7月26日

Mexico to vaccinate 10 million birds in flu outbreak Straits Times (シンガポール) メキシコ、鳥インフルエンザ発生で千万羽の鶏にワクチン接種を開始
 H7N3鳥インフルエンザが各種の養鶏場で発生している事から、政府は本日から家きんに対するワクチンの接種を開始した。

Millions of Birds Dead, Killed in Mexico Flu Outbreak Fox News (米国) メキシコの鳥インフルエンザ発生で数百万の鶏が死亡
 H7N3型鳥インフルエンザが5週間前より発生しているメキシコで、ウイルス感染や拡大防止の為の殺処分によりこれまで490万羽の鶏が殺処分されている。

 当局は358カ所の農場を検査しているが、これまで125カ所では異常がみつかっていないとされる。
 なおインフルエンザ発生が確認されている農場は34カ所である。

7月17日

Taiwan finds H5N1 virus in birds smuggled from China  AFP  (国際) 台湾で中国本土から密輸入した愛玩鳥からH5N1ウイルスが検出
 中国本土から台湾に密輸された愛玩鳥数十羽からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、17日に台湾当局が発表した。

 中国本土の広東省広州市から38羽の鳥が密輸され、台湾北部のタオユアン国際空港で摘発された。
 鳥は全て殺処分された。
 鳥からはH5N1ウイルスが検出されたが、鳥と接触した9人は10日間の健康調査で異常を呈していないとされる。

 台湾ではこれまでH5N1鳥インフルエンザは発生していないが、2005年に中国から密輸された8羽の愛玩鳥でH5N1ウイルスを検出し、全て殺処分した経緯がある。

Avian flu erupts in Quang Binh Viet Nam News  (ベトナム) ベトナム、クアン・ビン省で鳥インフルエンザが発生
 ベトナム中央のクアン・ビン省でH5N1鳥インフルエンザが発生したことが動物保健局から発表された。
 アヒルの検体がウイルスに対して陽性反応を示したという。

7月11日 (水)

Mexico kills 2.5 million poultry to contain bird flu  Medical Xpress  (国際) メキシコ、H7N3鳥インフルエンザ撲滅のために250万羽の家きんを殺処分
 メキシコ農業省は過去3週間にH7N3鳥インフルエンザの拡大を阻止するために250万羽の家きんを殺処分したと発表した。

 国連によると、H7N3鳥インフルエンザは世界各地で人に感染した実績があるが、人人感染した報告はないとされる。

 メキシコ農業省は国内の148家きん農場を調査したが、31農場で鳥インフルエンザの発生を確認している。
 340万羽の感染の可能性ある家きんのうち現在まで250万羽が殺処分されたという。

 最初の感染は6月20日にジャリスコ州で見つかったが、7月2日に政府は国家動物保健危機宣言を行っている。

7月9日 (月)

Lab Results Show Dead Cambodian Children Positive for ...
CRIENGLISH.com (中国) カンボジアの小児の死亡者からエンテロウイルス71型が検出
 4月から原因不明疾患で死亡していたカンボジアの小児から、エンテロウイルス71型(EV-71)が検出されたことが、カンボジア保健省とWHOから昨夜遅くに発表された。

 同ウイルスは小児に手足口病を起こし、時に重症化させることが知られている。飛沫感染、接触感染する。

7月8日 (日)

Children's Deaths in Cambodia Linked to Enterovirus  Businessweek (米国) カンボジアの致死的小児疾患はエンテロウイルスが関係
 カンボジアのパスツール研究所は60人以上が死亡している原因不明疾患の病原体を、患者の三分の二から検出したが、それはエンテロウイルス71型と判明した。
 当ウイルスで患者の死が完全に説明されると研究所では語っている。
 研究所では当ウイルスを如何にして押さえ込むかについて焦点を合わせていると語った。

 *エンテロウイルス71型は小児で手足口病を起こすウイルスであるが、脳炎などの重篤な症状を起こすことでも知られている。

Killer disease in Cambodia stumps experts The Sun Daily  (英国) カンボジアにおける致死的疾患の発生は専門家達を当惑させている
 感染症かどうかは不明。
 致死的手足口病の疑いも。

