各報道機関ウェブ直近情報
4月27日 ベトナム、鳥フル解決にはいまだ多くの問題
 ABC News (米国) 
ベトナムで鳥フルに感染し回復した人々は、家禽を摂食することは想像を絶する脅威と感じているが、家禽売買業者などの間では、鳥フルが家禽の間で拡大し、人へ感染し、重大な結果になることは理解されていない。ベトナム中には多くの家禽が野放しで飼育されている。鳥フル制圧にはいまだ多くの対策が残されている(It is a big jigsaw puzzle and there is not just one piece missing but many pieces missing)。
北朝鮮で鳥フル発生

 Pravda(プラウダ) (ロシア) 下記のVOAと同じ内容。
国連発表:北朝鮮の鳥フル流行は制圧
 VOA (ボイス・オブ・アメリカ) (米国) 国連機関(FAO)は、北朝鮮の鳥フル流行は管理下に置かれたと発表。しかし北朝鮮はさらに動物感染症に対する監視体制能力を高める必要があると語った。FAOの係官は10日前に北朝鮮に入ったが、彼は、北朝鮮当局は彼のチームに十分協力的で、彼のチームは対策に向けて良い関係を築くことが出来たと語った。しかし、鳥フルが完全に除去出来たというにはまだ早い、と彼は警告した。
4月26日 北朝鮮における鳥フルは制圧
 Environment News Service (国際) 国連(FAO)は25日、北朝鮮の鳥フルは制圧されたと発表。しかし今後感染した農場を中心に警戒態勢は必要であることも強調した。


FAOは、北朝鮮の鳥フル発生は抑圧されたと発表
 CIDRAP (米国) 北朝鮮におけるH7型による鳥フルは抑圧されたとFAOは発表。しかしウイルスの検体が中国、英国、オーストラリアへ送られているが、亜型(N型)については発表されず。
北朝鮮における鳥フルは制圧とFAOが発表
 Big News Network.com (オーストラリア) 北朝鮮の鳥フルは制圧されたとFAO本部は表明。発生鳥フルは鶏だけに有害で人には害はないタイプであった。21万8千羽の感染鶏の処分と、感染が起きていない鶏舎でのワクチン接種、および厳格な感染対策によりウイルスは排除されたと発表。
4月25日 北朝鮮、鳥フル流行を終息に、FAO表明
 ABC News (米国) 
国連機関であるFAOは、北朝鮮が鳥フル流行を制圧し、ウイルスは高病原性(H5N1)ではなかったと発表した。ウイルスは感染した鶏の処分と感染していない鶏に対するワクチン接種、そして厳格な感染予防体制で除去されたと説明。
南中国広東省の村で280人がインフルエンザ発症
 The Star (マレーシア) (香港AP) 香港政府は25日、南中国広東省の村で280人がインフルエンザを発症したが、初期の検査では鳥フルウイルスによるものではないことが確認された。発病者は、発熱、咳、筋肉痛であるが概して症状は軽く入院者はいないという。村は消毒され、衛生状態の改善が図られている。
ウイルスが変異の恐れ
 The Standard (香港) ベトナムの研究者によると鳥フルによる死亡率が大幅に下がってきたという。しかしこの事実は必ずしも良いニュースとは言えなく、鳥フルが本格的に世界に蔓延してゆく不吉な前兆である可能性が高い。
 死亡率が高くほとんどの感染者が死亡する状態では、鳥フルは拡大してゆく可能性は低いが、死亡率が下がると世界的に流行する可能性がある。WHOの疫学専門家の意見である。
 ウイルスは人に適合しつつあるかも知れない。それを示唆する事実は多くある。専門家はそのように説明する。
 北ベトナムでの死亡率は下がっているが、南ベトナムでの死亡率は高い。南ベトナムで死亡した患者は全て家禽由来と考えられるが、北ベトナムでは家族発生が多く、専門家はウイルスが変異してきていると推定している。人人感染が生じているかが問題であるが、患者看護にあたって鳥フルを発症した看護師(Tinh,
26歳男性)の例は、強くその可能性を示唆している。当局は彼が鳥から感染したと発表しているが、彼によると発病前1ヶ月間、鳥に接触した事実はないという。彼はほんの1週間、鳥フル発病者の看護にあたった。血圧測定、注射、検温、歩行介助などの看護だったが、高熱などのインフルエンザ症状を呈した。そのとき彼自身、鳥フルに感染したと感じ、死の恐怖におびえた。現在彼は回復したが、再び生まれ変わったような気がすると語っている。(ワシントン・ポストがニュース・ソース)
4月24日 ベトナムで無症状の感染鶏が増加ーー鳥フルの流行が拡大している可能性
 Recombinomics (米国) 昨年、米国の研究者は南アジアでの鳥フル感染アヒルが症状を呈さすにウイルスのキャリア化してきたと報告したが、現在、ベトナムの研究者は多くの感染鶏が無症状化してきていることを発見した。ベトナム国立公衆衛生疫学施設長はそのように発表している。さらに彼は、ウイルスが人と家禽に多少適合してきた可能性がある、それ故、症状が以前ほど重くない、それは逆に感染がより早く容易に起こりえる状況になっていることを意味する、とも説明している。
鳥フル流行拡大の可能性
 Monsters and Critics(英国) 昨日のワシントン・ポストと同じ内容
鳥フル対策キャンペーンが始まるー南ベトナムTien Giang省
 
vna
(ベトナム) Tien Gang 省で鳥フル対策キャンペーンが開始された。1000人以上の学生や若者、地域の組織代表などが式典に参加した。キャンペーンは全ての地域に対して行われる。鳥フルの知識と情報、そして対策指導などが中心。また23日、南Tra Vinh省でもH5N1ウイルス撲滅に向けての環境の衛生状態改善運動が始まった。

鳥フルは世界的流行の可能性
 Monsters and Critics, UK  (英国) 内容は以下と同じ
鳥フルは世界的流行の危険性の恐れ

 13WHAM-TV (米国) ベトナム健康省は南アジアの鳥フルは死亡率が1年前の半分になったが、それだけウイルスが人に感染しやすくなっていて、より流行が広がっている恐れがあると伝えた。この状態が続けば世界的流行につながる可能性がある。WHOハノイ事務所の疫学専門家は、ウイルスが人に適合しつつあるかも知れない、人に対してより危険性のあるウイルスに変異してきている可能性を示唆する事実はいくつかある、と語っている。

