高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年2月

 2月28日


国内情報
・奈良県五條市の養鶏場の鳥インフルエンザはH5亜型が確認。10万羽の鶏が処分 NHK
・今季インフルエンザワクチン副作用:重症123人、死亡16人(5100万回分出荷)、昨シーズン:重症416人、死亡133人(新型用2300万回分出荷) 朝日新聞
・「新型インフルエンザ」改め、インフルエンザ(H1N1)2009と呼称の変更へ、厚労省 朝日新聞 
・奈良県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した疑い 時事通信
・奈良県、三重県の養鶏場で鳥インフルエンザ発生により、養鶏農家に注意喚起 産経ニュース
・三重県、南伊勢町の養鶏場の鳥インフルエンザ。殺処分数全国最多。長期戦を覚悟。読売新聞

America's shocking secret: Pictures that show how US experimented on its own ... Daily Mail (英国) 米国の驚くべき秘密:国内の障がい者と囚人を対象とした人体実験の露わにした多数の写真

口蹄疫、8日ぶりに蔚山で発生 東亜日報 (日本語版)
 しばらく小康状態を示していた口蹄疫が27日、蔚山(ウルサン)で発生した。
 …
 一方、2月に入って京畿道(キョンギド)地域だけで4件が発生したAIは25日、京畿道驪州(ヨジュ)、26日全羅南道潭陽(チョルランムド・タムヤン)、慶尚南道梁山(キョンサンナムド・ヤンサン)で相次いで発生した。慶尚南道でAIが発生したのは初めてであり、全羅南道は37日ぶりの発生だ。

防疫当局の関係者は、「AIは発生初期、全南で拡散したが、2月に入って京畿一帯でのみ間欠的に発生する様相を見せてきたため、連続的な発生に戸惑っている」とし、「発生農場に対する屠殺処分を完了しており、鴨孵化場、飼料車両などを通じて感染したものと推定されるため、正確な疫学調査を行っている」と話した。同日までAI発生地域は6つの道に21の市郡、屠殺処分の規模は593万6336匹に集計された。

AP IMPACT: Ugly US medical experiments uncovered  The Associated Press  (AP通信社、国際) AP調査の衝撃:米国、非人道的医学実験が明るみに
 写真集も掲載。
 下記2枚の写真は米国の製薬企業ファイザー社が2007年にナイジェリアで行った、髄膜炎治療用に開発された抗生物質で身体と精神的障害後遺症を残した子ども達。
 薬剤は髄膜炎に何ら効果は無いと批判され、11人の小児の死亡と後遺症が多数に遺された。
      
AP IMPACT: Past medical testing on humans revealed  Wall Street Journal  (ウォールストリート・ジャーナル、 米国) AP調査の衝撃:米国における人体実験の過去が明らかに
AP IMPACT: Past medical testing on humans revealed Washington Post  (ワシントンポスト、米国) AP調査の衝撃:米国における人体実験の過去が明らかに
 ショッキングな事ではあるが、かって米国政府の医学研究者達は、身体障害者や受刑者を対象とした人体実験が正当化されると考えていたようだ。
 このような実験には、精神障害者に肝炎ウイルスを投与したコネティカットのケース、メリーランド州での囚人の鼻腔にパンデミックウイルスを感染させた例、さらにはニューヨーク州での慢性疾患患者にガン細胞を投与した例などが含まれている。
 これらの多くは40~80年前に行われたものであるが、今週開かれる大統領の生命倫理委員会の背景になっている。
 当委員会の開催は、65年前に連邦政府の医学研究者達が囚人と精神障害者に対して梅毒の感染実験を行ったことに、昨秋政府が謝罪したことが引き金となっている。
 米国の当局者は、さらに数十件の類似人体実験が過去に行われていたことを明らかにしているが、中には健康人に対して健康被害を及ぼした例もあった。

 医学雑誌の報告および数十年前の報道記事を調べるという膨大な作業をAP通信社が行った結果、40件以上の人体実験例を見いだした。
 救命のための実験もあるが、単なる好奇心から行われた実験に過ぎなく、対象者に健康被害を起しただけで、何ら有用な結果が得られていないものある。
 
 以下インフルエンザ関連実験を抜粋。

 1957年の実験。
 アジアインフルエンザ流行の年。同ウイルスを23人の囚人に感染させ、新規に作成されたワクチン接種が先に接種された32囚人との間における感染実験が行われた。


 2月27日


国内情報
・三重県、南伊勢町の養鶏場で鳥インフルエンザ発生。PCRでH5亜型ウイルス確認。同県2例目。26万羽殺処分に。 毎日新聞時事通信

Fresh bird flu strain confirmed in southern South Korea  Yonhap News (韓国、聯合ニュース) 韓国南部で新たな鳥インフルエンザが発生
 慶州南道のアヒル農場で先週初めに1000羽が死亡したが、ウイルス分析の結果H5N1鳥インフルエンザが確認された。
 昨年12月29日に最初の事例が発生して以来46件目の農場発生事例となった。
 過去2ヶ月間に550万羽の家きんが殺処分されている。
WHOインフルエンザ状況2月25日版
要約

 インフルエンザ流行は北米の多くの地域で拡大している。分離されるウイルスは未だA(H3N2)ではあるが、A(H1N1)2009とB型も同時に増えてきている。この2~3週間、米国における”肺炎とインフルエンザ”死亡数は、平年の発生域を越えている。
 西ヨーロッパでの多くの国におけるインフルエンザはピークを越えたように見えるが、重症例および死亡例は多数報告されている。
 ヨーロッパにおける重症例の特徴は2009-2010年シーズン(パンデミック時)に類似している;年齢的に最も多く感染しているのは15-64歳で、60-70%が基礎疾患を保有している。さらに大多数がワクチン接種を受けていない。
 熱帯地域ではインフルエンザの発生は散発的(米大陸)か、少ない(アジア大陸)。
 南半球ではインフルエンザの発生はほとんど報告されていない;しかしながらオーストラリアではA(H3N2)が少数ながら発生している。
 北米とヨーロッパで分離されたウイルスの大多数は現行のワクチン株と抗原性がほとんど類似しているが、少数のB型ウイルスは山形系統株でワクチン株と異なっている。

 北アジア
 アジアの温帯地域では、全体的には流行は下降しているが、地域により多様性が見られている。
 北部中国では1月17日から23日の週でインフルエンザ様疾患数は軽度減少している;レベルは先の3シーズン以下に留まっている。分離ウイルスの99%はA型で1%がB型となっている。A型の70%がH1N1(2009)で24%がH3N2となている。
 日本では、2月7日~13日の週にはインフルエンザ様疾患数は減少している。2月1日~22日までに分離されたウイルスの57%はH1N1(2009)で、30%がH3N2、そして13%がB型となっている。
 韓国ではインフルエンザ流行は小康状態で、H1N1(2009)とH3N2が混合流行している。
 多くの北アジアの国では、先に流行の中心となっていたH3N2から、最近はH1N1(2009)に変化してきている。

