高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2012年6月

                              
鳥インフルに関しては気になる情報が入り次第掲載します

6月30日  (土)

Bird flu pandemic in humans just '3 mutations' away  WND.com  (国際) H5N1鳥インフルエンザウイルスは3箇所の変異により人の間でパンデミックを起こす
 先に発表されたオランダと米国の研究チームはH5N1ウイルスが5箇所の変異で、人の間でパンデミックを起こすことを示唆した。
 
 しかしその後ケンブリッジ大学の研究チームが6月21日にサイエンス(Science)に発表した研究論文によると、自然界ではすでに上記のうち2箇所の変異を起こしているウイルスも存在し、人の間でのパンデミック発生には残り僅か3箇所の変異で起きえることが示されている。
 チームのリーダーであるデレク・スミス氏は、地震に例えると、H5N1パンデミックの危険性は現在活断層の上に存在しているようなものだという。

Mexico hit by high-path avian flu outbreak  AgraNet (国際) メキシコで高病原性鳥インフルエンザが家きんの間で発生
 メキシコの大商業家きん農場3箇所で20万羽以上の家きんを死亡させた鳥インフルエンザが、高病原性のH7N3型ウイルスであることを、同国の獣医当局が発表した。

 H7N3型鳥インフルエンザは人にも感染した実績があり、同ウイルスの変異により人の間でのパンデミックが危惧されている鳥インフルエンザウイルスの1種である。

6月26日 (火)

新型インフル法、来春施行へ=検討会議を7月設置-政府  時事通信
 政府は26日、新型インフルエンザの発生時に集会中止などの私権制限を可能にする特別措置法を来春施行する方針を明らかにした。都道府県の担当課長を集めた会議で示した。
 同法は4月に成立した。内閣官房新型インフルエンザ等対策室は来月、感染症の専門家らから成る検討会議を設置。私権制限を可能にする緊急事態宣言を出す基準や、集会中止の対象となる施設などについて議論し、関係政省令を制定する。

新型インフルの死者28万人超=従来統計の15倍に 時事通信
 2009年に世界的に流行した新型インフルエンザ(H1N1型)による死者はこれまで報告されていた数の15倍以上に当たる推定28万4500人に上る可能性があることが26日分かった。米国疾病管理予防センター(CDC)のファティマ・ダウッド氏率いる研究チームが英医学専門誌「ランセット感染症」最新号で発表した。
 世界保健機関(WHO)には死者1万8500人が報告されていたが、過小評価だとの声が上がっていた。研究チームは最大で57万5400人に増える可能性も指摘している。

 管理人注:例年の季節性インフルエンザの死者数はWHOによると20~50万人とされている。

6月25日 (月)

Dead bird tests positive for H5NI RTHK  (香港) 死亡野鳥の検査でH5N1鳥インフルエンザウイルスが陽性
 香港農業局はユンロンで先週見つかった野鳥のシマキンバラがH5N1ウイルス検査で陽性であったと発表した。

 シマキンバラは、香港、広東省で通常に見られる野鳥であり、当局は家きん農場の調査を行う予定である。

Study Indicates Bird Flu 'Could Mutate to Cause Deadly Human ... Daily Disruptio(国際) 新規研究によると鳥インフルエンザが致死的パンデミックを引き起こす可能性があるとされる
 オランダチームの研究論文の発表による報道
Bird flu could be five steps from pandemic, study says (VIDEO) GlobalPost (国際) 鳥インフルエンザは5箇所の変異で人の間でパンでみックに

6月24日 (日)
Benefits of publishing H5N1 paper are greater than risks: Dr. Fauci TopNews Arab Emirates (アラブ首長国連邦) H5N1研究論文の公開はリクスを上回る利点がある、米国Nのアレルギーと感染症研究所長のファウチ博士が語った
 致死的H5N1ウイルスの拡大様式を明らかにした論文の公表は、他分野の研究者の興味を引きつけ、さらに研究に重要な貢献を果たす可能性もある。
 同所長は論文を発表することによるリスクも肯定しているが、それ以上に利点の方が多いと説明している。
6月23日 (土)

