海外報道抄訳集
随時更新中
7月16日

・Birdflu 'needs regional cooperation' Brisbane Courier Mail (オーストラリア) 鳥フル対策には地域的協力関係が必要
 インドネシアで38歳の父親と二人の娘が鳥フルで死亡した可能性がある、もしそうしたとしたならオーストラリアに近い隣国で初めての例となる。オーストラリアでの鳥フル対策にはいまだ多くの見解の相違がある。地域での対策の方法、流行初期での診断、治療、人人感染のとらえ方など。
・Deaths look like birdflu Edmonton Sun, (カナダ) インドネシアでの父娘の死亡は鳥フルによる可能性
 インドネシア当局は父と二人の娘が鳥フル疑いで死亡したことを昨日発表。初期の調査では感染した鳥との接触がないため、人人感染の疑いがもたれている。
・BirdFlu Suspected Cause of Three Deaths in Indonesia Daily News Central (米国) インドネシアで鳥フル疑いで3名死亡
 インドネシア健康相は、一回目の検査では父親と長女の検体にはウイルスは確認されなかったが、2回目の検査でウイルスの存在を示唆する結果がでた、と語った。検体は香港に送って確認中。結果がでるまで数日はかかる模様。
・3 die from suspected birdflu Telegraph.co.uk (英国) インドネシア、3人が鳥フル疑いで死亡
 15日、インドネシア健康省は3人が鳥フル疑いで死亡したことを発表した。
 犠牲者は38歳男性と彼の9歳と1歳の娘である。ジャカルタ郊外に住み10日間以内に全員死亡した。全員、感染した鳥とは接触した既往はないと言われる。家族には妻の他9歳になる男の子がいて、現在経過観察中である。
7月15日

・Vietnam birdflu toll hits 40, more infected Malaysia Star (マレーシア) ベトナムで鳥フル死亡者数40名に、そしてさらなる感染者が入院中
 ハノイの熱帯医学研究施設で、詳細は不明であるが、先週、鳥フルで1名死亡したと健康省がメディアに発表した。
 同施設の隔離病棟には現在18名入院していて、3名が鳥フルを確認されている。13名が疑い例として経過観察、そして2名が人型インフルエンザという。(昨日のロイター通信と同じ内容)
・Viet Nam reports no new human birdflu infections since June 4 Viet Nam News Agency(ベトナム国営通信) ベトナムでは6月4日以来、人の鳥フル感染事例は無し
 ベトナム健康省は、人における鳥フル感染は十分抑えられていて、人人感染の証拠はこれまで見つかっていない、と発表。
 しかしながら、ハノイの熱帯疾患研究施設に、いまだ1名入院している、と説明された。
・DA, local officials wait for results of avian-flu test Manila Times (フィリピン) フィリピンでの鳥フル検査結果、一両日中に発表
 7月4日に採取されてオーストラリアの家畜局(Bureau of Animal Industry)に送られた検体の検査結果は、一両日中に判明するとフィリピン当局に連絡が入った。隔離されている Calumpit町周辺では結果が陰性であることを期待している。
7月14日

・Vietnam birdflu toll hits 40, more infected Reuters (国際) ベトナムでの鳥フル死者数40名に、そしてさらに感染者が入院中
 ハノイの熱帯医学研究施設で、詳細は不明であるが、先週、鳥フルで1名死亡したと健康省がメディアに発表した。
 同施設の隔離病棟には現在18名入院していて、3名が鳥フルを確認されている。13名が疑い例として経過観察、そして2名が人型インフルエンザという。
・Vietnam reports new birdflu fatality Xinhua (中国 新華社通信) ベトナムで新たな鳥フル死者発生
 二人のベトナム人が呼吸器疾患で死亡し、一人が鳥フル感染を確認されたと、地方紙がベトナム予防医学部門の発表として報道した。
 二人はハノイの熱帯医学研究施設で先週死亡した。一人の検体は検査でH5が陽性だったが、もう一人では明確な結果が得られなかった。
 施設は現在18人の地域の人々を治療していて、そのうち3人でH5感染が確認され、残りは疑い例として経過観察中である。一人の患者で人工呼吸器が使われている。
・WHO, govt probe deaths of man, daughter Jakarta Post (インドネシア) インドネシア:WHO、政府と共に父娘の鳥フル疑い死亡事例の調査開始
 WHOと健康省はメディアが鳥フル疑いで死亡したと報じた父娘の事例について調査を開始した。
 健康省当局は13日テレビで、二人は非特異的細菌性肺炎で死亡したと説明し、H5N1疑いで死亡したとする報道を否定した。
 WHOの疫学者Gina Samaanは、検査は施行中であり結論は出ていないと語り、しかし彼女は鳥フルであることに疑いを抱いていると語った。理由は二人とも死亡前に家禽に接触していないからだと説明した。
・China's migratory birds carry a more deadly avian flu strain Channel News Asia (シンガポール) 中国の渡り鳥はより危険なウイルス株を運んでゆく
 中国北西部の野鳥は、より危険性あるH5N1ウイルスを運んで、世界的脅威となる可能性を、中国のメディアは科学者の談話として発表した。
 これまで5月以来、6000羽を越える野鳥が青海省の野鳥の休息地である鳥島で鳥フル流行で死亡した。
 Wenhuibao新聞の報道によると、中国の科学者は最近ウイルスを分析して、以前流行した際の株から変異していて、より病原性を強めている可能性があることを見いだした。
 ”分析結果は、この新しいH5N1株は非常に危険性が高いということだ”、と中国科学アカデミー微生物研究施設長官のGao Fuは語っている。さらに、 ”ウイルスの致死力は、以前中国北部の水鳥で検出されたウイルスに比較して驚異的に強くなっている”、と付け加える。
 WHOは先月、同じ様にウイルスが以前よりも致死性を高めていると思うと、語っている。
 FAOとWHOは、国際機関で分析するために、中国当局にウイルスの提供を求めている。しかし国連当局は13日現在検体は受け取っていないと語っている。
・Ministry imposes new curbs on fowl transport Bangkok Post, (タイ) タイ政府、家禽移動に新規制
 タイ農業省と関係機関によると、今後家禽飼育者が、家禽を移動させる場合、移動先の住民代表の許可を得なければならない、という新規制が作られた。
・Chickens, ducks safe to eat when properly cooked - BAI Manila Bulletin (フィリピン) 感染地域内鶏やアヒル産物は十分加熱すれば安全に食用:フィリピン政府
 フィリピン家畜産業局 (Bureau of Animal Industry)と地域当局は、ウイルスは高熱で死ぬから、適切に加熱すれば感染地域内での鶏やアヒルの肉、卵類は安全に摂食出来る、と説明。
 現在感染アヒルが検出された農場から3キロ以内の地域は、家禽の移動などを禁止する検疫地域とされているが、それは致死的H5N1ウイルスがその地域から検出されないことが確認されるまで続けられる(今回のウイルスはH5亜型ではあるが、人に感染の可能性あるH5N1でない限り心配ないというフィリピン当局の考え方:訳者注)。
・Denmark helps Viet Nam fight birdflu Viet Nam News Agency (VNA:ベトナム国営通信) デンマーク、ベトナムの鳥フル対策に50万ドル相当援助
 デンマーク政府はベトナムでの鳥フル対策用に50万ドル相当の施設や装備品を提供することを決定した。
 2004年にもデンマークは、30万ドル相当の装備品と医薬品を提供した。
7月13日

・Indonesian govt denies birdflu toll Xinhua (新華社通信、中国) インドネシア政府は鳥フル死亡患者を否定
 インドネシア健康相の Siti Fadillah Supari は、Tangerang 町で父娘が鳥フルで死亡したことを否定した。
 二人とも死因は肺炎で、病原性細菌によるもので、病原性あるウイルスを示唆する事実はなかった、と発表された。
I・Poultry exports to Japan seen to resume soon ThePoultrySite.com (press release),  (英国) 日本への鶏輸出は間もなく再開出来る:フィリピン当局
 アヒルで鳥フルウイルスが検出されたフィリピン政府の畜産部門の長官、は1週間以内に日本への鶏輸出を再開したいと語った。当局は、鳥フルウイルスが検出されるとともに自発的輸出禁止措置をとったが、それは輸出相手国に対して信頼性を得たはずだ、と彼は語った。さらに、我々は十分対策をとることができたし、発病した家禽は1羽も見ていない(今回のフィリピンの事例は無症状のアヒルが輸出のための検査でウイルス感染が確認されただけで、実際に発病した家禽が見つかった事例ではない:訳者注)。ウイルスが見つかった農場から3キロ以内を隔離して、検査とモニターを行っている、と長官は付け加えた。
・World Health Organization Says BirdFlu Mutating, Poses Greater ... All Headline News (米国)  WHOは鳥フルが変異して重大な危機が生じる可能性があると警告
 WHOはアジアですでに50人以上の人々を死亡させている致死的鳥フルが、人から人へ感染する性格を帯びる事に重大な関心を抱いている。
 WHOスポークスマンの Peter Cordingley氏は、人人感染を起こしている決定的証拠は今のところないが、何例かの事例は限りなくそれを疑わせる、しかし我々はそれを事実として認識することは出来なかった、と語った。
 H5N1株は東南アジアのどこかで鶏から人へ感染が起こり、36人のベトナム人、12人のタイとカンボジアの人々を殺した。
 保健専門家は、豚が鳥と人のインフルエンザを同時に感染することを心配する。感染した豚の体内でウイルスが交わり、そこで人に容易に感染する株に変異して、人の間で大流行することを懸念している。
・2 Indonesians die from suspected birdflu Xinhua,(新華社通信、中国) インドネシアで2名鳥フル疑いで死亡
 西ジャワのTangerang町で、父親と小さな娘が鳥フル疑いで死亡した、と13日メディアが報道した。
 父親は12日午後死亡し、娘は9日に死亡した。症状は高熱と呼吸障害である。
 さらにもう一人の娘も同じ症状で現在濃厚治療中であるが、彼女が最初に発症したという。
・Bird sanctuaries to be monitored Hindu (インド) インド:鳥保護区での鳥フルモニターを開始
 渡り鳥を通じて致死的鳥フルウイルスがインドに拡大してくる危険性が出てきたため、環境・森林・家畜の各担当省は国内の野鳥保護区50カ所で監視体制を強める。中国青海省でウイルスH5N1に感染しているガンなどの水鳥がヒマラヤを越えて、インド、ビルマ、パキスタンに飛来して冬期間の6カ月間滞在するが、それら野鳥を中心にモニターする。
 国連機関のFAOは、野鳥の殺処分に反対して、監視体制とハイリスク地域の家禽へのワクチン接種を推奨した。
・Ministry bans the raising of free-range ducks Bangkok Post (タイ) アヒルの放し飼いが禁止される:タイ
タイ農業省と関係省庁は5地域で鳥フルが再燃したことを受けて、今年度末までアヒルの放し飼いを禁止した。
 当局はアヒルの放し飼いが鶏でのH5N1鳥フルの流行を引き起こしていると考えている。
 (ベトナムではアヒルの放し飼い、または飼育が地域によって禁止されており、ウイルスのキャリアとなったアヒル、さらには水鳥が鶏への感染を広げていると考えられている:訳者注)。