 他地域は省略

 2月26日


国内情報
・三重県、南伊勢町の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い。26万羽の採卵鶏の養鶏場。簡易検査で陽性に。 朝日新聞
・鳥インフルエンザ防止、野鳥対策を強化。法改正案が提出。鳥インフルエンザが、感染した野鳥から養鶏などに広がるのを防ぐため、政府は、都道府県が発生地周辺の人や車両の通行を制限したり、消毒を実施する規定を家畜伝染病予防法に盛り込む方針を固めた。毎日新聞

Fresh bird flu strain confirmed in southern South Korea  Thai News Agency MCOT (タイ) 韓国で新たに鳥インフルエンザが確認
 今週初めに全羅南道のアヒル農場で1000羽が死亡したが、ウイルス分析によりH5N1鳥インフルエンザであることが確認された。
 ウイルスが国内に広がっている可能性を当局は懸念している。 

Health ministry registers 142 cases of bird flu Kurdish Globe (イラク、アルビル県) イラク保健省、142例の鳥インフルエンザ感染症例を報告
 イラク保健省伝染病委員会の当局者が、この冬に142例のH5N1鳥インフルエンザが確認されたと発表した。
 保健省では、医療施設から遠く離れた地域で拡大することを警戒しているとされる。
 山岳地帯や河川地帯では最も危険であると当局者は語っている。
 保健省では感染の広がりを制御するために対策を強化している。

 鳥インフルエンザH5N1は最初にイタリアで1878年に見つかっている。ウイルスは鶏や渡り鳥で拡大する。
 イラクでは2006年に最初の鳥インフルエンザ死亡例が確認されている。

 An official in the Iraqi ministry of Health?s Epidemic Disease Commission announced yesterday that 142 cases of Avian Flu (H5N1) have been recorded in the country so far this winter.

Ihsan Jaafar told AKnews that the ministry is concerned about the spread of the disease in remote areas of the country, far from medical facilities.

?Mountain areas and areas close to water are the most in danger of suffering a flu pandemic,? he said.

Jaafar assured that the Ministry is taking pro active measures to control the spread of the disease.

?The flu will be treated seriously by the ministry as it is spread during the change of seasons, especially in the winter months?.

?The disease can be eliminated by providing basic medication,? he said.

Avian flu (H5N1) commonly known as bird flu was first discovered in Italy in 1878. The disease is spread by chickens and migratory birds.

Iraq registered the first fatality from avian flu in 2006.



Expectant Mother Passes After Battle With H1N1 Flu  NewsChannel5.com (米国) 妊婦、H1N1インフルエンザ闘病の後死亡
 テネシー州。
 妊娠7ヶ月の妊婦。
 H1N1インフルエンザに罹患して入院。
 医師団は帝王切開で出産させることで、母親の病状の改善を考えたが、出産後状態は悪化して1週間後に死亡。
 もしワクチンをしていたなら、妊婦は現在も元気に生活していたはずと医師団は語る。
カナダ保健省インフルエンザ週報第7週
 インフルエンザ感染者数は若干増えているが、例年の流行域値内にある。
 分離ウイルスはA/H3N2が大多数であるが、A/H1N1とB型も若干分離されている。

 分離ウイルス数の推移
 

米国CDCインフルエンザ週報第7週
 2月13日~2月19日

 インフルエンザ患者数は増加している。
 
 分離ウイルスは、1月以来A/H1N1が増加したが、現在はA香港型およびB型ウイルスと類似の分離率となっている。
 全分離ウイルスでタミフルおよびリレンザに対する耐性株は、A/H1N1で1件報告されている。
 小児の死者数は6人発生。3人がB型、各1人がA/H3N2、A/H1N1。
 肺炎とインフルエンザによる死亡数は、インフルエンザ流行域を越えている。

 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患数(対100人外来患者中)
 
 分離ウイルス数推移。3ウイルス株の分離数がほぼ類似。



新型インフルエンザA/H1N1pdmワクチンは医療従事者の感染予防に有効だった nikkei BPnet (日本)
 新型インフルエンザA/H1N1pdmワクチンは、医療従事者の感染予防に有効だったことが報告された。ワクチン接種者の罹患率は1.5%だったのに対し未接種者の罹患率は5.2%で、ワクチン接種者の方が有意に罹患者の割合が低かった。千葉大学感染症管理治療部の猪狩英俊氏らが2月18日、19日と横浜で開催された日本環境感染症学会で発表した。

 予防効果:ワクチン接種により発病率が5.2%->1.5%。 71%発症率が減少。予防効果71%.

State Officials Say Ohio Flu Season Peaking  NBC4i.com (米国) オハイオ州でインフルエンザがピークに
 非常にゆっくりと流行が進んできたインフルエンザであるが、現在オハイオ州ではピークを迎えた。
Vietnam reports more cases of bird flu  People's Daily Online (中国) ベトナム、さらに鳥インフルエンザ発生農場が確認
 新華社配信

 ベトナム国営通信(VNA)によると、さらに5省で鳥インフルエンザ発生が確認された。
 同通信によると、北部のタイニュエン省、ビンプク省、ランソン省、ナムディン省、及びセントラル・ハイランド・コンツム省、とされる。
 (northern Thai Nguyen, Vinh Phuc, Lang Son, Nam Dinh provinces and Central Highland Kon Tum province)

 一方、1月末から19省で口蹄疫が発生している。700匹の水牛、牛、および豚が感染している。

Avian flu virus makes an alarming comeback Financial Express Bangladesh (バングラデシュ) 鳥インフルエンザが再流行で警戒
 この2ヶ月、ダッカ他いくつかの養鶏場で再流行している事への危惧。
Return of the deadly bird flu French Tribune   (フランス) 致死的鳥インフルエンザの再来
 インドネシアのいくつかの州で発生し出していることに対する警戒。
 再発生したしてから人への感染は認められていないが、人に感染すると重篤な症状となるから、十分警戒する必要がある。
2月25日


国内情報
・西宮市内でカンムリカイツブリからH5亜型が検出されたことから鳥インフルエンザ危機管理対策室が設置。産経ニュース


英国健康保護庁インフルエンザ週報第7週
 2月14日~20日
 インフルエンザ感染者数は減少を続けていて、例年の流行域を下回っている。 
 分離ウイルスはB型が主となっている。
 2010年第36週以降のインフルエンザ関連死者数は523人。
アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第7週
 インフルエンザ感染者数は減少を続けているが、未だ例年の流行域下限を上回っている。
 分離ウイルスの大多数はB型となっている。
 今シーズンのインフルエンザ関連死者数は23人。905人が入院。ICU収容者数は120人。
Cambodian mother and baby die from bird flu KHSL (米国) カンボジアでははと乳児が鳥インフルエンザで死亡
 昨日のAP通信。

