高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年7月

 7月31日

 特に気になる情報はない。
 週末は海外情報が少ない。
宿泊研修で食中毒 小学生から大腸菌    読売新聞
 山辺町の自然体験施設で宿泊研修に参加した山形市内の小学生男女計28人が、下痢や腹痛など食中毒の疑いのある症状を訴え、うち7人から腸管出血性大腸菌O(オー)UTが検出された。
 OUTとは血清型が検査で判別出来ない場合をいう。
 *訳者注:今年度、北ドイツを中心に広がった腸管凝集性O104:H4大腸菌も判別対象にされているのだろうか?少々気になる。
  ベロ毒素産生(志賀毒素産生)O104:H4大腸菌である。STECO104:H4と呼ばれる。

インフルワクチン 需要最大に  NHK
 厚労省は一昨年の新型インフルエンザの影響もあって、今年はワクチン接種希望者が増えると予測し、最大2700万本余りとしている。
 国内ワクチンメーカーは4社で、総生産量は2960万本製造可能で、十分需要量はカバーできると考えられている。
 昨年の使用量は2300万本前後。
 7月30日

インフルワクチン、最大2960万本製造へ  キャリアブレイン
 厚生労働省は7月29日の「インフルエンザワクチン需要検討会」(座長=庵原俊昭・国立病院機構三重病院長)の会合で、今年度のインフルエンザワクチンの製造量が、最大2960万本程度になる見通しを明らかにした。同省は、現時点の需要見込みを上回っているとして、「十分な製造・供給能力は確保されている」としている。

Bird Flu Worries Rise With Seventh Fatality This Year  Voice of America (VOA  米国) カンボジア、今年度7人目の死者が発生し、鳥インフルエンザ不安感高まる
 鳥インフルエンザがカンボジアのBanteay Meanchey省で4歳の女児の命を奪った。今年度6人目の小児の犠牲者となったことが保健省から29日発表された。
 女児は発症10日後伝統的治療院からシーム・リープの小児病院へ運ばれ、そこで死亡した。

 「女児は死亡した鶏に触った後、発病した」、と保健省伝染病部門の局長が発表した。
 女児はカンボジアで初の発病者が発生した2003年以来、15人目の死者となったが、今年度だけで7人目の死者となった。

 保健大臣は、鳥インフルエンザはカンボジアでは未だ脅威であり、特に小児が感染しやすいと語り、保護者に小児を病的または死亡した家きんに近づけないように注意を促している。
 女児の住んでいた村は現在観察下に置かれ、他の13人の村人達の検査結果は現在保留となっている。
 7月29日

Cambodian girl dies from bird flu: WHO  Straits Times (シンガポール) WHO:カンボジアで少女が鳥インフルエンザで死亡
 カンボジア北東部のnorth-western Banteay Meanchey省で、4歳少女がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したと本日WHOが発表した。
 保健大臣は病的および死亡した家きんに小児を近づけないように注意を与えている。

 カンボジアでは今年度7人が鳥インフルエンザを発病しているが、全例死亡している。また6人が小児である。
 少女は2005年以来17人目の発病者で、15人目の死者となっている。

Researchers Complete DNA Sequencing of E coli Strain   Medscape  (国際) 研究者達、大腸菌のDNA配列を完全に解明
 先に報告したNew.Engl.J.Medに掲載された2研究チームの発表内容。
Flu "super antibody" may bring universal shot closer
  Reuters (国際) インフルエンザに対する”スーパー抗体”が万能ワクチン開発の引き金に
 英国とスイスの研究者チーム。
 全てのインフルエンザウイルスに反応するスーパー抗体”F16”を発見。そのスーパー抗体が万能ワクチン開発の引き金になる可能性。
 詳細は世界的科学雑誌のScienceで発表 原著要約

 7月28日


インフルエンザ万能ワクチンは5年以内に実用化の可能性 CIDRAP ニュース
 米国国立衛生研究所(NIH)の長官であるフランシス・コリンズ博士が、USA Toayのレポートで、全ての株に有効となる万能インフルエンザワクチンが5年以内に実用化される可能性が高いと語った。
 万能ワクチンは現在のように毎年接種の必要はなく、1回接種で長期間有効と想定される。
 同博士によると、2~3年前までは万能ワクチンは完全に手が届かなかったが、ウイルスの殻の一部分が変化しないことが見いだされてから、その部分がワクチンの標的とされるようになった。
 (訳者注:ヘマグルティニンの幹部分であるが、頭部分は抗原性が変化しやすいが、この幹は変化しない。また株による相違もない。下図の抗原不可変部分)。
 
 
 ミシガン大学のインフルエンザ専門家であるアーノルド・モント博士は、万能インフルエンザワクチンは作成出来るかというレベルではなく、いつ完成するかというレベルになっているとコメントし、ただし5年という期間は難しいかも知れない、とも語っている。
Compressed schedules for adjuvanted H5N1 vaccine do well in trial  CIDRAP ニュース アジュバント付加H5N1ワクチンの短期間接種スケジュー
 グラクソスミスクライン社の遺伝子組み換えH5N1ワクチンの2回の接種間隔を標準の21日間よりも短縮しても抗体産生は十分に認められ、また他H5N1ウイルス株に対しても交差免疫を示した。
 ワクチンに用いたウイルスは2005年に分離されたインドネシア株で、ワクチンにはアジュバントとしてAS03が加えられた。抗原量は15μg。
 臨床試験第2相であるが、18-64歳までの成人を対象に行われた。
 接種間隔は標準の21日、14日、7日、同日の群に分けて行った。
 最も抗体価が高かったのは21日間隔接種群であったが、他の群でも米国とEUの基準を満たす結果だった。
 他に2004年ベトナム株および2005年のトルコ株を用いて抗体価を調べたが、両者に対しても基準を満たす結果が得られた。

 上記結果は緊急時に間隔を短縮してワクチン接種することの有効性を示唆している。

 カナダの研究チームによる。
 原著論文 J.Infect.Dis.
Pacific Biosciences DNA Sequencing Technology Yields New Insights into ...  EON: Enhanced Online News (国際) 
 国際チームが”single molecule, real-time (SMRT™) DNA sequencing technology from Pacific Biosciences of California, Inc. (NASDAQ:PACB) ”を用いて、ドイツで発生した強毒性の大腸菌の病原性と変異の過程を明らかにした。研究チームは、米国、デンマーク、WHO強力センター、他。
 研究結果はNew. Engl. J. Medのオンライン版に本日掲載された。原論文

 研究結果によると、流行株は血清学的型がO104:H4の腸管凝集性大腸菌であるが、これまで見つかってきた同大腸菌とは、シガ毒素2(Stx2)産生遺伝子を含んでいること、他の高病原性に関する遺伝子、さらに抗生物質耐性遺伝子を含んでいることから、異なるとされる。

 訳者注:基本的にBGIと同じ分析結果である。
BGI reports rapid open-source genomic analyses accelerated global studies on deadly E. coli O104:H4  EurekAlert (国際) BGI報告:オープンソース遺伝子情報分析は致死的大腸菌O104:H4の世界的研究を促進した
 中国、深セン市にある、世界最大の遺伝子情報分析センターであるBGI(北京遺伝子情報分析センター)は28日、New. Engl. J. Medに、同センターと共同研究機関が分析した”シガ毒素産生大腸菌0104:H4の分析結果を発表した。原論文
 遺伝子分析には、”rapid, bench-top DNA sequencing technology”を用いて、さらに”fast crowd-sourced analyses (迅速にネットを用いて情報を公開して、多くの研究者による分析を求める”手法が、公衆衛生学的緊急危機発生に対する重要な役割を発揮したことを明らかにした。