・Malaysia bans poultry from Philippines Viet Nam News Agency (VNA ベトナム国営通信) マレーシア、フィリピンからの家禽輸入を全面禁止
・Nam Dinh province prepares to vaccinate poultry stock against bird... Viet Nam News Agency (VNA:ベトナム国営通信) Nam Dinh省での家禽ワクチン接種準備整
 家禽に対するワクチンの試験的投与地域の2省の一方であるNam Dinh省では、1000人以上からなる特別機動部隊が編成された。同省における家禽は418万羽で、そのうち117万羽をアヒルが占めている。1880人以上のスタッフが直接ワクチン投与に携わるが、実行期間を3期に分けている。8月15〜30日、9月15〜30日、1月15〜30日。
メコンデルタ地域のAn Giang 省でもワクチン投与の予定である。(メコンデルタ地域は家禽での、特にアヒル、鳥フル流行多発地域)。
7月12日

・HK scientist says China blocking birdflu test kit Reuters AlertNet  (英国) 香港の研究者に対して中国当局は研究を妨害
 香港の研究者は彼が開発した鳥フル診断キットの認可を中国当局が妨害していると非難した。H5N1ウイルス研究の世界的第一人者のGuan Yi博士はロイター通信に、彼が開発の援助をした鳥フル迅速診断キットの登録を昨年12月から試みているが、中国当局は色々な理由でいまだ認めてくれないと言う。
 ”それが診断キットであれ、ワクチンであれ、そこにウイルスが存在していたとしても、中国政府は研究を妨害する。彼等は独占しようとするのだ。”、と博士は言うが、さらに中国家畜農作部は全てを支配下におこうとする、と付け加えた。
 彼等はいかなる競争も望まない。もし素晴らしいワクチンを作ったとしても、それは抹殺され中国には存在しないことになる、と博士は説明する。博士のチームは先日「Nature」に、H5N1ウイルスが中国青海湖の5種類の渡り鳥に感染していると警告する論文を掲載した。
 論文は、渡り鳥は南中国でウイルスに感染してきたのではないかと推定し、さらに彼等は南方に飛び立つことでインドへウイルスを運ぶ可能性があると警告した。そしてそれは世界的危機につながると説明した。
・Birdflu becomes endemic in Thailand: official Xinhua (中国) タイでの鳥フルは地域での流行性となっている。
 最近タイの中央で見つかった鳥フルは、地域での流行病となっていると当局は語った。
 H5N1ウイルスは タイ中央のSuphan Buri省でX線を使った定期的観察で検出された。
 当局者は人での感染例もなく、他への感染拡大もないから、人々が恐れる必要はないと語っている。疾病コントロール部では10日間同地区を観察続ける。
・New birdflu cases found in Thailand Duluth News Tribune (米国) タイで新規鳥フル発生
 タイは鳥フル撲滅宣言をだす直前に新たな感染例を確認した。
 報告によると、バンコクの北60マイルの Suphanburi省の村で鶏の感染が確認された。
 昨年も同地区で流行が確認されていたが、今回検出されたのは10羽の闘鶏であった。
  同様記事が米国の多くのウエブサイトで掲載
・No outbreak of birdflu in Bulacan, Governor De la Cruz assures ... Manila Bulletin (フィリピン) フィリピン:鳥フル発生は孤立的なもので他への拡大の可能性はない
 アヒルで鳥フルウイルスが検出されたBulacan省の長官は、事例は孤立しているもので、パニックになる必要はないと語った。
 その一方で省は鳥フル特別対策部隊(Provincial Avian Influenza Task Force)を組織して、感染拡大予防体制を敷いている。
・Birdflu vaccination programme to be launched in Tien Giang ... Viet Nam News Agency (vna), (ベトナム) ベトナムで鳥フルワクチンの試験的接種が8月から2省で開始
 ベトナム農業省は8月から南部の Tien Giang 省と北部の Nam Dinh 省で鶏の試験的ワクチン接種を開始すると発表。
・Philippines checks sanctuaries after birdflu case Malaysia Star (マレーシア) フィリピン政府、鳥フル発生を受けて自然保護区も調査へ
 アヒル3羽で弱毒性と思われる鳥フルウイルスを検出したため、渡り鳥からの感染の可能性もあるため、感染地域周辺の渡り鳥の生息地である自然保護区の鳥を調査していると発表。
7月11日

・Japanese scientists track birdflu strains Washington Times (米国) 日本の科学者は新規流行鳥フル株を分析中
 日本政府は、板東市養鶏場で見つかった鶏の鳥フルウイルスを科学者が同定した後、同養鶏場の8500羽の鶏を殺処分する予定。
 今回感染が確認された農場は、最近、低病原性鳥フルウイルス株が流行した農場が存在する、行動制限地域内にある。
 分離されたウイルスは現在分析中である。
 最初にウイルスが確認されたのは6月26日、茨城県の水海道市であった。それ以来、茨城県当局と他の関連機関は、感染確認農場から半径3マイル以内の農場における鶏の検査を行ってきた。その地域における鶏、卵、その他の関連産物の輸送は禁止された。
 他の5農場の鶏でウイルスに対する抗体が検出された。その事実は過去にその周辺の鶏がウイルスに感染したことを意味する。さらに一軒の養鶏場で同じ弱毒性株が7月1日に確認された。
 政府は今回確認された板東市の養鶏場の鶏が、いまだウイルスに感染しているのかを決定するために、高度な手法でウイルスを分離して調査する予定としている。
・New birdflu cases discovered in Thailand Xinhua (新華社通信、中国) タイで新規鳥フルが発生
 Suphanburi省の5地域で鳥フルの発生があり、450羽以上の鶏が殺処分されたと、当局者は語った。感染地域の半径10キロ以内での家禽の移動は禁止され、感染予防に必要な処置がとられている。
 明日、タイ政府は最後の流行がLopburi 省で起きてから90日間流行が無かったことから、撲滅宣言を出す予定だった。
・Killer birdflu virus erupts again in Thailand Reuters AlertNet (英国) 致死的鳥フルが突然タイに再現
 11日、タイ政府は致死的鳥インフルエンザが、撲滅キャンペーンにも関わらず、再現したことを発表した。Suphanburi省では以前に流行をみたが、その定期的チェックで3行政地区の5カ所で感染した家禽が見つかった。
 タイにおけるH5N1の家禽での感染が見つかったことは、国連機関がH5N1の除去がきわめて難しく、現在アジアに定着して風土病化したと警告していることが、再認識される。”感染した家禽は、免疫力がついてきているため長く生存するだろう”、と農業省家畜部門の責任者は語る。そして家禽の異常な死が、(今後)H5N1感染によりもたらされる可能性は低いことを示唆した。農家の人々へ感染してゆく可能性は低いと示唆した。”我々はいつも新規流行を阻止するために検査しなければならない”、と付け加えた。これまでタイで12人が死亡しているが、昨年10月からは一人も死亡していない。タイはH5N1ウイルスが流行する前まで世界で四番目のに鶏輸出国だった。
・Japan finds fresh case of birdflu Reuters AlertNet (英国) 日本で鳥フルの新規例
 先月末に東日本で鳥フルが発生した養鶏場近くの別な養鶏場で新たに流行が確認されたと、茨城県当局者は11日語った。先に発見された株と同じだろう、と当局者は説明している。彼の説明では、今回の流行事例は先の事例と、急激な家禽の死亡数が見られなかった等、共通点が多いとされる。
・Fresh cases of bird flu detected The Nation (タイ) タイで鳥フル流行が再燃
 Suphan Buri で家禽の鳥フル流行が確認され、さらに6地域でも発生が疑われている。タイでの鳥フル征圧宣言が砕け散った。詳細は現在調査中。
・Chinese rules stymie flu scientist The Scientist (国際) 中国政府、香港研究者を妨害
 7月7日にNatureに中国青海省で流行しているH5N1株の研究論文を発表した香港大学の代表的ウイルス学者のGuan Yi博士が、中国当局が自分の研究を妨害して止めさせようとしていると、「The Scientist」編集部に訴えた。
 論文発表直後に中国国営通信である新華社通信は、これら研究者の研究内容について非難の報道をしていた。
 5月31日に通知された新規則、すなわち死んだ家禽や家畜からの検体収集、保管、死んだ鳥からの血清の分析などが許可なしに行えないというものだが、通知はインターネットにより行われた。。
・Police stop sale, transport of poultry in Bulacan town INQ7 Interactive, Inc.,  (フィリピン) 鳥フル発生地域での家禽売買を警察が監視
 Bulacan省のCALUMPIT町で発生した鳥フルに対して警察は、発生農家かた3キロ以内の隔離地帯での家禽の売買や移動を監視している。省当局者は、そのような体制は検体の調査結果がでるまで少なくとも1週間は維持されると語っている。
7月10日

