海外報道意訳集
随時更新中
6月30日

・ベトナムの状況−WHO WHO 
 WHOが編成した国際チームはベトナムでの1週間の調査研究を今週水曜日に終えて、予備的見解をベトナム政府に渡した。チームは、ウイルスが人の間に感染しだしているという証拠は検査結果の上では見いだせなかった。そうした理由で、2004年にWHOから発令された警戒レベルは、そのまま維持することになった。 詳細
・Birdflu epidemic in Qinghai causes no human, poultry deaths People's Daily Online (人民日報:中国) 青海省での鳥フルは人および家禽での死亡は発生せず
 下記新華社通信と基本的に同じ内容。しかし原稿は異なる。流行は野鳥では発生したが、即ワクチン投与したおかげで200万羽の家禽には感染しなかったことと、人での感染も生じていないことを強調。
・NW China birdflu causes no human, poultry death Xinhua (新華社通信:中国国営通信) 青海省では人および家禽の死亡は見られていない
 青海省で5月初旬に発生した鳥インフルエンザに対して、継続的に予防対策と家禽に対するワクチン接種を行った結果、29日の報告では人の死亡がゼロという結果で報われた。(The persistent efforts in prevention and vaccination against the bird flu outbreak in northwest China's Qinghai Province early May are rewarded with a report of zero human death on Wednesday. )
 ”300万羽用のワクチンの供給でもって、これまで(鳥フル)流行による家禽の死亡の報告はない”、と青海省健康局のChen Ziquan局長は語った。
 ”先週、野鳥の死に関しての報告は2,3しかなかった”、と同氏は付け加えた。
 5月25日、中国農業省(農業部)から報告された資料では、H5N1鳥フル株は青海省で5月初旬に流行して以来1000羽の野鳥を死亡させた。青海省は2百万羽以上の野鳥のホームである。
 ”最近孵化された1万羽の渡り鳥で1羽も死亡していない”、と青海省の農業畜産省の副大臣は語っている。
 農業、畜産、そして営林の専門家達は、感染地で無症状の鳥のウイルス検査を続けている。それは無症状の鳥たちがいまだウイルスを保持しているのか、それとも抗体を獲得したのか調べるためである。
 省の動物伝染病予防対策部の責任者は、職員を感染地域へ派遣して、死亡した鳥類を無害な方法で処分している。
 鳥の中には7月初めから南方へ去ってゆくものもあるので、彼等のルートを調べて、それら地域へ(鳥フルに関する)情報を流す予定である。
 省の健康当局は、感染した鳥に接触した人々が発病しないように全ての可能な対策を立てて実行してきた、と語っている。(The province has also taken
all possible measures to prevent from human infection contacted by bird flu virus, a provincial health official said. )。
 WHOとFAOの専門家達は28日、中国当局の鳥フルに対する積極的取り組みに感銘していると語った。
 WHOの中国事務所における伝染病担当であるJulie Hall氏は、青海省における中国側の完全なる対策を知って満足している、とも語っている。
 FAOの中国代表であるNoureddin Mona氏は、青海省で鳥フル流行が勃発してから中国がとった対策は”有効”であったと語っている。
 これまで中国では渡り鳥の感染症は希だった。今回の鳥フル発生は中国の鳥類学者達に新しい科学的研究課題となった。
 鳥フルの流行は中国だけでなく、世界に与えられた挑戦である、とMona氏は語り、世界はこの問題に対処するために一致団結する必要があることを示唆した。

・Qinghai BirdFlu Under Control CRI (中国) 青海省の鳥フルは制圧されている(コントロール下にある)
 30日、青海省行政当局は広範な家禽へのワクチン接種により、感染例は検出されていないと報告した。
 青海省当局は、偶発的事故の予防と監視体制を整備している。当局は流行地域の消毒とモニター、そして流行状況の報告を行ってきた。
 流行地域で死亡した鳥の処理にあたった職員達の検査(ウイルス感染に対する:訳者注)と医学的経過観察は行われている。

・Vietnam reports new birdflu fatal case People's Daily Online (人民網:中国) ベトナムで新たに鳥フル感染死
 ベトナムのマスメディア「Youth」によると、73歳の鳥フルウイルスに感染した患者が死亡した。これで昨年12月末よりベトナムでの死亡者数は19人となった。
 患者は6月28日、ハノイの熱帯疾患研究施設で死亡した。患者は23日から入院していたが、同病院では他に5人治療中であるという。
 WHOは昨日国際的研究者チームが、H5N1鳥インフルエンザウイルスが人への感染力を強めている証拠は得られなかったと報道したばかりだが、ウイルスは変異しやすいから、ベトナムも含めて各国は警戒体制を維持するように声明を出していた。
・WHO says fear of global birdflu pandemic easing CBC News, (カナダ) WHOは鳥フルの世界的流行の危険性は幾分後退と
 国際専門家チームは、鳥インフルエンザウイルスが変異していてただちに世界的流行を引き起こす危険性は低いと発表した。
 英国、香港、日本、および米国の研究者から構成された研究者チームは、1週間に渡るベトナムでの調査を終えて昨日記者会見を行った。以前考えられていたほど人での危険性は高くないと判断を下した。
 昨年WHOは、もしウイルスが変異して人の間で容易に感染するようになったなら、世界で数百万人規模の死者が出るだろうと警告していた。
 しかし最新の最も進んだ調査で、ベトナムのウイルスに変異の証拠は見つからなかった。
 ”最も重要なことは、早急に世界的流行が起きる可能性が否定できたことだ”、とWHOのHans Troedsson氏は言った。”ウイルスは広く拡散しているから、危険性はいまだある。しかし以前我々が考えていたほど緊急性はないだろう”、同氏はそのように付け加えた。
 安心できる発表とは別にWHOは、ウイルスはいつ変異するか分からないから、世界各国は警戒態勢を維持するように忠告した。

・Cambodia Infants Struggling With Infection New York Newsday (米国) 下記と同内容。
・Cambodia Infants Struggling With Infection New York Newsday (米国) カンボジアで小児の間で呼吸器感染症が流行−医師団は鳥フルではないと説明)
 プノンペンの病院はインフルエンザに罹患した異常な数の小児の対応に追われている。29日当局が発表した。2カ月から5歳までの1000人以上の小児が最近プノンペン病院に急性呼吸器感染症で入院している。病気は人型インフルエンザで、最近ベトナムなどで流行している鳥型インフルエンザではないと医師団は説明している。
・WHO: no evidence of human-to-human transmission of H5N1 influenza ... Viet Nam News Agency (VNA ベトナム国営通信) WHO:H5N1インフルエンザは人人感染を起こしている事実はないと発表
 WHOはH5N1ウイルスが変異している事実、そして人人感染を起こしている事実はないと断言した。29日農業省の家畜部責任者であるBui Quang Anh氏は、1週間のWHO専門家の調査を終えて記者会見で説明した。
 当局はまた、この8月から北と南の2省で家禽に対する鳥フルワクチン接種を開始すると発表。ワクチンはオランダと中国から輸入。

 Anh氏はさらにH5N1ウイルスが感染している家禽の殺処分が国内で十分行われていないと指摘し農家は感染家禽の処分の必要性を十分認識していないと語った。
 当局はまた、H5N1に感染している水生家禽(アヒルなど:訳者注)を徹底的に処分する予定。それは千万羽のアヒル、または家禽の25%に相当すると考えられる。政府は処分される家禽1羽に助成金をこれまでの3倍の18、000VND(約126円)支払う予定。当局はまた、家禽の孵化禁止は当初今年度末までであったが、来年3月まで延長することを地域行政府に指令した。
6月29日

Vietnam to Begin Vaccination of Poultry Dateline Alabama (米国) ベトナム:家禽への鳥フルワクチンを開始
 ベトナムで8月から2省で家禽へのワクチン投与が開始される。北ベトナムのNam Dinh省と南ベトナムのメコンデルタ地域のTien Giang 省の商業的家禽農場と小規模の個人経営の農場が対象となる。対象地域は他のハイリスク地域の40省に2年間かけて拡大される。最初の2千万投与量はオランダと中国から輸入される。ベトナム家畜衛生局長のBui Quang Anh氏が語った。
 良く準備することが成功への鍵と思われる。失敗は許されない。ワクチン投与は十分モニターされなければ、ウイルスが変化することもあり得る。Anh氏はそのように説明する。
 ほとんどの人発症例は感染した鳥との接触で起きている。しかし専門家達は、ウイルスが時間と共に変異して人に感染しやすい性格に変わり、世界的流行を起こす可能性がある、と警告する。
 先週ベトナムに調査に入った国際チーム(英国、香港、日本、米国)はウイルスの変化は検出しなかった。調整役のWHOは本日発表した。
 WHOのハノイ事務所では、これは素晴らしいニュースだ、と言って喜びを露わにした。そしてさらに国際チームは、ウイルスが人の間に感染を拡大している証拠は見いだせなかった、と付け加えた。

WHO experts detect little change in birdflu virus in Vietnam Xinhua (新華社通信:中国国営通信) WHO専門家はベトナムのウイルス変異を検出できず
 WHOがベトナムに招集した国際研究者チーム(英国、香港、日本、米国)は1週間の調査を終えて、H5N1ウイルスの変化を確認できなかった。さらにウイルスが鳥から人、人から人への感染効率を高めている証拠も見いだせなかった。
 しかしながらWHOはベトナム当局と世界各国に、インフルエンザウイルスは容易に変化するから、鳥フルに対する警戒は維持するように忠告した。

・Top scientists downgrade risk of imminent birdflu pandemic Channel News Asia (シンガポール) 専門家チーム、差し迫った流行の可能性はないと判断:ベトナム
 ベトナムで調査していた専門家チームは以下のように結論した。
 予備的データではウイルスが鳥から人、人から人へ効率よく感染し始めているという根拠は得られなかった。また無症状で人がH5N1ウイルスに感染しているという確認は出来なかった。さらにH5N1ウイルスが明らかに変異しているという結果も得られなかった。

・Positive signs on birdflu ABC Asia Pacific, (アジア) 鳥フル情報に明るい兆し
 下記と同じ内容。ただしベトナムで新規感染者が1名でたことが追加。これで昨年12月以来感染者はベトナムで60名と
・Top scientists downgrade risk of birdflu pandemic Forbes (国際) ベトナムに集合した専門家チーム調査を終了:緊急なる大流行の危険性は低いと判断
 ベトナムに集合して調査を行っていた香港、日本、英国および米国の専門家から構成された研究チームは、調査を終えた。WHOはウイルスの変異は認められなく、早急に人人感染を起こして世界的流行は起きないだろう、との楽観的見解を示した。チームはウイルス学者と疫学専門家から構成されていた。
 WHOは昨年、もしウイルスが変異して世界的流行を起こしたなら、世界で数百万人の人々が死亡すると警告した。
 ”調査団がベトナム当局に報告した内容によると、予備的調査では、ウイルスが人人感染を起こしていることを示唆する根拠は得られなかった。”、とWHOのベトナム代表であるHans Troedsson氏は語った。
 同氏は、もっとも重要なことは、早急に世界的流行が起きる可能性が除外できたことだ、と言う。
 ”ウイルスは広く蔓延しているから、いまだ危険性はあるが、以前我々が恐れていたほど早急なものではない”
 先月マニラで開かれた会議でWHOはベトナムで人人感染が起きている可能性があることから、世界各国に鳥フル(新型インフルエンザ)の世界的流行に備えるように呼びかけていた。

・Singapore starts preparing for birdflu pandemic Channel News Asia (シンガポール) シンガポール、鳥フル流行に備え始める
 鳥フルが世界的に流行した場合、シンガポールで55万人、または人口の四分の一が最初の流行で感染し、1800人が死亡する可能性があると、政府はメディアに説明した。
 現在H5N1ウイルスの家禽における流行はシンガポールで発生していないが、政府は人での発生に備えを始めている。現在H5N1株に使えるワクチンはないが、抗インフルエンザ薬のタミフルの備蓄はすでに開始している、またワクチンが開発された後、シンガポールに即提供してもらえるように製造会社との間で話し合いが行われている、と健康省は説明した。

・Birdflu tests to cover more species Xinhua, (新華社通信:中国国営通信) さらに多くの鳥の種類で検査が必要
 中国中央政府は青海省での渡り鳥に対して、さらに多くの種類の鳥で鳥インフルエンザ検査を行うようにとのWHO調査団の求めに応じると発表した。
 WHO調査団は記者会見で次のように語った。
 ”我々は流行を抑えるためにすべてのレベルで中国政府から完全に委託されている”、とFAOの北京代表であるMona氏は語った。
 ”調査は成功し、「何が起きているか」と言うことと、「何をすべきか」との間のギャップが埋まった。”、とWHOの北京代表の Henk Bekedam氏が語った。
 また、WHOから検査を受けた人が少なすぎるとのコメントが中国側に出された。野鳥と接触した600人近くの人のうち2人しか検査を受けていないが、これは人々があまりにも分散して住んでいるせいで、教育的キャンペーンを行ったが効果がでていないと思われる。

 WHO調査団による主な要求事項は以下の通り。

 鳥に対して: 可能な限り多くの鳥での検査、住み着いている鳥での検査、環境中からの検体採取と消毒
 家畜に対して:野鳥からの感染予防、馬や豚でのウイルス検査
 人に対して:すべての検体(意味不明:訳者注)を北京に運んで詳細検査。

