海外報道抄訳集
(中国で流行中の豚介在感染症情報も加わっています)
随時更新中
7月31日

・Experts say world lacks medical weapons to fight flu pandemic Pittsburgh Post Gazette (米国) 世界は、世界的インフルエンザ流行に対する医学的手段を不足している
 下記ワシントンポストと同じ内容。
・World Not Set To Deal With Flu Washington Post (米国) 世界はいまだ新型インフルエンザ対策が出来ていない
 公衆衛生当局者達は、彼等が避けえないと考えている(新型)インフルエンザに対して対策を講じているが、世界は医学的手段を十分備えてないし、、さらにそれらはすぐには準備出来ないと言っている。
 公衆衛生専門家達はメーカーと一緒になってワクチンや薬の開発、感染者隔離戦略、治療法、そして国際的協力体制などに関して懸命に力を注いでいる。しかしこれらの努力が実を結ぶまで数年はかかると言う。しかし一方で、今アジアにおける鳥インフルエンザH5N1株は、鳥の種を越えて感染拡大し、さらに時々人にも感染を起こしたり、その感染様式は月単位で変化している。この鳥インフルエンザが、数十年毎に現れる最も危険な新型インフルエンザとして、世界的流行を引き起こす可能性があると、世界の健康当局者達は言っている。
 もしウイルスが来年広がりだすと仮定した場合、世界は実験的に製造した一握りに近いワクチンしか使用出来ない。しかし歴史的にも明らかなように、新型インフルエンザは世界中で数百万人以上の人々を死亡させる可能性があり、その程度のワクチンではほとんど意味をなさない。もしワクチンが効果を持つと判明して、世界中のワクチンメーカーが製造を開始したとしても、最初に使用できるワクチンは4カ月後である。その間ウイルスは世界中に広がっているに違いない。
 理論的に抗インフルエンザ薬は、流行の進行速度を弱める効果はあり、使用することで時間稼ぎが可能となる。問題は効果が期待される薬が、タミフルだけだということでである。そのタミフルの備蓄量も現在十分でない。
 一般社会は現代医学の力を信じているのだろうが、世界が新型インフルエンザの世界的流行に十分体制を整えていないとは聞いてはいないはずだ。
 18カ月以上前に東南アジアの家禽の間で鳥フルが流行し始めて以来、国際的および米国の保健当局者達はその拡大してゆく危険性を警告してきた。ワクチン開発の研究は強化され、抗インフルエンザ薬供給体制の努力が支払われ、世界的協力体制に関する会議も定期的にもたれている。
 米国は今年4億千9百万ドルの予算をインフルエンザ流行対策整備費用として計上している。国立健康研究所のインフルエンザ研究予算は、この5年間で5倍に増加されている。
 当局者達は毎日会議を開いて、対策について論じている、と言う。
 これだけの労力を払っていても、世界は対策を十分とっていない、と専門家達は言う。
 ”インフルエンザが実際発生しない限り誰も関心を持たない。実際発生したなら、それがいかに恐ろしいか初めて分かる”、そのように、国立科学アカデミー医学研究施設長官の
Harvey V. Finebergは語った。
 他の科学者達も同じように警鐘を鳴らす。
・Vietnam starts pilot birdflu inoculation of poultry Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナムで鳥フルワクチン投与開始
 南部のTien Giang 省で30日からワクチン接種が始まった。30日は5000羽の鶏と2000羽のアヒルに投与された。1000人の保健関係者が動員され8月21日までに80%の家禽にワクチン接種を終える予定。
 ワクチンは、取りあえず試験的に鳥フルの発生を見ているTien Giang省と北部のNam Dinh 省から始められるが、他のハイリスク地域は冬の前に、10月1日から11月10日の間に行われる予定。
 二種類のワクチンが用いられ、アヒルには中国製のH5N1に対するワクチン、鶏にはオランダ製のH5N2に対するワクチンを使用する。(H5N2株はベトナムで流行っていないが、同ワクチンはH5N1株にも効果はあると言われる:訳者注)。
・Pig-borne illness spreads outside of Chinese province where it ... CBC News 豚介在感染症、四川省から拡大
 広東省潮州市で屠殺業従事者が豚介在感染症に罹患して、中国本土内で四川省以外の初の感染者となった。患者は回復して退院している。潮州市中央病院当局が発表した。
 潮州市は香港に隣接しており、四川省数百キロ離れている。
 中国当局は、この感染例が四川省の流行と関係があるのか不明と説明している。
 30日遅くの新華社通信によると死者は34人で、感染者は疑い例も含めて174人となっている。
・China educates farmers on pig-borne disease Reuters  (国際) 豚介在感染症に関する農家への教育を開始
 南西中国の四川省で、貧しく無学の農民達に対して、病気になった豚を屠殺したり、摂食しないように教育するキャンペーンが始まった。同省では100以上の村で豚風邪(豚熱、streptococcus suis感染症)が流行していて、少なくとも34人の人が死亡している。中国衛生省によると174人が感染していて28人が重体とされる。
・China alerts farmers to pig fever BBC News (英国) 中国、豚介在感染症(豚熱)の警戒情報を農家に配布
 中国四川省当局は、発病した豚の摂食を禁じる、家畜の間に感染が広がっていないか警戒を呼びかけるポスターを作って、農家に配布した。
 約5万人の保健衛生スタッフが豚の検査と登録のために四川省に派遣された。当局は一時的検疫所を設置して、死亡した動物が市場に持ち込まれるのを防止している。
 四川省は中国で最も大きな豚生産地で、年間5千万頭の豚を産生している。
 多くの事例は貧しい村で発生しており、それら地域では発病した豚は市場に送るよりも自分たちで摂食するのが一般的となっている。
 豚連鎖球菌(streptococcus suis)は、便、塵、死骸などの中に存在している。
 感染地域の多くの村では、村で患者が出るまで、この感染症の多発事例に関して何も知らないようだ。
・BirdFlu Harmful to Humans Found in Siberia, Paper Reports Epoch Times (米国) 人への病原性ある鳥フルがシベリアで確認
・Birdflu harmful to humans found in Siberia-paper Metro Toronto, (カナダ) 人への病原性ある鳥フルがシベリアで確認
・Chinese Capital to Build Animal Disease Prevention Center RedNova.com (米国) 北京に動物疾患予防センタを設立と
 北京市は、1250万ドルの予算で動物疾患の予防と対策を目的に、動物疾患予防センターを設立と発表した。

・174 Sichuan Cases with 34 Deaths and Case Fatality Rate 74% Recombinomics, (米国) 現在までの発病者174人、最初の発病者46人中死亡者34人、死亡率は74%
 抗生物質が無効(通常、streptococcus suis は抗生物質に感受性はある)、異常に多い患者数から、streptococcus suis 感染症によるものか疑わしい。ある報告によると、一人の患者から遺伝子変異したエボラ出血熱ウイルスが検出されたとか、ペスト菌も見つかったとか噂が流れている。
7月30日

・Birdflu harmful to humans found in Siberia-paper Reuters AlertNet(英国) 人への病原性ある鳥フルがシベリアで確認
 ロシアの新聞「Kommersant」は30日、ロシア当局発表を引用して、数千羽の鳥が死亡しているシベリアの鳥フル流行はH5N1株によると確認された、と発表した。
 ロシア当局は、先にノボシビルスクでの鳥フルはH5N2株によるものであって、人には影響がないと発表していた。
・Deadly BirdFlu Strain Found in Russia Washington Post, (米国) ロシアで致死的鳥フル株が見つかる
 シベリアで、アジア中で人々に感染を起こしている鳥フル株が数百羽の家禽を死亡させたと、ロシア政府が29日発表した。
 株はH5N1で人人感染は起きていないとのこと。
・Deadly BirdFlu Virus Found in Russia Voice of America (米国) 致死的鳥フルウイルス(H5N1)がロシアで見つかる
 ロシア農業省スポークスマンは、29日、ロシアのノボシビルスクで発生している鳥フルはH5N1であると発表した。広く検疫態勢をとる必要があると説明。

 訳者注:
 5〜6月に中国青海省、新疆省で相次いで渡り鳥でH5N1ウイルスによる鳥フル流行が起きているが、今回確認されたノボシビルスクはそれら地域の北方である。詳細地図
・Russian birds have H5N1; 2 more deaths in Vietnam CIDRAP (米国) ロシアでH5N1ウイルスが拡大;ベトナムで新規死亡者2名
 AP通信はロシア農業省が先週来シベリアで発生している鳥フルがH5N1によるものであることを発表した、と伝えた。
 広く検疫態勢をとる必要があると、農業省は声明を出した。
 シベリアの鳥フル発生は先週報告され、先週末には「ロシア疾病研究センター」は、H5N2株と発表したが、24日のFAOへの農業省からの報告では、H5型としか同定されていないとされていた。
 AP通信はさらにベトナムで2名鳥フルで死亡したことも伝えた。
・China deploys 50,000 to fight pig illness CBC Calgary 中国、豚介在感染症対策に5万人配置
 四川省での豚介在感染症での感染者と死者の増加に中国当局は、5万人の職員を配置して約140万人と推定される農業従事者(農家家族)に、地域の全ての豚の登録の指導をする。
 中国健康省は29日、31人が死亡し、27人が重体で、152人以上の感染者が出ていると発表した。
・Avian flu strain in Russia said to pose human risk Baltimore Sun (米国) ロシアの鳥フル、人への病原性を有すると確認
 下記と同じ内容。
・Avian flu strain that can infect humans found in Russia: ministry Canada.com (カナダ) ロシアで人への感染を生じる鳥フルが確認された
 ロシアで家禽に感染しているウイルスは人へ感染するタイプであることを研究者は確認した。農業省は29日発表した。
 ウイルスはシベリアで数百羽の鳥を死亡させたが、人での感染は報告されていない。
 発表ではH5N1株と伝えられた。声明では 速やかに広く検疫態勢をとることが必要である、と付け加えられた。
・UPDATE: Highly pathogenic birdflu virus discovered in Novosibirsk ... RIA Novosti (ロシア) ロシア、シベリアの鳥フルは高病原性(H5N1)と確認される
 ロシア農業省は、シベリアのノボシビルスクで発生している鳥インフルエンザは、H5N1と確認したと発表した。
 ”周辺での検疫態勢を強める必要がある”、と当局は語っている。
 野鳥や家禽(鶏、アヒル、ガチョウ、七面鳥)が、シベリア西部のノボシビルスク地域で死亡しているのが7月11日に報告された。同地は渡り鳥の休息地となっている。人での感染は生じていないと言われる。
7月29日

・Chinese cities on alert to block diseased pork Reuters (国際) 中国、豚介在感染症に警戒態勢
 
北京他数カ所の都市で四川省での流行中の豚介在感染症の侵入を防止するためにチェックポイントを29日作った。
 チェックポイントは首都につながる高速道路で強化された。
 ”厳格な検疫態勢で死亡または発病した豚からの肉が北京に入らないようにする”、と北京テレビはホームページで説明している。
 四川省では先の24時間で4人が死亡し、21人が感染したと、新華社通信は28日遅く伝えた。
 
 香港においても患者が発生している。
29日行政府は26歳男性が今月上旬に発症して1週間病院に入院したことを発表した。男性は中国本土へ行ったこともなく、豚や豚生肉との接触の既往もない。
 香港では2004年5月以来9人の患者が発生していると市当局はいっている患者数が増えているのかどうかは不明であるが、今後注意深く観察する必要があると、当局では語っている。
・Death toll in southwest China from pig-borne disease rises to 31 Canada.com, (カナダ) 中国四川省での豚媒介感染症での死者は31人に
 中国健康省発表によると、29日現在、31人死亡、152人が感染確認疑い、27人が重体、7人が退院と発表。
・Birdflu kills two Vietnamese, country toll now 42 Boston Globe (米国) ベトナム南部で2名死亡
 鳥フルで2名死亡し、ベトナムとして合計42名の死者に。29日国営メディアが報道。
 一人は26歳(性別不詳)で27日ホーチミンで死亡。H5陽性。
 一人は24歳男性で、 南部のTra Vinh 省で25日死亡。
 両者とも発病した鶏を摂食した後に発病した。
・AVIAN INFLUENZA: WHO Faults China for Lax Outbreak Response Science Magazine (国際) 中国の鳥フル流行に関する情報の不鮮明さにWHOは抗議
 度重なるWHOからの情報提供にいまだ中国は反応していない。世界のトップ科学雑誌が論説。要約だけ。
・North Korea Has BirdFlu Under Control: UN official NewsReleaseWire.com (国際) 北朝鮮は鳥フルを完全制圧:国連機関
 先に北朝鮮は鳥フル終結を発表していたが、90日間発生が認められていないことから、国連機関のFAOも正式に終結を発表した。
・Submission, not dialogue The Standard, (香港) 中国では、対話よりも服従
 中国共産党は、意見に従わないものは犯罪者とみなす
 香港大学研究者(先にNATUREに研究論文を発表した)が、中国当局から国家機密漏洩と非難され研究継続が阻害されていることに関する論説
・WHO: China Pig Disease No Big Health Threat CRI, (中国) WHO:四川省の豚介在感染症流行は世界的健康危機につながらない
 WHOのスポークスマンBob Dietz氏は、28日、四川省の感染症多発に関して厳重にモニターしていて、いまだ感染者は増えているが、脅威は地域に限定されている、と語った。
・Indonesia drops mass culling plan to fight birdflu Malaysia Star (マレーシア) インドネシア、鳥フル対策で大量殺処分計画を断念
 農業大臣は予算不足から感染した家禽だけを殺処分とし、残りはワクチン接種にすることとしたと発表し、当初の関連領域全ての家禽の殺処分計画を変更した。
 WHOはワクチンの効果に疑問を持ち、殺処分を勧めている(今回のインドネシアの事例に対する緊急処置として:訳者注)。
 ”政府は予算がないため大量の殺処分の態勢にはない”、と大臣は言う。
 大量殺処分するためには農家への補償として8142万ドル(8000万ルピア)要する。その額は農業省の緊急予算額の1371万ドルを超える。
 保健専門家達は未だ死亡した家族3人が鳥フルに感染した原因について明確な結論を得ていないようだ。
 当局は死亡した家族の自宅周辺で鶏の排泄物からウイルスを検出したが、いまだそれを直接的原因と結論出来ていない。
 大臣は、感染が疑われる豚や家禽は慎重にモニターされると語る。
 ”厳重なモニターのもと、感染した動物を選択的に殺処分することが一番経済的に効率が良い”、と大臣は言う。
 インドネシアではこの2年間、33省のうち21省にウイルスは広がり、950万羽以上の家禽が死亡している。
 既にウイルスは種を越えて広がっており、今年に入ってから豚にも濃厚に感染しだしている。
7月28日

