局者が語っている。
 ”秋になると、シベリアの北部から、カスピ海や黒海周辺に移動する渡り鳥の種類がある。”緊急事態省の当局者が説明する。養鶏工場での感染や従業員の感染が発生してくる可能性を考慮しなければならない。
  シベリアのノボシベルスクでの発生から、現在アルタイやチュメン(Tyumen)地域へ拡大している。同地域はロシアを東西に分けているウラル山脈の東側である。これまで2800羽の鳥が死亡したが、ロシア当局はウイルスが検出された13地区で6万5千羽の鳥の殺処分を開始した。
・Plan to combat birdflu outbreak theorized Bradenton Herald (米国) 理論的背景に基づいた鳥フル対策
 基本的に昨日のプラウダと同じ(AP通信が配信元となっている)。
・Outbreak associated with Streptococcussuis in pigs in China Harold Doan and Associates (米国) 中国における豚連鎖球菌感染症からの人における流行
 206人が感染、38人が死亡と中国衛生省は発表。
・BirdFlu Could Be Stopped -- If Everything Is Aligned Right Washington Post (米国) 鳥フルの拡大阻止は可能ならしめることが可能−もし全てが正しく行われるならば
  世界で数百万人の人々を犠牲にする可能性のある鳥フルは、流行発生(人における)を1週間以内に確認、そして速やかに薬の配布と検疫体制が図られるなら、まだ芽のうちに抑えられるかもしれない。コンピューターによるシミュレーション研究の結果明らかにされた。
 しかしその可能性は多くの”If(仮定)”が伴っている。米国国立健康研究所の感染症部門の責任者である Anthony S. Fauciは説明する。
 ・計画は、もし当局が、鳥フルウイルスが人に感染するタイプに変わって流行を引き起こす可能性が出てきたことを、速やかに認識するという条件下でのみ可能である。
 ・また計画は、世界の保健当局者が、流行発生と同時に速やかに3千万錠のタミフルを感染発生地に発送することで可能となる。
 計画はまた、感染地域の保健当局が速やかに届いたタミフルを、最近感染したと考えられる人々に配布することで可能となる。−−最低限、学校で発生した場合は児童達、職場で発生した場合は職場の人間達−−、しかし理想的には感染者がいたレストランにいた人々、バスに感染者と同乗していた人々、感染者のいた場所で買い物をした人々や祈った人々。
 ・また計画は流行勃発時に危険地域の人々が家から外に出ない命令に従って、可能となる。
 ”もし我々がある時点で、数千人の感染者を見いだしたなら、我々はウイルスを封じ込める機会を失うだろう”、とロンドン王室大学のNeil M. Fergusonは言う。その内容は本日発行のNATURE に掲載されている。
 ”基本的に封じ込めはウイルスの源で行う、そうでなければ失敗するだろう”、と明日発行のScienceでエモリー大学の Ira M. Longini Jrは説明する。
・Humans Dying of Pig Disease a Concern Washington Post, (米国) 中国四川省:不可解な豚媒介感染症での人の死
 専門家は中国での37人におよぶ豚介在感染症での死に当惑している。これだけの致死率、皮下出血など、これまでこの感染症で聞かれたことのない状況だ。
 豚では必ずしも希ではない感染症だが、この豚での連鎖球菌Streptococcus suisは人ではまず感染しないし、同時に数十人もの発症はあり得ない。このことから他の細菌またはウイルスが原因である可能性が論議されている。
 ”何かが違っている”、とWHOのこの疾患の専門家であるMarcelo GottschalkがAP通信に語った。
 我々は心配しているし、何が起きているのか疑問を持っている。我々は細菌を入手して同定したい。同氏は言う。
 Gottschalkは、世界で唯一この細菌(Streptococcus suis)を研究しているカナダの研究室で研究しているが、いまだかって中国側から相談されたことはないと言う。
