海外ウエブ情報
5月31日

Roche plans new plant to meet Tamiflu demand in-PharmaTechnologist (フランス) ロッシェ社、タミフル生産量増加のため北米に新工場建設予定
 現在タミフルを鳥フル治療に唯一の薬剤となっている。世界的流行を控えてWHOは各国に備蓄を勧めている。そのため世界各国から大量のタミフル受注を受けてロッシェ社は、ここ2年間新受注を受け入れることが出来ない状態になっている。その解決策として、今年後半期に北米に新工場を建設して、世界の需要に応えるべく努力すると発表。
BirdFlu: Danger of a Global Pandemic Epoch Times, NY (米国) 鳥フル:世界的流行の危険性(解説記事
 世界の科学者は25日、鳥インフルエンザが次のインフルエンザとして世界的に流行する可能性が高いが、世界は十分体制を整えていないと警告をだした。(科学雑誌Natureから)。
 WHOは今年のベトナムでの流行から、この致死的ウイルスは変異しつつあり、人から人へ感染する能力を身につけつつあると声明を発した。
 キーとなる問題点をあげ、説明。
 「鳥インフルエンザとは?}
 「鳥インフルエンザは人に危険?」
 「鳥インフルエンザは人の間で流行する可能性がある?」
・ Birdflu endemic to Indonesia: OIE Jakarta Post, (インドネシア) OIE、インドネシアを鳥フル流行国へ分類
 OIEはインドネシアを鳥フル流行国と位置づけたが、インドネシア政府は2007年まで鳥フルを撲滅することを決定した。
 インドネシア農業省は、鳥フル流行は減少傾向にあるのに、この決定は悲しいと23日コメントをだした。OIEの宣言は、今後鳥フル発生が高頻度で起きえることを意味している。
5月30日

・Rules Aim To Curb Infections Disease Chemical & Engineering News (米国) WHO:感染症対策の新国際規則、ウイルスが変異の可能性、人への感染性が増強
 WHO参加国は、鳥インフルエンザ、SARS、天然痘、ポリオ制圧のための新国際規則を23日採用した。
 会議の中で最近流行の鳥インフルエンザについて話し合いがもたれた。報告で人における流行の様式が変化してきていて、人人感染が起きてきている可能性がある、と述べられた。さらに2005年にベトナムで分離されたウイルスは2004年に分離されたウイルスと異なっているようだ。変化はウイルスのリセプター結合基近くで起き、それは人の細胞により感染しやすくなっている可能性がある。しかしさらに、より詳細に検討されなければ結論は出せないと報告では強調された。

・China Fails to Address the 121 H5N1 Fatalities in Qinghai China Recombinomics, (米国) 青海省での121人鳥インフルエンザ死亡について、中国はいまだ報告せず
 (訳者注:Recombinomics研究所のスタッフは、青海省での121人の死は確実な情報と判断しており、中国側には死亡した事例に関して否定の発表はなく、単に人でのH5N1感染事例がないとの発表を繰り返している、との解釈にたっている。だからそれら死亡した人々の詳細情報を公開せよと強く迫っている)

 相変わらず中国は人でのH5N1感染事例を全面的に否定しているが、青海省での6人の旅行客と121人の住民の死に関して、その情報をこのまま葬り去ることは出来ない。死亡の報告は決して曖昧ではなく、4人の旅行客の名前も明らかにしている。
 政府はH5N1に感染した人の事例はないと発表しているが、それならそれらの高熱と嘔吐で死亡した人々の検査結果を公表しなければならない。6人の旅行客は1000羽以上の鳥がH5N1に感染して死亡した時期に、同じ場所で死亡しているのだ。これらの事実は他の121人の死亡した事例とともに、H5N1ウイルスが関係したことを疑わせるのは十分の根拠となる。
 死亡した患者について、年齢、性、死亡原因など、詳細に発表すべきである。単なる全面否定だけでは話は通らない。WHOはもっと強力に詳細情報を要求すべきで、単純な否定をそのまま受け入れるべきではないのだ。

・Deaths in New Delhi India and Qinghai China Linked Via H5N1? Recombinomics (米国) インド、ニューデリーと中国青海省での多数の感染症死はH5N1に関連した死亡か?
 (訳者意訳:青海省での多数の死亡例は、北インドで流行している髄膜炎が、ガンを介して拡大してきたことを示唆する論文。北インドでの髄膜炎と言われている流行病が実はH5N1ウイルスによりもたらされている可能性を仮説として呈している。権限を強化されたWHOが迅速に調査して事態を明らかにすることを主張)。

 青海省での鳥フルと関連した121人の死亡に関してはいまだ公表されていない。人のH5N1感染死は全面否定されている。
 青海省での121人の死亡原因は肺炎ではない。(それはH5N1感染を否定するものではない:訳者注)。症状は発熱、嘔吐で呼吸器症状は呈していない。ベトナムでの初期の報告でも呼吸器症状を呈さない発病者がいた。またよく知られた事例として、N.Engl.j.Medで発表された神経症状を呈する例もある。このようなH5N1ウイルス感染による神経症状は家禽、実験室内でのマウス、さらにはタイで死亡した虎の例でも知られている。
 青海省の初期の報告ではガンの死亡はH5N1感染ではないと言われた。別な異常な病理が示唆された。青海省のガンは北部インドの平原から一日1000マイルは飛び続けて、5〜6月にやってくる。青海省ではじめてガンの死亡が確認されたのは5月4日である。インドから初めて到着した時期と考えることが可能だ。
 5月初旬には、北インドのニューデリーで髄膜炎の流行が起こっている。検査室では少数の例で細菌(髄膜炎菌:訳者注)が検出された。死亡率は10%。患者の発生数は増え続け、一旦小康状態をみたが、再度増加している。最初の流行はニューデリーであるが、その後北部の平原地帯でも発生している。
 最近、2002年に採取したインドの家禽飼育従事者の血清からH5N1ウイルス抗体が検出されていることが報告された。彼らには旅行の既往がないから現地で感染したことが示唆される。インド政府はOIEへの報告で、H5N1ウイルス感染の家禽はいないとしているが、2004年に北部寺院で250羽の鳩の大量死亡を報告している。
 青海省のガンのH5N1感染源は特定されていないが、冬の北インドに無症候のガンがいた可能性は考えられる。ニューデリーでの髄膜炎の流行とガンの中国青海省への移動が同時期であったことは、非常に気になる事象である。
 残念ながらインドも中国も、死んだ患者に対してH5N1感染の有無を報告していない。鳥だけが検査室でH5N1感染を確認されている。
 アジアにおけるH5N1監視体制は極めていい加減で、H5N1感染の広がりは明らかに世界の健康危機につながる。最近ジュネーブで開かれたWHO総会でWHOは感染症調査に対する権限が強化されたはずである。今こそ、その権限を駆使してインドと中国の状況を明らかにすべきである。

・Roche faces Tamiflu production bottleneck following WHO birdflu...Forbes (米国) ロッシェ社、タミフルの各国からの受注に生産が困難
 WHOが鳥フルの流行に備えて世界各国にタミフルの備蓄を勧めたが、製造会社であるスイスのロッシェ社では世界中からの要求に応えられない状況。新規の依頼は2年は待機する必要がある。世界25ヶ国が既にロッシェ社に受注しているというが、ロッシェ社は、これは自分たちにとって初めての挑戦となる過酷な状況だ、と言っている。また米国からの依頼に答えるため、今年後半期に北米に工場を造る予定になっている。
5月29日

Time to Implement Orders to Report Infectious Diseases is Now 感染症報告義務規則を遵守させる時である
Recombinomics,(米国) 先週WHOの国際規則が改定されてWHOは世界の危険な感染症発生に対して権限を強めたはずだ。WHOは科学者達に電子メールで直接接触して、事実をありのまま公開するよう命令できる権限を保有したはずである。米国と中国を含む国連メンバーは新規則にサインをしたはずだが、その実施まで2年間かかるのかも知れない(猶予期間がもうけられている?:訳者)。「UN members including the US and China, have signed off of the new regulations, but it could take two years to implement. 」
 中国青海省での1000羽以上の野鳥の死と121人の人の感染死の事例は、正しく今新規則を適用すべき良い例なのだ。

