高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年9月

 9月30日(金)

Now You Can Get 'Needleless' Flu Shots  WBOY-TV (米国) 無針接種によるインフルエンザワクチンの接種が開始
 西バージニア、チャールストン。
 高圧炭酸ガス圧力(高速ジェット流)でワクチン接種を行う無針型注射器でのインフルエンザワクチン接種が開始された。
 多くの薬局で行われる。
 肩の三角筋上から接種する。
 ゴムバンドで締められたような感覚があるようだ。
 保健局では未だ当接種法を評価中であり、当無針型注射器によるワクチン接種は行っていない。

 関連記事 9月8日
 
 9月29日 (木)

インフルエンザ:今季初の学級閉鎖 周南の幼稚園で集団感染 /山口 毎日新聞
 山口県周南市の幼稚園でA型インフルエンザの集団感染が発生。
 31人のクラスで8人が発病とされる。

 管理人注:9月12日~18日までの第37週では、山口県のインフルエンザ定点報告は0であった。
 9月28日 (水)

Five easy mutations to make birdflu a lethal pandemic  New Scientist (国際) 鳥インフルエンザウイルス、単純な変異5回で致死的パンデミックに
 印刷用PDFファイル
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは人を殺す能力を持っているが、容易に人の間で感染しないためパンデミックを起こすまでになっていない。
 しかしそうした状況は変化するかも知れない;二つの遺伝子で5回の変異が起きることでほ乳類の間で感染が拡大することが実験室で確かめられた。
 そのような変異を起こしても、ウイルスは極めて致死的であった。

 「(変異)ウイルスは季節性インフルエンザの様に効率良く感染する」と、オランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターのロン・フォイチャー( Ron Fouchier )氏が、先週マルタで開かれたインフルエンザに関する科学会議で発表した。
 1996年にウイルス免疫学の業績でノーベル賞を受賞したピーター・ドハーティ氏(Peter Doherty)は、今回の研究成果に関して以下のように語っている。
 「今回の研究結果は、H5ウイルスが変異により、人に感染して深刻な状態を起こす可能性があることを明確に示している。それは極めて恐ろしいことだ」

 H5N1ウイルスは2004年以来、東南アジアで変異してユーラシア大陸を越えて広がった。
 その間、565人が感染し、331人が死亡した。
 しかし、無数の鳥に感染し、さらに人やネコにも感染しているにも関わらず、ほ乳類に容易に感染するようになった変異株は未だ出現していない。
 ほ乳類に容易に感染する変異株の作成は実験室で成功してなく、ウイルス学者の中にはH5N1ウイルスは簡単にそのような変異は起こさないと考えている人もいる。
 
 フォイチャー氏達の研究では、最初にウイルスに三つの変異を起こさせ、フェレットに容易に感染する変異株を作成した。(フェレットは人と類似の様式でウイルス感染を起こす)。
 しかしながら出来たウイルスはフェレット間で感染を起こさないため、ウイルスをフェレットに、より適合させるため感染を繰り返させた。
 そして10回の感染の後に(感染フェレット->健常フェレット:の繰り返し)、フェレット間で容易に感染する変異ウイルスが誕生した。変異ウイルスは別のケージ内のフェレットに感染して、全てを死亡させた。

 ウイルス遺伝子変異は3箇所は人為的に起こしたが、残りの2箇所はフェレット内で起きた。
 全ての変異はH5N1ウイルス内で起きた。
 香港大学のウイルス学者のマリク・パイリス氏は、豚のようなほ乳類を介さなくても、H5N1ウイルスは鳥の中でも容易に変異して人に感染するようになる可能性を示している、とコメントしている。
 
 ニューヨークのマウント・シナイ医学センターのインフルエンザ専門家であるピーター・パレーゼ氏は、H5N1ウイルスがほ乳類に適合することが出来るという考え方に懐疑的である。
 「フェレットは人ではない。H5N1ウイルスは長期間存在してきた。しかし人の間で感染するような変異は未だ起きていない」

 1918年のスペインインフルエンザの研究で知られている米国衛生研究所(NIH)のジェフェリー・タウベンバーガー(Taubenberger )氏は、次の様に反論している。
 「未だ人に適合していないことは、ウイルスが適合出来ないことを意味してはいない」
 「単にこれまで適合してないことを意味するだけで、我々が幸運であっただけである」

 9月27日 (火)

Flu season means it's time for a shot  Scottsboro Daily Sentinel インフルエンザの季節が到来、それはワクチン接種の時期がきたことも意味する
 アラバマ州、ジャクソン郡。
 州保健局の専門家のコメントを中心にインフルエンザの説明とワクチン接種の必要性がまとめられている。
 CDCによるとインフルエンザの流行は予知が難しく、ウイルスは毎年絶えず変化している。
 通常10月~翌年2月まで流行し、例年平均36000人が米国でインフルエンザに関連して死亡している。
 インフルエンザワクチンはウイルスに感染しないことを保証するものではないが、その機会を大幅に減らす。

 インフルエンザワクチンの接種は6ヶ月以上の米国民に勧奨されているが、特に下記の人々は強く勧められている
  ・5歳以下の小児
  ・50歳以上の成人
  ・慢性疾患を保有する小児と成人
  ・妊婦
  ・6ヶ月から18歳までの慢性アスピリン治療を受けている場合(インフルエンザに感染した場合、アスピリン服用小児ではRYE症候群を起こす例がある:訳者)
  ・高齢者施設および長期療養施設で生活している人々
  ・保健医療従事者
  ・5歳以下の小児、および50歳以上の高齢者の家庭内および家庭外介護人
  ・免疫抑制状態の人
  ・病的肥満者(訳者注:BMI30以上でハイリスクとの報告もあるが、米国でいう病的肥満者は歩行などにも支障をきたすほどの異常な肥満)。
 

Flu Shot Gift Cards  KIMT (米国、アイオワ州) インフルエンザワクチン接種ギフトカード
 マゾン市(Mason City)。
 インフルエンザ接種ギフトカードが昨年に引き続いて販売されている。
 中小企業などの従業員用に勧められている。
 9月26日 (月)

 
厚労省インフルエンザ発生状況

 第37週(9月12日~9月18日)

 沖縄県で定点平均0.66、報告数38件
 その他の地域では特に気になる発生件数ではない。

 9月25日 (日)

WHOインフルエンザ状況 更新143

要約
 ・北半球温帯地域ではインフルエンザ発生はほとんど見られてない(北米、ヨーロッパ、中東、東アジア)
 ・熱帯地域では多くの地域で発生数は少ないが、一部の国で軽度の流行が見られている:アメリカ(キューバ、ホンジュラス、ボリビア)、西アフリカ(カメルーン)、南アジア(インド、タイ、ベトナム、シンガポール)
 ・これまで軽度の流行が見られていた南アフリカでは、終息に向かっていて、程度は低くなっている。オーストラリアでは一部の地域でタミフル耐性(ザナミビルには感受性)のA/H1N1(以前の新型インフルエンザ)の集団発生が見られている。他地域からの拡大ではない、死者は出ていない。

北米、及びヨーロッパにおける季節性インフルエンザ発生状況

 米国:流行の兆しはない。
 カナダ:流行の兆しはない。
 英国:流行の兆しはない。
 アイルランド:流行の兆しはない。

アジア
 中国:流行の兆しはない。
 香港:H3N2検出率が若干上がっていて、インフルエンザ様患者の定点医療機関受診が増えだしている。
 日本:流行の兆しはない。
 9月24日

West Bengal Takes Bird Flu Seriously TopNews New Zealand  (ニュージーランド) インド、西ベンガル州、鳥インフルエンザ発生を深刻に受け止める
 西ベンガル州では、2006年に引き続き2度目の鳥インフルエンザ拡大が起きている。
 州政府では発生地域の全鶏とアヒル、および卵を処分するように指示した。また家きんの売買も禁止した。
 先にFAO(国連食糧農業機関)が新型変異株がアジアで拡大しているとの警告を出したが、それに伴って西ベンガル州では家きん検査を行いウイルスを確認した。

Bird Flu Deaths Up; No New Strain Detected   Voice of America (米国) カンボジア:鳥ンフルエンザ死亡者増加、しかし新規株は未検出
 カンボジア保健省はベトナムに現れている新型変異株H5N1は、これまでカンボジアで検出されていないと発表した。

