高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年6月

 6月30日


インフルエンザ関連情報で特記すべきものはない。


 現在、ヨーロッパで発生している致死的O104:H4大腸菌に関する情報も掲載中です。


Europe's E. coli outbreaks linked to Egyptian seeds  Reuters  (国際) 
 ヨーロッパの研究者達は、エジプトから輸入されたコロハの種子がドイツとフランスで集団発生している強毒な大腸菌の感染源と推定している。
 2009年に輸入された種子の中にフランスで感染を起こしたO104:H4大腸菌が含まれ、2010年に輸入された種子中にドイツの集団発生の原因になった菌が含まれていると考えられている。
 研究者達によると、種子が細菌で汚染される可能性は、種子産生段階から出荷の為のパッケージ化までの、どの過程でも起きえるとし、未だ感染した種子がEU内、そして多分他の地域でも出回っている可能性があるとコメントしている。

Sprouts must be cooked to avoid E.coli: EU food agency  barfblog  (国際) EU食品安全委員会、スプラウトは加熱調理しなければならない
 AFP報道によると、EU食品安全委員会とヨーロッパCDC(疾病予防管理センター)は、生のスプラウトを食べないように本日警告した。
 また自分達で食べる目的でスプラウト栽培もしないように忠告した。
Egyptian fenugreek seeds suspected in E coli outbreak  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) エジプト産のコロハ種子からヨーロッパ中にO104H4大腸菌が拡大の可能性。
 ヨーロッパCDC等の調査で、エジプト産のコロハ種子はドイツのデュッセルドルフの企業が卸元となり、英国企業へ販売。そこからさらにフランスのスプラウト生産企業に販売されていた。北ドイツのスプラウト農場へもデュッセルドルフの企業が販売。
 2009年販売の種子がフランスでの集団発生の原因。2010年販売の種子が北ドイツの集団発生の原因となっているようだ。
 スプラウト種子は多数の種類が混ぜられて売られていることがあるため、全てのスプラウトがO104:H4大腸菌感染の危険性があるとされる。
 また種子がヨーロッパ内で未だ流通していることから、さらなる集団発生の危険性があるようだ。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新26 (29-06-11) WHO
 フランス当局はボルドーにおける大腸菌感染集団発生に関して、6月22日以来、EHECが8人、HUSが8人発生と報告した(合計16人の発病者:訳者注)。
 4人から大腸菌O104:H4が検出された。
 6月28日、スウエーデンは南部で男性がO104:H4大腸菌に感染したことを発表した。男性はフランスやドイツに旅行したことはない。
 フランスにおける感染源は、地域で栽培された豆または種子スプラウトと推定されているが、スウエーデンの事例に関しては不明とされる。

 ドイツで集団発生したEHEC統計
 総発病者数4050人、死者数49人
 前日よりもEHEC事例が28人増加しているが、全例ドイツ国内である。
 6月29日 午後18時
Country
HUS
EHEC
 Cases Deaths
 Cases  Deaths
Austria 1
 0 4
0
Canada  0 0
 1  0
Czech Republic 0
 0 1
 0
Denmark 9
0
13
 0
France 0
0
2
0
Germany
 838  30  3091 17
Greece 0
 0  1 0
Luxembourg 1
 0 1
0
Netherlands 4
 0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1  0
Spain 1
 0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
3 0
United States of America  4 1
 2 0
 Total  881  32  3169  17

 最終発症日はHUSが6月23日、EHECが6月22日とされる。


Sprouts must be cooked to avoid E.coli: EU food agency  barfblog EU食品安全委員会:スプラウトは大腸菌感染を防ぐために加熱調理するように

Egyptian Seeds Linked to European E. Coli Outbreaks New York Times - (米国) ヨーロッパにおける大腸菌集団感染はエジプト産の種子が感染原因の可能性
 ヨーロッパ食品安全委員会は、29日(現地時間)、エジプト産のコロハの種子から栽培されたスプラウトが、ドイツでのO104H4大流行とフランスでの小流行の原因となっていると推定した。
 これまでのところ細菌は種子から検出されてないが、食品安全の専門家は、細菌は数千個の種子の中で一個の割合で感染しているので、検出することは難しいとコメントしている。

 報告書によると、2010年にエジプト産のスプラウト種子は、ドイツの(感染)スプラウト生産農場へ出荷されていて、2009年には英国のスプラウト種子販売会社へ出荷され、そこから今回感染原因となったフランスのスプラウト生産農場へ販売された。
 英国の種子販売会社では、種子は英国の食品安全委員会でチェックされているという。

 コロハは野生のクローバーに似ていて、中国、東南アジア、およびいくつかの中東の国で調味料として使われる。

 ドイツのスプラウト生産農場では何種類ものスプラウトを混ぜて販売しているので、感染原因となっているスプラウトの特定は難しかった。
Sweden reports 'new' E. coli strain  Press TV  (国際) スウエーデン、新規大腸菌感染者を報告
 ドイツに行った既往のないスウエーデンの中年男性が強毒性の腸管出血性大腸菌(EHEC)に感染した。
 周辺にもドイツに行ってきた人もいないとされる。
 当局は感染源の調査を行っているが、ドイツでの集団発生とはリンクしていない感染例と考えられている。
 6月29日


インフルエンザ関連情報で特記すべきものはない。


 現在、ヨーロッパで発生している致死的O104:H4大腸菌に関する情報も掲載中です。


Update on European E. coli O104:H4 Outbreak  Food Safety News  (米国) ヨーロッパにおけるO104:H4大腸菌流行の最新状況
 28日の時点でヨーロッパにおける生スプラウトによるO104:H4大腸菌流行は、4023人の発病者と885人のHUS併発者が確認されていることが、ヨーロッパCDC(ECDC)から発表された。

 フランスで発生した集団感染のほとんどは6月8日にボルドー近くのベグレで開かれたバザーに出席し、生のスプラウトを食事で食べた人々から発生している。
 ECDCによると、27日の時点で9人が入院中で、8人がHUSを発症している。
 しかし当局によると入院しているHUSを発症していない1人は、ベグレのバザーには参加していないとされる。

 スウエーデンとデンマーク当局は、O104:H4大腸菌感染者を確認しているが、両者ともドイツの発生とは関係ないとされる。
 デンマークの例は5月に発生しているが、感染原因については不明とされる。

E. coli death toll at least 48: Germany  Montreal Gazette  (カナダ) ドイツ:大腸菌での死亡者が48人に
 ドイツ国内での大腸菌による死者数は少なくと48人となったことが当局から発表された。
 他にスウエーデン人がドイツ旅行をしえT1人死亡している。
WHO腸管出血性大腸菌情報 更新25 (28-06-11) WHO
 6月24日、フランスはベロ毒素産生大腸菌及びHUSの8例を報告した。6例が女性で2例が段背にである。3例からO104:H4大腸菌が検出された。
 6月28日、スウエーデンは南部でO104:H4大腸菌に感染した男性例を報告した。
 フランスとスウエーデンの例ではドイツへ旅行した既往を持つ人はいない。
 感染源は調査されているが、両事例とも地域で栽培されたスプラウトが感染源の可能性が出ている。

 ドイツ、フランス、スウエーデンにおける感染原因が共通のスプラウト種子である可能性について、現在精力的調査が行われている。

 ドイツにおける腸管溶血性大腸菌感染症
 ドイツでは感染者数は5月22日をピークに減少してきているが、それでも未だ数値は増えている。多くは報告の遅れによると考えられる。
 前日よりもHUSが4人、EHECが98人増加。
 6月28日午後18時ヨーロッパ時間
 最終的発症日はHUSとEHECが6月22日。
Country
HUS
EHEC
 Cases Deaths
 Cases  Deaths
Austria 1
 0 4
0
Canada  0 0
 1  0
Czech Republic 0
 0 1
 0
Denmark 9
0
13
 0
France 0
0
2
0
Germany
 838  30  3063 17
Greece 0
 0  1 0
Luxembourg 1
 0 1
0
Netherlands 4
 0 7
0
Norway 0
0
1
0
Poland 2
0
1  0
Spain 1
 0 1
0
Sweden 18
1
35
0
Switzerland 0
0
5
0
United Kingdom 3
0
3 0
United States of America  4 1
 2 0
 Total  881  32  3141  17

発病者総数は4022人。総死者数は49人。

Germany shuts school over E. coli O104 outbreak   barfblog (ドイツ) ドイツでO104大腸菌集団感染で小学校が休校に
 28日、ドイツ当局は西部の小学校を1週間休校とした。原因は既に国内で48人が死亡しているO104大腸菌に多くの児童が感染していることによる。
 1週間という期間は、大腸菌の潜伏期間に相当する。
 当局の判断では、子供達や給食提供者達の衛生管理が不適当であることが原因で、感染したスプラウトの摂取ではないとしている。
 6月28日


FDA: Don't Eat Evergreen Produce Sprouts  TIME  (米国) FDA:エヴァーグリーン社のスプラウトを食べないように
 FDAはプラスチック容器に入ったエベーグリーン社のスプラウトを食べないように本日警告した。
 国内で発している少なくとも20人のサルモネラ感染症が、同社のスプラウト摂食が原因と考えられている。
信じられない早さ。
 米国FDAの上述措置は迅速だ。
 疫学的事実から即断している。

 日本なら風評被害などを恐れて発表しないか、それともサルモネラ感染症の原因としてスプラウトを考えつかないか、どちらかも知れない。 



Sprouts traced to salmonella outbreak in Washington, Idaho and other states  OregonLive.com - (米国) ワシントン、アイダホ州などで発生しているサルモネラ集団発生はスプラウトが原因の可能性
 米国の5州で発生しているサルモネラ感染症がスプラウトが感染原因となっている可能性があることを米国保健当局が発表した。
 スプラウトの出荷元はアイダホ州の企業とされる。
WHO腸管出血性大腸菌情報 更新24 (27-06-11) WHO
 ドイツにおける発病者数は5月22日をピークとして減少を続けている。
 しかし発病者数の報告は続いているが、主として報告が遅れていた症例考えられる。
 前日よりもHUSが7人、EHECが77人増えている。
 6月24日、フランスはベロ毒素産生大腸菌(VTEC)による集団発生事例を報告した。
 発病者数は8人の成人で、女性が6人となっている。3人から大腸菌O104:H4が検出された。感染源は地域で栽培したスプラウトと考えられている。
 現在、ドイツとフランスで発生した事例に関係しているスプラウトの種子が共通している可能性が探索されている。

 6月24日午後15時
 下記表ではフランスの事例は含まれていない。別な集団発生と見なされている。
Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 4
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 9
0
13
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 834  30  2967 16  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 7
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 18
1
33
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  4 1
 2 0
3 HUS cases and 2 EHEC cases – all confirmed; in addition, 1 fatal HUS case with travel history to Germany reported by the state of Arizona (not yet confirmed as O104:H4)
 Total  877  32  3043  16  

全患者数は3920人、死亡者数が48人となっている。


A Timely E. Coli Story, Spun as a Legal Thriller  New York Times (ニュヨークタイムズ) 

French-German E. coli link seen in sprouts  HealthNews  (国際) フランスとドイツの大腸菌集団発生の共通感染源はスプラウト

Sprout seeds suspected in French E coli cluster  CIDRAP (米国) フランスの大腸菌集団発生はスプラウトが原因の可能性
 フランスの集団発生:8人中6人が女性。7人がHUS..

New E.coli outbreak: UK consumers advised not to eat raw bean sprouts  International Business Times  (国際) 新型大腸菌流行:英国、生のスプラウトを食べないように忠告
 オランダと英国保健省は生のスプラウトや種子は食べないように忠告した。

 6月27日


European taskforce mobilised as E.coli 104:H4 hits France  FoodProductionDaily.com  (国際) O104:H4大腸菌集団感染:ヨーロッパ調査委員会発足
 ドイツに続いてフランスのボルドー周辺で、再びO104:H4大腸菌の集団発生が起きたことから、EU調査委員会が急遽発足。
 感染原因と推定されるスプラウトの種子を販売した英国の企業は、数十万パックのスプラウト種子をヨーロッパで販売したとされる。

Dutch hit by new E.coli seed sprouts scare  Radio Netherlands (オランダ) オランダ、新型大腸菌感染スプラウトへの警戒感
 オランダ保健大臣は国民に、ハナダイコン、カラシ、コロハの生のスプラウト(新芽野菜)をしばらく食べないように伝えた。
 フランス政府はボルドーで希な大腸菌O104:H4による集団感染が発生し、多くが重篤なHUSを発症したことから、汚染食品と考えられているスプラウトを市場から取り除くように指示している。
 感染原因となった細菌は、ドイツで集団感染を起こしたO104:H4と同じタイプである。

Europe Looks at Seeds as Link to E. coli Cases  Food Safety News  (米国) ヨーロッパ、大腸菌食中毒共通原因としてスプラウトを調査に
 ヨーロッパ食品安全委員会(EFSA)は、緊急に調査委員会を立ち上げ、フランスとドイツで発生した大腸菌食中毒の原因が、英国の企業から出荷されたスプラウトの種子が共通原因である可能性について調査すると、本日(現地時間日曜日)発表した。
 当調査委員会はEC(欧州委員会)の要請に基づいたもので、EFSAの専門家の他、EC、フランス、ドイツ、イタリア、英国、ヨーロッパCDC、およびWHOからの専門家が加わる。
 現在、フランスのボルドーでの事例は発病者8人中7人が入院中で、78歳女性が危篤とされる。

 フランス経済省の発表では、原因と考えられるスプラウトの種子は、英国のThompson & Morgan of Ipswichから出荷されたものである。
 同社は、種子はイタリアで生産され、英国で梱包されたものであると発表している。

 ECでは現在特にスプラウトの種子の販売を禁じる公的発表はしていないが、現在、ドイツ、英国及びフランスの間で意見交換が行われている。

Latest E. Coli Outbreak in France Appears Isolated  New York Times (米国) フランスでの大腸菌流行は隔離された可能性:当局発表

 フランスのボルドーでのO104:H4大腸菌流行は、現在、感染者8人中、7人が入院中で、2人がICUに収容されている。

 フランスの当局者はその後新規発生は認められていないことから、フランスでの流行は他への広がりはなく、隔離されたと判断されると発表した。
 しかしEUの専門家達は原因と推定されている豆類のスプラウト販売を禁止することについて論議している。

 一番の問題であるドイツの発生との関連性については明らかになっていないようだ。
 またスプラウトの種子出荷元である英国の企業は、種子が出荷された後に大腸菌で汚染されたものとして、同社の責任を否定している。そこには同社が支持するヨーロッパ評議会の議員が関与していて、フランス当局が根拠がないのに同社のスプラウトの種子が原因とした場合、フランスは英国内の野菜やサラダ市場のダメージに対して責任をとらなければならないと警告している。

 この週末に、英国とアイルランドが全ての生のスプラウト、または他の発芽野菜を食べないように警告した。
 しかしEU全体としては態度を保留している。ドイツがスペインのキュウリが流行の原因として、EUが膨大な賠償金を支払った経緯があるからだ。

 6月26日

Consumers warned over E.coli risk  Belfast Telegraph  (アイルランド) アイルランド、大腸菌の危険性を警告
 フランスでも豆類のスプラウトからO104:H4大腸菌感染症が起きたことから、アイルランドでは、事態が明確になるまで生のスプラウトは食べないように警告が出された。

German E.Coli Sickens 8 in France  New York Times (米国) ドイツで流行している大腸菌、フランスで8人が発病
 昨日の報道内容にさらに新規事実が加わっている。