'H5N1 Bird Flu Pandemic Potential Revealed'  Medical News Today  (国際) H5N1鳥インフルエンザがパンデミックを起こす可能性があることが明らかに
 5月にNatureに発表された米国ウイスコンシン大学チームと、今回Scienceに発表されたオランダチームの研究論文の話題。
Terrorism fears as bird flu research is published in US   Times of Malta (マルタ) 鳥インフルエンザ研究論文が米国で発表されたことからテロリズムが懸念

Just 3 more mutations in humans can make bird flu a pandemic  BioScholar News  (国際) わずか三箇所の遺伝子変異で鳥インフルエンザの世界的パンデミックに
 
 新規研究によると、H5N1鳥インフルエンザウイルスが自然界で進化して、人人空気感染を起こす可能性が示唆された。
Contagion: Not long before humans become bird-flu carriers Courier Mail (オーストラリア) 人の間で鳥インフルエンザウイルスが拡大するのは、そう遠くのことではない

鳥インフル、空気からも感染 オランダ研究者が解明  東亜日報
 高病原性鳥インフルエンザ(AI)ウィルスであるH5N1が空気を通じて人に感染し得るという研究結果が出た。これは、鶏や鴨などの鳥類感性固体と直接接触してこそH5H1に感染するという既存の学説を覆す内容だ。
 オランダ・エラスムス医学センターのロン・フーシェ教授は、世界的な科学誌「サイエンス」の21日付に公開した論文の中で、H5N1ウィルス遺伝子の5ヵ所を操作してフェレットに投与した結果、空気を通じたH5N1の感染を確認したと明らかにした。
 研究チームは、H5N1研究チームは、ウィルス遺伝子に突然変異を起こしてフェレットに投与した後、感染したフェレットから再びウィルスを抽出するプロセスを10回繰り返し、突然変異ウィルスを得た。同教授は、論文の中で「突然変異を経る中でH5N1ウィルスが空気から感染することを確認した」と明らかにした。  
 世界保健機構(WHO)の集計によると、H5N1は2003年から今年6月7日まで世界15ヵ国で感染者606人に上り、このうち58.9%に当たる357人が死亡するほど致死率の高い感染病だ。
 国立保健研究院・生物安全評価課のユ・チョングォン課長は、「今度の研究結果がH5N1感染率を下げるのに利用されるのか、逆に感染率を高めるのに悪用されるかは見守らなければならない」と話した。

New Bird-Flu Study Shows Virus's Pandemic Potential Wall Street Journal (米国) 新規鳥インフルエンザ研究で(H5N1)ウイルスのパンデミック発生の可能性があることが実証
Bird flu 'secrets' are out The Australian (オーストラリア) 鳥インフルエンザウイルスの秘密が公表
 人為的作成H5N1ウイルスの秘密が雑誌で公表。
Bird flu pandemic in humans could happen any time Reuters  (国際)  人における鳥インフルエンザのパンデミックはいつでも起きる可能性がある
 H5N1ウイルスが人に感染しだしてパンデミックを起こすのに、僅か5箇所の遺伝子変異で十分である。
 そのうち2箇所の変異は自然界に存在するウイルスで起きている。
 いつでも残りの変異が発生して、人の間でのパンデミックは起きえる。

 Scienceに発表されたオランダの研究チームの論文から。

6月22日 (金)

Bird flu pandemic just "three mutations" away, scientists show Telegraph.co.uk  (英国) 鳥インフルエンザのパンデミックは、3箇所の遺伝子変異で発生、科学者達が証明
 オランダのフーシュ博士らのチームの人為的に作成されたH5N1ウイルスの研究論文の協同著者である、英国ケンブリッジ大学のデレク・スミス教授のコメント。
 {人人感染するウイルスになるためには5箇所の遺伝子変異が必要であるが、既に2箇所の変異を示しているウイルスは存在する。残りの3箇所の変異は感染した人の内部で起きることも可能であるが、自然界で起きることもあり得る。それが起きえるか、起きろとしたならいつなのかについては予測は出来ない}
H5NI human pandemic 'possible' RTHK (香港) H5N1人インフルエンザパンデミックは可能性がある
 Scienceに発表されたオランダチームの研究論文から。
 {Scientists have warned that the H5N1 bird flu virus could change into a form able to spread rapidly between humans. Researchers have identified five genetic changes that could allow the virus to start a deadly pandemic.
 Writing in the journal Science, they say it would be theoretically possible for these changes to occur in nature.}