 高熱と呼吸障害、そして脳炎を起こして、最後は呼吸困難で死亡とされる。
 WHOの発表ではカンボジア外への拡大は今の所見られていないとされる。

7月7日 (土)

Philippines on alert for mystery Cambodian disease  MSN Philippines News  (フィリピン) カンボジアで発生した原因不明疾患に対してフィリピンが警戒態勢に
 フィリピンは空港での入国者に対する健康チェックを強化し、カンボジアで発生している小児の原因不明疾患の国内への拡大防止を開始した。

Cambodia Urges Hospital Care for Children as Deaths Mount Businessweek (米国) カンボジアで高致死率の原因不明疾患が小児の間で発生
 カンボジア南東部で小児の死亡が相次ぐ事から政府WHOが調査に乗り出している。
 政府は両親達に子供が異常な症状を呈した場合、すぐに医療機関に連れて行くことと、衛生管理を強化するように呼びかけている。

 これまでの情報では57人の小児が発熱、呼吸症状および神経症状を呈し、そのうち56人が死亡しているとされる。

 患者からの検体の調査ではH5N1や他のインフルエンザウイルスは検出されなく、またSARSやニパウイルスも検出されてないとされる。

56 Cambodian children killed by unknown disease in 3 months Xinhua (中国) 3ヶ月間に56人のカンボジアの小児が原因不明の疾患で死亡
 WHOとカンボジア保健省の発表によると、4月から7月5日まで74人の小児が、原因不明の疾患で入院し56人が死亡しているという。
 これらの小児のうち57人が、発熱、呼吸器症状および神経症状などの共通の症状を呈して56人が死亡しているとされる。
 ほとんどの患者は3歳以下であり、カンボジア南部と中央の地域に住んでいる。

Investigators probe mystery disease killing Cambodian children CNN International (国際) カンボジアで原因不明疾患で多数の小児が死亡
 WHOとカンボジア保健当局は、少なくとも61人の小児が死亡している原因不明疾患に関して調査を行っている。

 カンボジア保健省によるとこれまで74人の患者が確認されているという。
 WHOによると集団発生の兆候はないとされる。

 エンテロウイルスの一種による感染症か、または薬物中毒が考えられると、小児病院の医師が語っている。

原因不明の病気でカンボジアの子ども60人死亡、WHOが調査  ロイター (日本版)
 世界保健機関(WHO)は3日、カンボジアで4月以降に原因不明の病気で少なくとも60人の子どもが死亡したことを明らかにした。現在、同国の保健省に協力し、原因究明を急いでいるという。
 WHOによると、死亡したのは全員7歳未満の子どもで、その大半が病院に搬送後24時間以内に亡くなったという。高熱、脳炎や呼吸器症状の兆候を訴えて首都プノンペンと北部の都市シェムリアップの病院に運ばれた子ども61人のうち、生存したのはわずか1人だった。
 WHOは電子メールでロイターに対し、「世界保健機関はカンボジアの保健省や他国と密接に協力し、原因究明に当たっている」とした。

 先月30日にWHOは報告書を発表し、その中で、血小板数や肝機能、腎機能などは正常でも、発熱や呼吸機能が急激に悪化するという症状は「異常と思われる」と指摘していた。


7月5日 (木)

Indonesian Girl, 8, Dies of Bird Flu in Jakarta Hospital: Health Ministry Jakarta Globe  (インドネシア) インドネシア保健省発表:8歳女児がジャカルタの病院で鳥インフルエンザで死亡
 西ジャワのカラワング(Karawang)に住む8歳の女児がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したと保健省が5日発表した。

 少女は家きん市場や家きんの檻の側を通って登校していたという。
 さらに6月12日にはと殺した鶏を父親と共に市場から自宅に持ち帰ったとされる。

 6月24日頃、少女は発熱と咳でジャカルタの病院に入院したが、主治医は肺炎と診断していたようだ。
 少女はその後2回転院し、濃厚治療室で人工呼吸器につながれた。
 6月29日に少女はH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 7月3日に少女は死亡した。

