高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年4月

 4月30日

特記すべき情報はなし
 4月29日


EGYPT: Two bird flu cases confirmed in Egypt  Reuters AlertNet  (国際) エジプト:エジプトで2例の鳥インフルエンザ感染者が確認
 3ヶ月前、政府が対策を強化したにも関わらず、最近エジプトで2例の鳥インフルエンザ感染者が確認されたことは(WHOが4月21日に発表した事例)、この感染症が拡大する可能性の新たな脅威を呈している。
 WHOによると、最近の2例を含めて、これまでエジプトでは143例のH5N1鳥インフルエンザ感染者が出ている。
 アバッシヤ発熱病院( Abassiya Fever Hospital)のマームド・アブデル・メギド(Mahmud Abdel Meguid)院長は、
 「鳥インフルエンザ様症状を呈する多くの患者が来院し続けている。ほとんどの患者は検査で陰性であるが、我々はこれらの患者を慎重に鑑別する必要がある」、と語っている。

Expert warns of threat from deadly bird flu  Bangkok Post (タイ) タイ、専門家、鳥インフルエンザの脅威を警告
 WHO報告によると、今年は既に36人のH5N1鳥インフルエンザ感染者が報告されていて、昨年以上に発生数が多くなっている。
 隣国のカンボジアでも感染者が5人出ており、致死的H5N1鳥インフルエンザが国境を越えて、タイに拡大してくる可能性に十分警戒するべきであると、バンコク小児病院の Dr Tawee Chotpitayasunondh が、第13回公衆衛生会議で語った。
 4月28日


国内情報
・インフルエンザによる休校・学級閉鎖などが、前週の3倍になった。 厚労省発表によると、17~23日の1週間に全国で1212施設で休校、または学級・学年閉鎖がインフルエンザの集団発生により行われたという。施設数は前週の3倍となっている。保育所、小中高。B型が大半を占めているとされる。朝日新聞

 4月27日

 
国内情報
・鹿児島県、県内全域で小中学校などで流行が続く。1月にピークとなったインフルエンザの流行であるが、3月上旬に定点平均1人を下回るも、下旬から再び注意報レベルを上回っている。 毎日新聞
・山形県でインフルエンザ注意報。定点平均が10.10人となった。A香港型が中心となっている。 毎日新聞

 4月26日

2009年新型インフルエンザの遺伝子変異を解析  理化学研究所
 H1N1(2009)、かっての新型インフルエンザに関して、ウイルス検体を253種集めて分析した。
 結果のポイントは以下の3つ。
  ・新型インフルエンザの遺伝子配列を253検体で解析
  ・国内で新たに発生した遺伝子変異グループを12個発見
  ・253検体の中から、タミフル耐性遺伝子変異を3検体発見
 
 ウイルスは初期に流行した株と、ピーク時に流行した株では遺伝子配列が異なり、H1N1ウイルスが感染を広げる過程で頻回の変異を繰り返し、ピーク時には約20個の変異株が存在していたことが分かったという。またタミフル耐性株は1.2%検出した。
 さらに高病原性鳥インフルエンザは、人から人への伝染が危惧されており、今のうちから対策に着手することは、極めて重要として、以下のように記述している。
今回、タミフル耐性ウイルスの検出は、253検体中3検体(1.2%)に留まりました。しかし次の感染ピークでは、その割合が顕著に増えることも予想されています。特に、高病原性鳥インフルエンザが人へ感染した場合、早期に感染経路を特定し、そのウイルスが薬剤耐性かどうかを判定することが求められます。今後も、このような遺伝子解析によるアプローチが、インフルエンザ感染拡大の詳細を知る上で重要な方法であると考えられます。
 4月25日

(4/25)化血研、細胞培養方式の新型インフルワクチンを臨床開始  日本経済新聞
 化学及血清療法研究所(熊本市)は細胞培養方式による”新型インフルエンザワクチン”の臨床試験を始めた。国が生産体制整備の目標にしている2014年までの実用化を目指している。
 試験を開始したのは鳥由来のH5N1型用のインフルエンザワクチン。プレパンデミックワクチンでもある。「フェーズ1」と呼ばれる初期の臨床試験で、安全性の確認などに取り組む。

