高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
  
Overseas News
2012年8月・9月10月11月12月
鳥インフルに関しては気になる情報が入り次第掲載します

2012/12/31

Early flu season could be severe, experts warn Washington Post  (米国) 米国、今シーズンの早期から始まったインフルエンザ流行は相当深刻になるかもしれない、専門家たちが警告

 米国のインフルエンザ流行はこの10年間で最も早くから始まっていて、専門家たちは非常に深刻な流行になる可能性を推測して、警告している。

 米国CDCの当局者たちは、インフルエンザ流行は予知しがたいものではあるが、感染者数の早期からの増加と流行している株から考えると、今季のインフルエンザ流行は深刻なものになる可能性が高いと警告している。
 流行株はH3N2型が中心であるが、当型が流行のシーズンはより深刻な結果が出ることを過去のデータは示している。

 しかしながら当局では今年使用しているワクチンは現在の流行株に適合しているので、いまだ接種していない人々は接種を急ぐように忠告している。

 12月初旬にCDCは、インフルエンザ流行が例年よりも早くに始まっていることに気づいていたが、その始まりは2003-2004年シーズン以後で最も早かった。

 CDCのインフルエンザ疫学部の責任者は、この2~3週間、患者数は増加し続けていて、新年に入ってからもその傾向は続く可能性がある、と語っている。
 過去20年間のデータから考えると、H3N2型が流行の中心である年は、死者数と入院者数がより多くなるという。

 もっとも最近に早くから流行が始まったのは2003-2004年のシーズンで(H3N2)、過去35年間で最も死者数が多く、48000人以上であった。例年の平均は25000人とされる。
 しかし専門家は、そのシーズンはワクチンは流行株に適合していなかったが、今シーズンは適合しているから、できるだけ接種を急ぐようにコメントしている。
 11月末まで、約1億1200万人の米国人がワクチン接種を済ませている。ワクチンは6ヵ月以上のすべての人に接種が勧奨されている。

 なお今年からタミフルがインフルエンザ症状を呈する生後2週以上の小児への使用がFDAにより承認されている。以前は1歳以上だった。

2012/12/29

中国インフルエンザ流行状況 

 流行程度は未だ低い。

香港インフルエンザ流行状況

 いまだ感染者数は少なく、流行程度は低い。

アイルランドインフルエンザ流行状況 (アイルランド健康保護庁)
 流行が始まっているが、学童を中心としたB型が多い。

英国インフルエンザ流行状況 (英国健康保護庁、HPA)

 第51週 (12月17日~23日)

 インフルエンザ様症状の患者数は増えていて流行域に入ってきているが、未だ低い。
 分離ウイルス株はそれほど多くはなく、B型、H3N2型が少数。

米国インフルエンザ流行状況  (米国CDC)

第51週 (12月16日~22日)

 インフルエンザ罹患者数は急増している。過去数年間で最も早い流行となっているが、流行株の中心はH3N2香港型が主で、ウイルスの抗原変異は認められていない。ウイルスは本年度のワクチン株と近縁とされる。
 一方B型は68.7%がワクチン株の山形系統株である、B/Wisconsin/1/2010-likeであるが、31.3%はビクトリア系統株となっており、今シーズンのワクチン株とは異なっている。
 
 小児の死亡が多くなっているが、H3N2型とB型によるものが混ざっている。

 定点医療機関を受診しているインフルエンザ様症状(発熱>37.8°、咳または咽頭痛)を保有する患者の割合は急増している。
 今シーズンは過去数年来最悪のインフルエンザ流行となる可能性が高い。



 変異型ウイルスは以下の通りの検出率。
   ・新型のA型人インフルエンザは検出されていない。
   ・H3N2v型は308例、H1N1vは3例、H1N1vは1例。いずれも本年7月以来の合計。


2012/12/27

New strain of avian flu kills thousands of ducks across Java Jakarta Post (インドネシア) 鳥インフルエンザの新規株がジャワ島全体に広がり多くのアヒルを殺している
 また同新規株が多くの鶏を殺している疑いも浮上している。

 これまでのクレード2.1株ではなく、クレード2.3株(2.3.2.1株と考えられる:訳者)と考えられている。

 クレード2.3.株は2012年9月にインドネシアに現れ、多くのアヒルを殺してきた。

 訳者注:クレード2.3.2.1株は2年ほど前から中国南部で発生し、それからベトナムに広がっている変異株で、これまでの家きんに用いてきたワクチンは無効とされる。人への感染は3件知られており、死亡例も出ている。

2012/12/26

Bangladesh slaughters 150000 birds over avian flu The Daily Star (バングラデシュ) バングラデシュ、15万羽の鶏を鳥インフルエンザ発生のために殺処分
 この5年間で最悪の鳥インフルエンザ発生により、ダッカの近くの大養鶏場で15万羽の鶏が殺処分されている。家畜局の発表による。

 24日にダッカの北方40キロにあるガジプルの養鶏場で致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスが確認された。
 農場には15万羽の鶏がいるが、すでに12万羽が殺処分されたという。

 バングラデシュでは2007年2月に鳥インフルエンザが発生し、数千か所の養鶏場で100万羽以上の鶏が殺処分された。



2012/12/20

インドネシアとエジプトで幼児が鳥インフルエンザに感染したことをWHOが報告 
 エジプトで2歳女児が12月3日に発症。軽快したもよう。4日からタミフルによる治療を受けている。
 インドネシアでは先にも報告しているように4歳男児が11月30日に発症して、12月6日に死亡している。

 これらの事例は同機関の鳥インフルエンザ状況更新ではいまだ掲載されていない。

Suspected bird flu victim in Semarang Jakarta Post (インドネシア) サマランで鳥インフルエンザ感染者発生の疑い
 中央ジャワ保健局は、サマランの病院で鳥インフルエンザ疑いで54歳男性が治療を受けていると発表した。
 高熱と咳が症状。詳細は不明。

2012/12/18

米政府、鳥フル研究審査を厳格化 徳島新聞
 米政府は18日までに、毒性が強いH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を変異させる研究への公的助成について、国と助成機関の2段階で研究内容を評価し、審査を厳格化する方針を決めた。米厚生省が明らかにした。
 研究内容が生物テロに悪用されるのを防ぐ目的。哺乳類に感染しやすいウイルスをつくった東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの研究に懸念が高まり、科学誌への論文公開が一時できなくなったほか、同様の研究が世界中で今も停止している問題を受けた措置。

Flu season kicks off early, strong Chicago Sun-Times (米国、シカゴ) インフルエンザ流行が例年よりも早期に、かつ強力に始まる 

米国で例年よりも早いインフルエンザ流行がはじまる (CDC 季節性インフルエンザ情報)

 流行の中心はH3N2。ワクチン株と近縁。

 

Bird flu kills 4-year-old boy in Indonesia; 160th death in world's hardest-hit ... Washington Post  インドネシアで4歳男児が鳥インフルエンザで死亡;世界で最も感染者の多い国の160人目の死者

 15日のExaminer.comと同内容

2012/12/15

Indonesia reports ninth human 'bird flu' death of 2012 - National infectious ... Examiner.com (国際) インドネシア、2012年度9人目の鳥インフルエンザ死者を報告

 西ジャワで4歳男児がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと、インドネシア保健省が発表した。
 男児は2012年11月20日に発熱し、その後いくつかのクリニックや保健センターに運ばれたが、12月6日にタンゲラン地区病院に入院した。発熱と咳、呼吸速迫を呈していた。しかし状態は悪化して、同日夕方に男児は死亡した。

 病院当局と関連機関の調査によると、男児は家きんの死骸に接触したことでウイルス感染したものと考えられた。

 当症例は2012年度におけるインドネシアで9例目の感染者、そして死亡例となった。
 なお世界的にも7月下旬以来初の感染者報告となった。

Controversial bird flu papers fly Science News 論議を呼んでいる鳥インフルエンザ論文が公開された

 オランダと米国のH5N1鳥インフルエンザウイルスの人為的に作成した変異株に関する2論文が6月に公開されたが、研究の保留は継続されたままである。

 米国政府は研究の保留の継続を曖昧な表現で伝えている。
 研究者たちは、H5N1ウイルスの遺伝子組み換え実験は、H5N1ウイルスの人への脅威をい予知するうえでも、さらにその予防対策のためにも重要と考えている。

