高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年3月

3月31日


国内情報
・A/H1N1(2009)インフルエンザワクチン大量破棄に。厚労省は09年10月、国内の4社から5400万人分のワクチンを260億円で購入。3100万人分(149億円)が破棄された。また09年から10年にかけて海外メーカー2社から9900万人分の輸入契約を結んだ。ほとんどが使われずに破棄されたが、解約違約金も含めて853億円が支払われた。朝日新聞
・新型インフルエンザ、4月から季節性インフルエンザ扱いに。インフルエンザ(H1N1)2009。北海道新聞
・富山化学、国産抗インフルエンザ薬「T-705」を申請。国産3番目のインフルエンザ治療薬となる。細胞内でのウイルス増殖を抑えるRNAポリメラーゼ阻害薬。 時事通信

Thai researchers find hybrid of 2009 H1N1 and swine virus in pigs  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) タイ、ブタにおける2009H1N1ウイルスとブタインフルエンザウイルスのハイブリッドを確認
 タイの研究チームがブタにおける、2009年のパンデミックウイルスであるA/H1N1とブタ固有のインフルエンザウイルスのハイブリッドを確認した。
 このハイブリッドウイルスは、タイにパンデミックウイルスが侵入して間もなく確認された(2009年末)。
 当ウイルスは繰り返してブタから分離された。

 研究チームは、今回の研究でブタが遺伝子再集合による新規インフルエンザウイルス誕生に果たす役割が明確にされたことと同時に、ブタにおける継続的ウイルス監視とウイルス遺伝子の分析が重要である、と主張している。

 論文はVirus Genesに発表された。

 3月30日


国内情報
・家畜伝染病:改正予防法が成立、殺処分で全額保証に。 毎日新聞


Potential H1N1 "Swine Flu" Vírus Outbreak Concern On US-Mexico Border Medical News Today (米国) 米国メキシコ国境で豚インフルエンザ流行の懸念

エジプトでH5N1鳥インフルエンザ感染者3例が報告:WHO
 エジプト保健省が3例のH5N1鳥インフルエンザ感染者を3例WHOに報告した。
 第1例:スエズ県の32歳男性、3月8日に発症、12日に入院、13日に死亡。

 第2例は、ギザ県の28歳女性。3月8日に発症、10日に入院。状態は安定している。

 第3例は、ベヒラ県の4歳男児。3月5日に発症、7日に入院、回復して12日に退院。

 全例の感染原因は、ウイルスに感染した疑い、または死亡した鶏に暴露されたこととされる。

 これまでエジプトでは133例の感染者が確認され、そのうち45人が死亡している。

Health officials say flu declining in New Mexico KOB.com  (米国) ニューメキシコ州でのインフルエンザ流行は下火に:保健局
 州保健局長官のカセリーン・トレス医師は、州内のインフルエンザ様疾患患者数はピーク時の6%から3.9%に下降していると発表した(定点機関を受診する外来患者数中に占める割合)。
 州ではインフルエンザ様症状を呈する患者数の監視と、ウイルス分析と死者数の報告を強化している。

Juarez Flu Deaths May Have Texas Connection  KTSM News Channel 9 (米国、テキサス) メキシコ、チワワ州フアレスでのインフルエンザ死者はテキサスで感染
 フアレス市の保健当局は、テキサス州からの旅行で帰国した女性がH1N1インフルエンザで死亡したと発表した。
 最近、2人の警官と1人の女性がフアレスで豚インフルエンザで死亡している。
 チワワ州の保健局では、最近さらにの6人の感染を確認している。
 州知事は、米国のニューメキシコ州とテキサス州でのH1N1流行が原因と語っている。
 3月29日


国内情報
・香川県で2月17日に見つかったオシドリ死骸からPCRでH5亜型ウイルスが確認。調査レベルを3に引き上げ。(今頃?)。検査が遅れたのは大震災のせいとされる。 四国新聞
・三重県、鳥インフルエンザ終息宣言.、南伊勢町で28日午前0時に移動制限解除。 読売新聞

Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Infection in Feral Raccoons, Japan  Emerg Infect Dis  (米国、新興感染症雑誌) 日本、野生のアライグマが高病原性鳥インフルエンザに感染
 東京医科学研究所、山口大学、帯広畜産大学、鳥取大学の研究チームによる。
 東日本と西日本のアライグマの血液を採取し、H5N1ウイルスに対する血清抗体を調べた。2005年~2009年。対象は野生のアライグマで1088匹。
 それまで、2004年、2007年、2008年に養鶏場や野鳥でH5N1ウイルスが検出されている。
 10検体(0.9%)から抗体が検出され、アライグマが感染野鳥を捕食してウイルス感染を起こし、さらに養鶏場へもウイルスを拡大させた可能性が示唆された。
 研究チームでは、アライグマと人の接触でウイルスが拡大する可能性、さらに哺乳動物に適合した変異ウイルス誕生の危険性を警告している。
 当発表2年前に日本のメディアで発表されたが、論文発表は初めてとなる。
Poultry industry at risk from bird flu in Bangladesh AgraNet (subscription)  
 ガジプル州で鳥インフルエンザ発生により、3万羽の鶏の殺処分と5万個の鶏卵が破棄。
 3月28日


