各報道機関ウェブ直近情報
4月1日 ベトナム:政府高官、国内の鳥フルに対する無関心さを非難
 ABC 7 News (米国) 国内が鳥フルに対して無関心であるから、監視体制が脆弱で、鳥フル再発に対する農場の意識も低い。政府高官が語った。ベトナムでは今日から一ヶ月間、鳥フル撲滅に対するキャンペーンを行う。国内の全農場をチェックして衛生管理体制を引き上げる。
3月31日 ソウルは北朝鮮からの返事を待っている
 The Korea Times
(韓国) 韓国からの鳥フル対策に対する協力の申し出に、北朝鮮はいまだ回答をよこしていない。統一省はそのように31日に語った。国連機関が30日にピョンヤンに入ったことは我々は聞いている。感染拡大対策に関する会議が今週中にもたれるだろう。統一省の高官はそのように語った。板門店での30日の北側との会談で、韓国側は流行阻止の協力の意志と、そのための詳細情報(鳥フルの株など)を教えるように北側に伝えてある。
ベトナム健康省副大臣:鳥フル監視体制は不十分
 english.eastday.com  
(中国) ベトナムで3月中旬以降8人の鳥フル感染者が見つかっていることに対し、健康省副大臣は、国内の監視体制はいまだ不十分であると、語った。住民の病気や家禽の飼育状態に対する関心が薄い故、鳥フルの再発は避けがたい状態である。多くの地域では十分な監視体制が敷かれていない。地方紙のYouthが大臣の談話として伝えた。体制を強化するために健康省は北部と中部で対策会議を持つ予定であると大臣は語った。
 健康省の予防医学部門の局長は、ベトナムで今もっとも早急になすべき事は、家禽での鳥フル流行を監視することである、なぜなら住民はいまだ家禽、とくにアヒルを運河や田畑に放し飼いにしているからだ、と語っている。さらに局長は、最近の鳥フル感染はいい加減な監視体制に原因がある。より密なる監視体制が必要だ、そうでなければ人の間での鳥フル感染を抑え込むことは極めて難しい、と語った。また4月から1ヶ月間に渡って、全ての家禽飼育場の衛生状態の改善を図るキャンペーンを行う。また人に対するワクチン製造に対する研究も行われている。局長はそのように語っている。
ベトナム当局新たに3人の鳥フル感染を発表

 I-Newswire.com (国際) (すでに報道済みの事例:訳者)ベトナム健康省は、3人の新たな鳥フル感染を確認して発表した。Quang Binh省の5歳少年、北部Nam Dinh省の17歳少女(死亡)、および北部の Quang Ninh省の40歳女性である。いくつかのメディアは、Quang Binh省での集団インフルエンザ様疾患の発生を報じたが、省と中央の専門家が調査中であるが、結果はまだ出ていない。しかし患者数は当初言われていたよりもはるかに少ないようである。
 カンボジア政府はカンボジアでの2例目の鳥フル感染を公式に発表した。Kampot省の
28歳男性で、3月17日に症状が出現して、21日にプノンペンの病院に入院した。彼は22日に死亡。同日、プノンペンのパスツール研究所は患者がH5鳥フルに感染していたことを確認した。
北朝鮮、鳥フル対策が難航か
 Washington Times 論説(米国) 北朝鮮当局は、鳥フル発生に関して情報を流したが、その中でさらなる拡大を防止すると伝えた。… 詳細
北朝鮮、鳥フル対策に軍隊を動員
 Joongang Ilbo (韓国) 北ベトナム政府は鳥フル対策のために軍隊を動員した。数千人の軍隊がピヨンヤン防衛隊と第3軍団から鶏の処分と埋葬のために動員されている。また北朝鮮政府はWHOからの専門家を受け入れた。
3月30日 欄外 ベトナムで報告された家族発生事例 CIDRAP (米国)ニュース
3月30日 ギリシャ、鳥インフル用薬50万回分備蓄へ
 Kathimerini 
(ギリシャ) 健康省は鳥フルが流行したときに備えて薬50万回分を発注した。
国連の鳥フル専門家が北朝鮮へ派遣される

 
Scotsman com (スコットランド) 国連の獣医学専門家が北朝鮮へ鳥フル調査と流行阻止のために入った。さらに中国とオーストラリアの専門家も近日中に加わる予定となっている。
国連:鳥フル専門家、北朝鮮へ

 ABC News
(米国) 国連機関のFAOは30日、国連の鳥フル専門家が北朝鮮へ、鳥フル調査と流行阻止の協力のために入ったと発表した。専門家は北朝鮮が鳥フル発生を発表した翌日(29日)北朝鮮へ入った。FAOはすでに鳥フル診断キットを北朝鮮に送っており、早急に現地での診断体制などを整備する予定。
ベトナム:四人の疑い例が報告
 ABC News
(米国) (ロイター) 30日、四人の疑い例が発生したことが関係者機関の発表で分かった。ベトナム帰りの
25歳女性がホーチミン市の熱帯疾患専門病院へ、咳と発熱で29日入院。主治医はそれ以上詳細に関しては語っていない。さらに2人の患者は、41歳女性とその子である。五人家族全員が鳥フル感染したHaiphong市近くに住んでいる。4人目は 中央のQuang Tri省の30歳男性でHue 中央病院に入院している。
【韓国】北人民会議の延期、理由は鳥インフルエンザか
 NNA
中央日報は30日付の1面で、統一部関係者の話として、今月9日に予定されていた北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)の第11期第3会議が突然延期になった理由は「平壌で発生した鳥インフルエンザのため」と伝えた。
北朝鮮、鶏1000万羽を処分

 東亜日報 (韓国)北朝鮮は、平壌(ピョンヤン)地域の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したことで、平壌地域で飼育しているニワトリ1000万羽をすべて処分したことが明らかになった。北朝鮮全域には約1873万羽のニワトリが飼育されているとされる。
中国、北朝鮮への支援準備整うも依頼はいまだ受けず
 World Peace Herald (国際) 中国政府は3月初旬から北東部の北朝鮮国境周辺の3省を中心として、警戒を強めてきた。北朝鮮に対して支援の準備は整っているが、今のところ依頼は受けていない。政府スポークスマンが語った。
北朝鮮は鳥フル発生について真実を語って欲しい
 朝鮮日報(社説) (韓国) 政府は(韓国)28日、北朝鮮当局に対して鳥フル撲滅のための医学的、科学的、そして隔離のための機材などの支援を申し出た。同時に被害の程度の正確な情報提供も求めた。韓国が知っている事実は、北朝鮮情報筋からのニュースだけである。鳥フルウイルスは135種存在して、種類によってその対策が変わる。対策が間違うことによってさらに悪い結果を招くこともあり得る。韓国はいい加減なな医学的、科学的な援助を申し出ることはできない。
 北朝鮮での鳥フル流行の噂は一ヶ月以上前から専門家の間にあった。発生した農場は国営農場である。他の地域への拡大は、隔離対策や衛生状態が貧弱であるなら簡単に起きえると専門家は見ている。韓国や日本では鳥フルを経験していて、多くの知識と対策のための技術を保有している。北朝鮮は流行している鳥フルの種類、その拡大程度、これまで行ってきた対策などを公開して欲しい、そうでなければ我々は正しい対策のための援助ができない。
3月29日 欄外 北朝鮮当局、家禽農場での鳥インフルエンザ流行を確認 CIDRAP (米国)ニュース
3月29日 中国、鳥フル侵入防止対策へ
 Radio Australia
(オーストラリア) 北朝鮮からの鳥フル侵入に対して中国政府は緊急に対策を講じた。中国国内では鳥フルの発生はないと報じてもいる。農業省は中国北東部の北朝鮮との国境沿いにチームを派遣して、家禽のチェックと予防対策指導を行う。 
Reuters
(国際) 内容は下記と同じ
韓国、北朝鮮の鳥フル流行が予想以上に拡大との判断
 ABC News
(米国) 韓国筋では北朝鮮の鳥フル流行が相当拡大していると予想しているが、北朝鮮から韓国援助の申し出に対する回答は得られていない。拡大している予想は、北朝鮮当局が事実を公開したことから推定されている。韓国は援助の体制に入っているが、獣医学研究機関も北朝鮮の関係機関に援助の申し出を伝えている。
 今、もっとも重要なのは検疫であると、南北統一省のスポークスマンは語っている。韓国政府は南北境界域での検疫を強化した。また境界域近くの北朝鮮鶏農場に対しても警戒態勢を強めている。
家族5人が鳥フル感染

 ABC News (米国) 北ベトナムの鶏農場で発生した鳥フル感染の家族例が検査の結果陽性であったと健康省が29日発表した。35歳男性32歳の妻、そして3人の娘である。家族は400羽以上の鶏を飼っていたが、今月初めから半数近い鶏が死亡し始め、家族はそれらの鶏を食べていた。医師達は人人感染を完全には否定できないが、同時に症状を出したことから鳥由来の感染だろうと語っている。
ベトナム;一家5人の検査結果は陽性
 人民日報 
(中国) 北部Hai Phong 市の
一家5人の検査結果が陽性であったことが29日、地方紙によって発表された。
 ベトナム国立公衆衛生疫学研究所での検査結果で、Kien Thuy地域の
39歳男性その妻、3人の子供達(4ヶ月、3歳、10歳)が全てH5N1ウイルス検査で陽性だった。家族は市立Viet-Tiep 病院に22日から入院している。鳥フルの症状を呈する前に家族は弱った鶏を食べていた。
 家族は鳥フル流行地域に住んでいたが、彼らの200羽の鶏が地域の当局によって処分されている。
 初期には200羽以上の鶏が死んでいた。
 家族が入院して数日後、同病院に2人の疑い患者が入院した。
41歳男性その子供である。家族と同じ地域に住んでいる。
 23日にはHue市の中央病院が隣接するQuang Tri省の30歳の疑い患者を引き受けたが、この患者は鳥との接点が無いと言われる。
韓国政府、北朝鮮の鳥フル流行対策に援助を申し出る

