海外ウエブ直近情報
6月17日

Vietnamese birdflu doctor has birdflu Ninemsn (オーストラリア) 患者診察のベトナム医師が鳥フルに感染
 先に情報があった、感染が疑われていた
ベトナム医師のH5N1感染(6月15日報道)が確認されたと、地元のメディアが報じた。
World unprepared for next influenza pandemic: health experts Minneapolis Star Tribune (米国) 世界は次のインフルエンザ流行に対策がとられていないと専門家達が警告
 
(未購読者は一回だけしか閲覧出来ない!
 (意訳)
 米国のトップ科学者達が集まって警鐘
 新型インフルエンザの世界的流行が起きたとき:
 ・学校の閉鎖は?
 ・地下鉄などの公共的乗り物は?
 ・病院での患者収容能力は?
 ・経済活動は低下するが、それに対する対策は?
   など
・Tacheng Xinjiang Pneumonia Cluster Signals Phase 6 Pandemic? 
Recombinomics (米国) 新疆省での肺炎集団発生は鳥フル(H5N1)の大流行の兆しか?
 本日ProMed-mailが修正した昨日発表の地名が新疆省塔城市であったということは、非常に納得のゆく話である。なぜなら同地は先に多くのガチョウがH5N1ウイルスに感染して死亡したことが中国当局から発表された地であるからだ。ガチョウは通常H5N1ウイルスで感染死しない。また先に渡り鳥のガンをはじめとして多くの野鳥が青海省で死亡しているが、ガンや野鳥に対してもH5N1ウイルスは致死的病原性を持っていなかった。さらにあるメディアは人での感染死も伝えている。これらの人の感染に関して中国当局は否定しているが、WHOは同地の調査を9日に要求している。
 今回の報告では細菌性肺炎といいながら、隔離病棟に収容している。さらに噂では収容されている患者は家庭にいる人達(家禽と接触してない人々:訳者注)や医療関係者のようだ。それは病原体が人人感染を高率に起こしている可能性を示唆している。
 今回の事例で、中国ではH5N1鳥フルが野鳥で流行している二カ所で隔離病棟を設けたことになる。すでにH5N1ウイルスによる人での流行は始まっている可能性が高い。
昨日発表の新疆省での肺炎多発地域の地名は、TashanではなくTacheng(新疆省塔城市)である(訂正) ProMED-mail
 昨日発表した肺炎が多発していると報じられている町をTashanと伝えたが、これはTachengの間違いである。多くの混乱を起こしたことを申し訳ないと思っている。また何人かの人からの指摘に感謝する。
・Two new birdflu infections confirmed, 5 more suspected Viet Nam News (ベトナム) ベトナムで新規感染者が二人入院治療。さらに5人以上が疑い例として観察中
 新規感染者がハノイの熱帯疾患研究施設に入院、治療中。さらに5人以上が感染疑いをもたれている。(詳細はウエブにつながらないので不明。6:24:47 AM)
6月16日

・Indonesia confirms human case of H5N1; 6 more people ill in ... CIDRAP インドネシアで人のH5N1鳥フル感染を確認
 今年3月に81人の家禽飼育舎の血清を香港の研究所に送って検査中であったが、一人で陽性であったことが{ワシントン・タイムズ」で報道された。本人は無症状であった。アジアで4番目の人H5N1感染者が発生した国となった。
 6月1日の報道で、WHOがインドネシアをH5N1流行国と位置づけインドネシア当局は失意の念を表していた。
Pneumonia Cluster in Tashan Xinjiang China Recombinomics (米国) 中国新疆省Tashanで肺炎の集団発生
 ProMed-mail(国際感染症学会ML)報告−6月15日
 ”我々はTashan病院で肺炎の集団発生が起きていると信頼すべき情報を得ている。ウイルス感染を防ぐために患者と医療従事者の隔離が行われている。Tashanは新疆省首都から600キロ離れている。そこは先に中国当局からOIEに多くの渡り鳥がH5N1ウイルス感染で死亡したと報告されている。現在のとところ、A型溶連菌による肺炎とされているようだ”
 上述の報告は大きな関心を抱かざるをえない。細菌性肺炎とはいうが、ウイルス感染防止のための隔離病棟の設置は、同地(新疆省)では多くのガンがH5N1ウイルスで死亡しているということも考え合わせると、注目に値する(H5N1集団感染を疑わせる:訳者注)。
・Human H5N1 Infection in Indonesia Confirmed Recombinomics (米国) インドネシアで人の感染が確認
 家禽でH5N1感染が広がっているインドネシアで、先に家禽飼育者の血清を香港の研究所に送っていたが、一人から抗体が検出された。無症状で健康であるといわれる。
 この事実は人のH5N1ウイルス感染ががアジア全体に広がっていることを示唆する。
6月15日

・Nine BirdFlu Cases in Northern Vietnam Recombinomics (米国) 北ベトナムで9人の鳥フル感染者発生
 ハノイの熱帯医学研究施設に9人の鳥フル感染者が入院している。
 同施設のナースの説明。
 ”6人の患者が先週入院した。彼らは検査でH5N1陽性であった。現在私達は8人の患者を治療中である。8人中7人は回復の兆候を見せている。1人が重症”。さらにナースは付け加えた。”1人の医師が患者から検体を採取したが、その後発熱している”。
 さらなる詳細は分からないが、発熱した医師が9人目の患者として確認されたか、可能性患者として考えられているようだ。
 もし医師の感染が確認されるならば、H5N1ウイルスが容易に人人感染を生じる性格を帯びていることが示唆される。
・Experts examine birdflu threat Daily Mail - UK (英国) 人獣共通感染症に関する専門家世界会議が開かれる
 リバプールで人獣共通感染症の予防と制御に関する国際会議が3日間に渡って開かれる。鳥インフルエンザのような危険な感染症に対する情報交換や警戒態勢などが話し合われる。
Vietnam detects six new birdflu patients - media Boston Globe (米国) ベトナムで新たに6人の感染者発生
 
下記情報と同じ。
・Vietnam detects six new birdflu patients--media Reuters AlertNet (英国) ベトナムで新たに6人の感染者発生
 ベトナムのメディアは15日、鳥フル感染者が新たに6人発生して、ハノイの熱帯医学研究施設に入院したことを発表。さらに患者から検体を採取した医師も発熱していて、鳥フルの感染が疑われている。
・Human trial of H5N1 vaccine prompts concern, Australia touts ... CIDRAP (米国) ベトナムでの人用H5N1鳥フルワクチン開発に警戒感が高まる
 ベトナムでは8月から自国で開発中のワクチンの、人に対する臨床試験を開始される予定となっている。しかしながら6月20号の「タイム」で、ベトナムで開発中のワクチンを懸念する科学者の意見を引用して論説を掲載した。
 ウイルス増殖に人のガン細胞を使っていることや、ワクチン製造過程が公開されていないことが指摘され、人にガンを発症させる可能性や使用ウイルスが変異して人人感染を生じる可能性などが懸念されている。
 WHOはベトナム当局に現在開発中のワクチンの臨床試験の中止を申し入れ、WHOのワクチン用H5N1株を用いてワクチン開発を行うように伝えているが、ベトナム側は臨床試験を継続する予定という。
・More Mild BirdFlu Cases in Northern Vietnam Recombinomics (米国) 北ベトナムで軽症鳥フル患者3人が報告
 ベトナム当局は5月後半に発症した鳥フル感染患者3人を発表した。ハノイで発病した3人は軽症である。軽症患者の症状は通常のインフルエンザの重症型と同じである。中等症〜軽症の鳥フル感染患者はインフルエンザとの鑑別が難しく見逃されている可能性が高い。厳重なH5N1鳥フル感染患者のモニタリングを行わなければ、鳥フルの世界的流行は阻止不可能と考えられる。
・Meningitis Update from India Lacks H5N1 BirdFlu Data Recombinomics (米国) インドでの髄膜炎流行情報、H5N1ウイルス検査結果が含まれず
 WHOは14日、インドで流行中の髄膜炎(髄膜炎菌性)に関して情報を更新した。今年度の累積患者数は405人、死者数は48人となった。
 情報の中にこれら患者でのH5N1検査成績が含まれていないのは、極めて重大だ。細菌性髄膜炎はインフルエンザ罹患後二次的感染を起こすことが多い。これら患者がH5N1鳥フル感染を起こしていなかった証拠はない。インドでの髄膜炎発症の報告は3月末である。流行地からガンがチベットを越えて青海湖へ飛来してくる時期とも一致している。青海湖周辺では5月4日に多くのガンがH5N1鳥フルに感染して死亡しているのが見つかった。
 以前にインドの家禽飼育者の血清からH5N1ウイルスに対する抗体も検出されている。
 インド一帯でのH5N1感染の実態を調査しなければ、H5N1ウイルスの広がりを把握することは出来ない。
6月14日