At least 10 years to eradicate bird flu: UN health agency  The Independent (英国) 国連保健機関:鳥インフルエンザの根絶には10年以上は要する
 21日、国連機関は6カ国で家きんの間で土着化していて、多数の人を殺してきたH5N1鳥インフルエンザの駆除には少なくとも10年以上は要すると、報告書で述べている。
 6カ国とは、中国、インド、インドネシア、ベトナム、エジプト、バングラデシュとされる。
 ウイルス駆除が難しい理由として、家きん飼育と販売システムの問題(バイオセキュリティーの低さ、家きん市場における衛生管理の問題など:訳者)、および獣医学的対策の質の低さが上げられている。
 詳細は4月19日にCIDRAPニュースの訳文を参照。
 4月24日

H5N1 to Grow More in 6 Countries Including India  TopNews United States  (米国) H5N1鳥インフルエンザ、インドを含む6カ国で拡大
 国連機関のFAOが、インド含むアジア数カ国でH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で拡大し、そのウイルス駆除には10年以上要すると警告。
 詳細は4月19日にCIDRAPニュースの訳文を参照。

4月23日

特記すべき情報はなし。
4月22日


国内情報
・秋田県内でインフルエンザ患者数6割増。定点平均が5.69人と先週の約6割増。能代保健所管内では18.5人で前週の3倍以上。多くはA香港型と見られる。毎日新聞

Avian influenza - situation in Egypt - update 51 WHO:エジプトでH5N1感染者2例が確認、1例が死亡
 エジプト保健省はH5N1鳥インフルエンザに感染した2例を報告した。
 
 第1例目はファイユム県ワディエルリアン地区( Fayoum Governorate Wadi Elrian )に住む29歳女性で、4月1日に発症し、4日に入院して7日に死亡した。
 第2例はファイユム県セノレス地区(Sennores District )に住む1歳半の男児で、4月9日に発症し、11日に入院した。
 現在治療中であるが容体は安定している。

 全例ともタミフルによる治療が行われていた。

 調査によると感染源は、鳥インフルエンザに感染したと推定される死亡家きん、または病的状態の家きんへの暴露と考えられている。
 疫学的に2症例の間には関連性はない。
 これまでエジプトでは143例の感染が報告されており、そのうち47人が死亡している。致死率32.9%。

Avian influenza – situation in Cambodia - update 3 WHO:カンボジアで5歳女児がH5N1鳥インフルエンザで死亡
 カンボジア保健省はH5N1鳥インフルエンザの人感染症を確認したことを報告した。
 感染者社プレイベン省ピーレイン県(Pea Raing district, Prey Veng Province)に住む5歳の少女である。
 少女は4月11日に発症し、地域の医師に診てもらったが改善しないため、13日にカンタ・ボパ小児病院へ入院した。
 しかし治療が効せず16日に死亡した。

 少女の村では家きんの死亡が報告されている。
 少女は同国で15人目の感染者となったが、同時に13人目の死者ともなった。
 少女との接触者から53検体が集められ、国立公衆衛生学研究所でウイルス検査が行われている。

 4月21日


国内情報
・H5N1鳥インフルエンザ:家きんの感染終息、農水省専門家小委員会が認識。野鳥がウイルスを保持している可能性はあるので警戒は必要。毎日新聞
・東北・小川原湖、H5N1ウイルス不検出。4月4,5日に野鳥のカモなどの糞便を調べていた。3月11日に米軍三沢基地で死亡したハヤブサからH5N1ウイルスが検出された事から、環境省が調査していた。毎日新聞
東京都、新型インフルエンザに対するBCP(事業継続計画)を改訂 nikkei BPnet
 昨年3月に公表した「都政のBCP」を改訂。

Cambodian girl dies from bird flu: WHO  Bangkok Post  (タイ) カンボジアで少女が鳥インフルエンザで死亡、WHO発表
 21日、カンボジア当局は5歳の少女が鳥インフルエンザに感染して死亡したと発表した。
 少女は南東部のプレイベン省(Prey Veng )に住んでいたが、4月16日にH5N1鳥インフルエンザで死亡した。
 発表はカンボジア保健省とWHOの共同声明による。

 カンボジアのマムブン・ヘン保健大臣は、今年度はカンボジアでH5N1鳥インフルエンザ感染者が多く、小児がより感染しやすい状況にあると語り、保護者に小児が弱った家きんに接触しないように、注意を呼びかけている。
 今年度カンボジアでは5人が感染して、全例死亡している。感染者のうち4人は小児となっている。
 また、2003年以来カンボジアでは15人がH5N1鳥インフルエンザに感染して、13人が死亡している。