4月23日 鳥フルは単なる流行以上に拡大しているように思われる
 The Washington Post (米国) ベトナム健康省は南アジアの鳥フルは死亡率が1年前の半分になったが、それだけウイルスが人に感染しやすくなっていて、より流行が広がっている恐れがあると伝えた。この状態が続けば世界的流行につながる可能性がある。WHOハノイ事務所の疫学専門家は、ウイルスが人に適合しつつあるかも知れない、人に対してより危険性のあるウイルスに変異してきている可能性を示唆する事実はいくつかある、と語っている。
死亡20歳カンボジア女性H5N1感染が確認される
 CBC News (カナダ) カンボジア健康省は女性が鳥フル感染していたことが検査結果で確認されたことを発表した。
4月22日 イタリア Brescia 省で18000羽の七面鳥が処分
 AGI on line (イタリア) 低病原性であるので必ずしも必要な処置ではないが、鳥フル流行施設の七面鳥18000羽を処分したと当局は発表。
4月21日 韓国、北朝鮮への支援物質輸送
 Chosun. com(朝鮮日報) 韓国は22日に鳥フル対策のための支援物資を北朝鮮に向けて出荷した。訳71万4千ドルに相当する。鳥フル検査キット、消毒液など。3人の援助のための職員と一人の技術者も境界地帯に派遣される。韓国政府は、さらに総額250万ドルの支援も計画している。
ベトナム、Quang Binh 省(鳥フル多発地帯)で鳥フル予防キャンペーン
 VNA 
(ベトナム) 20日にQuang Binh省で鳥フル拡大阻止のための環境衛生改善キャンペーンがはじまった。健康省と農業省が企画したもので、人々に鳥フルウイルスの感染様式に関する知識と、人がこれらウイルスに接触したときの危険性についての知識を植え付けるのが狙い。
WHO:アジア諸国は共同してタミフルの備蓄を
 Bangkok Post (タイ) 昨日まで開かれていたASEAN主催の鳥フル対策セミナーで、WHOの南アジア伝染病対策室部門の高官が、東南アジア諸国連合(ASEAN)は協力してタミフル備蓄を行うセンターを設立すべきと語った。薬剤は非常に高額なので、全ての国が個々に備蓄をすることは不可能である。1〜2ヵ国に、鳥フルがアジアで流行した際に全ての国が使用できる備蓄センターを設立すべきであると語った。適切な国として地理的条件等からタイの国名があげられたが、実際には参加国が協議して決めるべきと説明された。この意見はASEAN主催の今回のセミナーにおける採択案としては発表されない。鳥フルや他の新興感染症に対して各国が協力しあって対策を講じることは共同決議に盛り込まれた。
カナダ、鳥フルワクチン製造準備に
  China View(中国) カナダ国内で鳥フルが流行した際の対策として、カナダ公衆衛生局は来年度ワクチンの臨床試験を行うと発表。最近、カナダでは月に650万人分のワクチンを製造できる能力があるが、来年までに月に800万人分を製造できる状態にしなければならない。なぜならば4ヵ月で国民3200万人分のワクチンが、世界的流行の際には必要になるからである。
WHO確認:カンボジア女性、鳥フル疑いで死亡
  Kerala News(インド) 20歳女性がベトナムの病院で死亡し、鳥フル疑いで検査中であることをプノンペンのWHO関係者が明らかにした。ホーチミン市のパスツール研究所で行っている検査結果は21日中にでる予定。
イタリアで低病原性鳥インフルエンザが発生
 ロイター通信 イタリア北部のBrescia省の10ヶ所の七面鳥飼育場で低病原性鳥フルの発生が報告された。公衆衛生学的問題は全くないとイタリア当局は説明。
4月20日 ロシア、鳥フル発生との報告でイタリアからの家禽輸入を禁止
 
Interfax (ロシア) ロシアは、イタリアのBrescia省で七面鳥での鳥フル発生の報告を受けて、家禽関連の産物のイタリアからの輸入を禁止した。生きた鳥、家禽、受精卵、加熱処理されていない全ての家禽産物、鳥のえさ、等が対象。
鳥インフルエンザ支援物資、22日北朝鮮に出航
 朝鮮日報 
(韓国) 韓国統一部は鳥インフルエンザの対北支援物資を載せた船舶が22日午前11時、仁川(インチョン)港から平安(ピョンアン)南道・南浦(ナムポ)港に向け出航すると20日、発表した。
カンボジア女性鳥フル疑いで死亡
 
Sydney Morning Herald (オーストラリア) カンボジアKampot省から、鳥フル疑いで隣接するベトナムのKien Giang 省の総合病院に19日朝早く入院した、20歳のカンボジア女性が同日遅く死亡したと、医師団は語った。
カンボジア女性、鳥フル感染疑いでベトナムの病院へ入院
 Reuters UK
(英国) カンボジアKampot省の
20歳女性が20日、高熱と呼吸器症状を呈して、鳥フル疑いでベトナムKien Giang省の病院へ入院した。医師は検体をホーチミン市のパスツール研究所に送った。女性は人工呼吸器を装着された。Kampot省ではこれまで3人が鳥フルで死亡している。報道によると患者の家の周辺で鶏が原因不明で死亡していたことがあるという。
アジアでの鳥フル対策は不十分、米国専門家語る

 Bangkok Post (タイ) 米国専門家は、鳥フル流行に際して必要になるタミフルを十分備蓄しなければならないと警告した。東南アジア諸国連合(ASEAN)主催の鳥フル対策セミナーで、米国聖ユダ小児病院のウイルス研究者であるRGWebster教授が、米国を信頼せずに、自分達の安全は自分達で確保すべき、それにはタミフルを十分確保しておく必要があると説明した。
鳥フル専門家、アヒルの処分が必要と警告
 Reuters (国際) ベトナムの鳥フルウイルスを根絶したいならば、アヒルを処分する必要がある。そのほかの解決策はない。バンコクで開催された会議に出席したウイルス専門家である米国聖ユダ小児病院のRobert Websterは語った。ベトナム政府もアヒルが鳥フルウイルス拡大の役割を果たしていることは考えているが、即、全アヒルを処分とまで決定はしていない。
ベトナム、家禽飼育禁止地域を拡大
 The Standard (香港) 鳥フル撲滅のための対策としてベトナム政府は、都市部での家禽飼育禁止地域を15の市と省に拡大する。19日に行われた政府のH5N1対策会議で明らかにされた。地域社会の安全のためにはいくら費用がかかろうと問題ではない、と 副首相は語った。
鳥インフルエンザ、豚にも感染 インドネシア
 産経新聞 (日本) 鳥インフルエンザウイルスが豚に感染すると体内で遺伝子の組み換えが起き、人に大流行する新型インフルエンザになる恐れが指摘されている。豚からの同ウイルス検出はベトナムと中国で報告されていたが、さらに感染地域が広がった。(4月11日にVNA報道があったが、その際はH5N1でない可能性が伝えられていた。今回、日本の研究者がH5N1であることを確認した模様:訳者)。
4月19日 ロッシェ社、各国から備蓄用タミフルを受注
 Reuters (国際) 世界中の政府はロッシェ社のタミフルを鳥フル流行の際の治療薬として備蓄し始めている。WHOもタミフルがある程度症状の緩和に効果を持つことから備蓄を各国へ勧めている。

各国の準備状況

 17カ国がすでに発注している。一人当たりの治療コストとして25ドルである。
 ノルウエー 人口の30%相当
 英国とフィンランド 人口の25%相当
 フランス 22%
 米国 230万錠、人口の1%相当が対象であるが、さらに発注するものと考えられている。
 オーストラリア 20%
 カナダ 6%、しかし10%まで増量する予定
 チェコスロバキア 6%
 オランダ 1%
 ニュージーランド 20%
 スエーデン 10%
 そのほか詳細は不明であるが、ベルギー、デンマーク、タイ、香港、韓国と詳細不明の一カ国が発注している。 ロッシェ社は現在さらに10カ国と商談中であると語っている。
 本年度のロッシェ社のタミフルの売り上げは6億3千2百万ドルに達する。
 現在までに受注したタミフルは今後2年間で受注先に供給される予定。今後発注される分は来年以降に契約となる見通し。