 ・700 Bird Flu Deaths of Patients in China? Recombinomics (米国) 中国で700人が鳥フルで死亡の可能性
 「Abundant News」での Boxun reportによると、青海省などでH5N1で死亡した人の数は700人いて、政府は非公的手段で死亡者一人相当80000元(通常60歳までの収入に相当)を保証として支払ったという。
かってSARSが中国で勃発した際、中国政府は発生を隠していたが、それを最初にウエブ上で報告したのが「Boxun report」だった(訳者注)。専門家関連の掲示板(英語)
・Chinese BirdFlu Outbreak Worsens All Headline News  (米国) WHO報告:中国の鳥フル流行悪化
 WHO専門家は中国北西部で流行している鳥フルは当初予想していたよりも、より危険性ある流行と警告した。
 流行の起きている青海省で5000羽の渡り鳥の死亡が確認され、それは中国当局が発表していた数の5倍に上る。
 動物に対する病原性が明らかに強まっているにもかかわらず、中国当局者達は人に対する危険性にいまだ気づいてないようだ。
 ウイルスは東南アジアで2003年末以来53人死亡させている。中国ではいまだ報告されてはいない。
 WHO北京事務所のHenk Bekedam氏は、青海省でのH5N1流行は渡り鳥に起きていることから非常に危険だと言える、と語った。
 同氏は、”もっとも重要な問題は感染した鳥たちが無症候で、ここから1000キロ以上飛んでゆく可能性があることだ。それは非常にやっかいな問題だ。”、と説明する。
 中国当局は感染地から半径50キロ以内を立ち入り禁止にしているが、これまで検査した鳥の数は12羽で人に関してはわずか2人に過ぎない。
 WHOはさらにウイルスが拡散して、人のウイルス遺伝子と結合する機会が増し、新型インフルエンザの世界的流行につながることを懸念している。

Inspectors overlooked birdflu at Japanese poultry farm Pioneer Press (米国) 日本の家禽農場で検査員が鳥フルを見逃す
 水海道市の家禽農場で発見された鳥インフルエンザは、発見まで1カ月も要した。理由は専門的知識のない民間会社が、鶏の軽微な症状を見逃したことであることが28日分かった。
 先月遅くに農場の鶏の卵生産量が通常の40%まで減少した。農場側は専門会社に減少の理由の調査を依頼した。会社から農家は鶏のワクチンを購入していることから、会社側はサービスとして依頼を引き受けた。会社の検査員は農場の卵生産量の低下は、鶏でよく見られるウイルスや細菌感染症と判断して、それら病原体に対する検査を行った。
 しかし検査員は何がおかしいのか判断がつかなかった。そのため鳥インフルエンザウイルスの検査を行い、今月24日にH5N2ウイルスを検出したため、茨城県当局に報告した。
 茨城県当局では、鶏の症状が軽微だったため、検査員が発見できなかったとしても致し方がないと言っている。
 しかし今回の水海道市の事例を教訓として、今後県当局は全ての卵生産量低下事例を県に報告させる体制を考えている。具体的には家畜衛生保健所に報告し、同保健所が検査する体制になる。

WHO Appeals to China to Test Birds, People Guardian Unlimited, (英国) WHO、中国にさらなる人と鳥に対する検査を要求
 下記報道と同じ
・WHO Appeals to China to Test for BirdFlu 7Online.com (米国) WHO、中国にさらなる人と鳥に対する検査を要求
 WHOは28日中国に、5000羽の鳥が死亡した青海省の塩湖でさらなるガンとカモメ、そして鳥類に接触した人々について至急検査するよう求めた。鳥類はこの夏に南方に飛び立つので、鳥フルウイルスを拡大させる可能性があると警告した。
 他のアジアの国では当局はウイルスを撲滅させるために鳥を殺処分しているが、今回の青海省の事例では、鳥類は希で、保護されている種類なので、そのような処分はしていない、と中国当局は言っている。
 青海湖は渡り鳥の繁殖地であるが、未だに毎日20羽の割合で死亡している。同地を調査に訪れたWHO専門家のJulie Hall博士は報告した。
 中国当局は、青海湖周辺を封鎖している。少数の感染予防衣で身を固めた中国人専門家が、死亡した鳥の収集と情報集積のために現地に入っている。同地から6マイル以内へ人々は入ることを禁止されている。
 検査の結果死亡した鳥はH5N1鳥インフルエンザウイルス感染していたことが確認された。同株はアジアの最近の流行で致死的感染を起こすことが知られており、数百万羽の鶏や他の家禽が殺処分されている。
 ”我々はさらなる検査を求めている”、とWHO北京事務所の感染症対策コーディネーターであるulie Hall博士は記者会見で語った。
 同博士は、鳥に接触した全ての人の血液検査(抗体のチェック:訳者注)をするよう中国当局に求めた。
 ”検査を受けた人の数(2人:訳者注)は我々が予想したよりも少なすぎる”、と博士は言った。WHOは38人が死亡したベトナムで、非常に軽微な症状しか呈さない感染例があることを知っている。
 さらに無症状の鳥を検査することは、元気に見える鳥がウイルスを拡散する可能性があるのか否かについて知ることが出来る、と同博士は付け加えた。
6月28日

・Experts seek urgent testing of migratory birds in China ABC Online (オーストラリア) WHO会見:専門家は中国での渡り鳥の緊急検査を要求
 中国青海省を調査したWHOの専門家は中国当局に対して、渡り鳥のさらなる緊急検査を要求した。調査の結果、予想したよりもウイルスの病原性が高いことが確認されたことによる。
 中国北西部の青海省の野鳥保護区で5000羽の鳥が死亡したことが確認されたが、この数は中国当局から報告されていた数の5倍に相当する。
 ”こんなに多くの野鳥が鳥フルで死亡したのは見たことはない”、とWHO中国事務所のJulie Hall,は語った。
 ”これはウイルスが明らかに病原性を増したと考えられる。人に対しての病原性に関しては分からない。”と彼女は語った。
 WHOとFAOは、189種類いる鳥の中で5種類だけ、それも計12羽の検査しかしてなかったことに強い不満をを示した。
 ”私は渡り鳥が感染して死亡していることにそれほどの関心は持たない。それよりも無症状でウイルスを体内に持ったまま、ここから1000キロも飛ぶ鳥がいるのかどうかが心配だ”、とWHOの中国事務所代表のHenk Bekedam.氏が語った。
 それらの感染した鳥は、他の渡り鳥や飼育家禽へウイルスを感染させる可能性がある。それは家禽農場を荒廃させる。
 渡り鳥はいまだ青海湖の鳥島にいる。しかし8月と9月に中国の他の地域や、周辺国へ移動する。彼等を検査するにはそれほど猶予が許されない。そのように専門家は説明する。

・Scandalous H5N1 Testing of Migratory Birds and Humans in Qinghai Recombinomics (米国) 中国青海省でのいい加減な人と渡り鳥の検査
 WHOの報告ではたった二人しか検査をしていないと言う。1カ月前中国は記者会見を行って、人の感染した例は報告されていないと言った。しかしながらわずか2人しか検査していなかったから、感染例がいなかったという報告は事実上意味がない。
・China birdflu could threaten neighbours, WHO says Reuters AlertNet, (英国) 中国の鳥フルは周辺地域へ拡大の危険性がある:WHO警告
 中国の鳥フルに感染した野鳥がこれから2,3カ月の間に周辺の地域へ感染を拡大させる可能性があるとWHOは28日語った。
 青海省で死亡した5種類の鳥はH5N1株で死亡したことが確かめられていたが、WHOは他の183種についても調査するように求めた。発病していなくてもウイルスを保持して周辺に拡大させる可能性がある。
 ”もし渡り鳥が感染していても無症候であるならば、それは非常に危険だ”、とWHO代表のHenk Bekedamが語った。”我々は鳥がウイルスを体内に持ったまま、長距離移動できるのかどうか分からない”
 またWHOは、青海省で人の感染例を発見するために発熱外来を開いたが、検査をしたのはわずか2名だった、と発表した。

・WHO: Over 5000 Waterfowl Deaths in Qinghai Recombinomics (米国) WHO報告:青海省で5000羽以上の水鳥が死亡
 青海省を調査してきたWHOの記者会見における最初の報告では、大量の水鳥が死亡していることが示された。鳥の死亡数は、13種類に及ぶ8000羽以上の死亡と報じた「Boxun News (青海湖における大量の野鳥の死と人の死を報じたウエブサイト。SARS勃発の際、最初に報告したサイトとしても知られている)」の報告に近い。
 WHOは人の死亡については報告しなかったが、非公式ながら青海湖近くの18地区で121人の死亡の報告や、同じく鳥インフルエンザが鳥の間で発生した新疆省塔城市の病院での肺炎多発事例が報告されている。
 人の感染例についてはさらに調査が必要であるし、青海湖での死亡した鳥の数、そして渡り鳥によりいまだ感染拡大が続いている新疆省の調査も必要である。

・WHO says 5,000 birds killed by avian flu in China's northwest CBC News (カナダ) WHOは中国西北部で5000羽の野鳥が死亡と報告
 下記と同じ内容
・WHO: 5,000 Birds Die of Avian Flu in China New York Newsday (米国) WHO:中国青海省で5000羽の鳥が鳥フルで死亡
 中国青海省での野鳥の死は、中国政府が発表した数の5倍の5000羽に上ることがWHOの調査で判明。現在も一日に20羽の割合で死亡しているが、その率は低下しつつあり、流行は下火になってきているようだ、とWHOメンバーが28日午後、記者会見で語った。
 中国当局は流行の拡大阻止のために鳥の殺処分は行っていないという。理由は鳥類は希な保護されている種類だからと言う。WHOの感染症とサーベイランスに関する中国コーディネーターであるJulie Hall博士が説明した。
 5000羽の死亡した鳥類は5種からなり、カモメ、ガン、ツクシガモ、ウである。
 Julie Hall博士は中国側にさらに多くの鳥についてH5N1ウイルス検査を至急するように要求した。中国側は12羽の死亡した鳥と二人の人しか検査してなかった。二人とも結果は陰性だったという。
 ”我々が望むことはもっと検査を行って欲しいということだ!、と彼女は記者会見で言った。
 中国は渡り鳥の通過点で、一時的休息地域である青海湖での178羽のガンの死亡を5月初めに報告した。当局はその後死亡した野鳥の数を519羽に増やし、そして5月下旬には1000羽に増やした。その後当局は数について変更の報告はしていない。
 中国当局の流行発生に対する初期の消極的な報告姿勢は、情報隠しの可能性と、120人の人が死亡したというウエブでの噂に関心を集めた。しかし中国当局は人の感染を否定した。

・WHO: 5,000 birds killed by avian flu MLive.com, (米国) WHO報告(第一弾):中国青海省での死亡鳥は5000羽以上
 青海省調査から戻ったWHO調査団は記者会見で、先に中国当局が発表していたよりも5倍の鳥が死亡していることを明らかにした。鳥は今も1日に20羽の割合で死亡しているという。WHOチームのリーダーが語った。
・China's Qinghai BirdFlu Outbreak May Spread, Health Bodies Say Bloomberg (国際) 中国青海省の鳥インフルエンザはさらに広がっている可能性がある:WHO報告(第一弾)
 国際的2研究チームが中国青海省を視察し終わって北京で記者会見した。中国西部青海省の鳥インフルエンザは渡り鳥により他の省、および国に広がっている可能性があると語った。
 研究者達は非常に制限された状況内(narrow window of opportunity)での青海省での視察であったようだ。
 記者会見はWHOとFAOの共同記者会見として行われた。

・BirdFlu Emerging, Experts Worried Epoch Times (米国) 鳥フル、新型インフルエンザとして流行の恐れ、専門家達は警戒
 世界的に新型インフルエンザ流行は始まる。公衆衛生専門家の意見は世界中同じだ。残っている唯一の問題は、それがいつ起きて、保健医療組織がどのように対応できるかということだ。
 ”それは未然に防ぐことは不可能だ。それは間違いなく起きる。問題はいつ起きるかということだ”、とカナダのBritish Columbia大学の臨床助教授で、同省の鳥インフルエンザ流行対策チームの一員であるTrevor Corneil博士は語る。
 現在、人人感染を鳥インフルエンザが起こしている根拠は無数にある。それは世界的流行の始まりを十分意味している。最近のWHOの報告によると、人人感染を確認してはいないが、ベトナムの流行状況は人人感染の可能性を示唆する方向へ変わってきた、と言う。
 専門家が最悪の事態を警告する理由にはいくつかある。一つは、大きな世界的流行は15〜25年ごとに起きていることだ。Corneil博士によると、”最後の流行があってからすでに30年以上経過している。20世紀で最悪の流行は1918〜1919年のスペイン風邪で、世界で5千万人以上死亡した。そのときも鳥型インフルエンザウイルスとして流行が始まった。”
 もう一つの理由は、高い致死率である。WHOに報告されているベトナム、タイおよびインドネシアでの感染者100人中、55人が死亡している。
 カナダでは20%の人々が感染(そのうち三分の一が保健医療従事者)するだろうと、Corneil博士は言う。
 オーストラリアでは、健康省大臣が260万人が病院を訪れ、58、000人が入院し、13,000人が死亡する可能性があると評価している。
 米国CDCは中等度の流行でも15〜35%の米国人が感染し、世界で200〜740万人の人々が死亡するだろうと予測している。
 世界的流行を防ぎ得る対策として、世界的感染症の監視システムである。それはSARSが発生してから発達した。しかしながら世界の保健担当当局の間で効果的コミュニケーションが図られなければシステムは機能しない。
 多くの人々は中国周辺からの報告の信頼性に疑問を抱いている。それはSARS流行の際に中国政府が初期に隠していた前例があるからだ。
 最近中国青海省でガンに鳥インフルエンザが流行したことを中国当局は発表したが、非公式情報として多数の人々の感染死が伝えられている。それが報じられた2日後、中国政府はそれを否定した。真相はいまだ不明だ。
 中国で何が起きているのか?WHOと中国当局の間で真相についての議論が続いている。科学者と医師の言うことと、中国政府の言うことは異なる。多くの国では情報は政治的干渉は受けないのだが…”、そのようにCorneil博士は言う。
 WHOは、ウイルスが間違いなく世界的流行を起こすという証拠が得られる前に、世界は体制を整える必要がある、と強調している。


