高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2012年1月

1月31日 (火

Experts to discuss controversial studies on avian flu virus at live event News-Medical.net  (米国) 論争中の鳥インフルエンサ研究に関して、専門家達公共の場で討論
 2月2日。The New York Academy of Sciences主宰。
Public Concern Prompts Pause in Bird Flu Research Decoded Science  〔米国) 社会的関心度が高まり、鳥インフルエンザ研究の迅速なる休止が求められる
After four mutations, new virus attacks  Futurity: Research News
 ウイルスがいかに速やかに変異するかが証明。
 人の大腸に存在する無害な大腸菌に感染するウイルスを使って、1週間で数回の変異を遂げることを証明した。
 1月30日 (月)

海外インフルエンザ情報  春節に引き続きB型が中国から侵入
 
北半球での流行は未だ静かであるが、流行主流株はH3N2となっている。
  昨年は中国、北半球はH3N2が大流行した、日本ではそれほどの流行は認められなかった。
  今年の日本におけるH3N2流行は大規模になるかも知れない。

 中国
 インフルエンザ流行が始まっている。流行株はB型である。

Table 1 Laboratory Detections of ILI Specimens (Week 2, 2012)

 

Week 2

South China

North China

Total

No. of specimens tested

1146

736

1882

No. of positive specimens (%)

486(42.4%)

120(16.3%)

606(32.2%)

Influenza A

31(6.4%)

7(5.8%)

38(6.3%)

A(H1N1)

0(0)

0(0)

0(0)

A(H3N2)

22(71.0%)

5(71.4%)

27(71.1%)

Pandemic influenza H1N1 2009

1(3.2%)

0(0)

1(2.6%)

A (subtype not determined)

8(25.8%)

2(28.6%)

10(26.3%)

Influenza B

455(93.6%)

113(94.2%)

568(93.7%)

B (lineage not determined)

454(99.8%)

110(97.3%)

564(99.3%)

B/Victoria

1(0.2%)

3(2.7%)

4(0.7%)


 中国北部でのインフルエンザ流行曲線。現在は南部もほぼ類似している

 春節で多くの中国人が来日しているが、2月中旬以降はB型が相当流行するのかも知れない。



 B型は消化器症状が強く、嘔吐、下痢により高齢者は脱水に陥りやすい。
 また嘔吐による肺炎、窒息も多い。


 香港
 流行の兆しはあるが、B型が多いようだ。状況は中国と同じ。

 米国
 During week 3 (January 15-21, 2012), influenza activity in the United States remained relatively low. 流行レベルは低い。
 検出されているウイルスのほとんどはH3N2.。タミフル耐性株は出ていない。

 カナダ
 州によって流行が始まっている。例年よりも遅い。
 流行株はH3N2である。

 英国
 流行は遅い

 アイルランド
 Influenza activity in Ireland remained stable and at low levels during week 3 2012. 
 1月29日 (日)

5 dead birds in Causeway Bay tested for virus  South China Morning Post (香港) 香港のコーズウェイヘベイで5羽の死亡野鳥からH5N1ウイルスが検出
 近くの2件の家きん農場では異常が見つかっていない。

The Missing Bird Flu Report  New York Times 公表されない鳥インフルエンザ研究報告
 昨年11月連邦政府の諮問機関が人に感染する可能性のある鳥インフルエンザウイルスを作成した2つの科学論文の一部を削除して掲載すべきであると、雑誌編集部に意見を呈した。
 テロリストや敵対する国家がパンデミックウイルスの作成方法を知る可能性があることからである。
 今週、我々は諮問委員会の最終的結論を得る予定となっている。

 研究のリーダー達は、もし広い範囲で研究者達がH5N1鳥インフルエンザがどのように変異するのか、または容易に人の間で感染をするように変化しえるのか十分研究が出来なくなると、一般社会は大きな損失を被ると主張している。

 反対論者は、より厳しい研究の危険性の分析無しには、研究発表はすべきでないと主張し、またある人々は最も致死力を持つ作成ウイルスは破壊除去すべきと主張している。

 雑誌編集部の結論は2月1日に発表される。
 
 1月28日 (土)


国内情報
病院のインフル集団感染、死亡2人からウイルス 読売新聞
茨城県取手市の取手北相馬保健医療センター医師会病院で入院患者と病院職員計52人がインフルエンザに集団感染した。院内での発症が確認された後、90歳代の患者2人が死亡しており、同病院で因果関係を調べている。


Research into mutant flu 'must go on' The Independent (英国) 変異H5N1鳥インフルエンザウイルスの研究は続けなければならない
 東大とウイスコンシン大学の河岡義裕教授がNatureに掲載したレター。
 危険な鳥インフルエンザウイルスを作成している研究者が、米国政府が論文の検閲を行い、論文の全容を掲載すべきでないと雑誌編集部に申し入れたことは実行性のあるものでは無く、研究者hがワクチンや抗インフルエンザ薬を作成するのを障害すると反論している。
 
Bird flu in Tripura, Culling begins Deccan Chronicle  (インド) トリプラ州で鳥インフルエンザが再発生、殺処分が開始
 鳥インフルエンザ終息宣言が出て1ヶ月もしないうちに再発生。
 1月27日 (金)

Newly engineered highly transmissible H5N1 strain ignites controversy about ... Science Codex  (米国) 新規に作成された高度に感染性を持つH5N1ウイルスが、科学における安全性の論議呼び起こしている

Call for vigilance after H5N1 found in goose Hong Kong Standard  (香港) 香港、ガチョウの死骸からH5N1ウイルスが検出
 キャッスルピークロードのアングラ-ス・ビーチで20日に見つかったガチョウの死骸からH5N1ウイルスが検出された。
 今回のガチョウは、この冬6例目のH5N1ウイルス検出例である。
 1月26日 (木)

 海外情報抄訳集は1月22日で丸7年を越えた。
 その間、休んだ日は数日間のみ。

 情報をチェックする報道機関はあっても、こうした仕事の大変さを取材する記者はいない。
 1日5から10時間の仕事だ。

UW research lab's bird flu virus not fatal to mammals Milwaukee Journal Sentinel (米国) ウイスコンシン大学の実験室で作成された鳥インフルエンザは哺乳類にとって致死的ではない

Bird flu created in Wisconsin is not fatal, says team leader Minneapolis Star Tribune  (米国) ウイスコンシンで作成されたH5N1ウイルスは致死的ではないと、チームリーダーがコメント
 マディソンのウイスコンシン大学で作成されたH5N1ウイルスはフェレット間で感染するが、死亡させることはない、とリーダーのヨシヒロ・カワオカ教授が本日のNatureのオンライン版で発表している。
 感染性を有するH5N1ウイルスに関してさらなる研究を続けることは急を要することだとも記述している。

Scientist Says Danger of Flu Strain He Created Is Limited  New York Times 米国で作成されたウイルスの危険性はそれほど大きくない、研究者が語る
 ウイスコンシン大学のウイルスチームは、作成されたウイルスはオランダで作成されたウイルスほど危険なものではないと発表した。

 ウイスコンシン-マディソン大学と東京大学のヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕)博士は、ネーチャー(Nature)のオンライン版に、彼のチームが作成したウイルスはフェレットに感染するが、死亡はさせなく、現在のワクチンや抗インフルエンザ薬は有効であるであると発表した。

 対照的にオランダのエラスムス医学センターのロン・フーシェ(Ron Fouchier )のチームが作成したH5N1ウイルスは、容易に感染し、全ての感染したフェレットを死亡させ、破滅的パンデミックを世界に起こす可能性がある。

 しかし両方の研究論文をチェックした連邦政府の諮問委員会のメンバーの1人は、両論文とも詳細を掲載すべきでは無いとコメントしている。

 何人かの専門家のコメントでは、ロン・フーシェが作成したウイルスは世界史上最も致死力を持つウイルスで、くしゃみで感染し50%以上の人間を殺す、とされる。研究の制限を求められている。またニューヨーク・タイムズの編集委員を含めて、何人かの専門家はオランダで保管されているウイルスを破棄すべきと主張している。

 ロン・フーシェを含む研究者達の何人かは、ウイルスの脅威は誇張されていると言う。
 フェレットでの結果は必ずしも人の結果と同じではなく、人での正確な致死率は分かっていないという。これまで世界で600人の感染者しか報告されてない中での致死率は正確ではなく、多くの軽症感染者がいる可能性もあるので、現在の致死率(6割)は大幅に下がる可能性があると主張している。

 カワオカ博士の研究に関する論議は、それほど大きくなる可能性はないと思われる。作成されたウイルスはそれほどの危険性が無いからだ。

 以下略。

Flu transmission work is urgent Nature.com (英国、国際) インフルエンザ感染実験は緊急
 上記ヨシヒロ・カワオカ博士のコメント。