猛毒性鳥インフル、空気感染も-オランダ研究者らが動物実験論文 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
 オランダの研究者らのチームは、ヒトの間で大流行を引き起こす可能性のある猛毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が5つの遺伝的変異を通じて哺乳類の間で空気感染するタイプに姿を変えるメカニズムを解明した。実験結果は22日付の米科学誌サイエンスに掲載された

 この実験結果は、H5N1が将来、甚大な公衆衛生リスクを人類にもたらす恐れがあることを示している。H5N1は、2003年以降に十数カ国で鳥からヒトへの感染が確認され、感染した約600人のうち約60%を死亡させている。研究者チームは、この実験で意図的に生じさせた5つの変異のうち、2つの変異は既に鳥やヒトへの感染が確認されており、残りの3つの変異も自然進化によって発生する可能性があると指摘している。 

 22日付のサイエンスにはこの論文のほかにも、H5N1に関するいくつかの論文や解説が掲載されている。これらの研究は米国立衛生研究所(NIH)などの機関からの資金提供を受けている。

 発表された遺伝子変異の実験論文は、今年に入って物議をかもした2件の論文のうちの1つで、サイエンスなど科学誌上に発表されるとテロリストに生物化学兵器製造の設計図を与えることになりかねないとの懸念を引き起こした。もう1件の実験論文は、ヒトでの大流行を引き起こすH5N1の変種を作り出す遺伝子操作技術を詳述したもので、既に5月に英科学誌ネイチャーに掲載されている。 

 公衆衛生当局者がH5N1のどの遺伝子特性を探せば良いのかが分かれば、H5N1に感染した人々から標本を採取し、重大な変異が発生し始めているかどうかを確認できる。 

 ただしサイエンス誌上に今回掲載された同実験論文の執筆者らは、実験で作り出した5つの変異のうち、残りの3つの変異も自然界で起こるのか、起こるとしたらそれはいつになるかは予測できないとしている。また、この3つの変異がヒトの間で大流行を引き起こし得るすべての変異ではないと指摘した。 

 ケンブリッジ大学のデレク・スミス氏は、「ヒトやその他の哺乳類の宿主で残りの3つの変異発生が起きる可能性がある、ということしか分からない」と述べた。スミス氏が共同執筆したサイエンス論文の1つによると、15年間の監視データの分析の結果、実験で操作したウイルスにみられた5つの変異のうち、2つは既存の鳥インフル変種の中で実際に発生が確認されている。 

 H5N1ウイルスは物理的な接触を通じて鳥からヒトへ感染するが、ヒトからヒトへ感染するほどに効率的な力はまだない。ヒトからヒトへの感染能力は同ウイルスが大流行を引き起こすのに必要な条件だ。 

 NIHの傘下にある国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウシ博士は、ウイルス監視研究で得られる利点は、生物化学兵器の製造をもくろむテロリストなどによる「邪悪な利用のリスクよりもずっと大きい」と指摘した。ファウシ氏とNIHのフランシス・コリンズ氏は、サイエンスが特集したウイルス研究の利点とリスクに関する解説の一つを共同執筆した。

 今回の最新研究はまた、H5N1の大流行のリスクがこれまで信じられていたよりもはるかに大きいかもしれないことを示している。

 これより先、5月にネイチャー誌上で公表された別の研究チームの実験では、H5N1を豚インフルと遺伝子操作で結合し、混合ウイルスを作り出したところ、ほ乳類間で感染することが確かめられた。この実験は、「大流行する変種は、鳥ウイルスが豚のような動物の別のウイルスとの間で遺伝子を混合するときに発生する公算が大きい」との長年の考え方に基づいていた。 

 しかしサイエンス誌上で今回公表された実験論文では、こうした「リーアソートメント(混合)」が必ずしも不可欠でなく、H5N1だけの変異から生じる可能性が示唆されている。

 研究チームはまず、H5N1の3つのアミノ酸を、このウイルスが宿主としてのヒトに親和性を増すような手法で変化させた。その後、変異したこのウイルスをイタチの仲間であるフェレットに感染させた。フェレットが適切な実験モデルであるのは、インフルエンザに感染するとフェレットはヒトと同じようにくしゃみをし、似たような症状になるからだ。 

 同チームは感染したフェレットの鼻から分泌物を採取し、それを他のフェレットに「パッセージング(付着)」させた。これを何度か繰り返した。いずれの段階でも細胞サンプルを採取し、H5N1がどのように進化しているかを分析した。 