ベトナム政府、鳥フル対策を全面的に強化
 Bloomberg (国際)ベトナム政府は鳥フル対策のために、これまでの施行の全ての措置を強化すると発表。家禽の屠殺、感染した家禽の廃棄、そして国境周辺での家禽の移動など。
ベトナム;家禽飼育禁止地域を拡大
  Wisconsin Ag (米国) ベトナム政府の鳥フル対策会議で政府は、家禽飼育禁止地域を15の都市と省に拡大すると発表。
ベトナム、鳥フル対策会議:都市部での家禽飼育の禁止措置を急ぐ
 VNA (ベトナム) 4月18日にハノイで行われた鳥フル対策会議で、2007年末まで都市部での家禽の飼育禁止措置を実行すべきと決議された。家畜政策の大幅な見直しである。会議では都市部の市場での生きた家禽の売買を禁止して、代わりに大都市での設備の整った動物屠さつ場に置き換えるべきと決議された。またアヒルやウズラなどの水鳥の自由な飼育も禁止される。これは最近政府がこれら水鳥の飼育を一時禁止措置をだしたことを受けての決定である。
 今年度の鳥フルの再流行阻止のために家禽や家禽産物の売買、屠殺、輸送などに対する取り締まりが強化される。さらにその他獣医学的監視体制も強化され、8月からは家禽に対するワクチン接種が開始される。

ロッシェ製薬:タミフルの添付書類を更新、米国FDAに申請
 PR Newswire (米国) 小児1〜12歳までの適応他
香港:鳥フル対策に開業医も含めるべき
 The Standard (香港) WHOなどで香港の鳥フル対策は評価されているが、流行が起きたときの体制に開業医も含めるべきとの声が医師達の間で起こっている。体制は行政機関と病院との間で計画されているが、SARSの場合でも患者の多くは開業医を頼ってきた。SARSの際、香港では1755人が感染して299人が死亡した。その中には多くの開業医や公的病院の医師と医療スタッフも含まれていた。鳥フル勃発の際のプロトコール(アクションプラン)は開業医も加えて作成する必要性を医師達は訴えている。
4月18日 ベトナムにおける人人感染は立証されている
 Recombinomics (米国) WHOのハノイ支部にいる疫学者のPeter Horby氏はH5N1感染者の死亡率は下がってきたが、ウイルスが人に適合してきたように見え、より人人感染が生じやすくなってきたようだ、と語った。事態は以前と大幅に変わってきている。彼はそのように捉えている。またWHOのインフルエンザ対策委員長のDr Klaus Stohrは最近発生した人感染の多発例を報告している。これまで7例の多発例が報告されたが、全て家族内発生である。
 両者のコメントは、鳥フルの人人感染が生じていることを間接的に伝えているようなものであるが、彼らは立証された証拠はないという表現を用いて、断定することを避けている。
 もっとも直接的人人感染の立証は、患者発生時期の2相性分布である。すなわち2人の人がいて、片方の感染者がもう一人に感染させたとしたなら、片方の感染者の発病が早く、もう一人の発病はその後である。そうした実例は十分存在している。
 WHOのトップが人人感染の定義を示し、さらにその定義に合致する明確な事例があるにも関わらず、断定的コメントとして発表できない状況が、現在のベトナムにおける鳥フル流行の問題点である。
監視体制と感染予防体制が非常に雑な状況のまま続いているのだ。
鳥フル対策は周辺国も含めて広視野で行う必要性
 The Standard (香港) WHOにより香港の対策が褒められたことに対し、香港の研究者は、香港だけでなく周辺国も含めて対策を講じなければ、鳥フル流行の拡大は防ぐことはできないと語った。一カ国が鳥フル侵入を防いでも、周辺から世界への流行に対してはあまり意味がない。
香港は流行に対する備えができている、WHOが評価
 The Standard (香港) 香港は鳥フル対策が十分なされているとWHOの中国代表が語った。2年前のSARS流行の教訓から、リアルタイムでの鳥フル感染疑い患者の把握、野生の鳥、ペットショップの鳥、そして家禽類に対する監視体制が整備されている。2月に立法院(he Legislative Council )に出された15ページにおよぶ文書では、当局は患者接触者の追跡調査、医学的監視体制、患者と接触した者の強制隔離体制などが盛り込まれている。
4月17日     −−−−−−
4月16日 WHO、鳥フル感染者8名を発表
 UN News Centre (国連)8人の鳥フル感染患者がベトナム当局から報告された。12月中旬以降計41人の患者数となり、うち死亡者数は16人となった。
 WHOはベトナム当局にさらなる詳細情報を求めている。今月当初ベトナム当局は、ウイルスが人から人へ容易に感染している事実はないと語り、3例の患者は隣のカンボジアからのウイルスに感染したと伝えている。
 WHOは最近の複数発生事例でのウイルスを科学者が共有して、ウイルスの性格が変化しているのか否か調査することを強調する。

ベトナム保健省、アクションプラン作成
 Viet Nam News (ベトナム) ベトナム健康省は、鳥フル対策に500万ドルを投入したアクションプランを計画。公衆衛生と獣医部門の密な連携と共同座業、さらに当局は国民に鳥フルの監視と予防対策に積極的に関わることを要請する。当局は、もっとも効果的手段は国全体に鳥フル流行に関する情報を伝えることと考えている。
4月15日 闘鶏は鳥フル拡大の原因ともなっている可能性
 123Bharath.com (インド) 何世紀もの昔からアジアでは闘鶏が愛好されてきたが、現在、それは鳥フル拡大の原因となっている可能性がある。闘鶏により血液、体液、糞便に接触することにより、鳥フルが人に感染している可能性がある。これまで闘鶏は何らトラブルの原因となってこなかったが、現在は問題が生じている。WHOの高官はワシントン・ポストにそのように語った。
EU、北朝鮮からの羽毛とペット用鳥の輸入を禁止に
 
Planet Ark
 (米国) EUは北朝鮮で致死的鳥フルが流行していることが確認されたことから9月末まで、鳥の羽とペット用鳥の輸入を禁止する国(アジア八ヶ国)のリストに加えた。
ベトナムで3感染者、ウイルスが変化している可能性