FDA Issues Warnings To 4 Hand Sanitizer Companies  WSB Atlanta  (米国) FDA、手指消毒剤製造4社の過剰広告で警告
 AP

 米国FDAは手指消毒剤を製造している4社の宣伝文書の内容が不当であることから改善命令を出した。
 鳥インフルエンザウイルス、ブドウ球菌、大腸菌を含む他種類の病原体に有効とされているが、科学的根拠をFDAに提出せずに、販売している。
 15日以内に科学的説明文書の提出を命じた。
 4社は以下の通り。
 - Tec Laboratories' Staphaseptic First Aid Gel
 - JD Nelson and Associates' Safe4Hours Hand Sanitizing Lotion and First Aid Antiseptic Skin Protectant
 - Dr. G.H. Tichener Antiseptic Co.'s Antiseptic Gel
 - Oh So Clean Inc.'s CleanWell All-Natural Foaming Hand Sanitizer, CleanWell All-Natural Hand Sanitizer, CleanWell All-Natural Hand Sanitizing Wipes, and CleanWell All-Natural Antibacterial Foaming Handsoap
 4月20日

 
国内情報
・淡路島でもインフルエンザの集団発生。南あわじ市と洲本市の小学校でインフルエンザ様症状で多数が欠席。学年閉鎖が行われた。 毎日新聞
・新潟県、三条市内でもインフルエンザの集団発生。2小学校で学年・学級閉鎖。型は不明。 ケンオー・ドットコム 

ベトナムの5省で家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザが発生 CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 
 ベトナムの5省で家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザの発生が確認され、同国からOIE(国際獣疫事務局)に報告された。
 当局によると6932羽の鶏のうち5509羽が感染し、死亡したのは1155羽で致死率は21%と低い数値となっている。
 発生は3月28日から4月8日の間に起きていた。
 感染源は、新規鶏を飼育場に加えたこと、違法な家きんの移動、人、車、飼料を介した感染が推定されている。

 4月19日


国内情報
・青森県でインフルエンザ症状の集団風邪発生。数校で学年・学級閉鎖。 東奥日報
・札幌市でインフルエンザ流行、学校閉鎖など相次ぐ。学年閉鎖と学級閉鎖が10校前後で相次ぐ。型は不明。 日テレ
・和歌山県の7小中学校で集団インフルエンザ、学級、学年閉鎖に。 型は不明。 紀伊民報

FAO: Eliminating H5N1 will take more than 10 years  CIDRAP(米国、ミネソタ大学感染症情報センター) FAO:世界からH5N1ウイルスの排除には10年以上要する
 国際連合食料農業機関(FAO)は、現在H5N1ウイルスが土着化している6カ国から、この10年間にウイルスが排除される可能性はないと報告書で発表した。
 2006年にH5N1ウイルスが検出された60カ国余の大部分でウイルスは排除されたが、中国、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、インド、およびエジプトではウイルスが土着化している。
 FAOの報告ではこれらの国におけるウイルス排除には、3つの大きな制限要因があるとされる。
  ・家きん飼育施設の構造の問題
  ・家きん生産・販売の質の低さ
  ・関係機関の意識レベルの低さ
 ウイルスが土着化した国では、これらの要因の解決に向かって努力が払われてきたが、ウイルスが完全に排除されるまでにはさらに長期間要する。
 一般的見解として、これらの国からウイルスが排除されるには10年以上要すると考えられている。
 
 ウイルス感染が鳥で続いている限り、ウイルスが人のパンデミック株に変異するリスクも存在し続けると、報告書では警告している。今年もH5N1ウイルスが土着化している数カ国で人の感染者が発生している。エジプトではこれまで22人の発生が確認されている。

 報告書では過去5年間の状況を考察して、そこから新しい対策を提案している。
 家きんに対するワクチン使用に関する問題と、渡り鳥がウイルスをもたらしている問題が大きく取り上げられている。
 注目されるのは、ウイルスが土着化していても、バイオセキュリティーが強化された家きん農場での成功例、およびワクチン使用による成功例である。それは中国の山東省の例である。
 FAOは、H5N1ウイルスの制御に成功している地域では、厳格なバイオセキュリティーによる家きん飼育の管理の強化と、家きんの輸送・移動の厳密なコントロールが行われていると説明している。
 しかしながらFAOは、全ての家きん飼育が工場化された環境で行われることを勧めないとし、手頃な費用で運営が可能な、良く設定されたバイオセキュリティー環境が必要と説明している。

