高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2012年2月

 2月29日 (水)

WHO発表:エジプトでH5N1鳥インフルエンザで2名が感染、死亡
 エジプト保健省はWHOに2名のH5N1鳥インフルエンザ感染例を報告した。

 1例目は32歳男性でブハイラ県に住んでいたが2月16日に発症し、21日に入院した。
 タミフルによる治療が行われたが、2月28日に死亡した。

 2例目はカフル・アッシャイフ県に住む37歳女性で2月18日に発症し、23日に入院して、タミフルによる治療を受けた。
 しかしながら2月26日に死亡した。

 予備的調査では2名の患者は周辺で飼育されていた家きんの発病鳥との濃厚な接触で感染したと考えられている。

 これまでエジプトでは163人の感染が確認されているが、そのうち57人が死亡している。


 2月28日 (火)

インフル2人死亡:兵庫の病院内科病棟 感染経路は不明  毎日新聞
 兵庫県篠山市の兵庫医科大ささやま医療センター。
 内科病棟でインフルエンザに感染した85歳の男女2人が死亡。女性は重度の心臓病、男性は末期の食道がんで入院しており、インフルエンザで症状が悪化したという。

インフルで高齢者2人死亡=特養ホームで52人集団感染-静岡  時事通信
 静岡県三島市の特別養護老人ホーム「御寿園」は28日、入所者と職員計52人がインフルエンザに集団感染し、83歳と76歳の女性入所者2人が死亡したと発表した。同ホームは、ほかの患者には重い症状はみられないとしている。

Bird flu, pig flu, now bat flu  The Australian (オーストラリア) 鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、そして今、コウモリインフルエンザ
 コウモリでインフルエンザウイルスが発見された。

Influenza Virus Discovered in Bats, Human Risk Still Unclear Medical Daily (米国) コウモリでインフルエンザウイルスが検出、しかし人への危険性は不明
 コウモリから初めてインフルエンザウイルスが検出されたが、H17型に分類された。
 相当古い時代に他の既に知られている型から分化したものと考えられるが、人への危険性に関しては不明。

Flu season starts late but may be just as virulent: CDC News-Medical.net (米国) CDC:インフルエンザシーズンの開始は遅れているが、悪性である可能性がある
 米国におけるインフルエンザ流行の開始は、過去30年間で最も遅くなっている。
 しかしながら専門家達はこの2~3週間以内に流行が始まると予想している。
 
 流行が遅れている理由は不明であるが、CDCの専門家は温暖な気候が米国全土に広がっていることと、ワクチン接種率が一昨年以上に昨年末の接種では高かったことを上げている。

介護施設 90歳代死亡 読売新聞
 愛媛県は27日、今治保健所管内の高齢者介護施設で、入所者53人のうち26人がインフルエンザに集団感染し、うち90歳代の女性1人が26日午後に肺炎で死亡したと発表した。27日現在、90歳代の女性2人が入院し、他に症状のある6人が隔離されて治療を受けているが、いずれも回復に向かっているという。

 2月27日 (月)

昨日以降、特記すべき新情報はない。
 2月26日 (日)


Binh Duong reports first human bird flu case SGGP (ベトナム) ベトナム、ビンドゥオン省で初の人の鳥インフルエンザ感染例
 ベトナム南部のビンドゥオン省(Binh Duong )で、初の人の鳥インフルエンザ感染例が報告された。
 患者はホーチミン市の病院へ治療の為に移送された。
 同省保健局によると患者は1990年生まれの男性(21歳)とされる。
 2月17日に高熱と呼吸困難を呈し、地域の病院へ入院した。
 症状が悪化したため、ホーチミン市の感染症および熱帯疾患病院へ移送された。
 血液検体でH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 保健局によると患者がどこで感染したのかは未だ不明とされる。

 保健当局は患者と濃厚接触した人々を隔離している。

インフルエンザ 院内集団感染 80代死亡  東京新聞
 茨城県は二十五日、八千代町の八千代病院で七十代~百歳代の入院患者十九人と職員二人がインフルエンザに集団感染し、入院していた八十代の女性一人が死亡したと発表した。
 死亡した女性は発熱などの症状があったため、二十二日に検査したところインフルエンザA型の陽性反応が出た。その後薬を投与されたが二十四日に亡くなった。女性は予防接種をしていた。残る二十人も十七日から二十五日の間に発症。いずれもインフルエンザA型に感染していた。病院は発症者の隔離や予防接種の投与などで対応している。
 県は九日から県内全域にインフルエンザ「警報」を発令していた。

エジプトで女児がH5N1感染、回復 WHO
 昨日報道で伝えられている。

 ガーベイア県の1歳女児。2月14日に発症して、15日に入院。現在は医学的に良好な状況にある。


 2月25日 (土)

新型インフルに備え合同訓練=日立グループ 時事通信
 日立製作所とグループ3社は25日、新型インフルエンザの発生に備えた合同訓練を都内で行った。訓練では、新型インフルエンザが中国で発生後、徐々に国内でも感染者が広がっていくことを想定。各社がサービスを継続しつつ、従業員の健康を守る方法を協議して対応策を披露、互いの問題点を指摘しあった。

Indonesia reports fourth bird flu death of the year  Business Recorder (パキスタン) インドネシア、本年4例目の鳥インフルエンザ死亡を報告
 バリ島で12歳少年が鳥インフルエンザで死亡したとインドネシア保健省がAFPに伝えた。
 少年は2月11日に発症し5日後に入院した。H5N1ウイルス感染が確認され、21日に死亡した。

 感染源に関しては記載無し。

Bird Flu: More Common, Less Deadly than We Thought?  TIME (米国) 鳥インフルエンザ:考えられていた以上に感染者が多く、致死率も低い?

 研究者達のデータの処理方法についても異論は多い。
 研究報告内容と、それに対する専門家達の批判を取り上げている。

Egypt reports two cases of bird flu this week  Examiner.com  エジプト保健省はWHOに2例のH5N1感染例を報告した

 第一例目は45歳女性で23日にWHOから報告されているので割愛。

 第二例目は、ガ-ルベイア県に住む1歳の女児。14日に発症し、15日に入院し、タミフルによる治療が開始されている。
 現在非常に良い状態にある。

 両事例の感染源は近所の親戚で放し飼いしている家きんとの接触と推定されている。

 2月24日 (金)

Child Dies of Bird Flu in Bali  Bali Discovery (インドネシア) バリ島で小児が鳥インフルエンザで死亡
 
バリのサングラー総合病院(Sanglah General Hospital )で12歳小児が2月21日、鳥インフルエンザで死亡。
 小児は死の5時間前まで、サングラーの他の病院にチフスとして入院していたとされる。

 サングラー総合病院の鳥インフルエンザチームの責任者であるDr. Ken Wirasandshiは、小児が呼吸困難でウイルス検査で鳥インフルエンザと確定されたと発表した。

H5N1 bird flu infection may be more common, less deadly, than thought Los Angeles Times (米国) H5N1インフルエンザは考えられている以上に多くが感染しており、致死率も低いと考えられる
 WHOはH5N1鳥いインフルエンザは致死率が60%以上としているが、23日発表された研究論文によると実際の致死率は遙かに低い可能性がある。

 ニューヨークのマウントシナイ医科大学のウイルス研究者達は、アジア、ヨーロッパ、およびアフリカの人々12000人以上における血中H5N1ウイルス抗体価を調べた20編の論文を分析した。
 その結果1~2%で感染歴を示す抗体が検出されていた。平均化すると、世界で100万人以上の感染者。
 これらの人々のほとんどでインフルエンザ様症状の既往はなかった。
 論文はサイエンスの電子版に掲載された。