 米国内では当記事が広く報道
2月24日


国内情報
・兵庫県西宮市今津西町の砂浜で野鳥のカンムリカイツブリが死亡。PCRでH5亜型ウイルスが検出。 産経ニュース


Cambodian mother and baby die from bird flu abc27  (米国) カンボジアで母と乳児が鳥インフルエンザで死亡
 AP

 カンボジアの保健当局は、母親と11ヶ月の男児が、致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスに汚染された鶏肉を調理して食べた後、鳥インフルエンザを発症して死亡したと発表した。
 
 カンボジア保健省とWHOが共同発表したが、発表によると19歳の母親が2月12日に死亡し、男児が17日に死亡したとされる。2人は、南部のプレイベン省の親類宅で、感染家きんを調理して食べた2日後に発症した。

 調理された肉は食べても安全であるが、十分調理されてなかったり(加熱されてない)、生の肉は食べると人に感染する。
 また感染家きんの”と殺”や調理も感染の原因となる。

香港健康保護庁インフルエンザ週報第8週
 2月13日~19日
 インフルエンザ流行は高いレベルが維持されているが、以前に比較すると感染者数は減少してきている。
 分離ウイルスの90%はA/H1N1である。

 1月24日以来重症患者は100人報告され、死者数は20人となっている。
2 die from deadly strain of bird flu in Cambodia AP ( 国際)
 共同通信からの配信をAP通信が配信した内容。
 
 基本的に下記の内容と同じであるが、さらに以下のコメントがついている。
 {ウイルスは通常家きんの間で感染を広げるが、時には家きんから人へ拡大する。しかし毒性の低いH1N1ウイルスのように容易に人の間では広がらない}

Bird flu deaths confirmed  Phnom Penh Post  (カンボジア) 母子の鳥インフルエンザ死亡が確認
 保健省とWHOは、23日、若い母親と11ヶ月の男児がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと発表した。
 共同発表によると、二人はプレイベン州の親戚の家を訪問中に家きんに接触して(while handling poultry )に感染したとされる。
 
 埋葬に関与して発熱した7人が先週病院に入院したが、鳥インフルエンザに感染の検査は行われていない。
 プレイベン州では最近鶏の大量死の報告はないという。
 
 カンボジアで今年3人が鳥インフルエンザで死亡しているが、感染原因は、死亡または病的家きんに接触したこととされる。
 当局では死亡、または病的になった鶏を見つけた時は、触らないで直ぐに当局に連絡するように警告している。

Cambodian mother, son die bird flu  Bangkok Post (タイ) カンボジアで、母と息子が鳥インフルエンザで死亡
 カンボジアで母と11ヶ月の乳児が鳥インフルエンザで死亡したことが当局から23日発表された。
 19歳の母親は2月12日に死亡し、5日後に乳児が死亡したと、カンボジアの保健省とWHOが共同発表した。
 検査でH5N1鳥インフルエンザウイルス感染が確認された。
 死亡者はバンティメンチェイ州に住んでいたが、南東部のプレイベン州の親戚の家を訪問している間に病的になった家きんを食べた後、高熱と咳が出始め入院したとされる。
2月23日


国内情報
・福島県、野鳥飛来地49カ所異常なし。糞便採取ウイルス検査へ KFB福島放送
・北海道浜中町、死亡したオオハクチョウが簡易検査で鳥インフルエンザ陽性。北海道内で今季10羽目となる。 毎日新聞
・和歌山県紀の川市養鶏場、素早い対応で封じ込めが成功。他養鶏場への拡大なし 読売新聞
・愛知県新知事、鳥インフルエンザで安全性をPR。迅速に対応が出来た。 読売新聞

Doctors fear bird flu outbreak  Phnom Penh Post (カンボジア) カンボジア、医師団、鳥インフルエンザ発生を警戒
 バンティメンチェイ州当局は、母親と子が2週間前に(鳥インフルエンザ疑いで)死亡し、そした周辺にいた7人が入院していることから、H5N1鳥インフルエンザの発生を警戒している。
 2月13日に死亡した21歳の母親と、15日に死亡した11ヶ月の男児から得られた検体は、WHOに送られていて、間もなく結果が出る予定となっている。
 「私は検査結果で死亡原因が明らかになることを待っている。今日中に結果が出ることを期待している」、とWHOの公衆衛生学専門家であるニマ・アスガリ医師が語っている。

 州保健局のケオ・ソフェアクトラ長官は、母と息子は感染した鶏を食べた後発病したと語っている。
 「二人とも高熱と咳、そして呼吸困難を呈して死亡した」

 長官によると、遺体の埋葬に関係した7人の村人達が、その後んも発熱と咳を呈したことから、モンコル・ボレル地区病院に入院している。
 同病院の院長の話では7人は回復しているとされる。

 2月22日


国内情報
・野鳥の鳥インフル、13道県に。今シーズンは37羽に。 NHK
・鳥インフルエンザ:宇都宮で強毒性検出。県が対策本部設置。 13日に見つかったハヤブサから正式にH5N1ウイルスが検出されたことによる。毎日新聞

Bird flu outbreaks reported in 2 villages in W. Java  Jakarta Post (インドネシア) 西ジャワの二カ所の村で鳥インフルエンザが発生
 西ジャワ州、ガルートの二カ所の村で鳥インフルエンザが発生。
 人での感染者は発生していない。
Greek officials on alert over swine flu death toll  AFP  (国際) ギリシャ、豚インフルエンザ死者数の増加で警戒態勢に
Fatalities hit 100 in Greece due to H1N1 flu  Xinhua  (中国、新華社) ギリシャ、豚インフルエンザで合計100人の死者発生
 今シーズンのH1N1流行でギリシャで100人の死者が出ている。
 この1日以内にも12人が死亡した。
 当局では3月までさらに死者数が増えると判断している。
 2月21日


国内情報
 現時点では特記すべき情報はなし

Three more swine flu deaths in Hong Kong AFP  (国際) 香港、さらに3人が豚インフルエンザで死亡
 A/H1N1インフルエンザが流行してきたこの1ヶ月間で17人が死亡。
 保健庁のヨーク・チョウ長官は、これまでのところA/H1N1ウイルスは薬剤に耐性とはなっていないことから、それほど心配はないとしているが、ピークは3月末まで続く可能性があるとコメントしている。
Bird flu alert in India's main poultry area WorldPoultry.net  (国際) インドの主要家きん産業地域で鳥インフルエンザ流行警報
 インドの主要家きん産業地域であるアンドラ・プラデーシュ州で鳥インフルエンザが発生し、警戒報が出された。
 同州のアヒル農場でH5亜型ウイルスが検出された。