埼玉・上尾市の病院でインフルエンザ集団感染 2人重症、感染疑いの患者1人死亡  FNN
 埼玉・上尾市の病院で、インフルエンザの集団感染が発生し、感染の疑いのある患者1人が死亡した。
上尾中央総合病院によると、1月16日、入院患者1人が症状を訴え、その後、院内に広まり、24日までに、患者と職員のあわせて31人がインフルエンザA型と診断され、このうちの50代と80代の男性患者が重症となっている。
また、ほかにも8人が感染したとみられ、このうちの80代の女性患者が死亡したという。
病院では、「発症した患者を個室に移すなどして、現在は終息に向かっている」としている。
この冬のインフルエンザは、2011年12月上旬以降、患者数が急増し、1月末から2月上旬にかけて、流行のピークを迎えるとみられている。

 ウイルスの型に関しては伝えていない。

 1月25日 (水) 

インフル合併症で5人死亡 春節シーズンの台湾で 新華社通信ネットジャパン
 台湾衛生当局は24日、現地で春節(旧正月)シーズンに入りインフルエンザの合併症によって5人が死亡したと発表した。
 5人は黄色ブドウ球菌による肺炎、呼吸不全などを合併して死亡した。いずれも予防接種を受けておらず、うち4人には糖尿病や高血圧などの慢性疾患があった。
 当局はインフルエンザの流行期に入ったとして、乳幼児や高齢者、慢性疾患の患者がいる家庭に対し、感染したらすぐに治療を受けるよう呼びかけている。

 管理人注:間違いなくH3N2インフルエンザなのだろうか。
Avian flu threatens to claim additional life  Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、さらに鳥インフルエンザ感染者が発生の疑い
 ジャカルタに隣接するタンゲランで18歳男性が鳥インフルエンザ症状で重体となっている。病院当局が発表した。
 発病する前に飼育していたアヒルが死亡したという。
 発熱が6日間続いたため、入院したが、ウイルス検査の結果はまだ届いていないという。
   -->その後H1N1であることが判明。
Invitation to a Dialogue: Research and Its Risks New York Times (米国) 科学研究とリスクについての論点

 編集者への手紙

 意見:鳥インフルエンザ研究者達、ウイルス研究の一時的休止に同意(1月21日報道)

 最近研究者達がフェレット間で容易に感染するH5N1インフルエンザウイルスの変異実験に成功したことに関して、科学と公衆衛生(健康危機)との間で大きな議論が起きている。

 フェレットはインフルエンザウイルスの人への感染性を試すには最も最適な実験動物であることから、この実験結果は作成ウイルスが容易に人の間で感染を広める可能性を示唆している。
 対立する両意見とも、こうした研究が公衆衛生学上(健康危機に対する予防上)非常に重要であることを理解していて、作成されたウイルスの危険性をいかにして(社会的に)源弱するかについて模索している。
 問題は、これらの新しい研究が鳥インフルエンザのパンデミック発生の危険性を高めているか、または源弱させているかである。

 自然に発生してきたH5N1鳥インフルエンザは、2003年以来583人に感染して60%を死に至らしめた。
 幸運なことにウイルスは人の間で容易に感染しない。
 しかし、もし今回作成されたH5N1ウイルスが意図的、または事故により実験室内から漏れ出したなら、世界で数千万人から数億人の人々が死亡する可能性がある。
 
 こうした研究をサポートする人々は、研究により鳥インフルエンザ監視態勢とワクチン作成に貢献できると主張する。
 しかし、この研究結果により鳥インフルエンザ監視態勢と制御態勢が改善される可能性はない。そして自然界で発生しているH5N1ウイルスに対するワクチン作成には、今回のような研究は必要無い。

 今回の研究で多くの利益が生じ得る可能性があるからといって、生じ得る危険性が削減されるという考えかたは正当化されない。
 研究は中止されるべきである。多くの研究室で追試実験を行える環境が備わっている限り、今回の研究発表は行われるべきではない。

 もし今回の研究の継続が許されるとしたなら、研究は国際的承認のもとに、最大限可能な安全な状況下で、明確な緊急性を目的に行われるべきである。


 トム・イングレスビー
 バルチモア、2012年1月24日

 著者はピッツバーグ大学医学センター、バイオセキュリティー・センター長で、感染症を専門としている。

1月24日 (火) 

Experts debate aspects of H5N1 transmission studies CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 専門家、H5N1ウイルスの感染実験を巡って議論

 H5N1ウイルスがいかにして人に飛沫感染(空気感染)するようになるのかを知るためには重要な研究で、その得られた結論は、他の類似研究を行っている研究者にとっても重要な情報となる。
 作成されたウイルスの意図的、または偶発的漏出による危険性と、科学研究の検閲に対する懸念。

 オランダと米国の研究はNIHの研究費で行われてきた。前者のリーダーはオランダのエラスムス大学のロン・フーチェ教授。後者はウイスコンシン-マディソン大学の河岡義裕教授(客員教授。東大医科研教授)。
 前者は米国のScienceへ、後者は英国のNatureへ論文を投稿中。

 両研究室とも米国CDCによる安全性とセキュリティーチェックを定期的にうけてきた。

 1980年米国最高裁判決:米国衛生研究所(NIH)の研究費で行われた研究データは、NIHのデータではなく、あくまでも研究費を譲与されたもののものである。

インフル法案 効果より「副作用」心配(1月24日) 北海道新聞
 社説であるが、気になる間違いが多い。
 論者はあまりインフルエンザに関して知識を持っていないのかも知れない。

 {…法整備のきっかけは、2009年に国内で約2千万人の感染者を出した新型インフルエンザ大流行だ。 …}
 そんなことはない、2005年11月にH5N1鳥インフルエンザを想定して初めての行動計画が作られた。
 行動計画は何回か修正され最終的に2009年3月に完成に近いものとなった。
 しかしその1ヶ月後非常に軽い新型インフルエンザが発生し、全ての目はそちらに注がれた。
 このインフルエンザ、ヨーロッパでは軽症すぎてWHO非難がおきたほどだった。

 日本で作られてきた新型対策はH5N1インフルエンザをモデルにしたものであり、その行動計画の法的整備は以前から言われていた。
 決してあの軽症のH1N1インフルエンザが起きたからではない。

 集会の自由の規制など、いくつかこの社説では問題にしているが、この論者は予測されているH5N1インフルエンザを理解出来ていない。
 今、オランダの研究室に保管されている(米国でも)H5N1ウイルスは、一旦外部に出ると致死率6割を越えるのである。

 今回の法案で論ずるべき論点は多いが、それは事務職が作った形だけの法案故、実際には役に立ちそうもないことである。

Man dies of bird flu in southwest China: Report Vancouver Sun  (カナダ) 中国南西部で男性が鳥インフルエンザで死亡

Bird Flu Researchers Postpone Work Amid Bioterrorism Concern
 Voice of America (米国) バイオテロの危険性から鳥インフルエンザ研究者達が研究の延期に

China reports second bird flu death in a month Fox News (米国) 中国、1ヶ月以内に2人目の鳥インフルエンザ死者が発生

Scientists pause research with lab-bred bird flu 
South Asian News Agency (パキスタン) 研究者達、実験室内での鳥インフルエンザウイルス作成を一旦中断に
1月23日 (月)

China reports second bird flu death in less than month  The Detroit News (米国) 中国、1ヶ月も経たないうちに2例目の鳥インフルエンザ死亡例が発生
 New York Times からの情報の掲載。
Avian Flu Scientists Will 'Pause' Controversial Research For 60 Days Wall Street Journal (米国) 鳥インフルエンザ研究者達、論議を呼んでいるウイルス研究を60日間休止に

China Reports a Second Bird Flu Death in Less Than a Month New York Times  (米国) 中国、1ヶ月も経たないうちに2例目の鳥インフルエンザ死亡例が発生
 南中国で22日男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことを、中国保健省が発表した。この1ヶ月以内に2例の死者がでたことになる。

 直近の死者は39歳の男性で1月6日に倒れ、同日貴州省の病院へ運ばれた。中国保健省は国営通信の新華社を通して、そのように発表している。
 一方、39歳のバス運転手が12月31日に広東省の深セン市で死亡している。
 両者の死亡で特徴的なことは、発病前一ヶ月間、いかなる鳥との接触がなかったということである。
 H5N1ウイルスは感染した鳥、その卵、その排泄物等を介して感染するといわれているが、専門家達はウイルスが変異すると人人感染が容易に起きえると説明している。
 {Both deaths were notable because neither victim reported any contact with birds in the month preceding his illness. The virus is known to spread through contact with infected birds, eggs or bird feces, but experts said a pandemic could occur were it to mutate into a form more easily spread. }
 直近の事例では、香港紙(Hong Kong bulletin)によると、患者は感染前に一切家きんと接触してないという。しかし中国当局は死者と接触のあった71人について健康調査を行ったが異常は見つかっていないと発表している。

 深セン市の死亡例も、接触のあった人々から健康異常は見つかっていないと発表されていて、指導的専門家達は、感染は人を介して起きたものではなち結論している。
 しかしながら22日、中国検閲当局は、インターネットによる最新の感染例に関する情報発信を完全にブロックした。
 

Bird flu claims second victim in China AFP  (国際) 中国で本年2人目の鳥インフルエンザ死亡者が確認
 中国南西部で39歳男性が鳥インフルエンザに感染して22日死亡したと、保健当局が発表した。この1ヶ月間で2人目の死者となる。
 男性は1月6日に倒れて貴州の州都の病院へ運ばれた。しかし状態は急速に悪化して死亡した。