 今年度カンボジアでは少なくとも8人がH5N1鳥インフルエンザで死亡しているが、そうした中、8月にFAO(国連食糧農業機関)がカンボジア政府にベトナムで拡大している新規株がカンボジアにも拡大してくる危険性があると警告した。
 しかし保健省の伝染病部門のリ・ソバン長官は、これまで保健省の専門家、WHO、そしてパスツール研究所の調査では、新型株は検出されていないと語った。

 カンボジアで今年度8人の死亡者が8月までに確認されており、その数は2003年以来の総計の半数に相当する。
 理由について保健省では不明としているが、保健医療関係者の知識が増えたことから、発見率が高まった可能性があると説明している。

 8月に(正確には7月末)カンボジアのカンボジア北東部のnorth-western Banteay Meanchey省で、4歳少女が死亡して、同地域でさらなる人感染の脅威が高まった。
 少女の叔母によると、少女は死亡した感染が疑われている鶏を食べた後に死亡したいう。
 「私の場合は決して死亡した鶏やアヒルはAH5N1の感染が怖いから食べない。もし死亡した鶏がいても決して触らないし、食べることもしない」。

 訳者注:4歳少女の例は、WHO報告によると感染した鶏への暴露が感染原因と推定と、記載されている。



9月23日

インフルワクチン、冬に不足も 厚労省は買い占め警戒  日本経済新聞
 厚生労働省は22日、この冬に供給予定の季節性インフルエンザのワクチンが約2700万本になると発表したが、需要予測は約2771万~2798万本で供給量を上回っており、ワクチンが不足する可能性がある。供給元の一つである第一三共が、予定していた236万本を出荷できなくなったことが原因。

インフル薬、236万本出荷できず=ウイルス混入-第一三共  時事通信
 第一三共は22日、子会社の北里第一三共ワクチンが製造した季節性インフルエンザワクチン236万本について、ウイルス(トリレオウイルス)が混入していたため出荷できなくなったと発表した。同社が今シーズン出荷を計画している478万本の約半数に当たり、残りについても品質試験を進めている。
 社内の品質試験で、9月中の出荷を予定していたワクチンの原液に混入が認められ、品質規格を満たさなかった。これを受け、厚生労働省は今シーズンのワクチン供給量を約2946万本から約2700万本に改めた。今シーズンの需要予測は約2771万~2798万本。
 
 管理人注:トリレオウイルスは鳥の関節炎を起こすが、人には病原性はないと言われる。


 9月22日

第一三共、「インフルエンザHAワクチン 北里第一三共」などの供給計画を変更  日本経済新聞
 第一三共株式会社の国内グループ会社である北里第一三共ワクチン株式会社が製造している『インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」』並びに『インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」シリンジ』について、一部のバッチ(製造の単位)が適合基準を満たさない可能性が生じたため、9月中の供給が遅延することを9月12日付のプレスリリースで発表していたが、今回、これら原液バッチについて再試験を行った結果、適合基準を満たさないことが確定した。 現時点において、今シーズンの同社インフルエンザHAワクチンは、当初年間供給計画(約478万本:1mL換算)のうち、約半数にあたる236万本の出荷ができないことが確定した。

 管理人注:適合基準を満たさない->トリレオウイルス(鳥には軽度の症状を起こすが、人には感染しない)が混入

Bird flu: Health Ministry deputes central team to probe situation  Daily News & Analysis (インド) 鳥インフルエンザ発生:保健省、状況把握のために専門家チームを派遣
 インド保健省は鳥インフルエンザが家きんで確認された西ベンガル州に公衆衛生学専門かチームを派遣し、状況の把握を行う。
 チームは国立疾病管理センターの専門家、公衆衛生学の専門家で構成されている。
 
 西ベンガル州政府の公衆衛生チームは既に発生地域で、ウイルスが人へ感染しないように対策を講じている。
 ナディア県の感染地域で各家庭を訪れ、インフルエンザ様症状の村人の感染家きんとの接触歴などを調査している。
 一方、獣医専門チムはウイルスの拡大を防止するために、感染地域の鶏と卵の処分を開始している。

India confirms bird flu in Bengal, PM concerned  RxPG NEWS (国際) インドのベンガルで鳥インフルエンザ発生が確認、首相が拡大を懸念

Mutant bird flu in poultry delivered on wild wings  Hong Kong Standard  (香港) 家きんの間の変異H5N1ウイルスが渡り鳥で拡大
 中国本土、ベトナム、そしてヨーロッパで多く見つかっていて、中国で女性にも感染した既往のある新型変異株のH5N1鳥インフルエンザウイルスは、渡り鳥により拡大したと専門家がコメントしている。

 香港大学の微生物学者であるマリク・パイリス博士によると、2003年に致死的H5N1ウイルスが再流行して以来、ウイルスが渡り鳥で世界に拡大した2度目の事例となる、と説明している。
 新型H5N1株は2008年に見つかったが、それ以来渡り鳥で広がったと推定されるが、それはまず間違いのないことだと同博士はいう。
 ウイルスは今や、日本やベトナムで家きんの間で感染を起し、ヨーロッパへも広がっている。

 今回新型H5N1株が野鳥により家きんへ拡大したのは、H5N1ウイルスとしては2度目のことであるという。
 しかし、一旦野鳥から家きんにウイルスが拡大すると、ウイルスは家きん売買で広がって行くと、パイリス博士は説明する。

 渡り鳥からウイルスが世界中に広がった1度目の事例は、2005年に青海湖で数千羽の野鳥が感染死した後に起きた。
 「2~3ヶ月の間にウイルスは、ナイジェリア、エジプト、そしてヨーロッパ数カ国に拡大し、最後にインドとナイジェリアまで広がった」、とパイリス博士は言う。

 FAO(国連食糧農業機関)は先月、従来の(家きん用)ワクチンが無効な新型変異株の拡大について警告した。

 パイリス博士のコメントに反応して、香港バード・ウォッチング協会のマイク・キルバーン協会長は、野鳥の監視の強化が必要だ、と語っている。

 9月21日

India orders cull to tackle bird flu outbreak Canada.com (カナダ) インド、鳥インフルエンザ流行阻止のために家きんの殺処分に
 下記AFP報道。
India orders cull to tackle bird flu outbreak  AFP (国際) インド、鳥インフルエンザ流行阻止のために家きんの殺処分に
 インド政府は東部地域での鳥インフルエンザ拡大阻止のために、直ちに家きんの殺処分を指示した。
 鳥インフルエンザの発生は西ベンガル州の2箇所の村で確認されたが、地域は昨シーズンも深刻な流行が家きんで起きていた。

 ウイルスは検体分析でH5亜型であることが確認された。
 発生地域の半径3キロ以内の全家きんの殺処分が行われる。数については発表されてない。
 卵や家きんの飼料も処分される。

 インドにおける鳥インフルエンザの発生は、FAO(国連食糧農業機関)が3週間前に、世界の鳥インフルエンザが5年間に亘る減少後に、再び拡大しているとの警告後に起きた。
 FAOはH5N1の変異株がアジアとさらに外部に拡大していると発表している。

 インドにおける発生株が変異株であるかについては不明である。
 もし人に感染したならば、発熱、咳、咽頭痛、肺炎、呼吸器障害が見られ、時には死亡に至る。

 2008年度には西ベンガル州で鳥インフルエンザ拡大阻止のために400万羽近い家きんの殺処分が行われている。

Sanofi Pasteur's Fluzone Intradermal  サノフィ・パスツール社、皮内接種用ワクチン接種シリンジを米国に出荷
 季節性インフルエンザワクチンは通常、米国では筋肉内注射であるが、今シーズンから皮内接種用シリンジに入ったワクチン(フルゾーン)も使われる。
 皮内には免疫細胞も多く、免疫効果も高いことと、筋肉注射のような痛みは少ない。

 サノフィ・パスツール社製皮内接種用フルゾーン
 

New bird flu outbreak in India  The Borneo Post (ボルネオ) インドで、新規の鳥インフルエンザ発生が報告
W Bengal to cull chickens after new bird flu outbreak  Gulf Times (クエート) 西ベンガル州で新規鳥インフルエンザが発生、殺処分が行われる
Bird flu strikes again, culling begins  Times of India (インド) 鳥インフルエンザが再び発生、殺処分が開始
New bird flu outbreak reported in India  Pakistan Daily Times (パキスタン) インドで、新規の鳥インフルエンザ発生が報告
India orders poultry culling after bird flu outbreak  CNN  (米国) インド、鳥インフルエンザ発生により家きんの処分が指示
 西インドで家きんの間でH5N1鳥インフルエンザウイルスが確認されたため、当局は迅速な殺処分を指示した。
 発生したのは西ベンガル州のナディア県の2ヶ所の村であると、20日にインド農業省が発表した。
 拡大を抑えるために、発生場所から半径3キロ以内の家きんと卵が処分される。
 さらに警戒地域が半径10キロ以内に指定された。
 