 通常検出されることが希だったシガ毒素(ベロ毒素)産生大腸菌O104:H4大腸菌の集団発生が、ドイツで2011年5月に発生した。7月21日の時点で4000人以上の感染者が確認され、そのうち50人が死亡している。
 BGIは3日以内に遺伝子を分離し、 Ion Torrent Personal Genome Machine を用いて 1週間以内に、大腸菌が腸管凝集性大腸菌に属し、シガ毒素2産生遺伝子を保有し、数種類の抗生物質に耐性となっている。ことを明らかにした。
 これらの研究結果はハンブルグ-エッペンドルフ大学医学センター、北京微生物疫学研究所、中国CDC、他が関与したが、さらに世界中の研究者達が追跡調査した。

 BGIの研究チームの指導的立場にあるジュンジ・キン博士は、可能な限り迅速に感染のメカニズムと疫学的予防対策を講じるために、我々は共同研究者達と共に世界の研究者達に迅速にデータを公開してきた、と語っている。

 遺伝子情報分析結果によると、O104:H4大腸菌は腸管凝集性大腸菌系列にあり、、シガ毒素2(stx2)産生遺伝子を持つプロファージが保有され、さらに抗生物質多剤耐性遺伝子を持つプラスミドも保有された(plasmid encoding a CTX-M15 extended-spectrum beta-lactamase (ESBL) gene)。
 訳者注:プロファージもプラスミドも大腸菌細胞内に存在し(前者は主として大腸菌染色体上、後者は染色体外)、それらが保有する遺伝子情報が、大腸菌本来の遺伝子と同じく機能し、細胞が分裂してゆく場合、それらも分裂し子孫細胞に伝わってゆく。

German Health Officials Announce That E. coli Outbreak is Over  Food Poison Journal (国際) ドイツ保健当局、大腸菌集団発生は終息と発表

German authority says E.coli outbreak is over  Xinhua (新華社、中国) ドイツ、大腸菌流行の終息宣言
 ドイツ国立疾病管理センターであるロベルト・コッホ研究所は、3週間新たな感染者が出ていないことから、O104:H4大腸菌の流行は終息したと発表した。
 同研究所によると最後の感染者は7月4日とされる。
 3週間という期間は、大腸菌の潜伏期間、診断に要する期間、および患者を移送する時間を全て含まれる。

 同研究所では今後も致死的O104:H4大腸菌を監視し続けるが、流行は去っても個人的感染は未だ起きえることから、人々に個人的および食品衛生管理に十分注意を払うことを求めている。
 今回の集団発生で5月以来、52人の死者と4000人以上の発病者を出している。

 7月27日

 特記すべき情報はない。
 7月26日


WHO、O104:H4大腸菌発生情報 更新30 (7-22-11)
 ドイツだけで50人の死者を出した集団感染は、ほぼ終息状態に入った。

 ヨーロッパCDCの患者数とはドイツの症例数が異なっている。特にHUSに関しては異なりが大きい。
 この表で示されているスイスの症例はヨーロッパCDCの統計には加わっていない。

 WHOではEHECとの表現を用いているが、ヨーロッパCDCでは非HUS志賀毒素産生大腸菌症例との記載である。
 当細菌をEHECに含めるのか、それとも腸管凝集性大腸菌(EAEC)に含めるのか、未だ見解は定かではない。

Country
HUS
EHEC
Cases Deaths
Cases Deaths
Austria 1
0 4
0
Canada 0 0
1 0
Czech Republic 0
0 1
0
Denmark 10 0
15 0
France 7
0
10
0
Germany
857 32 3078* 16
Greece 0
0 1 0
Luxembourg 1
0 1
0
Netherlands 4
0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1 0
Spain 1
0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
4 0
United States of America 4 1
2 0
Total 908 34 3167 16

* Only includes cases that meet the European Union case definition (as of 7 July 2011 onwards).


ヨーロッパCDC:EUにおけるSTEC(シガ毒素産生大腸菌)流行状況更新
 7月25日
 合計3899人の発病者数。
 死者数は46人

 ドイツ国内からの報告が未だ続いている。
 検査室で確定された患者の最終発症日は7月7日。可能性例(臨床診断で検査では未確認)を含めると17日が最終発症日。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS STEC and non-HUS STEC cases, as per the EU case definition, and associated deaths per EU/EEA Member State, 25 July 11:00

Member States

Number of HUS STEC cases (deaths)

Number of non-HUS STECcases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

16 (0)

France

9 (0)*

2 (0)*
2 (0)**

Germany

732 (28)

3 042 (17)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

781 (29)

3 118 (17)

Note: the numbers in this table represent the total number of cases reported at the European level (ECDC) so far. Although daily numbers of reported cases have steadily decreased in the last weeks, these cumulative numbers continue to rise due to reporting delays at the various levels.
Suspected cases (Germany: 120 HUS STEC (4 deaths), France: 4 non-HUS STEC) are not included.

* Cases reported from the outbreak in Bordeaux
** Cases reported earlier, linked to travel to Germany




 7月25日

特記すべき情報はない。

7月24日

 特記すべき情報はない。
 7月23日

予防接種法及び新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法の一部を改正する法律等の施行について
 
平成23年7月22日 
 ファイル


 概略
 
 新型インフルエンザワクチンは接種が勧奨されるが、希望者にだけ接種される。ただし接種を受けるように努める責務は課せられない。
 費用は基本的に二分の一を国、四分の一を都道府県、残りを市町村、ただし市町村に財源がないときは、被接種者から実費の徴収は可能。
 ワクチンが緊急に必要で国内で足りない場合は海外企業からの輸入も含めて、ワクチン接種に関わる被害等による損害を国が補償する。


 不明確なポイント:平成21年春に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)については、感染力は強いものの、病状の程度がそれほど重くならないものであった…、今後、先般の新型インフルエンザ(A/H1N1)と同程度の感染力や病状を呈する新型インフルエンザが発生した場合の対応に万全を期するため、予防接種法において新たな臨時の予防接種の類型を創設する等所要の規定を整備するものである。
  --->ここで規定している新型インフルエンザの定義が曖昧。
   
 世界的には、インフルエンザA(H1N1)2009は季節性インフルエンザよりも病原性は低く、死者数は少なかった。
 
 7月22日

特記すべき情報はない。
7月21日

ヨーロッパCDC:EUにおけるSTEC(シガ毒素産生大腸菌)流行状況更新
 菌が確定された症例の最新発症日は7月7日で、可能性例を含めた最新発症日は7月12日である。
 ドイツで若干の症例が追加されている。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS STEC and non-HUS STEC cases, as per the EU case definition, and associated deaths per EU/EEA Member State, 20 July 11:00

Member States

Number Of HUS STEC Cases (Deaths)

Number Of Non-HUS STEC Cases (Deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

15 (0)

France

8 (0)*

3 (0)*

2 (0)**

Germany

720 (26)

3 075 (16)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

768 (27)

3 151 (16)

Note: the numbers in this table represent the total number of cases reported at the European level (ECDC) so far. Although daily numbers of reported cases have steadily decreased in the last weeks, these cumulative numbers continue to rise due to reporting delays at the various levels.
Suspected cases (Germany: 140 HUS STEC (6 deaths), France: 5 non-HUS STEC) are not included.