 男性と接触のあった71人に関して健康調査が行われたが、異常な症状を呈している人はいないとされる。

 同男性は家きんとの接触歴はなく、先に12月31日に死亡したバス運転手の場合も家きんとの接触歴はないとされる。

Man dies of H5N1 bird flu in Guizhou  RTHK (香港) 中国の貴州で男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡
 中国本土当局が貴州で男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと発表し、香港の健康保護局に通知した。

 健康保護局によると、死者は39歳男性で1月6日に発症し、同日入院した。
 男性は発病前に家きんとの接触はなかったとされる。
 香港健康保護局は、中国本土当局と詳細な情報交換を行っている。

 貴州省の位置
 
 1月22日 (日)

Scientists behind Armageddon flu virus suspend their research because it ... Daily Mail (英国) ハルマゲドンを起こすインフルエンザウイルス研究者達、世界に破滅的パンデミックを起こす危険性があることから研究を一旦保留に
 より致死的空気感染する鳥インフルエンザウイルス研究者達が、自らの研究を一旦休止とした。理由は彼らが作成した変異ウイルスがバイオテロにおける破滅的生物兵器として使われる可能性と、研究室から漏れでる危険性があるからである。

 1月20日にNatureとScience(世界的科学雑誌であるネーチャーとサイエンス:ノーベル賞級の論文も掲載される)に39人の世界のトップ研究者達が研究を健康危機を回避するために重要であると、掲載した。
 しかし、その一方で12月からメディアで論議されているように、ウイルスが漏れ出て世界拡大した場合の危険性も認めている。

 60日間の研究休止期間は完全に研究者の自発的申し出とされる。
 その期間にWHOや各国政府は研究により得られる利益を評価し、そしてそれに伴う危険性(リスク)を最小限にするための方策を論議して合意に導くべきとしている。

鳥インフル:世界の科学者39人が研究停止 テロ防止検討 毎日新聞
 鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの研究について、米政府・科学諮問委員会(NSABB)が生物兵器やテロに利用される恐れがあるため論文の一部を削除するように求めた問題で、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)ら世界の科学者39人が20日、ウイルスの研究を60日間、自主的に停止するとの声明を出した。科学者が自ら研究活動を停止するのは極めて異例だ。

 問題の論文は、オランダ・エラスムス医療センターと、河岡教授がそれぞれ執筆。H5N1ウイルスの遺伝子がどういう変異をすることで、空気感染しやすくなるかを哺乳類のフェレットを使って突き止めたとされる。

 声明は米科学誌サイエンスと英科学誌ネイチャーに発表された。それによると、管理方法を議論する時間を提供するために60日間が必要と提案。また、ウイルスが盗まれたり作成されて、テロに悪用されるのを防ぐ方策を議論するよう国際社会に呼びかけている。一方で、「ウイルスが外部に漏れないよう厳重に管理されている」とも強調した。

 世界の医療研究をリードする米国立衛生研究所(NIH)も同日付で「この方針に同調する」との声明を発表した。

 H5N1は現在までにアジアを中心に577人が感染し、340人が死亡している。人から人への持続的な感染は未報告だが、家きんでの流行は続き、危機感が強まっている。

Small meeting in mid-Feb to take first crack at bird flu research impasse: WHO Global Toronto (カナダ) WHO:鳥インフルエンザ研究に関する行き詰まり打開のための小国際会議を2月中旬に開催
 情報源 カナディアン・プレス(CP)

 WHOは論議を呼んでいる鳥インフルエンザ研究の行き詰まりの打開を図るために2月中順に、世界の技術的専門家(鳥インフルエンザウイルスの遺伝子操作に関わっている専門家を指す:訳者)を集めて、小会議を開催すると発表した。

 論議の発端は、米国政府の諮問機関であるバイオセキュリティー委員会が、投稿された2つの論文の発表の是非を依頼された雑誌編集部に対して、内容の一部を削除することを求めたことにある。その部分は、H5N1鳥インフルエンザウイルスがいかに変異すると人に感染するようになるかを詳述した部分である。

 ジュネーブのWHO本部の高官によると、招集される専門家は50人以下の予定で、期日は2月16日と17日の2日間とされる。しかしそれはあくまでも予定であり、変更される可能性はある。

 WHOインフルエンザ担当責任者であるケンジ・フクダ氏は、会議開催の目的は長期的および短期的に解決すべき問題の論議で、それにより研究の継続を図ることであると語っている。
 しかし同氏は1回の小会議で問題が解決されるとは考えておらず、後に大きな国際会議を開く必要があると語っている。

 1月28日(ジュネーブ時間)、39人の世界的インフルエンザ研究者が自発的に60日間の研究を停止して、問題の国際的解決を図るべきと声明文を発表している。

Bird Flu Researchers Postpone Work Amid Bioterrorism Concern  Voice of America (米国) バイオテロの危険性から鳥インフルエンザ研究が一旦休止に
 H5N1ウイルスのワクチン作成を目的に、H5N1ウイルス研究を行っている2チームが一次的に研究を停止すると発表した。
 理由は高度に感染性を有する人為的に作成されたウイルスが生物兵器化する懸念からである。

 研究者達が作成したウイルスは人に空気感染する(飛沫感染)可能性の高いウイルスである。

 米国のウイスコンシン大学とオランダのエラスムス大学医学センターの研究者は、自発的に60日間の研究を停止すると発表した。
 研究者達によると、60日間の間に、WHO、各国政府、および科学者の世界で、こうした研究が安全に継続できるか論議することが可能とされる。

 1月21日 (土)

Scientists Developing Deadly Bird Flu Mutations Agree to Pause Research  Forbes (米国) 致死的鳥インフルエンザウイルスの変異株を作成した研究者達、研究の一次的休止に同意
Scientists agree to 60-day pause in controversial bird flu research Bellingham Herald  (米国) 研究者、論議を呼んでいる鳥インフルエンザウイルス研究を60日間中断
Bird-flu labs taking "pause" Denver Post (米国) 鳥インフルエンザ研究が一時期中断に
Fears of a Mutant Virus Flying the Coop Halt Bird-Flu Study International Business Times (米国) 人為的に作成された変異ウイルスが研究室から漏れ出る恐れから鳥インフルエンザ研究が中断に

鳥インフル 研究中断の声明 NHK
 人に感染する可能性のあるH5N1ウイルスがオランダと米国、または日本で作成されていることに言及してない表面的内容。

Pause on avian flu transmission studies  Nature (国際) 鳥インフルエンザ感染実験の休止
 今回の人為的にウイルスを作成したオランダの研究者と米国と東大医科研で研究する河岡義裕氏と含む、世界の39人の研究者による提言。
Fears of mutant virus escape halt bird flu study  Reuters (国際) 人為的作成変異ウイルスが漏れ出す可能性から研究が一次的中止に

Epidemic fears see bird flu doctors halt research The Independent  (英国) 作成ウイルスが漏れ出す危険性から、鳥インフルエンザウイルス研究者が研究の中止に
 ScienceとNatureに、世界中の39人の研究者が、60日間鳥インフルエンザウイルスの研究を中止することを、レター欄で発表した。
 その中で研究者達は、研究は厳密なセキュリティを保って行われているが、それでも事故などによる社会的不安を呼び起こしている。各国政府や国際機関が、これらの問題を解決するため、60日間研究を中止すると記述している。
Bioterror fears halt research on mutant bird flu BBC News  (英国) 変異鳥インフルエンザウイルスの研究が、バイオテロに利用される可能性から休止に
 より致死的鳥インフルエンザウイルスを作成した研究者達が、研究結果がバイオテロに利用される可能性があることから研究を一次的に休止して、研究による利益と危険性に関する国際フォーラムを開催することを、科学雑誌であるNatureとScienceのレター欄に掲載した。

Campus Connection: Top UW-Madison flu scientist halts research  Madison.com (米国) ウイスコンシン-マディソン大学のトップ科学者が研究を一時休止と発表
 ウイスコンシン-マディソン大学の研究者であるヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕、東大医科研教授も兼ねる)は、60日間、高病原性鳥インフルエンザに関する研究を休止すると、科学雑誌”Nature”に発表した。
 カワオカ氏とロッテルダムのエラスムス医学センターのウイルス学者であるロン・フーシェ( Ron Fouchier,)氏は、人体モデルとされるフェレットに容易に感染するH5N1ウイルスの変異株を作成したことから、世界的に大きな批判を受けている。

 12月20日、米国連邦政府にバイオセキュリティー問題に関してアドバイスする諮問委員会は、このH5N1に関する実験結果はテロリストに生物兵器として悪用される可能性があることから、論文の詳細は公表すべきではないと発表した。
 1月7日にはニューヨークタイムズも、研究の休止を社説で主張した。
 「現代社会は、何でも自由に科学的研究を行い、そして発表できることをほぼ容認している」、とタイムズは語り、そして、今回の研究が人類にとって非常に危険で、研究者として投機的でもある、と警告した。

