高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2012年5月

5月31日 (木)

特になし
5月30日 (水)


S'pore scientists develop kit to detect H5N1 virus in 2 hours Jakarta Post  (インドネシア) シンガポールの研究チームがH5N1ウイルスを2時間で検出するキットを開発

Bird flu test kit set to take off  TODAYonline  (シンガポール) シンガポールで開発鳥インフルエンザ測定キットが実用化へ
 一回の検査でこれまで知られているH5N1ウイルスが数時間で同定出来るキットがシンガポールで開発された。
 正確度は100%とされる。
Bird-flu test identifies 10 strains of virus  New Scientist (国際) 鳥インフルエンザキット、H5N1ウイルスの10種類を短時間で測定
 鳥インフルエンザウイルスが進化しているので、迅速に多数のウイルス株を同定出来る検査方法が必要となっている。
 最近H5N1ウイルス10検体を迅速に測定できるキットがシンガポールの研究者により開発された。
 現在WHOにより推奨されている迅速キットは同時に3検体しか分析できない。
5月29日 (火)


Cambodia reports third bird flu death of 2012 Examiner.com  (米国) カンボジアで本年3例目の鳥インフルエンザ死者が発生
 AFP

 カンボジア保健省はWHOに鳥インフルエンザの死者が発生したことを報告した。
 同保健省とWHOの共同声明によると、南西部のKampong Speu省に住んでいた10歳少女が鳥インフルエンザで27日に死亡した。
 少女は5月20日に発熱と呼吸困難(呼吸速迫)が始まったとされる。

 疫学的調査によると、感染家きんとの接触が原因と報告されている。
 本年度3例目の感染者であるが全例死亡している。
 また2005年の最初の患者が見つかって以来カンボジアでは通算21例の感染者が報告されているが、そのうち19名が死亡している。
 実に致死率は90%となっている。


5月26日 (土)

新規のH5N1感染者報告はないが、ここしばらく妙に静かである。
H5N1ウイルス王国に異変が起きたのだろうか?
5月24日 (木)

UN global health agency chief wins 2nd term North County Times  (米国) WHO事務局長にチャン女史が再選
 
世界保健総会(The World Health Assembly)は23日、次期のWHO事務局長に現事務局長のマーガレット・チャン女史を再選した。2期目となる。
 鳥インフルエンザやSARS対策が評価されたとされる。

 
チャン女史はカナダの医学部で医学教育を受けているが、その後香港の保健長官を務めていた。
 2017年6月30日までの任期となる。

5月23日 (水)
特記すべき情報はない
5月22日 (火)
特記すべき情報はない
5月21日 (月)

Rethinking science on pandemic-potential viruses 
Duke University (米国) パンデミック・ウイルスに関する研究の再考慮
 米国デューク大学のウエブ。
 最近論議されているH5N1ウイルスの変異実験に関する大学院生の学内での意見発表。
 
 もし変異ウイルスが生物兵器として利用可能だとしても、それが今回の研究と論文発表で加速されることはない。
 研究、そして論文発表は意義がある。
 論文が発表されなくても、テロリスト達は何らかの方法で変異ウイルス作成の方法を考え出す。

 今必要な事は、自然界または人為的に作成されたH5N1ウイルスによるパンデミックが発生した時に、ワクチンなどによる防衛対策を速やかに行う方法を考えることである。

5月20日 (日)

インフル、約半年ぶりに流行指標下回る 
キャリアブレイン
 
昨年12月第2週に流行域(定点1人以上)となったインフルエンザ流行も、本年2月上旬をピークに減少に転じ、5月第2週に流行域を下回りはじめた(定点1人以下)。
 約半年間という長期簡に渡った流行となったようだ。

5月19日 (土)

Designer Flu: How scientists made a killer virus airborne — and who should know Science News (国際) インフルエンザウイルスの設計者 :どのようにして科学者達は殺人ウイルスを空気感染させるようにしたか、そして誰がその事実を知るべきか
 
オランダと米国で作成されたH5N1ウイルスの背景と、その危険性。
 卓越総説
5月18日 (金)

特になし
 >海外報道、WHO 他

5月17日 (木)
特になし
海外情報が引き潮のように非常に少なくなっています。

5月16日 (水)

特になし
5月15日 (火)
特になし
5月14日 (月)

Scientific journal study could lead to bioterrorism WNEM Saginaw  (米国) 科学雑誌がバイオテロリズムに荷担する可能性
 Natureに発表された米国ウイスコンシン大学のH5N1ウイルス変異に関する研究論文に関する。
哺乳類間で伝播しうる鳥インフルエンザウイルス Nature Asia

リスクの高い研究に関する論文の掲載 Nature Asia

5月13日 (日)

特になし

5月12日 (土)

特になし

5月11日 (金)

特になし

5月10日 (木)

特に気になる情報はない。

5月9日 (水)

Universal flu shot imminent?  healthzone.ca  (カナダ) インフルエンザ万能ワクチンの作成は間近?