・Philippines duck farmers not worried about birdflu   MaldivesInfo (press release), (モルディブ政府) フィリピンのアヒル農場では鳥フル発生をそれほど心配していない
 フィリピンのアヒル農家達は最近初めて発生した鳥フルをそれほど心配していないと語っている。
 フィリピンではマニラの北のCalumpitで初の鳥フル感染ががアヒルで確認された。その後農場側が自発的に日本への輸出を禁止した。検体はオーストラリアに送られて、株が東南アジアで多くの犠牲者をだしている株と同じかどうか検査されている。
Deadly birdflu virus may spread in birds, endanger people ... Foster's Daily Democra (米国) 渡り鳥が鳥フルを世界的流行を引き起こす可能性:専門家達が警告
 中国における渡り鳥(水鳥)での鳥フル流行は、渡り鳥がインド、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパにウイルスを広げる可能性がある。世界的科学雑誌である「Nature」と「Science」で専門家達が警告を発した。鳥フルウイルスは人に対して危険なウイルスに変化する可能性が高い。
 中国西部でh5n1ウイルスに感染した渡り鳥が南方、そして中央アジアを越えてヨーロッパにも移動して、感染を広げる可能性が高い。鳥がどこに行くのか完全には誰も知らない。「Nature」で専門家は言う。
 一方「Science」で専門家は中国青海省で渡り鳥に感染を繰り広げているH5M1ウイルスは極めて毒性が高く、非常に危険なウイルスに変異していることを警告している。
 この世界的2科学雑誌がH5N1ウイルスの危険性に関する論文を7日掲載したのは、先週WHOが中国青海省を調査して、同地で渡り鳥5000羽以上が死亡している状況を確認して、中国当局にさらなる調査と対策を求めたことを受けての結果と考えられる。(7日の米国CNNと同じニュースソース)。
270 ducks culled in Calumpit; measures vs. birdflu planned Manila Times (フィリピン) 270羽のアヒルが殺処分:フィリピン
 先週、フィリピンで初めての鳥フルが確認された後、270羽のアヒルが殺処分された。
 Bulacan省農業局長Gloria Carilloは、The Manila Timesにアヒル270羽を殺処分し、二酸化炭素の入ったビニール袋に詰めた(ウイルスの拡散、または変異防止のため)、と語った。
 さらに同氏は感染確認農場から3キロ以内の地帯での鶏やアヒルの売買を禁止するために、警察の協力を求めている、と語った。
 当局は感染したウイルスはH5型ではあるが、H5N1ではなく人には無害であると強調している。
7月9日

・Fear of birdflu flies in from China Calcutta Telegraph (インド) 中国から鳥フルウイルスが伝搬されてくる恐れ
 インドはどうやら中国青海省で致死的ウイルスに感染した渡り鳥が、冬期間に飛来してくる到着地のようだ。科学者達の報告ではそのように推測されている。
 H5N1鳥フルウイルスは、感染した鳥から人に感染することが出来、東南アジアで過去1年間に54人死亡させている。”ウイルスの存在は世界的脅威だ”、と中国科学アカデミーのGeorge Gaoと彼の共同研究者は論文の中で語った。この2カ月間、科学者達は青海湖で千羽以上の感染した鳥、または死亡した鳥を発見してきた。
 科学者達の発表は、世界的科学雑誌にである、Science Natureに掲載されたが、中国からH5N1ウイルスを体内に保有した渡り鳥がアジアを越えて世界中に広がる可能性があることを警告している。全訳へ
・North Korea Has BirdFlu Under Control: UN official Radio Free Asia (米国) 国連:北朝鮮は鳥フルを制圧
 国連機関のFAOは、北朝鮮が北朝鮮が鳥フルを制圧したと発表した。
 ”北朝鮮は調査を続けてきており、我々が知る限り、我々にも、OIEにも何ら報告はない”、とFAOの鳥フル専門家の Hans Wagnerは語った。
 FAOは北朝鮮に鳥フル監視と調査に必要な様々な用具や材料、さらにはノウハウを教えた。
 FAOは北朝鮮での鳥フルはH7株によるもので、直接H5N1株とは関係してないと語った。
・HCM City introduces measures to prevent birdflu epidemic Viet Nam News Agency (ベトナム) ホーチミン市で新たなる鳥フル対策が導入
 ホーチミン市では10月から来年2月まで市の周辺隣接地域での水棲家禽の飼育をが禁止される。
・Bird-flu virus may endanger people Manila Times (フィリピン) 鳥フルウイルスは人に対して脅威的
 中国における渡り鳥(水鳥)での鳥フル流行は、渡り鳥がインド、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパにウイルスを広げる可能性がある。世界的科学雑誌である「Nature」と「Science」で専門家達が警告を発した。鳥フルウイルスは人に対して危険なウイルスに変化する可能性が高い。
 中国西部でh5n1ウイルスに感染した渡り鳥が南方、そして中央アジアを越えてヨーロッパにも移動して、感染を広げる可能性が高い。鳥がどこに行くのか完全には誰も知らない。「Nature」で専門家は言う。
 一方「Science」で専門家は中国青海省で渡り鳥に感染を繰り広げているH5M1ウイルスは極めて毒性が高く、非常に危険なウイルスに変異していることを警告している。
 この世界的2科学雑誌がH5N1ウイルスの危険性に関する論文を7日掲載したのは、先週WHOが中国青海省を調査して、同地で渡り鳥5000羽以上が死亡している状況を確認して、中国当局にさらなる調査と対策を求めたことを受けての結果と考えられる。
 以上は7日の米国CNN報道と同じ。
・Vietnam to Begin Testing VIRA 38 Against the BirdFlu Virus (H5N1) PharmaLive.com (press release), (米国) ベトナムで鳥フルウイルス(H5N1)に対するVIRA 38の臨床試験が始まる
 PRB製薬会社とリー製薬会社はベトナム動物衛生省がVIRA 38の動物用薬の家禽に対する臨床試験を開始すると発表。
 計画に関係する団体は、香港大学、香港プリンスウエールズ病院、およびタイのマヒドル大学である。
 VIRA 38は台湾でSARS治療に用いられて注目されたが、その後2004年にH5N1感染を阻止することが分かって、再度注目された。
 VIRA 38は元来、PRB が製造販売しているインフルエンザ治療・予防薬で店頭販売されているが、最近H5N1など多くの病原体に対して効果のある化合物を含んでいることが示された。
・Vietnam to test for birdflu virus Washington Times (米国) ベトナムで動物用鳥フル薬の臨床試験が始まる
 鳥フルに対する新しい動物用抗インフルエンザ薬であるVIRA 38の臨床試験を始めると、ベトナム政府が発表。
 VIRA 38は米国カリフォルニアの「PRB Pharmaceuticals of Irvine」が製造するもので、動物用インフルエンザ治療薬として店頭販売されるものである。ベトナムでのVIRA 38の試験計画は、政府の鳥フルに対する多角的戦略の一環であるが、PRB 社と香港でVRA 38の販売権を保有するリ社( Lee's Pharmaceuticals,)により8日に決定された。他に計画に参加するのは、香港大学とタイのマヒドル大学( Mahidol University)である。
 ”中国青海省での大量の野鳥の死と、H5N1の新型株発生の危険性は重大な関心事だ”、と PRB 社のCharles Hensley社長は語っている。
 彼によると、VIRA 38はウイルスをその増殖過程のいくつかのポイントで作用して、耐性獲得の可能性を減じると説明される。
・Nature's article on birdflu questioned Xinhua (新華社通信、中国国営通信) 「Nature」に掲載論文に疑問
 中国農業省家畜部長官のJia Youlingは、8日、Nature最新号に掲載されている鳥フル関連論文は、間違った結論を導いていると語った。
 汕頭大学と香港大学の研究者達によって書かれた論文は、中国北西部の青海省で流行を起こしたウイルスは、南中国から運ばれてきたと、彼等は青海省で得られたウイルス調査で結論している。
 論文著者の誰も青海省に検体の採取に行っていないし、青海湖の渡り鳥は西方からやってくるが、決して南方と東方の地域は通過しない。よって論文の結論は信頼性に欠ける。そのようにJia長官は語った。
 南中国では本年、鳥フルは流行していない、さらに著者らの研究室は生物学的安全実験室を持っていない(からウイルス検査は出来ないはずだ:著者注)。
 著者達は政府からこのようなウイルス研究を行うための許可を申請していなかった。
7月8日

