高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年5月

 6月1日

Chiayi reports new bird flu case Focus Taiwan News Channel  (台湾) 台湾、嘉義で鳥インフルエンザが発生
 台湾の中部の嘉義と言うところの養鶏場でH7N3の発生
 ウイルスはH7N3株。米国やカナダで人に感染した事があるが、結膜炎などの軽度の症状。当局では人への感染の心配はないとしている。
 当局では周辺3キロ以内の鶏の検査を行っている。
 5月31日

鳥インフル警戒レベル平常に 野鳥監視  東京新聞 
 環境省は、最近は野鳥からのウイルス検出がなく、渡り鳥もおおむね北へ帰った、と説明し、野鳥の高病原性鳥インフルエンザに対する全国の警戒レベルを、現在の「2」から、6月1日午前0時に平常レベルの「1」へ引き下げると発表した。

インフルエンザ:3小学校を学年閉鎖 /岩手  毎日新聞
 岩手県で3小学校が学年閉鎖。遠野市立達増部小(4年生)、一関市立中里小(3年生)、陸前高田市立矢作小(3年生)。重症者はいない。
 5月30日

 現時点では、国内外とも特記すべき情報はない。
 5月29日

沖縄県、患者数が突出 インフルエンザが再流行  八重山毎日オンライン
沖縄県でインフルエンザが再流行。定点平均は16.19人。八重山では27.33人。流行のインフルエンザはB型。患者を年齢別で見ると、9歳以下35.7%、10代23.9%、20代17.3%と幼児から若年者に患者が多い。
5月28日

 現時点では特記すべき情報はない
 5月27日

Vietnam halts bird flu vaccination due to new type  Reuters AlertNet  (国際) ベトナム、新規ウイルス株の出現で家きんへのワクチン接種が中止に
 ベトナムでは国内で家きんへのH5N1ワクチン接種の予定だったが、新ウイルス株が出現し、ワクチンが無効になったことから、ワクチン接種が中止となった。
 同国では2010年以来、新しい系統の(クレード)H5N1株が出現したという。
 今年度中国から輸入したH5N1ワクチンを家きんへ接種する予定としていたが、ワクチンが無効と判断されたので中止となった。動物保健局がそのように発表した。
 新規株は北部と中央地域で流行していて、南部では従来の株が流行している。
 ベトナムでは今年度は人での発生報告はない。
Tracking Swine Flu Virus in Pigs Reveals Mutations  MSN Health & Fitness  (国際) 豚のインフルエンザウイルスの追跡で、多くの変異が明らかに
 香港研究。
 香港の豚を対象に感染している豚インフルエンザウイルスを分析。
 各地域から輸入されている豚が感染しているウイルスが、互いに豚の体内でミックスして遺伝子交換を起こして(遺伝子再集合)、新規のウイルスが誕生している。
 研究チームではこうして誕生したウイルスが人に感染している可能性が高いとしているが、その危険性に関しては不明とされる。

School Closures Significantly Reduced Mexican 'Swine Flu' Cases Voice of America (VOA、米国) 休校が”豚インフルエンザ”の拡大を有意に抑えた:メキシコ
 アリゾナ州立大学のジェラード・コウエルと共同研究者が分析して発表。
 メキシコで2009年豚インフルエンザが流行した際、全土的に”社会的隔離”と呼ばれる感染者から非感染者を守る対策が行われた。すなわち休校、商店街やレストラン閉鎖、サッカー観戦の禁止、集会の禁止などであるが、期間は18日間に及んだ。
 研究チームは数理学的手法で実際の感染者数の発生と、もし社会的隔離を行わなかったとした場合の感染者数の数を比較したが、社会的隔離により29~37%の感染者数の減少を認めたとされる。
 同様の対策が行われた香港でも25%の感染者数の減少を確認している。
 研究チームではインフルエンザ拡大防止に社会的隔離対策が有効であると結論している。
 5月26日


Flu Study Shows Risk to People From Pigs  National Journal (米国) インフルエンザ研究が豚から新規ウイルスが感染する危険性を指摘
 下記ロイター紹介研究。
 追加する内容として、豚から飼育者は頻繁にインフルエンザウイルスの感染を受けているが、それが他の人に感染する事はない、等。
 