・Birdflu detection delay has ministry clucking The Japan Times (日本) 鳥フル発見の遅れに政府は対策
 農業担当省庁は弱毒性の鳥フル株の流行初期での発見の方法を模索する。最近の茨城での流行事例が確認されるまで2カ月要したことに基づいている。
 強毒株は突然の大量の家禽の死亡をもたらすから発見は容易であるが、弱毒株の場合、症状から判断するのは難しい(卵の生産量低下など)。
 新体制は民間の検査機関と地方の家畜公衆衛生研究所との連携を強化することがあげられている。検査機関が異常を検知した場合、より早く家畜公衆衛生研究所へ連絡して、迅速な対応を図るとされる。
 同時に行政側も養鶏場を監視する体制を強化して、弱毒型株の存在を警告する。
 茨城県の例では4月頃から25万羽いる鶏の中から毎日平均10羽前後が死亡していた。この数は通常の数よりも少し多い程度であった。卵の生産量も少し落ちていた。5月23日、農場側では民間検査機関に検査を依頼した。しかし結果が出るまで1カ月要したという。
 農業担当省では近くの養鶏場から検体を採取してウイルスの拡大が起きてないかどうか検査する。弱毒型株でも家禽の間で感染が広がっているうちに強毒化する可能性もあると当局では言っている。
 専門家は、今回の検査で結果が出るまで時間がかかり過ぎている、と言う。”似たような軽微な症状で他施設でも見逃されている可能性もある故、監視体制を強める必要がある”、と警告している。
・Neurotropic H5N1 in Japan Duck Meat Imported from Shandong Recombinomics (米国) 向神経性H5N1鳥フルウイルスが広東省から日本に輸入されたアヒルの肉で検出
 2003年に中国広東省から日本に輸入された食用のアヒルの肉からH5N1ウイルスが検出された。ウイルスは1997年と2003年に香港で発見されたH5N1株とは抗原性が異なっていた。しかし分離されたウイルスは鶏に対して高病原性であることが確認された。ーー世界的ウイルス研究雑誌VIROLOGYから(電子版)(国立動物衛生研究所からの直近論文:訳者注)
 この事実は2001年に韓国で上海から輸入されたアヒルの肉でやはりH5N1株が発見された事実と類似している。
 アヒルはウイルスが感染しても無症候であることから、中国では多くのアヒルがH5N1ウイルスに感染していることが示される。2001年も2003年も中国でH5N1ウイルスの流行は報告されていない。無症候のアヒル、さらに水鳥(渡り鳥)の間で感染が広がり、遺伝子変異が起こっている可能性が高い。

・WHO Schedules News Conference on Qinghai Visit Recombinomics (米国) WHO、青海省調査結果に関して記者会見予定。
 青海省での人感染事例は確認できなかったという噂が流れているが、記者会見で多くの質問に対するWHOスタッフの答えから有益な情報が得られる可能性がある。
 最近、青海省のメディアが鳥インフルエンザに関連して数人の人々が死亡したという情報を得ている、という噂が流れている。これは確認されていないが、非公式情報では中国でH5N1ウイルス感染が人の間で起きていると言われている。

・WHO Media Briefing on Avian Influenza in China (WHO) WHO、中国における鳥インフルエンザに関して記者会見
 中国青海省を中国当局者と調査に行ってきたWHOが本日記者会見を行う。
  When:    2pm - 3pm, Tuesday, 28 June 2005
    Where:    WHO China Office
              401, Dongwai Diplomatic Office Building
              23 Dongzhimenwai Dajie
              Chaoyang District
              Beijing 100600

・Avian flu worries state officials Fort Wayne Journal Gazette (米国) 州政府は鳥フル流行を心配
 連邦衛生当局はインディアナ州に鳥インフルエンザ流行に備えるように求めた。
 「Trust for America’s Health」は24日報告書を公表したが、それによると現在アジアで流行している鳥インフルエンザが世界的に流行したなら、米国だけで50万人が死亡し、230万人が入院治療の必要性がでるとされる。インディアナ州だけでも140万人が発病し、11817人が死亡し、51711人が入院すると推定される。
 州衛生局長官のJudith Monroe博士は、”この報告書は、我々が非常に現実的な公衆衛生上の脅威が、この東南アジアで流行しているウイルスによりもたらされる可能性を惹起する”、と語っている。
 ”死亡率は55%であある”、と Allen群の衛生当局長官のDeborah McMahan博士は保健担当者の集会で講演した。集会には100人集まった。
 鳥インフルエンザウイルス株のH5N1は簡単に変異しやすいことから、特に関心が持たれている。これまで人で流行したことがないから、人は免疫をもっていない。症状は発熱、咳、咽頭痛、筋肉痛のような通常のインフルエンザの症状と、目への感染、肺炎、さらに重症な呼吸器疾患と他の合併症がCDCであげている。
 CDCはの求めに応じて、インディアナ州ではWHOののアドバイスの下で「流行行動計画」を作成した。夏の中頃までにCDCの認証が得られることを期待している、とMonroe博士は語っている。
 ”この3カ月間、20の職種にまたがった専門家が集まって計画を練った。”、とMonroe博士は説明する。計画は、流行が起きたとき公共および私的保健医療機関の役割をまとめたものである。
 ”流行がまだ起きていない今こそ、人々に教育と流行に対する備えを準備させるべきだ”、と博士は言う。
 また、この流行の特徴の一つは、季節性がないことであるとも言う。
 国立健康研究所(NIH)ではワクチンの開発を進めているが、一番大きな問題は適切な抗原を得ることである。なぜならウイルスは絶えず変異しているから、実際の流行時のウイルス抗原を予知するのが難しい。
 感染予防はできないが、抗インフルエンザ薬であるタミフルは症状を緩和する効果を持っている。
 タミフルを国家的に備蓄する計画がある、と博士は説明するが、「Trust for America’s Health」の報告書によると、230万人分しか備蓄されていないという。さらに追加分の300万人分は、ロッシュ社の製造能力で2006年度中までかかるという。
 今、65歳以上の人々と、2歳以上の慢性疾患を持っている人々は肺炎球菌ワクチンを接種すべき、とMonroe博士はアドバイスする。鳥インフルエンザに罹患したときの合併症である肺炎の予防のためである。

・US must play major role in fighting avian flu Inside Bay Area (米国) 米国政府は鳥フル対策に中心的役割を果たさなければならない
 ベトナム人から分離されたH5N1鳥インフルエンザ株を用いて4月から製薬企業2社が(Chiron Corp. of Emeryville、Sanofi Pasteur)ワクチン開発を行っているが、そのための資金を企業が提供するのは不合理であり、米国政府が提供するべきと考えられる(Contra Costa 群公衆衛生局長談話)。
・Government funds assists birdflu prevention work Viet Nam News Agency (ベトナム) 政府が家禽処分農家に補償金提供
 鳥インフルエンザが家禽の間に流行した場合、農家が保有する家禽を流行拡大防止のために殺処分に協力すると、補償金を提供することになった。半額が中央政府の予算、残りの半額が地方行政府の予算となる。
6月27日

・Birdflu detected in Japan Washington Times (米国) 日本で鳥インフルエンザ発生
 日本の茨城県水海道市の養鶏場で弱毒性の鳥インフルエンザ株が検出された。同株は日本で初めての検出。27日の朝日新聞報道によると、昨年山口県と京都府の養鶏場で流行した株とは異なり、特に強い病原性はなく、少数の鶏を死亡させた。農業省と茨城県当局は、検出されたウイルス株は、ヒトに対してすぐには健康上の問題は持たないと説明している。しかしながら政府は27日から約25300羽の鶏を処分し始めた。
INTERVIEW:Indonesia To Intensify Avian Flu Fight -Ag Min Yahoo News インドネシア、鳥フル対策を強化
 農業省大臣は、今後鳥フル発生時には、発生地域から一定範囲内の全ての鳥を殺処分すると語った。これまでの対策は感染したと思われる鳥の処分とワクチン投与だった。
・Japan begins culling chickens in new birdflu case Reuters AlertNet, (英国) 日本で鳥フルの新規発生で鶏の処分が始まる
 日本東部の農場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、27日から鶏の処分が始まった。
 日本農業省は26日、茨城県の養鶏場で弱毒型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたが、同養鶏場では3月から5月にかけて数百羽の鶏が死亡したと発表した。
 記者会見で農業省大臣のMamoru Ishihara氏は、”出来るだけ早急にウイルスを駆除したい。それは現在広がっていないようだ”、と語った。検出された株はH5N2で、それは昨年早くに日本で起きた流行の際に検出されたH5N1株とは異なり、病原性は弱い。H5N2株が検出されたのは日本で始めてであると農業省当局は語った。
 Ishihara氏は、発見までの時間的遅れがあった理由を、昨年の株に比較して病原性の低い株だったことと、死亡した鳥の数が少なかったことをあげた。同氏はさらに、政府は出来るだけ早くに流行をキャッチするために、専門家の協力を求めていきたいと語った。
 当局は、ウイルス拡散を防止するために、発生養鶏場から半径5キロ以内の鶏と卵の移動を禁止した。
 発生した養鶏場では25000羽の鶏が飼育されている。
 鳥インフルエンザは日本で昨年79年ぶりに発生した(これはH5N1型:訳者注)。1月から3月までの間、4地域での流行が起きた。その中での京都の流行では24万羽の鶏と2千万個の卵が破棄された。
 H5N1型鳥インフルエンザは8年前香港と中国で最初に流行して、ベトナム、タイ、およびカンボジアで50人以上の人を死亡させている。

・Officials Cull Poultry After BirdFlu Cases Los Angeles Times (米国) 日本で鳥フル発生により当局は家禽を処分
 日本の東北部の農場で発生した鳥インフルエンザで、検出されたウイルスは人に無害と考えられるが、当局では鶏の殺処分と農場の消毒を開始した。何十人もの当局の職員が白い予防衣とゴーグルを身につけて、養鶏場に入った。茨城県のこの農場では4月以来800羽の鶏が死亡したが、最近の検査でH5N2鳥インフルエンザウイルスが検出された。
・BAN ON POULTRY IMPORTS FROM JAPAN REMAINS IN FORCE: COA Taiwan Headlines (台湾) 日本からの家禽輸入禁止は継続
 先週末日本政府が東北部の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表したことを受けて、台湾当局は2004年1月、H5N1鳥インフルエンザが発生して以来禁止している日本からの家禽とその産物の輸入禁止は継続すると発表。
・BirdFlu Confirmed at Farm in Japan Washington Post (米国) 日本の農場で鳥インフルエンザ発生が確認
 日本の北東部の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたが、日本政府は人に対する危険性はないと26日発表した。
 東京の北東部に位置する水海道市の養鶏場で4月以来800羽の鶏が死亡して、最近行った検査でH5N2ウイルスによる鳥インフルエンザと確認された。農林水産省のHirofumi Kurita氏が説明した。
 同省ではH5N2鳥インフルエンザは人に感染した事例はないと説明した。一方米国CDCによると、H5N2株の人に対する感染性は、現在東南アジアで人の感染死を起こしているH5N1株と違って、低いと思われる。
 現在当局はどのように感染が広がったのか調査中という。
 昨年鳥インフルエンザは数十年ぶりに発生して(1924年に千葉県でH7N7株が発生したのが最初:訳者注)、30万羽以上の鶏が死亡、または処分された。日本当局はさらに昨年12月一人の感染者を確認しているが(厚労省発表では4人から抗体検出:訳者注)、死亡者はでていない。
・NZ front line poorly prepared for birdflu New Zealand Herald  (ニュージーランド) ニュージーランドは鳥フル流行の備えが不完全
 内閣のまとめた報告書によると、流行が懸念される鳥型インフルエンザに対する態勢は不十分とされている。流行により世界で750万人、ニュージーランドで3700人が死亡する可能性がある。
 政府は3230万ドルを流行に備えて費やした:予防衣、マスク、抗インフルエンザ薬。しかし内閣の報告書によると初期対応や他の保険機構の態勢は不十分とされている。
 流行発生時には、病院は全ての発病患者に対応できない可能性がある。
 報告書によると、鳥フルの危険性は緊急であると、当局は健康省大臣のAnnette Kingに1月に報告した。