 「WHOのH5N1感染の診断のクライテリアは非常に重症な症例の検出には適している。しかし軽症者や無症状者はピックアップされていない。なぜならこのような感染者は医療機関には出向かないからだ」。研究の中心となったタイア・ワング氏が語っている。
 
 インフルエンザ専門家帯は以前からWHOの監視システムでは、部分的にチェックされてない地域が多く、把握されてない数は未知数だ、と言っている。そして正確な科学的致死率に関してコンセンサスは得られていないという。

 WHO広報官のグレゴリー・ハートル氏は、23日、WHOの鳥インフルエンザ確認基準は非重症例は見逃している可能性はあると語り、さらに鳥インフルエンザによる死亡者の公的確認例の方が遙かに多く見逃されている可能性もあるとも語った。


 ミネソタ大学のCIDRAP長官のマイケルT・オステルホルム教授は、H5N1ウイルスの致死率を二十分の一程度に落として考えることも可能であるが、それでもスペインインフルエンザよりも致死率は高い、とコメントしている。
 スペインインフルエンザの致死率は2%とされる。

Study: Bird flu more common but looks less deadly USA TODAY (米国) 研究報告:鳥いインフルエンザはもっと感染率高く、致死率は低い可能性
 ニュヨークのマウントシナイ医学大学の研究チームによる。
 WHOの疫学情報には、多くの軽症者や、病院を受診していない感染者を見逃しており、実際のH5N1の致死率は遙かに低い可能性が高い。

 Science〔サイエンス)に発表した。
Bird flu more common but less deadly than estimated  Mother Nature Network (米国) 鳥インフルエンザ感染はもっと多く起きているが、致死率は推定されているよりも遙かに低い可能性
Bird flu may not be so deadly after all, new analysis claims Chicago Tribune  (米国) 鳥インフルエンザは致死力はさらに低い可能性;新規分析

 2月23日 (木)

第一三共とテルモ、ワクチン注射器開発で連携 日本経済新聞
 第一三共とテルモはワクチンの投与に使う注射器の技術開発で連携すると発表した。注射針の長さを約2ミリと既存製品より短くし、皮膚の上層部の表皮や真皮にワクチンを投与しやすくする。皮下注射よりも免疫効果を強める。
 第一三共がワクチン、テルモは注射器などの研究開発を担当する。2016年にインフルエンザワクチンでの実用化を目指す。

 *米国では昨年秋から使用されている。


 2011年9月21日
  Sanofi Pasteur's Fluzone Intradermal  サノフィ・パスツール社、皮内接種用ワクチン接種シリンジを米国に出荷
   季節性インフルエンザワクチンは通常、米国では筋肉内注射であるが、今シーズンから皮内接種用シリンジに入ったワクチン(フルゾーン)も使われる。
 皮内には免疫細胞も多く、免疫効果も高いことと、筋肉注射のような痛みは少ない。


エジプトで、H5N1鳥インフルエンザ感染者を報告 WHO
 エジプト保健省はH5N1インフルエンザの人感染例を報告した。

 感染者はメノフィア県に住む45歳女性で、2月10日に発症し、17日からタミフルによる治療を受けている。
 現在回復中とされる。
 感染源は放し飼い家きんとの接触によると推定されている。
 今年度4人目の感染報告例であるが、実際に本年に発病した事例としては2例目となる。

 2月22日 (水)


Bird flu claims 3rd victim this year in Indonesia  Straits Times (シンガポール) インドネシアで本年度3人目の鳥インフルエンザ死者が確認
 19歳女性が入院翌日の13日に死亡した。検査でH5N1鳥インフルエンザに感染していたことが確認された。
 ジャカルタに隣接するタンゲラン地域に住んでいたが、保健省のチームは女性の自宅周辺で感染源を特定出来ていない。
 WHO情報

インフル集団感染、1人死亡=介護施設で90代女性-茨城 時事通信
 茨城県は21日、結城市にある高齢者介護施設「すばる」(折笠哲男施設長)で、入所者20人と職員8人がインフルエンザに集団感染し、うち90代の女性入所者1人が死亡したと発表した。他に入所者7人が市内の病院で入院治療中という。

 2月21日 (火)

For now, bird flu papers won't be published  Washington Post (米国) 鳥インフルエンザ論文は、現時点では掲載されない
 致死的パンデミックを引き起こす可能性のあるH5N1鳥インフルエンザウイルスを研究者がどのような方法で作成したかを記述している2編の論文は、専門家達が発表することによるリスク評価を行った後に雑誌に掲載される、とWHOが17日に発表した。
 以下省略。
Four Residents Feared Bird Flu Suspects  VIVAnews.com (インドネシア) インドネシア、南スラウェシ州で4人が鳥インフルエンザ症状で隔離
 周辺で鶏が多数鳥インフルエンザ症状で死亡。
 症状は高熱、咳、インフルエンザ症状とされる。
 病院側ではH5N1鳥インフルエンザ治療方法に従って治療を行っているが、出来ればマカサール(Makassar)の専門病院へ転院させたいと考えているようだ。
 *訳者注:詳細が不明で、H5N1の可能性に関しては低い。
WHO: Bird flu data still on hold  WLFI.com (米国) WHO:鳥インフルエンザ研究論文発表は保留に
 致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子が操作され、人への感染力が高まったと推定される2研究に関して、論文は全容が発表されるべきであるが、その前に十分安全対策を行うべきであることが、WHO緊急委員会で結論された。

変異型豚インフルに警戒を=強い感染力、実験で確認-米CDC 時事通信
 米国で過去3年間に豚由来の変異型A型H3N2亜型インフルエンザに感染した患者からウイルスを採取し、ヒトの気管支細胞や哺乳類のフェレットに感染させる実験を行ったところ、同じ亜型の季節性ウイルスより増殖が速く、感染力が強いとみられることが分かった。米疾病対策センター(CDC)などの研究チームが20日までに解明し、米科学アカデミー紀要電子版に発表する。
 この変異型ウイルスには、2009年当時の「新型」H1N1ウイルスの遺伝子が含まれており、昨年米国で確認された感染者12人のうち、11人が子どもだった。入院したのは3人にとどまり、全員が回復したが、豚との接触がなく、ヒト同士での感染が疑われるケースがあった。

Swine Flu Virus: Ferret Study Suggests New Virus May Have Pandemic Potential  Huffington Post Canada (カナダ) 豚インフルエンザウイルス:フェレット実験ではH3N2v(新型株)はパンデミックを起こす能力がある可能性
 米国CDC研究。
 昨年12人が発症している豚インフルエンザH3N2の新型株であるH3N2vについてフェレットで実験。その感染力が強まっていることを確認。
 当株は従来の豚インフルエンザウイルスH3N2に、2009年の新型インフルエンザウイルスH1N1の一部の遺伝子(Mタンパク遺伝子)が加わったもので、昨年秋以降米国で12人発症。そのうち11人が小児だった。病原性は強くないと言われてきた。
 2月20日(月)

ヒト感染する鳥インフル変異株の論文、WHOが全文公開を勧告 AFPBB News
 ヒト感染する能力のある強毒性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの変異株に関する2論文の公開の是非を検討していた世界保健機関は17日、スイス・ジュネーブで開いた会合で、全文公開すべきだとの勧告を決定した。ただし、論文公開と研究再開の前には安全評価を実施する必要があることでも合意した。