 要約
 ・フランスのボルドー近くの町で、8人がスプラウトを食べて致死的大腸菌感染症を発症。2人からO104:H4株が検出。ドイツでの同株による大流行もスプラウトが原因とされているが、現在、両者の関係は不明。
 ・米国の専門家達:細菌で汚染されていたスプラウトの種子が、ドイツやフランスの感染スプラウトの原因だとしたなら、種子は米国にも入って来ているし、さらに致死的大腸菌感染症が起きる危険性がある。
 ・フランスのスプラウトの種子は、英国の Thompson & Morgan社が出荷したものであるが、同社は土曜日(現地時間)、以下のようなコメントを出している。
  {社ではスプラウト種子に関するいかなる問い合わせも受けたことはない。フランスでの事例は、限定された地域で起きたものであることから、社が出荷した種子自体の問題ではなく、地域で栽培した際の汚染が原因と考えられる}
  同社は事実関係の調査を行っている英国の保健当局に協力していると、語った。
 ・フランスの事例が、ドイツでの流行から波及したとされる直接的証拠が得られなければ、(菌が非常に特殊な事から:訳者)両事例に共通した原因があると推定するのが妥当と、考えられ、その感染の原因となっている細菌媒体物(種子:訳者)が未だ世界に流通していることが重大問題となる。このようにワシントン大学医学部のフィリップ・タール微生物学教授がコメントしている。
 ・オレゴン州公衆衛生局のウイリアム・E・キーネ疫学専門上席担当官は、ドイツで使用されたスプラウトの種子が、今回のフランスで使用された種子の出荷元の英国の企業由来であるか否かを確定することが急がれる、とコメントしている。

 訳者コメント:今回の菌がO104:H4という、従来は希にしか検出されなかった大腸菌であり、かつフランスで8人の感染者のうち5人がHUS を起こしていることから(ドイツの株はHUS発症率が高い)フランスで偶然、人から別のO104:H4大腸菌株がスプラウトに汚染したと考えることは、むしろ不自然である。ドイツの流行から波及して起きたか、それとも使用した種子が共通の感染源となっているかの鑑別は緊急で重要である。

 6月25日

German E.Coli Sickens 8 in France  New York Times (米国) ドイツで流行している大腸菌、フランスで再流行、8人が発病
 45人が死亡した致死的大腸菌がフランスで再流行し、8人が発病したことがフランス当局から発表された。原因は明らかに汚染したスプラウト(フランス産)を食べた事による。
 ドイツでの流行も汚染したスプラウトが原因とされている。
 米国の公衆衛生専門家達が危惧していることは、フランスの新規流行の原因と考えられる細菌汚染スプラウトの、汚染原因となったと考えられる種子の販売会社が、ドイツの事例と共通している可能性があり、もしそうだとしたなら、細菌に汚染された種子が未だ流通経路に乗っていて、さらなるスプラウトによる大腸菌流行が起きることである。

 フランス当局によると、発病した8人中7人は、ボルドー郊外のベグレの小児遊技センター(children’s play center )で6月8日に行われたバザーに出席したとされる。
 発病したほとんどの人々は、摂食した食事で出ていたガウパーチョ(冷たい夏野菜スープ)に添えられていたスプラウトで病的状態になったとされる。
 州経済省広報官によると、該当スプラウトの種子は園芸用品店で購入されたものであるが、その出荷元は英国の”トンプソン・モルガン社(Thompson & Morgan)”とされる。
 現時点ではスプラウトの種子と発病との因果関係は不明であるが、当局では小売店に英国の同社の商品を棚から除去するように指示した。

 現段階で英国の同社とは連絡はとれてないが、同社の種子は米国にも輸入されている。
 ドイツの流行は5月初旬に始まって3800人の発病者と900人近い重症合併症であるHUS発症者が出ている。
 ドイツ当局は大腸菌の汚染は、北ドイツの農場で生産されたスプラウトが原因と判断し、6月5日に同農場を閉鎖している。スプラウトの汚染原因は、種子が細菌で汚染されていたと推定されている。
 
 フランスの発病者のうち少なくとも5人はHUSを発症しており、2人からO104:H4大腸菌か検出されている。
 発病者達の年齢は31-78歳であるが、もう一つの町で小児2人が発病している(菌は同定されてない)。

O104関連報道特設ページ (管理人編集)

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新23 (24-06-11) WHO
発病者数は前日よりもHUSが6人,、腸管出血性大腸菌が28人増加。発病者総計としては3836人で前日よりも34人増加。
大多数がドイツ国内で発生しているが、オーストリア、オランダ、スウエーデン、米国でも新規報告例がある。
米国では死者が発生した疑いがもたれている。

EHEC infection as of 23 June at 15:00 CET.

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 4
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 9
0
13
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 827  29  2890 14  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 7
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 18
1
33
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  4 1
 2 0
3 HUS cases and 2 EHEC cases – all confirmed; in addition, 1 fatal HUS case with travel history to Germany reported by the state of Arizona (not yet confirmed as O104:H4)
 Total  870  31  2966  14  

Note. There are 3836 HUS and EHEC cases in total, including 45


Epidemic Profile of Shiga-ToxinーProducing Escherichia coli O104:H4 Outbreak in Germany ?ーPreliminary Report  New.Engl.J.Med (国際医学雑誌) ドイツで発生した志賀毒素産生H104:H4大腸菌流行の疫学的特性:予備的報告
 ドイツチームによる疫学的調査研究。 ドイツ国内における患者状況の評価。
 HUS発症者の平均年齢は43歳、死者の平均年齢は74歳。
E. coli: Some Answers, Many Questions Still  Wired News  (米国) 大腸菌について分かったことはあるが、未だ不明な要素が多い
 下記2論文に基づく問題点。参考になるアーティクル。
 軽症者が多数いて、それらが報告されていないとしたなら、これまで考えられてきた以上の大流行であるのかも知れない。

Why the German <i>E. Coli</i> Outbreak Was So Deadly  TIME  (米国) ドイツで流行を起こした大腸菌はなぜ致死力が高いのか。
 New.Engl.J.MedとLancet論文からのコメント
 
 As far as we know, that's the deadliest E. coli outbreak in history, outpacing on in Japan in 1996 that sickened nearly 10,000 people but killed only a handful..

 ベロ毒素を産生し、さらに腸管粘膜への粘着性を増した大腸菌
 6月24日

New E coli reports leave major questions hanging  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 新型大腸菌流行に関する圃うっくは大きな疑問を残している

Gangrenous Bowel Shows Deadly Risk of E. Coli   Bloomberg  (米国) 致死的大腸菌で大腸壊死の危険性
 O104大腸菌感染により大腸粘膜の血流供給が止まり、80代の女性が大腸切除を受けたことが、ユーロサーベイランスに報告された。
 女性は他に錯乱と神経学的合併症も併発した。

Death may be tied to E. coli  Arizona Republic (米国) 米国、ドイツ帰りの男性の死亡は大腸菌感染による可能性
 アリゾナ州保健局は6月中旬にドイツ帰りの65歳以上の男性がHUSで死亡したことを発表し、男性がドイツでO104:H4大腸菌に感染した可能性があることを示唆した。
 細菌検査は米国CDCで行われているが、結果がいつ出るかは未定とされている。

 各国インフルエンザ発生状況

 香港 流行なし。発生は散発的
 中国 B型が散発的

 米国 流行なし



ニュージーランド 流行開始はなし
オーストラリ 本年当初から季節性インフルエンザ感染者数が多い傾向が続いているが、流行開始の兆しはない。



 WHO腸管出血性大腸菌情報 更新22 (23-06-11)

 2日前よりも総発病者数は105人、死者数は3人増加。
 HUSおよびEHECとも最新の発症日は6月16日

 6月22日午後15時の時点

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 9
0
13
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 823  29  2865 13  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 5
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 17
1
33
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (all confirmed) and 2 EHEC cases (one confirmed and one suspected)
 Total  864  30  2938  13  

 総発病者数(HUS&EHEC)は3802人、死者数は43人
 6月23日

Killer E. coli bacteria's secrets identified in The Lancet  The Australian  (オーストラリア) キラー大腸菌の秘密が”ランセット誌”で公開
 AFP

 ドイツで数十人を死亡させた大腸菌は、より強毒性を帯びるように遺伝子が変化した株であることが、23日、医学雑誌”ランセット”で発表された。
 ドイツのミュンスター大学の研究チームが発表したものであるが、今回流行を起こしたO104:H4大腸菌は、2001年にドイツの若い患者から分離されたO104:H4大腸菌のクローンと考えられる。

 研究者達によると、今回の大腸菌の強毒性は2種類の株(O104:H4)の遺伝子が結合した結果、もたらされたと考えられる。
 一つの株は、腸管出血性大腸菌(EHEC)で志賀毒素(ベロ毒素)を産生する。
 もう一つの株は、腸管凝集性大腸菌(EAEC)と呼ばれ、菌が腸管粘膜の細胞にレンガ状に集積する特性を持っている(腸管粘膜への感染力と侵襲性が強い::訳者)。
 先月、米国と中国の遺伝子研究所では、この株をEHEC-EAECのハイブリッドと説明した。
 しかし、今回の研究では、非常に希な株ではあるが、遺伝子組み換えは10年間の間に起きたとしている。

 2001年の株との違いには、さらに抗生物質耐性が起きているが挙げられる。
 広域スペクトラム抗生物質(多くの細菌を標的とする)でベータ・ラクタム系抗生剤には耐性になっている。
 すなわち全ペニシリンとセファロスポリン系抗生剤は無効である。しかしカルバペナム系抗生剤には感受性がある。

Syndrome Caused by E. coli Mostly in Adults, Women  Doctors Lounge (国際) 大腸菌感染症は主に成人女性で発生
 今回の大腸菌流行の中心であったハンブルグの”ハンブルグ-エッペンドルフ大学医学センター”の研究チームが、6月18日までに経験した症例をまとめて、New.Engl.J.Medに発表。
 その内容の紹介記事。

 結論
  通常検出されることはあまりない大腸菌株である、志賀毒素(ベロ毒素)産生大腸菌感染症の流行で多くのHUSが発生した。それは主として成人で発生し、中でも女性に多かった。
  HUSは大腸菌感染者の四分の一で発生した。

Unusual Traits Blended in Germany E. Coli Strain  New York Times  (米国) 様々な異常な特性を獲得したドイツの大腸菌株(O104:H4)
 ドイツのミュンスター大学のヘルゲ・カーク(Helge Karch )博士の率いる研究チームが発表した論文(Lancetに基づいている。

 今回の流行株であるO104:H4は、腸管粘膜にレンガ状に凝集し、粘膜に強力に付着して侵襲する特性を持つ大腸菌が、ベロ毒素を産生する特性をも身につけた新型強毒菌である。
 (訳者注:腸管凝集性大腸菌が、腸管出血性大腸菌の保有するベロ毒素産生能力を保有した:BGI(北京ゲノム研究所で既に明らかにしている)。
 
 この株がどこから由来したかは定かではない。
 オリジナルのO104:H4は、2001年にドイツで検出されたとされる。その後散発的に各国で見つかったが流行を起こしたことはない。
 このO104:H4大腸菌は、他の腸管出血性大腸菌が牛の腸管由来であるのに対して、人が感染宿主としていると考えられ、人の腸管内で増殖し、そこから便を介して他人に感染する。
 (訳者注:腸管凝集性大腸菌は元々人を感染宿主としている)。
 今回のドイツでの流行の原因は定かではないが、細菌を保有していた人々から豆スプラウトが汚染され、そこから多数の人間に感染したと推定されている。

SLU Part Of Study Into Possible Bird Flu Vaccine  KTTS (米国) セントルイス大学、鳥インフルエンザに対する人ワクチンの臨床試験に
 国立衛生研究所(NIH)の助成を受けて開発されたセントルイス大学の研究チームの、人に対する鳥インフルエンザワクチンの臨床試験が始まる。
 被試験者として240人の成人を捜している。

エジプトでH5N1鳥インフルエンザで男性が死亡
 WHO
 WHOは、エジプト保健省が鳥インフルエンザA(H5N1)の人の感染者が発生したとの報告を受けた。
 感染者はケナ県の27歳男性で、6月5日に発症し、13日に入院治療が開始されたが、14日に死亡した。
 感染経路は、鳥インフルエンザに感染したと推定される家きんへの暴露と考えられている。
6月22日


Mystery tourist death sparks E coli alarm  The Nation  (タイ) 英国人の奇怪な死亡が、致死的大腸菌感染勃発の脅威に
 タイ保健省は、66歳の英国人が北東のウドンターニ省のホテルで、2日間の重症下痢症後に死亡した原因を調査中であると発表した。
 初期の検査ではドイツで勃発したO104:H4大腸菌感染症は否定されたが、現在、さらに詳細検査が行われている。

 英国男性はタイに6月5日に到着し、12~13日後に重症下痢症を発症した。
 もし男性がドイツで発生しているO104:H4大腸菌による下痢症であるならば、もっと早く、10日以内に発病しているはずであると保健省では説明している。
 O104:H4大腸菌の潜伏期間は通常3~4日とされている。
WHO腸管出血性大腸菌情報 更新20 (21-06-11)
 感染者数は確実に減少中。
 前日よりも93人増えているが、報告がおくれていた症例が中心となっている。
 ドイツ国外での感染者は増えていない。

 6月20日午後15時

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 9
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 814  27  2773 12  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 18
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (all confirmed) and 2 EHEC cases (one confirmed and one suspected)
 Total  856  28  2841  12  

 総発病者数は3697人で死者数は40人。
 最終発症日は、HUSで6月12日、EHECで6月15日。


6月21日

FDA's New Controls On the Food Industry  NewsReleaseWire.com (米国) 米国FDA、食品企業に対する新規法規制
 概略
 
 最近のドイツにおける大腸菌104の流行を受けて、FDAとCDCは国内における大腸菌検出のモニターと、菌に由来する感染症発生の監視を強めている。
 しかし、消費者と食品業界は、FDAがどのように感染症を予防する規制を考慮しているかに関心を持っている。
 2012年初めに、食品汚染を防止するための新法規制が発効される予定であるが、それまで暫定処置としていくつかの対策がなされつつある。
 現在は海外から輸入される新鮮野菜の細菌検査が行われ、それが終了した輸入品だけが国内に出荷されている。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新19 (20-06-11)
 過去10日間、新規感染者数は有意に減少してきている。
 報告される感染者数の増加は、前回よりも87人増えているが、主に報告の遅れている過去の事例である。
 
 これまでの報告からみると、HUSのピークは5月21日、腸管出血性大腸菌感染症(EHEC)は5月22日~23日である。
 ドイツ当局の発表では流行株である、腸管凝集性ベロ毒素産生大腸菌((EAggEC VTEC)O104:H4の汚染食品は、豆および種子スプラウトとあれる。
 6月17日午後15時(現地時間)における発病者数と死者数は以下の通りとなっている。

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 9
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 810  27  2684 12  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 18
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (all confirmed) and 2 EHEC cases (one confirmed and one suspected)
 Total  852  28  2752  12  

 総発病者数は3604人で死者数は40人。


The German E. coli outbreak: 40 lives and hours of crowdsourced sequence ...  Nature.com (国際) 40人の命を奪ったドイツの大腸菌流行と多くの研究者による遺伝子分析

 

 PDF ファイル

 幸いなことにドイツにおける大腸菌感染症の大流行は、この週末に新たに122人の感染者が報告されているが終息に向かいつつある。最初の感染者は5月1日に確認されて以来、これまで3593人の感染者が確認され、そのうち849人がHUSを併発し、40人が死亡している。
 6月10日、ロベルト・コッホ研究所は流行の原因となっている大腸菌O104:H4が、北部ドイツの有機栽培農場で検出されたと報告した(正確には感染した農場従業員の便から検出のはず:訳者)。
 続いて、その細菌がどこから感染したのかが、研究者達の争点となった。

 分析結果は、最初に北京ゲノム研究所が6月2日に流行株の完全な遺伝子構造を発表して以来、互いに公開されてきている。
 これまで5株の遺伝子構造か解読され、研究者達はデータをGitHub site に登録し、ツイッターで論議している。
 こうした遺伝子構造の分析は、当流行株がどのように変化してきたかについて理解する上で役立つ。
 当初、この大腸菌は10年以上前に検出されたアフリカの株に遺伝子構造が似ているとされた。
 ユーロサーベイランスでは2002年にドイツで分離された株に最も似ていると報告した。
 
 全ての分析は、当該株は腸管凝集性大腸菌(enteroaggregative E. coli :EAEC)であるが、それが志賀毒素(ベロ毒素)を産生する遺伝子を獲得したものであることを示している。
 この株がEAECであることは、毒素産生能力を獲得するまで(無症状)人感染者達の間に長い期間感染していた可能性を示している。
 EAECは人を感染宿主としている。
 一方、通常の腸管出血性大腸菌(EHEC)は、牛などの反すう動物の便から食物を介して人に感染するのと対照的である。