国内情報
・和歌山県、2月17日に発見されたオオタカの死骸からPCR検査でH5亜型ウイルスが検出 福井新聞


Mexico state near US on alert after H1N1 deaths  AFP  (国際) 米国国境近くのメキシコ州でH1N1警戒報
 チフアフア(Chihuahua)州で最近4人がH1N1インフルエンザで死亡し、同州の保健局では予防対策の強化を指示した。
 3月27日


国内情報
・千葉県、鳥インフルエンザ発生2養鶏場のずさんな感染予防対策が露呈。一件目:防鳥ネットに隙間、スズメが数羽侵入。2件目:防鳥ネットが未設置、ネズミが侵入。毎日新聞

 3月26日

Bird Flu Returns to Bali  Bali Discovery  (インドネシア、バリ) バリ島で鳥インフルエンザが再燃
 3年ぶりにバリ島で鶏の間でH5N1鳥インフルエンザが発生し出している。
Ottawa signs deals to supply pandemic flu vaccine healthzone.ca  (カナダ) カナダ政府、パンデミックインフルエンザ・ワクチン供給契約を締結
 カナダ政府はグラクソスミスクライン社と、新規にパンデミックインフルエンザ・ワクチンの10年間供給契約を締結した。
 将来のパンデミックインフルエンザ発生対策の一環である。
 契約料は4億2500万ドルを超える(425億円)。
 パンデミックが発生したとき、月に最低1500万回分の供給ととなる。
 
 他にサノフィ・パスツール社とも、パンデミックワクチンの3年間契約を結んでいる。3300万ドルを超える。(33億円)。
 グラクソスミスクライン社のワクチンはカナダ国内、サノフィ・パスツール社は国外で製造される。

米国CDCインフルエンザ週報第11週
 インフルエンザ様患者数は流行域下限以下に。
 分離ウイルスは、A/H3N2、A/H1N1、およびB。

カナダ保健省インフルエンザ週報第11週
 3月13日~19日
 B型感染者数が増加している。
 感染者数は例年の範囲下限。
WHO: H5N1 killed mother of Indonesia's latest case-patient  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO:H5N1、最新女児感染例の母親を死亡に
 下記WHO情報。
 最新女児例の母親が先に報告されていた死亡例であったことに驚きの表現。
WHO、インドネシアでのH5N1鳥インフルエンザ感染事例を発表
 先にインドネシア保健省から発表されていた事例。
 西ジャワ州ベカシ市に住んでいた2歳女児。
 3月2日に発症。3日に保健センターを受診。9日に病院へ入院。
 現在は完全に回復して退院。

 女児の母親(31歳)は女児が発症する前日にH5N1鳥インフルエンザで死亡している。
 女児は生きた家きん市場に母親に連れられて出かけていた。
 詳しい感染源の調査が行われている。

 これまでインドネシアでは175例のH5N1鳥インフルエンザ感染者が確認されているが、そのうち144人が死亡している。

 *母親は2月23日に発症して、3月1日に死亡している。
  人人感染が疑われる(訳者)。
 3月25日


国内情報
特記すべき情報なし

The Epidemiological and Molecular Aspects of Influenza H5N1 Viruses at the Human-Animal Interface in Egypt PLoS one (国際) エジプトにおけるH5N1ウイルスの疫学的および分子生物学的特性
 米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院の研究チームとエジプト、カイロの研究チームによる。ウイルス研究チーム。

 論文の要約

 2006年3月から2010年12月までの間にエジプトでは119例のH5N1感染者が確認され、世界で2番目の感染者数となっている。
 2009年から2010年に亘りエジプトで68例の新規感染者が確認されている。
 研究チームはエジプトにおける状況を明確にするため、これらの症例を疫学的および分子生物学的に分析した。
 新規感染者の発生は冬から春にかけて多く見られ、発生地域はナイル・デルタ地域が中心となっている。
 62%が18歳以下であり、60%が女性となっている。
 全体の致死率は34%であるが、年齢と共に高くなっている。
 2009年の致死率は10%で、他の年の致死率(36%~56%)に比較して有意に減少していた。
 発症2~3日後に入院した症例の致死率は有意に低かった。
 分子生物学的分析では、鳥と人から分離されたウイルスで変異が多く認められているが、2009年には特に顕著に認められた。
 エジプトにおけるH5N1インフルエンザの疫学的特性は、他の国と比較すると大きな相違があり、H5N1ウイルスの人への病原性、感染性などを理解するためにも、さらなる研究が急がれる。
 3月24日


国内情報
特記すべき情報なし


香港健康保護庁インフルエンザ週報第12週
 3月13日~19日
 発生数は非常に少ない
インドネシア保健省、H5N1鳥インフルエンザ感染者を報告 保健省ウエブサイト(インドネシア語)
 西ジャワ州ベカシの22ヶ月女児がH5N1鳥インフルエンザを発病したことを、インドネシア保健省が発表した。
 女児は3月2日に発熱と咳を呈し、西ジャワ州の鳥インフルエンザ専門病院へ入院した。
 直ちに隔離室で標準治療が行われ、現在は回復して退院している。
 感染源は、感染鳥との接触と推定されている。
 ウイルスは、”Laboratory of Biomedical and Health Basic Technology Research Center ”で確認された。
 事例は保健省からWHOに報告された。
 3月23日