 20日の声明文にはカワオカ氏とフーシェ氏も署名し、「我々と他の研究者達は、こうした研究が重要ではあるが、その保有する危険性に対する対策をも考慮しなければならないことを認める」、と記述されている。


 1月20日 (金)


国内情報
 インフルエンザ状況 第2週 :2012年1月9日 - 2012年1月15日

 分離株の大多数はH3N2株

 正月休み開け、及び学校再開により報告患者数は増加している。

沖縄県、インフルエンザ定点12.17人 (昨年末8.5人)
東京都インフルエンザ定点、3.22人に増加  (平年並) 昨年同時期は9.88人
大阪府8.9人 前週4.5人
インフル流行始まる 読売新聞


New bird flu deaths, as influenza research debate continues Los Angeles Times (米国) インフルエンザウイルス研究論争が続く中、新規に鳥インフルエンザ死者が発生
 ベトナムとカンボジアで新たな鳥インフルエンザ死者が発生した。
 ベトナムでは18歳男性でカンボジアでは2歳の男児である。
 2人とも人からの感染ではなく、感染した鳥からの感染とされる。

 一方、WHOはエジプトとインドネシアでも感染者が発生したことを発表したが、この事実はウイルスが変異して人人感染するようになった不安を呼び起こしている。

 訳者注:これらの事例はCIDRAP他で既に発表済みである。
More labs close to deadly bird flu mutations: researcher  Chicago Tribune (米国) 多くの研究室では致死的鳥インフルエンザの変異実験にほぼ成功している
 ロイター配信

 鳥インフルエンザの研究に関する検閲が世界的に論議されているが、他の研究室においても、致死的H5N1鳥インフルエンザイルスが人人感染する為には、どのような変異が必要か確認されているに近い状態である。
 変異ウイルスは人に感染すると5割以上を死亡させるといわれる。
 以下略。

Three countries report H5N1 cases, deaths  CIDRAP (米国) H5N13感染例が報告、1人死亡
 WHOはインドネシアとエジプトで3人のH5N1感染例を報告したが、1例は死亡している。
 インドネシアの例はジャカルタの5歳少女で、1月7日に父親がH5N1感染で死亡している。
 少女は父親周囲における健康異常者調査の過程で7日に見つかり、入院した。
 しかし13日から呼吸困難になり16日に死亡した。
 WHOによると少女の感染源は、父親と同じく飼育していた鳩由来とされる。

 エジプトの例はカイロ県に住む2歳少女で10月30日からインフルエンザとして外来治療を受けていた。
 しかし定期的呼吸器検体の検査でエジプト中央公衆衛生センターでH5N1感染が確認された。
 感染源は飼育している家きんとされるが、WHOは検体を米国海軍医学研究施設3(NAMRU3)に詳細検査のために送った。

 エジプトの他の1例は31歳男性でフェイウム( Fayoum )県に住み、1月1日に発症した。15日からタミフルによる治療を受けていたが、未だ重体である。感染源は病的家きんとの接触とされる。
 1月19日 (木) 

国内情報
 インフルエンザ状況 第2週 :2012年1月9日 - 2012年1月15日

 分離株の大多数はH3N2株

 正月休み開け、及び学校再開により報告患者数は増加している。

沖縄県、インフルエンザ定点12.17人 (昨年末8.5人)
東京都インフルエンザ定点、3.22人に増加  (平年並) 昨年同時期は9.88人
大阪府8.9人 前週4.5人

Vietnam reports 1st bird flu death in 2 years Seattle Post Intelligencer (米国) ベトナム、2年ぶりにH5N1で死者発生
 アヒル農場で働く18歳の青年が入院1日後に死亡したと南部 Kien Giang 州で死亡したと、同省の保健局が発表した。


 1月18日 (水)


国内情報
 インフルエンザ状況 第2週 :2012年1月9日 - 2012年1月15日

 分離株の大多数はH3N2株

沖縄県、インフルエンザ定点12.17人 (昨年末8.5人)
東京都インフルエンザ定点、3.22人に増加  (平年並) 昨年同時期は9.88人
インフルエンザ、県内流行 患者数、前週比5倍に急増 佐賀新聞
  正月休みや冬休みが含まれている前週との比較は意味はない。
インフルエンザ:盛岡、花巻、九戸で集団感染相次ぐ /岩手 毎日新聞
新型インフル、緊急事態宣言も 政府が新法案概要  47NEWS
県内今冬初の集団風邪 幼稚園、小中学校8施設  富山新聞
金沢市のかわい幼稚園、戸板小、能美市の寺井小、辰口中、小松市の松東中、板津中、松陽中、宝達志水町志雄中
インフルエンザで学校・園の臨時休業相次ぐ 香川 MSN産経ニュース
静岡県内、インフル流行本格化 45施設で集団感染(1/18 07:59) 静岡新聞社


Bird flu-infected Cambodian boy died Philippine Star  (フィリピン) カンボジアで鳥インフルエンザに感染した男児が死亡

Is Tamiflu Effective? New Review Says Drug May Not Help Flu Gather.com (米国) タミフルは有効? 最新のレビューではそれほどの効果は無しと
 下記”コックラン共同計画”の報告。
タミフル、効果に疑問…国際研究グループ報告書  読売新聞
 医学研究の信頼性を検証する国際研究グループ「コクラン共同計画」(本部・英国)は17日、インフルエンザ治療薬タミフルが重症化を防ぐ効果を疑問視する報告書を発表した。
 タミフルは世界で広く使われ、特に日本は世界の約7割を消費している。各国が将来の新型インフルエンザ大流行を防ぐため備蓄を進めており、その有効性を巡り議論を呼びそうだ。
 報告書は、製薬会社に有利な結果に偏る傾向がある学術論文ではなく、日米欧の規制当局が公開した臨床試験結果など1万6千ページの資料を分析。タミフルの使用で、インフルエンザの症状が21時間ほど早く収まる効果は確認されたものの、合併症や入院を防ぐというデータは見つからなかった。報告書は「当初の症状を軽減する以外、タミフルの効果は依然として不明確」と結論、「副作用も過小報告されている可能性がある」と指摘した。
 管理人注:コックラン共同計画では以前からタミフルの効果を、1日程度症状を短縮する効果しかなく、肺炎合併症の予防効果はないとしていた。しかしH5N1鳥インフルエンザにおける効果を見る限り、早期に服用すると軽症、または治癒することは確認されている。
America should not dominate debate on biological secrets, scientists say Catholic Online (米国) 生物学的研究秘密に関して米国が独占的に論議をすべきではない、研究者達が反発
Gov't suggests bird flu precautions for holiday
 China Post (台湾) 政府、旧正月休みには鳥インフルエンザに注意
 台湾政府(台湾CDC)は、正月休みには多くの家きんが”と殺”され、家庭で食べられることから、鳥インフルエンザに十分注意するように呼びかけている。
 また公園には多くの渡り鳥が来ていることから、ウイルス感染に十分注意するように警告している。
1月17日 (火)

国内情報

・インフルエンザ:集団発生で今季初登園自粛--妙高市保育園/新潟 毎日新聞

インフル流行 3校学年閉鎖…栃木 読売新聞
インフルエンザ流行 学校閉鎖など24小中高 紀伊民報 -
インフルで学年・学級閉鎖…富山 読売新聞
インフルエンザ:田野浦、田原小で3クラス学級閉鎖 /福岡 毎日新聞



Hundreds of crows found dead in Bihar  MSN India (インド) ビハール州で数百羽のカラスガ死亡
 過去数日間に数百羽のカラスが死亡し、鳥インフルエンザが危惧されている。
 検体は研究所に送られてるが、結果は未だ出ていない。



'New bird flu strain killed Jharkhand crows'  Indian Express (インド) ジャルクハンドのカラスの死亡は新規鳥インフルエンザ株
 国立いインフルエン研究所せは、ジャルクハンドで3ヶ月間に亘って死亡してきた500羽以上のカラスの死因が鳥いインフルエンザの新規株と確認した。
 株は2.3.2.1系統株で、それは2006年に報告されていた2.2株とは異なっている。


 WHOが今年2月~9月に調査した結果は以下の通り。

国 感染対象 遺伝的クレード(分岐群)
バングラデシュ 家きん、野鳥、人 2.2.2、2.3.2.1
カンボジア 家きん、人 1.1
香港 家きん 2.3.2.1、2.3.4
エジプト 家きん、人 2.2.1
インド 家きん 2.3.2.1
インドネシア 家きん、人 不明
日本 野鳥、家きん 2.3.2.1
韓国 野鳥、家きん 2.3.2.1
モンゴル 野鳥 不明
ミャンマー 家きん 2.3.2.1、2.3.4.2
ベトナム 家きん 1.1、2.3.2.1

 1月16日 (月) 