 ドイツでは先週、感染している無症状の女性から、調理した食品を介して少なくとも20人に感染している(正確には女性が無症状の間に関与した食品から他に感染したもので、女性はその後HUSを発症した)。
 さらに流行株はフランクフルトの川からも検出されている。なぜ川が汚染されたかは説明されていない。

 研究者達はさらなる分離株の遺伝子分析が必要と言っている。
 それにより、当大腸菌の変異の過程が理解され、人を感染宿主とするこの菌からさらに危険な株が発生してくる可能性についても予測可能とされる。
 アフリカに存在した可能性が高い大腸菌が、どのようにして北ドイツの農場で見つかったのか等も明らかにされる可能性がある。
 
6月20日

Public advised not to panic over E. coli outbreak: Health Ministry  Thai News Agency MCOT (タイ) タイ保健省:大腸菌流行にパニックにならないように忠告
 ドイツで発生している致死的O104大腸菌流行で、人人感染が認められたが、タイでは未だこの大腸菌が検出されていないことから、国民は過剰な心配をしないように保健大臣が注意を与えた。
 食事の前後に十分な手洗いを行う事を勧めている。

 中国の新華社によると、ドイツの食事出前会社の調理人がスプラウトからO104大腸菌に感染し、その調理人が調理した食品に細菌が感染して20人が発病したとされる。

Flu aerosolization study shows benefit of eye protection  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) エアゾル化したインフルエンザウイルスは目からの感染予防が必要
 生ワクチンインフルエンザウイルスを機械的にエアゾル化して顔面に20分間暴露。
 N95マスク、外科用マスク、ゴーグル装着によるウイルスの感染予防効果を調べた。

 何も予防しなかったボランティ4人、外科用マスク(ゴーグル装着の有無に関係なく)群10人、全てが感染。
 ゴーグルだけの群のは4人中3人が感染。
 N95だけの場合は、5人中3人が感染。N95にゴーグルを装着した場合、5人中1人だけが感染。

 The Journal of Infectious Dsisease論文
 米国研究チームによる

 原著論文

国内のインフルエンザ状況

 沖縄県は定点平均10.62人と、未だ流行域を示している。
 分離ウイルスはB型とA香港型が混在しているようだ。

 東京都や大阪府は、0.08人および0.1人であり、流行は終息している。
 北海道の東部でも流行が続いているが、B型によるものと思う。

世界のインフルエンザ情報:WHO 6月17日
 ・北半球ではインフルエンザシーズンは終了し、散発的発生が認められているのみである。
 ・熱帯地域では低レベルでインフルエンザが発生している地域が散見される。
 ・南アフリカではインフルエンザA(H1N1)2009を中心に感染者の数が増えている。
 ・南半球の温帯地域ではインフルエンザの活動性は低レベルが維持されている。

E. Coli Bacteria Are Found in a Brook in Frankfurt, DPA Reports  Bloomberg (米国) ドイツ、フランクフルトの小川でO104:H4大腸菌が検出
 小川の水は飲用水には用いられてないという。周辺の2件の農家は水の使用を禁じられた。
 大流行している北部からは相当離れている。


{未確定例}Agam, West Sumatera ::: A family treated of bird flu suspicion   Bird Flue Information Center (インドネシア) 西スマトラ、アガムで家族が鳥インフルエンザに感染した疑い
 周辺で鶏がH5N1で死亡した後、父親と子供達3人が発熱。

 6月19日


Scientists Release Complete Map of Germany E. Coli O104 Genome  MedIndia  (インド) O104大腸菌の遺伝子構造が明らかに
 BGI(北京遺伝子研究所)により、ドイツで大流行を起こしたO104大腸菌の遺伝子構造構造が明らかになった。
 腸管凝集性大腸菌(EAEC)に、ベロ毒素の産生遺伝子を保有したバクテリオファージが感染し、同遺伝子が細菌内染色体に取り込まれた、ベロ毒素(志賀毒素)産生腸管凝集大腸菌となったと結論。
 すなわち、志賀毒素またはベロ毒素を持つ赤痢菌に感染して毒素産生遺伝子を保有したバクテリオファージが、腸管凝集性大腸菌に感染することにより、ベロ毒素産生腸管凝集性大腸菌が出現したと考えられる。
 他の大腸菌に同様の現象が起きて、ベロ毒素産生腸管出血性大腸菌(EAEC)が誕生している。
 今回誕生した大腸菌は、腸管凝集大腸菌という強毒菌が、さらにベロ毒素を産生するようになった故、さらに強毒である。
 またこの菌は抗生物質の多くに耐性となる遺伝子を保有している。

 *これまでWHO他の専門機関では当大腸菌を腸管出血性大腸菌(EHEC)と表現してきたが、BGIの結論ではEHECではなくEAECに属するとされる。
More E-Coli Found in Germany  OzarksFirst.com (米国) ドイツでさらにO104:H4大腸菌が検出
 致死的O104:H4大腸菌がフランクフルトの川で検出された。
 しかし当局では水道の供給には問題はないとコメントした。
 フランクフルトの北東部を流れるエアレンバッハ川の近くの農場で、弱毒性の大腸菌がレタスから検出されたことを受けて、当局が川の水をチェックしている過程でO104:H4大腸菌を検出した。
 なぜ川の水から大腸菌が検出されたかについては明確な答えは出されていないが、細菌が検出されることは決して異常なことはないと当局ではコメントしている。
 6月18日


Deadly E. coli found in Frankfurt stream  The Local (ドイツ) フランクフルト市街の川で致死的O104:H4大腸菌が検出
 17日(現地時間)、フランクフルトの川で40人近いドイツ人の命を奪った危険な大腸菌が検出された。
 市当局では市内の水道への影響はないとコメントしている。

 ヘッセン州の保健局はフランクフルト北東部を流れるエアレンバッハ川で致死的O104:H4大腸菌が検出されたことを発表した。
 先週、同川の水で洗浄されていたレタスから、より弱毒性の大腸菌が検出されたため、川の水に含まれる細菌調査をしている過程で、O104:H4大腸菌が検出されたという。

 保健局の広報官は飲料水には危険性はないと説明している。
 なぜ川が細菌で汚染されたかは、いくつかの考え方があるが、今回の水は下水処理場近くから採取されたことが原因かもしれないと当局では言っている。
 ただし下水処理場は高度に衛生基準を保っている、と付け加えた。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新18 (17-06-11) WHO

 前日からEHEC(腸管出血性大腸炎)が91人、HUS(溶血性尿毒症症候群)が14人増加。
 全てドイツ国にでの発生であるが、感染確認から連邦政府への報告の遅れが、現在の増加数の原因で、実際の発症数は減少しているという。
 最終的発症日は、HUS で6月10日、EHECで6月13日。

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 8
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 798  25  2610 13  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 1
 0 1
0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 18
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (all confirmed) and 2 EHEC cases (one confirmed and one suspected)
 Total  839  26  2678  13  

 総発病者は3517人、死者数は39人

Food poisoning  The Economist  (国際) ドイツにおける大腸菌感染症に関する論説
 大流行の原因、スプラウトの汚染原因、予防など。

 ドイツのスプラウト生産農場での調査では、生産過程基準を守り、問題となる感染原因は見つかっていない。
 残るは用いた種子の感染だけである。
 種子に細菌が汚染されると、それは数ヶ月間眠った状態で存在し、また菌は種子内へもの入り込んでいるので洗浄などでは除去されない。
 発芽の過程で細菌は10万倍にも増殖し、スプラウトの茎内部へも繁殖してゆく。

 食品における除菌のための放射線照射が効果的:WHOや米国医師協会(American Medical Association )などは食品の殺菌に放射線照射を勧めている。
 放射線照射で99.9%の細菌が破壊される。
 フランスでは、家きんの肉や、冷凍魚介類などに照射線照射している。
 米国では以前から肉類への照射線照射が許可されており、2006年からはほうれん草とレタスへも許可されている。
E. coli on Dutch sprouts is new; 39 dead in German E. coli O104 sprout outbreak  barfblog オランダでもスプラウトから新規大腸菌が検出
 オランダ食品安全局によると、先週オランダ産のスプラウトから見つかった大腸菌は、これまで同国で検出されたことのない株で、現在さらなる分析のためにイタリアとデンマークの研究所に送られたと発表した。
 これまでのところ感染した発病した事例は報告されていないとされる。

Germany discovers first human transfer in E coli outbreak  Monsters and Critics.com  ドイツ、ヘッセン州でO104大腸菌の二次感染が起きた。
 ドイツでの大流行の原因が、食用豆スプラウト(新芽:レンティル豆、カイワレ大根、豆類)で拡大したと発表された1週間後に発生が確認された。
 
 州の消費者保護協会の説明では配膳業(主としてホームパーティーに料理を提供する)に働く女性がスプラウトを食べた後、O104:H4大腸菌に感染し、女性が調理した料理を介して20人に感染が広がったとされる。
 広報官の説明によると感染は調理場で働いている従業員がトイレ使用後に十分な手洗いをしていなかったことが原因かも知れないとされる。
 そこから調理器具に感染が広がったと推定。
 女性が働いていた間は体調は悪くなかったとされる。 
 しかし、女性従業員はその後重症HUSに罹患した。
 6月17日


WHO腸管出血性大腸菌情報 更新17 (16-06-11) WHO
 この1週間でHUS/EHEC患者数は有意に減少してきている。
 ドイツ当局による調査で、この大腸菌、腸管凝集性ベロ毒素産生大腸菌( EAggEC VTEC) O104:H4の汚染食品が豆および種子スプラウトであることが示されている。
 ロベルト・コッホ研究所では、ドイツ国民に生の全てのスプラウトは食べないように注意を促している。

 6月15日午後15時における感染者数と死者数は以下の通りである。

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 8
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 786  25  2518 13  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 0
 0 2 0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 17
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (all confirmed) and 2 EHEC cases (one confirmed and one suspected)
 Total  825  26  2587  13  

 全感染者数は3412人、死者数は39人。
 最終的発症日は、HUSが6月8日でEHECが6月13日。

It's a "Matter of When"  Newton Press Mentor (米国) パンデミックはいつ発生するかが問題だ
 イリノイ州フローラ地域。
 数カ所の郡の保健専門家達が集まって、パンデミック模擬訓練が行われた。
 想定するパンデミックは鳥インフルエンザを初めとして、米国内に急速に拡大する新規インフルエンザである。
 目的は郡の保健局や他の関連部署との連携行動の練習である。
 当局はパンデミックが今すぐ起きるとは言ってないが、多くの専門家は発生するのは時間の問題だと言っている。
BGI Releases Complete Map of E. coli O104 Genome  Infection Control Today (米国9 BGI、大腸菌o104の完全な遺伝子構造を解明
 BG(北京遺伝子分析センター:在深セン市)とハンブルグ大学の研究ームは。北ドイツで流行中の大腸菌O104の遺伝子構造を完全に解明した。
 途上国で持続的下痢症を発生する腸管凝集性大腸菌(enteroaggregative Escherichia coli:EA(gg)EC)が、腸管出血性大腸菌(EHECのベロ毒素産生遺伝子を獲得したものと判断されている。
 チームでは、このウイルスは完全な新型ではなく、ハイブリッド型であり、呼称はベロ毒素(志賀毒素)産生腸管凝集性大腸菌(STpEAEC)としている。

 *訳者注:両ウイルスの遺伝子が加わった大腸菌との判断はWHOやドイツでも同じであるが。EHEC由来であるとするのが一般的であるが、BGIではEAEC由来としている)。
WHO、エジプトにおける5例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を公表
 エジプト保健省は5例の鳥インフルエンザA(H5N1)感染例を、WHOに報告した。

 第1例はアスワン県の40歳女性。5月14日に発症。同日入院。タミフルによる治療を完了して治癒。
 第2例はメノフィア県の21歳妊婦。5月21日に発症して入院。タミフルによる治療を受けるも29日に死亡。
 第3例はカリオビア県の31歳男性。5月21日発症して入院。タミフルによる治療を受けるも6月5日に死亡。
 第4例はカイロ県の32歳男性。5月23日に発症して入院。タミフルによる治療を受けるも6月2日に死亡。
 第5例はメノフィア県の16歳男性。5月21日に発症して入院。タミフルによる治療を受け、危機的状態であったが、現在は回復中。
 全例とも感染源は、感染した家きんに暴露されたことと推定されている。

 現時点でエジプトにおけるH5N1感染者の総数は145人、死亡者は51人となっている。致死率は35%。

 今年度のエジプトおける感染者数は既に30例となっている。2009年(39例発生)に続いて感染者数は既に多い。


 6月16日

"Don't eat raw sprouts. Thats the best advice for all of us"  barfblog (国際) ”スプラウトを食べないで! それが我々からの最善の忠告”
 ノースカロライナ大学の食品安全学の専門家、ベン・チャプマン他からのアドバイス

 スプラウトに関する問題は1970年代から起きている。
 ノースカロライナ大学保健専門家博士課程責任者のスザンナ・ハバラ・ホッブス教授のチームがまとめた、これまでのスプラウトで起きた食中毒事例のリスト

US confirms four cases of E.coli from German outbreak  Straits Times (シンガポール) 米国、ドイツで流行大腸菌による感染者4人と疑い例1人を確認
 AFP

 米国CDCはSTECO104:H4大腸菌による感染者4人と1人の疑い者を確認したと発表した。
 当新型大腸菌による世界の死者数は38人、感染者は116カ国(16カ国の間違いと思う:訳者)で3300人に上っている。

Contaminated food for thought  Nature.com (国際) ドイツにおける食品汚染に関する情報集約化の必要性
 地方分権が発達しているドイツでは、今回の食中毒事件が発生しても、州政府が対応し、続いて連邦政府の危機管理部署、ロベルト・コッホ研究所へと情報が伝われが、州政府の発表内容が不正確で、それが連邦政府の発表内容と異なる等の不手際が生じている。そうした事態を回避するためにも、データは電子媒体でロベルト・コッホ研究所で一括管理するシステムが必要。米国CDCではそのようなシステムが構築されている。 
Deadly E. Coli Strain Sequenced With Roche GS Junior System by HPA Scientists .. PR Newswire UK (英国) 致死的大腸菌株の遺伝子構造が、英国健康保護庁の研究陣が解明
 本来の菌(O104:H4)の遺伝子以外に2種類の大腸菌株の遺伝子(プラスミド)が加わり毒性が増した株となっている。
The results suggest that the strain has a unique combination of features containing genes from two different types of E. coli as well as its own genes. The sequencing assembly shows that the strain contains two extrachromosomal elements or plasmids which may factor into its pathogenicity. In essence, this strain of E. coli may have 'picked up' some extra genetic material along the way.