 CIDRAP (米国) ベトナム当局は14日、4月2日以来、3人の鳥フル感染者が見つかったことを発表した。そしてウイルスの毒力は弱わったが、より人への感染性が強くなったようだと、発表した。
家禽の処分は鳥フル対策に効果はない
 SciDev.net (英国) 先週パリで行われたOIEと国連FAOとの会議で、家禽の大量処分は、鳥フルの拡大防止として採用できないとの意見が表明された。大量処分よりもワクチン接種をすべきとの声明をだした。以前は、ワクチン接種により健康な家禽と、ワクチンにより無症状ではあるがウイルスを保有している家禽との区別ができなくなるため、ワクチン使用は勧奨されていなかった。しかし野生の鳥と飼育されている家禽の間で拡散しているウイルスの状況を考えると、いくら感染した家禽を処分してもH5N1ウイルスはすぐに家禽の間に広がってくると考えられる。また会議では、倫理的、動物生態的、さらに経済的問題からも、今後家禽の大量処分は行うべきではないと声明が出された。また会議の参加者は鳥フルが発生しているアジア諸国では家禽のワクチン接種に対する予算がないことから、今後3〜5年間、1〜3億ドルの支援を国連に要請した。
4月14日 鳥フル拡大対策:専門家は大量処分よりもワクチン接種を勧奨
 CIDRAP (米国) ベトナム、メコンデルタ地域でのアヒルやガチョウの多くでH5N1ウイルス感染が見つかったことを受けて、専門家達の間で大量処分よりもワクチン接種への動きが高まった。非常に大量のウイルスの存在と飼育者達の家禽処分への反対から、もはや処分だけではウイルスの拡散は防止不可能との判断。また先週パリで開かれたOIEとFAOの世界会議でも、倫理的、生態学的、さらに経済的問題から、鳥フル対策に対する家禽の大量処分はもはや受け入れられないと結論されている。これは政策の大転換である、とWHOの高官が"NATURE"の4月14日号の論文を引用して語っている。すなわち、そこでは、野生の鳥と飼育されている家禽の相互作用でウイルスは今後長らく存在し続ける、と主張されている。会議では今後1億から1億3千ドルの支援が東南アジアの鳥フル対策に必要であると要望が出された。
ベトナム:政府は鳥フル阻止にアクションプラン
   Viet Nam News Agency(VNA) (ベトナム)  政府は、2005年度5億円以上を投入した鳥フル撲滅アクションプランを発表した。専門家は保健部門と獣医部門が密な連携を図ってH5N1ウイルスの人人感染の脅威を最小に抑える必要があることを主張している。さらにもっとも効果的対策として、住民に遍く情報を伝えて、鳥フルの拡大予防に努めるように奨励する必要があるとも言っている。
  当局は鳥フル感染地である35の省と市での家禽や人での鳥フル発症は減少してきていて、南部のTra Vinh省だけがいまだ発生の報告がある唯一の地域である、と発表した。
 国立公衆衛生疫学研究所のDr. Hoang Thuy Longは、ほとんどの発症者は鳥との接触が原因であるが、中には検査で陽性であるにもかかわらず無症状な感染者もいる、と語っている。
また、人人感染を起こした証拠を示した例はない、とも語った。
 熱帯医学病院の院長は、4月に入ってから4人の感染者を治療しているが、死者はでていないと語った。
4月13日 中国政府:異常死亡した鶏は全て処分、心配なし
 Keralanext 
(インド) 南中国で大量の鶏の異常死の後、8000羽に上る鶏が処分され埋葬された。それらの鶏は鳥フルに感染していない。中国当局が発表したと、香港のメディアが報道した。場所は香港の国境近くの新興都市。中国からの報告によると鶏は呼吸器疾患に罹患していたとされる。
アイルランド、鳥フル治療薬100万人分発注へ
 U.TV (英国) アイルランド政府は鳥フル治療薬を100万人分発注へ。それは人口の25%相当に過ぎない。
4月12日 中国の鶏大量死、鳥フルではないと当局が発表
 Reuters (国際) 先週南中国のShenzhen市の農場で200羽以上の鶏が死亡したことに関して、当局は死亡原因は鳥フルではないと発表。検査の結果H5N1は陰性で、通常の風邪による呼吸器疾患と説明。しかし残っていた8000羽の鶏は処分された。
ベトナム、数千人もの子供達が鳥フル様症状を呈して病院へ
 Recombinomics (米国) ホーチミン市の病院は呼吸器症状と消化器症状を呈した子供達で溢れかえっている。第一小児病院では毎日4000人近くの子供達が受診しているが、その85%前後が呼吸器症状を呈している、と医師は語っている。第二小児病院では、11日、3000人以上の子供達が受診し、三分の一が呼吸器問題で他の300人ほどが消化器症状を呈していた。他に多くの子供達がエンテロウイルスによる脳炎で入院した。これら病気発生の背後に存在する主要な問題は、最近の暑い気候が原因で子供達が扇風機を用いて毎晩寝ていることである。
 病気になっている子もども達の数だけが関心が持たれそうだが、多くの子供達が呼吸器と消化器症状を呈して、また脳症状も呈している子供達がいることは、非常に警戒すべき状況と言える(
訳者注:H5N1ウイルス感染により、脳炎、消化器症状だけを呈した、非定型的「鳥フル」患者の存在が問題となっている。2月19日報道参照のこと)。H5N1ウイルス検査を真剣に行うべきである。患者が多発した Quang Binh, Haiphong, およびQuang Ninh 省での検査結果も報告されていないし、.ベトナムにおける鳥フル監視体制は、あきれ果てて物が言えない状態である。
カンボジアの少女はアヒルから感染した可能性−WHO
 Viet Nam News Agency(VNA) (ベトナム) カンボジア、カンポート( Kampot)省で死亡した8歳少女はアヒルから感染したと考えられるとWHOは11日語った。アヒルはウイルスを無症状で保有している。患者の周辺の人々について検査が行われているが、無症状なので、多分全員陰性と思われる。
4月11日 南北朝鮮、鳥フル対策で会議開催予定
 
Korea Times (韓国) 韓国統一省は、北朝鮮から電話で4月20日〜22の間に、北朝鮮国境近くのKaesong町で、北朝鮮の鳥フル対策の支援についての会議開催を求められたと発表。政府間での公式会議開催は昨年7月以来のこととなる。
北朝鮮、鳥フル予防対策進む

 人民日報 (中国) Korean Central News Agency(KCNA) の報告。200の緊急対策委員会が作られ、全ての家禽農場でワクチンの接種が行われた。。鳥フルを発症した家禽の焼却埋葬処分はOIEの指導に従って行われた。農場周辺の立ち入りは禁止され道路は閉鎖されている。市場での家禽と卵の取り扱いは許されていない。
カンボジアでの少女の死はアヒル由来か
 Melbourne Herald Sun (オーストラリア) カンボジアで死亡した少女は、多分アヒルからH5N1ウイルス感染したと考えられると、WHO関係者は語った。少女は2月から死んだ鶏に接触していたが、そこからの感染と考えるには発症までの期間が長すぎる。我々は無症候でウイルスを運ぶアヒルが感染拡大に重要な役割を担っていると考えている。
インドネシアで豚から鳥フルウイルスを検出
 Viet Nam News Agency(VNA) (ベトナム) インドネシアのAirlangga大学の研究者の談話として、豚から鳥フルウイルス(H5N1)が検出されたと報道された。以前、中国Yunnan省で検出されたウイルスに似ているが、現在ベトナム等で見つかっているH5N1とは異なると言っている。
北、20〜22日に「鳥インフルエンザ実務協議」提案
 朝鮮日報 (韓国) 北朝鮮側は11日、鳥インフルエンザの退治に必要な装備と薬品支援問題を協議するため、20〜22日の2日間にわたって実務協議を行うよう、公式要請した。
カンボジアの少女が死亡でアジアで合計51人の死者となった
 ObviousNews.com(カナダ) カンボジア政府は先に鳥フルで2名死亡したKampot省の8歳の少女が鳥フルで死亡したことを発表した。カンボジアで3名、ベトナムで36名、タイで12名、合計51名の死者が2003年末からアジアで発生したことになる。
鳥フルワクチンの臨床試験が始まる
 New York Newsday (米国) 450人のボランティアがNIHの組織で計2回のワクチン接種を受ける。
4月10日 ベトナムにおける情報不足は異常である
 Recombinomics (米国) 
検体がハノイの公衆衛生疫学研究所に送られて、結果が不明なままになっている三カ所の鳥フル多発事例がある。中央ベトナムのQuang Binh省、北部のHaiphong およびQuang Ninh省の事例である。全てではないが多くはH5N1陽性と考えられる。Quang Binh 省の事例は家族での集団感染を含んでいる。メディアにより195人のインフルエンザ様疾患が報告されたが、より最近の報告では感染した鶏の肉を食べて発病したと言われる。調査チームは37人の有症者を見いだして検体をハノイに送っている。それは3月25日であるが、結果については公表されていない。そのほかの事例についても明確な調査報告が出されていない。ベトナムにおける情報不足の状態は目に余る。
鳥フル、カンボジア少女を犠牲に