・WHO's Jun 14 avian flu update on Vietnam WHO (国際)WHO、ベトナムの新規鳥フル患者数3人を追加
 14日、WHOはベトナム当局から発表された情報に基づき、ベトナム情報を更新。新規患者3人が追加された。全て5月後半2週間にハノイで発生していて生存中。さらなる詳細なデータは得られていない。
・Korea Bans Poultry Import From New York Korea Times (韓国) ニューヨーク州で鳥インフルエンザ(H7N2)発生のため、中国家禽産物の輸入禁止へ
 米国農業省は低病原性鳥インフルエンザ(H7N2)がニューヨーク州Sullivanのアヒル飼育場で発生したと発表。それを受けて韓国はニューヨーク州からの家禽産物の輸入禁止措置へ。H7N2鳥インフルエンザウイルスは通常低病原性だが、変異して高病原性となり人へ感染する可能性もある。
・WHO Urges BirdFlu Vigilance, Warns Virus is Unstable Planet Ark (米国)WHO、鳥フル緊急警戒を呼びかける、ウイルスが不安定になっていると警告 
 6月10日のReuters AlertNet(英国)の記事と同じ。
・Hanoi birdflu vaccine acclaimed The Standard (香港) ハノイで鳥フルワクチン開発成功
 ベトナム保健当局者は自国製鳥フルワクチンの臨床試験が鶏で成功し、現在。人での臨床試験の準備中と語った。
 ”ワクチン接種された鶏は抗体を産生した”。国立公衆衛生疫学研究所長官は語った。
 しかしWHOは、ベトナムでのワクチン開発はWHOの提唱する標準操作に従っていない危険性を指摘している。すなわちワクチンに含まれるウイルスが変異して、感染可能な種の壁を越え、人に感染しだして世界的流行を引き起こす可能性があると警告する。
 一方、ベトナム当局者は、ワクチンに使用したウイルスはWHOから提供された株で、作成方法もWHOのガイドラインに従ったと主張している。ワクチンは昨年から開発が進められ、マウスとサルで好成績を収めている、と報告している。現在、健康省に10〜20人での臨床試験、その後200〜300人の家禽飼育者での試験を行う許可を求めている。現在まだ許可が出ていないが、臨床試験に成功したならワクチンの製造を来年開始する予定と当局者は語っている。
 WHOはワクチン開発に協力する用意があるとベトナム当局に伝えている。
訳者注:ベトナムで開発されたワクチンに含まれるウイルスが問題となっている。ウイルスの増殖過程、弱毒化過程に問題があると、危険なウイルスが混在し、ワクチンを接種された被験者の体内でそれらが増殖して、新型危険ウイルスとなり周辺に感染拡大する危険性がある。
6月13日

・Fears that new strain of birdflu will kill millions P2PReactor.com
, (ポーランド) 新型鳥インフルエンザが数百万人の犠牲者をだす恐れ
 国際的専門家達は鳥フルが変異して世界的流行を引き起こし数百万人の死者を出す可能性を警告している。中国で多くの野鳥が死亡した事実からそのような帰結となったようだ。さらに未確認情報として100人以上の人が感染して死亡したという噂もあり、ウイルスが人人感染を引き起こしだし、世界的流行へ向かっている可能性が示唆されている。中国当局は人の死亡は否定しているが、新疆省の感染地域を閉鎖して隔離政策をとっている。
The Vietnamese Strain TIME (米国) WHOはベトナム開発のワクチンは危険と説明
(下記ニュースに対する続報)
 作成に人のガン細胞を用いたり、作成過程でウイルスが変異する可能性があったり、ベトナムで作成中のワクチンは危険とWHOの研究者は警告している。WHOはベトナム当局がWHOの忠告に従って開発を断念して、WHOの提供するウイルス株で再度開発するものと考えていたが、ベトナムの開発チームのトップ達は、何も変わりはない、といってベトナムで作成したウイルス株でのワクチン開発を続行するという。(5月28日のContra Costa Times紙を参照:訳者)
・Vietnam to test birdflu vaccine on humans Xinhua(新華社) (中国) ベトナム、鳥フルワクチンを人で臨床試験
 来月から二ヶ月間に渡って、ベトナムでボランティアに対して、H5N1ウイルスに対するワクチンの臨床試験が行われる。
 国立公衆衛生疫学研究所は産業省(Ministry of Trade)に、10〜20人のボランティア、続いて200〜300人の、かって鳥フルが発生した地域の人々にワクチンを接種して臨床試験を行う許可を願い出た。
 同研究所で開発されたワクチンはマウス、チンパンジー、そして鶏に対する有効性が確かめられたと伝えられている。
 訳者注:5月28日、米国のContra Costa Timesに掲載されていた、ベトナム独自で開発した人用ワクチンを、海外の研究者達から危険性を指摘されたため、開発を断念した、との報道と、今回の報道内容は矛盾するが真偽のほどは不明。
・Australian scientists develop new test for birdflu Radio Australia オーストラリアで鳥フル診断のための新テストが開発
 鳥から検体を採取して同日内に、結果がでる鳥インフルエンザ迅速診断キットが開発された。15種類の鳥インフルエンザウイルスを診断することが可能。定期的に野鳥での検査を行うことにより、流行の発生を予知することが可能になる。
・Vic scientists develop birdflu test ABC Online (オーストラリア) 鳥インフルエンザ診断迅速キットを開発
 ビクトリア州の科学者達は、鳥における各種の鳥インフルエンザウイルス感染を24時間で診断できるキットを開発した。測定可能な株は15種類で、人に感染するタイプも含まれる。このキットの開発は世界初で、診断がこれまでの3週間から1日に短縮可能となる。
 ビクトリア州農業大臣は、このキットは鳥インフルエンザ流行の初期警戒システムで有効な手段となると言っている。
・Birdflu claims victims along migratory routes International Herald Tribune (フランス) 鳥フルは渡り鳥ルートに沿ってウイルスを伝搬して、世界に拡大の可能性
 11日のニューヨークタイムズの内容と同じ。
・Is There a BirdFlu Coverup? Technocrat.net (米国) 鳥インフルエンザ情報は全て公開されていない?
 最近の中国におけるH5N1鳥インフルエンザ流行は、中国当局が発表している以上に悪い状況である可能性を、専門家達は心配している。
 国際的専門家達は、中国における多数の鳥のH5N1鳥フルによる死亡を知って、ウイルスが変異して、人における世界的流行を引き起こすことを恐れている。
 ドイツでは研究者達が時々野鳥のウイルスを調査しているが、H5N1と同じ株ではないが、類似したウイルスを一定の比率で検出している。それ故、国における流行の可能性に対して警戒態勢を強めている。
 (訳者注:昨日のドイツからの報道内容を引用している)
・H5N1 in Qingahi and Xinjiang Evolving Via Recombination Recombinomics (米国) 青海省と新疆省で流行のH5N1ウイルスは遺伝子組み替え(再結合)で進化
 WHO西太平洋地域事務所長官の尾身茂医師は、北京で10日、”これまでH5N1ウイルスに抵抗性があり、感染死しなかったガチョウや渡り鳥である水鳥が中国の2地域で多数死亡した、非常に心配すべき事実である”、と語った。
 このようなH5N1ウイルスの病原性の変化は遺伝子の組み換えで生じている。中国当局から遺伝子配列は発表されていないが、1996年に広東省で初めて分離されて以来、H5N1ウイルスは遺伝子の組み換えで進化し、感染宿主を拡大してきた。
 各季節毎に遺伝子組み替えで新しい変異ウイルスが誕生している。最近の中国の二カ所で引き起こされた流行のウイルス遺伝子は、北部インドからガンによってもたらされた可能性が高い。なぜなら5月4日に青海湖で発見されたガンは、北部インドの平原から飛来してきているからである。
 最近のH5N1株は5種類の水鳥519羽を死亡させている(5月21日のOIE報告)。さらに引き続き行われた当局による記者会見では、1000羽以上の死亡を確認している。また民間機関からの情報では8000羽以上の12種類にも及ぶ野鳥の死と、さらに人を含む哺乳動物の死亡も伝えられている。
 .これまでのベトナム周辺で分離されたH5N1ウイルスとの遺伝子の相違は、現在進められている昨年分離されたウイルスに対する人用ワクチンを無効にする可能性がある。
 最近の中国での流行状況を考察すると、中国とインドにおける疫学調査と早急なるウイルス遺伝子解析が必要である。
6月12日

・Germans Move to Prevent BirdFlu Deutsche Welle (ドイツ) ドイツの研究陣は、鳥フル予防対策を検討中
 アジアにおける致死的鳥インフルエンザの流行は、ウイルスが渡り鳥によって世界中に広がる可能性があることを、専門家達は警告している。ドイツの科学者達はいかにしてこの事態を防止するか研究している。
 ウイルス学者達は、定期的に家禽の鳥インフルエンザウイルス検査を行うことと、効果的ワクチンの開発が重要と考えている。
 ”人に対するワクチン開発を精力的に行うべきだ。そして自分は、H5N1ウイルスをアヒルと鶏の段階で食い止め、そこからの拡大を防ぐことがまず重要であることを主張したい”と、ウイルス学者のRobert Websterは語った。全訳
Avian flu may be spreading rapidly, WHO official says Taipei Times (台湾)鳥フルは急速に拡大している可能性、WH0警戒感を強める
 内容は昨日のニューヨーク・タイムズと同じ。
・Avian flu may be spreading rapidly, WHO official says P2PReactor.com (ポーランド)鳥フルは急速に拡大している可能性、WHO警戒感を強める
 内容は昨日のニューヨーク・タイムズから。
・Mainland to improve health coop with SARs China Daily (中国) 中国、特別行政区(香港とマカオ)と健康危機問題を密接に連携と
 下記新華社通信と同じ内容。健康省大臣の談話。
・Fears that new strain of birdflu will kill millions Independent (英国) 鳥インフルエンザ新型株が数百万人を死亡させる恐れ
 中国での大量の鳥の死が確認されて、国際的研究者達は鳥フルウイルスが変異している可能性があり、世界的に広がり、数百万人の人の犠牲者をだす可能性があると警戒心を強めている。
 未確認情報によると、中国で100人以上の人々が感染して死亡しており、ウイルスが人人感染を引き起こす性格を身につけて、世界的大流行(恐慌)を引き起こす可能性が出てきている。
 中国当局は人の感染死を否定しているが、大量の鳥の死が確認された中国西部の新疆省で緊急警戒態勢を敷き、感染地域を閉鎖、隔離した。
 ”我々は心配している。最悪の事態に備えなければならない”、と国連機関のFAO代表のNoureddin Mona氏は語った。
 ”ウイルスは非常に病原性を高めて、多くの種が感染するようになっている”、と国連西太平洋事務所の尾身局長は語った。”ウイルスは極めて不安定な状態で、予知できない状況が起きる可能性がある。何が起きても不思議はない。極めて不快な衝撃だ”、と同長官は付け加えた。