 実験論文を共同執筆したオランダ・エラスムス医療センターのロン・フーシェ博士ら研究チームは「約10回のパッセージングのあと、われわれはウイルスが感染能力を獲得したことを突き止めた」と指摘。このことは「ヒトにおいて、変異が蓄積されるために伝播の回数は少なくてもいいことを示唆している」とした。

 5つの変異によって、ウイルスはフェレット間で感染できるようになった。つまり実験当初の3つのアミノ酸の変更と、フェレットの体内で生じた進化的選択(淘汰)を通じて生じた残り2つの変異だった。

 実験室で作られたウイルスは哺乳類間で感染するが、ほとんどの感染したフェレットは治癒した。死んだのは大量のウイルスを直接のどに付着させられたフェレットだけだった。

 またフーシェ博士の研究によると、人工的に作られたウイルスは、タミフルなど抗ウイルス剤のオセルタミビルや実験的に作られたH5N1のワクチンを接種されたフェレットから得られた抗体に反応した。



New Bird-Flu Study Shows Virus's Pandemic Potential Wall Street Journal  (米国) 発表された新規論文はH5N1鳥インフルエンザウイルスがパンデミックを起こす可能性を示唆

Bird flu could develop airborne transmission: Prepare for possible ... Examiner.com (米国) 鳥インフルエンザは空気感染するかも知れない。対策強化の必要がある
 オランダの研究論文内容に関して。
H5N1: BirdFlu Pandemic May Be Closer than Thought, Study Finds Time Magazine  (米国) H5N1鳥インフルエンザ:パンデミック発生は予想よりも早い可能性、研究が示唆
 オランダの研究チームの論文が”Science”に掲載されたことからの論評。

 H5N1鳥インフルエンザウイルスが5回の変異で人に容易に感染するようになる。
 そのうち2回の変異が起きているウイルス株も出現していて、残りの3回は人に感染する過程、または鳥に感染する過程で起きえる。

 H5N1によるパンデミックは予想しているよりも早くに起きる可能性がある。

Bird flu study published after terrorism debate 3News NZ (ニュージーランド) 鳥インフル研究、テロリズム論争の果てに雑誌発表
 先月、米国ウイスコンシン大学でのH5N1鳥インフルウイルスに関する研究論文が、掲載許可に関する論争の果てに”Nature”に発表された。
 一方、もう一つの問題となっていたオランダのエラスムス医学センターの論文も21日、”Science”に掲載された。

 両論文ともH5N1ウイルスが人に容易に感染するようになる変異過程を分析したものである。
 実験動物として人の感染様式に類似性を示すフェレットを用いた。
 作成された容易に感染するH5N1ウイルスはフェレットを殺さなかったとされるが、オランダのロン・フ-シェ教授のチームの作成した変異ウイルスは5回の変異が必要とされるが、それらの2つは既に自然界で起きていて、残りは人に感染する過程、または鳥に感染する過程で起きえると説明されている。
 要するに人に感染するH5N1ウイルスは実験室内で完成していると考えられ、それは自然界でも直に誕生すると想定されるということである。
 問題は当初致死的と表現されていたフ-シェ教授のウイルスが、実はフェレットを殺しはしなかったと後に語られたされる事実性であるが、その信頼性にに関しては未だ明朗さに欠けている。


6月21日 (木)

41 infected with bird flu in Thailand  Newstrack India (インド) タイで41人が鳥インフルエンザに感染
 2009年に流行のH1N1豚インフルエンザ(すなわちかっての新型インフルエンザ)がタイで発生しているが、豚インフルエンザを鳥インフルエンザと誤って記載。両者の区別がつかないのだろうか?