8800 chickens to be culled at Savar  Bangladesh News 24 hours  (バングラデシュ) サバル(Savar)で鳥インフルエンザにより8800羽の鶏が殺処分に
 バングラデシュの首都ダッカの北東24キロの地点にあるサバルのいくつかの養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生し、8800羽の鶏が殺処分された。
Bird flu scare in northeast India Himalayan Times (ネパール) インド北東部で鳥インフルエンザ脅威
India kills 4000 poultry in bird flu outbreak  The Island.lk (アイスランド) インド、鳥インフルエンザ発生により4000羽の家きんを殺処分
Thousands of ducks and chickens killed in Indian bird flu scare  The National  (アラブ首長国連邦) インドで鳥インフルエンザ拡大脅威:数千羽のアヒルと鶏が殺処分に
 遠く離れたトリプラ州で州政府が運営している農場で鳥インフルエンザが発生したため、4000羽のアヒルと鶏が殺処分された。
 当該農場周辺の州政府運営の農場の家きんも全殺処分された。
 州動物管理局によると、人での感染者は発生してないとされる。
 2月20日


国内情報
・宮崎市のため池で死亡オシドリからPCRでH5亜型ウイルスが検出 読売新聞

Flu at peak levels in East Texas Mount Pleasant Daily Tribune  (米国) 東テキサスでインフルエンザ流行がピークに
 
A型が中心

 2月19日


国内情報
 現時点ではとくになし

Tripura on bird flu alert, central teams arrive IBNLive.com  (インド) インド、トリプラ、鳥インフルエンザ警報、中央政府、支援チームを派遣
 致死的鳥インフルエンザが発生したことから、トリプラでは19日、警報が出され監視態勢が強化された。
 中央政府から科学者と医師達から構成される支援チームが派遣された。
 トリプラ州政府の家畜管理局(development department (ARDD))では、緊急対策チームを16チーム現地に派遣したと発表した。
 西トリプラでは3000羽以上のアヒルを殺処分している。
Meghalaya sounds alert on bird flu  Punjab Newsline (インド) メガラーヤ州、鳥インフルエンザ警戒
 H5N1鳥インフルエンザが発生しているバングラデシュと国境を隔て、トリプラ州にも隣接しているメガラーヤ州では、鳥インフルエンザ発生を警戒している。
Bird flu suspected as teenage girl dies in central Vietnam  Thanh Nien Daily  (ベトナム) ベトナム中央で十代少女が鳥インフルエンザで死亡した疑い
 今週早期にベトナム中央のテュアティーン省で15歳症状が鳥インフルエンザ症状で死亡した。 フエのベトナムエクスプレス(, VnExpress)が18日報じた。
 少女はフエの中央病院に入院後2時間後に死亡したとされる。
 同日早くに少女はフエ医科薬科大学病院に発熱と呼吸不全、および肺炎で入院した。
 しかし、同病院の医師は少女の状態を診て、すぐに中央病院へ転送した。

 州保健局のニュエン・ドゥン長官は、血液検体が採取されてウイルス検査が行われているが、確定までには3日間要すると語っている。
 一方、フエ大学病院の患者と接触した27人の医師や医療関係者達は、少女と同室だった4人の患者と共に隔離されている。
 少女と接触した人々はタミフルを10日間予防的に内服させられている。

 ベトナムは昨年7人の患者が発生して2人が死亡している。

カナダ保健省インフルエンザ週報第6週
 インフルエンザ感染者数は若干増えているが、例年の流行域値内にある。
 分離ウイルスはA/H3N2が大多数であるがB型が徐々に増えている。


分離ウイルス数の推移
 

米国CDCインフルエンザ週報第5週
 2月6日~2月12日

 インフルエンザ患者数は増加している。
 肺炎とインフルエンザによる死亡数は、インフルエンザ流行域を越えている。
 分離ウイルスは、1月以来A/H1N1が急増していて、A香港型に近い。
 全分離ウイルスでタミフルおよびリレンザに対する耐性株は検出されてない。
 小児の死者数は5人発生。1人がB型、3人がA/H1N1。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患数(対100人外来患者中)
 
 分離ウイルス数推移。A:H1N1とBの急増が顕著。






 2月18日

国内情報
・宮崎県日南市で死亡オシドリからH5亜型ウイルスが検出。野鳥の感染確認は同県で6例目。 産経ニュース
・宇都宮市、ハヤブサ鳥インフルエンザ陽性後、野鳥死情報相次ぐ。半数以上は対象外のスズメやメジロなど。 下野新聞
・和歌山県紀の川市の養鶏場。金網から小鳥が侵入の可能性。スズメやシジュウカラなどがウイルスを持ち込んだ?茨城新聞
・北海道で死亡したオオハクチョウが簡易検査で陽性に。先に死亡野鳥が8羽確認されていた浜中町から東に十数キロ離れた厚岸町。産経ニュース

Birdflu in Tripura, culling begins  The Hindu (インド) インド、トリプラ州で鳥インフルエンザ発生、家きんの殺処分が開始
 州政府保有の家きん農場で鳥インフルエンザ(H5N1)が発生し、約3000羽の鶏とアヒルが本日殺処分された。

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第6週
 インフルエンザ流行は終息と考えられる。
 分離ウイルス数は非常に少なくなっていて、呼吸器検体の6.1%から検出されているに過ぎない。
 A/H1N1が多い。
 昨年36週からのインフルエンザ関連死者数は494人。昨シーズンのパンデミック時と類似である。
 


アイルランド健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第6週
 2月7日~13日
 インフルエンザ様疾患数は減少し続けていて、入院患者数も減っている。
 分離ウイルス数も減少しているが、大多数はB型となっている。

Swine flu kills 12 in Hong Kong in under a month  Channel News Asia (シンガポール) 香港、一ヶ月間に豚インフルエンザで12人が死亡
No mutation but H1N1 virus to linger till March  The Standard (香港) A/H1N1流行中の香港、ウイルスの変異はないが、流行は3月中旬まで続く予想。
 保健庁長官談話
香港健康保護庁、インフルエンザ週報第6週を発表
 2月6日から2月12日
 インフルエンザ流行レベルは依然として高い。
 しかしインフルエンザ様患者数、入院患者数、ウイルス分離数からピークを越えていることが示唆されている。
 分離ウイルスはA/H1N1が大多数を占めている。
 多かった乳幼児の入院数は減少に転じている(0~4歳)
 1月24日以来、ICU収容患者数は82人で死者数は12人となっている。

 左図:乳幼児と高齢者の人口1万人あたりの入院率。
 赤線の0-4歳乳幼児の入院率が高い。
 右図:ウイルス分離数の推移
 第3週から急激にA/H1N1の分離数が増加している。

 
 2月17日


国内情報

・京都でも感染死亡ハヤブサ。PCRでH5亜型ウイルスを検出  朝日新聞  産経新聞
・宮崎県延岡の養鶏場、H5亜型ウイルスが検出。鶏2万羽の殺処分へ NHK
・京都でもハヤブサの死骸で陽性反応.。精華町の公園。 産経ニュース