 専門家は長い間ウイルスは野鳥の間に寄生していて、野鳥はウイルスに免疫となっていると信じてきた。しかしながら、先月、青海湖の自然保護区で1000羽以上の鳥が鳥インフルエンザで死亡した。続いて青海湖から1000マイル離れた新疆省、カザフスタンとの国境に接した西部地域、で1000羽以上のガチョウが感染して460羽が死亡した。
 中国語のウエブサイトである「 Boxun News」と、インターネット国際医学警戒システムである「pro-MED」は、200人以上の人々が感染し、121人が死亡したと報じた。両情報源は2003年の中国におけるSARS勃発の際に、中国当局が否定していたが、世界に最初の警戒を呼びかけている。
 中国当局は、SARSのときと同じように人の感染を否定しているが、周辺の病院に「発熱患者をスクリーニングするための部門」を開いている。
・Mysterious Disease Killing Cattle in Tripura, India  Recombinomics (米国) インド、Tripuraで牛の原因不明流行病発生中−(H5N1感染症の可能性を懸念)
 流行病は口蹄疫とは異なっている可能性が強い。発生地はインド北東部でチベット境界まで200マイル、そして青海湖より800マイル南方。またバングラディシュやミャンマーとも近い。
 青海省でのH5N1流行病では牛などの家畜も死んでいるという非公式情報もあり、このインドの事例はH5N1ウイルス感染による可能性を否定できない。さらなる情報が必要だ。
Mainland to cooperate with HK in combating communicable disease Xinhua(新華社通信) 中国は感染症流行に対して香港と協力関係をさらに強める
 中国健康省大臣は、公衆衛生的緊急課題を香港とマカオと密な連携をとってゆきたいと、同地訪問の最終日に談話。中国本土における感染症流行に関する迅速な情報提供など。彼は談話の中で、例として今回の新疆省の鳥フル発生に対して、中国疾病予防コントロールセンター(Chinese Center for Disease Controland Prevention)が専門家を派遣したことを引用した。
6月11日

・WHO calls H5N1 'unpredictable,' seeks China field visit CIDRAP (米国) WHO、H5N1ウイルスを予想できない状況にと、そして中国の緊急調査を要求
 これまでの情報と同じ。
 WHO西太平洋地域事務所の尾身長官の緊急記者会見の内容(10日)。
・New Asian Flu Outbreaks in China Raise Fears of a Mutant Virus New York Times (米国) 中国における新型アジアインフルエンザは変異ウイルスの恐れ中国当局WHOに調査許可の模様  原文
 中国西部で発生した二つの鳥フル流行は、ウイルスが広範に渡り鳥で広がり、変異しつつある恐れを呈している。
 WHOの地域長官である尾身茂医師は10日北京で次のように語った。遠方の二地域で起きた鳥フル流行は、これまで感染死を起こさなかった渡り鳥の水鳥や飼育ガチョウが大量に感染し、死亡したことから、非常に心配な事態になってきたと考えられる。新疆省ウイグル自治区塔城市で、500羽がH5N1ウイルス感染で死亡した後、13000羽のガチョウが殺処分された。 
 家禽市場は閉鎖され、地域の道路も閉鎖された、と公営通信の新華社通信は伝えた。
 5月下旬、青海省の鳥島(塩湖)で、数百羽のガン、アヒル、ウが死亡したことが中国当局から発表された。その地域は渡り鳥の重要な飛行ルートになっている。
 これまではH5N1ウイルスによる鳥インフルエンザは、飼育されている鶏には致死的であるが、ガチョウや野鳥に対しては感染するが、発病はさせないと考えられていた(ウイルスのキャリアとはなるが9)。
 尾身医師は、”今できる最大のことは、警戒を強めることである”、と個人的意見としてロイターに語った。
 ここ2週間、青海省で6人の旅行者を含む120人が死亡し、数百人が隔離されたという噂が、いくつかのインターネットホームページで流れた。
 しかしながら、それらは全て現中国政権に対する反体制者達が作成するホームページの情報に由来していて、それら報告情報は確認されてないと、当該ホームページでは伝えている。掲載された多くの鳥が死亡している写真は根拠が明確でなく、また提供者が逮捕されたという情報も確認されていない。
 コンサルト会社であるユーラシアグループのアナリストのBruce Klingerは、”我々は今、以前よりも情報源に対して懐疑的となっている”と語った。同社では報告に注目しているが、さらに事実を確かめるために中国のアメリカ人外交官と接触している。
 中国政府は人での死亡例は無いと言っているが、さらにAP通信は、中国健康省大臣がWHOに鳥フル発生地の調査を許可したと伝えた。(訳者注:これは下記の香港「The Standard」の伝えた内容と思うが、大臣は”WHO teams would be free to visit infected areas.”と表現しているから、完全に許可したのか否かは未定)。
・Brunei Refutes Wire Report On BirdFlu Bru Direct, Brunei Darussalam ブルネイでの鳥フル発生は誤報
 6月10日に外国通信社による鳥インフルエンザ発生のニュースは誤報で、ブルネイ=ダルサラーム国では鳥フルの発生はないと政府が発表。
 発表によると鳥フルに対する行動計画に従った訓練が誤って伝えられたようだ。
・WHO urges vigilance over birdflu virus Aberdeen American News (米国)WHO、鳥フルウイルスの変化に警戒感を強める
 本日のThe Standard, (香港)と同じ内容。
・China battles new outbreak of deadly birdflu China Post (台湾) 中国、新たな鳥インフルエンザとの闘い
 
(6月9日、英国ロイターの内容と同じ:訳者注)中国の極西部地域の新疆省で鳥フル流行が確認された。新疆省ウィグル自治区塔城で、1300羽以上のガチョウが殺処分された。1000羽以上のガチョウが感染の症状を呈していたが、そのうち数百羽が死亡した。
 中国は先月北西地域の青海省での野鳥における鳥フル流行を報告した。そして家禽に対するワクチンを新疆省も含めて近隣地域で行った。しかし専門家は今回の事例は青海省の事例と無関係で、青海省の渡り鳥がもたらしたものではないと説明する。
 ”二つの事例は完全に分離された流行だ。渡り鳥はこの時期に北へは飛ばない(青海省から新疆省へ:訳者注)。それだから二つの事例はリンクしていない”と、香港のMai Po Nature Reserveの研究者であるLew Youngは説明する。
 WHOのスポークスマンは、今回の新疆省の流行が人へ感染拡大する危険性があるとは推測していない。”家禽で流行が確認されたのは初めてではないし、中国はすでに経験がある”と語った。昨年中国は鳥フルの流行をワクチン、殺処分、そして監視態勢の充実で押さえ込んだ実績がある。
 塔城地域の流行病監視事務所(Epidemic Control Office )では人の感染は起きていないと語っている。
 香港政府は、地方の農家や小売り市場などで、家禽に何らかの異常が生じていないか監視態勢を強めている。
 香港は多くの食料を中国から入れているが、生きた鳥や家禽の肉は新疆省から輸入していない。しかし中国当局は、予防のため、このような品の香港での販売を禁止した。
・Birdflu unpredictable, experts warn Columbia Daily Tribune (米国) 鳥フルは現在予知できない状況になったと専門家は警告する
 香港のThe Standardと同じ内容であるが、さらに尾身氏は、改良されたワクチンの開発と抗インフルエンザ薬の製造が各国の間で、必要であると付け加えている。
Birdflu unpredictable, experts warn P2PReactor.com (ポーランド) 鳥フルは現在予知できない状況になったと専門家は警告する
 WHOの尾身氏の談話を短く報道。
・WHO in birdflu alert as China strain fuels fears The Standard, (香港) WHO、中国流行株の危険性に鳥フル警戒情報
 WHOの西太平洋地域事務所長の尾身茂氏は、10日北京で、中国で流行の鳥フル株が毒性を増したように見えることから、鳥フルウイルスは急速に進化していて、緊急に警戒態勢を強める必要があると語った。”ウイルスの動向から考えると、今後何が起きても不思議ではない”、と尾身氏は語った。
 尾身氏によると、中国とベトナムではウイルスの性状が異なるようだ。中国では人の感染例は報告されていないが、ベトナムでは38人も死亡している(54人のアジアでの死者のうち)。
 しかし、ベトナムでの事例を見ると次第に致死率が低下してきている。昨年は60〜70%の致死率であったが、今年は10〜20%程度に下がっている。さらにベトナムでは無症候の患者も見られる。尾身氏はそのように語った。
 しかしながら、中国では発生した2地域で、以前はH5N1ウイルスに抵抗性のあった各種の鳥たちの多くが死亡した。
 ”中国での流行状況を見ると、H5N1ウイルスはより多くの種に対して高い病原性を獲得したことを示している。ウイルスはすごい速度で進化している”、と尾身氏は言った。
 北京の政府当局は流行に対する情報の公開をしぶっていると批判されている。尾身氏は、WHOは中国からウイルスサンプルを提供されるのを待っている、サンプルの共有が重要なのだ、と語った。
 WHOではさらに、青海省への調査立ち入りの許可を北京の政府当局に求めているようだ。
 中国衛生省のGao Qiang氏は香港で次のように語った。WHOチームは感染地域を調査することは自由だと思う。2003年のSARS流行のときもWHOはいかなる場所へも行けた。鳥インフルエンザに関しても、WHOは行きたい場所のどこにでも行ける。(
訳者注:SARS流行当初WHOはなかなか中国広東省などの調査の許可が得られなかった。しかし中国首脳部は変わっているから、現在も同じ考え方かどうかは不明)

 一方、中国農業省は9日、二度目の鳥でのH5N1流行が新疆省で確認されたことを報告した。
 460羽以上のガチョウが死亡し、感染拡大を防止するため、13000羽以上のガチョウが殺処分された。 
6月10日