* Cases reported from the outbreak in Bordeaux
** Cases reported earlier, linked to travel to Germany



Outbreak: German Task Force's Final Report  Food Safety News (国際) 特別調査委員会、ドイツの大腸菌集団発生に関して最終報告
 ドイツ連邦政府の消費者保護および食品安全局の腸管出血性大腸菌特別調査委員会(EHEC Task Force of the German Federal Office of Consumer Protection and Food Safety (BVL))は、最終報告書で10000検体以上の食品検査でO104:H4大腸菌を検出出来なかったとした。
 当局は種子やスプラウトに汚染している微量のSTEC(シガ毒素産生大腸菌)を検出することは極めて難しいとコメントしている。
 理由として当局では、EHEC大腸菌は非常に潜伏期間が長いことと、スプラウトの保存期間は非常に短いことが挙げられる、としている。
  *訳者注:汚染スプラウトを食べても発症するまで8日間程度要するが、該当スプラウトは発症日には市場には在庫してない。
EHEC 2011 outbreak: Scientists of Münster publish their prospective genomic ...  EurekAlert (国際) 2011年腸管出血性大腸菌流行:ミュンスター大学の研究者による遺伝子分析
 ドイツのミュンスターチームの研究結果。これまで途上国で重症下痢を起こしている腸管凝集性大腸菌(EAEC)がベロ毒素産生遺伝子を持ち込んだと考えられていたが、当研究チームはベロ毒素産生腸管出血性大腸菌O104:H4の先祖に由来しているとの分析結果を発表した。
 もともと人の病原性大腸菌由来(EAEC)か、それとも牛の大?腸に寄生する大腸菌由来(EHEC)か、難しい話だ。
 BGI(北京遺伝子研究所)とハンブルグの研究チームは、EAECがオリジナルで、そこにベロ毒素産生遺伝子などが導入された?もので、菌はEAECに属すると判断した。
 ヨーロッパCDCではSTEC(シガ、またはベロ毒素産生大腸菌)との表現しか用いていない。

ニュージーランドのインフルエンザ発生状況  ニュージーランド保健省
 インフルエンザ患者数は、流行閾値の下限を超えて、インフルエンザ流行期に入っている。
 分離されるウイルスは、B、A(H3N2)、A(H1N1)など多岐に亘っている。



Flu cases up 400 per cent Sky News Australia (オーストラリア) インフルエンザ感染者数、例年の400%
 本年1月から7月まで発生したインフルエンザ患者数は昨年の3倍以上になっている。
 今年度は通算8000人の感染者が確認されているが、昨年の同期は2000人であった。
 豚インフルエンザ(A/H1N1)が中心となっているが、2年前の様にICUに収容される患者数は少ない。
 医学専門家は8~9月のピーク前にこれだけ感染者が多い理由について、十分に説明出来ないようだ。

 以下の表はオーストラリア保健省のサイト掲載資料

 
 7月20日


Flu cases four times higher than last year  The Daily Telegraph (オーストラリア) インフルエンザ発生数、昨年の4倍
 インフルエンザA(H1N1)2009とB型が中心に流行。
 
Flu vaccine production to double by 2015, WHO says GENEVA (Reuters) WHO、2015年までに世界のインフルエンザワクチン産生量を2倍に、パンデミック時には世界で54億回分製造可能
 ジュネーブ、7月14日

 2015年までに途上国で11企業が参加することから、世界の季節性インフルエンザワクチン産生予想量は、17億回分となるとWHOが14日発表した。
 もしパンデミックが発生したとき、世界の37ワクチン製造企業はインフルエンザワクチン製造能力を3倍に高め、パンデミックワクチンを54億回分製造可能となる。
 しかし、実際の産生量は、有精卵内でのウイルスの増殖量(A/H1N1の際は非常に悪かった)、および免疫効果を高めるためにどの程度アジュバントを加えるかで変わると、専門家達は語っている。*訳者注:アジュバントはヨーロッパのワクチンでは使用されているが、米国では基本的に用いてなく、カナダでも妊婦用のワクチンには使用していない。日本で製造の季節性インフルエンザワクチンには使用されていない。
 WHOの事務局長代理のマリーポウル・キーニー氏は、3日間に亘る専門家会議の後で次のように語っている。
 「2015年までに全てのプロジェクトが予想通り進めば、世界で17億回分の季節性インフルエンザワクチンが産生可能となる。」
 「もしパンデミックワクチンを製造する必要が出た場合は、その3培量のワクチン製造が可能となる」

 WHOは、2009年から2010年のパンデミックに際して、途上国へのワクチン提供が遅れたこと、パンデミック宣言に企業の影響があったことなどで非難された。
 「我々は、もしパンデミックワクチンが必要になったとき、より多くのワクチンを入手するということことだけではなく、製造場所が地理的に局在せず、広く世界中に拡大すること、そして、より多くの人々が迅速に入手できることを目標としている」、とキーニー氏は語っている。

 WHOの2009年のパンデミック対策を検証してきた外部委員会は先に、WHOは、より危険性の高いパンデミック発生(a major pandemic)に対して十分対策を講じていないと批判している。
 「現在世界は深刻なインフルエンザのパンデミックが発生した場合、世界の人口を守るための十分なワクチンを製造できる能力を持っていない」、と委員会のファインバーグ博士委員長は14日語っている
 一方、WHOのインフルエンザワクチン対策行動計画の委員である、タイのパトム・サワンパニヤラート(Pathom Sawanpanyalert)博士は、
 「我々はインフルエンザワクチンをパンデミックとの戦いの手段とすべきで、(企業が)利潤を最大に上げるための手段とすべきではない」と語っている。
 7月19日

Bird flu recurs in Phu Tho and Quang Tri provinces  VOVNews.vn  (ベトナム) ベトナムの2省で鳥インフルエンザが再流行
 長らく発生報告がなかった北東のフート省で鶏で、さらに北部中央のクアンチ省県でアヒルの間で(H5N1)鳥インフルエンザが発生した事が当局から発表された。

ヨーロッパCDC:EUにおけるSTEC(シガ毒素産生大腸菌)流行状況更新
 7月18日
 発生数は減っており、確認例の最終日付は7月1日、可能性例の最終発生日は7月11日。
 
 7月18日午前11時 
 ドイツは前回のデータから非HUS例を1例除いた。
 15日のデータと比較し増加はしていない。
 

Member States

Number Of HUS STEC Cases (Deaths)

Number Of Non-HUS STEC Cases (Deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

15 (0)

France

8 (0)*

3 (0)*

2 (0)**

Germany

717 (25)

3 066 (15)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

765 (26)

3 142 (15)

Note: the numbers in this table represent the total number of cases reported at the European level (ECDC) so far. Although daily numbers of reported cases have steadily decreased in the last weeks, these cumulative numbers continue to rise due to reporting delays at the various levels.
Suspected cases (Germany: 142 HUS STEC (7 deaths), France: 5 non-HUS STEC) are not included.

* Cases reported from the outbreak in Bordeaux
** Cases reported earlier, linked to travel to Germany


 7月18日

 特記すべき情報はない。
 7月17日


Another 41 Cases Added to EU Outbreak Toll  Food Safety News (米国) EUで発生中の大腸菌感染症、新たに41人が確認
 ヨーロッパCDCは15日、O104:H4大腸菌感染症が41人増えて総計3908人となり、そのうちHUSが765人含まれていることを発表した。
 一方先に報告されていた死者の中から3人を除外して、死者数は41人となった。

 WHOの報告は若干異なり、ヨーロッパの14カ国と米国とカナダを合わせて4000人以上の発病者と53人の死者数としている。
 流行は終息に向かっている、最終的に発症した患者は7月8日であるとヨーロッパCDCでは報告している。

 ヨーロッパCDC公式統計から
7月15日午前11時

Member States

Number of HUS STEC cases (deaths)

Number of non-HUS STEC cases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

15 (0)

France

8 (0)*

3 (0)*

2 (0)**

Germany

717 (25)

3 067 (15)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

765 (26)

3 143 (15)

Note: the numbers in this table represent the total number of cases reported at the European level (ECDC) so far. Although daily numbers of reported cases have steadily decreased in the last weeks, these cumulative numbers continue to rise due to reporting delays at the various levels.
Suspected cases (Germany: 142 HUS STEC (7 deaths), France: 5 non-HUS STEC) are not included.