 BBC News (英国) 8歳少女が鳥フルで死亡したことをカンボジア政府は発表。少女はベトナムと国境を隔てている南部に住んでいて、そこではすでに28歳男性25歳女性が鳥フルで死亡している。少女の家族については検査中。
カンボジアで4人目の死者
 Recombinomics (米国) Kyoudou (共同)ニュースによると、カンボジア当局は7日夜に8歳少女がプノンペンのKanthabopha 病院で、住んでいるKampot省から運ばれて間もなく鳥フルで死亡したと発表した。3人目の死者としているが、4人目の死者となるはずである。家族の検査結果はまだ出ていない。同じKampot省の25歳女性18歳男性(28歳男性?)の死亡に次ぐが、25歳女性の弟もその前に死亡しているから4人目となる。Kampot省はメコンデルタ地区に隣接しているが、そこでは家禽での鳥フル流行が報告されているが、人の事例はテト以降1例のみである。メコンデルタ地域での人発生例が報告されていないのは不可思議である。
北朝鮮、韓国の鳥フル対策支援に応じる
 World Peace Herald (米国) 韓国の鳥フル対策支援の申し出から10日経った8日、北朝鮮は受け入れを表明した。検査用具や医療器材。東南アジアで流行のH5N1とは異なり、H7型であるが、専門家は両ウイルスが一緒に流行したなら遺伝子結合が生じて、非常に感染しやすいウイルスが誕生する危惧を抱いている。
4月9日 Quang Binh 省Chau Hoa 地域の集団鳥フル感染疑いはH5N1 Positive?
 Recombinomics (米国) Quang Binh 省での検査結果は発表されていない。最初195人が鳥フル様症状を呈したと報告された。30人からの検体が集められ、いくつかはHue市に運ばれた。その中の一家族で一人が死亡し(13歳少女)、5歳の弟が発症し、両者ともH5N1感染が確認された。5歳の弟は回復して退院している。
 30人から得られた検体の検査結果は発表されていない。2週間前にはハノイへ運ばれている。Quang Binh 省の副局長は、詳細な情報が届いていないので、ハノイへ報告していないし、状況の調査もしなかったと言っている。このような状況を踏まえて総合的に考えると人々は鳥フルに感染していた可能性が高い。しかし症状が軽く自然回復したため病院へ入院しなかったと推定される。そのような可能性はさらに鳥フルが容易に人人感染を起こして、ベトナムで拡大していることも示唆する。

北朝鮮、韓国に鳥フル対策で援助を求める
 Donga(東亜日報) (韓国) 北朝鮮が、最近発生した鳥インフルエンザと関連して、韓国政府に必要な装備と薬品を提供することを8日要請した。先月29日に韓国政府が、防疫支援の意思を明らかにしたことに対する返答だ。
 北朝鮮国家獣医防疫委員会は同日、国立獣医科学検疫院宛てに送った電話通知文で、「鳥インフルエンザが2月25日に発生し、病気にかかったか、かかったと疑われるニワトリ21万羽を全て処分した」ことを明らかにした。
4月8日 北朝鮮、鳥フル対策に韓国の応援を求める
  The Korea Times (韓国) 北朝鮮は韓国が鳥フル対策に支援を申し出たことに感謝するとともに、感染対策用の設備や医療的装備についての援助を申し出た。韓国が援助を申し出て10日後の反応である。統一省の発表であるが、申し出は関係機関の間で電話で行われた。
北朝鮮、鳥フル対策で国際的支援を求める
 Radio Australia (オーストラリア) 北朝鮮が鳥フル対策に国際的支援を外交ルートを通じて求めたことが、パリの国際会議で明らかになった。特に診断について支援が必要のようだ。
鳥フルはアジアを越えて広がっている?
 Recombinomics (米国) OIE長官は昨日、鳥フルがアジアから世界中に広がる可能性がある、と言ったが、すでにそれは広がっている可能性は十分ある。ベトナムの3省での流行、すなわちThai Binh, Haiphong, およびQuang Ninh省での人発生例の多発は明らかに人人感染が起きていることを語っている。これらの省では元来家禽での鳥フルは少ない。さらに発生した事例を見る限り、家禽から感染したと思われる例は非常に少ない。これらの多発事例は人人感染を示す十分な証拠を示している。そして人人感染がより容易に起こりやすく変化してきていることも明らかだ。
 しかしながら、これらの地の多くの事例は致死率100%である南の感染状態に比較すると軽症である。多くの患者は数日で回復して1〜2週間で退院する。こうした比較的軽症の患者は他にも多く存在して自宅で自然回復している可能性が高い。
 軽症患者が増加するに従い、H5N1ウイルスを保有した患者が旅行でアジアから外に出てくる頻度が高まり、ウイルスを他の国に持ち込むはずである。こうした軽症患者は症状が悪化して病院を受診するまで検査を受ける機会はない。それまでアジアからウイルスが他の国に伝搬され続けることになる。

鳥インフルエンザはアジアから拡大する可能性がある
 MSNBC News (米国) 7日、パリでOIE、FAO、WHOが、最新の鳥インフルエンザウイルスの動向に関する2日間の会議を開催した。最初にOIE長官は、鳥インフルエンザがアジアから世界中に広がる可能性は十分あって、世界の科学機関は協力しあってそれを防がなければならないと語った。さらに。最近の知見によると水鳥、特にアヒルが感染しても症状を出さずに、ウイルス伝搬の中心的役割を担っていることが確認された、と語った。
4月7日 致死的H5N1鳥インフルエンザはアジアから世界中に広がる可能性がある
 Reuters UK (英国) 7日、パリでOIE、FAO、WHOが、最新の鳥インフルエンザウイルスの動向に関する2日間の会議を開催した。最初にOIE長官は、鳥インフルエンザがアジアから世界中に広がる可能性は十分あって、世界の科学機関は協力しあってそれを防がなければならないと語った。さらに。最近の知見によると水鳥、特にアヒル(duck)が感染しても症状を出さずに、ウイルス伝搬の中心的役割を担っていることが確認された、と語った。
韓国、鳥フル監視体制を強化
 朝鮮日報 (英語) 韓国は北朝鮮との国境沿いで鳥のウイルス検査を始めた。
ベトナムQuang Ninh省のVietnam-Sweden病院における患者の多発
 Recombinomics (米国) 最近の人フルの感染に関する最も重要な情報はQuang Ninh省内、とくにVietnam-Sweden病院における患者の多発に関してである。最初の患者は40歳女性で、ハノイの熱帯疾患専門病院に3月17日入院した。最初にQuang Ninh地域のVietnam-Sweden 病院に入院したのか否かは不明。Vietnam-Sweden 病院に働いていた34歳医師が4月1日に突然肺炎を発症して、4月3日に死亡。医師達はSARSや鳥フルを疑い検査中。最近さらにVietnam-Sweden 病院で2人の患者が検査で確認され転院。また1名の患者が疑い例として同病院に入院中。以上の5人の患者は地理的に同じQuang Ninh 省で発生、さらに4人は同一の病院で同時期に入院。これらの事実はH5N1ウイルスが効率よく人から人へ伝搬していることを示唆する。
2種類の鳥フル株が結合することを危惧−WHO専門家
 KFMB, CA (米国) WHO専門家は6日以下のようなコメントを発表した。
 FAOは北朝鮮で発生した鳥フルがH7株であることを5日に確認したが、H7株は2年前にオランダで家禽で流行し、90人の人が感染して1人が死亡した株である。アジアで流行しているH5株は人に対して致死率が高いが、H7株は人から人への感染率が高い。両株がアジアで同時に流行してゆくなら両株の遺伝子が結合することが考えられる。そうしたなら致死的性格をもち、容易に人人感染を生じるウイルスが誕生する危険性がある。