・BirdFlu in Tacheng Highly Pathogenic for Geese and Chickens Recombinomics, (米国) 新疆省で流行の鳥フルはガチョウと鶏に高病原性を有する
 8日に中国当局からOIEに報告された内容は、ウイルスの同定が2種類の方法で行われたことを記載している。一つの生物学的方法は、分離ウイルスを検査用鶏に接種して10日間経過(感染の症状の有無、または死亡)を観察する方法である。検査はHarbin(黒竜江省ハルピン市)の研究所で行われた。そこは中国の東側であり、ウイルスが分離されたのはカザフスタン国境近くの新疆省塔城市である。
 10日間観察の検査のためには、まず検体となる鳥を塔城市内で集めてハルピン市へ輸送する。それから、鳥からウイルスの分離が行われ、続いて鶏卵の中でウイルスが増やされる。続いて卵の中の液中のウイルス量が検査され、そして適切な量に希釈されて、8羽の鶏に接種される。これらの鶏はそれから10日間観察される。
 最初に報告されたガチョウの死は6月1日であり、ウイルスが確定されたのは報告から考えると7日である。10日間の観察なしに(非常に短期間、すなわち10日以内)鶏は死亡したことを意味する。
 ガチョウも短期間で死亡したと思われる。なぜなら半数のガチョウが感染していて、その半数がすでに死亡していたからだ。家禽市場の閉鎖と、ひきつづき行われた多数の家禽の殺処分も同様にウイルスの致死力が強いことを示唆している。8日の報告では13457羽が処分され、さらに3557羽が処分されている。
 H5N1は通常ガチョウに対し致死力はない。しかし、中国は過去19日間に多くの渡り鳥とガチョウが死亡したことを、二度の報告をOIEにしている。このウイルスの性格の変化はH5N1ウイルスが不安定性を増してきていることを示し、それはH5N1遺伝子の間で組み替えが起きた結果と考えられる。
 遺伝子プールは急速に大きくなり、その多様性を増し、近い将来流行の可能性が高まっている。
 訳者注:このRecombinomics研究所の発表は、WHOの発表と時期を同じくしていて、内容もウイルスの不安定化を主張している。それはWHOの尾身博士の意見と同じである。すなわちこの研究所のスタッフはWHOとつながりをもっていると思われる。
・WHO Prescribes "Heightened Vigilance" To Prevent Further BirdFlu... All Headline News (国際) WHO、鳥インフルエンザに対するさらなる警戒を要請
 WHOは10日、鳥フルウイルスが急速に増殖していると語った。そして中国で流行している株は毒性を強めている故、警戒態勢を強化するように注意を促した。
 WHO西太平洋地域事務所長の尾身茂氏は、ウイルスは不安定でどのように変化してゆくか予知できない、現状では何が起きてもおかしくはない、と語った。さらに中国とベトナムで検出されたウイルスの間では、その性状に違いがあることを指摘した。
・WHO urges birdflu vigilance, warns virus unstable Reuters AlertNet(英国) WHO、鳥フル緊急警戒を呼びかける、ウイルスが不安定になっていると警告 
 WHOは10日、H5N1ウイルスによるインフルエンザは新型に変化しつつあり、予知できない状況になりつつある、と声明を出した。
 WHOのアジア局長の尾身茂氏は、中国が新疆省での鳥フル発生を報告した翌日(10日)、北京で記者会見を行った。
 ”今回の事例は、ウイルスが不安定になっていて、何が起きるか予知できない状況になりつつあることを示している。この事実(中国での2例目の事例)は全く予想外の、極めて不快な衝撃だ”、と局長は語った。
 尾身局長は、ウイルスは色々な方法で色々な場所に移動している。そして引き起こされた感染症はより感染しやすくなっているが、ベトナムの例では致死性を減じている。しかし中国ではより病原性を強めている。”これはウイルスが極めて変化しやすいことを語っていて、何が起きてもおかしくはない状況だ”、と同氏は語っている。
 ”このような状況下で何が今後起きるのか予知は不可能。自分が言えることは、我々の警戒感をさらに高めることが今必要だということだ”、と尾身WHOアジア地域長官は語った。
 人人感染の事例は少なくともタイとベトナムで2例認めているが、現在のところ、人人感染が容易に起きているという証拠はない、と長官は付け加えた。
 情報の共有、分離ウイルスのWHO研究所への提供、動物飼育方法の改善(野鳥と接触させない方法:訳者注)が世界的流行を抑える全ての鍵となっている。尾身長官は言う。しかし流行は田舎で起こり、そこでは監視態勢が弱く、そして健康省と農業省の協同的作業が要求される。
 WHOは中国と協同的に感染地域を調査する旨の要求をしている。
 ”中国当局は事態を極めて重く受け止めており、彼らの反応は非常に強い”、とWHOの代表のHank Bekedam氏は語っている。
 中国当局は、新疆省の家禽での流行は、感染した家禽の殺処分、検疫、ワクチンにより完全にコントロールされている、と言っている。さらに政府は、塔城市の家禽市場を閉鎖するよう命令を出し、感染地域の鳥、主として鶏とガチョウ17014羽を殺処分した、と新華社通信は伝えた。さらに感染地域周辺の道路は閉鎖され、交通は遮断されている、とも同通信は伝えた。
・China slaughters 3,500 more fowl to control birdflu outbreak ... Forbes (国際) 中国、新疆省であらたに家禽3500羽を殺処分
 新疆省で、すでに460羽のガチョウが死亡した鳥フル(H5N1)の流行を食い止めるために、3500羽の家禽が殺処分された。
 流行は今月初め、新疆省塔城市(Tacheng city、 ターチョン)の農場で起こった。
 当局は塔城市の全ての鳥市場を閉鎖するように指令を出すとともに、17014羽の鳥、ほとんどは鶏とガチョウが感染拡大予防のためにこれまで殺処分された。
China finds deadly strain of avian flu Reuters eTaiwan News (台湾) 中国で致死的鳥インフルエンザウイルスが確認
 9日のロイターニュース(英国)と同じ内容
・Brunei Cleans Up BirdFlu ‘Outbreak’ Bru Direct ブルネイで鳥インフルエンザ発生、鶏を処分
 Kg Kulapisの鶏飼育場で鳥インフルエンザが発生。100羽がガス殺処分。感染地域周辺2キロを緩衝地帯として閉鎖された。
 ブルネイ=ダルサラーム国 (マレーシアに隣接)
・WHO Requests Site Visit of Qinghai Lake BirdFlu Outbreak Recombinomics (米国)
 WHO、中国へ青海省実地立ち入り調査を求める
 
「我々は本当に心配している」北京の国連組織FAO代表のNoureddin Monaは、そのように語った。「WHOは最悪の事態に対応しなければならない」。彼とWHOの係官は15日、中国健康省に青海省の実地調査の許可を依頼する手紙を送った。
 以下 Recombinomics研究所のコメントが続く。
 (訳者注:)基本的に同研究所の仮説は、現在の中国の鳥フル流行は、北インドから飛来した渡り鳥(ガン)により引き起こされたと考えている。北インドでは、インフルエンザに合併する髄膜炎が流行していたり、以前に採血検査した家禽飼育農場の従業員からH5N1ウイルスに対する抗体が検出されたりしていて、同研究所では北インドでH5N1ウイルスが蔓延している可能性を考えている。
・Xinjiang birdflu outbreak a cause for concern in HK The Standard
, (香港) 新疆省での鳥フル発生は、香港での監視態勢強化へ
 香港大学の研究者は9日、遠方の新疆省での鳥フル発生に警戒をよびかけている。
 香港大学医学部地域医療部門長であるLam Tai-hing氏は、向こうでの鳥インフルエンザ流行はすぐにインパクトを持って伝わらないが、香港での危険性はある、と語る。彼は、渡り鳥が致死的ウイルスを中国本土、香港、他の東南アジア諸国へ伝搬することを警戒しなければならない、と説明する
 Lam氏は、来るドラゴンボート祭り(伝統的行事)の際に、中国本土から多くの生きた鶏が輸入されるとき、香港はより警戒しなければならないと説明する。
 一方、香港政府当局者は、中国本土からの生きた鶏には青海省からの鶏は含まれていない。リスク管理は維持されるから、6月8日〜11日までの輸入禁止緩和は以後も継続されるだろうと言った。今週初め、香港当局は毎日の輸入割当である3万羽の量は祭りの期間中、要求量が増加するため増やされると発表している。
 香港政府当局者の説明では、中国本土からの鶏には青海省からのものは含まれていないし、毎日鶏が運び込まれるトラックをチェック(20羽の鶏をチェック)されている。
 鳥インフルエンザに対する恐れは、5月末北京政府が青海省(新疆省となりである)でのガチョウやカモメでの流行を発表してから再燃している。 しかし中国当局は、それはあくまでも孤立した流行である(拡大する性格のものではない:訳者注)、と説明している。
・Vietnam launches pilot birdflu vaccination on poultry Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム政府は家禽への鳥フルワクチン接種のパイロット・スタディーを開始
 南部の鳥フル多発地域である、Tien Giang省と北部のNam Dinh省で8月に強制的家禽へのワクチン接種が行われる。政府は農家への経済的援助として、ワクチン接種家禽1羽につきVND600(4セント、4円)を支払う予定。この計画では全体として600万ドル費やされるという。使用ワクチンは、中国、オランダ、米国の製という。
6月9日