* Cases reported from the outbreak in Bordeaux
** Cases reported earlier, linked to travel to Germany


 7月16日

改正予防接種法が成立  キャリアブレイン 
 病原性が高くない新型インフルエンザに対応した新たな臨時接種を創設することなどを盛り込んだ改正予防接種法は7月15日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。
 改正法によると、行政は新たな臨時接種の対象者に対し、接種を受ける努力義務は課さないが、接種を「勧奨」する。
 法改正に伴う今後の政令改正では、新たな臨時接種による健康被害が生じた場合の救済金額を「2類定期接種(季節性インフルエンザ)」の水準よりも引き上げる。

 このほか、ワクチン確保のため、政府は今後5年間に限り、特例承認を受けた製造販売業者と損失補償契約を締結することが可能となる。

 改正案は昨年3月に国会提出されたが、継続審議となっていた。

 7月15日

Maros, South Sulawesi ::: Bird flu widespreads in 10 regions Bird Flu Information Corner (インドネシア) 南スラウェシ州の10地域で鳥インフルエンザが拡大
 本年度1月から7月までの間、南スラウェシ州の10地域で、家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生したことが同州の獣医学研究センターから発表された。
 2404羽の家きんが検査され、100羽でH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。
 鳥インフルエンザの拡大を防止するために、州境等での輸送される家きんの監視を強化している。


全国インフルエンザ発生状況
 7月4日~7月10日
  全国 流行なし 定点平均 0.06
  東京都 流行なし 定点平均 0.03
  沖縄 流行域にある 定点平均 1.71  前週 3.1、 前々週 4.55

 7月14日


ヨーロッパCDC:EUにおけるSTEC(シガ毒素産生大腸菌)流行状況更新
 EUにおけるO104:H4大腸菌による全発症者数は3848人となった。このうちHUSが768人含まれている。
 総死者数は44人。
 前回報告よりもドイツでHUSが1人、非HUSが8人増えている。
 細菌学的に確定された最終患者発生日は7月1日。全事例では7月4日となっている。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS STEC and non-HUS STEC cases, as per the EU case definition, and associated deaths per EU/EEA Member State, 13 July 11:00

Member States

Number of HUS STEC cases (deaths)

Number of non-HUS STECcases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

15 (0)

France

8 (0)*

3 (0)*
2 (0)**

Germany

715 (27)

3 009 (16)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

763 (28)

3 085 (16)

Note: the numbers in this table represent the total number of cases reported at the European level (ECDC) so far. Although daily numbers of reported cases have steadily decreased in the last weeks, these cumulative numbers continue to rise due to reporting delays at the various levels.
Suspected cases (Germany: 146 HUS STEC (7 deaths), France: 5 non-HUS STEC) are not included.

* Cases reported from the outbreak in Bordeaux
** Cases reported earlier, linked to travel to Germany


Asymptomatic E. coli Infections Pose New EU Threat  Food Safety News  (米国) 無症候性大腸菌感染が新たなEUにおける脅威に
 下記内容と同じ。
Asymptomatic E coli infections raise new EU worries CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 無症候性大腸菌感染症が新たな心配に
 ドイツ西部の学校でO104:h4大腸菌が集団発生したが、学童と調理人に多くの無症候性感染者がいることが確認され、新たな懸念材料となっている。
 ノースライン-ウエストファリア州のクライス プラデルボルンにある小学校で4人がO105:H4大腸菌に感染し、3人がHUSを合併した。しかしながら予備的検査で生徒30人中22人が無症候性感染を起こしていることが確認された。ヨーロッパCDCが発表した。
 集団発生は6月下旬に発生した、さらなる拡大を防止するために休校措置がとられた。
 
 さらに無症候性感染は給食調理関係者でも見つかり、上記学校の料理者3人、地域における4ヶ所の保育所で4人、さらに学校給食調理会社で3人から大腸菌が検出されている。
 
 今回の無症候性感染者の確認は、新たなる集団発生の危険性を示唆し、特に給食関係者の場合は、事態が深刻である。

 7月13日


ECDC issues an updated risk assessment on the Shiga toxin-producing E. coli (STEC) outbreak in the EU  (ヨーロッパ疾病予防管理センター) EUにおけるシガ毒素(ベロ毒素)産生大腸菌(STEC)流行に関する”危険性評価”、更新
 ヨーロッパCDCはEUにおけるSTEC流行に関する危険性評価を更新した。
 ヨーロッパにおけるSTECO104:H4発生の疫学的情報から判断すると、スプラウト栽培に用いた大腸菌感染種子に起因したドイツとフランスにおける集団発生は終息に向かい、今後新たな集団発生、または散発的発生の危険性のあるフェーズに移行しつつある。
 ECDCはSTEC発生を継続的にモニターし、EU加盟国から報告されるHUSと非HUS症例を毎日報告する。
 7月12日

France links five more cases to E coli cluster CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) フランスの大腸菌集団発生でさらに5人が確認
 5人中3人がスプラウトを摂食、2人が感染者から感染。 

 以下はヨーロッパCDC(ECDC)からの情報。
 ECDCが本日発表。
 ボルドーにおけるコロハのスプラウトに起因するH104:H4大腸菌集団感染者は合計11人となり、HUS併発者は8人となった。他に2人のHUS非合併者がいるが、これは北ドイツで感染した例と確認されている。

 以下の表はヨーロッパCDC発表
 7月11日(現地時間) HUS非合併STEC(シガ毒素産生大腸菌)感染者数 3041人、HUS合併者数757人、 総計 3798人。

 前回からの増加数: HUS デンマークで1人、フランスで2人、ドイツで2人
               非HUS デンマークで1人、 フランスで3人、ドイツで20人、英国で1人。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS STEC and non-HUS STEC cases, as per the EU case definition, and associated deaths per EU/EEA Member State, 11 July 11:00

Member States

Number of HUS cases (deaths)

Number of non-HUS STEC cases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

10 (0)

15 (0)

France

8 (0) *

3 (0) *
  2 (0) **

Germany

709 (27)

2 965 (16)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

4 (0)

TOTAL

757 (28)

3 041 (16)

 * ボルドーでの集団感染者数
 ** ドイツで感染した数 

Bird flu vaccine trial on babies  Adelaide Now (オーストラリア) オーストラリア、H5N1鳥インフルエンザワクチンの幼児への臨床試験
 鳥インフルエンザは次のパンデミックインフルエンザとなる可能性が高い。
 6ヶ月までの乳幼児への鳥インフルエンザアクチンの臨床試験が始まる。
 女性と小児病院ワクチン免疫学研究所(Vaccinology and Immunology Research Trials Unit at the Women's and Children's Hospital),が行う。
 年幼児では有効性と安全性が確認されているが、今回は6ヶ月から35ヶ月までの乳幼児を対象に行う。(3歳以下6ヶ月まで)。

 
 7月11日


Korea Tightens Controls Over Foot-and-Mouth, Bird Flu  The Chosun Ilbo (韓国、朝鮮日報英語版) 韓国、口蹄疫と鳥インフルエンザ対策を強化
 口蹄疫または鳥インフルエンザが最近発生した国で、農場や家畜飼育場で働いている人々が入国する際は、7月25日から入国の際に申告する必要がある。また韓国籍を持つ人々で家畜飼育場で働いている場合は、これら2感染症に関して警戒されている国(リストに掲載)で出かける前に報告しなければならない。
Arizona man dies from European E.coli outbreak  TopNews United States  (米国) アリゾナの男性はヨーロッパ流行の大腸菌で死亡
 CDC発表:6月に死亡したアリゾナ男性は、ドイツ旅行でO104:H4大腸菌に感染して、HUSを発症して死亡した。
 一昨日のCIDRAPニュースと同じ内容。

南半球インフルエンザ情報
 WHO情報 7月1日更新情報
 南アフリカ-:A(H1N1)2009を中心に流行している。
 南アメリカ-特に感染者数の増加はない。
 オーストラリア-南部を中心にA(H1N1)2009の感染者数が増加している。
  オーストラリア保健省データから作成グラフ
  今年度は早い時期から季節外発生が見られてきた。
 