経団連が新型インフルエンザ対策を要望 指揮系統の明確化も  SankeiBiz
 経団連は20日、トリ由来の新型インフルエンザ対策を早急に確立すべきとする提言を発表した。流行時に備え、金融、運輸、報道など社会機能の維持にかかわる事業者の定義を定めるべきとしたほか、ワクチン接種の優先順位や費用負担を規定し、官民連携策や行政の役割分担も明確化しておくことを求めた。
 なかでも昨年の東日本大震災を教訓に政府の指揮命令系統を一元化する必要性を強調している。
 政府は3月にも新型インフルエンザ対策法案を国会に提出予定で、経団連は法案の早期成立を支持。健康面での危機管理体制を構築すべきだとしている。
 新型インフルはトリインフルの突然変異で、ヒトは免疫を持たないため感染力が極めて高く、罹患(りかん)すれば致死率は60%。流行すれば日本企業の従業員の約4割が欠勤し、日本のGDP(国内総生産)は20兆円減少し、海外に広がれば世界のGDPが4兆4000億ドル減ると試算されている。

Crows dying from bird flu in Bihar The News International (パキスタン) インドのビハール州でカラスが鳥インフルエンザで死亡している
 ボーパルにある高度セキュリティー動物疾患研究所が明らかにした。
 これまでビハール州では1ヶ月半で数百羽のカラスが死亡している。
鳥インフル論文問題、学術会議が3月に公開討論 日本経済新聞
 生物テロへの悪用の懸念から鳥インフルエンザ研究の論文公開の是非が問われている問題で、日本学術会議は3月14日に東京・港の同会議で公開討論会を開く。感染症だけでなく安全保障の専門家にも参加を求め、望ましい研究管理や成果公表のあり方を議論する。
 2月19日 (日)

NSC wants rules on research that could lead to biological weapons  Los Angeles Times (米国) 米国国家安全保障会議、生物兵器化が可能な研究にルール制定を求める

Studies of altered bird flu strains on hold  Newsday (米国) 改造鳥インフルエンザウイルス株研究論文は掲載保留に

Bird Flu Studies Can Be Published After All: WHO U.S. News & World Report (米国) WHO:鳥インフルエンザ研究論文は、全ての対策が完了した後に発表すべき
 発表内容が完全に掲載されるのは今年の秋の予定。それまで様々な対策を講じる必要がある。
WHO panel says to publish bird flu studies in full CTV.ca - (カナダ) WHO委員会、鳥インフルエンザ論文は完全な形で出版するのが望ましい

Studies on mutated H5N1 virus will be kept a secret for now TODAYonline WHO会議:変異H5N1ウイルスに関する研究結果は現在は内容を公開しないことに結論
 H5N1ウイルスをどのようにして研究者が人に感染する変異型を作成したかに関する論文の発表は、専門家達が発表のリスクを十分評価した後に、行うべきであると専門家会議で結論がでたと、WHOは発表した。
Crows are dying in Bihar from bird flu The Asian Age (インド) インド、ビハール州でカラスが鳥インフルエンザで多数死亡
 この1ヶ月半にビハール州で数百羽のカラスが鳥インフルエンザで死亡した。

 先月には隣のジャークハンド州でも多くのカラスが死亡した。

 2月18日 (土)

鳥インフル論文、全面公開は当面見送り WHO勧告 MSN産経ニュース
 米政府が生物テロに悪用されるとの懸念から、一部の掲載削除を求めていた強毒性鳥インフルエンザウイルスの研究論文をめぐり、世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブで開かれた緊急会議で、論文の全面公開の公益性を認める一方、安全管理への配慮から全面公開は当面見送るべきだとの勧告をまとめた。
 論文は、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの研究チームなどが、H5N1型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子変異によるヒトへの感染についてまとめたもの。米政府の科学諮問委員会(NSABB)が昨年末、論文の全面公開に反対し、世界の科学者39人が研究を自主停止している。
 河岡教授をはじめ22人の専門家らが参加したこの日の会議では、論文の取り扱いに関して、部分的な公開にとどまるよりも、時期が遅れてでも全面公開する方が公衆衛生上の利益になると指摘。ただ、全面公開の前には「研究をめぐる懸念にまず対処すべきだ」と米側の主張にも理解を示した。
 また、研究の自主停止については停止期間の延長を求める一方、将来のワクチン開発などのため、ウイルスの研究自体は継続すべきだとの見解で一致した。
 WHOでは今後、研究施設からのウイルスの流出防止など、管理・研究に関する安全基準づくりに向け議論を進めていく。

WHO Recommends Continued Research of Lethal Bird Flu Strain  Voice of America (米国) WHO、致死的鳥インフルエンザウイルス研究は続けることを勧奨
 研究を続けることは必要だが、同時に研究の社会に対する利点と危険性、および研究のセキュリティーの問題が解決される必要があるとしている。
 基本的に研究は一般社会に影響を及ぼす危険性がない、安全な研究施設で行われる必要がある、ともコメントしている。
Despite Safety Worries, Work on Deadly Flu to Be Released  New York Times (米国) 安全性が懸念されるが、致死的鳥インフルエンザウイルス研究論文は発表されるべき
 WHOに招集され鳥インフルエンザ研究論文の発表の是非を検討していた22人からなる緊急委員会は、基本的には研究論文は発表されるべきで、それにより致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスの危険な変異などが早期に探知できるとしたが、方法論が悪用されないための対策も迅速に考える必要があるとした。
 概略のみ。
WHO: Bird flu data still on hold CNN  (米国) WHO、鳥インフルエンザ研究論文は、まだ未発表とするように

Deadly bird flu studies to stay secret for now: WHO Reuters (国際) 致死的鳥インフルエンザ研究、現段階では内容は発表しないようにWHOが勧告
 H5N1鳥インフルエンザウイルスを変異させ人に感染するように改造したウイルス研究は、専門家達が完全にそのリスクを評価した後に発表されるべきであるとWHOが18日(現地時間)発表した。
 2日間、インフルエンザ研究専門家、米国セキュリティー専門家がジュネーブに集まり、高レベルの会議がもたれた。

 会議の結論は、研究の危険性が十分分析されるまで、研究論文は発表されるべきではないとの結論が得られたと、WHOから発表された。

 WHOの事務局長代理補であるケイジ・フクダ氏は、公衆衛生学分野からは論文全体の発表を要請する意見もあるが、この研究に対して社会的にさらに熟慮すべき問題が存在している、と語った。

 概略のみ

インフルエンザ論文は全文掲載 WHO、管理体制確立も  USFL.COM
 米政府が生物テロへの懸念を理由に、日欧の科学者による鳥インフルエンザ研究論文の一部削除を求めた問題で、世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブで開かれた国際会議で、論文を全文掲載すべきだとの勧告を全会一致で決めた。
 一方で、研究成果を共有するためにはウイルスの管理体制を確立し、安全性を一般に周知させる必要があるとの見解でも一致。WHOは、管理強化について早急に各加盟国に伝える見通し。
 また、研究とテロ対策の兼ね合いについて話し合うため、加盟国代表なども含めた国際会議を6月にも開く予定。(共同)