・Experts puzzled by China's swine flu outbreak Reuters (国際) 中国の豚媒介感染症に専門家は疑問
 専門家達は中国南西部の豚媒介感染症での死者数が異常に多いことに疑問を抱き、それが本当に豚の連鎖球菌によるものかどうか疑い出している。
 四川省で104人が発病し、ここ数日27人が死亡した。
 中国健康省は、病原体は豚の連鎖球菌(Streptococcus suis)と同定した。同菌は「豚のインフルエンザ」として広く知られている感染症の起因菌である。健康省によると発病者は感染した豚を屠殺したか、処理に関わった既往があり、人から人への感染は認められていないという。
 当局は死亡原因として鳥フルの可能性はないと判断した。
 それにも関わらず中国本土以外の医学専門家達は、20%という異常に高い死亡率と、多くの死亡者が発病1日以内に死亡した事実は、これまで知られていた「豚フル(Streptococcus suis感染症)」の臨床像と異なると言う。
 この細菌での流行は豚の間ではよくあるが、人の間では希である。しかし人の間で流行した場合は死亡率は10%以下である。
 ”別な病気であることもあり得る。それは症状から言っても典型的ではないから、必ずしも連鎖球菌にこだわる必要はないと思う”、と香港大の細菌学助教授のSamson Wong博士はロイターに語った。
 ”文献上では36時間以内に死亡した例は1,2例しかいない。今回の中国の事例は非常に例外的と言える”、とWong博士は言っている。
 Wong博士はまた、四川省の多くの患者が皮下出血を呈しているが、このような症状も文献上2,3例である、と説明する。
 感染症での多数の人々の死は、近隣の香港へ警戒の念を強めさせた。香港の豚肉の15%が四川省から輸入されているからだ。
 また、中国当局は傷から感染が起きていると説明しているが、必ずしも傷が無くても細菌は感染する、と香港公衆衛生局長のSian Griffithsは言っている。
 WHO当局者は四川省での中国当局の臨床診断は、過去の流行事例と類似しているように思うと言っているが、異常に発生率が高いことが問題として残っている。
 ”なぜこんなに多くの事例が発生しているのか明確ではない”、とマニラ事務所のWHOスポークスマンのBob Dietz氏は言っている。最後の中国におけるStreptococcus suis流行事例では(1998年)22人の感染者が出ただけだった。
 Bob Dietz氏は、中国当局のStreptococcus suisという診断名はあくまでも予備的なものに過ぎない、と強調する。当局は5名でしか細菌を確認していなく、残りの70名以上は臨床診断に過ぎないという。
 我々はさらに検査結果を確認してゆきたいし、他に何らか別の感染症も存在していないかどうかについても考慮する必要がある。
と彼は付け加える。
 この豚の連鎖球菌Streptococcus suis は人に感染して聴力機能を障害することが知られているが、四川省ではそのような事例は発生していない。Dietz氏はそのように言う。
 中国の研究者達は分離した細菌の7個の遺伝子を分析したが、これまでの細菌と変化はなく、今回流行している株は変異株ではないと言っている。
 細菌が変異して人に感染するタイプになることを研究者達は恐れている。もしそのような変異株が誕生してきたなら人に感染しだし、多くの死者を出すことになるからだ。
 香港大のSamson Wong博士は、遺伝子は7個ではなく多く存在するゆえ、中国研究者が調べた遺伝子以外で変化があるかも知れない、簡単に変異していないとは言えない、と警告している。
・Chinese pig disease still localised - WHO Reuters  (国際) 現在、中国四川省での豚媒介感染症は周辺への拡大傾向は見られず−WHO
 WHOフィリピン事務所の見解。
・China Pig Disease Kills 3 More People, Ministry Says (Update1) Bloomberg  (国際) 中国、四川省の豚由来感染症、さらに3人死亡
 四川省での豚介在感染症でさらに3人が死亡し、これまでの死者は27人感染者は131人となった。中国健康省のウエブサイトはそのように伝えている。
 感染症は豚が感染する連鎖球菌(streptococcus suis)によると考えられている。感染したのはほとんどが豚飼育業者か肉屋であるが、その地域は四川省内の数十カ所の市町村に渡る。
 WHOのマニラ事務所のBob Dietz氏は、コントロールされるにはまだ遠い、と電話取材で語った。さらに、WHOは四川省に人的基盤を持っていない、またこれまで中国はWHOに何ら反応してきていない、とも語った。WHOは先に中国側に人的派遣を申し出ている。
 WHOは四川省の流行に最大ともいえる体制で流行のモニターを行っている。1998年、中国は東部の江蘇省で類似の流行を経験している。そのときは22人に感染者が出た。
 中国は世界で一番豚の生産量が多い国である。

 発病した豚の処置

 健康省は農家に発病した豚は地中深く埋葬、または焼却するように通達を出している。しかしながら現地の報道によると、死亡した豚は処理されずに食用として市場で売られていると言う。
 報告によると、警察は二頭の死亡した豚と一頭の発病した豚が24日、業者に一頭6.16ドルで買われているのを発見した。警察が地中に埋めるように警告したが、業者は埋めた後再び掘り返して他の町で10倍の値段で売った。レポーターはそのように報告している。
 さらに報告では、感染した患者の兄弟の談話として、病気で死亡した豚を食べたり売ったりするのは通常の習慣となっているとされる。WHOのDietz氏はこの事に関するコメントを断った。
 四川省は中国でも極めて貧しい省の一つで、収入の最も多い上海の半分以下である。

 医療状況

 中国健康省は、感染した人々は感染した豚の屠殺に際して、多分外傷から感染したと考えられる、という。症状は、高熱、頭痛、めまい、嘔吐、皮下出血。重症例ではショックに陥り死亡する。
 医師達は抗生物質大量投与を行っているが明確な効果はないため、さらに薬を探している。

 WHOのDietz氏は、より早くに診断して治療を開始しなければならないが、人々が病院を受診するのは最後の最後になってからで、遅すぎる、と言う。
 中国はSARS流行以来、公衆衛生学的危機に関してはより速い反応を示すように心がけている。
・Chicken restaurants, vendors see sales drop Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、鳥料理店や行商人の売り上げが下降中
 市民が鳥フルに警戒を抱きだして、鳥料理店と行商人の売り上げが半分近く低下している模様。
・Japan Finds New BirdFlu Outbreak on Chicken Farm Planet Ark, (米国)日本の養鶏場で新規鳥フル発生
 下記と同じ内容。
・Japan finds new birdflu outbreak on chicken farm RedNova.com (米国) 日本の養鶏場で新規鳥フル発生
 日本政府は6月末に数カ所の養鶏場で鳥フル発生が確かめられた地域の近くで、再び新規の発生を1養鶏場で確認した。
 同農場の数羽の鶏で鳥フルウイルスH5株が陽性と確認され、現在亜型について分析中という。
・Mysterious Disease Kills 27 CRI  (中国) 四川省重症感染症死亡者数増加中、27人死亡
 詳細
・US working up new birdflu plan, official says Reuters (国際) 米国、新(鳥フル)行動計画発表
 下記と同じ。
・US working up new birdflu plan, official says Washington Post (米国) 米国、新(鳥フル)行動計画発表
 米国保健専門家達は( Health and Human Services Department official:HHS)、27日、鳥インフルエンザが流行したときの行動計画を発表した。
 内容は、誰がワクチン接種を受け、誰が最初に抗インフルエンザ薬(タミフル)を投与されるべきか等から構成されている。
 ”我々は(新型)インフルエンザが世界的に大流行するであろうことは予測している”、とHHSのワクチン部門顧問のSchwartz氏は、記者会見で語った。
 HHSはロッシュ社のタミフルを200万錠( 2 million doses )備蓄してある。同薬は予防と治療に効果があると言われている。
 HHSはさらに2000万錠(20 million doses)発注する予定という。
 米国の対策で整備しなければならない部分は、人や動物の診断体制、ワクチン供給体制の完備、速やかなワクチン開発方法である。インフルエンザウイルスは速やかに変異する故、新しい流行株が検出されてからワクチンは作られる。それには6カ月は要する。
 流行したとき、全ての人は免疫が無い故、ワクチンは全ての人々が対象になる。Schwartz氏はそのように語る。
 現在、米国では2社だけがワクチンを開発している。Sanofi-Aventis社 と MedImmune社。Chiron社も米国市場のためにワクチンを開発しているが、英国の会社である。
 世界中、全ての国は流行に襲われるだろうから、米国で使用できるワクチンは米国で製造されたものに限られるだろう”、とSchwartz氏は言い、さらに次のように付け加える。英国政府は自国民用に製造されたワクチンは自国で確保するだろう。
 専門家は最初にワクチン接種を受けるべき対象を決める必要がある。最近のガイドラインでは、高齢者、乳児、妊婦、および慢性疾患をもった人々とされている。
 ”流行時、警官、消防隊員、公共施設での職員、に対してワクチン投与を考える必要がある”、Schwartz氏は語る。
 また同氏は、流行に備えて医療機関における予備の入院ベッド、隔離施設、そしてスタッフが必要と説明する。
・China halts pork exports from Sichuan:- Webindia123 (インド) 中国、四川省からの豚肉輸出禁止
 中国は四川省での豚感染症から24人もの死亡者がでていることを受けて、同地域からの豚肉の輸出を禁止した。
・Mekong province reports birdflu recurrence Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、メコン省で鳥フルが再発
 H5N1感染により家禽400羽以上が処分された。同省ではこれまで2回の流行があり、16700羽以上の家禽が殺処分された。
・Death Toll From China's Latest Disease Continues to Rise Voice of America (米国) 中国四川省での感染症死者数増加
 中国当局は豚の連鎖球菌((streptococcus suis)による、人人感染は生じていないと発表。
 WHOは、特定の細菌でこれだけの感染者が出たことはこれまでない。極めて異常な状況である。今後さらなる大流行に発展するのかどうかは現在不明、と語る。
7月27日