国内情報
・避難所でインフルエンザ流行。仙台市。7カ所の避難所に31人。 河北新報

Indian states bordering Bangladesh vulnerable to bird flu  Sify  (インド) インド、バングラデシュと国境を隔てる州が鳥インフルエンザ発生の危険性
 バングラデシュのダッカで鳥インフルエンザが発生しているが、感染対策が十分でないことと、インドへの鶏の密輸などで、国境沿いの州で鳥インフルエンザが発生する危険性が指摘されている。
Bird Flu Strikes Again in Bali  Jakarta Globe (インドネシア) インドネシア、バリ島で再び鳥インフルエンザが発生
 人での感染は報告されていない。
200000 would die and public order could break down in flu pandemic Telegraph.co.uk  (英国) パンデミック・インフルエンザで20万人が死亡し、公序の乱れが発生
 英国保健省がパンデミック・インフルエンザ行動計画を改定。UK Influenza Pandemic Preparedness Strategy 2011

 英国で大規模インフルエンザパンデミックが発したとしたなら、人口の半数が発病し、病院は患者で溢れかえり、医師も不足し、さらに3兆7千万円の経済的損失を被る。
 保健省の推定ではインフルエンザ・パンデミックは英国が経験する可能性のある最大の脅威の一つで、それは拡大を阻止することが不可能であり、またワクチン製造まで数ヶ月を要するという。
 パンデミックの間での死者数を予測するのは難しいが、地域の行政当局では20万人の死者に対する埋葬の態勢が必要である。


30000 chickens culled  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、3000羽の鶏が殺処分に
 ダッカ管区ガジプル県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したため3000羽の鶏が殺処分された。
UK: Planning For Future flu Pandemics  eGov monitor (英国) 英国:将来的インフルエンザ・パンデミック行動計画
 2007年に作成されたインフルエンザ・パンデミック行動計画が、豚インフルエンザの経験を元に更新される。
 最悪の事態にだけ焦点を合わせるのではなく、ウイルスの特性に応じたいくつかのシナリオ、世界および国内で地域ごとに拡大の速度の違い、パンデミック中の人々の思考内容、行動様式などを考慮に入れる必要があるとされる。
 3月22日


国内情報
特記すべき情報はなし


Avian Flu Suspected in 1881 Bird Deaths  Jakarta Globe  (インドネシア) スマトラ島のブンクル州で1881羽の鶏が鳥インフルエンザ疑いで死亡
 この2週間にブンクル州で1881羽の鶏が死亡し、簡易検査で鳥インフルエンザが陽性となった。
 ウイルスはランプン州の検査所で分析中とされる。
 なおブンクル州は家きんで鳥インフルエンザが大発生中の西スマトラ州の隣に位置している。
World Bank calls for re-focus on bird flu vigilance  AgraNet (国際) 世界銀行、鳥ンフルエンザに対する警戒を求める
 世界銀行は、高病原性鳥インフルエンザが香港、日本、ミャンマー、および韓国で2011年1月以来再流行、そしてエジプト、インドネシア、バングラデシュ、および他の国で発生が続いていることかから、警戒を強化するように求めた。
 家きん農場での発生および野鳥間での感染拡大は、国家的および世界的健康危機につながり、また経済的損失、そして農家の生活を奪う恐れがある。
 3月21日


国内情報
・養鶏場鳥インフルエンザ、ウイルス運搬運搬の半数は人の可能性。宮崎大学専門家。特定は難しい。 西日本新聞
・自衛隊と米軍が連携してタミフル1万錠他を空輸。気仙沼市へヘリで空輸。 日本経済新聞

特記すべき海外情報はなし
 3月20日

特記すべき情報なし
 3月19日

Greece Scans Products from Japan - Including Visitors  About - News & Issues  (ギリシャ) ギリシャ、日本からの輸入品と、帰国者および訪問者の放射線量を測定
 ギリシャ政府は、空港で日本からの輸入品や帰国者、または訪問者の放射線量の測定を始める。
カナダ保健省インフルエンザ週報第10週
 インフルエンザ発生程度は例年域内の下限にある。
 分離ウイルスはB型が増えて来ている。
 

米国CDCインフルエンザ週報第10週
 (3月6日~12日)
 インフルエンザ流行程度は減少に向かっているが、未だ流行域内にある。
 分離ウイルス数は減少しているが、A/H1N1、A/H3N2、およびB型がほぼ同率となっている。
 
 



 3月18日


国内情報
・新型インフルエンザ、来年度から新型の類型から外し、”インフルエンザ(H1N1)2009と呼ばれる。厚労省感染症部会。読売新聞
・避難所のインフルエンザ対策に万全を、福島県知事が指示。知事は「健康面を最優先に取り組んで欲しい」 産経新聞


 
3月17日


国内情報
・千葉市の養鶏場で2件目の鳥インフルエンザ発生。国内24件目。 東京新聞
・震災避難所でインフルエンザ発生が懸念。被災地を寒波で襲う。 朝日新聞

香港健康保護庁インフルエンザ週報第11週
 (3月13日~16日)
 感染者数は減少し続けている。
 分離ウイルス総数は減少しているが、分離ウイルスはA/H1N1が多く、A香港型はほとんど分離されなくなっている。
Another human case of bird flu surfaces Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュでさらに鳥インフルエンザ感染者が発生
 首都ダッカのカマラプル地域で2日前の発生に引き続き、さらに1人の鳥インフルエンザ感染者が発生した。
 伝染病制御および研究センター(The Institute of Epidemiology Disease Control and Research (IEDCR) )が確認し、発表した。
 感染者は31ヶ月男児で発熱と咳を呈しているが、中等症の症状とされる。
 センターでは、先の事例とは関連性はないと説明している。
 バングラデシュでは2007年の3月に初の感染者を確認したが、これで先の例と合わせて3例となった。
 3月16日