Killer flu doctors: US censorship is a danger to science  The Independent  (英国) 殺人的インフルエンザウイルス作成医師達:米国だけによる研究論文の検閲は科学にとって危険である
 オランダのエラスムス大学の医学センターの研究者であるロン・フーシェ(Ron Fouchier )とAbオステルハウス教授は、米国の諮問機関であるバイオセキュリティー科学委員会の勧奨を受け入れ、提出した論文のウイルス変異過程に関する詳述箇所の削除に同意した。生物兵器としてテロリスト達に利用されるのを防ぐ為である。
 その一方で、研究者達は一つの国の判断で、科学者や公衆衛生学者が大きく関わる問題が決定されることに異論を呈している。
 多くの専門家が加わった国際的論議が必要という。
First bird flu victim of year clings to life  Phnom Penh Post (カンボジア) カンボジアで今年初の鳥インフルエンザ感染者が発生、重体
  Banteay Meanchey 省に住む2歳男児が(H5N1)鳥インフルエンザに感染して重体であることが発表された。
 男児は1月3日に発症し、9日にシーム・リープ病院( Siem Reap hospital )に入院した。しかし重体と伝えられている。

 カンボジアとWHOの共同声明によると、男児はカンボジアで19人目の感染者で、そのうち12人が14歳以下の子供である。なお死亡者は16人である。
 昨年は8人が死亡している。
 
 最近多くの鶏が地区で死亡し、多くの人々がそれを食べたとされる。多くの人々が感染していないか確かめに地域の病院に殺到しているという。

 男児の親戚や村人達の健康状態は2週間フォローされる。

 地区の担当者は男児が家きんを食べた2日後に発症したということから、地域の家きんを調査している。


WHO will take a role in solving issued raised by bird flu studies controversy  GlobalNews.ca (カナダ) WHO、鳥インフルエンザ研究で起きている議論に一定の役割を担う予定
 The World Health Organization says it will take a role in helping sort through an international scientific controversy over two bird flu studies that the U.S. government deemed too dangerous to publish in full.

The scientific and biosecurity communities have been mired in heated debate over the issue for weeks. Voices from both sides have been calling on the WHO to take a lead role in the discussions, saying any solution must be international in scope.

In an interview Sunday, a senior WHO official said the agency will pull together international talks aimed at fleshing out the issues that need to be addressed and then work to resolve them.

"It's the right organization to bring ... balance to the discussion to make sure that the technical and scientific and the political and the public health concerns are all brought together," Dr. Keiji Fukuda, the WHO's assistant director-general for health security and environment, told The Canadian Press.

Read it on Global News: Global News | WHO will take a role in solving issued raised by bird flu studies controversy


US worried about publication of details on bird flu super virus The Nation  (シンガポール) 米国、作成鳥インフルエンザウイルスの詳細公表に懸念の意

Odisha: Bird flu confirmed at Bahanada village in Mayurbhanj district Orissadiary.com (インド) オデッサ州でさらに鳥インフルエンザが家きんに広がる
 マユルバンジ県の村でH5N1チリンフルエンザが検出。周辺の家きんの殺処分が行われている。
Universal flu vaccine human clinical trials for 2013 Next Big Future  (米国) 万能型人鳥インフルエンザワクチン、2013年中に臨床試験に
 
 米国Inovio Pharmaceuticals社
 2013年年度のインフルエンザワクチンから既に流行しているH1N1やH5Nウイルスも加えられるという。
 現在H3N2vやH1N1vに対するワクチンも製造中とされる。
Bird Flu: WHO Will Help Solve Controversy Over U.S. Blocking Studies  Huffington Post Canada (カナダ) 鳥インフルエンザ:WHO米国の研究抑制論に対する論議に解決法を提示
 米国政府は2編のH5N1鳥インフルエンザに対する研究論文に関して、そのまま完全な形で発表するこの危険性を表明しているが、WHOは発表内容に一定のルールを作ることを提案している。

新型インフル対策法案 提出へ
NHK
 政府は、毒性や感染力の強い新型インフルエンザが大流行した場合の対策として、混乱を抑えるために外出の自粛や集会の中止など、強制的な措置を盛り込んだ法案を今月召集される通常国会に提出する方針です。
 政府は、毒性や感染力の強い新型インフルエンザが大流行した場合、最悪のケースで64万人が死亡すると推計しており、こうした新型インフルエンザの対策として、強制的な措置を盛り込んだ法案の取りまとめを進めている。これまでの調整では、新型インフルエンザが大流行し、混乱が予想される場合には、政府などが「緊急事態」を宣言することにしている。そして、外出の自粛の要請や集会・催しの中止などの指示、それに企業が医薬品などを正当な理由なく売り渡しを拒んだ場合は没収などの措置が法案に盛り込まれる見通しです。新型インフルエンザが大流行した3年前は、自治体が集会の中止などを要請する際に、混乱が生じたこともあり、政府は、今月召集される通常国会に新型インフルエンザ対策の特別措置法案を提出し、成立を目指す考えのようだ。
 1月15日 (日) 特記すべき情報はない。
 1月14日 (土)

Universal Flu Vaccine Could Be Available by 2013 U.S. News & World Report (米国)万能型インフルエンザワクチンは2013年まで実用化の可能性
 2010年に米国の衛生研究所(NIH)が5年以内にインフルエンザ万能型ワクチンを実用化出来ると語ったが、実際にはもっと早く来年(2013年)までに完成できる可能性となった。
 Inovio Pharmaceuticalsが発表した。

 子供の頃に1回接種を受け、その後ブースターとして再度接種することで、通常のインフルエンザを含めて鳥インフルエンザ、新たなインフルエンザ全てが予防可能となる。麻疹ワクチンの様に接種すると一生有効な免疫ができあがる。
 ワクチンはインフルエンザウイルスのほとんど変異しない抗原を用いている。
 1月13日 (金) 

Mayurbhanj sends 231 blood samples for test Times of India (インド) オリッサ州、マユルバンジ県、231の血液検体を検査に依頼する
 県内でカラスや家きんに死亡が多数認められていることからの措置。
 血液検体は住民から採取したものと考えられる。

Orissa begins culling of poultry birds The Asian Age (インド) オリッサ州、家きんの殺処分を開始
 2400羽以上の家きんの殺処分が開始された。
Crow deaths in India alerts Bhutan  Kuensel, Buhutan's National Newspaper (ブータン) インドにおけるカラスの死亡がブータンにおける鳥インフルエンザの警戒報に
 インドのジャルクハンド州における数千羽のカラスの死亡がこの2ヶ月間に見られたことから、ブータン政府はどのような野生の鳥の死骸でも見つかった場合報告するように警告した。

 インドのマスメディアによるとカラスの死亡はH5N1鳥インフルエンザによるとしている。

Operation Culling begins in Khurda to bury 35000 fowls Daily Pioneer (インド) オリッサ州クルダで3500羽の家きんが殺処分
 
家きんでのH5N1鳥インフルエンザ発生のため

Bird-flu: Rapid Response Team begins Culling in Meghalaya Nagaland Post  インド、メガラ-ヤ州の西部地域でH5N1鳥インフルエンザ発生のために500羽近い家きんの殺処分が開始された。
 メガラーヤ州はアッサム州の隣。
Hong Kong Resumes Live Poultry Imports  Wall Street Journal (米国) 香港、生きた家きん輸入を再開

 1月12日(木)

HHS orders novel H3N2 vaccine for clinical trials CIDRAP (米国) 米国保健福祉省、新型H3N2ウイルスに対するワクチンの臨床試験へ
 これまで米国内で発生しているH3N2vウイルスに対するワクチンの製造と臨床試験を、保健福祉省は予定している。
 これまで12人の感染が確認されているが、中には人人感染で感染した事例もある。
 従来の香港型インフルエンザであるH3N2型に対するワクチンは効果はないとされる。

インドネシアで鳥インフルエンザで死亡  WHO
 2012年1月11日、インドネシア保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)に感染した1例を報告した。

 患者は23歳のジャカルタに住む男性で12月31日に発症し1月6日入院したが、7日に死亡した。

 感染源は患者が飼育していた鳩の1羽が病的になっていたことから、それからウイルスの感染を受けたと推定されている。
 鳩はその後死亡している。

 患者からH5N1ウイルスが検出されている。

 (鳩からウイルルスが検出されたからは記載されていない:訳者)。


インフルエンザ流行の兆し 社会福祉施設で48人集団発生 茨城
  MSN産経ニュース
 県は11日、美浦村の特別養護老人ホームと那珂市の医療機関でインフルエンザの集団発生があったと発表した。H3N2が流行の中心であるが、高齢者の肺炎合併は命とりとなる。


 1月11日(水)

Bird flu alert in Bhitarkanika
 IBNLive.com (インド) オリッサ州、ビタルカニカ(Bhitarkanika)で鳥インフルエンザ警報
 州内のいくつかの地域で鳥インフルエンザが確認された後、ビタルカニカ国立公園に鳥インフルエンザ警報をだした。
Bird flu outbreak: Experts heading for Keranga 
IBNLive.com (インド) インド、オリッサ州のケランガ地域で鳥インフルエンザが発生 
 