・Hong Kong on birdflu watch ABC Online (オーストラリア)
 香港、鳥インフルエンザ警戒態勢を強める
 西中国での鳥フル流行が伝えられた香港政府は、家禽農場の監視を強めたと発表した。
・Birdflu outbreak hits western China Washington Times (米国)鳥フル、中国西部で流行
 北京発(UPI) 中国農業省は9日、中央アジア地域の新疆省で鳥インフルエンザの流行を確認した、と中国のメディアが報じた。
 発生地域は中国とカザフスタンの国境沿いの塔城市(Tacheng city、 ターチョン)である。新華社通信によると、流行はコントロールされていて、感染源の調査が行われている。人での感染例については言及されていない。国立鳥インフルエンザ関連研究所は、流行は致死的H5N1ウイルスによるものであることを確認した。1042羽のガチョウが感染したが、460羽が死亡したと伝えられた。
 新華社通信によると、地域当局は緊急警戒態勢をとり、感染地域を閉鎖し、13457羽の鳥を殺処分した。さらに検疫と家禽に対するワクチン接種が適用された。
・China battles new outbreak of deadly birdflu Reuters AlertNet (英国)中国、新たな鳥インフルエンザとの闘い
 中国の極西部地域の新疆省で鳥フル流行が確認された。新疆省ウィグル自治区塔城で、1300羽以上のガチョウが殺処分された。1000羽以上のガチョウが感染の症状を呈していたが、そのうち数百羽が死亡した。
 中国は先月北西地域の青海省での野鳥における鳥フル流行を報告した。そして家禽に対するワクチンを新疆省も含めて近隣地域で行った。しかし専門家は今回の事例は青海省の事例と無関係で、青海省の渡り鳥がもたらしたものではないと説明する。
 ”二つの事例は完全に分離された流行だ。渡り鳥はこの時期に北へは飛ばない(青海省から新疆省へ:訳者注)。それだから二つの事例はリンクしていない”と、香港のMai Po Nature Reserveの研究者であるLew Youngは説明する。
 WHOのスポークスマンは、今回の新疆省の流行が人へ感染拡大する危険性があるとは推測していない。”家禽で流行が確認されたのは初めてではないし、中国はすでに経験がある”と語った。昨年中国は鳥フルの流行をワクチン、殺処分、そして監視態勢の充実で押さえ込んだ実績がある。
 塔城地域の流行病監視事務所(Epidemic Control Office )では人の感染は起きていないと語っている。
 香港政府は、地方の農家や小売り市場などで、家禽に何らかの異常が生じていないか監視態勢を強めている。
 香港は多くの食料を中国から入れているが、生きた鳥や家禽の肉は新疆省から輸入していない。しかし中国当局は、予防のため、このような品の香港での販売を禁止した。
・China confirms birdflu outbreak in Xinjiang Xinhua, (新華社通信:国営通信機関) (中国) 中国、新疆省での鳥インフルエンザ発生を確認する
 中国農業省は9日、新疆省ウィグル自治区での鳥フル発生を確認したが、状況はコントロールされていると発表した。
 国立鳥インフルエンザ関連研究所は、最近認めた塔城市(Tacheng city、 ターチョン)の放牧場で死亡したガチョウが、H5N1ウイルスによるものであることを確認した。1042羽が感染し、460羽が死亡した。
 地域の行政当局は緊急態勢をとって、感染地域の閉鎖、13457羽の家禽の殺処分を行った。検疫とワクチン接種(家禽)も同時に行われた。流行は厳重な監視下におかれて、ウイルスの感染源の調査が行われている。
 中国農業省はFAO、香港、台湾に流行があったことを通知した。
・Hundreds of Chinese geese killed by birdflu Today (シンガポール)
 数百羽の中国ガチョウが鳥フルに感染して死亡
 内容は中国新疆省ウィグル自治区でのガチョウにおける流行
・France takes measures to prevent spread of birdflu to humans Xinhua (新華社通信:国営通信機関) (中国)
 鳥インフルエンザの人における流行に対してフランスは態勢の強化を完了済み
 フランスは鳥フルの人での流行に対して十分備えている。フランス政府の保健コンサルタントであるDidier Houssin氏は水曜日語った(8日)。
 WHOによるとH5N1ウイルスは人人感染を起こす能力を変異によって獲得したとされるが、現在は動物から人、人から人への感染は限定的ではある、とHoussin氏は語った。
 同氏の説明によると、フランス国内の病院は現在、人でのインフルエンザ流行勃発に際して、10〜46%の患者の入院増加に対応できる状態であって、さらに医療スタッフからなる大きなチームが家庭での医療サービスにいつでも対応できるように準備されている。
 フランスは1380万錠のタミフルを備蓄していて、さらに現在製造中である、と同氏は付け加えた。
 さらにフランスは4千万人分のワクチンを発注し、千万人分以上ののマスクを備蓄した、とHoussin氏は説明した。

・Birdflu find: China bans exports 
CNN (米国) (中国、新たな鳥フル発生により西部地域からの家禽の輸出禁止処置)
 香港発(AP)ー中国新疆省ウィグル自治区で新たに鳥フルが発生したことから、中国政府は同地区から香港への家禽輸出を当面保留することを決定したと、香港政府が発表した。新疆省ウィグル自治区では近郊のすべての家禽飼育農家の家禽にワクチン接種を行い、事態はコントロールされていると伝えられている。
・Vietnam confirms three additional birdflu cases
 CTV (カナダ) ベトナム、WHOに新たな患者3名報告するが…
 ベトナム政府は新たに3人の患者をWHOに報告したが、すべて過去の症例であってすでにWHO統計に加えられている。WHOによると、最終的に把握しているのは4月26日の事例である。WHOは政府からの公式発表以外の情報も参考にしているという。現在までWHOの公式情報ではベトナムにおける感染者は、昨年12月以後52人、死者18人となっている(6月8日現在)。
・China battling new birdflu outbreak Radio Australia (オーストラリア) 中国で新たな鳥フル流行発生
 
中国北西部の新疆省で、1040羽のガチョウがH5N1鳥フルに感染して、460羽が死亡し、13000羽が殺処分されたことが、
当局の発表で明らかになった。当局は状況はコントロールされていると語った。
・H5N1 in Russia Kazhakstan and Mongolia? Recombinomics (米国)カザフスタンとモンゴルでもH5N1流行?
 今日の中国からのOIEへの報告をみると、いかに早くH5N1が拡大しているか分かる。5月21日OIE報告で中国青海省で519羽の水鳥が死亡。H5N1ウイルスによるものと確認された。
 ワクチンが青海省と新疆省で水鳥によるウイルス拡大を防ぐために緊急に家禽に接種された。全ての自然保護区は閉鎖された。そして流行は野鳥の間でしか認められないと説明された。しかしながら今日の中国からの報告では、検査が生物学的方法も用いていることから考えると(時間が要する)、中国は1〜2週間前からこのガチョウでのH5N1流行を知っていたと考えられる。
 中国は他の省では流行の恐れは無いと言っているが、それは渡り鳥が北西部、すなわちロシアとヨーロッパ方向へ向かうことが理由となっていると考えられる。
 今日の報告では、流行は塔城市(Tacheng city、 ターチョン)で、そこはカザフスタンとの国境近くで、またモンゴルとロシアからほんの100マイルの距離にある。塔城市は青海省から西へ1000マイルの距離である。
 本日のOIEの報告内容を見る限り、中国側の検査は生物学的手法、すなわちウイルス分離、増殖、鶏への接種、死亡の確認、という長時間を要する手法で確認している。これだけの時間が既に経過していることから考えると、H5N1ウイルスは隣接する3カ国にすでに拡大している可能性がある。
 これらの国から何の報告も今の所ないが、急速に青海省から北西部へ(新疆省)へ拡大していることは、これらの国での流行の有無が気にかかる。
 中国は今回OIEに野鳥と家禽の死について報告しているが、人や他の哺乳動物に関しての報告はない(青海省での家畜、人での感染に関する非公式情報があることから)。

・H5N1 Kills Domestic Geese in Xinjiang Near Qinghai China Recombinomics 青海省となりの新疆省のガチョウでもH5N1流行
 青海省北東部に隣接する新疆省(ウィグル自治区)でH5N1鳥フルウイルスが1000羽以上のガチョウの間で感染を起こし、460羽が死亡、1万3千羽が殺処分された。8日、中国当局がOIEに報告した。OIE報告(6月8日)。ガチョウやアヒルは通常H5N1ウイルスに感染死しない。
 今回の中国の公式発表は、先のboxun.comの青海省で12種類8000羽以上の野鳥が死亡した、と言う報告の妥当性を示唆する。
           
6月8日

・Pandemic warnings spark rush for birdflu drug Swissinfo, (スイス)鳥フル流行の危険性はタミフル生産に拍車
 スイスの巨大製薬会社であるロッシェ社は鳥フルに唯一有効であるタミフルの受注に追われている。WHOは、この2月、鳥フルが人での流行を起こしたなら世界で700万人の死者がでる可能性を訴え、巨大な量のタミフルが世界で必要になると警告した。
 アジアにおける53人の死者は各国の政府と保健責任者に、鳥フルが変異して、人により感染しやすくなってきている不安を抱かせている。結果として、世界からスイスも含めて25ケ国がタミフルを発注している。しかしながら、その生産には12ケ月を要する。英国の発注量の場合、1460万人が5日間服用する量の生産には2年かかる予定である。科学者の中にはそれでは流行には間に合わないかも知れないと言うが、ロッシェ社は要求量が多すぎて生産が間に合わないことを否定する。
 流行勃発まで生産の保証はなし
 ”生産するのには何も妨げはない”とロッシェ社のスポークスマンは言う。”我々は昨年も生産量を増やしたし、今年もその予定であって、すでに発注を受けた分は、指定期日までに生産することを請け負っている”。
 ”しかしながら、我々は
流行勃発までに適切な量を供給する保証はできない。各国が前もって適切な量の備蓄を自ら開始することがキーなのだ(すなわち各国政府の判断で適切な量を適切な時期までに発注せよということ:訳者注)”
 米国の要求量の生産のためにロッシェ社は本年度後半期に北米に新工場を建設する予定になっている。
 ロッシェ社は現在タミフルの新製造方法を開発中で、より短時間で製造を可能にしようと計画している。
 タミフルの製造工程は複雑で製造には時間がかかる。それ故各国政府はWHOの勧奨に従うべきである(以下)、とロッシェ社のスポークスマンは言う。
 断固たる意志決定
 WHOは各国政府に流行に対する行動計画を早いうちに作成するように求めている。
 ”実際問題として流行が起こったときは、全ての人間にタミフルは行き渡らない”、とWHOの伝染病部門のスポークスマンのDick Thompsonは説明する。
 