Swine flu vaccine could protect against many flu viruses, UBC researchers find ... Vancouver Sun (カナダ) 豚インフルエンザワクチンは多くのインフルエンザを予防する可能性
 2年間の研究の結果結論が得られた。
 2009H1N1ウイルスに対するワクチンは、ウイルスのヘマグルティニンの幹部分と結合する。
 多くのインフルエンザに対する予防効果がマウスの実験で確認された。
Seasonal flu vaccine could be a thing of the past News1130 (国際) 季節性インフルエンザワクチンは過去のものになる可能性
 下記と類似内容
 
Swine flu vaccine may fight lethal strains, BC researchers find Vancouver Sun  (カナダ) 豚インフルエンザワクチン、致死的インフルエンザウイルスにも効果を持っている可能性:ブリティシュ・コロンビア(BC)大学の研究チームが発表
 8日に発表された論文によると、カナダの研究チームがインフルエンザ万能ワクチン作成の手がかりを掴んだようだ。
 論文は journal Frontiers in Immunologyに発表された。

 研究チームは2009年に流行したH1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)に対するワクチンが、H5N1ウイルスを含む多くのインフルエンザウイルスと結合する抗体を産生することを見いだした。
 これらの抗体はインフルエンザウイルス表面のヘマグルティニン(HA)の幹に対して作用する事から、多くのインフルエンザウイルスに予防効果を示すと考えられている。
 従来のワクチンはHAの頭部(傘部分)に作用し、この部分はウイルスによっても抗原性は異なり、また同一ウイルスでも変異により毎年抗原性が変わる。
 しかし幹部分はウイルス間での抗原性に差はなく、また変異することもほとんどないため、この部分に対する抗体は多くのインフルエンザウイルスに効果を示すと考えられている。

 研究チームは、未だ人類が感染したことのない他動物のインフルエンザウイルスに対するワクチンを接種することで、HAの幹部分に対する抗体が産生され、H5N1も含めて多くのインフルエンザウイルスの感染を予防的ル可能性があると言っている。

 研究はさらに多くの人の抗体を用いて2年後には万能ワクチンを実用化するとされる。

 昨年、米国の研究チームは2009年のH1N1インフルエンザから回復した患者は、多くの異なったインフルエンザウイルス感染を予防する多様な抗体を体内で産生していることを見いだした。
 研究論文(Journal of Experimental Medicine )によると、9人の回復患者から得た抗体をマウスに投与した後、鳥インフルエンザウイルスを含む少なくとも3種類以上の他のインフルエンザウイルスを致死量以上投与しても発病が防止されたという。

香港で鳥インフルエンザ検出 USFL.COM
 香港政府は7日、香港・新界地区の元朗の道路近くで見つかった鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。
 当局によると、この鳥は4月27日に見つかったハッカチョウ。周辺には養鶏場もあるというが、異常は伝えられていない。


5月8日 (火)

特に気になる情報はない。

5月7日 (月



5月6日 (日)

特になし

5月5日 (土)

特になし

5月4日 (金)


Report details changes that may boost H5N1 spread in mammals CIDRAP (米国) ほ乳類に拡大する可能性ある作成H5N1ウイルス研究論文の詳細が変更されて発表
 米国ウイスコンシン大学から投稿された河岡義裕教授らの論文が科学雑誌”Nature”に掲載された。
 その背景について論評。
 作成ウイルスの遺伝子は、7個のH1N1ウイルス由来の遺伝子と1個(ヘマグルティニン遺伝子:細胞に感染する際に働く)のH5N1ウイルス由来の遺伝子で構成されている。
 フェレット間で容易に感染を起こすが、致死力はないとなされる。7個のH1N1ウイルス由来の遺伝子も感染力増強に働いていると考えられている。

 発表論文は当初の内容よりも考案部分が長くなっていて、作成ウイルスの危険性がないこと、セキュリティーが保たれていること、研究によるメリットが大きいこと等が詳述されているとされる。
 また当初の論文が、米国の連邦諮問委員会により発表が不承認となって以来、2回修正されたと河岡教授はCIDRAPに説明している。

Birdflu paper that raised bioterrorism fears published  Fox News (米国) バイオテロリズムの不安を喚起する鳥インフルエンザ研究論文が雑誌掲載
 ウイスコンシン大学の河岡義裕氏の論文が、数ヶ月に亘る論議の末に雑誌”サイセンス”に掲載された。
インドネシアで2歳男児がH5N1インフルエンザで死亡 WHO
 インドネシア、リアウ省( Riau Province.)で2歳男児がH5N1鳥インフルエンザを発症して死亡した。
 男児は4月17日に発熱し、21日に入院した。しかし4月27日に死亡した。
 感染源調査では、両親がウズラの卵を生産・販売していることから、それらからウイルスが感染した疑いがもたれている。