養鶏場、鶏の大量死報告せず2500羽出荷 読売新聞 
 鳥インフルエンザが発生した三重県紀宝町の養鶏場。
 鶏の大量死を把握した後も約2500羽の鶏を市場に出荷していた。
 出荷した鶏は食鳥処理場の検査で安全が確認されたとされる。

 2月に死亡した鶏は、1日3羽、2日8羽、10日11羽、12日12羽、そして13日54羽、14日79羽。
 13日と14日に同養鶏場から2566羽が松坂市と熊野市の食肉処理場に出荷されていた。

New H1N1 victim resistant to drug  The Standard (香港) 耐性H1N1ウイルス検出。香港で10例目。服用2日目の検査で耐性に。リレンザには感受性。

 2月16日


国内情報
・宮崎県延岡市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い。簡易検査で陽性。 読売新聞 産経ニュース
・大分県大分市上戸次の採石場で死亡アオサギがPCRでH5亜型ウイルス感染が確認 47NEWS
・三重県養鶏場で6万羽の鶏殺処分が開始 読売新聞
・大分県延岡で死亡ハヤブサが簡易検査で陽性に。野鳥の感染疑いが5例目に 47NEWS
・福島市の死亡コハクチョウ、H5N1と確認。今季6羽目 読売新聞
・三重県紀宝町の養鶏場、H5鳥インフルエンザ発生が確認。6万7千羽の鶏が殺処分に.。全国18例目、7県目  朝日新聞時事通信


 2月15日

国内情報
・三重県の養鶏場でも発生疑い。三重県紀宝町の養鶏場。簡易検査で陽性。 時事通信
・和歌山県紀の川市の養鶏場、12万羽の鶏の殺処分へ 毎日新聞
・鹿児島県出水市でさらにナベヅルからH5亜型ウイルスが検出。ツルでの感染確認は7例目。 毎日新聞
・和歌山県の養鶏場でも鳥インフルエンザ発生。簡易検査、PCRで陽性。 朝日新聞時事通信
・宇都宮市でハヤブサ、鳥インフルエンザで死亡した疑い。簡易検査で陽性に 下野新聞

H1N1 Flu Confirmed In Wisconsin Cat Consumer Affairs  (米国) ウイスコンシン、ネコがA/H1N1インフルエンザに感染
 インフルエンザ様症状を呈した2匹の飼い猫の1匹でA/H1N1ウイルスが検出された。症状からもう1匹も感染していると判断された。
 飼い主がインフルエンザ様症状を呈していたため、飼い主からネコへの感染と考えられる。

 これまでA/H1N1ウイルスは人とネコ以外にも、豚、鳥。フェレット、犬への感染が確認されている。
Man dies after swine flu infection in Hong Kong  AFP  (国際) 香港で豚インフルエンザに感染した男性が死亡
 現在37人がICUで治療中。そのうち12人が危篤。
 2月14日


国内情報
・栃木県宇都宮市、死亡ハヤブサが簡易検査で陽性に TBS 読売新聞
・長崎県諫早市のハヤブサ、H5亜型ウイルスが検出 47NEWS
・鹿児島県出水市養鶏場鳥インフルエンザ発生原因、ネズミから感染の可能性。調査チームが発表。ネズミの死骸や糞が発見。 時事通信
・愛知県新城市の養鶏場でH5亜型ウイルスが確認。1万6000羽の鶏が殺処分に 日本経済新聞
・北海道浜中町で死亡していたスズガモ1羽からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 47NEWS
・愛知県新城市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い。簡易検査で陽性に。 朝日新聞


 現時点で特記すべき海外情報はなし
 2月13日


国内情報
・長崎県諫早市有喜町で死亡したハヤブサ、簡易検査で鳥インフルエンザが陽性 毎日新聞
・山口県宇部市の常磐公園で6日に衰弱死したキンクロハジロからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 西日本新聞
・宮崎県農家、鶏の死にビクビク、鳥インフル検査依頼や相談急増 西日本新聞

S. Korea confirms 2 more bird flu outbreaks The Korea Herald (韓国) 韓国、2件の鳥インフルエンザ発生農場を確認
 
韓国は懸命の鳥インフルエンザ対策ににも関わらず、ソウル近郊の2農場で鳥インフルエンザの発生を確認した。
 農業省によると、中規模のアヒル農場と小規模のアヒルと鶏飼育農場で発生した。
 過去45日間で42、および43件目の発生となる。
 韓国ではこれまで249農場で545万羽の家きんが殺処分されている。
S.Korea detects fresh bird flu outbreaks  AFP (国際) 韓国でさらに鳥インフルエンザが発生
A(H1N1) flu predominant in China Xinhua (新華社、中国) 中国、A(H1N1)が流行中
 広東省で55歳男性がA(H1N1)インフルエンザで9日に死亡した。
 男性は24日に診断され入院していた。
 中国では亜2010年末から129人の重症A(H1N1)患者が発生している。2010年8月以来18週間発生は重症例の報告はなかった。
 1月1日以降20人の死亡が確認されている。
 広東省の感染症制御疫学研究所によると、現在流行しているインフルエンザの60%はA(H1N1)であり、さらに拡大傾向にあるという。
 さらに広東省ではインフルエンザはピークには達していないため、ワクチン接種を受けることは意義があると言っている。
 2月12日


国内情報
・大分県豊後大野市千歳町で衰弱オシドリからH5亜型ウイルスが検出  産経ニュース
・大分県中津市耶馬溪町で発見された死亡オシドリからH5亜型ウイルスが検出。県内で4例目の感染野鳥発見 大分合同新聞
・鳥インフルエンザ、殺処分全額を国が補償に法改正 読売新聞
・宇部市常磐公園、水鳥399羽の殺処分を完了 読売新聞
・兵庫県加東市状ケ池公園の飼育コブハクチョウの死骸からH5亜型ウイルスが検出 朝日新聞 毎日新聞

WHOインフルエンザ週報2月11日
 要約
 インフルエンザ流行程度はヨーロッパ大陸、特に中央、南部、および東部で顕著である。
 熱帯地域では、南アジアの数カ国でインフルエンザウイルスの拡大が最近見られているが、それは主としてA/H1N1ウイルスである。他の熱帯地域と南半球の温帯地域ではほとんど発生報告はない。
 北米、特に米国では最新週でA/H1N1の増加が見られている。
 北アフリカと中東ではインフルエンザ流行はピークに達して、現在は下降に転じている。
 北アジアでは(H1N1)2009ウイルスの感染拡大が見られており、同時にいくつかの国ではインフルエンザ様患者数も増えている。
 北米とヨーロッパで検出されているウイルスの大多数は、今シーズンのワクチン株に類似している。

カナダ保健省インフルエンザ週報第5週
 インフルエンザ患者数は先週よりも若干増えた。
 分離ウイルス数はA/H3N2が多数を占めているが、A/H1N1とB型の分離率が4週よりも増加した。