 この間の状況に関するレビュー記事。

2012/12/13

New coronavirus can infect cells from multiple species CIDRAP 新型コロナウイルスは他種類の哺乳動物の細胞に感染する

 かって流行したSARSウイルスに近縁な新型コロナウイルス(hCoV-EMC)は、最初の宿主であるコウモリから豚、および霊長類の細胞に感染することが、ドイツとオランダの研究チームにより明らかにされた。全ての動物は共通のリセプターを持っていることが示唆された。
 SARSウイルスの場合はウイルスはコウモリを感染宿主としていたが、それがジャコウネコに感染するように変異し、最後に人に感染するように変異した。最終的ウイルスはコウモリに感染する能力は失っていた。そのリセプターは人の肺の奥にあるangiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) receptorとされているが、新型コロナウイルスのリセプターは別なリセプターとされる。
 しかし新型コロナウイルスは人から分離されたにも関わらず、コウモリの細胞にも感染する能力を保っていることは、驚くべき事実であると、専門家は語っている。
 人に感染するようになった新型コロナウイルスがコウモリを含めて他哺乳動物にも感染するとなると、非常に脅威的であり、SARSを超える恐ろしい感染症となりえる可能性を感じる。
ECDC updates risk assessment for novel coronavirus CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症研究と政策センター) ヨーロッパCDC、新型コロナウイルスに対するリスクアセスメントを更新

Clusters of coronavirus cases put scientists on alert  nature (国際) 新型コロナウイルス感染者のクラスター(集団)発生に専門家たちは警戒心を強める
 サウジアラビアの家族内発生(5人中3人死亡)、および4月に発生していたヨルダンの病院における院内集団発生(2人死亡)に対して、専門家たちはウイルスの拡大と、そのパンデミック発生に対して警戒心を強めている。
 ドイツでのウイルス同定検査法の確立により、感染者数の確認(血中抗体測定による)が行われると、より詳細な致死率や、ウイルスの拡大状況が判明する。
 他、総説的に説明

 新型コロナウイルスはH5N1鳥インフルエンザと同じカテゴリーに入る危険な感染症
 ”It’s an extremely serious disease; it’s very much in the category of H5N1.”

2012/12/12

Indonesia says it has found more virulent bird flu strain  China Post (台湾) インドネシア、より強毒性の鳥インフルエンザウイルスを確認と発表

 昨日のAFP配信ニュース

2012/12/11

Indonesia says it has found more virulent bird flu strain Channel News Asia (シンガポール) インドネシア、より強毒性の鳥インフルエンザウイルスを確認と発表

 AFP配信

 ジャワ島で11月に入って以来アヒル30万羽を殺した、インドネシアでこれまで確認されていなかった新型のH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、農業省の獣医担当局長が、AFPへの手紙で発表した。
 ウイルスはクレード2.3…とされるが、ベトナムや中国で広がっているクレード2.3.2.1株と推定される。
 同長官は検出ウイルスが、これまでインドネシアで流行していたクレード2.1株からの変異型なのか、それとも海外からもたらされた新型なのかを分析すると手紙で述べている。
 同報告はWHOにも手紙で伝えている。

 人獣共通感染症制御国家委員会のエミール・アグスチオノ長官は、ウイルスは、多分ベトナムまたはタイから拡大してきた疑いがある、と述べている。

 保健当局は地方の行政当局に、ウイルスの拡大を抑えるために家きんの輸送に対する警戒態勢を強化するように通達した。



特集

H5N1ウイルスは人の腸管粘膜に感染する能力があるという事実を、人の組織を用いて証明した論文がでている。
 まずH5N1鳥インフルエンザウイルスは、大腸粘膜に感染するが、そこにはウイルスのリセプターが多く存在するという事実を明確にした論文である。2009年8月の論文であるが、中国研究チームにより国際的医学雑誌に掲載されている。J.Infect.Dis(感染症雑誌)

 人の呼吸器にはいまだH5N1ウイルスのリセプターは少ないが、大腸には多く存在して、それが感染者の胃腸症状の原因となっているということと、そこから血流に入って全身に感染してゆくとされる。

 ・H5N1鳥インフルエンザに感染した鳥の肉や卵を加熱しないで食べると感染することは常識であり、それをどれだけ医療職が認識できているかという調査がベトナムの医療関係者を対象として行われている。
 日本とベトナムの研究者による研究 PLOS-ONE
 90%前後の医師やナース、検査技師が十分認識しているという結果が記載されている。

 日本消費者庁では、感染鳥の肉や卵を食べても感染することはないと誤解を招く発表をしており、各マスコミもそのように報道してきている。要するに業界保護の立場に立つ科学性にない説明にすぎない。

 ・国立病院仙台医療センターの国内の代表的ウイルス専門家である西村秀一氏による、{殺菌性能を有する空中浮遊物質の放出を謳う各種電気製品}の性能のまやかしを明確にした論文
 プラズマクラスター、ナノイー、ビオンの3機種を用いて、14.4立方メートルの閉鎖的空間で、浮遊させた細菌をどれだけ減少させるか実験をしたが、全く効果はなかったという結果。
 同氏は先に浮遊ウイルスに関しても実験をしており、全く効果はないという結果を発表している。

 各メーカーは、それなりに反論するデータを出しているが、全て科学性がない実験方法で、説得力はなく、売らんがための誇張データとなっている。
 日本感染症学会雑誌 2012年 86巻


2012/12/4

Jordan calls novel coronavirus cases isolated CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症研究と政策センター) ヨルダン、新型コロナウイルス感染症は封じ込まれたと発表
 2例の致死的新型コロナウイルス(CoV)感染症による死亡例が4月に発生し、最近ウイルスが確認されたヨルダンで、ヨルダンの保健省は、4月以降同国で同ウイルスによる感染者は発生していないと報道機関に伝えた。

 11月30日にWHOはヨルダンのザルカの病院内ICUで11人の重症呼吸器感染症が発生し、その2人でCoVが分離されたことを発表した。
 その後ヨルダンの集団発生における、他の患者のウイルス検査結果に関する報告はない。

 ヨルダンの事例以外では、サウジアラビアで3例の死亡者を含む5感染事例、カタールで2感染事例が確認されている。サウジアラビアにおける3例は同一家族内で発生している。

 他の話題として、カナダ政府は新型コロナウイルスに関して旅行者に注意を11月30日に発している。
 旅行者の健康注意に関する最新更新情報で、カナダ公衆衛生局はサウジアラビアを含むいくつかの国では、旅行者がインフルエンザ様症状を呈した場合隔離されることがあると注意を促している。
 もし旅行前にインフルエンザ様症状が出ている場合、旅行の延期を勧めている。

 一方WHOは本日新型CoVに関するQ&Aで一連の内容を更新した。
 WHOはウイルスに関して詳細は不明で、感染者の感染経路、ウイルスが他の地域に拡大したか等、一切不明であると強調している。
 しかしSARSウイルスと違って、新型コロナウイルスは簡単に人人感染を起こさないよう思われると、コメントを加えている。

 これまでの事例では、共通の症状は急性で重症な呼吸器疾患で、熱、咳、呼吸速迫、および呼吸困難であると、WHOは伝えている。


2012/12/3

Coronavirus; 9 Cases, 5 Deaths: Is this the Beginning of a Pandemic?  Guardian Express (英国) コロナウイルス感染者、9人、そのうち5人が死亡:これはパンデミックの開始を意味する?