・Birdflu confirmed at chicken farm in northeastern Japan (updated ... China Post, (台湾) 日本東北部の養鶏場で鳥インフルエンザが確認
 26日の日本政府発表によると、日本東北部の養鶏場で鳥フル発生が確認され、発生地域からの家禽と卵の出荷が禁止された。
 茨城県水海道市、丁度東京の東北部、の養鶏場で800羽以上の鶏が4月以降に死亡し、最近行われた検査結果でH5N2株鳥インフルエンザウイルスが確認された、と農林水産省のHirofumi Kurita氏が発表した。
 H5N2株はH5N1株よりも危険性は低いと見なされている。
 感染が確認された養鶏場と、そこから半径5キロ以内の養鶏場からの全ての家禽と卵の出荷が、同地域でさらなる感染が否定されるまでの間禁止される。さらに当局は27日より感染養鶏場の鳥の処分と農場の消毒を始める、とKurita氏は語った。

H5N2 BirdFlu in Japan Recombinomics, (米国) 日本で検出されたH5N2株
 日本で検出されたH5N2株は、H5N1株のH5とH3N2株またはH9N2株(2003年に韓国で検出)のN2が遺伝子組み換えを起こした可能性もあるが、死亡した鶏が少数であることを考えると、台湾のH5N2株と類似したものと考える方が妥当。
6月26日

・H5N2-type birdflu virus detected in chickens at Japan farm Xinhua (新華社通信:中国国営通信) H5N2鳥フルウイルスが日本の養鶏場で検出
 東日本の茨城県水海道市の養鶏場でH5N2鳥フルウイルスに感染して、飼育25000羽の鶏中430羽が死亡した。農林水産省が26日発表。鶏は3月から5月にかけて死亡した。共同ニュースによると感染農場から半径5キロ以内の農場から鶏と卵の移動は禁止された。県の当局は明日から感染農場の消毒と鶏と卵の処分の予定。
・Birdflu virus found in chicken in eastern Japan Reuters.uk, (英国) 鳥フルウイルスが東日本で検出
 鳥インフルエンザの一種(H5N2)が3月から5月にかけて茨城県のの養鶏場で流行し、430羽の鶏が死亡していたことが26日、農水省の報道官が発表した。H5N2鳥インフルエンザ株はH5N1株よりも病原性が低い。
 県へは24日報告があり、それを受けて県当局は25日現場を調査、鶏には格別の異常が見つからなかった、と発表した。
・Birdflu 'as grave a threat as terrorism' Independent, (英国) 鳥型インフルエンザはテロと同じくらい重大な脅威である
 鳥フルは英国にとってテロと同じくらい危険な対象である、と大臣達は政府の公的緊急対策機関( Government's official emergency body.)を通じて語った。
 内閣の市民緊急安全対策室(Civil Contingency Secretariat (CCS))の幹部達は、先週開かれた内閣委員会で、鳥インフルエンザ(新型インフルエンザとしての意味)は今英国が直面しているもっとも重大な危機の一つである、と語った。報告書によると70万人の英国人が死亡する可能性もあるとされ、対策として、学校は閉鎖され、予定されているスポーツ大会は取りやめられることになっている。ウイルスの拡散を防ぐ目的からである。さらに当局は、”いかにして感染を防ぐか”に関するマニュアルをこの夏に発行するように準備中であると語った

・Six-month quarantine plan to fight deadly flu The Sunday Times (英国) 鳥フル流行の際は6カ月間の検疫計画
 「The Sunday Times」が入手した政府の報告書によると、悪性のインフルエンザが流行した場合、スコットランドで64000人の死者が出る可能性があるとされ、それはスコットランドでいつでも起き得る可能性があると言う。
 流行が起きた場合、政府の行動計画によるとスコットランドの人々は6カ月間、地域から外に出ること、集会などの催しが禁止される。

 報告書では、先に評価された死者数よりも15000人多くなっているが、125万人のスコットランド人が感染すると仮定した場合の数値に更新された。(発病率25%、死亡率5%としている:訳者注)。
 138ページに及ぶ文書の中で専門家達は、現在アジアで流行している鳥インフルエンザウイルス、または他の致死的ウイルス株に対するワクチンは、開発まで6カ月以上は要すると警告する(流行株が特定されてから作成した場合、現在の株も変異し続けているから、前もって株を予知するのは難しい:訳者注)。
 ワクチンが開発されるまでの期間、ウイルスに感染した人々には外出禁止令が出され、ウイルスが蔓延している地区の人々は、地区から出ることが禁止される。
 フットボール大会、ポップコンサート、教会集会などの公衆的集会は禁止され、学校や保育所は閉鎖される。その間は全てのスコットランド人はマスクの着用が義務づけられ、英国の全ての港や空港ではスクリーニングが行われ、感染者は隔離される。
 
全訳
・Chance of birdflu between humans increases - Vietnam Malaysia Star (マレーシア) H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる 昨日のロイターと同じ報道
6月25日

・Birdflu experts alarmed Philadelphia Inquirer, (米国) 鳥インフルエンザ専門家が警告
 鳥インフルエンザの動きは極めて異常だ。ウイルスは昨年夏にはベトナムで感染者を発生させなかったが、今年は人々の間に感染を広げ続けている。ウイルス感染の持続は世界の保健当局者の間に、ウイルスが変異して世界に恐慌的インフルエンザ流行が引き起こされる不安感を強めている。全訳
・Chance of birdflu between humans increases - Vietnam
 China Daily(中国日報) (中国)  H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる 下記ロイターと同じ報道
Chance of birdflu between humans increases-Vietnam Metro Toronto (カナダ) H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる 下記ロイターと同じ報道
・Chance of birdflu between humans increases-Vietnam Boston Globe (米国) H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる 下記ロイターと同じ報道
・Chance of birdflu between humans increases-Vietnam Swissinfo (スイス) H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる 下記ロイターと同じ報道
・Chance of birdflu between humans increases-Vietnam Reuters (国際) H5N1鳥フルウイルスが変異、人人感染を起こす可能性高まる
 ベトナム国内と国外の研究所で分析したH5N1鳥フルウイルスの表面抗原構造に変化が生じていて、ウイルス変異による人人感染の危険性が高まっている、とベトナム政府は警告した。地方紙の Saigon Giai Phong (Liberation Saigon) dailyが報道した。ウイルスが変異していることが、最近ベトナムで家禽の間で流行が見られていない理由と考えられる。(変異して鳥に病原性を示さなくなったと言えるほど、家禽に病原性を示していないのか疑問:訳者。中国西域の例では多くの種の鳥で致死的感染を起こしている。北ベトナムで分離されているH5N1株と中国の株とは違うことが決定的と考えるべきなのかも知れない)
 WHOは24日、国際研究チームがベトナムでH5N1鳥フルについて調査中と発表している。

Group Estimates Potential Flu Death Toll phillyburbs.com (米国) 専門家達は新型インフルエンザ流行で多数の死者がでると警告
 内容は下記と同じ。米国内の多数の報道サイトで掲載。
・Group estimates potential flu death toll  Monterey County Herald (米国) 専門家達は新型インフルエンザ流行で多数の死者がでると警告
  中等度に危険性のあるウイルス(新型インフルエンザウイルスを意味する)によるインフルエンザ流行で、、50万人以上が死亡し、230万人以上の人が病院に入院するだろうと専門家グループは24日発表した。
 「米国健康組合Trust for America's Health」による報告では、鳥インフルエンザが人の間で流行しだしたとき、人口の25%が罹患するとされる。ウイルス株の危険度は1918年に流行のスペイン風邪と1968年流行のインフルエンザ(H3N2香港風邪:訳者注)の中間だろうと予想される。
 研究者グループは、死者数と入院患者数の増大は現在の国の医療組織では手に負えない状況を作り出す。それは今、計画を立てて体制を整える必要があることを示している
 状況は立法者達も早急に対策づくりに参加すべき事を示している。
 ”残念ながら、米国は嘆かわしいひど新型インフルエンザ流行に対して備えが出来ていない”、と米国上院多数党院内総務責任者のBill Frist, R-Tenn氏は語る。
 アジアの最新の鳥インフルエンザは昨年末から流行し始め、ベトナムで38人、タイで12人、そしてカンボジアで4人死亡している。今まで死亡した人々は発病した鳥から感染している。ウイルスが人人感染を起こすような株に変異することが今、警戒されている。
 毎年米国ではインフルエンザで3万6千〜4万人の人が死亡していて、20万人以上の人々が入院している。それは国の経済に対して、生産力の低下や直接的医療費の出費として100億ドルのコストとなる。
 「米国健康組合The Trust for America's Health」は立法者達にすでに彼等が了承しているインフルエンザ対策費としての5800万ドル以上の予算を提供するように求めた。協会はワクチンが開発されるまでの治療薬としてのタミフルをさらに発注するよう求めている。
 組合の評価では、連邦政府は530万人分のタミフル( 5.3 million courses)を発注しているが、WHOの勧奨では人口の25%分の備蓄が必要であって、それには7000万人分発注する必要があるとされる。

・World Health Organization and Chinese Investigate Misuse of Bird... Voice of America (米国) WHOと中国は鳥インフルエンザ薬の誤用(乱用)について調査
 WHOは中国農家が鳥フルの鶏への拡大を防ぐために人用インフルエンザ薬を鶏に投与していたという報告を調査している。中国政府も同様に調査中であると語った。
 鶏にこの薬剤(アマンタジン)をい使用することで、ウイルスが耐性を獲得することが恐れられている。アマンタジンは人用インフルエンザ薬の中でもっとも安価で、もっとも簡単に手に入れやすい薬剤である。
6月24日

・China's chicken farmers under fire for antiviral abuse Nature.com (英国) 中国農家に抗ウイルス薬乱用で非難集中
This week's News Friday 24 June 2005
David Cyranoski
 脅威的インフルエンザ株であるH5N1ウイルスが、人インフルエンザ薬として効果がある薬剤の一つに対して耐性になった。原因は中国農家がそれを鶏に乱用したせいと考えられ、非難が集中している。
 今週、中国に対する非難の報告が正式になされたが、それは当局により正式に否定された。しかし、1997年以降のある時期からH5N1株は抗ウイルス薬のアマンタジン系薬に対して耐性となっている。中国政府は問題について緊急に調査すると声明を出した。
 6月18日、ワシントンポストは中国農家が政府の奨励のもとに、アマンタジンを鶏に日常的に投与していると報じた。FAOとWHOは即中国政府に真偽を質したが、当局はワシントンポストの(政府が奨励しているという報道)報道を否定した。しかし農家がアマンタジンを使用しているか否かについては言及しなかった。
 FAOの鳥インフルエンザ監視ネットワークの中国におけるコーディネーターであるFusheng Guo氏はNature編集部に対して、中国農家が鳥インフルエンザのH9系株感染予防や治療に対して広く使われていたと説明した。同氏は1990年代に中国農家の個人的助言者をしていた。彼は農家に対してアマンタジンを鶏に投与すると、鶏肉に残存する薬によって人のインフルエンザウイルスが耐性を獲得する危険性があるから、止めるように警告していたと言う。その時点では彼は、問題がH5N1株に関連してくるとは考えていなかったようで、”今、それが大変な問題を招いた事は間違いない”、と語っている。
 Guo氏によると中国農業省は多分その事実を知らなかったようだ。”アマンタジンを売ると、それは違法であることが知られていたはずだ”、と彼は言う。
 中国衛生省はWHOに21日、問題は可能な限り緊急に調査される必要がある、と伝えたことが、WHOの北京スポークスマンであるRoy Wadia氏により明らかにされた。どの程度広く薬剤が使われ、どの程度ウイルスが中国内でアマンタジンに耐性になっているか、緊急に調査する必要がある。
 最初にH5N1ウイルスが香港で1997年に人に感染した時は、アマンタジンはウイルスに感受性を持っていた。しかし2003年にアマンタジンのH5N1耐性株が見つかってから、同ウイルスに対する治療薬はタミフルやリレンザのような高価な薬しか残されていない。これらの薬は貧しい東南アジア諸国において、特別安価で提供されない限り使用することは出来ない。

・International birdflu experts check human transmission risk TODAYonline, (シンガポール) 国際的鳥フル専門家、人での感染リスクの調査
 ベトナム:香港、日本、英国、および米国のウイルス学者と疫学専門家がベトナムの研究者と共に来週中頃まで、H5N1ウイルスの変異、人での感染の可能性などを調査し始めた。
・Experts in Vietnam to study birdflu evolution Boston Globe (米国) 国際チームがベトナムで鳥フルの進化について調査開始 
 下記報道と同じ
・Experts in Vietnam to study birdflu evolution Reuters AlertNet (英国) 国際チームがベトナムで鳥フルの進化について調査開始
 国際的専門家チームがベトナムで、H5N1鳥フルウイルスが進化して人の間で流行を引き起こす可能性がでているかどうか調査に入った、とWHOが24日発表した。”ベトナムで何が起きているのかということは、世界の公衆衛生にとって極めて大きな問題で、流行への対策を立てるためにも重要である、とWHOのベトナム代表のHans Troedsson氏は語った。
Vietnam central province waterfowl contract birdflu Thanh Nien Daily (ベトナム) 中央ベトナムの省で多くの水鳥が鳥フルに感染
 中央ベトナムのQuang Tri省で水鳥の20%がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。地方紙のSaigon Liberationが24日(本日)報道した。省の動物衛生局は23000羽の主としてアヒルを殺処分にした。調査結果に基づいてM今後12万〜15万羽の水鳥が殺処分される予定という。
・Team of international health experts in Vietnam to study birdflu? ... China Post (台湾) 国際チームがベトナムに鳥インフルエンザ調査で集合
 ベトナムにおける鳥インフルエンザの監視と検査態勢を強化する目的で、各国専門家からなる国際チームが今週ベトナムに集合した。
 WHOが香港、日本、英国、および米国の研究者からなるチームを編成して、今週月曜日にチームは到着した。チームは集積したデータを閲覧したり、ベトナムの中心たる研究所での診断力の強化を図った。
 先月フィリピンで開かれたWHO会議の後、ベトナム政府が専門家達を招待した。会議ではベトナムのH5N1ウイルスの変異、および人人感染による拡大の可能性などについて議論となっていた。