・No drug for disease as death toll hits 24 Xinhua, (中国 新華社通信) 四川省での奇病、抗生物質が無効
 6月24日に勃発した四川省の資陽市(Ziyang)と内江市(Neijiang)の感染症の集団発生は、豚に感染する細菌の連鎖球菌の一種(Streptococcus suis)が原因と発表した。感染者は117人に上り、76人が確定、41人が疑い例とされる。21人が現在重体である。
 現在医師団は抗生物質の大量投与を行っているが、死者数の増加から分かるとおり、治療は満足出来る結果になっていない。
 中国CDC(he Chinese Centre for Disease Control and Prevention)は、より効果ある薬剤を見つけるために細菌の抗生物質に対する感受性検査を行っている。そのように健康省のスポークスマンは説明している。
・Flu mutates more quickly than thought Science Daily (国際) 下記と同内容。
・Flu mutates more quickly than thought Washington Times (米国) インフルエンザウイルスは予想されるよりも変異が速い
 米国のNIH(国立健康研究所)の研究者達は、インフルエンザウイルスが予想されていたよりも、(他ウイルスとの間で)速やかに遺伝子交換を行うことを発見した。
 科学者達は以前、遺伝子組み換えは徐々に季節毎に行われると信じていた。しかしNIHの研究者達は、遺伝子交換は数個の遺伝子で一時に起こることを見いだした。そのため大きな変異が突然起きえることが確認された。
 この発見は、特に鳥フルウイルスの場合重要で、人人感染を起こす株に速やかに変異する可能性が懸念される。
・Mysterious Disease Kills 24 in Southwest China CRI, (中国) 奇病、南西中国で24人死亡させる
 中国健康省は四川省で豚の細菌に関連した奇病で117人が発病したと語った。
 26日健康省は、発病者の中で24人が死亡し、21人が重体、5人が回復と説明。
 当初、健康省のスポークスマンMao Quanan氏は、検査室診断で連鎖球菌(streptococcus suis)が確認され、同菌に感染した豚を屠殺したり、接触したりせいて感染したものと説明した。スポークスマンによると人人感染は認められていない模様。蚊によって感染が広がっているとの憶測もされているが、スポークスマンそのような憶測には疑いを抱いているようだ。
 当局は感染を防ぐために、感染した豚の屠殺や、産物加工などを禁止した。
 一方、WHOはこの奇病が鳥フルやSARSと無関係であることを確信している。
・Birdflu resurfaces in rural Japan CBC News (カナダ) 日本の田舎地帯で鳥フル再発
 日本は、最近鳥フルが発生した地域で。再度新規感染例を検出した。
 東京の北で、先の検査でウイルスは検出されなかったと報告されていた農場で、今回の検査で感染していることが判明。当局は直ちに5キロ以内での鶏と卵の移動を禁止した。
 今回感染が確認された農場は、6月に初めて鳥フル感染が判明した農場の近くという。茨城県は同農場からの家禽産物の出荷を禁止した。同県ではすでに158550羽の鳥(鶏)が殺処分されている。
 日本は鳥フル発生が比較的少なく、1925年に発生して以来、昨年4件の発生を見ただけである(H5N1株:訳者)。
 最初の茨城県での事例はH5N2型と確認されたが、同株は現在東南アジアで50人以上の犠牲者をだしているH5N1株よりも病原性は低い。
 一方、ロシアでもシベリア地域で鳥フルが発生し、人には無害と言われるが、緊急の予防対策がとられている。ロシアではじめての鳥フル発生と言われ、すでに1135羽の家禽が死亡している。初期の検査でH5N2株であることが確かめられている。
・Pig disease responsible for 24 deaths is identified The Standard (香港) 中国四川省での24人死亡している奇病は豚の感染症によるものと確認
 四川省で24人が死亡した原因不明の感染症は、豚に対して高病原性の感染症が原因と、中国当局により発生後一ヶ月ぶりに確認された。
 中国健康省と農業省は、患者は豚の連鎖球菌(streptococcus suis type-2)に、感染した豚の屠殺によって感染したと発表した。
 保健省によると26日正午の時点で患者数は117人と発表された。24人が死亡し、5人が退院している。
 計算される死亡率は25%となり、SARSの17%、鳥フル(H5N1)の33%に比較すると十分高く、WHOも関心を示している。
 WHOは中国政府に協力を申し出ているようだ。
・Health officials working to prepare for pandemic Stuff.co.nz, (ニュジーランド) 保健当局は鳥フル流行に備えて体制を整備中
 ニュージーランド保健省は鳥フル流行に備えて、可能な限りの対策を検討、そして体制を整備していると発表。タミフル備蓄は今年度末には人口の21%相当量を確保予定という。
・WHO did not receive samples of Qinghai dead birds 博?新?网 (Boxun News ) WHOはいまだ中国青海省で分離された鳥フルウイルスを中国から提供されていない
 香港の新聞は北京のWHOスポークスマンの声明として、中国青海省で流行している鳥フルのサンプルをいまだ中国側から提供されていないため、WHOは、現在中国で流行しているウイルスが新型かどうかについて分析できていない、と報道した。
 VOA(米国)は本日、中国農業省が、先にNatureに論文を発表した香港の研究者の鳥フル研究を中止させるように指令を出したと発表。世界的ウイルス学者であるGuan Zhi博士は論文で、青海省の渡り鳥は南中国でウイルスに感染したと主張していた。(それに対して論文が発表された翌日、中国農業省は事実無根であると非難の声明を出した:訳者)。同博士は国家機密漏洩としての罪を課せられることを恐れているようだ。
・New outbreak of birdflu in Japan, Russia ABC Asia Pacific (アジア) 日本とロシアでH5N2鳥フルの新規流行事例
 日本で、先にH5N2鳥フルが流行した地域で新しい流行事例が確認された。
 東京の北100キロの茨城県の農場で、先の検査でウイルスは確認されなかったが、今回、感染が確認された。
 当局はただちに農場の5キロ以内での鶏と卵の移動を禁止した。
 農場は6月に感染が確認された最初の農場に近い。
 茨城県での最初の鳥フル流行事例はH5N2型で、H5N1型に比較すると弱毒性株である。
 一方、ロシアのシベリアで流行している鳥フルは、人には感染したことが知られていない株と考えられている。
 ロシアのトップ公衆衛生学者であるGennady Onishchenko氏は、この先週発表したノボシビリスクにおける鳥フルの流行は、ロシアで初のケースであり、1135羽の農場の鳥を殺した、と説明している。彼によると最初の検査ではH5N2株によると確認されている。
7月26日

・Japan finds new case of birdflu in area hit by infection Forbes (国際)
 先にH5N2株による鳥フルが発生した東京の100キロ北の茨城県の農場で、再び鳥フル感染が確認された。先の検査で感染は確認されていなかった。農場は6月に感染が確認された農場の近くであるという。どのくらいの鶏が感染したかについては発表されていない。家禽の移動は即禁止された。
・Birdflu could spread to Europe on wings of Asian wild geese News-Medical.net 鳥フルはアジアのガンによってヨーロッパに運ばれるかも知れない
 中国の2研究者チームの論文、NatureとScienceを引用して、中国西部のから渡り鳥が秋から南方へ移動し、H5N1ウイルスが南方へ、そしてさらにヨーロッパへ広がる危険性を説明。
・Official Says Russian BirdFlu No Threat To Humans RadioFreeEurope/RadioLiberty,(チェコ共和国) ロシア政府、シベリアで発生した鳥フルは、人に無害なH5N2型と発表
 ロシアのトップ公衆衛生学者のGennadii Onishchenko氏は記者会見で、科学者達は、ノボシビルスクで発生した鳥フルはH5N2型ウイルスによるものであることを確認したと発表した。流行はすでに1000羽以上の鳥を殺している。
 Onishchenko氏は、当局は渡り鳥がウイルスをロシアに運んできたと考えていると語った。さらにこの2日間鳥が死亡していないことから、流行は終息したと考えられるとも語った。

・Lab suspends H5N1 birdflu work on new China rules Reuters AlertNet 研究室は新中国規則で鳥フル研究を中止に
 香港と中国の大学が協同的に行っている鳥フル研究が、新しい中国の規則、それは学問の自由と主体的研究を弾圧する危険性のある、により中止に追い込まれている、と研究者達は声明を出した。
 新規則は、両大学が作る「Joint Influenza Research Centre(共同インフルエンザ研究センター)」が研究論文を”NATURE”に送った5日後の5月30日に発令された。その論文は、中国西部で感染している渡り鳥たちは、南中国の家禽農場でウイルスに感染した可能性がある、というものである。NATUREが発行された1日後、農業省獣医部門の長官Jia Youlingは、南中国では今年鳥フルは発生していない、と論文に対して反論を加えた。さらに新華社通信のウエブサイトで同氏は、共同センターは生物学的安全性に適合した研究室を保有してないし、当初政府が鳥フル研究を奨励したという経緯はあるけど、実際には政府の鳥フル研究許可を得ていない、、と非難した。
 新規則は致死的病原体を扱うときは政府の許可を得る必要があり、またH5N1ウイルス研究は政府の3施設に限られる。香港大学と汕頭大学がスポンサーとなっている共同研究センターの声明によると、研究室はWHOの安全基準を満たしているが、政府にH5N1ウイルス研究の許可を申請しても許可は得られなかったという。
 香港大学当局は、同研究室に対して中国政府がH5N1研究を中止するように圧力をかけているか否かについては26日の記者会見で何も答えなかった。また中国農業省はコメントを断った。
・Indonesia links infected bird droppings to three deaths(updated PM ... China Post, (台湾) インドネシア政府、父娘鳥フル感染事例は鶏の排泄物が感染源と結論
 同下。
・Indonesia links infected bird droppings to three birdflu deaths Canada.com, (カナダ) インドネシア政府、父娘鳥フル感染事例は鶏の排泄物が感染源と結論
 下記AP通信と同じ内容。
・Bird Droppings Linked to Indonesia Deaths Washington Post AP通信 (米国) インネシアの鳥フル感染は鶏の排泄物が感染源
 今月初めに鳥フルで家族が死亡した事例は、ウイルスが混入した鶏の排泄物が感染源だったと、インドネシア農業省は26日発表。
 当局は死亡した3人が感染した鳥との接触歴がなかったと発表していたが、その後、家族の住んでいた住居の庭の鶏の糞からウイルスが発見された。
 インドネシアはウイルス撲滅のためには可能な限りの事をすると言っていたが、昨日(25日)農業省は、鳥や鶏の大量の処分には予算がないと語っている。
・Sick Jakartans urged to test blood for birdflu Jakarta Post (インドネシア) 病院で鳥フル検査を希望するジャカルタ市民が増加
 ジャカルタ市民は致死的鳥フルを警戒し始め、風邪やインフルエンザ様症状を呈した者は、市内で指定された2病院を受診して検査を希望している。
 感染した動物に接触してインフルエンザ様症状を呈した市民は、病院で鳥フルの検査をうけるべきだ。健康省の動物媒体疾患予防部の責任者はそのように言う。病院では患者の訴えが鳥フルのクライテリアに一致するかどうか判断して、それから他の疾患と鑑別するための検査を行う。
 しかし、もし鳥フル以外考えられない場合は患者から血液を採取して、健康省の検査室に血清学的およびウイルス学的検査のために送る。検体は同時に香港のWHO関連研究施設に送られて検査される。
・Killer farm bug linked to pigs CNN International (国際) 中国の謎の殺人病原体は豚由来
 中国健康省は四川省で19人を死亡させ、61人を発病させた病原体を豚に感染している連鎖球菌を結論した。
 この病原体は豚の間では流行するが人での感染は希とされる。
・Mystery deaths in southwest China linked to pigs Reuters.uk, (英国) 中国南西部の原因不明の感染症は豚の連鎖球菌感染症が原因と
 中国健康省は中国南西部の四川省で発生した原因不明の感染症を豚に感染している細菌によると発表した。 China Daily が26日報じた。感染者は合計80人を越え、少なくとも19人が死亡した。
 検査室での結果は、感染した人々から連鎖球菌(streptococcus suis)が検出され、これらの人々は感染した動物を屠殺した後に感染したと考えられる。
 この細菌は豚では流行するが人での感染は希とされている。
 最初、病気にかかった、または死亡した豚や羊に触れた20人の農場従業者が、四川省の15の村と12の町で発熱、嘔吐、皮下出血の症状を呈して発症した。その後感染者は増加し、24日には80人となった。
 人人感染はないと健康省では説明している模様。
・300 dead egrets spark bird-flu fears in Guangzhou Xinhua (新華社通信、中国) 広東州広州で300羽のシラサギが死亡、鳥フルの恐れ
 広州の森林公園で300羽以上のシラサギが原因不明死して、鳥フルの疑いがもたれている。South China Morning Postが25日報じた。
 住民によると毎日20〜30羽死んでいるという。村人の中には暑さが原因と言う人達もいるが、多くの村人達は鳥フルを恐れていて、当局に早急に調査するように求めている。
 ”驚くべき事に、死んだシラサギを売ったり、食べたりしている村人がいる”、とニュースは報じている。
・Indonesia culls pigs, tests two men for avian flu CIDRAP (米国) インドネシア、豚の殺処分開始、2人が鳥フル疑いで検査中
 2人の鳥フ疑いで入院中の男性は、暫定的診断名はチフス熱とされているが、一人は写真家で鶏を撮影した後に、発熱と9インフルエンザ様症状を呈したという。二人の検体は香港へ送られており、結果判明まで数日は要するという。関連報道は昨日のJakarta Post。
・Russia: Bird Flu Outbreak Spreads to More Siberian Regions Mosnews.com(ロシア) 鳥フルシベリアへ拡大中
 致死的鳥フルウイルスがシベリアの4カ所の地域で流行。ロシアの獣医学監視サービスがインターファックスに発表。
 先週、スズダルカ村(Suzdalka)で最初の流行が発見以来、ノボシビルスク地域の他の3地域、Dovolnone、Kupino、Chistozernoeでも確認された。 これらの3地域はカザフスタンに接しているので同国にも連絡した、とノボシビルスクサーベイランス部局の責任者は語った。
 鳥フルがアジアで発生以来、ロシアは国内に入ってくるのを阻止するために監視体制とアジアの発生国からの家禽の輸入を禁止していた。
 (このニュースが最新のものかどうかは不明。これまでの報道では弱毒性ウイルスとの見方が強い:訳者)
(下記のAP通信の内容が世界中のサイトに掲載)
・Chinese Mystery Illness Linked to Pigs 7Online.com, (米国) 豚に関連した奇病が中国で発生
 下記AP通信の内容
・Chinese Mystery Illness Linked to Pigs Guardian Unlimited, (英国) 豚に関連した奇病が中国で発生(AP通信)
 中国南西部で豚や羊を屠殺した農民17人が死亡した奇病は、鳥フルやSARSとは無関係で、豚に感染している細菌が原因ではないかと当局では考えているようだ。
 他に47人が四川省の病院に、高熱、易労感、悪心、嘔吐、そして”進展すると皮下出血と意識障害”、の症状で入院している。12人が重体とされる。
 感染症は豚で流行っている連鎖球菌が原因のようだ。四川省の健康当局者はそのようにマスコミに語っている。
 ”私はこれが絶対SARSや炭疽、鳥フルでないと言い切れる”、と当局者は語った。どのように感染症が広がっているのかは今後の調査が必要だ、と彼は付け加えた。
 WHOのスポークスマンは、報告された症状は連鎖球菌(streptococcus suis)のそれに一致する、と語った。
 ”我々はこれだけの規模での患者発生をみたことはないが、それは監視体制が整備されたことによることかも知れない”、とマニラのWHO事務所では語っている。
 中国は2002年に勃発したSARS流行に際して、その情報発表の遅れを世界中から非難された経緯があり、それ以来このような公共の感染症に関しては神経質になっている。
 中国は西方で発生した渡り鳥における鳥フル撲滅に現在懸命となっている。
 マニラのWHO事務所では、中国はこれまでのところ、WHOの流行発生に際して迅速なる報告の求めに対して従っている、と語っている。WHOジュネーブ本部では現在、疾患に対する憶測以前に、検査結果の報告を待っていると言う。
 四川省の健康当局者は電話取材で、17人が死亡して2人が回復したと語った。彼は名乗らず、原因は調査中と語った。
 また、患者が一番収容されている四川省資陽市第一人民病院の女性は、事例について尋ねるとすぐに電話を切った。
 最後の豚媒介流行病はマレーシアで起きており、1998年と1999年にニパウイルスに265人が感染している。105人が死亡しており、流行が終息するまでに100万頭近くの豚が処分されている。ウイルスは色々な種類の動物に感染し、人では致死率は約50%となっている。
 中国健康省と農業省は専門家を先週四川省に送って、感染症の調査と治療、拡大防止の協力にあたらせている。
 新華社通信によると、感染症は人の間では広がっていない、そして明らかに流行性の感染症である証拠は今のところない、と医学専門家の談話を伝えている。
 上海の新聞報道によると、患者の年齢層は30から70歳と言われる。女性は1人だけのようだ。
・Another "Mystery Disease" Outbreak in China Technocrat.net, (米国) もう一つの奇病が中国で流行 
 中国南西部で豚や羊を屠殺した農民17人が死亡した奇病は、鳥フルやSARSとは無関係で、豚に感染している細菌が原因ではないかと当局では考えているようだ。
 ・Avian flu Times Online (英国) 鳥インフルエンザ
 先月にWHOが警戒情報を出しているが、それは見逃された。
 鳥フルに関する総説