 この細菌に関して研究している研究者は非常に少ない。Gottschalkは中国がいかにして細菌を同定したのか、どのようなタイプのワクチンを開発予定なのか、不確かだと言う。通常のワクチンでは効果は無いという。中国はすでに35万頭の豚用ワクチンを開発し、開発場所の広東から四川省に送り出したと発表している。
 Gottschalkは 、Streptococcus suis は通常人に感染しても症状の発現まで時間がかかる。そして時々髄膜炎を起こし、一時的または永久的な聴力障害を起こすのが特徴と言う。ほとんどの人々は抗生物質治療で回復する。発生数は年にせいぜい30人程度であると同氏は説明する。中国は6月以来既に感染者(疑い例も含めて)は200人以上と報告している。
 発病した豚を扱い感染した農夫達は、悪心、発熱、嘔吐、皮下出血を呈している。
 WHOと国連機関であるFAOは、豚連鎖球菌Streptococcus suisが単独でこのような感染症を起こしているのか大きな疑問を呈している(他の細菌、またはウイルスも関与していないのかどうか)。中国はまた、四川省から数百マイルも離れた広東省で一人の患者を報告している。また香港も2例の感染例を報告している。しかし中国当局はこれら感染例と四川省での流行事例との関係については一切説明していない。
 ”突然、別個に発生するわけはない”、とローマのFAO事務所の動物衛生専門家のJuan Lubrothは言う。”一つの可能な説明として、彼等は原因として Streptococcus suis以外の、付加的な問題を抱えているということだ”。
 ケンブリッジ大学獣医学部の元学長であるThomas Alexanderはこの細菌の草分け的研究者であるが、この細菌は健常な豚の扁桃に存在していて、不衛生な場所に詰め込まれて飼育されると、時に病原性を呈する場合があると言う。
 ”自分の経験では、症状は慢性的だ。中国での報告を見ると人々は24時間以内に死亡している。彼等の報告は全くこの細菌による感染症の症状に合致しない”、と同氏は電話で語った。
 病気は手指の外傷を介して豚から人に広がる。肉は十分加熱する限り摂食しても感染の原因とはならない。
 アジアは特に人獣感染症が発生することで知られている。2003年のSARS、そして現在は鳥インフルエンザである。
 中国はSARS勃発の際、情報公開の遅れを世界から非難された。そして現在WHOは、中国国内で起きている鳥フル情報を完全に公開していないと言っている。
 限定された情報で考える限り、Gottschalkは豚の連鎖球菌感染症に関して過度に心配していないと言う。なぜなら細菌感染症は、インフルエンザウイルスなどと違って、次第に感染力を弱めてゆくからだと言う。この連鎖球菌感染症に関して言うならば、人人感染の事例はないと言う(だから次第に拡大は収まる)。(
−−本当に豚の連鎖球菌感染症ならば、という但し書き付きであるが:訳者注)
 しかしながら彼は中国の細菌を分析して同定を試みたいと言う。
 ”我々が中国農業省から情報を入手するのは極めて困難だ。彼等が十分な条件で研究できているとは考えられない。世界でこの細菌を研究できる研究室はほとんどない”、とGottschalkは語っている。
Fiji prepares strategy to deal with influenza pandemic Radio Australia (オーストラリア) フィジー、新型インフルエンザ戦略の検討に入る
 フィジーでは、WHO当局者と共に(新型)インフルエンザ流行に対する戦略の検討に入った。
・Plan to combat birdflu outbreak theorized Monterey County Herald (米国) 鳥フル対策が理論的に構築
 公衆衛生専門家達は、東南アジアで流行中の鳥フルによる多数の人の死は、当局が検疫措置と旅行制限、および抗インフルエンザ薬を広く配布すれば防止できる可能性があると言う。可能にするためには、このような緊急計画は2日以内に実行される必要があり、ウイルスの拡大を数十人の人々の間だけに抑える必要がある。例え多くの地域でコミュニケーション手段がとられなくなったり、経済状況の混乱や交通網の乱れが起きたとしても実行する必要がある。
 ”流行の封じ込めは、挑戦にも等しい”、鳥フル対策の権威でもあるNeil Ferguson氏は言う。