 国際機関もインドでの発生に注目している。

Experts 'wrong' on swine flu  Hong Kong Standard  (香港) 専門家は豚インフルエンザの発生予知に失敗した(その余韻)
 国際的インフルエンザ専門家が、それまで冬眠状態にあった豚インフルエンザが(人の間で)パンデミックを起こすとは予想できなかったと語った。
 ”2年前豚インフルエンザ(H1N1)が発生するまで、次のパンデミックは新しい亜型ウイルスによると予想されていた。”そのように香港大学のパスツール研究所長で微生物学部の主任教授であるマリク・パイリス教授が語った。
 2日間により行われた香港、マカオ、および中国本土のジャーナリストを対象にした、Voice of America (VOA)が主催した災害対策とインフルエンザに関するワークショップでの講演である。

 2009年以前にはパンデミックインフルエンザの候補としてH5N1ウイルスが広く信じられていて、世界的にその脅威に対して注目が集まっていた。
 しかし実際に起きたのは1918年にスペインインフルエンザを起こしたウイルスの高度に変異した株であった。
 
 パイリス教授によると、豚のH1N1ウイルスはそれまで過去80年間大きな変異を示していなかったが、それは人、鳥、そして豚のインフルエンザウイルスの遺伝子を取り込んで2009年のパンデミックインフルエンザを起こした。
 しかし、結果的に2009年のパンデミックは予想されたほどの深刻な状況にはならなかった。
 流行開始後5ヶ月間に香港の小児の45%が感染したが、症状は軽かった。発病した高齢者の症状は重かったが、感染率は低かった。

 しかしパイリス教授は、備蓄したワクチンが使用されないまま廃棄された国々におけるパンデミック対策の影響は、次に来るパンデミックに大きな影響を与えると語った。
 「その影響は非常に大きい。今、重大なパンデンミックが起きたなら、迅速な対策を行える国は希だろう」、と同教授は警告し、H5N1ウイルスが警戒すべき対象であることを、言葉の最後に付け加えた。


New bird flu outbreak reported in India  Reuters India (インド) インド、新規鳥インフルエンザが発生
 西ベンガル州で新規鳥インフルエンザが発生。
 政府はへに株がアジアで広がっているが、現在インドで発生している株が変異株かどうかは不明と発表。

Bird flu confirmed in West Bengal district  India Blooms (インド) 西ベンガル州で鳥インフルエンザ発生が確認
 インド、西ベンガル州で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生。
 最近アッサム州での発生が報じられていたインドであるが、西ベンガル州でも発生が確認された。
 近隣のバングラデシュでは国全体にウイルスは広がっているようだ。
 インドでのH5N1鳥インフルエンザの発生は1月に入ってからが多いが、今年は秋の段階から発生している。今後が気になる。

 9月20日


新型インフル対策、症状で柔軟運用 行動計画を改定  日本経済新聞
 政府は20日、首相官邸で新型インフルエンザ対策閣僚会議を開き、ウイルスの感染力や症状の程度などに応じて対策を柔軟に運用できるよう、新型インフルエンザ対策行動計画を改定した。
 2009年に当時は新型だったA/H1N1(2009)型が流行した際、重症化する患者が少なかったにもかかわらず、大きな被害が想定される鳥由来の高病原性インフルエンザ並みの対策が取られるなど、硬直的だった点を反省して見直した。

 概略は以下の通り。

  ・名称「発熱外来」->「帰国者・接触者外来」
  ・設置時期 「国内発生早期」->「海外発生期」
  ・WHOのフェーズ4以前でも検疫強化
  ・状況変化、および措置の合理性が認められなくなった場合は、措置の縮小
  ・国内で発生した場合:
    地域ごとに「地域未発生期」、「地域発生早期」、「地域感染期」に分け、段階に応じた対策
  ・「地域感染期」では患者の接触歴が追えなくなるため、「帰国者・接触者外来」を中止->一般医療機関で患者診察
  ・電話診療で在宅療養患者の感染が確認されると、ファクシミリなどで処方箋発行も検討予定
  ・プレパンデミックワクチンについては、迅速に接種するため、必要量をあらかじめ製剤化した形で備蓄。接種の法的位置づけを明確にするなど、接種体制の構築を図る。
  ・製造・販売事業者らに対する医薬品・食料品などの物資の円滑な流通・運送の要請
    他


This threat is not just for the birds  The Hindu (インド) (H5N1鳥インフルエンザ)は人に対しても脅威である
 H5N1鳥インフルエンザは世界の大半で忘れられている。
 そうした中、FAO(国連食糧農業機関)がアジアから広く拡大する可能性のある変異株の存在と、その人に対する危険性について警告した。
 その後WHOは、その変異株の危険性はそれほど増してはいないとする独自の見解を発表した。

 以後H5N1鳥インフルエンザに関するレビュー。

Sanofi begins shipping flu vaccine with smaller needle  Pocono Record (米国) サノフィ・パスツール、皮内接種用インフルエンザワクチンの出荷を開始
 米国ではこれまで季節用ワクチンの注射は筋肉内接種であったが、サノフィ・パスツールは、これまでよりも90%短い接種針の付いた、皮膚内接種用注射器にセットされた、季節用インフルエンザワクチンをの出荷を開始した。
 接種時の痛みの軽減以外に、皮内(in the dermal layer of the skin)には多くの免疫細胞が集まっているため、免疫効果が高いとされる。
 18歳から64歳が対象。

Hospital offers flu vaccines to outpatients  Lexington Dispatch (米国、ノースカロライナ州) 病院が外来患者にインフルエンザワクチン接種サービス
 レキシントン医学センターは外来で季節性インフルエンザ接種を行う。
 来年3月まで続けられる。

 注:米国ではワクチン接種は保健局や薬局が中心になって行っている。

Drive-thru flu vaccines available Thursday  KCBD-TV (米国) 駐車場におけるドライブスルーワクチン接種
 テキサス州ラボッック市。
 保健局駐車場でドライブスルー方式に季節性インフルエンザ接種が22日に行われる。
 19歳以上が対象。20ドル。現金またはチェックのみ、メディケア(保険)は適用されない。
 9月19日

Flu vaccine 'too strong' for children The West Australian (オーストラリア) インフルエンザワクチンは小児に強すぎた
 2010年のオーストラリアCSL社のFluvax(季節性インフルエンザワクチン)で、接種を受けた小児の多くで発熱や嘔吐などの副作用が生じた。57人でけいれんも見られた。
 原因がウイルスを分解して殻を取り出すために用いる化学物質であるデオキシコール酸塩(deoxycholate)の使用が原因とする研究結果が発表された。
 
 デオキシコール酸塩は界面活性剤の一種であるが、Fluvax製造過程でH1N1ウイルスを分解するには濃度が低すぎて、そのため十分分解されなかったH1N1ウイルス粒子が残存していたという。
 分解されていないH1N1ウイルス粒子は小児の免疫に対して刺激が強すぎ、そのため多くの副作用が生じたという。

 デオキシコール酸塩をウイルス分解に使っている企業は世界でも非常に少なく、その使用でヨーロッパやカナダで副作用が発生した事が知られている。

 研究結果は”オーストラリア医学雑誌”で発表されたが、研究チームはビクトリア州感染症研究所である。

B'desh to help make bird flu vaccine  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥ンフルエンザ用ワクチン製造に協力
 バングラデシュは、パンデミックを起こす恐れのある鳥インフルエンザウイルスを米国CDCと共有し、ワクチン製造に協力することを発表した。

 最近バングラデシュで確認された鳥インフルエンザウイルスH9N2株を米国CDCと共有することが確認されたが、同株は3月に人から分離され、最近米国CDCが遺伝子分析で確認した。
 伝染病対策&研究施設(The Institute of Epidemiology Disease Control and Research )が全国的サーベイランスでウイルスを検出しているが、(家きんに対する)病原性は中等度である。
 しかし、バングラデシュで拡大しているH5N1株とH9N2株が遺伝子再集合して、より人に感染しやすい株が誕生する可能性がある。
 9月18日

Robert Webster: 'We ignore bird flu at our peril'  The Guardian (英国) ロバート・ウエブスター:世界は鳥インフルエンザの危険性を命がけで無視している
 印刷用PDFファイル

 米国の聖ユダ小児研究病院のインフルエンザ研究者の頂点に立つロバート・ウエブスター博士へのインタビューを交えた、鳥インフルエンザの危険性に関するレビュー。

 国連(FAO)が新たな警告を発すると共に、ハリウッドがパンデミック映画を作製して、鳥インフルエンザが再びニュースとなる機会が増えている。
 我々は50年前に世界で初めてパンデミックを警告し、そして現在再び警告している人物に会い、色々と話を聞いた。

 スチーブン・ソーダーバーグ監督によるパンデミックスリラー”Contagion”で、最終場面まで、パンデミックを起こしている病原体の正体は明らかにされない。
 それは豚肉由来か、それともCDCの高官がいうように、全ては鳥由来なのか?