6月20日 (水)

41 infected with 2009 H1N1 avian flu in Nakhon Ratchasima Thai News Agency MCOT (タイ) 41人が2009H1N1鳥インフルエンザを発症

 H1N1豚インフルエンザの間違い。
 正しくはA(H1N1)pdmインフルエンザ。
 タイ保健省の発表というが、報道機関が間違って解釈したものと考えられる。
 重症者はいない。

6月9日 (土)

遺伝子無断組み換えで厳重注意、神戸大大学院 読売新聞
  神戸大大学院医学研究科准教授の研究室が、文部科学大臣の確認を得ず、無断で季節性インフルエンザウイルス(H1N1)の遺伝子組み換え実験を行った。文科省は8日、同大学を厳重注意し、同時に同大学では准教授の処分を検討する。
 国の発表では、実験は2009年4~8月、准教授の研究室で所属していた留学生が担当して行われた。

 さらに、准教授は08年11月と09年8月、インドネシアが国外持ち出しを禁じている鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の遺伝子などを大学に持ち帰っていたことも判明した。日本での輸入許可は得ており、准教授は「ウイルスではなく、遺伝子だからいいと勘違いしていた」と釈明している。
 同大学によると、いずれも人に感染する危険性は低く、周辺への影響もなかったという。福田秀樹学長は「再発防止に向けて改善に努める」とのコメントを出した。

遺伝子実験で神戸大を厳重注意  NHK
 平成21年4月~8月に神戸大学院医学研究科の研究室で大学院生が、神戸大学の大学院が法律に定められた国の確認を受けずにインフルエンザウイルスの遺伝子組み換え実験を行っていたことが分かり、文部科学省は大学に対して厳重注意するとともに再発防止の徹底を指示しました。

 実験自体は閉鎖環境の中で行われ、必要な拡散防止の措置も取られていたため、ウイルスの環境中への拡散はなかっととされる。
 文部科学省によると、インフルエンザウイルスの遺伝子組み換え実験を行う際、事前に実験計画を国に提出しウイルスの拡散防止措置の確認を受けなければいけないとされる。

6月8日 (金)

無断でウイルス組み換え実験 文科省、神戸大を厳重注意 
日本経済新聞
 文部科学省は8日、季節性インフルエンザウイルスの遺伝子組み換え実験を無断でしていたとして、神戸大を厳重注意したと発表した。実験室には周囲に拡散させないための設備が整っており、環境への影響はないとしている。
 文科省などによると、実験があったのは2009年4~8月。実験を担当した大学院生が遺伝子組み換え実験の際に同省への確認手続きが必要であることを知らなかったという。

H5N1 Outbreak Confirmed in Northwest China 
Occupational Health and Safety (米国) 中国北西部で家きんにおけるH5N1発生が確認。WHO、エジプトにおける人感染例を確認
 中国農業省は5日国営通信の新華社通信により、北西部の甘粛省(かんしゅくしょう)も鶏でH5N1鳥インフルエンザが発生した事を報告した。(詳細は昨日の報道を参照)。

 WHOは7日、エジプト保健省がH5N1インフルエンザの人感染例を報告したと発表した。
 感染者はKfr -Elsheik県に住む4歳女児で、4月25日に発症し翌日病院へ入院した。
 タミフルによる治療で改善し、5月7日に退院した。

 
ウイルス検査は中央公衆衛生研究所と米国の海軍医学研究施設3( Naval Medical Research Unit 3 (NAMRU-3))で行われた。

 
WHOによると女児の感染源は放し飼いにしている家きんとの接触とされる。
 これまでエジプトでは168人がH5N1に感染し、60人が死亡している。(死亡者の大多数は成人である:訳者)。

6月7日 (木


H5N1 bird flu reported in NW China EastDay.com (中国、上海) 中国北西部で鳥インフルエンザ発生が報告
 中国北西部の甘粛省(かんしゅくしょう)で家きんにおける高病原性インフルエンザが発生したと、中国農業省は6日発表した。
 一箇所の村で6200羽の鶏が鳥インフルエンザ様症状を呈し、そのうち200羽が死亡したという。

 国立鳥インフルエンザ専門研究所でウイルス検査をした結果5日にH5N1ウイルスを確認したと、農業省では発表している。
 専門チームが北京から現地に派遣され拡大防止策を指導しはじめた。

 

Nobird flu in Guangdong, say authorities China Daily  (中国) 広東省、鳥インフルエンザの発生は認められないと発表
 広東省当局は6日、同省で高病原性鳥インフルエンザの発生はないと発表した。

 当局によると江蘇省からの肉や野菜の市場で1羽のアヒルでH5ウイルス感染が疑われているという。
 現在はウイルスの詳細検査を行っている。

6月6日(水)

WHO hopes for meeting on dual-use research in late fall  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症と対策研究センター) WHO、今秋にデュアル使用(民生用・軍用)が可能な研究について会議開催を予定