・World Health Organization: China Engaging In BirdFlu Cover Up World Forum WHO:中国は鳥フル隠蔽を続けている
 WHOが中国に対して鳥フル情報の公開とウイルスサンプルの提供を求めていることに対して、中国は未だ回答しないことを非難。
7月25日

・Hong Kong Health Authority Issues Warning Over Mystery Illness in Sichuan RedNova.com, (香港) 香港行政府、四川省での奇病に警戒声明
・Seventeen now dead from mystery disease in southwest China News-Medical.net, (国際) 中国南西部で奇病で17人が死亡
・Death Toll From Mysterious Illness Jumps to 31 In Sichuan China Recombinomics (米国) 中国四川省の奇病での死亡者は31人に
 中国語でのサイト、{boxun report}からの情報による(中国のSARS隠しを世界で最初に報告したサイト)。
 エボラ出血熱様症状と伝える。
・No new victims of birdflu in country, says health minister Jakarta Post, (インドネシア) インドネシア、新たな鳥フル感染者は発生せず
 インドネシア健康省大臣の Siti Fadilah Supari は、政府は新たな鳥フル感染者を検出していないと力説した。
 大臣によると、二人の患者がジャカルタの病院に(鳥フル疑いで)入院し、さらにマレーシア人が(鳥フル疑いで)死亡したが、臨床的観察、一般的臨床検査結果から、全て鳥フルによるものとは考えられない、と言う。
・Will we be ready? New York Newsday (米国) 我々は鳥フルに体制を整えたか?
 多くの米国人は鳥フルは遠い国での脅威的出来事を考えているが、専門家達は世界的流行に備えている。
 以下総説(論説)。
・China Bird-Flu Scare Ends Gadsden Times (subscription),  (米国)  中国、鳥フルの脅威は消える
 25日、中国と国際健康機関(WHOか:訳者)は西部中国で少なくとも17人の犠牲者をだした奇病は豚での細菌感染症によるものと考えられ、当初恐れられたような致死的鳥フルによるものではないという見通しを語った。
・Chinese studying illness linked to pig farming ThePigSite.com (press release),  (英国) 中国、養豚農家で発生している奇病を調査中
 南西中国の四川省で養豚業に従事する人々の間で流行している、すでに17人が死亡し、少なくとも12人が重体である奇病に関して調査研究が行われている。
 省の健康局の高官は、この致死的疾患は多分豚の間で広がっている連鎖球菌による感染症のように思う、と語った。
 絶対SARSや炭疽、または鳥フルではないと言い切れる、と同高官は語った。
・Mystery illness kills 17 farmers in China Newsweek (米国) 中国での奇病、少なくとも17人は死亡
 
下記と同じ内容
・Mystery Illness Kills at Least 17 Chinese KFMB,(米国) 中国での奇病、少なくとも17人は死亡
 中国政府の国営通信は、中国南西部で発生している奇病で17人が死亡、41人が発病していると24日発表した。患者は病気に罹患した豚や羊を屠殺した後に発病している。
 患者の症状は、発熱、易労感、悪心、そして、最終的に皮下出血とともに意識障害に陥る。
 過去4週間、四川省の資陽市と成都市周辺で58人が入院したと新華社通信は語った。
 17人は死亡、12人が重体、27人が安定、2人が回復、と報告された。
 医学担当者によると、病気はさらなる広がりは示していないし、明らかに流行病とは考えられない、ようだ。
 24日夜発表の見解では、検体は調査中で、まだ明確な診断はついてないようだ。
 24日早く香港の専門家は、中国当局は原因は細菌によるものかも知れないと伝えている、またWHOは原因として鳥フルは考えられないとのコメントを24日出している。
・BirdFlu Not Seen as Threat to People The Moscow (ロシア) ロシア:鳥フルは人には危険性は無いように思われる。
 ロシアで見つかった家禽の鳥フルと考えられている流行病は、人への危険性はなさそうだ、と22日ロシア健康省の高官が語った。
 ”病気は10日前に見つかった。しかし感染した鳥達と接触した人々の間で病気の症状を呈した者はいない”、と疫学担当官の Galina Lazikova,は語った。
 病気の最初の症状は15日に現れ、18日まで致死性が極めて高いことが認識され、20日まで350羽以上の鳥が死んだ。種類は、ガチョウ、アヒル、七面鳥、鶏である。検体は研究所に送られたが、23日に結果が分かると期待されている。
 21日、ロシア非常事態省は、シベリアで人に致死的な鳥フル株の流行が起きたと発表したが、獣医部門の責任者はそのニュースを確認しなかった。
 ”鳥達が大量に死んだ理由として、悪い水、食中毒、ニューカッスル病、または鳥インフルエンザが考えられる。さらなる検査が必要だ”、と動植物安全部門の責任者であるSergei Dankvertは21日ロイター通信に語った。
 ノボシビルスク地域獣医部門責任者のMuhamed Amirokovは、死亡した鳥からの検体は地域内外のいくつかの研究所で調べられている。結果がでるまで3,4日要する、と電話取材で語った。また死亡した鳥は300羽前後だと言った。
 ”今日の段階では、鳥フルという確証は得られていない。病原体不明な病気であって、しばらく観察を続ける状況にある”、と同氏は語った。
7月24日

・Chinese team studies mysterious illness The State 中国医学チームは奇病を調査中 
 香港の病院は南中国で豚から感染して9人の死亡者を出している奇病に警戒態勢に入っている。
 南四川省資陽市の病院に6月24日から7月21までの機関に20人の患者が入院した。23日四川省の行政府からの報告として、香港政府が発表した。
 9人が死亡し、10人がいまだ入院していて、6人が重体とされる。
 WHOのスポークスマンBob Dietzは、発病者は豚か羊を屠殺した人々である、と語っている。中国政府は調査チームを派遣した。現在病気は広がっていないようだ、とDietzは説明した。
 患者の一人である息子の談話によると、父親は豚を屠殺して食べた後、倒れたと言っている。
 問題の豚は溶血性連鎖球菌に感染していたと言われ、その菌が感染したとも噂されている。
 症状は発熱、嘔吐、皮下出血、ショック、と言われている。
 香港政府は鳥フルを恐れているが、2003年には中国本土からSARSが拡大してきて、香港で299人の人々が犠牲になっている。
・Birdflu drug rationed for victims only The Observer (英国) 英国政府:タミフルは感染者治療用のみに使用予防用には使わないことを決定
 鳥フル対策用として備蓄しているタミフルは、流行拡大阻止のために予防用には使用しないことを政府は決定した。備蓄用タミフルは感染者と重篤な基礎疾患を持っている人々の感染予防用に使われると言う。専門家はタミフルを流行初期の感染拡大に使用するように計画していたことから、この措置に驚きの声を発していいる。
 しかし政府は、初期に感染予防用に備蓄されているタミフルを人々に投与したなら、数日で薬は無くなるという。タミフルはスイスのロッシュ社で製造しているが、世界中で備蓄用としのタミフルは不足している。
 結果として、初期に対応にあたる医療関係者や警察等がタミフルの投与を受けられなくなりそうだ。それは緊急サービスの運営と維持に問題が起こりそうだ。
 先週のロンドンでの会議で政府当局者は、タミフルは予防的に使うことは出来ない、ということを前提に計画を立ててきていると語った。人々がインフルエンザに罹患するのを予防するには、(実際流行が始まってから、終息するまでの間:訳者)長期間かかると思われる。それには非常に多くのタミフルが必要で実際的には不可能である。そのため備蓄タミフルは患者治療のためにだけ使用するという戦略となった。そのように説明した。
 タミフルはウイルスが細胞から細胞へ広がるのを、酵素ニュウラミニダーゼの作用をを阻害することで効力を発揮する。臨床試験では治療用としても初期の予防用としても効果があることが確かめられている。
・Mouse studies of oseltamivir show promise against H5N1 influenza ... I-Newswire.com (米国) タミフルのH5N1ウイルスに対する効果が、マウスで確認
 米国国立アレルギー感染症研究所の研究で、一般的インフルエンザ治療用に用いられているタミフルが、マウスの実験でH5N1ウイルスに対しても効果を持つことが確認された。感染症に関する世界的雑誌「Journal of Infectious Diseases」で発表された。
・Flu pandemic approaching Disaster News Network (米国) 新型インフルエンザ大流行接近
 世界的インフルエンザ大流行が近づきつつある、とWHOが22日警告を出した。
 専門家は中等度の流行でも20万人の米国人を含む数百万人の人々が世界で死亡するだろうと言っている。
 ” これは最後のインフルエンザ流行、すなわち1968年以来、初めての世界的インフルエンザ流行を予告している徴候であり、また症状でもあり、さらに自然からの警告と考えられる。…さらにもっと多くの鳥達が世界中の異なる地域で死んでゆく。これは我々が関心を抱くべき合図でもあり警告でもある」、とWHOの「インフルエンザ流行予防部門(pandemic influenza preparedness)の新長官である、Margaret Chanさんが語っている。
・Signs point to global flu outbreak -WHO warning RedNova.com, TX  (米国) 鳥フルが世界的流行の兆候−WHO警告
 インドネシアで初の人での死亡例、ロシアを含めてさらなる鳥の死亡地域の拡大、はこれまで長らく恐れられてきた世界的インフルエンザの流行が近づいている可能性を示唆している。WHOの高官がが22日語った。WHOが恐れているのは、ウイルスが変異して、そして人のインフルエンザウイルスと一緒になることで遺伝子組み替えが起きて、(人に対する)新型の致死的ウイルスが作られることである。それは簡単に人人感染を起こして世界で数百万人以上の死者を出す可能性がある。(以下昨日のワシントンポストと同じ)。
7月23日

