各報道機関ウェブ直近情報
2月28日 14歳少女、感染が確認される
 
Channel News Asia, Singapore 25日報道のThai Binh 省の14歳少女が感染が確認された。彼女の兄の21歳男性はすでに感染が確認されているが重症である。二人ともハノイの熱帯医学専門施設に入院中。
ベトナムでさらに感染者発生
 baltimoresun.com
 Thai Binh省の69歳男性が、27日鳥インフルエンザで死亡したことをベトナム政府は確認した。男性は19日に高熱と呼吸困難で省の病院に入院していた。今年に入って、鳥フルによる14人目の死者になる。
2月27日 ベトナム、ハノイで人感染例が確認
 Reuters Thai Binh 省の36歳男性がハノイの病院で鳥フル感染を確認されたと地元の新聞が報道した。先週金曜日(25日)当局は、やはりThai Binh 省の21歳男性が、アヒルの血液を飲んだ後に鳥フルに感染したことを発表している。
鳥フル、世界に拡大する可能性
 USNews.com 世界は鳥フルが拡大して人感染を生じる脅威に晒されている、とWHOの高官は語った。人への感染は、感染した鳥に接触することで起こっているが、専門家は人から人への感染が起きる可能性を危惧している。CDC長官のJulie Gerberdinは、すぐには米国でそのような事態にはなるとは思わないがと強調しながらも、非常に心配な状況であると語った。
当局は鳥フル進入に警戒態勢を敷いている

 MaineToday.com 米国、メイン州当局者は、鳥フル侵入に対する体制を整えていると語った。保健医療関係者の教育、検査態勢の充実など。鳥フルは1997年以来我々の監視体制下に入っている。関連費用は連邦政府から支給されるバイオテロ対策費の予算の中から支出されているる。
ベトナムにおける鳥フル発生状況

 Viet Nam News Agency (VNA) 鳥フル発生していた35省と市のうち14地域でこの3週間発生をみていない。 これらの地域にはハノイ市とホーチミン市が含まれている。その一方、25日にメコンデルタ地域で11地域で鳥フル流行が見つかっている。その日のうちに5990羽のアヒルとガチョウが処分された。
2月26日 米国、鳥フルワクチンの臨床試験準備整う
 Ireland On-Line CDC長官のDr Julie Gerberdingは、米国で200万人分のワクチンを緊急時のために備蓄し、その効果について臨床試験を始めると語った。また抗ウイルス薬の備蓄も行う。
動物と人間の環境改善により鳥フル拡大の阻止を!、FAO高官
 All American Patriots FAO長官が23〜25日ホーチミン市で開かれた国際会議で語った。
 鳥フルウイルスが飼養されているアヒル、野鳥、生きた鳥売買市場などにすでに蔓延している状況を考えると、鳥フル撲滅には長期間要する。野鳥、特にアヒルはウイルスの供給源となっているが、だからといってこのような野鳥を処分したり、生息地を破壊するのはウイルス撲滅のための方策としては賢明ではない。より重要なのは、国内に生息する鳥集団に対する厳密な対策、すなわち自然な棲み分けを図ることである。最近の事例が示唆していることは、農場で多くの家禽が一緒に飼育されていて、家禽生産の上での感染対策が不十分であることが、自然な野鳥の移動によるよりも、遙かに感染拡大の原因になっていると思われる。
早急な対策の焦点は、鳥フル感染を本来のウイルス宿主だけに戻すことで、他の飼養されている家禽や周辺の人々に感染させないような環境作りである。
鳥フル撲滅のために世界は年間3億ドルの対策費が必要、WHO
 Montery Herald.com 病気の拡大のモニター、動物が感染するのを阻止するためのワクチン供給、人々に対する公衆衛生教育(感染の機会を減らすための)。最低1億ドルから3億ドルが必要。世界会議で参加国の意見が一致。
2月25日 アジア諸国は欧米に鳥フル対策の援助を求める
 
ABS-CBN NEWS ホーチミン市での国際会議に参加した28ヶ国は、アジアにおける鳥フル対策に欧米の援助が必要であるということで意見の一致をみた。ウイルスが家禽養殖場やアヒルの間で感染を繰りかえす期間が長ければ長いほど、変異して人に感染を起こす確率が高くなる。対策のために、欧米は約束した援助を履行すべきとFAOの高官は語った。
ベトナムで今季18人目の感染者が確認、3週ぶり
 CHANNEL NEWSASIA
ベトナム北部のThai Binh 省病院長は、入院中の21歳男性がH5N1に感染していることが確認されたと発表した。重症呼吸困難状態にあるが、さらに患者の14歳になる妹も高熱で入院していて、感染が疑われている。
各国はさらに援助のための基金と努力を、国連が呼びかける
 
EARTH TIMES FAOの代表者は鳥フル対策に必要な1億ドルのうち1800万ドルしか各国から出されていないと語った。
鳥フル流行は数百万人の犠牲者をもたらすことがあり得る、国連が警告
 TechNewsWorld
                   
 
WHO西太平洋事務局長の尾見茂博士は、人類は今極めて危険な流行病を目前に迎えている、と国際会議で語った。会議に集まった専門家の間では、ウイルスが人・人感染を起こす型に変異したなら、極めて致死性のウイルスとなる可能性があることが、繰り返し議論でのテーマとなった。
アヒル対策が重要:ベトナム国際会議で専門家指摘
 abc NEWS ホーチミン市での国際会議で24日専門家は、長期的鳥フル対策戦略は、アヒルと水鳥対策に焦点を合わせるべきと語った。昨年から流行の鳥フルは野生の鳥、特に症状なしにH5N1ウイルスを保有しているアヒルがウイルスの供給源と考えられているからである。
2月24日 米国:鳥フルワクチン臨床試験開始間近
 米国政府は鳥フル対策を強化している。実験段階の最初のワクチンの臨床試験が間もなく始まり、抗ウイルス薬も備蓄されている。さらに政府は鳥フル監視体制と研究プログラムを強化した。
 Aventis Pasteur社のスポークスマンは、新ワクチンは2種類の濃度で4000回分づつ作成されていて、まもなく国立アレルギー感染研究所へ臨床試験のために出荷される、と語った。
2月23日 ベトナム、家禽養殖者はより厳格な公衆衛生を学ばなければならない
 
国際会議の前夜、ベトナム動物衛生省のトップは、農家の習慣を変えるのは容易ではないが、教育により公衆衛生に対する理解が深まれば、鳥インフルの拡大の阻止は容易になる、と語った。
ベトナムで鳥フル対策国際会議開催