 渡り鳥のウイルス拡大に対する役割に関して、FAOは以下のように説明している。
 ウイルスが土着化している地域における新規の感染発生は、家きんの移動によりもたらされていると考えられるが、他に野鳥がいくつかの地域にウイルスをもたらしている。
 2005年から2006年にかけてクレード2・2株がアジアからヨーロッパ、さらにアフリカへ渡り鳥により運ばれたことは一般的に受け入れられている事実としている。

 ワクチン使用に関しては、その効用と危険性をFAOは指摘している。
 使用により家きんはウイルスに対する抵抗性を獲得し、感染したとしてもウイルスの排出量が減じる。
 国内で大量にワクチン接種を行う事は高額な費用がかかり、実行も困難である。中国やベトナムで大量にワクチン接種が試みられたが、完全にウイルスを排除することは出来なかった。確かに、ワクチン接種を受けた集団が抵抗性を獲得し、ウイルスに対する感受性がある家きんの数を減らしはした。
 一方、感染発生による緊急的ワクチン接種は、ウイルス拡大の大きな原因となる。さらにワクチン接種により、家きんにおける感染確認の血清学的検査が難しくなる。

 FAOは最後にH5N1ウイルス排除のための革新的手法を提案している:
 ・個々の鳥に注射する必要がない、そして長期間免疫が持続するワクチンの開発
 ・遺伝的にウイルスに抵抗性を有する家きんの生産
 ・生きた家きん市場で販売する前に家きんに投与して、短期間ウイルスに対する抵抗性を付与するRNA等の開発
 ・人インフルエンザAに対する万能ワクチンの開発
 ・これまで家きんへ推奨されてこなかった生ワクチンのような、新規ワクチンに関する再論議

 報告書原文

WHO announces deal on sharing flu virus samples  The Independent (英国) WHO、分離インフルエンザウイルス共有協定が合意に達したと発表
 WHOは16日(ジュネーブ時間)に分離インフルエンザウイルスの共有に関する協定が合意に達したと発表した。
 インフルエンザ・パンデミック対策を協議する各国代表により、4年間話し合いが行われてきた結果となる。
 
 合意内容は単にウイルスの共有化だけではなく、提供されたウイルスにより得られる利益配分も含まれている。
 協議は世界的に脅威となった鳥インフルエンザウイルスが出現した後、2007年11月から開始された。
 合意結果は5月のWHO総会で発表され、承認を受ける予定となっている。

 作業委員会の代表であるメキシコのホアンホセ・ゴメス・カマチョ代表は、2009年のH1N1パンデミックを経験しながら、世界は未だインフルエンザ危機に十分備えていないと語っている。
 さらに、必要なことはワクチンの製造能力を高めることと、それを途上国を含めて世界に配分する方法、そして、ワクチンの価格が安価であることの保証であると、語っている。
 4月18日

 月曜日。
 欧米は週末。

 気になる情報はない。
4月17日

WHO: Countries agree to share flu virus samples after 4 years of talks  The Canadian Press (カナダ) WHO:インフルエンザウイルスの共有化問題、4年越しの論議で合意に

WHO: Countries agree to share flu virus samples after 4 years of talks  Washington Post  (米国) WHO:インフルエンザウイルスの共有化問題、4年越しの論議で合意に
 
AP
 途上国から提供されたウイルスがワクチンや抗インフルエンザ薬を製造する製薬企業の利益をもたらすが、提供した途上国は高額なため、それらを自国民に提供できないという理由から、発生H5N1鳥インフルエンザウイルスの提供が拒否されてきた。
 分離ウイルスの国際的共有化について、WHOと加盟国の間で4年間論議されてきたが、16日加盟国の間で合意された。
 来月ジュネーブで開かれる年次総会で承認される予定となった。

 4月16日


検体提供に「見返り」で合意=新型インフルのワクチン開発-WHO  時事通信 
 新型インフルエンザのワクチン開発に向け、開発途上国で採取されたウイルス検体を各国で共有する方法を議論してきた世界保健機関(WHO)の政府間会合は16日、ウイルス提供国に「見返り」を配分する枠組みで合意した。5月のWHO総会で正式決定する見通し。製薬会社を含めた具体的な利益配分は今後さらに詰める予定とされる。