Possibility of a pandemic grows as WHO discovers another SARS natmonitor.com (米国) WHOがSARS類似感染症を報告:パンデミックの可能性が示唆

2012/12/1

Two Jordan cases in April shift novel coronavirus picture CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症研究と政策センター) ヨルダンで4月に新型コロナウイルス感染者が発生していた-新型コロナウイルス感染症に対する見解に変化
 WHOは4月にヨルダンで発生した集団院内呼吸器感染症の一部から新型コロナウイルスが検出されたことを発表した。
 発表は同ウイルスの感染国がさらに一ヵ所増えたことを伝えるほかに、ウイルスがこれまで考えられていたよりも2か月早く人に感染していたこと、そしてウイルスが人人感染を起こしている可能性が高まったことを示唆している。

 また本日WHOは先に確認されていたサウジアラビアの家族内発生で検査で死亡例が確認されたことも発表した。
 今回の発表で感染者数は死亡5人を含め9人となったが、全て近隣国3か国となっている:サウジアラビア、カタール、ヨルダン。

 4月、ヨルダンのザルカ(Zarqa)の病院のICUで、8人の医療担当者を含める11人が呼吸器感染症を発症していた。
 保健当局では新型のコロナウイルスが疑われると述べていたが、これまでのところ新型コロナウイルス感染が確認された初発例は6月にサウジアラビアの自宅で死亡した男性例と考えられてきた。ただしこの事例は9月まで報告されていなかった。

 ヨルダンで集団発生が確認されたとき、カイロの米海軍医学研究所(NAMRU 3)がヨルダン保健当局の依頼で検体を調べたが、既知のコロナウイルスに関して全例陰性と報告された。その頃は新型コロナウイルスの特異的検査法はなかった。
 10月に新型コロナウイルスが発見された後、ヨルダンは再度NAMRU 3に検査を依頼したが、2検体でウイルスが陽性とされた。しかしWHOは検査した検体数に関しては言及していない。

 WHOはヨルダンとサウジアラビアの集団発生から、限定的人人感染が起きている可能性が高まっていると説明している。

 しかいサウジアラビアの保健省次官は、サウジアラビアのウイルスと初期の発生を起こしたウイルスは別の株であると本日、CIDRAPにメールで示唆している。
 「サウジアラビアの家庭内で発生した感染は短時間で感染を起こしているが、先の事例ではそのような感染の仕方は認められていない」

 ヨルダンでの集団発生事例の確認は、監視体制がサウジアラビアとカタールを超えた地域で必要であることを示している。

 WHOは本日、警戒態勢が必要なことを発表し、その必要とされる内容に関して言及している。


Coronavirus caused infections as early in April, tests show CTV News (カナダ) 新型コロナウイルスは本年4月に感染者を出していた

Fifth coronavirus death reported BBC News (英国) 5例目の新型コロナウイルス死亡例が報告
 WHOは新型コロナウイルスによる2死亡例がヨルダンで確認され、当ウイルスによる感染者報告数が合計9例となったと発表した。

 当ウイルスの人人感染の可能性を示唆する事実が挙げられている。

 新型コロナウイルス感染は肺炎と腎不全を起こす。

 ヨルダンでは今年の初めころ、いくつかの重症肺炎の集団発生があったが、当時新型コロナウイルスは発見されていなかったため、検査対象となっていなかった。
 今回確認された2例は、流行した患者の一部として捉えられた。
Novel coronavirus infection - update WHO 新型コロナウイルス感染症-状況更新
 11月28日にサウジアラビアから新型コロナウイルスの死亡例が報告されたのに続き、ヨルダンから2死亡例がWHOに本日報告された(30日)。
 
 サウジアラビアで確認された最新例は10月に発症した事例で、先に2例が確認された家族内発生事例の他の感染者である。
 
 ヨルダンから報告された2例は2012年4月に発生した事例である。当時、同国で多くの重症肺炎が発生していて、同国保健省はWHOの新興および再興感染症協力センター(NAMRU-3、カイロ、米国)に検査室診断の協力を依頼した。NAMRU-3チームはヨルダンに向かい、この集団発生事例から検体を採取して検査した。

 4月24日、NAMURU-3チームはヨルダン保健省に、全ての検体で既知のコロナウイルスおよび他の呼吸器感染ウイルスが陰性であったと報告した。
 
 10月に新型コロナウイルスが発見されたことから、ヨルダン保健省は保存していた検体を再度NAMURU-3に送った。11月、NAMURU-3は検体中で2例の新型コロナウイルス感染例を確認し、その事実をヨルダン保健省に伝えた。

 ヨルダン保健省はこれらの感染例の詳細調査をWHOに依頼してきたため、WHO東地中海地域地域の専門チームは28日から疫学的調査と地域の重症急性呼吸器感染症(SARIs)監視体制強化を指導を開始した。

 状況の要約として、これまで合計9例の検査室確定新型ノロウイルス感染症がWHOに報告されている。3例の死亡例を含む5例がサウジアラビア、2例がカタール、そして2例(死亡例)がヨルダンから報告された。


Official: Bird flu kills 4000 wild ducks in Russia The Star Online (マレーシア) ロシアで野生のカモ4000羽が鳥インフルエンザで死ぬ
 ロシア農業省、クラシノダール地区担当局の広報官が、南部クラシノダール地区で約4000羽の野生のカモが死んでいるのが確認されたが、H5鳥インフルエンザによるものと推定されると語った。
 死んだカモは黒海近くのアナパの湖で見つかった。

 地域は厳重に警戒態勢が敷かれ、家きんと人にワクチン接種が行われている。
 The region has gone on high alert, with poultry and humans now being vaccinated.
 「すべての措置は大事をとっての予防のためでである」、と広報官は語っている。
 

2012/11/30

Revised interim case definition – novel coronavirus  WHO 新型コロナウイルス-暫定的症例定義更新

Probable Case 可能性例

  • A person fitting the definition above of a “Patient Under Investigation” with clinical, radiological, or histopathological evidence of pulmonary parenchyma disease (e.g. pneumonia or ARDS) but no possibility of laboratory confirmation either because the patient or samples are not available or there is no testing available for other respiratory infections, AND
  • close contact** with a laboratory confirmed case, AND
  • not already explained by any other infection or aetiology, including all clinically indicated tests for community-acquired pneumonia according to local management guidelines.

Confirmed Case 確定例

A person with laboratory confirmation of infection with the novel coronavirus.

Cases of New Coronavirus Increase to 7, Probably 8, WHO Reports  Businessweek (米国) 新型コロナウイルス感染者数7人、可能性例を含めると8人に増加、WHOが発表

WHO cites 7th coronavirus case, gives surveillance guidance  CIDRAP (米国) WHO、第7例目のコロナウイルス感染例を確認、監視のためのガイダンスを発表
 サウジアラビアの家族内で発生していた新型コロナウイルス感染症でさらに1例の家族で感染が確認され、もう1例が可能性例とされた。
 ウイルスが確認された感染者数は合計7人となった。一方、先に2例の死亡例を発表していたが、今回は死亡例は1例とし、先の発表と食い違いをみせたが、それに関してはWHOは何も言及しなかった。

 監視のためのガイダンスで以下の4種類のカテゴリーを示して、感染疑い者の確認を強化することを求めている。
 
 ・発症10日以内にアラビア半島または近隣国を旅行したか、居住していて、肺炎を疑わせる原因不明の呼吸器感染症を呈した人。
 ・発症10日以内に、確定例、または疑い例に濃厚接触し、急性呼吸器疾患を呈した人。
 ・重症急性呼吸器感染症のクラスター(小集団発生)、それは地域や旅行既往に関係ない。そして特に患者が濃厚治療が必要な場合。
 ・重症呼吸器感染症の患者をケアした医療従事者が原因不明の肺炎を発症した場合。地域および旅行既往に関係ない。

2012/11/28

Extent of coronavirus infections unclear CBC.ca (カナダ) 新型コロナウイルスの拡大程度は不明 - 監視網を拡大して情報が集積されない限りウイルスの拡大程度の判断は不可能:WHO専門家


2012/11/27

新型インフルに備え訓練=機内検疫の手順確認-成田空港 時事通信
 海外で新型インフルエンザが発生、流行した場合に備え、成田空港で27日、機内検疫などの訓練が行われた。こうした訓練は4年ぶりで、豚に由来する新型インフルエンザが流行した2009年以降では初めて。
 訓練は、鳥インフルエンザの変異でヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザが発生し、東南アジアの各地で感染が相次いでいるとの想定で実施。成田空港検疫所が主催し、地元消防や医療機関、航空会社など44機関、約110人が参加した。

2012/11/26

With little information shared, experts express concern about new coronavirus  The Canadian Press  (カナダ) 新型コロナウイルスに関してもっと情報の共有が必要である、と専門家がコメント
 下記報道と同じ。

 もっとウイルスに関する情報が共有される必要があることが、最初に新型コロナウイルスを同定したオランダのロン・フーシュ教授が、カナダの通信社であるカナディアン・プレスのインタビューでコメントを出している。
 WHOの対応に不満の意。

Lack of transparency concerns experts following new WHO advice ...  Globe and Mail  (カナダ) 新型コロナウイルスに関するWHOの警戒呼びかけは情報に不透明性がある
 WHOが新型コロナウイルスに関して世界的に監視体制を強めることを求め、地域に関係なく重症急性呼吸器感染症の集団発生が起きた場合は新型コロナウイルス感染症を疑う必要があることを23日にウエブで発表した。
 ウイルス感染者はいまだサウジアラビアとカタールの2か国でしか報告されていないが、状況が明確になるまでウイルスが世界各地に広がっていることも想定して対策を強化すべきとのWHOの見解が示された。