鳥フルの世界的流行の兆し
 Recombinomicus (米国) 北ベトナムでの鳥フル集団発生帯はさらに広がりHaiphong港に隣接する北東の海岸線まで広がった。3省、すなわちThai Binh, Haiphong, Quang Ninh 省では大きな感染者集団が見つかっている。Quang Ninh省は中国に隣接している。
 2005年のインフルエンザ流行は明らかに始まっている。
4月6日 鳥フルでさらに2名死亡
 570 News (カナダ) 3月27日、10歳少女がSt.Paul病院へ到着後間もなく死亡。検査の結果鳥フル感染が確認された。さらにベトナム健康省は先に死亡した患者1名を確認したが詳細は不明。
鳥フル、ベトナム10歳少女を死亡に、アジアで50人目の死者
 Reuters (国際) 6日のベトナム全国紙が医師の発表として、ベトナムで鳥フルによる36人目の犠牲者がでたことを報道。死亡したのは10歳少女で、3月27日ハノイの病院で死亡した。少女はハノイ近辺のLong Bienに住んでいた。さらなる詳細は不明。
ベトナムで10歳少女、鳥フルで死亡
 Free Internet Press (米国) ハノイのSt. Paul病院(聖パウロ病院)で3月27日に10歳少女が鳥フルで死亡したことを医師が語った。国立公衆衛生疫学研究所での検査結果が4日に届いたという。2004年1月以来50人目の鳥フルによる死者と考えられる。
ベトナムで鳥フル感染疑い2名発生
 Thanh Nien (ベトナム) 北部Haiphong市で家禽処理工場近くに住んでいる12歳少女が4日に隔離入院となった。さらに前日Hue市の病院に女性が鳥フル疑いで入院した。両者とも検査結果はまだ出ていない。
 またQuang Ninh省で
34歳の医師が1日に肺炎で倒れ、3日に呼吸困難で死亡。SARSとしての治療も効を奏しなかった。国立公衆衛生疫学研究所で原因を調査中とのTien Phong の新聞が報道。
香港方式で鳥フル拡大を抑えるべき
 ABC NEWS 
(米国) 米国の研究者は香港が行っている方式で鳥フル拡大を抑えるべきと語った。すなわちアヒルとガチョウを鶏から隔離することにより、ウイルスが鶏に拡大するのを防ぐ方式だ。アヒルやガチョウはH5N1ウイルスが感染しても無症状で他の動物にウイルスを広げる。市場でのアヒルとガチョウの取り扱いも禁止すべきだと研究者は付け加えた。(ベトナム、ホーチミン市ではアヒルの飼育が禁止されている:訳者注
北朝鮮の鳥フルは人に対して致死的な株ではない(FAO)
 Columbia Daily Tribune, MO  (米国) FAOは北朝鮮で発生した鳥フルがH5N1ではなく、H7タイプであることを確認した。現在検体はさらに中国、英国、オーストラリアに送られて検査中である。北朝鮮当局はFAOの調査に非常に協力的だと関係者は語った。また人での感染例はないと北朝鮮は当局は語っているようだ。
北朝鮮が鳥インフルエンザのキムチ効果に関心
 朝鮮日報 (韓国、日本語版) 鳥インフルエンザに頭を抱えている北朝鮮が最近、ソウル大学研究チームが明らかにした「キムチ乳酸菌治療法」を詳しく紹介した。
4月5日 ベトナム医師、原因不明の肺炎で急死
 Xinhua 
(中国) 北部Quang Ninh省の医師が原因不明の肺炎で死亡。鳥フルやSARSを想定した治療にも反応しなかった。34歳の医師、Ho Dai Nghiaさんは肺炎の症状を呈した2日後の3日に死亡した。同省の彼が働き、そして治療を受けていたベトナム−スエーデン病院の何人かの医師と患者は現在厳重な監視下におかれている。患者の検体は国立公衆衛生疫学研究所で調べられている。報告では患者は最近の鳥フル流行の間、家禽の肉は食べたことはないようだ。同省では40歳女性がH5N1鳥フル感染が最近確認されている。

ベトナム、Quang Nihn 省の医師の死は、鳥フルとSARSの可能性を提起
 Recombinomics (米国) Tien Phongの新聞は、肺炎で急死した34歳医師の原因を国立公衆衛生疫学研究所で検査中と報道した。北部Quang Ninh省に住む医師は1日に倒れて呼吸困難が増強し、SARSとしての濃厚治療にも反応せず3日死亡した。詳細なる検査結果は今週末に判明予定。この医師の死亡原因は多くの関心を抱かせる。SARSは今シーズン香港でも広東でも発生の報告はない。ハノイでは2003年以来報告がない。医師の年齢と急激な死亡を考えると、H5N1ウイルスによる死の可能性が提起される。何人かのH5N1感染患者に接していると、ウイルスの遺伝仕組みかえが生じ、より病原性の高いウイルスに変化する可能性がある。
北朝鮮でアジア初の鳥フル株が検出
 ABC NEWS (米国) 内容は下記と同じ
北朝鮮の鳥フル株はH7型、アジアで初

 Reuters (国際)北朝鮮で流行中の鳥フルはH7株であることを国連組織のFAOの高官が発表。アジアではじめて検出された。高官はどのように北朝鮮にウイルスが入り込んだのか調査中と語った。H7株は人への感染を起こすが、H5株ほど大きな流行は起こさないと言われる。
ベトナムで2人の鳥フル感染疑いが発生、34歳医師が謎の肺炎で急死
 ABC NEWS (米国) 内容は下記と同じ。
ベトナム、2人の鳥フル感染疑いが発生
 Reuters (国際) 北部Haiphong市で家禽処理工場近くに住んでいる12歳少女が4日に隔離入院となった。さらに前日Hue市の病院に女性が鳥フル疑いで入院した。両者とも検査結果はまだ出ていない。
 またQuang Ninh省で
34歳の医師が1日に肺炎で倒れ、3日に呼吸困難で死亡。SARSとしての治療も効を奏しなかった。国立公衆衛生疫学研究所で原因を調査中とのTien Phong の新聞が報道。
WHO、一家5人の感染を確認
 Harold Doan and Associates
(米国) 北部ベトナムのHaiphong省で報告されていた一家5人が感染の事例をWHOが確認した。35歳男性33歳の妻、そして13歳、10歳、4ヶ月の娘達である。(3月27日〜29日に報道で伝えられていた事例である)。
ベトナム:5歳の少年、23日間の闘病生活で回復、退院
 Thanh Nien 
(ベトナム) 
                
 
Quang Binh省のTuyen Hoa地区で発病した5歳の少年が4日に退院した。少年は23日間Quang Binh省中央病院で専門的治療を受けていた。少年の姉(13歳:訳者)は発見が遅かったため残念ながら3月初旬に死亡している。
鳥フルはアジアにすでに1兆円の損失