 Korea Herald (韓国) 韓国政府は北朝鮮の鳥フルが南部に広がってこないことを要求すると共に、この秘密主義の共産国への援助の方法について模索している。当局者は北朝鮮で3月11日以来鳥インフルエンザが流行している可能性は検知していた。それ以来我々は境界地で北朝鮮から戻る旅行者の監視を強化している。今のところ鳥フル感染者は出ていない。
北朝鮮での鳥インフルエンザ発生と韓国の協力体制
 The Hankyoreh (韓国) 社説 北朝鮮の鳥インフルエンザ発生に対して韓国政府は協力の用意があある。いまこそ両国は協力して朝鮮半島における自然などの災害対策にあたるべきだ。
ベトナム、鳥フル感染疑いを報告
 Thanh Nien (ベトナム) ベトナム政府は北部のHai Phong 市の
41歳女性が鳥フル感染疑いで、22日地域の病院へ入院した。症状は呼吸困難と咳である。彼女は鳥フル流行地域の家族5人が22日に入院した近くに住んでいる。H5N1検査の結果はまだでていない。
3月28日 欄外 北朝鮮での鳥フル発生情報:国際感染症学会メーリングリストから(ProMed-mail)
3月28日 韓国政府、北朝鮮の鳥フル対策を援助の用意
 Xinhua(China View) (中国) 韓国政府は北朝鮮が申し出たならいつでも鳥フル対策を援助する用意があると語った。そして鳥フルが南北の境界を越えて侵入しないように警戒態勢を強化すると語った。
北朝鮮、鳥フル対策援助を求めている 
 CNN.com
(米国) 北朝鮮当局はメディアを通して、国際的援助を求めているものと考えられる。
ベトナムで新たに鳥フル感染疑い発生

 Xinhua(China View) (中国) 
北部ベトナムのHai Phong 市で41歳女性が咳と呼吸困難で市の病院へ入院した。H5N1鳥インフルエンザが疑われている。患者は25日に入院。新聞「Youth」が28日に発表。彼女は22日に家族5人鳥フル感染疑いで入院しているが、その近くに住んでいた。
韓国、北朝鮮へ鳥フル対策の援助準備
 ABC News 
(米国) 韓国政府は、北朝鮮の鳥フル流行対策に対する協力体制の準備を整えるとともに、南北国境への広がりの予防策を講じる予定であると語った。北朝鮮からの依頼があれば喜んで協力すると電話取材に答えた。 
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、鳥フル発生を認める
 China Daily Website (中国) 北朝鮮当局は平城の二カ所の鶏農場で鳥フルが流行して数十万羽の感染した鳥が処分、埋葬されたことを確認した。農場で働いている職員での感染は生じていない。Korean Central News Agency (KCNA) が政府当局の緊急声明として発表した。KCNは3月7日に、国内へ鳥フルが侵入することを防ぐために徹底的監視と予防対策を行っている、と発表していた。
北朝鮮鳥フル発生を認める、国際的援助を要望か?

 JTW News (トルコ) 北朝鮮当局は鳥インフルエンザが発生したことを認める異例の発表を行った。医薬品不足など医療状況が悪いため、国際的援助を求めていると推定される。WHOは状況確認のために調査団を派遣しているようだ。
3月27日 北朝鮮、鳥フル発生を認める
 CNN.com 
(国際)北朝鮮当局は国内での鳥フル発生を初めて認めた。韓国報道筋発表から1週間経過している。数十万羽の鶏が焼却された後埋葬された。人への感染が起こることを防ぐためと当局は言っている。情報はKorean Central News Agency (KCNA)による。同情報では人の感染報告はないと伝えている。報告では少数の鶏農場で発生と伝えているが、平城のもっとも大きいHadang Chicken Farmも含まれている。
北朝鮮鳥フル発生を報告
 The Star Online
 (マレーシア) 内容は下記と同じ。
北朝鮮、鳥フルの発生を認める

 Reuters UK
(英国) 北朝鮮当局は平城の二カ所の鶏農場で鳥フルが流行して数十万羽の感染した鳥が処分、埋葬されたことを確認した。農場で働いている職員での感染は生じていない。北朝鮮政府の公式情報筋が27日発表した。1週間前に韓国の報道筋が発表したことが確認されたことになる。ウイルスの型については、H5N1かどうかは不明。
ベトナム、全土の家禽農場を消毒
 Los Angels Times
(米国) 人での感染者が相次いでいる事態にベトナム政府は全土的鳥フル撲滅キャンペーンに乗り出す。4月1日から、全ての家禽農場の消毒がはじまる。
17歳少女、ベトナムで35例目の死者に

 Reuters, HANOI, (ベトナム) Nam Dinh 省(ハノイの56マイル南方)の17歳少女が23日鳥フル感染で死亡した。WHO報告では34例目の死者となっているが、脳炎で死亡した少年の例がWHO報告には加わっていない。
北部ベトナムで家族5人が鳥フル感染疑い
 Xinhua(China View) (中国) 下記内容と同じ
ベトナム、 Haiphong 市近くで一家5人が鳥フル疑いで入院
 Recombinomics(米国) Kien Thuy市の病院に家族5人が、微熱と呼吸困難を呈し、鳥フル疑いで入院中と医師が語った、家族は鳥フル流行中に飼育している家禽を処分した。家族の検査結果はまだ出ていない。
3月26日 ベトナム、鳥フル拡大阻止へ向かってキャンペーン
 News24 (南アフリカ) 下記内容と同じ。
ベトナム、来月から鳥フルクリーンアップ作戦に
 Radio Australia (オーストラリア) ベトナムで来月から鳥フル流行を起こした村に対して、大規模なクリーンアップ・キャンペーンを開始する。この声明は北部ベトナムで新たに2人の感染者がでたことを受けて決定された。
カンボジア、鳥フル流行発生を確認
 HindustanTimes (インド) 26日カンボジア当局は、ベトナム国境近くの村での鳥フル流行を確認した。さらに一人の人感染の疑い例も確認したが、検査結果は陰性であった。Keatha Vong Leu村での家禽からの検体でウイルス感染が確認されたが、すでに鶏とアヒルは処分されていて感染拡大は阻止されたと言っている。 一方、同村の18歳の少年が鳥フル様症状を呈していたが検査結果は陰性だったと当局者は語っている。少年は死亡した鳥の処分を行ったり摂食したと言われる。
 先日死亡した
28歳男性も死亡した鶏を食べたことが分かっているが、村人達は鶏が処分されるのを恐れて当局に病的な鶏が発生していることを報告しなかったと言う。
インドネシアでの家禽における鳥フル流行拡大
 Recombinomics(米国) 南Sulawesiでこれまで鶏が12万八千羽死亡。中央ジャワでウズラが数千羽、この10日間に鳥フル疑いで死亡した。
家族5人が鳥フル同時感染の疑い
 Recombinomics(米国) ハノイの報道によると、家族全員5人が、23日にHaiphong市の病院に、咳と呼吸困難で入院した。医師は鳥フルをい疑っている。家族は家禽の鳥フル流行阻止のため家禽を処分したらしい。鳥フルの検査は施行中。
ベトナムでの公式鳥フル死者数が34に
 Thanh Nien (ベトナム) 17歳少女がベトナムで34人目の死者となった。さらにWHOはカンボジアで3人目の感染者が発生した疑いがあることを発表した。少女はNam Dinh省に住んでいて、23日に死亡した。また中国との国境沿いのQuang Ninh省の40歳女性も鳥フル感染が確認された。
鳥フル:東南アジアでさらに二人死亡
 NBC5.com (米国) 南カンボジアの26歳男性と北部ベトナムの17歳少女が鳥フルで死亡したことが確認された。少女の感染源は周辺に感染した家禽がいなかったことから不明。さらにベトナム当局は、40歳の女性がハノイの病院に鳥フル疑いで入院していると発表した。
3月25日 ベトナムで2名の鳥フル感染が確認
 Reuters
(国際) 北ベトナムで鳥フル感染者2名発生。12月末から27名の鳥フル感染者数となった。Nam Dinh省の17歳少女とQuang Ninh省の40歳女性である。両者ともH5N1ウイルス感染が検査で確かめられ、ハノイのBach Mai 病院に入院中である。
カンボジアで男性鳥インフルエンザで死亡ーWHO
 人民日報 
(中国)22日に死亡した男性は鳥フルと確認された。ただしH5までの確認で詳細は検体をフランスに送っているから、近日中に確認される。WHOが25日に発表。
ベトナムでさらに2名の鳥フル感染者
 The Star 
(マレーシア) 北ベトナムで鳥フル感染者2名発生。12月末から27名の鳥フル感染者数となった。Nam Dinh省の
17歳少女とQuang Ninh省の40歳女性である。両者ともH5N1ウイルス感染が検査で確かめられ、ハノイのBach Mai 病院に入院中である。
米国で鳥フルワクチンの安全試験が開始

 The Washington Times (米国) NIHの組織である国立アレルギー・感染症研究所(The National Institute of Allergy and Infectious Diseases NIAID:)では、ロッチェスター(ニューヨーク)、バルチモア、ロスアンジェルスの三カ所で450人のボランティアを対象に、鳥インフルエンザワクチンの安全試験を開始する。いまだ鳥フルに感染した人の数は世界的に少ないが、公衆衛生専門家は、このウイルスが人・人感染を起こす型に変異する可能性があり、そうなった場合世界的流行を引き起こすと考えている。NIAID長官はそう語っている。
韓国料理が鳥フル治療に効果?研究者が発表
 News Target Net (台湾) ソウル大学の研究者が実験。鳥フル感染鶏13羽にキムチを食べさせたところ、11羽回復。キムチの効果についての科学的説明は現在のところ不明。日常韓国人が摂食しているキムチの量は、実験で用いた量よりも遙かに多いという。
米国:鳥フルワクチンの臨床試験開始へ
 The Herald-Mail Online (米国) メリーランド大学他3施設で鳥フルワクチンの臨床試験が来週から開始される。
中部ベトナム集団鳥フル感染疑い:検査結果は全て陰性
 Health (国際) Quang Binh 省 Chau Hoa村の有症状者と無症状者の検体がNha Trang市のパスツール研究所に送られたが、最初の検査では全員鳥フル陰性と診断された。
3月24日 ベトナム政府、中部ベトナムに鳥フル調査のために専門家を派遣
  680 NEWS(カナダ) Quang Binh 省で195人の鳥フル疑い患者が発生したとの報道ニュースを受けて、6人の専門家が現地に派遣され検体の採取を行った。関係者によると、村人達がパニックに陥っているため患者数が誇張されている可能性があるという。
カンボジアで鳥フル感染死の疑い例発生
 Edmonton Sun (カナダ) カンボジア南西部で男性が鳥フルで死亡した可能性があると、健康省が発表。Kampot省の男性は今週初めに倒れ、プノンペンの病院に入院して22日遅くに死亡した。予備的検査で鳥フルが確認されているが、詳細なる検査のために検体はフランスに送られた。
Quang binh省の鳥フル疑い例、Hueの病院への入院数増加
 Recombinomics
(米国) Quang Binh省の Chau Hoaへ派遣された保健指導員は37人の発熱患者を確認した。
16ヶ月男児は鳥フル感染を疑われて入院し、5人の村人は観察中である。その中に以前亡くなった13歳の少女の叔母も含まれている。彼女は微熱を呈しているが回復傾向にある。当局はさらに観察のため村人を収容している病院から抜け出た41歳男性を探している。当局が経過を監察する必要のある患者だという。
ベトナム:新たな感染例
 Thanh Nien (ベトナム) 鳥フルの人感染例が多発しているQuang Binh省でさらに疑い患者が報告された。16ヶ月の男児で、 Chau Hoaに住んでいる。22日にHUEの病院に入院した。
カンボジアで鳥フル感染死亡が確認される
 