・Efficacy of H5N1 Vaccine in Qinghai China Unclear 中国青海省でのワクチン使用の効果は不透明
Recombinomics (米国) 中国で開発されたH5N1ウイルスに対するワクチンは100%の効果があると発表された。中国農業省はそれを承認し、発売を許可したが、国外での評価(臨床試験?:訳者注)が行われた否かは不明である。ワクチンは青海省でガンがH5N1に感染したことが確認されると同時に送られた、と発表された。
 開発されたワクチンが検査でH5N1に100%有効であったとしても、ウイルスは進化するから現在の青海省で広がっているウイルスに対して、有効かどうかは不明である。
 いくつかの断片的情報によると、青海省のH5N1ウイルスは既に変化している可能性がある。初期の報告では(5月8日)、ガンは鳥フルで死亡しているのではないとされ、死亡原因は他にあることが示唆された。その後死亡した鳥の数は増え続けた。5月21日、OIEは少なくとも5種類の野生の水鳥が死亡したと報じた。そして今、死亡した鳥の数は倍増したが、感染死した鳥の種類については報告されていない。H5N1ウイルスは急速に広がっていて、その致死力も強まっているようだ。
 121人の死と79人の感染が18地域で報告されている(非公式ウエブサイト:訳者注)。何人かは名前が特定されているが公式には否定されている。死因について中国政府は何も報告していない。
 さらに付け加えることとして、青海省は渡り鳥の東アジアと中央〜南アジアルートの交差点になっている。それ故多くの種類の水鳥が飛来して交差する。それはウイルスの複合感染を起こして、ウイルス遺伝子の最集合や進化を引き起こす。
 青海省での鳥の死亡は5月4日に発見された。そして検査結果は5月18日に明らかになった。それ故青海省のウイルスに対する開発されたワクチンの検査を、出荷前に施行することは出来ていないはずだ。今回の青海省でのH5N1感染の状況を見る限り、このウイルスは以前に中国で分離されたウイルスと密な関係を持っているとは考え難い(性状が変化している、変異している:訳者注)
 以上の理由で中国で開発されたH5N1ワクチンが、青海省の鳥、および人の感染予防に有効であるか否かは不明である。

Need to know: This week's top 10 stories from the world 今週の世界の重要ニュース、トップテン
Albuquerque Tribune (米国) 鳥インフルエンザが世界的に新型インフルエンザとして流行して将来される健康と経済の両危機に対して、世界的に準備が十分されていないと、世界の指導的専門家達が26日(日本時間)、世界的科学雑誌Natureで警告した。
特設
鳥フル解説記事


・US Criticized Over BirdFlu Plans
FOX News 
・What Does the BirdFlu Mean For the Birds?
Slate
・Avian Flu in Humans
WSOCtv.com
・BIRDFLU
PBS
5月28日

・China admits bird, animal disease crises 中国、鳥と動物の流行病危機を認める
Contra Costa Times, (米国) 内容は以下と同じ
・Beijing admits to covering up outbreaks of infectious diseases 北京、流行病の情報隠しを認める
San Jose Mercury News (米国) 数週間遅れで中国は二つの感染症の国内における広がりを27日発表した。この遅れた報告は、中国の感染症監視対策が不十分で、内外から鳥フル拡大に対して危機感がもたれていることにより行われた。
 口蹄疫の流行が中国の5地域の牛の間で発生して、4383頭の牛の殺処分が行われた、と発表された。しかしこれまで口蹄疫の流行は様々な形で噂されていた。しかし問題は報道管制と感染地域へのジャーナリストの立ち入り禁止措置である。今週初め、当局は口蹄疫の流行は知らないと言ったばかりである。20日間の発表の遅れは異常ではない。確認するまで時間を要する。我々は感染拡大をコントロールしている。当局はそのように言った。
 さらに当局者は青海省で鳥フルにより1000羽の渡り鳥が死亡したが、人での感染例はないと発表した。死亡した鳥の数は、当初発表した数の5倍に上る。

・Deadly birdflu 'cover-up' in China feared 中国:致死的鳥フル情報隠しの脅威
Edinburgh Evening (英国) 中国農業省は、西部での鳥フルによる鳥の死亡が当初発表の数の5倍であることを発表したが、人の感染に関しては否定した。また数百頭の牛が口蹄疫のため殺処分されたことも確認したと発表した。この二つの流行病に関する情報は、内容が不十分であることから、ウエブで流れている鳥フルで120人が死亡したという噂もあることから、何らかの情報隠しの可能性に対する関心を呼ぶ。
・Vietnam scuttles controversial plans for birdflu vaccine ベトナム;独自で開発中の人用鳥フルワクチン断念
Contra Costa Times, (米国) ベトナムは国際的に研究者達から危険と言われている、独自で開発中のワクチンの開発を断念した。かわりにWHOからプロトタイプのウイルス株を譲り受け安全な環境でワクチン開発を行う予定となった。国際的研究者達はベトナムで開発中のワクチンについて、ワクチン中に別なウイルスが混入する可能性、ウイルス株をサル腎細胞で増殖させる過程で変異させて、より危険なウイルスにしてしまう可能性、を懸念していた。
・China slow to admit to spread of diseases 中国:感染症の拡大をようやく認める
Indianapolis Star (米国) …田園地域で動物衛生係りの役人が牛を処分し始めて、道路に沿って消毒薬が広がっているとの噂がたったが、問題は報道管制が敷かれ、ジャーナリストが感染地域から閉め出されたことである。…
・Authorities brace for flu pandemic 米国:CDC長官は新型インフルエンザ対策を緊急に強化するように警告
Peninsula On-line, (クエート) 米国当局は26日の専門家による、新型インフルエンザがいつ流行してもおかしくはなく、流行した場合数万人の死者が出るとの警告を受けて、緊急の警戒対策をとりだした。
 CDC長官のJulie Gerberdingは、H5N1鳥フルが変異して世界的に流行すると考えられている状況に、米国は十分対策をとっていないと26日警告した。長官によると、中等度の流行で8万9千人〜20万7千人の死者が米国で発生し、73万4千人が入院を必要とするだろうと説明した。流行は今年いつ発生してもおかしくはない、そして発生したなら通常のインフルエンザよりも長い期間流行が続くだろうと予測している。

下記内容記事は米国内の多数の報道サイトで発表

・2 epidemics spreading among livestock and birds, China says 2種類の流行病が家畜と野鳥の間で拡大、中国発表
Kansas City Star (米国) 慎重な数週間の思考の後、中国は27日、家畜と野鳥の間で広がっている2種類の流行病について発表した。この遅れた報告は、中国の感染症監視対策が不十分で、内外から鳥フル拡大に対して危機感がもたれていることにより行われた。
 ・口蹄疫の流行は中国の5地域の牛の間で発生して、4383頭の牛の殺処分が行われた。政府の発表が遅れて噂が飛び交ったが、当局者は発生から事態を確認するまで時間を要するのであって、遅れは異常ではないと説明した。
 ・また青海省で1000羽の渡り鳥が鳥フルで死亡したが、それは人に拡大していないと発表された。しかし死亡した野鳥の数は、中国がパリの World Organization for Animal Health.に当初報告した数の5倍に増えた。

・China Reports More Bird Deaths From Flu 中国、鳥フル死亡野鳥の数をさらに追加。しかし人での感染を否定。
Newsday, NY (米国) 下と同じ内容
・China Reports More BirdFlu Deaths 中国、鳥フル死亡野鳥の数をさらに追加。しかし人での感染を否定。
CBS New York (米国) 当初発表されていたよりも5倍の数の渡り鳥のH5N1鳥フル感染死があったことが発表された。しかし当局は人の感染は否定した。同時に牛の口蹄疫で、数百頭の牛が北京近くで5月初旬に殺処分されていたことも発表された。その中で、政府発表が遅れたが、処理は適切に行われたことが強調された。発表の遅れは意図的なものではないとも付け加えられた。
 この内容が充実してない発表は、情報が政府によって隠蔽されている可能性への関心の高まりと、鳥フルによって120人もの住民が死亡したとのウエブサイトでの噂に対する、より一層の関心を呼び起こす。
 当局者は、”このように野鳥が大量に死亡することは中国だけでなく、他の国でも極めて希なことだ”、そう語ったが、それでも彼は、”青海省では誰もウイルスに感染していない”、と語った。

・Thousands of diseased cattle culled: Beijing 中国当局:中国で分離された鳥フルウイルスは人に感染しない株
The Standard (香港) 中国健康省獣医学部門の責任者は、27日、数千頭の牛が口蹄疫のため処分されたことと、青海省で1000羽の渡り鳥がH5N1鳥フルに感染して死亡したことを発表した。その中で彼は、渡り鳥からウイルスを分離して分析しているが、それらウイルスは東南アジアで流行しているウイルスとは異なり、人には感染しないタイプであることを確信している、と語った。``We have isolated the virus from several types of [migratory] birds,'' he said. ``We are still analyzing, but we are confident none of the virus strains are like ones from Southeast Asia. In other words, they won't spread to humans.''
・No end to flu season as cases rise 香港:今季のインフルエンザ流行はいまだ続いている
The Standard (香港) 今シーズンのインフルエンザ流行曲線は今月に入って再び上昇傾向にある。8月まで続く可能性がある。また現在、本土では多くの渡り鳥がH5N1鳥フルに感染している。現在のところ人での感染例はないが、発生した場合は香港健康省に連絡が入る予定である。(全文訳 訳者注:香港でのインフルエンザ流行は気になる。H5N1ウイルス感染者が発生するとH5N1の変異が容易に生じる。
5月27日