・Philippines announces first case of birdflu - update  Monsters and Critics.com, (英国) フィリピンで初の鳥フル発生
 フィリピンのアヒル農場で鳥フル感染が確認されたが、当局は危険な株ではないだろうと言っている。
 農業大臣の Arthur Yap氏は鳥フルウイルスの”弱い株”が、マニラのすぐ北のBulacan省 Calumpit町の”放し飼い(backyard)農場」のアヒル3羽で確認された、と語った。
 アヒルは無症状であるが6月29日に香港へ輸出のための定期検査でウイルス感染が確認された。
 ”H5N1株を示唆するような状況はない”、と大臣は語った。”それは弱毒性株で、アヒルの健康状態は良く、死亡した鳥は1羽もいない。また我々は、人の健康に影響を及ぼすこともまず無いと考えている”、と彼は付け加えた。
 大臣は地域の鶏には異常は認められず、ウイルス検査でも陰性だった、と語った。
・Flu virus confirmed in migratory birds Monsters and Critics.com, (英国) 鳥フルウイルスが渡り鳥で確認
中国は致死的鳥フルウイルスが渡り鳥で初めて検出されたことを確認し、流行がたの地域へ拡大する恐れが出てきている。
 H5N1ウイルスの渡り鳥での確認は7日発行された国際的科学雑誌で発表された(Nature、Scuence)。
・Deadly birdflu virus may spread in birds, endanger people ... NapaNet Daily News (米国) 致死的ウイルスは鳥の間で広がり、我々に脅威的存在になりつつある
 中国における渡り鳥(水鳥)での鳥フル流行は、渡り鳥がインド、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパにウイルスを広げる可能性がある。世界的科学雑誌である「Nature」と「Science」で専門家達が警告を発した。鳥フルウイルスは人に対して危険なウイルスに変化する可能性が高い。
 中国西部でh5n1ウイルスに感染した渡り鳥が南方、そして中央アジアを越えてヨーロッパにも移動して、感染を広げる可能性が高い。鳥がどこに行くのか完全には誰も知らない。「Nature」で専門家は言う。
 一方「Science」で専門家は中国青海省で渡り鳥に感染を繰り広げているH5M1ウイルスは極めて毒性が高く、非常に危険なウイルスに変異していることを警告している。
 この世界的2科学雑誌がH5N1ウイルスの危険性に関する論文を7日掲載したのは、先週WHOが中国青海省を調査して、同地で渡り鳥5000羽以上が死亡している状況を確認して、中国当局にさらなる調査と対策を求めたことを受けての結果と考えられる。(昨日のCNNと同じ内容)。
・Migratory birds may carry flu Stuff.co.nz (ニュージーランド) 渡り鳥がインフルエンザを運ぶ
 鳥フルは今、長距離を移動する渡り鳥に感染し、致死的ウイルスがニュージーランドへ運ばれてくる可能性が出てきた。
 発見は、2研究者チームにより国際的科学雑誌であり、またライバル同士となっているScienceとNatureに7日掲載された。
 もしウイルスが中国とその周辺から世界に拡大したなら、世界の農家は数十億ドルの損害を被ると考えられる。
 インフルエンザA/H5N1(正式呼称)は、人に適合してきて世界的流行に発展する可能性もある。
 鳥フルは東南アジアですでに54人の犠牲者をだし、数百万羽の鳥の死、および殺処分をもたらしている。ウイルスは人の間で感染して広がっているのか分かっていないが、科学者達はウイルスが変異して人人感染を起こしてくる可能性があると警告している。
 これまでは農場や市場での鶏やアヒルが主に感染していたが、今、それが野鳥の間で感染が広がっているらしいことが分かった。中国では渡り鳥のガンが数千羽死亡している。少なくとも青海湖で4月30日以来、5000羽死亡している。青海湖はガンの休息地で繁殖地である。彼等はそこからヒマラヤを越えてインドへ渡る。それは9月から始まる。
 インドはウイルスを渡り鳥によりヨーロッパへ運ぶと考えられている地である。
 今回発表された科学的研究は、流行が(中国における)インド、ヨーロッパに短期間で拡大するかも知れないことを警告している。
 Massey Universityの疫学研究者の Roger Morrisは、ウイルスがニュージーランドにやってくる可能性は否定出来ないが、あまり考えられないと言っている。
Flu virus confirmed in migratory birds Washington Times (米国) 鳥フルウイルスが渡り鳥で検出
 中国は致死的鳥フルウイルスが渡り鳥で初めて検出されたことを確認し、流行がたの地域へ拡大する恐れが出てきている。
 H5N1ウイルスの渡り鳥での確認は7日発行された国際的科学雑誌で発表された(Nature、Scuence)。
・New International BirdFlu Strategy Takes Shape All American Patriots (スエーデン) 新鳥フル国際戦略が発表に
 ほとんどのアジアで発生している鳥フル感染人の例は、農場へのウイルスの暴露である。マレーシアのクアラルンプールで開かれたWHO、FAO、OIEによる国際会議で6日出された結論により、流行制圧のための行動が開始されなければならない。農家の家族達に対するH5N1ウイルスに暴露することの危険性の教育が、新戦略の中心考え方となっている。
 記者発表された文書によると、多くの家禽と豚を、鳥インフルエンザウイルスが豚へ感染してウイルスがさらに変異してゆくのを防止するために隔離して飼育すること、家禽の殺処分やワクチン接種に対する農家への補償問題も新戦略の中心にくみkまれている。
 FAOとOIEによる動物衛生を中心とした戦略には、1億ドルの費用が必要である。またWHOによる人への感染・予防対策には1億5千万ドルの予算を要する。 
7月7日

・UN experts, partners draw up $100-million plan to avert human bird... noticias.info (press release (スペイン)
 国連専門家と共同研究者は 鳥フルの人での流行阻止のために1億ドルの資金援助を要求

 資金援助なしでは発展途上国は鳥フル対策を立てることは不可能であると、FAOの長官は語っている。
・Birdflu medicine scarce in SE Asia DetNews.com (米国) 鳥フル治療薬は東南アジアで不足
  高致死的鳥インフルエンザが東アジアで流行していて、世界的に人の間で流行が起きる可能性が懸念されている一方、現在の感染地域では、人に対する治療薬が全く備蓄されていない。”もし我々の地で、人の間で流行が起きたとしたなら、我々は泣いて助けを求めるしかない。”、とジャカルタのSulianti Saroso Infectious Disease 病院のSantoso Soeroso医師は救いのない笑いを浮かべながら語る。”でも他に何ができる?”
 以下昨日のワシントンポストの記事と同じ。
・Asian BirdFlu Could Spread All Headline (国際) アジアの鳥フル流行拡大の危険性
 アジアの鳥フルは、渡り鳥が移動することで急速に拡大して世界的に驚異となると、専門家が警告している。
 渡り鳥はH5N1ウイルスを保持して、インド、オーストラリア、ニュージーランド、さらにヨーロッパに病気を運ぶ可能性がある。
 米国メンフィスの聖ユダ小児病院のウイルス研究者であるRobert G. Webster博士は、6日発行された「Nature」で、”鳥達は中央アジアそしてヨーロッパを越えてどんどん病気を広げる。どこまで広がるのかは誰も分からない。”、と言う。
 もう一つ発行された世界的科学雑誌のScienceでは、中国青海湖で流行している鳥フルのウイルスであるH5N1は、人における世界的流行を引き起こす可能性があると警告している。
・North Korea Claims BirdFlu is Wiped Out 580 CFRA Radio (カナダ) 北朝鮮、鳥フルは一掃されたと
 北朝鮮は初めて鳥フル流行に関してコメントを発表して、政府は鳥フルは除去されたと伝えた。
 鳥フル流行は3月に報告され、政府は数百羽の鳥から同一のウイルスが検出されたと報告した。(H7型:訳者注)。
 北朝鮮は流行で人が感染して死亡したのかどうかについては何も言ってない。
・BirdFlu Crisis Needs More Money, Quick Response - UN Planet Ark (米国) 鳥フル危機対策にさらなる資金が必要ー国連
 6日、世界的保健専門家達は鳥フルの世界的流行に対する計画を発表したが、その資金として今後2年間に2億5千万ドル必要であると報告した。
 本年12月まで資金提供国による会議がもたれる予定であるが、H5N1鳥フルが人の新型インフルエンザに移行するのを防止するために1億5千万ドルが必要とされる。それは今回マレーシアで開かれた会議の冒頭で、WHO、FAO、OIEの3機関により求められた動物での対策費1億ドルに上積みされる。
 ”もしこのコントロールが失敗して世界的流行に発展したなら、社会的、経済的、そして人の命の喪失は、2億5千万ドルという金額には比べようがないだろう。”、とWHO西太平洋地域事務所の尾身茂長官は記者会見で語った。
 ”これは非常に良い投資なのだ”、と尾身氏は語る。
 マレーシアでのWHO、FAO、そしてOIEによる国際会議が開かれた最終日、今後10年間における対策内容が書かれた厚い文書が配布された。
・UN Releases 'Blueprint' for Fight Against BirdFlu in Asia AXcess News (米国) アジアに対する鳥フル対策の青写真を国連が発表
 国連機関と家畜専門家は、アジアで流行中の鳥フルが人での流行に転じることを防ぐための青写真を6日発表した。
 対策は基本的に動物と人との隔離政策であり、動物と人との接触を最低限にすることが基本となっている。……
・UN experts, partners draw up $100-million plan to avert human bird... UN News Centre (国連) 国連専門家と協力機関は人での鳥フル流行対策に1億ドル計画を発表
 下記とニュースソースは同じ
・Plan to combat birdflu unveiled World Peace Herald, (米国) 鳥フル対策計画を国連機関が発表
 鳥に対するワクチン接種と、養鶏場従事者達に対する教育プログラムが鳥フル撲滅戦略の基本となる。マレーシアで開かれている国際会議で専門家達が語った。WHOは予算として1億5千万ドル予定している。
・Migrating geese could carry birdflu out of Asia Telegraph.co.uk (英国) 渡り鳥が鳥フルをアジアから世界へ伝搬する可能性
 中国の自然保護区でのガンや他の野鳥における鳥フル流行は、この危険なウイルスがアジアから世界中に拡散する可能性がある、と科学者達は警告している。
 少なくとも1000羽の野鳥が中国の自然保護区で死亡したと中国当局は発表したが、国連の専門家は死亡した鳥は5000羽以上に上ると言っている。
 WHOはウイルスが人に感染しやすい性状を帯びたなら、世界中で数百万人の人々が感染して死亡するだろうと警告してきた。
 最近の流行では、ベトナムで39人、タイとカンボジアで12人死亡している。
 これまで鳥インフルエンザは簡単に人へは感染しなかったが、インフルエンザウイルスは容易に変異するため、科学者達はこのウイルスがアジアを越えて世界的に、広がり人の間で流行することを懸念してきた。
 香港大学のYi Guan 氏と共同研究者は中国青海省で分離されたウイルスが、タイやベトナムで分離されているウイルスと遺伝子がほぼ同じであることを確認した。しかし遺伝子は明らかに少し変異している、と彼等は言う。
 ”この流行はヒマラヤを越えて南方に広がる可能性が高い。そして拡大抑止戦略を練る上で重要な情報を含んでいる”、と彼等は雑誌「Nature」で語った。
流行自体は放っておくと自然に終了するかも知れない、しかし青海省の巨大な数の渡り鳥は事態を重大な方向に導く、と彼等は語る。
 ”ウイルスはさらに他のキャリア(感染しても発病せずにウイルスだけを体内に保持している)となりうる鳥に、感染してゆくかも知れない。そしてそこから鶏や人へ致死的ウイルスとして感染を広げる可能性がある”。
 国連機関は昨日鳥インフルエンザはアジアに定着しえしまい。完全な排除には10年間は要するだろうと見通しを発表した。
Deadly BirdFlu Virus May Endanger People WRAL.com, (米国) 致死的鳥フルウイルスが危険な状態に
 