国内情報
・千葉県養鶏場、感染拡大の報告なく、作業関係者のの健康被害もなかった。 千葉日報
・千葉県の養鶏場、3万5千羽の殺処分が終了 産経ニュース

WHO、バングラデシュのインフルエンザ発症事例を確認 
 バングラデシュのダッカ区域のカマラプルで16ヶ月女児がH5N1鳥インフルエンザに感染したことが保健省から報告された。
 感染源に関しては記述なし。
H5N1 detected on major poultry farm in India WorldPoultry.net  (国際) トリプラ州、インドの主要な家きん農場でH5N1鳥インフルエンザが発生
 トリオプラ州のガンディガムの大養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生し、全家きんと周辺6マイル以内の全家きんが殺処分された。

15000 chickens culled  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、15000羽の鶏が殺処分
  Ashulia とDhamrai.の2養鶏場で15000羽の鶏が殺処分されたことが、家畜局( livestock directorate )から発表された。

WHO、エジプトでの鳥インフルエンザ発症事例を発表
 エジプト保健省は15日、人における新規H5N1鳥インフルエンザ感染事例を発表した。
 イスマイリア県に住む38歳女性で3月1日に発症し、7日に医療機関に入院した。
 女性はレスピレーターにつながれたが、11日に死亡した。

 感染源の調査では、鳥インフルエンザに感染したと推定される家きんへの暴露と考えられている。
 エジプトで確認された鳥インフルエンザ感染者数は130人となり、そのうち44人が死亡している。
 3月15日


国内情報
・特記すべき情報なし

WHO、インドネシアの2鳥インフルエンザ感染事例を発表
 先にインドネシア保健省から発表された2例のH5N1鳥インフルエンザ感染事例が、WHOから発表された。
 最初に事例は西ジャワ州デポク市に住む2歳男児で、2月3日に発症し、5日に入院したが、6日に死亡した。
 調査によると男児が発症する前に周辺で病的および死亡した鶏が見つかっていたとされる。

 2例目は西ジャワ州ベカシ市に住む31歳女性で2月23日に発症し、病院での治療を受けたが3月1日に死亡した。
 感染源は生きた家きんを扱っている伝統的市場と推定されている。

Girl detected with bird flu virus  The Daily Star (バングラデシュ) バングラデシュ、女児が鳥インフルエンザウイルスに感染
 13ヶ月の女児が首都で鳥インフルエンザに感染したと診断された。
 首都のカマラプル地域に住む女児が発熱により、疾病管理センター疫学研究所に運ばれ、そこで医師が中等症の鳥インフルエンザと診断した。
 当事例はバングラデシュで2例目のH5N1鳥インフルエンザとなった。
 先の事例は2008年5月22日に確認された15ヶ月の男児で、同研究所で治療され完治している。
 女児は深刻な呼吸障害は起こしていない。
 積極的な監視態勢が女児の鳥インフルエンザ感染を検出できたと、同研究所の長官は説明している。

First case of bird flu for 2011 detected in Bangladesh  AHN | All Headline News (バングラデシュ) バングラデシュで2011年度初の鳥インフルエンザ感染者が確認
 バングラデシュで今年度初の鳥インフルエンザ感染者が確認された。
 疾病管理研究センター疫学研究所が14日発表した。
 患者は13ヶ月女児で、インフルエンザ監視センターを受診して確認された。
 現在治療中である。
 3月14日


国内情報
・特記すべき情報なし

BREAKING NEWS First human bird flu detected  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) ニュース速報 バングラデシュで本年初の鳥インフルエンザ感染者が確認
 今年度初の人の鳥インフルエンザ感染者が14日確認された。(the Institute of Epidemiology, Disease Control and Research (IEDCR).)。
 感染者は13ヶ月女児。
 唾液と鼻汁の検査で確認された。
 適切な治療が既に開始されている。
 IEDCRの長官が発表した。

 インドネシア保健省、新たなH5N1鳥インフルエンザ感染死亡者を確認 インドネシア保健省(インドネシア語)
 インドネシア保健省は、西ジャワ州ベカシの31歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したことをWHOに報告した。
 女性は2月23日に発熱、咳、呼吸困難で発症し東ジャカルタの関連病院で治療を受けたが死亡した。
 感染源は近くの市場か、または周辺で飼育されている家きんが推定されている。
 3月13日


国内情報
・千葉市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生。H5亜型ウイルスが検出。関東初。全国で23件目となる。産経新聞

 WHO、エジプトにおけるH5N1鳥インフルエンザ感染2例を発表
 エジプト保健省は新規H5N1鳥インフルエンザ感染者2例を報告した。また先に報告された例の死亡も発表した。
 第1例:ベイラ県在住の17歳女性。2月27日に発症。3月1日に入院。状態は安定。
 第2例:ダカーリア県在住の17歳女性。2月24日に発症。26日に入院。28日に死亡。