INQ7 NET (フィリピン) カンボジア健康省は24日、28歳男性が鳥フルに感染して死亡したと発表。ベトナムとの国境沿いのKampot省に住んでいたが、1月下旬に鳥フル感染で死亡した女性の村とは20キロの距離にある。検査で患者がH5ウイルスに感染していることが確かめられたが、詳細なる検査のために検体を23日フランスに送ったとのこと。
米国で鳥フルワクチンの臨床試験開始

 Xinhua (中国) 米国アレルギー感染研究所(NIAID)は鳥フルウイルス(H5N1)に対するワクチンの安全性を確かめる臨床試験を開始すると発表。バルチモア、ロスアンジェルス、ロッチェスター、ニューヨークの成人ボランティア450人を対象にする。これらの層で安全性が確かめられたら、さらに小児や高齢者でも臨床試験を行う予定。ワクチンは.Sanofi Pasteur 社で製造されたもので、2004年分離されたH5N1株を不活化して作成された。他にカリフォルニアのChiron Corp. of Emeryvilleも政府からワクチン製造を委託されている。
ベトナムで鳥フル感染疑い例
  Xinhua
(中国) 鳥フルの人感染例が多発しているQuang Binh省でさらに疑い患者が報告された。16ヶ月の男児で、 Chau Hoaに住んでいる。22日にHUEの病院に入院した。他に疑われている女性がいるが、彼女は先に鳥フルに感染して死亡した13歳少女の叔母で、微熱と呼吸困難を呈している。彼女は姪の看病をしていたという。
カンボジアで死亡男性、鳥フルの疑い
  New York City (米国) カンボジア南西部で男性が鳥フルで死亡した疑いがもたれている。健康省が24日発表した。男性は今週初めに倒れ、プノンペンの病院に入院していた。確認されたらカンボジアで2例目の死者となる。
カンボジアで鳥フルで男性死亡の疑い
 WTOP radio
米国 カンボジア南西部で男性が鳥フルで死亡した疑いがもたれている。健康省が24日発表した。男性は今週初めに倒れ、プノンペンの病院に入院していた。
米国、ロッチェスター大学で鳥フルワクチンの臨床試験へ
 10NBC (米国) 「Rochester's Vaccine and Treatment Evaluation Unit」では150人のワクチン臨床試験のためのボランティアを募集している。 東南アジアで発生している鳥フルに対して緊急にワクチンを製造する必要がある、と当局者は語っている。
ビルマ当局(ミャンマー)鳥フル発生を否定
  Radio Australia(オーストラリア) FAOが昨日ビルマ内での鳥フル発生の正式な報告を求めたのに対して、ビルマ政府当局は、そのような事実はないと否定した。ノルウエー系の反体制派報道であるDemocratic Voice of Burma が、先週数千羽の鶏が死亡したことを報じたが(3月21日)、政府当局から何の報告も出されていなかった。
香港:ベトナムとの往来禁止の可能性も
 The Standard (香港) ベトナムで人人感染を起こすウイルスの存在が確認された場合、ベトナム人の香港入国の禁止、ベトナムから香港へ入国する旅行客の厳重チェックが必要になるだろう、と政府関係者は23日語った。ベトナム中部での200人の感染疑い例は、ウイルスが人人感染を起こしている可能性を示唆している。WHOは現在調査中であるが、正式に人人感染が確認されたなら、上述の措置が必要になる。
 香港では先週からインフルエンザ患者が急速に増えだしているが、約半数はH3N2で4割がH1N1である。ウイルスがどれだけ強力なものかは今後の推移を見守る必要がある。台湾や日本でも今年度はインフルエンザが大流行している。

ベトナム、人人感染で広がったと考えられる初めてのケース
 News Target (台湾) 二人の鳥フル感染看護師のケースは鳥フルウイルスが人から人へ感染することができることを示した初のケースと思われる。二人の看護師は鳥フルで死亡した患者の看護に従事していた。その患者は家禽から感染したと考えられる妹と祖父から感染したと推定されている。(既報告の二人の看護師感染例:訳者注)。
3月23日 中央ベトナムで新たな鳥フル疑い患者
 Thanh Nien (ベトナム) Quang Binh省Chau Hoa で鳥フルに感染した疑いの41歳男性がHue中央病院に21日入院したとNhan Dan 紙が最近報告した。Chau Hoa では家禽の鳥フルが大流行していて、姉弟が感染して入院し、姉は死亡しているが、今回入院した男性の他に195人の住民が鳥フル症状を呈している。(昨日報道のChau Hoaでの鳥フル集団発生疑いの事例の続き:訳者注)。
ミャンマー政府、鳥フル発生報告の見直しを要求される
 tvnz.co.nz (ニュージーランド) FAO現地代表の Tang Zhengping博士は、ミャンマー政府当局に、先週大量の鶏が死亡したという反対党の報道情報(21日既報)に関して、詳細な情報を求めたことを明らかにした。
CDC:東南アジアでの鳥フル患者報告数は少なすぎる

 Health Central (スイス) 米国CDCのKejji Fukuda医師はAP通信に、すべての感染症は軽症から重症まであるが、鳥フル感染症に関しては重症型しか報告されていない、すべての症例数はもっと多いと考えられる、と語った。昨年から70人近くの患者が報告されているが、その70%は死亡している。
英国、鳥フルが流行したなら75万人以上の死者が発生
 Scotsman.com (英国) 政府の高官がロンドンで開催された「安全対策会議」で、鳥フルが流行したなら75万人以上の死者がでると予想される、発生死者の処置に対する体制づくりも必要と語った。また25%の人々が職から離れることにもなると別の関係者が語った。
 先に一般微生物学会会長のHugh Pennington教授が、変異H5N1ウイルスが英国を襲ったなら200万人までの死者が出る可能性があると語り、政府の対策が楽観的であると批判して反響を呼んでいた。政府は1460万人分のワクチン(タミフルとの報道が先になされていて、タミフルが正しいと思われる:訳者)を発注しているが、英国がそれを入手するまで2年かかると言われている。
3月22日 ベトナム、鳥フル集団発生の地域で徹底的調査が開始
 INQ7 
(フィリピン) 地元紙がChau Hoa 地域で200人ものインフルエンザ様症状の患者がでたと昨日報道されたことを受けて、地域の当局は調査を開始している。WHO代表のHans Troedsson は、患者達は至急、そして正確に検査する必要があると語った。さらに、我々はベトナム厚生省との間での緊急会議開催を求めた、海外からの調査隊を現場に短時間で派遣が可能である、とも語った。
 省の健康局のPham Sinh Quyet、は19日に調査隊を現地に送ったと語っているが、さらに同氏は、200人という数は誇張されすぎている、我々は7家族を調査したが、患者の数は非常に少ない、とも語った。鳥フルが疑わしい患者は一人のみで、患者はHueの病院に昨夜送ったとも語った。
アジアにおける鳥フル感染者数はもっと多いと思われる

 ABC 7 News (米国) CDCの専門家は、どんな感染症でも軽い状態から重症型まである。現在の東南アジアで報告されている鳥フルは重症型がほとんどで致死率は70%となっている、他にもっと軽い患者が大勢いると思われる、と語った。
195人のベトナム村民鳥フル検査に
 CIDRAP (米国) ベトナムの地方紙によれば、鳥フル流行地域に住む195人の住人が、鳥フルを疑わせる症状を呈したため検査を受ける予定という。昨日報道のThan Nien Newsによれば、Quang Binh省のChau Hoaでの事例で、そこに住む姉弟は鳥フルに感染して、姉がすでに死亡している。 Chau Hoa自治体では鳥フルが流行中で、195人の住人が鳥フル様症状を呈しており、また姉弟例では感染が確認されている、と報道は発表している。情報は省の人民委員会議長から得られている。
 もしこれらの住民が鳥インフルエンザに感染していることが確認されたとしたなら、ウイルスの性格が変化して人・人感染を起こす能力を身につけた可能性が出てくる。そうなれば鳥フルの世界的流行の危険性が高まってくる。
Quang Binh省の鳥フル発症患者がHueの隔離病棟へ移送
 
  Recombinomics(米国) Chau Hoa自治体で195人の鳥フル発生の可能性についてQuang Binh省当局は、Thanh Nien紙報道まで何も報告を受けていなかった。(3月21日既報)。さらに姉弟がDong Hoi 町の病院に鳥フル感染で入院していたことも、病院当局から報告を受けていなかった。調査隊が現地に派遣され、195人の検査が行われる予定であるが、、異常な状態の患者がHueの病院へ隔離された。