 保健省では感染源は家きん市場と推定している。
 

Avian flu closes Mongkok bird market  RTHK (香港) 香港、モンコックの鳥市場で鳥インフルエンザが検出、市場が閉鎖
 モンコックのバード・ガーデンの鳥市場のペットショップで鳥インフルエンザに感染して死亡した小鳥が見つかった。
 店の鳥は全て殺処分されたが、市場は3週間閉鎖となった。

 店の経営者と従業員の健康状態が監視されている。
 農業省の当局者によると、先週Kowloon Tong (ビームスT香港)で死亡したカラスからH5N1ウイルスが検出されているという。


7月4日 (水)

150000 chickens culled following bird flu outbreak TODAYonline (シンガポール) 中国。鳥インフルエンザ発生で15万羽の鶏を殺処分に
 中国新疆のウイグル自治区で発生した鶏における鳥インフルエンザは、1600羽が死亡して5500羽が病的状態に陥った。
 これまで拡大防止の為に当局は15万羽以上の鶏を殺処分している。

7月3日 (火)


China reports bird flu outbreak  NEWS.com.au  (オーストラリア) 中国、鳥インフルエンザの発生を報告
 新疆ウイグル自治区での家きんにおける発生
Bird flu 'emergency' declared in Mexico BigPond News (国際) メキシコ、家きんにおける鳥インフルエンザ緊急事態宣言
 メキシコ政府は170万羽近い家きんが鳥インフルエンザに感染したことを受けて、国家家畜保健緊急事態宣言を発令した。
 感染した家きんの半数以上が感染による死亡、または殺処分された。
 メキシコ政府は流行は6月29日に国連食糧農業機関(FAO)によって確認されたと発表した。

H5N1 Bird Flu Outbreak Confirmed in Xinjiang CRIENGLISH.com (中国) 中国新疆でH5N1鳥インフルエンザの発生が確認
 新疆ウイグル自治区で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生した事を農業省が2日に発表した。
 1600羽の鶏が死亡した。
 6月20日に飼育されている鶏の5500羽に鳥インフルエンザの症状が現れたと同省は説明している。
 地域当局は発生地域を封鎖し、消毒している。

Avian Flu Viruses Which Are Transmissible Between Humans Could Evolve in ... Science Daily  (国際) 人の間で感染する鳥インフルエンザが自然界で発生する可能性
 新規に発表された研究によりH5N1ウイルスが自然界で人の間で感染するように変異する可能性があることが示された。
 ケンブリッジ大学の研究チームによる研究で、デレク・スミス教授が責任者となっていて、6月22日に科学雑誌”サイエンス”に発表された。

Bird flu outbreak hits chicken farms in Mexico  Chicago Tribune  (米国) メキシコの養鶏場で鳥インフルエンザが大発生
 メキシコにおける最も大きな養鶏地域にある商業用農場で2箇所で鳥インフルエンザが発生し、少なくとも87万羽が死亡した。
 ウイルスはH7N3型で、当局は人には脅威はないと説明している。
 現在流行は速やかに終息に向かいつつあるとされる。


6月30日  (土)

Bird flu pandemic in humans just '3 mutations' away  WND.com  (国際) H5N1鳥インフルエンザウイルスは3箇所の変異により人の間でパンデミックを起こす
 先に発表されたオランダと米国の研究チームはH5N1ウイルスが5箇所の変異で、人の間でパンデミックを起こすことを示唆した。
 
 しかしその後ケンブリッジ大学の研究チームが6月21日にサイエンス(Science)に発表した研究論文によると、自然界ではすでに上記のうち2箇所の変異を起こしているウイルスも存在し、人の間でのパンデミック発生には残り僅か3箇所の変異で起きえることが示されている。
 チームのリーダーであるデレク・スミス氏は、地震に例えると、H5N1パンデミックの危険性は現在活断層の上に存在しているようなものだという。

Mexico hit by high-path avian flu outbreak  AgraNet (国際) メキシコで高病原性鳥インフルエンザが家きんの間で発生
 メキシコの大商業家きん農場3箇所で20万羽以上の家きんを死亡させた鳥インフルエンザが、高病原性のH7N3型ウイルスであることを、同国の獣医当局が発表した。

 H7N3型鳥インフルエンザは人にも感染した実績があり、同ウイルスの変異により人の間でのパンデミックが危惧されている鳥インフルエンザウイルスの1種である。

TOP