鳥フルが多発しているメコンデルタ地域から来るまで1時間の位置にあるホーチミン市で、鳥フル対策に関する国際会議が20ヶ国の代表者が集まって23日開かれる。国連機関のOIEとFAOがベトナム政府と共催。FAOは鳥フルに対するベトナムの対応を賞賛。
2月22日 ハエからH5N1ウイルス 京都、鳥インフルエンザ
 
中国新聞。昨年2月に高病原性鳥インフルエンザが発生した京都府丹波町の浅田農産船井農場周辺で採取していたハエの一部から、感染した鶏と同じH5N1型ウイルスが、22日までに見つかった。国立感染研は、昨年3月上旬、同農場から600−2250メートル離れた6地点で、ハエ約200匹を採集。その4分の1のハエの体内から、H5N1型ウイルスの遺伝子を分離した。ハエは冷凍保存して調べていたが、一部のハエからは生きたウイルスが見つかった。このようなハエを介して感染するかどうかは不明。
CDCチーフ、鳥フル変異ウイルスによる世界的流行は起きえる

 科学者は鳥フルウイルスが急速に変異を起こして、人・人感染を起こし出し世界中に広がる可能性は高いと予想している。(Dr. Julie Gerberding, head of the Centers for Disease Control and Prevention)
 
2月21日 鳥フルは世界的流行の可能性は十分ある
 CDCインフルエンザ部門の部長は、ウイルスはその細胞表面のリセウプターの人の細胞との結合能力に変化を起こしてきて、人・人感染が容易に起こりえる可能性を含んでいる、と語った。
2月20日 タイ:鳥フル拡大阻止のための大規模計画が拒絶
 副首相提案の鳥フル対策の大規模計画案は拒否された。1000万羽以上のアヒルと鶏の処分と、鳥フル感染予防のための国民へのフェースマスク配布などが盛り込まれていた。国民に恐怖感を与えるというのが否決された理由。
ベトナム:大都市で家禽の屠殺

 ベトナム農業省長官は、国内の大都市ですべての家禽の処分を行う予定であると語った。しかし鳥フル拡大が抑止されだしたなら、農家を守るために家禽の養殖の再開許可を出す予定と語った。
ベトナム:広範な鳥フル流行再発が続く

 動物衛生省はメコンデルタ地域を中心とした6省で鳥フル流行が見られたことを発表。このような流行の再発はベトナムでの鳥フル撲滅がいかに困難であるかを示すとともに、さらなる人・人感染が生じてゆく可能性を示している。
2月19日 ベトナムで鳥フル人ワクチンの臨床実験に
 
各種動物実験を終えて、人での臨床実験に進む予定。(ベトナム国立公衆衛生・疫学研究所)
鳥フル(H5N1)は他の病気を引き起こす
 
鳥フルウイルスは、脳炎、下痢など従来の呼吸器感染症とは全く異なる症状を引き起こす、と国際的研究チームの医師は語った。1年前に脳炎で死亡した9歳少女と4歳の弟の検査結果で判明した。発表論文
 さらに発表論文で、これらの症例の発見は、H5N1インフルエンザの臨床的症状がこれまで考えられていた以上に多彩であり、故に鳥フルに対する臨床的、公衆衛生的対応に対して重要な意味を含んでいる、とも解説した。
 今回、下利便からもウイルスが検出されたが、それは集団生活の中での下痢症状の発生が人・人感染をを引き起こしている可能性もあり得て重要な情報と考えられる。

鳥フル(H5N1)警戒体制に大きな問題
 先日医学雑誌に発表された”呼吸器症状のない鳥フル”を受けて、WHOはBBCに対して、鳥フル感染の人の症状はより拡大している可能性があると語った。さらに、研究方法、患者の取り扱い方法、そして患者の体液の取り扱い方法まで変更する必要があるかもしれないと語った。
 研究・調査方法を変える必要があることはかなり以前からの問題であった。検査の対象の決定、その発表方法などを含む多くの問題がある。これらの問題は東南アジアにおける鳥フル発生状況の過小評価をもたらし、さらに世界への拡大に関してほとんど状況が不明なままである。家庭で死亡した患者、病院へこれまで考えられていた鳥フル症状を呈さないで運ばれた患者など、すべては監視体制からはずれている。
 1918年のスペイン風邪の際も、東南アジアでは多くの患者が、コレラ、デング熱、そしてチフスなどと誤診された。最近発表された神経症状と、または消化器症状を呈する患者の存在は、検査対象の数について大きな問題を投げかけている。H5N1の検査対象に、フィリピンや中国で発生している髄膜炎菌症や髄膜炎、そしてインドにおける多くの死亡している小児にまで拡大すべきである。
 多様な症状を対象に検査を広げることにより、鳥フル(H5N1)感染症の人と動物における拡大の実際を知ることができるはずである。

鳥フル再流行相次ぐ>ベトナム
 ベトナム動物衛生省は金曜日(18日)、メコンデルタ地域の5省を含む6省の19地域で家禽の鳥フル流行が見られ、7500羽以上の家禽が処分されたと発表。
2月18日 ベトナムでのワクチン実験成功
 ベトナムの会社で製造された鳥フル人用ワクチンのマウスと鶏での実験が成功した。ワクチンを接種された動物は体内で抗体を産生したのが確認された。
鳥フル人ワクチンのテストが準備段階に
 16日にタイで行われたASEANの進行感染症に関する会議で、すでに作成されている鳥フルに対する人用ワクチン3種類のテストが3月から始まると発表。2種類は米国で、もう1種類は英国で行われる予定。
 一方、ベトナムでは予備的に行われたワクチンのマウスと鶏の実験は成功し、来週には猿での実験が行われる予定。その後ボランティアによる臨床的テスト、そして当局の許可を得て大々的臨床的テストに入る。
ニュージーランド:鳥フル流行対策は十分ではない

 ニュージーランド健康省は、もし鳥フルがニュージーランドに侵入したなら、短期間にそれは広まる可能性があると語った。抗インフルエンザ薬は現在20000錠しか用意されていないので、早急に準備する必要がある、と語った。WHOは、多くの国では「新型インフルエンザ」に対して十分な用意がされていないと語っている。
ベトナム、鳥フル感染者調査の大々的プロジェクト開始
 この半年間、ベトナム南部での鳥フルウイルスと、インフルエンザ感染者について、ホーチミン市のパスツール研究所が調査する。WHOが助成している。呼吸器症状のない鳥フル患者の存在が明らかになる可能性がある。
鳥フルは哺乳動物に適合しつつある
 