WHO腸管出血性大腸菌情報 更新16 (15-06-11) WHO
 WHOヨーロッパ地域の各国は、有意な数の腸管出血性大腸菌(EHEC)感染者と溶血性尿毒症症候群(HUS)を、5月にドイツで流行が始まって以来報告している。
 WHOは各国の保健当局と密に連携をとりならが、技術的支援と最新の情報を提供している。

 最新情報

 ドイツ
  ドイツ当局は疫学的調査データと食品販売網からの事実から、各種のスプラウト(コロハ、ヤエナリ、レンチル、小豆、アルファルファ)が細菌の汚染物と発表した。

 豆スプラウトの原因を示す根拠の増加と、新規警戒コメント
  6月10日、ロベルト・コッホ研究所、連邦リスク評価庁(BIR)、及び連邦消費者保護及び食品保護庁(BVL)が共同声明を発表した。
  疫学的調査結果の積み重ねと食品販売網の調査から、豆及び種子スプラウトがドイツで流行中の、異常な細菌( enteroaggregative verocytotoxin-producing Escherichia coli (EAggEC VTEC) O104:H4 bacterium.)の汚染源と考えられると発表した。流行は主としてドイツが中心となっている。
 ・当局は国内における”豆及び種子スプラウト”の生での摂食をしないように勧奨している。それはレストラン、出前、家庭内、いずれの場所においてである。
 ・当局は家庭で栽培したスプラウトも生で食べる事に警戒を呼びかけている。
 ・当局は現在、生トマト、キュウリ、レタスの摂食制限を解除した。
 ・当局はニーダー・ザクソン州の当該農場から出荷された全産物を市場から撤去することを推奨している。
 ・数多くの調査によると、当該スプラウトがドイツ外に輸出された事実はない。

 ドイツ
 6月14日 午後15時 (ヨーロッパ時間)

 溶血性尿毒症症候群 (HUS)
  784人 (23人死亡)、 前日から2人増加、死者は1人増加。
  68%が女性、88%が20歳以上の成人。
  症状の発現は5月1日~6月8日
 腸管内出血性大腸炎(EHEC)
 2470人(13人死亡)、前日よりも17人増加、死者数の増加はなし。
 59%が女性、87%が20歳以上の成人。
 症状の発現は5月1日~6月11日

 他の国
 6月14日(ヨーロッパ時間)の時点で、ヨーロッパ13カ国で36人のHUS(1死亡)、および66人の腸管出血性大腸炎(EHEC、死者はなし)が報告されている。
 
 米国でCDCは3人のHUSと2人のEHECを報告しているが疑い例も含んでいる。ドイツの流行とリンクしている。
 カナダは1例のEHEC疑い例を報告している。ドイツの流行とリンクしている。
 10日以来ドイツ外での発症者は報告されていない。

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 8
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 784  23  2470 13  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 0
 0 2 0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 17
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (1 confirmed and 2 suspected) and 2 suspected EHEC cases
 Total  823  24  2539  13  

全感染者数は3343人、全死者数は37人

これらの例は糞便で細菌が同定された症例だけである。


 6月15日



インフル集団接種、やはり学級閉鎖少なかった  読売新聞 
 慶応大学の調査。小学校でインフルエンザ接種が行われていた期間と廃止された期間の、学級閉鎖日数を比較した。

 都内の1小学校を対象に追跡調査した。
 1984~87年 ワクチン接種率 95.5%  学級閉鎖日数 1.3日
 95~99年 接種率 2.4%  閉鎖日数20.5日
 2004~07年 接種率78.6% 閉鎖日数7.0日

E coli cases slow as more details on pathogen emerge  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 大腸菌感染者数減少、原因菌の特性がより明確に
 ドイツ当局は、ドイツにおける感染者数は有意に減少していると本日発表した。

 一方O104:H4大腸菌に関するコメントが、本日ユーロサーベイランス(Eurosurveillance:ヨーロッパCDC発行)のエディトリアルに掲載された。
 以下、その内容から:

 enteroaggregative E coli (EAEC) と Shiga toxin–producing E coli (STEC)、両者の特性を持つ。
 EHEC大腸菌は途上国で旅行者や小児の間で下痢を起こている、人の大腸で増殖している株である。
 一方、STECは動物(主に反芻動物)の腸管で増殖しているベロ毒素(志賀毒素)産生株である。
 EHECにSTECの遺伝子が加わったと推定される。

 デンマーク、イタリア、および米国の研究者達による報告では、これまで発見されたO104:H4事例は以下の通りとなる:2001年のドイツで2例のHUS患者。2004年にフランスで1例。2005年に韓国で1例のHUS。2009年にグルジア共和国で2例のHUS。2010年にフィンランドの下痢症患者から。
 持続的に下痢症状を呈するEAECにベロ毒素産生能力が加わった、このドイツで流行しているO104;H4株は、”hypervirulent strain (超強毒菌)”であると、著者達は記している。

 EAECは人の一般的に見られる大腸菌であることから、そのハイブリッドである、今回発生した大腸菌は、動物よりも人を感染宿主とする菌と考えられ、今後長く人の間で感染を続けるだろう、とユーロサーベイランスの著者達はコメントしている。

 
Death Toll Reaches 37 Two-Year-Old Boy Dies in German E. Coli Outbreak Spiegel Online  (ドイツ) 死者数が37人に:ドイツの2歳幼児が死亡
 14日(現地時間)、北ドイツの2歳男児がHUSで死亡し、小児での初の死者となった。
 これまでの最年少死者は20歳であった。
 男児の父と10歳の兄も発病したが、回復している。
 家族がどのように感染したかは不明。

Germany Looks at Sprout Seeds, Farm Workers for E. Coli Disease  Bloomberg  (米国) ドイツ当局、大腸菌感染症の原因としてスプラウトの種と農場従業員を調べる
 スプラウトの種子が既に感染していた可能性と、スプラウトが農場従業員から細菌汚染を受けた可能性を、ドイツ当局は調べている。
 当該農場の種子はアジアやヨーロッパのいくつかの国から輸入されていたものとされる。
 スプラウトの種子が既に感染していた可能性があることから、ドイツ内の全ての生のスプラウトの摂食に対して警告が続いている。

Keep Off the Sprouts  London Review of Books  (英国) スプラウトには手をつけない

PDFファイル
 英国の著明な微生物学者であるペニングトン教授のコメント

 「それはスプラウトである」、と10日にベルリンのロベルト・コッホ研究所のラインハルド・ブルガー長官が、流行中のO104大腸菌感染症の汚染源について発表した。
 しかし、それは何ら驚くことではない。
 豆類スプラウト(発芽野菜)による食中毒は定期的に発生している。
 英国における最初の大きな事例は1988年のサルモネラによるもので、ヤエナリのスプラウトを食べた後143人が発病した。
 また1996年の日本の堺市の大流行では、O157大腸菌に感染したカイワレ大根が感染源となった。
 さらに昨年は英国で豆スプラウトでサルモネラ感染症が231人で起きている。

 豆スプラウトによる感染者の多くは女性である。理由として豆スプラウトは小児や男性はあまり食べないことが挙げられる。
 流行が起きてからスプラウトが原因と分かるまでしばしの時間が費やされる。
 調査は、希な細菌により異常な数の感染者が発生していることが分かってから始まるのが通例である。
 そして多くの流行でスプラウトに、疑われる細菌は検出されない。
 
 ドイツでの流行は正しく上記の状況を全て兼ね備えている。
 しかし、O104大腸菌の感染源がスプラウトと推定させる強い根拠が見つかっている。
 旅行グループやクラブメンバー達の中で発病した人達とそうでない人達の間での食べた物の違いが、メニューや領収書、さらには感染者達が撮った食事の写真などから比較され、発病者の摂食物の特徴から、スプラウトが汚染食品であることが推定された。
 また感染者の発生地域と当該スプラウトの出荷先が地理的にも符合した。
 
 生の豆スプラウトは非常に危険性の高い食品である。理由はスプラウト用の種は見えない細菌汚染を起こしていることが多く、またスプラウト栽培環境は、細菌増殖に最適な環境にもなっているからである。(温度が高く高湿度)。
 危険を減じる為には、種子の収穫に肥料を使わなく、そして殺菌処理している信頼出来る業者から種子を購入することである。
 最も効果ある化学的殺菌物質は”ブリーチ(漂白剤)”であるが、許可されている濃度では全ての細菌を死滅させることは出来ない。
 唯一の効果ある殺菌方法は放射線照射と思われるが、この方法は全てのスプラウト栽培農家にとって容易に行える方法ではない

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新15 (14-06-11) WHO
 WHOヨーロッパ地域の各国は、有意な数の腸管出血性大腸菌(EHEC)感染者と溶血性尿毒症症候群(HUS)を、5月にドイツで流行が始まって以来報告している。
 WHOは各国の保健当局と密に連携をとりならが、技術的支援と最新の情報を提供している。

 最新情報

 ドイツ
  ドイツ当局は疫学的調査データと食品販売網からの事実から、各種のスプラウト(コロハ、ヤエナリ、レンチル、小豆、アルファルファ)が細菌の汚染物と発表した。

 豆スプラウトの原因を示す根拠の増加と、新規警戒コメント
  6月10日、ロベルト・コッホ研究所、連邦リスク評価庁(BIR)、及び連邦消費者保護及び食品保護庁(BVL)が共同声明を発表した。
  疫学的調査結果の積み重ねと食品販売網の調査から、豆及び種子スプラウトがドイツで流行中の、異常な細菌( enteroaggregative verocytotoxin-producing Escherichia coli (EAggEC VTEC) O104:H4 bacterium.)の汚染源と考えられると発表した。流行は主としてドイツが中心となっている。
 ・当局は国内における”豆及び種子スプラウト”の生での摂食をしないように勧奨している。それはレストラン、出前、家庭内、いずれの場所においてである。
 ・当局は家庭で栽培したスプラウトも生で食べる事に警戒を呼びかけている。
 ・当局は現在、生トマト、キュウリ、レタスの摂食制限を解除した。
 ・当局はニーダー・ザクソン州の当該農場から出荷された全産物を市場から撤去することを推奨している。
 ・数多くの調査によると、当該スプラウトがドイツ外に輸出された事実はない。

 ドイツ
 6月13日 午後15時 (ヨーロッパ時間)

 溶血性尿毒症症候群 (HUS)
  782人 (22人死亡)、 前日から1人増加。
  68%が女性、88%が20歳以上の成人。
  症状の発現は5月1日~6月8日
 腸管内出血性大腸炎(EHEC)
 2453人(13人)死亡、前日よりも6人増加、死者数は1人増加。
 59%が女性、87%が20歳以上の成人。
 症状の発現は5月1日~6月8日

 他の国
 6月13日(ヨーロッパ時間)の時点で、ヨーロッパ13カ国で36人のHUS(1死亡)、および66人の腸管出血性大腸炎(EHEC、死者はなし)が報告されている。
 
 米国でCDCは3人のHUSと2人のEHECを報告しているが疑い例も含んでいる。ドイツの流行とリンクしている。
 カナダは1例のEHEC疑い例を報告している。ドイツの流行とリンクしている。

Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 8
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 782  22  2453 13  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 0
 0 2 0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 17
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (1 confirmed and 2 suspected) and 2 suspected EHEC cases
 Total  821  23  2522  13  

全感染者数は3343人、全死者数は36人

これらの例は糞便で細菌が同定された症例だけである。


6月14日

Third case of E. coli infection registered in Poland Kyiv Post (ポーランド) ポーランド、3人目の大腸菌感染者が報告
 68歳女性。先にドイツから帰ってきて発症した7歳少年の2歳になる弟を世話していて発病。O104大腸菌感染が確認されたが、ドイツで流行中の株と同一と推定されている。
 ポーランドでは10人以上の感染疑い者が疫学専門家により観察されている。
New type of A/H5N1 appears in some localities  VOVNews.vn (ベトナム) ベトナム、北部を中心に新タイプのA/H5N1ウイルスが流行
 
ベトナム農業省の動物保健局は、北部と中央部、及び山岳地帯の省で新タイプのA/H5N1鳥インフルエンザウイルスが家きんの間で流行し出しており、従来の中国産のワクチンは無効になったと発表した。なお南部地域では従来のワクチンは有効とされる。
E. Coli toll reaches 36 after new death  FRANCE 24  (フランス) 大腸菌感染症でさらに1人死亡
 AFP
 下記報道と同じ。
 
E.coli death toll now 36 - Germany  NEWS.com.au  (オーストラリア) ドイツの大腸菌死者数が36人に
 一昨日、さらなる死者数の発生が想定されると語っていたドイツ当局は、昨日死者数が36人に増加ししたことを発表した。
 ロベルト・コッホ研究所によると、出血性大腸菌(EHEC)感染者数はHUS合併例も含めて3228人となった。
 日曜日に死者数は34人と発表したが、昨日さらに1人増えたと発表した。
 同研究所によると報告される感染者数と死者数は次第に減ってきているとされる。

 感染源はドイツ北部の豊穣から出荷されていたスプラウトとされるが、当局では当該農場では何ら違反行為は起こしていないとしている。
 当該農場では、各種の農作物からスプラウトを生産していた;レタス、アズキ、ヤエナリ、コロハ、アルファルファ、レンチル。
 当該農場での生産作物は全て出荷を止められている。
E. coli death toll rises to 36 as Taiwan bans German sprouts  Deutsche Welle  (ドイツ) 大腸菌による死者数36人に、一方、台湾がドイツ産スプラウトの輸入を禁止に

E coli cases grow as more evidence points to sprouts  CIDRAP  (ミネソタ大学感染症情報センター) ドイツの大腸菌感染者数は未だ増加:スプラウトが汚染原因とする事実がさらに得られる
 ヨーロッパCDCが13日発表したところによると、EUで2508人の腸管出血性大腸菌O104:H4感染者が報告されていて、817人のHUS合併者が確認されている。合計死者数は36人となっている。10日(金曜日)以来、感染者数は221人、HUSは22人、死者は5人増えている。
 感染者宅のゴミ箱からパックに入ったスプラウトからO104:H4が検出された。しかしそれが感染者の感染原因か、それとも別な汚染源で感染した感染者から感染したものはか不明とのコメントも多い。
Expert Warns 100 Patients Will Need New Kidneys or Dialysis  Der Spiegel (ドイツ) ドイツの大腸菌流行:専門家、100人の患者が腎移植または永久的人口透析が必要
 重症HUSを併発した患者100人程度が腎移植、または永久的人工透析が必要であると専門家が語っている。

German E. coli Infections Continue to Rise   Internal Medicine News Digital Network (内科ニュース) ドイツの大腸菌感染症さらに増加
 ヨーロッパCDCによると、金曜日(10日)以来腸管出血性大腸菌感染症の数はさらに240人増え、また死者が5人増えている。
 3325人の感染者のうち817人がHUSを合併している。合計者数は36人。
 一方、ドイツのシュピーゲル誌によると、少なくとも100人が腎機能が廃絶したため、腎移植、または永久的人口透析が必要になると、専門家の意見を伝えている。
 6月13日

Experts link sprouts to fatal illnesses  USA Today (米国) 専門家達はスプラウトは致死的感染症を引き起こす可能性があると警告


 印刷用PDFファイル

米国および他の地域の公衆衛生専門家達は、ドイツで発生し、少なくとも35人の死者と3000人以上の発病者をヨーロッパで出した致死的大腸菌が、間違いなくスプラウトで広がったとドイツ当局が発表したことで、それほど驚きはしない。

 専門家達は生のスプラウトの栽培が、食品媒介細菌の増殖にとって最適な環境であると言っている。
 
 スプラウトは未だ多くの人々にとって、健康食品のイメージがある。
 しかしスプラウトは過去20年間米国で数十件の食中毒の原因となっていて、その中には100人以上が発病した事例が8件起きている、とワシントンの”公益に対する科学センター”の食品安全部門長官のカロライン・スミス・デワール氏が語っている。
 
 あなた自身を守る最適な方法は、単に生のスプラウトを食べないことであると、著明な食品安全専門家達が言っている。
 「この15年間スプラウトは食べたことはない。自分は人々にスプラウトを健康の為に食べるとするなら、それは減量のためにタバコを吸うことと同じである、と警告してきた」、とミネソタ大学のCIDRAP(ミネソタ大学感染症研究および政策センター)長官である、著明な公衆衛生専門家のマイケル・オスターホルム氏が言っている。
 
 良く知られたシアトル市の食品安全を専門にする弁護士のビル・マーラー氏は、この何年間もスプラウトは食べていないと言う。
 「スプラウトは生の牛乳以上に危険だと思う。なぜなら非常に多くの人々が食にすることが出来るからだ」

 「もしレストランに入ったとき、スプラウトが入ったサンドイッチが出されたら、私はそれを返す」、とオレゴン州保健局の疫学専門家のウイリアム・キーネ氏が言う。
 「自分は家族や近隣の人々に15年間、スプラウトを食べないように言ってきている」

 FDAですら消費者に警告している。
 そのガイダンスでは、小児、高齢者、妊婦、そして免疫が落ちている人々は全ての生のスプラウトを食べるべきでないとされている。
 FDAはさらにスプラウトは十分に加熱調理されるべきで、生のまま食事(食物)に加えるべきではない、と注意している。
 またレストランなどでサンドイッチやサラダを注文したとき、生のスプラウトが入ってないかチェックすべきである、ともいっている。

 なぜ、緑色で健康的に見えるスプラウトが、それほど危険なのだろうか?