 最終的にソーダーバーグ監督は、豚と鳥両者が病原体拡大に関与していることを匂わせ、病原体は鳥インフルエンザウイルスとニパウイルス(コウモリが介在するマレーシアの豚農場におけるウイルス感染症。人に感染すると脳炎を発症。詳細).のハイブリッドであることを示唆している。
 映画上のシナリオであるが、この仮説は実際に脅威的事実として存在している。

 ロバート・ウエブスター博士は以下のように語っている。
 「私は未だ映画は見ていないが、鳥インフルエンザは潜在している現実的殺人的感染症である」
 同博士は世界の最も卓越した鳥インフルエンザに関する専門家であるが、オックスフォードからマルタ島まで相次ぐ会議に参加する過程でインタビューに応じてくれた。
 「自然は人に感染すると50%を死亡させるウイルスが存在している事を示しているが、世界は自己責任でそれを無視している」。
 それは”鳥インフルエンザの教皇”と呼ばれるウエブスター博士が50年前から警告してきたことである。当初は懐疑的に周辺から考えられていたが、最近は尊敬の念で信頼感が増している。
 ウエブスター教授の安眠を妨げるほどに気にかけられているのはH5N1ウイルスである。

 H5N1鳥インフルエンザは1997年に初めて人に感染し、16人に感染して6人が死亡した。(訳者:正しくは18人が感染)。
 その後2003年にタイとベトナムの養鶏場で再流行し、さらにアジア中に広がった。
 2005年には中東から東欧へも広がった。

 2009年にH1N1豚インフルエンザが流行し、WHOはパンデミック宣言した。
 「この2009年のパンデミックは、我々にとって非常に幸運だった。自然はウイルスの中に人に対する致死的遺伝子を加えていなかった」
 ウエブスター博士はそのようにコメントしている。
 しかしながら博士は同時にH5N1の脅威は去っていないことを主張している。
 むしろ最近の科学的データが正しければ、新規変異株、コード名”2.3.2”は中国とベトナムから中央アジア、東欧へ渡り鳥で運ばれている、と博士は説明する。

 一方、H5N1のホットスポットであるエジプトでは、家きん飼育場で他の変異株が流行し、有意な数の感染死を人の間に起こしている。
 
 博士によると、今月初めにオックスフォードの聖ヒルダ大学で行われた国際会議で、”H5N1鳥インフルエンザは渡り鳥によりユーラシア大陸全体に広がっている可能性があり、アメリカ大陸に入って来るのは時間の問題である”と語られたという。

 今年79歳になるウエブスター博士は、ニュージーランドの農場で育ち、その後人生の半分を鳥インフルエンザの研究で費やしてきた。
 米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院の感染症部門で、世界で唯一の人獣インフルエンザ感染研究を主宰している。
 無数の鶏卵を使用してワクチンの研究を行い、そして多くの専門家を育成してきた。

 イタリアのパドゥアにある、世界動物保健機関の国立協力機関のカプア長官は次のようにウエブスター博士を評している。
 「世界は博士に大きな借りがある。多くのことで彼はインフルエンザの父であり、また母でもある」

 ウエブスター博士は中国やバングラデシュ、そしてインドネシアなどの鳥インフルエンザのホットスポットを訪れて調査に明け暮れてきた。
 同博士は世界で最初に、水棲渡り鳥がインフルエンザウイルスの自然宿主であることを見いだしている。

 中略

 豚インフルエンザで約18000人が世界中で死亡したが、それは米国で毎年季節性インフルエンザで死亡する数の半数に過ぎなかった。
 こうした事実はパンデミック・インフルエンザの脅威に対する懐疑的見方がこれまでになく高くなっている。
 「現在、(米国の)政治家達は(鳥)インフルエンザに対して関心を抱いていないが、誰もそれを非難できない。誰も死んでいないからだ」、と同博士は言うが、続いて次の様にコメントしている。
 「しかし、米国に鳥インフルエンザウイルスが入って来るならば、早急なるワクチン接種の必要性に社会は気づくことは間違いはない」。

 ウエブスター博士によると、それ(H5N1がパンデミックになること)は時間の問題だという。2003年以来H5N1ウイルスは世界で565人を発病させ、331人を死に至らしめた。実に致死率は60%に近い。
 またそれは世界で4億羽以上の家きんを殺すか、殺処分に追い込み、200億ドル以上の経済的損失を起こしている。

 先月FAO(国連食糧農業機関)は、6歳のカンボジアの少女が鳥インフルエンザで死亡し、本年度同国で8人目の死者となった報告の後、世界に警戒体制の強化を促した。
 同時にFAOは最近鳥インフルエンザが発生していなかった地域でもH5N1ウイルスが、渡り鳥に運ばれて拡大してきていることを報告した(イスラエル、パレスチナ、ブルガリア、ルーマニア、ネパール、モンゴル)。
 しかしながらFAOが最も警戒しているのは、中国とベトナムで拡大している変異株、2.3.2で、渡り鳥でさらに拡大する可能性が高いとされる。

 ウエブスター博士によると、2.3.2変異株は未だ未熟であり、むしろエジプトの養鶏場で土着している2.2.1株の方が心配であり、既に今年に入ってから32人が発病し、12人が死亡しているという。
 またバングラデシュにも問題があり、他の鳥インフルエンザウイルスH9N2が生きた家きん市場に土着しているという。


NexBio Anti-Flu Drug Reduces Virus in Trial to Seek New Therapy  Bloomberg (米国) ネクスバイオ社の抗インフルエンザ薬が、臨床試験で効果が確認、新規治療薬として有望
 ネクスバイオ社(NexBio)が開発中の抗インフルエンザ薬が投与2日目には、体内のウイルス量を減じることが確認された。
 薬剤耐性の出来たウイルスに対する有効な治療薬の期待感が高まる。

 コードネーム、DAS181は、3日間の患者への投与で、プラセボ群(対照群)に比較して症状の緩和及び解熱効果が明らかであった。
 177人の被験者を対象とした臨床第2相および3相の結果が、シカゴで開催された会議で報告された。

 DAS181は吸入薬で、ウイルスが細胞内に侵入することを防ぐとされ、従来のタミフルやリレンザとは全く異なる作用機序とされる。

 9月17日

CDC says vaccine prevents kids from dying  Nurse.com (米国) CDC、ワクチン接種により小児のインフルエンザ死亡を減らすことが可能
 小児はインフルエンザ関連死亡は非常に希ではあるが、ワクチン接種により死亡は防止可能であるとの報告が、CDCからなされた。

 分析は2010年9月から2011年8月までの18歳以下のインフルエンザ関連死亡者115名を対象としている。

 CDCのサーベイランスおよび流行対策チームの責任者であるリン・フィネリ博士は、ワクチンの効果は100%とは言えないが、それ故ワクチン接種と共に、抗インフルエンザ薬の適切な使用が必要であるとコメントしている。
 そして、現在、こうしたインフルエンザに対する武器を小児の感染と死亡予防に十分用いられていない、とも述べられている。

 ワクチン接種歴が確認された74人中、昨シーズンワクチン接種を受けたのは23%に過ぎなかった。

 一方報告では抗インフルエンザ薬の投与についても問題点を挙げている。
 病院、または救急病院で死亡した94人中、抗インフルエンザ薬は50%でしか投与されていなかった。
 2009年のパンデミック以来、CDCはインフルエンザが疑われる重症患者には迅速に抗インフルエンザ薬を投与するように勧奨している。

 約半数が基礎疾患はなく、発病前は健康であった。
 基礎疾患が一切なかった小児では、家庭、または救急病院での死亡が多かった。

 報告書はMMR(CDC発行の感染症週報)