オリッサ州クルダ県ケランガ地域では多数のカラスが死亡し、鳥インフルエンザ拡大の不安が広がっている。これまで数百羽のカラスの死骸が確認されている。
 地域の死亡した鶏とカラスからの検体がボパルの専門機関に送られているが、現在のところ鶏とアヒルからウイルスが検出されているが、カラスに関しては報告は出ていない。
Bird Flu Information Corner 閉鎖
 神戸大学とインドネシアのエアランガ大学が共同で運営してきたインドネシアにおけるH5N1鳥インフルエンザ情報ページが諸般の理由で閉鎖となった。
 数多くの現地情報を英語に訳して掲載してきた同ウエブは、米国ミネソタ大学のCIDRAPも参照していて、重要な情報源であった。
 運営することの厳しさが続いていたようだ。
 残念な事である。
 決してインドネシアでの鳥インフルエンザ状況が好転したことが理由ではない。

宮城のオオハクチョウ、高病原性検出されず
 MSN産経ニュース
 環境省は10日、鳥インフルエンザウイルスの遺伝子検査で陽性だった宮城県角田市のオオハクチョウ1羽について確定検査をした結果、高病原性を含めインフルエンザウイルスは検出されなかったと発表した。北海道大で調べていた。

新型インフル:外出・集会、国が制限 特措法制定へ  毎日新聞
 政府は、感染力が強く病原性が高い新型インフルエンザが流行した場合、国民に外出の自粛や集会の中止を要請できる特別措置法を制定する方針を固めた。
 内容主旨
 ・新型インフルエンザへの対応をこれまでの感染症対策から国家の危機管理と位置づける。
 ・病原性の高いH5N1等が発生した場合、政府の対策本部が「緊急事態」を宣言。
 ・私権の制限に踏みこむ。
 ・集会の制限。学校や保育所などの臨時休業の要請 
 ・企業が医薬品や食料の売り渡しを正当な理由がないのに拒否した際は、物品の不足を防ぐために強制収用できる規定も設ける。

Bird flu epidemic unlikely in China: health expert Xinhua  (中国、国営新華社) 中国専門家:中国で鳥インフルエンザの大規模流行は想定されない

A health expert Tuesday ruled out the possibility of a large-scale bird flu epidemic in China, which reported a death caused by H5N1 virus on the last day of 2011. 2011年最終日にH5N1ウイルスで死亡した事例が報告されたが、中国で大規模な鳥インフルエンザの流行が起きる可能性は想定されない。国の保健担当者が10日語った。

 「現在の中国の環境では鳥インフルエンザの大規模流行が起きる可能性は低い。しかし散発的に感染する例は起きえると思う。」、と中国CDCに属するウイルス疾患制御管理部門長官のイ・デキシン(Li Dexin)氏が記者会見で10日に語った。
 監視システムと治療方法がこの数年間に改善されたことから、鳥インフルエンザは大きな健康危機の原因とはならないように思う、と同氏は語っている。
 1月10日(火) 


Bird flu epidemic unlikely in China: expert  China Daily (中国) 中国専門家:鳥インフルエンザの人における流行は想定されない
 中国CDCの専門家は、現在の環境下で人の散発的鳥インフルエンザの発生はあり得ても、流行が起きるとは考えられないと語った。
 モニター機構、治療方法が改善された現在、鳥インフルエンザは中国で大きな健康危機とはなりえないと説明している。

Man dies from bird flu in Indonesia: officials Sin Chew Jit Poh  (インドネシア) インドネシアで男性が鳥インフルエンザで死亡したと当局が発表
 24歳のインドネシア男性がジャカルタで死亡したと保健省が10日発表した。
 男性の検体で(H5N1)鳥インフルエンザに感染したことが確認された。

 男性は家の周囲に住んでいる鳥からウイルス感染を受けたと推定されているが、鳥のウイルス検査結果は出ていない。

Jakarta Health Agency takes blood samples of 10 residents for fear of bird flu... Jakarta Post  ジャカルタ保健当局、鳥インフルエンザ感染の不安から住民10人から採血
 ジャカルタで23歳の鳥インフルエンザに感染した疑いを持つ住民が死亡し、周辺に住む市民が感染を心配して検査を希望している、当局は患者と接触した市民10人から採血してウイルス感染の有無を調べている。
 死亡した患者のウイルス検査はまだ出ていない。

新型インフルで特措法案=官房長官  ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
 時事通信社版

藤村修官房長官は10日午前の記者会見で、新型インフルエンザの流行に備え、感染拡大防止の取り組みなどを定めた特別措置法案を今月召集の通常国会に提出する考えを明らかにした。

 政府は、強毒性新型インフルエンザが発生した地域への出入りや集会の制限などを検討している。藤村長官は「実効性を高めるためには立法措置が必要ということで検討を重ねてきた。経済界や医療関係者から意見を聞きながら法案を準備している最中だ」と説明した。

Recent cases prompt CDC updates on swine-related flu variants  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 豚関連インフルエンザウイルス変異株に関して
 CDCのまとめ
  ・H3N2v:5州から12例。多くは小児。豚から感染した例もあるが、人人感染も起きている。ウイルスは遺伝子が3重集合していて、中に先のパンデミックウイルスのM遺伝子を含んでいある。CDCでは感染者が増えているか不明とされるが、判定できる研究所の存在が鍵を握っているとされる。病原性は季節性のH3N2と類似。
  ・12月23日にCDCはH1N1ウイルスの変異株であるH1N1vウイルス感染者を確認した。感染者は養豚業に関与していて、ウイルス遺伝子は3重集合していて、やはり先のパンデミックウイルスのM遺伝子を保有していた。
 ・他にCDCは先月H1N2ウイルス感染者を確認した。2007年に次いで2例目である。

 2005年以来CDCは35例の変異インフルエンザによる人感染例の報告を受けている。

Federal government approved security at UW bird flu lab Milwaukee Journal Sentinel  (米国) 米国連邦政府、ウイスコンシン-マディソン大学の鳥インフルエンザ研究室のセキュリティーを確認
 ニュヨークタイムズはオランダの研究室で作成された人の間で容易に感染する可能性のあるH5N1ウイルスについて、破壊処分するか、国家でセキュリティーの高い部署で保管すべきと主張した。
 一方、同様の研究を行っているウイスコンシン-大学の研究室を査察したCDCと農業省の関連部署は、そのセキュリティーを Biosafety Level 3Ag lab (BSL 3Ag),と評価し、最高レベルに次ぐ基準として認めた。

Should deadly bird flu virus in labs be destroyed? Milwaukee Journal Sentinel  (米国) 研究室で作成された致死的インフルエンザウイルスは破壊処理されるべきか?
 ニュヨークタイムズはオランダの研究室で作成されたウイルスに関して、破壊処理するか、政府が厳重に管理する場所に保存すべきと主張しているが、もう一つの実験産物であるウイスコンシン-マディソン大学のウイルスに関してはそれほど関心が寄せられていない。
 同大学関係者によると作成ウイルスはそれほど致死力はもっていないと為される。
 以下略。
Bird flu suspect dies in Jakarta  Jakarta Post (インドネシア) ジャカルタで鳥インフルエンザで死亡者が発生した疑い
 新年から発症した23歳の青年が9日に鳥インフルエンザで死亡した疑いがもたれている。
 ジャカルタ保健当局は血液と粘膜の検査でH5N1鳥インフルエンザを疑っているが、ウイルス検査の結果は未だ出ていない。

Bird flu detected for the first time in Odisha; Bird flu alert issued all over ... Orissadiary.com (インド) インド、オディッシャ州で初の鳥インフルエンザが確認。全州で警戒報。
新型インフル流行備え特措法案、集会中止指示も 読売新聞 -
 政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの流行に備えた特別措置法を制定する方針を固めた。 強毒性の新型インフル流行時に政府が「緊急事態」を宣言した場合、国民に外出自粛要請や集会中止を指示するなど、強制力を持った措置を取れるようにするのが柱となっている
Dangerous lab experiments need more oversight Vancouver Sun  (カナダ) 危険な実験室内の研究はより厳重な監督が必要
Debate Persists Over Publishing Bird Flu Studies  NPR (米国) 鳥インフルエンザ研究論文の公表に関して論争は続く

 1月9日 (月)

Southern China Reports Cause of Man's Death To Be A Contagious Strain of Bird Flu UK Progressive Magazine (英国) 南中国、男性の死亡は伝染性鳥インフルエンザウイルス株によると報告
 
 新年早々、中国国営メディアは39歳男性が前日の31日に中国南部の深セン市で鳥インフルエンザの伝染性株と思われるウイルスに感染して死亡したことを発表した。
 男性は12月21日に発熱のために深セン市の病院に入院した。
 中国国営通信によると、広東省保健局は男性がH5N1ウイルスに感染していることを発表した。
 この事例で最も事態を混乱させている要因は、多分、男性が深セン市外に最近出たことはなく、また家きんとの接触の既往がないことである。

 この夏国連(FAO)はH5N1ウイルスの再流行を警告した。それは2006年に流行がピークとなり世界63カ国で人に感染した。(これは間違い。多分家きんでの発生を意味していると思う。人での感染者は9カ国で計115人である:訳者)。
 国連は変異株がアジアで流行する可能性を警告した。


 ウイルスの変異は近年世界中で起きている。ミネソタ大学のCIDRAP( The Center for Infectious Disease Research and Policy)は先週H3N2の変異株を報告したが、同時に米国CDCは、新規ウイルスによる患者の発見方法と、その報告方法について文書で発表した。

