高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年8月

 8月31日

Bird flu flies back into the news New Scientist (国際) 鳥インフルエンザがニュースに再登場
 今週、数百万羽のカモがシベリアから南に向かう。
 そうしたカモたちの一部が、家きんや人に感染するH5N1ウイルスを運び、H5N1インフルエンザの再流行がユーラシアで起きる可能性が懸念される。

 「この数週間に、ウイルスの感染がこれまで予想されていなかった広い地域で発生する可能性があるため、我々は警告を発した」、と国連のFAO(国連食糧農業機関)の動物疾病の早期警告システムの責任者であるジャン・スリンゲンバーグ氏が語った。
 
 H5N1はこれまで世界の家きん農家に200億ドルの損失を与えてきたと推定される。
 またそれは565人を発病させ、331人を死亡させた。
 ウイルス専門家達は、人人感染してパンデミックを起こすようなウイルス変異について慎重にフォローしてきた。

 FAOはH5N1ウイルスの2.3.2.1と呼ばれる系統株に警戒している。それは数年前から見つかっている株であるが、現在アジアで主要な株となりつつある。
 この株は以前の株よりも病原性が強いということはないが、より多くの渡り鳥に適合してきたため、これまでにウイルスが駆除された国々に渡り鳥を介して拡大している。ブルガリア、ルーマニア、およびイタリアなどである。訳者注:野鳥が感染しても死亡しないため、ウイルスの伝搬力が高まっている。

 家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザは2006年をピークとして、その後感染家きんの殺処分やワクチン投与などにより減少した。
 しかし2008年以降、2.3.2.1株の出現により、再びウイルスが拡大し始めた。
 中国やベトナムの検体分析ではウイルスは持続的変異を続けている。

 「鳥での感染が増えるだけ、人での感染の危険性が高まる」、とスリンゲンバーグ氏が警告している。

 鳥インフルエンザ再流行の警告を伝えるFAOのウエブのトップ画面。クリックで拡大。
 

Evolution of H5N1 avian influenza virus does not increase risk to public health WHO H5N1鳥インフルエンザウイルスの変化は人への危険性には影響していない
 30日(ジュネーブ時間)
 WHOはインフルエンザウイルスの変異を厳重にモニターしており、最近アジアの一定地域で広がっているH5N1ウイルスの変異に関する報告も知っている(H5N1-2.3.2.1)。
 入手できる情報で判断する限り、このH5N1ウイルスの変異は人への危険性を増しているものではない。インフルエンザウイルスは常に変異を起こしており、今回の事実は必ずしも通常に見られないことではない。特に家きんの間でウイルスが土着している地域では、ウイルスの変化はしばしば見られる。
 
 WHOの人および動物のインフルエンザウイルス専門家で構成するグループでは2011年の2月に、この新規株(H5N1-2.3.2.1)を確認している。

 WHOは継続的に全動物のインフルエンザウイルスの人への危険性を監視している。
 入手できる情報で判断する限り、この報告された新規H5N1ウイルス株は人に対する危険度に変化を及ぼすものではない。
 人におけるH5N1感染は未だ希であり、また散発的である。多くは、家きんの間でウイルスが土着している地域で発生している。

Malaysia brushes off bird flu warning  Sin Chew Jit Poh (マレーシア) マレーシア、鳥インフルエンザ警告を軽視
 AFP

 マレーシアは、FAOによる致死的鳥インフルエンザの再流行と新型変異株の出現に関する警告を無視した。

 保健大臣の Liow Tiong Lai 氏は、31日、同国はH5N1ウイルスに関しては警戒態勢を維持しており、新規感染事例は報告されていないと語った。
 「公衆は心配する必要はない。ウイルスに関して新規に情報が出た場合は、すぐに発表する」。

 大臣によると、WHOはFAOの警告を確認していないという。30日にWHOがウエブサイトで発表した内容によると、WHOは2月にウイルスの変異を確認しているが、それは決して異常な出来事ではないという。
 WHOは、 「入手できる情報で判断する限り、このウイルスの変異は人への危険性を高めるものではない」としている。

 FAOは29日、中国とベトナムに現れた変異ウイルスは従来のワクチンには無効で、さらにマレーシアや他の国に広がる可能性があると発表した。
 ローマに本部を置く同機関は、さらに鳥インフルエンザの大きな再流行が起きる可能性が高く、各国に対策とサーベイランスの強化を求めた。

 マレーシアでは2004年と2007年に家きんで鳥インフルエンザが発生したが、人での感染例は報告されたことはない。

Bird flu no threat to Australia: medical chief  Xinhua (新華社、中国) 鳥インフルエンザはオーストラリアには脅威的ではない、主任医療政務官
 オーストラリアの新しく着任した主任医療政務官であるクリス・バゴレイ教授は31日、変異鳥インフルエンザウイルスがアジアを越えて広がっているという報告に心配する必要はないと語った。
 
 29日国連のFAOが致死的鳥インフルエンザの変異株がアジアで広がっていると発表し、そして鳥インフルエンザが家きんから人へ拡大する可能性を警告した。同機関は、変異株が人へ感染する可能性は予知不能であることから、対策と監視態勢を強化すべきと声明発表した。

 しかしバゴレイ教授は、オーストラリアは検疫態勢が強化されており、また渡り鳥の飛行ルートから考えて、オーストラリアにウイルスがもたらされる可能性は低いとコメントした。
 「我々は心配する必要はない。オーストラリアは鳥インフルエンザに対する警戒態勢は厳重に保たれている」

 バゴレイ教授によるとH5N1ウイルスは未だ鳥の病気を起こすウイルスであり、人に感染する事は非常に希であり、さらに人の間で感染する事は極めて希であるという。
 「オーストラリアでは渡り鳥のウイルス検査を行っているが、未だにH5N1ウイルスは見つかったことはない」。

 「人に感染するようになった場合に備えて、オーストラリアは2004年から態勢を整えている」
 「インフルエンザ検査態勢、H5N1ワクチンの迅速な製造態勢、抗インフルエンザ薬の迅速な入手、等、全て整備されている」

 国連は最新の鳥インフルエンザ死者はカンボジアで今月始めに発生したが、同例はカンボジアで今年8例目であるが、それら8例は全例死亡していると発表している。

Bird Flu Mutation Has No Vaccine, Experts Warn ThirdAge (国際) 変異鳥インフルエンザウイルスには(現在備蓄中の)ワクチンは無効
ロイター内容。
 香港のパイリス博士の談話を中心に紹介。

Health Buzz: UN Warns of Bird Flu Resurgence U.S. News & World Report  (米国) 国連、鳥インフルエンザの再流行を警告
 
Bird flu deaths in Asia prompt call for scrutiny Fox 31 KDVR.com  (米国) アジアにおける鳥インフルエンザ死者の増加は早急な精査が必要:香港専門家
 香港(ロイター)

 香港のウイルス専門家達は、現在中国とベトナムで拡大しているH5N1変異株に対して従来のワクチンが無効であるとして、家きんと野鳥における監視を強化し、人への感染拡大を阻止しなければならないと警告している。

 専門家達の警告は、29日に国連のFAOが鳥インフルエンザの(鳥における)再流行と、H5N1ウイルスの変異株がアジアを越えて拡大する危険性を声明文で発表した後に発せられた。
 
 新型株(H5N1-2.3.21)が人に対してより病原性が高いかについては専門家達は定かではないとしているが、これまで作成されてきた人のワクチンには無効の可能性が高いという。
 「WHOが推奨した人用のH5N1ワクチンがあるが、多分、それらは十分効果はもたないだろう」、と香港大学の指導的ウイルス専門家であるマリク・パイリス氏(Malik Peiris )が語っている。
 「しかし、この事実は必ずしも通常起きえないことではなく、H5ウイルスは絶えず変化しているので、我々はワクチンに用いる対象株を変える必要がある」、と付け加えた。