 こうしたWHOの警戒感に対して、当ウイルス研究の第一人者であるオランダのロン・フーシュ教授は、発表に不透明性があるといい、ウイルスが上記二か国以外に広がっている可能性を示唆する情報が出ているのなら、それも発表すべきであり、もしそうした情報がないのなら、現時点での警戒呼びかけには根拠がないとしている。
 米国のミネソタ大学のCIDRAP(感染症研究と政策研究センター)のマイケル・オステルホルム教授も類似の見解をもっている。

 WHOの警戒感は、最近メッカ大巡礼で300万人もの巡礼者が集まり、そして世界各地に戻ったことも影響していると思われる。

2012/11/25

WHO 新型冠状ウイルス感染増 中国国際放送
 WHO・世界保健機関は23日発表した通達で、「新型冠状ウイルスに感染した患者が新たに4人増え、そのうち1人が死亡したという報告を受けた。これで、実験室で確認された新型冠状ウイルス患者は6人になり、死亡者は2人になった」としてる。
 通達は「新たな患者のうち、3人(死亡者含む)はサウジアラビア人で、もう1人はカタール人だ。この前の病例もこの二つの国で発生したものだ」と明らかにしました。

 これについて、WHOは「より多くの情報を把握するまで、新型冠状ウイルスの感染がこの二つの国に限ったものだと仮定しないでほしい」とした上で、「重症な急性呼吸器感染に対して、すべての加盟国が引き続き観測するとともに、原因不明の肺感染症患者に対しては、サウジアラビア人やカタール人でなくても、新型冠状ウイルスの検査を行う必要がある」として注意を促した。

 *管理人注:後半はWHOが強調している部分であるが、国内報道機関は全くこの内容を伝えていない。

Sequencing supports novel coronavirus's tie to bat strains CIDRAP  (米国) 新型コロナウイルスの遺伝子はコウモリのコロナウイルスに近似
 6月に新型コロナウイルス( HCoV-EMC/2012)で死亡したサウジアラビアの男性から分離されたウイルスの遺伝子が、国際研究チームで完全に解読された。
 オランダ、エラスムス医学センターのロン・フーシェを中心とする研究チームが科学誌であるmBioに11月20日発表した。

 それによると新型コロナウイルスの遺伝子は、東南アジアと日本で確認されているコウモリのコロナウイルスのそれに近似しているとされる。
 新型コロナウイルスの増殖遺伝子が東南アジアのコウモリに感染しているHKU4のそれと75%同じで、さらに日本のコウモリに感染しているHKU5のそれと77%同じとされる。

2012/11/24

新型ウイルス感染、新たに4件=サウジで1人死亡-WHO 時事通信

SARS系新型ウイルス、新たに4患者…WHO 読売新聞

Family cluster of novel coronavirus cases reported in Saudi Arabia Nature.com (blog) (国際) サウジアラビアで新型コロナウイルスの家族内発生が報告
 WHOは検査で確認された4人の新型コロナウイルス感染者を報告し、本年6月以来、検査でウイルスが確認された感染者は計6人となった。
 
 今回確認された感染者の2人は同一家族に属し、ウイルスの人人感染が起きた可能性が示唆されているが、別々に動物から感染した可能性もある。
 新規感染者の3人はサウジアラビアで確認され、そのうち1人は死亡している。残りの1人はカタールで確認された。 
 WHOは感染者の詳細に関しては説明していない。
 
Second coronavirus death reported  BBC News (英国) 新型コロナウイルス感染症で2人目の死者が報告

New SARS-related virus has now infected six, killed two Toronto Star (カナダ) 新型SARS近縁ウイルスがこれまで6人に感染し、2人を殺す

New Respiratory Coronavirus Claims Second Victim  Medical News Today (米国) 新型呼吸器コロナウイルス感染症で2人目の死者が確認
 新型コロナウイルス2012による重症急性呼吸器感染症(Severe Acute Respiratory Infection (SARI))でさらに1人が死亡したことをWHOが発表した。
 死者はサウジアラビアで確認された。

 WHOの発表によるとサウジアラビアで3人、1人死亡、カタールで1人の感染者が確認された。
 
 人のコロナウイルスはウイルス表面に王冠のような突起があることから、そのように名づけられたが、最初の発見は1960年代である。

 感染によって引き起こされる症状は通常の風邪症状からSARSまである。後者は2002年に香港から世界中に広がり800人死亡した。
 しかしながら9月にWHOがウエブサイトで発表した説明では、2012年に発生しているコロナウイルスは遺伝学的にSARSウイルスとは全く異なるとされる。

 さらに下記WHOの説明が加わる。

新型コロナウイルス感染症-情報更新 WHO
 2012年11月23日

 新型コロナウイルス感染者4人(1人の死者を含む)の新たな発生が報告された。
 新たな事例はサウジアラビアとカタールにおける強化された監視体制の中で確認された。サウアラビアで死亡例1例を含む3例、そしてカタールで1例。

 疫学的、臨床的、およびウイルス学的調査が行われているが、それにより感染源、感染方法、そして人人感染の可能性が探索されている。
 最近発症した感染者の周辺で濃厚接触した人々が調査され、健康状態が監視されている。

 これまでのところサウジアラビアにおけるもっとも新しい2名の感染者が疫学的に関連していることが確認されているが、2人は同一家庭の家族である。
 この2人の感染者の臨床症状は類似しているが、1人は死亡し、もう1人は回復している。
 さらにこの家族の他の2人が類似の症状を呈していて、1人が死亡し、もう1人が回復しつつある。検査室診断では死亡例のウイルス学的検索結果は保留とされていて、もう1人の回復した家族は新型コロナウイルスの検査は陰性とされている。

 WHOはサウジアラビア、カタール、および国際的保健当局とともに、当新型コロナウイルス感染症に関して更に理解を深めてゆく予定である。
 より理解するためにさらに強化された疫学的および科学的探索が必要である。

 WHOは全ての加盟国が重症急性呼吸器感染症(severe acute respiratory infections (SARI) )の監視体制を強めることを求めるが、より多くの情報が今後集積されるまで、ウイルスが現時点で、サウジアラビアとカタールに限定されてなく、より広がっている可能性をも考慮すべきと判断される。

 加盟国は感染発生国への旅行の有無に関係なく、原因不明の肺炎患者に関して新型コロナウイルスの検査をすべきである。
 またSARIの集団発生(医療関係者を含む)が起きた場合、地域に関係なく、新型コロナウイルス感染の可能性に関して完全なる探索を行うべきである。

 これまで検査室診断されWHOに報告された6人は、4人がサウジアラビア(2人が死亡)で2人がカタールである。

2012/11/21
米国インフルエンザ流行情報 CDC

 いまだ流行の兆しはないが、分離ウイルスの多くはH3型(香港型H3N2)となっている。

中国インフルエンザ流行情報 国家インフルエンザセンター

 第45週(11月5日~11日)
 全土的に流行の兆しはないようだ。
 分離株は全てH3N2となっている。

香港インフルエンザ流行情報 香港健康保護局

 第45週(11月4日~10日)
 発生数は少ない。

2012/11/12

新型インフルワクチン接種 市町村で NHK

 毒性や感染力が非常に強い新型インフルエンザが発生した際のワクチンの接種について、厚生労働省の専門家会議は、原則として、市町村が一括して予約を取りまとめ、学校や保健センターなどで集団接種を行うことを決めた。

2012/11/07

英国インフルエンザ発生状況 英国健康保護庁

 第43週
 特に気になる発生数の増加はないようだ。

モンゴルインフルエンザ発生状況  国立インフルエンザセンター

 国内での流行の兆しが出ている。
 流行下限ラインを超えている。


 地域によっては流行は本格化しているようだ。
 

 流行ウイルスはAH3が中心となっている。


中国インフルエンザ発生状況  中国国家インフルエンザセンター

 全土的に発生数は少ないが、北部では患者数が増えだしているようだ。分離株はA(H3N2)が中心とされる。

カナダインフルエンザ発生状況 カナダ公衆衛生局

 ほとんど発生はないが分離株の中心はH3とされる。

米国インフルエンザ発生状況  CDC

 第43週(10月21日~27日)