下記と同じ内容
・Deadly birdflu virus may endanger people Centre Daily Times (米国) 致死的鳥フルウイルスが危険な状態に
 下記と同内容。
・Scientists: Migratory birds could spread birdflu CNN  (米国) 渡り鳥が鳥フルを世界的流行を引き起こす可能性:専門家達が警告
 中国における渡り鳥(水鳥)での鳥フル流行は、渡り鳥がインド、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパにウイルスを広げる可能性がある。世界的科学雑誌である「Nature」と「Science」で専門家達が警告を発した。鳥フルウイルスは人に対して危険なウイルスに変化する可能性が高い。
 中国西部でh5n1ウイルスに感染した渡り鳥が南方、そして中央アジアを越えてヨーロッパにも移動して、感染を広げる可能性が高い。鳥がどこに行くのか完全には誰も知らない。「Nature」で専門家は言う。
 一方「Science」で専門家は中国青海省で渡り鳥に感染を繰り広げているH5M1ウイルスは極めて毒性が高く、非常に危険なウイルスに変異していることを警告している。
 この世界的2科学雑誌がH5N1ウイルスの危険性に関する論文を7日掲載したのは、先週WHOが中国青海省を調査して、同地で渡り鳥5000羽以上が死亡している状況を確認して、中国当局にさらなる調査と対策を求めたことを受けての結果と考えられる。
7月6日

・Countries Hit by BirdFlu Have Little Medicine to Treat Humans Washington Post 鳥フル流行国では人の治療薬が不足
 高致死的鳥インフルエンザが東アジアで流行していて、世界的に人の間で流行が起きる可能性が懸念されている一方、現在の感染地域では、人に対する治療薬が全く備蓄されていない。”もし我々の地で、人の間で流行が起きたとしたなら、我々は泣いて助けを求めるしかない。”、とジャカルタのSulianti Saroso Infectious Disease 病院のSantoso Soeroso医師は救いのない笑いを浮かべながら語る。”でも他に何ができる?”
 同医師は、彼の病院でインフルエンザ治療薬は8人分しか用意されていない、と語る。さらに他の地域の33の病院では、そこは鳥インフルエンザに罹患した患者が運ばれる指定病院であるが、平均してわずか2人の薬剤しか用意されていない。
 昨年初めに鳥フルが東南アジアで流行し始めてから、徐々に人での感染例も増えだして、WHOは世界的流行を懸念し始めている。
 鳥インフルエンザに効果的薬剤であるタミフルは一回の治療分で40ドルのコストがかかる。すなわち発展途上国では発注できない金額だ。当局者達は語る。
 ”仮に我々WHOの予算を全額注ぎ込んだとしても、これらの国に十分量のタミフルを与えることはできない”、と東アジアWHOと共に働いているインフルエンザ専門家のHitoshi Oshitani,氏は語る。
 反対にヨーロッパをはじめとする裕福な国々は、アジアを越えて流行が広がったときのために人口の半分を治療できるだけの薬の発注を始めている。全訳→
 ・Cambodia suffering deadly flu outbreak Myrtle Beach Sun News (米国) カンボジアで致死的インフルエンザ流行
  カンボジア厚生省は5日、病院が小児のインフルエンザ患者で溢れかえっているカンボジアで20歳男性が、やはりインフルエンザ疑いで死亡した。鳥インフルエンザの検査は施行中と。男性は地方の孤児院から13人の他の患者とインフルエンザ様症状で入院したが、全ての患者は発病前に鳥を食べたと言う。しかし厚生大臣のNuth Sokhomは鳥フルを推定することを拒否し、検査は施行中であると語った。症状は咳、咽頭痛、高熱でインフルエンザ様症状だ、と大臣は語った。
・Millions Needed for Global Plan to Halt BirdFlu Voice of America (米国) 鳥フル撲滅の国際的対策に数百万ドルが必要
 国連の保健機関は鳥フルがアジアで流行の拡大の様相を続け、その撲滅には10年間は要するとの見解を発表した。国連の3機関は、鳥フル拡大に対する世界的計画とそのための費用の要求を行った。
 国連計画はマレーシアで開かれている「鳥フルサミット」の2日目の5日に発表された。
 国連機関は、アジアの国は鳥フル対策に海外から110億円の緊急援助が必要であると説明している。
・BIRDFLU STILL OF CRITICAL CONCERN, NEEDS MORE INTERNATIONAL ... Harold Doan and Associates (press release), (米国) 鳥フルはいまだ重大局面を向かえたままであり、より国際的注意が必要
 アジアで流行している鳥インフルエンザは最悪のシナリオでは世界流行の可能性を秘めているが、感染地域と国際社会のさらなる関心が必要と、FAOは語っている。
 FAO高官のJoseph Domenech氏は、”ウイルス感染地である8カ国からウイルスは簡単には除去できないだろう”、とマレーシアのクアラルンプールで行われている「鳥フル対策にに関する会議}で語った。会議はWHO、FAO、OIEが共同して開いた。
 ”我々は最近ベトナムで行われたウイルス調査で、ウイルスの変異を認めなかったし、人への感染が広がっている可能性を示唆する根拠も見いだせなかった。すなわち現在流行危険レベルをあげる必要なないと言える”、と Domenech氏は言った。
 ”しかし、だからといって自己満足出来る理由はない。ウイルスは家禽と野鳥の間で感染を繰り広げているのだから、高度の監視態勢は必要である。多くの疑問が残っていて、より多くの調査と研究が必要とされている”、と同氏は付け加えた。
・UN agencies urge aid in birdflu fight philly.com (米国) 国連機関は鳥フル対策に緊急援助
 下記内容と同じ。多数の米国内報道に掲載。
・UN Agencies Urge Aid in BirdFlu Fight RedNova.com (米国) 国連機関は鳥フル対策に緊急援助
 鳥フル対策で苦難を強いられているアジア諸国は、鳥フル流行を食い止め、世界的流行に移行するのを阻止する対策に、1億2百万ドル緊急に必要としている。国連機関は5日語った。
 特にベトナムとインドネシア政府は健康監視システムの構築、家禽のワクチン接種、今後3年間に渡る獣医学専門家の養成のために予算を必要としている。FAOの獣医学責任者Joseph Domenech氏が語った。
 ”これは人での流行を防ぐための緊急的課題なのだ。”、とDomenech氏は鳥フル対策をテーマにした、3日間に渡る国際会議でレポーターに説明した。
・UN plan to stop birdflu needs 10 years, millions in funds CBC Saskatchewan (カナダ) 国連による鳥フル撲滅には10年、そして多額の資金が要する
 ”これは世界的危機だ。国際的に警戒感を抱き、警戒態勢の確立、そして初期対応が必要である”、とクアラルンプールでの国連会議でFAO代表は語った。
7月5日