 分離ウイルス数


米国CDCインフルエンザ週報第5週
 1月30日~2月5日

 インフルエンザ患者数は増加している。
 肺炎とインフルエンザによる死亡数は、インフルエンザ流行域にある。
 分離ウイルスは、1月以来A/H1N1が急増していて、A香港型と同数となっている。
 全分離ウイルスでタミフルおよびリレンザに対する耐性株は検出されてない。
 小児の死者数は11人発生。4人がB型、2人がA/H1N1、1人がA/H3N2、4人がA型(亜型不明)。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患数(対100人外来患者中)
 
 分離ウイルス数推移。A:H1N1の急増が顕著。

 2月11日


国内情報
・宮崎市の県総合運動公園で衰弱、死亡したハヤブサで鳥インフルエンザの簡易検査が陽性に 朝日新聞
・大分県中津市でオシドリ一羽からH5亜型ウイルスが検出(PCR) 同県4例目 朝日新聞
・福島市内で死亡したコハクチョウが簡易検査でA型鳥インフルエンザ陽性に。県内ではこれまで5羽でウイルスが検出されている。 朝日新聞
・九州多発の鳥インフルエンザ。北方からと韓国からの渡り鳥が関与の可能性。農水省小委員会。 時事通信
・インフルエンザワクチン接種後に死亡、今シーズン5例目。 70代男性。慢性閉塞性肺疾患と高血圧があった。接種1週間後から体調不良 産経ニュース


Bird flu bouts ring health alarms  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフルエンザ勃発は健康危機への警鐘
 ダッカと近郊の養鶏場における頻繁な鳥インフルエンザの発生は、バングラデシュに深刻な健康危機をもたらす恐れがある。
 ダッカ地域におけるこの1週間の12件の鳥インフルエンザ発生は、保健専門家達の緊張感を高めている。この地域では2008年の5月にバングラデシュでは唯一の人での発病例を経験しているからでもある。
 「現状でもH5N1ウイルスはいつ人に感染するか分からない。公衆衛生学的に重大な関心事である」、とWHOのダッカ事務所のインフルエンザ専門家であるASM・アラムギル博士が警告している。
 同博士によると、地域では家きんにおける鳥インフルエンザが発生していて、生きた家きんの売買は人への感染の可能性が高まる、という。
 「出来る限り鳩やカラスへも接触しない方が良い。2008年のダッカとチタゴンでの流行の際は、大量のカラスの死亡が確認され、検査でもウイルスが確認された」
 同博士は、十分加熱調理された家きん産物を食べる必要があることと、農場におけるバイオセキュリティーの維持が重要と語っている。
 
 鳥インフルエンザは世界15カ国で518人が発病し、306人が死亡している。
 これらの事例の多くは感染した家きんや、その排泄物との接触で感染している。

 15ヶ月の男児が2年前に感染し治癒した事例があるが、これは母親がダッカの家庭で生きた鶏を処理し、その後手を洗わずに少年を抱いたことが感染原因だった。
 感染症制御研究所では、医師が重篤な呼吸器感染症を診たときは、必ず病的家きんへの接触の既往を尋ねなければならないと伝えている。
 ウイルスは通常家きんの間で感染するが、時には人へも拡大する。人から人へは容易に感染はしない。
 「H5N1ウイルスは人へ感染する可能性があるが、感染すると致死率は非常に高い」、とアラムギル博士は警告するが、バングラデシュで感染している株はH5N1の2.2系統(calde)であり、毒性は比較的弱い。
 しかし、同博士はウイルスは容易に毒性の高い2.1系統株に変異するという。

 バングラデシュでは2007年以来、49地域で375件の(農場における)鳥インフルエンザが発生している。
 別な鳥インフルエンザウイルスによる研究では、感染した鳥の全ての部位でウイルスが見つかり、それは低温で増殖している。ウイルスを殺すには70度以上の加熱が必要である。
 ウイルスは卵の中と外側でも検出され、排泄物中のウイルスは低温で35日間は生存している。


口蹄疫:政府と与党、家畜埋却地の緊急調査実施へ 朝鮮日報
 政府とハンナラ党が、口蹄(こうてい)疫に感染した家畜の埋却地から流出する浸出水と関連し、全国42カ所の埋却地の環境汚染と安全性について緊急調査を実施することを決めた。
 政府は10日、首都圏2000万の住民の水源である漢江上流地域にある99カ所の埋却地が春の解氷期に崩壊し、浸出水による水質汚染が起こる可能性があると判断し現場調査を行った。
 14日までに専門家の検討を経て、漢江上流地域の埋却地周辺に防護壁や遮水壁を設置するなど、補強工事を行う予定だ。

英国健康保護庁インフルエンザ週報第5週
 インフルエンザ感染者数は減少し続けていて、流行域下限以下となっている。
 分離ウイルスの多くはB型ウイルスである。
 2010年36週以来の死者数は439人となっている。
 一昨年のパンデミックにおける死者数に近い。
 全原因死亡者数は、例年の域内に入っている。
 65歳以上の高齢者のワクチン接種率は72.2%となっている。
 
 人口10万人当たりのインフルエンザ患者数(臨床的診断)
 今シーズンの患者数は一昨年のパンデミック時に近い数となっている。


アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第5週
 インフルエンザ感染者数は減少しているが、未だに流行域にある。
 特に0-4歳、および5-14歳の年齢層で感染者が多いが、中心はB型である。
 今シーズン合計848人の患者が入院し、113人がICUに収容され、18人が死亡している。

Four more NI swine flu deaths U.TV  (アイルランド) 北アイルランドで豚インフルエンザでさらに4人が死亡
 全体として感染者数は減少しているが、死者数が増えて合計29人となっている。
Flu outbreak worse than last winter  The Standard (香港) インフルエンザ流行、昨年冬よりも拡大
Flu virus claims 21st victim this year Shanghai Daily (上海) 中国、今冬のインフルエンザ死者数21人に
The Link Between an H1N1 Vaccine and Narcolepsy TIME (米国) H1N1ワクチンとナルコレプシー
 グラクソスミスクライン社のパンデムリクスとナルコレプシー発作誘発副作用問題に関して。
 WHOのワクチン安全委員会声明に基づく。
 パンデムリクスはアジュバントが加わっているから米国FDAでは承認していない。
 2月10日


国内情報
・宇部市の常磐公園、飼育野鳥360羽殺処分に。ハクチョウやコクチョウ。産経ニュース
・インフル休校・学級閉鎖が減少に。 厚労省発表。 読売新聞
・大分県大分市緑が丘近くのため池で死亡野鳥、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認 大分合同新聞
・宮崎県諸塚村のダムで死亡のカイツブリで遺伝子検査によりH5亜型ウイルスが確認 産経ニュース
・大分県中津市耶馬溪ダムで死亡オシドリとハシブトカラスで遺伝子検査によりH5亜型鳥インフルエンザウイルスが確認 産経ニュース