Flu viruses rode on pig imports into southern China: study  Reuters (国際) 研究:南中国へ輸入される豚がインフルエンザウイルスを保有
 香港、シンガポールおよび中国の研究チームが明らかにし、科学雑誌”Nature”に26日発表した。
 香港で過去12年間、豚が保有する(豚の)インフルエンザウイルスを調査してきた。
 香港の豚の80~95%は、世界で最も多く豚を飼育している南中国から入って来ている。

 チームは過去12年間に豚から650ウイルス検体を分離した。
 それらウイルスは3系統のウイルス株に分かれているという。
 多くのウイルスはユーラシア鳥インフルエンザ類似株(Eurasian avian-like H1N1 virus)で、この株は1979年にベルギーで検出され、ヨーロッパで最も普遍的に存在する豚インフルエンザウイルスである。
 続いて、1990年代から北米で感染が続いている”北米H1N2株( North American H1N2 swine flu virus )。
 最後に世界中で感染が続いているH1N1豚インフルエンザウイルス(中国では80年以上感染が続いている)。

 研究チームによると、ユーラシア鳥インフルエンザ類似株に対する免疫は人が保有していないことから、最も危険と考えられる株とされ、容易に人の間で感染が広がる可能性があるという。

 専門家が恐れているのは、こうしたウイルスが人に感染する株に変異して、人の間でパンデミックを起こすことである。

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 読売新聞
 理化学研究所と東京大の研究チームが、体内での薬の動きを観察できる陽電子放射断層撮影(PET)を用いて、タミフルが幼いサル(生後9ヶ月:人間なら10歳相当)の脳へ、年齢が長じたサル(5~6歳:成人相当)に比較して、2.5倍高濃度に取り込まれることが確認された。また薬剤の移行速度も幼いサルでは年齢が長じたサルの1.3倍速いことも分かった。
 タミフルの子供への投与のあり方を巡る論議を呼ぶ可能性がある
Mexican Flu Pandemic Study Supports Social Distancing Medical News Today (国際) メキシコにおけるパンデミック分析は、社会的隔離対策の有効性を立証
 2009年のH1N1パンデミックに際して、メキシコでは、4月下旬から5月上旬にかけて18日間の休校や他の社会的隔離対策(商店街等の休業)を行ったが、そうした対策によりインフルエンザ感染率が29~37%減少した。
 米国NIHの研究者達による分析。 PLoS Medicine. に掲載。

 パンデミックに際し、米国では地方レベルで休校を行った。しかし、その効果については未だ評価されていない。

 5月25日


More swine flu deaths last winter than during pandemic  Daily Telegraph  (英国) 今冬のインフルエンザ死者はパンデミック時よりも多かった
 英国健康保護庁(HPA)報告書に基づいたコメント。

 今冬(2010/2011年)に少なくとも562人がH1N1ウイルスに感染して死亡したが、その数は2009年度の世界的流行の際の474人よりも遙かに多かった。
 若年者と中年成人が多く死亡したが、その中には50人の小児と9人の妊婦が含まれていた。
 インフルエンザによる死者数は602人。その90%がH1N1ウイルス、40人がB型による。

大震災被害地石巻、インフルエンザで学年閉鎖 朝日新聞
 石巻市立鹿又小学校で4年生と6年生が、インフルエンザのため27日まで学年閉鎖。
 県では寒暖の差が激しいこと、および大震災による疲れなどが影響しているかも知れない、とコメントを出している。
 ウイルスの型は不明。
Dose-Sparing H5N1 A/Indonesia/05/2005 Pre-pandemic Influenza Vaccine in Adults and Elderly Adults: A Phase III, Placebo-Controlled, Randomized Study  J.Infectious.Dis (感染症雑誌、国際) カナダ、H5N1プレパンデミックワクチンの臨床試験が成功-第3相
 カナダハリファックスのIWK保健センターおよびAve大学ワクチン研究所による研究論文。

 2005年のベトナム株を用いたプレパンデミックワクチン(抗原量3.75μg、アジュバントASO3A)の臨床第3相試験が行われ、液性抗体産生を評価した。
 対象は18歳以上の成人4561人。
 