・BirdFlu Pandemic Spreading to Chengdu Sichuan in China? Recombinomics (米国)四川省成都へ鳥フル流行が拡大か?
  「四川省地図}
 下記ニュースソースからコメントしている
(Abundant news on July 23rd, 2005) 9人が原因不明の疾患で死亡
(The Central News Agency Taibei on 22nd news) 四川省首都で今まで20人の原因不明の流行病が見つかり、9人が死亡し、6人が重体。
 
 青海省に隣接する四川省で発生している上記流行病はH5N1鳥フルの可能性が高い。
 青海省の気温は下がってきており、青海湖では雪が降り出す。渡り鳥はすでに飛び立ち始めている可能性がある。
 上記の事実は確かめられていないが、時期、場所、高致死率は中国で鳥フルが爆発的に広がっていることを支持すると思われる。
・Many Indonesians brush off birdflu risk Malaysia Star (マレーシア) インドネシア人の大半は鳥フルに無関心
 先日鳥フルで家族3人が亡くなったにもかかわらず、インドネシア人の大半は鳥フルの危険性に無関心である。ジャカルタの大通りでは今も多くの鶏を積んだバイクが行き交っている。インドネシアの「Media Indonesia newspaper」の社説でそのように語っている。
 社説では、政府のH5N1ウイルスに対する国民への啓発・教育が失敗していたことを指摘している。
 ”僕は鳥フルに関して何も知らない。さっきテレビで知ったばかりだ。これまでここでは誰も感染してないよ”、と飲料水を売り歩いている Muaniは言う。場所は以前に豚で感染が発生した農場からそれほど離れてなく、その農場はこの日曜日に、全ての家畜が殺処分される予定になっている。
 ケンタッキー・フライドチキンには人々が行列をなし、人々は以前と同じように鶏を消費している。
 しかしながら専門家達にとって、今回の3人の感染がどのように起こったのか、極めて大きな問題だ。
 ”人人感染が起きているのだろうか?それが最大の我々の課題となっている”、と香港の中国大学公衆衛生学部ディレクターであるSian Griffithsは語る。
 ”もし人人感染によるものとしたなら、それがどのように感染してきたか(伝わってきたのか)調べる必要がある。そして一番最初の感染源はどこなのか、そして我々は如何にしてそれが今後拡大するのを防ぐのか、それが重要だ”、と同氏は説明する。
 インドネシアでは44の病院が患者の治療と診断のために緊急に整備された。
 しかし、小さな群島の中に多くの小さな農場がちらばり、さらに都市の家庭でも鶏を飼育している。そのような状況でウイルスがどこに存在するのか見分けるのは極めて困難だ。
・Avian flu reported in Siberian poultry deaths CIDRAP (米国) シベリアで鳥フルが報告
 
 22日、シベリアで数百羽の鳥が鳥フルせ死亡したというニュースが届いた。OIEにロシアから届いた報告ではまだ詳細な診断は下されていない。
 流行はロシア南西部のノボシビルスク地域で起きたが、もしH5N1株と確定されたら、同ウイルスがロシアと中央アジアに広がったという初の事実となる。
 初期のニュースでは、H5亜型とされていたが、血清型については分析中という。
 OIEによると350羽以上の家禽が死亡しており、それは鳥フルによると推測されている。
・Signs point to global influenza oubreak--WHO warning Swissinfo (スイス) 鳥フルが世界的流行の兆候−WHO警告
 
ワシントンポストと同じ内容
・Signs point to global influenza oubreak--WHO warning Reuters AlertNet (英国) 鳥フルが世界的流行の兆候−WHO警告
 ワシントンポストと同じ内容。
Signs point to global flu outbreak -WHO warning Washington Post (米国) 鳥フルが世界的流行の兆候−WHO警告
 
インドネシアで初の人での死亡例、ロシアを含めてさらなる鳥の死亡地域の拡大、はこれまで長らく恐れられてきた世界的インフルエンザの流行が近づいている可能性を示唆している。WHOの高官がが22日語った。WHOが恐れているのは、ウイルスが変異して、そして人のインフルエンザウイルスと一緒になることで遺伝子組み替えが起きて、(人に対する)新型の致死的ウイルスが作られることである。それは簡単に人人感染を起こして世界で数百万人以上の死者を出す可能性がある。
 WHOの「インフルエンザ流行予防部門(pandemic influenza preparedness)の新長官である、Margaret Chanさんは、人から人への致死的ウイルスの感染が起きている証拠は今のところない。しかし世界は人や家禽に対する警戒態勢を強めなければならない。そのように彼女は語っている。
 インドネシアは今週H5N1ウイルスで死亡した初の事例を確認した。同ウイルスは2003年末以来50人以上の人々をベトナム、タイ、カンボジアで、大体50%の致死率で死亡させてきている。
  Chanさんは、これはウイルスが活動地域を拡大してきていることを示す重要な事実と思われる、と語る。
 「これは最後のインフルエンザ流行、すなわち1968年以来、初めての世界的インフルエンザ流行を予告している徴候であり、また症状でもあり、さらに自然からの警告と考えられる。…さらにもっと多くの鳥達が世界中の異なる地域で死んでゆく。これは我々が関心を抱くべき合図でもあり警告でもある」。
 ロシアで今週、鳥フル疑い事例が確認された。遠いシベリアの村であるが、300羽前後の鳥が死亡し、現在検体が分析されている。
 Chanさんは、先の香港保健長官であり、鳥フルやSARS撲滅に助力した実績がある。彼女は現在の鳥フル流行は、WHOリスク評価でphase 3(第3分類:第6分類まである)と言う。(人での新型亜型株の感染。しかし人人感染はなし。あったとしても濃厚接触時のみ:訳者注)。
 ”我々は、高度に警戒感を強めて、人人感染の初期の兆候またはサインの出現を見守る必要がある”、と彼女は言い、”さらに農家の人々に流行発生を防ぐために何をすべきか、等を教育すべきである”、と付け加える。
 各種の生きた家禽を一緒に市場で売買することは、ウイルスが種の間で感染しあって変異する機会を与えている。求められる予防体制は、家禽飼育を種毎に分離すること、ワクチンを接種すること、そして農場におけるさらなる衛生・防疫態勢を高めること、などが挙げられる、と Chanさんは付け加える。
 我々の経験から言うと、流行に備えれば備えるほど、流行が起きたときの感染率、死亡率、社会的経済的損失率を減じる効果が間違いなく期待される。
 Chanさんはさらに次のように中国の状況について言及する。
 WHOと国連機関は、中国青海省での大量の鳥が死亡したH5N1ウイルス流行における、同地で分離された検体を国際機関に提供するようにいまだ要求している。
 WHOは中国に、同地域に飛来してきている184種類の鳥についても早急に検査するように申し入れている。それら鳥達は無症状でもウイルスを保持した状態で他の地域へウイルスを伝搬する可能性がある。これらの検査結果により、ウイルスの変異状況を知ることが出来ると同時に、公衆衛生的判断が可能になる。そのようにChanさんは語った。



Birdflu virus in Novosibirsk region harmless to humans Interfax (ロシア) ノボシビルスクでの鳥フルは人には無害
  Vektor State 研究センターのAlexander Shestopalovは、スズダルカ村での鳥フルはH5N2株で人には危険性はないと語った。
 ”ウイルスはH5N1に比較するとはるかに病原性は低い。それは当南アジアで見つかっており、人には無害である”、と同氏は説明した。
 ウイルスは地中海から渡り鳥により、ノボシビルスクに運ばれてきたものと考えられる、と同氏は付け加えた。
7月22日

・Suspected Russia birdflu seen no threat to humans Wired News (国際) ロシアの鳥フルは人に対して危険性がない可能性
 基本的に下記のロイター通信(インド)の内容と同じ。
 新規の内容は下記のごとし。
 病気の最初の症状は15日に現れ、18日まで致死性が極めて高いことが認識され、20日まで350羽以上の鳥が死んだ。種類は、ガチョウ、アヒル、七面鳥、鶏である。検体は研究所に送られたが、23日に結果が分かると期待されている。
・Russia Bans Food Exports From Siberia After Suspected BirdFlu... MOSNEWS, (ロシア) ロシアは鳥フル疑いが発生した地域からの産物輸出を禁止
 シベリアのノボシビルスク地域からの食品産物の輸出は自主的に禁止されたと、ロシア当局者は語った。同地域で発生した鳥フル疑いは確定されていないが、あくまでも地域の食料担当者達の考えで決定された模様。
・Suspected Russia birdflu seen no threat to humans Reuters India (インド) ロシアの鳥フルは人に対して危険性がない可能性
 ロシアで見つかった家禽の鳥フルと考えられている流行病は、人への危険性はなさそうだ、と22日ロシア健康省の高官が語った。
 ”病気は10日前に見つかった。しかし感染した鳥達と接触した人々の間で病気の症状を呈した者はいない”、と疫学担当官の Galina Lazikova,は語った。
 21日、ロシア非常事態省は、シベリアで人に致死的な鳥フル株の流行が起きたと発表したが、獣医部門の責任者はそのニュースを確認しなかった。
 ”鳥達が大量に死んだ理由として、悪い水、食中毒、ニューカッスル病、または鳥インフルエンザが考えられる。さらなる検査が必要だ”、と動植物安全部門の責任者であるSergei Dankvertは21日ロイター通信に語った。
 ノボシビルスク地域獣医部門責任者のMuhamed Amirokovは、死亡した鳥からの検体は地域内外のいくつかの研究所で調べられている。結果がでるまで3,4日要する、と電話取材で語った。また死亡した鳥は300羽前後だと言った。
 ”今日の段階では、鳥フルという確証は得られていない。病原体不明な病気であって、しばらく観察を続ける状況にある”、と同氏は語った。
 現地で初期に行った検査では、A型H5株で人に対して弱毒性の株である可能性が示唆されたという。
・Birdflu pandemic a real danger Australian Financial Review (オーストラリア) 鳥フルの流行は非常に危険な事態に
 連邦政府は500万ドル近くをオーストラリアでの鳥フルワクチン開発に費やす予定だ。22日健康大臣が語った。
 2003年末にアジアで流行し始めた鳥フルは、56人を殺し、インドネシアで最初の犠牲者3人が20日に報告されたばかりだ。
 公衆衛生専門家は、鳥フルウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、最終的に世界的大流行を来すことを警戒している。
 流行に対する国の態勢に対して、国家予算での注射器や他の医療用用具の備蓄が始まっている。
 健康大臣は鳥フルワクチンの臨床試験の助成に、製薬会社CSLに493万ドル提供することを発表した。
 開発中のワクチンは、2006年8月には認可される可能性があるが、最近東南アジアで分離されたH5N1ウイルスに対して効果を持つと考えられている。
 ”我々はこの開発中のワクチンが、新型インフルエンザとして世界的に流行する株に完全に有効であるかどうかは自信はない”、と健康大臣は語る。
 ”にもかかわらず、我々は科学的に正しいアプローチをしていると自信がある。それ故政府が500万ドル近い費用をワクチン開発に投資しているのだ”、と大臣は説明する。
 もしワクチンの臨床試験が成功したならば、それをオーストラリアの住民に接種することが可能となる。
 この声明は、今週初めに英国政府が鳥フル流行勃発の際に、保健医療関係者に使用するために、200万人分のワクチンを備蓄する計画を発表したことを受けて行われた。
 健康大臣の今回の声明はまた、インドネシア政府が初の鳥フル死亡者を出したことから、全土の病院で鳥フル感染患者の治療態勢を緊急に整備したことから、行われたようだ。
 健康大臣は、ワクチン開発予算の投資は、今緊急に必要だからであって、インドネシアでの鳥フル死亡者発生で急に急いだわけではない。我々の行動を強いるものは、インフルエンザ(鳥型から新型へ変異して)流行が世界的に広がり、容易に公衆衛生上の危機を引き起こす可能性があることの認識である”、と大臣は語った。
 これまで、オーストラリアは1億5千6百万ドルを、鳥フル(新型インフルエンザ)流行に備えて、注射器、外科用マスク、陽圧換気装置の購入に費やした。
・Thailand Detects 2nd Bird-Flu Outbreak in Less Than Two Weeks Bloomberg (国際) タイで再度鳥フルが検出
 タイは人に対して致死的鳥フルを鶏で検出したが、先の事例発生から2週間も経過していない短期間内での再発となった。
 バンコクの北方360キロにあるKamphaeng Phet 省の鶏が、21日検査の結果H5N1ウイルス感染が確認された。11日にSuphan Buri 省で発生したばかりであった。4月以来発生報告はそれまで無かった。
・Russia reports first case of birdflu People's Daily Online (人民網 中国) ロシア、初の鳥フルを報告
 ガチョウ200羽と鶏100羽以上がロシアのシベリア、ノボシビルスクで発生と非常事態省は発表。
 ”検疫体制は敷いていない。人々は感染してしないし、鳥達を救うのは獣医師達の仕事だ”、とロシアの医療担当責任者(Chief State Medical Office)であるGennady Onishchenko氏は語っている。
・Taiwan to offer 600,000 doses of flu vaccine to Vietnam eTaiwan News 台湾、ベトナムに60万錠のタミフルを提供
 台湾健康省はベトナムに6万人分のタミフルを提供すると発表。それでも16万人分の備蓄量があると語っている。
 ベトナムと台湾間では市民の交流が盛んで、現在ベトナムに3万人の台湾人ビジネスマンなどが、台湾には18万人のベトナム人労働者や定住者がいる。
・Birdflu reported in Russia Science Daily (国際) ロシアで鳥フル発生
 