鳥インフル研究、規制に反対=感染予防対策に重要-WHO  時事通信
 【ジュネーブ時事】強毒性鳥インフルエンザ「H5N1」研究の情報規制問題に関し、世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブの本部で開いた2日目の緊急会合で、研究論文がワクチン開発など感染予防策に役立つとして全文公開を勧告した。一方で研究を行う際の安全基準作りなど、ウイルス管理に関する懸念に配慮。全文公開の前に専門家で議論を重ねる必要があるとの認識で一致した。
 福田敬二WHO事務局長補は記者会見で、「論文をどのような条件で、どの箇所を非公開とするのかの判断を下すのは困難」と説明。論文が生物テロに悪用されるとする米国の主張については、H5N1の世界的大流行の予防対策など「公衆衛生に(公表論文が)より役立つ」と述べた。
 一方で、ウイルスが研究施設から外部に漏れないように世界的な安全基準を策定する必要性でも一致。WHOで具体的な基準作りに向け、幅広い分野の専門家を集めた別会合を開く予定だ

鳥インフル研究、自粛を継続=安全基準作りを尊重-河岡教授  時事通信
 【ジュネーブ時事】米ウィスコンシン大の河岡義裕教授(東大医科学研究所教授兼任)は17日、強毒性鳥インフルエンザ「H5N1」研究の情報規制をめぐる世界保健機関(WHO)の専門家会合後、記者会見し、「ウイルス研究の安全基準が確立するまで、研究は再開しない」と述べた。

 2月17日 (金

Editor of science journal says he is ready to publish details of lethal man ...  Daily Mail (英国) Science(サイエンス)の編集者は人為的に作成されたウイルスの論文の内容を完全に発表するかも知れないと語る
 BBCニュースと類似内容。
Over 20000 chickens die in Nepal in two weeks  Philippine Star  〔フィリピン) ネパールで2週間で2万羽以上の鶏が死亡

Journalist's concern over bird flu research  BBC News (英国) 鳥インフルエンザ研究に対するジャーナリストの関心
 世界の一流の科学雑誌の編集者は、内容の危険性から掲載の是非を巡って論争中の鳥インフルエンザウイルスに関する研究論文を、その危険性から一部削除するように米国政府から言われているが、(健全な)研究者達にその内容に関して伝える方法に進展がなければ、雑誌に論文の全内容を掲載すると語った。

 (現在研究者達22人によって研究の発表方法についてWHOで討議されているが)WHOは後ほど人に感染するH5N1ウイルス研究を如何にして安全に研究者達に情報提供するかについて発表すると予想されている。

 科学雑誌”サイエンス”の編集者であるブルース・アルバーツ博士は、米国政府のセキュリティー諮問委員から論文の一部分を削除して掲載するように求められた。テロリストにより生物兵器化されるのを防ぐ為である。
 しかし同博士は研究結果をH5N1ウイルスを監視している研究者と保健当局者に伝える事は重要と語っている。

 同博士はバンクーバーで行われた”米国科学研究協会(American Association for the Advancement of Science )の席上で次の様に語った。
 「研究者や保健担当者が重要な情報を得る正式手段がない現状では、我々科学雑誌編集部は投稿された論文を完全な形で掲載することが必要と判断している」
 
 学問の自由

 論議の中心となっているのは2つの論文である。
 一つはScience(サイエンス)に投稿され、もう一つは前誌と共に世界の科学をリードしているNature〔ネーチャー)である。両論文とも昨年投稿されている。
 二つの論文ともH5N1ウイルスが予想外に容易に、人に感染するような変異を遂げることを示している。
 論文は米国バイオテクノロジー・セキュリティー諮問委員会(US National Security Advisory Board :NSABB)から、一部分を削除して掲載するように求められた。
 テロリスト達がウイルスを作成して生物兵器化する可能性があることが理由とされる。

 このような国家機関による干渉は、学問の自由を脅かすものだと、多くの研究者達から意義が唱えられた。

 何人かの専門家は、研究結果は学会で発表されており、その詳細に関しては広く知れ渡っているので、論文の一部を削除することの意義は小さいと主張している。

 論文を提出した研究者達と雑誌社は、論文内容を部分的削除するように示唆された内容に関して考慮中とされる。

 論文の情報は人用ワクチン開発と、自然界におけるH5N1ウイルス変異の監視にとって重要である。
 しかし論文は4ヶ月間、雑誌に掲載の結論がでないままに放置されている。

 警鐘

 最も新しい状況は、今週ジュネーブのWHO本部で開かれる会議である。

 ブルース・アルバーツ博士は、研究は如何に容易にウイルスが変異するかを示しており、それは世界に対する警鐘となるだろう、と語っている。
 同博士はさらに、このような変異は容易に自然界で起きえるはずだ。なぜならこのウイルスは非常に活発に変異を続けているからだ、と語っている。

 NSABBのメンバーは、米国の科学者と政府のセキュリティー当局者で構成されている。
 その役割は研究が安全性に脅威を持っているかどうかの判断と、削除すべき記述を指摘することである。

 注:2005年にNSABBが発足して以来、初めてのできごとである。

 アルバーツ博士はこの制度を支持している。理由は政府のセキュリティー顧問に、同じように委員会の委員となっている科学者側から、情報と意見が伝えられるからである。

 一部省略。

 2月16日 (木)

Scientists debate mutant bird flu risk at WHO  FRANCE 24 (フランス) 科学者、人為的作成変異鳥インフルエンザウイルスの危険性をWHOで討議

Viet Nam may begin producing H5N1 vaccines for humans next year VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、来年度から人用H5N1ワクチン製造予定
 ベトナム国立衛生及び疫学研究所によると、来年度から人用H5N1鳥インフルエンザワクチンの製造を開始する予定とされる。
 計画は2005年にたてられ、現在実験用ワクチンが作成されている。そして安全性と効果について検討される。
 研究所の計画では今年度末から臨床試験が行われるという。
Bird flu: World's experts to hold emergency WHO summit on fears over H5N1 Daily Mail  (英国) 人為的に作成された致死的変異鳥インフルエンザウイルスの脅威に関して世界の専門家が緊急サミットを開催
 問題点
 ・H5N1鳥インフルエンザウイルスは感染した人間の半数を殺す
 ・専門家は治療方法を見つけるためにも研究の継続は必要

 2月15日  (水)

インフルで?老人ホームの入所者3人死亡…岡山 読売新聞
  岡山市は15日、同市中区浜の有料老人ホーム「ベストライフ岡山」で、インフルエンザとみられる症状を訴えた女性入所者3人が6~13日に入院先で死亡したと発表した。
 市保健管理課によると、2日から12日にかけて、入所者20人と職員5人の計25人に発熱などがあり、入所者7人が入院、うち3人が亡くなった。
Govt rolls up sleeves to anticipate bird flu outbreak  Jakarta Post (インドネシア) インドネシア政府、鳥インフルエンザ流行を予想して対策を強化
 1箇所を除きすべての省で、合計100の病院で鳥インフルエンザ患者治療施設を整えた。
 保健省によると施設の医学的スタッフのトレーニングも行ったとされる。
 さらに同省はインドネシア大学と協同して鳥インフルエンザワクチンのプロトタイプを作成していると発表した。
Vietnam report more bird flu outbreaks  Thanh Nien Daily  (ベトナム) ベトナム、さらなる鳥インフルエンザの発生を報告
 ベトナム農業省は、5省を含む箇所の地区で鳥インフルエンザの発生を報告した。
 3300羽以上のアヒルと鶏が感染死および殺処分の対象となった。
Deadly bird flu risks vs. research: Decision time CBS News (米国) 致死的鳥インフルエンザの危険性と研究の重要性:その決定が迫られるとき

Should mutant flu data be censored?  Nature.com (英国、国際) 変異鳥インフルエンザのデータは検閲されるべきか?