・Asymptomatic H5N1 Ducks in Central Highlands of Vietnam Recombinomics (米国) ベトナム中央高地に多くのH5N1感染アヒルが生息
 報道では(下記参照)H5N1感染アヒルが死亡したとか発病したとかの記載がないことから、アヒルは無症候状態と考えられる。また20%という記載は、単純に20%の鳥を検査した結果を意味している可能性もある。さらに詳細な検査を行うことにより、感染頻度は20%以上になると思われる。今シーズン初期にメコンデルタ地域で行われた調査では71%のアヒルが感染していた事実がある。
・Waterfowls in Vietnam's central province infected with birdflu People's Daily Online (人民網:中国) 中央ベトナムの水鳥の多くがH5N1ウイルスに感染
 中央ベトナムのQuang Tri省で水鳥の20%がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。地方紙のSaigon Liberationが24日(本日)報道した。省の獣医学事務所は23000羽の主としてアヒルを殺処分にした。
 6月6日に、香港、日本、英国、そして米国の研究者で構成された調査チームがベトナムに到着して、ウイルス株の変化、人人感染拡大の可能性などの調査を開始していたことが、WHOから報道発表された。。

Halt to poultry egg incubation extended to early next year ThePoultrySite.com (press release) (英国) (増殖のための)家禽卵の孵化禁止は来年までさらに延長
 ベトナム農業地方開発省は、家禽繁増殖のための卵の孵化と水鳥(アヒルやガチョウ:訳者注)およびウズラの繁殖を2006年2月まで禁止した。水鳥やウズラでの鳥フル再燃防止のための措置であるが、当初本年末までとされていた。
6月23日

・Vietnam extends halt on poultry breeding to early 2006 Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム政府、家禽の繁殖禁止を来年まで延長
 ベトナム政府は家禽繁殖のための卵孵化の禁止と、水鳥(水鳥:アヒルやガチョウと思われる 訳者注)の増殖の禁止を、鳥インフルエンザの流行再発に備えるため、来年2月まで延長すると発表した。
 今年の春、当局は本年末までの禁止としていた。
 国立銀行は、地方銀行に対して、農家への家禽繁殖や水鳥増殖のための資金貸与の禁止を求めた。

・Human drug 'not used' to protect chickens People's Daily(人民網:中国) Online中国は鶏のインフルエンザ対策に人用薬剤は使っていない 
 下記新華社通信と同じ

・Human drug 'not used' to protect chickens China Daily(中国日報) (中国) 中国は鶏のインフルエンザ対策に人用薬剤は使っていない 2005-06-23 05:49
 下記新華社通信と同じ内容
・Human drug "not used" to protect chickens Xinhua (新華社通信:中国国営通信) 中国は鶏のインフルエンザ対策に人用薬剤は使っていない
 23日、中国政府は中国農家が鶏に鳥インフルエンザ対策として人用インフルエンザ薬を投与していたとする、根拠のない海外報道を非難した。
 農業省によると2004年から3種類の鳥用ワクチンが、10製薬工場で豊富に製造されている。
 中国政府は、政府が主導して農家にアマンタジンの投与を指導していたという報道を否定して、”我々は決してアマンタジンの鳥フル予防を許可したこともなければ、政府が発行する「獣医学(ガイドライン)」のリストにもそのようなことは書かれていない。人用インフルエンザ薬は毎日服用させる必要があり、コストも非常にかかる。農家がそのような薬を使う理由も必要性もない”、と声明を出した。
 農業省によると、中国は鳥インフルエンザワクチン開発で世界をリードしており、安く効果的ワクチンを農家に提供しているとされる。
 ワクチン接種する農家には政府から費用の半額が支給されている、と声明文で伝えられている。

・China to stop using human flu drug on poultry New Scientist (subscription), (英国) 中国、人用インフルエンザ薬の家禽使用を中止
 中国は農家が人用インフルエンザ薬を家禽に使っていたという報告を確認した。即、使用を禁止するという。
 しかしすでに耐性株は東南アジア全体に広がっており制御するには遅すぎると考えられる。

 6月17日ワシントンポストは、中国の製薬会社の幹部と獣医師達の談話を引用して、中国では1990年代後半から農家の間で鳥インフルエンザ対策に、アマンタジンが広く使われていたことを発表した。薬剤は全土で安価で売られておりいつでも使用できる状況だと伝えられた。使われ方は通常の感染症に対する抗生物質と同じように、鳥フルの治療や予防に使われていたと言う。
 「New Scientist」で米国のウイルス学者の Robert Webster博士は、中国農家でアマンタジンを飼料に混ぜて使用していた事が2003年以来の耐性株の出現の原因になった、と非難した。
 ワシントンポストは記事の中で、
中国軍隊によってまとめられた一般農家向けの「獣医学ハンドブック」を引用した。その中では鶏に使用するときの詳細な投与量が書かれてある。中国農業省はアマンタジン使用を奨励していたことを否定したが、即全土に調査隊を派遣して投与の禁止を図るとの報道がなされた。
 現在耐性株がアジアでどの程度広がっているのか不明である。中国は最近三度目にあたる鳥フルの家禽での流行が新疆省で発生したことを報告している。

・Flu drug for birds faces obstacle of high costs The Standard (香港) 中国での鳥に対する抗インフルエンザ使用は高価過ぎる
 国連機関のFAOは22日、中国本土におけるアマンタジンの使用はコストが高いことから制限的だったと思われる、とのコメントを発表。
 WHOは21日、中国農家がアマンタジンを鳥フル対策に鶏に投与していたことを暗黙に確認した。ワシントンポストによると政府が奨励していたとされるが、中国当局はそれを否定していた。

 中国農業省は21日FAOに報告書を送ったが、それによると中国政府は決してアマンタジン投与に関係していないし、またその危険性を十分承知している、と伝えた。
 記者会見したFAOの中国代表であるNoureddin Mona氏は、報告書の行間からはある程度の農家がアマンタジンを使っていた可能性を読みとれるが、薬剤の価格が高いことを考えると、使用範囲は限定的である可能性が高い、と語っている。
 さらに、中国ではワクチンが安価で出回っている。農家が購入した場合、助成金または賠償金がもらえる。ワクチンは半年に一度接種すれば良いが、アマンタジンは毎日投与しなければならないから極めて不経済的だ。同氏はこのように語って、中国での鶏に対するアマンタジン投与は限定的だった可能性を示唆した。
6月22日

Serious consequences if misuse of flu drug not stopped: FAO China Daily(中国日報) (中国) FAO:もし薬剤の誤用を中止しなければ重大な結果が招来 (2005-06-22 20:15)
 国連機関のFAO(国連食糧農業機関)は、(中国での)鳥フル対策としての薬剤の誤使用を政府が止めさせないと、中国やアジアで重大な結果を招くかも知れないと警告した。

 ”もし農家がアマンタジンを提供され使用し、ウイルスが耐性を獲得するならば、他の国、または中国で人の間に鳥フルが流行しだしたとき、アマンタジンは治療薬として効果を持たないだろう”、と中国のFAO代表であるNoureddin Mona氏は22日、AFP(フランスの通信社Agence France Presse)に語った。
 ”我々はこの事態は非常に危険であり、十分対策を施さなければならない、と考えている”。
 アマンタジンの誤使用は健康危機につながる重大な問題で、それはワシントンポストの記事が引き金となり浮上した。すなわち同紙は、政府の勧奨のもとに中国農家が広くアマンタジンを、致死的鳥フル対策に家禽に1990年代から使用している、と専門家の談話を掲載した。
 動物への薬剤の使用はウイルスが薬剤耐性になる原因となる、と専門家達は警告している。
 動物におけるウイルス耐性株の誕生は、そのウイルスが容易に人に感染して、薬剤(アマンタジン)が人の治療に無効になる可能性を意味する。
 中国政府は政府が農家に薬剤使用を許可していたというワシントンポストの報道を否定したが、農家達が感染した鶏を殺処分する代わりに、不法に薬剤を使用していたかも知れないと、国内の報道機関の一つがコメントしている。
 中国政府は、早急に調査して、薬剤を誤使用している農家を処分すると語り、国内で薬剤が誤使用されている事実を示唆した。
 FAOは22日現在、家禽に対するアマンタジン使用の詳細に関して、中国農業省からの情報を待っている。WHOも同様に詳細情報を求めている。
 ”どのくらい大量にどこで使用されたのか、我々は全く知らない。そのような情報を得て、使用を中止させることは中国農業省の責任である”、とFAO中国代表のMona氏は語っている。
 ワシントンポストは記事の中で、アマンタジンは安価で容易に中国で入手出来ると説明している。
 ”アマンタジンは市場で売られるべきでなく、処方でのみ販売されるべきである。中国政府が農家に対して薬剤の使用を禁止することは重要なことだ”、と同氏は語った。
 ”アマンタジンを中国農家が使用することは、農家が自分達の家禽を短期間生かせるかも知れないが、逆に極めて危険な状態を中国と中国外にもたらすことをい意味する(耐性ウイルスを作ること:訳者注)。それは中国だけの問題ではなく地域全体の問題なのだ。さらに生じる結果は健康危機に関するだけでなく、経済的問題にも波及する”。Mona氏は説明を続ける。
 もし農家が感染した家禽を殺処分するかわりにアマンタジンを使用するならば、(薬剤に耐性になった)ウイルスが広がり、中国だけでなく他の国の養鶏場をも荒廃させることになる。
 ”この種の疾病は単に病気としての問題だけに留まらない。それは経済的問題に発展する。消費者も鶏肉の供給が減少して影響を被る。…これはタイやベトナムなど、多くの国が影響を被る” 。とMona氏は言う。
 ”中国は事態の持つそうした責任性を十分知っている。…我々は彼等が生じる結果について自覚していることを信じている”。
 これまで、鳥インフルエンザウイルスは主として鳥の間でしか感染していなかったが、専門家達はH5N1ウイルスが変異して人人感染を起こす能力を身につけ、世界的に破滅的流行を起こすことを恐れている。
 WHOは、もし実際このような事態になれば、この新型インフルエンザは世界で5千万人の犠牲者をだすと警告している。
 2003年の流行勃発以来これまで54人の人が亡くなっているのだ。

・Chinese government never approved use of anti-viral drug for human ... People's Daily Online (人民日報) 中国政府はアマンタジンの使用を許可していない:外務省記者会見
 中国外務省の定期的記者会見で、中国政府は鶏にアマンタジンの使用を許可していないし、そうすることによる危険性は十分承知している。もしそのように薬の不正使用をする者がいたら厳罰に処せられるだろう、と発表した。
・Cost seen limiting use of flu drug on birds in China Reuters India, (インド) 中国におけるアマンタジン使用は、コストがかかる理由で制限的使用であった可能性
 国連機関のFAOは22日、中国におけるアマンタジンの使用はコストが高いことから制限的だったと思われる、とのコメントを発表。
 WHOは21日、中国農家がアマンタジンを鳥フル対策に鶏に投与していたことを暗黙に確認した。ワシントンポストによると政府が奨励していたとされるが、中国当局はそれを否定していた。

 中国農業省は21日FAOに報告書を送ったが、それによると中国政府は決してアマンタジン投与に関係していないし、またその危険性を十分承知している、と伝えた。
 記者会見したFAOの中国代表であるNoureddin Mona氏は、報告書の行間からはある程度の農家がアマンタジンを使っていた可能性を読みとれるが、薬剤の価格が高いことを考えると、使用範囲は限定的である可能性が高い、と語っている。
 さらに、中国ではワクチンが安価で出回っている。農家が購入した場合、助成金または賠償金がもらえる。ワクチンは半年に一度接種すれば良いが、アマンタジンは毎日投与しなければならないから極めて不経済的だ。
同氏はこのように語って、中国での鶏に対するアマンタジン投与は限定的だった可能性を示唆した。

・Why the birdflu virus is less deadly but more dangerous Newstarget.com (台湾) 鳥フルウイルスが致死性を減じると、なぜより危険性が増すのか?
 90%の人々を殺す致死力があれば、ウイルスはすぐに宿主を死亡させて、人から人へ感染してゆく効率が下がる。90%以上の人々が感染しても死なず、周辺にウイルスを伝搬してくれる状態(すなわち感染力が強い)を起こすウイルスが、危険なウイルスと言えるのだ。