・Measures taken to prevent avian flu from infecting domestic birds ...
 国内の鳥および人への感染予防対策が強化されている
EastDay.com, (中国、上海) 中国政府は、鳥フルウイルス感染渡り鳥から、国内の鳥、および人間への感染対策を強化したと、27日発表。
 その中で、関係国とFAOに鳥フル発生について報告した、と伝えた。
 一方、国立獣医学部門の責任者は、OIE長官に今回の事例について報告した。
 OIE長官は、”中国は正式なOIEメンバーではないが、我々はOIE規則を適用する。中国は常にFAOやOIEが関連した活動に積極的に役割を果たしている”と語った。

Migratory Birds Killed by BirdFlu 鳥フルで渡り鳥が鳥フルで多数死亡−−中国、WHOに報告
CRI, (中国) 中国農業省は、青海省の自然保護区で雁、カモメ、ウが多数死んでいるのを研究者が発見したと発表。農業省の獣医部門は、WHOに最初の感染は4月15日、青海湖(中国で最大の塩湖)で起きたと報告。、青海湖は渡り鳥のアジア−ヨーロッパルートの一つ。26日中国衛生省は人での感染事例は見つかっていないと言っている。
・China says H5N1 kills more than 1,000 birds 中国政府、1000羽以上の鳥の死亡を発表
Reuters AlertNet (英国) 中国北西部で(青海省)で1000羽以上の渡り鳥が鳥フルで死亡したことを中国農業省が発表した。最初に発表された数の5倍以上に上る。
・Migratory Birds Die of BirdFlu in China 中国で多数の渡り鳥が鳥フルで死亡−−昨日発表の倍の数となる
Scotland on Sunday (英国) 中国農業省獣医部門の責任者は本日、青海省で渡り鳥のガンが1000羽以上死亡したが、人での感染例はないと発表した。死亡した鳥の数は昨日農業省が発表した数の倍となっている。
・Editorial: China's health record raises concern 社説:中国当局の情報公開性に疑惑
Taipei Times (台湾) 香港メディアは牛の口蹄疫が北京郊外で見つかったこと、2000頭以上の牛が殺されて秘密裏に埋められたことを報じた。しかしながら、メディアが調査を開始すると北京当局はそのような流行があったことを否定した。しかし中国政府の流行病に対する処置の仕方を考慮するなら、誰も北京当局が必死に口蹄疫の流行を隠したとしても驚かないはずだ。中国には古い諺(ことわざ)がある。すなわち、家族の恥は外部に漏らすべきではない。しかし、事が周囲に害を及ぼす場合は、この諺は有用ではない。重大な流行病が起きたとき、隠すことは多くの罪無き人々の生活を破壊してしまう可能性がある。北京の当局の繰り返される流行病の情報隠しは受け入れることはできない。それはSARS流行の際に明らかになったはずだ。中国で危険な流行病が勃発した場合、台湾は一番に被害を受ける。
 鳥インフルエンザが中国の江蘇省と山東省に現在広がっているが、AIDS研究者の第一人者であるDavid Hoは、最近の世界的科学雑誌NATUREで、中国の感染症予防体制はいまだ鳥インフルエンザを阻止するには完全に不適当な状況であると語っている。この事実は中国人民だけに関係するのではなく、台湾を含めて彼らの近隣に人々にも関係する。中国の健康問題に対する重大な政策的問題があるにも関わらず、台湾のWHOへのオブザーバー参加が拒否されたことは受け入れがたいことである。
・China denies human birdflu death 中国は人の鳥フル感染死事例を否定
EastDay.com, (中国) 中国農業省獣医学部門の責任者は昨日、「Shanghai Daily」に、112人の人が鳥フルで死亡したというのは全くのデマである、といった。しかしながら、青海省自然保護区で死亡した渡り鳥の数を519羽であると訂正した。
・New birdflu vaccine may prevent a pandemic 中国:新ワクチンが世界的流行を阻止する期待
Times Online (英国) 中国は昨日致死的鳥フルウイルス(H5N1)の感染拡大を抑えることができるワクチンを開発したと発表した。ちょうど24時間前に国際的専門家達が、多くの主要な国では世界的流行に対する備えができていないと警告を発している。ごく最近中国の西部地域で178羽のガンがH5N1鳥フルで死亡したことが報告されたが、現在コントロール下にあり、さらに人での感染例はないことも報告された。
・Avian flu may mutate into pandemic: expert 鳥フルウイルスは変異して世界的流行の恐れ:専門家
Hindu (インド) 25日、先進的立場の科学者が、鳥フルウイルスは世界的流行へつながる変異を起こしつつあると警告した。最近の分析では控え目に評価しても世界で750万人の死者が出ると予測している。彼の推測は26日に発行された世界的科学雑誌NATUREの、「鳥フル」に関する特集に基づいている。すなわち世界的流行を抑えるためのワクチンや抗インフルエンザ薬の不足、そしてそれに対する各国政府の対応の遅れなどが問題化されている。
・BirdFlu Spreads 鳥インフルエンザは拡大している−−米国は対策を十分立てているか?
WSAV-TV (米国) 専門家は世界的インフルエンザ流行により多数の市民が罹患したとき、病院は対応できないとの予測をたてている。ロイター通信によると、米国は流行に対する行動計画すら策定していないという。インフルエンザ専門家は、もっと多くの薬剤とワクチンが流行発生に備えて必要であると言っている。さらに外国企業に依存しなくてもよいように、米国での製造を可能にしなければならないと警告している。
・China Steps Up Emergency Bird-Flu Measures 中国、鳥フル対策を強化
Daily News Central (米国) 地域衛生当局によると、中国西南省では人の鳥フル感染や原因不明の肺炎は発生していない。衛生当局は鳥フル流行予防のための十分な対策を講じている。
 ・肺炎およびインフレンザ様疾患発生の監視体制
 ・鳥フル発生地域への住民の立ち入り禁止

・What Killed 121 People in Gangcha County in Qinghai China? 中国青海省で121人が死亡した原因は?中国は答えなければならない
Recombinomics, (米国) 問題は青海省Gangcha 県で121人が今月死亡した原因である。死亡率は60%を越える。同時に同地帯で519羽の水鳥が死んでいる。死亡者の年齢、性、症状、死因を明確にしない限り、憶測のみが続くことになる。憶測とは2千万人から1億人死亡した1918年のスペイン風邪以上の大流行が世界で起こる可能性である。中国は昨年の秋から今月18日まで、いかなるH5N1感染に関しても報告してこなかった。
 
明確な答えが要求される。世界中は中国の回答を待っている。単なる否定では答えにはならない。今月、青海省のGangcha県の18町村で121人はなぜ死亡したのか?明確に答えなければならない
China discloses more birds dead from avian flu; says humans not ... 中国、さらなる鳥フルによる鳥の死亡を公表、しかし人感染は否定
CBC News (カナダ) 中国農業省は26日、鳥の感染事例は以前報告したよりもさらに多数発見されたとWHOに伝えた。研究者が青海省自然保護区で519羽の野生の雁と他の鳥の死を確認したという。先の報告では178羽とされていた。また健康省は同日、当局はH5N1鳥フルが人や家禽の間で広がっている事実はないと、先にWHOに報告している内容を繰り返し発表した。同発表は、120人以上の鳥フル感染者が中国で死亡しているというウエブサイトでの情報に対して行われた。
 WHOの北京スポークスマンは、我々は人での感染事例に関するウエブサイトでの情報は得ている。中国健康省に対して詳細情報を求めている、と伝えた。さらに同スポークスマンは、得られたウイルスの提供を中国側に要求していると語った。これまで分離されたウイルスと今回検出されたウイルスを比較するためである。また北京のWHO専門家であるulie Hallは、我々はウイルスの性格を知る必要があるし、人への感染をどのように防止しているのか再確認する必要があるのだ、と語った。中国健康省によると、青海省の衛生当局は、全ての肺炎とインフルエンザ様疾患のスクリーニングを行っていて、情報の地域での共有をネットワーク組織で行っている、と語っている。また死亡した鳥の肉の摂食は禁じられている模様。鳥と濃厚接触した人々は健康状態をモニターされ、当局は死亡した鳥が発見された一帯を消毒している、と新華社通信は伝えている。