 2002年以来、ウイルスは東南アジアで家禽の間に遍く広がり、少なくとも60人の犠牲者をだした。彼等は感染した鳥から直接感染した。
 ウイルスは渡り鳥により西シベリアという遙か北方まで運ばれ、そこで家禽農場に感染している。
 各国当局は、これまで数百万羽の鳥を、鳥フル拡大阻止のために殺処分した。
  以下昨日のプラウダと同じ(AP通信が配信元となっている)。
8月3日

・BirdFlu Threatens European Russia −Emergencies Ministry MOSNEWS (ロシア) 鳥フルはロシアヨーロッパ地域へ拡大の危険性−ロシア緊急事態省
 ロシア緊急事態省はシベリアで発生しているH5N1鳥フルは,、8月にロシアのヨーロッパ地域へ拡大の危険性があると警告した。また人での感染例、特に農場従業員で発生する可能性もあると言っている。
・Birdflu epidemy in Southeast Asia could be prevented Pravda, (プラウダ:ロシア) 東南アジアにおける鳥フル流行は予防可能
 公衆衛生専門家達は、東南アジアで流行中の鳥フルによる多数の人の死は、当局が検疫措置と旅行制限、および抗インフルエンザ薬を広く配布すれば防止できる可能性があると言う。可能にするためには、このような緊急計画は2日以内に実行される必要があり、ウイルスの拡大を数十人の人々の間だけに抑える必要がある。例え多くの地域でコミュニケーション手段がとられなくなったり、経済状況の混乱や交通網の乱れが起きたとしても実行する必要がある。
 ”流行の封じ込めは、挑戦にも等しい”、鳥フル対策の権威でもあるNeil Ferguson氏は言う。
 2002年以来、ウイルスは東南アジアで家禽の間に遍く広がり、少なくとも60人の犠牲者をだした。彼等は感染した鳥から直接感染した。
 ウイルスは渡り鳥により西シベリアという遙か北方まで運ばれ、そこで家禽農場に感染している。
 各国当局は、これまで数百万羽の鳥を、鳥フル拡大阻止のために殺処分した。
  これまで人人感染の例は極めて希であったが、H5N1ウイルスは極めて毒性が高く、(人における)世界的拡大は速やかに起きる可能性があることから、各国当局者達は緊急行動計画を作成し始めている。
 科学者達の中には、ウイルスの封じ込め努力は、タイやベトナムなどの貧しい、都市から遠く離れた村落に集中されるだろうtと予知する人がいる。そうした村落に多くの家禽が飼われていて、そこがウイルスの増殖源となっているからだ。
 他の科学者達はウイルスは都会の中で蔓延する可能性を予知している。家禽市場や集配センターを介してウイルスが速やかに広がるとの憶測である。
 いずれにしても300万錠のタミフルのような抗インフルエンザ薬が必要になるだろ、と研究者達は言う。
 そして、米国の研究者による別な分析では、あまり効果が期待できないと思われるワクチンの予備的投与でも、研究者達が新型ウイルスがアジアの町々から拡大するのを防ぐことを考える貴重な時間的余裕をもたらすと考えられる。
 公衆衛生当局者達は英国や米国のコンピューターによる分析研究が良いアドバイスを提供していると言うが、実際の流行が起きたときは多分抑え込むことが非常に難しいと考えられる。なぜかと言うと、多くの未確定要因があるからである。それらの中には、ウイルスがどの程度感染性が強いのか、発病した場合の重症度はどの程度なのか、さらにどのような人達がリスクが高いのか等が含まれる。
 ”我々は十分調整されたモデルで問題を考える必要がある”、とWHOの感染症監視体制部局の Margaret Chan長官は言う。
 さらに問題として上述の英国と米国の分析は、抗インフルエンザ薬が効果があるものと仮定している。
 ”我々は備蓄している薬に反応しないウイルス株を手にしてしまい、何も対抗手段をもてなくなる可能性もある”、と彼女は付け加えた。
 今週発行されるNATUREで英国のFergusonの研究チームはタイの田舎での流行を想定して、200人までの患者発生に抑えるためには、せいぜい30人発病の段階で流行を認識して、周辺の住民2万人に抗インフルエンザ薬を投与する必要がある、との結果を得ている。
 Fergusonは3百万錠の抗ンフルエンザ薬の備蓄を勧めるとともに、流行発生時の学校、空港、職場などの閉鎖も必要と言う。