4歳の少年が呼吸器症状なしに、鳥フルウイルス感染で死亡していたことがオックスフォード大学の研究者によって明らかにされた。世界的医学雑誌である「N.Engl.J.Med」に発表された論文では、鳥フルがこれまで考えられていた以上に人に、感染しやすい可能性を示唆している。ウイルスはほ乳類に適合しつつある、と論文は結んでいる。
鳥フルの症状はより多様である可能性。呼吸器症状のない患者の存在

 2月17付け発表の 「New England Journal of Medicine(N.Engl.J.Med)で、呼吸器症状を呈さず、死後の剖検材料で診断された鳥フルで死亡した4歳少年の事例が、オックスフォード大学の研究者から発表された。鳥フルに感染した人の症状はより多様である可能性があり、多くの患者が見逃されている可能性が示唆されている。
バングラディシュ:家禽農場は鳥フル感染の危険性が大きい
 バングラディシュ家畜研究所と日本のJICAが共同で、「高病原性鳥インフルエンザの警戒と予防に関するシンポジウムが市内のホテルで開かれた。バングラディシュの家禽農場は、そのロケーションから言っても、輸入の度合いが高いことから考えても鳥フル感染の危険性が高い、と関係者は語った。バングラディシュは幸運にも被害に被ってはいないが、色々な緊急対策が必要であると、関係者間で話し合われた。
2月17日 ホーチミン市で家禽の飼育が禁止
 今年度、鳥フルの人への感染リスクを抑えるために、すべての家禽の飼育がホーチミン市で禁止された。
世界はさらなる鳥フル対策の強化に−−WHO警告
 
鳥フルウイルスがさらに他の地域へ拡大し、最悪のシナリオ、すなわちヒト・ヒト感染をするウイルスへ変異する前に、世界は対策を急ぐべきである。
タイ、国際的専門家は政府にワクチンの開発を促す
 
鳥フルの国際的専門家はタイ政府に対してワクチン開発を早急に進めるべきと進言した。またワクチンが用意されるまでは抗ウイルス剤であるoseltamivir(タミフル)も備蓄の必要があるとも語った。鳥フルに対するワクチンは現在米国のNIHで臨床試験段階に入っている。
鳥フルワクチンの備蓄を!(ヒト用)

 各国政府は鳥フルワクチンを備蓄すべきである。WHOは来月に声明を出す。H5N1ウイルスに対するワクチンは、必ずしも流行している株の正確な抗原に適合していなくても有効に作用することが分かってきたことから、H5株に対するワクチンの製造と備蓄に早急に取りかかるべき。現在米国が欧州の製薬会社に400万人分を注文しているが、他にカナダ、オーストラリア、日本が計画中である。
欄外
2月17日
鳥フルで数百万人の犠牲者の可能性 
 総説:アジアで発生している家禽での鳥フルは、ヒトの間で世界中で流行する可能性がある。すでにヒトからヒトへの感染も確認されている。世界で流行が始まったなら、2百万から1億人の犠牲者が出る可能性がある。薬品をすべての人々に用意はできない。対策はいかに…。
2月16日 ベトナムでこの1週間鳥フル感染者の発生はない
 
この1週間ヒトでの感染報告がないが、WHOは結論を出すには早すぎると警告。ベトナムでは昨年の12月以来13人の犠牲者が出て、そして150万羽の鶏とアヒルが処分された。2月に入って始まった旧正月(テト)の間、鶏料理は伝統的料理として各家庭でもてはやされる。しかし国内に鳥フルが広がって以来、鶏の需要が急速に減少したが、同様に150万羽以上の鶏とアヒルの処分により供給量も減少してしまった。
ホーチミン市で大量に家禽を処分

 鳥フルが最近頻繁に流行しているメコンデルタ地域に近いホーチミン市は、すべての家禽を年度末まで大量に処分することを決定。金曜日から作業に入る。H5N1ウイルスを感染に撲滅するための作戦。
タイで、鳥インフルエンザにかかった疑いのある患者を再度発見
 タイのある6歳の男の子が鳥インフルエンザに感染した疑いで地元病院に入院したことが13日明らかにされた
ベトナム、新たに鳥フルの流行地域
 3週間以上発生していない地域もあるが、新たに16地域での発生が確認されている。人での発生例は報告されていないが、1月に発生した多くの例に関するその後の情報がほとんど出されていない。
2月15日 タイで鳥フル感染疑い
 Bangrakamの鶏と濃厚なる接触をしていた6歳少年が、鳥フル様症状で入院中と当局が発表。
先週、正月に入って以来、新しい鳥フル流行はみられていない−ベトナム当局
 確かに鳥フルの拡大はみられていないようだが、ベトナムと周辺国は安易な独りよがりの解釈をすべきではない。もっと長期的展望に立って行動を続ける必要がある−WHO。
ベトナムでここ2週間人での発症はなし
 家禽類での鳥フル流行減少しつつあるが、人での発症例もここ2週間みられていないとベトナム当局が発表。
2月14日 タイで新たな鳥フル流行と人感染事例発生の疑い
 先週のOIEによる鳥フル報告には、タイの10地区で新たな流行が発生、その6地区が PhitsanuLokであった。先週、タイのメディアは PhitsanuLokで7歳男子が鳥フル疑いで入院したことを報じた。インフルエンザAに対する検査では陽性であったが、鳥フル検査では陰性と発表されている。今週やはりPhisanuLok からの6歳男子が鳥フル類似症状を呈して入院している。彼の出身地では鳥フルが最近流行している。これらの少年の詳細と鳥フル流行の関係が重要な関心を集めている。
2月13日 ベトナム、鳥フル流行地域減少
 ベトナム当局は、鳥フルが流行していた34省と市のうち7箇所で、ここ20日間感染が認められていないと発表。その一方で11日にも4カ所の自治体で鳥フル感染が認められている。
2月11日 カンボジア、ベトナム、タイからの家禽密輸監視強化
 
Hun Sen 首相によるとベトナムとタイから安い家禽類の肉や卵が密輸されているという。鳥フル対策の上からも監視を強化するように関係機関に伝えた。
カンボジア、近隣国からの生きた鳥の輸入禁止に