 意訳文
China tries to stop usage of anti-bird-flu drug Taipei Times (台湾) 中国、抗鳥インフルエンザ薬の使用を禁止へ
 昨日中国政府は、家禽でのアマンタジンの誤使用を中止させるために専門家を全土に派遣すると発表。また政府がそれを奨励していたという報告を否定した。しかし、アマンタジンがどの程度広範に使われていたかは明らかにされていない。
・FAO: New outbreak of birdflu in China Food Consumer, WI (国際)FAO) 中国で新たな鳥インフルエンザ流行発生と発表
 この2カ月間で三番目の流行事例が新疆省昌吉市(州都ウルムチ近く)で発生したと、国連機関のFAOがAFPに伝えた。128羽のガチョウとアヒルが発病し、63羽が死亡した。中国農業省からFAOに21日午後に連絡が入った模様。報告は公開されていないが、1490羽の鳥が殺処分された模様。H5N1ウイルスが原因であることは国立鳥インフルエンザ研究所で確認された。発生がいつなのか詳細なる情報は、現在のところ不明。
・China's chicken farmers under fire for antiviral abuse Nature.com (英国) 抗インフルエンザ薬の乱用で中国農家に非難集中 (緊急掲載論文)
 (購読者のみ閲覧) (抄録)より警戒されている鳥インフルエンザ株のH5N1がもっとも効果のある抗インフルエンザ薬の一つに耐性になった。それは中国の農家が鶏に乱用した結果と思われる。
・China Probing Misuse of Antiviral Drug by Poultry Farmers E-Commerce Times (国際) 中国当局、家禽農家による抗インフルエンザ薬乱用を調査と
 21日、中国政府は農家によるアマンタジン(人用抗インフルエンザ薬)の鶏への乱用実態を調査、そして禁止させるため調査団を全土に派遣予定と発表。政府の指示によるというワシントンポストの報道を、全く根拠無い報告と否定。国営通信を通じて声明。AP通信の電話取材には応答なし。

・Chinese farmers 'must not give poultry human flu drug' SciDev.net (英国) 中国農家は家禽に人用抗インフルエンザ薬を投与してはならない
 中国政府は、農家が鶏に人用抗インフルエンザ薬を投与しないように監視するため、視察団を全土に派遣すると言った。声明は農家が鶏の鳥インフルエンザ対策に人用抗インフルエンザ薬を使用するように奨励されているという、ワシントンポストの報告に対して出された。農業省長官のXu Shixin氏は、20日、政府が奨励していたという報告を否定した。
 研究者は鶏に薬を投与することは、ウイルスを耐性にする可能性が強く、人にはもはや効果を持たなくなる危険性がある、と警告している。

・China urged to give details on flu drug Washington Times (米国) 中国政府は鶏への抗インフルエンザ薬投与に関して詳細の公表を求められる
 国連は中国に、家禽における鳥インフルエンザ治療のために、禁止されている人用抗インフルエンザ薬を投与しているというワシントンポストの報告に対して、詳細を公表するように圧力をかけている。
 中国当局は21日、専門家を全土に派遣して薬の鶏への誤使用を禁止する措置をとると発表。また政府は、ワシントンポストが先週伝えた、政府が奨励しているという報道を否定した。

・China Denies Reports It Misused BirdFlu Drug Chosun Ilbo (韓国) 中国政府、鶏への人用インフルエンザ薬の投与を否定、しかし調査する予定
 中国政府は、ワシントンポストが報じた中国農家の鶏への抗インフルエンザ薬投与を否定したが、調査団を全土に派遣して、使用しているなら禁止措置をとると表明。

・Update: Notice to Travelers about Avian Influenza A (H5N1) Community Dispatch (米国) 旅行者への鳥インフルエンザ情報(CDC:)更新
 CDCの海外旅行者に対する鳥インフルエンザ情報。ベトナムで新規に発生しているが、現在の処感染した鳥と濃厚に接触した人間が主に感染している。WHOと密に連携をとっているが、現在、鳥インフルエンザ発止地域への旅行注意報は出さない。そうした地域では可能な限り生きた家禽、死亡した家禽、家禽が接触した部位、家禽分泌物などに接触しないことが望まれる。
 生の家禽、家禽産物(血液など)を摂食して発病したケースがベトナムで本年度二例発生している。そうしたものを摂食することは危険である。
6月21日

・New H5N1 Clinical Presentation in Northern Vietnam Recombinomics (米国) 北ベトナムの鳥フル発症2患者は新しい臨床像を呈している−−人への親和性を獲得?
 最近報告された北ベトナムの2症例は咽頭痛と気管支炎を主症状としている。これらの症状は、New England Journal of Medicineがまとめた昨年から発生した10症例の症状にはない。同様にタイで昨年死亡した患者の剖検でも上部呼吸器にはウイルスは検出されていない。
 昨シーズンから流行しているH5N1ウイルスによる鳥フルの致死率は高いが、人から人への感染力は弱かった。咽頭痛と気管支炎は人のインフルエンザの主要なる症状だ。H5N1ウイルスが(人の上気道粘膜に親和力を増し)、人から人へ感染しやすくなってきていることが示唆され、人の間での流行を引き起こす可能性が強まっていると考えられる。

・H5N1 BirdFlu Outbreak in Changii Xinjiang Recombinomics (米国) 中国新疆省昌吉市でH5N1鳥フル流行
 州都ウルムチより30マイル北西部の昌吉市で3度目の流行事例。場所はこれまでの2流行地の間に位置する。今回の流行状況は先の新疆省塔城市での流行に似ている。感染したガチョウの半数が死亡している。通常ガチョウは感染しても死亡しない。これまでの3流行は状況から言っても時期的にも類似していることから渡り鳥によってもたらされたと考えられる。
 今回の流行では、先の新疆省での流行と同じく人での感染例の報告はない。しかしながら非公式情報では一度目の流行地である青海省での人の感染と死亡が伝えられている。さらに二度目の流行地である新疆省塔城市では肺炎の多発が報告されている。
 WHOは青海省と新疆省の立ち入り調査を中国当局に申し出ていたが、新疆省への立ち入りは拒否された。この事実は、新疆省塔城市の隔離病棟に入院していると言われる患者(肺炎患者)や医療関係者が、H5N1に感染しているという憶測を大きくする

China reports new outbreak of birdflu TODAYonline (シンガポール)中国、新たなる流行を報告
 この2カ月間で三番目の流行事例が新疆省昌吉市(州都ウルムチ近く)で発生したと、国連機関のFAOがAFPに伝えた。128羽のガチョウとアヒルが発病し、63羽が死亡した。中国農業省からFAOに21日午後に連絡が入った模様。報告は公開されていないが、1490羽の鳥が殺処分された模様。
・WHO worried by China's use of flu drug on birds Reuters.uk (英国) WHO、中国における鳥へのインフルエンザ薬使用を心配、WHOとFAO代表、青海省へ調査へ新疆省昌吉市で新たな鳥フル発生
 WHOは21日、中国農家が鶏の鳥フル対策に禁止されている人用インフルエンザ薬を使用していたことを、名言は避けたが確認したようだ。中国当局は許可をあたえていたことは否定したが。
 中国当局はもう一つの国連機関であるFAOに、H5N1ウイルスによる新規の鳥フル流行が新疆省ウイグル自治区の昌吉市で発生したことを伝えた。
 WHOとFAOの代表は中国衛生省と農業省の代表と共に、感染地域における対策視察のために19日青海省へ飛んだ。

・Health officials increase surveillance of avian virus, push for ... Daily Review Online, (米国) 健康当局は鳥フルへの警戒感を強め、ワクチン開発を主張
 「カイザー・パーマネント北カリフォルニア危険評価管理ワークグループ」の長官であるSkivington氏は、毎朝起きるとインターネットでアジアの鳥インフルエンザ情報をチェックする。彼のグループの4人のスタッフは鳥インフルエンザは、今もっとも優先しなければならない問題と考えている。
 ”これは本当に恐ろしい問題だ。私はその対策を考えると睡眠時間が無くなってしまう。我々は計画に計画を重ねている。鳥フルが流行する前に対策をたてることが出来ることを願う”、と彼は語っている。
 以下H5N1鳥フルの最近の情報をまとめてある(訳者:注)

WHO in Qinghai But Denied Permission to Visit Xinjiang Recombinomics, (米国) WHO、青海省は許可されるも、新疆省は拒否
 WHOは青海省への立ち入り調査を中国側に求めていたが先週遅く、少人数のWHOとFAOの代表の青海省への訪問が許可された。しかし新疆省への立ち入りは許可されていない。WHOはさらに新疆省への立ち入りも求めて行く予定。
・China says it will stop misuse of antiviral drug, denies ... Canada.com, (カナダ) 中国当局薬の誤使用を止めさせる、政府は許可していない
 中国は鶏に対するアマンタジンの使用を中止させる措置をとる予定と、国営通信が報道。本日の、健康省と農業省への電話取材に対しては応答がなかった。
・China aims to curb use of flu drug on birds-report Reuters AlertNet (英国)中国、鳥へのインフルエンザ薬投与を禁止に
 中国農業省は研究チームを全土に派遣して人用インフルエンザ薬の家禽への使用を禁止させる予定と発表。そして政府が許可していたというワシントンポストの報道を否定した。国営通信報道による。
・Misuse of antiviral on poultry must stop Xinhua(新華社通信:中国国営通信)家禽への薬剤の誤使用は禁止しなければならない ーー政府の関与を否定
 中国農業省は家禽へのアマンタジンの誤使用を中止させるために全土に視察チームを送り出すことを計画している。
 昨日、中国政府は農家が政府の奨励でアマンタジンを家禽に投与しているとする報道を否定したが、それに引き続いて上記計画が発表された。
 研究者達は薬剤を動物に使うことで薬剤耐性ウイルス株が誕生することを懸念している。
 報告によると耐性ウイルス株はベトナムやタイなどで見つかっているという。
 農業省の獣医学部門長官であるXu Shixin氏は、政府は決してそのようなことを許可していないと語っている。
 しかし彼はアマンタジンがどこで使われていたのかについては分からないと言った。

 Xu Shixin氏は18日のワシントンポストの報道、すなわち政府が奨励して家禽へのアマンタジン投与が行われている、を否定して、報告は根拠がないものだ、と語っている。
 WHOとFAOはこの報道に関心を示し、スポークスマンは中国政府に詳細情報を求めると語っていた。

・WHO questions misused antiviral drug San Luis Obispo Tribune (米国)WHO、抗インフルエンザ薬の誤使用に関して中国当局に釈明を求める
 ワシントンポストと同じ内容。
・WHO Questions Misused Antiviral Drug New York Newsday (米国) WHO、抗インフルエンザ薬の誤使用に関して中国当局に釈明を求める
 下記ワシントンポストの内容と同じ。
・WHO Questions Misused Antiviral Drug Washington Post (米国) WHO、抗インフルエンザ薬の誤使用に関して中国当局に釈明を求める
 (AP通信) ワシントンポストが報じた中国農家のアマンタジンの鶏への誤使用に関して、WHOは20日、中国当局に事実の確認を求めた。
 WHOの北京代表であるRoy Wadia氏は、
彼等は報道内容を十分認識していて、我々との話し合いに応じる、と言った。
 一方、中国健康省と農業省は、20日、AP通信の質問には何も答えなかった。
 ”もしこれらが事実であり、結果的にウイルスがアマンタジンに耐性になっているとしたなら重大だ”と Wadia氏は語っている。

 中国では人の感染例は報告されていないが、先月遠い青海省で1000羽以上の渡り鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡している。
 今週WHOの専門家は中国当局の専門家と一緒に流行地域を視察に行く予定になっていた。
・Chinese BirdFlu Treatment Practices Questioned Washington Post, (米国) 中国での鳥フル治療行為は疑問
 国連の2機関、WHOとFAO代表は個別に中国当局者と会い、中国当局が長年農家に対して人用インフルエンザ治療薬のアマンタジンの鶏への投与を推奨してきたとの報告に関して、その事実とさらなる詳細に関して情報を求める最初の会談をもった。
 これら一連の動きは、18日にワシントンポストが、中国の農家が抗インフルエンザ薬のアマンタジンを、鶏の鳥インフルエンザを治療する目的でしようしてきたという、動物衛生専門家の談話を報じたことに始まった。このような行為は1990年代後半から政府の指導の元に行われてきたという。また国際ガイドラインに反した行為でもある。人の間で鳥インフルエンザが流行した際には、ウイルスがアマンタジンに対して耐性となっているのでアマンタジンは治療薬とはもはやなり得ない、と専門家達は結論している。
 WHOの北京事務所代表であるRoy Wadia氏は、”これは公衆衛生上極めて重要な問題である”という。そしてさらに”どんな場合でも抗ウイルス剤は、それらが作られた目的に従って使われなければならない。なぜなら使用方法が違えると耐性ウイルスを作ってしまう危険性があるからだ”と付け加える。
 WHO事務所では今後さらに中国側と会談がもたれる予定という。
6月20日

・A nightmare scenario 
New York Daily News (米国) 悪夢的シナリオ
 
鳥インフルエンザがアジアから世界に拡大して流行するのは間違いない。先週インドネシアで、すでに東南アジアで50人以上死亡させている鳥インフルエンザに、一人の男性が感染していたことが確認された。ウイルスが遺伝子変異を起こすならば、鳥インフルエンザは世界的に流行するだろう、と専門家は警告している。世界の人口の1/4が感染して、1億8千万人から3億6千万人の犠牲者が出ると計算される。少なくともエイズの死者の7倍に上る。さらに全ては数週間以内に起きることなのだ。