 ニュージーランド-流行域に入ってない。
  ニュージーランド保健省ウエブサイトから
  

Egyptian Ministry Denies Responsibility for E. coli O104:H4 Outbreak  Food Poison Journal  (米国) エジプト農業省、O104:H4大腸菌集団発生の責任を否定
 7月5日、ヨーロッパ食品安全局(EFSA)は、フランスとドイツで発生したO104:H4大腸菌の集団発生は、エジプトから出荷された特定のコロハ種子産物である可能性が高いと発表し、それを受けてEUではエジプト産のコロハ種子を市場から排除し、一次的措置として全ての種子と豆類の輸入を禁止した。さらにEUは全ての加盟国に対して、エジプトの、今回関与したと推定されるスプラウト種子の出荷元の企業から2009年~2011年に購入した全ての種子を処分するように指示した。
 EFSAでは今回の感染原因となったコロハ種子は、2009年11月にエジプトから出荷されていると説明している。(集団発生の疫学的調査で判明。ただしスプラウトおよび種子からは細菌の検出はされていない:訳者注)。
 こうしたEFSAの措置に対して、エジプト農業省は反発していて、2009年~2011年に出荷した乾燥した種子の表面には細菌は検出されていないと主張している。
 細菌汚染は種子の再包装の過程、またはスプラウト栽培に用いた水が原因で起きたと主張している。
 問題の種子はドイツの特定大手卸元に出荷され、そこから70社に発売されているが、そのうちの50社は、ドイツ国内で最も患者が発生している地域にある。
 
 7月10日

 特記すべき情報はない。

 7月9日

Arizona death linked to Europe's E coli outbreak  CIDRAP  (ミネソタ大学感染症情報センター) アリゾナ州での死者は、ヨーロッパで流行の大腸菌による
 米国で唯一のO104:H4大腸菌死者が発生。北ドイツで感染して6月中旬にHUSで死亡した。
 米国CDC発表によると、米国内で6人がO104:H4大腸菌感染により発病し、4人がHUSを発症した。
 6人中1人は、HUSを起こした患者からの感染である。

 今回の死者はヨーロッパ外で初の死者でもある。
 7月8日


WHO、O104:H4大腸菌発生情報 更新29 (7-07-11) WHO
 ドイツにおける発病者数は着実に減少しているが、それにも関わらず新規に報告されている発病者は報告の遅れに基づくものが大半となっている。
 7月7日以降、EHEC(STEC)の報告数はEUの定義に基づいた症例に変更されたため、ドイツにおけるEHEC(STEC)の症例数は減少している。
 最終的に発症した確定例の日付は6月26日であり、細菌学的に確認されてない全症例における最新発症日は6月29日である。

 フランスとスウエーデンからは新しい発病者は報告されてなく、フランスでは先に報告されていた1例のHUSが他の血清型大腸菌であったため、先のWHOの報告から削除された。

 7月6日の時点での世界における E. coli(EAggEC VTEC) O104:H4 発病者数。
 世界16カ国からO104:H4発病者数3941人が報告され、死者数は52人となっている。

Country
HUS
EHEC
 Cases Deaths
 Cases  Deaths
Austria 1
 0 4
0
Canada  0 0
 1  0
Czech Republic 0
 0 1
 0
Denmark 9
0
14
 0
France 7
0
10
0
Germany
 859  34  2945* 16
Greece 0
 0  1 0
Luxembourg 1
 0 1
0
Netherlands 4
 0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1  0
Spain 1
 0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
3 0
United States of America  4 1
 2 0
 Total  909  36  3032  16
* Only includes cases that meet the EU case definition (as of 7 July 2011 onwards).

 ヨーロッパCDCとの間でHUS症例の数値が大きく異なる。前者では7日以降、HUSもEHEC(STEC)も疑い例を省いた数値となっているが、WHOではHUSでは疑い例は含まれている。
 しかしEHEC(STEC)に関しては、WHOでも疑い例を除いた数値を記しており、ドイツの症例数はヨーロッパCDCと一致していいる。
 なぜWHO統計ではHUSは疑い例を含み、EHEC(STEC)では疑い例を外した数値を載せているかは謎である。(多分ミスと思われる)。

Two Danes get German E. coli strain from relatives: official  Expatica Germany  (ドイツ) オランダ当局発表:2人のオランダ人がドイツでO104:H4感染親戚から二次感染
 6歳女児と60歳女性がそれぞれドイツで感染した親戚からO04:H4大腸菌感染し、腸管出血性大腸炎を起こしたことが、オランダ当局から発表された。
 1人は6月中旬、1人は7月初旬に発病。
E. coli: A Risk for 3 More Years From Who Knows Where  Wired News  (国際) 大腸菌事例:感染の危険性はさらに3年は続く
 エジプト産の大腸菌汚染コロハの種子がどこに流通しているか明確ではないこと、及び種子の栽培可能期間から考えてさらに今後3年間は、どこで再流行するか分からない危険性がある。

 2009年11月24日にエジプトから出荷されたコロハ種子がドイツとフランスのO104:H4大腸菌集団発生に関与していた。
 そのときの出荷物は以下の企業に販売された。
 さらにそこから多くの企業または農場に販売されている。
  • 10,500 kg :特定のドイツ企業-->北ドイツの農場へ販売-->そこで産生スプラウトが集団感染の原因
  • 3,550 kg :9カ所のドイツ企業
  • 375 kg :1カ所のスペイン企業
  • 250 kg :1カ所のオーストリア企業
  • 400 kg:英国企業.-->一部がフランスの企業-->市場-->ボルドーの集団発生に関与
 特定ドイツの企業はエジプトの当該企業から2008年~2010年間に22トン以上のコロハ種子を購入している。
 また他のエジプト企業からも多くのコロハ種子を購入している。
 さらに記録によると、2010年だけでEUは77トンのコロハ種子をエジプトから購入していた。
 
 もし今回問題となっているエジプト企業が出荷品の大腸菌汚染を続けていた場合、またさらに悪い状況として、当該企業だけの問題ではなく、エジプトのコロハ種子産生地域全体が汚染されているとした場合、エジプトから出荷されたコロハ種子に起因する大腸菌集団発生は、今後も長年に亘り、起きえる危険性がある。
Organic doesn't mean healthy  London Review of Books (英国) 有機栽培は健康的を意味しない
 今回大発生したO104:H4大腸菌感染症がエジプト産のコロハの種子が運んで来た致死的大腸菌であり、その種子を家庭で栽培しても、必ずしも健康的で安全なスプラウトとして評価は出来ない。
 以下略。
Investigation Update: Outbreak of Shiga toxin-producing E. coli O104 (STEC O104:H4) Infections Associated with Travel to Germany   米国CDC 調査結果更新:ドイツで集団発生している志賀毒素産生大腸菌O104(STECO104:H4)
 6月23日に更新
 米国内での発病者は確定例が5人、疑い例が1人、死者は1人。

Shiga toxin-producing E. coli (STEC): Update on outbreak in the EU (7 July 2011, 11:00)  ヨーロッパCDC  志賀毒素産生大腸菌(STEC):EUにおける発生状況更新
 EU加盟国はHUSとSTECの報告定義を更新し、確認例と可能性例だけを報告することにした。これまで含まれていた疑い例は省かれた。
 

 未だ散発例や新規クラスター発生(複数以上の小集団発生)は報告されている。
 ドイツで前日以降、HUS非合併STECが42人、HUSが8人(2人死亡)が新たに報告された。報告例の中の最新発症例は7月4日とされる。

 現在のEUにおけるO104:H4大腸菌に起因したSTECの総数は、HUS 非合併例が3016人(死者16人:致死率0.53%)、HUSが752人(死者28人:致死率3.7%)。
 HUS合併率20%。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS cases and non-HUS STEC cases with associated deaths per EU/EEA Member State as of 7 July, 11:00

Member States

Number of HUS cases (deaths)

Number of non-HUS STEC cases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

9 (0)

14 (0)

France

6 (0) Confirmed cases*

2 (0) Confirmed cases**

Germany

707 (27) Probable and confirmed

2 945 (16)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

3 (0)

TOTAL

752 (28)

3 016 (16)


 7月7日


Shiga toxin-producing E. coli (STEC): Update on outbreak in the EU (6 July 2011, 11:00)  ヨーロッパCDC 志賀毒素産生大腸菌(STEC):EUにおける発生状況更新
 EUにおいてこれまで898人のHUS(死者は33人)、そしてHUSは伴わないSTECが3338人(死者が17人)これまで報告されている。
 前日に比較して、ドイツがHUS1人、およびHUS非合併STEC24人を追加した。
 直近の発病者は6月29日とされるが、細菌学的に確認された直近例は6月26日とされる。