インフル猛威2人死亡 読売新聞
 滋賀県東近江市新宮町の特別養護老人ホーム「能登川園」と多賀町中川原の特別養護老人ホーム「いぬかみ」。
 前者では70歳代の男性が肺炎で死亡。後者では70歳代の女性がインフルエンザと併発肺炎で死亡。
Decision time for researchers of deadly bird  Chicago Tribune (米国) 致死的H5N1ウイルスに研究に関して、研究者達が決定するとき
 今週、世界の鳥インフルエンザ専門家22人がWHOに招聘され討論をおこなう。
 彼らの役割は、研究者は研究という大義名分の下、どこまで危険な変異ウイルスを作成することを許されるか決定することと思われれる。
 2月14日  (火)

鳥インフルエンザウイルスの改変は懸念の火種となる  Nature Asia (日本語訳)
 米国のバイオセキュリティー国家科学諮問委員会(NSABB)のメンバーたちが、H5N1インフルエンザの実験研究に関する情報交換について同委員会が出した勧告を解説する。

 我々は現在、生命科学の革新的時代の真っ只中にいる。技術力は劇的に拡大し、特定の微生物の複雑な生物学的特性についての理解が大きく進み、微生物ゲノムを操作する能力も格段に高まった。これに伴い、かつてないほど高レベルの感染症対策が可能となり、社会に大きな利益がもたらされている。しかし同時に、それと同じ生命科学が故意に悪用され、その結果、壊滅的な被害がもたらされるリスクも大きくなっている。特に懸念される生命科学研究を記述もしくは定義しようとする取り組みでは、そうした研究や新しい技術から得られる知識や成果が、国家あるいは世界全体のセキュリティーに影響を及ぼすほど広範囲で直接悪用される可能性を重要視している。病原微生物による害を大幅に強めるような研究は、特に懸念の対象となってきた1–3。現在まで、こうした取り組みは、特異度の欠如や、「善悪両用が心配される研究」の具体例が乏しいことがネックとなっていた3。ここで言う善悪両用の研究とは、よい目的と悪い目的のいずれにも使えるという意味である。我々は現在、現実世界で心配な一例に直面している。 以下リンク先で。

 2月13日  (月)

 各地の高齢者施設でインフルエンザ集団発生、死者も発生。
 ・A型が多いがB型でも死者が出ている。前者は肺炎、後者は胃腸炎症状が強く、嘔吐物に窒息

 ・ワクチン接種例も多いが、高齢者へのワクチン接種は現行ワクチンでは効果が薄い。
    2回方式、または米国の様に高濃度抗原方式(4倍量)が必要かも知れない。
 ・高齢者のインフルエンザは若年者とは違うので、臨床的観察要点、治療方式を変える必要がある。
     高熱が出ない事例が多い、咳よりも呼吸困難、かったん排出困難での呼吸困難、および窒息死。
     進行する経過が非常に早い
     早期に肺炎球菌用の抗生物質の投与が必要。
     夜間の観察は通常の倍のスタッフ数が必要。寝ていることを呼吸音で確かめること。

 インフルエンザおよびその合併症による高齢者の死亡例は今後増えるはずだ。

 高齢者におけるインフルエンザ発生状況、注意点。問題点など、予防の観点からの報道が国内ではほとんどないことは残念である。
 高齢者施設以外で生活する独居老人、家族と生活する高齢者の実態が十分把握されていない。感染、死亡するケースもあると思う割れる。地域の保健所(保健師)の業務となる。


海外のH5N1鳥インフルエンザ関連情報はインドでの報道以外特になし


インフル疑惑、実はただの風邪 日本の高校生らNZ機内に3時間  AFPBB News
 ニュージーランドのオークランド国際空港で13日朝、成田空港から到着したニュージーランド航空機に乗っていた日本の高校生60人余りに「インフルエンザに似た症状が見られた」として、同機の乗客が数時間にわたって機内に留め置かれる騒ぎがあった。

 航空会社から連絡を受けたオークランド保健当局は、地元の病院に多数の入院患者に対処できる体制を整えるよう指示。防護服を着た医療関係者が同機に入り、乗客全員の健康状態を検査した。
 
 だが数人が風邪をひいていた程度で、インフルエンザ患者は見つからず、乗客たちは約3時間後に降機を許可された。高校生たちは事前にインフルエンザ・ワクチンの接種を受けていたという。

 オークランド保健当局同日午後、過剰反応したことを認めた。当局の検査官は「結果的には過剰反応だったが、過小評価して手遅れになるより良い。当局には安全を確保する必要がある」とコメント。衛生上のあらゆる脅威に真剣に対処する義務が当局にはあると弁明した。

 高校生たちを受け入れるホームステイ団体のスチュアート・カンディ氏は、地元紙ニュージーランド・ヘラルドに次のように困惑を語っている。「彼らと1時間半もバスで一緒に移動したけれど、誰1人、くしゃみさえしなかった」

 *管理人注:ニュージーランドは夏であるが、H5N1を含む、新型インフルエンザに対して非常に過敏になっていると考えられる。

 2月12日 (日)

インフル:千葉の施設で高齢者2人死亡 71人が感染  毎日新聞
 千葉県君津市の老人福祉施設「サニーライフ君津」で60~90代の入所者57人と20~50代の職員14人の計71人がインフルエンザに感染し、81歳と92歳の入所者女性2人が死亡した。
 12日に千葉県が明らかにした。ほかに入所者6人が入院中で、うち90代女性が重症。
 2人は6日と7日にA型の診断を受け、医師の往診治療を受けていたが、11日に肺炎で死亡した。

インフル集団感染、80代男性死亡 笠間の特養施設 茨城新聞

インフル感染で70代女性死亡 滋賀県内の養護老人ホーム 47NEWS

集団感染で80代男性死亡 / インフル、茨城の老人施設 佐賀新聞
 茨城県は11日、同県笠間市の特別養護老人ホーム「すずらんの里」で、70~90代の利用者25人と職員4人の計29人がインフルエンザに集団感染し、入所していた80代男性が死亡したと発表した。
 県によると、男性は2日に発症し、検査でインフルエンザB型の陽性反応が出た。8日から県内の医療機関に入院していたが、細菌性肺炎で10日に亡くなった。
 残る28人は1月25日から今月11日に発症。2人を除き、いずれもB型に感染していた。
 保健所は8日、施設から集団感染の連絡を受け、施設に立ち入り調査し、感染状況などを確認した。

インフル流行、「新型」ピーク上回る=前週から38万人増―感染研 とれまがニュース
 流行が続くインフルエンザの感染者について、国立感染症研究所(東京都新宿区)は10日、5日までの1週間に医療機関を受診した患者数が前の週から38万人増加し、約211万人に上ったと発表した。新型インフルエンザが流行した2009年のピーク時(約189万人)を上回ったという。全国約5000の医療機関からの定期報告を基に推計した。ウイルスのタイプは大半がA香港型。11県で前の週より患者数が減少したが、36都道府県では増加しており、同研究所は「例年今ごろがピークだが、さらに増える可能性もある」と注意を呼び掛けている。

Avian influenza in Itahari farm Himalayan Times  (ネパール) イタハリ農場で鳥インフルエンザが発生
 本日6000羽の鶏が殺処分に
WHO to discuss bird flu research  Calgary Herald (カナダ) WHO、鳥インフルエンザ研究に関して討議
 WHOは現地時間10日、翌週、人に容易に感染するように変異させたH5N1ウイルスに関する論文を出版させるべきかどうかを論議する。