 このインフルエンザは通常のインフルエンザとは異なる。通常のインフルエンザは例年100〜200万人の死者しか世界で発生させない。これまでのもっとも恐慌的インフルエンザは1918年のスペイン風邪で、2千万人死亡した。それは中世のペストの死者以上の数だ。
 世界的流行を起こすためには三つの要素がある。1)ウイルスが動物間での限定した感染の繰り返しから飛び出して、人に感染する能力を身につけること、2)人に感染したウイルスが人に重病を引き起こすこと、3)ウイルスが咳とかくしゃみ、さらに握手などで容易に人から人へ感染すること。
 現在の鳥インフルエンザに関して言えば、最初の二つの要素は達成されている。感染した人々の半数が死亡している。問題は第三の要素であるが、ウイルスが変異して容易に人人感染を起こすのかどうかである。
 この新しいインフルエンザはすでに鶏から他の鳥や豚にまで感染が広がっている。豚はそのウイルスが結合する細胞のリセプターが人のそれに似ているために、人のインフルエンザウイルスと他動物のウイルスが容易に感染して、体内で混じり合って遺伝子の再結合を起こし、新型ウイルスを誕生させることが知られている。これは非常に危険な状態であって、人のインフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルスが遺伝子組み替えを起こして、容易に人人感染を起こす新型インフルエンザウイルスが誕生する危険性がある。
 どれだけ今危険性が迫っているのか誰も分からないが、専門家はせっぱ詰まった状況にあると警告する。我々はインフルエンザワクチンを年間に3億人分しか製造できない。世界の60億人以上の人々に対してである。一旦インフルエンザ(新型)が流行しだしたらレースのごとくそれは世界中に広がる。
 我々が今すべき事は以下の通りである。

 第一 1〜3年続くと考えられる流行期間における各種の団体との連携計画作成
     医療組織、食料品提供業界、交通関連団体、公衆衛生組織など

 第二 WHOの権限強化。情報収集のための様々な権限を付与する。
 第三 既に報告されている人の感染事例を調査・分析して、鳥インフルエンザの変化とその流行の兆しの警戒のための資料とする。
 第四 ブッシュ大統領が発令した(4月に)新規則は、新型インフルエンザ発生をテロリズムの発生にたとえて考えることが出来る。それはすぐに必要な段階の国家的緊急態勢に移行可能だ(これはかなりの意訳かも知れない:訳者)
 第五 ワクチンの開発と大量の製造のための予算、さらに抗インフルエンザ薬備蓄のための予算。そのために要す時間や出費をためらうのは無責任と言わざるをえないだろう。
 
 これらの殺人ウイルスは単純に世界から隔離することは出来ない。もし鳥インフルエンザの世界的流行を許したならば、それは我々の健康、安全、そして繁栄にとっての直接的脅威になるだろう。
 インフルエンザ(influenza)という言葉。それはラテン語のinfluentiaからきている。流行病は星の影響で起こると、信じられていた頃に出来た言葉だ。今日、我々はファンタジーの世界を乗り越えているが、それでも世界は鳥フルの世界的流行に備えが出来ていない。科学的コンセンサスは、もし起きるなら、という仮定法的表現から、いつ次の世界的流行は起きるのか、という確定的表現を許している。我々には準備のための時間はそれほどない。

・Waiting for the killer flu Times of Malta, (マルタ) 殺人的インフルエンザに態勢つくり
 世界は今、世界中で数百万人の犠牲者をだす可能性あるインフルエンザの大流行に備えようとしている。16世紀以来世界は1世紀に平均3回のインフルエンザ大流行を経験してきている。間隔は10〜50年だ。Cynthia Busuttil  氏は、国立インフルエンザ流行対策委員会の委員長に流行に備えるよう警告した。
 マルタで急ぐべき対策として以下のk事項があげられた。
  抗インフルエンザ薬の備蓄、ワクチンの発注、保健医療関係者のための予防衣や、インフルエンザ診断キットの用意

28 Bird Flu Cases in Northern and Central Vietnam  Recombinomics (米国) 中央、北ベトナムで鳥フル感染事例が28例に
 報告によると、2名の患者と3名の疑い患者がハノイの熱帯疾病研究施設に、18,19日に入院した。最近同施設では13人の患者と15人の疑い患者を収容している。
 今月第一週に2名が入院、第二週には13名、第三週に13名入院したことになる。直近の5名以前の患者は、少なくとも北と中央ベトナムの6省で発生した。

・Vietnam reports new birdflu outbreak Seven.com.au (ベトナム) 南ベトナムで大量の鶏で発生
 南ベトナムの Ben Tre省の鶏農場で6700羽の鶏のうち4000羽が突然死亡(6月9日)。
 当局は残りの鶏を2日後殺処分したが、検査でH5N1感染が確かめられた。同省では3月以来初めての流行で、農場と周辺が消毒された。

・Two more birdflu cases reported Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナムでさらに新規感染者が2名
 ベトナム、ハノイの熱帯疾患研究施設に新たに2名の感染者が入院し、疑い患者が5名いると、病院当局が19日発表した。状態は安定しているが、彼らの感染源は不明。しかし患者の何人かは家禽に接触したことはないと言っている模様。
 先週から23人の疑い患者がベトナム国内で報告された。
(今回の例がこの中に含まれるのかについては不明。23名という数はすでに伝えられているが、報告によって内容が若干異なっている:訳者)
 専門家達はH5N1ウイルスが水系または空気感染を起こしている可能性をも警戒しているようだ。
・WHO probes China's reported use of flu drug on birds Reuters AlertNet (英国) WHO、鳥フル薬の使用に関して中国当局の説明を求めている
 WHOは中国政府が国際ガイドラインに違反して、人用インフルエンザ薬を家禽の治療に用いるよう奨励していたという報告について、真偽のほどを確かめるべく、中国当局に詳細な情報を求めている。
・More BirdFlu in Asia; Risk of Global Pandemic Projected 米国大使館(東京) アジアでさらなる鳥フル拡大:世界的流行の危険性
 6月1日、ベトナム政府は4人の新規鳥フル感染患者を報告した。すべての患者はハノイの病院で治療中である。WHOの報告によるとこれまで当南アジアで107人の患者が発生している。多くはベトナムであるが、ほかにタイやカンボジアでも発生している。
 世界の保健衛生専門家達は注意深く東南アジアでの鳥フル流行の推移を観察しているが、もしこのH5N1ウイルスが人人感染を起こすような変異を遂げると、世界的に多くの犠牲者が発生し、さらに大きな経済的ダメージを世界は受けるだろうと、米国の専門家達は警告している。

 US Department of Homeland Security(米国国家安全対策局)長官の Michael Osterholm長官は、新型インフルエンザの世界的流行は世界で3億5千万人の死者を出し、世界の経済と貿易を麻痺させる可能性を否定できないと警告している。
 米国国立アレルギー感染症研究所長のAnthony Fauci博士によると、致死率は20〜40歳代でもっとも高いという。大流行により国の中の労働人口が不足する可能性もある。また同博士は、さらに大きな問題は誰も免疫になっていないことである。だから誰でも感染発病する危険性があることだ、と付け加える。東南アジアで流行している鳥インフルエンザが世界的に人の間で大流行する可能性を示唆する根拠はいくらでもあるのだ、とFauci博士は語る。
 世界各国、特にアジア各国は緊急に連携してこの鳥インフルエンザの世界的拡大に対処しなければならない、とOsterholm長官は語っている。
・US Stockpile of Anti-Flu Drugs Is "Totally Inadequate" Medical News Today (英国) 米国の抗インフルエンザ薬備蓄量は不足
 米国感染症学会は米国のタミフル備蓄量は十分でないと警告。
 現在米国の備蓄量は230万人分に過ぎない。新型インフルエンザが勃発して、ワクチンが製造されるまでの半年から9カ月間は、抗インフルエンザ薬に頼るしかない。現在の備蓄量では何らかの対策用にもならない。学会長は警告を発している。
 もし現在、アジアで流行中の鳥インフルエンザ、または他の株が世界的に流行した場合、我々は全く為す術がない、と同氏は説明する。
 抗インフルエンザ薬は治療用に5200万人〜8400万人分、そして医療関係者などの予防用に1500人〜4000万人分は必要だ。
  以下18日のCIDRAP (米国)報道と内容は同じ。

・Drug to fight birdflu pandemic useless: WHO Age (subscription), (オーストラリア) 鳥フル流行に対処する薬剤が無効に:WHO発表
 昨日の英国、Telegraph.co.ukと同じ内容
・Drug tests raise risks of birdflu The Standard (香港) 中国で人用抗インフルエンザ薬を使用−−鳥インフルエンザに対する危険性増加
 中国は鳥インフルエンザを抑止する目的で人に対する抗インフルエンザ薬を家禽に投与してきた。それは世界的に鳥インフルエンザ(新型ヒトインフルエンザとして)が流行したときに、公衆衛生上の安全性を脅かすことにつながっている。
 中国は昨年2月に初めて鳥フルの流行を発表した。しかし、それまで8年間以上に渡って農業省は農家に感染した家禽にアマンタジンを投与するように指示してきたとという。それは国際的ガイドラインに反した行為であるが、北京の製薬会社が米国メディアに語っている。
 科学者達は昨年末にウイルス(H5N1)がアマンタジンに抵抗性を獲得したことを確認して、現在人の治療には使うことが出来なくなった。今回、その原因が明らかになった。
 この1年半に渡って東アジアで鳥インフルエンザは流行して、ベトナム、カンボジア、そしてタイで100人以上の人が感染し、少なくとも54人が死亡し、さらに多くの飼育家禽を失った。

 WHOのスポークスマンであるDick Thompson氏は、昨夜ジュネーブで次のように語った。”国連は中国でアマンタジンが家禽に使われている疑いを長らく抱いていたが、今週中国政府に詳細な情報を求める”。
 Thompson氏はさらに、すでに無効になってしまったアマンタジンは流行の際の対策の一翼を担うはずだった、と言う。同薬がすでに我々に対して無効であることは非常に残念なことだ、と付け加える。
 アマンタジンは人インフルエンザ治療に用いられる2種の薬の一つである。もう一つのタミフルは、大量生産するにははるかに高価である。

 昨日報道のワシントンポストによると、中国の保健当局者は、政府が鶏に使用目的のアマンタジンの製造と販売を国内の製薬会社に許可していたという。多くの西欧諸国ではアマンタジンを鶏に使うことで鶏がウイルスに対して免疫を獲得して無症候性にウイルスを保因し、さらなるウイルスの拡散が起きる可能性から禁止されている。中国では1990年代後半からアマンタジンが使われていたようである。(訳者注:アマンタジンを鳥フルに感染した鶏に投与すると、体内のウイルス量が減るため鶏は鳥フルから回復して免疫を獲得するが、少量のウイルスは体内に感染したまま、周辺にウイルスを散布する結果になる。アヒルや水鳥も同じ状態で、免疫があるためウイルスに感染しても発病しないが、ウイルスは体内に保有したまま、周辺に感染拡大を起こす)。
 先週、中国は北西部の新疆省ウイグル自治区で鳥フルの流行を確認している。460羽のガチョウが死亡し、拡大予防措置のために13000羽の家禽が殺処分された。
 上記流行は1年ぶりに発生した隣の青海省での渡り鳥での流行発生に引き続き、わずか2,3週以内に起こった。
 以上は昨日の英国、Telegraph.co.ukと同じ内容であるが、最後の、”中国はかってSARS流行を隠して国際的に非難された”、という文章は削られている。
6月19日

・Labor urges more action on birdflu Australian (オーストラリア) オーストラリア労働党は政府に鳥フル対策の強化を促す
 オーストラリア労働党はインドネシアで人の感染者が発生したことから、政府に対策のさらなる強化を促した。
・Myanmar urges remaining vigilant against avian influenza People's Daily Online(人民報、中国) ミャンマー政府、鳥フル警戒対策の維持を呼びかける
 東南アジアでの鳥インフルエンザの流行、人での感染事例を受けて、ミャンマー政府は警戒態勢の維持が必要と呼びかけた。鳥フルの感染様式、予防方法などの知識を徹底することなど。
 ミャンマー政府は今年初め、WHOのガイドラインに従って行動計画を作成している。さらに国境沿いの町の病院に隔離病棟も用意している。

・Chinese farmers use human drug on chickens, possibly worsening flu... China Post (台湾) 中国農家は人用インフルエンザ薬を鶏に投与−−事態を悪くしている可能性
 中国の農家は政府の奨励のもとに鶏の鳥フル治療と予防のために人に対する治療薬を使ってきた、と動物衛生省当局者が語った。国際的研究者達は、鳥フルが世界的に流行したとき、もはやこの薬剤は人には無効であると判断している。
 中国の、この薬剤アマンタジンの使用は国際家畜ガイドライン(international livestock guidelines)に違反することで、中国の製薬会社幹部と獣医達はインタビューで、薬は数年前から広く使われてきたという。
 アマンタジンは人インフルエンザ治療薬2種類のうちの一つである。しかし昨年アマンタジンがベトナムとタイで流行しているH5N1に対し無効であることが、研究者達の間で明らかになった。残された1種類の薬、タミフルは大量の製造には費用がかかり、特に東南アジアの発展途上国が手に入れるのは難しい状況である。
 これまで、このような疑いは国際的に研究者の間で抱かれていたが、中国内の情報が得られなく確信が持たれなかった。米国CDCのインフルエンザ部門の当局者は中国のウエブサイトから情報を得ようと試みてきたが、満足できる情報は得られていないという。