 また別な Scienceに掲載される Ira Longini等の研究では、市街地での人口の半分にワクチンを投与したなら、2週間以内に感染率が1000人に1人に低下すると言う。しかし、現在H5N1株に対して有効なワクチンはない。
・Birdflu kills 600 fowl in Kazakhstan, feared human case not ... China Post, 台湾 カザフスタンで家禽600羽死亡、感染疑い人事例は確認できず
 北方カザフスタンで鳥フル流行でガチョウ600羽が死亡、しかし感染が疑われていた19歳男性は肺炎と診断された。当局が3日発表。
  Pavlodar地域の緊急事態担当責任者のIgor Filonovは、ウイルスは Golubovka 村で7月20日から30日の間に見つかった。ウイルスは人に危険なH5N1ではないと説明した。
 同氏は当局は2350羽のガチョウとアヒルを殺処分し、感染地域は薬品で処置(消毒:訳者)した。そして視察団は他の地域では家禽に異常は見いだしていない。そのように語った。
.・70 percent of waterfowls in southern Vietnam positive to birdflu... People's Daily Online, (人民網、中国) 南ベトナム、メコンデルタ地域の水鳥の70%はH5N1に感染
 地方紙Labor が発表。
・Pig-Borne Disease Death Toll in Southwest China Rises (Update1) Bloomberg  (国際) 南西中国での豚媒介感染症死者数増加
 豚媒介感染症は四川省でさらに別の市に拡大して、死者数は37人となっている。中国衛生省が伝えた。
 感染者数は205人、感染者が発生している市は10市、そしてそれら市周辺の町村も含まれている。
・Ports ordered to be on the alert for strange diseases Vietnam Economic Times (ベトナム) ベトナム:入国者の健康状態をチェック
 中国四川省での豚媒介感染症のベトナムへの侵入防止のために入国者(空港、港湾など)の健康状態のチェックを行っている。発熱者は隔離される。
・Russian region to slaughter poultry to control birdflu Gateway 2 Russia (ロシア) 鳥フルのコントロールに家禽の殺処分が開始
 西ノボシベルスク地域の獣医学的検疫体制が敷かれている13居住地域で、全ての家禽の殺処分が始まった。
 600人以上に及ぶ住民の健康チェックも毎日行われている。医療関係者がインターフファックスに伝えた。
・Birdflu spreads in Russia despite efforts to control the virus Canada.com (カナダ) ロシア鳥フル:拡大予防対策にも関わらず拡大中
 AP通信内容。
・Birdflu spreads to another Russian region The State (米国) ロシアの鳥フル、他地域へ拡大中
 下記AP通信内容。
・Russian poultry farms under quarantine:- Webindia123 (インド) 全ロシアで家禽農場が検疫体制下に
 ロシア農業省は鳥フル対策のために全ての農家を検疫体制下に置いた。
 全ての危険性ある農場が隔離状態とされた。
 もしシベリア西部での鳥フルが国全体に拡大したなら、家禽農家は10億ドルの損害を被る可能性がある。
 ロシア農業市場庁( Russia's Institute of the Agrarian Market Situation)長官は、ウイルスがシベリア西部のTyumenや、Omskや大養鶏場が多く存在するヨーロッパ・ロシアまで拡大したなら大被害を被ることになる、と2日語った。
・BirdFlu Has Spread, Vets Say The Moscow Times (ロシア) ロシア当局、鳥フルは拡大している
 下記AP通信の内容
・BirdFlu Spreads to Another Russian Region Washington Post (米国) ロシアの鳥フル、他地域へ拡大 