 WHOは年2回、2月と9月に専門家会議を開き、ワクチン株について討議している。

 H5N1に人が感染すると60%が死亡する。この数ヶ月H5N1は再流行しはじめているが、それはカンボジアで顕著で、今年8人が感染して全例が死亡している。
 「カンボジアでの感染者は非常に死亡率が高いが、それは発見が遅いからである」、とパイリス博士はインタビューでコメントしている。
 「この変異株が必ずしも人に対して、より病原性が高いことを示してはいない。しかし、それが世界的に拡大していることは脅威的である」、と同博士は結論している。

 8月30日

インフルエンザ変種、FAOが再流行を危惧   中国国際放送 (中国、日本語版)
 鳥インフルエンザH5N1型の変種ウイルスが、アジアに広がるきざしを見せています。29日、国連食糧農業機関(FAO)が発表した声明は、今年の秋と冬には、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)が再び大流行する可能性があり、全世界が密接な関心を持ち準備を整えるよう呼びかけました。
 この声明は「H5N1型鳥インフルエンザは、バングラデシュ、中国、エジプト、インド、インドネシア、ベトナムなどの国に依然として根深く存在し、これらの国では大流行の危険がある。特に今年春にワクチンの接種を中止したベトナムでは、中部から北部までの大部分の地域でH5N1の新型ウイルスが侵入している。この新型ウイルスがベトナムに広がれば、カンボジア、タイ、マレーシアなどにも直接的な危険を及ぼし、さらに朝鮮半島や日本など遠く離れた地域にも影響を及ぼす可能性がある。その上、野鳥類の渡りに伴って他の大陸にうつることもありうる」としています。

Bird Flu Spread Threat Prevailing in Asia TopNews United States (米国) 鳥インフルエンザがアジア全体に拡大する脅威

Aussies urged to avoid chickens in Asia  Brisbane Times (オーストラリア) オーストラリア、アジア旅行で鶏に接触することは避けるべき
 東南アジア旅行するオーストラリア人は、生きた鶏に接触しないようにアドバイスされている。
 国連機関のFAOが、アジアで変異H5N1鳥インフルエンザウイルスが拡大していると警告したことが理由である。
Bird flu making a comeback, UN says  Arizona Daily Star (米国) 鳥インフルエンザ再流行の兆候、国連警告

UN Warns of New Threat of Bird Flu  Voice of America (米国) 国連、鳥インフルエンザの新たなる脅威を警告

UN warns on mutant strain of bird flu virus CNN (米国) 国連、鳥インフルエンザウイルスの変異株を警告
 ロイター報道と同じ
Mutant strain of bird flu spreading across Asia  Mirror.co.uk (英国) 変異鳥インフルエンザウイルスがアジアを越えて拡大
 致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスがアジアを越えて広がっていると医師団が警告している。
 ウイルスは今年に入ってカンボジアで8人を殺し、ベトナムの多くの地域で拡大している。
 国連機関のFAOは、今冬、鳥インフルエンザが再流行する可能性があると警告している。

UN warns of bird flu resurgence and new variant  China Post (台湾) 国連、鳥インフルエンザの再流行と新型変異株の出現を警告
 国連は、29日(ローマ時間)、致死的鳥インフルエンザウイルスを渡り鳥が、最近数年間発生していなかった地域に拡大させていることと、新規変異株がアジアで広がっていることを警告した。
 H5N1ウイルスの変異株は従来使用されていた(家きん用)ワクチンが無効で、中国とベトナムに広がっているとFAOが29日声明発表し、より厳重な警戒態勢を敷き、どのような発生に対しても対応出来るように準備する必要があると警告した。

 先週、WHOはカンボジアで本年度8人目となる6歳少女の鳥インフルエンザ死亡例を発表した。

 ベトナム北部ではH5N1ウイルスが家きんに土着状態であるが、ほとんどのウイルスは変異株と考えられている。

Avian flu's back, warns UN – and new strain is resistant to vaccines The Independent (英国) 鳥インフルエンザが再来襲、国連が警告-さらに新型株はワクチンに抵抗性
 今冬、鳥インフルエンザの新たな流行が国連により警告された。人での死者数が増えると共に、変異したウイルスの拡大も認められている。
 
 少なくともカンボジアで8人が鳥インフルエンザで死亡している。、最も最近の症例は6歳少女で、今月はじめに死亡した。
 ウイルスはこの数年間検出されてなかった国にも広がっている。

 以下略。
UN Agency Warns About Resurgent Bird Flu  MedPage Today (国際) 国連機関、鳥インフルエンザの再流行を警告
 (家きん用)ワクチンに耐性の新型H5N1鳥インフルエンザがベトナムと中国に拡大し始めており、人への危険性も予知し得ない状況にあると、FAO(国連食糧農業機関)が、29日、声明を発表した。
 新型株はH5N1-2.3.2.1として知られている、とFAOは説明している。
 
 家きんにおける流行は2006年がピークで、それ以降感染家きんの殺処分で減少に転じ、感染家きんが報告される国は限定的となった。
 しかしFAOによると感染家きんの数は増加に転じはじめ、2010年1月以来家きんの発生件数は800件に近いとされる。2008年は300件であった。
 最近の新たな感染地域は、イスラエル、パレスチナ、ルーマニア、ブルガリアとされる。

FAO warns on mutant bird flu in China and Vietnam  Gulf Today (アラブ首長国連邦) FAO、中国とベトナムにおける変異鳥インフルエンザの拡大を警告
 ローマに本部があるFAO(国連食糧農業機関)は、29日、中国とベトナムに致死的H5N1ウイルスの変異株が広がっており、鳥インフルエンザの大きな再流行の可能性があると警告した。
 
 同機関は変異ウイルスは、これまで使用されてきたワクチン(家きん用)は無効であることを懸念しており、新型株はH5N1-2.3.2.1として知られていると付け加えた。
 「ベトナムにおけるウイルスの拡大は、カンボジア、タイ、マレーシアに直接的脅威となっているが、さらに韓国と日本にも危険性を及ぼす可能性がある」、と同機関の声明文ではコメントし、ウイルスは渡り鳥でアジアを越えて広がる可能性も伝えている。

 WHOによると致死的H5N1ウイルスにより、これまで世界で565人が感染し331人が死亡したと報告されている。
 FAOによると最新の死者は今月初めにカンボジアで報告されたが、今年度8例目となり、また今年度の感染者は全て死亡している。

 FAO発表原文

Mutant bird flu strain hits Asia  Sky News Australia (オーストラリア) 変異鳥インフルエンザウイルスがアジアで流行
 鳥インフルエンザが再流行の兆候を示している。そして致死的H5N1ウイルスの変異株がアジアで広がっている。
 国連機関のFAOが警告している。
Bird flu back on the rise, UN warns  Los Angeles Times (米国) 国連警告:鳥インフルエンザが再流行
 鳥インフルエンザは減少していたが、国連機関はそれが再度拡大し出したと29日警告した。

 国連機関のFAO(国連食糧農業機関)は、”鳥インフルエンザの再流行への緊急対策と監視態勢”が必要であると警告した。
 同ウイルスにはこれまで世界で565人が感染し、331人が死亡している。

 以下ロイター内容。
Possible resurgence of bird flu, mutant strain spreading: FAO  TODAYonline (シンガポール) 鳥インフルエンザの再流行の可能性、変異ウイルスが拡大:FAOが警告
 ロイター内容。

UN agency warns of possible bird flu resurgence  Pakistan Daily Times (パキスタン) 国連機関、鳥インフルエンザの再流行の可能性を警告
 国連は鳥インフルエンザの大きな再流行を警告し、H5N1ウイルスのへに株がアジアと他の地域に広がっていると警告した。
 以下ロイター内容。

UN issues mutant bird flu warning  ABC Local (オーストラリア) 国連、鳥インフルエンザウイルスの変異を警告
 ロイター通信内容

UN warns on mutant bird flu in China, Vietnam  MSN Malaysia News (マレーシア) 国連、中国とベトナムにおける変異鳥インフルエンザウイルスを警告