・Birdflu could take 10 years to eradicate: UN Reuters.uk, (英国) 鳥フルウイルスの駆除には今後10年間は要する見通し:国連機関
 クアラルンプールで開催されている「鳥フル対策」に関する国連機関による国際会議で、国連機関は、東南アジアで流行中のだからとH5N1ウイルスを家禽、人、食肉から完全に除去するには10年間は要するだろうとの見通しを発表。今後3年間で対策費として1億ドルを要するだろうと3国連機関は語った(WHO、FAO、OIE)。
・UN agencies urge international donors to help Asia combat avian ... China Post (台湾) 国連組織はアジアの鳥フル対策に緊急援助を国際社会に訴える
 鳥フル対策で苦難を強いられているアジア諸国は、鳥フル流行を食い止め、世界的流行に移行するのを阻止する対策に、1億2百万ドル緊急に必要としている。国連機関は5日語った。
 特にベトナムとインドネシア政府は健康監視システムの構築、家禽のワクチン接種、今後3年間に渡る獣医学専門家の養成のために予算を必要としている。FAOの獣医学責任者Joseph Domenech氏が語った。
 ”これは人での流行を防ぐための緊急的課題なのだ。”、とDomenech氏は鳥フル対策をテーマにした、3日間に渡る国際会議でレポーターに説明した。
China ruins lifesaving drug Wilmington Morning Star (米国) 中国は貴重な薬を台無しにした(論説)
 中国の最近のリーダー達はやがて毛沢東以上に多くの人々を殺すことになるだろう。そしてそれは単に中国内だけではないだろう。新型の致死的鳥インフルエンザの治療に使えたはずの薬を中国は台無しにしたため、数千万人の世界中の人々が死ぬ可能性がある。この馬鹿げた自殺的行為は、普通に考えたら、中国のどん欲さと秘密主義のせいだろう。
 抗インフレンザ薬のアマンタジンを人の治療にとっておかないで、国際的ガイドラインに反して中国政府は農家に対して鶏に使うように指示した。
 中国政府は、もちろんそうした事実を否定する。彼等は少なくとも、普通の米国人政治家のように厚かましい嘘をつく。しかし獣医学者と製薬会社の幹部はワシントンポスト紙に秘密を漏らした。そして今、国連は調査中である。
 1990年代後半に中国政府は農家に鶏を鳥フルから守るために、アマンタジンを投与するように指示した。しかしそれは世界には教えなかった。さらにその事実は人々が鳥にしか感染しなかったウイルスで倒れはじめた2004年まで知らされなかった。
 何年間もアマンタジンをウイルス退治に使用続けた結果、鳥フルインフルエンザウイルスはアマンタジンに耐性の株へと変化した。唯一効果が期待される薬剤は1種類しかなく(タミフル:訳者注)、それは製造が複雑で高価である。
 鳥フルはすでに50人もの人々をアジアで殺した。もし最新のウイルス株が広がってゆくならば、世界は想像を超えた恐怖のどん底に陥る可能性が無くはない。
 これらアマンタジンを投与された中国の鶏が全て助かっていたということは、もちろん、良いニュースと考えてもいいのだろう、嫌みでは無く。
・20-year-old man the latest flu fatality in Cambodian outbreak ... China Post (台湾) カンボジアで流行のインフルエンザでの最新死者は20歳男性
 カンボジア厚生省は5日、病院が小児のインフルエンザ患者で溢れかえっているカンボジアで20歳男性が、やはりインフルエンザ疑いで死亡した。鳥インフルエンザの検査は施行中と。男性は地方の孤児院から13人の他の患者とインフルエンザ様症状で入院したが、全ての患者は発病前に鳥を食べたと言う。しかし厚生大臣のNuth Sokhomは鳥フルを推定することを拒否し、検査は施行中であると語った。症状は咳、咽頭痛、高熱でインフルエンザ様症状だ、と大臣は語った。
・Deadly birdflu dangers remain Washington Times (米国) 致死性鳥フルはいまだ危険
 昨日国連機関は、鳥フルはいまだ危険な状態が続いている、各国は人の間での流行に十分備えるように、との警告を「致死的疾患」に関する国連の会議の席上で発した。
 鳥フルウイルスは容易に人に感染するように変異は遂げていないが、世界的流行を引き起こす危険性は減じてはいない、とWHO西太平洋地域事務所の尾見茂局長は語った。”ウイルスは不安定で、その変化は予知できなく、今後どのような経過をたどるかは予測できない、これまでの流行様式の変化から考えると、我々は今後常に警戒態勢を続けて、予期せぬ変化を早期に検出しなければならない”、と彼は3日間の会議の開会挨拶で語った。 
 H5N1ウイルスはすでに環境に定着してしまい、地域を越えた発生が続いている。それはすでに100人以上の感染者を出し、半数以上が死亡している。そのように尾身長官は語った。
 さらに尾身長官はウイルスは先月中国に再来し、そこで渡り鳥を6000羽を殺し、またインドネシアでは最初の人の感染例が報告された、と語った。さらに、ベトナムでの感染者は昨年の約2倍となっていて、我々の見解ではベトナムでは鳥フルは慢性的に流行している、と付け加えた。
 世界的流行の危険性はあるものの、尾身博士はいまだ流行を抑制するための態勢を整える時間はあると言う。”しかし、各国は最悪の事態に備えなければならない。これは各国が態勢作りの速度を上げなければならないことを意味している”
 WHO、FAO、そしてOIEの代表は各国政府に、疾患との闘いに向けてもっと資金援助をするように求めた。
 ”動物での大流行や人での流行が発生した場合に失う経済的損失に比較すると、家畜衛生サービスを強化するための費用は微々たるものだ”、とOIEのアジア代表であるTeruhide Fujita氏は語った。
 人での鳥フル感染死は増え続けており、保健専門家の間ではウイルスが変異して、簡単に人の間で感染を繰り返すようになり、世界的大流行が発生することが懸念されている。
 2003年度に始まった流行以来、これまでベトナムで39人、タイで12人、カンボジアで4人、合計で55人が死亡した。
・World Briefings New York Times (米国) 世界ニュース (ニューヨークタイムズ)
 
マレーシア発:鳥フル流行に対する重大な警告
 国連の保健専門家はマレーシアで開かれている国際会議で、鳥フルが世界的流行に転じる前に対策を立てるチャンスは、だんだん少なくなってきたと警告を発した。”我々は岐路に立たされてる。我々は状況を逆転させることができるが、さもないと事態は手の届かぬところに移動してしまう。”、とWHOの地域事務所長官の尾見茂博士は語った。
 昨年は44人が感染、今年はすでに64人の感染が報告されている。尾見氏によると50人以上の人が死亡し、1億4千羽以上の鳥がこれまで死亡していると言う。
・Health Experts at BirdFlu Summit Call for Urgent Measures Chosun Ilbo (朝鮮日報 韓国) 「鳥フルサミット」参加専門家達は緊急対策を要求
 4日国際会議に参加した保健、動物専門家達は、強毒性の鳥フルウイルスの拡大を阻止するために大量のワクチンをアジアの家禽に投与することを求めた。
 会議はマレーシアのクアラルンプールで国連により3日間の予定で開催された。
 WHOによると、人、豚、鶏、アヒルが農場周囲で濃厚に混じあっている小規模の農家に焦点を合わせる必要があるとされる。
 WHO西太平洋地域事務所のスポークスマンであるPeter Cordingley氏は、伝統的家禽売買市場も改革する必要があるという。”そこには野生動物が持ちこまれ、その場で処分され、腸やその他の臓器が床に放置されている。以前は伝統的にそれは文化として受け入れるべきと私は考えていたが、最近、このように危険な流行病が発生しているのが分かると、こうした状況はもはや適切とは思われない。”、と彼は言った。
 保健専門家はこのような状況は鳥インフルエンザウイルスと人インフルエンザウイルスが混じり合って、より人に感染しやすい株に変異する危険性が高いと言う。
 保健専門家達はウイルスは予知できない変化を遂げるという。たとえば、東南アジアではアヒルがH5N1ウイルスに感染しても無症状で、しかしウイルスを排出して、たぶん鶏に感染させている。しかし他方で中国青海省では6000羽の渡り鳥が突然H5N1ウイルスによる鳥フルで死亡した。野鳥類は通常ウイルスが感染しても発病せず、アヒルのように単にウイルスを運ぶ役割を持っていたに過ぎなかったはずだ。
 Peter Cordingley氏は、これは非常に戸惑いを覚える事実だ、と言う。”いったい何が起きているのか?異なったウイルスが存在するのか?一種類は中国で他方は東南アジア?これは謎だ。”、と同氏は語る。
 WHOはベトナムで先日専門家によるウイルスの調査を行ったが、得られた事実はH5N1ウイルスが世界的に流行するまで、まだ時間的余裕があることを示唆した。しかしながら、だからと言って事態が変わったわけではなく、世界的流行はいつ起きても不思議ではない状態は続いていると、Cordingley氏は警告した。
 会議に集まった国連の保健専門家達は、各国政府にウイルス拡大阻止のための資金と各種資源の提供を求めている。
・OIE:Avian influenza crisis in Asia(animal health issues need more attention) F.I.C.(中国:鳥インフルエンザ情報のホームページ) OIE:アジアにおける鳥インフルエンザ危機
 ベトナム政府に依頼されてH5N1ウイルスを調査した国際的研究者チームは、ベトナムで流行しているウイルスには変異の兆候はなく、また人の間に広く広まっているという証拠はないという結論を出したが、ウイルスは今も鳥の間で広く感染を続けている。
 マレーシアで3日間開かれている「鳥フル対策」の国連会議で、OIEは動物たちからウイルスを排除する必要があることは今も変わりはないと、声明を出した。田舎における動物からウイルスを排除するためのなお一層の努力が必要であると語った。
・Doctors call for money to fight spread of birdflu The Observer (英国) 医師達は鳥フル流行対策のために資金を要求
 現在ウイルスは以前考えられていたよりも力を付けてきている。そのため対策費用はさらに必要になってきた。
 WHOのスポークスマンは鳥フル対策には金が必要だと言う。 昨年1億ドルが流行阻止の対策費用として上げられ、各国が援助する予定になっていたが、現在その3割程度しか集まっていない、と言う。この会議の間、専門家達は現在金銭的援助がどの程度必要なのかを説明して歩きたい、と語った。
・Birdflu widens its wingspan Ninemsn (オーストラリア) 鳥フル危険性を増す
 鳥インフルエンザウイルスが、突然大流行に発展する可能性がある故、人への拡大を予防するために家禽での大量のワクチン接種が求められる。マレーシアで開かれている3日間の国連会議で保健、動物専門家が語った。
・Scientists warn of birdflu pandemic Monsters and Critics.com, (英国) 科学者達は(人の間での)鳥フル流行を警告する
 マレーシアで4日開催された国連会議で専門家達は、鳥フルが世界的流行を起こす前に対策を急ぐことを強調し、そのためには巨額の資金援助が必要であると語った。
・Birdflu pandemic 'inevitable' without investment Politics.co.uk (英国) 鳥フル流行は対策費用の用意なしには発生が避けられない
 東南アジア諸国が鳥フル拡大防止対策をとるためには、裕福な国からの資金援助が必要である。マレーシアで開かれている「鳥インフルエンザに関する国際会議」で専門家達は語っている。鳥インフルエエンザが世界的に流行したとき、その致死性には関しては分からない。しかし我々は非常に高いと予測している。WHOの地域事務所のスポ−クスマンはそう警告した。
・WHO Sounds Alarm over BirdFlu Progress in Asia Daily News Central (米国) WHOはアジアにおける鳥フル進展に警戒声明
 専門家達はウイルスについて統一された見解は得られていないが、WHOは4日世界各国に対して最悪の事態を想定して態勢を整えるよう警告した。
・Birdflu at critical point, warns expert The Standard (香港) 鳥フルは危険な局面を迎えている:専門家達が警告
 3日間の鳥フル対策に関する会議がクアラルンプールで開催された。アジアにおける鳥フル流行はいつ人での流行に転じるか予測できない危険な局面を迎えている。対策として大量の鳥達に対するワクチン接種が提唱された。またWHO日太平洋地域事務所長官の尾見茂氏と他の専門家達は、中国に対して青海省での調査をもっと詳細に行うよう要求した。
 中国側はそのような検査を行いたいが国際的協力が必要であると言った。
 専門家達は青海省でのガンやカモメなどの渡り鳥は、この夏に南方へ飛び立ってゆくがそれからウイルスを拡散する可能性があると警告する。地域としてはインドやパキスタンが想定される。さらにもう一つの中国に対する関心事は中国農家によるアマンタジンの使用である。その使用は人間の治療に用いるとき効果を落とす可能性が高い。FAOの高官が会議で語った。
・WHO suggests immediate actions to curb spread of birdflu Xinhua, China (新華社通信、中国国営) 鳥フル拡大を防ぐために早急な対策を!
 月曜日から始まったクアラルンプールでの国連主催会議、「アジアにおける家畜飼育、市場、および動物たちとの共生におけるリスク低減対策」での開催挨拶で、WHO西太平洋地域事務所長の尾見茂氏は、”H5N1ウイルスはすでに環境に定着してしまっていて、広くアジアの中で、人だけでなく、渡り鳥、家禽、ガン、豚、猫そして虎などで地域的流行を繰り返している、と語った。
 尾身氏はさらに、国際社会と感染地域の政府は早急に精力的、包括的に3領域で対策を講じるべきである。着手するのは今で、まだ遅すぎはしない、と語った。
 1)感染地域の政府は人と動物から得られる検体を国際的研究機関に提供すべきである。
 2)FAOとOIEの基本的考え方である、殺処分を含む広範なウイルス撲滅戦略の一環としての家禽に対するワクチン接種をWHOは支持する。
 3)人間に対するH5N1の脅威は、単に公衆衛生の前面だけで解決は出来なく、人と動物の世界の環境における関係、そして我々の食卓に供されるまでの動物管理、売買、調理における危険な方法の変更など、も関与している。
・Further warnings of birdflu pandemic Age (subscription),  (オーストラリア) 鳥フル世界的流行に対するさらなる警告
 保健、動物専門家達は、鳥フルの(人での)世界的流行を防ぐために、大量の家禽へのワクチン接種が必要であると声明を発表。声明はマレーシアで4日から3日間開催される鳥フルに対する国連会議の冒頭で出された。
7月4日