 2日間に亘る会議では、1月20日に国際的科学者達が発表を見合わせるように警告した(人に感染する)H5N1ウイルスに関してがテーマで、ウイルスが研究室から漏れ出ることが恐れられている。
 WHOによると、H5N1ウイルスは通常鳥の間でしか感染しないが、希に人にも感染する。
 
 米国とオランダから別個に提出された論文は、H5N1ウイルスを哺乳動物に感染するように人為的に変異させる方法が記載されている。

 2月11日 (土)

集団感染で80代男性死亡 徳島新聞
 茨城県は11日、同県笠間市の特別養護老人ホーム「すずらんの里」で、70〜90代の利用者25人と職員4人の計29人がインフルエンザに集団感染し、入所していた80代男性が死亡したと発表した。
 県によると、男性は2日に発症し、検査でインフルエンザB型の陽性反応が出た。

 茨城県では先月末、取手市内の医療機関で発生したインフルエンザB型の集団感染で90代の入院患者2人が死亡している。今月9日にはインフルエンザ警報が県内全域に発令された。
 2月10日 (金)

09年の「新型インフル」影潜める 多くの子に抗体か 朝日新聞
 今シーズンのインフルエンザの流行では、2009年に「新型」として猛威をふるったインフルエンザA09年型が影を潜めている。国立感染症研究所によると、2月初旬までに収集したウイルスの約0.3%にとどまる。厚生労働省は、これまでに、多くの子どもらが感染して、抗体を持った影響とみている。

 *管理人注:これは世界的傾向。H1N1pdmは一昨年と昨年で世界中で流行を終えた。今後は季節性インフルエンザとして、H3N2と交互に流行する可能性が高い。
Lab flu may not aid vaccines Nature.com (国際) 研究室で作成されたウイルスは(パンデミック)ワクチン製造の助けにならないだろう

 今回論文化された二つのH5N1ウイルス作成に関して、世界の専門家にネーチャーの編集部が質問。その答えをまとめている。
 
 現行のワクチンも各H5N1ウイルスに交差免疫を持っているから、研究室で作成された問題のウイルスにも有効であるはずだ。
 現行のプレパンデミックワクチンが効果を持つと考えられているH5N1ウイルス株の一つに、今回作成されたウイルスが加わるだけの話である。
 実際に当該ウイルスに対するワクチンを製造していても、実際にパンデミックが発生した時、各国政府は実際のパンデミックウイルスに対するワクチンを、争って購入する。
   --->H5N1パンデミックのためのプレパンデミックワクチン作成に当該研究が役立つことはない。

 自然界のH5N1ウイルスが、作成されたウイルスの遺伝子に近くなれば、人の間でのパンデミック発生の危険性が高まるといえるが、世界はそのような監視態勢にはない。
 作成ウイルスと類似ウイルスがパンデミックを起こすかどうか分からない。人に感染を起こし得るH5N1ウイルスの遺伝子組成は多く存在する。今回作成したものが全てではない。

Bird flu outbreak detected in Ha Nam  Viet Nam News (ベトナム) ハナム省で鳥インフルエンザが発生
 2件の農場で2500羽以上の家きんが死亡し、H5N1ウイルスが検出された。
 ウイルスは周辺に拡大の可能性が高いため、当局は監視態勢を強化している。
保健所、連絡の翌日に調査 インフル感染 読売テレビ
 大阪・大阪狭山市の樫本病院で、インフルエンザの院内感染が発生し、患者・職員の計73人が発症、うち2人が肺炎で死亡した。所管する富田林保健所は、2日朝に「患者、職員の多数がインフルエンザを発症している」との連絡を受けたが、実際に立ち入り調査が行われたのは連絡から30時間以上が経過してからだったという。
 *管理人:弛みきった保健所であるが、自分達の役割を認識せずに給料をもらっている公務員が多い中、保健所の職員もその中にいるとは絶句、というしかない。

To publish? What to publish? Those will be the questions at WHO bird flu meeting Medicine Hat News  (米国) 論文を掲載するか、それとも内容を削って掲載するか、それがWHOの鳥インフルエンザ会議の問題点である
 問題とされる二つの鳥インフルエンザ論文の発表を巡ってWHOが来週専門家会議を開く。
 会議は小さなもので、WHO以外から22人の専門家が招聘されている。
Vietnam fears large-scale bird flu outbreak WorldPoultry.net (国際) ベトナム、鳥インフルエンザの大規模流行を懸念
 現在4自治区と3省で鳥インフルエンザが発生しているベトナムは、拡大対策の恐れから近い将来大規模な流行が起きることが懸念されている。動物保健省が「警告した。
Expert raises the alarm on bird flu  The Nation (ナイジェリア) 専門家、鳥インフルエンザの警戒レベルを上げる
 インドで2万羽近い家きんが鳥インフルエンザ拡大防止の為に殺処分されたが、ナイジェリアはインドと気候が似ているので、鳥インフルエンザの流行が起きる可能性があると、専門家達は政府に警戒態勢を強化することを求めている。

 2月9日 (木)


インフルエンザ伝播の研究は急務である 
Nature Asia
 インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)を防ごうとするなら、哺乳類で伝播する鳥インフルエンザウイルスの研究を継続することが必要だと、河岡義裕が論じている。

河岡義裕
東京大学医科学研究所(米ウイスコンシン大学兼務)

1997年、香港で、高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスによる初めての死者が出た。2003年以降、578件のH5N1ウイルス感染例が確認されており、それによる死者数は累計340人に上る(go.nature.com/epb7ts)。H5N1ウイルスは現在、東南アジアおよび中東の一部に広がっており、家禽などの殺処分も含めると何億羽という鳥の命がこれによって奪われている。

現在までのところ、ヒトの間でのH5N1ウイルスの伝播はまだ見られない。専門家の中には、H5N1ウイルスはヒトの間で伝播するようにはならないと考える向きもある。しかし、いったんパンデミックが起こった場合の種々の影響を考えると、これらのウイルスがヒトの間で伝播するようになるかどうかを知ることはきわめて重要である。我々のチームによる研究(Natureで論文受理)、および、エラスムス医療センター(オランダ、ロッテルダム)の Ron Fouchier のチームによる別の研究(Scienceで論文受理)の成果は、H5N1ウイルスが哺乳類において伝播する可能性があることを示唆している。この種の研究を行ったり研究成果を公表したりすることのリスクが議論されているが、私は、高病原性鳥インフルエンザウイルスの伝播に関する研究は緊急の課題として進めるべきだと考えている。

 以下略

ベトナムで鳥インフルエンザによる死者発生
 WHO
 ベトナム保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスの人感染症を1例確認した。

 症例は26歳の妊婦でソクトラン省(Soc Trang province)に住んでいた。
 2012年1月23日に発症し25日に入院した。
 1月27日からタミフルによる治療が開始されたが、28日に死亡した。

 インフルエンザA(H5N1)ウイルス感染の確認は30日にホーチミン市のWHO国立インフルエンザセンターであるパスツール研究所が確認した。
 新生児からの検体ではウイルスは検出されなかった。

 症例は病的鶏を殺して料理として食べていた。
 地域の保健局とホーチミン市のパスツール研究所は、疫学的調査と監視態勢を強化している。
 死亡者と頻繁に接触した関係者はタミフルを服用させ、健康状態をチェックしている。現在までの処、異常者は出ていない。