 Reuters
(国際) 香港の投資銀行CLSAは、アジアでの鳥フル流行の経済的損失はすでに80〜120億ドルに上ると算出した。
ベトナム、女性の感染者確認

 Canadian TV News (カナダ) 中央ベトナムのHa Tinh省で27歳女性の鳥フル感染が確認された。女性の容態は軽く近日中に退院予定と。女性は先週水曜日(4月30日)、高熱と呼吸困難でHa Tinh省の病院に入院。ハノイの国立公衆衛生疫学研究所でH5N1鳥フルの感染を確認した。女性は6人の家族と一緒に飼育していたアヒルを発病2週間前に食事で食べた。当局は家族が飼育していたアヒルを処分したが、さらに村のアヒルから検体を採取してH5N1ウイルス検査を行うが、ウイルス感染が確認された場合は村の家禽を処分する予定。
4月4日 ベトナム:女性がアヒルの血液を飲んだ後鳥フルを発症
 Reuters (英国) 
Ha Tinh省で27歳女性が、高熱を呈して1日入院したが、H5N1ウイルスに感染していることが確認された。女性は先月末料理でアヒルの血液を飲んでいた。容態は落ち着いていて数日以内に退院できるもよう。
中央ニューヨークで鳥フルワクチンの安全試験開始
 Syracuse Post Standard (米国 ニューヨーク)鳥フルワクチンの安全性と至適投与量の決定のための人体投与実験が、ロッチェスター大学、バルチモア、ロスアンゼルスで今日開始された。中央ニューヨークの住民も参加できる。最初の40人は4週の間隔で2回接種を受け、その後モニターされる。計7回チェックされるが、一回につき35ドル提供される。
平壌放送、鳥インフルエンザのヒト感染に関心
 朝鮮日報 (韓国)   平城放送は、4日、鳥フルの人感染に関して詳しい説明を加えた。東南アジア諸国で鳥フルの発生と拡散を防ぐための積極的な措置を取っているとし、ベトナムは鳥インフルエンザ専門監視機関を設置し、4月はアヒルに予防接種を、8月には住民を対象に予防接種を実施する予定で、インドネシア、タイなどではワクチンを生産・普及していると伝えた。(平城放送でこのような情報を流した理由は、国民に鳥フル感染の知識を与えるためと思われるが、国内での状況が十分把握されていない可能性もある。国内での人感染に関しての情報には触れず。訳者注)
香港、地域住民が鳥フル勃発の際の詳細な対策を求める
 The Standard (香港) 人での鳥フル大流行が起きたときに、香港スタディウムを巨大な診療施設として使用する考えに対して、地域の住民は病院当局に詳細な情報を提供を求めた。地域の住民に対する感染予防対策について心配している。 
4月3日 中国、北朝鮮からの鳥産物輸入禁止へ
 
China Daily (中国) 北朝鮮からの家禽産物を全面的に輸入禁止へ。当局に摘発された家禽産物は処分される。
ベトナム、メコンデルタ地域でアヒルに鳥フル感染発生

 vna (ベトナム) メコンデルタ地帯のTra Vinh省Hoa An で鳥フルが発生してアヒル300羽が処分されたと発表された。
4月2日 中国、北朝鮮からの鳥フル侵入に警戒体制を強化
 Xinhua (中国)  北朝鮮と国境を境にしている吉林省では鳥フル侵入に対する警戒態勢を強めている。21のチェックポイントでは、感染した鳥類および産物などのチェックを強化している。国境沿いの市場では生きた家禽類およびそれらの産物の売買、北朝鮮からの搬入などが禁止された。 
米国:ブッシュ大統領、鳥フルを検疫対象に
 Reuters (米国) ブッシュ大統領は新型インフルエンザ(高病原性鳥フルを含む)がを検疫義務感染症に追加した。以後、鳥フルに感染している可能性ある旅行客が国際空港に到着した場合、当局の権限で拘留、隔離することができる。
ブッシュ大統領、鳥フルを要検疫疾病に
 Kentucky com (米国) ブッシュ大統領は東南アジアで見つかっている鳥フルの致死的タイプを、検疫対象疾患に加える行政的規則書にサインした。もっとも最近リストに追加実行された検疫対象の疾患はSARSである。他に対象となっている疾患はコレラ、感染の可能性ある結核、ペスト、天然痘、黄熱、ウイルス性出血熱である。規則による当局の権限は、旅行客が疑わしい症状を呈している場合、旅行客が当局に協力的でない場合適用され、旅行客を検疫のうえ隔離することができる。
ベトナム、クリーン・アップ作戦の実効性は疑わしい
 Keralanext (インド)一ヶ月間に渡る鳥フル撲滅のための国内全家禽農場のクリーンアップ(衛生管理と改善、鳥フル発生の有無)作戦が始まった。当局によるとキャンペーンは全ての村に通知されており厳しく監視されるという。
 しかしながら、中央行政府の努力にも関わらず全ての地域にキャンペーンに関する通知が行き渡っていない模様。たとえば、200人もの鳥フル様症状を呈する患者が発生したQuang Binh省のChau Hoa地区では、地区当局では何もキャンペーンについて知らないと言っている。ベトナムにおけるFAO代表は、ベトナム政府がどこまで正確にキャンペーンに関して国内に通知をだしているのか疑わしいと語っている。
北朝鮮、鳥フル撲滅に努力
 CNN (米国) 数十万羽の鶏を処分し、鳥の移動を禁止している北朝鮮は、鳥フルウイルスによると思われている鶏での流行病を抑え込むことができるかも知れない。…下記Reuters報道と同じ。
4月1日 北朝鮮;鳥フル撲滅に懸命の努力、人での感染例はないもよう、FAO語る
 Reuters  数十万羽の鶏を処分し、鳥の移動を禁止している北朝鮮は、鳥フルウイルスによると思われている鶏での流行病を抑え込むことができるかも知れない。全ての状況から見る限り、流行は抑え込まれることができると考えられる。1日現地に入っている国連のFAOの高官はロイターの電話取材で語った。
 流行は鳥フルと考える根拠はあるが、北朝鮮ではウイルスを確定する診断キットが不足していて確定は困難である。中国滞在のFAOの調査官が明日診断キットをもってピョンヤンに向かう予定のようだ。
 北朝鮮当局はFAOの係官に、ピョンヤン郊外のHadangの大鶏農場での流行が起きたとき、21万9千羽の鶏を処分したと語った。さらに流行は最初の発生地から半径4キロ以内にある二つの農場でも発生したようだ。北朝鮮当局はかなり厳格な拡大阻止体制を敷いていて、現在のところ人での感染が生じていることを示す状況はないようだ。

中国、北朝鮮からの鳥フル拡大に懸念
 The Korea Times (韓国) 中国は北朝鮮からの鳥フル侵入に対して国境地帯の検疫体制を強化した。27日北朝鮮当局が鳥フル流行を発表して以来、国境地帯の農場の鶏にワクチンを接種した、と31日中国の報道は報じた。中国外務省はピョンヤンに対して鳥フル対策に協力を申し出ているが、いまのところ協力要請はきていないと当局者は語っている。報道によると、FAOは31日北朝鮮が鳥フルの検疫体制を全土に拡大したと語っている。またFAOはピョンヤンの3鶏農場で21万9千羽の鶏が処分されたと語った。
北の鳥インフルエンザ、週内に南北間で協議
 朝鮮日報 
(韓国) 日本語 北朝鮮の鳥インフルエンザ拡散防止と防疫に向けた南北間、国際機関の協議が週内に開かれるものと見られる。
北の保健省、鳥インフルエンザ症状をテレビで広報