 2011年12月23日、CDCは2例の新型インフルエンザ感染症を確認した。1例は西バージニアの豚インフルエンザ由来のH3N2v感染小児であるが、同症例は他の人感染例から感染したものであった。豚インフルエンザH3N2に先のパンデミックインフルエンザH1N1のM遺伝子が加わったH3N2vウイルスによる米国内の感染者数は合計12例に上っている。

 もう1例は豚インフルエンザH1N1ウイルスに先のパンデミックウイルスのM遺伝子が加わったH1N1v感染例である。
 CDCによると初の感染例であるが、感染者はウイスコンシンに住む豚飼育に関係している男性である。

 ほとんどのH3N2v感染者は症状が軽く、12例中3例のみが入院している。
 H3N2v感染者が今後増加するかどうかは不明であるが、保健医療関係者が同ウイルス感染者に遭遇する可能性は高い。

 世界各国は2009年以来パンデミックに備えてきているが、WHOはH1N1vに対してタミフルはあまり有効ではないとコメントしている。
 H1N1ウイルスは2007/2008 シーズン以来急速にタミフルに耐性となり始め、1年間で全てのAH1N1ウイルスはタミフル耐性となった。

 WHOでは先のパンデミックウイルスである、2009A(H1N1)タミフル耐性株が世界中に拡大することを懸念しているされる。
1月8日 (日)

国内インフルエンザ情報

インフルエンザ:流行が拡大 99年以降最も早く /三重 毎日新聞
 定点平均が第51週が13・3人、第52週が15・4人。県健康危機管理室は「学校が始まると、さらに流行が拡大する恐れがある」として感染予防の徹底を呼び掛けている。
インフルエンザ:警報続く /宮城 毎日新聞
 昨年12月中旬に仙南保健所管内で32人になり、警報を発令。その後も患者は多く、県疾病・感染症対策室によると、同月26日から1月1日までで県全体の定点医療機関(93カ所)の患者報告数が計1335人に上った。石巻や気仙沼保健所管内で増加している。

Taiwan reports first H5N2 bird flu of 2012 at Changhua poultry farm  China Post  (台湾) 台湾、チャングア家きん農場でH5N2鳥インフルエンザが発生
 H5N2鳥インフルエンザは高病原性であるが、人への病原性はない。
 家きんの殺処分が行われる。

インフルエンザ:流行が拡大 99年以降最も早く /三重 毎日新聞
 定点平均が第51週が13・3人、第52週が15・4人。県健康危機管理室は「学校が始まると、さらに流行が拡大する恐れがある」として感染予防の徹底を呼び掛けている。
インフルエンザ:警報続く /宮城 毎日新聞
 
 1月7日 (土) 

WHO、エジプトと中国のH5N1感染者情報を発表
 エジプト:メノフィア県の42歳男性。12月16日に発症。21日に入院。22日に死亡。
 感染源は、感染した鳥、または死亡した鳥に暴露したことが推定されている。
 2011年度のエジプトにおける感染者は、昨年よりも9例多く、史上2番目に多い。
 幼児の感染者が多く致死率も低い。



 中国:深セン市の39歳男性。12月21日に発症。25日に入院。31日に死亡。
 感染源は調査中。
 接触者からの感染者は見つかっていない。

 感染源はお蔵入りとなる可能性が高い。
 色々な予測はあっても、それは発表しないだろう。
 もし周辺から多くの感染者が出た場合は、違うのかも知れないが。
 1月6日 (金) 

Dangerous lab experiments need more oversight  Vancouver Sun  (カナダ) 危険な実験室内での研究は、管理をより強化する必要がある
 ロッテルダムのエラスムス医学センターとウイスコンシン大学の研究者達は、非常に感染しやすい鳥インフルエンザウイルスを作成した。
 野生株(wild version )は簡単に感染しないが、もし感染したなら致死率は60%を越える。
 研究チームの作成した論文を掲載すべきかどうか大きな議論が起きている。

 人為的作成株の管理は、より強化されなければならない。

2 more dead birds in Hong Kong test positive for deadly H5N1, raising health fears Washington Post  (米国) 香港でさらに2羽の鳥の死骸で致死的H5N1ウイルスが陽性、健康危機不安が高まる
 1週間前に見つかったユリカモメの死骸でH5N1陽性。
 ユリカモメは冬に定期的に渡ってくる。
2 more dead birds in HK test positive for H5N1 The Associated Press (国際) 香港でさらに2羽の死亡鳥からH5N1ウイルス検出
 1週間前に郊外で見つかったユリカモメの死骸でH5N1ウイルスが検査で陽性となった。

Controversial bird flu studies defy easy solutions: WHO CTV.ca  (カナダ) WHO:議論中の鳥インフルエンザ研究は容易に解決出来ない
 論文の校閲と自由な研究の問題。
 研究発表により、それが生物兵器化する危険性。

Travel Warning for China After Bird Flu Death  The Chosun Ilbo (韓国) 中国への旅行者に鳥インフルエンザに対する注意報
 深セン市でH5N1鳥インフルエンザで男性が死亡したことから、韓国CDCは韓国から中国への旅行者に注意を促している。
 また中国から入国する旅行者に対して、問診と発熱の有無をチェックしている。
Malaysians urged not to worry over H5N1 death in China  New Straits Times  (マレーシア) 中国におけるH5N1鳥インフルエンザによる死亡は、マレーシアでは心配する必要はない:マレーシア当局
Bird flu panic in Tripura  IBNLive.com (インド) トリプラ州で鳥ンフルエンザ発生によるパニック
 トリプラ州ダーライ県で600羽以上の家きんが3日間で死亡。
Vietnam culls over 2500 chickens in bird flu fight  MSN Philippines News (フィリピン) ベトナム、鳥インフルエンザにより2500羽以上の鶏を殺処分
 ベトナム南部のメコンデルタ地域で、H5N1鳥インフルエンザ発生により2500羽以上の鶏が殺処分されたと、当局が発表。

 1月5日 (木) 

宮城で鳥インフル陽性 オオハクチョウ1羽  MSN産経ニュース
 環境省は5日、宮城県角田市のため池付近で発見した2羽のオオハクチョウの死骸から、遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性が確認されたと発表した。強毒性の高病原性かどうか確認検査を行っている。
 死骸は12月26日に発見されていた。
H.K. Keeps Ban on Some Poultry Imports Bloomberg (米国) 香港、家きん輸入禁止を継続
 香港は男性がH5N1ウイルスに感染して死亡した中国南部からの家きんの輸入禁止を継続している。
 男性から分離されたウイルスは、香港で野鳥から検出されたウイルスの遺伝子に類似しているとされる。

 2羽の死亡したユリカモメが12月30日と1月2日に香港内で発見され、H5N1ウイルスが検出された。

Govt assures chicken products free of bird flu virus  Malaysia Star (マレーシア) 政府、鶏産物は鳥インフルエンザ感染はしていないと保証

Shanghai remains free of bird flu virus  People's Daily Online (中国) 上海、鳥インフルエンザウイルスは確認されていない
 香港でユリカモメ2羽からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、上海当局は、同市内ではウイルスは検出されていないと発表した。

 香港では、12月30日と1月2日に、それぞれ TuenMun島とLantau島で死亡したユリカモメからH5N1ウイルスが検出されている。
 ウイルスが検出された場所から3キロ以内には養鶏場はないと、当局は発表している。

 1月4日 (水) 

US Government Asks Science Journals to Redact Flu Research  Security Management (米国) 米国政府、科学雑誌編集部にインフルエンザ研究論文の再編集を求める
 オランダの研究チームと米国のウイスコンシン-マディソン大学(東京医科研の河岡教授がリーダ-)の研究チームから投稿されている二つの論文に対して、国立衛生研究所(NIH)はScienceとNatureの雑誌編集部に論文を削除または再編集することを求めている。
 2研究チームともNIHから研究助成金を受けていた。
Hong Kong, China on Bird Flu Alert  New America Media  (米国) 香港、鳥インフルエンザ警戒報
 深セン市の保健当局は未だバス運転手のH5N1感染源を調査中であるが、明確な結果は出ていない。

 一方、香港当局は12月31日にコントロールゾーンを設定して、深セン市の死亡したバス運転手の家から13キロ以内からの生きた、および凍結した鶏の輸入を禁止した。期間は1月21日までで、旧正月の2日前までとなっている。

中国の鳥インフル、「感染は鳥から」 衛生当局  日本経済新聞

{中国広東省深セン市のバス運転手(39)が鳥インフルエンザウイルスに感染して死亡した問題。
同市衛生当局は鳥からの感染だという調査結果を発表した。
「人と人の間の感染は起きず、市民は慌てる必要はない」と強調した。
運転手と交流のあった家族や友人ら120人の健康に異常はないという。
当局はウイルスの遺伝子が野鳥に近く、家禽(かきん)類から遠いと指摘。感染経路は明らかになっていないが、渡り鳥が原因との見方が浮上している。}