 2回目の接種21日後における液性抗体産生量は、米国およびヨーロッパにおけるパンデミックワクチン・ライセンス取得条件を全年齢で満たした。
 また6ヶ月後における判定でも、抗体量はライセンス取得条件を満たしていた。
 他の株との交差免疫を検討したが、2004年分離のベトナム株に対しても抗体は十分反応した。
 唯一の副作用は注射部位の疼痛であった。
 他の副作用に関してはプラセボグループのと間で差はなかった(364日間の観察において)。
No evidence WHO in cahoots with vaccine makers: members  AFP (国際) WHO総会、2009年H1N1パンデミックに際して、WHOとワクチンメーカーが共謀した根拠はなしと結論
 ヨーロッパ評議会、英国医師会雑誌(BMJ)等で批判されてきた、2009年度のH1N1パンデミックに際してWHOが製薬企業の影響下にパンデミック宣言を行い、ワクチン製造を促したとされる施策が、総会で根拠はないとの意見で一致した。

新型インフル予防で新制度=原発事故被害も議論-WHO総会閉幕  時事通信
 世界保健機関(WHO)年次総会は24日、一連の討議を終え閉幕した。
 新型インフルエンザワクチンに関する新たな枠組みでは、製薬会社が速やかに生産ができるよう新型インフルエンザ発生国はウイルス検体をWHOを通じて各国に提供。この制度を利用する製薬会社は生産量の10%を提供国に無償提供する取り決めが承認された。
 チャン事務局長は閉会前の全体会合で、新型インフルエンザ予防の新制度により「将来の世界的大流行(パンデミック)への備えが大幅に改善される」と評価するコメントを出した。。
 
東京都が新型インフルで指針。流行深刻なら商業施設に休業要請  日本経済新聞
 東京都が新型インフルエンザの発生に備えて、流行の早期封じ込め策や患者への治療体制の整備に関する指針をまとめた。発熱などの初期症状を訴える患者の相談窓口を新設。感染が判明した患者の受け入れ先として、新たに都内の80医療機関を感染症対策を担う緊急病院に指定した。流行が深刻化した場合、都が映画館や百貨店などの商業施設に休業を要請することも打ち出した。
 患者数は1日最大37万人、感染者数都民の約3割(390万人)、死者数は1万4000人に達すると想定。致死率0.36%。死亡率0.1%。
 1957年に発生したアジア風邪並の被害を推定ともなるが、1918年のスペインインフルエンザ並の新型インフルエンザが出ても、現在の公衆衛生学および臨床医学レベルだと、この程度の被害とも考えられる。
 インフルエンザ一般の死者数は、当時に比較して現在は十分の一程度である事から、約40万人が死亡したスペインインフルエンザ並の新型インフルエンザが発生しても日本の総死者数は4万人前後とも推定される。
 5月24日

H5N1 analysis in Pakistan-showing additional likely, possible cases  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター)  パキスタン、2007年発生H5N1感染例の分析-さらに多数の感染可能性例が確認
 パキスタンと米国、および英国の研究チームが調査・解析。2007年にパキスタンで発生したH5N1人感染事例の疫学的、臨床的解析により、4例の検査室確定例と7人の濃厚可能性例(likely)、そして9人の可能性例(possible)が確認された。流行時に検査室診断された事例の4倍の事例が感染していた可能性が指摘された。
 調査はノースウエスト・フロンティ県のH5N1感染者を治療した全病院の臨床記録(カルテ)をもとにした。

 検査室確定4例のうち1例は無症候性感染であったが、このうちの3例のみがWHO統計に掲載されている。

 家きん”と殺”業に従事していた最初の感染者が発端となり、それから親族6人、医療スタッフ1人、頻繁に見舞いに来た友人の合計8人で人人感染が生じたと推定。
 
 他の12例の感染可能例は、これら集団発生事例とは無関係に家きんから感染したと推定された。
 
 原著論文 Emerg Infect Dis (新興感染症雑誌)

東日本大震災:避難所でインフルエンザ流行が懸念。岩手県陸前高田市の避難所で患者と家族が隔離。避難所内へ拡大することが懸念毎日新聞

 5月23日

米国における野鳥のH5N1鳥インフルエンザウイルス検査結果  NBII (National Biological Information Infrastructure :米国国立生物学情報ネットワーク)
 2010年4月~2011年3月まで米国内の野鳥40659羽を対象にH5N1ウイルス検査が行われたが、全て陰性であった。
 野鳥は生きた状態のもの、ハンターで撃ち落とされたもの、病的、または死亡した見つかったもの、等からなる。
  