下記の英国BBCと同じ内容。
・Russia Finds First Suspected Case of BirdFlu Planet Ark (米国) ロシアで初の鳥フル発生
 21日、ロシア非常事態省は、最初の致死的鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。鳥インフルエンザは、人に感染して致死的な性格を持っていると説明。以下昨日のロイター通信と同じ。
Indonesia on alert after birdflu deaths The Standard (香港) 鳥フル死亡者発生により、インドネシア警戒態勢に
 インドネシアは、国で初の鳥フル感染死亡者が出たことを受けて、不規則に広がる群島全土に渡る44病院で、鳥フル治療とウイルス検出の体制を整える、と発表。以下昨日の米国CNNの内容と同じ。
・Siberian birdflu alarms Russia BBC News (英国) シベリアで鳥フル発生
 シベリアのノボシビルスク地域スズダルカ村で300羽以上の鳥が死亡した。現在、現地での家禽の輸送は禁止されている。
 現地の疫学者によると、人での感染事例は起きていないと言う。Itar-Tass通信が伝えた。
 感染しているウイルスは、すでにアジアで50人以上殺しているH5N1株ではない、と伝えられている。
・SAR allays fears of bid flu in chilled fowl The Standard, (香港) 香港では水鳥の冷凍肉はウイルス汚染の心配はない
 21日、香港行政府は山東省から日本に輸出されたアヒルの冷凍肉にH5N1ウイルスが混入していた事例を受けて、香港のアヒルやガチョウの冷凍は心配ないと発表。
 ”香港で供給されている製品は心配ない”、と冷凍肉協会会長( Chilled Meat and Poultry Association chairman)の Kwok Shi-hingは説明する。”日本の研究は2年前のことだ。さらに水鳥にH5N1ウイルスが感染しているのは珍しくはない。彼等はH5N1ウイルスの自然宿主だからだ”、と説明する。
 香港では一日に、3万羽のアヒルとガチョウが消費される。全てのそれら家禽はワクチン接種済みである。同氏はそのように語る。
 広東省と河南省から香港へ家禽の冷蔵・冷凍肉が供給されている。
 冷蔵アヒルとガチョウは主に広東から入り、冷凍アヒルは主に江南から入る。
 そのほかの広東省でのワクチン接種されていない家禽産物は、この1月から中国本土で輸出禁止措置がとられている。
 食物・環境衛生省のスポークスマンは、香港は山東省から家禽の冷蔵・冷凍肉は輸入していない、そして輸入産物は登録されている農家や工場からのものに限られている、と語った。
 2003年と2004年に検査した産物からH5ウイルスは検出されたことはない。輸入産物の定期的検査は行われている。そのようにスポークスマンは語っている。
 日本人研究者によると、ウイルスは中国から日本へ輸出されたアヒルの食用加工冷凍肉で2年前に見つかった。
 WHOはこのような事例は初めての事ではないが、ウイルスがいかに強く、また広範に広がっているかを物語っている、とコメントしている。
 しかしながら、WHOは、調理台や手を十分洗い、完全に加熱して調理すれば肉は安全に接触できると説明している。
・Explanation needed on how " birdflu" entered Russia RIA Novosti (ロシア) 鳥フルはどのようにロシアに入ってきたか説明が必要
 ロシアの医療担当責任者(Chief State Medical Office)であるGennady Onishchenko氏は、専門家は、どのようにして鳥フルウイルスがロシアに入ってきたか、調査しなければならないと語った。
 彼はシベリアのノボシビルスク地域のスズダルカ村(Suzdalka )の鳥の間で(鳥フル)ウイルスが見つかったことを確認した。
 ”我々は研究室内検査を続行中で、人の感染者を探している。まだウイルスが現れてからそれほど時間が経ってはいないが、今のところ、人での感染者は見つかっていない”、と同氏は説明した。
 ”我々は今、ウイルスがどのようにしてロシアに入ってきたか明らかにしなければならない”、と同氏は付け加えた。
 しかしながら、ノボシビルスクの医療担当官であるBoris Yagudin氏は、同地で鳥フルが流行しているかどうか結論を出すのはまだ早い。飼育されている鳥達(domestic birds)が死んだ理由がいまだ明確になっていないからだ、と言う。
 ”飼育されている鳥達は色々な理由で死亡する。不適当な飼料でも起きえる”。
 地域行政局によると、この地域の飼育されている鳥は家畜農家によるものは無く、すべて住民が飼っているものばかりであるようだ。
7月21日

・Russia reports first case of birdflu Xinhua, China (新華社通信、中国国営通信) ロシア、鳥フル初の事例を発表
 ロシア非常事態省はシベリアのノボシビルスクでロシア初の鳥フル流行を確認したと21日発表。
 スズダルカ村(Suzdalka)で高致死率の鳥フル発生が報告され、検査でA型H5亜系と判明している。
 ガチョウ200羽と鶏100羽以上がここ数日に死亡。周辺は感染拡大予防体制が敷かれている。
・Reports on birdflu in Novosibirsk region being verified ... Interfax.ru (ロシア) Novosibirskでの鳥フル発生は確認作業中
 シベリアの ノボシビルスク(Novosibirsk)地域の Suzdalka村で発生した鳥フルに関して専門家は確認作業中であると語った。
 ロシアの疫学責任者であるGennady Onishchenkoは、”鳥は次々と病気にかかっている。同 村は鳥フルが発生しているロシアで唯一の地域である。我々は一体何が起きているのか調査中だ”、と語った。
 非常事態省スポークスマンのViktor Beltsovは、今朝インターファックスにSuzdalka村で鳥フルが発生したことを発表した。
 ” Suzdalka村で発生している鳥フルは高致死性である。検査ではA型N5鳥フルウイルスが検出されている”、と同氏は語っている。
・Russia finds first suspected case of birdflu Reuters AlertNet ロシアで初の鳥フル発生疑い
 21日、ロシア非常事態省は、最初の致死的鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。鳥インフルエンザは、人に感染して致死的な性格を持っていると説明。
 発生はシベリアのノボシビルスク(Novosibirsk)の村で発生し、大量の鳥が死亡したと言う。検査の結果A型H5のウイルスが検出された。
 しかしながら動植物安全主席担当官はロイターに鳥の死亡原因は鳥フル以外の可能性があると語った。
 ”我々は何か異常事態が起きているのかどうかは今、言うことは出来ない。原因は、水にあるかも知れないし、食中毒かも知れないし、ニューカッスル病、鳥インフルエンザなど、色々考えられる。さらなる調査結果を待つ必要がある”、と同氏は語った。 

(地理的関係)  5月〜6月に中国青海省と新疆省で大量の渡り鳥がH5N1ウイルスで死亡したが、ノボシビルスクはその北方に位置する。地図へ
・Sharp group presents air purifiers to hospital for tropical ... Viet Nam News Agency (VNA ベトナム) シャープグループ、ベトナムの熱帯医学研究施設へ空気洗浄機10台を提供
 シャープ電機(株)は21日、プラズマクラスター・イオン技術を用いた空気洗浄機10台を、ホーチミン市の熱帯疾患病院へ提供した。
 プラズマクラスター空気洗浄機は、鳥フルウイルスの99%までを抑えることが出来、他に26種類の有害微生物やアレルゲンを処理できる。
 ベッド数500床のホーチミン市の熱帯疾患病院は同市やベトナム南部地域の省からの感染症の患者を治療している。
・Indonesia pledges birdflu action BBC News (英国) インドネシア政府 強力な鳥フル対策を発表
 インドネシア政府は3人が鳥フルで死亡したことを受けて、大量の家禽を殺処分する予定と発表。
 健康省大臣のSiti Fadillah Supari は、インドネシアで初の鳥フル死亡者の感染源は、彼等の住居から15キロ離れた鳥フル感染農場であった可能性があると語った。
 大臣は、農場の感染した動物は殺処分されたが、今から考えると、全ての家畜を処分すべきだった、と語った。
 鳥フルは2004年1月以来東南アジアで50人以上の人々を殺した。
 ”我々はいかなる危険も犯すわけにはゆかない”、と農業大臣の Anton Apriyantonoは以下のように説明を加える。
 ”もし農場で1匹(1羽、1頭)の動物が鳥フルに感染したとした場合、我々は農場内の全ての家畜を殺処分する”、と彼は語った。
 健康大臣のSupari 氏は、国内の病院で鳥フル患者を治療出来る体制、そして感染地域の人々の健康状態の厳重な監視体制を、緊急に整備すると語った。
 3人が鳥フル疑いで死亡したことが発表された先週、3人が人人感染で感染した疑いがもたれた。なぜなら家族が家禽と接触した既往がなかったからだ。
 しかし健康大臣のSupari 氏は、3人は住まいの近くにある農場のウイルスに感染した”可能性”があると言っている。
 300人以上の接触者調査が現在行われている。
 インドネシアは今年数カ所の省で家禽における鳥フル流行を報告している。そして最近、農場従業者一人でH5N1ウイルスに対する抗体を検出している。しかしこれまで鳥フルでの死亡者は認めていない。
 これまで人感染例は感染した動物との接触に限られていた。
 しかし本当の警戒すべきことは、ウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、世界的流行を引き起こすことである。
・Jakarta prepares for birdflu CNN International (国際) インドネシア、(人での)鳥フル流行に備える
 インドネシアは、国で初の鳥フル感染死亡者が出たことを受けて、不規則に広がる群島全土に渡る44病院で、鳥フル治療とウイルス検出の体制を整える、と発表。さらにSiti Fadillah Supari健康省大臣は、今のところ、死亡した公務員と二人の娘が如何にして感染したのか原因はつかんでいない、とも言った。
 現在残された妻と息子は健康で、疾患に罹患した兆候は示していない。家族は人口1000万人のジャカルタ中心から30キロ離れた郊外のTangerangに住んでいた。
 ”我々はいまだ調査中で、監視体制を続けている…、しかし今なお感染した原因は不明だ”、と Supari大臣は言った。
 同記者会見でWHOのジャカルタ事務所代表のGeorg Petersen氏は、”事態は警戒すべき状況だ。ほとんどの国で、この感染症が発生する可能性があるし、我々は警戒体制を整える必要がある”、と警告している。
 大臣によると、死亡した家族の自宅から15キロ離れた豚農場で4月に鳥フルが流行して、発病した動物が(豚?:訳者)殺処分されている。
 人々は鳥フルを撲滅するように用心深く症状の発現に注意すべきで、パニックに陥るべきではない、と大臣は語る。
 20日、3人の死が鳥フルによるものであったことが報じられたとき、大臣は、ウイルスは変異してなく従来の株だ。それ故、人人感染が起きる心配をする必要はないと語った。
 WHOのPetersen氏は本日(21日)、”我々は死亡した家族と接触した人々の中から発病者を検出していない。だから今回の事例が人人感染によるとは言い切れない”、と語った。
 当局は患者と接触した人々300人以上から検体を採取した。さらに患者自宅から20キロ以内の動物についても、詳細なる検査を行う予定という。
 先月、世界で4番目の人口を抱えるインドネシアで人での初の鳥フル感染者が確認された。感染者は無症状だった。
 農業省は、H5N1ウイルスが、33省のうち22省で900万羽以上の家禽を2003年以来殺していると発表している。
 インドネシア当局の考え方では鳥フル拡大予防措置として、殺処分よりもワクチン接種を選択しているが、殺処分の際には農家に対する補償費が必要で、その予算がないことが理由となっている。
 WHOはワクチンの効果に疑問を呈して殺処分が最も有効な手段と言っている。
 殺処分に関して、WHOのPetersenは、”それはインドネシアで部分的に行われてきた。しかし先に多くの流行が小さな農場で起きている…当局にとってコントロールが非常に難しい事態となっている”、と語った。
 ウイルスはインドネシアではすでに種を越えて感染しだしている。5月には人口が集中しているジャワ島で豚で感染が確認されている。豚は人のインフルエンザウイルスに、発病はしないが、感染して体内にウイルスを保有する。そのウイルスはやはり豚に感染した鳥インフルエンザウイルスとの間で遺伝子の組み替えを起こし、新型の強毒株に変異する。専門家はそのように説明する。
・Over 25 Governments Place Tamiflu Orders − Roche Planet Ark (英国) 世界25カ国以上がロッシュ社に備蓄用タミフルを発注
 ロッシュ社は20日、同社は少なくとも25カ国から備蓄用タミフルを受注した、と発表。タミフル備蓄はWHOのアドバイスに基づくものである。
 また同社はタミフルが1歳以上の小児にEUで適用されることになった、とも発表した。これまでは大人と10代の子供に限られていた。
・Birdflu found in meat shipped from China to Japan USA Today (米国) 中国から日本へ出荷された冷凍肉に鳥フルウイルスが検出
 下記と同じ内容。 全米の多くのマスメディアが掲載。
・BirdFlu Found in Frozen Duck Meat WJLA, (米国) 冷凍肉にウイルスが混入
 下記と同じ内容。
・BirdFlu Found in Frozen Duck Meat KFMB (米国) 冷凍肉にウイルスが混入
 2年前に中国から日本へ輸出された冷凍アヒルの肉にH5N1ウイルスが混入していたことが、日本人研究者の発表で判明した。いかに簡単にウイルスが国境を越えることが出るか、いかにウイルスを除去するのが難しいか、改めて保健当局では言っている。
 WHOでは、ウイルスが肉製品に混入したのは初めてではないが、(H5N1)ウイルスの強さとアジアにおける拡大を示している事例だと説明している。
 しかしWHOでは、肉調理に注意する限り消費者にとって危険なことはないと説明している。すなわち頻回なる調理台と手の洗い、全ての肉が十分加熱されていること、および血液の混入がないことである。
 中国における情報公開の不透明性が論議されている最中での発表であるが、WHOは、今回の研究の意味合いとして、中国ではすでに2年前(当製品が出荷された頃)H5N1ウイルスが家禽の間で広がりをみせていたことをも示している、と説明した。
・Roche unit CEO says in late-stage Tamiflu talks with US MarketWatch (米国)  米国のタミフル備蓄計画、ロッシュ社との間で最終的交渉段階に
 備蓄タミフル発注問題で、ロッシュ社との間の米国とドイツ政府の話し合いは大詰めを迎えていると、ロッシュ社は語った。
 ロッシュ社はタミフル備蓄で各国から発注が相次ぎ、今年度上半期は昨年の4倍の504億円の受注量となっている。今年度はさらに304億円近くの追加受注が見込まれている。来年度は約700億円の受注量を予想している。 