 両事例の感染源は、病的または死亡した鶏への暴露とされる。
 両事例ともタミフルによる治療が行われた。
 
 先に発表されたシャルキア県の32歳女性は3月3日に死亡した。
 これまでエジプトでは129例の感染者が確認され、43例が死亡した。
 インドネシアで2歳男児がH5N1鳥インフルエンザで死亡   インドネシア保健省(インドネシア語)
 西ジャワ州で2歳男児がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したことが保健省から発表された。
 男児は2月4日に発熱と手足口への発疹を認めた。デポクの病院に入院したが、そこで死亡した。
 周辺では鶏が多数死亡している。
 事例は国際保健規則に従ってWHOに報告された。

 3月12日


国内情報
・特記すべき情報はなし

カナダ保健省インフルエンザ週報第9週
 全体的に感染者数は減っているが、ブリティシュコロンビア州、オンタリオ州、ケベック州、および大西洋側の州で流行が続いている。
 感染者数は例年の範囲内にある。
 分離ウイルスはB型が増えてきている。
 

Swine flu pandemic handled poorly by WHO, panel says  Chicago Sun-Times (米国) 検証委員会、WHOの豚インフルエンザ対策が不適切と評価
 WHOの豚インフルエンザ対策は不適切であったとWHOの検証委員会が発表し、深刻なパンデミックが将来発生したとき数千万人が死亡する可能性があると警告。
 その一方で、多くの過程で適切な対策が施されたとも評価。
 先のAP通信と同内容。
米国CDCインフルエンザ週報第9週
 2月27日~3月5日
 インフルエンザ流行は全体的にピークを越えてきている。
 しかし、”肺炎とインフルエンザ”死者数は、平年の範囲内を超えている。
 小児死者は5人出ており、3人がB型で2人がA型とされる。
 分離ウイルス数の全体数は減少してきているが、A/H1N1、A/H3N2、およびB型が分離されていて、混合流行となっている。

 定点医療機関受診インフルエンザ患者数(外来患者に占める割合%)




BANGLADESH: Bird flu outbreaks up sharply in 2011  Reuters AlertNet  (国際) バングラデシュ:2011年、鳥インフルエンザ発生が急速に増大
 家きん農場でのH5N1鳥インフルエンザ発生数が昨年の3倍数となっている。
 当局は深刻な状況として、農場の監視態勢を強化するとともに、対策チームを現地に派遣している。
 3月11日


国内情報
・島根県の野鳥キンクロハジロ2羽の死骸が簡易兼Sなで鳥インフルエンザ陽性に 産経ニュース 
・青森県三沢市でハヤブサの死骸で鳥インフルエンザ簡易検査が陽性に 東奥日報 毎日新聞

新型インフル大流行宣言に不正行為なし WHO検証委 日本経済新聞 
 製薬業界の圧力を受けてパンデミックを宣言したとする疑惑が否定された。
 ただパンデミックのフェーズの定義に、現行のウイルスの広がりだけでなく、ウイルスの病原性の強さも加味すべきとの意見も出された。
Response of WHO To Swine Flu Is Criticized  New York Times  (ニューヨーク・タイムズ) WHOの豚インフルエンザ対策が批判される
 WHOの2009年パンデミック対策を検証する独立専門家委員会が、厳しい検証結果をまとめた草稿案を発表した。
 WHOのパンデミック対策に商業主義的影響が加わったことはないと判断されたが、多くの疑問点と改善点が指摘された。
 世界は未だ、より深刻なパンデミック対策を講じていなく、より危険なウイルスが誕生すると数千万人が死亡する可能性があると、委員会では警告している。
英国健康保護庁インフルエンザ週報第9週
 インフルエンザ感染者数は流行域以下。
 これまでインフルエンザに関連した死亡者数は546人。
 全てのウイルスの分離数は非常に少ない
アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第9週
 2月28日~3月6日
 インフルエンザ感染者数は減少を続け、流行域の下限上にある。
 分離ウイルスはB型が主。
WHO's Response to Swine Flu Pandemic Flawed  ABC News (米国) WHOの豚インフルエンザのパンデミック対策の不備が指摘:外部専門家委員会
AP
 WHOにより委託された、パンデミックを検証する外部専門家委員会は、WHOの対策を非難し、もし深刻なインフルエンザが将来発生した場合は、数千万人が世界で死亡する可能性があると、報告書の草案に記載した。

 WHOは2009年の世界的豚インフルエンザ、またはH1N1流行の対策を評価するために、外部専門家委員会を立ち上げた。
 10日に発表された草稿では、WHOが多くの過程で有効な対策を講じたが、同時に重大ないくつかのミスもあったと書かれている。

 WHOのパンデミックとそのフェーズの定義が、必要以上に複雑であること、ウイルスの広がりだけでなく、病原性を加味した定義が必要な事、WHOの顧問委員会のメンバーを秘密にしていたこと、メンバーの中には利益相反の立場の委員も多く、中には製薬企業と密接な関係にあった委員もいた等が指摘された。
 またWHOがパンデミック対策において経済的影響を受けたことはなく、また不正行為も認められなかったとされる。
 しかし、WHOがウエブ上の文書を何の説明もなしに書き換えたことも指摘した。
 さらに現状のWHOの態勢では、将来起きえる深刻なパンデミックに世界の各国は準備が出来ないだろうと結論している。
 

Israel Finds Avian Flu in Atsyun Settlement  WAFA - Palestine News Agency (パレスチナ) イスラエルで鳥インフルエンザが発生。パレスチナ自治区側でも拡大防止のために家きんの殺処分に