・Claims of human birdflu cases in China denied 人感染事例、中国当局は否定
New Scientist (英国) 中国政府は、中国の西部地域で100人以上の人がH5N1鳥フルで死亡したというネットメディアによるニュースを否定した。
  Boxunと呼ばれるネット上の中国語によるニュース提供ウエブサイトが、以下の内容の投稿記事を25日掲載した:
鳥フルで渡り鳥の雁が死亡した青海省で18の村で、121人の人が鳥フルで死亡し、さらに1300人の人が感染していて、隔離されている。
 しかしながら中国の公的情報ソースである新華社通信は、同地域における人のH5N1感染を否定した。H5N1ウイルスを保有する鳥と接触した人々の間で、感染者や原因不明の肺炎が生じているという報告はない、と同通信は伝えた。青海省の自然保護区で野生の雁が鳥フルに感染していることが確認された後、すぐに専門家チームが派遣されて調査している。地域の衛生当局は、感染監視体制を強化して、人、家禽、家畜の間で発生する全ての肺炎やインフルエンザ様疾患の密なるモニターとスクリーニングを行っている。新華社通信は、そのように伝えた。
 「箝口令(かんこうれい)」が敷かれている:Boxunは、9人の投稿を引用して、患者周囲の人々には箝口令が敷かれていると報じた。同通信は投稿者に関して個々に真意の確認は出来ないが、十分関心を向ける必要があると語っている。報告はさらに、感染者はガンが多数死亡した自然保護区を訪れた人々であると伝えている。しかし地域一帯で原因不明の家畜の死亡が多数確認されているとも伝えている。 
5月26日

・China: No human infection of birdflu in Qinghai
 中国政府発表:青海省では鳥フルの人感染例は無い
CRI (中国) 中国政府は青海省で人の鳥フル感染事例は発生していないことを確認した。健康省は専門家を、同地域へガンでの鳥フル発生の報告を受けてすぐに派遣した。現地調査と人への感染拡大対策の指導のためである。25日、人での鳥フル発生事例および原因不明の肺炎事例は報告されていない、と健康省は語った。
・Final Phase 6 BirdFlu Pandemic in Qinghai China? 中国青海省での人鳥フル感染はさらに拡大か?
Recombinomics (米国) 青海省から発信される報告は、人と鳥のH5N1感染はコントロール不能に陥っているとされる。人々は秘密裏に火葬されている。
「Reports coming out of Qinghai suggest H5N1 infections in humans and birds are out of control, with birds distributing H5N1 to the north and west, while people are being cremated and told to keep quite.」
 中国語での報告では200人以上の感染疑い例が青海省の24ヶ所以上の地域で発生しており、121人の死者が出ている。死亡率は60%を越える。
「Reports from Chinese language papers detail over 200 suspected infections in over two dozen locations in Qinghai Province.  In the most affected 18 regions, there are 121 deaths, generating a case fatality rate above 60%.」
・China on International Health Regulations 中国はWHO新規則を歓迎
CRI,(China Radio International) (中国)中国外務省スポークスマンは26日、24日に改訂されたWHOの新規則を歓迎すると発表。危険な感染症発生の迅速な報告、WHOの感染症対策に対する権限強化などが盛り込まれている。(23日の記事を参照のこと:訳者)。
No human infection of avian flu in NW China province 中国北西部での人の鳥フル発生はない
People's Daily Online(人民日報) 下記と同じ内容。
・No human infection of avian flu in Qinghai: official 中国青海省では鳥フルの感染事例はない中国公式情報
China Daily,(中国日報) (中国) 中国北西部の青海省では人での鳥フル感染事例や原因不明の肺炎は発生していない。先週土曜日(21日)、中国農業省が青海省のガンがH5N1で死亡したことを確認した情報を受けて、省の健康当局では緊急警戒態勢を敷いた。感染症の監視体制と予防体制を、家畜や人での肺炎やインフルエンザ様疾患の詳細なるモニターとスクリーニングにより行っている。ガンでの鳥フルが発生した地域での病院では、発熱患者だけを診察する外来を開いている。さらに鳥フルで汚染したと考えられる地域の消毒も行っている。
・News Blackout on Human BirdFlu Deaths in Qinghai China? 中国青海省の鳥フル流行は報道規制下に?
Recombinomics (米国) 中国青海省の健康当局は人の鳥フル感染事例に関して警戒態勢を強めている。発熱、原因不明の肺炎など記録が義務づけられ、診断が確認された場合は、健康省へ報告と患者の隔離が義務づけられている。しかし情報は報道管制下に置かれ、患者家族も外部に情報を漏らさないように義務づけされている。
・BirdFlu Virus 'Close to Pandemic' 鳥フルウイルス:世界的流行が間近か?
CRI (中国国際放送) 26日発行の科学雑誌、NATUREの論文から。…さらに重要な事実として、先週末178羽の渡り鳥のガンが中国青海省の自然保護区で鳥フルで死亡していたことである。Osterhaus教授はガンの死亡はウイルスが変異して、より強毒になっている可能性を示唆するかもしれない、と言っている。彼はさらに、問題は、中国やベトナムのような国が動物や人での感染事例に関する十分なデータを公開していないことである。それが科学者の手がかりを失わせている。と語っている。
・Human BirdFlu Deaths Increase to 121 in Qinghai China? 中国での人の鳥フル感染死亡者121人まで増加?
Recombinomics (米国) 中国青海省の人における鳥フル流行事例の、公的にまとめられた121人の死亡者と感染者リストが入手されて公開。これらはWHOの原因不明な致死的流行病の定義にあてはまる。中国当局はWHOに報告しなければならない。死体が火葬されているという報告も他にある。
・Human BirdFlu Deaths Increase to 11 in Qinghai China? 中国青海省でのH5N1感染人事例、死者が11人に?
Recombinomics, (米国) Xining News によると、中国青海省での鳥フル感染者は121人に増加。死者はすでに11人確認されているという。中国当局はいまだ事実は否定している。事実は正式に確認されてないが、Xining News によると報道管制が敷かれているという。なおWHOも懸念して中国政府に真偽をただしているが、中国側は事実を否定したと発表。
・China denies reports of human cases of H5N1 flu infection, WHO ... 中国政府、H5N1鳥フルの人感染を否定
Canada.com (カナダ) WHOのインフルエンザ部門責任者は、中国でH5N1ウイルスの人の間での流行が起こり、死者が多数出ているとのインターネット情報を、中国当局が否定したことを明らかにした。WHOは、ジュネーブと北京で中国代表者と協議したが、いくつかの中国語でのホームページで書かれている、H5N1人感染・死亡の記事を、中国側が保証とともに否定した。
 「我々は本日ジュネーブの中国衛生省の代表と会った。また我々の中国の協力者とも連絡をとった。しかし彼らは人での感染例は見たことはないし、そのような事実を示唆するような報告もない」。WHOのDr. Klaus Stohr はそのようにジュネーブでのインタビューで語った。
・Human BirdFlu Deaths in Qinghai China? 中国青海省で人での鳥フル感染、死亡事例が発生か?
Recombinomics (米国) 中国のインターネット情報サイトとProMed-MAILに、中国の青海省での渡り鳥でのH5N1感染が、人の間にも拡大して、死者がでていることが伝えられている。「感染地域では4月上旬に数羽の渡り鳥の死亡が確認された。事実が報告されなかったため、情報は広く伝えられなかった。4月下旬に向かって、人での感染が広がりだした。5月1日以降、何人かの現地を訪れた旅行客が発症して6人が死亡した。このような事実が分かったため、日本を訪問していた中国副首相が急遽中国に戻った。現地のニュースによると人での死亡者は6人以上といわれる。死亡した人達は全て外国人で、2人は(男女)Chengduからで、1人はChongqingの男性である。残りについては不明」。
 さらなる情報が必要とされる。
5月25日