国内インフルエンザ発生状況  厚労省
 36週からウエブ上で公開された。

 2011年36週(9月5日~9月11日)
 全国定点報告総数58件 定点平均0.01

 発生数は現在のところ非常に少ない。

 9月16日

Team discovers treatable mechanism responsible for often deadly response to flu  Science Daily (国際) 重症インフルエンザの治療に通じる病態生理が解明
 米国のスクリプス研究所が明らかにして雑誌”CELL(細胞)”に発表。
 インフルエンザをはじめとしてウイルス感染が重症化して、時には死に至ることもある病態生理に関して、サイトカイン・ストームの関与を示した。
 
 1918年のスペインインフルエンザ、さらには先の豚インフルエンザ(日本の新型インフルエンザ)、およびH5N1鳥インフルエンザでは、重症化する病態生理にサイトカイン・ストームが関与している。

 *サイトカイン:免疫系の中で産生される液性因子。各免疫細胞と共に働く。この因子がフィードバック機構から外れて過剰に産生され出すと、組織障害を起こし、サイトカイン・ストームと呼ばれる。


米国CDC発表インフルエンザ発生状況
 35週(8月28日~9月3日)
 インフルエンザ流行の兆しはない。

 定点医療機関受診患者に占めるインフルエンザ様患者の割合


英国におけるインフルエンザ発生状況
 35週(8月29日~9月4日)

 医療機関を受診するインフルエンザ様患者数(対10万住民人口)



 9月15日

 特記すべき情報はなし。

 9月14日

Rampant culling of chickens on in Assam following bird flu outbreak  Newstrack India (インド) 鳥インフルエンザ発生によりアッサム州で鶏の殺処分が進む
 記事の一部抜粋。
 鶏の殺処分と同時に、鳥インフルエンザ様症状を呈する村人に薬(タミフル?)を手渡している。
 発生地域の13ヶ所の村で、人々への予防対策が行われ、マススクリーニング検査や、症状のある村人の診断などが行われている。

インフルエンザワクチン新工場が来年6月稼働 武田薬品  MSN産経ニュース
 山口県光市に武田薬品が建設中のインフルエンザワクチン工場が、平成24年6月に稼働開始となり、(人用)H5N1鳥インフルエンザワクチンを製造する。
 平成25年末から供給の予定とされる。
 半年間で2500万人以上のワクチンを製造出来るとされ、製造技術は米国のバクスター社から導入される(細胞培養法)。

As avian influenza cases drop, govt told to remain vigilant   Jakarta Post  (インドネシア) インドネシア、鳥インフルエンザは減少しているが、警戒は継続しなければならない
 保健省とWHOが主催した図上演習「世界健康危機対策」が3日間開かれた。

 保健相は9月1日、記者団に人での感染者は今年7人発生しているが、鳥での発生は多いと語った。
 しかしウイルスは絶えず変異しているので、人での感染者が減っているとしても安心出来ない、と追加した。

 WHOの事務局長代理を務めるケイジ・フクダ氏は下記のようなコメントをい出している。

 パンデミック・インフルエンザは世界の健康危機の中でも最も重要なものの一つである。
 しかしながら、また世界には多くの感染症と健康リスクが存在している。
 最近日本で発生したツナミと放射能脅威は、その中の一つでもある。
 全ての関連組織は、健康リスクに対して協同的に対策を講じる必要がある。
 「もし次に発生するウイルスが非常に危険性が高い場合、世界ではより多くの感染者が発生し、パンデミックが起きえる」
 

Atlanta hospital reports more Bird Flu tests due to 'Contagion'  Examiner.com (米国) 映画”Contaigion”放映後、アトランタの病院に鳥インフルエンザ検査希望者が相次ぐ
 米国では現在H5N1鳥インフルエンザが発生することは極めて希であり、アトランタ市民は感染する事を懸念する必要はないと、当局はコメント。

 CDCは、家きんからウイルスの感染を防ぐためには以下の予防策が必要とコメントしている。

 適切に調理された家きんや肉からウイルス感染を受ける事はない。

 ・生の鶏肉と卵を調理する際、前後に20秒間、石けんと流水で手を洗う。
 ・まな板や調理器具を石けんや熱湯で消毒
 ・調理用温度計を使って75度以上で鶏肉を調理する。
 ・卵は十分の温度で調理し、白身が白色に気味が固くなる状態にする。
 9月13日

2009 H1N1 virus tougher on pigs than classical swine flu virus (ミネソタ大学感染症情報センター) 2009H1N1は古典的豚インフルエンザ以上に、豚に対する病原性は高かった。
 2009年のパンデミックインフルエンザ(H1N1豚インフルエンザ)は、豚に感染すると従来の豚インフルエンザよりも重篤化したことが米国の研究チームから報告。

Severe H1N1 flu in pregnant women led to preterm, smaller babies  (ミネソタ大学感染症情報センター) パンデミックH1N1で入院した妊婦は未熟児、または低体重児を出産した傾向
 米国CDCの報告。
第一三共 インフルエンザワクチン出荷遅延 ウイルス混入の可能性で   ミクスOnline
 第一三共製薬の子会社(北里第一三共ワクチン)が販売する今シーズンのインフルエンザワクチンに、トリレオウイルス(鳥には軽度の症状を起こすが、人には感染しない)が混入していたことが品質規格試験で明らかになったため、インフルエンザワクチンの出荷が遅れる。同社が発表した。

第一三共系インフルワクチン、品質基準満たさぬ恐れ  朝日新聞
 厚労省は北里第一三共ワクチンが製造するインフルエンザワクチンの品質に問題が見つかったことから、品質の確認のために9月中の出荷が遅れると発表。親会社の第一三共によると、鶏に病原性をもつウイルスが混入したという。

Contagion: Reminder that Public Health System Must Be Prepared for Lethal Disease Outbreak  (米国、ジョーンズ・ホプキンス医学部広報) 映画”CONTAGION(伝染)”:致死的感染症流行に対する社会的対策強化の必要性を警告
 ジョーンズ・ホプキンス医学部の感染症および災害対策の専門家は、空気感染する致死的ウイルスが世界中に急速に広がる状況をテーマにしたハリウッド映画(CONTAGION、伝染)が間もなく封切られることに対して、映画は現実的であり、米国は急速に広がる致死的ウイルスによってもたらされる深刻な国家危機に対する多大な対策を行う必要があることを警告している、と評価している。

 現実に国土安全保障省では、発生の可能性が高い国家的危機15のうちにパンデミックを加えている。

 9月12日

 現時点では特記すべき情報はない。


 9月11日

Assam starts chicken cull for bird flu  Deccan Chronicle (インド) アッサム州で鳥インフルエンザ拡大阻止の為に鶏殺処分が開始
 FAO(国連食糧農業機関)がアジアにおける鳥インフルエンザ再流行の可能性を警告してほぼ1週間後、西アッサム州のドゥブリ県で鶏のH5N1インフルエンザ発生が確認された。
 発生地域はバングラデシュに隣接するアゴモニ地域で、14ヶ所の村で3万羽以上の鶏が殺処分される予定となった。
Bird flu alert in Assam, culling of 30000 birds likely  Hindustan Times  (インド) アッサム州で鳥インフルエンザ発生、3万羽の家きんが殺処分
 アッサム州ドゥブリ県で鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、11日、警察の高官が発表した。
 ボーパール市の法医学研究所が送られた検体でウイルスを確認した。
 ドゥブリ県のアゴモリ地域の14村で家きんの殺処分が開始された。

 訳者注:当情報はOIE(国際獣疫事務局)に報告されているが、ウイルスはH5N1である。インドでは7月にウイルスは検出されなくなっていたが、今回再び発生した。隣のバングラデシュでも発生は続いている。詳細(OIE)


 9月10日

CDC Expert: 'Contagion' Not Far-Fetched  MyFox Atlanta (米国) CDC専門家、映画”伝染(Contagion)”は可能性のない話ではない
 9日に米国内封切られた映画”Contagion”は、アトランタのCDCが主役となっている。
 映画ロケのいくつかはアトランタで撮影されているが、ストーリーは致死的ウイルス感染の拡大を阻止する専門家達の競争となっている。

 1997年に鳥インフルエンザが人で初めて感染したとき、CDCで調査に携わったカロリン・ブリッジが、ストーリーは起こりえる事実に基づいている、と評価している。
 映画は最悪の事態に対する我々が強化すべき対策を示している、と語っている。