香港保健省インフルエンザ週報第9週
2月27日~3月5日

 2月上旬にピークに達したが、その後患者数は徐々に減少しているが、未だA/H1N1感染者数は多い。
 1月24日以来重症患者数は120人、そのうち死者数は30人となっている。

 分離A型ウイルス件数の推移。
 全体として分離数は急速に減っている。
 
 3月9日


国内情報
現在、特記すべき情報なし

BANGLADESH: Bird flu outbreaks up sharply in 2011 IRINnews.org - (国際) バングラデシュ:鳥インフルエンザ発生数が急速に増加
 養鶏場での発生数が昨年の3倍以上。
 補償費が上がったため、養鶏場からの報告数が増えた可能性もある。
 ある地域での補償費は鶏1羽当たり2.8ドルと言われる。
Chan a champion of health  The Standard (香港) マーガレット・チャン女史、世界の保健のチャンピオン
 世界の精神的指導者100人に香港のマーガレット・チャン女史が選ばれた。
 64歳のWHOの事務局長である女史は歴史上最も強力な指導力をもった国際的公衆衛生担当者と言われる。
 英国の新聞であるガーディアンがリストをまとめた。
 リストにはノーベル平和賞受賞者であるミャンマーのアンサンスーチー女史、英国の元首相サッチャー女史などが見られる

Swine flu: learning from past mistakes European Parliament (press release) (ヨーロッパ議会) 豚インフルエンザ:過去の間違いから学ぶ
 A/H1N1インフルエンザはヨーロッパで2900人の死者を出した。一方季節性インフルエンザの場合、平均的年で4万人死亡する。
 WHOはパンデミックの定義をウイルスの広がりからだけでなく、重症度も加味するように求められる。
 他いくつかの問題を指摘
 3月8日


国内情報
特記すべき情報なし

40000 turkeys to be slaughtered due to bird flu risk Jerusalem Post  (イスラエル) イスラエル、4万羽の七面鳥が鳥インフルエンザ拡大対策で殺処分に
 致死的鳥インフルエンザウイルスが確認されたため、Gush Etzion のKibbutz Rosh Tsurimで4万羽以上の七面鳥が殺処分される。
S. Korea confirms additional bird flu outbreak  Thai News Agency MCOT (タイ) 韓国で50件目の鳥インフルエンザが家きん農場で発生
 京畿道龍仁市(ヨンインし)の養鶏場でh5n1鳥インフルエンザが発生した。ソウルの南方50キロに位置する。
 20万羽のニワトリヲ飼育する産卵農場である。
 6日から多くの鶏が死亡しだした。
 今月に入って韓国内で3件目の発生となり、昨年12月末以来50件目の事例となる。
 これまで660万羽の家きんが殺処分されている。
エジプトでH5N1鳥インフルエンザ感染者2例発生 WHO
 エジプト保健省が2例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を発表した。
 1例目:シャルキア県の32歳女性。2月10日に発症。14日に入院。危篤状態。
 2例目:カフル・エルサイク県の2歳男児。2月18日に発症。20日に入院。治療中であるが様態は安定している。
 感染原因は鳥インフルエンザに感染していたと推定される家きんに、暴露されたこととされる。

 エジプトでは、これまで127人が鳥インフルエンザに感染し、そのうち41人が死亡している。
 3月7日


国内情報
特記すべき情報なし

6500 chickens culled in Noakhali Bangladesh News 24 hours  (バングラデシュ) バングラデシュ、 Companiganj Upazilaで鳥インフルエンザ発生、6500羽の鶏が殺処分に

Fresh cases of bird flu in Tripura  Calcutta Tube (インド) インド、トリプラ州で鳥インフルエンザが発生
 トリプラ州の養鶏場で新たにH5N1鳥インフルエンザが発生した。
 政府が管理している養鶏場で7000羽以上が飼育されている。
 3月6日


国内情報
・宮崎県門川町の養鶏場、PCR検査でH5亜型鳥インフルエンザ発生が確認。 同県13例目、国内22例目。33000羽の鶏が殺処分に。 47NEWS

Bird flu alert heightened in Padang city  Jakarta Post (インドネシア) 西スマトラ州、パダン市で鳥インフルエンザ警戒報
 パダン市では5人の鳥インフルエンザ発症疑い者が発生したことから、鳥インフルエンザ発生に警戒するように保健当局が呼びかけている。
 市内8地域では大量の鶏が死亡している。
 「これらの地域では住民によると、突然鶏が死亡したという」
 鳥インフルエンザに感染したと報告されている5人は入院しているが、ウイルス検査結果は出ていない。
 
 インドネシアでは33州のうち、わずか3州だけが鳥インフルエンザウイルスが確認されていない。

S. Korea confirms additional bird flu outbreak  Korea Times (韓国) 韓国でさらに鳥インフルエンザ発生
 忠清南道の天安市アヒル農場でH5N1鳥インフルエンザが発生。今月に入って同国2件目、通算49件目となる。
Dead goose carried bird flu virus  UPI.com (国際) 香港の海岸で死亡ガチョウからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出
 ランタオ島の海岸。
 3月5日


国内情報
・宮崎県門川町の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い。簡易検査で陽性。 徳島新聞

2000 turkeys diagnosed with bird flu near Jenin Ma'an News Agency (パレスチナ) パレスチナ自治区、ジェニン近くで2000羽の七面鳥が鳥インフルエンザに感染

カナダ保健省インフルエンザ週報第8週
 インフルエンザ様疾患数は軽度増加傾向を示し、地域による流行も見られている。
 しかし例年の流行範囲内にある。

 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合(外来患者1000人中)