・UN urges to prevent birdflu from spreading Xinhua, (新華社通信、中国国営通信) 国連、鳥フル拡大の早急なる阻止が必要と
 鳥フルが人の間で世界的に流行するのを防ぐことを目的に、4日国連主催の会議が開かれた。
 ”最近のウイルスの状態を見ると、かってないほどウイルスは性状が不安定で、その変化の予知は難しく、どのような変化でも可能な状態だ”、とWHO西太平洋地域事務所長官の尾身茂博士は3日間の会議の開会挨拶で語った。”今日のウイルスの流行状況を見る限り、我々はいつ起きるか分からない大流行を絶えず警戒する必要がある”、と付け加えた。
Birdflu at tipping point, Asia needs mass vaccination of poultry ... Canada.com (カナダ) 鳥フル流行は予断が許せない。家禽に対する大量のワクチン接種が必要、と専門家は語る ――クアラルンプールでの国際会議
・Asia's birdflu outbreak said at critical stage Globe and Mail, (カナダ)アジアの鳥フルは危機的段階にあると言える
 アジアの鳥インフルエンザは、簡単に人の間での流行を起こす可能性がある危機的段階に入った。当局は家禽に対する大量のワクチン接種により、鳥フル拡大を防ぐように農家に協力すべきである。国連の健康専門家は4日そのように語った。
 WHOの尾身茂博士は、鳥フルに関する国連主催の三日間の会議の開幕で、鳥フルウイルスは地域に完全に定着してしまって、さらに大流行の構えができているようだ、と挨拶した。

・Asia needs $100 mln to fight birdflu - UN experts Reuters.uk (英国) アジアの鳥フル対策に1億ドルが必要、国連専門家が語る
 今後3年間、アジアでの鳥インフルエンザ対策には1億ドル必要とされるが、いまだその1/3程度しか約束されていない。保健、家畜専門家達が、クアラルンプールの会議で語った。
 必要な予算は慢性的なベトナムの家禽における鳥インフルエンザの流行対策、中国農家が抗インフルエンザ薬を乱用することの阻止、そしてH5N1ウイルスのキャリアー化を促進するアヒルでのワクチン接種の禁止などに要すると説明されている。
 ”アジアにおける鳥フルの脅威はいまだ続いている。いくつかのメディアは(人における)流行の危険性は減じたと、間違った報道をしているが、そんなことはない”、とWHO西太平洋地域事務所の尾身茂長官は語った。
・China not transparent enough on birdflu action - UN Forbes (国際) 中国当局は情報をもっとオープンにすべき−国連
 中国で農家がアマンタジンを鶏に使用していた可能性は非常に重大な問題だ。しかし状況は未だ不透明である。中国は最近の情報を公開すべきである。3日間クアラルンプールで行われる「鳥インフルエンザ」の関する会議で、FAOは中国に抗議した。
Health experts meet in Malaysia to discuss spread of birdflu TODAYonline, (シンガポール) マレーシアで専門家会議
 今日から3日間に渡ってマレーシアの首都で、鳥インフルエンザの動物から人への防止について話合われる。WHO、FAO、IOEの代表を含む60カ国の代表者からなる。
7月3日


・Experts to hammer out birdflu strategy amid fears of global ... China Post (台湾)鳥フルの世界的流行危機に対して専門家達は鳥フル対策の戦略会議を開く
 4日からマレーシアのクアラルンプールで、保健、食料、動物、各3分野の専門家が集まって、鳥インフルエンザ拡大阻止に対する戦略会議を開く。
 ”ウイルスはいまだ人人感染を容易に起こすほど変化はしていない。対策を立てる時間はある”、と3日間の会議を提唱した国連の3機関は、3日に共同声明をだした。人と家禽産物の関係、家禽産物の流通、食用動物の市場など、がテーマとなる。
 3機関;FAO(国連食糧農業機関)、WHO(世界保健機関)、OIE(世界動物衛生機関)

・Officials: Drug stockpile too low to battle birdflu Indianapolis Star 米国 米国:タミフル備蓄量が少ないことを懸念
 米国政府は鳥フルに対して効果的薬剤として知られるタミフルを十分な量備蓄していないが、現在製薬会社とさらに発注することで”激しい議論”を行っていると、30日、政府健康当局者は言った。
 備蓄タミフル量は230万人分しかない。さらに200万人分追加発注中である。それでも人口の2%分に過ぎない。WHOは人口の1/4分が必要と言っている。
 WHOのガイドラインに従うならば、6200万分のタミフルが米国では必要となる。
 ロッシュ社によると、英国、フィンランド、ノルエー、そしてニュージーランドが人口の20〜40%分のタミフルを発注しているという。
7月2日

・Chinese government still hedges on avian flu Baltimore Sun (米国) 中国政府は鳥フルについて相変わらず口を濁す
 光景は2003年の初め、丁度世界がSARS勃発を知る直前の頃を思い出させた。北京市の真ん中の小さな部屋で、今週、多くの報道陣がWHOの専門家に中国で起きている新しい健康危機について尋ねた。
 問題は中国の遙か西方の地で発生した、渡り鳥5000羽以上を死亡させた鳥インフルエンザに対する中国政府の反応についてであった:WHOへの報告の数週間の遅れ、死亡した鳥からの検体のWHOへの提供の遅れ、感染地域での人々に対する検査不足、そして問題の報道管制。
 それらは専門家達に、前回のSARS流行当初、中国政府が何ヶ月も隠していたために、ウイルスが拡大して国際的脅威を引き起こしたことを思い出させる。
 中国政府は事態が深刻であることは十分知っている、とWHOの北京代表のHenk Bekedam氏は今週の記者会見の後に語っている。
 それでもなお中国政府は完全にWHOと協調することをしぶる。当局は十分な情報を提供しないし、したとしてもかなり遅れてからである。
 ”公的に情報は得られる。でもそれは結論部分だけだったり、情報の由来が不明であったり、聞く者の側が情報の全体を自分たちがどれだけ把握しているのかどうか懐疑的になる”、とSARS流行の際、南中国に調査に入ったウエールズの疫学専門家であるMeirion Evans,氏は語っている。
 中国は明らかに情報をコントロールしようとしている。中国政府は家禽農場で鳥インフルエンザが発生したことで、家禽産業が損害を被るのを恐れているのかも知れない。さらに人での感染例が発生したなら、経済全体により悪い影響を与える可能性がある。
 
中国では情報は政府からしか得られない。外国人ジャーナリストや専門家は自由に感染地域へ旅行することは許されていない。国内報道機関が中国内における鳥インフルエンザに関して情報を掲載するとき、希に「The official New China News Service」によって記事を差し替えられ事がある。
 情報量不足は世界の保健専門家達が、信頼性の乏しいインターネット情報に頼る結果となる。最も広く流布しているこの種の情報は、米国にサーバーがある中国語でのサイトから発信されているものだ。青海省では人々も感染しているという。
 Henk Bekedam氏は中国政府は人の感染例はないと断言したと言い、彼はそれを信じると言う。また人での検査結果が陽性に出た場合、中国当局がWHOに報告するであろうことも信じる、と言った。…
全訳
・Despite positive news, birdflu pandemic alert remains unchanged ... TODAYonline (シンガポール) WHO調査団の明るいニュースに関わらず、警報レベルは変わらず
 ベトナムでWHO調査団がウイルスに変化が認められず、人人感染が起きている可能性は低いという発表をしたにも関わらず、(人での)流行の危険性には変わりはないと、WHOのマニラ事務所のスポークスマンはAFPに語った。
 同スポークスマンは、今週ベトナムでのWHO編成国際調査チームから出された明るい結論は、各国政府に楽天的に事態を捉えされるべきではないと語っている。警戒態勢は下げるべきではないと語った。
 我々の評価は事態は以前と変わらない、それはベトナムだけでなく、その周辺国全てである、と同氏は説明する。
 ”明るいニュースの解釈は、我々が2,3週前に抱いていた危惧に関して立証されなかったということだ”、と同氏は説明し、警戒態勢には何ら変わりはないことを強調した。