鳥インフル:「警戒緩められない」…農水省委員会委員長  毎日新聞 
 養鶏場で相次いで発生した高病原性鳥インフルエンザに関して、農林水産省は10日、専門家による小委員会(委員長、喜田宏・北海道大大学院教授)と疫学調査チーム(チーム長、伊藤寿啓・鳥取大教授)の検討会を合同で開催した。
  喜田委員長のコメント:個人的見解とした上で、人や車などによる伝播(でんぱ)の可能性を指摘。
   宮崎での発生は、道沿いに起こっている
   死んだ鶏を集める業者が一部で同一
   鶏舎入り口付近で発生したケースがある

 さらに、日本中に感染した鳥がいると考えるべきで、警戒は緩められないと述べた。

香港健康保護庁、インフルエンザ週報第6週を発表
 1月30日から2月5日
 A/H1N1感染の拡大が続いている。
 乳幼児の入院率が高い(0~4歳)
 これまで61人の重症患者が入院して9人が死亡している。

 左図:乳幼児と高齢者の人口1万人あたりの入院率。
 赤線の0-4歳乳幼児の入院率が高い。
 右図:ウイルス分離数の推移
 第3週から急激にA/H1N1の分離数が増加している。
 

Fresh cold spell threatens school flu chaos The Standard  (香港) 寒波が学校再開によるインフルエンザ流行をさらに拡大の可能性
 
Bird flu strikes Bangladesh, nearly 50000 chickens culled  Xinhua (新華社、中国) バングラデシュで鳥インフルエンザが発生、5万羽の鶏が殺処分
 16カ所の商業養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、1月から5万羽近くが殺処分されたことを、製具の鳥インフルエンザ対策室が新華社に語った。
Avian Flu Results in the Death of a Five Year Old Cambodian Girl TopNews New Zealand (ニュージーランド) 5歳のカンボジアの少女が鳥インフルエンザで死亡
 
 2月9日


国内情報
・山口県宇部市の常磐公園で死亡したコクチョウが簡易検査で陽性。6日にもキンクロハジロが簡易検査で陽性だった。  朝日新聞
・山形市内のカラスの大量死、遺伝子検査で陰性と 朝日新聞
・大分県と別府市、野鳥の監視態勢を強化。別府市の赤松のため池でオシドリからH5亜型ウイルスが検出されたことから 読売新聞
・出水市養鶏場の鳥インフルエンザ、ネズミがウイルスを運搬の可能性 調査チーム 西日本新聞
・徳島県伊賀町でフクロウが鳥インフルエンザに感染。簡易検査と遺伝子検査で陽性。 徳島新聞


Bird Flu Hurts Poultry Farmers in Arakan Narinjara News (ミャンマー) アラカン省で鳥インフルエンザ発生、農場主が経営困難に
 ビルマ西部のアラカン省で鳥インフルエンザが発生し、養鶏場経営農家が生計困難に陥っている。
Cambodian girl dies from bird flu: WHO AFP (国際) カンボジアで少女が鳥インフルエンザで死亡:WHO
 カンボジアで、鳥インフルエンザに5歳少女が感染して死亡したとWHOが発表した。
 同国での人の感染者は昨年初頭以来である。
 少女は首都プノンペンで1月30日に発病し、咳と呼吸困難で入院した。しかし2月4日に死亡した。
 少女は2003年以来カンボジアで11人目のH5N1鳥インフルエンザ発病者で、9人目の死者でもある。
 カンボジアの当局者は少女との濃厚接触者の同定と予防的治療を開始したと語っている。
 保健省のマム・ブンヘング大臣は、死亡した家きん、または衰弱した家きんに接触してから呼吸器感染症に罹患した人は、直ぐに医療機関を受診するように語っている。
新型インフルのワクチン副作用、12カ国報告 日本未使用 日本経済新聞
 英国グラクソスミスクライン社製のA/H1N1インフルエンザワクチン、パンデムリクス接種による睡眠障害(ナルコレプシー)が起きる副作用が世界12カ国から報告されている。
 日本では未使用と、ジュネーブの日本政府代表部では言っている。
WHO: Genetic link to swine flu vaccine narcolepsy  BusinessWeek (国際) WHO:豚インフルエンザワクチンによるナルコレプシー発症には遺伝的素因が関係
 ナルコレプシーを発症する遺伝子は、フィンランドで30%、他のヨーロッパ諸国では15%。
 内容はWHO報告に準じる。
Why flu vaccine may cause narcolepsy  Washington Post (米国) なぜインフルエンザワクチンはナルコレプシー(睡眠発作)を起こすのか?

Statement on narcolepsy and vaccination  WHO Global Advisory Committee on Vaccine Safety  (WHOワクチン安全委員会)  ナルコレプシーとインフルエンザワクチン接種の関係に関する見解
 2010年8月以降、H1N1ワクチン接種が広く行われだしてから、12カ国からナルコレプシー発症事例が報告されだした。特に小児や思春期の若い世代に目立っている。
 ナルコレプシーとは、希な睡眠障害であり、突然予期せぬ睡眠発作が起きる疾患である。
 発生件数はフィンランド、スウエーデン、アイスランドで顕著に多い。
 フィンランドの国立健康福祉局は、2011年2月1日に、同国の発生事例を集計して予備的発表を行っている。
 発生件数は4から19歳の年齢層で、ワクチン未接種層に比較して9倍高い発生率であった。
 フィンランドで使用されたワクチンはグラクソスミスクライン社のパンデムリクスだけであった。
 スウエーデンでの報告例に関しても調査中である。

 ナルコレプシーは遺伝的素因が強く関係した疾患とされ、HLA遺伝子DQB1*0602を保有する人で多くが発症する。
 フィンランドで2009から2010年に確認されたナルコレプシー事例は全て当遺伝子を保有していた。
 フィンランドの国立健康福祉局では、パンデムリクスが遺伝的素因を保有する人に対してナルコレプシー発生に関与している可能性が高いことから、さらなる調査を促している。
 当委員会は2月4日に電話会議を開き、さらなる調査が必要と結論した。

Schools on flu alert as death toll rises  The Standard (香港) 香港、インフルエンザ死者数増加により、学校に警報
 インフルエンザシーズンがピークに達している香港では、旧正月休みが終わって学童が登校し出すと、学校内で集団発生する可能性が高いと、当局が警告している。
 
 最新の死者は14ヶ月の幼児の可能性が高く、6日に死亡しているが、昨夜の段階でウイルスが確定していない。もし確定されると1月24日以来、豚インフルエンザでの死者が10人となる。
 健康保護局(Centre for Health Protection )長官のトーマス・ツァン・ホファイ氏は、学校で死者が出るか、または100人以上の学童が発病すると1週間の休校が行われると語っている。
 最新の病院管理局の発表によると現在38人が公共病院のICUに収容されている。