 理由は、人の食品用として売られているスプラウトの種子は、農家に温室栽培作物用として売られている種子と同じであることが挙げられる。(アルファルファ、ヤエナリ、大根、及び他の緑菜)。そのようにデワール長官は説明する。
 それらの種子は、他の農作物と同じように畑で生産された作物から回収される。
 
 前述のキーン氏によると、畑は色々な細菌で汚染されているという。鳥の排泄物、川の水、ネズミやヘビ、牛の排泄物等。

 収穫された種子は、洗われることなくスプラウト栽培に用いられる。
 洗う代わりに付着物や埃が洗浄機で、振動により取り除かれる。
 細菌汚染の可能性が必ずしも考慮されていない。

 スプラウト生産業者の中には、スプラウト栽培の前に種子を希釈した塩素で洗浄する例もあるが、汚染された細菌は種子の割れた殻の中に存在していて、完全な除去は難しい。
 
 屋外で生産された種子が、動物用飼料、または人の野菜用であるなら構わない。人が食べる野菜は加熱調理されるからである。
 しかしスプラウトは違う。

 「スプラウト栽培システムは細菌培養に最適な環境になっており、そこに種子が入れられる。その環境は暖かく、高湿度で、細菌にとって増殖するには、正しく贅沢な環境である。」、とデワール長官は語る。

 さらにキーネ氏によると、種子の表面に付着している細菌が少数であっても、発芽時間と共に数千倍に増殖する

 国際スプラウト生産協会のボブ・サンダーソン会長は次のように語っている。
 スプラウトは新鮮食品の中で最も栄養価が高いが、加熱調理されないことから、他の食品以上に危険な食品となっている。
 「危険を防ぐ方法は滅菌することであるが、そうなるともはや新鮮ではなくなる」。
 同氏の会社では、生産された全てのバッチについて大腸菌とサルモネラ菌の検査を行ってから出荷している。
 スプラウトへの細菌汚染の可能性を自覚している米国の生産者の多くは、同じように細菌チェックしてから出荷しているという。
 

Why Raw Sprouts May be the Riskiest Food in Your Grocery Store  Huffington Post  (米国) なぜ生のスプラウトがスーパーで売られている最も危険性ある食品なのか
 誰でも十分加熱されていない牛の挽肉が危険であることを知っている。しかしそれよりも多分危険性ある食品があることが十分知られていない:生のスプラウトである。
 ジョージア大学の食品安全センターのマイク・ドイレ長官は、”スーパーで売っている商品の中でスプラウトは最も危険な食品と考えている」と語っている。

 なぜ、この美味で栄養満点の食品が危険なのか?
 それはスプラウトは他の野菜とは異なり、細菌の増殖しやすい環境で栽培されているからである。

 2011年、ドイツで生産された野菜スプラウトが細菌に汚染されていて30人以上が死亡し、3000人が感染発病した。
 流行はいまだ終息してないが、実際には数千人以上の感染者が自宅で療養し、報告されていないと推定される。

 スプラウトの種子は牧草地で収穫される。そこでは細菌汚染物質が無数に存在する。家畜の糞が最も可能性ある。野鳥が飛び交い、ウサギ、鹿、アライグマ、ネズミ、等も存在する
 それらを排除することは不可能である。
 時には農場従業員も感染源となりえる。
 他の原因として水の汚染もあり得る。

 種子の中に汚染された細菌は、そのまま何週間も眠った状態で存在する。
 種子を洗っても、種子内の細菌は除去されない。
 種子は他の大量の種子と混ぜられて保管される。その過程で種子に汚染されている細菌は他の種子にも汚染する。
 そして布袋に入れられた種子は保管されるか、海外に送られる。その船内でネズミにより細菌汚染される可能性がある。

 スプラウト生産は室内で温度が高く水分が豊富な場所で行われる。
 最初に12時間以上種子は水に漬けられるが、その間に重量が3倍にもふくれあがる。
 汚染している細菌は水分中に放出去れ、他の種子にも汚染されてゆく。
 スプラウトが生育する過程で細菌は内部の繊維にも汚染してゆくので、洗っても、塩素消毒しても除去は難しい。
 100%除去する方法は放射線照射とされる。


 WHO、ドイツにおける腸管出血性大腸菌流行に関する公衆衛生学的考察 WHO
 一部抜粋
 Causal Agent 原因菌
 An increasing number of cases are laboratory confirmed as EHEC serotype O104:H4. This is a rareserotype that does not seem to have been documented in outbreaks before, although a few sporadiccases with EHEC O104:H4 have been reported previously. The outbreak strain is shigatoxin (stx2a)-positive, intimin-negative (eae) and enterohaemolysin (hyl)-negative. It is noteworthy that theoutbreak strain is also an enteroaggregative E. coli (EaggEC). Thus it possesses genetic characteristicsthat could explain its virulence, with an unusual combination of virulence factors, being bothshigatoxin-producing and enteroaggregative. More information about the outbreak strain is availableon the Robert Koch Institute web site(http://www.rki.de/cln_109/nn_217400/EN/Home/E0HEC__O104__H4,templateId=raw,property=publicationFile.pdf/EHEC_O104_H4.pdf). At this stage the outbreak strain should be classified both as an EAggEC and STEC as it has bothenteroaggregative and shigatoxin-producing characteristics.

 原因菌はenteroaggregative verocytotoxin-producing Escherichia coli (EAggEC VTEC) O104:H4 bacterium.)

 Treatment 治療
 Most people recover without any specific treatment in 5.10 days. The WHO recommends that in general, treatment with antibiotics and antidiarrhoeals is not recommended for patients infected with EHEC. Such treatments have been reported to actually increase the likelihood of complications. WHO recommends people who are experiencing symptoms to seek medical attention and not self medicate. Treatment will probably include fluids. For patients with severe HUS, blood transfusions and dialysis might be needed to support failing kidneys.

 治療には抗生物質や止痢は勧められない


 6月12日

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新11 (11-06-11) WHO
 WHOヨーロッパ地域の各国は、有意な数の腸管出血性大腸菌(EHEC)感染者と溶血性尿毒症症候群(HUS)を、5月にドイツで流行が始まって以来報告している。
 WHOは各国の保健当局と密に連携をとりならが、技術的支援と最新の情報を提供している。

 最新情報

 ドイツ
  ドイツ当局は疫学的調査データと食品販売網からの事実から、各種のスプラウト(コロハ、ヤエナリ、レンチル、小豆、アルファルファ)が細菌の汚染物と発表した。

 豆スプラウトの原因を示す根拠の増加と、新規警戒コメント
  6月10日、ロベルト・コッホ研究所、連邦リスク評価庁(BIR)、及び連邦消費者保護及び食品保護庁(BVL)が共同声明を発表した。
  疫学的調査結果の積み重ねと食品販売網の調査から、豆及び種子スプラウトがドイツで流行中の、異常な細菌( enteroaggregative verocytotoxin-producing Escherichia coli (EAggEC VTEC) O104:H4 bacterium.)の汚染源と考えられると発表した。流行は主としてドイツが中心となっている。
 ・当局は現在、生トマト、キュウリ、レタスの摂食制限を解除した。
 ・当局はニーダー・ザクソン州の当該農場から出荷された全産物を市場から撤去することを推奨している。
 ・数多くの調査によると、当該スプラウトがドイツ外に輸出された事実はない。

 ドイツ
 6月10日 午後15時 (ヨーロッパ時間)

 溶血性尿毒症症候群 (HUS)
  773人 (22人死亡)、 前日から14人増加、死者は1人増加。
  68%が女性、88%が20歳以上の成人。
  症状の発現は5月1日~6月6日
 腸管内出血性大腸炎(EHEC)
 2374人(12人)死亡、前日よりも145人増加、死者数は3人増加。
 60%が女性、87%が20歳以上の成人。
 症状の発現は5月1日~6月6日

 他の国
 6月10日(ヨーロッパ時間)の時点で、ヨーロッパ13カ国で36人のHUS(1死亡)、および66人の腸管出血性大腸炎(EHEC、死者はなし)が報告されている。
 EHECで3人が前日から増えている。、
 米国でCDCは3人のHUSと1人のEHECを報告しているが疑い例も含んでいる。ドイツの流行とリンクしている。
 カナダは1例のEHEC疑い例を報告している。ドイツの流行とリンクしている。

 世界各国におけるO104感染者発生数
 WHOページから
Country
HUS
EHEC
Comments
 Cases Deaths
 Cases  Deaths  
Austria 1
 0 3
0
 
Canada  0 0
 1  0  
Czech Republic 0
 0 1
 0 A tourist from the United States who had travelled in Germany
Denmark 8
0
12
 0  
France 0
0
2
0

Germany
 773  22  2374 12  
Greece 0
 0  1 0
A German tourist
Luxembourg 0
 0 2 0
 
Netherlands 4
 0 4
0
 
Norway 0
0
1
0
Contact with a German in Norway
Poland 2
0
1  0  
Spain 1
 0 1
0
 
Sweden 17
1
30
0
 
Switzerland 0
0
5
0
 
United Kingdom 3
0
3 0

United States of America  3 0
 2 0
3 HUS cases (1 confirmed and 2 suspected) and 2 suspected EHEC cases
 Total  812  23  2443  12  

全感染者数は3255人、全死者数は35人

これらの例は糞便で細菌が同定された症例だけである。
6月11日

More contaminated beet seed sprouts found  Radio Netherlands (オランダ) 腸管出血性大腸菌、ビート・スプラウトから検出:オランダ
 腸管出血性大腸菌(EHEC)がビート・スプラウトから検出された。今週2度目となる。スプラウトは主にサラダの盛り合わせに使われている。
 保健省の指示でスプラウトは市場から除去されている。
 スプラウトは温室で栽培されている。
E. coli Outbreak - Past Time for Warning Label on Sprouts?  Food Poison Journal  (米国) 大腸菌流行-スプラウトの危険性は過去に指摘されていた
 ドイツでの大腸菌流行はスプラウトが感染源と確定された。
 しかし1998年、米国FDAはスプラウトの危険性を指摘していたし、その1年前には米国CDCもスプラウトが細菌感染の危険性があり、乳幼児、妊婦、高齢者が生でスプラウトを摂食する危険性を指摘していた。

 1999年CDC論文
 1998年FDA 生産者へのガイダンス

Why E. coli and Salmonella Love Sprouts  Wall Street Journal  (米国) なぜ大腸菌とサルモネラ菌はスプラウトを好むのか?
 スプラウトがヨーロッパにおける大腸菌感染症流行の原因と、ドイツで公的に発表された。

 我々は、このひょろりとして小さな野菜、しかし健康食品の代表となっている食べ物が、如何に頻繁に食中毒の原因となっているかに驚く。
 スプラウトに起因した食中毒統計を見ると、危険なO157大腸菌を含めて多種の細菌が(最も多いのはサルモネラ菌である)、スプラウトに多く繁殖していることが分かる。

 フロリダ大学新興病原体研究施設からの報告を見ると、食品からの病原体による感染症が色々な視点から公衆衛生上最も脅威な存在となっている。
 その中では農産物に含まれるサルモネラが8番目に重要な病原体とされている。
 病原体が含まれる農産物のトップはトマトで全体の21.2%、そしてスプラウトが16.8%と多く2番目となっている。

 一般的に農産物に由来した食品感染症は増加している。
 その中でスプラウトは一番対処が困難な存在として取り上げられている。
 環境温が暖かく、高湿度で栽培されるが、細菌にも同じく繁殖するのに適した環境となっている。
 そして細菌が汚染した種子から生育するスプラウト内に、危険な細菌が増殖し、それは洗浄しても除去出来ない。

 生産者は細菌を除去する為にいくつかの方法を用いている。
 種子の塩素処理、または放射線照射などが挙げられるが、完全に細菌を除去出来る方法は見つかっていない。
 一方、そうした状況から政府はスプラウトを完全に加熱調理して細菌を殺すことを推奨している。(しかし実際どれだけそれが実行されているか分からない?)

 そして政府は、妊婦、乳幼児、高齢者、そして免疫力が低下している人々は全ての生のスプラウトを食べないように忠告している。
 そうした注意はレストラン等にも伝える必要がある。スプラウトを提供しないと言うだけでなく、食品の中に混ぜて使うことを避けることも含めてである。


カンボジアで少女がH5N1鳥インフルエンザで死亡 WHO
 カンボジア保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)の人感染事例を確認し、報告した。
 症例はプレイベン省の7歳少女で、5月24日に発症、地域の個人医療機関で加療されるが効果なく、5月31日にカンタボパ小児病院に入院した。しかし7日後に死亡した。
 感染源は周辺で感染した家きんへの暴露と考えられている。
6月10日


Germany says sprouts are cause of E. coli outbreak CTV.ca (カナダ) ドイツ政府、大腸菌感染症流行の原因はスプラウトと断定
 ロベルト・コッホ研究所のラインハルト・ブルガー長官は、ヨーロッパで発生した大腸菌感染症の原因は、北ドイツの農場で生産された野菜スプラウトが原因であることを確認したと発表した。
 同農場で生産されたスプラウトを摂食した人々は、そうでない人々に比較して9倍、血性下痢性、または他の腸管出血性大腸炎の症状を呈したことから、疫学的根拠でスプラウトを原因食品とした。
 なおスプラウトからは細菌は検出されていない。
 発表は連邦政府の危機管理局および消費者保護局の長官達と共同で行われた。
 この発表で、これまで警告されていた、生のトマト、キュウリ、およびレタスの摂食は安全とされた。

Bird flu claims 6th victim this year in Cambodia  Straits Times  (シンガポール) カンボジアで、今年度6例目の鳥インフルエンザ感染者が確認
 カンボジア保健大臣は10日、7歳少女が鳥インフルエンザで6月7日死亡し、今年度6例目の死者となったと発表した。
 詳細については不明。
 カンボジアでは今年度6例のH5N1鳥インフルエンザ感染者が発生しているが、全例死亡している。

Health minister: Avocado test negative  Bangkok Post (タイ) タイ保健大臣:アボカドからO104大腸菌は検出されず
Spanish avocadoes not contaminated by deadly E. coli strain: Health Minister  Thai News Agency MCOT (タイ、政府系メディア) スペイン産のアボカドから致死的大腸菌は検出されず
 タイ公衆衛生大臣は10日、スペイン産アボカドから致死的O104大腸菌は検出されなかったことを発表した。
 人体に無害の大腸菌と判明し、食品とともに摂食されても心配はないとされる。

Ahold said to discontinue sprout sales amid E. coli concerns  AgraNet  (英国) 米国、大手スプラウト販売企業がスプラウト製品を市場から回収
 米国のスプラウト生産企業は、ヨーロッパにおける致死的O104:H4流行に大きな衝撃を受けているが、大手のAhold社が市場からスプラウト製品を回収することを決定したとされる。

Death toll from E. coli rises to 30  Xinhua  (中国、国営通信新華社) 大腸菌による死者数が30人に
 フランクフルトで57歳男性が大腸菌感染症で死亡し、同細菌による死者数が本日30人となった。
 男性は妻と共に、流行の震源地であるフランクフルトを旅行した。
 他に2人の死がニーダー・ザクセン州から報告された。68歳男性と20歳女性である。

E.coli found in EU avocados  Bangkok Post  (タイ) 
 輸入されたスペイン産のアボカドが大腸菌に汚染されていることが確認された。同菌がドイツで流行している致死的大腸菌株と同一であるかについて、当局は検査中であるが3~5日間要するとされる。
 当局は新鮮な果物や野菜に大腸菌が付着していることは、必ずしも希なことではないのでパニックになる必要はないとコメントしている。
 また輸入されたカブやコールラビについての検査結果は本日判明するという。