 
なぜ報告が早期になされなかったのか等疑問が多いが、いずれにしても事態が深刻であるのかいなか、早急に検査結果を知る必要がある。これらの住民がH5N1ウイルスに感染しているとしたなら、メコンデルタ地域の住民での感染も疑われる。なぜならこの地域は家禽での鳥インフル発生が最も多く、人での重体感染例が多いからである。テト(旧暦正月)以降報告がほとんどなされていない。
Quang Binh省当局は鳥フル発生の報告を受けていなかった
 Thanh Nien 
(ベトナム) Chau Hoa自治体で195人の鳥フル発生の可能性についてQuang Binh省当局は、Thanh Nien紙報道まで何も報告を受けていなかった。(3月21日既報)。さらに姉弟がDong Hoi 町の病院に鳥フル感染で入院していたことも、病院当局から報告を受けていなかった。調査隊が現地に派遣され、195人の検査が行われる予定であるが、、異常な状態の患者がHueの病院へ隔離された。
ベトナム、19、20日に二カ所で鳥フル発生
 vna (ベトナム:オフィシャルニュースサービス))  19と20日、メコンデルタ地域のBen Tre省の2地区のアヒル養殖場で鳥フルが見られた。獣医庁(Veterinary Department)によるとこの21日間、鳥フルは10省でしか起きていないという。
3月21日 85万人のボランティアが国内の鳥フルを監視
 MCOT (タイ)タイ政府は85万人以上の保健ボランティアを全国中に組織して、地域の鳥フルの流行を監視する。厚生省によって組織されたこの体制は、人が感染するのを予防するのが目的となっている。
ミャンマーで数千羽の鶏が死亡ー住民は鳥フル流行の恐怖
Democratic Voice of Burma (ビルマ、ミャンマー) 先週 Mon州のMoulmeinで数千羽の鶏が死亡した。住民は鳥フル流行かも知れないと恐れている。州当局は鶏は通常の病気で死亡したと説明しているが、州当局がニュースを隠蔽しようとしているという情報も流れていて、住民は鶏の死に疑いを抱いている。
国連、ミャンマーに鳥フル対策で基金提供
 Borneo Bulletin (ボルネオ) 国連機関のFAOからミャンマー政府に鳥フル対策として、獣医師の教育や診断機器の整備用に基金が提供される。基金は総額35万ドルあって、アジア各国の鳥フル対策用に提供される。
13歳少女の鳥フル感染が確認される
 人民日報 
(中国) Quang Binh省で9日に死亡した13歳少女が鳥フルに感染していたことが確認され、本日地元紙Young Peopleで発表された。17日には5歳の弟が鳥フル陽性であることが報じられている。現在、在少女達が住んでいたChau Hoa自治体では、195人の住民が人インフルエンザに罹患しているという。同地では2月初旬に家禽の鳥インフルエンザが流行していた。
ベトナムQuang Binh省で195人が鳥フル感染か?

 Recombinomics (米国) 中央ベトナムで鳥フル感染者が多数発生している可能性があり、少なくとも195人が症状を呈し、二人の姉弟で感染が確認された。地域のトップ行政官が20日語った。二人の姉弟(既報)は Quang Binh省のChau Hoa 自治体に住んでいたが、検査結果で陽性と確認された。姉の13歳になるHoang Lan Huongは9日に鳥フルで死亡し、弟の5歳になるHoang Trong DuongはHue中央病院に入院中であるが、現在重体である。
 極めて気になることは、一ヶ月以上の間に多くの感染者が出ているのに、家族例しか報告されていないことである。もっとも姉弟例も報道によって内容が異なっている。初期の報道では姉の検体がとられていないとされていた。いまだ不明な点が多い。他の感染者達は2月9日旧暦正月の祝い周辺で発生している。でもそれは予期されていたことだ。無症状の感染アヒルの存在と、祝いの食事で鳥料理を食べる伝統があるからだ。
中央ベトナムで鳥フル感染者拡大、地域で195人が症状
 Thanh Nien (ベトナム) 中央ベトナムで鳥フル感染者が多数発生している可能性があり、少なくとも195人が症状を呈し、二人の姉弟で感染が確認された。 Quang Binh 省人民委員会議長が20日語った。二人の姉弟(既報)は Quang Binh省のChau Hoa 自治体に住んでいたが、検査結果で陽性と確認された。姉の13歳になるHoang Lan Huongは9日に鳥フルで死亡し、弟の5歳になるHoang Trong DuongはHue中央病院に入院中であるが、現在重体である。
 他にインフルエンザ様症状を呈した住人が195人いる。これらの人々が鳥フルなのか、通常のインフルエンザなのか現在は不明であるが、何人かは死亡した鳥を食べている。これらの人々のうち108人はKinh Chau村に住んでいるが、残りはChau Hoa自治体の他の村に住んでいる。これらの流行は2月の旧正月(9日)に先立って起こった。
3月20日 特記すべき情報はなし。
3月19日 カンボジア、WHOの協同のもとに鳥フル教育を強化
 Health (国際) カンボジア政府はWHOから4万ドルの資金の提供を受けて国全体の鳥フル教育を強化する。本年一月に初めての犠牲者をカンボジアはだしたが、これからも流行は続くと政府は考えている。これまで2500ドルしか、鳥フル教育に費やしてこなかった。
北朝鮮当局、鶏加工工場での鳥フル流行を否定
 JoongAng (韓国) 16日に中央テレビで公衆衛生局長が平城での鳥フル流行事例を否定した。
3月18日 Quang Binh省の鳥フル集団発生が4事例に
 Recombinomics 
(米国)2月下旬、Duong家族は親戚からもらった鶏を処分して食材とした。そして数日後、3人の子供達の状態が突然おかしくなった。13歳の娘がQuang Binh省の病院に入院した翌日、亡くなった(3月5日、または9日)。さらに(12日または15日には)5歳の息子が隣町のHueの病院に入院したが、N5N1感染が確認された。3人目の子供についての情報はない。また17日に、同じQuang Binh省で一人疑い患者が発生しているが、上記姉弟との関係は不明である。
ベトナム、5歳少年が鳥フル感染を確認される
 CBC.Ca (カナダ)  中央ベトナムのQuang Binh 省の5歳少年が3月12日、高熱、咳および肺炎の典型的鳥フル症状を呈してHueの中央病院へ入院。国立公衆衛生疫学研究所の検査でH5N1ウイルス感染が確かめられたと18日発表された。少年の叔父によると、家族は3週間前に近くの住民からもらった鶏を食べた。そして、少年の姉の13歳少女がQuang Binh 省の病院で鳥フル様症状で3月9日に死亡した。しかしながら少女は検査されなかった。保健当局はテレビで弱った家禽は食べないように注意を呼びかけたという。
ベトナムで新規鳥フル感染患者
Xinhua (中国) ベトナム中央のQuang Binh省の5歳の少年の検体からH5N1ウイルスが検出されたと18日地元の報道が発表した。2月末に家族で鶏を処分して食べたが、その数日後3人の子供達が鳥フルの症状を呈したという。13歳の姉は病院に入院した翌日死亡した。少年は15日に入院して治療中である。
鳥フルの新規流行報告なし(家禽)
 Viet Nam News Agency (ベトナム) 3月16日の報告では国内で鳥フルの家禽での新規流行はない。ベトナム政府発表。また、これまで鳥フルが流行した35地域の中、24地域で3週間連続、新規の流行はない。
鳥フル疑い、北朝鮮の家禽輸出停止
 VOA News (米国) 北朝鮮での鶏加工工場での鳥フル流行問題で、韓国と日本は輸入禁止措置に踏み切った。北朝鮮からは何の発表もない。WHOも詳細な情報は入手してなく、現在は噂段階としてとらえざるをえないようだ。
3月17日 インドネシアの2地域で鳥フルが家禽で再流行
 ABC Asia Pacific (オーストラリア) 南Sulawesiで24000羽、西ジャワで13000羽の家禽がH5N1鳥フルで死亡と発表。当局は流行地域の家禽の処分と半径5キロ以内の家禽へのワクチン投与を指令した。
日本、北朝鮮からの家禽輸入を禁止に
 AsiaNews.it 
(国際) 韓国のYonhap newsが水曜日に北朝鮮の平城で数千羽の鶏が鳥フルで死亡したとの報道があった後、日本政府は北朝鮮からの家禽輸入禁止を決定した。現在まで日本政府は真偽については確認できていない。
感染疑いの第二の看護師の検査結果は擬陰性の可能性
 Recombinomics 
(米国) Thai Binh省の
46歳看護師の最終的検査結果が陰性と発表された。ベトナム国立公衆衛生疫学研究所で行われた。看護師は臨床的に鳥フルの症状を呈し、H5N1ウイルス感染患者や同じく感染した同僚看護師と接触していたから、鳥フル感染は間違いないと考えられる。臨床的に間違いなく鳥フル症状を呈している患者で繰り返しPCR検査で陰性結果が出る場合は、東京の国立感染症研究所のような、より信頼性ある外国の機関で検査を受けるべきである。さらに間隔をおいて採血した検体での抗体検査も必要である。このような正確な検査が行われない限り、臨床的に鳥フル症状を呈する患者は、H5N1感染者と推定するべきである。90%にも満たない感度の検査で最終的判断をするべきではない。さらにWHOはその定義を改訂すべきである。すなわちベトナムでの検査感度は低すぎるので、陰性と出た場合、もっと感度の良い検査法で再検査すべきであると。
ベトナムでさらに鳥フル感染者疑い例発生
 
Recombinomics (米国) 北部Bac Ninh省で鳥フル様症状で患者が発生。ハノイの病院へ収容されたが様態は安定していると伝えられた。地方新聞のPioneerによる情報。
 
北部で検出されている患者は必ずしも重症で致死的ではないのに対して、南部で報告されている患者の多くは死亡している。この差はPCR検査の感度にあると考えられる。すなわち南部では感染者の20%しかPCRで陽性となっていない。すなわちウイルス量が多い重症患者だけが検出されている。しかしながら繰り返し発見される北部での擬陰性結果は、同じく北部でのPCR検査も信用できないことを示している。
日本、北朝鮮からの家きん輸入禁止へ
 Scotsman.com
(スコットランド) 日本政府は北朝鮮での鳥インフルエンザ流行について真偽を確かめることが出来ていないが、
16日遅くに輸入禁止を決定した。北朝鮮からの家禽類の輸入は、この5年間で2002年にアヒルの肉を5トン輸入したのが唯一の実績と、当局は語っている。
ベトナム、開発ワクチンが成功したら百万人分備蓄へ

 Health (国際) ハノイ中央国立公衆衛生疫学研究センターの鳥インフルエンザ研究部門の責任者は、ワクチンは現在猿での実験段階だが、成功したなら今年度中に百万人分のアクチンを備蓄したい、と語った。
インドネシアで160万羽の鶏が鳥フル感染
 Recombinomics (米国) インドネシア農業大臣は、西ジャワの南Sulawesiでこの二ヶ月、1万8千羽と2万6千羽以上の鶏がH5N1鳥フルで死亡と発表。また西ジャワで6百万羽の鶏中160万羽が感染しているという。対策として地元で製造したワクチン20万本を配布中。
ベトナムで新たな人・人感染
  Recombinomics (米国) ベトナム北部Quang Binh 省で5歳の少年が、鳥フル感染を疑われて15日に入院とVietnamNetが報じた。少年は高熱と呼吸困難を呈して Hue Central 病院へ入院したが、胸部写真で両肺野に肺炎像を認めた。家族によると、3週間前に死亡した鶏を食べ、少年の姉の13歳少女が10日後に死亡しているという。(潜伏期間から考えて、少年は姉から感染と判断される:訳者注)
北ベトナムで少年が鳥フル感染の疑い
 