UN: Bird Flu Is Back  Newser (米国) 国連:鳥インフルエンザが再流行と警告

 8月29日

UN agency warns of possible bird flu resurgence msnbc.com (米国) 国連機関、鳥インフルエンザの再流行を警告
 ロイター

 下方のアイルランドの報道で紹介済み。

UN warns of bird flu resurgence, new Asian strain  Boston Globe (米国) 国連、新型アジア株で鳥インフルエンザが再流行の可能性があると警告
 渡り鳥がこの数年間ウイルスが存在しなかった地域へウイルスを拡大させている事実、及びこれまでのワクチンが効果ない変異株がアジアで広がっている事実から、FAOはH5N1ウイルスがさらに多くの地域へ拡大する危険性を警告した。

UN warns on mutant bird flu in China, Vietnam  Radio Netherlands (オランダ) 国連、中国とベトナムにおける変異鳥インフルエンザウイルスを警告
 ローマに基盤をおくFAO(国連食糧農業機関)は、中国とベトナムに出現した変異株は、これまでのワクチンでは無効であると警告し、同株はH5N1-2.3.2.1として呼ばれていることを付け加えた。
 同株は渡り鳥で国境を越えてアジア以外に広がる可能性があると警告している。
 
Mutant strain of bird flu detected  Irish Times (アイルランド) H5N1鳥インフルエンザの変異株が検出

 ロイター

 国連機関のFAO(国連食糧農業機関)は、大規模な鳥インフルエンザの再流行の可能性があり、H5N1ウイルスの変異株がアジアや他の地域に広がっていると警告を発した。原文
 FAOは本日、ウイルスの流行に対するサーベイランスと対策を急ぐように求めた。同ウイルスはこれまで世界で565人に感染し、331人を死亡させている。

 ウイルスは2006年をピークに63カ国に広がったが、大量の家きんの殺処分でその後減少に転じたが、2008年から家きんと野鳥の間で地理的に広がりを見せているとFAOでは説明している。
 この秋から冬に、H5N1ウイルスの再拡大が起きる可能性があると、FAOの主任獣医政務官のジュアン・ルブロー氏が声明文で警告している。
 「2004から2008年の間に全体的にウイルスの拡大が減少傾向を示していたのが、拡大に転じだしたのは、この秋と冬に流行の再燃が起きる可能性を示唆しているかも知れない」。
 同氏はさらに、中国とベトナムに現れた変異株は問題であり、家きんに使用されているワクチンは無効であると語っている。

 ベトナムにおけるウイルスの拡大は周辺のカンボジア、タイ、そしてマレーシアに広がる可能性があり、さらに朝鮮半島と日本にも脅威的となる可能性がある、とFAOでは警告している。

 またFAOは、直近の人感染例はカンボジアで起きているが、同国では今年度8人の感染が報告されており、全例死亡していることを報告で付け加えている。
 FAOによると、H5N1ウイルスで大きな問題を抱えている国は、バングラデシュ、中国、エジプト、インドネシア、およびベトナムであるが、これらの国ではウイルスが広く土着化しているとされる。
 また最近ウイルスが拡大した国としてイスラエル、パレスチナ、ブルガリア、ルーマニア、ネパール、そしてモンゴルが上げられている。

 「渡り鳥がウイルスをもたらすだろうが、同時に人々の家きん飼育方法および市場での売買方法がウイルスを拡大させている」、とルブロー博士がコメントしている。
 「対策と監視は怠ってはならない…、誰もH5N1ウイルスに対して警戒を緩めてはいけない」、と同博士は強調している。

 8月28日

21500 chickens culled in Chuadanga Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、チュアダンガで鳥インフルエンザ発生のため鶏21500羽が殺処分
 多くの鶏が死亡しはじめたため、8月19日に検体をダッカに送ったが、26日に(H5N1)鳥インフルエンザであることが確かめられた。
 今後3ヶ月間農場は監視下におかれ、周辺1.5キロ内での鶏の売買は禁止される。
 8月27日


EU officials look for E coli outbreak clues in Egypt  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) EUと0WHOの調査団、O104:H4大腸菌発生の手がかりを求めてエジプトで調査を開始
 先にEUで発生した大腸菌O104:H4大流行とエジプト産コロハの種子(スプラウト栽培に用いられた)との関連性を調査するために、EUとWHOの専門家が5日間のエジプトでの調査を開始した。

Almost century-old data show 1918 pandemic flu was moderately transmissible  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 1918年のスペインインフルエンザの感染率は中等度、2009H1N1と同程度:米国研究
 英国と米国研究チームによる。American Journal of Epidemiology. に発表。
 ジョーンズホプキンス大学に残る記録から7287世帯での感染状況を分析。

Hong Kong pigs produce recombinant H3N2-pH1N1 flu virus  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 香港の豚で(豚)H3N2ウイルスとパンデミックH1N1ウイルスのハイブリッドが検出
 今年6月と7月の検査で16検体から、パンデミックH1N1ウイルスの遺伝子を組み込んだH3N2豚インフルエンザウイルスが検出された。
 香港の専門家はパンデミックH1N1ウイルスが世界中に広がり、人さらに豚に感染している事実から考えると、こうしたハイブリッドが豚で見つかることは驚きではないとコメントし、このH3N2ウイルスが人の健康に影響をもたらす可能性は低いという。
Australia reports oseltamivir-resistant 2009 H1N1 cluster  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) オーストラリア、タミフル耐性2009H1N1に集団感染を報告
 ニューサウスウエールズ州で、これまでで最も多いタミフル耐性H1N1ウイルスによる集団発生が確認された。
 今年5月から8月にかけて、2009H1N1インフルエンザ感染者184人中25人(14%)がタミフル耐性株であった。
 16人はタミフル服用歴はなかった。
 ICU収容者及び死者は出ていない。
 当初見つかった16人は半径50キロ以内に居住していた。
 専門家の話では当耐性株はH275Y変異によるもので、2009H1N1ウイルスとしては最大の集団発生とされる。

 WHOによると最近のサーベイランスでは、2009H1N1ウイルスのタミフル耐性率は全体としては低く1.5%とされる。
 臨床記録による耐性率は国によって大きく異なり、日本では予防投薬した感染者で多くの耐性株が報告されている。
 一方、英国では2009年-2010年のシーズンでは、タミフル服用歴のない患者の11%、2010年-2011年のシーズンでは28%が耐性株に感染している。

 訳者注:2009年のパンデミックにおいて”7月~12月)、英国では電話相談でインフルエンザと確定された市民にはタミフルを処方した。
 8月26日

未発症感染者からH1N1インフルエンザ拡大が生じた:日本研究  CIDRAPニュース
 日本、国立感染研の研究チーム。CDC発行の”新興感染症雑誌”で発表。
 2009年新型インフルエンザが発生した早期。
 大阪での小集団発生で感染者や接触者について電話で聞き取り調査。
 多くの発病者が、発病前に友人達と集団、または個人的に接触した後に発病。

 研究チームは発病者の隔離だけではインフルエンザの拡大は防止出来ないと結論。

 8月25日

Who Says Cambodian Girl Has Died of Bird Flu  WKRG-TV (米国) WHO、カンボジアで少女が鳥インフルエンザで死亡と発表
 AP通信
 20日付けで掲載している既発表ニュース。WHOは現地時間19日に発表済み。

Six-year-old dies of bird flu in Cambodia: WHO  AFP  (国際) WHO:カンボジアで6歳少女が鳥インフルエンザで死亡
 20日付けで掲載している既発表ニュース。
 8月24日 

特記すべき情報はない。
 8月23日


オーストラリアにおけるインフルエンザ発生状況  オーストラリア保健省
 インフルエンザシーズン後半に入りつつあるが、感染者数は多い。
 ウイルスの中心はA/H1N1(以前のパンデミックウイルス)となっている。