 WHOは実験室内でH5N1変異株作成成功論文の発表を巡って国際的論議を呼んだことから、デュアル使用(軍用・民生用)に関する研究について国際的に論議したいと発表した。
 WHOの事務局長補で”健康安全と環境”に関する責任者のケイジ・フクダ氏がCIDRAPに語った。

 WHOは問題となっていたH5N1に関する2つの論文に関して、2012年2月16日と17日に、専門家と各国政府関係者を招聘してクローズドの国際会議を開いた。

 デュアル使用が可能となる研究とは、人類にとって良い目的にも悪い目的にもつながる研究を意味する。

 問題となった2つの研究の一つは、ウイスコンシン大学のヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕)教授をリーダーとするチームによって5月初めにNatureに発表されたもので、もう一つはオランダのエラスムス医学センターのロン・フーシュのチームの研究論文で、現在Scienceへの掲載を待っている。

 昨日WHOから発表された声明文によると2月の会議では多くの参加者が論文を原文のまま全文掲載することに賛同したという。

 WHOはさらに多くの各界の専門家(科学者、公衆衛生専門家、政府機関、国際機関、一般社会)を交えたデュアル使用につながる研究について論議したいという。

 
Avian influenza - situation in China, Hong Kong Special Administrative Region (Hong Kong, SAR) - update WHO  鳥インフルエンザ-香港における人感染
 香港保健局の健康保護庁はH5N1ウイルスの人感染例を報告した。
 患者は広東省、広州市に住む2歳男児で2012年5月23日に発症し、26日に香港の個人クリニックを受診した。
 男児はその後けいれんを起こしはじめて2012年5月28日に総合病院へ移された。
 6月2日に検査でA(H5N1)感染が確認された。現在重体である。

 母親は2012年中旬に広州市の”生きた家きん市場”に男児を連れて行き、アヒルを購入し、それは現場で殺処分された。
 男児と密接に接触した人々がウイルス検査を受けたが、全て陰性であった。
 これまでの事実から考えると今回の事例は孤発例であり、ウイルスが周辺に二次感染を起こす可能性はないと考えられる。

6月5日 (火)

Boy's case isolated, bird flu outbreak unlikely in China Jakarta Post  (インドネシア) 香港のH5N1感染男児例は孤発例で、中国での流行発生は考えずらい
 2歳男児と接触した全ての人々の健康調査、またはウイルス検査は全て陰性であり、香港と広東省の保健当局はH5N1の流行が拡大する可能性は非常に低いと発表した。

 少年は香港での1週間に渡る治療にも関わらず未だ重篤とされる。

Further updates on H5N1 case 7thSpace Interactive (国際) 香港のH5N1感染のその後の状況
 6月4日、香港保健局の健康保護庁(CHP)は2歳男児が発病したH5N1インフルエンザに関しての最新情報を発表した。

 男児の咽頭ぬぐい液から分離されたウイルスはクレード2.3.2.1に属する株であり、2011年と2012年に野鳥から分離されている株、そして一昨年末に本土で感染した女性から分離された株と同じであった。
 これまでの遺伝子分析では鳥インフルエンザウイルスに由来するものであることと、タミフルに対しての抵抗性は獲得していないことが確認された。
 WHOが2011年2月~9月に調査した各国で分離されたH5N1ウイルスのクレード(分岐系統)結果は以下の通り。

国 感染対象 遺伝的クレード(分岐群)
バングラデシュ 家きん、野鳥、人 2.2.2、2.3.2.1
カンボジア 家きん、人 1.1
香港 家きん 2.3.2.1、2.3.4
エジプト 家きん、人 2.2.1
インド 家きん 2.3.2.1
インドネシア 家きん、人 不明
日本 野鳥、家きん 2.3.2.1
韓国 野鳥、家きん 2.3.2.1
モンゴル 野鳥 不明
ミャンマー 家きん 2.3.2.1、2.3.4.2
ベトナム 家きん 1.1、2.3.2.1

 男児は現在プリンセス・マーガレット病院の小児濃厚治療室で治療を受けているが、詳細検査では未だ閉塞性脳水腫が続いているとされる(髄液の流れる経路が炎症の為に閉塞され、髄液が脳内に貯留して脳浮腫が起きている:管理人意見)。
 状態は未だ重篤とされる。