Thanh Nien (ベトナム) ベトナム北部Quang Binh 省で5歳の少年が、鳥フル感染を疑われて15日に入院とVietnamNetが報じた。胸部写真で両肺野に肺炎像が認められた。Hue Central 病院で少年は隔離され、検体はハノイの中央公衆衛生疫学研究所に送られた家族によると、3週間前に死亡した鶏を食べ、少年の姉の13歳少女が10日後に死亡しているという。
          
3月16日 北朝鮮、もし鳥フル流行が真実なら、それは悪夢だ
 INQ7 Interactive, Inc.,
 (フィリピン) WHO高官は、もし北朝鮮での鳥フル流行が真実だとしたなら、それは悪夢としかいいようがない。なぜなら我々は直ちに北朝鮮政府と共に拡大防止対策を講じる必要があるが、北朝鮮政府とコンタクトをとることは至難の業だからだ。そのようにコメントしている。また、現在情報は噂として扱われているが、詳細情報を求めている。単なる噂であって欲しいと願っている、と付け加えている。
インドネシアで鳥フル流行で鶏大量死
 icWalles (英国) 鳥フルで2万5千羽の鶏がインドネシアのSulawesi島で死亡。地域の行政当局は保証金が支払えないため、生きている鶏の行政的処分を命じてはいない。そのかわり20万本のワクチンを拡大予防のために配布した。
キムチ由来発酵菌抽出物が鳥フルに効果か
 
NEWS.com.au(オーストラリア) ソウル大学の研究者が、キムチ由来発酵菌の抽出物が鳥フルウイルス感染の鶏に効果があることを発見したと伝えられた。科学的に詰めが残っているが、研究担当の教授は治療効果は間違いないと言っている。
ベトナムで47人目の死者発生の疑い
 Earth Times 
南部のKien Giang省の病院で13日鳥フル疑いで男性が死亡した。主治医は臨床的に鳥フルを疑っているが検査結果は未定。昨日報道の事例と同じ。
北朝鮮、平城(ピヨンヤン)の養鶏場で鳥フル集団発生の疑い

 TechNewsWorld (米国)北朝鮮、平城の鶏加工工場で数千羽の鶏が先月死亡し、当局は緊急拡大防止対策に乗り出した、と北朝鮮情報筋が韓国報道関係者に伝えた。北朝鮮でも最大の鶏加工工場と思われるが、一カ所だけなのかどうかは不明。北朝鮮当局者が中国を訪れた際に伝えられた情報。昨年、北朝鮮のメディアは、北朝鮮が鳥フル侵入に対して予防体制を強化したという旨の報道をしたが、ウイルス検出の情報はこれまでなかった。
鳥フル致死率は実際には低い
 Big News Network.com 
(オーストラリア) ニューヨーク・タイムズのコメントでLawrence K. Altman博士は、鳥フル感染者の診断がさらに正確に行われれば、死亡率はもっと減少するだろうと解説した。 しかし同博士は。もし世界中に広がった場合、数百万人の死者が出ることには変わらない、と警告した。
香港当局者は、鳥フル流行国への旅行者への警告の必要はない、と語る。

 The Standard (香港)
ベトナム看護師、鳥フル確認されず
 Oregonlive.com 先に21歳の鳥フル発病患者(いまだ重体である)の看護を担当して、感染・発病が疑われていた41歳の看護師は検査の結果陰性であったと、ベトナム当局者は発表した。
鳥フルの人での致死率はもっと低いだろう
 The Washington Times (米国) Dr. Lawrence K. Altman によると、ベトナムでの鳥フル感染者の死亡率はWHOのデータでは67%となるが、感染者や発病者の検出率がさらに高まると、死亡率はかなり低くなるはずであると言った。
3月15日 鳥フルで死亡疑い、ベトナムで医師が報告
 abc News (米国) 下記と同じ内容(ロイターニュース)
ベトナムで鳥フル感染死亡疑い例発生
  Reuters UK(英国) 週末に死亡したベトナム男性が鳥フル疑いで検査結果待ちであると、火曜日(15日)に担当医師が語った。男性はChau Thanh 地域保健センターからベトナム南部のKien Giang省の総合病院へ運ばれて三日後に死亡した。
北朝鮮で鳥フル流行の疑い
 Recombinomics 
(米国) 一ヶ月前、北朝鮮の農場で鳥フル疑いで数千羽の鶏が殺されたという。ウイルスの亜型について詳細な情報が欲しいところ。隣接するロシアの Primore ではH5ウイルスが検出されている。追加情報としてロシアのユジノサハリンスクでは2月に多くの学校が呼吸器疾患の流行で閉鎖されている。
鳥フルは人間に今のところ危険性はないーーWHO
 
The China Post (台湾) 月曜日(14日)、ロイター(ハノイ)はWHOが家族内集団発生はウイルスが変異したかも知れないことを示唆すると語ったと報じたが、そのような確定的判断は現在のところしていないとジュネーブのWHOは語った。(ロイター:ジュネーブ)(ジュネーブの本部とハノイのWHO支部との間で意見の食い違い?:訳者) 
北朝鮮で鳥フル流行の疑い

 YONHAPNEWS 
(韓国) 北朝鮮当局に近い消息筋によると、一ヶ月前平壌の大鶏農場で数千羽の鶏が鳥フル感染にかかり処分されたという。
香港、鳥フル対策を強化

 Sci-Tec Today (米国) 香港行政府は、鳥フル流行のリスクの軽減のため、香港で飼育している家禽類を減少させると発表。関係農家や業者に3384万ドルを支払う。もし香港で鳥フル流行が起きたときは、家禽類売買の禁止と共に全家禽の処分を行うことも考慮中。鳥フルウイルスがより病原性が強くなり、人での致死率が高まってきていることから決定。
鳥フルウイルスが変異の恐れ
 Heath Talk (米国) WHOや専門家が予知して恐れているシナリオは、鳥フルウイルスが変異して、人・人感染を容易に生じる株に変異することである。 WHOは、ベトナムで発生している家族内集団発生は、ウイルスが人・人感染を起こす株に変異したことを示している可能性がある、と語った。WHOがもっとも関心を示しているのは、家族内発生の事例と、患者を看護した後感染した可能性の高い2人の看護師の事例である。
WHOは鳥フルウイルスの変異を警戒
 Health Central
(米国) 14日、WHOは最近の家族内集団発生の事例はウイルスが人・人感染を起こす株に変異した可能性も否定はできない、と声明を発表。
疑い症例の迅速な検査を、国連機関がベトナムに要求 
 IWS (英国) ベトナム当局は度重なるWHOの要求に10例の新感染者を報告。これにより昨年12月末より24例となり、そのうち死亡例は13例となった。それに対して国連の健康担当機関は全事例の詳細な情報を公開するように求めた。このような事例は、ウイルスが人に対して感染性を変化させた最初の兆候で、専門家は迅速な対策を立てる必要がある。
国連はベトナムに全情報開示を要求
 High Plains Journal (米国)ベトナム当局は度重なるWHOの要求に10例の新感染者を報告。これにより昨年12月末より24例となり、そのうち死亡例は13例となった。それに対して国連の健康担当機関は全事例の詳細な情報を公開するように求めた。各事例の迅速な疫学調査により家族内集団発生や医療関係者の感染源を突き止めることにより、さらなる拡大予防策を講じる必要がある。先日WHOはそのように伝えた。
3月14日欄外 CIDRAP News 2番目の看護師は検査結果が陰性と報告
3月14日 鳥フル集団発生はウイルス変異の兆候か−−WHO発表
 Boston.com (米国) 下記と同じ内容
鳥フル集団発生はウイルス変異の兆候か−−WHO発表
 Reuters (国際) 内容は下記と同じ
鳥フルウイルスに変異の兆候−−WHO
 The Sydney Morning Herald
(オーストラリア) ベトナムにおける親族内での集団発生や医療関係者への感染事例の疑いは、ウイルスが人・人感染を生じる株に変異しつつあることを示している可能性がある。WHOは14日そのように説明した。WHOは容易に感染が広がる株への変異を心配している。そうした株が出現したなら、それは次期のインフルエンザとして大流行して何百万人もの人々を犠牲にする。
 WHOがもっとも関心を抱いているのは家族内での集団発生と2人の医療関係者の発病(確定ではないが)である。
 さらにベトナム厚生省からWHOは新たに10人の発病例の報告を受けたといわれる。事例は3月に入ってからのものもあるが、1月に遡って再検査で確認された例もある。3例は死亡例である。
前英国厚生大臣、緊急鳥フル対策を政府に呼びかける
 ManchesterOnline (英国) 卵におけるサルモネラの危険性を警告した後に辞職した前厚生大臣のEdwina Currie氏は、鳥フルの脅威に対する緊急対策が必要だと政府に警告した。昨日報道の Hugh Pennington教授の警告を受け入れるように言っている。政府は1460万人分のワクチン(タミフルの間違いと思われる。英国はワクチンを発注していない:訳者)を発注したが、それが届くのは2年後である。もし私が政府ならば明朝すぐにでも会議を開き、たとえば今週末には国民にワクチンを接種したい思いだ、と語った。
警鐘、ベトナムでの鳥フル流行対策に多くの問題
 Recombinomics 
(米国) H5N1ウイルスの人・人感染の効率が高まってきている状況の中で、流行対策に焦点が集まってきている。しかしながら、監視体制の不備と疾患の定義不足から対策に重要な問題が生じている。拡大に関する情報の不透明性が大きな原因であり、それが人・人感染に関する誤った情報ともなっている。鳥フル感染患者の定義が非常に小さくなされている。そして、多くの臨床的に明らかな患者が、検査不足と検査の感度が低いため、患者から除外されている。そのため多くの患者が未報告で、さらに無効なワクチン製造計画が進展しつつある。
 WHOも最近、H5N1感染症の定義は拡大しなければならないといっているが、2004年1月のThai Binh省の流行に際しても、H5N1ウイルスは症候群としての臨床疾患を生じるという根拠を呈していた。1997年に起きた流行の際の人事例の研究でも、感染した鳥類の研究においても、H5N1の色々な株が同時に個体に感染して、広い組織親和性やウイルス遺伝子の再結合を生じていた。最近の例でも、同時に感染発病しても分離されたウイルス株が異なり、また症状も異なった(消化器症状と呼吸器症状)姉妹例もある。
 最近、擬陰性の症例の再検査で陽性例が多く見つかっているが、このことはベトナムと近隣国における鳥フルの人感染の実体が不明瞭であることを示している。また、最近の流行での致死率が低下してきている。致死率が高いと患者の発見は容易であるが、致死率が低下してくると、症状が多彩である故他の疾患と混同されやすくなる。コレラ、デング熱、チフスなど、1918年のスペイン風邪に際にも、これら疾患と混同された。
 ベトナム南部での状況はメディアが十分カバーしてきたが、WHOに対するベトナム当局からの報告がないことから、WHOの公式情報は途絶えている。検査体制、患者の追跡調査、発表内容、等、いまだベトナムには問題が多いが、多分、タイやインドネシアなど近隣国でも状況は同じと思われる。
2番目の看護師は検査結果が陰性と報告
 CIDRP 
鳥インフルエンザ発症患者の看護を担当していた41歳の看護師が2日前に感染疑いで入院したことが報じられたが、本日ベトナムの報道は検査結果が陰性であったと報じた。 看護師はThai Binh省に住んでいて、高熱と咳、肺炎にてハノイの病院に10日に入院した(AP通信)。
2番目の看護師は陰性