 映画はCDCで全国公開に先立って8日に上映された。

REVIEW: Soderbergh develops germ of idea into medical thriller SuburbanJournals (米国) 映画評:ソーダーバーグ監督、未知の微生物を医学スリラーに取り込む
 1918年に発生したスペインインフルエンザでは薬5000万人が世界で死亡したが、新作映画の”伝染(Contagion)"では数億人レベルの死者が発生する。
 スチーブン・ソーダーバーグ監督の”Contagion”は、程度に緊張感を抑制し、一人の患者から致死的病原体が拡大して行く状況が展開される。
 ドアノブ、レストランのコップなどからの感染拡大は、見終わった人々が無意識に頻回な手洗いを行う結果になる。

Pregnant Women At High Risk Of Death If They Have Severe Pandemic Flu Medical News Today (米国) 重症パンデミックインフルエンザに感染した場合、妊婦は最も危険
 米国CDCが発表した報告(MMWR)によると、2009年に流行したパンデミックインフルエンザで重症化した347人の妊婦中75人が死亡し、272人がICUに収容された。
 著者達はインフルエンザに感染した妊婦は入院及び死亡するリスクが高いと警告している。

 連邦政府のワクチン委員会(ACIP (Advisory Committee on Immunization Practices) )は7年前から全ての妊婦(全妊娠期間)にインフルエンザワクチン接種を勧奨してきている。
 最初に勧奨した2004年の接種率は15%に過ぎなかったが、2009年のパンデミック時には50%に増加している。

 さらに当研究では抗インフルエンザ薬を服用した妊婦の死亡率は低かったことも明らかにした。

 WHO、インフルエンザ状況 更新142 09 September 2011

 要約

 ・北半球温帯地域ではインフルエンザの発生は見られないか、見られても非常に少ない。米国では最近、人のインフルエンザA(H1N1)2009の遺伝子(基質遺伝子)を保有した豚インフルエンザウイルスH3N2に4人が感染している。

 ・熱帯地域ではほとんど発生していない。

 ・南アメリカではインフルエンザシーズンはピークに達したが、流行程度は小さい。
 ・オーストラリアでは全体的にピークに達しているが、地域によっては未だ感染者数は増えている。
  ニューサウスウエールズ州ではタミフル耐性インフルエンザA(H1N1)の集団発生が起きている。
  地域的には限定されているが3ヶ月簡に亘って合計25例発生している。注目すべきは感染者の中でタミフル服用の既往を持つ例がいないことである。
  この事例はタミフル耐性ウイルスの集団発生としては最大であり、地域での流行期間としても最も長期間となっていることである。

 9月9日

 米国でパンデミック映画””伝染”Contagion が公開
 監督スティーブン・ ソーダバーグ のパンデミックをテーマとした映画”伝染”Contagionが米国で公開された。
 映画に対するレビューが掲載されている。
 評価はBとされるが、未知のウイルスが中国から拡大というから、かなり現実感がある。
 CDC、WHOなどの専門家やジャーナリスト達が突然発生した致死的ウイルスによるパンデミックを追う。

 9月8日

Bird flu cases emerge in Indonesia's Yogyakarta  Philippine Star (フィリピン) インドネシアのジョグジャカルタで鳥インフルエンザ感染疑い者が発生
 インドネシアのジョグジャカルタ州のバンツルで3人の住民が鳥インフルエンザを発症した疑いがもたれ、濃厚治療を受けていることが8日(本日)、地元メディアが報じた。
 感染疑いがもたれているのは母と息子と娘の3人である。
 3人は死亡した鶏と接触したとされ、他に9人が同じように接触しているため、現在厳重な監視下に置かれている。

Fred Meyer to Offer Needle-Free Flu Vaccines for First Time   MarketWatch (米国) 米国、無針型ワクチン接種がフレッド・マイヤー系列薬局で実施
 炭酸ガス圧力で薬液を注入する無針型注射器でインフルエンザワクチン接種が、フレッド・マイヤー系列薬局で行われる。
 アラスカ、アイダホ、オレゴン、およびワシントンの同店系列で、今秋10月から12月の間から開始され、来年5月まで継続される。数万人が接種されると予想されている。
 皮膚に接触したプラスチックシリンジから、高圧炭酸ガスで薬液が皮下または筋肉内に1ml注入可能である。

Anti-bird flu task force reactivated   Sun.Star  (フィリピン) 鳥インフルエンザ監視機動部隊が組織され、国内の湿地帯などに飛来する渡り鳥を監視し、鳥インフルエンザ感染鳥の早期発見に対処する。

インドネシア、鶏での感染と、人における感染疑い例が相次いでいる  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本)
 ジョグジャカルタで母と二人の子供がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いで入院加療を受けている。検査結果は未定。
 北部スラウエシ州では家族10人が感染疑いで入院した。現在は回復しつつあるという。近くで鶏がH5N1鳥インフルエンザで死亡していることが確認された。

 こうした情報はインドネシアの現地報道で伝えられているが、ジャカルタの研究所でウイルスが確認されると、保健省のホームページで発表されるのが常である。
 かってのように国際報道機関、またはインドネシアの英語報道機関から情報が発信されることは希となっている。

 9月7日

北朝鮮保健省、WHOと共同で鳥インフル予防   聯合ニュース (韓国)
 中国とベトナムで高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスの変種が発見されたことを受け、北朝鮮保健省と世界保健機関(WHO)が予防に取り組んでいる。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が7日に報じた。
 WHOの平壌事務所は保健省に対し、国際基準にあった警戒、監視の技術的アドバイスをし、発生時の体制を整備している。また、初期段階で発生を把握できるよう、32病院を「鳥インフルエンザ監視施設」に指定した。
 北朝鮮での鳥インフルエンザ発生の可能性について同事務所は、「まだ発生していない」と話した。一方、国際獣疫事務局(OIE)は、「ウイルスは渡り鳥の移動など、さまざまな経路で伝染するため、北朝鮮にもウイルスの変種が入っている可能性がある」として、警戒を呼びかけた。

CDC says Vietnamese H5N1 clade is not new  CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) CDC、ベトナムのH5N1株は新規株とは言えない
 米国CDCは、昨日、最近メディアで取り上げられているH5N1-2.3.2.1株について評価した。
 8月29日に国連食糧農業機関(FAO)が、これまで使用されてきたベトナムの(家きん用)ワクチンが新規H5N1-2.3.2.1株には無効であるとプレス発表した。
 CDCによるといくつかの報道はFAOの発表内容を誤解しているとされる。
 すなわち新規変異株は拡大しており、人への危険性を増していると報道されたが、CDCによると、FAOが言及しているH5N1-2.3.2.1株は新規株ではなく、2009年にベトナムで検出されたものである。
 この株は鳥の間で拡大していて、人へのウイルス暴露の機会が増えているが、それは人への感染及び人人感染を増やしてはいない。
 しかしながらCDCは、2.3.2.1に対するワクチン製造は着手されており、もしウイルスが人への感染性を高めた場合は、迅速にワクチンの製造が可能となっているという。
 同様にヨーロッパCDCは昨日リスクアセスメントを発表し、新規株の出現が人の健康に対するリスクを高めることはないとした。

Two more children infected with novel swine flu virus  CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) さらに2小児が新規ブタインフルエンザウイルスに感染:ペンシルバニア州
 ペンシルバニア州で、先のパンデミックウイルスH1N1の遺伝子が取り込まれたブタインフルエンザH3N2ウイルスの新規株に、さらに2人の小児が感染していたことが確認され、保健局から発表された。2人とも先の1人の事例と同じように、8月13日から20日の間に開催されたワシントン郡農業際に参加していた。
 先の感染者は回復しており、今回感染が確認された2名も回復中とされる。

 9月2日に、CDCはインディアナ州とペンシルバニア州で各1名ずつブタインフルエンザH3N2に感染したことを発表したが、ウイルス遺伝子には先のパンデミックインフルエンザウイルスのH1N1の基質遺伝子が含まれていた。両ウイルスは近縁であったが、同一株ではなかった。
 インディアナの幼児は、ブタと接触していた介護者から感染したと推定されていて、ペンシルバニア州の幼児はブタとの接触歴があった。
 しかし今回発病している尾演シルバニア州の2名の感染経路に関しては明確な発表はない。

スイス、ノバルティス社、新型インフルエンザ国産ワクチン製造ワクチン補助金に意義の申しだて  日本経済新聞
 新型インフルエンザワクチンの量産体制が当初期限の6月から2カ月以上遅れてようやく固まった。厚生労働省は約1000億円の補助金の支給先をなかなか決められず、募集要項で定められた3社の枠がいつの間にか4社に増えた。これまでのように選考作業は密室で進められたが、落選した世界2位のスイス製薬大手ノバルティスが厚労省に説明を求めた。
 