 いまだ流行の兆しはない。

 赤線が本年


香港インフルエンザ発生状況 香港健康予防庁(Center for Health Protection)
 第43週 (10月21日~27日)
 インフルエンザ発生程度はベースラインレベルで流行の兆候はない。

2012/10/29

新型インフル ワクチン優先接種7想定で NHK
 毒性や感染力が非常に強い新型インフルエンザの発生に備え、29日開かれた厚生労働省の専門家会議は、ワクチンを接種する優先順位を7とおり想定。
 接種の前提として、すべての国民を、ぜんそくや心臓病など重症化しやすい持病のある人や妊婦、子ども、成人や若者、65歳以上の高齢者の4つのグループに分け、そのうえで、ウイルスの特性や接種の目的に合わせて、優先順位を7とおり想定し、実際に発生したあとに政府の対策本部でどれを選ぶか決めるとしている。

厚労省、タミフル以外の備蓄量増加を提案 キャリアブレイン
 政府の新型インフルエンザ等対策有識者会議の「医療・公衆衛生に関する分科会」が29日に開かれ、新型インフルエンザ発生に備えた抗ウイルス薬の備蓄について、タミフル以外の備蓄量を増やすことを厚生労働省が提案した。国と都道府県が備蓄している抗ウイルス薬の8割以上をタミフルが占めていることなどを踏まえたもので、反対意見は特に出なかった。
 現在、国と都道府県が備蓄している抗インフルエンザウイルス薬は、タミフルが5424万人分、リレンザが886万人分で、タミフルが86%を占める。ただ、タミフルでは耐性ウイルス出現などの問題がある。


2012/10/28

 インドでH5N1鳥インフルエンザが七面鳥農場で大発生

 Response teams to arrest avian flu  Deccan Herald (インド) 中央政府の鳥インフルエンザ対策チームがバンガローレで発生した鳥インフルエンザの拡大と封じ込めの為に派遣

 Avian flu kills 3400 turkeys at Bangalore unit Times of India (インド) バンガローレで3400羽の七面鳥が鳥インフルエンザで死ぬ
  ウイルスはH5N1と確定

2012/10/17

新型インフル、休業の面積要件に反対の声 キャリアブレイン
 政府の新型インフルエンザ等対策有識者会議は16日、強毒型の新型インフルエンザが発生した際に、感染拡大を防ぐための休業要請の対象となる施設の要件をめぐって意見を交わした。一定以上の面積の施設を対象にするとの事務局案に対し、委員からは、「感染リスクを考慮せずに要件を決めてしまっていいのか」などとして、反対する声が上がった。

 押谷仁委員(東北大大学院教授)は、「感染リスクを考慮せずに、面積と不特定多数の人がいるということだけで、要件を決めてしまっていいのか」と疑問を呈した。押谷氏は、家庭や学校でインフルエンザの感染が広がりやすいのは人と人の「接触密度」が高いからだとした上で、「大きい施設では、人と人の接触密度が非常に低い」と述べた。

2012/10/15

Bird flu confirmed in Bode farm Himalayan Times (ネパール) ネパール、バクタプル県で鳥インフルエンザが確認
 
15日昼までにバクタプル、Bode-3 of Madhyapur Thimiの家きん農場で少なくとも1200羽の鶏の死が確認された。
 家畜保健局では死んだ鶏から検体を集めている。

2012/10/13

 米国では10月に入ってから各地域でインフルエンザワクチンの接種が行われている。
 ドライブスルー方式が多いようだ。

Free Drive-Thru Flu Clinic Saturday In Sayre WETM-TV (米国) 無料のドライブスルー方式インフルエンザワクチン接種が土曜日に行われる

Health Officials Urge "Get Your Flu Shot" NTV (米国) 保健当局、インフルエンザワクチンを接種をするように啓発

St. Luke's East holding drive up flu shot clinic Saturday KMBZ (米国) 土曜日にドライブスルー方式によるインフルエンザワクチン接種を行う

2012/10/10

新型インフル水際対策 毒性に応じ対応 NHK
 新型インフルエンザが発生した際、国内にウイルスが侵入するのを阻止するための、空港や港での水際対策について、厚生労働省の専門家会議は、発生当初は隔離などの検疫を強化するものの、その後、ウイルスの毒性が解明されれば、それに応じて態勢を取ることを決めました。

新型インフル罹患、医療職種限定せず補償を キャリアブレイン
 政府の新型インフルエンザ等対策有識者会議の「医療・公衆衛生に関する分科会」(分科会長=岡部信彦・川崎市衛生研究所長)は9日、新型インフルエンザへの医療提供に関する都道府県知事の要請・指示や、これに従った結果、新型インフルエンザに罹患した場合の補償の対象になる医療関係者の範囲をめぐって議論した。厚労省側は、災害救助法や国民保護法と同じく医師、看護師など12職種を対象にすることを提案。一方、委員からは、職種を限定せず、事務職員なども補償対象にするよう求める意見が相次いだ。

2012/10/3

細胞培養インフルエンザワクチンの製造販売承認申請 財経新聞
 バクスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ジェラルド・リマ)は、細胞培養H5N1インフルエンザワクチンおよび細胞培養プロトタイプワクチンについて、9月19日付で厚生労働省に製造販売承認申請を行った。
 これは、武田薬品工業株式会社(代表取締役社長:長谷川閑史、本社:大阪市中央区)との細胞培養法によるインフルエンザワクチンの日本における共同開発と同社による国内生産・供給に向けた取り組みの一環である。

 今般の製造販売承認申請は、本邦において実施した第II/III相試験および世界11ヵ国において実施した臨床試験の結果に基づいて行われた。
 これらの試験では、細胞培養H5N1インフルエンザワクチンの安全性および免疫原性が評価された。

 今般申請した細胞培養H5N1インフルエンザワクチンおよび細胞培養プロトタイプワクチンは、いずれも希少疾病用医薬品に指定されていり。


2012/9/30


New revised interim case definition WHO  新型コロナウイルス感染症の暫定的症例定義の改訂


  感染疑いがあるため検査されるべき症例
  • A person with an acute respiratory infection, which may include fever (≥ 38°C , 100.4°F) and cough; AND
  • suspicion of pulmonary parenchymal disease (e.g. pneumonia or Acute Respiratory Distress Syndrome (ARDS)) based on clinical or radiological evidence of consolidation; AND
  • travel to or residence in an area where infection with novel coronavirus has recently been reported or where transmission could have occurred;* AND
  • not already explained by any other infection or aetiology, including all clinically indicated tests for community-acquired pneumonia according to local management guidelines.

  可能性例
  • A person fitting the definition above of a “Patient Under Investigation” with clinical, radiological, or histopathological evidence of pulmonary parenchyma disease (e.g. pneumonia or ARDS) but no possibility of laboratory confirmation either because the patient or samples are not available or there is no testing available for other respiratory infections, AND
  • close contact** with a laboratory confirmed case, AND
  • not already explained by any other infection or aetiology, including all clinically indicated tests for community-acquired pneumonia according to local management guidelines.
  確定例

  A person with laboratory confirmation of infection with the novel coronavirus

Potentially Deadly Virus Related to SARS Appears to Be Not Easily ... New York Times (米国) SARSに似ている致死的ウイルスは容易に人には感染しない
 SARSウイルスに似た致死的である可能性を秘めた新型ウイルスは、サウジアラビアで1人の男性を死亡させ、感染したカタール人はロンドンで重篤となっているが、WHOは簡単にウイルスは人人感染を起こさないと発表した。

2012/9/29

New virus doesn't spread easily person-to-person, WHO says  Los Angeles Times (米国) 新型ウイルスは容易に人人感染は起こさない:WHO
 現地時間9月28日、WHOはこれまで2人の感染している新型ウイルスは容易に人人感染は起こさないと見解を発表した。

 WHO発表内容


Animals suspected in spread of new virus WTNH (米国) 新型ウイルスは動物由来の可能性
 英国健康保護庁は初期のウイルス遺伝子分析結果から、ウイルスはコウモリに感染するウイルスに類似していると発表した。

 WHOはウイルスが人人感染している兆候はなく、これまで発病した2人とも動物から感染した可能性が高いと判断している。

No travel worry from new virus, says WHO Gulf Today  (アラブ首長国連邦) 旅行しても新型ウイルス感染の危険性はない:WHO
 少なくともサウジアラビアで一人を殺し、クエート人を危篤に陥れている新型ウイルスは、それほど危険には見えない、とWHOが金曜日(28日、現地時間)発表した。
 