Table 1: Number of probable and confirmed HUS cases and non-HUS STEC cases with associated deaths per EU/EEA Member State as of 6 July, 11:00

Member States

Number of HUS cases (deaths)

Number of non-HUS STEC cases (deaths)

Austria

1 (0)

4 (0)

Czech Republic

0 (0)

1 (0)

Denmark

9 (0)

14 (0)

France

6 (0) Confirmed cases*

1 (0) Suspected cases*

2 (0) Confirmed cases**

8 (0) Suspected cases*

Germany

699 (25) Probable and confirmed

153 (7) Suspected cases

3 259 (17)

Greece

0 (0)

1 (0)

Luxembourg

1 (0)

1 (0)

Netherlands

4 (0)

7 (0)

Norway

0 (0)

1 (0)

Poland

2 (0)

1 (0)

Spain

1 (0)

1 (0)

Sweden

18 (1)

35 (0)

The United Kingdom

3 (0)

3 (0)

TOTAL

898 (33)

3 338 (17)


 発病者数はEUで4236人となっている。

 北米は、カナダがSTEC1人、米国がHUS4人(死亡者1人)、STEC2人
 
ECDC chief airs lessons learned during E coli outbreak  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) ヨーロッパCDC長官、大腸菌集団感染で知った先進国の公衆衛生学的脆弱性を語る
 先進的大都会を中心に、エジプト産のコロハ種子が原因で集団発生した食品を介在した重篤な大腸菌感染症。
 数百人に上る発病者が永久的腎機能障害、脳障害、または身体障害を残している。
 発病した多くは健康に良いとされるスプラウトを食べた成人女性と男性である。
Egypt denies again being source of E.coli  Xinhua  (中国) エジプト、大腸菌汚染種子は出荷してないと繰り返し抗議
 エジプト当局では、指摘されているコロハ種子出荷会社の倉庫の種子の細菌学的検査を行ったが、細菌は検出されなかったと発表し、またエジプトではO104:H4大腸菌は検出されたことはなく、また感染者の報告もないとコメントしている。
 もしコロハ種子が大腸菌で汚染されていたとするならば、それは種子の再パックの際に感染したか、栽培過程で水から感染した可能性が高いと、エジプト当局では行っている。

Experts: Seeds tainted by E. coli still out there  Monterey County Herald  (米国) 専門家達:大腸菌で汚染された種子は未だどこにでも存在している危険性
 エジプト産のスプラウトの種子がドイツとフランスの大腸菌流行の共通の原因とされているが、専門家達は未だ種子からは大腸菌を検出していない。
 「硝煙を上げている銃は見つかっていない。しかしドイツとフランスで検出された大腸菌は非常に希なものであって、両者につながりがないと考えることは無理である」、とバーミンガム大学の微生物学教授のイアン・アンダーソン教授が語っている。
 エジプト産のスプラウトの種子が大腸菌に汚染されていたとしたなら、種子は出荷前に凍結乾燥される。そして細菌も長期間生き続けることになる。再度種子が水分を得てスプラウトに生育し出すと細菌も増殖し出す。

 ミネソタ大学のCIDRAP長官であるマイケル・オスターホルム氏は次のように語っている。
 「スプラウトは生物学的時限爆弾のようなものである。一度水分を与えられ、そして配布されると、至る所に細菌が供給されることになる」。
 同氏はさらに種子からの他の産物への交差感染や種子が混合されて売られることも多いと、警告している。

 ヨーロッパ食品安全管理局は、自宅でスプラウトを栽培することと、いかなるスプラウトも生で食べる事を避けるように警告している。
 ダブリンのトリニティー大学の微生物学専門家のステファン・スミス氏は、エジプトから出荷されたスプラウト種子の中で感染していたのは少数と考えられるから、今後もさらなる感染者は発生すると考えられても、ドイツのような大発生は起きないだろうと、楽観的意見を呈している。
 
 一方、ミネソタ大学のオスターホルム氏は、エジプトから種子が出荷された以上、感染した種子は世界中に出回った可能性がある。世界で安全と考えられる国はない、と警告している。

 7月6日

EU bans E.coli-linked Egyptian fenugreek  The Independent  (英国) EU、大腸菌汚染の可能性が高いエジプト産のコロハ種子の輸入を禁止
 EUは5日(現地時間)、ドイツとフランスの大腸菌集団発生の原因と推定されるエジプト産のコロハ種子の輸入を禁止すると共に、エジプト産の全ての種子とマメの一次的輸入禁止を勧告した。

O104:エジプト産種子のEU内輸入禁止…感染源疑い  毎日新聞 

欧州O104原因、マメ科植物の種か エジプトから輸入  朝日新聞 

A Search Is Under Way for Tainted Sprout Seeds New York Times (米国) 大腸菌で汚染されたスプラウトの種子の流通経路が探索
 ヨーロッパで大集団発生を引き起こしているO104:H4大腸菌は、エジプトから2009年12月に出荷された11トンのコロハ種子に由来するとほぼ確定された。
 EU内12カ国の数十社にドイツの企業経由で販売されていた。(ドイツ内の企業54社、ドイツ外11社)。
 出荷物11トン中の一部の産物が北ドイツとフランスの集団発生に関係していることが確認されているが、残りに関しては不明となっていて、現在調査中である。
 ドイツの卸元企業は2008年以降、3回、エジプトからコロハ種子を輸入したとされる。
 当初2010年の出荷物に焦点が当てられていたが、現在は”2009年12月出荷の種子”に限定して調査が進められている。

欧州の大腸菌、感染源はエジプト産の種子か 欧州食品安全庁  日本経済新聞 
 欧州連合(EU)の欧州食品安全庁(EFSA)は5日、域内で感染が拡大している腸管出血性大腸菌「O104」の感染源について、エジプト産の「コロハ(フェヌグリーク)」というマメ科植物の種子の可能性が最も高いとの見解をまとめた。これを受け、執行機関である欧州委員会は同種子を回収・処分するとともに、エジプト産の種子、果物、胞子の輸入を一時的に禁止すると発表した。
Egyptian fenugreek seeds linked to E.coli banned by EU  Telegraph.co.uk (英国) EU、大腸菌汚染可能性のあるエジプトのコロハ種子を輸入禁止に
 ドイツとフランスの大腸菌集団発生を起こしている原因となっているエジプト産のコロハの種子が、EUで輸入禁止となった。
 また同国からの全ての種子と豆類の一次的輸入も禁止した。
 種子は当初予想された以上にEU内に出回っている(12カ国)事実からの措置となった。
 ヨーロッパ食品安全局はドイツとフランスで集団発生している大腸菌感染症は、エジプトから出荷されたコロハ種子の特定のロットが汚染されていたことによると判断している。
 食品安全局では、EU当局に消費者がスプラウト及び発芽種子を食べて感染しないように最大限の努力をするように勧告した。

Rare E coli Strain Races Through Europe; High Rate of Kidney Failure Reported Journal of American Medical Association (米国医学界雑誌) ヨーロッパで流行の希な大腸菌株:腎不全発生率が高率
 特に新しい内容ではない。
大腸菌感染 エジプト産種子が感染源か  MSN産経ニュース
 EUはドイツなどで40人を越える死者を出した腸管出血性大腸菌「O104」の感染源はエジプト産の種子の可能性が高いとして、同国産のマメ科の種子の輸入とEU内での流通を禁止。
 EUの食品安全管理局が感染源を、デジプト産の2009年以降に輸入されたフェヌグリークと呼ばれる植物の種子との見方を強めている。発芽したフェヌグリークは食用に用いられている。

 管理人注:腸管出血性大腸菌->腸管凝集性大腸菌
        フェヌグリーク->コロハ
        発芽したフェヌグリーク->コロハのスプラウト
  7月5日

UPDATE 1-Egyptian seeds most likely source of deadly E. coli  Reuters (国際) 更新情報-エジプト産種子が致死的大腸菌に汚染していた可能性が最も高い
 下記情報にさらに以下の情報が加わった。