 CHPは男児との接触者80人の健康状態の監視を続けている。
 両親と呼吸器症状を呈した接触者5人についてウイルス検査が行われたが全て陰性とされる。

 5日午後5時現在、保健局ホットラインには市民からの相談が20件あった。

 調査は継続されている。


6月4日 (月)

Bird flu found in 21 poultry farms 
Gulf Times (クエート) バングラデシュで今年度21箇所の家きん農場でH5N1鳥インフルエンザが発生
 バングラデシュのダッカの当局者によると、今年度同国にある85の家きん大農場のうち21箇所で、3月末まで鳥インフルエンザが発生したという。
 対策委員会は昨日ワクチン接種計画を決めた。
Bird flu boy spends 5 days in ward after wrong call 
Hong Kong Standard (香港) 鳥インフルエンザ発症男児、当初5日間の誤った治療
 プリンセス・マーガレット病院で重症鳥インフルエンザ治療中の2歳男児が、当初入院していた病院で5日間、誤った治療を受けていたことが昨夜判明した。

 男児は現在プリンセス・マーガレット病院で閉塞性水頭症、または脳浮腫で濃厚治療を受けている。
 香港に住む父親と中国本土広州市に住む母親は隔離されているが、現在は特に症状はない(男児は母親と住んでいた)。
 
 男児は1日にプリンセス・マーガレット病院に転送されたが、それまで5日間カンタス・医学センター(香港)の小児病棟で治療を受けていた。
 医師達は急性上気道炎との診断で男児の治療をおこなっていたと、広報官は説明している。
 「全てのインフルエンザ患者は隔離出来ない。隔離するかどうかは患者の症状による」、と広報官は説明している。

 男児にタミフルが投与されたのは、プリンセス・マーガレット病院に転送されてからだったという。
 
 男児の感染源は、男児と母親が5月中旬に本土の広州市の無認可の”生きた家きん市場”でアヒルを買ったが、それからウイルスが感染したと推定されている。
 5月23日、男児は発熱と鼻汁を呈しはじめ、3日間のうちに広州市の2人の医師に診察を受けていた。
 5月26日、男児は香港のモンコック(旺角Mong Kok)の個人クリニックを受診した。
 しかし男児はけいれんを起こしはじめたために、1週間前(28日)にカンタス医学センターへ救急隊により搬送された。
 (その後6月1日にプリンセス・マーガレット病院へ移された)。

 個人クリニック、救急隊、カンタス医学センターの接触者(入院中の小児を含む)80人は現在健康調査が行われている。
 カンタス病院の医療スタッフ2人が症状を呈してるが(多分風邪症状:訳者)、ウイルス検査では陰性となっている。

 香港大学のウイルス学教授のグアン・イ氏は、ウイルスを分析して変異の有無が確認されると語っている。


6月3日 (日)

Updates on H5N1 case 
7thSpace Interactive (香港) H5N1感染事例の状況
 香港保健省の健康保護庁(CHP)は本日、H5N1鳥インフルエンザを発症した2歳男児を含むその後の状況を発表した。
 
 CHPの疫学調査によると男児は中国本土の安徽省を両親と5月20日~22日の間旅行したが、その間家きんには接触しなかった。
 しかし5月中旬に広州市の自宅近くの”生きた家きん市場”を訪れてアヒルに触れた。

 男児は現在プリンセス・マーガレット病院で隔離されているが、状態は重体のままである。

 CHPは男児と接触した人々の追跡調査を現在行っている;両親、最初に受診した個人クリニック、救急隊、カンタス医学センター(CMC)。調査は合計80人となっているが、CMCのスタッフ2人が呼吸器症状を呈している以外、健康異常を呈している接触者はいない。CMCの2人も呼吸器からの粘液検査でH5ウイルスは見つかっていない。

 CHPは昨日医師達に生きた家きん市場に行った人々、または広州市で家きんに接触した人々には十分の注意を払うように通達を出した。
 またH5インフルエンザが疑われる患者を診た場合は速やかにCHPに連絡を取るようにも伝えている。

 本日正午現在、10件の相談が保健省のホットラインにあった。

香港と広東、鳥インフル感染に対応措置 
中国国際放送
 中国広東省から診察に来た2歳の男児が鳥インフルエンザウイルス(H5型)に感染していることが確認されたのを受けて、香港特別行政区政府食物・衛生局の周一岳局長は2日、「すでに対応措置を取っている。現在のところ感染の拡大は報告されていない」と発表しました。