 分離ウイルス件数は、A/H3N2が大多数を示しているが、B型も軽度増加傾向を示している。


米国CDCインフルエンザ週報第8週
2月20日~26日
 全体的にインフルエンザ感染者数は減少の傾向にあるが、未だ流行域範囲内にあり、多くの州では広汎な流行状況にある。
 分離ウイルス数は減少傾向にあるが、A/H3N2、A/H1N1およびB型が混合流行となっている。

 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患数(外来患者に占める割合)

 型分離ウイルス件数の推移




 3月4日

国内情報
・三重県、延岡での感染養鶏場、ネズミや野鳥の防鳥ネットが不十分。調査チーム。両養鶏場ともネズミが出入り。防鳥ネットも不十分。紀宝町の養鶏場では鶏の飲用水が未消毒の沢水であった。 毎日新聞による。


英国健康保護庁インフルエンザ週報第8週
 インフルエンザ様患者数は減少し、流行域以下となっている。


アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第8週
 2月21日~27日

 インフルエンザ様患者数は減少し、例年の流行閾値下限となった。
 分離ウイルス数は減少しているが、B型が大多数となっている。
 今シーズンのインフルエンザ入院数は922人、ICU収容者は121人、死者数は23人。

香港保健省インフルエンザ週報第9週
2月20日~26日

 インフルエンザ患者数は減少に転じている。
 1月24日以来重症患者数は110人、そのうち死者数は27人となっている。

 分離A型ウイルス件数の推移。
 全体として分離数は急速に減っている。
 
3月3日


国内情報
特記すべき情報はなし。


西ジャワ、インドラマユでH5N1家族内感染発生疑い  Bird Flu Information Corner  (インドネシア) 
 コカマタン・ボンガスの家族4人が鳥インフルエンザに感染した疑いで、インドラマユ地域病院に入院した。
 2人は子供で6歳と7歳である。
 症状は高熱と咳と腹痛。
 家の周囲で数十羽の鶏が死亡した後に発病したとされる。死亡した鶏のH5N1迅速検査では、ウイルス感染が確認された。
 2月26日に入院した。
 現地報道:インドネシアTVニュース、メトロTVニュース

西スマトラで2人が鳥インフルエンザ疑いで入院 Bird Flu Information Corner  (インドネシア) 
 パダンのM Djamil病院で2人の患者が鳥インフルエンザ疑いで治療を受けている。
 2人の患者は公衆衛生センターから紹介された。
 1人は10ヶ月の乳児で、近所で鶏が突然死亡した後に高熱を呈した。
 もう1人は、6歳の小児で、家庭で飼育する鶏が突然死亡した後に高熱を呈した。3月2日に入院した。
 現地報道:地域新聞 NonBlok

WHO、鳥インフルエンザ情報更新-インドネシア状況
 インドネシア保健省は新規鳥インフルエンザA/H5N1感染事例を報告した。
 西ジャワのカラバン県在住の26歳女性が1月30日に発症し、2月3日に入院してタミフルによる治療を受けたが、2月8日に死亡した。
 
 当初の調査では、女性は伝統的市場で鶏の肉を購入した。鶏は購入後市場で処分された。
 検査でH5N1ウイルスに感染したことが確認された。
 インドネシアではこれまで172例のH5N1鳥インフルエンザ感染者が確認され、そのうち142例が死亡している。

WORLD TRAVEL HEALTH ALERTS - March 2, 2011  e-Travel Blackboard  (オーストラリア) 世界旅行者のための健康危機情報
 致死的鳥インフルエンザが、カンボジア、エジプト、およびインドネシアで発生
 
 女性と11ヶ月になる男児がカンボジアで最新の鳥インフルエンザ(A/H5N1)死者となった。南東部のプレイベン省で病的状態の家きんを食べた後に発症した。カンボジアでは今月、合計3人の死者が出ている。

 一方、インドネシアの西ジャワ州では鳥インフルエンザが拡大していて、11地域で41人の感染者が出ている。(ここではProMedMail情報をリンクしているが、オリジナルは、ジャカルタ・ポスト情報と考えられるが、たぶん疑い例と思う:管理人)。

 エジプトでは2011年に入ってから6人の感染者が報告されていて、1人が死亡している。感染原因は感染した家きんへの暴露とされている。

 旅行者へアドバイス:鳥インフルエンザ発生数が増えていて心配であるが、一般的に旅行者に対するリスクは低い。鳥インフルエンザが発生している地域へ旅行する場合は、屋台で家きんを食べることを避け、また生きた家きん市場で鶏や鳥に接触することは避ける。さらに飼育場での接触も危険である。


3月2日


国内情報
・奈良県五條市、養鶏場の鶏処分、3万Wなが埋められず。埋却作業の遅れ 読売新聞
・鳥インフルエンザ対策手引き、山形市が作成。読売新聞

インドネシア保健省、H5N1鳥インフルエンザ死亡例を発表 インドネシア保健省 (インドネシア語)
 西ジャワ州に住む26歳男性がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡したことがインドネシア保健省から発表された。
 検査は保健省の研究センターで行われ、2月11日にウイルスが確定された。
 発症は2011年1月30日。
 2月4日に西ジャワ州バンデンの鳥インフルエンザ専門病院に転送。
 2月8日に死亡した。