ニュージーランドにおけるインフルエンザ発生状況  ニュージーランド保健省
 流行域に入っているが、例年に比較し感染者数は少ない。
 ウイルスはB型とA香港型(H3N2)が中心で、A/H1N1も少数ながら検出されている。
 


中国と香港におけるインフルエンザ発生状況
 中国本土での8月上旬の状況ではインフルエンザの発生は散発的。流行はしてない。中国サイト
 香港でもインフルエンザ発生は散発的で流行はしてない。 香港サイト
Swine reassortant suggests 2009 H1N1 virus could cause more trouble  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 2009H1N1ウイルスのさらなる遺伝子再集合の保有する危険性
 CIDRAPニュースから。

 中国と米国の研究チームによる。J. Virology(ウイルス研究雑誌)に発表。
 南中国の豚に感染しているインフルエンザウイルスを分析した。
 2009年に流行したパンデミックH1N1ウイルスと他の豚インフルエンザウイルス(ユーラシアン豚インフルエンザウイルス)のハイブリッドウイルスが検出。
 ハイブリッドウイルスは実験で豚から豚やフェレットに容易に感染し、さらに人の肺組織へも感染した。
 2009年のパンデミックウイルスで免役されたフェレットは、完全にはこのハイブリッドウイルス感染を防止出来なかった。(抗原性が相当変化している)

 著者らは豚における2009H1N1ウイルスの監視を続けることで、人に感染する可能性のある同ウイルスの他のウイルスとのハイブリッド(遺伝子再集合ウイルス)を検出出来る可能性があると結論している。

Study suggests pandemic flu virus could emerge directly from poultry  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) パンデミック・インフルエンザウイルスは家きんから直接発生する事実が確認
 CIDRAPニュースから。

 2003年にオランダで流行したH7N7鳥インフルエンザにおける、人と鶏に感染したウイルスを分析し、人に流行するパンデミックウイルスが鶏の体内で直接誕生することが確かめられ、他の中間宿主(豚など)を介せず起きえる事が報告された。J. Virology(ウイルス研究雑誌)に発表。
 2003年にオランダで流行したH7N7鳥インフルエンザは2800万羽の家きんの殺処分と80人以上の人の感染者、及び1人の死者を出した。
 研究チームでは感染者から分離されたウイルスと家きんから分離されたウイルスを分析比較し、人への感染性獲得の遺伝子的変化を突き止めた。
 人へ感染したウイルスのヘマグルチニン、ノイラミニダーゼ、およびPB2遺伝子のアミノ酸に変化を認めたが、それら各遺伝子の変化の50%程度が鳥に感染していたウイルスでも既に認められた。
 こうした事実から研究チームでは、人にパンデミックを起こす可能性のある高病原性鳥インフルエンザウイルスは家きんから直接発生してくる可能性があると結論している。
 鳥インフルエンザが流行している期間、鳥と人におけるウイルス分析が重要で、(鳥インフルエンザウイルスの)人への適合性を示す遺伝子学的変化を確認する必要がある。
 8月22日

Too Many Healthcare Workers Skipping Flu Jab, Says CDC, USA   Medical News Today  (米国) 多くの保健医療従事者がインフルエンザワクチン接種を受けていない
 CDCの調査によると84%の医師がワクチン接種を受けているが、ナースの接種率70%とされる。
 全体として評価すると、全保健医療従事者の36%以上がワクチン接種を受けていない。

 レポートの著者らによると、保健医療従事者のインフルエンザワクチン接種は、自らの感染予防だけでなく、家族と患者への感染を防ぐことにあるという。
 報告によると、病院で働くスタッフの場合、71.1%がワクチン接種を受けているが、外来患者専用の機関のスタッフでは61.5%に留まる。
 60歳以上のスタッフの接種率は高く74.2%であるが、30-44歳では57.8%、そして18-29歳では56.4%であった。

 保健医療従事者のワクチンに対する考え方をまとめると以下の通り。
  ・ワクチン接種者の89.1%が、ワクチンで予防されると判断
  ・ワクチン未接種者の44.6%がワクチンで予防されると判断
  ・ワクチンを接種した経験者の92.7%が、接種により予防されたと判断
  ・ワクチンの接種を受けなかった54.2%が、接種により予防されただろうと判断
  ・ワクチン接種を受けたスタッフの70.1%がインフルエンザは健康に対して重篤な感染症と判断。
  ・ワクチンを受けていないスタッフの34.2%がインフルエンザは重篤な感染症と判断。


Airlangga University produces first ever locally-produced bird flu vaccine seed Jakarta Post (インドネシア) エアランカ大学で国内初の人用H5N1鳥インフルエンザワクチン開発に成功
 西ジャワ州スラバヤにあるエアラkンカ大学と日本の分子生物学者の共同研究で成功した。
 半年前に製造に着手し、23万4000ドルの費用を要した。
 ワクチンに用いたウイルスはインドネシアで分離されたものである。
 研究者によると、これでH5N1ワクチンの製造には海外の企業に頼る必要はなくなったとされる。

 インドネシアには170種類の変異株が存在すると推定されており、それらのウイルスは人と鳥の両方に感染する。
 8月21日


厚労省、新型インフルエンザ対策行動計画を改定に  厚労省
 改定案に対するパブリックコメントを求めている。
 概略は8月12日のCBニュースを参考。
武田など4法人、国産ワクチン安定供給へ 新型インフル   日本経済新聞
 厚労省が19日、新型インフルワクチンの開発・量産に向けた交付金を4法人に出すと発表した。交付先は第一三共の子会社である北里第一三共ワクチンと武田薬品、ワクチン生産の財団法人である化学及血清療法研究所(熊本市)、阪大微生物病研究会。
 総額は1019億円。
 製造方式は細胞培養方式で、半年間で国民全員分のワクチンを量産可能とする。

 海外で新型インフルエンザが発生した場合、ウイルス株を入手してワクチン製造が行われる予定。
 8月20日

Cambodian girl dies from H5N1 infection  
CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) カンボジアの少女、H5N1感染症で死亡
 下記WHO発表内容。
WHO、カンボジアで少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことを発表  WHO
 カンボジア保健省はインフルエンザA(H1N1)による人の1感染例を確認したことを報告した。
 カンポンチャム省(Kampong Cham Province)に住む6歳少女で、8月7日に発症し、地域の医療施術者に治療されたが改善しないため、12日にプノンペンのカンタボパ小児病院に入院した。そして入院2日後の14日に死亡した。

 少女の家の周辺で鶏が多数死亡していたため、少女はこれらの病的になった鶏に暴露されたことから、感染したと推定されている。
 少女はカンボジアで18人目の感染者となり、また16人目の死者となった。
 今年度、カンボジアでは8人がH5N1鳥インフルエンザに感染しているが、全員死亡している。

 今日まで少女との接触者は全員、検査で感染を否定されている。
 
 8月19日

CDC Urges Influenza Vaccine for All  International Business Times (米国) CDC、全国民へインフルエンザワクチン接種を勧奨
 米国CDCは来月から開始される季節性インフルエンザワクチンを、6ヶ月以上の全国民が接種するように勧奨している。
 ワクチンにはA香港型(AH3N2)、H1N1(豚インフルエンザ)およびB型が含まれている。
 予想されるウイルスは昨シーズンの流行株と同じと推定されており、ウイルスの変異はないものの、昨年のワクチンの効力は既に失われているとされる。

 CDCの予測では1億6600万回分のワクチンが準備されるが、昨年度は1億5700万回分であった。
 妊婦は特にワクチン接種が必要で、2010年度は49%が接種を受けている。
 8月18日

アステラス製薬が国内で2種類のインフルエンザワクチン臨床試験を行う。
 日本経済新聞による。

 H5N1鳥インフルエンザと季節性インフルエンザを対象としたワクチン。
 細胞培養法で生産するが、従来の方法とは異なり、ワクチンの抗原となるタンパクを産生させる遺伝子を培養細胞に組み込み、増殖した培養細胞から抗原を分離して用いる。
 従来法では培養細胞内でワクチンに用いるウイルスを増殖させ、そのウイルスからワクチンに必要なタンパクを分離していた。
 鳥インフルエンザに対するワクチンは2012年度、季節性は2014年度発売を目標にしている。
 ワクチン開発権は、秋田県の医薬品ベンチャーのUMNファーマから取得した。