 保健当局では、大腸菌感染を防止するために果物や野菜は流水で少なくとも2分間は洗い、または食用酢と塩に漬けることを勧めている。

Germans find E. coli uncertainty adds to suffering  Reuters (国際) ドイツの医師団、大腸菌感染者に発生するさらなる未知の問題を警戒
 発病者の何人かは会話が出来なくなり、何人かは意識障害に陥る。しかしドイツの多くの隔離病棟では、この新型大腸菌が次にどのような医学的問題を呈してくるのか分からないことが、最も恐れられている。
Doctors Shaken By Outbreak's Neurological Devastation  Spiegel Online (ドイツ) O104:H4大腸菌感染症で神経学的障害:医師達が警戒
 最初医師団は腸管出血性大腸菌感染を起こした患者が、HUSを併発することを最も恐れていた。しかし過去1週間、細菌感染による神経学的副作用が、より重大であることが知られてきた。
 ドイツで多数の患者を診ている専門医達によると、HUSを併発し、重症化した患者、またはHUSを併発しないが著明な血小板減少を示している患者の半数近くで、神経学的障害が起きているとされる:てんかん発作、神経麻痺など。
 神経専門医は重症者は早期から神経専門医が診察するべきと警告している。初期症状として、情緒的異常、軽度の麻痺、見当識障害が挙げられるが、最終的には重大な神経障害に発展する。
 訳者注:ベロ毒素によるものと考えられる。
WHO腸管出血性大腸菌情報 更新11 (09-06-11) WHO
 enteroaggregative verocytotoxin-producing Escherichia coli (EAggEC VTEC) O104:H4

 ドイツ国内
 ヨーロッパ時間 8日 午後15時
  HUS患者 ドイツ722人(死者18人) 前日よりも33人増加。死者数は変わらず。69%が女性。88%が20歳以上の成人。発病は5月1日~6月6日。
  HUS非合併感染者 ドイツ 2086人(8人死亡) 前日よりも127人増加。死亡者は2名増加。60%が女性、88%が20歳以上の成人。発病は5月1日~6月6日。
 ロベルト・コッホ研究所によると感染者数は若干減少傾向にあるとされる。しかし原因が生野菜を食べなくなったことか、それとも感染源が減った為かは不明としている。
 ドイツ合計 感染者数 2808人  死者数 26人。

 ドイツ以外
 ヨーロッパ時間 8日 
  ヨーロッパ13カ国で35人のHUS(1人死亡)、61人の感染者(死亡なし)が報告。
  感染者数が前日と異なるが、症例定義が改訂されたことによる。
  他に米国CDCが、3人のHUS(1例が確定、2例が疑い)と1例の感染疑いが報告されている。いずれも北ドイツへ旅行している。
  カナダからも1例の疑い例が報告されているが、北ドイツへ旅行した既往がある。

 世界合計 感染者数2909人(HUSは760人) 死者数 27人
  
 典型的潜伏期間は3~4日(2~10日)とされている。
 患者は検査室でO104:H4大腸菌が検出されて診断された例に限っている。


Most avocados not from Europe  Channel News Asia (シンガポール) シンガポール、ほとんどのアボカトはヨーロッパ以外から輸入
 タイでヨーロッパから輸入されたアボカドからO104大腸菌が検出された事を受けて、シンガポールの農業食糧庁では、同国のアボカドの輸入は、0.01%がヨーロッパからで、多くはオーストラリア、メキシコ、およびニュージーランドであると発表した。
Thailand finds E.coli in European avocados Herald Sun  (オーストラリア) タイでヨーロッパから輸入されたアボカドからO104大腸菌が検出
 公衆衛生大臣が発表したところによると、ヨーロッパから輸入されたアボカドに腸管出血性大腸菌O104が感染していたとされる。
 ヨーロッパで流行中の致死的株と同一かどうかの判定には3~5日要するという。
E coli found in imported avocados  The Nation  (タイ) 輸入アボガドに大腸菌が付着
 Suvarnabhumi空港に輸入されて入荷してアボカドから大腸菌が検出。詳細な株の判定まで3日要する。公衆衛生大臣が発表。
Thailand finds E.coli in European avocados  Times LIVE  (南アフリカ) タイでヨーロッパから輸入されたアボカドからO104大腸菌が検出
 タイ政府は、ヨーロッパから輸入されたアボカドからO104大腸菌が検出されたと発表した。国名は明確にしていない。
 菌株がヨーロッパで流行しているO104:H4と同じであるか分析している。結果が出るまで3~5日間要するとされる。
 当局は新鮮な果物や野菜を食べることは可能であるが、出来るだけ良く洗うか、加熱して食べるように注意している。

 6月9日

Half of UK population had swine flu during pandemic... and many didn't even ... Daily Mail  (英国) 豚インフルエンザのパンデミックで半数の英国人が感染していた
 2009/2010年の豚インフルエンザパンデミック後に1600人の英国人から採血。抗体価を調べたら44%で感染していたことが確認された。
 これらの中にはワクチン接種による場合、以前に類似の感染をしていた場合も含まれるが、ほとんどは豚インフルエンザに感染したものと思われる、とエジンバラ大学の研究チームがコメントしている。


New E coli findings put spotlight back on sprouts  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 新規知見から再びスプラウトの疑いが強まる
 大腸菌による腸管出血性大腸炎が大流行しているドイツで、8日(日本時間本日)保健当局は豆類スプラウトが感染源と推定される新規事実を発表した。その一方で発病した家族の家庭のゴミ箱内で、該当大腸菌に汚染されたキュウリが見つかったとの情報も発表された。
 ニーダー・ザクセン州消費者保護省のゲルト・ハーネ広報官は、ククスハーベン(Cuxhaven.)の会社のカフェテリアで、有機栽培農場から出荷されたスプラウトを食べた18人の社員がO104:H4大腸菌感染症を発症していたと発表した。
 この最新の事例で集団発生事例が7カ所となり、それら会社のカフェテリア4カ所およびレストラン3カ所で、当該農場から出荷されたスプラウトを摂食した合計100人が発病している。

 6月5日、ニーダー・ザクソン州の保健当局は北部の有機農場で産生している豆類スプラウトを初期の検査結果から暫定的に汚染源と推定したが、その後多くのサンプルで検査を行ったが該当大腸菌は検出されなかった。
 またハーネ広報官は、当該農場でスプラウトのパッケージを行っていた3人の女性が5月上旬に下痢症状を呈したことと、そのうち1人が腸管出血性大腸炎であることが確認されたと語った。これら女性からスプラウトに大腸菌が感染したか、またはスプラウトから女性達が感染した疑いが強いとされる。
 広報官はスプラウトを疑わせる新規事実が明らかになったにも関わらず、感染源は複数である可能性があるとしている(シュピーゲル報道)。

 ニーダー・ザクセン州当局者から最新のスプラウト生産農場に関する情報が発表されて直ぐに、隣接するザクセン・アンハルト州の保健当局が発病した家族の家庭のゴミ箱から大腸菌で汚染されたキュウリが見つかったことが発表された。AP通信が報道しているが、キュウリは2週間前にゴミ箱に破棄されていた。
 3人家族の中で父親が下痢症状を呈し、母親が数日間入院し、22歳の娘がHUSで2週間入院している。
 しかしながら保健当局は、発病した家族がキュウリに細菌を汚染させたか、または家族がキュウリから感染したかの判断は難しいとコメントしている。
 今回の流行初期でドイツの当局はスペイン産のキュウリが汚染原因と推定したが、それは間違いであった。しかし今でも当局では、生のトマト、キュウリ、レタス、そしてスプラウトは食べないように忠告している。

 ミネソタ大学の食中毒専門家であるグレイグ・ヘドバーグ博士はCIDRAPの取材に対して、”ゴミ箱あさり”は、単にその家庭に該当菌が存在していることを意味するだけで、感染源を特定する有効な手段ではないという。
 現在、多くの調査でスプラウトが感染原因であることを示している。
 ヘドバーグ博士は、疫学調査で強く疑われている場合、細菌学的検査で菌が検出されないからと言って、否定は出来ない、とコメントしている。そしてそれはいくら強調しても強調しすぎることはない、基本的なことであると付け加えている。

New killer E. coli superbug in Germany: treatment issues  Examiner.com  (米国) ドイツにおける新型強毒大腸菌:治療に関する問題
 ドイツで発生したO104:H4大腸菌感染症。菌は多数の抗生剤に耐性で、少なくとも12種類の抗生物質が無効。
 抗生物質は基本的に使われない。
 細菌毒素の放出を促すことと、抗生物質自体が場合によっては腎毒性があること等が理由。

Germany finds deadly E. coli on cucumbers again  Xinhua (新華社) ドイツで再びキュウリから致死的大腸菌が検出
 ザクセン=アンハルト州で致死的大腸菌がキュウリから見つかったことが、同州保健局から発表された。
 同州東部のマグデブルグ市の家庭のゴミ箱の中に廃棄されていたキュウリからO104が検出されたと同州の保健大臣が発表した。
 
 ゴミ箱は家族3人が発病した家庭にあったが、ゴミは1週間半前から捨てられてあった。
 家族のうち父親は軽い腹痛で治癒したが、母親は入院加療を受けた。そして娘はHUSを併発した。

 しかし専門家は、ゴミ箱にどのように経緯で大腸菌が感染したかは定かではないとしている。

 ドイツ政府は最初5月26日にスペイン産のキュウリが細菌汚染の原因と発表したが、先週ハンブルグでの検査で否定されている。
 続いて日曜日、感染症が発生したニーダーザクソン州は原因食品は豆類のスプラウトと警告したが、月曜日には否定された。
 ドイツ政府は2回に渡る誤った発表により国内外から批判を浴びているが、同時にいくつかの研究施設間における協力体制に必要性も指摘されている。


WHO腸管出血性大腸菌情報 更新10 (08-06-11) WHO
 ドイツ国内
 ヨーロッパ時間 7 日 午後15時
  HUS患者 ドイツ689 人(死者18人) 前日よりも47人増加。死者数が3人増加。69%が女性。87%が20歳以上の成人。
  HUS非合併感染者 ドイツ 1959人(6人死亡、昨日死亡と報告された1名は未確認) 前日よりも276人増加。60%が女性、88%が20歳以上の成人。
 ロベルト・コッホ研究所によると感染者数は若干減少傾向にあるとされる。
 ドイツ合計 感染者数 2649人  死者数 24人。

 ドイツ以外
 ヨーロッパ時間 7日 午後23時
  ヨーロッパ12カ国で33人のHUS(1人死亡)、64人の感染者(死亡なし)が報告。
  感染者数が前日より減ったが、症例定義が改訂されたことによる。
 ヨーロッパ合計 感染者数2745人 死者数 25人
  米国では2人のHUSが確認されている。

 上記感染者は1人を除いてドイツ国内に住んでいるか、旅行から帰国した人々である。
 典型的潜伏期間は3~4日(2~10日)とされている。
 患者は検査室でO104:H4大腸菌が検出されて診断された例に限っている。
 6月8日

ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報

E.coli cases dropping signficantly in Germany  TVNZ  (ニュージーランド) ドイツ、大腸菌感染者数減少に転じた
 ドイツの保健大臣がテレビで、致死的大腸菌感染者数が有意に減少し出していると語った。

 ドイツにおけるO104:H4大腸菌感染症は、これまで発生している大腸菌感染症の中で最も致死率が高い。三分の一がHUSを併発している。
 米国では1997年から2010年にかけてO157:H7感染症は対策が進んで半減しているが、それ以外の腸管出血性大腸菌感染症は58%増加している。
 今回のO104:H4大腸菌もそれらに入る。

 米国CDCによると、米国では1年間に6人に1人が食品由来感染症に罹患し、3000人が死亡しているとされる。
Steam and Bean Sprouts: On the Trail of the Killer Bacteria  TIME (米国) 蒸気とモヤシ:致死的細菌の痕跡を探して
 スプラウトが感染源と推定されたが、該当農場のスプラウトからは大腸菌は検出されなかった。
 通常大腸菌は有機肥料(動物の堆肥など)に混じって、スプラウト栽培環境で増殖する。
 しかし当該農場では種子を水耕していて、有機肥料は一切使用していないから、細菌の汚染は受ける可能性はないと、農場側では主張している。
 当局はさらにスプラウトの種を回収して細菌汚染に関して調べている(種の中にはアジアから輸入されているものもある)。

WHO腸管出血性大腸菌情報 更新10 (07-06-11) WHO
 ドイツ国内
 ヨーロッパ時間 6日 午後15時
  HUS患者 ドイツ642人(死者15人) 前日よりも12人増加。68%が女性。88%が20歳以上の成人。
  HUS非合併感染者 ドイツ 1683人(7人死亡) 前日よりも82人増加。61%が女性、88%が20歳以上の成人。
 ロベルト・コッホ研究所によると感染者数は若干減少傾向にあるとされる。
 ドイツ合計 感染者数 2325人  死者数 22人。

 ドイツ以外
 ヨーロッパ時間 6日 午後18時
  ヨーロッパ12カ国で31人のHUS(1人死亡)、73人の感染者(死亡なし)が報告。
 ヨーロッパ合計 感染者数2429人 死者数 23人
  米国では2人のHUSが確認されている。

 上記感染者は1人を除いてドイツ国内に住んでいるか、旅行から帰国した人々である。
 典型的潜伏期間は3~4日(2~10日)とされている。
 患者は検査室でO104:H4大腸菌が検出されて診断された例に限っている。

12th E.coli case confirmed in UK as death toll reaches 23  Telegraph.co.uk  (英国) 英国で12人目の感染者が確認、世界の死者数は23人に
 英国で12人目の感染者が確認された。ドイツ帰りである。
 9人がHUS(溶血性尿毒症症候群)を引き起こしている。
 このO104:H4大腸菌による死者数はヨーロッパで23人となっている。
E. coli outbreak source still a mystery  Scientist  (国際) 大腸菌流行の汚染源、未だ不明
 ヨーロッパの史上最大の致死性大腸菌流行は、少なくとも22人の死者と600人以上のICU収容者を出しているが、未だ感染源は不明である。
 当局は当初感染源として、スペイン産のキュウリを疑ったが、その後、先の週末にはドイツの農場からスプラウトを疑った。
 しかし検査された40検体のうち23検体からは当該大腸菌は検出されなかった。
 このO104:H4と呼ばれる致死的大腸菌は小児よりも成人で多く感染している。
E coli is heading our way  The Standard (香港) (ヨーロッパ)の大腸菌は香港へも向かってきている
 
 行政府はO104:H4大腸菌感染症、または腸管出血性大腸菌感染症を届け出伝染病に指定する予定。
 保健庁長官は、O104:H4大腸菌が香港に入ってくる可能性は高いと警告している。

 インフルエンザ情報はなし。
 6月7日

 インフルエンザ関連情報はなし。

ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報

Ontario man has Canada's first case of E. coli linked to outbreak in Europe  680 News (カナダ) オンタリオの男性がカナダ初のヨーロッパ流行大腸菌感染者の疑い
 ヨーロッパで流行している大腸菌感染症にオンタリオの男性が感染した事が疑われている。
 男性はこの春にドイツを旅行した。
 ヨーロッパで流行している大腸菌の産生する毒素が男性から検出されているが、最終的な菌の同定には数日間要するという。
 男性は病院から退院しているもよう。
輸入生鮮食品のO104検査、全国の検疫所で近く実施  朝日新聞 
 厚労省は7日、輸入生鮮食品についてO104の検査を置こうと発表。
 ヨーロッパからの生鮮食品の輸入は年間約1万4千件程度。そのうち100件程度がサンプリング検査としてO157やO026について行われてきた。今後O104についても、全国31箇所の検疫所で行われるという。

QuickFacts: What is E. coli and how is it spread?  The Canadian Press (カナダ) 注目される事実:大腸菌とその感染拡大について
 ヨーロッパ中で2330人以上が感染した致死的大腸菌感染症。
 カナダでも初の感染者が報告された。この春にドイツに旅行した男性である。
 以降、大腸菌の説明、及び感染様式など。

 大腸菌は通常、”と殺”後の動物の肉の表面に感染しているが、その後加工されたり、挽かれたりして販売されて、細菌も拡大する。
 しかし生の果物や野菜も汚染されることがある。細菌の繁殖した堆肥や、感染した水、野生生物、農場作業員の不適切な衛生管理などが原因となる。