 朝鮮日報 (韓国) 日本語 北朝鮮保健省関係者は鳥インフルエンザが家禽類と人間に感染した際の症状を詳しく紹介しながら、発生可否を即時把握するよう呼びかけた。
北、鳥インフルエンザで鶏21万9000羽を処分
 朝鮮日報 (韓国) 日本語  北朝鮮は鳥インフルエンザの発生以来、鶏工場3か所で鶏 21万9000羽を処分したと、国際連合食糧農業機関(FAO)高官が31日明らかにした。
ベトナム:政府高官、国内の鳥フルに対する無関心さを非難
 ABC 7 News (米国) 国内が鳥フルに対して無関心であるから、監視体制が脆弱で、鳥フル再発に対する農場の意識も低い。政府高官が語った。ベトナムでは今日から一ヶ月間、鳥フル撲滅に対するキャンペーンを行う。国内の全農場をチェックして衛生管理体制を引き上げる。
香港衛生当局:鳥フル大流行の際は香港スタディウムを巨大な診療所として使用
 The Standard (香港) 鳥フル大流行の際は香港スタディウムを巨大な診療所として使用することが可能だと、衛生当局は語っている。WHOは鳥フル流行の際は香港はもっとも安全な地域の一つであると言っているが、実際に大きな流行が起きた場合は病院は溢れかえる。Causeway Bayのスタディウムは座席が4万人分あり、そこでは数百人の医師とナース、さらに他の医療関係者を配置できる。香港スタディウムは他の広いオープン・スペースと同じくオプションの一つとして採用できる。病院当局者も同じような考えを示しいる。
3月31日 ソウルは北朝鮮からの返事を待っている
 The Korea Times
(韓国) 韓国からの鳥フル対策に対する協力の申し出に、北朝鮮はいまだ回答をよこしていない。統一省はそのように31日に語った。国連機関が30日にピョンヤンに入ったことは我々は聞いている。感染拡大対策に関する会議が今週中にもたれるだろう。統一省の高官はそのように語った。板門店での30日の北側との会談で、韓国側は流行阻止の協力の意志と、そのための詳細情報(鳥フルの株など)を教えるように北側に伝えてある。
ベトナム健康省副大臣:鳥フル監視体制は不十分
 english.eastday.com  
(中国) ベトナムで3月中旬以降8人の鳥フル感染者が見つかっていることに対し、健康省副大臣は、国内の監視体制はいまだ不十分であると、語った。住民の病気や家禽の飼育状態に対する関心が薄い故、鳥フルの再発は避けがたい状態である。多くの地域では十分な監視体制が敷かれていない。地方紙のYouthが大臣の談話として伝えた。体制を強化するために健康省は北部と中部で対策会議を持つ予定であると大臣は語った。
 健康省の予防医学部門の局長は、ベトナムで今もっとも早急になすべき事は、家禽での鳥フル流行を監視することである、なぜなら住民はいまだ家禽、とくにアヒルを運河や田畑に放し飼いにしているからだ、と語っている。さらに局長は、最近の鳥フル感染はいい加減な監視体制に原因がある。より密なる監視体制が必要だ、そうでなければ人の間での鳥フル感染を抑え込むことは極めて難しい、と語った。また4月から1ヶ月間に渡って、全ての家禽飼育場の衛生状態の改善を図るキャンペーンを行う。また人に対するワクチン製造に対する研究も行われている。局長はそのように語っている。
ベトナム当局新たに3人の鳥フル感染を発表

 I-Newswire.com (国際) (すでに報道済みの事例:訳者)ベトナム健康省は、3人の新たな鳥フル感染を確認して発表した。Quang Binh省の5歳少年、北部Nam Dinh省の17歳少女(死亡)、および北部の Quang Ninh省の40歳女性である。いくつかのメディアは、Quang Binh省での集団インフルエンザ様疾患の発生を報じたが、省と中央の専門家が調査中であるが、結果はまだ出ていない。しかし患者数は当初言われていたよりもはるかに少ないようである。
 カンボジア政府はカンボジアでの2例目の鳥フル感染を公式に発表した。Kampot省の
28歳男性で、3月17日に症状が出現して、21日にプノンペンの病院に入院した。彼は22日に死亡。同日、プノンペンのパスツール研究所は患者がH5鳥フルに感染していたことを確認した。
北朝鮮、鳥フル対策が難航か
 Washington Times 論説(米国) 北朝鮮当局は、鳥フル発生に関して情報を流したが、その中でさらなる拡大を防止すると伝えた。… 詳細
北朝鮮、鳥フル対策に軍隊を動員
 Joongang Ilbo (韓国) 北ベトナム政府は鳥フル対策のために軍隊を動員した。数千人の軍隊がピヨンヤン防衛隊と第3軍団から鶏の処分と埋葬のために動員されている。また北朝鮮政府はWHOからの専門家を受け入れた。
3月30日 欄外 ベトナムで報告された家族発生事例 CIDRAP (米国)ニュース
3月30日 ギリシャ、鳥インフル用薬50万回分備蓄へ
 Kathimerini 
(ギリシャ) 健康省は鳥フルが流行したときに備えて薬50万回分を発注した。
国連の鳥フル専門家が北朝鮮へ派遣される

 
Scotsman com (スコットランド) 国連の獣医学専門家が北朝鮮へ鳥フル調査と流行阻止のために入った。さらに中国とオーストラリアの専門家も近日中に加わる予定となっている。
国連:鳥フル専門家、北朝鮮へ

 ABC News
(米国) 国連機関のFAOは30日、国連の鳥フル専門家が北朝鮮へ、鳥フル調査と流行阻止の協力のために入ったと発表した。専門家は北朝鮮が鳥フル発生を発表した翌日(29日)北朝鮮へ入った。FAOはすでに鳥フル診断キットを北朝鮮に送っており、早急に現地での診断体制などを整備する予定。
ベトナム:四人の疑い例が報告
 ABC News
(米国) (ロイター) 30日、四人の疑い例が発生したことが関係者機関の発表で分かった。ベトナム帰りの
25歳女性がホーチミン市の熱帯疾患専門病院へ、咳と発熱で29日入院。主治医はそれ以上詳細に関しては語っていない。さらに2人の患者は、41歳女性とその子である。五人家族全員が鳥フル感染したHaiphong市近くに住んでいる。4人目は 中央のQuang Tri省の30歳男性でHue 中央病院に入院している。
【韓国】北人民会議の延期、理由は鳥インフルエンザか
 NNA
中央日報は30日付の1面で、統一部関係者の話として、今月9日に予定されていた北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)の第11期第3会議が突然延期になった理由は「平壌で発生した鳥インフルエンザのため」と伝えた。
北朝鮮、鶏1000万羽を処分

 東亜日報 (韓国)北朝鮮は、平壌(ピョンヤン)地域の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したことで、平壌地域で飼育しているニワトリ1000万羽をすべて処分したことが明らかになった。北朝鮮全域には約1873万羽のニワトリが飼育されているとされる。
中国、北朝鮮への支援準備整うも依頼はいまだ受けず
 World Peace Herald (国際) 中国政府は3月初旬から北東部の北朝鮮国境周辺の3省を中心として、警戒を強めてきた。北朝鮮に対して支援の準備は整っているが、今のところ依頼は受けていない。政府スポークスマンが語った。
北朝鮮は鳥フル発生について真実を語って欲しい
 朝鮮日報(社説) (韓国) 政府は(韓国)28日、北朝鮮当局に対して鳥フル撲滅のための医学的、科学的、そして隔離のための機材などの支援を申し出た。同時に被害の程度の正確な情報提供も求めた。韓国が知っている事実は、北朝鮮情報筋からのニュースだけである。鳥フルウイルスは135種存在して、種類によってその対策が変わる。対策が間違うことによってさらに悪い結果を招くこともあり得る。韓国はいい加減なな医学的、科学的な援助を申し出ることはできない。
 北朝鮮での鳥フル流行の噂は一ヶ月以上前から専門家の間にあった。発生した農場は国営農場である。他の地域への拡大は、隔離対策や衛生状態が貧弱であるなら簡単に起きえると専門家は見ている。韓国や日本では鳥フルを経験していて、多くの知識と対策のための技術を保有している。北朝鮮は流行している鳥フルの種類、その拡大程度、これまで行ってきた対策などを公開して欲しい、そうでなければ我々は正しい対策のための援助ができない。
TOP