 UMNファーマでは2008年度から培養昆虫細胞にワクチンに必要なウイルスのHA抗原を産生させる技術を開発していた。
 当方法では従来の鶏卵を用いた方法に比べて、製造期間を三分の一に短縮する。
 8月17日

世界のインフルエンザ発生状況 WHO  8月12日
 北半球の温帯地域ではインフルエンザ発生は散発的か、または無発生である。
 熱帯地域では散発的発生が見られう地域もある:ドミニカ、コロンビア、ブラジル、西アフリカ、インド、バングラデシュ、タイ、シンガポール)。
 オーストラリアではインフルエンザ様疾患と検査で確認されたインフルエンザ患者数が増加し続けている。ウイルスはA(H1N1)2009とB型が混合している。
 ニュージーランドでは流行域の下限を越えているが、ウイルスの大多数はB型である。

World too complacent on bird flu  Atlanta Journal Constitution (米国) 世界は余りにも(H5N1)鳥インフルエンザに無関心すぎる
 先週エジプト当局はWHOに6歳女児が治療でH5N1鳥インフルエンザ(以下鳥インフルエンザ)から回復したことを報告した。その1週間前にカンボジア当局は4歳女児が鳥インフルエンザで死亡したことを報告した。両例とも感染した鶏への暴露が原因とされる。
 WHOによるとこれらの女児は世界で563および564例目の感染者とされる。そしたカンボジアの女児は320番目の死者となった。

 これらの事例発生に関して最も注目されることは、鳥インフルエンザが種の垣根を越えて人に感染しても、社会的に注目されなくなったことである。
 鳥インフルエンザが人に感染する事が初めて明らかになったのは、1997年の香港であったが、その際それは大ニュースとなった。
 米国CDCは専門家を現地に派遣し、WHOは危機対策態勢を敷いた。そして世界中の報道機関は発生事実を報道した。

 それ以来鳥インフルエンザは多くの国(中国、インドネシア、エジプト、およびベトナム)で(家きんの間で)土着した。
 そして人に感染すると約60%の致死率となっている。
 それにも関わらずこの2週間に発生した2例の感染と1例の死亡は、公衆衛生専門家を除いてほとんど関心が抱かれていない。

 途上国における鳥インフルエンザが一般社会でほとんど関心がもたれない事実は、世界が鳥インフルエンザの脅威に無関心になったことを意味している。
 だからといって我々が何もしていないことを意味してはいない。
 途上国に対して2005年以来鳥インフルエンザ対策のために40億ドルの助成が行われてきている。
 その結果途上国では家きんの保健衛生管理態勢と、大飼育農場におけるバイオセキュリティーの改善が行われてきている。

 しかしながら、この新型鳥インフルエンザに対する人の感染予防対策は世界的に中断したように思える。
 H1N1インフルエンザ流行(豚インフルエンザ)が流行した2009年を除き、各国の鳥インフルエンザ対策に対する財政支援額は大幅に減少している。
 2006年、世界の35カ国が対策費として20億ドルを(途上国での対策用に)提供している。
 それに比較すると、国連と世界銀行の報告によると2010年度は、僅か二カ国から1億ドルの提供に過ぎない。

 さらに言及するならば、国際的提供資金は(人への感染)予防対策から、(パンデミック・インフルエンザ)発生対策へとシフトしている。
 2005年~2008年までは、提供資金は、(人への)鳥インフルエンザ感染予防対策と、発生人パンデミック対策に均等に振り分けられていた。
 しかし2008年からは、人への鳥インフルエンザ感染予防対策費が半分に削られ、その分パンデミック対策費が倍増されている。

 世界の人への感染予防対策の消極姿勢は、鳥インフルエンザが土着している途上国でも顕著である。
 国連や世界銀行からの年次報告を見ると、小規模家きん飼育農家での感染予防対策には一切変化は見られていない。
 こうした農家で人への感染の危険性が高い。

 これは重要な問題である。
 これらの農家では以下の理由で、鳥インフルエンザを飼育場で広げている:外界に解放された小さな飼育場で鶏やアヒルを一緒に飼育し、さらに豚や渡り鳥とも接触する。
 こうした環境下ではウイルスは種を越えて感染し合い、そして変異が容易に起きる。
 さらにこうした農家では、家きんや豚を彼らの居住空間で飼育している。それは農民と家族がウイルスに感染するには十分な機会を与えている。

 生きた家きん市場も同様に問題である。一般農家の人々は生きた家きんを道ばたで売っている。素手で鶏やアヒルを”と殺”して、それらを水で洗ってから買い手に渡す。
 家きんと、”と殺”場所の消毒がないことから、鳥インフルエンザは容易に家きんから家きんへ感染し、さらに家きんから人へも感染する。

 こうした危険な状況が続く限り、我々は鳥インフルエンザの人への感染予防に関して無関心とはなれない。
 各感染例の報告は、種の垣根が人への感染を防止出来ないことの警告である。
 同様に、H1N1パンデミックは、動物に由来したインフルエンザが容易に人の間で感染するようになることを警告している。

 予防が感染症に対する最大の武器であるという理論に基づき、世界の全ての国は、鳥インフルエンザウイルスが存在する場所での人への感染予防対策を再度真剣に考慮すべきである。
 少なくとも、パンデミック対策行動計画の中で、(家きんからの)予防戦略を盛り込む必要がある。
 
 1997年以来、世界は少なくとも564回鳥インフルエンザのパンデミックをかわしてきた。(著者注:少なくとも564人の感染者が確認されていることからの比喩的表現)。
 いつまで我々の幸運が続くのか?

 著者のロバート・ガッター(Robert Gatter )氏は、セントルイス大学の法学教授で、健康法学研究センター( Center for Health Law Studies )の副長官である。


 8月16日

新型インフル、都道府県単位で対応 行動計画改定案  日本経済新聞
 政府は15日、新型インフルエンザの関係省庁対策会議を開き、国内外で新型インフルエンザが発生した場合の対応をまとめた行動計画の改定案を了承した。海外で発生した疑いがある場合、迅速に検疫を強化。国内に侵入した場合は3段階に分けて都道府県単位で柔軟に対応する。今後、国民の意見を募り、9月以降に政府として決定する。
 改正案の概要は既に8月12日に掲載してある。
 8月15日

Singkawang, West Kalimantan ::: 70-year-old bird flu suspect  Bird Flu Information Corner (インドネシア) インドネシアで70歳男性が鳥インフルエンザ感染疑い
 西カリマンタン省。
 自宅および近隣で鶏が多数死亡し、その処分を行った。
 2ヶ月後に発熱と咳が出現。
 H5N1鳥インフルエンザ疑いで8月11日から治療中。
 接触者や近隣の人々の健康状況が調査されている。

新型インフル半数が学校休む   中国新聞
 広島県地域保健対策協議会がまとめた2009年6~2010年5月における県民の発症率と欠席および休業率。
 県人口の6%を越える17万6千人からのアンケート調査の回答に基づいている。
 
 欠席率でもっとも高かったのは小学高学年60.3%、低学年58.7%、中学生57.3%。
 20歳以上で仕事を休んだのは20%以下で、30代と40代での休業は家族が発病したことが理由として多い。
 
 中国新聞記事から



Analysis of H5N1 cases finds sinking fatality rate  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) H5N1感染者の死亡率は下がってきている
 ドイツのロベルト・コッホ研究所による研究報告。
 2006年9月から2010年8月までに、WHO、ヨーロッパCDC、ProMED、ロイター・アラートネットから報告されたH5N1感染人事例の解析。
 合計294人。発病者中央値18歳(国により大きく異なる。エジプト6歳~中国23歳)
 致死率はエジプトで最も低く28%、インドネシアで最も高く、87%。

 発症から入院までの期間が長いほど死亡率が上がる。
 全症例の入院までの中央期間は4日。死亡までの中央期間は9日。8日までに入院しなかった症例は全員死亡。

 エジプトは発症年齢が低いこと、性差などを調整しても致死率が低いが、理由としてウイルスがアジアの系統と違うことや、他の要因が関与していている可能性が考えられる。

 世界で発生しいているH5N1鳥インフルエンザの人感染例の詳細データを、WHOなどの機関が、継続的に更新する必要がある。
 解析可能なデータの一般公開は、研究上の課題や問題を明確にし、さらに監視態勢の強化につながる、と研究チームでは結論している。
 In conclusion, the researchers recommend that an organization such as the WHO establish and continuously update a case-based database for avian flu in humans. "Open access to analysable data might accelerate the identification and implementation of research questions and surveillance priorities and thus enhance our understanding of—still mostly fatal—AI in humans," they write.