 中国は2002年、SARS勃発時、流行の事実を隠していたことから、国際機関から非難を浴びた経緯がある。
6,000 chickens die in birdflu China Post, (台湾) ベトナムで鶏6000羽死亡−新たに鳥フル流行
 大きな流行の報告が2カ月間無かったベトナムで、南ベトナムで6000羽が鳥フルで死亡したと獣医学分門当局者が、18日語った。Ben Tre省のAn Khanh地区で4日間の間に6000羽に鶏が死亡し、続いて土曜日(18日?)に700羽の鶏が殺処分されたという。大小の鳥フル流行はいまだ散発的に起きていると当局者は伝えた。
・China ruins best chance of beating birdflu epidemic Telegraph.co.uk (英国) 中国、鳥フル流行対策を台無しに
 中国が家禽における鳥フル流行を阻止する目的で、人用抗インフルエンザ薬を家禽に投与していたことが判明し、世界的に新型インフルエンザが流行したときに、使用可能な効果的治療薬の一つを失ってしまった。
 中国は昨年2月に初めて鶏の鳥フル流行を報告したが、それ以前に8年以上に渡って抗インフルエンザ薬のアマンタジンを鶏に投与していたことが、北京の製薬会社の談話で明らかになったことを、ワシントンポストは報じた。
 中国農業省は国際的ガイドラインを無視して、鳥フルに罹患した家禽にアマンタジンを投与するように勧めていたという。
 昨年科学者達はウイルスがアマンタジンに抵抗性を獲得してしまい、同薬を人の治療に使えなくなったことを認識したが、その理由が今判明した。
 過去18カ月、鳥フルは東アジアに広がり100人以上の人々に感染し、54人の人々を死亡させ、大量の飼育家禽が失われた。
 WHOのスポークスマンであるDick Thompson氏は、昨夜ジュネーブで次のように語った。”国連は中国でアマンタジンが家禽に使われている疑いを長らく抱いていたが、今週中国政府に詳細な情報を求める”。
 Thompson氏はさらに、すでに無効になってしまったアマンタジンは流行の際の対策の一翼を担うはずだった、と言う。同薬がすでに我々に対して無効であることは非常に残念なことだ、と付け加える。
 アマンタジンは人インフルエンザ治療に用いられる2種の薬の一つである。もう一つのタミフルは、大量生産するにははるかに高価である。
 昨日報道のワシントンポストによると、中国の保健当局者は、政府が鶏に使用目的のアマンタジンの製造と販売を国内の製薬会社に許可していたという。多くの西欧諸国ではアマンタジンを鶏に使うことで鶏がウイルスに対して免疫を獲得して無症候性にウイルスを保因し、さらなるウイルスの拡散が起きる可能性から禁止されている。中国では1990年代後半からアマンタジンが使われていたようである。(訳者注:アマンタジンを鳥フルに感染した鶏に投与すると、体内のウイルス量が減るため鶏は鳥フルから回復して免疫を獲得するが、少量のウイルスは体内に感染したまま、周辺にウイルスを散布する結果になる。アヒルや水鳥も同じ状態で、免疫があるためウイルスに感染しても発病しないが、ウイルスは体内に保有したまま、周辺に感染拡大を起こす)。
 先週、中国は北西部の新疆省ウイグル自治区で鳥フルの流行を確認している。460羽のガチョウが死亡し、拡大予防措置のために13000羽の家禽が殺処分された。
 上記流行は1年ぶりに発生した隣の青海省での渡り鳥での流行発生に引き続き、わずか2,3週以内に起こった。
 3年前中国はSARS流行を隠して世界から非難された。拡大したSARSは世界で8000人の感染者を出し、約800人の犠牲者をだした。

・Pigs Could Launch BirdFlu Pandemic CRI (中国) 豚が鳥フルの大流行を引き起こす可能性
 英国のリバプールで開かれた”人獣共通感染症”に関する会議で、香港 Queen Mary 病院のウイルス部門部長のMalik Peiris教授は、現在、鳥インフルエンザウイルス(H5N1)は非効率的に人に感染しているが、豚に感染して、そこで変異して、人人感染を起こす株に変わり、人での大流行を起こす可能性があると語った。
・Birdflu may kill millions globally Hindustan Times (インド) 鳥インフルエンザは世界で数百万人を死に至らしめる可能性
 鳥インフルエンザはこれまで限定された数の感染者しか発生していなかったが、ワクチンが出来るまでに世界で数百万人の犠牲者をだす可能性が否定できない状況である。
 ベトナム保健省は6月に入ってから4人の人感染事例を発表した。WHOによると東南アジアでの人感染者は合計107人に達したようだ。
 US Department of Homeland Security(米国国家安全対策局)長官の Michael Osterholm長官は、新型インフルエンザの世界的流行は世界で3億5千万人の死者を出し、世界の経済と貿易を麻痺させる可能性を否定できないと警告している。

New BirdFlu Outbreak in Southern Vietnam Recombinomics (米国)南ベトナムでの新たな鳥フル流行の意味すること
 昨日ベトナムで6000羽に渡る鶏でのH5N1流行事例が報告された。詳細は下記
 New birdflu outbreak 
 6,000 chickens die in bird flu outbreak in southern Vietnam

 上述の南ベトナムでの鳥フル流行は関心を引く。それは中央、北ベトナムでの人における流行と同時に起きている。中央と北ベトナムでの人での事例は23例に及び、6省に渡っている。
 今年北ベトナムで新遺伝子配列を保有したウイルスが検出され、それは人に対してより軽い鳥フル感染を起こしやすい性格になっている。それと対照的に南ベトナムのウイルスはほとんど致死的病原性を保有している。
 このような二種のH5N1ウイルスが同時に蔓延している状況は、より人に感染しやすく、そして致死的病原性を保有するウイルスが、遺伝子組み換えで起きる可能性を示唆している。
 いくつかの報告によると、西中国でこのようなウイルスが多数の人に感染死を起こしたことが示唆されている。青海湖で多数の渡り鳥が死亡したことは広く知られており、中国当局は否定しているが、人や哺乳動物が死亡したことを民間団体が報告している。報告された死亡率は高い。
 WHOは青海湖への立ち入り調査の許可を中国側に求めているが、返事は今のところないようだ。
 各状況を見る限り、ウイルスはすでに変異していて、各地域で人人感染を起こしている可能性が示唆される。
6月18日

・New birdflu outbreak Age (オーストラリア)南ベトナム、鶏で鳥フル流行
 二ヶ月間家禽での鳥フル流行の報告が無かったベトナムで、6000羽の鶏がH5N1ウイルス感染で死亡したと、本日獣医学担当部局から発表された。南ベトナム、Ben Tre 省のAn Khanh地区で、4日間の間に6000羽の鶏が死亡し、その後700羽の鶏が殺処分された。
 流行の報告は無かったというものの、ベトナムは鳥フル流行終息宣言は出していない。小さな流行はどこかでいつも発生していると関係者は言っている。
・Misuse of flu drug seen in China Boston Globe (米国) 中国でインフルエンザ薬を鶏に誤用
 内容はワシントン・ポストと同じ
・Birdflu drug for humans rendered useless MSNBC (米国) 人用鳥フル治療薬が無効に−−中国で鶏に長年使用
 
内容は下記ワシントン・ポストと同じ
・Human Drug Used On China Chickens Washington Post
 (米国) 中国:人用インフルエンザ薬を鶏の鳥フル予防用に使用−ウイルスの薬剤耐性化に
 中国の農家では政府の奨励のもとに、人用に開発された抗ウイルス薬を鶏の鳥フル予防用に使っていたことを、動物保健衛生専門家達が伝えた。国際的研究者達は鳥フルが世界的に流行したとき、薬剤はもはや人には効果を持たないだろうと結論している。
 中国はかなり以前から、国際的ガイドラインに違反して抗インフルエンザ薬のアマンタジンを使用していた。
 アマンタジンは人用インフルエンザ薬2種類のうちの一つである。昨年からベトナムとタイでH5N1ウイルスに対して、アマンタジンが効果を持たなくなってきたことが言われていた。現在、鳥フル治療薬は残る1種類だけとなっている(タミフル)。それは大量製造が困難で、また開発途上国には買えるだけの余裕がない。
 H5N1ウイルスの世界的流行が起きたとき、アマンタジンは使えない。聖ユダ小児病院のウイルス学者のRichard Webby氏は語った。
 保健医療専門家達は以前にウイルスが薬剤に抵抗性を獲得しているのは、(中国の)家禽農場で薬を使っているせいである疑いを持っていたが、実際調べることが出来なかった。米国CDCの専門家達も中国のウエブサイトからアマンタジンの使用に関して情報を集めたが、十分満足できる情報を得ることが出来なかった。
 インタビューで中国製薬業界の幹部達は、アマンタジンは1990年代後半から使われてきたことを認めた。目的は鳥フルに罹患した鶏の治療と、未罹患鶏の感染予防であった。また、 アマンタジンは中国内で広く使われてきたことも認めた。多くの中国内の製薬会社はアマンタジンを生産し、農家は簡単に獣医学専用店で買うことが出来るという。
・IDSA says US antiviral supply for flu falls far short CIDRAP (米国) 米国感染症学会は新型インフルエンザ対策用のタミフル備蓄量がはるかに少ないと警告
 現在米国の備蓄量は230万人分に過ぎない。新型インフルエンザが勃発して、ワクチンが製造されるまでの半年から9カ月間は、抗インフルエンザ薬に頼るしかない。現在の備蓄量では何らかの対策用にもならない。学会長は警告を発している。
 もし現在、アジアで流行中の鳥インフルエンザ、または他の株が世界的に流行した場合、我々は全く為す術がない、と同氏は説明する。
 抗インフルエンザ薬は治療用に5200万人〜8400万人分、そして医療関係者などの予防用に1500人〜4000万人分は必要だ。
 IDSAの声明は、政府は薬がインフルエンザ死亡率を減少させることが出来ると信じていないせいか、薬の備蓄に関して冷淡であると述べている。
 しかし、IDSAは現在の流行株での研究結果から、症状発現48時間以内に使用するならば入院患者数は半分に減少、合併症の発現も減少させることが出来る、と力説する。
 学会では至適量の備蓄には10億ドル要すると計算している。しかしその額よりも多い額が、天然痘や炭疽に対する対策に使われている。それらの疾病は非常に重篤ではあるが、発生する確率は極めて低い。しかしインフルエンザは流行する可能性が高いのだ。
 最近の英国の雑誌”Nature”によると、英国は人口の25%に必要なタミフルを発注、そしてカナダはすでに人口の5%に必要な量を備蓄している。最近の米国の備蓄量は人口のせいぜい1%が対象になる程度の量である。
 WHOは各国にタミフルを前もって備蓄するように声明を出している。受注分の薬を用意するには1年は要するが、製薬会社のロッシュ社には製造能力が限界に達している。Natureはそのように説明している。一人分の治療(薬)には10〜30ドル要する。
 関連ニュースとして、保健医療専門家が昨日ワシントンで会議を開き、世界は新型インフルエンザに対して十分備えができていないと、警告した。
 会議ではいつ流行が起きるか予知する試みはなされなかったが、専門家達は各国政府は早急に調査研究と態勢作りに力を入れるべきであると声明を発した。ミネアポリスのStar Tribuneで、国立アレルギー感染症研究所長官のAnthony Fauci博士が語っている。”(新型)インフルエンザ流行の脅威は(自然に)去りはしない。我々は今、仮定の話をすべきではない。それは発生しつつあるのだから”。
・Vietnamese government confirms 4 new avian flu cases: WHO reports Winnipeg Sun
, (カナダ) ベトナム当局、新規鳥フル感染4名を報告、しかし昨日マスメディアで既報されている6名との関係は不明
 WHOはベトナム当局から報告された4名に関して、昨日すでに信頼すべきマスメディアを通じて情報が流れている6名の新規感染者との関連については何の情報もないため、当局からの情報の位置づけに苦慮。
・Candaba swamp in Pampanga a bird-flu hotspot Sun Star (フィリピン) フィリピン、カンダバ湿原が鳥フル発生の危険地域(ホットスポット)に加えられる
 国際的に渡り鳥の至適渡来地として認識されているガンダバ湿原(Candaba swamp)が、致死的鳥インフルエンザ感染危険地域として、20カ所のリストの中に入れられた。
 農業省と健康省は、鳥インフルエンザウイルス感染危険地域として国内の20地域を指定して厳重な監視体制に入ったと、リストを公開した。リストに含まれている地域は、渡り鳥が飛来してくる湿原である。
 フィリピンは、家禽農場で鳥フルがいまだ発生していないアジアで唯一の国である。
・Vietnamese birdflu doctor catches birdflu Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、患者治療にあたった医師が感染、さらに11人の感染者と12人の疑い患者が入院中
 患者から検体を採取していた医師がH5N1ウイルスに感染していたことが確認された。ハノイのBach Mai病院長が17日に語った。
 国立熱帯疾患研究施設に11人の患者、さらに12人の疑い患者が現在治療と、施設の当局者は語った。
 患者の病状は昨年末の流行当初に比較すると軽いが、症状は非定型的で変化しつつある、と病院の医師は警告している。
TOP