 カンボジア政府は生きた鳥と家禽類の卵のベトナムとタイからの輸入を禁止した。
国連、カンボジアでの鳥フル監視を強化
 この先どのように事態が展開するのか予測はつかない。住民に鳥フルに関する情報を提供して教育することがもっとも重要。WHOとカンボジア政府は流行の発生に迅速に対応できるように準備している。
2月10日 タイ、診断キットを国内に配布
 発症時に類似症状を呈するデング熱、チフス、鳥フルを鑑別する簡易テストキットが全国の医療施設に配布された。診断は2,3分で可能。
タイの7才少年、鳥フル検査で陰性と
 公衆衛生省は7才少年の鳥フル感染の疑いは晴れたと発表。しかしながらこれまでの事例から考えると一度の検査では断定は不可能と考えられる。最終的に剖検時のサンプルで診断された例もある。また今回の少年の発病状況と症状は鳥フルに一致している。さらなる検査の繰り返しが必要である。
2月9日 中国、猿から雄鳥の年へ、人々は春節を祝いはじめる
 
水曜日から(2月9日)から15日間の「春節」が始まり、親族が世界中およびアジア各国から集まり 、特別料理などを囲んでの祝いが始まった。
タイで7歳少年発症の可能性
 
Phitsanulok省の保健局責任者は昨日、
7歳少年が高熱と肺炎で7日から入院加療中であることを告げた。少年は予備検査でインフルエンザAウイルスに感染していることが分かった。また少年は村で死亡した鶏に接触した既往もあるといわれる。症状と状況から鳥フル発症の可能性が高い。
7歳少年、鳥フル感染か?タイ政府発表
 
Phitsanulok 省の保健局責任者は、Phra Buddha Chinarat 病院で7日から7歳少年が、高熱と肺感染症で入院治療中であると発表。タイでの本年度初の鳥フル感染者である可能性が疑われている。
米国CDC、旧正月期間のベトナム旅行者へ注意の呼びかけ

 ・出国前にベトナム内の医療機関の確認
 ・家禽農場、家禽売買市場、病的または死亡した鳥には近づかない
 ・卵料理も含めて、家禽からの料理は完全に熱を通したものを摂食
 ・帰国後10日間は体調の変化に注意、もし何らかの症状が出た場合は医師に相談

旧正月がはじまりアジアで数百万人の人々が行き来
 旧暦正月を祝うために多くの人々がアジア中を行き来し始める。場所によって家禽の摂食が制限されている。
               
2月8日 専門家は新鳥インフルエンザワクチンの効果に多少の疑問
 中国で家禽と哺乳動物用に2種類のワクチンが開発されたと発表された。新ワクチンは鶏に対して10ケ月間免疫状態を維持させるという。現在のワクチンよりも4ケ月長い。開発者は鳥フルの流行を断ち切るのに有効と言っているが、情報源によると必ずしも現行のワクチン(同じハルピンの研究所作成、the Harbin Veterinary Research Institute)よりも有効とはいえないようだ。10ケ月間、免疫が持続したのは実験室内での話で、実際にフィールトでも同じ結果が出るならば非常にラッキーだと開発者達は言っているようだ。さらに今回のワクチンはアヒルやガチョウに対して鶏ほどの免疫効果を示さず、せいぜい2,3ケ月間の効果に過ぎない。これら水鳥に対して有効なワクチン開発が本当は必要である。水鳥は移動が激しく、鳥フルに感染しても症状を出さずに河や湖でウイルスの感染を拡大するからである。
カンボジア監視体制を強化と

 ベトナムとの国境沿いの省と最近家禽での鳥フルが確認された地域での、鶏を含む鳥類のH5N1ウイルスの検査を拡大していると当局者は語っている。
2月7日 ベトナム、鳥フル対策を強化
 
ベトナム政府は農家に対してアヒルの放し飼いを禁止した。通常アヒルは数キロも離れて運河や水田を自由に泳ぎ回っている。
中国で新鳥フルワクチンを開発

 アヒルとガチョウに開発されたワクチンを接種して3週間後にH5N1ウイルスを投与したが、ワクチンは完全にこれら水鳥の鳥フルの発症を抑えた。新ワクチンは鶏に対しても10ケ月間は免疫を持続させた。現在のワクチンよりも4ケ月長い。
2004年に日本で分離されたH5N1の遺伝子分析結果
 大阪(カラス)、京都(カラス、鶏)、大分(鶏)、山口(鶏)から分離された5株のH5N1ウイルスの遺伝子分析結果がGenBankに登録された。京都で得られた2種類のウイルスは類似しているが、山口と大分で分離されたウイルスは類似点が少ない。昨年、ベトナムやタイで人や豚から分離されたウイルスと今回、日本で分離されたウイルスには類似点は少ない。詳細は原文を参照の事!
鳥フルの世界的蔓延の状況はすでに整っている
 The Washington Post 論説
ベトナム、鳥フル流行は日常生活の光景に影響せず

 鳥フルは流行っているかも知れないけど、ここでは大丈夫。ハノイの町ではいつもと変わらない鶏との共存生活が続いている。鶏はベトナム人の生活習慣と結びついている。
2月6日 カンボジア、首都近くで鶏の鳥フルを確認
 プノンペン近くの小さな農場で死亡した鶏から鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が検出されたとベトナム農業省は発表した。感染症予防体制の十分でないことから国全体への拡大が懸念される。カンボジアにおける鳥フルは昨年9月に流行したが、人での感染例は先月が始めてであった。
カンボジア政府、ベトナムの病院で死亡した女性の鳥フル感染を確認
 カンボジア政府とWHOは先月末Kampot Province 省で死亡した女性が鳥フル感染によるものであることを公式に認めた。
タイで数百羽の野鳥が鳥フルで死亡

 タイ中央のNakhon Sawan 省でここ2週間あまりの間に数百羽の野鳥が死亡したことを、野生動物保護団体の責任者が明らかにした。さらに7省で80種類の野鳥6800羽以上が死亡したことも明らかにした。鳥フルの検査中で結果は間もなく判明の予定。
2月5日 各国政府WHOから鳥フル流行警戒の通達
 ここ数ヶ月間アジア各国が拡大防止に懸命になっている鳥インフルの世界的流行に対するWHOからの警告に、各国政府は注意の目を向けている。
人・人感染は鳥・人感染以上に高効率で起こる
 一昨年12月以来発生しているH5N1流行で、少なくとも9例の家族内発生の可能性事例が見られていて、11例の死亡者が出ている。不幸なことに人・人感染の発生効率は鳥・人感染以上に高い。人・人感染は希であるという間違ったWHOの発表で誤解が生じているが、それは各集団発生の初発患者(指標者)において鳥フルの検査がされていないことから、データベース上誤った解釈となっている。9事例の家族内発生のうち4事例の指標者で検査が行われていないが、臨床症状は鳥フルに合致しているし、そこから発生している親族では鳥フル感染が確認されている。残念ながらWHOはこのような事例は、人・人感染の疑いから除外している。
カナダ、抗インフルエンザ薬を備蓄へ
 2400万ドルで新型インフルエンザ流行に備えて抗インフルエンザ薬を備蓄と発表。(ostelamivir, 商品名タミフル)。インフルエンザ大流行が起きたなら、現在の備蓄量では不十分と。
2月4日 ベトナム、アヒルとウズラの養殖を禁止に
 