 2006年~2010年における各国の年齢別発生数と人口1000万人当たりの感染数。
 エジプトでは9歳以下の層で最も感染者が多く、他の国では20~29歳の層が多い。
 出典 Eurosurveillance

 8月14日

特記すべき情報はない。
 8月13日

特記すべき情報はない。
 8月12日

国内発生前に「帰国者・接触者外来」を設置- 新型インフル対策行動計画改定案   CBニュース
 政府は8月12日、見直しの作業を進めている「新型インフルエンザ対策行動計画」の改定案を民主党の「内閣・厚生労働・総務合同部門会議」に提示、説明した。
 概略は以下の通り。
  ・名称「発熱外来」->「帰国者・接触者外来」
  ・設置時期 「国内発生早期」->「海外発生期」
  ・WHOのフェーズ4以前でも検疫強化
  ・状況変化、および措置の合理性が認められなくなった場合は、措置の縮小
  ・国内で発生した場合:
    地域ごとに「地域未発生期」、「地域発生早期」、「地域感染期」に分け、段階に応じた対策
  ・「地域感染期」では患者の接触歴が追えなくなるため、「帰国者・接触者外来」を中止->一般医療機関で患者診察
  ・電話診療で在宅療養患者の感染が確認されると、ファクシミリなどで処方箋発行も検討予定
  ・プレパンデミックワクチンについては、迅速に接種するため、必要量をあらかじめ製剤化した形で備蓄。接種の法的位置づけを明確にするなど、接種体制の構築を図る。
  ・製造・販売事業者らに対する医薬品・食料品などの物資の円滑な流通・運送の要請
    他

 8月11日

Study puts global 2009 H1N1 infection rate at 11% to 21%  CIDRAPニュース (米国、、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究報告:2009年の世界的H1N1感染率は11.3%~21%
 オーストラリア、香港、日本の研究者による研究報告。
 2009年、インフルエンザA/H1N1(2009)が流行しだし、ワクチンが一般的に使用される前までの4月から12月までの期間に実際に感染した人の割合を血清学的に調査した世界のデータを集約。
 以前パンデミックが発生したときの最悪のケースとして50%の罹患率が想定されていたが、実際には遙かに低い20%以下と考えられた。

 研究結果によると、全体的感染率は11%~21%であったが、年齢による差も多く、学童では34~43%、高齢者では3%であった。
 研究チームによると高齢者の感染率が低い理由は、パンデミックを起こしたウイルスの近縁ウイルスに以前感染していたため、ある程度の免疫が出来ていたことが挙げられ、そうした高齢者層の感染率が低いことが、全体としての感染率の低さに反映していると説明している。

 研究チームは世界各国から2009年4月から12月までに報告された、血清学的診断に基づいた感染者の割合を評価している。(パンデミック前と後の血清比較が為されていた研究)。
 8各国の12件の研究結果が対象となったが、各研究における対象患者数は多様で、最大は香港における1研究の15000件で、最小はカナダにおける1研究の600件であった。

 最も感染率が高かったのは、学童グループ(5~19歳)で、割合は34~43%であったが、その年齢内で地域によっての差が見られた。香港では小学校で最も感染割合が高かったが、オーストラリアやインドでは年長児の方が高かった。
 就学前児童では(0~4歳)感染率は15~28%であった。一方65歳以上の高齢者では、僅かに2~3%に過ぎなかった。
 非高齢成人層では感染率は調査結果によって多様性を示しているが、全体とあいて年齢と共に減少している。

 全年齢層を血清学的に評価出来た研究は少ないが、香港で10.7%、ニューサウスウエールズで15.6%。
 しかし研究者達は、血清学的診断で確認されなかったと思われる事例を全て入れると、全体的感染率は11~21%と推定している。

 オリジナル論文 The Age-Specific Cumulative Incidence of Infection with Pandemic Influenza H1N1 2009 Was Similar in Various Countries Prior to Vaccination PLos one
            パンデミックインフルエンザH1N1 2009のワクチン接種前の年齢別感染率は世界各国で類似
 8月10日


 国内大腸菌食中毒事例
O157:12人感染 京都市が警戒本部 /京都  毎日新聞
 京都市内で8月2日以降O157感染者が12人発生。今後も増加が予想されることから、「O157警戒本部」が設置された。感染者は10~80代。9日現在8人が入院中。

園児ら8人 O111感染 金沢  朝日新聞
 園児とその家族22人が発病。8人の便から腸管出血性O111大腸菌を検出。
 園内で菌が広がった可能性が高いが、生食を提供していないことから給食は原因ではないと、保健所はコメントしている。
O157など9人感染確認 2人重症 日光の介護老人保健施設  下野新聞
 栃木県日光市の介護老人保健施設。9日県保健福祉部が発表。病院内給食が原因でO157と0145大腸菌食中毒が発生。6人が入院、2人が重体。
 7月28日の給食が原因で、8月1日から発症者。


 WHO、エジプトのH5N1感染女児例を発表 
 エジプト保健省はインフルエンザA(H5N1)ウイルスに感染した人の1症例を報告した。
 症例は6歳女児で、ベヒラ県に住んでいる。
 7月12日に発症して病院入院。タミフルによる治療が完全終了し7月30日に退院した。

 感染源調査では、鳥インフルエンザに感染していたと推定される家きんへの暴露が感染原因と考えられている。
 症例はエジプト中央公衆衛生研究所で感染が確定された。同研究所はWHOの世界インフルエンザ監視ネットワークに属する国立インフルエンザ研究センターである。

 *訳者注:当症例は8月3日にFAO(国連食糧農業機関)が発表していた症例である。
 8月9日

 
When the E. coli outbreak hit Europe, scientists faced multiple ...   Milwaukee Journal Sentinel  (米国) ヨーロッパで大腸菌集団感染が発生したとき、科学者達は多くの問題に直面した
 米国ミルウォーキーで開かれた国際食品安全協会(International Association for Food Protection)の年次総会での話題。

 我々は準備出来ていなかった、ヨーロッパでは新鮮な野菜は非常に安全であると信じられてきていた。ベルギー、ゲント大学の微生物学者の Mieke Uyttendaeleが会議の席上で語っている。

 研究者達は、集団感染の原因となった新型大腸菌O104:H4はこれまで見てきた大腸菌よりも遙かに毒性が強かったと語った。
 集団感染がエジプト産の汚染されたコロハの種子を使用して栽培された、ドイツ産のスプラウトが原因と分かるまで数週間要した。
 感染原因が分かるまでドイツ内外で数十人の死者と、少なくとも820人以上のHUS患者が発生した。HUS患者の集団発生としては史上最大である。
 今回のヨーロッパにおける集団感染以前に知られていた、世界で最も危険性ある大腸菌はO157:H7であった。志賀毒素を産生するSTECの仲間である。