 *当事例は2日に報道発表されている。

No way of stopping leak of deadly new flu, says terror chief 
The Independent (英国) 致死的インフルエンザウイルス作成法の漏出を防止する手段はない、バイオテロ責任者
 米国政府の国家バイオセキュリティー科学委員会委員長であるポール・カイム教授の意見を中心に。
Critics: Airborne Flu Research Important, But Not for Vaccine Purposes
  Medical Daily (英国) 批判:空気感染するインフルエンザ研究は重要だが、ワクチン作成が目的ではない
 
人に感染するH5N1ウイルス遺伝子は単一ではなく、何種類もあり得る。
 現在作成された人に感染するH5N1ウイルスに対するワクチンを作成しても、その意義は小さい。

 人に感染するH5NI遺伝子組成は多数あり、その一部に対するワクチンの作成はそれほどの意味はない。
 多くの研究者はインフルエンザ研究を論じる事は、インフルエンザを理解するために重要と考えているが、それは必ずしもワクチン製造の為ではない。

 
ホーチミン市のオックスフォード大学臨床研究部門の責任者であるジェレミー・ファーラー医師は、このような研究は燻製をつくるようなもので、ことばを言い換えると誤解をまねくようなものだと表現する。

 ファーラー氏は他の研究者と同じように、最近の研究ではウイルスの監視態勢が十分でなく、自然界での遺伝子変異が十分解析されていないと説明し、それ故、パンデミック初期の警告やウイルスの早期の駆除が不可能になっているという。

Details of secret experiments on deadly man-made bird flu that kills over half ...
Mail on Sunday (英国) 人類の半数以上を殺す人為的に作成された致死的鳥インフルエンザに関する秘密実験の詳細
 最近オランダと米国で作成された人に感染するH5N1鳥インフルエンザウイルスの危険性を、論文の査読に当たった米国バイオセキュリティー委員会(NSABB)はその危険性から論文の全容を雑誌に掲載することに反対した。

 しかし現在委員会の委員長を努めるポール・カイム教授(Professor Paul Keim)は、ウイルスの作成方法は既に一般研究者レベルに知れ渡っていると警告する。
 同教授は政府に同ウイルスに対する警戒を強める必要があると警告している。

 以下略。


International gathering next week to discuss bird flu research at UW-Madison ...
Milwaukee Journal Sentinel (米国) 国際会議でウイスコンシン-マディソン大学の鳥インフルエンザ研究が論議
 来週ジュネーブで二つの鳥インフルエンザに関する研究論文に関して、人への感染性をテーマに論議される。一つの研究はウイスコンシンーマディソン大学のウイルス研究者による研究も含まれる。
 WHOは来週木曜日と金曜日に二つの研究について、科学的研究と公衆にける安全性の間におけるバランスについて論議を行う。
 
 ウイスコンシン-マディソン大学のウイルス研究者であるYoshihiro Kawaokaは、H5N1ウイルスがフェレット間で感染するようにウイルスを変異させることに成功しているが、もう一つのオランダでの類似研究(この研究では感染したフェレットは全て死亡)と共に、会議で研究の必要性と公衆衛生学的安全性に関して論議される。

2月8日 (水)


No way of stopping leak of deadly new flu, says terror chief  The Independent  (英国) 致死的H5N1ウイルスの作成方法の漏出を防ぐ方法はない、米国テロ対策責任者
 米国バイオセキュリティー諮問委員会専門家、H5N1鳥インフルエンザウイルス作成の詳細が悪用されることを警告している。

 米国国家バイオセキュリティー諮問委員会の委員長であるポール・カイム教授はH5N1ウイルスが人に感染するようになる変異過程を記述した論文の出版を止めるように強く求めている。

 教授はThe Independentの取材に対して、論文の詳細を発表することに強く反対している。理由はテロリストが自らの手で変異ウイルスを作成し、それが世界中に広がる可能性があるからである。
 カイム教授によると、H5N1ウイルス研究結果の発表速度を遅らせる必要があるという。作成される咳やくしゃみで容易に感染する致死的H5N1ウイルスに対する防衛が世界では明らかに遅れているからであるいう。
 以下略。

Odisha Government culled 38000 poultry birds, destroyed Two lakh eggs  Orissadiary.com  (インド) オリッサ州政府、鳥インフルエンザ拡大防止の為に38000羽の家きんと20万個の卵を処分

Uttar Pradesh on alert for bird flu  Zee News (インド) インド、ウッタル・プラデーシュ州、鳥インフルエンザ警戒報
 ジャルクハンド州、オリッサ州で鳥インフルエンザが発生している事から、ウッタル・プラデーシュ州では、全地域に警戒態勢を強めるように指示を出した。

Ministry urges immediate control of Bird Flu virus in country  SGGP  ベトナム農業大臣、国内全域に鳥インフルエンザ警戒態勢を指示
 今年に入ってから4箇所で鳥インフルエンザが発生しているベトナムであるが、さらに拡大する可能性が高い事から、農業大臣が全地域に警戒態勢を強めるように指示を出した。
Bird Flu Detected in Eastern Nepal  ThePoultrySite.com (国際) ネパール東部で鳥インフルエンザ発生が確認


2月7日 (火)

城東病院のインフル集団感染  朝日新聞
 院内のインフルエンザの集団感染がもとで、高齢者2人が死亡した私立城東病院(甲府市城東4丁目)で、重症だった81歳の女性が3日夜に亡くなった。
インフル死亡 県非公表 朝日新聞
 全国的に大流行中のインフルエンザ。岐阜県内でも1月に老人福祉施設で2人が死亡したことが今月になってわかった。報道機関の問い合わせを受けた県が明らかにしたが、今後も原則非公表の方針だ。お年寄りの感染防止に努める施設からは、疑問の声があがっている。


 国内的には各地域にけるインフルエンザ流行の情報が多い。
 医科学的情報は乏しく、流行株、予防法に関しても積極的啓発内容はない。
 
 感染者は死亡者がどの程度ワクチンを接種していたかなど、一切記述はない。
 
 2月6日 (月)

 インド、ネパールで家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生。


Bird flu virus detected in Eastern Nepal People's Daily Online (中国) 東ネパールで鳥インフルエンザウイルスが検出

Nepal in mass poultry cull after flu found Gulf Times  (クエート) ネパール、鳥いインフルエンザ発生のため、大量の家きんを殺処分に

20k birds culled in govt-run poultry farm Times of India (インド) インド、オリッサ州、政府運営の家きん農場で2万羽の家きんが殺処分

Culling begins in Odisha to contain bird flu  IBNLive.com (インド) オリッサ州での家きんの殺処分が開始

インフル対策 「強制」は最小限にせよ 東京新聞
 社説

 感染力と毒性が強い新型インフルエンザに対する特別措置法に関する問題提起。

 結論として、政府がすべきは、十分な医薬品の計画的な備蓄とともに、医療従事者に対し「医療従事」への「指示」などという稚拙なことではなく、彼らが医療活動を行いやすいようにバックアップ体制を整えておくことだろう、と結んでいる。

 2月5日 (日)