 Thanh Nien (ベトナム) ハノイのCenter for Tropical Diseases は13日、鳥フル感染が疑われていた女性看護師の検査結果は陰性だったと発表した。また先に感染が確認されていた男性看護師の様態は改善しているとも伝えられた。
3月13日 鳥フルは旅行者には危険性が低いが、専門家はウイルスの変異を恐れている
 Los Angels Times (米国) アジアの国々では気温がいまだ低いので、CDCは鳥フルが家禽の間でさらに流行を続けると予測している。最近の流行はほどんどの旅行者にとってそれほど危険性はないものの、専門家はウイルスが変異して、人の間で感染し出すことを恐れている。先月CDCはベトナムでの流行が広がったため、旅行客への注意報を出した。現在まで60人の人の感染者が出ていて43人が死亡している(これらの数値は必ずしも正しくはない:訳者)。これらの数値は警戒を強めるほどのものとは思えないが、世界の専門家は、一人の人間が人インフルエンザと鳥インフルエンザに同時に感染したならば、新型ウイルスが形成される可能性を恐れている。その新型ウイルスは容易に人・人感染を起こして、世界的流行に発展する。
 しかし旅行者は旅行をキャンセルする必要はない。米国人がベトナムで鳥フルに感染する可能性は極めて低い。CDCの専門家はそのように説明する。ただし、病的、または死亡した鳥に直接触るとか、生のアヒルの血液を飲むなどという行為は避けなければならない。
英国政府の鳥フル対策に対して科学者が批判
  Reuters UK(英国) 微生物総合学会長のHugh Pennington教授は、もし鳥フルウイルスが人の中に広がったなら、我々がその事実を知る前に被害は拡大しているだろう、と政府の対策が不十分であると批判した。英国の医学専門家は対策をとらなければ4人に1人が感染して、5万人が死亡すると計算しているが、教授はそれは非常に楽天的評価だと言う。政府は対策資金を投入する前に事態が過ぎ去るのを期待している。政府は人口の四分の一の治療に必要なタミフルを2年間で備蓄予定であるが、対策は抜本的というよりも、事態を軽減するだけの効果しかない。
看護師から看護師の感染が生じた疑い
 Recombinomics (米国) Thai Binh省における感染疑いの看護師の発生は、仮説として4人の感染リングを形成している。
   ・
21歳男性症状発現(2月14日)−−>14歳妹症状発現(2月21日)−−>26歳看護師症状発現(2月26日)−−>41歳看護師症状発現後入院(3月10日) 二人の看護師は同じ病院で21歳男性の看護に従事していたが、2月20日にハノイの病院へ転院しているので、2番目の看護師がその男性から感染したと考えるのは潜伏期間から考えて無理がある。26歳の同僚看護師から感染したと考えるのが妥当と考えられる。
バージニア州、鳥フル対策を強化
  WTOP RADIO(ワシントン) 州当局は、地域保健当局、病院、医師などに対して、アジアで流行中の鳥フル(H5N1)の人感染に対して警戒を高めるよう伝えた。具体的には、インフルエンザ様症状を呈した患者には、過去10日以内に鳥インフルエンザが家禽の間で流行しているか、また人での感染が知られている地域、主として東南アジアに旅行したことがないか、質問する。
鳥フル二例目の看護師感染発生疑い
 Earthtimes (国際)高熱、咳、肺炎を生じて41歳の看護師がハノイの病院へ入院。看護師は21歳の鳥フル発病患者を看護していた。検査結果はまだ出ていないが、医師団は極めて鳥フルの可能性が高いと言っている。
2例目の看護師、鳥フル感染疑い
 Radio Australia (オーストラリア) すでに感染が確認されて入院中の看護師と共に鳥フル発病患者の看護に従事していた41歳女性看護師が、高熱と肺炎を起こして入院した。極めて鳥フルの症状に近いと考えられ、検査結果はまだ出ていない。
3月12日 朝鮮で鳥インフルエンザ予防強化
 朝鮮新報 
7日発朝鮮中央通信によると、朝鮮で、鳥インフルエンザの予防が強化されている。
二人目の鳥フル感染看護師発生の疑い、ベトナム
 The Jerusalem Post 
(イスラエル) ベトナム衛生省は土曜日(12日)、患者看護を担当していて感染した疑いのある二人目の看護師を報告した。
ベトナムで看護師が感染疑い、2例目
 USA Today
(米国)41歳看護師が高熱と咳、肺感染症で10日にハノイの Bach Mai 病院へ入院。彼女は鳥フルに感染発病していた21歳男性の看護を担当していた。鳥フル感染が強く疑われているが、検査結果は来週になるもよう。
WHO、ベトナム政府に感染事例の詳細な報告を求める 
 Channel NewsAsia
(ニュージーランド) WHOはベトナム当局に、鳥フル感染者の詳細情報を全て明らかにするように要求した。
ベトナム政府、新鳥フル感染者の報告を5週間ぶりにWHOに
 CNEWS
(カナダ) ベトナム政府は5週間ぶりに鳥フル感染者の報告をWHOにした。10例の感染事例で、3人が死亡している。全ては報道によって情報がすでに公開されている。これでWHO統計は、昨年1月から69例の感染者と46例の死亡者となった。
WHO、人・人感染は確認できず

 Thanh Nien (ベトナム) WHOはH5N1ウイルスが人・人感染を起こすという事実は確認していない。ベトナム健康省はそのように語っている。
3月11日 タイ政府、タミフルの備蓄と同時に類似薬開発の予定と発表
 ThePoultrySite.com
(英国) タイ政府はタミフルの備蓄の予定と発表。同時にタミフルの購入は高額なので、独自に類似薬の開発も行う計画。
フィンランド、130万人分のタミフル備蓄へ

 HELSINGIN SANOMAT (フィンランド) フィンランド政府は鳥フル流行に備えて130万人分(1.3 million courses )のタミフルを備蓄予定と発表。
機内感染予防のための高機能フィルターシステム
 New York City
(米国) 
高機能空気濾過装置を旅客機内に装備することで機内における感染性疾患の感染を減ずることができる可能性があり、さらに感染症流行の阻止、および生物テロの阻止に役立つかも知れない。ボストンの研究者が医学雑誌Lancetに発表する。航空機メーカーは最近、機内の空気の清浄の改善について努力しているが、ジャンボジェットの85%しかHEPAフィルターを装備していない(high-efficiency particulate air filters )。さらにローカル線では非常に少ない。 HEPAフィルターは、真菌や細菌、さらにウイルス粒子(ほとんどは飛沫物質に含まれているので、飛沫物質ごとフィルターで除去:訳者注)を除去して、感染症が拡大する事を予防する。機内の空気は基本的には安全であるが、世界的に流行する可能性のある新感染症などに際しては、緊急に改善の必要性がある。HEPAフィルターの装備の義務づけはなく、それは現在航空会社の独自の善意によって装備されているに過ぎない。航空会社に対してHEPAフィルター装備の規制がない。FAA(Federal Aviation Administration )による、米国内の全航空機にHEPAフィルターを装備した場合のコストと利益の評価が求められる。大会社のジェット旅客機では、機内の空気の50%は再循環されている。これらの空気は客室に流れる前にフィルターを通過して清浄化されている。
 より長く機内にとどまればそれだけ感染者から感染の機会が増すが、SARSの場合は、3時間のフライトで感染した。年間1億人の乗客が航空機を利用して、5千万人の人々が発展途上国を経由する。機内で乗客が利用できる空気の量は、通常の公共の場に比べて著しく少ない。14世紀にペストがイタリアから英国まで広がるのに3年かかった。しかし現代ならほんの数時間で達成されると思われる。
旅客機内での感染は考えている以上に起こりづらい

 ABC on line (オーストラリア)旅客機内の制限された空間と空気の状況は、必ずしもビル内のオフィス以上に感染症の感染が起こりやすいということではない。米国の研究者が今週の医学雑誌Lancetに報告する。航空機内は感染症が伝搬するには最適の環境と思われているが実際は違う。航空機内の空気供給システムが病原体拡散に対して抑制効果を持っている。客室内の空気はエンジンから取り入れられ、熱せられ、圧縮され、そして冷却されてから客室内へ流れ込む。50%の空気が再循環するが、そのとき使われるフィルターによって99.7%のチリ、細菌、真菌、そしてウイルスを含んだ飛散物を取り除かれる。さらに空気は通常のオフィス以上に入れ替えられる。また換気システムが空気中の微粒子の拡散を防止するのに効果的構造になっている。
ベトナムで二人の感染者が確認
 Thanh Nien (ベトナム) ベトナム当局は、鳥フルで死亡した男性の68歳の妻の感染を確認したが、本人は無症状で家庭に待機させていると発表。他に女性獣医が感染を疑われている(すでに他報道で周知されている情報)、と発表した。これでベトナムでの死者は32人となり、また昨年12月末からの流行での死者は13人となった。(この新聞はベトナム政府機関紙に近いので、この数値はベトナム政府の公式データとも受け取れる。しかし、一般的に言われている数値をは解離している)。また、メコンデルタ地域のアヒルに対して来月ワクチンを投与する予定。最近、北部で行った鶏に対するワクチン投与結果はかなり効果的印象であったという。