”流行が起きたとき、誰に治療薬を投与するか厳しい選択が要求される可能性が高いが、その決定は流行が起きる前の現在行うのが最善と考える”
 Thompsonは、政府、特に裕福な政府は十分対処可能か?という質問に明確に答えた。”絶対不可能である。なぜなら流行のもたらす結果は語ることが不可能なくらい大きいと予想されるからだ”
 ”我々は今、この曖昧に思える公衆衛生上の危機について話し合わなければならないのだ。よしんば間近な流行の可能性が実際にはないとしても”
 責任あるパートナー
 製薬企業は、株主に対する責任もあって(利潤追求の責任)、過去にエイズなどの致死的疾患を、(その高額な薬剤を世界中に売ることで)食い物にしていると非難された。
 ロッシェ社は各国政府やWHOを責任あるパートナーとして提携し、ウイルス流行が真っ先に起こると考えられる発展途上国にも利益が行き渡るように薬の製造を考えている。
 ”我々の供給ポリシーは、最初に来るところに、最初に奉仕する、である”とロッシェ社は言う。”しかし我々は流行に備えて備蓄目的の政府に対しては価格を下げて提供する”、と付け加える。
 ”各国はカプセルで買うことも出来るし、水に溶かして使用できる粉末でも買うことは出来る”
 ”もし政府が粉末で購入するとしたなら、既に価格を減じているカプセルの半額で提供できる”、とロッシェ社は説明する。
・Mysterious Disease Kills 400 Sheep in Mongolia Recombinomics (米国) モンゴルで400頭の羊が原因不明死
 New China ネットによると、6月に入ってから400頭の羊が原因不明の感染症で死亡、しかし人での感染は認められていないと報告した。
 原因を推し量るための詳細情報は入っていないが、H5N1ウイルスによる感染症を考慮すべきと考えられる。冬を北インドで過ごしたガンが、中国青海湖さらにモンゴルを越えて南ロシアへ飛んでゆく。
 中国青海省でのH5N1流行は8000羽以上の鳥が死亡したとされるが、他に84匹の羊を含む家畜類の死も報じられている。
 もしモンゴルでの羊の死亡がH5N1感染によるものであるならば、boxun.comの初期の報告、すなわち羊のH5N1感染の確認も信頼できる情報となる。
 さらなる詳細情報が求められる。
・3rd Photo of BirdFlu Deaths on Bird Island Qinghai is Doctored Recombinomics (米国)青海湖での死亡野鳥写真の三枚目は手を加えられていた
 青海湖での死亡、および瀕死の野鳥の写真は手を加えられていた。最前面の3羽の鳥は複製されたものだ。なぜこのような操作が行われたか不明である。最初の2枚の写真は手を加えられているようには見えないし、写真は大量の鳥たちが死亡、または瀕死の状態にある。
 三枚目の写真で三羽の鳥を複製して掲載することが、より情報を強調することになるとは思えない。なぜなら写真には多くの死亡した鳥が写っているからだ。三枚目の写真は先の二枚の写真と同時に添付されている。三枚目の写真は報告者が逮捕されたときと同時期に発表されている。三枚の写真はboxun.comが写真としてページに貼り付けたものだが、三枚目の写真は他の二枚と違うセットと思われる。
 訳者注:この手を加えた関係者が理由を説明しているページがあります。特に他意はなく、オリジナルの写真をより強調するために多少手を加えたような説明をしています。リンクページ(英語)。Recombinomics研究所のNiman博士の指摘に答えています。
・China forces Web site registrations Science Daily (press release) (米国)
 中国ホームページの登録制を強化
 中国当局はブログも含めて国内のホームぺージの作成者による政府への登録を強化した。
 ”不健康な内容”や”詐欺行為”を予防するために、ホームページの登録が6月から必要になった。内容には反政府的内容も含まれる。それは昨年3月に予報されていた。
 6月までに登録されなければホームページは切断されるとされている。
 詳細は政府のページ。http://www.mii.gov.cn/mii/
・Flu in wild birds sparks fears of mutating virus Nature.com
  野鳥での鳥フルの蔓延はウイルス変異の恐れを増強ーー中国青海省での事例ーー専門家は中国に分離ウイルスを要求(3日発行Natureの論文の解説記事)
 中国での1000羽以上のH5N1ウイルスによる野鳥の死は、専門家にウイルス対する解釈上で混乱を起こしている。同時に同じ地で人の感染も生じているという噂も流れている。これに関して当局は否定しているが。
 H5N1ウイルスは2003年末以来アジアで53人の死者を出していて、人のインフルエンザとして大流行する可能性を秘めている。渡り鳥はインフルエンザウイルスのキャリアとなっているが、H5N1ウイルスのような致死的株に関して渡り鳥がどれだけ拡大に寄与しているかは未確認であり、現在議論の対象となっている。
 現在までの流行を見ると、一握りの野鳥しかH5N1感染で死亡していない。こうした事実から専門家達は渡り鳥は無症候でウイルスを保因しながら、彼らの飛来ルートにそって、ときどき家禽に流行を起こしている、と考えてきた。また少数の野鳥の死は、アヒルや鶏から逆にウイルス感染を起こしてたまたま死亡したという考え方をする専門家もいた。
 しかし5月21日の報告、すなわち500羽以上の5種類の野鳥の死は、状況を劇的に変えてしまった。専門家はウイルスが変異して、野鳥に対する感染性と致死性を増したことを警戒し始めている。
 
北京のWHOスポークスマンは、「これは異常な事態である。我々はウイルスを緊急にチェックしなければならない」と語って、中国当局に分離ウイルスを提供するように圧力をかけた。
 中国は昨年の6月のH5N1の家禽による流行以来、鳥や人の感染に関する報告は一切してこなかったが、いくつかのインターネットによる報告は、現在中国で、流行による人々の死が伝えられ、いくつかの情報源では120人以上の死亡が伝えられている。
 中国政府は、人でのH5N1流行は否定しており、178羽の水鳥の死亡が青海省Niannaisuoma村で確認されてから、当局は地域を隔離して、出入りにはゴーグル、マスク、およびガウンを身につけさせている、と説明した。監視態勢が強化されたが、人での感染は確認されていないと当局は語っている。
 上海のパスツール研究所のウイルス学者のVincent Deubelは、「現地では人人感染の事実はない。さらに少数の鳥から多数の人への感染は考えがたい、と言う。「野鳥に対して毒性を増したウイルスが、同様に人にも毒性を増すという根拠はない」、彼はそのように説明する。「たった500羽の野鳥からそんなに多くの人々が感染して死亡することは現実的に考えられない」。
 しかし、FAOのコーディネーターである、Fusheng Guoは、「報告されている野鳥の死は、実際の死亡数を大幅に下回っている可能性も否定できない」と語っている。「死んだ野鳥の多くは見つかっていないのかも知れない」と彼は、青海省の彼の仲間が毎日多くの野鳥の死を伝えてきていることを引用して、語った。「私は非常に心配している」。
 実際、中国政府が519羽の死を発表して一週間もしないうちに、当局は死亡した野鳥の数を1000羽以上と訂正した。
 中国国立動物検疫施設の長官であるBaoxu Huangは、青海省での流行地域は、多分隔離されてこれ以上の拡大はないと思われる、と語る。さらに彼は、中国当には450もの各種動物におけるウイルス流行状況を監視する施設がある、と付け加えた。しかしながらある情報筋によると、施設の職員は知識も技術もなく、見落としが多いと考えられる。消息筋はさらに、青海省での監視施設は、診断のための医療器具があるが、職員は使い方も分からなければ、検査のための試薬もない、と付け加える。
6月7日

・Japan's Sharp claims new technology can combat birdflu Channel News Asia, (シンガポール) 日本のシャープが新技術で鳥フル対策を可能に
 下記と同じ内容。
・Sharp claims new technology can combat birdflu virus Forbes (国際) シャープが鳥フルウイルスに効力をもつ新装置を開発
 シャープはプラズマクラスターを利用した空気清浄器が、鳥インフルエンザウイルスを閉鎖した空間で99%死滅させる効果をもつことを確認したことを発表した。
 プラズマクラスターはさらに26種類の細菌や真菌、ウイルス、さらに各種のアレルゲンなどの空気伝搬する有害物質除去にも有効であることが確認された。
 プラズマクラスター・イオン技術は2000年に開発された空気清浄技術であるが、陰・陽イオンを空中に放出することにより、空気中に浮遊する微生物を除去する(失活させる)ものである。大阪の本社は英国のRetroscreen Virology 社と5カ月間の研究の結果、公表したような鳥フルウイルス(H5N1)に対する効果を確認したいう。
 実験では、1立方メートルの箱の中にウイルス粒子を噴射してから、プラズマクラスタ・イオンを作用させた。その後サンプルを10分間毎にとりだして培養細胞に接種した。
 実験は99%のウイルスが除去されたことを示した。
 培養細胞に接種して4日後、プラズマクラスタ・イオンを作用させた群では、細胞変性を起こさなかったが、作用させなかった群では細胞変性が見られ細胞のダメージが確認された。
・Coping with the coming pandemic in poultry Jakarta Post (インドネシア)
 家禽における鳥フルとの闘い(6日の米国Salt Lake Tribuneの記事と同じ)
  家禽における鳥インフルエンザ対策として、長期的展望に立つならば多額の資本を投入して、中国や東南アジアにおける家禽の飼育方法を変えることである。一方短期的に考えるならば緊急対策としてワクチンの大量製造方法をできるだけ早く開発することである。それはWHOの西太平洋地域事務所長の尾見茂博士が二ヶ月前にベトナムの緊急会議で、鳥インフルエンザが世界的流行する重大なる危険性がある、と語ったことからも緊急性ある課題である。
 H5N1ウイルスが最初に人に感染したのは1997年であるが、その後明らかに変異して、鳥から人により感染しやすくなってきている。
 現在ウイルスは自然感染宿主から家禽への感染と広がり、人への感染性を強めてきた。もし人人感染が始まるなら世界的に多くの命が失われるだけでなく、経済的にも大打撃を被る。
 政府も事態を認識しているようで、4月1日にブッシュ大統領は、(新型)インフルエンザが世界的流行の危険性があり、それを検疫必要な疾患に指定した。しかしワクチンは無いのだ。
 現在考えてみても、流行が始まって数ヶ月は何ら対策を施すことが出来ない。それが専門家の5チームが先週のNature(世界的医科学雑誌:訳者注)、で鳥フル対策についての緊急コメントを出した理由である。もし対策がなされないならば、世界で数百万人の死者がでる、と彼らは警告している。
 現在考えられる最善の方法は、来月スコットランドで開催されるG8サミットでテーマとして取り上げ、そこでワクチンの開発・製造について取り決めを行うことである。最高の権限の元の決定事項となるならば、事態は容易に運ばれるはずである(世界的流行を阻止するためのワクチン製造)。
・World first air purification technology for H5N1 Avian Influenza News-Medical.net, (国際)
 世界初のH5N1殺菌効果を持つ空気清浄機が開発される
 シャープは六日、同社が開発し「除菌イオン」の名前で家電製品に搭載しているプラズマクラスターイオン技術が、ヒトへの感染、死亡も報告されている鳥インフルエンザウイルスを死滅させる効果があると発表した。英国の民間研究機関「レトロスクリーン・バイロロジー社」と共同で実証したもので、業務用空気清浄機などへの応用が期待されそうだ。
 実証実験に使われたのは強い毒性を持ち、東南アジアで死者を出した「H5N1型」。一立方メートルの箱にウイルスを拡散、箱の内部でプラズマクラスターイオンの発生装置を五−十五分間稼働させたところ、ウイルスの99%が死滅したという。プラズマクラスターイオンは、プラスとマイナスのイオンを生成し放出するシャープの独自技術。浮遊する細菌やウイルス、アレルギー原因物質などに取り付き、表面のタンパク質を破壊し死滅させるといわれる。
6月6日