Bird flu: Culling in capital to begin today  IBNLive.com  (インド) インド、オデッサ州で鳥インフルエンザが確認。家きんの殺処分が開始
Lab reports confirm bird flu in Sunsari  Himalayan Times (ネパール) ネパール、サンサリで鳥インフルエンザが確認
 二箇所の養鶏場で多数の鶏が感染。殺処分が行われる。
Kiwi scientist urges halt to doomsday flu research  Taranaki Daily News  (ニュージーランド) ニュージーランドの研究者は、地球最後の日を迎える可能性のある鳥インフルエンザ研究の中止を訴えている
 米国の研究室で世界の人口の半数を殺す可能性のあるH5N1ウイルスが作成されたことに関して、世界的に有名な研究者が、研究は即刻、永久に中止すべきと語った。
 ニュージーランド出身のインフルエンザ研究者として高名な、米国の聖ユダ小児病院で研究しているロバート・ウエブスター教授は、このような研究は中止すべきであると主張している。
 「60%以上の人々が死亡する可能性がある。史上これまで生じた大惨事の一つになるだろう」

 以下略。
 2月4日 (土)

インフルエンザの小2が死亡…容体急変 読売新聞
 インフルエンザと診断された北海道紋別市の小学2年生の男児が、搬送先の病院で死亡していたことが4日分かった。
 市によると、男児は1月30日から学校を休んでいたが2日朝、容体が急変。ドクターヘリで搬送された札幌市内の病院で同日死亡した。
 分離ウイルスに関しては不明。
Schism over H5N1 Avian Flu Research Leaks Out Scientific American  (米国) H5N1鳥インフルエンザ研究での研究者間での分裂が外部に漏れる
 3日夜に開催されたニュ-ヨークでの専門家会議での紛糾と、研究者間における分裂が外部に漏れた。
Canada says any research on lab-made bird flu must be done in top biosecurity  Winnipeg Free Press (カナダ カナダ政府、研究室における鳥インフルエンザウイルスの作成はトップ・バイオセキュリティーを保つ研究室で
 もしカナダでH5N1ウイルスの感染拡大実験を行う場合は、バイオセキュリティーがトップレベルの研究室(BSL4研究室)で行わなければならないとの意見を出した。これに該当する研究室はカナダには国立微生物研究所にしかない。
 これまでカナダの研究者はレベル3研究室での実験がゆるされていた。
 2月3日 (金)

国内のインフルエンザ定点平均が警報レベルに入った。 定点30人以上。

岐阜でインフル集団感染2人死亡 老人福祉施設2カ所 47NEWS
  岐阜県の2カ所の老人福祉施設で1月、インフルエンザの集団感染が発生し、入所していた80代と90代の男性が死亡していたことが3日、分かった。同県ではインフルエンザの流行が拡大し、過去最悪の状況になっている。
   県は、不特定多数が利用する施設でないことなどを理由に施設名を明らかにせず、集団感染の発生と、死者が出ていたことをこれまで発表していなかった。
「集会の自由、不当に制約」=新型インフル法制に反対-自由人権協会 時事通信
 新型インフルエンザの流行時に、集会禁止などの私権制限を可能にする法整備が進められていることに対し、弁護士や研究者でつくる「自由人権協会」(代表理事・羽柴駿弁護士ら)は「憲法で保障された集会の自由に対する不当な制約となり得る」として、法制化に反対する意見書を発表した。
2月2日 (木)


甲府の病院でインフル2人死亡  時事通信社
 甲府市の城東病院(藤巻信也院長)は2日、入院患者26人と職員10人がインフルエンザに集団感染し、うち90代の女性患者と80代の男性患者が死亡したと発表した。2日午前時点の発症者は26人で、女性患者2人と男性患者1人が重篤という。県は状況確認などのため、立ち入り検査した。
Formula for deadly bird virus will be kept secret abc7news.com (米国) 致死的鳥インフルエンザウイルスの作成方法は公表しないように
 国立科学的諮問委員会は1日、遺伝的に変化させた人に愛する致死的鳥インフルエンザウイルスの作成方法は公表しないように指示した。
 研究結果を公表するとテロリストが生物学的兵器を作成する危険性が非常に大きいことを上げている。

 作成された新規株はフェレット間で容易に感染し、非常に高い致死性を示す。
 フェレットはインフルエンザ感染様式が最も人に類似しているとされる。
Vietnam reports H5N1 death  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター、米国) ベトナム、H5N1死亡例を報告
 ベトナムは本日今年度2例目になるH5N1インフルエンザ死亡例を報告した。
 それまで2年間感染者の報告はなかった。
 保健省によると死亡したのはソクトラン省に済む26歳女性で、発熱などの症状で23日入院したが28日に死亡した。ホーチミン市のパスツール研究所で行った検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
 女性は鶏を”と殺”し、感染した肉を食べた。The woman had slaughtered poultry and eaten "infected meat"
Vietnam reports 2nd bird flu death in a month  MiamiHerald.com (米国) ベトナムで、この1ヶ月間に2人目のH5N1死者
AP配信

 南部ソクトラン省( Soc Trang province )で、26歳女性がH5N1ウイルスに感染して3日間の入院後に死亡した。
 同女性は最近出産しているが、家族が飼育している鶏を”殺処分”して、料理にして食べたとされる。同省の保健局長によると、彼女の家の周囲には病的、または死亡した鶏が存在していたという。
 他報道では生まれたばかりの乳児は検査で陰性とされる。

Dead falcon, gull in HK test positive for bird flu Shanghai Daily (中国) 香港、死亡したハヤブサやカモメからH5N1ウイルスが検出


 2月1日 (水)


Panel urges bird flu data be kept secret KPRC Houston  (米国) 諮問委員会、鳥ンフルエンザ実験データは秘密にしておくべきと結論
 
生物学的戦争行為への発展を危惧
Bird flu data should be kept under wraps, science panel says CNN (米国) 鳥インフルエンザ実験データは未発表のままに、政府諮問機関が結論
 
遺伝的に変化された致死的鳥インフルエンザに関して、その詳細は社会の安全性にとって非常に危険なことから秘密裏に保存されるべきであると、31日(現時時間)、連邦諮問委員会は宣言した。

 Science(サイエンス)とNature(ネーチャー)に掲載された23名の委員で構成された国家バイオセキュリティー科学諮問委員会からの手紙には、新ウイルスの作成過程のデータは将来的に流行を引き起こす可能性を帯びていると記述され、論文は詳述な方法論を省いて、テロリストに生物兵器として利用されることが出来ない内容で掲載すべきであると勧奨している。


日本列島はインフルエンザが大流行

 
各地域で幼稚園、小学校が学級閉鎖やら休校などの話題が多い
 書いている無いユニ無いには差はない。今週から来週Nかけてピークだ。
  ・若年小児のインフルエンザ脳症、高齢者の肺炎も心配だ、
  ・その後は中国大陸からのB型も流行しそうだ

 今日の報道の一部分 クリックで拡大



新型インフルエンザ対策法のたたき台に盛り込まれた2つの「指示」 nikkei BPnet
 
内閣官房新型インフルエンザ等対策室は、新型インフルエンザ対策行動計画の実効性を高めるためとして法制化を目指している。現在、法案骨子のたたき台を公開中で、国民からの意見を求めている段階だ。内容は概ね「行動計画」をベースとしたものだが、今後議論の焦点となると思われる2つの「指示」も盛り込まれた。
 
一番重要な科学医療専門家チームがあきらかにされていない。
 世界にも通ずる研究陣から選ぶ必要がある。
racking the Deadly Bird Flu 
Washington Post 〔米国) 
Government Panel Defends Recommendation to Censor Bird Flu Virus Research TIME 〔米国) 連邦政府諮問委員会。鳥インフルエンザ研究の検閲勧奨を擁護
 米国国立バイオセキュリティー委員会(NSABB)は、人に致死的と思われるH5N1ウイルスをどの様に研究者達が作成しのか、公共に発表すべきでないとする勧奨を擁護すると発表した
TOP