 (AP通信)シベリアのノボシベルスクで7月上旬に発生した鳥フル(H5N1)は数千羽の家禽を殺した。それはさらに Altai 地域の村、シベリアよりも西方のTyumen 地域の村へも拡大している。ウイルス株はまだ同定されていないが、 Omsk 地域の側でも家禽が多数死亡している。
 緊急事態省は2日、この流行で2702羽の鶏が死亡したと発表している。
 一方、各地域の当局者は家禽農場の監視と指導体制を強化しているが、ノボシビルスクの行政当局は同地域の14の村全てで、計6万5羽の家禽(鶏?)を殺処分するように通達を出した。
・HHS may use mail to deliver emergency meds Myrtle Beach Sun News (米国) 医薬品の緊急提供に郵便を
 新型インフルエンザやバイオテロなどに際し緊急に医薬品を当該者に供給する手段として、保健当局長官(HHS:Health and Human Services )は、郵便、または消防所から配送する計画を立てていると語った。
8月2日

・China's pig disease baffles health experts Register, (英国) 中国の豚媒介感染症に専門家達は多くの疑問
 豚媒介感染症はすでに36人の犠牲者と198人の感染者を出し、人から人へ感染が広がっている可能性がある。そのように何人かの専門家は語るが、他の専門家達は完全に違う感染症ではないかと疑っている。
 一方、中国政府は豚連鎖球菌に対するワクチンを感染地域へ出荷したばかりであるが、人人感染の事実は無く、感染の拡大はコントロールされている、と発表した。
 しかし専門家達は豚から人への感染は実際問題不可能であり、これだけ多くの人の感染者の数は、人人感染が起こっていることを示している、と語る。
 ”細菌は豚の扁桃に存在して、豚同士が鼻をこすり合わせたり、咳をしたり、等によって感染する。しかし豚の扁桃に存在する細菌の数は非常に少なく、そこから人が感染することはまずありえない。”と英国獣医研究センターのJill Thompson氏はNew Scientistに語った。
 中国当局はこの感染症発生を6月末に知った。しかし発表は1カ月後の7月25日に行った。当局がSARSや鳥フルで行った方法で比較検討はすでに行われている。
 New Scientistによると、WHOはこの細菌Streptococcus suis type II は、通常一時にそれほど多くの人々に感染を起こさないことから、この流行に関して戸惑っていると語っているようだ。この株は特に強毒株のようで、症状もかなり異常なようだ、と説明している。
 香港大の細菌学者であるSamson Wong氏は、臨床症状はかなり非定型的で、全く別な疾患でるかも知れない、と言う。彼は多くの患者が皮下出血(感染症では希な症状である)を呈し、この細菌感染症でよく見られる聴力障害の患者がほとんどいないことに注目している。他の専門家はウイルスが関与しているのではないかと示唆している。
・Vietnam reports new birdflu patient China Daily (中国)  ベトナムで新規鳥フル感染者発生
 ベトナム北部のHa Tay省で49歳女性が鳥フルH5N1株に感染していることが確かめられた。患者はハノイの熱帯医学研究施設に入院しているが、人工呼吸器が必要な状態と説明された。女性は地域の市場で鶏を買って調理した。地域の保健担当者は女性が住んでいる一帯の監視と彼女と接触した人々の健康調査を行っている。
・Altai region tightens border controls over birdflu ITAR-TASS
 アル対地域での鳥ふる発生を受けて、ロシアのアルタイ地域では、モンゴルとカザフスタンの国境での検疫体制を強めた。
・Experts warn of birdflu spread in Russia People's Daily Online 人民網(中国) 専門家はロシアの鳥フル拡大を警告
 ロシア獣医学部局の当局者は、12月1日、ノボシビルスクでの2000羽以上の鳥を殺し、さらに隣接する Altai 地域でも流行が確認されたH5N1鳥フルは、さらに地域を越えて広がる可能性が高いと警告した。