ベトナムでの公式データは無効の可能性

 Washington Times  (米国) ウオール・ストリート・ジャーナルによれば、ベトナムでの鳥フルに関する公式データは無効の可能性がある。最近のデータが全く含まれていないからである。事情に詳しい関係者によると11人の感染者とその中の8人の死亡者がデータに加えられていないという。他の事実として、当初検査結果が陰性とされた患者が、再検査で陽性となっている。米国のCDCもこれらのサンプルを入手して検査中である。
3月10日 無症状の鳥フル感染者は感染の危険性が低い
 AlertNet(Reuters)  
無症状の鳥フル感染者が見つかったことを受けて、WHO専門家は次のように語っている。ほとんどの感染症において軽い症状か無症状の感染者がいることは珍しいことではない。無症状の感染者が感染源となる根拠はない。そういうことから考えると今回の事例は必ずしも脅威的とはいえない。
ベトナムにおける未報告鳥フル感染者と死亡例
 Recombinomics
 (米国)11人が鳥フルに感染して発病、そのうち8人が死亡。事情に詳しい関係者からの情報。当局からの正式発表はいまだなされていない。ベトナムではテト(旧暦正月)以降、人感染に関する正式情報の発表が突然停止している。多くの患者が症状を呈して入院しているが、鳥フル感染の確認がされていない。死亡者についても同じ状況である。事実が把握されてない疑いはタイやカンボジア、インドネシアに対しても抱かれる。
ベトナム:獣医、鳥フル感染の疑い
 China View (中国) ベトナム北部の Thai Binh 省の女性獣医が鳥フル疑いで9日ハノイの病院に入院。彼女は頻繁に感染した鳥類を含めて家禽類に接触していたという。本日のローカル紙が報じた。
ベトナム北部は鳥フル戦いの最前線に
 Health
(米国) ベトナム北部のThai Binh 省は鳥フル戦いの最前線となった。次から次と人の感染例が出現して当局は、ウイルスがどのように広がっているのか、困惑している。省動物衛生局長は、人々も当局担当者も非常に恐れている、なぜなら地域全体の家きん死亡数は昨年ほど多くはないのに、人の感染者が相次いでいるからである、と語った。


ノルウエー、タミフル備蓄へ
 
Reuters ノールウエー政府は人口の三分の一を対象とした量のタミフルを備蓄することを発表。スエーデンは人口の一割を対象として備蓄予定。いずれもWHOの呼びかけに応じたもの。
ベトナム:鳥フル(人感染)拡大の脅威

 The Standard (香港)Thai Binh 省の81歳男性が無症状で鳥フル感染していたことが判明。男性はすでに発病している兄妹例の祖父。他に23日に死亡した男性の妻も無症状で感染していることが判明。これらの事例は人・人感染が当初予想されていたよりも拡大している可能性を示唆しており、脅威的である。
3月9日 ベトナムの鳥フル人感染事例を懸念
 BBC NEWS
(英国) 無症状で感染が確認された2事例は、鳥フル人感染が予想した以上に拡大している懸念を生じた。一人は鳥フルで死亡した男性の
61歳の女性、もう一人は鳥フルを発病した兄妹の81歳の祖父で、二人とも全く無症状である。これらの事例は人感染が予想以上に拡大している可能性を示唆している。また火曜日(8日)、7人のベトナム人が当初検査で陰性であったが、再検査の結果ウイルスを保有していたことが判明したと、WHOが発表したことも、同じく人感染が予想以上に拡大している可能性を示している。WHOの地域報道官は、、症状が軽いため見逃されている事例があるのは間違いはない、と語っている。
無症状の鳥フル感染人事例

 Pravda.RU 
(ロシア) ベトナム衛生省は水曜日(9日)、
61歳の鳥フル犠牲者の未亡人が検査の結果H5N1鳥フルウイルスに感染していることを確かめた。彼女は無症状である。また同日朝衛生省は80歳の男性(81歳の間違いか)もウイルスを持っているが無症状であることを報告した。男性の孫二人は鳥フルに感染、発病している。これらの事実は(人における)鳥フル感染が当初考えられていた以上に拡大している可能性を示唆している。
ベトナム:感染者の近親者が無症状で感染

 Reuters UK (英国)二人の鳥フル感染で死亡した患者の近親者が検査の結果、無症状ではあったが鳥フル感染を確認された。二人とも北部のThai Binh省在住。一人は2月24日に亡くなった男性の61歳の妻。彼女は夫の看病以外鳥フルに感染する機会はなかった。彼女は豚肉しか食べず、また家庭で飼育している鶏も感染していなかった。もう一人は81歳になる男性ですでに報告されている鳥フル感染例の兄妹の祖父である。彼はテトでアヒルの血液を飲んだ。可能性から言ってそれから一ヶ月間ウイルスに感染したまま無症状で過ごしたことになるが、アヒルから感染したのかどうかは不明。
発病した兄妹の祖父も感染、しかし無症状
 The Ledger (米国) 先に発病して入院中の
21歳男性14歳の妹80歳になる祖父も、鳥インフルエンザに感染していたことが家族の検査の結果判明した。しかし無症状であった。残りの家族12人は陰性であった。2月8日に祖父がガチョウを殺して、その肉を3人が食べて感染したと考えられている。無症状、または症状が軽いために見逃されているケースが他にも多く存在する可能性がでてきた。
鳥フル、人での危険性を拡大

 580CFRA (カナダ) これまで鳥フルが人から人へ感染するとは考えられなかったが、今回の事例の出現で専門家はその危険性がありえると考えている。21歳男性患者の看護をしていた男性看護師が鳥フル感染を確認されたが、彼は2月に家禽の鳥フルが流行していた地域を訪問しているので、そこで感染した可能性が考えられている。しかし、専門家は彼がそこで感染したなら、症状の発現はもっと早かったはずと考えている。彼が患者から感染したとしたなら、医療従事者が患者から感染した初の例となる。
WHO、ベトナムでの人の鳥フル感染者を探索
 Scoop.co.nz (press release) (ニュージーランド) ベトナム政府が先月中旬以降に発生した4人の感染者を発表したことを受けてWHOは、ベトナム政府と協同してさらなる患者の探索を始めた。
非定型的患者での人・人感染の可能性
 Recombinomics 7人の南ベトナムの典型的鳥フル症状や疫学的背景を持たない患者でH5N1感染が確かめられた。人は結核だった。このような例の発見は、典型的症状を呈さず人・人感染を起こす鳥フルがベトナム、タイ、カンボジアなどで発生している可能性を示唆する。
3月8日欄外 Recombinomics Commentary 非定型的患者における鳥インフルエンザ感染の様式
3月8日 鳥フル、人から人へ感染の可能性?
 The Starphoenix (カナダ) 最初の人・人感染の疑いの事例が発生して、専門家は鳥フルウイルスが人感染を起こす型に変異した可能性を警戒している。26歳男性看護師が21歳の鳥フル感染男性の看護に従事していて、その後鳥フル感染が確認された。男性は2月中旬にガールフレンドの住む村を訪れていて、そこでは家禽の鳥フルが流行していたという。その際に感染した疑いがあるが、潜伏期間は通常10〜14日であることから考えると、男性の発病は家禽から感染とすると遅すぎると考えられる。患者からこの男性看護師が感染したとなると、医療関係者として初めて患者からの感染となる
ベトナム政府4人の感染者を正式に追加
 Medical News Today 
(英国) ベトナム政府はH5N1ウイルス感染事例の4例を正式に認めてWHOに報告した。全て、すでに報道機関で発表されている症例。
・Thai Binh省の21歳男性。2月14日に症状を発現して20日に入院。
・上記患者の14歳の妹。21日に症状を発現して翌日入院。
69歳男性。同様にThai Binh省在住。2月19日に症状を発現して同日入院。23日に死亡。
35歳女性。ハノイ在住。2月18日症状発現。24日に入院。
ベトナムで7例の鳥フル感染人事例確認
 ZAMAN Online
(トルコ) WHO発表:当初ベトナムで陰性と判断された検体が東京の国立感染症センターで再検査したところ7例が陽性と確認された。3月4日に報告のCIDRPの論文内容と同じ。
ベトナム、看護師が患者から感染した可能性

 World Peace Herald (米国) 鳥フル患者を看護していたベトナム人看護師が、高熱で入院したが検査で鳥フル感染が確認された。北部のThai Binh省の当局者は、患者から感染したかどうかは現在のところ分からないと言っている。
3月7日 ベトナム、看護師の鳥フル感染が確認
 人民日報
 ベトナム北部Thai Binh 省の26歳男性看護師が鳥フル感染を確認された。昨年末から22人目の患者となった。患者は2月28日に高熱と呼吸呼吸困難で入院していた。患者は後で鳥フル感染が確認された21歳の男性14歳の妹の看護を一時していたことがある。
ベトナムで看護師が鳥フル感染

 680 NEWS (カナダ) 26歳の男性看護師がHanoi's Bach Mai Hospital に先週から入院していたが、H5N1ウイルス感染が確かめられた。院内で感染したか院外で感染したかは不明と医師団は語っている。看護師は病院で21歳の鳥フル感染患者の看護を担当していたという。状態は落ち着いているようだ。
羽毛枕は鳥フル伝搬の可能性がある
 The New Zealand Herald (ニュージーランド)英国の微生物学者は、枕などの材料としている中国産の家禽の羽毛が、鳥フルを持ち込む可能性のあることを英国政府に警告した。中国産の家禽の肉は輸入禁止措置がとられているが、鶏、アヒル、七面鳥の羽毛は輸入されている。羽毛に付着している微量の糞便にウイルスが混入していたとしたなら、十分長く生存していて感染源になりえると説明している。
ベトナム:鳥フル流行地域の半数で3週間以上流行なし
 Thanh Nien (ベトナム) 鳥フルが流行していた35州と市のうち17地域で3週以上流行が見られていないと当局は発表。鳥フル撲滅の国家的キャンペーンの最初の成功の兆しであると判断している。
3月6日 英国で鳥フル疑いが5件報告されていた
 SundayMirror. co.uk
(英国)英国環境大臣は、昨年2月から鳥フル疑い事例5件が報告されていたが、鳥フルとは確認されなかった、と述べた。微生物学者のHugh Pennington教授は、輸入羽毛に汚染されている可能性のあるウイルスが、即人に感染するとは思われないが、鳥類へ感染する可能性は否定できない、と語った。
鳥フルは3週以内にスコットランドに大流行をもたらすかも知れない
 Scotsman.com (スコットランド)
 アームストロング博士(スコットランド医学委員会委員長the Scottish Executive’s chief medical officer)は、3週間以内にスコットランドは、アジアで始まる鳥インフルエンザ大流行により、致死的ウイルスにより直撃される可能性があろうと警告した。
英国政府は鳥フルに対して無防衛