 米国の野鳥検査は2005年から行われているが、未だH5N1ウイルスが検出されたことはない。
 5月22日

今シーズン(2010/2011)のインフルエンザ死者数 厚労省
 厚労省が5月18日に発表した今シーズンのインフルエンザ死者数は184人。
 昨年9月6日以降のデータである。
 半数で型が記載されているが、60%はいわゆる新型(H1N12009)となっている。

 2009年秋~2010年夏までの新型インフルエンザによる死者数と、今シーズンの死者数を年齢別に比較すると下記のごとき結果となる。
 死者数の総数はそれほどの差はないが、新型での死者が若年者が多いのに比較し、今シーズンは高齢者での死亡が目立つ。
 今シーズンはA香港型の流行も顕著だったことが、高齢者での死亡数の増加につながったものと考えられる。
 また2009/2010は新型インフルエンザだけの死者数を表しているが、この期間はインフルエンザ感染者のほとんどが新型だけだったと考えられるから、インフルエンザ総死亡と見なすことが可能と考えられる。



英国保健省インフルエンザ週報第19週  (5月8日~15日)
 インフルエンザ流行はすでに終息している。
 今シーズンのインフルエンザ死者数は607人。
 なお一昨年のパンデミック時は500人前後であった。

 5月21日

現時点では特記すべき情報はない

 5月20日

現時点では新規情報なし
5月19日

S Korea reports fresh outbreak of bird flu 新華社(中国) 韓国の農場で新規鳥インフルエンザが発生
 韓国京畿道の産卵養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生。
 農場では18000羽の鶏を飼育している。農業省は全飼育鶏の殺処分を指示した。
鳥インフル対策本部解散 県と出水市  読売新聞
 県と出水市は18日、昨年12月下旬から、それぞれ設置していた高病原性鳥インフルエンザ対策本部を解散した。
 2010年12月1日に出水平野で死亡したナベヅルからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出。
 翌年1月25日には養鶏場で鶏の感染が確認された。
 5月18日

WHO blames cuts on global finances, weak dollar  MSN Money  (国際) WHO、金融事情の悪化および米ドルの下落により、予算が大幅に減少せざるを得ない状況に
 
世界的金融事情の悪化と、各国から提供される米ドルの下落でWHOの予算が大幅に削られている。
 年間300億円の不足。
 ジュネーブで開催されているWHO総会で事務局長が発表。
 5月17日

Significant Inverse Association Between Public Spending On Health And Pandemic Influenza Mortality Medical News Today (国際) 保健医療への予算額とパンデミックインフルエンザの死亡者数は逆相関
 ギリシャの研究チームによる。研究結果はPlosONEに発表。 (May 11, 2011)
 ヨーロッパにおける30カ国を対象に。
 不十分な保健医療予算
  医療機関への受診の容易性
  医療システムの遅れ
  保健医療スタッフ数
  インフルエンザのパンデミックに対する不十分な予算
  公衆衛生介入の遅れ

St. Mary's Health Dept. Participates in 3 Day Pandemic Flu Exercise  Southern Maryland Online (米国) 南メリーランド州、セント・マリー郡保健局で3日間に亘るパンデミックインフルエンザ模擬訓練
 州保健局と連携して行われた。基本は図上訓練で、州全域の各地域の関係部局と、パンデミック発生時の対応を確認するのが目的となっている。
 5月16日


原発事故の影響議論=新型インフル対策で一致の見通し-WHO総会開幕へ  時事通信 
 16日~24日までWHO総会がジュネーブで開かれる。
 日本からは大塚耕平厚生労働副大臣が出席。福島原発事故における政府の取り組みを説明。
 新型インフルエンザ感染予防対策もテーマ。途上国が発生インフルエンザのウイルスを提供すること、それに対する見返りとして先進国の製薬企業がワクチンを配布する新たな枠組みが正式合意される予定。

Indonesia reports bird flu death  Xinhua  (新華社) インドネシア、鳥インフルエンザ感染死者を報告
 インドネシア保健省は16日、8歳少女が鳥インフルエンザに感染して死亡したと発表した。
 西ジャカルタに住む少女は4月8日以来治療を受けていたが11日に死亡したとされる。
 少女の症状は発熱、咳、及び胸痛で、ジャカルタの鳥インフルエンザ専門病院に運ばれた。
 検査の結果H5N1鳥インフルエンザ感染が確認され、感染源は鶏と推定されている。