・Australia 'prepared for flu pandemic' NEWS.com.au (オーストラリア) インフルエンザ流行に対して、オーストラリアは態勢を整えている
 (オーストラリア)健康省大臣は、新型インフルエンザ流行に対して政府は可能な限りの態勢を整えている、と本日語り、世界的流行に対するオーストラリアの態勢に関する詳細なガイド(行動計画):訳者注)を発表した。
 大臣は、政府は新型インフルエンザの脅威を深刻に受け止めているが、完全にオーストラリアを新型インフルエンザから守る方法は無いと語った。WHOは非常に危険な状態であると警告しているが、我々はパニックを起こさず、冷静に関心を抱くことが今必要と考える、とも彼は言う。新型インフルエンザが流行したならオーストラリアで13万人の死者がでる予想が立てられている。大臣は、オーストラリアは世界の中でもっとも態勢が整えられている国の一つであるという。彼は、国民に政府は出来る限りのことを行っている事実を知ってもらうことが重要であるともいう。
 2002年、オーストラリアは国立健康危機対策室(national incident room )を設立し、健康危機に対して迅速に反応できる体制を整備した。そこでは現在、アジアにおける鳥インフルエンザ流行をモニターしていて、オーストラリアに拡大してきたときは、その対策室が中心的役割を担うことになる。流行勃発時には、国と州の保健医療責任者が協同的に業務を遂行し、いかにウイルスの拡大を防ぐか決定する。それは2003年のSARSのときと同じような体制である。
 政府はすでに国内の数カ所の隔離センターに医療設備とともに、5千万本の注射器と4千万枚の外科用マスクを備蓄した。
 また先月、メルボルンのWHO共同インフルエンザ研究所建設のために、2千3百万ドルの予算が決定された。
 また行動計画の発表と同時に、政府は今週全国の保健医療担当者に、インフルエンザ流行時に起きえる事項などを詳細に説明した冊子3万5千部を、全国に発送する予定としている。
・Dyer: The coming influenza pandemic and how to meet it Salt Lake Tribune, (米国) 来るべきインフルエンザ流行に、今、いかに対処すべきか−−来月のG8サミットで話し合うべき
  家禽における鳥インフルエンザ対策として、長期的展望に立つならば多額の資本を投入して、中国や東南アジアにおける家禽の飼育方法を変えることである。一方短期的に考えるならば緊急対策としてワクチンの大量製造方法をできるだけ早く開発することである。それはWHOの西太平洋地域事務所長の尾見茂博士が二ヶ月前にベトナムの緊急会議で、鳥インフルエンザが世界的流行する重大なる危険性がある、と語ったことからも緊急性ある課題である。
 H5N1ウイルスが最初に人に感染したのは1997年であるが、その後明らかに変異して、鳥から人により感染しやすくなってきている。
 現在ウイルスは自然感染宿主から家禽への感染と広がり、人への感染性を強めてきた。もし人人感染が始まるなら世界的に多くの命が失われるだけでなく、経済的にも大打撃を被る。
 政府も事態を認識しているようで、4月1日にブッシュ大統領は、(新型)インフルエンザが世界的流行の危険性があり、それを検疫必要な疾患に指定した。しかしワクチンは無いのだ。
 現在考えてみても、流行が始まって数ヶ月は何ら対策を施すことが出来ない。それが専門家の5チームが先週のNature(世界的医科学雑誌:訳者注)、で鳥フル対策についての緊急コメントを出した理由である。もし対策がなされないならば、世界で数百万人の死者がでる、と彼らは警告している。
 現在考えられる最善の方法は、来月スコットランドで開催されるG8サミットでテーマとして取り上げ、そこでワクチンの開発・製造について取り決めを行うことである。最高の権限の元の決定事項となるならば、事態は容易に運ばれるはずである(世界的流行を阻止するためのワクチン製造)。
・Prefectures remain vulnerable to flu epidemic Asahi Shimbun (日本) 都道府県は新型インフルエンザ対策が遅れている
 朝日新聞の調査によると、新型インフルエンザに対するガイドラインを作成している都道府県は、わずか二カ所に過ぎないことが分かった。
 国際的に新型インフルエンザの世界的流行の懸念が出ているにもかかわらず、宮崎県と広島県だけが、情報伝達や医療スタッフの役割など、流行の予防に関するガイドラインを作っている。大多数の県では新型インフルエンザが発生したときに必要とされる医療品が不足しており、また関係機関の共同体制に関して何も決定されていない。実際、インフルエンザ勃発の際必要とされるタミフルは人口の3.7%と言われているが、その備蓄を行っている自治体はほとんど無い状況である(国際的には人口の25%が服用できる量のタミフルが必要と言われている:訳者注)。
 国では都道府県にガイドラインを作成するように通達を出しているが、多くの都道府県は体制を整えるための予算がなく、お互いに他の都道府県の動きを見ているようだ。一部からは政府がガイドラインを作成すべきだ、との声も出ている。
・3rd Photo of 1000's of BirdFlu Deaths on Bird Island Qinghai Recombinomics (米国) 海省鳥島における3枚目の1000羽野鳥死亡の写真
 内容は先の発表と重複しているように思われるが、中で以前に観光客によって撮影された鳥島の写真がリンクされている。(訳者)
 参考までに先にBoxun News(Abundant New)から発表された写真(4日)
6月5日

・Eight Arrests Increase Alarm Over BirdFlu Deaths in China Recombinomics (米国) 8人の逮捕は中国における鳥フルの人感染死事例にさらなる警鐘
 Boxun Newsは逮捕された若い8人について詳細な情報を載せた。彼らは青海省での鳥フル発生を報告した9人の中に属する。彼らの逮捕は5月27日に撮影した写真(1000羽以上の死亡、または瀕死の野鳥の死)の公開直後である。写真は8000羽以上という表現は少なすぎるくらいの光景を写しており、さらにH5N1ウイルスが水鳥を感染死させるということは希な話であることから、この状況は前代未聞のこととしか言えない。
 今回の逮捕という事実は非常に関心を集める。中国は人の感染死事例は完全否定していて、情報は一切発表していない。鳥を感染死させたウイルスについても、大雑把にこれまで見つかっている株と変わりはないと発表しているだけで、詳細に関しては公表していない。(そんな状況下での逮捕という事実は、多くの憶測を呼ぶ:訳者注)
 危機的状況の予想を確かめる方法は第三機関による調査のみである。
・8 Arrests Linked to Photos of 1000's of BirdFlu Deaths Recombinomics (米国) 中国で鳥インフルエンザで死亡した野鳥の写真公開に関して8人が逮捕
 
Boxun Newsは表記の情報を発信した。(Abundant News、Boxun News)邦語翻訳ページ
 これら8人の逮捕は、青海省Gangch郡での8000羽以上の野鳥の死と121人の人の死の情報公開に関係しているように思える。報告では5月27日の鳥島の死亡および瀕死の野鳥の2枚の写真が特に問題となったようだ。
 初期に報道管制が敷かれたという報告があり、また第三機関がH5N1流行を報告した9人と接触することも出来なかった。今回逮捕された8人がこれら9人の中の人達なのかは不明である。
 中国当局が121人の鳥フル感染死亡を報告する予定にあるとしたなら、今回の逮捕には発展しなかったと思われる。今後中国当局は、情報公開の制限の厳守を図るとともに、公式発表以上の情報は公開しないと予想される。
 第三機関による調査は遅れすぎている。 
6月4日

・More Photos of Gangcha County and Bird Island in Qinghai Recombinomics さらなる青海省鳥フル流行の写真
 5月21日に青海省鳥島で撮影された写真(邦訳のため少し時間がかかります(Abundant News)
・Expanding Fever Clinics in Gangcha County Qinghai China Recombinomics, (米国) 中国青海省Gangcha群で発熱患者が増加中
 …私は喉が痛いため、たばこの吸いすぎによるものと考えて薬をもらいに
Gangcha群人民病院へ行った。病院はものすごく忙しく混雑していた。私の友人の医師は、感染病棟を拡張し、他の病院から多くの医師が応援のために送られてきている、と説明してくれた。彼は可能な限り外に出ないよう私に警告した…。
 上記は昨日のAbundant Newsから抜粋したものである。ニュースはGangcha群での病院が、多数の患者に対応している状況を伝えている。詳細は確認されていないが、この情報は極めて事態が心配な状況にあることを示唆する。中国は現地で発熱患者対応病棟を設立したことは報じたが、どんな患者が入院しているかは報じていない。初期の情報では報道管制が敷かれている可能性が伝えられている。さらに第三機関からの報告もいまだない。
 Abundant Newsが報じる鳥フルの世界的流行の危機の可能性を否定するためには、現在、第三機関の調査がひつようなことは自明である。
・China plans early warning system for avian flu CIDRAP (米国) 中国は鳥フル初期警戒システムを計画していると発表
 新華社通信によると、今週中国当局は鳥フル初期警戒システムを構築すると発表した。システムは全土的ウイルスデータベースともなり、疫学的研究や世界の研究者との情報共有、さらには社会への定期的流行情報の提供などに利用されるという。
 中国は最近青海省の自然保護区で大量の野鳥がN5N1ウイルス感染で死亡していることから、H5N1ウイルスに多大の関心を持っている。また中国当局は噂となって流れている人の感染死は否定している。
 ハイテクシステムで構成されたシステムは8省で計画されているが、完成の期日については明確にされていない。
 今週、中国から野鳥における流行に関する情報は出ていない。中国での流行は、昨年7月以来のH5N1流行であること、少なくとも5種類以上の野鳥が死亡していること、そして通常は感染しても無症状である水鳥も多数死亡していることから、大きな関心が持たれている。
 今週発行された英国の世界的科学雑誌「Nature」で、これまで渡り鳥がH5N1で死亡した事実は数えられるほど希であって、中国での事例はウイルスが変化していて、非常に感染力を増し、渡り鳥の間で致死的ウイルスとなっていることを示唆している。論文はそのように説明している。
 WHOのスポークスマンは、CIDRAPに電子メールで、WHOはウイルスサンプルの提供を中国に求めているが、現在まで提供されていない、流行の広がりもWHOでは掴めていないし、また中国政府は人での事例は否定し続けている(He also said Chinese officials continue to deny reports of human cases in the area)と、本日、語った。
・Graphic Photos of Dead and Dying H5N1 Bar Headed Geese Recombinomics, (米国)
 青海湖で死亡・瀕死のガンの画像
 先に発表した写真は広アングルで素人の目には分かりづらい。死亡または瀕死の野鳥の接写写真もAbundant News (boxun.com)で公開されている。
Photos of 1000's of BirdFlu Deaths on Bird Island Qinghai China Recombinomics (米国)
 青海湖での鳥フルで死亡した1000羽の野鳥の写真が発表される
 