 それによりますと、香港の公立病院では、患者の面会を制限し、感染の疑いがある人への観察を強めるなどして対策を取っています。また、生きた家禽類の輸入や販売に対する監視も強化しているということです。

 同時に、広東省では、男児と密接に接触した可能性のある人を追跡調査し、その健康状態を観察しています。広東省の衛生当局によりますと、2日午後5時半までに異常はないということです。

HK urges calm over bird flu case 
China Post (台湾) 香港、鳥インフルエンザ感染者発生に冷静になるように呼びかけ
 中国本土の広東省から香港の病院へ来たH5N1鳥インフルエンザ発症の2歳男児に関して、香港行政府は市民にパニックにならないように呼びかけている。
 男児は現在重篤であり、香港行政府は鳥インフルエンザ危険度を”深刻”に引き上げている。

 香港保健局と広東省の保健当局は、男児が5月中旬に生きた家きん市場に出かけて、そこで生きたアヒルに接触した事を確認している。
 その後男児は発熱と鼻水を呈しだし、5月26日に香港の個人クリニックを受診した。

 香港保健局の広報官は、男児の両親は無症状であることから、男児に感染したH5N1ウイルスは人人感染しないと説明している。
 男児は現在濃厚治療室にいて、両親は隔離されている。

 中国国営通信の新華社は、広東省は現在警戒態勢を強めているが、検査ではH5N1流行は確認していないと発表している。

 香港行政府の保健相であるヨーク・チョウ(York Chow )氏は、男児の例は孤発例であり、市民はパニックになる必要はないと語っている。


6月2日 (土)

Guangdong on alert after Hong Kong bird flu case  
Shanghai Daily (中国) 広東省、鳥インフルエンザ感染者が確認されたため、警戒態勢に

 広東省の広州市の2歳男児が、けいれんの為香港の病院に28日入院したが、H5鳥インフルエンザに感染していることが確認された。(香港で後にH5N1ウイルス感染が確認されている:香港報道)。
 男児は5月17日~19日に広州市の市場で生きたアヒルに触れていた。
 しかし同市場や周辺の市場の家きん、及び男児が入院した広州市の病院ではH5ウイルスが確認されなかった、と広州市の疾病制御センターでは説明している。
 男児と接触した人々の中で健康異常を呈している例は見つかっていないという。

Hong Kong confirms case of bird flu 
Courier Mail  (オーストラリア) 香港、鳥インフルエンザ感染者を確認
 香港の病院は、2歳男児が鳥インフルエンザに感染していることが確認されたことから、警戒態勢に入った。
 少年は1週間前に中国本土広東省の町から、けいれんを起こしたことから入院した。
 健康保護庁によると男児はH5鳥インフルエンザウイルスに感染していることが確認されたとされる。
 男児は病院の隔離病棟で治療を受けているが、状態は安定しているという。
Hong Kong H5 infection raises alert level CIDRAP (米国) 香港、H5感染症危険レベルを”深刻”へ引き上げる
 CIDRAP(米国ミネソタ大学感染症研究と対策センター)

 香港保健当局はパンデミック・インフルエンザ危険レベルを”警戒”から”深刻”へ引き上げた。
 
 保健当局によると、中国本土の広東省で23日に2歳男児が発熱と鼻水で発病し、26日に香港のMong Kokの個人病院に診断の為に受診した。
 男児はその後熱性けいれんを起こして、脳炎疑いでカリタス医学センターの救急室に搬送され、入院となった。
 保健当局によると男児の呼吸器粘液からH5ウイルスが検出され、現在詳細検査中とされる。

 男児の状態は安定しており、当局は男児の感染源を調査している。
 男児と接触した関係者に有症状者はいないとされる。

 香港保健当局は本土の関係機関および男児の入院する病院と緊密な情報交換をしている。
 当局は市民からの相談電話を受け付け、さらに厳重な衛生管理を呼びかけている。
 
 また香港保健当局は、各公共病院に対してH5感染危険度を”深刻”レベルに引き上げるように通知している。

 香港政府の声明文 (6月1日)

6月1日 (金)

現時点では特になし

TOP