 これまでの報告ではO157:H7大腸菌の場合、HUSは2~7%の発症率と報告されてきたが、今回のO104:H4大腸菌では5人中1人で発症している。
 さらにO157:H7大腸菌の場合、HUSは成人で発症することは通常ないが、今回のO104:H4では数百人の成人が発症した。また若い感染者では2週間以上下痢が続くことがしばしば認められた。
 こうした重症な臨床症状が引き起こされた理由として、今回の流行を引き起こしたO104:H4大腸菌のDNAが2種類の大腸菌に由来していることが挙げられている。すなわち菌が腸管に付着しやすい腸管凝集性大腸菌と、志賀毒素を産生するSTEC(志賀毒素産生大腸菌)である。
 
 大腸菌は互いに接触することで迅速にDNAを共有する。
 その早さは菌を検出する科学技術以上であることに、科学者達は不安を覚えている。
 米国では食中毒を早期に検出するシステムを開発中であるが、STEC大腸菌に関しては現在十分迅速に検出出来る状態にはないとされる。

 発生初期の調査でスペイン産のキュウリからSTECが検出され、それが集団発生の汚染原因とされたが、結果的に集団発生とは直接関連していなかった。
 EU各国の保健当局がスペイン産のキュウリを食べないように警告したことが批判されていることに、ダブリン大学の公衆衛生学教授であるパトリック・ウォールが、保健当局は、その時点の知識で公衆を守るべく行動したと語った。
 「人々が次々と死亡しているSTEC流行の最中に、キュウリからSTECを検出したとしたなら、どのような対応が望まれるだろうか?」
 同教授の問いに対して、参加専門家達は沈黙した。

 ドイツのロベルト・コッホ研究所のボイチンは、過大なプレッシャーが政府にかかっていて、何かしなければ許されない状況にあったと語っている。

 7月上旬に大腸菌集団感染は、エジプトから特定時期に出荷されたコロハの種子を栽培したスプラウトが原因であると、ヨーロッパ当局は断定した。そしてEU内の15トンのコロハの種子を廃棄処分させ、スプラウト栽培に用いる種子や豆類のエジプトからの輸入を10月31日まで禁止とした。

 ヨーロッパの調査団がエジプトで現地調査予定であるが、エジプトでは現在それを許可していない。調査団は9月にエジプトに向かいたいと語っている。



Calif. man pleads guilty in bird flu remedy case  CBS News (米国) カリフォルニアの男性、鳥インフルエンザ治療薬を販売したとして有罪求刑に
 感冒薬” Zicam ”の考案者が、ロスアンジェルスで米国で許可されてない生薬由来の産物を、鳥インフルエンザの治療及び予防に効果があると主張し不法に出荷したことで、有罪が求刑された。
 57歳の男性は、2005年に香港でH5N1ウイルスの脅威が高まる中、薬草由来の”Vira 38”を季節性インフルエンザ薬として販売を拡大することを試みた。
 検察当局によると、同人は販売が不振だったことから、同薬が鳥インフルエンザウイルスを阻止する化合物を含んでいると主張し始め、さらにそれを米国内でも販売することを計画したという。
 刑が確定すると1年間の禁固刑となる。

 *管理人注:Vira 38はかってSARSや鳥インフルエンザに有効な生薬として香港、東南アジア、さらには感冒薬として米国内で売られていた。
  その後FDAが有効性がないことから販売を禁止している。

 関連報道
2006年1月15日  米国 エルパソ・タイムズ報道から

 El Paso Times (米国) 米国:鳥フル関連商品発売に警告
 連邦政府当局は、インターネット上で広告されている鳥フルに対する予防効果とか、治癒、または症状改善などの宣伝文句に警告した。
 ウエブ上で宣伝されている商品;Vira 38(鳥フル感染を阻止すると伝えられていて、処方箋無しで薬局で購入できる)、米国CDCにより推薦されたと謳っているマスク、ナノマスクおよびナノフィルター、等。

 一方、米国FDAは鳥フル治療に関するサギ治療法について警告をだした。

 また連邦政府当局は鳥フル関連商品を販売している9つの企業に警告の手紙を出した。この結果Vira 38は米国内と関連地域では購入できなくなった。
 

2005年8月6日

Pharmaceutical Business Review (国際) PRB社の鳥フル薬はSARSに対しても効果
 PRB社の薬局店頭販売の抗インフルエンザ薬のVIRA 38がSARSウイルスに対しても、効果があることが台湾の研究者によって解析された。VIRA 38はSARS流行時に大統領側近と医師団により、台北のSungshan 病院で使用された。現在格安の抗鳥インフルエンザ薬としてベトナムで臨床試験中。米国のPRB製薬会社と香港のLee製薬会社が鳥フル対策用に製造を開始している。


 
 8月8日

 特記すべき情報はなし。
 8月7日


 特記すべき情報はない。
 8月6日

WHO、鳥インフルエンザ専用ウエブ統計表を修正
WHOは間違った内容の鳥インフルエンザ感染者に関する統計表を、昨夜(日本時間8月6日))修正した。
 当初、新規カンボジア例が追加されてなく、エジプト事例は6月10日のデータを示していたが、
 3日後に修正されたが、掲載日付は最初の8月2日のままである。

 昨夜修正された表


 8月2日に掲載された表

 8月5日

Vietnam Still Dealing with Bird Flu  Wisconsin Ag Connection (米国) ベトナム、未だH5N1鳥インフルエンザが発生
 ベトナム北部のニュアン省の5箇所の地域で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生した。獣医当局からOIE(世界獣疫事務局)に報告された。
 7月17日から27日の間に発生した。
 2526羽が感染し、1494羽が発症し、9羽が死亡した。生存2517羽全てが処分された。
 H5N1ウイルスが確認された。

 *訳者注:鶏と考えられるが、妙に致死率が低い。アヒルの場合は、発病しにくい例も多いが。
        ウイルスが変異してきているのだろうか?

 以前、下記のような報道がタイから出ていたが、上記ベトナムの状況と符合する。
 ウイルスを保有し、無症状でウイルスを周辺に撒き散らす鶏が増えてくると、人に取って脅威となる。
 感染鶏との接触の機会が格段に増え出すことになる。 
Expert warns of bird flu pandemic The Nation (タイ) 専門家、鳥インフルエンザのパンデミックを警告
 保健専門家がH5N1インフルエンザウイルスが長期間生存するように変異しているので、鳥インフルエンザのパンデミックを警告している。
 公衆衛生省の保健衛生担当高官であるTawee Chotpitayasunondh 博士が、2009年の報告書でH5N1ウイルスが変異し、動物の体内に長期間存在するようになったとされる事を引用して、近い将来鳥インフルエンザのパンデミックが再来する可能性があると警告した。
 「レポートによると、インドネシアで拡大しているH5N1ウイルスの構造が変化していて、動物の体内に長期間生存が可能となり、その結果元のウイルスよりも致死性が低下している」、と語っている。

 WHOの鳥インフルエンザ専用ウエブの統計表、さらに目茶苦茶な記載

 8月2日分にカンボジアの2011年の新規発生分が加わってなかったが、今朝見ると、感染者数6人->7人、死者数6人->7人に変えられている。
 しかしエジプトの症例が6月10日の古い数のままである。にも関わらず世界での発生数が47人、死者数24人となっており、現在のエジプトの正しい症例数を書き直さなければ、このような数にはならない。現在の表だと世界の総感染者数は41人、死者数は20人となる。
 エジプトは感染者数は31人で死者数は12人が正しい。 正しい数値を入れると総数は合うようになる。

 以下は間違っている。

 8月4日

 気になる情報はない。
 8月3日

Early Use of Glucocorticoids Was a Risk Factor for Critical Disease and Death From pH1N1 Infection  Clinical Infectious Disease (臨床感染症雑誌) パンデミックインフルエンザH1N1に対する早期のステロイド投与は重症化の危険性
 中国CDCの研究チームによる。
 2009年10月と11月に入院したインフルエンザH1N1(2009)患者83人を対象とした分析。
 発熱や肺炎予防のための早期のステロイド投与が行われた17人で、71%の患者が死亡を含む重症化した。
 一方、3日以降に投与、または投与されなかった患者66人では、39%が重症化した。