最新の
Abundant News(Boxun News)は青海湖の鳥島(Bird (Naio) Island)で死亡している野鳥の写真2枚を公表した。接写による写真を見る限り、ほとんどの鳥は横たわっていて死亡しているように見える。飛んでいる鳥は見えない。写真を見る限り、死亡している鳥は数千羽いるようだ。
 写真は5月27日に撮影されている。写真を見る限り鳥は死んだ直後、または死にかかった状態に見える。日付が正しいとしたなら、鳥の死は今も続いていると考えられる。最初の報告は5月4日で150羽のガンの死亡が確認され、翌日28羽が確認されている。このように鳥の死はこの3週間続いていると考えられる。以上から、先に流れた8000羽以上の鳥の死亡が続いていることが示唆される。
 H5N1ウイルスによる大量の野鳥の死は、このH5N1ウイルスが非常に毒性が強く、通常感染死を起こさない水鳥をも死亡させることが示唆される。
・China denies human deaths from birdflu SciDev.net, (英国) 中国、鳥フルでの人感染死を否定(Nature論文)
 インターネットで情報公開された青海省での200人に渡る人達が鳥フルに感染し、121人が死亡した事例は中国政府が否定した。報告は米国から発信されている中国語のニュースサイトである「Boxun News」からで、それは国際感染症学会メーリング・リスト(ProMed-mail」で繰り返された。
 
2003年、Boxun NewsでSARSが中国で流行していることが報じられ、続いてProMed-mailもそれを報じた。その時点で中国政府は事実を公表していなかった。
 中国の公営通信社である新華通信は、上記ニュースを否定すると共に、発生地域の病院は発熱患者のための特別外来を開いていると報道した。
 WHOは中国当局の発表を否定する理由は現在のところないと言っている。
               
6月3日

・National exercise prepares for birdflu Seven.com.au (オーストラリア)
 鳥フル流行に備えて全国的訓練を予定
 オーストラリア健康省と農業省は共同して鳥フル流行に対する全国的訓練を、11月29日から12月1日に行う予定。
・Over 8000 BirdFlu Deaths in Gangcha County Qinghai China? Recombinomics, (米国) 中国青海省での鳥の死は8000羽以上か?

 
 中国語サイトの”Boxun News Network”(機械による英語翻訳)オリジナル版によると、青海省青海湖周辺の自然保護区でのH5N1ウイルス感染に関連した動物の死は、5月21日にOIEに中国政府が発表した数の10倍以上になる。最新の同サイトの情報では8000羽以上の鳥の死が報告され、内容は非常に詳細である。
 更新された情報は色々な点で警戒を発している。死亡した鳥の数と種類は間違いなく増加しているし、少数ではあるが肉食ほ乳類が含まれている。それらは死亡した鳥を食べて死んだものと思われる。
 さらに報告は牛や羊などの家畜の死をもリストにあげている。それらの死が口蹄疫に関連したものか、H5N1ウイルス感染によるものか不明であるが、H5N1ウイルス感染によって死亡したものならば、H5N1ウイルス感染の種が広がっていることを示唆していて、初期に121人の人の死が報告されていることは理にかなう。
 この非公式情報について確認する必要がある。WHOは全てを否定している中国政府に電話や電子メールで確認しなければならない。
6月2日

・Secrecy of avian flu plan criticized Pittsburgh Tribune-Review, (米国) 鳥フル対策行動プランの非公開性に批判が集まる(ペンシルバニア州)
 ペンシルバニア州政府は鳥フル流行に備えて行動計画を作成しているが、それは公開されていないため、逆に危険性があるかもしれない、と専門家は警告している。
 もし医薬品が欠乏したとき、その使用の優先順序について誰も知らないとしたなら、みんな自己中心的な行動に走り社会的混乱が起こる可能性がある。ピッツバーグ大学公衆衛生センターの先の所長である、David Piposzar博士が語っている。これは州政府が行動プランの非公開を決定したことに対して発言された。
 CDCは、もし鳥フル(H5N1)が人人感染を起こす性格を獲得したなら、インフルエンザ流行により多数の人々が感染して死亡する、と警告している。
 州によっては行動プランが公開されているところもあるが、ペンシルバニア州当局のスポークスマンは、非公開にこだわるわけではなく、間違った使い方をされることを恐れるのだ、と説明する。当局はテロリスト達がワクチン保管場所とかワクチン接種場所などの情報を入手して、計画を混乱させることを恐れている。我々は当計画を危険に晒したくはない、とスポークスマンは説明する。
 Piposzar博士は、ある部分は秘密にしなければならないことは理解できるが、他の部分は公開して、公の場で討議し、当局は計画がどのように実行されるのか説明すべきである、と言う。「私は我々がいかにして人々に迅速にワクチンを施し、いかにして迅速に治療を施すのか、その確認をしたいのだ」、博士は言う。
 ピッツバーグ大学医学センターも鳥フル流行に備えて、独自の計画を作成しつつある。
 ペンシルバニア州の行動計画は、米国の国家プランに類似しているという。すなわあち、ワクチンを関係する医療関係者や感染危険の高い職種に優先して使用するために確保しておく。またワクチンは高齢者や基礎疾患を有する人々に優先してつかう。抗ウイルス剤であるタミフルも使用されるが、計画に必要な量は、ワクチンと同様に確保は難しいと考えられている。問題はいかに薬剤を確保し(または生産し)、そして手に入れるかということに集約されている。
・Alarm system for birdflu planned Xinhua,(新華社通信:国営通信機関) (中国
鳥フル警戒システムの構築
 中国は、鳥フル発見と拡大防止のための早期警戒システムの構築を計画中と発表。今回発生した青海省の鳥フル流行のようなケースを早期に発見、拡大防止するのが目的。システムはITを利用したもので、中国国立科学院が中心になって構築する。完成はいつか未定。システムは将来全国規模のウイルスのデータベース化して、疫学的分析、外国の研究者との情報共有、そして公共へ定期的に情報を公開する予定と国立科学院では語っている。

・Avian flu ruled out in mystery Brazil outbreak Canadian TV News, (カナダ) ブラジルの鶏大量死は鳥フルではない
 ブラジルで大量の鶏が死亡して17000羽の鶏が殺処分された事例に関して、1日ブラジル農業省の役人は、結果はまだ出ていないが、鳥フルは考えられない、たぶん外来のニューキャッスル病と考えている、と電話取材で語った。
・Boxun Human BirdFlu Cases in Gangcha County Qinghai China Recombinomics (米国) 中国青海省における人鳥フル流行に関して(フォローアップ記事:訳者注)
 5月23日に中国語サイト(Abundant News)で発表された人の鳥フル事例は、国際感染症学会のメーリング・リストProMed-mail邦訳分)で訳され報告された。その後Nimanが(同研究所のスタッフ:訳者注)、やはり中国語サイトを訪れさらなる情報を得た。それらニュースは詳細について確認されていないが、内容は十分特異性に満ちていて矛盾がない。記載されている疾病は幾分非定型的(鳥フルとして:訳者注)であり、発熱と嘔吐が中心で呼吸器症状がない。報告のさらなる詳細については中国当局の全面的否定により明確にされていない。
・Can Tamiflu save us from birdflu? Medical News Today, 鳥フル治療に唯一の手段であるタミフルは本当に有効か?
 タミフルは症状発現後2日以内に投与すれば効果があるとされているが(生命危機を救える:訳者注)、先月WHOはベトナムでタミフルに耐性のウイルスの感染した患者の発生を報告している。世界的流行が始まる前にタミフルが無効になる懸念も生じている。
6月1日

・Brazil Orders Slaughter of 17,000 Chickens
 Newsday, NY (米国) ブラジルで鶏1万7千羽殺処分へ
 ブラジル中西部で6000羽の鶏が原因不明死をとげたことから、政府は周辺の鶏1万7千羽の鶏の殺処分を命じた。関係者の話では原因については不明だが、鳥インフルエンザの可能性も含めて検査中であり、今週末には検査結果が判明するという。
・Birdflu endemic in Indonesia, says World Health Organization Medical News Today (英国) WHO、インドネシアを鳥フル流行国の位置づけ
 インドネシア政府は家禽での鳥フルを2007年まで撲滅すると宣言していたが、WHOは鳥フル流行国として位置づけした。農業省は失望の意を表した。昨年度は1620万羽の鳥が鳥フルで死亡していたが、今年度は上1/4期で25万羽余しか死亡していなかった。
・Warning system for birdflu EastDay.com (中国) 中国:鳥フル警戒システムの構築へ
 中国は、鳥フル発見と拡大防止のための早期警戒システムの構築を計画中と発表。今回発生した青海省の鳥フル流行のようなケースを早期に発見、拡大防止するのが目的。システムはITを利用したもので、中国国立科学院が中心になって構築する。完成はいつか未定。
TOP