 先に発表した国の助成金支給企業は、第一三共の子会社である北里第一三共ワクチンと武田薬品、ワクチン生産の財団法人である化学及血清療法研究所(熊本市)、阪大微生物病研究会。 総額は1019億円。 製造方式は細胞培養方式で、半年間で国民全員分のワクチンを量産可能とする。
 (8月21日、日本経済新聞による)。
 9月6日


Do we need to fear the H5N1 virus?  Examiner.com  (米国、ミシガン州) H5N1ウイルスは恐れるべきか?
 H5N1鳥インフルエンザが発生している地域は、遠く、地球の裏側であるが、国連のFAOによるとベトナムで感染を広げているウイルスは、渡り鳥を介して、カンボジア、タイ、マレーシア、さらには朝鮮半島や日本へ広がる可能性があるという。

 感染するリスクが高い人は: 
  • Farmers and others who work with poultry
  • Travelers visiting affected countries
  • Those who touch an infected bird
  • Those who eat raw or undercooked poultry meat, eggs, or blood from infected birds
  • Health care workers and household contacts of patients with avian influenza

Vietnam mutant bird flu no greater threat: UN  Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナムの変異株は人に対してさらなる危険性は有してない:国連

Vietnam mutant bird flu no greater threat: UN  Bangkok Post (タイ) ベトナムの変異株は人に対してさらなる危険性は有してない:国連
 下記AFP配信ニュース。
Vietnam mutant bird flu no greater threat: UN  Yahoo! News UK  ベトナムの変異株は人に対してさらなる危険性は有してない:国連
 AFP

 ベトナムで検出されているH5N1変異株は人への危険性を増してはいないと考えられる、と国連は5日コメントした。

 国連機関のFAO(国連食糧農業機関)は先週ベトナムと中国に現れている変異株について、”大きな再流行”の危険性があると警告した。

 インドネシアに次いでベトナムは鳥インフルエンザによる死者数が2003年以来59人と多い。
 「最終的ベトナムの死者は2010年4月であるが、この変異株による死者は出ていない」
 このようにWHOとFAOはAFPからの質問に対する共同発表の中でいっている。
 「この新規株が人へのリスクを高めているという事実はない」、とさらに付け加えている。

 変異株H5N1-2.3.2.1は2009年に初めて検出された。そしてそれまで流行していた主要株を置き換えた。
 今年度、ベトナムの16省で変異株は検出されている。
 16省中2省で現在のワクチンは完全には有効ではなかったが、流行は迅速に抑えられた、と国連機関は説明している。

 「しかしながら、家きん生産者と一般社会では常に感染家きんからのウイルスに接触しないように感染予防対策を継続する必要がある」、と注意を求めている。
 「予防対策には、通常ではない家きんの死亡に対する警戒、発生の迅速な当局への連絡、家きんの”と殺”および調理・摂食時の衛生管理が含まれる」

 ベトナムの努力にも関わらず、ウイルスは数省で家きんに土着していて、毎年流行を繰り返している、と国連機関は説明している。
 そして感染の脅威を減じる為には、飼育農家、売買業者、市場、”と殺場”での対策が抜本的に必要であるともコメントしている。

 
Scientists hunt viruses in migratory birds  CBC.ca (カナダ) 研究者達、渡り鳥の保有するウイルス調査へ
 カナダでは未だH5N1鳥インフルエンザウイルスは検出されていないが、先週国連機関は監視を強化する必要があると警告している。

Leaks reveal Beijing bid to squeeze jab experts  Hong Kong Standard  (香港) ウィキリークス、中国政府のインフルエンザ専門家への圧力指示を明らかに
 北京政府は香港行政府(香港特別行政区)に対して、香港大学の微生物研究者達が中国製のH5N1鳥インフルエンザワクチン(家きん用)の使用が、アジア中に広がっているウイルスの原因とする研究を行っていることを、中止させるように圧力を加えていたという。
 ウィキリークスが、米国外交文書からの情報を公表した。

 H5N1鳥インフルエンザは散発的ではあるが、2003年に再流行して以来、2年前の人ブタインフルエンザ(H1N1)のようなパンデミックレベルになってはいないが、人に感染し続けている。
 香港行政府は最近、(鳥インフルエンザ予防)のための家きんワクチンを、中国産のH5N1ワクチンにすべきか、それともオランダ製のH5N2ワクチンにすべきか検討中である。
 H5N1鳥インフルエンザは2003年以来、世界15カ国で564人に感染し、330人を死亡させている。
 今年は中国本土で人の感染または死亡例は報告されていない。

 ワクチンに関する研究は、2008年にユエンロン(Yuen Long )農場でワクチンの接種が行われていたにも関わらず鶏でH5N1鳥インフルエンザが発生した事から始まった。同農場では2003年から鳥インフルエンザ対策として(中国製)ワクチン接種が行われてきていた。
 
 ウィキリークスが公表した外交文書には、中国製の家きん用ワクチンに対するインフルエンザ専門家達の重大な関心が記載されている。
 2005年12月28日から2006年1月1日まで開かれた、米国保健福祉省訪問団との会議で、国際的に知られているインフルエンザ専門家達、ロバート・ウエブスター(米国)、マリク・パイリス(香港)、およびグアン・イ(香港)が、中国製のワクチンは効果がなく、使用により鳥インフルエンザウイルスの変異を促す可能性があると見解を述べている。

 効果的ワクチンの製造に対する障害が政治的に存在することを、彼らは米国訪問団のスチュワート・シモンソンに告げている。

 ウエブスターはさらに、”北京政府は香港大学の研究者達が中国本土で使われているワクチンのサンプルの入手を妨害している”、と断言していることが文書中に記されている。
 香港大学の研究チームは、中国内の家きんにおける鳥インフルエンザの拡大程度は、中国政府が発表している以上に大きいことを示す研究結果を発表したいと延べ、そしてベトナムで広がっている鳥インフルエンザウイルスが中国のいくつかの特定の省に由来していることを確かめたい、とコメントしている。


 昨晩、グアン・イは2005-2006年のことは思い出せないと語っているが、ウエブスターとの研究は続いていると語っている。
 パイリスのコメントは得られていない。

 香港行政府は問題に対するコメントは特にないとしている。

 *訳者注:北京政府の香港研究者達に対する圧力は、当時から報道されていた(主に香港のStandard紙)。
9月5日

Flu shots are already available  USA TODAY (米国) インフルエンザワクチン接種は既に可能
 専門家によっては、今月末から来月初めに接種することが適切との意見もある。
 10月以前に季節性インフルエンザが発生する例は非常に希ということと、インフルエンザのピークは1月末から2月であり、十分高い免疫状態を維持させるには、もう少し後に接種する方がよいとの理由。

 訳者注:米国におけるインフルエンザワクチン接種開始は昨年から1ヶ月早められ、9月からとなっている。
 9月4日


CDC Encourages Early Flu Vaccination  The State Column (米国) CDC、インフルエンザワクチンの早期接種を促す
 CDCは可能な限りインフルエンザワクチンの接種を国民に求めている。
 インフルエンザシーズンは1月下旬がピークとなるが、接種が早くても問題はないとされる。
 
 今年度のワクチンは昨年度と同じウイルスに対する予防を目的としているが、昨年度接種した人々も、今年度の接種は必要とされる。
 
 ワクチン接種が特に必要とされるのはハイリスク者であるが、妊婦、乳児の保護者、高齢者、糖尿病保有者、喘息及び心疾患保有者とされる。
 さらに医療従事者も接種を求められているが、昨年は僅か63%しか接種していないと、CDCでは発表している。

 インフルエンザワクチンはH1N1(かっての新型インフルエンザ)と他の2種類のインフルエンザを予防する。

 接種後2週間で免疫力がピークに達して、インフルエンザシーズン中免疫は保たれる。

 米国病院協会によると、500件の病院に保健機関からのデータを合わせると、毎年米国では24000人がインフルエンザ死亡しているとされる。

 訳者注:米国では昨年度から18歳以上の全国民はインフルエンザワクチン接種を勧奨されている。

New H1N1 Strain H3N2 Infected Two Children  SmartAboutHealth (国際) 米国、H1N1遺伝子が組み合わさった新規豚インフルエンザH3N2ウイルスが2人の小児に感染
 米国CDCは、2人の小児が、H1N1ウイルスの遺伝子が取り込まれた、新規豚インフルエンザウイルスH3N2に感染したと発表した。
 両小児とも以前にH1N1ワクチンの接種は受けていた。
 小児は二人とも全治している。