 最近Altai地域で300羽以上の家禽が死亡して、検査結果で致死的株のH5N1であることが確かめられた。
 さらに450羽以上の鶏が Omsk地域で死亡したが、原因は調査中である。
 専門家達は鳥フルは Omsk地域に広がり、数日後には隣接するTyumen地域へ拡大すると予知している。
 ノボシベルスクでは地方当局が検疫体制と農家への補償などで31万5千ドルの費用がかかると計算している。
 一方、人への感染が心配されており、大量の人での検査が行われているが、今のところロシアでは人での感染者は報告されていない。
 獣医学部局では、ノボシベルスク、アルタイ、Pavlodarのカザク省で確認された鳥フルはH5N11であると言っている。
 専門家は鳥フルは明らかに東南アジアから渡り鳥でもたらされたものであると言っている。彼らはウイルスが変異して、簡単に人人感染を起こすタイプに変わるのを恐れている。
・No new cases in pig disease outbreak Xinhua, (新華社通信、中国) 豚感染症で新規の感染者はなし
 中国衛生省によると、7月31日正午から8月1日正午までの間、新規の感染者は発生していない。
 保健当局者は、先に保留になっていた17人の診断を確定したが、これらの患者はすでに感染者として計算されていた。
 もう一つの新しい出来事として北京の研究者は豚での診断を4時間で行えるキットを完成した。
 1日正午までに176の村から198人の感染者が報告されている。
 昨日2人の死亡が報告され、30人が重体と言われる。
・China talks tough as pig disease toll rises China Post (台湾) 中国四川省の豚感染症死者数増加
 感染者数は198人、死者数は36人になった中国四川省での豚感染症に対して、報告しなかったり、報告が遅れたりした場合は厳しく罰すると通達を出した。香港当局も監視体制を強めたと発表。
・Birdflu moves towards Europe Nature.com (subscription),  (国際) 鳥フルはヨーロッパへ拡大
・Mass poultry slaughter as birdflu spreads in Siberia Forbes (国際) シベリアで家禽の大量屠殺が開始
 李シアとカザフスタン周辺の省では、中国から西方へ着実に広がってきた致死的鳥フルの状況から、大量の家禽の殺処分を開始すると発表
・Birdflu discovered in Kazakhstan Washington Times (米国) カザフスタンで鳥フルが発生
 カザフスタンの Pavlodar地域で、この10日間600羽の鶏が死亡。25日、カザフスタン非常事態省が発表した。
 ウイルスが東南アジアで流行している株と同じかどうか検査中と言う。
 また20歳の農場労働者が鳥フル様症状で入院したが重体と発表された。
・Mass poultry slaughter as birdflu spreads in Siberia TODAYonline (シンガポール) シベリア、カザフスタンで鳥フル(H5N1)拡大予防のために大量の家禽殺処分が始まる。
・‘Pig disease’ may be spreading between humans New Scientist (subscription) (英国) 豚媒介感染症は人の間で広がっている可能性 
 従来知られている豚の連鎖球菌感染症から考えると、今回の事例は異常な感染拡大うぃ示している。人人感染が起きている可能性も示唆される。また関係者の間では、他の病原体の関与も示唆されている。
・US Health Officials Keep Eye On Russian BirdFlu NBC5.com,(米国) 米国の保健当局はロシアの鳥フル発生を警戒
 ロシアの鳥フル(H5N1)発生は、我々が心配してきた世界的流行へ向かうシグナルかも知れない、と保健当局の高官が8月1日語った。
 一方、香港政府は公園で170羽以上の鳥が死亡し、鳥フルの検査中であると発表した。
 米国内多数の報道機関が掲載。
・Pig-Borne Disease Kills 34 Farmers In China NBC 4.com 中国四川省での豚媒介感染症、34人の死者へ