国内の省と市の半数以上に広がった鳥フル拡大防止のために、政府はアヒルとウズラの養殖を一時的に禁止した。理由は、鳥フルウイルスはアヒルやウズラの中に長期間存在する。さらにアヒルは水上で過ごしているので管理が難しいことから。
ラオス、鳥フル侵入に対して国境の監視を強化

 鳥フル侵入監視のため、国境沿いの公衆衛生的対策を強化と当局は発表。国立動物衛生局には機動性を持った3チームと、各省には専門部隊がいて、鳥フル監視体制を強めているもよう。いまだ国内では鳥フルは検出されていないという。
テトを控えたベトナムで鳥フル拡大の恐れ
 
旧暦正月を間近に控えて(来週から)、ベトナム当局は鳥フルの急速な拡大を懸念している。正月には多くの人々が国内を移動し、家庭では鶏やアヒル料理を食べるのが習慣となっている。またお客として鶏を持参するのも習慣となっている。当局は感染予防対策についてWHOを通じて各国に協力を求めている。
中国広東省、鳥フル侵入に対して予防対策を強化

 広東省では鳥フルは人および家禽類では発生していない。旧暦正月(テト)を迎え、東南アジアから鳥フルが侵入してくるのを防止するため、検疫などの強化を図る。
2月3日 中国、鳥インフルエンザ対策予備案を実施
 
国家品質監督検査検疫総局は昨日緊急の通達を下達し、各地の下部機構に鳥インフルエンザ対策予備案を至急実施し、それが国内に入ってくることに厳しく備え、香港と澳門に家禽類製品を提供している養殖場と加工工場を重点的に点検するよう要求した。
ベトナム、鳥フル危機で国際協力を求める
 
水曜日(2日)、ベトナム当局は鳥フルの人や家禽での感染拡大に対して国際的協力を求めた。農業大臣はWHOとFAOに書簡を送り、鳥フル対策の技術的援助を国際社会に求めた。ベトナムのFAO代表はベトナム当局が、疫学者、病理学者、中毒専門家、獣医師、そして検査技師の国際的応援と検査室診断のための機器を求めていると語った。インフルエンザ専門家は、感染拡大がコントロールされないならば、鳥フルはいつか世界的流行を起こして、数百万人の犠牲者がでる可能性があると警告している。彼らは同時に、それが実際いつ起こるか予知するのは不可能であるとも言っている。
カンボジア女性の親族および家族飼育の家禽は検査で陰性
 
女性の親族7人と飼育していた家禽13羽の血液検査の結果、鳥フルウイルスは陰性だったとカンボジア当局は発表。
ベトナム、ハノイで8人疑い例が入院

 北方地区に住む8人の鳥フル疑い患者が1,2日にハノイの病院に入院。3人が鳥フルウイルスに接触していることが確認されている。同病院ではこれまで確定例と疑い例を合わせて21人が治療を受けている。
鳥フルで犠牲者−地域内流行の脅威
 ・ホーチミン市で6日までに全アヒル(210,000 羽と推定)を処分。
 ・カンボジアKampot省で女性が死亡したことを受けて、WHOは係官を派遣。
 ・死亡した女性の親族の検査結果は陰性とカンボジア当局者は語ったが、WHOは同地域ですでに鳥フルが拡大していることを懸念。。
津波被災者支援のための家禽輸入による鳥インフルエンザ蔓延懸念

 二つの国連機関、FAOとOIEは、被災地域への食料支援としての家禽からの鳥インフルエンザ蔓延を懸念。家禽の多くは鳥インフルエンザ流行地からの可能性。
欄外
2月2日付
ベトナム南北で鳥インフルエンザウイルスは異なる?ー仮説 
北部は軽症・男性が多い・中高年層、南部は重症・女性が多い・若年層
部でのウイルスは無症状アヒル由来の可能性
2月2日 ホーチミン市でアヒルを大量処分
 鳥インフルエンザ拡大防止のために、1000万都市のホーチミンで水曜日(2日)からアヒルの処分がはじまった。保健所職員(health workers)や監視員が警官を伴って農場へ出向き、無症状のままH5N1ウイルスに感染し続けるアヒルを処分のために集めて回った。また食用として飼育している鳩も回収した。動物健康局によると鳥たちは生きたまま焼却か埋められる予定。今後1年間はアヒルの飼育が禁止される。
カンボジア、鳥フル対策強化に向かう
 
当局は死亡した女性の7人の親族の検査を施行。同時に家族の保有する家禽類を処分。カンボジア健康省と農業省の役人が、WHOとパスツール研究所(プノンペン)の職員とともに女性の住んでいた Kampo省を訪れ 人感染に関して調査を開始。 パスツール研究所では、木曜日(6日)にカンボジア当局に親族の検査結果を報告するが、当局がそれを公表するかどうかは定かでないと語った。
ベトナム、ホーチミン市で緊急体制
 
患者の治療費を免除(127-191 ドル/日)、市街地域での家禽類飼育の禁止など。ヨーロッパ委員会( The European Commission)は788,000 米ドルをベトナムへ、鳥インフルエンザ緊急対策費として提供することを決定。
ベトナムで新たな感染者
 
ハノイで治療中の
24歳男性が鳥インフルエンザ感染を確認された。患者は1月25日より入院加療されていたが、本日鳥インフルエンザ感染が確認された。ベトナムにおける先月以来の流行で17人目の感染者となる。患者の様態は急速に改善しつつある。患者が入院しているハノイの熱帯疾患施設には、他に3人の鳥インフルエンザ陽性患者と検査結果待ちの患者がいる。
国連、鳥インフルエンザ警戒を発した
 二つの国連機関、FAOとOIEは、鳥インフルエンザ流行国はさらなる拡大防止措置をとる必要があると語った。ウイルスの駆除は今後数年間は不可能で、鳥インフルエンザが流行した諸国では、今後も流行が継続する可能性があるとの見解をだした。
カンボジア当局、鳥インフルエンザ死女性の親族の検査を開始

 カンボジア健康省は、死亡した女性の親族7人の検査をプノンペンのパスツール研究所で開始したと語った。親族の中から数人が症状を呈しているようだ。集団感染の可能性があるようだ。
周辺国からの入国者のチェックは不要
 