 「現在までの情報では新型ウイルスは簡単に人人感染はしないように見える」、とWHOは声明文で語った。

2012/9/28

Bats, camels or goats? Animals under suspicion in hunt for source of new virus ... Washington Post (米国) コウモリ、ラクダ、または山羊に新型ウイルスが由来?
SARSに関連している新型ウイルスの発生源として動物が疑われている

 英国の健康保護庁の初期の遺伝子分析結果によると、新型ウイルスはコウモリに感染しているウイルスに類似している。
 これまでのところウイルスはSARSのような致死的性格の兆候はないとされる。

 専門家は、ウイルスはラクダ、羊、山羊などの地域(サウジアラビア)でよく見られる動物たち由来の可能性も考えている。
 またコウモリに感染しているウイルスは、エボラやSARSのような致死的性格を帯びていて、人に感染する前に、猿やジャコウネコ等の動物に感染する。

Virus reported by WHO has low public health risk: MOH Straits Times (シンガポール) WHOが報告したウイルスは公衆衛生学的危険性は低い:保健省

 WHOが報告した2例の新型コロナウイルス感染者の周辺からその後新規感染者が出ていないことから、保健省は拡大する危険性は高くはないと発表した。
Virus compared with SARS not found in China EastDay.com (中国) SARS類似のウイルスは中国では検出されていない:中国当局
 中国CDCが発表。

Doctors on worldwide alert over 'Sars II'  Scotsman (英国) 第二のSARSに対して世界中の医師達に警告
 新型コロナウイルスが2人の感染者から検出された事から、このウイルスが先のSARSのように世界に広がる事を警戒。

Coronavirus patient getting better: brother Gulf Times (クエート)
 英国で治療を受けているクエート人の兄弟は、患者の状態が改善してきていると語った。
 患者はクエートの医師に診てもらっていたが、悪化してきたため英国へ家族が運んできたとされる。

2012/9/27

WHO issues guidelines for new virus Independent Online (英国) WHOが新型コロナウイルス感染症のガイドラインを提示
 新型コロナウイルスが検出されている地域に出かけ、入院を要する急性呼吸器感染症を発症した患者、及びそうした患者、疑い者と接触して発症した患者に十分注意をするように、WHOは加盟国の保健当局に伝えた。いずれも接触したと推定される日から10日以内に発症した場合である。

 新型コロナウイルスは、別のコロナウイルスで発症するSARSに症状がいくつか似ているとされる。

(New coronavirus) Danish patients had common flu Hong Kong Standard (香港) (新型コロナウイルス関連) デンマークの感染疑い者は季節性インフルエンザ
 新型コロナウイルスに感染した可能性が示唆されていた6人の患者は、季節性インフルエンザに罹患していたことが確認された。
 デンマーク当局は、新型コロナウイルスはデンマーク国内には侵入していないと発表した。

新型ウイルス感染の男性は重体、WHO「国際的な懸案事項」  Reuters
 世界保健機関(WHO)は24日、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスに似た新型ウイルスに感染したカタール人男性(49)が重体であることを明らかにした。
 この男性は最近サウジアラビアを訪問しており、同国ではすでに、同じとみられるウイルスに感染した男性1人が死亡している。

来月には、世界中から数百万人のイスラム教徒がサウジアラビアのメッカに巡礼に訪れることになっており、新型ウイルスと同国に何らかの関係があれば、感染拡大の懸念も高まることになる。

Novel coronavirus infection  WHO 新型コロナウイルス感染症

9月22日

Schools unprepared for pandemics  Fox News (米国) 学校におけるパンデミック対策は十分行われていない
 学校に勤務するスクールナースへの質問。26州2000人。小学校から高校。
 セントルイス大学の研究チーム。

 85%の学校では米国小児科学会の勧告に応じて災害対策計画を作成していたが、健康危機対策に関しては不十分な内容であった。
 パンデミック対策に関して対策計画を講じていたのは半数以下だった。
 
 研究チームの目的は、バイオテロリスト攻撃、またはインフルエンザ流行に対して、教育機関がどの程度対策を講じているかである。

 いくつかのモデルではパンデミックにより9千万人が感染し209000人以上が死亡すると想定しているが、それでもアルコール含有手指消毒剤の備蓄は20%に留まっていた。

9月19日


名瀬でインフル警報 鹿児島県内で本年度初 南日本新聞
 名瀬保健所が18日、管内にインフルエンザ警報を発令した。
 定点報告数が定点あたり32.4件となったという。
 ウイルスの型については不明。

Virulent bird flu strain emerges Viet Nam News (ベトナム) 毒性の強い鳥インフルエンザ株が発生 
 強毒性の最近変異した鳥インフルエンザウイルスH5N1が北部ベトナムから南部へ拡大する可能性があり、家畜保健局では警告している。

 昨日ハノイで発表された内容によると、このウイルス株の発生は本年7月に確認され、これまで北部の7省に広がり、さらに中央のQuang Ngai省にも広がっている。
 農業省では南部への拡大を防止するために監視対策を強化するように指示をだした。

強毒インフルワクチン、優先接種どこまで? キャリアブレイン
  政府の新型インフルエンザ等対策有識者会議の「社会機能に関する分科会」は18日に会合を開き、強毒性の新型インフルエンザが発生した際に最低限の国民生活を維持するための、ワクチン接種の優先順位について議論した。その結果、医療従事者を優先する点ではおおむね一致したものの、医療従事者全員を優先することの是非や、公共交通機関などインフラ運営に携わる職種を対象に位置付けるかどうかについては、意見が分かれた。

Seoul to Step up Bird Flu Prevention Efforts ThePoultrySite.com (国際) 韓国、鳥インフルエンザ対策を強化
 韓国当局は9月17日から25日までの期間、港湾における検疫を強化する。
 韓国における休日や中国における休日で多くの人々が出入りすることが予想される。

 鳥インフルエンザが中国や香港を含む多くの東南アジアで発生している事、さらにはメキシコでも発生してることが、強化対策の理由である。

Bird flu hits S China city Xinhua (中国、新華社国営通信) 中国の南部の都市で鳥インフルエンザが発生
 中国広東省の湛江市(省の南西部に位置)のアヒル14050羽がH5N1鳥インフルエンザに感染して6300羽が9月11日以来死亡していることが省の専門家が確認した。
 当局は全アヒルを殺処分し、地域の消毒を行った。

9月18日

第一三共、「インフルエンザ治療薬を厚労省へ申請」で5日続伸 株探ニュース

 第一三共は自社開発のインフルエンザ治療薬『イナビル』を、発症前の予防にも使えるように厚生労働省へ年内に申請する、と日経新聞が報じた。

9月11日

新型インフルのワクチン、54万人分製造へ 日本経済新聞

 政府は11日までに、新型インフルエンザの発生に備え、流行が拡大する前に医療関係者ら特定の職種の人に先行的に接種するためのワクチン約54万人分の製造を本年度中に完了させることを決めた。近く、備蓄してある原液の一部を使って製造を開始する。
 病原性の強いインフルエンザに変異する恐れがあり、東南アジアなどに由来する計4株からそれぞれ約54万人分をつくる。ワクチン接種を施す医療関係者のほか、社会の維持に重要な役割を担う職業に就いている人への接種を検討している。
 政府は4株それぞれについて約1千万人分のワクチンの原液を備蓄している。その一部に免疫増強剤を加えるなどしてすぐに接種できる状態にしておく。先行ワクチンを用意しておけば新型インフルの発生から時間を置かずに接種を始められるが、保存期間が原液の3年間から1年間と短くなるという欠点がある。

 管理人注:もちろんH5N1鳥インフルエンザウイルスが対象ウイルスである。しかし最近の2.3.2.1株は含まれていないと考えられる。
        実際にパンデミック発生となった場合、54万人分は本当の初期に用いられ、その後は実際に分析されたウイルス株でパンデミックワクチン        が大量に作られる。
9月9日

Vietnam hit by new 'highly-toxic' bird flu The Borneo Post (ボルネオ) ベトナムで新型の高毒性鳥インフルエンザが流行

9月8日

A new and "very toxic" strain of Bird Flu emerges in Vietnam AsiaNews.it (中国) 新型の非常に毒性の強い鳥インフルエンザがベトナムで発生
 H5N1鳥インフルエンザの2.3.2.1株の変異株の話題。