・New vaccines developed to ward off birdflu outbreak 中国:鳥フル流行阻止のための新しいワクチンを開発
Xinhua, (中国:新華社通信)  中国はH5N1ウイルスに対する2種類のワクチンを開発したと発表。ワクチンは鶏、家禽、哺乳動物、人に対して有効であるという。開発技術を対外的に鳥フル流行阻止のために提供する用意があるとも語った。開発した中国国立鳥フル関連研究所の所長であるChen Hualanは、実験でワクチンが100%感染を阻止できることを確認した、と語っている。同時に10時間で感染の有無を確認する検査法も確立した。従来法では72時間費やした。
 OIEのディレクターであるDr. Bernard Vallatは、中国は鳥フル研究、そして予防技術に関して世界をリードしていると語った。
 ワクチンは渡り鳥が、鳥フルで死亡した Gangcha州にさらなる感染拡大防止のために送られた。
・Experts call for more global cooperation to prepare for flu... 専門家は新型インフルエンザ対策にさらなる国際間協力が必要と訴えている
China Post (台湾) 新型インフルエンザの世界的流行により世界の人口の20%が感染し、数百万人の死者が出る予想があるが、専門家は世界的協力が必要で、新しい種類のワクチン開発が必要と訴えている。
 鳥の間で感染を繰り返しているウイルスが人に感染して、人人感染を起こしやすい株に変異してしまうと世界的大流行となるが、このような状態は避けがたいと長らく言われ続けてきた。アジアで鳥から人への感染が起こっているが、現在のところ人人感染がウイルス拡大の主たる原因とはなっていない。
 楽観的に評価しても世界的流行が起きた場合、世界の3千万人の人々が入院治療を受ける必要が生じる。そしてその25%が死亡する可能性がある。これはjournal Natureの木曜日掲載のオランダの研究者の論文による。彼らと他の研究者は同雑誌で、世界的流行に対して如何に備えるべきか、論じている。
 研究者らは対策として、各専門分野からなる永久的国際専門家集団を立ち上げることを要求している。それは各種のインフルエンザの研究、各専門領域からの情報の集積、動物や人間における流行に対する戦略の開発、そして政策上の助言など、が役割となる。
 ミネソタ大学のOsterholmは、現在の製造技術では有用なワクチンが開発されるまで少なくとも6ケ月はかかり、その時点でも世界の人口の14%しか供給可能でしかない、と述べている。そのため、短期間で製造できる新型のワクチン開発を国際的協力のもとに努力することが必要だ、と彼は付け加えている。

・Birdflu outbreak in China's Qinghai an 'isolated' case 中国青海省の鳥フルは他地域への拡大はなし
People's Daily Online(人民日報) (中国) 中国農業省のスポークスマンは、鳥フルの新しい発生はないことを確認したと24日発表。農業省は青海省の事例をFAOなどの国連機関に報告した。報告によると、省内の2百万羽以上の家禽(鶏か)をチェックしたが、H5N1の感染拡大は認めなかったという。さらに人での感染事例も見つかっていない。省内での家禽に対するワクチン接種は終了しつつある。
・Birdflu outbreak in Qinghai an "isolated" case 中国青海省の鳥フルは他地域への拡大はなし
Xinhua (中国) 中国農業省のスポークスマンは、鳥フルの新しい発生はないことを確認したと24日発表。農業省は青海省の事例をFAOなどの国連機関に報告した。報告によると、省内の2百万羽以上の家禽(鶏か)をチェックしたが、H5N1の感染拡大は認めなかったという。さらに人での感染事例も見つかっていない。省内での家禽に対するワクチン接種は終了しつつある。
中国での鳥フル感染患者に対する模擬訓練
・China says birdflu under control: FAO Japan Today (日本) 中国政府、鳥フル発生はコントロール下にある、と国連機関のFAOに説明。
5月24日

・Philippines culls 500 parrots to prevent bird-flu フィリピン、インドネシアから輸入されたオウムを殺処分
SABC News, (南アフリカ) フィリピン当局はインドネシアから運ばれてきたヨーロッパ輸出用のオウム500羽を積んだ船を沿岸警備隊が発見して、鳥フル予防のために殺処分したと発表。フィリピンでは鳥フルの発生は認めていない。
・China Reports Outbreak of BirdFlu Virus in Wild Geese 中国で野生の雁に間で鳥フル(H5N1)流行
Epoch Times (米国) 中国で野生の雁の間で、東南アジアで流行している鳥フルが流行しているという情報に、WHOは重大な関心を抱いている。中国政府は鳥フル流行が起きている西部のQinghai省で300万羽の家禽にワクチン接種を緊急に行っている。
 WHO北京事務所のスポークスマンは、ウイルスは動物だけに感染しているようで、人での感染事例は報告されていない、と語った。しかしながらWHOは事態を注意深く見守っている。中国は昨年7月以来鳥フル発生の報告はしていない。今回報告があったことから、その地域では現在ウイルス感染が広がり続けている可能性が強い。
 WHOは、中国のいくつかの地域で現在インフルエンザ流行期にあることを懸念している。それらの地域ではインフルエンザが流行する条件がそろっているため、もし人インフルエンザウイルスと鳥フルウイルスが地域内で蔓延して、遺伝子再結合が生じることにより、人により感染しやすいタイプに変異したなら、世界的に脅威的流行が生じる可能性がある。
 中国政府は国内の自然保護区は閉鎖され、Qinghai省の農家に家禽のワクチン接種を命じた、と伝えている。
5月23日

・New measures to tackle birdflu and Sars 鳥フルやSARS対策に新しい国際規則
Radio Australia (オーストラリア) ジュネーブで開かれたWHOの年次総会で192ヶ国の代表により、世界的脅威につながる感染症対策のための新しい国際規則が承認された。1951年に制定されていた検疫体制や旅行制限などの規制を強化した。SARSや新型インフルエンザ、ポリオなどが対象になる。各国の迅速なる報告義務(24時間以内)が加わった。
・New health rules agreed to stop disease spread--WHO WHO、感染症拡大防止のために新しい国際規則に同意
Reuters AlertNet, (英国) WHO参加192ケ国による2年間越しの論議により、新国際規則が承認された。公衆衛生的危機にある地域への出入り、貿易の制限。4種類の疾病のWHOへの速やかな(24時間以内)報告:SARS、鳥フル、天然痘、ポリオ。さらに国際的公衆衛生学的見地から危険と思われる全ての疾病の発生をも報告の義務づけ(コレラや黄熱など)。これらは1969年に制定されたガイドラインを拡張するものとなっている。
・China fights birdflu spread  中国、鳥フル拡大緊急対策に
Australian (オーストラリア)  Qinghai 省の自然保護区で鳥フルが渡り鳥(ガン)で流行していることを受けて、中国は近辺地域の鶏300万羽以上にワクチン接種することを決定した。
・BirdFlu in Migrating Bar Headed Geese from India 中国で鳥フルで死亡したガンはインドで感染の可能性
Recombinomics (米国) 中国のQinghai県自然保護区へガンは5月と6月にインドの平原から渡ってくる。ガンは1日に1000マイル(1600キロ)飛ぶことが出来る。北部インドではH5N1鳥フルに関連していると思われる死亡事例が多数生じている。豚、人、クジャクの原因不明な死亡、ニューデリーにおける髄膜炎菌の流行(これはインフルエンザに併発して発症することが多い)。また2002年に採取した家禽農場従業員の血清からH5N1ウイルスに対する抗体が検出されたことは、インドでH5N1鳥フルが流行してきた可能性を示唆している。
・New York prepares for possible epidemic ニューヨーク市で致死的鳥インフルエンザ流行に備え「行動プラン」作成へ
Washington Times (米国) ニューヨーク市健康当局は致死的鳥インフルエンザ流行に備えて「行動プラン」を作成中。プランは本年度のインフルエンザシーズン前までに作成予定。検疫方法、新型ウイルスの診断方法、大流行の際の病院における患者収容方法、ワクチンや他の治療薬の確保方法、等。ワクチンは現在NIHで臨床試験中だが、大規模流行が生じた場合、製造には6ケ月要する。
5月22日