マレーシア健康省の疾病コントロール責任者は、鳥インフルエンザはSARSと違って人の間で感染が広がっているのではないから、流行国から入国する人々に対するチェック体制を敷く必要はないと語った。WHOも感染国からの旅行者に対する警戒情報は出していない。しかしながら国内の医療機関は、鳥インフルエンザ様症状を呈する患者の増加について警戒体制にあると語った。
カンボジアにおける患者の発生は、許せない体制不備である。
 カンボジアとラオスの当局者は、鳥インフルエンザの発生はないと報告している。しかしこれらの国でのモニタリングシステムは不完全である。今回、ベトナムの25才女性が発病して国境近くのベトナムの病院に診療を求めてを受診し、30日に死亡したのは、その一つの証拠でもある。カンボジア当局は彼女が鳥インフルエンザ様症状を呈していたにも関わらず、鳥インフルエンザの確認をしていなかった。
 これらの国から報告される鳥インフルエンザ情報は異常に少ない。モニターや検査体制が整備されていないことを意味する。鳥インフルエンザの危険性は人・人感染を生じる性格を帯びることであるが、現在、多くの患者が検査を受けていないので、事態は不明なままだ。
 今回の事例は非常に深刻な状況を意味する。死亡した
25歳女性が最初の患者ではなく、18日に死亡した弟が最初の患者と考えるべきだ。弟が明らかに鳥インフルエンザ様症状で死亡したにも関わらずカンボジア当局は調査をしていなかったし、家族の検査もしなかった。鳥インフルエンザの検査をしたのはベトナムの病院だった。
 メディアによるとその地域では1ヶ月前に家禽の死が認められていたようだが、それはOIEにカンボジア当局から報告されていなかった。

鳥インフルエンザは脅威を持続し続けているし、もしかしたら事態は悪化している可能性もある
 FAOとOIEは本日(1日)会議を持ったが、鳥インフルエンザはアジアで流行状況は続いており、関係国はさらなる感染予防体制をとる必要があるとの声明を出した。最近の実情を見る限り、早急にウイルスを排除することは不可能であるとの考えを示した。
今季、ベトナム外で初の鳥インフルエンザ死亡者発生
 カンボジア女性、今回の流行におけるベトナム外での初の死亡者となった。1月30日ベトナムの病院で死亡した25歳女性は、鳥インフルエンザ(H5N1)に感染していたことが確認された。
2月1日 カンボジア女性、鳥インフルエンザで死亡と確認される
 ベトナムの病院で30日死亡した
25歳のカンボジア女性に関して、鳥インフルエンザ(H5N1)感染が今日確認された。カンボジアでの初の死亡者となる。 女性の住んで居たカンボジアの村では死んだ家禽が見られていたと言い、さらにも似た症状で18日に死亡している。カンボジアのKampot省出身の女性は最初カンボジアの地方診療所で治療を受けていたが、重体となったため、国境沿いのベトナムのKien Giang省の病院へ運ばれた。そこへ到着後人工呼吸器につながれて、重体状態が続いていた。
鳥インフルエンザウイルスは変異するかもしれない:WHO
 ベトナムWHO代表は、我々が重大な関心を抱いているのは、ウイルスが変異するかどうかということと、変異していなくてもさらに患者数が増加してゆくのかどうかということである、と語った。現在のところウイルスが変化したという確証はない。
鳥インフルエンザ、ベトナムの少女を犠牲に、カンボジア女性も疑い濃厚

 鳥フルは10歳のベトナム少女を死亡させたが、さらに死亡したカンボジア女性も鳥フルの疑いが強い。ベトナムの医師達は、この事例をきっかけにカンボジア政府が鳥フルに対する警戒態勢を整えることを望んでいる。女性が死亡した Ha Tien の町には多くのカンボジア人がやってきている。カンボジアのCDCでは、この事例はいまだ疑い例に過ぎない。我々は検査結果がベトナムから届くのを待っている、と語っている。
 WHOはベトナムに隣接する、カンボジア、ラオス、ミャンマーですでに鳥フルに感染している人々がいるかも知れないと語っている。これらの国では監視体制が整っていない。
1月31日 ベトナムでの鳥インフルエンザ死亡者増加。
 死亡した鳥の処理を手伝った1週間後から高熱とひどい咳を伴って入院していた10歳少女が、数日間の人工呼吸器治療の後に死亡。ベトナムでの今回の流行にあたって12番目の死亡者となった。29日には13歳少女が鳥インフルエンザで死亡したが、やはり鳥インフルエンザで死亡したと思われる母親から感染した疑いがもたれている。また。さらに29日に25歳のカンボジア女性が死亡しているが、検査結果は出ていないが鳥インフルエンザが強く疑われている。医師団がこの事例に強い関心を抱いているのは、彼女の兄弟が最近呼吸困難で死亡している事実があり、鳥インフルエンザの家族内発生が疑われるからである。鳥インフルエンザウイルスが、人への強い感染性を抱いた可能性が危惧されている。
鳥インフルエンザ疑いのカンボジア女性死亡
 Kien Giang 省の総合病院に、鳥インフルエンザ様症状で入院していた25歳カンボジア女性は29日に死亡したと発表された。鳥インフルエンザウイルスに関しては検査中。
台湾CDC:中国、東南アジアへの旅行客に「鳥インフルエンザ」警告
 旧暦正月を迎えるにあたり、台湾のCDCは国内外の旅行客に対して、東南アジアにおける鳥インフルエンザ情報を伝えるとともに監視体制を強めた。対象国として中国も上げ、SARSについても警戒を要するとの立場をとっている。
ベトナムで12例目の死亡者発生

 
ベトナム南部Long An province省出身の
10歳少女が20日から入院加療を受けていたが、30日死亡した。1月28日報道の2少女の一人。もう一人の13歳少女は29日に死亡している。この一ヶ月間で12番目の死亡者となる。Long An省は昨年から鳥インフルエンザが家禽の間で大流行している。
鳥インフルエンザの展開に、専門家は予断のない警戒体制に

 鳥インフルエンザの流行状況は昨年1月に似ているが、専門家達はウイルスの変化に予断のない警戒態勢に入っている。
1月30日 鳥インフルエンザウイルスが人から人へ感染
 
11人目の犠牲者をだした殺人ウイルスが、変異して人・人感染を起こしている可能性も否定できない。先週末、New.Engl.J.Medに研究者が鳥インフルエンザウイルスの人・人感染事例について発表している。
13歳少女、鳥インフルエンザウイルスの犠牲となる
 