Initial tests negative for outbreak E coli in German sprouts  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) ドイツ産のスプラウトから流行大腸菌が検出されず
 大腸菌感染症の大流行の感染源を調査しているドイツ当局は本日、疑われていたスプラウトで原因菌を確認出来なかったと発表したが、このことは原因の調査の終結の見通しが立たなくなったことを意味すると同時に、さらに原因に関して混乱が生じ続ける結果となった。

New evidence into source of lethal German bacteria strain  Examiner.com  (国際) ドイツで発生、致死的細菌株の由来に関する新事実
 世界にまたがった研究者グループが、ドイツで多くの感染者が発生している致死的大腸菌の由来が、2001年にドイツで検出された類似株である可能性を突き止めた。
 中国のBGI(先のBeijing Genomics Institute:北京遺伝子研究所)が他の研究所と共同して、この大腸菌と今回流行の菌が類似の遺伝子配列を示していることを確かめた。しかし10年間の歳月で、遺伝子に変化が生じて抗生物質耐性となっている。

 先の分析結果で、この新型O104:H4株が2002年にアフリカで分離された株に類似していると発表されたが、研究チームではいくつかの鍵となる遺伝子が今回の株では欠損していることが分かり、新型株の由来がむしろ2001年にドイツで分離された株の可能性が高まったとされる。
 2001年に分離された株の初期の遺伝子分析結果と比較すると今回の株の遺伝子配列が類似しているが、BGIでは、さらに分析するために、保存されている2001年株、およびその分析データを保有している研究者に提供を求めている。

Sprouts in Doubt in E. coli Outbreak?  Food Poison Journal (米国) 大腸菌感染症流行の犯人はスプラウト?
 ドイツの科学者達は大腸菌感染症の原因となったと推定されていた有機栽培野菜農場で、大腸菌O104:H4を検出しなかった。
 連邦農業大臣は、厳重に感染源調査を行っている中で得られた重要な結果だとコメントしたが、消費者にスプラウト、キュウリ、トマト、およびサラダの摂食を避けるように忠告している。
 最新の報告でロベルト・コッホ研究所は、流行の原因は特定されていないが、ドイツ北部で生産された生のトマト、キュウリ、およびレタスが感染源である可能性が、他の食品と比較して高いとコメントしている。そしてこれらの生野菜を、原因食品が特定されるまで摂食しないように呼びかけている。

 同研究所で感染者に問診した予備的調査結果が公表された。
 46人の腸管出血性大腸炎または溶血性尿毒症症候群を起こした感染者と、2100人の健康者(対照群)の摂食記録を調べた。
 ・レタス摂食者:感染者の84%、対照群の47%
 ・キュウリ摂食者:感染者の75%、対照群の50%。
 ・トマト摂食者:感染者の80%、対照群の63%。
 少なくとも感染者の95%がこれら野菜のうちの1種類を摂食していた。

 また同研究所が行った他の疫学調査でもこれら野菜が感染源と疑われている。
 フランクフルトの一企業の社員食堂での調査結果であるが、サラダバーで摂食した社員は摂食しなかった社員の7倍、血性下痢を呈していた。
 他の食品摂取の間では特に差はなかった(デザート、果物、アスパラガス)。

 同研究所では結論として、これら方法の異なる二つの調査結果でも、先に行われた調査結果を支持しているとコメントしている。(北部で産生された野菜が感染原因とする)。
 スプラウトに関しては調査中としている。

With Two False Starts, Why Officials Can't Finger the Source of the E. Coli ... TIME (米国) 二度の誤報を発表したドイツ当局は、なぜ大腸菌感染症流行の感染源を特定出来ないのか?
 ドイツ当局は致死的大腸菌感染症の流行の原因に関して、二度に亘って発表を撤回した。
 日曜日(5日)、地方当局は北部の有機栽培農場で生産される豆類新芽産物が細菌汚染の原因の可能性が高いと発表したが、検査結果では問題となる大腸菌O104:H4は検出されなかった。
 先にドイツ政府は原因はスペイン産のキュウリの疑いがあると発表したが、同様に問題となる菌は検出されなかった。
 
 なぜドイツ当局は二度に亘って誤報を流したのか?
 疑い産物で大腸菌O104が明確に検出されたことを確認する前に発表したことが問題となる。

 分離された細菌の分析は最新の技術で迅速に行われる。
 一方、食中毒が起きた場合の感染原因は、発症者と非発症者の飲食物の聞き取り調査から原因食品を推定するが、その推定された食品から細菌が検出されることで、確定される。
 そうした状況に基づいて地域の農業大臣は、新規に想定された原因食品を発表した。 
 それは多くの感染者が摂食したとされる豆類の新芽産物(the bean sprouts )であるが、それは汚染された水で生産されたと考えられた。環境温度も細菌が繁殖しやすい37.8℃である。
 しかし、その発表は細菌の検出が確認される前であった。
 
 正しい結論が出るまで、消費者、農家、そして政府の保健当局は忍耐強く待つ必要がある。

 6月6日

ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報


'Deadly E.coli strain detected in Korea in 2004'  AsiaOne (シンガポール) 致死的大腸菌O104:H4は韓国で2004年に検出
 2004年に29歳の韓国女性がハンバーグを食べた後、O104:H4大腸菌に感染してHUSを併発した。
 約4週間後に完治したが、同株によるHUS初例と考えられる。
 症例は Yonse Medical Journal in 2006.に報告されている。

Sprouts Now Suspect in Germany Outbreak  Food Safety News (米国) ドイツにおける食中毒発生の原因はスプラウトの可能性
 ドイツの保健当局は大腸菌O104:H4の流行の原因を突き止めたかも知れないと考えている。可能性ある感染源はスプラウトとされる。
 日曜日(現地時間)、ロウアー・ザクソニー州の農業大臣は、感染源が小さな町のビーネンビュッテルの有機栽培農場から出荷されたスプラウトの可能性があると発表した。
 その可能性は高いとされながらも、未だ確定的ではないとロベルト・コッホ研究所のラインハルト・ブルガー所長がコメントしている。
 確定的検査結果は本日得られるとされているが、ドイツの保健当局は未だキュウリ、トマト、およびレタスが原因となっている可能性を除外出来ていないとしている。当局は初期にはスペインから輸入されたキュウリが感染原因の可能性が高いと発表して、結果的に間違っていた。
 今回はロウアー・ザクソニー州の農業大臣は、予備的検査結果と他の根拠から、スプラウト農場が感染源となった産物を供給した可能性が高いとしている。

 問題となっている農場は、各種のスプラウトを混合した製品を供給している:ブロッコリ、ヤエナリ、ヒヨコマメ、カイワレ大根等。
 同農場が販売しているスプラウトの混ぜ合わせ商品である、Milde Sprossen," や"Mild Sprouts," が特に感染源として疑われていると報道されている(ドイツのZeit誌)。
 これら商品は保健食料品店、マーケット等に出荷されている。

Deadly E. Coli Outbreak Linked to German Sprouts  New York Times (米国) ドイツの”スプラウト(新芽、ベビーリーフ)に由来した致死的大腸菌感染症の流行

 印刷用ファイル

 日曜日(日本時間の昨夜から今朝)、ドイツの地方当局は、ドイツで発生している致死的大腸菌感染症が、国内で生産されたスプラウトが感染原因の可能性があると発表した。生産物はヨーロッパ中に出回っている。
 ドイツ当局は疑われる農場を閉鎖した。
 北部の州であるロウアー・ザクソニーの保健大臣であるゲルト・リンダーマン氏はハノーバーで、検査結果が最終確認される月曜日までドイツ人はスプラウトを食べないように警告した。
 同大臣はさらに、当局は未だ他の要因を除外できておらず、生のトマト、キュウリ、そしてレタスを食べることは控えるようにコメントした。

 過去数年来最大の食中毒事例の原因がスプラウトである可能性があるとの発表は、(米国内の)多くの公衆衛生専門家達の注意を呼び起こしている。
 「我々は疫学的事実、または検査室での確認情報を欲しい」、とCDCの食中毒部門副長官を務めるロバート・タウクセ(Robert Tauxe)医師が語っている。
 トイツ当局は初期に検査結果からスペイン産のキュウリが原因と発表したが、詳細検査結果では検出された大腸菌は、流行している株とは異なっていた。スペインでは数千万ドル以上の風評被害を被っている。

 今回のドイツにおける流行は5月下旬に始めて報告された。
 強毒性の希な大腸菌により発生していて、主症状は血性下痢である。重症例では急性腎不全に陥り、死亡する。
 これまでの類似株では、腎不全は主に小児で起きているが、今回の事例ではほとんどが成人で起きていて、三分の二以上は女性である。
 日曜日の時点で感染者数は減少傾向にはなく、ドイツの国立感染症制御センター(ロベルト・コッホ研究所:訳者)では、総死者数は22人で、総感染者数は2153人、そのうち600人以上がICUに収容されていると発表した。

 リンダーマン保健大臣は、地域で産生されたソラ豆のスプラウト(新芽)が感染原因として最も可能性が高いため、ウエルゼン地域の当該農場を閉鎖したと発表した。しかし同大臣は生産されている18種のスプラウトの混ざった産物にも疑いがもたれており精査中と語った。豆、ブロッコリ、エンドウ豆、ひよこ豆、カイワレ大根等。
 該当農場では他にハーブ、果物、花、ジャガイモ等も生産している、全てが押収されている。
 また少なくとも農場従業員の1人が、今回流行の大腸菌に感染している。

 (米国の)専門家の中にはリンダーマン保健大臣の発表に少なからず驚いた人も多い。
 スプラウトが原因である可能性は当初からあったはずだとされる。
 スプラウトが原因の食中毒はこれまで多く発生しているからである。
 CDCのタウクセ医師は、調査中のEU担当者と話しているが、ドイツの調査担当者はこれまで患者にスプラウト摂取について尋ねており、ドイツ当局はスプラウトが食中毒の原因となることは十分知っていたとされる。

 1996年以来、米国ではスプラウトは少なくとも30件の感染症発生に関与してきた。そして連邦食品食品安全委員会では、高齢者や妊婦、小児、および免疫力の低下している人々は生でスプラウトを摂食しないように注意している。
 
 1996年、日本でスプラウトは大腸菌集団感染症の中でも最も重症な流行を起こしている。
 1万人の小児を中心とした感染者が発生したが、未調理のカイワレ大根を摂食した後に発病した。
 原因菌は大腸菌O157:H7であったが。今回の流行は希な株である大腸菌O104:H4とされる。

 スプラウトが製造される暖かく、湿度が高い環境は、CDCによると細菌が繁殖しやすいとされる。
 いくつかの研究結果によると、スプラウト製造に用いる種子は、しばしば危険性の高い細菌、例えば大腸菌やサルモネラに汚染されていて、それがスプラウト製造過程で増殖するとされる。

 「もし、あなたが食中毒を恐れるなら、スプラウトを食べるべきでない。スプラウトは特に小児に危険である」、とオレゴン州保健局の疫学専門家であるキーン医師が警告している。

 ドイツ当局の発表があった日曜日の時点でスペイン政府は、当初、ドイツ政府がスペイン産の野菜が今回の感染症の原因である可能性について言及した事については何もコメントはしていない。しかし週に2億8600万ドルの損失を出し続けているスペインの農家に(野菜産物の出荷キャンセル、季節労働者の解雇など)、ドイツやEUの賠償責任問題が浮上してくるのは間違いはない。

 *スプラウト:(sprout)とは、植物の新芽総称。日本では主にブロッコリーやマスタード、クレスなどの発芽野菜の新芽を指す。昔から食べられているカイワレ大根やモヤシもスプラウトの一種といえる。  Wikipedia

The reason why this deadly E coli makes doctors shudder The Guardian  (英国) 致死的大腸菌が医師達を恐れさせる理由
 菌は抗生物質耐性であるが、腸管出血性大腸菌に対しては、治療法として元来抗生物質は使用すべきではないと言われてきた。など。

Deaths From German E. Coli at 22; Sprouts Eyed as Source  San Francisco Chronicle (米国) 大腸菌感染症死者22人に:感染源として”しんめ(新芽)、ベビーリーフ”が推定
 ドイツ当局が5日(現地時間)発表したところによると、大腸菌感染による死者は22人に増え、ロウア・ザクソニー州の調査により、ウエルゼン近くの農場で生産された”新芽”が細菌汚染の可能性があるとされた。
 少なくとも同農場の従業者の1人が大腸菌に感染したことが確認され、同農場から感染者が発生した多くの地域に産物が供給されていたと、同州保健大臣が発表した。また新芽だけが細菌汚染の原因と見なすことは出来ないとも、語っている。
 現在EUに報告されている患者数は少なくとも2263人に上り、そのうち21人がドイツ国内で、1人がスウエーデンで死亡している(本日のECDC発表内容) 。
 ストックホルムに本部をおくECDC(ヨーロッパCDC)によると、感染源は調査中であるが、細菌に汚染された食品が最も可能性が高いとされる。
 ”新芽”生産に使用されている水が汚染されたか、生産過程で汚染されたかは明確ではないが、新芽はドイツ国内だけでなく国外からも輸入されている。*訳者注:ベビーリーフ(生野菜サラダの一種)として食べられる
 保健大臣は感染源と推定されている農場では18種類の”新芽”(豆、ブロッコリ、ニンニク等)を栽培していると説明した。
 同農場は閉鎖され、現在調査中であり、結果については明日発表される予定になている。
 保健大臣は”新芽”は食べないように警告している。

大腸菌被害、死者22人に EU、感染源の調査急ぐ
  47NEWS
 ドイツ政府は、ドイツ国内での死者が21人に達したことを発表。また感染源として可能性ある”モヤシ(?、誤訳)を生産した州内の農場を閉鎖した。

 インフルエンザ関連情報はなし


 6月5日

 ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報

Germany E. coli Outbreak Deadliest on Record  Food Safety News (米国) ドイツにおける大腸菌感染症、史上最大の致死性
 WHOは土曜日(日本時間本日)、北部ドイツで発生した大腸菌O104:H4感染症は世界で2000人以上の感染者と19人の死者が出ており、記録的な致死性の大腸菌感染症となったとコメントした。
 18人がドイツで死亡し、1人がスウエーデンで死亡している。

 集団発生の感染源は未だ不明であるが、ドイツの報道によると、流行は先月にハンブルグで行われた祭りが契機になっているとされる。祭には約150万人の参加者があった。
 一例として、ハンブルグ近くの町、リューベックのレストランで食事をした女性8人と子供1人、そして6人のデンマークの旅行者が感染した事が明らかになっており、現在調査が行われているとされる。

 ロベルト・コッホ研究所では引き続き、北部ドイツで生のトマト、キュウリ、およびレタスは食べないように忠告している。

Further Analysis on Improved Genome Assembly Indicates the Outbreak E. coli ... Sacramento Bee (国際) さらなる大腸菌遺伝子分析で、遺伝子混合により少なくとも6種の抗生物質に耐性
 世界的に最大規模の遺伝子分析センターである中国深セン市のBGI-Shenzhenと、ハンブルグ-エッペンドルフ大学医学センターからの報告。
“No proof” that vegetables to blame for E.coli outbreak  thejournal.ie (アイルランド) 大腸菌は野菜由来であるという根拠はない:EU協力研究機関
 ローマにあるEU協力研究機関では、野菜から原因となる細菌は検出されていない事から、野菜摂取の警告は正当化されないと発表。予防は、食品を触った後には十分な手洗いを行う事と、ナイフが適切に洗浄されることである、とコメントしている。

1,800 hit by virulent E.coli strain  Independent (英国) 強毒型大腸菌に1800人が感染
 世界で1800人以上が強毒性大腸菌に感染し、この数日間だけでもドイツで200人の新たな感染者が出ている。
 現在12カ国から感染者が報告されている。
 WHOによると約18人が死亡しているが、17人は流行が始まったドイツ国内である。
 非常に多くの患者が入院していて、重症者はICUに収容され、中には透析が必要とされている患者もいる。
 感染者の三分の一が、腎臓、血液、さらには中枢神経が障害される致死的合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)を併発している。
 英国では7人が発症し、3人がHUSを併発している。全員が北ドイツ帰りである。