・Birdflu patient dies in Ha Noi ハノイで鳥フル感染者死亡
Viet Nam News (ベトナム) ハノイの熱帯疾患研究施設に16日に入院していた46歳男性が19日死亡したと健康省が発表。患者はHung Yen省のKhoai Chau地域出身。同施設で治療中の他の二人の患者もH5N1陽性と確認された。一人は中央のThanh Hoa 省出身で他の一人は北部のVinh Phuc省出身である。これら二人の患者は発熱と肺の障害で入院しているが様態は安定している。46歳男性の事例は初めての報道と思われる。他の二人に関しては5月17日報道発表と事例と同じと思われる:訳者)
・China on birdflu alert 中国で鳥フル警戒態勢
CNN  (米国) 北京(ロイター) 中国は西部地域で鳥フルの発生を確認して、警戒態勢に入っている。科学者は5月初旬にQinghai県で多くの渡り鳥が鳥フル(H5N1)で死亡したことを確認している。
・Emergency measures in China to prevent avian flu outbreak 鳥フル拡大防止のために中国が警戒態勢
International Herald Tribune (フランス) 中国政府は全土に対して、新しく確認された渡り鳥の鳥フル感染に注意を払うように指令を出すとともに、さらなる拡大の可能性に対して効果的対策をとるように指令を出した。また国民に対して、過度に心配する必要はないが、流行に対する警戒態勢を強める必要があると伝えた。
・China on birdflu high alert 中国が鳥フル緊急警戒
Channel 4 News (英国) 中国は西部の県で渡り鳥に鳥フル発生を認めたことから、警戒態勢の状態に入った。科学者は5月上旬にQinghai県で多くの野鳥が鳥フルで死亡したことを確認している。
・China Orders Emergency Measures Against BirdFlu 中国政府、鳥フル緊急警戒体制
CRI, (中国) 農業省は地方の行政局に対して、住民の感染地域への立ち入りと渡り鳥や家禽との接触を禁じるように指令をだした。さらに全国の獣医学研究施設に対して、地域の渡り鳥の種類とその活動範囲の調査、およびそれら野鳥からの鳥フル感染の予防対策をとるように指令をだした。
・China orders emergency birdflu measures 中国政府、鳥フル緊急警戒態勢
San Luis Obispo Tribune (米国) 中国農業省は、渡り鳥の鳥フル感染を確認したため、全国に緊急警戒措置を発令。自然保護区の閉鎖、異常な野鳥の死亡のチェック、一般人の家禽との接触禁止、家禽へのワクチン接種等。
・China swoops on safety after flu found
Ninemsn (オーストラリア) 中国農業省は、渡り鳥の鳥フル感染を確認したため、全国に緊急警戒措置を発令。自然保護区の閉鎖、異常な野鳥の死亡のチェック、一般人の家禽との接触禁止、家禽へのワクチン接種等。
・China takes emergency measures to prevent spread of birdflu
Xinhua (中国:新華社通信) 中国農業省Qinghai 省Niannaisuoma 村での渡り鳥の鳥フル(H5N1)感染を確認したことを受けて、鳥フル拡大阻止のため緊急警戒態勢を全国に発令した。異常な渡り鳥の死亡のチェック、渡り鳥との接触の禁止、検疫強化などを指示した。
5月21日

・H5N1 in Qinghai China Imported from India?

Recombinomics (米国) 中国農業省はQinghai 省での渡り鳥における鳥フル感染確認を発表したが、同地では5月4日にガンが178羽死亡していたことが報じられ、その際鳥フルは否定されていた。また他の渡り鳥に関しても報告はなかった。もしガンからの感染とするとガンはインドの平原で冬を過ごして5〜6月に中国に渡来する。今回のH5N1鳥フルはインドからもたらされた可能性がある。インドでは2003年に集めた家禽飼育者の血清調査で、最近H5N1抗体を検出している。
・Death of migratory birds in Qinghai confirmed due to birdflu (Qinghai省での渡り鳥の死亡は鳥フルと確認)
Xinhua, China (中国(新華社通信) (新華社通信) 中国農業省は21日、西中国のQinghai 省で渡り鳥が鳥フルで死亡したことを発表。人への感染は認められていないと説明。渡り鳥が死亡した地域への立ち入り禁止などの感染対策がとられている。
・World Health Officials Agree to Report All Major Disease Outbreaks (WHO、新規則制定:全ての主要な流行はWHOに報告) Environment News Service (国際) これまでコレラ、ペスト、黄熱が流行した際にWHOに報告する義務があったが、今回のジュネーブで開かれた総会で、主要な流行病は全て報告する規則に変わった。世界192ヶ国からの保健行政担当者が集まった会議で合意された。今回の改訂でWHOは、今後世界で発生する流行病を全て把握するとともに、バイオテロ疑い事例に関しても情報を得ることが出来るようになる。
・WHO: BirdFlu Death Toll Reaches 53 (WHO発表:鳥フル死者が53名に)
KFMB (米国) WHO発表:ベトナム政府から正式に鳥フル感染死者が報告され、東南アジアでの死者は53人となった。最新の事例は4月17日にベトナム健康省に報告されたとWHOは発表。患者の詳細情報は十分報告されていない模様。ベトナム政府に対して詳細な患者のデータを提供するように求められている。患者が発生したとき、特に多発事例の場合は、速やかなな調査がウイルスの性格を把握するために重要である、とWHO当局者は説明。
・WHO fears birdflu virus may mutate and cause a pandemic 
(WHO、鳥フルウイルスが変異して世界的流行を懸念)
Earthtimes.org (国際) 香港発  鳥フルウイルスが変異して非常に重大な大流行を世界的に起こす可能性が高まっている。WHOが警告している。WHOは報告の中で、ウイルスが変異すると人人感染が起きる可能性があると説明。インドネシアでウイルス(H5N1)が豚で検出されているが、遺伝子構造が人と類似している豚は人に感染するウイルスと動物に感染するウイルスの両方を体内に保有できる。研究者は豚に感染したH5N1ウイルスは、容易に人に感染するウイルスに変異しやすく、新型ウイルスとなって人の間で感染が拡大する可能性が高い、と説明している。
5月20日

・New WHO warning on birdflu
 (WHO、再度鳥フル警告)
Australian (オーストラリア) WHO発表: 今年の4月までの調査によると、H5N1ウイルスによる感染様式は進化してきている。5月初めにカンボジア、タイ、そしてベトナムの研究者からの情報を分析すると、世界的流行への拡大の可能性が示唆され、世界各国へ速やかな監視体制を求める。
・WHO Worries About BirdFlu Transmission (WHO、鳥フルの人人感染を懸念)
WRAL.com, (米国) ジュネーブ発 WHOは19日、 鳥フルが人人感染の性格を帯びた可能性があると警告。そして世界的流行を引き起こす可能性があることを示唆した。WHOの研究者は、我々は世界的流行が起きることは確信しているが、いつそのような状態になるのかは分からない、と語った。
・BirdFlu Virus Mutating (鳥フルウイルス、変異の可能性)
WFMY News 2 (米国) WHO報告によると、今年のベトナムにおける鳥フル流行は、ウイルスが変異して人人感染が起きやすい状況になりつつあることが示唆されている。さらにウイルスが変化して容易に人人感染を引き起こす性格を帯びたなら、世界的大流行を引き起こし、数百万人の犠牲者がでる可能性がある。
・鳥インフルエンザ、人間同士の感染可能性 WHOが警告(日本語版)
東亜日報 (韓国)
5月19日

・Birdflu may travel between humans, WHO says
Globe and Mail (カナダ) 本日WHOは、鳥フルが人人感染を起こしている可能性があり、世界的大流行が懸念されると発表。今年初めのベトナムでの調査は、ウイルスが進化し続け、世界的流行の脅威を呈し続けていることを結論づけている。直接的証拠はないものの、十分心配する多くの要素がある。WHOはそのように説明している。
・WHO Rules Out BirdFlu Transmission between Humans
CRI, (中国) WHOは鳥フルが人人感染を起こしている確証は得ていないと発表。
・WHO on Indonesian BirdFlu Report
CRI, (中国) インドネシア政府は18日家禽飼育関係者が鳥フルに感染した可能性を報告したが、WHOは正式に確認していないと発表。2例の疑わしい症例は把握しているが確定は出来ていない模様。
・Air passengers carries birdflu virus in eggs to Guangzhou
Xinhua, (中国) 中国広東省の空港検疫所で、ベトナム旅行客が持ち込んだ鶏、アヒル、ガチョウの卵からH5N1ウイルスを検出したと発表。卵が見つかった場所を中心に検疫所では消毒を行った。
・WHO: birdflu may spread between people
Washington Times, (米国) WHOはベトナムで鳥フルが人から人へ感染している可能性を示唆する調査結果を発表する予定。BBCはWHOの用意したコピーをもとに、WHOが世界各国に鳥フルの世界的流行に備えるよう求める声明を発表した。研究者によると鳥フルの人感染は、感染した鳥を買った客や飼育業者が感染し、周辺への感染の広がりは生じないのが通例だが、最近の北ベトナムでは集団発生がみられ、感染が広がる期間が長く、また感染を起こしている年齢層も幅広い。さらに研究者によると北ベトナムで分離されているウイルス株は変異しているという。しかしながらWHOは強毒化した鳥フルウイルスが直接人に感染を起こしている可能性もあげている。
・Europe plans birdflu early warning system
Financial Times (英国) ECはインフルエンザの世界的流行に備え、早期警戒システムのネットワークを構築する。新しく設立される{European Centre for Disease Prevention and Control (ECDC)}は、ストックホルム近郊のSolnaであるが20日から機能する。最近指名されたECDCのZsuzsanna Jakab長官は、新型インフルエンザは現在直面しているもっとも重要な公衆衛生上の危機であると語っている。
・Avian flu virus discovered on eggs from Vietnam
The Standard, (香港) ベトナムから中国広東省へ持ち込まれようとした鶏やアヒルの卵から、H5N1ウイルスが検出されたと中国が発表。卵の中ではウイルスは増殖しないので食べても、即発症するほどのウイルスの量ではないという。
・Birdflu in Vietnam shows greater signs of human-to-human ...
Radio Australia, (オーストラリア) ジュネーブで開かれたWHO総会で、WHOの研究者はベトナムでの流行から、ウイルスは人から人へ感染しやすいタイプに変異している可能性が高く、世界的流行の恐れがあると警告。
・We're not prepared for birdflu pandemic: health chiefs
ABC Online, (オーストラリア) ジュネーブで開かれたWHO総会で、WHOは鳥フルの世界的流行は予測がつかないが、世界は十分対策がとられていないと声明。抗ウイルス薬は高額なため各国で十分備蓄できていない、さらにワクチンは製造能力の点で問題が残されている。
5月18日