 *訳者注:WHO発表と若干内容が異なる。
 5月15日

 特記すべき情報はなし
 5月14日

 特記すべき情報はなし
 5月13日

Avian influenza – situation in Indonesia - update 4  WHO 鳥インフルエンザ-インドネシア状況-更新4
 インドネシア保健省はH5N1鳥インフルエンザの人感染事例を報告した。
 症例は西ジャカルタ地区に住む8歳少女。
 4月1日に発症し、4月4日に保健機関に入院。8日に病院に搬送。11日に死亡した。

 疫学的調査によると、可能性ある感染源として自宅周辺に見られた野鳥の糞が考えられている。
 他に少女が発症する前週に母親が地域の市場から鶏を購入している。

 これまでインドネシアで確認された感染者は177人となり、そのうち146人が死亡している。
Dutch to cull 8800 chicken in bird flu alert Reuters  (国際) オランダ、鳥インフルエンザ拡大防止のために8800羽の鶏を殺処分
 オランダは有機飼育農場(organic poultry farm )で鳥インフルエンザが発生したため、8800羽の鶏を処分したと発表した。
 半径3キロ以内の農場の調査とが行われる。
 ウイルスが高病原性かどうかは、13日に判明するという。
 なお、オランダでは2003年にH7N7鳥インフルエンザが養鶏場で流行し、人ので感染者も数十人発生した。獣医師が1人死亡している。
Indonesia reports H5N1 death  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) インドネシア、H5N1死者を報告
 昨日掲載の記事と同じ内容。
 WHOが確認すると、インドネシアで177例目の感染者で145例目の死者となる。
 5月12日

 西ジャカルタ州でH5N1鳥インフルエンザで死者が確認  Bird Flu Information Corner (インドネシア)
 インドネシア保健省がH5N1鳥インフルエンザで死亡した8歳少女を確認、発表した。
 少女は西ジャカルタに住んでいたが、4月1日に発熱、咳、胸痛で発症。8日にジャカルタの鳥インフルエンザ専門病院に入院して治療が開始されたが8日に同病院で死亡した。
 5月11日

特記すべき情報はなし
 5月10日

国内情報
・宇部市でカラスが大量死。一定地域内で5月8日に13羽のカラスの死骸が見つかった。鳥インフルエンザの簡易検査では陰性だとされる。 宇部日報
・島根県、松江市内で3月6日に見つかったキンクロハジロの死骸でH5N1鳥インフルエンザウイルスを確認。4月21日に鳥インフルエンザ陽性反応を確認したため、鳥取大にウイルス検査を依頼していた。5月9日にH5N1ウイルスであったと発表。発見場所から半径10キロ圏内を調査し、異常がないことを確認した。 読売新聞

Increase in bird flu reports in Q1  AgraNet  (国際) 本年第一四半期に、家きんの鳥インフルエンザが多数発生
 FAO(国連食糧農業機関)の報告によると、今年度1月~3月までの間に、世界十数カ国で800件の家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザ発生事例が報告されているという。
 エジプトは最も多く発生している国の一つで3月までに190件の発生が確認され、インドネシアでは2月までに383件の発生が確認されている。

 インフルエンザA型H1N12009pdm感染により入院した小児1,235例の臨床的検討  日本小児科医会会報 第41号
 大阪小児科医会・病院小児科ネットワークからの調査報告。
 2009年のA/H1N1流行開始から11月30日までに入院した小児例1,235例の臨床的検討を行い発表した。
 死亡例は1例であり、入院者の死亡率は0.08%と低く、予後は極めて良好であったと結論づけされている。
 なお人工呼吸管理は13例(1%)。
 入院例の多くは気管支喘息の基礎疾患を持っていた例が多く、年齢的には4~5歳がピークであった。

 5月9日

遠きすべき情報はなし
 5月8日

 特記すべき海外情報はない
 5月7日

特記すべき情報はなし
 5月6日

特記すべき情報はなし
 5月5日

特記すべき情報はなし
 5月4日

気になる情報はなし
7:20:37
 5月3日

特記すべき情報はなし
 5月2日


国内情報
・青森県、インフルエンザ再流行の兆し、14歳以下で患者多数。B型が99%。asahi.com

 5月1日

特記すべき情報はない
TOP