9月6日

鳥インフル、ベトナム中部に拡大 newsclip.be
 ベトナムで北部を中心に流行している鳥インフルエンザが中部のクアンガイ省にも拡大した。3日のベトナム各紙が伝えた。
 クアンガイ省では5地区で鳥インフルエンザが確認され、ニワトリやアヒルなど5万8000羽が死ぬか殺処分された。採取されたサンプルからは高病原性のH5N1型ウイルスが検出された。
New fatal bird-flu virus appears in Vietnam  VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナムに、新たな致死的鳥インフルエンザウイルスが出現
 昨年ベトナムの家きんの間で広がったH5N1鳥インフルエンザの2.3.2.1株に属するが、さらに変異した新規のウイルスが7月から急速にベトナム中に広がっていることがベトナム獣医局から発表された。これまで流行していたのはAとBグループに属していたが、新しい株は両者とは異なり新規の株とされる。
 家きんへの感染性と致死力が高く、ベトナム当局ではさらなる広がりを懸念している。
 当局の発表ではウイルスは中国で品質不良とされた鶏が密輸されて広がっている可能性があるようだ。

 なお2.3.2.1株は人へ感染して死亡させている事例が数例あるが、当新規株での人感染事例は今のところ報告されていない。

8月27日

Ohio reports 98 human cases of H3N2v influenza Examiner.com (米国) オハイオ州、新型豚インフルエンザH3N2vの感染例98人を報告
 米国CDCは新型豚インフルエンザ感染者が7月以来276人となったことを発表した。
 このうち三分の一以上がオハイオ州で発生している。オハイオ州保健局によるとこれまで98人発生しているとされる。

 オハイオ州保健局によると感染者の年齢は6ヶ月から51歳と幅広く、これまでのところ数人が入院しているが全員回復して退院している。

 H3N2vウイルスは豚で2010年に初めて検出され、人での感染例は2011年7月が最初であった。
 H3N2vウイルスは他の豚インフルエンザウイルスよりも人に感染しやすいといわれている。

8月25日

豚インフルが人から人に  福井新聞
 米疾病対策センター(CDC)は24日、豚に由来するH3N2型インフルエンザ20 件の7月からの感染例の中に、家庭内で人から人に感染したとみられるケースが3例見つかったと発表した。
 CDCは「いずれも同じ家で暮らす人たちの間での限定的な感染だ。昨シーズンにも今回のウイルスでこうした感染は起きており、人から人に容易に広がる状況にはない」と説明している。

 7月からの感染者は先週から52人増えて276人となった。オハイオ州で感染者が増加したほか、新たにメリーランド、ミネソタ両州で感染者が見つかり、地域は10州に広がった。

沖縄県で流行続く、検出株の多くはAH3型 nikkei BPnet
 夏の沖縄県で、インフルエンザの流行が続いている。県全体のインフルエンザ定点当たり届出数は、33週(8月13~19日)に17.34人となり、前週の15.16人から増加した。また、検出されているウイルス株は、26週以降、AH3型が主流となっている。

8月24日

Bird Flu Outbreak? The Vaccine (Patch) Is in the Mail U.S. News & World Report (米国) 鳥インフルエンザ流行に際して、パッチ式ワクチンを各家庭に郵送
 もしインフルエンザのパンデミックが起きたときには、政府は人々に病院やクリニックでワクチンの接種を求めるが、相当接種を求める人々で混雑することが予想される。
 こうした事態を避けるために、自己注射用のパッチ式ワクチンが開発されつつあり、それを前もって各家庭へ配布する態勢が考えられている。



 感染症研究所( Infectious Disease Research Institute)は来月から当ワクチンの臨床試験を開始する。
 対象ウイルスはH5N1鳥いインフルエンザで、現在は容易に人には感染しないが、人人感染するようになると致死率は80%を越える。

 パッチ式ワクチンは皮下に接種されるが、そこには多くの免疫細胞が集まっていて、効率よく免疫が獲得される。
 ワクチンは各家庭へ郵送される。

8月23日

Nearly 11 Million Birds Slaughtered To Prevent Spread of Flu in Mexico Hispanically Speaking News  (メキシコ) メキシコで流行のH3N8鳥インフルエンザにより約1100万羽の家きんが殺処分される
 現在ワクチン接種の第二段階に入っているメキシコで、これまで約11000羽の家きんが拡大防止のために殺処分されている。

第一三共、「イナビル」の臨床試験結果を発表、インフルエンザ発症抑制効果を確認 モーニングスター
 第一三共 <4568> は22日、抗インフルエンザウイルス薬「イナビル」の、インフルエンザウイルス感染症予防に関する第3相臨床試験結果を発表した。

 第3相臨床試験では、A型またはB型インフルエンザウイルス感染症患者と同居する家族または共同生活者を対象に、プラセボ(偽薬)を対照とした無作為化二重盲検比較試験を実施。その結果、インフルエンザウイルス感染症の発症割合は、「イナビル」投与群がプラセボ投与群と比較して統計学的に有意に低く、同薬によるインフルエンザウイルス感染症の発症抑制効果が検証されたとし、安全性でも問題は認められなかったとした。同社は、今後、12年中の予防適応での製造販売承認の申請に向け、準備を進める方針。

Scientists Worry That the Next 'Contagion'-Like Pandemic Will be Man-Made Medical Daily  (国際) 次期のパンデミックは人為的作成病原体の可能性を科学者達は危惧
 次に発生するパンデミックは試験管内で操作され変異した病原体による可能性が大きいと、アリゾナ大学の研究チームが論文で警告している.(the Center of Arms Control and Non-Proliferation and Arizona State University)。
 世界で15%が感染、すなわち10億人、そして1億人以上が死亡する。

 彼らが挙げている病原体として、天然痘ウイルス、スペインインフルエンザウイルス、SARSウイルス、そして鳥インフルエンザウイルス(H5N1)を挙げている。
 天然痘ウイルスは生きた状態で世界の二ヶ所の研究室で保管されている:ロシアの機関と米国CDC)。
 残りの3ウイルスは世界中で研究されているが、バイオセキュリティーも低く、危険な環境下にある。そしてワクチンも作成されていない。

 先にフェレットで感染する人為的H5N1ウイルスが2実験室で作成され、論文発表されているが、研究者達はパンデミックを起こす可能性ある病原体の研究は世界42ヶ所以上の研究室で行われていると語っている。

New Strain of Flu Hits Minnesota KIMT (米国) ミネソタで新型豚インフルエンザの感染者が確認
 1人の未就学児童が家畜マーケットでH3N2vインフルエンザに感染した。
 豚との直接的接触による。
 他の家族メンバーも可能性例と考えられたが、検査では陰性だった。

 当局は5歳以下の小児、65歳以上の高齢者、免疫低下者は感染に十分注意するように呼びかけている。
 

8月22日

高齢者施設、抗ウイルス薬予防投与を インフル治療で学会 日本経済新聞
 今年春に高齢者施設でインフルエンザの集団感染で死者が相次いだことを受け、日本感染症学会は22日までに、そうした施設で感染の疑いがある人が複数見つかり、簡易検査で一人でも陽性となった場合は、他の入所者に抗ウイルス薬を予防投与するよう勧める提言をまとめた。
 抗ウイルス薬を服用すると嘔吐(おうと)や下痢といった副作用の懸念があるが、同学会は「高齢者のインフルエンザは肺炎を起こすなど重症化しやすく、メリットの方がはるかに大きい」としている。
 提言では、高齢者施設で感染の疑いのある患者が2~3日以内に2人以上発生し、一人でも簡易検査で陽性となった場合は、同じフロアの入所者全員に症状がなくても抗ウイルス薬を7~10日間、投与すべきだとしている。


8月16日


Officials: Swine flu confirmed in ill Michigan child  Petoskey News-Review (米国) ミシガン州で初の豚インフルエンザH3N2v感染小児が確認
 County Fair に参加した小児がH3N2vに感染したことを州が発表した。
 症状は軽く入院はしていない。

8月15日

Ohio has 54 swine flu cases, many linked to fairs Ohio News Network (米国) オハイオ州、さらに54人の豚インフルエンザ感染者が確認、多くは”豚フェア”で感染