昨日、ベトナム当局者と国連係官が鳥インフルエンザの流行について会議をもったが、終了後に担当医師からDong Thap 省からの13歳少女の死亡が発表された。29日朝に死亡。11人目の鳥インフルエンザ感染死亡者。
専門家は推移を警戒
 
ベトナムにおける鳥インフルエンザの進展は昨年と似ているように思われるが、現地の専門家は次の二点を心配している。ウイルスが現在の形のまま人間の感染の事例が増えてゆく。これは世界的にはそれほど恐れることではないが、我々にとっては重大なことである。もう一つはウイルスが変異して人に感染しだす。それ故、家族内発生の事例は注意深く観察する必要がある。
鳥インフルエンザは人・人感染へ飛躍の可能性
 
13歳少女がベトナムで11番目の死亡者となった。その一方で昨日カンボジアの女性が重体で入院している。鳥インフルエンザは変異して、人・人感染を起こし始めている恐れも否定できない。
感染国訪問者のモニタリングの開始が必要

 タイの鶏農場経営者は政府にさらなる感染拡大防止対策を要求。
カンボジア女性は人から感染?
 25歳のカンボジアの女性が高熱と咳で28日に、カンボジアとの国境線近くのベトナムKien Giang省の病院に入院した。医師によると患者名は明かされていないが、29日の状態は重体で人工呼吸器につながれている。患者の親戚の話によると一ヶ月ほど前に、患者の住むKampot村で家禽が死んだという。しかし、その死亡した家禽から彼女が感染したと考えるには潜伏期間が長すぎる。通常接触から2〜10日間である。彼女が鳥インフルエンザ感染と確認されたなら、12月以降のタイとベトナムにおける再流行以来、カンボジアにおける初めての人感染の例となる。しかしカンボジア健康省では事態を把握していないようだ。カンボジアでは鳥インフルエンザ監視体制は明確ではないから、患者が家禽から感染したのか、人から感染したのか不明である。
東南アジア政府はワクチンを自国民のために備蓄すべき(WHO関係者)
 WHO協力センター長であるウイルス研究者のRobert Websterは、鳥インフルエンザに対するワクチンを東南アジア政府は備蓄すべきと語った。同センターではワクチンが作成されたが、現在動物実験を終え、人での臨床実験段階に入りつつある。
1月にベトナムで90万羽の家禽が処分
 1月1日〜28日までの間に、国内の全省に渡って、30市の116地区で家禽鳥インフルエンザが流行。225,690羽の鶏、289.590羽のアヒルとガチョウ、そして381,850羽のウズラが処分された。
1月29日 シンガポール当局、鳥インフルエンザ侵入警戒態勢を強化
 シンガポールに入ってくる家禽類に対するチェック体制を強化。シンガポールではこれまで鳥インフルエンザは発生したことはない。もし一件の鳥インフルエンザ事例でも出た場合は、国内の五カ所の農場にいる200万羽の鶏の処分と、鶏の輸入禁止に踏み切る予定。
カンボジア女性がベトナムで重体。トリインフルエンザの疑い。

 ベトナムへカンボジアから来た25歳女性が重体で人工呼吸器による治療を受けている。鳥インフルエンザの疑いが強く、現在検査中。
ベトナムで11人目の死者
同上
 先日来人工呼吸器で加療中の13歳少女が昨夜死亡。少女の母親である35歳の女性は21日死亡している。
中国首相、最大の体制で鳥インフル拡大を防止との声明
 
東南アジアで拡大している鳥インフルエンザに対して、最大の感染防御態勢で、と声明。
マレーシア:インフルエンザ&鳥インフルエンザの全国的モニターシステムを構築

 国内135の病院と4000の診療所を結ぶネットワークでインフルエンザ様症状を呈する患者の推移を観察。
マレーシア政府:医療関係者に緊急警戒情報
 国内の国立病院・診療所に対して24時間警戒体制を取るように緊急通達。鳥インフルエンザ様症状(インフルエンザ様症状、咽頭痛、発熱、咳、鼻水)を呈する患者の急速な増加が見られるときは、地域における異常な鳥の死の有無を確認する。
ハノイ:鳥インフルエンザ拡大阻止のため機動隊を配置
 ホーチミン市の「鳥インフル」チェックポイントに機動隊が配置された。感染した鳥、公的にチェックされていない鳥が市内に持ち込まれ、売買されないためである。ベトナムで発症している人の感染例の多くは、感染した鳥からうつてきたと当局が考えていることから、このような厳戒態勢に入った模様。
ベトナムにおける集団発生事例
 メディアによって情報が異なる。WHO情報を基に、現時点での確かな情報を中心にまとめた。Recombinomics
 管理人邦訳
1月28日 フィリピン政府は鳥インフルエンザ侵入防止体制をさらに強化
 鳥インフルエンザ流行国からの家禽由来産物の輸入の禁止。港、空港、家禽農場に靴の消毒浴槽設置。渡り鳥捕獲および処分の禁止。飼育家畜の渡り鳥との接触を避けるように啓発。
ベトナム・ホーチミン市で機動隊配備