 感染源は、1月25日と27日に購入した鶏と考えられ、自分で調理して食べたとされる。
 患者周辺から感染者は出ていない。
New bird flu cases strike 11 regencies in West Java  Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、西ジャワ州の11地域で鳥インフルエンザが発生
 2011年1月4日以来、インドネシアでは人における41例の鳥インフルエンザ(多分、疑い例が中心?:訳者)と33929羽の鶏の感染が報告されている。
 西ジャワでは天候状況が悪いことから各地域で鶏が鳥インフルエンザに感染して死亡している。
 雨が降り、乾燥し、また雨が降るの連続で、ウイルスが感染力を増しているとされる。また住民の鳥インフルエンザに対する注意力の低下も原因とされる。

 地域によっては、鶏が死亡した周辺でインフルエンザ様症状を呈する住民が多数発生している例もあるとされる。
3月1日


国内情報
・感染野鳥、2月は18件24羽。1月は7件13羽。環境省発表。 nikkei BPnet
・奈良県五條市で鳥インフルエンザ確認。10万羽の殺処分が開始。 日本経済新聞


Bird flu at Thai-Cambodian border  Bangkok Post  (タイ) タイとカンボジア国境で鳥インフルエンザ警戒態勢
 2人のカンボジア人が鳥インフルエンザで死亡した事から、タイ保健当局ではカンボジアとの国境での警戒態勢を強めた。
 死亡した2人は21歳の母親と11ヶ月の男児で、鳥インフルエンザに感染した鶏を食べた後に発症した。
 保健当局では患者が出たカンボジアの州の近くの国境で監視態勢を強化しているが、これまでは感染した家きんは発生していないという。
Flu viruses 'can make dangerous hybrids'  Independent Online  (英国) インフルエンザウイルスは危険なハイブリッドをつくる可能性
 下記のロイター報道。

WHO、エジプト3例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を発表
 2月28日(ジュネーブ) WHO

 エジプト保健省は3例の新規H5N1鳥インフルエンザの人感染例を発表した。
 第1例:ダカーリア県の26歳女性。1月16日に発症して23日に入院。回復して2月7日に退院。
 第2例:メノフィア県の45歳男性。1月20日に発症。26日に入院したが、2月5日に死亡。
 第3例:ダミアタ県の4歳男児。2月14日に発症。16日に入院して、様態は安定。

 感染源は、感染していたと思われる家きんへの暴露と考えられている。
 ウイルス検査はWHOインフルエンザ監視ネットワークのエジプト・インフルエンザセンターである、エジプト中央公衆衛生研究所で行われた。
 エジプトではこれまで125例のH5N1鳥インフルエンザが確認されているが、そのうち41人が死亡している。

H1N1 and bird flu virus produce dangerous hybrids  Reuters AlertNet  (英国) H1N1ウイルスと鳥インフルエンザウイルスから危険なハイブリッドウイルスが誕生
 A/H1N1ウイルス(豚インフルエンザウイルス)は、アジアの家きんに土着している鳥インフルエンザウイルスと容易に遺伝子交換を起こし、より危険性の高いハイブリッドウイルスが誕生する危険性がある。1日、中国の研究チームが警告を発した。

 研究チームはA/H1N1と鳥インフルエンザウイルス、H9N2の遺伝子を組み替えて127種類のハイブリッドウイルスを作った。
 そのうち8種類のハイブリッドウイルスが、マウスに対して2種類の親ウイルス以上の病原性を示した。
 
 2009年のA/H1N1インフルエンザによるパンデミックは恐れられていた程には深刻なものではなかった。そして中国ではH9N2ウイルスの人への感染は、過去に重症化する例があったことは知られていない。
 研究チームは両ウイルスのハイブリッドは安易に見逃されることは出来ない、と警告している。

 「主要な知見はH1N1ウイルスはH9N2ウイルスと何らかの方法で結合して、マウスの中で両ウイルス以上の高い病原性を有した遺伝子再集合ウイルスを産生させる、ということである」、と研究チームのリーダーであるジンフア・リュウ(中国農業大学獣医学部、北京)が、ロイターにメールで伝えてきている。
 リュウと共同研究者達は研究結果を米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Science)に発表して、H1N1ウイルスとH9N2ウイルスのハイブリッド誕生の危険性を主張している。

 インフルエンザウイルスは8節の遺伝子(一本鎖の遺伝子が8節に分かれている)から成り立っているが、そのうちの1つがPAと呼ばれる。
 興味あることに誕生した8種類の危険なウイルスはPA遺伝子が全てH1N1由来であった。

 リュウは、今回得られた知見からH9N2ウイルスとH1N1ウイルスのハイブリッドウイルスの監視の重要性を主張している。
 H9N2ウイルスは中国内で広く流行していて、過去に調べられた人での抗体保有率は13.7~37.2%と高く、多くの人々が感染していることを示唆していた。
 同氏はメールで、「同一人が両ウイルスに感染する機会を減少させなければならない」、とメールで伝えてきた。
 
 専門家達は、ハイブリッドウイルスの主要な誕生過程は、異なったウイルスが1個体に感染して、そこで遺伝子交換を起こすことによると考えている。人や豚などの哺乳動物が効率よくハイブリッドウイルスを誕生させる場とされている。

 何人かの専門家は、1958年(H2N2)と1968年(H3N2)のパンデミックは、このような様式でハイブリッドウイルスが誕生した結果と考えている。
TOP