 オハイオ州保健局は、さらに豚インフルエンザに54人が感染したが、多くは”豚フェア”で豚との接触で感染したと考えられている。
 感染確認者は6ヶ月から36歳までの年齢層であるが、入院したのは5人である。

 当局によると、このインフルエンザは軽症で季節性インフルエンザと似ていて、治療にも良好に反応するという。

 豚に触った後は十分手洗いを行うように指導している。


8月11日

Bird flu claims ninth victim this year in Indonesia Focus News  (ブルガリア) インドネシアで今年度9人目の鳥インフルエンザ死者
 AFP

 インドネシア保健省は11日、同国で本年度9人目の鳥インフルエンザ死者が発生したことを発表した。

 死亡したのは自営業の37歳男性で、7月24日に高熱で入院したが5日後には人工呼吸器につながれた。しかし7月30日に死亡した。
 当局は男性が感染した理由について不明としているが、男性は家きん農場近くに住んでいたとされる。
 
鳥インフルエンザ、インドネシアの状況 WHO
 内容は下記情報と同じ。

Indonesia reports eighth human bird flu death of 2012 Examiner.com (国際) インドネシア、2012年度8人目の鳥インフルエンザ死者を報告
 インドネシア保健省はYogyakarta 州で男性が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。

 WHOによると死亡したのは37歳男性で、7月24日に発症し、27日に入院、しかし30日に死亡したとされる。

 感染源は男性が飼育していた4羽のペット鳥と考えられ、50メートル離れた場所に家きんの”と殺”場がある。

8月10日

CDC reports 'big increase' in H3N2 swine influenza cases  Los Angeles Times (米国) H3N2豚インフルエンザ(H3N2v)が急速に拡大とCDCが警告
 7月12以来H3N2vの感染者が145人と増加ししたことがCDCから発表された。 

 CDCの疫学専門家であるジョセフ・ブレッセ(Joseph Bresee)医師が記者会見で急速にウイルスが拡大していると語った。
 感染者は基本的に豚から感染し、症状もくしゃみや咳などで、通常の季節性インフルエンザよりも軽いとされる。


8月5日

New cases of influenza A H3N2 variant virus confirmed by CDC  Examiner.com  (米国) H3N2v型インフルエンザ感染者がCDCにより確認
 豚インフルエンザの新型であるH3N2vが、ハワイ州、インディアナ州、およびオハイオ州でこの1週間に12人確認され、2011年に初めて人の感染者が見つかって以来合計29人になったことが米国CDCから報告された。
 通常豚から感染するが、人人感染した例も報告されている。
 症状は軽いとされる。

8月2日

Baby Seals Die From New Influenza Variant, Not "Bird Flu" The Disease Daily (  )アザラシのことも達が新規インフルエンザアザウイルス変異株でで死亡、、従来株では死亡せず

 米国の北東海岸でアザラシの子供達が多数死亡しなせた”新しいインフルエンザウイルスは”は、芸国研究チームによると人への危険性がた高いとされる。ウイルスはN3H8と命名され他が昨年米国の海岸で162羽のアザラシを殺している。

 インフルエンザイウイルスが単独に1羽の鳥に感染すことはあっても、そこかから同種の動物へ感染する事は知られていない。
 そうしたい意味では今回の、H3N8ウイルスんも場合は例外的であり、H5N1ウイルス他のウイルスのパンデミック発生にとって重要な情報となっている。


8月1日

New bird flu virus killing seals - study Independent Online  (英国) アザラシを殺している新規発生鳥インフルエンザウイルス:その研究
 新規に誕生したインフルエンザウイルスがアザラシの子供達を肺炎で殺している。そしてその危険性は人にも及ぶかも知れないとmBio( journal of the American Society for Microbiology. )に研究が発表された。
 新規株はH3N8と名付けられ、昨年米国の海岸で162匹のアザラシを殺した。
 死亡したアザラシの大多数は6ヶ月以内の子供達であった。

 人での発病報告はないが、コロンビア大学の研究者達は変異による人への感染の危険性を警告している。丁度H5N1鳥インフルエンザのように。

 遺伝子分析で当ウイルスは、2002年以来北米の水鳥の間で流行している鳥インフルエンザウイルスに由来していることが確認された。
 病原性が当初よりも増していて、ほ乳類への感染力も増強しているとされる。

Rare flu strain identified in Hawaii for first time Hawaii News Now  (ハワイ) 希なインフルエンザウイルスがハワイで初めて人に感染
 H3N2v感染者がハワイで初めて検出。豚インフルエンザ由来である。

Fears new strain of seal flu could pose risk to humans Sydney Morning Herald  (オーストラリア) アザラシに感染した新規インフルエンザウイルスが人への脅威になるかも

New birdflu strain could pose threat to humans Daily Telegraph  (英国) 新型鳥インフルエンザ株が人への脅威の可能性
 アザラシで見つかった新型鳥インフルエンザウイルスが人へも危険性ががあると専門家が警告。-
BirdFlu Spreads To Seals, May Threaten Humans Medical News Today (国際) 鳥インフルエンザ、アザラシへ拡大、人への脅威が高まる可能性

New Flu Strain: Type of Avian Flu Strain Could Infect Humans?  Gather (米国) 新規インフルエンザウイルス:この鳥インフルエンザは人に感染するのか?
 昨年米国東海岸で多数のアザラシが死亡し、そこからH3N8鳥インフルエンザが発見された。
 従来は鳥だけに見られたウイルスがほ乳類に感染し、さらに人の肺の細胞にも感染する可能性が示唆されている。
A new flu strain discovered recently, which is a type of avian virus, has scientists worried. A novel influenza mutation in New England harbor seals, which originated in birds, could possibly infect humans. . . .



Fears new strain of seal flu could pose risk to humans The Canberra Times  (オーストラリア) アザラシに感染する新型インフルエンザ、人へも危険性が懸念

Bird flu strain sickens seals -- could it strike humans, too? Los Angeles Times (米国) 鳥インフルエンザ、アザラシに感染:人へも脅威はあるのだろうか?
 米国東海岸で見つかったH3N8鳥インフルエンザ。ほ乳類へ感染し、人の肺へも感染する可能性。
New bird flu strain could pose threat to humans Telegraph.co.uk  (英国) 新しい鳥いインフルエンザは人への脅威を保有している
 米国の東海岸に昨年多数のアザラシが死亡して見つかったが、そこから検出された新しいタイプの鳥インフルエンザH3N8は人にとって危険であると研究者は警告している。

 ウイルスは2002年以来北米の鳥の間で見つかっている株であるが、それが変異してほ乳類に感染するようになったものと考えられている。

 ウイルスが人に感染するのか、感染したときどの程度重症になるのかは不明であるとされるが、詳細な観察を続けてゆくことが必要とされている。

 新しく見つかったウイルスはより感染しやすい状態に変異しており、特に人の肺の細胞に感染する特徴を得ているとされる。

 研究チームはこのウイルスの発見はアザラシにとっての脅威ばかりではなく、人にとっても脅威的だと結論している。

New 'seal flu' could pose threat to people Examiner.com  (国際) 新しいアザラシのインフルエンザは人への危険性を保有している

Flu That Leapt From Birds to Seals Is Studied for Human Threat New York Times (米国) 鳥からアザラシに種を越えて感染したインフルエンザが人に対する危険性に関して調査されている

Seal flu could pose risk to humans  thewest. com.au (オーストラリア)  鳥インフルエンザに感染したアザラシは人に対しても脅威を持つかもしれない
 
 AP通信

少数のアザラシが米国の海岸で見つかったが、感染していた鳥インフルエンザH3N8は、人を含む他のほ乳類に感染する危険性があると専門家は懸念を示している。
 昨年H3N8鳥インフルエンザウイルスはニューイングランドの海岸で162匹が死亡したことから、その感染が確認された。
 ウイルス株は2002年以来北米で野鳥の間で感染している一種である。
 
 しかしH3N8ウイルスは他の鳥インフルエンザウイルスとは異なり、簡単にほ乳類に感染するように適合し、その変異で感染力や病原性を強めている。
 特にウイルスは人の肺の細胞に感染出来るタンパクを保有しているという。

 研究チームを率いているアン・モスコナ博士は次のように語っている。
 「我々はほ乳類に感染できる新しいインフルエンザウイルスを見いだした。そのウイルスはこれまで人に感染した事はなく、また発病者も発生した事がないから、(発病したとしても)我々は分からない」

 上記の警告は米国細菌学会雑誌に発表された。

TOP