・BirdFlu in Qinghai Under Control CRI, (中国) 中国農業省:青海省における鳥フル流行は”制御されている(抑えられている)
 本日の新華社通信と同様内容を簡潔に掲載
・China raises toll from birdflu at sanctuary to more than 6,000 TODAYonline (シンガポール) 中国当局、青海湖での死亡鳥の数を6000羽以上と(訂正)
 中国当局は青海湖での渡り鳥の死亡数を先の発表の5000羽から6000羽以上に増やした(訂正した:訳者注)。
 青海省での流行は5月に初めて報告された。当初当局は178羽の死亡を伝えた。それ以来当局の発表による死亡鳥の数は着実に増加してきた。
 国連の専門家達は今週初め青海湖で発生している鳥インフルエンザは当初考えられていた以上に致死的であると警告した。また彼等は渡り鳥が他の地域にウイルスを拡大させる前に、鳥達の緊急に検査を行うように中国側に求めた(5羽の鳥しかウイルス検査を行っていなかった:訳者注)。
 この要求に明らかに応じて中国農業省は1日新華社通信を通じて、鳥達から検体を採取して検査を施行中であると語った。農業省は”結果がでたら可能な限り早急”に、適切な国際的機関に報告すると語った。
・Birdflu outbreak in Qinghai "under control": spokesman Xinhua (新華社通信:中国国営通信) 中国農業省:青海省における鳥フル流行は”制御されている(抑えられている)
 7月1日、中国農業省スポークスマンは、中国西北部青海省での鳥インフルエンザ流行は、”制御下にある”、と伝えた。スポークスマンのJia Youling氏、農業省家畜部局長でもある、は死亡する渡り鳥は6月8日以来日に20羽前後となっていると言った。
 5月4日に流行発生が報告されて以来、今日まで6000羽以上の渡り鳥が死亡した。
 Jia 氏は、同省は最新の状況を適切な国際的機関(WHO、FAOのことを意味していると思われる:訳者注)に報告した、と語った。
 中国国内のあらゆるレベルの行政組織は、鳥フルの予防と対策が重要なる問題と考えている、そして関係機関は流行の予防のために多くの対策をとっている。鳥フル発生が青海省で報告されて以来、地方行政府は流行が拡大するのを阻止するために多くの対策をとってきた。またこれまで(野鳥以外の:訳者注)家禽も人も感染していない。Jia Youling氏はそのように語った。
 農業省は、青海省で死亡した鳥から得たウイルスの調査と検査を行っている。その結果は適切な国際機関(WHO他:訳者注)に出来るだけ早急に報告される予定である。Jia Youling氏はそのように語った。
 昨年鳥フル発生が報告されて以来、中国はWHOに分離ウイルス5株を提供した。
 Jia Youling氏はさらに、中国農業省は国際的機関との密な共同作業を望んでいるし、国際的専門家が中国の研究所で研究することは歓迎する、とも語った。
 WHOは中国に青海省の鳥のいくらかについて、どの種がウイルスニ感染しているのか知るために、検査するように求めた。
 毎年、189種類の渡り鳥集団が青海湖にやってきて、南方と西方に去るまで、青海湖は観光客の魅力的地域となっている。
 5月下旬に1000羽以上の、ガンとカモメを含む野鳥が青海省でH5N1鳥フルウイルスで死亡した。
 多くの報告によると、アジアでは本年度少なくとも54人の人々が感染した鳥に接触して死亡している。
7月1日

・Are we prepared if avian flu hits? Kansas City Star (米国) もし鳥フルが流行した場合、我々は備えが大丈夫?
 公衆衛生専門家達の研究によると、鳥フルが流行した場合ミズーリ州とカンサス州で16000人が死亡するとされる。「 Trust for America’s Health」の報告によると、200万人が感染し、そして7万人が両州で入院する可能性がある。報告によると感染した人々の8%が鳥フルに効果的と言われる薬剤であるタミフルで治療され必要がある。それには十分の薬は用意されていない。
 「Trust」の数は、すなわち国全体での死亡者数は50万人とされているが、少なく評価している政府のモデルと一致してない。さらに100万人以上の死者数をあげる専門家もいるが、全ての評価を否定する専門家もいる。
 ブッシュ政権は国と州の鳥フル対策費から1億3千万ドルの予算を削減する提案をした。
 これは非常に悪い時期の提案だ。ワシントン州保健局長は語る。
 問題は、政府が鳥フル流行への備えをしているかなのだ。
 政府は行動が遅すぎて、国民を無謀なまでに危険に晒している。「Trust」長官はそう言う。
 タミフルは十分用意されていない。
 しかしそれはHoffmann-La Roche Incでのみ製造されているのだ。

   (中間部分省略:訳者)
・Japan finds second case of weaker bird-flu strain Reuters AlertNet (英国) 日本、2例目のH5N2ウイルス検出事例
 今週初め報告された養鶏場近くの養鶏場の鶏でH5N2ウイルスが検出されたと茨城県当局は発表した。
・Drug shortage worries officials Washington Times 米国:タミフル備蓄量が少ないことを懸念
 米国政府は鳥フルに対して効果的薬剤として知られるタミフルを十分な量備蓄していないが、現在製薬会社とさらに発注することで”激しい議論”を行っていると、30日、政府健康当局者は言った。
 備蓄タミフル量は230万人分しかない。さらに200万人分追加発注中である。それでも人口の2%分に過ぎない。WHOは人口の1/4分が必要と言っている。
 WHOのガイドラインに従うならば、6200万分のタミフルが米国では必要となる。
 ロッシュ社によると、英国、フィンランド、ノルエー、そしてニュージーランドが人口の20〜40%分のタミフルを発注しているという。

・WHO says pandemic risk unchanged; fatal H5N1 case reported in ... CIDRAP (米国) WHO、鳥フルの流行危険性レベルに変化なしと
 WHOは30日、WHO調査の結果、H5N1ウイルスがより人に感染性を強めているという根拠は得られなかったが、流行警戒レベルは同じであると言った。WHOが警戒度を下げたといういくつかの報告が出回っているが、それは根も葉もない事であるとも付け加えた。
・UN Health Agency Maintains BirdFlu Alert Level Scoop.co.nz (ニュージーランド) WHO、鳥フル警戒レベルには変化なしと
 WHO編成による調査チームが、ベトナムでウイルスが変化して人人感染を起こしやすくなっているという根拠は得られなかったが、WHOは本日流行警戒レベルには変化はないと発表した。
・WHO Team Says BirdFlu in Humans Not Widespread 米国大使館 WHOチーム、鳥フルは人で拡大していないと声明
 国際的研究者達の間では、致死的H5N1鳥フルウイルスが人に適合して、人人感染を起こしている疑いを抱いていた。
 WHOは組織した国際的チームによる研究結果から、WHOの表現を借りると、安堵できる結果を得たが、鳥インフルエンザが新型インフルエンザとして世界的に流行する危険性に対して、警戒度を弱めるほどの十分な理由が得られたわけではないと、昨日声明を発表した。
 声明は、WHOの研究者チームが警戒レベルを下げるように推奨したという間違った報告が、一般的に出回っていることから出された。
 6月30日、ジュネーブのWHO本部は、さらに精巧な方法で完全なる研究が行われる必要があると言っている。
 大多数の患者は鳥との直接的接触で感染しているが、専門家はH5N1ウイルスが変異して人人感染を生じる可能性を危惧している。
 このウイルス感染症の世界的流行の危険性に関するさらなる情報は、米国CDCとWHOのサイトで知ることができる。
 以下WHO声明文を掲載(訳者注)

・WHO calms fears of birdflu virus mutation Metro Toronto (カナダ) WHOは鳥フルウイルス変異の危険性は低いと発表
 下記と同じ
・WHO calms fears of birdflu virus mutation Swissinfo (スイス) WHOは鳥フルウイルス変異の危険性は低いと発表
 下記と同じ。
・No sign of birdflu mutation yet MSNBC (米国) 鳥フルウイルス、いまのところ変異の兆しは無い
 下記ロイター通信と同じ内容。
・WHO calms fears of birdflu virus mutation Reuters (国際) WHOは鳥フルウイルス変異の危険性は低いと発表
 30日、WHOはベトナムのウイルス検査によって、ウイルスが変異して人の間で容易に感染する可能性はないことが分かった、と発表した。
 5月にWHOはベトナムでウイルスが変異して、人に感染しやすくなっている可能性があると警告した。このような変異は世界的流行を引き起こし、数百万人の人々を死亡させる可能性をはらんでいる。
 しかしジュネーブのWHO本部は、30日、国際的研究者チームによる検査室および疫学的調査で、そのような危険性は現在のところ無いと発表した。
 ”今回得られた結果は極めて安堵させられるものであるが、さらなる臨床材料での検査がこの2,3週間、米国、英国、および日本の研究室で行われる”、とWHOは声明の中で言った。

・Officials: Gov't needs more Tamiflu KTSP.com, (米国) 政府は備蓄タミフル量を増やすべき
 下記CNNと同じ内容
・Government short on birdflu drug CNN (米国) 米国:政府の鳥フル対策用薬の備蓄量は少なすぎる
 
米国政府は鳥フルに対して効果的薬剤として知られるタミフルを十分な量備蓄していないが、現在製薬会社とさらに発注することで”激しい議論”を行っていると、30日、当局者は言った。
 備蓄タミフル量は230万人分しかない。さらに200万人分追加発注中である。それでも人口の2%分に過ぎない。WHOは人口の1/4分が必要と言っている。
 WHOのガイドラインに従うならば、6200万分のタミフルが米国では必要となる。
 ロッシュ社によると、英国、フィンランド、ノルエー、そしてニュージーランドが人口の20〜40%分のタミフルを発注しているという。
TOP