 機動隊を家禽運搬車に対する指導・警戒のためチェックポイントに配備。旅行業者に対しても警戒を呼びかけている。
ベトナムで新たに5人の感染が確認
 10歳と13歳の少女(下の報道と同じ)の他、ホーチミンの病院で治療中の30〜66歳の男性3人で鳥インフルエンザ感染が確認された。
ベトナムで10人目の鳥インフルエンザ死亡者
 ハノイの北方の Phu Tho省出身の32歳男性が、木曜日(27日)死亡した。鳥インフルエンザに感染していることは検査で確認されている。
ベトナムでさらなる鳥インフルエンザ死亡者発生
 北方のPhu Tho 省出身の32歳男性が5日間の入院治療の後昨日死亡。他に2人の鳥インフルエンザ感染が確認されている患者が同じ病院に入院中。
アジア諸国では鳥インフルエンザ拡大防止に懸命であるが、もし人・人感染が発生しだしたら救いようのない事態となる
 アジアの各国では家禽類の鳥インフルエンザ拡大に多大の労力を払い、抗インフルエンザ薬の備蓄、さらに製薬会社はワクチン開発など、多くの対策が施されつつある。しかしながら専門家は鳥インフルエンザウイルスが変異して、人・人感染を生じる性格を持ったなら、全ての対策は無効となり救いようのない事態になると警告している。
南ベトナムで2少女が鳥インフルエンザに感染、重体となり加療中
 10歳と13歳の少女が重体となり、ホーチミン市の病院で人工呼吸器で加療中。13歳少女の母親は、21日に鳥インフルエンザで死亡している。
1月27日 人・人感染を示唆する新たな症例が出現
 10歳と13歳少女が鳥インフルエンザに罹患して重症となっているが、13歳の少女は先日9番目の死者となった35歳の女性の娘である。女性の死亡時に何ら症状を呈していなかった可能性が高く、もしそうなら母親から感染したことが強く疑われる。
人の間で脅威的に拡大する可能性は否定できない。(WHO警告)
 状況は1918年のスペイン風邪が大流行したときに似ている。警戒が必要とWHOはアジアの各国の政府に通達。適正に現在拡大の鳥インフルエンザが撲滅されないならば、4千万人が世界で犠牲になった1918年のスペイン風邪と類似の状況になる可能性があると通達。
ベトナムで二人の少女が鳥インフルエンザ感染の可能性
 10歳と13歳の少女が重体。人工呼吸器で治療中。鳥インフルエンザ(H5N1)が検査で陽性であることが確認された。
鳥インフルエンザ、人・人感染を示すさらなる事
 昨年末に発症し今月初旬に死亡したベトナムの47歳男性と、看病していた42歳の弟、および37歳の弟に関して、家族内発生の可能性が極めて高く、詳細なる調査が行われている。
人・人感染発生に対して体制を整える(香港)
 タミフル備蓄、近隣国の情報公開、インフルエンザワクチン接種など。
タイ閣議、人・人感染に移行後の対策を承認
 ベトナムでの鳥インフルエンザの急速な拡大と人・人感染発生の状況から、タミフル15万錠の備蓄など。
1月26日 タイ政府:今後3年間、鳥インフルエンザ流行に備えて多額の予算を計上
 今後3年間47億バート以上の予算を、鳥インフルエンザ流行と、人・人感染対策に対して計上。
兄弟感染例に対してベトナム当局は、人・人感染の根拠はないと発表
 兄弟が鳥インフルエンザに感染、47歳の兄が10日に死亡(7人目の死亡者)、もう一人が回復した事例で、さらにもう一人の兄弟が鳥インフルエンザに罹患していることが判明。WHOは人・人感染の疑いで調査中であるが、ベトナム当局は人・人感染の証拠はないと発表。
昨秋の親族内で3人発症事例、人・人感染:国際研究者チーム発表
 昨年鳥インフルエンザで死亡した11歳少女と、やはり死亡した母親、さらに回復した叔母の事例について、人・人感染の疑いが濃厚と国際的研究者チームが発表。
 詳細
 
1月25日 タイ政府閣議で「鳥インフルエンザ」流行に際する緊急プランを了承
 人・人感染による鳥インフルエンザが流行しはじめたときの数百万ドルにわたる緊急プランについて、閣議が了承した。
タイの研究者が鳥インフルエンザの人・人感染の事例を医学誌に発表
 昨年鳥インフルエンザで死亡した11歳少女と、やはり死亡した母親、さらに回復した叔母の事例について、人・人感染として、今週の「New England Journal of Medicine」に発表する。 詳細
タイで家禽類での鳥インフルエンザ拡大中
 今年に入って2地域で鳥インフルエンザ流行が確認されていたが、さらにもう1地域での流行が確認され、大量の鶏が処分された
タイとベトナムで「人」での鳥インフルエンザ流行の危険性
 タイ当局はタイで200万人以上の犠牲者がでる可能性があることを警告した。一方ベトナム当局は先週末9人目の死者がでたことから、全国の病院に対して大流行に備えるよう通達をだした。
1月24日 鳥インフルエンザでさらに2名死亡(ベトナムで9名となる)
 ベトナムで昨年12月30日以来9人目、一昨年末以来29人目の、鳥インフルエンザによる死者が確認された。.
 最後の報告の死者は、先週金曜日にホーチミン市で死亡した
35歳女性。1月15日に死亡した17歳の少年は、昨日検査で確認された。
1月23日 鳥インフルエンザでの死者、この3週間で9人に
 シカゴ・トリビューン。
ベトナムでさらなる鳥インフルエンザの家禽類流行
 23省の232の市町村で鳥インフルエンザが流行中。主として南部地域であるが、家禽類が今年に入ってから50万羽が死亡または処分されている。
死亡した17歳少年の姉も発症して入院
 15日に死亡した17歳の少年の姉もインフルエンザ症状を呈して入院。同家族の隣は鶏市場で、鳥インフルエンザが流行していた。姉は弟から感染した疑いがあり調査中。
ベトナムでの鳥インフルエンザ流行は対数的に増加中!!
 ベトナムでの鳥インフルエンザ流行地域は対数的に増加中。近隣国への拡大が懸念される。
鳥インフルエンザでさらに2人死亡がベトナムから報告
 35歳女性17歳男性が死亡。米国も事態を重視。ジュネーブでの会議において取り上げるように提案。
 より多く人の感染例が増えるに従い、鳥インフルエンザウイルスの変異の可能性が高まり、世界的に流行の危険性も高まる。非常に恐ろしい事態が想定される。>WHO関係者。
1月22日 さらにベトナムで2人死亡。過去3週間で9人目の死者
 WHOは、ウイルス変異により人・人感染が生じることを恐れている。現在のところ、それを示唆する証拠はない
ベトナムで2人鳥インフルエンザで死亡
 アイルランド・オン・ライン・ニュース
ベトナムとタイで鳥インフルエンザが再流行

 WHOは近隣のカンボジア、ミャンマー、ラオスでの流行を懸念。疫学的調査体制が敷かれていない可能性があるため。
ベトナムで7人目の鳥インフルエンザ死亡者
 47歳男性が10日に鳥インフルエンザで死亡と当局が発表。同男性の弟も鳥インフルエンザに罹患していることが検査で分かっているが、症状は落ち着いている由。ベトナム当局は鳥インフルエンザが世界へ流行拡大する懸念をWHOへ伝えた。
 鳥インフルエンザ感染者の死亡率は70%を越える
2月の旧暦正月で鳥インフルエンザ流行拡大を懸念(WHO)
・正月中にベトナム国内での家禽類の移動、人の移動が活発化
・さらなる低温期に入り、鳥インフルエンザウィルスが活発化
・家禽類のマーケットでの売買が活発化、そのための活発なる移動、そして家庭などでの消費量が増大
・ベトナムに隣接するTay Ninh省からホーチミンの病院へ日曜日に入院した少女は、人工呼吸器につながれているが、容態は安定していると医師団は金曜日(21日)に語った。彼女の家族は感染している鶏を殺して家族で食用にしたが、食べた後に少女は倒れた。
TOP