 ・ヨーロッパの多くの国が感染種子を購入した可能性
 ・調査委員会は消費者が細菌に感染することを防ぐためにEU委員会へ最大の努力をするように勧告
 ・ドイツ西部で新たな集団発生が起きたことに保健当局は憂慮
  パデルボルンの小学校で学童と給食職員がO104:H4大腸菌に感染した事態を受けて当局は、多数の関係者の細菌検査を行っている。
  800人以上の学童、教師、年金生活者が含まれている。

E coli outbreak blamed on Egyptian fenugreek seeds  The Guardian  (英国) 大腸菌集団発生の原因はエジプト産のコロハの種子
 下記ロイター通信

Egyptian seeds most likely source of deadly E. coli  Chicago Tribune (米国) エジプト産のスプラウト種子が、ヨーロッパにおける致死的大腸菌感染症を引き起こした可能性が最も高い
 ロイター通信

 エジプトからドイツの企業に発送された特定のコロハの種子出荷物が、ドイツとフランスの大腸菌感染症の集団発生にリンクしている可能性が高いことがヨーロッパ食品安全局(EFSA)から5日発表された。同局はEU各国および同出荷品を輸入した可能性のある国に対して注意を呼びかけた。
 しかし、2009年から2011年の間に出荷されたコロハの種子も大腸菌に感染している可能性はあるので、この時期の出荷品の輸入歴のある全ての国は調査しなければならないと同局ではコメントしている。

The Latest News on the Super E-Coli Strain in Europe  Top Secret Writers (米国) ヨーロッパにおけるスーパー大腸菌に関する最新情報
 一部抜粋
 ヨーロッパにおける致死的大腸菌流行は、米国にも拡大してくる恐れがある。
 FDAはヨーロッパから輸入される農作物の監視態勢を強化している中、数人の感染者が米国でも確認された。
 ヨーロッパにおけるスーパー大腸菌の発生をきっかけに米国政府は食品の安全な取り扱いに関する啓発を強化した。
 キャンペーンはテレビ、チラシ、社会的メディア等を介して、調理器具の衛生管理、手洗いの徹底、適正な温度での肉の調理、生肉は他の食材から離しておくことの徹底などが呼びかけられている。
 米国農業省ではさらなるキャンペーンも予定している。
 *訳者注:米国では、生のスプラウトは危険であることは以前から注意されている。
 7月4日

鶏104羽の死骸 浜に不法投棄  朝日新聞
 男鹿氏野石の宮沢海岸に104羽の鶏の死骸が不法投棄されていた。
 死骸は腐っているため鳥インフルエンザウイルスの検査は出来ないという。

 ちょっと気になる情報である。

 現在、ヨーロッパで発生している致死的O104:H4大腸菌に関する情報も掲載中です。


Swedish domestic EHEC search abandoned   The Local.se (スウエーデン) スウエーデンの孤立性大腸菌感染者、感染原因が不明
 スウエーデン南部のスケネ伝染病センターは、先週、スウエーデンで初(ドイツの流行とは関係していない)のO104:H4大腸菌国内感染者の発生を発表したが、未だ感染源は不明であることが、国立伝染病研究所疫学専門家が語った。
 他の全てのスウエーデンの発病者はドイツの集団発生にリンクしているが、この事例が単独でスウエーデンで発症したことは、国内の食品から感染した可能性をも示唆するので、より危険性のある事態が起きていると想定される。
 しかし地域の伝染病センターでは、汚染した食品から感染したとは考えられないと語り、理由として、もしそうならさらに多くの発病者が出ているはずだからとしている。
 7月3日


France announces E. coli death, but case not tied to German outbreak  Boston Globe (米国) フランス、大腸菌感染で死者が発生するも、ドイツでの発生とは関係はない
 昨日ボルドーで大腸菌感染による合併症(HUS)で女性が死亡したが、ドイツで流行している大腸菌とは異なると、当局が発表した。
 ボルドーの集団感染で入院している患者の中の6人からO104:H4大腸菌が検出されている。しかし、死亡した女性が感染している菌は異なると当局は発表したが、具体的株については言及していない。

大腸菌被害、フランスでも死者 時事通信、朝日新聞
 非常に説明不足の情報があるが、さらに間違いもある。
 ニューヨークタイムズを初めとして、AP通信、新華社が情報を発信しているが、問題点は、HUSで死亡した78歳女性から分離された細菌はO104とは異なっている可能性があることである。
 海外報道では、病院側の発表で、細菌はドイツで大流行しているものとは異なると表現している。
 しかし、当報道では最初からO104が原因のHUSで死亡と報じている。
 またO104でドイツ、スウエーデン、米国で約50人が死亡と簡単に記載しているが、今回流行の原因となっているO104:H4大腸菌は史上最悪の強毒大腸菌であり、それがスプラウトの種子を介して国際的に広がっていることが問題であることを理解していない報道である。
  7月2日


Hand sanitizer, respiratory hygiene education did not reduce flu ... Pediatric SuperSite  (米国) 手指消毒剤M咳エチケットはインフルエンザ発症率を減らさない
 ピッツバーグの公立小学校を対象にした調査。
 2007~2008年のインフルエンザシーズンに10校の3360人の児童を対象。
 半数は手指消毒と咳エチケットを十分訓練、残りは対照群として訓練なし。
 インフルエンザ症状が出た場合は、PCR検査で確認。
 全体で54人のA型インフルエンザが発生。B型は50人。

 インフルエンザ発生率では両群に差は無かった。
 しかしA型に限ると訓練群では少なかった。
 さらに欠席日数でも訓練群は少なかった。



 現在、ヨーロッパで発生している致死的O104:H4大腸菌に関する情報も掲載中です。


French Woman Dies of E. Coli New York Times  (米国) フランス女性、大腸菌感染で死亡
 フランスのボルドーで集団発生した大腸菌感染症で、HUSを併発して入院していた78歳女性が本日死亡したと、当局から発表された。
 しかし病院の医師は女性が感染していた大腸菌は、ドイツや米国で死亡者を出した株とは異なると語った。
 入院している他の6人からはドイツで集団発生している大腸菌と同じ株が検出されている。

Outbreaks of E. coli O104:H4 infection: WHO/Europe gives public health advice (01-07-11) WHO O104:H4大腸菌流行:ヨーロッパ地域WHOによる公衆衛生学的忠告  7月1日(ジュネーブ時間)
 原因が明確になるまでWHOは、ヨーロッパの消費者に豆類スプラウト、または発芽した種子は十分加熱調理してから食べるように忠告する。大腸菌は70℃の加熱で死滅する。
 調理中の温度を測るのは難しいから、加熱する場合は、湯気が出る状態まで温度を上げることが重要で、温かいだけでは不十分である。
 さらにトイレ後や食品を扱う前後には入念な手洗いを行う必要がある。
 血性下痢を呈した人々は迅速に医療機関を受診すべきである。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新28 (1-07-11) WHO

 6月30日の時点でのドイツで集団発生したE. coli (EAggEC VTEC) O104:H4 感染症集計。
 今回からフランスボルドーで発生した集団感染事例も加えられている。(そのようにWHOのウエブでは記述されているが、表内のデータには含まれてなく、合計数には加わっているようだ。ここでは( )内にフランスの症例を訳者が記入している)。
 増加数はフランスの事例以外は全てドイツ国内となっている。(HUS4人、EHEC44人)

Country
HUS
EHEC
 Cases Deaths
 Cases  Deaths
Austria 1
 0 4
0
Canada  0 0
 1  0
Czech Republic 0
 0 1
 0
Denmark 9
0
14
 0
France 0(8)
0
2(8)
0
Germany
 845  31  3154 17
Greece 0
 0  1 0
Luxembourg 1
 0 1
0
Netherlands 4
 0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1  0
Spain 1
 0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
3 0
United States of America  4 1
 2 0
 Total  896  33  3241  17