 専門家は感染源をサラダに使われた生野菜と推定しているが、WHOは不明としている。

 今回の大腸菌による集団感染症事例は史上3番目に感染者数が多い事例となっているが、死者数は最大となっている。
 最大の事例は、1996年に12人が死亡した日本の事例。
 続いて2000年に7人が死亡したカナダの事例。

 昨夜(現地時間2日)、WHOは記者会見で、この菌はかって人では検出された事はあるが、流行を起こしたことはなかったと説明した。
 この菌は抗生物質に耐性で治療は難しい。
 専門家は予防として、トイレの後の手洗い、食品に触れる前の手洗いが重要と言っている。
 
 中国の北京遺伝子研究所(BGI)は、遺伝子分析結果から腸管出血性大腸菌O104と発表しているが、血清学的に新型株であり、これまで流行は起こしたことはないとされる。
 もっとも重症な大腸菌感染症は小児と高齢者で見られるが、今回の事例では成人女性が多く感染していて、重症化している。
 一つの仮説として、女性は男性や小児よりも野菜サラダを多く摂取することが挙げられている。

 インフルエンザ関連情報はなし
 6月4日


 ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報

Hugh Pennington: Time will tell if this new bug will become a regular cause of food poisoning The Scotsman  (英国、スコットランド) 新大腸菌が今後食中毒菌として定着するのかは時間の経過で判断するしかない:ペニングトン教授談話
 Hugh Pennington is Emeritus Professor of Bacteriology at Aberdeen University
CDC: 4 in US have E. coli from Germany  UPI.com (国際) 米国CDC:米国でドイツ帰りの4人が大腸菌に感染

1800 are hit as E.coli outbreak goes global  Herald Scotland  (スコットランド) 大腸菌感染流行、感染者数が世界で1800人に
 英国で新たに4人が確認。スコットランドでは確認されていない。
 感染者は12カ国で確認され、その数は1800人を超える。
 19人の死亡が確認され、その18人がドイツ国内である。
 最近確認された200人の感染者はほとんどがドイツ国内居住者である。
Be on Alert for 'Super Toxic' Bug in Travelers, CDC Says Medscape (米国) CDC警告:旅行者は超強毒菌に注意
 ドイツの保健当局が少なくとも18人の死亡が確認されている、新型の腸管出血性大腸菌感染症の流行の原因を探索中であるが、米国CDCもこの志賀毒素産生大腸菌O104:H4(STECO104:H4)感染症がドイツ帰りの旅行者で発生する危険性を医療関係者に通知した。

 流行が落ち着きあるとするいくつかの報告がある一方、WHOは1823例の感染者数と520例の溶血性尿毒症症候群(HUS)合併例を報告した。HUSの12例が死亡し、6例がHUS合併なしに死亡している。

 感染者が報告されている国は3日の時点で11カ国とされる。しかしながら1例を除き5月以来の全死亡例はドイツでのみ発生している。1例はドイツ帰りのスウエーデン人とされる。
 ヨーロッパの専門家達が超強毒性(super-toxic)と呼ぶこの菌の感染による症状は、非常に重症で、腹痛、血性下痢、嘔吐、発熱であるが、熱はそれほど高くはならない。

 希であるが、未知の感染症ではない

 米国内では4例の疑い例が出ているが、全例ドイツのハンブルグに旅行している、とCDCの専門家が記者会見で説明した。
 4例中3例がHUSを発症して入院している。4例目はHUSを発症していないが血性下痢が認められ、志賀毒素産生細菌が分離されている。
 CDCでは、STEC O104:H4株の検出は極めて希ではあるが、決して未知のものではないと説明している。
 「米国ではこれまで見つかったことは無いが、他の国では類似株が過去に検出されている」

 多くの感染者は女性

 この菌の特性として毒性が非常に強いほかに、女性の感染者が多く、さらに20歳以上の年齢層に感染者が多いことが上げられる。
 WHOによるとドイツでの感染者の60%、HUS発症者の71%が女性とされる。
 一つの仮説として細菌に汚染された食品や産物が、より成人の女性で摂食されている可能性がある。
 また今回のO104感染症の特徴として、潜伏期間が1週間から12日と、通常の大腸菌感染症の5日に比較して長いことが上げられる。
 ほとんどの感染者は5~7日間で回復するが、HUSは下痢が始まってから1週間後に発症する。
 CDCによると、古典的HUSの症状は、急性腎不全、微小血管性溶血性貧血、および血小板減少症とされる。

 感染源

 初期にドイツの保健当局は、スペイン産の有機栽培されたキュウリが細菌をもたらしたと推定したが、現在、その疑いは晴れたが、以前として生のトマト、キュウリ、およびレタスが細菌の汚染を受けている疑いを抱いている。
 さらにロベルト・コッホ研究所(ドイツの国家的感染症対策主管局)は、消費者、特にハンブルグ周辺の住民にこれらの野菜の摂食をしないように注意を促している。
 研究所では感染者のピークは5月21日または22日としているが、その後、十分発生報告が伝えられてない可能性も否定出来ないとして、予防対策の強化は継続されている。

 疑われた症例の治療には抗生物質を使うとHUSに発展する可能性があるとする研究報告がいくつかあるが、CDCでは最終的には個々の患者の状態で主治医が判断して決定すべきとコメントしている。
 「腸内で強度の炎症が起きて、腸穿孔の可能性が出てきた場合、抗生物質の使用が適応になる場合もあり得る。しかし、この菌はドイツの発表によると抗生物質には耐性となっているようだ」。

CDC issues health advisory on E. coli outbreak  AAP News  (米国小児科学会) CDC、大腸菌感染症流行に対する注意文書を発行
 志賀毒素産生O104/H4(STEC O104:H4)のドイツにおける流行に対するCDCは本日注意文書を発行した。
 最近、ドイツに旅行しSTEC感染症状、またはHUS症状が現れた人は直ちに医療機関を受診して欲しい。

CDC says no antibiotics for suspected E. coli patients ConsumerReports.org  (米国) CDC、O-104大腸菌感染者に抗生物質は使うべきでない
 CDCは本日保健医療専門家に対して、O104:H4感染疑い者に対して抗生物質を投与すべきでは無いと注意を促した。
 CDCの説明によると、抗生物質投与により(破壊された細菌内から毒素が放出されることから)、重篤な合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)が発生する危険性が高まる可能性があるとされる。
 3日午後の時点(米国時間)では、ドイツの内外で1271人の感染者が報告され、552例のHUS合併者が発生し、18人の死者が報告されている。
 米国では確定されたHUS例は無いが、最近、北ドイツ帰りの人から4例の疑い例が出ている。

 参考
 CDC 

What is the best treatment for STEC infection?

Non-specific supportive therapy, including hydration, is important. Antibiotics should not be used to treat this infection. There is no evidence that treatment with antibiotics is helpful, and taking antibiotics may increase the risk of HUS. Antidiarrheal agents like Imodium® may also increase that risk.



米国CDC発表コメントと説明

FDA statement on E. coli O104 outbreak in Europe FDA.gov  (米国FDA) FDAによるヨーロッパにおける大腸菌O-104の流行に関する見解
 FDA:アメリカ食品医薬品局 (Food and Drug Administration)
 米国FDAは最近ヨーロッパで流行中の大腸菌O-104に関して、EUと米国CDCと密接な情報交換を行っている。
 今回、ロバート・コッホ研究所(ドイツ公衆衛生局、疾病管理予防対策主管)は未だ細菌の発生源を特定していないが、ドイツの消費者に生のトマト、レタスおよびキュウリの摂食を避けるように忠告している。
 現在、FDAはこのO-104流行が米国の食料供給源に細菌の汚染を起こしているとは考えていない。
 今後も継続して米国の食料供給源に対する警戒を続けてゆく。

6/3 欧州で死者18人―大腸菌O104、英国にも上陸  ジャーニー 
 欧州で猛威をふるっている腸管出血性大腸菌O-104は新種であるとの研究者からの発表。
 患者は世界で1600人。
 通常小児で引き起こされる合併症のHUSに、成人がかかっていることから考えても新種と言える。
 発生地はドイツとされ、英国健康保護庁では北ドイツを訪れる際には生のトマト、レタス、キュウリを食べないように注意を与えている。
 リヴァプール獣医大学のポール・ウィグリー博士は「有機生野菜の栽培で肥料に使った堆肥が発生の原因ではないか」と話し、生野菜や果物を食べる前にしっかり水洗いすることを消費者に薦めている。
しかし、ジェームズ・ハットン研究所の二コラ・ホールデン博士は「果物や野菜は栽培時、または加工・包装の過程で菌を内部に取り込んでいる可能性があるので、洗うだけでは不十分かもしれない」と懸念を示している。
重篤化のケース「想定以上」=O104感染、欧米12カ国に拡大-WHO 時事通信
 WHOが3日発表。感染国が米国にも広がり、計12カ国で18人の死亡が確認されたとされる。
 感染者数は2日の時点で1823人。重篤化率が過去の例の10~15%を上回るとされる。

Avian influenza – situation in Indonesia - update 5 WHO 鳥インフルエンザで新たに人の感染者が確認
 インドネシア保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)の人感染例を確認し発表した。
 事例は北ジャカルタに住む1歳女児で、4月3日に発症し、4月8日に入院した。その後完全に回復した。
 発症の1週間前に”生きた家きん市場”に出かけ、そこで鶏に触ったとされる。
 インドネシアではこれまで178人が感染し、146人が死亡している。

 6月3日

 ヨーロッパで流行腸管出血性大腸菌O-104情報
# E. Coli Strain Was Previously Unknown, Official Says  Ocala (国際) WHO、大腸菌は新規株
 ヨーロッパ中に警報が出されている大腸菌株は、これまで知られてない新規株であるとWHOが発表した。
 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、我々が理解している範囲では、この大腸菌株はこれまでの流行で検出されたことのない株であると語り、現在多くの研究室で分析が行われ情報が集められていると本日語った。
 
 この大腸菌による死者は16人でドイツ人で1人がドイツ旅行から帰ったスウエーデン人とされるが、流行の発生源は不明となっている。
 現在10カ国から感染者が報告されているが、全ての感染者は数週間前に流行が始まった北部ドイツに旅行した既往がある。

 本日、ドイツの科学者チーム(ハンブルグ-エッペンドルフ大学医学センター)と共同研究している、中国広東省の深セン市にある”北京遺伝子研究所(Beijing Genomics Institute )が、この大腸菌は完全な新株で、非常に毒性が強い(super toxic)と発表した。
 ドイツの研究チームによると、この大腸菌の遺伝子の80%は0-104由来であるが、20%は他のさらに強毒性の細菌由来であるという。
 ヨーロッパCDCと他のヨーロッパ諸国の保健当局は、最近、この株は希な株であるO-104:H4と発表していた。そして、2008年以来僅か8例の感染者しか報告されていないと説明していた。

 英国では3人から7人に感染者が増えた。全員最近ドイツ旅行から帰国している。
 WHOによると感染者が報告されている国は以下の通りとなっている。2人を除いて全員北部ドイツに旅行している。
 オーストリア 2人、デンマーク 7人、フランス 6人、オランダ 4人、ノルウエー 1人、 スペイン 1人、スウエーデン 28人、スイス 4人。
 
E.coli strain may be a mutant 'mongrel' form  WalesOnline (英国) 大腸菌は変異型雑種株と推定
 英国健康保護庁(HPA)は英国で7人が、強毒株に感染したと発表。3人が英国人で4人がドイツ国籍。
 全員は数千人が感染しているドイツに旅行している。
 初期の分析では当該大腸菌は、異なった2種のO-104株の雑種とされ、雑種株(mongrel bacterium)と呼ばれる。
 WHOの食料安全専門家であるハイルデ・クルース(Hilde Kruse)氏は、これまで検出された事のない株であると語っている。
 
ヨーロッパで10カ国から感染者が報告され、死者は16人、HUS合併は1600人以上とされる。

 感染源は感染した野菜サラダとされ、公衆衛生専門家は、ドイツで生のトマト、キュウリ、レタスを食べることを警告している。



CDC reports instance of probable human-to-human swine-origin flu spread  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) CDC、豚インフルエンザH3N2の人人感染例を報告
 2010/2011年インフルエンザシーズンに3州から5例の豚インフルエンザH3N2感染例がCDCに報告された。
 その中でミネソタ州から2010年11月に報告された事例は、父から娘に人人感染していることが確認され、周辺への感染拡大が生じた可能性が示唆されている。詳細 CDC MMWR
 
 父親はインフルエンザ様症状発症6日前に豚に接触していた。豚インフルエンザH3N2ウイルスが咽頭ぬぐい液で確認された。
 娘は(インフルエンザ様症状を呈した)数週間後に血清抗体価が上昇した。
 たの家族も期間中にインフルエンザ様症状を呈したが、抗体価の上昇はなかったか、または検査を受けなかった。

北ジャカルタ市で女児がH5N1鳥インフルエンザに感染、しかし回復  Bird Flu Information Corner (インドネシア)
 北ジャカルタ市に住む1歳女児がH5N1鳥インフルエンザに感染したが、現在は回復していることがインドネシア保健省から発表された。
 女児は発熱、咳、下痢、および呼吸困難を呈して4月8日にジャカルタの病院に入院した。現在は回復しているとされる。
 感染源は生きた家きん市場と考えられ、そこで女児は生きた鶏に触れたとされる。
 当事例はWHOへ報告された。
 最近インドネシアからWHOに報告された事例は、西ジャカルタの8歳少女例で、4月11日に死亡している。
 今年度、同国では当事例を含めて7例の感染者が報告され、そのうち5例が死亡したことになる。

 6月2日

エジプトでH5N1鳥インフルエンザで死亡 WHO
 エジプト保健省は鳥インフルエンザA(H5N1)による死亡者が発生した事を確認した。
 事例は30歳女性で、アレクサンドリア県アムリア地区に住んでいた。
 4月26日に発症して5月3日に入院した。
 女性は入院時には危篤状態で、人工呼吸器につながれたが、5月9日に死亡した。
 感染源は感染疑い鳥と推定されている。
 当事例はエジプトで144例目の感染者となり、48人目の死者となった。

H5N1 strains in Egypt show increased ability to bind to human cells  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) エジプトのH5N1ウイルスは人の細胞に結合しやすくなっている
 日本の大阪大学微生物研究所(微件)とエジプトの研究チームによる研究。PloS Pathogenに掲載。
 2006~2009年にエジプトで人と鳥から分離されたH5N1鳥インフルエンザウイルス株を分析した。

 逆遺伝子技術を用いて、最近のH5N1分離株の中に人の下部気道の細胞のウイルス付着リセプターへの結合力が増した数株を同定した。
 H5N1ウイルスの保有する細胞付着部位であるヘマグルチニン(HA)が、本来は付着しない人のリセプターである”α-2,6結合シアル酸”への結合力を獲得していた。
 その結合能力は上気道の喉頭の細胞にはなく(通常の人のインフルエンザウイルスは上気道に感染)、下部気道の細胞に対してのみであった。
 また鳥の腸管細胞上皮にあるリセプター、α-2,3結合シアル酸に対する結合能力は有していた(すなわち鳥へも感染する能力がある)。 
 見つかった株はHAのアミノ酸が置き換わった変異株であり、研究チームでは2009年以降エジプトで増えているH5N1鳥インフルエンザの人感染が、こうした変異株が原因ではないかと推定している。

島根県、鳥インフル県対策本部解散  読売新聞
 安来市の養鶏場など昨年末から全国で相次いだ鳥インフルエンザ問題で、環境省は1日、野鳥への警戒レベルを全国一斉に「2」から平常時の「1」に引き下げた。これを受け、県は同日、昨年11月に設置した県危機管理対策本部(本部長=溝口知事)を約半年ぶりに解散した。
 6月1日

Chiayi reports new bird flu case Focus Taiwan News Channel  (台湾) 台湾、嘉義で鳥インフルエンザが発生
 台湾の中部の嘉義と言うところの養鶏場でH7N3の発生
 ウイルスはH7N3株。米国やカナダで人に感染した事があるが、結膜炎などの軽度の症状。当局では人への感染の心配はないとしている。
 当局では周辺3キロ以内の鶏の検査を行っている。
TOP