・Indonesia plans to re-test worker for birdflu
Reuters AlertNet (英国) インドネシア当局は、先に行った家禽農場従業員の中で明確な結果が得られなかった男性について再度検査を行う予定と発表。先に行った63検体の中で1検体について不明なので再検査を行う必要があるという。
・Bill Gates scolds rich nations at WHO meet
Gulf Times, (クエート) 米国の億万長者であるビル・ゲイツは昨日ジュネーブで開かれたWHOの国際会議で2億5千万ドルの寄贈を申しでたが、その際、先進諸国は発展途上国で危機に瀕している鳥フル問題に背を向けていると非難した。ビル・ゲイツが会長を務めるマイクロソフトは過去5年間でも、HIV/Aids, malaria, tuberculosis 、など世界が直面している疾病対策に多額の基金を提供してきている。
・Threat of BirdFlu Pandemic Dominates World Health Assembly
Environment News Service (国際) ジュネーブで16日開かれた第58回世界健康会議でWHO長官は開会の挨拶で、現在世界が直面している最大の健康危機は鳥インフルエンザの世界的流行である、まだ世界は準備する時間的余裕がある、などと参加各国代表によびかけた。
・Swiminization of H5N1 in Asymptomatic Indonesian Pigs
Recombinomics (米国) インドネシアで無症候豚で4H5N1感染が確認された。 ベトナムでの無症候アヒルでの感染、さらに最近は鶏でも無症候性の感染が確認されている。タイで先に豚感染を否定する政府発表があったが、無症候の豚での調査を行ってみなければ断定は出来ないだろう。H5N1ウイルスの無症候感染がほ乳動物で起き始めると、他感染ウイルスとの間で遺伝子の結合が生じて変異ウイルス誕生の危険性が高まる。
・Birdflu 'may pass to humans'
Channel 4 News (英国) WHOの研究者から鳥フルが世界的に大流行する可能性が指摘されている。北ベトナムでの感染の仕方の変化、北ベトナムで流行しているウイルスが変異していることを示す研究室内でのデータなど。最近のデータを見ていると発生は集団で生じ、症状はより軽くなってきている。すなわとウィルスが人に適合してきていることを示唆している。
5月17日

・Gates donates $US250m to fight disease

Ninemsn (オーストラリア) ビル・ゲイツはWHOの世界会議のオープニング・セレモニーで、世界の保健専門家に対して2億5千万ドルを世界の致死的疾病対策に寄付すると伝えた。ゲイツは妻と運営する財団が40億ドル以上、これまで世界の疾病対策に寄付してきていると語った。
・Vietnam man has birdflu, 2nd in a month: report
Khaleej Times, ( アラブ首長国連邦) ベトナム北部のThanh Hoa省の58歳男性とVinh Phuc省の52歳男性が鳥フルに感染して発病し、ハノイの病院に入院中。両者とも感染が確認されている。
・Vietnam reports 2 more birdflu patients
Xinhua, (中国) ハノイの熱帯疾患施設の医師の話では、ベトナムVinh Phuc省の52歳男性とThanh Hoa省の58歳男性が先週12日と13日にハノイ市関連の施設に典型的鳥フル症状で入院したと発表。
・Gates Tells WHO He'll Donate Another $250M
TechNewsWorld (米国) WHOの年次総会でビル・ゲイツは危険な疾病対策用に、2億5千万ドルを寄付すると表明。冷凍の必要性のないワクチンの開発、命に関わる熱発を簡単にチェック出来る器具の開発、免疫機構が働くことが出来ない感染症に対する薬剤の開発などへ。
5月16日

・Vietnam reports first human birdflu case in a month
Swissinfo (スイス) 死んだ鶏を食べた52歳男性がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。ベトナムでの、この1ケ月間で初めての患者となった。北部のVinh Phuc省のこの男性は先週12日に発熱で入院。家族と死んだ鶏を食べた既往がある。病院で患者と家族4人の血液と唾液を検査のため採取したが、患者の感染が確認されたと病院当局はロイターの電話取材で答えた。ハノイから63キロ北方の患者の家は消毒され、家族は監視体制におかれている。
 
20歳のカンボジア女性を治療しているベトナムの医師は患者の状態は悪化していると伝えた。ホーチミン市のパスツール研究所の研究者は予備的検査では患者の感染は確認されてないがさらに詳細な検査が行われていると伝えた。
・Thai pigs declared free from avian flu
Mathaba.Net  (アフリカ) インドネシアで豚でH5N1ウイルスが発見されたことを受けて、タイ当局はタイ国内では豚への感染が認められていないと発表。
・Cambodian BirdFlu Suspect Hospitalised in Vietnam
Planet Ark, (米国) ベトナムのKien Giang 省総合病院の医師がロイターの電話取材で、カンボジア20歳女性が鳥フル疑いで入院しいていることを明らかにした。レントゲン上、両肺は高度に傷害されている。検体はホーチミン市のパスツール研究所に送られている。カンボジアのKamport省出身で、同省では先に4人の鳥フル感染者が発生していて全員死亡している。
・BirdFlu Found in Indonesian Pigs
Planet Ark (米国) インドネシア当局は先に地域の研究者が、ジャワ島の数カ所の農場で、豚での鳥フル(H5N1)感染を確認したことを受けて調査をしていたが、広く感染していることを確認して発表した。人への感染拡大の恐れが高いが、人での検体は香港の研究所に送っているが、結果はまだ出ていない。
5月15日

・Vietnam reports its second birdflu patient in two days

Gulf Times (カタール) ここ2日間で2例目の人鳥フル感染事例を病院当局が発表。58歳男性がハノイのBach Mai 病院で診断された。患者は先週初めに入院。13日に感染病棟へ転科。検査結果は国立公衆衛生疫学研究所から昨日遅く届いたと医師団は説明。患者がどのようにして感染したかは不明。患者はハノイ南方160キロのThanh Hoa省出身で、先に報告された患者と同じく様態は安定しているという。
・Vietnam official reports new human avian flu case
Canadian TV News (カナダ) ベトナム当局は3週間以上発生をみていなかった人の鳥フル感染例を発表した。ハノイから40キロ離れた北部のVinh Phuc省の52歳男性で、状態は安定している。説明によると患者は精神疾患を患っており、先月村で死んだ鶏を集め家に食事用に運んでいたという。高熱と咳、呼吸困難を呈したため先月28日、家族は彼を精神病院へ入院させた。それから患者はハノイの病院へ転院となった。そこで鳥フル感染が確認された。家族からは発病者はでていない。南ベトナムにカンボジア女性が鳥フル感染を疑われて入院しているが検査結果は出ていない。
・Birdflu hits pigs, raising fears humans are next
Houston Chronicle (米国) インドネシア政府と科学者は14日、ジャワ島で豚が広H5N1ウイルスに感染していることを発表。さらに人への感染が懸念されている。
・Indonesia Confirms BirdFlu Virus in Pigs, Raising Fears of ...
AXcess News (米国) 14日、インドネシア当局は危険な鳥フル株が豚の間で広がっていることを発表。人へ感染しやすい株への変異が懸念される。詳細は不明だが、検体は香港へ送られて検査中という。WHO西太平洋地域事務所では公式に情報を受けていない模様。
5月14日