 マニラのWHO西太平洋地域事務所では、中国南西部で発生中の、34人が死亡している豚介在疾患に疑問を抱いている。
 中国当局はそれが単一の病原体で生じていない可能性もあり得ると考えている。国連機関のスポークスマンは、他の要因(病原体:訳者注)が関与しているかも知れないと言っている。しかし流行がさらに広がっているとは思わないと付け加えた。
 一方、中国内の報道によると、豚連鎖球菌に対して作成された最初のワクチンが当該地域に送られた。計画によると、最終的に1000万頭の豚に対してワクチン投与が行われる。
 香港の報道によると、中国当局は流行地域をマスコミ関係者が訪問することを禁止した。新聞機関は中国当局からの情報を受け取ることになる。
 米国内多数の報道機関が掲載。
8月1日

・Netherlands sees no threat from Russian birdflu Reuters (国際) オランダ、ロシアの鳥フルに対する警戒は強めず
 オランダ農業省は、リスクアセスメントを行ったが、ロシアの鳥フル(H5N1)に対して格別の警戒態勢をとる必要なはないと判断していると発表。
・H5N1 BirdFlu Migrates West Toward Europe Recombinomics (米国) ノボシビルスクのH5N1鳥フルはヨーロッパへ向かって西方に広がりつつある
 ノビシベリスク地域での鳥フル拡大状況を見ると、西方地域への拡大傾向が見られ、ヨーロッパへの拡大の可能性も考えられる。
・Russia birdflu could spread to EU - vet official Reuters AlertNet (英国) ロシアの鳥フルはヨーロッパへ広がる危険性がある−−ロシア関係当局者
 ロシアの関係当局は、ノボシビルスクの鳥フルはさらに周辺に拡大する危険性があると語ったが、ヨーロッパへ飛来してゆく渡り鳥がウイルスを感染することにより、H5N1ウイルスがEU諸国へ拡大する可能性もあると、ロイターに語った。北アメリカへ飛来してゆく渡り鳥もいることから、北アメリカも安全とは言えないと付け加えた。
・Birdflu kills over 2,000 poultry in Russia's Novosibirsk region ITAR-TASS (ロシア) ロシア、ノビシビルスクでの鳥フル、2000羽以上死亡
 ロシアの緊急事態省は、ノボシビリスク地域での鳥フルは、31日朝から死亡した127羽を含めて2382羽となったと発表した。同地域内での発生は拡大傾向にあるようだ。
・Man Hospitalized With BirdFlu Symptoms in Kazakhstan MOSNEWS (ロシア) カザフスタンで鳥フル疑いにより男性が入院
 カザフスタンのPavlodar地域の病院に20歳男性が鳥フル症状を呈して入院した。同地域では600羽のガチョウが7月20日から30日の間に死亡した。
・Birdflu won't affect tourism: Minister Jakarta Post (インドネシア) インドネシア当局:鳥フルは観光客の減少につながらないとの見通し
 インドネシアでは、昨年度530万人の観光客がインドネシアを訪れ、50億ドルが使われたと考えられているが、本年度も600万人の観光客が見込まれ、58億ドルの外貨をもたらすと、当局は予想を立てている。鳥フルの発生は、鳥から人への感染が無いことから影響がないだろうとの見通しのようだ。
・Public egged on eat chicken amid birdflu scare Jakarta Post (インドネシア) 市当局、市民へ鶏肉消費を勧める
 当局によるとジャカルタ市内の鶏肉消費量は、鳥フル死亡例が出る以前に比較し60%前後まで低下してきているという。十分加熱して接触すれば安全であると、市当局では鶏肉消費を市民へ促している。通常、一日に鶏60万羽相当の鶏肉が消費されるが、現在は25万個の鶏肉しか消費されていない模様。
・UK's PowerMed Joins Race for Bird-Flu Vaccine Planet Ark (英国) 英国の製薬会社、鳥フルワクチン開発へ参入
 来年夏頃までに実用化の見通し。