 二人の小児に感染したウイルスは同一ウイルスではないが、類似の特性を保有し、matrix gene(基質遺伝子)がH1N1ウイルスから、他の遺伝子が1998年から豚の間で流行しているH3N2ウイルスに由来しているハイブリッドウイルスであった。
 またウイルス株はこの2年間に8人に感染していた、他の豚インフルエンザウイルスとは異なっていた。

 感染した少女は農業祭に参加して、そこで豚に接触し、4日後から発病した。
 もう一人の発病した男児は、無症状の豚に接触した既往のある子供の世話係と2日間一緒にいた後発病した。
 ウイルスが人人感染する可能性を示唆している。
 
 9月3日

New swine flu strain seen in Pennsylvania, Indiana  San Francisco Chronicle (米国) ペンシルバニアとインディアナで新規豚インフルエンザウイルスが人に感染
 ペンシルバニアとインディアナ州で2人の小児が、豚インフルエンザの新しい株に感染した。1人は直接豚に接触した既往があり、もう1人は間接的接触であった。
 ウイルスはこの10年間豚の間で流行しているA/H3N2型であるが、遺伝子の中に2009年のパンデミックウイルスの遺伝子も含まれ、両ウイルスのハイブリッドと考えられる。

 今後当株によるインフルエンザが拡大するか不明であるが、米国では豚展示会( fairs )のシーズンであるため、今回の情報を公開し、人々や医師達に十分注意を促したいと、CDCでは言っている。

 人が豚からインフルエンザを感染する事例は非常に少なく、米国では過去5年間で21例に過ぎない。
 
 この10年間豚の間で流行してきた豚インフルエンザに2009年のパンデミックウイルスの遺伝子が加わったウイルスが、人に感染したのは初めてのことであると、CDCでは説明している。

米国、新しい2種類のA型インフルエンザウイルスが人に感染-米国 米国CDC
 米国内で新しいインフルエンザウイルスAによる感染例が2例報告された。
 1例はインディアナ州保健局から、もう1例はペンシルバニア州保健局から報告された。

 両患者とも5歳以下の男女児であるが、豚のH3N2インフルエンザウイルスへの感染が確認された。
 インディアナ州の症例は2011年7月23日に発症し、24日に慢性の持病が悪化してきたため入院した。
 患者は発症前に豚との接触がなかったとされるが、豚と接触した人との接触はあった。

 ペンシルバニア州の例は8月20日に発症しているが、それ以前1週間内に豚との接触があったとされる。

 両患者とも完全に治癒したが、ウイルスは遺伝子学的には近縁であるが、完全に異なる株とされ、同一株ではなく、両患者の感染経路には共通性はないと考えられている。

 ウイルスの遺伝子分析によると、両ウイルスとも1998年から北米で流行している豚のAH3N2(人に感染した実績有り)と、2009年流行のパンデミックウイルスのA/H1N1の遺伝子(M gene)が再集合したものと考えられている。

 新しい型のA型インフルエンザへの人感染は、それが人人感染を起こしパンデミックになる可能性を早期に評価する為に重要である。
 年を通して人における新しいA型インフルエンザウイルスの監視は続けられる。

 オリジナル論文(MMWR)

An H5N1 highly pathogenic avian influenza virus isolated from a local tree sparrow in Indonesia  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本) インドネシアでスズメからH5N1鳥インフルエンザウイルスが分離
 昨年、東ジャワで病的状態となった6羽のスズメからH5N1ウイルスが検出された。
 当サイトを運営するインドネシアと日本の研究チーム。
 分離ウイルスは近年インドネシアで分離されている家きんからのウイルスおよび感染人からのウイルスに、遺伝子学的に類似していた。
 以下詳細は略。

Flu Diagnostic Kit Approved  U.S. News & World Report  (米国) インフルエンザ診断キットが承認
 米国CDCが開発したインフルエンザ診断キットが、米国FDAが承認し、世界の主要な研究所に無償で配布される。
 開発された診断キットは、PCR法を基本とした、”The CDC Human Influenza Virus Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel ”で、通常の季節性インフルエンザウイルスも、他のパンデミックウイルスも診断出来る。
 上・下気道からの分泌物を検体とする。
 声明文によると、「CDC検査キットは、主要な国際的研究機関に無償で提供され、人の呼吸器感染を起こすインフルエンザウイルス検出の質を高めたい」と述べられている。
 さらに「公衆衛生当局が季節性インフルエンザウイルス、およびパンデミックを起こすウイルスを迅速に把握することにより、当キットは米国のみでなく世界中の生命と健康を守ることに役立つだろう」、と述べている。

 9月2日

ニュージーランドでは流行下限域を推移している  ニュージーランド保健省
 B型とAH3N2が中心で、A/H1N1は少ない。
 インフルエンザシーズンは終盤に入っている。

オーストラリア、A/H1N1(2009)が流行の中心、タミフル耐性株が増加 オーストラリア保健省
 インフルエンザ流行が例年以上であるオーストラリア。シーズンも後半に入り、感染者数がピークに達した模様。
 ウイルスの多くはA/H1N1(2009)であるが、タミフル耐性株が増加しているようだ。
 

New bird flu strain sparks warning for chicken farms  The Standard (香港) 新型鳥インフルエンザウイルス、養鶏場に警戒報
 国連が中国本土とベトナムでH5N1新型変異株が拡大しているとの警報を出したことから、養鶏場は野鳥防護ネットの整備やバイオセキュリティーの強化を求められている。
 国連機関のFAOは新規変異株、H5N1-2.3.2.1の出現を警告した。当新規株は従来のワクチンは無効とされる。

 また香港健康保護庁は昨夜、昨年11月に中国本土を旅行後にH5N1鳥インフルエンザを発症した59歳女性から分離されたウイルスが、上記新型株であったことを明らかにした。The Centre for Health Protection last night revealed that a 59-year-old woman, who returned from the mainland sickened by the H5N1 bird flu, had the mutant virus.
 女性は入院時には重篤であったが、全快している。
 9月1日


Bird Flu rears its head again  New Zealand Doctor Online (ニュージーランド) 鳥インフルエンザ再流行の可能性
 FAOの警告を紹介。

Health experts warn of major resurgence of bird flu  Hume Weekly (オーストラリア) 保健専門家達、鳥インフルエンザの大きな再流行を警告
 致死的鳥インフルエンザのアジア、ヨーロッパ、そして中東での再流行は、世界的パンデミックの引き金になるかも知れない。特にウイルスが変異してより人の間で感染しやすくなると非常に危険な事態になる、と専門家達が警告した。(訳者注:FAOの声明文)。
 一方、オーストラリアの連邦政府は昨日、H5N1鳥インフルエンザの発生に対しては十分対策が立てられていると語ったが、指導的科学者でノーベル賞受賞者のペーター・ドーティー氏は、アジア内外にウイルスが拡大すると、非常に危険な状況になるとコメントし、理由としてパンデミックの間、途上国の食糧が失われる可能性を上げている。
 同博士はオーストラリアは地理的にも検疫的にも鳥インフルエンザウイルスの侵入から十分守られているが、ウイルスが入って来た場合、人や豚に感染したウイルスが変異したり、遺伝子再集合を起こしたりして、人に感染しやすいウイルスが誕生して世界的パンデミックを起こす危険性はある、と警告した。

 以下略。
Bird flu appears returning: UN  BusinessGhana (ガーナ) 国連、鳥インフルエンザが再流行と警告

Mutant Strain of Bird Flu Emerging in Asia  Indiana's NewsCenter (米国、インディアナ) 鳥インフルエンザウイルスの変異株がアジアで拡大
 FAO内容を伝えているが、基本的に米国ではそれほど心配は必要ないと説明。
Health experts warn of major resurgence of bird flu  Coastal Times (オーストラリア、タスマニア) 保健専門家、鳥インフルエンザの再流行を警告

India prepared to deal with bird flu: Govt  MorungExpress (インド) インド政府:鳥インフルエンザ対策は完備されている

Bird flu spread 'of low risk to health' NHS Choices (英国、国営医療システム) 鳥インフルエンザの拡大は英国への危険性は低い
 概略

 国連は今週、鳥インフルエンザが世界的に再流行する可能性を警告し、多くのメディアがニュースを流した。
 BBCのようなニュース源は、最近のワクチンが無効の変異株の拡大についても言及した。

 国連機関のFAOは、H5N1鳥インフルエンザに感染する鳥が増えてきていることから声明で警告した。

 H5N1鳥インフルエンザに感染する例は非常に希で、また家きんと生活を共にしている国で発生している。
 英国で感染者が出る可能性は心配することはない
TOP