Avian flu case reported in Vietnam
CIDRAP (米国) ここ3週間人での鳥フル感染事例の報告が無かったベトナムで、北部のVinh Phuc省の55歳男性が初期の検査で鳥フル感染が確認されたと、ハノイの熱帯疾病研究所が発表。ニュースはAFPから発信された。さらにカンボジアのKamport省の20歳女性がベトナムの病院へ鳥フル疑いで入院したとAFPは報じた。Kamport省ではすでに4人の鳥フル感染患者が発生して、死亡している。
・Birdflu found in Javanese pigs
Melbourne Herald Sun (オーストラリア) インドネシア政府はジャワ島で豚に鳥フルウイルス(H5N1)が感染していたことを発表。これは先に科学者が豚への感染を報告したことを受けての調査。農業省はさらに感染対策を継続するとともに、詳細なる調査を行い、近日中に結果が判明する予定と声明。豚は人のウイルスを保有して、感染した鳥フルウイルスとの間で遺伝子結合が生じて、新ウイルスが形成される危険性が高い。
・Talks begin on rules to stop global spread of disease
Financial Times, (英国) 国際機関は昨日スイスで、新しい健康被害を及ぼす可能性のある疾病の広がりに対する対策について話あった。その中で新しい国際的ルールの制定に必要性が討議された。新しいルールの制定でアジアで流行中の鳥フル対策も可能になると思われる。具体的には草案では、WHOの権限の強化があげられるが、たとえばWHOによる流行対策の権限強化と旅行注意の声明。それは流行国政府の権限を越えたものとする、等。
・Government on alert over possible human avian flu
Jakarta Post (インドネシア) 当局は先週鳥フル感染の可能性ある家禽農場で働く人からの6検体を香港の研究所に送ったことを明らかにした。また3、4月にも感染の可能性ある人からの検体77を香港に送っていることも明らかにした。結果は出ていないが、通常出るまで2〜4週間かかる。(感染の可能性ある人からの検体で、発病したことが疑われた人ではない:訳者注)
5月13日

・Asian states hampering birdflu checks - UN agency
Reuters.uk, (英国) 鳥フル発生アジア各国は検体をWHOに提出しないため、ウイルスの変異状況が不明。FAOの高官が声明。
・Asian countries need transnational network to prevent H5N1
Viet Nam News Agency 5月10〜12日、ハノイでアジア各国から専門家100人が集まり、鳥フルに関する会議が開催された。アジア各国がネットワークを作り、情報を共有することが必要と決議された。
5月12日

・WHO war on birdflu hampered
Daily Telegraph (オーストラリア) WHOの研究者は、分離された鳥フルウイルスのサンプルや情報が十分WHOに提出されず、地域の研究者の間で隠されたままであると、不満を漏らしている。ウイルスの変異など、絶えず状況を把握していかなければ、鳥フルの危険性が予知不可能であると語っている。
・Lack of sharing hampers birdflu tracking -Nature
Reuters AlertNet WHOにこの八ヶ月間渡された、鳥フル感染者からのウイルス検体が6種類、家禽の検体はゼロ。世界的流行阻止にむけての監視体制が構築できていない状況。
・'Refusal to share' leaves agency struggling to monitor birdflu
Nature.com (英国) 鳥フル患者からの検体がWHOに手渡されていない。WHOはウイルスの変異状態を十分把握できていない。発生国当局は国外の研究機関に検体を渡すことで、その調査結果から国外から国内に各種情報が入ることを嫌っている。各国が分離ウイルスや情報を共有しなければ鳥フルの世界的拡大に対して対策はたてられない。
・Influenza A in humans and poultry kept under control, says Prof.
Viet Nam News Agency (ベトナム) 当局は鳥インフルエンザに関して、人感染例は4月14日、家禽感染例は4月1日以来報告されていないと発表。
5月11日

・World not ready for birdflu, says SA expert
Mail & Guardian Online (南アフリカ) 国立伝染病研究所長官が、鳥フルが世界的に広がった場合、先進国も含めて十分な対策はなされていないと談話。次に世界的流行を起こすインフルエンザがH5N1ウイルスによるか、他のウィルスによるか予知する手段は科学的に存在してない。問題は世界的流行が起こる可能性ではなく、いつ新型インフルエンザが発生するかである。
5月10日

特記情報なし
月9日

・Flu outbreak in China
Times of India (インド)(香港発) 南中国で10000人以上のインフルエンザ患者が発生。多くは小児でShenzhen市の病院へ 連日入院している。症状は発熱、鼻水、咳であるが、詳細情報は不明。
・China say birdflu not responsible for geese deaths
Radio Australia, (オーストラリア) 中国北西部のQinghai省自然保護区Qinghai湖で、5月6日以降170羽以上のガンが死亡。中国当局は鳥フルが原因ではないと発表。死亡原因についてはさらに調査中。
・Vietnam to test birdflu vaccine on humans
Channel News Asia, (シンガポール) ベトナムで開発された鳥フルワクチンの臨床試験が来月から開始される、とベトナムの研究者が発表。
”人における最初の投与試験は6月下旬か7月上旬に行われる”とワクチン開発メンバーの幹部が語った。2月に行った猿での実験結果は非常に満足出来る状態だった、とも付け加えた。ワクチンの大量製造は来年初頭に開始される予定。
・Birdflu tests out-of-date, may have missed cases
CTV (カナダ) カナダの研究所で作成し、ベトナムで使用されている鳥フル診断キットは、現在のウイルスを十分に検出出来ない可能性があると、カナダの研究者が指摘。現在使われているキットは昨年の春に分離されたウイルスを基に作成されたが、現在の鳥フルウイルスは変異している可能性が高いため、ベトナムでの検査では見逃しの症例が発生している可能性がある。実際本年初頭にベトナムで陰性とされた検体を日本で再検査したところ、陽性例が多数見つかっている。
5月7日

・Vietnam to test its own birdflu vaccine on humans, poultry
Malaysia Star,(マレーシア) ベトナム政府機関情報によると、マウスと猿で成功した自国製鳥フルワクチンは8月から10〜20人の人を対象に臨床試験に入る。一方、家禽に対する試験投与は6月から開始。人への投与はその後家禽に接する人を対象に200から300人で臨床試験に進む予定。来年1月には試験は終了して、その後大量生産に入りたいとワクチン製造会社では言っている。
5月6日

・Thailand announces control of birdflu
Viet Nam News Agency (ベトナム) 過去3週間全土で家禽の鳥フルの発生が報告されていないと当局が発表。鳥フルは完全にコントロールされつつあると談話。昨年の7月以来初めて。
・Birdflu virus in Vietnam not yet mutated
Thanh Nien Daily, (ベトナム)  米国CDCより入った情報として地元紙が伝えた。ベトナムの鳥フル感染の人からの検体の調査で、H5N1鳥インフルエンザウイルスに変異は認められなかった。
・Eight BirdFlu Cases Confirmed in Vietnam
Recombinomics (米国) ベトナム当局はWHOに8例の人鳥フル感染例を報告した。うち2例は4月2〜8日に発生したもので、残りは2日以前に発生したものと考えられる。(全ては一般報道により情報はもたらされている:訳者)。報告の著しい遅れと症例の詳細情報の欠如はベトナムでの鳥フル対策の問題点を浮き彫りにしている。
・Bureaucracy stymies flu tactics
 Nature.com (英国) ベトナムにおける官僚制が鳥フル対策の遂行の障害となっている。患者発生の迅速な報告、タミフル投与などにより鳥フルの人での流行は防止可能。WHOも現状の把握が十分出来ていない。現在、どれだけ危険な状況にあるのかも不明という。
・Strengthening capacity to monitor and prevent H5N1 discussed
Viet Nam News Agency(VNNA) 5月5日、ハノイでアジア各国から研究者の代表が集まって、H5N1とりインフルエンザ対策について会議を開いた。
・New BirdFlu Alert As Hot Season Approaches
Inter Press Service  7月の雨期に入ると気温と湿度が鳥フルウイルスの増殖に適切な環境を作るので、再び鳥フル流行が起こる危険性は十分ある。WHOの西太平洋アジア事務所の談話。昨年も7月に春に引き続き流行が起きている。
5月5日

・Vietnam to vaccinate some poultry against avian flu
CIDRAP (米国) ワクチン接種された家禽は症状を呈さないがウイルスを排出し続けるということで、アジアでは使用を巡って論争が続いてきたが、ベトナムで一部の商用鶏農場での使用がはじまった。
・Country free of avian flu, say officials
Bangkok Post,(タイ) 昨年7月以来初めて鳥フル発生報告が21日間なされてない。
・Vietnam to Vaccinate 600,000 Chickens Against BirdFlu
Voice of America(米国) 
ベトナムで60万羽の鶏にワクチン接種予定。  
・Vietnam in U-turn over birdflu vaccination
New Scientist (英国) ベトナム、鳥フルウイルス根絶を諦めてワクチン接種に方向転換。ワクチン接種は無症状でウイルス排出を続ける家禽を増やす結果になる可能性からこれまで禁止されていたが、各種の対策が効を奏さないことからベトナム当局は政策を転換。ワクチン未接種の家禽よりはウイルス排出量は少ないだろうとの憶測。しかしワクチン接種家禽の経過観察が重要。 
TOP