・BirdFlu Strain Can Infect Humans The Moscow Times (ロシア) 発見された鳥フルは人へも感染する
 シベリアで見つかった鳥フルは人へも感染するタイプであることを研究者は確認した。29日、農業省が発表した。短い声明はウイルスがH5N1株であると伝えた。

・8 year old Indonesian girl probably had avian flu ( birdflu I-Newswire.com (press release) (インドネシア) インドネシア、家族発生例の8歳少女でウイルス確認
 先に鳥フル疑いで死亡した父娘3人事例で、父親はウイルス感染が確認されていたが、検査結果について保留されていた2人の娘のうち8歳少女でウイルス感染が確認された。感染源として家族の住んでいた自宅と道路を挟んで存在している鶏舎の中の糞からウイルスが見つかっている、という。300人の接触者の中で健康状態に異常を呈している人はいない。

・South reports two more birdflu deaths Viet Nam News (ベトナム) 南ベトナムで2人死亡
 Tra Vinh省の総合病院で24男性が25日死亡。26歳女性がホーチミン市の病院で27日死亡。ホーチミン市のパスツール研究所で2名の検体がH5N1陽性であることを確認した。ベトナムでの死者は、2003年以来計41人となった。
 両者とも鶏との接触歴が明確で、当局は感染した鶏の調査と処分、周辺の消毒、関係者の健康調査を行っている。

・Likely H5N1 BirdFlu Case in Golubovka Kazahkstan Recombinomics (米国) カザフスタンでも家禽の鳥フル(H5N1)が発生し、人が一人感染した疑い
 カザフスタンのPavlodar地域の病院に20歳男性が鳥フル症状を呈して入院した。同地域では600羽のガチョウが7月20日から30日の間に死亡した。
 患者はGolubovka村の家禽飼育場従業員で、進行してから”重複肺炎(double pneumonia)”と診断され濃厚治療室へ入院した。
 感染したガチョウから感染した可能性のある鳥は全て殺処分され、家禽農場は消毒された。ウイルスサンプルはカザフスタン国立獣医学センターを送られた。
 以上は、カザフスタン緊急事態省からロシアのインターファックス通信への公表内容である。
 上述の内容を引用してRecombinomicsでは下記のようにコメント。
 以上の内容は明らかに中国西部と隣接するカザフスタンでも鳥フル(H5N1)が発生していることを意味している。
・Man hospitalized with birdflu symptoms in Kazakhstan Interfax Russia (ロシア) カザフスタンで、鳥フル症状により男性一人が入院
 カザフスタンのPavlodar地域の病院に20歳男性が鳥フル症状を呈して入院した。同地域では600羽のガチョウが7月20日から30日の間に死亡した。
 患者はGolubovka村の家禽飼育場従業員で、進行してから”重複肺炎(double pneumonia)”と診断され濃厚治療室へ入院した。
 感染したガチョウから感染した可能性のある鳥は全て殺処分され、家禽農場は消毒された。ウイルスサンプルはカザフスタン国立獣医学センターを送られた。
 Golubovka村での最初の鳥の死亡は1週間前に報告された。Irtysh地域の緊急事態部門の責任者はインターファックス通信ににそのように伝えた。村は隔離され、村からの家禽や卵の輸送は禁止されている。
・Birdflu discovered in Kazakhstan Viet Nam News Agency (VNA ベトナム国営通信), (ベトナム) カザフスタンで鳥フルが確認される
 カザフスタンのGolubovka村の家禽農場で(Irtysh 地域, Pavlodar 省)600羽のガチョウが、7月20日〜30日の間に死亡した。
 カザフスタン非常事態省によると、検査の結果鳥フルが確認されたので、生き残っていた家禽全てが殺処分された。
 一方、隣接するロシアのノボシビルスクで数百羽の家禽が鳥フルで死亡していることが確認されている。しかしながらこれまで人の感染例は報告されていない。
TOP