 総発病者数4137人、死者数50人。


ECDC erases name of importer from report on E coli cases  CIDRAP  (米国、感染症情報センター) ヨーロッパCDC、ドイツのスプラウト種子輸入企業名を削除
 ECDCは、フランスで集団発生した大腸菌感染症の原因とされるコロハの種子をエジプトから輸入したとされるドイツの企業名を6月29日の発表から削除した。理由は企業に対する不利益な不必要な情報となることからとされる。
 CIDRAPではECDCの発表に基づいて、ニュースとして公開したが、ドイツ企業からメールで企業名を削除するように求められている。
 CIDRAPのセンター長であるマイケル・T・オステルホルムは、明確な理由なしに突然名前を削除したECDCの対応は批判されるものであるとコメントしている。
 29日のECDCの発表では”デュッセルドルフのAGA SAAT GMBH”と表現されたが、発表9時間後には削除された。
 現時点で同社の名前を掲載しているのは、フランスのフィガロ紙におけるロイター配信記事だけとなっている。

FRANCE: E. coli outbreaks linked to Egyptian sprout seeds  just-food.com  (国際) フランス:大腸菌集団発生はエジプト産のスプラウトの種子が感染原因

Egyptian fenugreek seeds linked to German source of E coli  Monsters and Critics.com
 本年北ドイツで発生したO104:H4大腸菌集団発生の原因とされる汚染コロハの種子は、地域の市場でエジプトから購入されたものであることが確認されたと当局者が語った。

German farm in E.coli probe grew Egyptian seeds   Reuters Africa  (国際) 大腸菌汚染原因のドイツの農場でエジプト産のスプラウト種子が使用
 1日(現地時間)、ドイツの当局者の1人が、北ドイツの大腸菌汚染スプラウト出荷農家でエジプト産のコロハの種子を使用していたことが確認されたと語った。エジプトから種子を輸入していたとされる。

Egypt denies its seeds caused E.coli outbreak    barfblog (国際) エジプト、出荷種子が大腸菌感染していたことを否定
 エジプト農業省は、2009年と2010年にエジプトから出荷されたコロハの種がヨーロッパでO104:H4大腸菌の集団発生の原因と、ヨーロッパ食品安全委員会が推定していることを真っ向から否定した。
 種子に細菌が汚染されていたという根拠はなく、またそのような記録も残っていないと、エジプト当局は反論している。
 また2009年に輸出されたコロハの種子はオランダであって、ドイツや英国、またはフランスには出荷されてないともコメントしている。
 *訳者注:フランスの集団発生は、2009年にドイツの卸元から英国の企業に販売された種子が汚染されていたと、ヨーロッパ食品安全委員会、フランス当局などが推定している。
  7月1日


 気になるインフルエンザ情報はない。
 H5N1関連情報もない。


 現在、ヨーロッパで発生している致死的O104:H4大腸菌に関する情報も掲載中です。

Contaminated Sprout Seeds Could be Anywhere  Food Safety News  (米国) 細菌汚染スプラウト種子はどこにでも存在している可能性
 フランス保健当局は、ボルドーの大腸菌集団感染は、先にドイツで発生した集団感染とつながりがあることを確認し、さらに感染したスプラウトは未だヨーロッパを初めとして世界中に存在している可能性を示唆した。
 15人のフランス市民が(ほとんどは女性)O104:H4大腸菌による血性下痢と他の症状を呈し、その細菌は5月~6月に北部ドイツで流行し4000人以上の発病者と50人の死者を出した大腸菌株と同一であった。
 29日にヨーロッパCDCが発表したところによると、2009年と2010年にエジプトから輸入されたコロハの種子が両集団発生の原因となっている可能性があるとされる。
 フランスのボルドーで食用にしたスプラウトは、英国の Thompson & Morgan 社(エジプトからドイツの業者が購入し、そこから英国の同社に出荷)が発売している種子を地元のコミュニケーション・センターで栽培したものとされる。

 米国保健当局では少なくとも2010年1月以降は Thompson & Morgan 社からスプラウト種子は輸入していないとされるが、エジプト産のコロハの種子に関しては不明であり、至急確認を急いでいるとされる。
 オレゴン州の著明な食品感染症の専門家であるビル・キーネ氏は、ヨーロッパで汚染したスプラウトが原因で集団食中毒が起きたことは何ら驚くことではない(スプラウトは食中毒の原因になることは以前から知られていることであるから:訳者注)と語り、細菌で汚染されたスプラウトの種子がマーケットで売られ続け、何も知らない消費者が購入して、発芽したスプラウトから感染する危険性はいつでもある、と警告している。


French tests suggest E coli matches German outbreak strain  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報デンター) フランス当局調査:フランスの大腸菌はドイツの株と一致
 フランスにおける分析結果で、ボルドーで集団発生したO104:H4大腸菌株とドイツの株の遺伝子がほぼ一致していることが確認された。
 報告では疫学的にスプラウトが感染原因であることが示され、さらにドイツでの集団発生との間に共通の感染源があることも示された
 昨日EUの研究チームは、両国の感染源はエジプト産のコロハの種子である可能性を指摘している。

 フランスの集団発生は小児コミュニティーセンターでの会食で起きたが、センターで感染した11人中、9人がスプラウトを摂食したことを記憶している。
 しかし専門家は、一般的にスプラウトは色々な形で食事に含まれているので、スプラウトを摂食したことを記憶していない例も多いという。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新27 (30-06-11) WHO
 フランス当局は28日、ボルドーで発生している大腸菌感染症でHUSが8人、腸管出血性大腸炎が8人確認されていることを発表した。
 4人でO104:H4大腸菌が確認され、遺伝学的にドイツで発生したO104:H4と類似の株であることも発表された。
 フランスでの発病は全てドイツへは行っていないとされる。

 6月28日、スウエーデンは南部でドイツには行ったことのない男性がO104:H4大腸菌に感染したことを発表した。

 6月29日、ドイツ国内およびドイツ旅行から帰国した後に発病したドイツ国外の患者数。
 ドイツとはリンクしていないフランスとスウエーデンの患者は含まれていない。
 前日よりもHUSが3人、EHECが20人増えているが、大多数はドイツ国内である。
 最新発症日はHUSが6月24日、EHECが6月22日。

Country
HUS
EHEC
 Cases Deaths
 Cases  Deaths
Austria 1
 0 4
0
Canada  0 0
 1  0
Czech Republic 0
 0 1
 0
Denmark 9
0
14
 0
France 0
0
2
0
Germany
 841  30  3110 17
Greece 0
 0  1 0
Luxembourg 1
 0 1
0
Netherlands 4
 0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1  0
Spain 1
 0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
3 0
United States of America  4 1
 2 0
 Total  884  32  3189  17
 総発病者数 4073人、死者数49人


E. coli outbreak linked to Egyptian seeds  ABC Online - (オーストラリア)  大腸菌の集団発生はエジプトの種子が関与
E. coli outbreaks linked to Egypt  BBC News (英国) 大腸菌集団感染はエジプトが関与
 ドイツとフランスで発生した大腸菌はエジプトで産生したスプラウトの種子である可能性が高いことが、ヨーロッパCDCから発表された。
 報告のよると未だ不明な点もあるが、2009年と2010年に輸入された種子が、両国の集団発生に関与していることが確認された。

 ドイツの流行では4000人以上が発病し48人が死亡している。
 当局は感染源の調査で、ニーダーザクソン州のビーネンビュートルの豆スプラウト生産農場から出荷されているスプラウトと判断した。

 フランスのボルドーでは15人が発病し、感染源は英国のThompson and Morgan社の出荷したスプラウトの種子と判断された。同社では同社の種子からは細菌は検出されていないと主張している。

 両スプラウトとも使用した種子はエジプトから輸入したものであった。

Egyptian seeds could be European E. coli culprit  AHN  (国際) エジプトの種子がヨーロッパで集団発生の大腸菌感染症の原因の可能性

Europe's E. coli outbreaks linked to Egyptian seeds  Reuters  (国際) ヨーロッパの大腸菌集団発生はエジプト産の種子が原因の可能性
 昨日の報道内容に加わった内容。
 ドイツの企業が種子の細菌検査で陰性であったとコメントし、自社の種子が感染原因であることを否定。
TOP