 The Independent (英国) 英国政府は国内で流行した場合50万人以上の犠牲者を出す可能性がある鳥インフルエンザに対して、十分な防衛体制をとる予定にない。タミフルは2年がかりで備蓄、1年後でも必要量の半分にも達しない、。さらにWHOのワクチン備蓄に対する呼びかけも無視した。
鳥フル 羽毛から感染拡大の可能性
 Keralanext, (インド)ウイルス学者はBBC放送で、中国から輸入されている鶏、アヒル、七面鳥などの羽毛から、微量に付着している糞便中に含まれているウイルスにより、鳥フルが輸入される可能性があると語った。肉類は輸入禁止措置がとられているが、羽毛は輸入されていて、枕などに使われている。
WHOはタイでのワクチン臨床試験を支持する

 BANGKOK POST (タイ) 4日に公衆衛生大臣が、米国CDCとのワクチンの共同研究を基本的に受け入れることを決定したことを受けて、WHOの専門家はそれを支持すると語った。
3月5日 輸入羽毛から鳥フル感染の可能性
 Daily Mail
(英国) 代表的ウイルス学者は中国から輸入の鶏、アヒル、七面鳥などの羽毛には、付着している糞便にウイルスが混入している可能性があり、それは即人への感染は生じないと思うが、鳥類への感染もありえると語った。肉類の輸入は禁止されているが、羽毛に関しては禁止処置はとられていない。
ベトナム政府、人用鳥フルワクチン開発成功と

 Financial Express
(インド) 先月初旬行った猿での実験で、その安全性と抗体産生が確かめられ、さらに繰り返しワクチン注射が行われている。数ヶ月先には人での臨床試験が行われる予定。
ベトナムで初の人用鳥フルワクチンのテストが成功
 WNEP-TV16 
(ペンシルバニア) ベトナムで開発されたワクチンが猿での実験に成功した。
鳥フル、スコットランドで20万人以上の死者の可能性

 Scottish TV (スコットランド) 英国の代表的ウイルス学者は、もしスコットランドで人に感染するタイプに変異した「鳥フル」が流行したなら、政府は5万人と言っているが、実際は20万人は死亡するだろうと述べた。
3月4日 欄外 ベトナムにおける政府の報告と検査態勢に対する不信感
 Center for Infectious Disease Research & Policy (CIDRP)から訳
3月4日 ベトナム帰りの台湾ビジネスマン、鳥フルを否定される
 MyEGov
(台湾) 高熱と呼吸困難で死亡した46歳のベトナム帰りのビジネスマンが鳥フル感染を疑われていたが、インフルエンザAとBが陰性で、鳥フルは否定された。台湾衛生省当局者が語った。
ベトナム、人用ワクチンの猿での実験成功

 Reuters UK (英国) 3匹の猿に先月注射された、ベトナムの研究者が作成したH5N1ウイルスを弱毒化したワクチンは3週間後に、猿の体内に抗体を産生さえることに成功した。研究者はさらにワクチンを繰り返し注射して抗体の産生と、副作用などを評価する。
インドネシア、西ジャワでの鳥フル流行は管理体制下に入った
 Thanh Nien(ベトナム) ワクチンの 配布と新規発生例の報告の義務などにより、今回の鳥フル流行はもはや拡大はしないと、インドネシア当局者は語った。
                  

タイ政府、米国のワクチンの臨床試験を受け入れる予定
 Ireland On-Line タイの健康省は政府に対して、米国が製造して動物実験で確認されている人用鳥フルワクチンの国内での臨床試験を、受け入れるように申し入れた

米国オハイオ州公衆衛生当局、州内の販売店数カ所でタイ産鶏足肉を摘発
 NEPA News 
昨年からアジア産の家禽産物の輸入が禁止されているが、オハイオ州で密輸品が摘発された事から当局は、鳥インフルエンザ監視体制の一環として、レストランやマーケットを査察する予定。
ベトナムにおける鳥フル流行は間もなく終息の可能性

 THANHNIEN NEWS(ベトナム) WHOベトナム事務所代表のDr Hans Troedsonは、ベトナムでの鳥フル流行は昨年の流行パターンに類似していることから考えると、間もなく終息の可能性があると語った。最新のThai Binh 省での事例まで3週間患者は発生しなかった。これは特発的患者と考えられ、ウイルスがさらに広がった結果とは考えられない。対策が進んでいる中で事例が減少しているのは、昨年の流行終息に似ている。となると流行は間もなく終息すると思われる。(訳者注:これがWHOの公式声明かどうかが不明)
米国、クリーブランド、タイから密輸の冷凍鶏肉が押収

 ワシントンタイムズ オハイオ州農業省はタイから密輸されていた冷凍鶏足肉を押収した。5トン以上の鶏足肉がクラゲとラベルされて密輸されていた。アジアからの鳥や家禽由来製品は鳥フル感染予防のために輸入禁止されている。
EU、加盟各国の鳥フル対策を確認へ
 ロイターズ(英国) 
昨日ルクセンブルグで行われた鳥フル対策会議で、EUは加盟各国の鳥フル対策アクションプランの作成状態をチェックすると発表。8カ国がいまだ未作成。
米国、鳥フル人用ワクチンの臨床試験をタイ国内で行う予定

 Bangkok Post 米国は世界で初の鳥フル人用ワクチンの臨床試験をタイ国内で行うことの了承を、タイ政府に求めた。政府は今日中に返答する予定。
3月3日 インドネシアで鶏とウズラ、12000羽以上死亡
 CNEWS カナダ 西ジャワでここ2ヶ月間で鶏とウズラが鳥フルに感染して12000羽以上死亡した。ウイルスはH5N1 とH7N1と同定された。インドネシアでは昨年何カ所の地域で鳥フル感染が家禽で見られたが人での感染は無かった。
ヨーロッパで鳥フル対策緊急会議
 
欧州52カ国の保健医療専門家代表とEU代表が2日と3日の2日間、ルクセンブルグで鳥フル対策に関する国際会議を開催。
流行したなら英国で5万人以上の死者が発生
 TechNewsWorld 
鳥フルが人に感染したときの死亡率は天然痘の2倍。もし英国で流行したなら人口の25%以上は発病して、少なくとも5万人以上の死者が出る可能性がある。英国政府の担当者は昨日、タミフルの備蓄などの予防プランを発表。
米大陸での鳥フル流行対策のための米国協力プラン
 All American Patriots
CDCとPAHOは5月に「インフルエンザ他のウイルスの疫学と監視体制」というテーマでトレーニングプログラムをアトランタで開催予定。プログラムはアンデス地域や中央アメリカの国々を対象にして、ワクチンや抗ウイルス薬の準備、住民の健康管理体制、病院の能力と対応などについて論議される。類似のワークショップは昨年の春にもリオネジャネイロで開かれ、SARSと鳥フルに焦点が当てられた。
スイス、ロッシュ社、12カ国政府からタミフル大量受注依頼

 MSNcom ロッシュ社幹部は、米国、フランス、ニュージーランド、英国、オランダ、スエーデン、カナダ等12カ国から、鳥フル感染対策に大量のタミフルを生産受注受けていることを発表。さらに多くの国とも商談に入っているようだ。現在生産能力を倍に上げているが、近い将来には、さらに倍にあげる必要もあると説明。各国政府はWHOのアドバイスに基づいて決定しているが、タミフルは鳥フルを治癒させないが、症状を緩和でき、さらに感染の拡大を予防できる可能性がある。各国は米国以外人口の20%を対象にした量のタミフルを依頼してきている。
3月2日 欄外 英国ヘラルド紙 編集者のコメント
3月2日 ベトナム北部で2名の疑い例が発生
 
Recombinomics 
Hai Duong 省とNam Dinh省からの2名の患者が鳥フル感染を疑われてハノイ市の熱帯疾患施設に昨日入院。症状は高熱と呼吸困難。地元紙の報道。
WHO、ベトナム政府に感染者の報告をするように警告
 HEALTH
WHO高官のDr. Klaus Stohr は1日、ベトナム政府から人感染者の報告が2月2日以来なく、非公式ルートでしか情報が入っていない。このような状況はWHOの活動を著しく阻害する結果になっている、と語った。WHO発表の公式情報は、あくまでも政府発表情報に従っている。
英国政府、タミフルをスイスRoche社に発注予定

 News-Medical.Net 英国人口の25%にあたる1460万人分のタミフルをスイスのRoche社に発注予定。タミフルは鳥フル感染の予防にはならないが、進行の抑制には有効である。
北アイルランド、タミフル備蓄開始

 U.TV 人での鳥フル感染がアイルランドに波及したなら、7000〜34000人が死亡の可能性。北アイルランドに鳥フルが侵入したときのことを想定してタミフルの備蓄を開始。
英国政府、鳥フル対策を発表

 DailyIndia.com タミフルを1460万人分を備蓄予定。費用は2億ポンド。さらに国内発生の場合、学校閉鎖、旅行制限、エンターテインメント行事の中止などが計画に盛り込まれる。
3月1日 ハノイでここ一週間で4例目の感染者
 680NEWS ベトナム健康省は、ハノイの
35歳女性の感染が確認されたと発表。ここ1週間で4例目。女性はゴミ収集に携わっているが、先週木曜日(24日)入院、そして昨日感染が確認されたと発表。
ベトナム、鳥フル感染相次ぎ警戒を呼びかける
 SFGate.com Thai Binh 省での3人目の感染者となった14歳少女と兄は、旧歴正月の祝いに鶏を2月上旬に食べた経緯がある。家族は家禽を飼ってはいないが、周辺では家禽に鳥フルが発生していたという。Thai Binh 省では家禽飼育農家が多く、農場周辺では多くの家禽が放し飼いされていて、鳥フル対策は非常に難しいと関係者言っている。
TOP