・UK to stockpile 2 mln doses of birdflu vaccine Reuters India, (インド) 英国、鳥フルワクチン200万人分備蓄計画
 英国はH5N1鳥フルが流行したときのために、保健医療関係者と救急医療関係者用に200万人分の備蓄計画を立てていることを20日発表した。
 製薬企業が入札のために招聘されている。
 米国、フランス、カナダ、そしてオーストラリアなどの政府も、緊急用として一定量のH5N1ワクチンの発注計画を立てている。
7月20日

・WHO presses China over birdflu samples Grand Forks Herald WHO、中国当局に鳥フルサンプルを提供するように圧力
 中国は、WHOの鳥フル情報を提供するようにとの緊急アピールに対して反応しないとWHO事務所は20日語った。中国から渡り鳥が他の地域へ飛び立って行くことでウイルスが拡散されてゆく危険性が高まっている。以下、下記のWRAL.comの報道と同じ。
・China holding out on birdflu New York Newsday (米国) 中国、鳥フル情報の公開を拒む
 中国で発生した鳥フル流行は世界的脅威であるが、それに関して中国側に情報の提供を国連は求めたがいまだ回答はない、と国連当局と自由世界(independent)の研究者達は非難している。以下19日のワシントンポストの内容と同じ。
・Indonesia confirms its first human deaths linked to birdflu International Herald Tribune (フランス) インドネシア政府、最初の鳥フル死亡例を確認
 インドネシアはアジアで鳥フル死亡57人目となる父娘の3例を20日確認した。
 健康大臣のSiti Fadilah Supari はレポーターに、香港からの検査結果で、今月初めに死亡したジャカルタ在住の38歳男性と二人の娘が、H5N1ウイルスに感染していたことを確認した、と語った。
 現在のところ、この3人が感染した鳥と接触した既往はないと思われているが、だからと言って人人感染を起こしたと現時点で考えるのは早計だ、と大臣は語っている。
 ウイルスは変異していない(報告書では:訳者注)、と大臣は言い、”我々は現在何も心配する必要はないと思う”、と付け加えた。
 専門家達はほとんどの鳥フル死亡者は動物から感染した、と考えている。しかしWHOはウイルスは変異しやすく、いつ人人感染を起こすように変化するか分からない、もしそのように変異したなら世界的大流行が起きる可能性が高い、と警告している。
 WHOのインドネシア代表であるDr. Georg Petersenは、3人が感染した鳥と接触していなかったか否かについては十分分からないが、精力的な調査が必要だと語る。また他の国の例では感染源が不明な場合もある、とも付け加えた。
 また彼はウイルスが従来のH5N1株で、変異した新型で無かったことは良いニュースと言えそうだとも語った。
・WHO Presses China Over BirdFlu Samples WRAL.com (米国) WHO、中国当局に鳥フルサンプルを提供するように圧力
 中国は、WHOの鳥フル情報を提供するようにとの緊急アピールに対して反応しないとWHO事務所は20日語った。中国から渡り鳥が他の地域へ飛び立って行くことでウイルスが拡散されてゆく危険性が高まっている。
 中国当局は同様に新疆省へのWHO立ち入り調査に対しても、いまだ許可を出していない。同地域のカザフスタン国境沿いで多数の鳥が死亡している。
 またWHOは青海省での渡り鳥から分離されたウイルスの提供も中国側に求めているが、未だ回答はない。
 中国当局はコメントの要求に対して20日すぐに反応しなかった。
 中国の国際的機関に対する協力拒否は、中国内の流行が予想されているもの以上に大きく、また危険な状況である可能性を推定せざるを得ない。
・Indonesia confirms first birdflu deaths Reuters  (国際) インドネシア、初の鳥フル死亡者を確認
 インドネシア政府は先に死亡した3人の父娘事例が、鳥フル感染だったことを20日に確認した。
 ”香港から今朝届いた報告書では3人でウイルス感染が確認された”、と健康相は語った。3人とも鳥フルで死亡したのかという問いに”イエス”と答えた。
 ”今のところどのようにして感染したのか不明であるが、今後とも調査を行う”、と健康相は言った。
 ”結果ではウイルスはこれまでの株と同じであり、人人感染について心配する必要はない”。
 当局は患者達と接触した300人以上について検体を採取した。さらに家族の住んでいた地域から20キロ以内の動物についても積極的な検査を行う予定という。
・Lethal birdflu strikes family in Indonesia Ireland Online (アイルランド) インドネシアで致死的鳥フルで家族が死亡
 インドネシア健康相は今日テレビで、先週死亡した父娘の事例で父親の検体からH5N1ウイルスが検出されたことを発表した。娘達の結果については言及しなかった。インドネシアで初の鳥フル感染死亡例となる。
・Indonesia says it has recorded its first human death linked to ... Canada.com (カナダ) インドネシア、先に死亡父娘の事例は鳥フル感染と確認
 インドネシア政府は先週父娘3人が鳥フル感染疑いで死亡したことを発表したが、検体を送っていた香港の研究所から父親がH5N1に感染していたことが確認された報告が戻ったことを発表した。娘達の結果については言及されていない。
・Existing Drug Effective Against BirdFlu, Research Finds US Dept of State (press release),  (米国) 鳥フルに対するタミフルの効果が確認される
 一般的にタミフルと呼ばれている抗インフルエンザ薬のOseltamivirがH5N1ウイルスが感染したマウスの生存期間を劇的に改善することが確かめられた。18日に、国立アレルギー感染症研究所が発表した。
 研究ではタミフルの量と投与期間を色々と変えてマウスの生存期間が確かめられたが、もっとも多くの量をもっとも長く投与したマウスのグループがもっとも良い生存率を示した。
・Vietnam to Vaccinate Chickens, Ducks against BirdFlu Planet Ark (米国) ベトナムで鶏とアヒルにワクチン接種
 ベトナム農業省副大臣のBui Ba Bong氏は、8月1日から2省でオランダと中国製の鳥フルワクチン4億1500万回分の接種を開始すると、ロイター通信に語った。残りの鳥フル流行ハイリスク地域は10月1日〜11月10日に間に行う予定。
 ベトナムには推定2億1千万羽の家禽がいると考えられている。
 H5N1ウイルスに対するワクチンは中国製のものをアヒルに接種しする予定になっているが、当ワクチンは国際的研究者から、使用ウイルス株が変異して人に感染を起こすように変化する危険性が言われている。
 一方オランダ製のH5N2ウイルス株に対するワクチンは鶏に使用されるが、当局の説明ではこのワクチンはすでに他の国で使用されてきた実績があり、またH5N1株を含むH5亜型株に対しても効果が十分あるとされる。
・Mutation in BirdFlu Can Make Ducks Carriers Elites TV (米国) 変異鳥フルウイルスはアヒルをウイルスのキャリアとしている
 科学者達は、変異してアヒルをキャリア化してしまった鳥フルウイルスを警戒している。
 2002年まで鳥フルはアヒルに病原性を示さず、ウイルスがアヒルから検出されることは希だった。しかしその後ウイルスは変異してアヒルはウイルスに感受性を示すようになり、感染して多くが死亡する事例が認められだした。
 しかしながら現在、さらに変異したウイルスはアヒルに病原性を示さず、ウイルスのキャリア(貯蔵場所)としてしまった。その結果移動するアヒルからウイルスが他の鳥達と人に伝搬されてゆく結果となっている。
 研究者達は研究結果を「Proceedings of the National Academy of Sciences」に発表した。
・Health Highlights: July 19, 2005 RedNova.com (米国) 鳥フルウイルスはアヒルの中に潜む
 昨日のワシントンポストの記事と同じ
'Trojan ducks' could spread birdflu Science Daily (press release)  (国際) ”トロイのアヒル”が鳥フルを拡大
 鳥フル研究者達は、体内にウイルスを保持したまま無症状で、人をも含んだ他の動物にウイルスを伝搬させる”トロイのアヒル”を警告している。
 科学者達はアジアのアヒルから分離されたウイルスを研究した結果、2002年以来ウイルスは変異してきていて、鳥達に対する病原性をより弱めてきていて、鳥達がウイルスの集積場所(貯蔵場所、リザボイア)となっていると発表した。
 発見は聖ユダ小児病院のRobert Webste博士らのチームによるもので、アヒルが世界的インフルエンザ(新型)流行の原因となる可能性を指摘している。
 研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences」(世界の科学者達が最新の研究を短報として発表する世界的科学雑誌)に発表された。
・Avian Influenza Kills over 9.5 Million Chickens in Indonesia CRI (中国) インドネシア当局:950万羽の鶏が最近2年間、鳥フルで死亡
 ”最初の流行以来、インドネシア政府は可能な限りの対策を講じてきた。鶏へのワクチン接種、厳重なる家禽や人に対する監視プログラム等”。担当局の高官は語っている。
 努力の結果、良い成績は得られているが、それでも突発的発生は防ぎきれず、上記の結果となっている。
7月19日