 *当症例は2日にAFPから情報発信されている。

ヒト感染する鳥インフル変異株論文、英ネイチャー誌に掲載 AFPBB News (AFP 日本版)
 テロリズムに悪用される懸念などから論文発表が見送られていた、ほ乳類間でも感染する高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの変異株に関する研究の1つが、3日の英科学誌ネイチャーに掲載された。
 今回ネイチャーに掲載されたのは、米ウィスコンシン大学の河岡義裕教授率いる研究チームの論文。当初の論文の重要要素に変化は加えられていないと、ネイチャーでは説明している。
 河岡教授のチームは、H5N1ウイルスから赤血球凝集素(ヘマグルチニン、HA)として知られる遺伝子を取り出し、ヒトの呼吸細胞と結合しやすくなるよう変異させた。そして、2009年にヒト間で流行したものの通常のインフルエンザと同程度の致死性しか示さなかった新型インフルエンザA型(H1N1)のウイルス株のHA遺伝子を、この変異遺伝子と置き換えた。
 この「H5N1変異株」を、ヒトと呼吸器系がよく似ているとされるフェレット6匹に感染させたところ、フェレット間での飛沫感染が起こり、変異株がせきやくしゃみで感染し得ることが証明されたという。ただし死亡したフェレットはおらず、この点についてさらに研究が必要だとしている。
 こうした変異が自然界で起きるリスクは、特に鳥とヒトのインフルエンザウイルスが混合し得るブタなどで十分存在するという。今回の研究が衛生機関などに注意を喚起し、ワクチン開発の一助となるだろうと研究チームは述べている。

 一方、同じくヒト間感染するH5N1の変異株作成に成功したとするオランダ・エラスムス医学センターのロン・フーシェ氏率いる研究の論文も現在、査読過程にあり、米科学誌サイエンスに間もなく掲載される予定だという。


5月3日  (木)

Bird flu paper that raised bioterrorism fears published 
Chicago Tribune (米国) バイオテロの危険性を論じられた鳥インフルエンザ論文が雑誌に掲載
 米国とオランダの論文のうち、米国の論文がNatureのオンライン版に掲載された。
 H5N1ウイルス遺伝子とH1N1ウイルス遺伝子を組み合わせた合成ウイルスが、フェレット実験で容易に感染するようになった。
 自然界でも容易にH5N1ウイルスは変異しうることを示唆し、当ウイルスの危険性を確認した論文とされる。

 もう一つのオランダの論文は発表される予定ではあるが、現在のところ雑誌掲載(Science)はされていない。
 H5N1ウイルスをフェレットに感染し続けて、フェレット間で容易に感染するウイルスに変異させた。
 当初、感染したフェレットは全て死亡したと研究チームでは語っていたが、後に死亡したフェレットはいなかったと意見を変えた。

5月2日  (水)

Two-year-old dies of bird flu in Indonesia 
 Medical Xpress (国際) インドネシアで2歳男児が鳥インフルエンザで死亡
 1日遅くにインドネシア保健省が発表したところによると、スマトラ島のペカンバル市に住む2歳男児が4月17日に発熱し、3日後に入院した。
 発表によると男児の容体は悪化し続けて4月27日に死亡したとされる。

 感染源は両親が売っていたウズラの生卵ではないかと推定されている。

 AFP配信
5月1日  (火)

特に気になる情報はない。

4月30日 (月)

特になし

4月29日 (日)

Controversial bird flu virus will be published in Science after all 
DutchNews.nl (オランダ) 論議が続いてきた鳥インフルエンザウイルス研究論文が結局サイエンス(Science)に掲載予定に
 オランダ政府は、H5N1鳥インフルエンザウイルスの危険な株への論議を呼んでいる研究論文の海外での発表を許可した。

 
鳥からほ乳類へ拡大するH5N1ウイルスは、ロッテルダムのエラスムス大学の研究者により、米国の研究所(NIHから研究費が出ている)のために作成された。
 しかしながら研究結果の公的発表は、テロリストが危険なウイルスの作成を行う危険性があると言うことから保留されていた。

 論文のいくつかの修正の後、論文は米国の科学雑誌Scienceに掲載される予定となった。
 (Following some amendments, the research will now be published in the US academic publication Science, news agency ANP said. )

 研究のリーダーであるオランダのウイルス研究者ロン・フーシュ教授は、最新の”タイム(Time)”誌で最も影響を与えた世界の100人に選ばれた。


TOP