 太字部分は、海外報道では伝えられてない内容。中国内のカモ(アヒル)の遺伝子に80%類似していると深センCDCで発表している事からの表現だろうか?
 野鳥からH5N1ウイルスが感染して死亡したことが確定されると、初の事例である。

 
 1月3日 (火) 


Black-headed gulls test positive for H5 virus  香港行政府広報 死亡したユリカモメ2羽からH5ウイルスが分離
  Tuen Mun とLantauで死亡したユリカモメからH5亜型ウイルスが検出された。
China says latest bird flu virus doesn't jump between humans  Reuters AlertNet (国際) 中国、深セン市で人を死亡させたH5N1ウイルスは人人感染はしないと発表
 深センCDCは死亡したバス運転者から分離されたH5N1ウイルスの遺伝子は90%アヒルで検出されているウイルスと類似しているので、男性は鳥に直接接触して感染した可能性が高い、と発表した。
 「ウイルスは未だ人には容易に感染しないので、バス運転手は直接鳥から感染したと考えられる」、と判断している。
Flu virus doesn't jump between humans  The Province  (カナダ) インフルエンザウイルスは人人感染を起こさない
 最近、中国の深セン市で鳥インフルエンザで死亡した男性から分離されたH5N1ウイルスは未だ人人感染はしないと、中国の保健当局が発表した。
 ウイルスは先に分離されているアヒルのウイルスと遺伝子が90%類似しているので、男性は感染した鳥に直接接触して感染したと推定される、との判断を深センCDCでは下している。
 1月2日 (月) 

Deadly flu spread from poultry, not humans officials say CTV.ca (カナダ) 致死的インフルエンザは家きん由来、人からの感染ではない:中国保健当局
 AP

 中国男性に感染して死亡させたH5N1鳥インフルエンザウイルスは家きん由来で、人人感染をおこしているものではないと、2日、中国の保健当局が発表した。
 ウイルスの遺伝子分析で男性に感染したウイルスは家きん由来であることが、深センCDCから発表され、中国国営通信の新華社から伝えられた。
 「ウイルスは人に対して高病原性であるが、人の間では感染拡大しない。深セン市民はパニックに陥る必要はない」、と伝えている。

 新華社通信によると、当局は男性がどこでウイルスに感染したか調査中とされる。

China says latest bird flu virus doesn't jump between humans  Chicago Tribune (米国) 中国、深セン市で確認された鳥インフルエンザウイルスは人人感染しないと発表
 下記ロイター記事。
China says latest bird flu virus doesn't jump between humans Reuters (国際) 中国、深セン市で確認された鳥インフルエンザウイルスは人人感染しないと発表
 深センCDCは、31日に死亡したバス運転手から分離されたH5N1ウイルスの遺伝子は、中国内でアヒルから見つかっているウイルスの遺伝子と90%類似していて、男性は鳥との直接的接触で感染した可能性が高いと発表した。

 "The virus found in the patient was 90 percent similar to H5N1 viruses previously isolated in ducks in China, which suggested that the man was very likely to have been infected through direct contact with a bird," the Shenzhen Center for Disease Prevention and Control said in a statement.

Health authorities identify virus leading to Guangdong bird flu death Xinhua (中国、新華社) 保健当局、広東省での人死亡例におけるウイルスを同定
 南広東省の保健当局はバス運転者に感染して死亡させたウイルスを同定したが、感染源は相変わらず不明のままである。
 ウイルスは高病原性H5N1であるが、リセプター(正確にはヘマグルティニン(HA):訳者)は鳥型であると深セン市疾病対策センターでは発表した。

 ウイルスは人に対して高病原性であるが、容易に感染することはないので、パニックに陥る必要はないとセンターでは深セン市民に呼びかけている。
 遺伝子分析の結果でもウイルスは家きんから直接人に感染したことが示されている。

 保健当局はバス運転手がどこでウイルスに感染したか調査している。

 広東省保健局は31日、同省では家きんの間で鳥インフルエンザは発生していないと発表した。

Health authorities still search for cause in bird flu death  Xinhua (中国、新華社) 保健当局、鳥インフルエンザ死亡者の感染原因を未だ調査中
 深セン市のバス運転者が高病原性のH5N1ウイルスに感染して死亡した事例に関して、広東省の保健当局はウイルスの感染源が未だ不明であることを1日に発表した。

 深セン市のバオアン地区( Bao'an )に住んでいた39歳のチェンさんは発熱のため12月21日に入院し、検査でH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染していることが確認された。
 同氏は12月31日午後に多臓器不全で死亡したことが広東省保健局が声明文で伝えた。

 保健局は同時に彼が発病前1ヶ月の間、家きんとの接触の既往はなく、また市外へ出たこともないことを伝えた。

 チェンさんの妻は夫が毎朝近くの湿地帯公園と人造湖をジョギングする習慣があったと話している。
 しかし広東省のCDC(疾病制御管理センター)の疫学研究所長であるヘ・ジアンフェン(He Jianfeng)氏は、渡り鳥からチェンさんが感染したことが立証されたわけではないと話している。
 「また我々は彼が発病する前に家きんを食べたかどうかについても分かっていない」、と付け加えている。
 同氏によると人へのH5N1ウイルスの感染経路は、家きんおよび野鳥からの二通りあるとしている。
 「しかしチェンさんが病院へ運ばれてきたときは昏睡状態だったので、彼がどのような家きん、または野鳥に接触した可能性があるのかについては不明なままである」

 広東省は香港の家きん市場で鶏からH5N1ウイルスが検出された事から、12月22日以降、香港への家きん出荷は禁止している。
 さらに同省と香港は協力態勢を敷いて、ウイルスの拡大の防止を強化している。

 広東省農業局は31日、同省では家きんの間で鳥インフルエンザは発生していないと発表した。

 チェンさんの妻によると、チェンさんは入院前5日間、足首を痛めた為仕事を休んでいたという。
 夕食は妻が用意したが、昼食に関してはチェンさんが何を食べていたかは不明という。

 香港のメディアによると、チェンさんの友人の1人の談話を引用し、チェンさんが知り合いの為に鶏を”と殺”したことがあるとしているが、ヘ・ジアンフェン氏はそれが彼の死亡の原因ではないとしている。
 「それは1ヶ月前の話であり、H5N1の潜伏期間はそんなに長くはない」

 同氏は鳥インフルエンザウイルスが人の間に広がっている証拠はないから、パニックに陥る必要はないと呼びかけている。
 「1月1日までチェンさんと接触した人々(妻も含めて)120人の調査では、健康異常を呈している例はない」、と同氏は付け加えている。

 また1日、深セン市の入出国管理当局は正月3日間、全港湾での入国者の健康調査を開始していると発表した。

Bird Flu death man 'caught virus after jogging in park' in China  The Telegraph (英国) 中国で男性が公園をジョギング中に鳥インフルエンザに感染して死亡
 渡り鳥が多数集まっている湿地帯をジョギングした後に鳥インフルエンザに感染して死亡した可能性があることを、広東省の保健局が1日発表した。
 
 39才の中国男性であるチェンさんは31日に、香港に隣接する深セン市の病院にH5N1ウイルスに感染して1週間の入院後に多臓器不全で死亡した。
 
 「彼は発病前に5日間の休暇をとっていた。彼は毎朝多くの渡り鳥が集まる場所をジョギングしていた」、と広東省保健局の当局者ヘ・ジアンフェン氏(He Jianfeng)が語った。

 医学チームはチェンさんが湿地公園のWaterlands Resortをジョギング中に、冬鳥、またはその排泄物から感染したのか調査中である。

 チェンさんは最もウイルスを人に感染しやすい家きんと接触した既往はなく、この1ヶ月間深セン市街へ出たこともない、とヘ氏は語っている。

 チェンさんは中国で18ヶ月ぶりのH5N1死者となった。
 しかし彼の死亡は世界で最も人口の多い同国と周辺国において高度の警戒態勢を促す結果となった。

 H5N1は人に感染すると60%を死亡に追いやり、WHOによるとこれまで2003年以来世界で332人が死亡している。

 1月1日 (日) 

What Really Happened in Malta This September When Contagious Bird Flu Was ... Scientific American  (米国) 容易に感染する鳥インフルエンザウイルスの作成成功が初めて発表されたマルタ島での会議では、どのような反応があったのだろうか

HK alert after bus driver's bird flu death  South China Morning Post (中国) 香港、深センでバス運転手が鳥インフルエンザで死亡した事から警戒を強める
 広東省当局は、ウイルスは変異していないから人人感染を起こす可能性は低いと説明。
 感染者は朝のジョギングで野鳥の多い湿地帯を走っていたから、感染野鳥、またはその排泄物から感染した可能性もあるとの説明。

Bird-flu victim 'had no direct contact with poultry' The Independent (英国) 鳥インフルエンザ感染死亡者は家きんとの接触はなかった
 先月31日に死亡した中国深セン市のバス運転手事例。
 発病前一ヶ月間に家きんとの接触既往がないことから、感染源に対して大きな疑問が呈されている。
Chinese Man Dies in First Bird Flu Case Since 2010 TIME (米国) 中国で2010年以来初の鳥インフルエンザ死亡者が確認


TOP