・Evolving avian flu virus makes detection difficult Whittier Daily News (米国) 進化型鳥フルウイルスは検出が困難
鳥フルの変異はアヒルに対して病原性を弱める結果をもたらし、アヒルが「トロイの木馬」となって、他の鳥や人に感染を拡大している可能性がある。以下、本日のワシントンポストと同じ内容。
・Birdflu strain contained, Philippine officials say Globe and Mail (カナダ) 鳥フルは撲滅とフィリピンが発表
 フィリピン政府は昨日、鳥フル流行はもはや何ら危険性はないと発表。10日前にマニラ郊外の独立したアヒル農場でウイルスが発見されていた。
 フィリピンではいかなる高病原性鳥フルウイルスも存在していない”、と農業省と健康省が共同声明を発表した。
 初期に低病原性鳥フルウイルスがアヒルから検出されたが、その後の検査でアヒルでのウイルス感染の兆候はない。
 感染拡大予防措置として、農場の感染していたアヒルと未感染の鶏が全部殺処分された。
・Vietnam to vaccinate chickens, ducks against birdflu Reuters (国際) ベトナム、鶏とアヒルにワクチン接種開始
 ベトナムで鶏とアヒルに対して4億接種回分のワクチンが準備された。
 計画では8月1日より2地域の省で始まる。他の鳥フルハイリスク地域では、致死的ウイルスが拡大する可能性のある冬期間に入る前の、10月1日から11月10日の間に行われる。
 H5N1ウイルスに対する中国製のワクチンがアヒルに投与されるが、同ワクチンは国際的研究者達が人へ感染する株に変異する可能性を警告しているものだ。
 一方弱毒性ウイルスであるH5N2に対するオランダ製のワクチンは鶏に投与される。
 ベトナムはH5N2に対するオランダ製のワクチンを鶏に使用する理由を、H5N1株に対する中国製のワクチンは今年度初めに開発されたばかりであるのに対し、同ワクチンは他の国でも使用されてきていて実績があることを挙げている。
18日、専門家はウイルスが再度変異してきて、健康に見えるアヒルの中に潜んでいることを明らかにした(下記報道内でのPRONAS論文)。それはアヒルが飼育場で他の鳥や人々にウイルスを感染させてゆくことを意味する。
 ベトナム当局はメコンデルタ地域のアヒルでは、検査でH5亜系株が分離されているが(H5N1、およびH5N2のどちらか)、アヒル達は全く無症状であり、ウイルスを持ったアヒルの区別は不可能である。
 H5N1株はタイでも12人、カンボジアでも4人、2003年末以来死亡させている。
 東南アジアではすでに1億4千万羽以上の鶏が殺処分されているが、専門家によると鳥フルウイルスはベトナムも含めて数カ国で土着してしまい、流行が繰り返されているとされる。
 WHOはH5N1ウイルス根絶に時間がかかればかかるほど、ウイルスが変異して人の間で流行を起こす確率が高いという。
 これまでほとんど多くの感染者は、感染した鳥からウイルスが感染したと考えられている。
 もしウイルスが変異して容易に人に感染するようになったなら、(新型インフルエンザとしての)世界的大流行が起きて、世界で数百万人の死者が出る可能性もあると、WHOは警告している。
(アヒルにH5N1ワクチン投与は理解可能だが、鶏にH5N2ワクチン投与は今回初めての情報:訳者注)
・Evolution of avian flu virus could allow it to hide in ducks Seattle Times (米国) 進化型鳥フルウイルスはアヒルの中に潜伏して拡大
 鳥フルの変異はアヒルに対して病原性を弱める結果をもたらし、アヒルが「トロイの木馬」となって、他の鳥や人に感染を拡大している可能性がある。
 アヒルのような水鳥はこの種のインフルエンザウイルスの自然宿主で2002年まではアヒルに対して病原性を示すことは希だった。しかし2002年に変異した株が多くのアヒル達を死亡させた。それ以来ウイルスは変異し続け、アヒルには低病原性で、鶏や人に対しては高病原性(死亡させる)の株に変わってきた。
 これらの研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences(世界的科学雑誌)」に19日掲載されたが、それによるとアヒルはH5N1ウイルスの「トロイの木馬」となっていると説明される。
 論文では、ウイルスを保有して無症状のアヒルが、ウイルスを拡大して世界的流行を引き起こす危険性があると警告している。
 (AP通信、本日のワシントンポストの内容と同じ)
・China Has Not Shared Crucial Data On BirdFlu Outbreaks, Officials ... Washington Post (米国) 中国は鳥フル情報を隠蔽している、国連と専門家が非難
 
中国で発生した鳥フル流行は世界的脅威であるが、それに関して中国側に情報の提供を国連は求めたがいまだ回答はない、と国連当局と自由世界(independent)の研究者達は非難している。
 青海省と新疆省の3地域で発生した鳥フルに関してさらなる情報の提供をWHOと国際的健康組織は求めた。そして人における流行の可能性を探るために国際的健康研究者達はウイルスのサンプルの提供をも求めた。
 ”これは緊急の事態なのだ”、とWHOの中国事務所の伝染病担当責任者の Julie Hall氏は語った。”国際的に広がる可能性の高い流行なのだ。我々は可能な限り多くの情報を、可能な限り早く中国側に提供してもらいたい”。
 中国当局はWHOとFAOの研究者達に対して先月青海省を調査のために訪れることを許可した。しかし先月(6月)17日に国際的健康専門家達が要求した新疆省への立ち入りに関しては未だ回答がない。新疆省での流行は征圧されているから、調査のために立ち入る許可を出す必要がないと考えているようだ。
 中国政府は7月13日にワシントンポストがコメント(WHOなどの質問への答えが無いことに対する:訳者注)を、中国内閣に相当するState Councilと農業部に要求したが、未だ反応はない。15日に接触したときは、彼らは対応を協議中と答えた。
 4月下旬に中国は重要な渡り鳥の繁殖地である野鳥保護区の青海省で、多くの渡り鳥が死亡しているのを発見した。その後数週間に渡って中国当局は6000羽以上の水鳥が死亡していることを報告した。その事実は今後渡り鳥が南に向かって移動してゆくとき、ルート沿いにウイルスを伝搬してゆく危険性を想起した。
 WHOと自由世界(independent)の研究者達は、中国当局に対して彼らのいらだちを公の場で突きつけることを恐れている。中国当局が彼らを国外に追放するかもしれないからだ。中国当局の秘密遵守主義には圧倒される、とWHO当局者と研究者達は言う。それは特に2002年にSARS情報公開に関して外国機関との間でトラブルがあって以来強い顕著だ。
 中国の鳥フルに関して調査研究を発表した自由世界の研究者(香港の研究者:訳者注)は、中国農業省の攻撃にあった。2週間前世界的科学雑誌のNatureに、青海省での鳥フル流行が世界的危機につながる可能性と、これらの流行の端緒が東南中国である可能性を発表した。それに対して中国農業部の高官は、研究者達が無許可で研究をしていたことと、誤った結論(中国当局がそのように判断する:訳者注)を導き出したことを非難した。
 著者の一人である香港大学のGuan Yi氏は、中国政府は5月以降、彼の研究に対する嫌がらせをしてきたと語った。またThe Scientist magazine 編集部に、中国政府は彼の研究室を閉鎖しようとしていると、先週語った。
 中国西部での鳥フル流行が起きるたびにWHOは中国当局に分離ウイルス株を提供するように要求している。ウイルスの遺伝子配列を分析することで、ウイルスの変異や進化過程を知る事ができるからだ。
 ”今最も重要な問題は、このウイルスの詳細な正体を知ること、どれだけ人に危険性を持っているのか知ること、次にどの地で流行が起きるのか予知することだ。ウイルスの遺伝子配列の詳細が中国側から公開されない限り、それら問題に対する回答は得られない”、とWHOのJulie Hall氏は語っている。
・Avian Flu Virus Could Hide in Ducks Washington Post (米国) 鳥フルウイルスはアヒルの間に潜伏の可能性
 鳥フルの変異はアヒルに対して病原性を弱める結果をもたらし、アヒルが「トロイの木馬」となって、他の鳥や人に感染を拡大している可能性がある。
 アヒルのような水鳥はこの種のインフルエンザウイルスの自然宿主で2002年まではアヒルに対して病原性を示すことは希だった。しかし2002年に変異した株が多くのアヒル達を死亡させた。それ以来ウイルスは変異し続け、アヒルには低病原性で、鶏や人に対しては高病原性(死亡させる)の株に変わってきた。
 これらの研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences(世界的科学雑誌)」に19日掲載されたが、それによるとアヒルはH5N1ウイルスの「トロイの木馬」となっていると説明される。
 論文では、ウイルスを保有して無症状のアヒルが、ウイルスを拡大して世界的流行を引き起こす危険性があると警告している。
・Birdflu appears to be mutating again TVNZ (ニュージーランド) 鳥フルウイルス再度変異の可能性
 下記と同じ内容
・Ducks may silently pass along birdflu - study Reuters.uk (英国) 軽症アヒルがウイルスの拡大に
 H5N1ウイルスはアヒルの中で微細な症状だけを起こして死亡させる例が増えている。これはアヒルの中での流行の察知の遅れにつながり、さらなる鳥と人への感染拡大の原因となり得る。
 ”もしこれらウイルスが今後も鳥類の間で循環し続けるならば、人での感染が起きてくる可能性は高い。そして人人感染が生じる可能性も増してくる”。専門家は米国の有名な科学雑誌(the Proceedings of the National Academy of Sciences.PRONAS)で語っている。
7月18日

・No birdflu in the Philippines ABC Asia Pacific (オーストラリア) フィリピンでの鳥フルは弱毒性と最終確認
 オーストラリア動物衛生研究所で行われていた検査で、フィリピンで検出された鳥フルは弱毒性のタイプで、現在問題となっているH5N1株ではないことが確認された。
 フィリピン政府は、アヒルは低病原性鳥フルウイルスに感染したが、アヒル達の持つ本来の免疫力で明らかにこの低病原性のウイルスを排除した、と説明している。
 今回の発表は、日本への家禽輸出再開への可能性を探っていると思われる。
・Indonesia checks farms for birdflu after deaths Reuters AlertNet, (英国) インドネシア、鳥フル疑いで死亡した患者居住地域周辺を調査
 ジャカルタ郊外で父娘3名が鳥フル疑いで死亡したことを受けて、当局は半径30キロ以内の農場の調査を始めると発表。もしこの親子が鳥フルで死亡したことが確認されたら、その感染源が問題となる。
・Indon BirdFlu Test Results Out In Two Or Three Days Bernama, (マレーシア) インドネシア、香港での最終確認まで2,3日要する。
 インドネシアでの3人の検査確認にまだ2,3日要するとインドネシア当局は発表。
・VIRA 38 Production Capacity Increased to Meet the Needs of Bird... I-Newswire.com (press release) (米国) 鳥フル対策用にVIRA 38増産体制に
 PRB製薬会社と李製薬会社は本日VIRA 38の量産体制に入ると発表した。”新型インフルエンザの世界的流行の危険性に我々も警戒しているが、我々は個人的予防・治療のためにVIRA 38の個人的備蓄が広く始まると予想している。流行が勃発したときの自分達の生活や生命を守るために人々は、政府に頼るよりも自分たちの手で安全を確保しておきたいと考える傾向にある”、とPRB製薬会社の社長であるDr. Charles Hensleyは語った。
 人々は政府が適切量の抗インフルエンザ薬(タミフル)を備蓄できていないことを非常に心配している。それは鳥フルが流行している発展途上国で著しい。残念なことに裕福な西欧諸国が抗インフルエンザ薬(タミフル)を大部分発注している。 Dr. Hensleyは付け加えた。
 ”増産体制に入ったなら我々の生産量の半分はこれら発展途上国の人々のために確保可能となる。それは人道主義的見地と世界的健康危機到来の予知から、当然な正しい行動と言える。
 PRB製薬会社は東南アジアに強力な地盤を持っており、そして最近ベトナム政府と鳥フル対策に対して協同的作業を開始している。
 VIRA 38はSARS流行時に台湾の大統領スタッフと医師団に間で使われた抗ウイルス薬で、2004年にはその中に含まれる化合物が鳥フルウイルスに有効であることが分かった。
 VIRA 38は店頭販売品であるが(医師の処方箋なしに購入できる)、広くインフルエンザも含めウイルスに対して効果を持つとされる。最近、香港の研究者により、含まれる薬効成分が広い範囲の病原体、例えばSARSウイルスにも効果があることが分かった。
 同一薬効成分を含んだ抗インフルエンザ薬として「Flu-Stat」が米国で店頭販売されている。紹介ページ
・World watch Chicago Tribune (米国) タイで鳥フル再燃
 懸命なる鳥フル撲滅態勢を敷いていたにも関わらず、タイのSuphanburi 省の3地域で鳥フルの流行を確認したとタイ政府が発表。タイでは昨年10月から人での感染例はないが、昨年12月以来ベトナムで19人、カンボジアで4人死亡している。家禽に摂食してない限り感染の心配はない。
・Do not cover up birdflu cases: Susilo Jakarta Post (インドネシア) インドネシア首相、鳥フル事例は隠さず、検査結果は迅速に公開するように健康省に求めた
・Marikina cautions against banned meat INQ7 Interactive, Inc., (フィリピン) フィリピン当局、中国からの家禽産物密輸品に警戒を促す
 最近輸入が禁止されている中国の密輸された家禽産物が摘発されたことから、Marikina 市当局は、住民に十分中国からの家禽産物に注意するように警告した。鳥フル感染した鳥から人は、その鼻水、唾液、糞便を通して感染するが、肉や卵を摂取して人が感染した事例はない、と当局は説明するが、十分加熱して摂食するのが安全と付け加えている。
・Indonesia says birdflu suspected in deaths of three Indonesians Canada.com (カナダ) インドネシア当局、鳥フルで3名死亡の可能性と発表
 ジャカルタ郊外に住む38歳男性と9歳および1歳の娘が、10日以内に相次いで死亡し、鳥フル感染による疑いがもたれている。インドネシア当局は彼等が鳥に接触した既往がないため、人人感染で発病した疑いがあると発表した。
7月17日

・British poultry exports halted DeHavilland, (英国) 英国で大量のキジが死亡、家禽の輸出禁止へ
 流行病は鶏、七面鳥、アヒルでも起きていて、ほとんどの場合、突然の死亡を起こしている。ミューカッスル病と思われ、鳥フルのように人への感染の心配はないと思われる。
・Indonesia Says BirdFlu Cases May Have Passed Between People
 HealthCentral.com  (国際) インドネシア、鳥フル感染死事例は人人感染の可能性が高いと
 15日、インドネシア当局はAP通信に父娘が鳥フル疑いで死亡したが、彼等が鳥に接触した事実が無いことから、人人感染により発症した可能性があると発表した。
 ジャカルタ郊外に住む38歳男性と9歳および1歳の娘が、10日以内に相次いで死亡した。当局は検査結果の最終確認を待っている。
TOP