Flu Virus Vaccine Sharing Deal To Be Reached by 193 Countries  ThirdAge  (国際) インフルエンザウイルスの共有化、193カ国で合意に
 5月16日~24日に開催されるWHOの年次総会までに、各国が分離したインフルエンザウイスの共有化の合意を図ることを各国の保健大臣は話し合っているが、現在、米国を除き、インドネシアを含む193カ国で合意された。
 米国代表はワシントンの政府と相談しているが、現在のところ、回答は得られていない。(その後、本日、米国が合意した。)

 WHOの103加盟国は4年前に、東南アジアでH5N1鳥インフルエンザウイルスが感染拡大し出した1年後に、ウイルスの共有化の議論を開始した。
 しかし、その1年後からインドネシアが製造ワクチンを要求して、分離ウイルスの提供を拒否し始めていた。
 4月15日

 現時点では特記すべき情報はない。
 4月14日

17000 poultry birds culled in Gazipur  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、ガジプル県で17000羽の家きんが殺処分
 ガジプル県の養鶏場で、H5N1鳥インフルエンザ発生のため、17000羽N鶏と4000個の卵が処分された。
 4月13日

 現時点では特記すべき情報はなし。

 4月12日

 WHO、エジプトでのH5N1鳥インフルエンザ感染者4名を発表 WHO
 エジプト保健省はWHOに4例のH5N1鳥インフルエンザ感染者を報告し、WHOはそれら事例をウエブに掲載した。

 第1例:ベハイラ県に住む20歳女性。3月14日に発症し、19日に入院したが28日に死亡した。
 第2例はメノフェヤ県に住む2歳女児。3月26日に発症し、27日に入院した。現在治療中であるが安定している。
 第3例はベハイラ県に住む56歳女性。3月20日に発症し、22日に入院。回復して4月5日に退院
 第4例はフェイウム県に住む1歳男児。3月20日に発症し、28日に入院した。現在治療中であるが、容体は安定している。

 全症例とも、入院時からタミフルによる治療を受けている。
 感染源は、H5N1ウイルスに感染したと考えられる鶏(弱っていた、または死亡した)に暴露されたことが考えられている。
 今年度は22例の感染者が出ているが、異常に多い発生数である。



 エジプトにおけるH5N1鳥インフルエンザ感染事例は計141例となり、そのうち46例が死亡している。致死率は32.6%。

 WHOはさらに、バングラデシュの紺エンド2例目の事例、およびカンボジアの4例目の事例も発表したが、それらの事例は当ページで既に掲載済みである。
 4月11日

 新潟市の病院でインフルエンザ38人が集団発生。高齢者4人が死亡。 産経ニュース
 入院患者23人、職員15人がインフルエンザに感染。高齢の入院患者4人が死亡。
 インフルエンザは4月4日から10日にかけて発生。患者から採取された2検体でA香港型が確認された。
 4月10日

特記すべき情報なし
 4月9日


カナダ保健省インフルエンザ週報第13週
 インフルエンザ様患者数は例年の域内にあり、全体として減少している。
 州によって集団発生が起きている地域も未だ見られる。
 分離ウイルスはA型とB型が半々。

 インフルエンザ週報の掲載は最終とする。

米国CDCインフルエンザ週報第13週
 3月27日~4月2日)

 インフルエンザ様症状の患者数は減少し続けていて、流行域下に入っている。
 分離ウイルスはAH3N2、Bが中心。

 インフルエンザ週報の掲載は最終とする。
 4月8日


S. Korea confirms additional bird flu outbreak  Yonhap News  (韓国) 韓国、養鶏場でのさらなるH5N1鳥インフルエンザを確認
 慶尚北道の永川市の産卵養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生した。
 先月の24日以来半月ぶりの農場でのH5N1鳥インフルエンザ発生となった。

 これまで韓国では、昨年の12月29日以来、52件の家きん農場での発生があり、合計627万羽の家きんが殺処分されている。
 4月7日

エジプト保健省、H5N1鳥インフルエンザ発病者の4例をWHOに報告
 WHOはエジプト保健省が報告した4例のH5N1発病例を、ジュネーブ時間6日にウエブで発表した。