FAO、エジプトでH5N1鳥インフルエンザ感染者が確認と報告  FAO(国連食糧農業機関)
 FAOの報告によると、7月12日にAl Buhayrah 県でH5N1鳥インフルエンザ感染者が発生し、7月27日に検査で確定された。
 2日にFAOのホームページで報告された。
 詳細については不明である。

WHO、カンボジアにおける鳥インフルエンザ発生状況 更新5  WHO
 カンボジア王国保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)の人感染事例を報告した。
 症例は4歳少女(在住場所:Chork Reaksmey Village, Rohath Teuk Comune, Mongkul Borei District, Banteay Meanchey Province.)。
 7月11日に発病し、地域の個人医療施設で治療を受けていたが、改善しないために18日にJayavarma VII 病院へ入院した。2日後の20日に死亡した。
  *訳者注:地域の民間医療施設では伝統的医療を受けていたが、タミフルは投与されていない。

 少女の住む村で家きんの死亡が確認されていることから、感染原因は死亡した家きんへの暴露とされる。
  *訳者注:暴露の具体的内容は不明。濃厚に接触、家族と調理、そして摂食、等。
 少女は同国で17人目の感染者で、また15人目の死者となった。
 さらに今年度感染した7人は全例死亡している。

 当局によると地域でインフルエンザ様疾患の増加はなく、また重症呼吸器感染症の増加も報告されていない。
 患者と接触した13人はウイルス検査で陰性だった。
 さらに2週間、地域保健センターと病院で、インフルエンザ様疾患と重症呼吸器感染症に対する監視態勢の強化が続けられる。
8月2日


ニュージーランド、インフルエンザ流行状況 ニュージーランド保健省
 感染者数は流行下限域で、分離ウイルスの多くはB型となっている。
 


オーストラリア、インフルエンザ流行状況 オーストラリア保健省
 第29週(7月9日~22日)
 インフルエンザシーズンに入っているが、一昨年のパンデミックに次いで感染者が多い年となっている。
 分離ウイルスの多くはA/H1N1(2009)となっている。
 家庭医を受診した割合。

カンボジアの動物園で野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡  OIE (国際獣疫事務局)
 タケオ省のプノムタマオ動物園で19羽の野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと、カンボジア農業省が発表した。
 翌日にはBanteay Meanchey 省で4歳女児がH5N1鳥インフルエンザで死亡している。
 動物園での野鳥の死亡は7月13日から始まった。
 野鳥がどこから飛来してきたか十分調査されていないが、雨期に入って湖水化しているトンルサプ川周辺の野鳥と推測されている。
Guidance on the release of information concerning deaths, epidemics or emerging diseases  AHCJ (米国保健医療ジャーナリスト協会 ) 死亡、流行病、または新興疾患に関する情報発信に関するガイドライン
 いかに公共にとって重要な情報を、個人のプライバシーを侵害せず、また不要な不安感を与えずに伝えるか。

 要約
   保健当局の役割: 法的許容範囲の中、およびプライバシー保護の下で、可能な限り多くの情報を提供することが可能である。
   ジャーナリストの役割: 読者層に、プライバシーの保護に努めながら、問題に関して正確で完全な情報を提供する事が可能である。

 8月1日

Antibody discovered to fight A types of Flu  Xinhua (中国、新華社) A型インフルエンザ全てに有効な抗体が発見
 F16抗体に関する内容。
 A/H1N1インフルエンザ、またはワクチンを接種した人々から回収した免疫産生細胞(形質細胞)が産生するモノクローナル抗体から、全A型インフルエンザウイルスのヘマグルティニンに反応する抗体が分離された。
 マウスの実験で予防および治療効果が確認された。
 英国とスイスの研究チームによる。
 豚インフルエンザに感染して治癒した人々が、他のインフルエンザ感染に対しても免疫になっている可能性が以前から示唆されていた。
Immunity to flu may be passed to newborns  Daily News Engine (国際) インフルエンザに対する免疫は新生児へ以降の可能性
 2002年~2009年の米国CDC統計データが分析され、新生児や乳児がなぜインフルエンザに感染しづらく、また死亡率が低いのかを明らかにされた。
 妊娠中にインフルエンザワクチンの接種を受けた乳幼児は、インフルエンザを発症して入院する頻度が低いことが、米国産婦人科学雑誌の6月号に掲載された。
Flu Fighting With “Super Antibody”  EQuicknews (国際) 全インフルエンザに効果を示す”スーパー抗体”
 豚インフルエンザ(A/H1N1)を発病して治癒した人々の中に、他の感染に対しても免疫となった”スーパー免疫”保有者がいる。
 そうした人から抗体を分離したが、研究者達はそれをF16と名付けた。
 抗体は分離された抗体産生細胞からモノクローナル抗体として大量産生可能となる。
 この抗体は全てのA型インフルエンザウイルスを標的として、マウスを用いた実験で完全に予防効果を示した。
 F16を大量に製造することで、人のインフルエンザ治療に応用できるとされる。

Universal Flu Vaccine Discovered, Available in 5 Years  International Business Times (国際) インフルエンザ万能ワクチンは5年以内に実用化
 米国、国立アレルギー及び感染症研究所のチーム。
 2段階ワクチン接種法による:プライムワクチン(刻印ワクチン)およびブーストワクチン(増強ワクチン)
 1934年から2007年まで分離された全A型ウイルスに効果。
 3~5年以内に臨床試験に入るとチームではコメントしている。

 当情報は 2010年7月16日にロイターから発表されている

Two-step vaccine may offer "universal" flu jab WTAQ (米国) 2段階方式インフルエンザワクチンが万能ワクチンとなる可能性
 ロイター
 
 インフルエンザウイルスの表面抗原であるヘマグルティニンの遺伝子をDNAワクチンとして用い、それを用いて1回目の接種(プライム、免疫的刻印)を行うと、その後、季節性インフルエンザワクチンを接種するだけで、A型インフルエンザの多くに対する抗体が産生されることが、米国の研究者により明らかにされた。
 米国アレルギー感染症研究所のグループによる。
 科学雑誌”サイエンス”に発表された。
 ウイルス表面のヘマグルティニン(HA)は、感染細胞に侵入する際に必要な蛋白であるが、ウイルス株によって異なっていて、また同一ウイルスでも毎年少しずつ変異する。
 しかしこのヘマグルティニンの幹の部分は通常隠れていて、生体の免疫系に認識されずらい。
 このヘマグルティニンの遺伝子をワクチンとして使用することで、幹部分が免疫系に認識され、次回にウイルスのヘマグルティニンが生体内に現れると、幹部分も含めてヘマグルティニンに対する抗体が産生されるという。
 2回目のワクチンは通常の季節性インフルエンザワクチンで構わなく、この接種は免疫的ブースター効果といわれる(刺激効果)。
 マウス、フェレット、およびチンパンジーで効果が確認されている。
 プライムに用いたヘマグルティニン遺伝子を持つウイルス以外のA型インフルエンザ各種に効果を示すという。

 


One Antibody Fights All Flu  The State Column (米国) 全てのインフルエンザに効果を示す抗体が分離
 スイスと英国の研究チーム。
 インフルエンザに感染して治癒した人およびワクチン接種した人の血液から抗体産生細胞を分離して、個々の細胞から産生される抗体を分析した。
 その結果全ての全てのA型インフルエンザウイルスのヘマグルティニンを標的とする抗体を発見。F16抗体と呼んでいる。
 この抗体はマウスを用いた実験で、あらかじめ投与しておくとH1N1ウイルスの致死的感染を防いだが、ウイルスを投与後に抗体を投与しても発病を防いだ。
 研究チームでは、F16抗体を純化して人に用いることで、全てのA型インフルエンザに対する治療が可能となるとコメントしている。
TOP