 1例目は、ベハイラ県に住む1歳男児で、2月14日に発病、16日に入院、そして回復して22日に退院した。
 2例目は、ベハイラ県に住む3歳女児で、3月10日に発病、12日に入院、そして回復して3月18日に退院した。
 3例目は、アレクサンドリア県に住む34歳女性で、3月9日に発病、15日に入院、現在治療中であるが様態は安定している。
 4例目は、カフル・エルシャイク県に住む30歳女性で3月7日に発病、15日に入院、そして回復して3月27日に退院した。

 感染源は、感染して弱った、または死亡した家きん(鶏)に暴露されたこととされる。

 エジプトでは137人H5N1ウイルスに感染し、45人が死亡している。

 今年度に入ってから発生数は多いが、報告が遅れていて、全ての集計がどこまでされているのか疑問である。
 4月6日の時点での報告数
 
 4月6日

国内情報
・2月17日に発見された春日井市内の住宅街で死亡していたハヤブサの死骸から、H5N1ウイルスが検出された(鳥取大)。3月28日と4月6日の2回、県では周辺の9県の養鶏場に聞き取り調査を行っているが異常は見つかっていない。さらに8日以降立ち入り検査も行っている。 日本経済新聞
 
Cambodian girl dies from bird flu Straits Times (シンガポール) カンボジアの少女、鳥インフルエンザで死亡
 11歳のカンボジアの少女が鳥インフルエンザでしぼうしたことをカンボジア保健省とWHOが共同で6日発表した。
 東部のカンポンチャム省に住んでいた。
 2003年以来14人目の感染者で、12人目の死者となった。
 今年度に入ってからは4人目の感染者となったが、全員死亡している。
 4月5日

Doctors urge flu shots Tasmania Mercury  (オーストラリア、タスマニア州) 医師達、インフルエンザワクチン接種を受けるように忠告
 オーストラリア最南部のタスマニア州では、インフルエンザシーズンを迎えて、住民にインフルエンザワクチン接種を受けるように忠告している。
 今シーズンは、A型インフルエンザ(香港型)、B型、およびブタインフルエンザが流行するとの予測がされている。

 65歳以上、先住民族、妊婦、慢性疾患保有者は特に危険なのでワクチン接種を求められている。

Australia at risk from pandemics: experts The Canberra Times  (オーストラリア) 専門家:オーストラリアはパンデミックに対する危険度が高くなっている
 先のパンデミックが終息はしたが、再度パンデミックはいつでも再来する可能性がある。
 対策の強化を専門家と公衆衛生局が論議
 先のパンデミックでは37562人の感染が確認され、死者数は191人とされている。
 しかし検査で確認されていない感染者と死者も多いとされ、そうした人々は呼吸器感染症罹患者として分類されている。
 4月4日

国内情報
・茨城県、倒壊鶏舎内で6万羽死亡。生存鶏、放し飼い状態。 鳥インフルエンザの感染も気になる。 茨城新聞

 4月3日

FMD outbreak in South Korea under control, but Seoul now faces bird flu  MercoPress (国際) 韓国口蹄疫は制御可能に、しかし鳥インフルエンザ拡大防止対策は継続
 2010年12月29日以来269農場で627万羽の家きんの殺処分を行ってきているが、現在も14カ所の地方都市と地域で家きんの移動制限は行っている。
 当局によると絶えず鳥インフルエンザが未だ発生しているので、継続した対策が必要とされる。
 直近例ではソウルの344キロ南方で発生している。

 一方3月中旬から口蹄疫の発生は報告されていないが、これまで348万匹のブタ、牛、山羊、および鹿が殺処分されており、経済的損失は27億ドルとなている。
4月2日

WHO、インドネシアでのH5N1発症事例を発表 
 ジョグジャカルタ州Bの28歳女性が感染して死亡した事例をWHOは発表した。
 昨日報告済みの事例である。
 同国ではこれまで感染176症例が確認されているが、そのうち145人が死亡している。

4月1日

インドネシア、ジョグジャカルタ州でH5N1鳥インフルエンザで女性が死亡 Bird Flu Information Corner  (国際)
 インドネシアジャワ島中南部のジョグジャカルタ州で28歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したことが、同国保健省からWHOに報告された。
 患者は近くの家きん市場に頻回に出向いていたことから、そこでの感染が疑われている。
 3月1日に発症したが、3月11日まで周辺の保健医療専門家を訪れていたが、11日に保健センターから個人病院を紹介されたが呼吸困難が強くなってきたため、2日後にジョグジャカルタの専門病院へ移された。しかし間もなく死亡した。
TOP