WHO Investigates Link Between H1N1 Vaccine and Narcolepsy  WTMA  (米国) WHO:H1N1ワクチンとナルコレプシー副作用の関係を調査に
1600 chickens die in bird flu in Kishoreganj Bangladesh News 24 hours  (バングラデシュ) バングラデシュ、キショレガンジで1600羽の鶏が鳥インフルエンザで死亡
 2月8日



国内情報
・別府で死亡オシドリからH5亜型検出。読売新聞
・北海道、浜中町で死亡オオハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出。過去野鳥8羽から検出されている。 47NEWS
・山形市で死亡カラスで鳥インフルエンザ陽性反応。12羽が死亡。PCRで陰性。ウイルス分離検査が施行中。 読売新聞

Bird flu detected in BGB farm Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、国境警備本部家きん農場でH5N1鳥インフルエンザが発生
 12000羽が殺処分される。
WHO confirms swine flu vaccine child narcolepsy concerns Focus News (ブルガリア) WHO、豚インフルエンザワクチンによる小児のナルコレプシー誘発副作用問題を確認
 AFP

 豚インフルエンザワクチンによるナルコレプシー誘発副作用を12カ国が報告した。WHOは8日、専門家委員会が報告内容から、さらなる調査が必要であると判断したことを発表した。
 WHOの発表によると、このような睡眠障害(主として子どもで発生)はこれまでワクチン接種の副作用として報告されたことはなかったが、今回の報告ではスウエーデン、フィンランド、およびアイスランドで多く発生しているとされる。
 WHOのワクチン安全委員会(Global Advisory Committee on Vaccine Safety )がフィンランドからの報告書を調査したが、さらに調査が必要であることを確認した。フィンランドからの報告書によると、パンデムリクス(Pandemrix)接種により9倍の頻度でナルコレプシーが発生したとされる。
 WHOによると、パンデムリクスと他のH1N1ワクチンとナルコレプシー発生の因果関係が調査される必要があるという。
 さらにWHOは、これまでインフルエンザワクチンも含めて、ワクチンによりナルコレプシー発作が誘発されるという報告は一切なかったとコメントしている。
 欧州医薬品庁も疑い例の調査を開始した。
Two die after swine flu infection in Hong Kong PhysOrg.com (英国、国際) 香港で豚インフルエンザ感染で2名死亡
 1年半前の豚インフルエンザ流行で80人が死亡した香港で、2人が感染して死亡したことが伝えられた。
 死亡者の年齢は62歳と52歳で6日に死亡した。また1月25日には27歳女性が死亡している。
 香港病院管理局(Hong Kong's Hospital Authority )では、現在35人の豚インフルエンザ患者がICUで治療されており、そのうち4人が危篤状態にあると発表している。

Girl, 7, dies as doctors grapple with flu surge  The Standard (香港) インフルエンザ患者急増中の香港で7歳少女が死亡
 7歳少女が入院後間もなく死亡した。
 少女は発熱と身体痛を訴えていたが、昨日朝早くに呼吸状態が悪くなり救急車で病院に運ばれた。そして昨夜遅くにA/H1N1インフルエンザに罹患していることが確認された。
 
 昨夜3人の豚インフルエンザ死亡者が確認されて発表されている。21歳女性、53歳と62歳の男性。
 インフルエンザ流行がピークとなっている先月から9人の豚インフルエンザ死者数となっている。
 しかし、現在の流行程度は必ずしも異常ではなく、例年並みと、感染症専門家のロ・ウィンロク( Lo Wing-lok)は語っている。
 同氏によると、政府や保健局から絶えず注意喚起がなされるので、多くの人は豚インフルエンザ(H1N1)にこだわりすぎてしまっているが、H1N1は容易に感染しやすいと言っても、SARSや30%の死者を出すH5N1の様に致死的ではないと説明している。
5000 chicken culled in Gazipur Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、ガジプールで5000羽の鶏が殺処分
 ガジプール地域の農場で鶏が多数死亡し、検査の結果H5N1鳥インフルエンザが確認されたため農場の約5000羽の鶏が殺処分された。
8500 chickens infected with H5N1 virus in N'ganj  Bangladesh News 24 hours  (バングラデシュ) バングラデシュ、ナラヤンガンジで8500羽の鶏がH5N1鳥インフルエンザに感染
 ナラヤンガンジ地域の2農場で約8500羽の鶏がH5N1鳥インフルエンザに感染した。
 感染した鶏は速やかに殺処分され埋められる。
 また2月3日にはキショレンガンジの養鶏場でも発生して、約8000羽の鶏が殺処分された。
 
 2月7日


国内情報
・米子市、コハクチョウがシベリアへ旅発つ。昨年12月に鳥インフルエンザに感染した1羽が見つかったが、その後の感染はなかった。中国新聞
・山口県宇部市常磐公園で死んだ野鳥からA型鳥インフルエンザが検出 朝日新聞
・宮崎県宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生。高岡町で2件目。県内11例目、国内15例目。  NHK


Migratory birds trigger AI outbreak: gov't Yonhap News  (韓国、聯合ニュース) 韓国政府:鳥インフルエンザ流行は渡り鳥が引き金となった
 韓国を襲っている過去最大級の鳥インフルエンザの発生は、主として渡り鳥が原因と考えられると、7日、政府が発表した。
 政府は昨年12月31日に最初の家きん農場での鳥インフルエンザ発生を確認したが、それ以来拡大は続き、拡大予防のために家きん541万羽以上殺処分されている。
 発生が確認された40事例の分析によると、野鳥との直接的接触、および車両や人が野鳥の排泄物で汚染されて感染拡大した事例が22件あり、残りは飼料や檻の中に敷かれた籾殻が不注意からウイルス汚染を受けた結果と考えられる。
 当局によるとシベリアからの渡り鳥は通常100日間越冬していることから、韓国内での鳥インフルエンザは3月末までは起こりえると考えられている。

 今シーズンの発生は韓国としては4回目である。既に541万羽が殺処分されている。
 一回目 2003-04 528万羽殺処分
 二回目 2006-07 280万羽殺処分
 三回目 2008年 春 345万羽殺処分

Universal flu vaccine successfully tested: report France24 (フランス) 研究報告:英国チーム、万能インフルエンザワクチン臨床試験に成功
 オックスフォード大学チーム。
 通常用いられるウイルス粒子外側の抗原ではなく、内部のタンパク2種類を標的としたワクチン。
 この2種類のタンパクはウイルス株による違いがないため、作成されるワクチンは多くのインフルエンザウイルスに対する予防効果が期待される。
 研究チームによると、このワクチン接種により、インフルエンザ予防効果が認められる他に、ウイルス感染細胞を攻撃するTリンパ球の産生も確認している。
 2月6日


国内情報
・宮崎県宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い。同県で11例目の可能性 NHK 毎日新聞
・宮崎県門川町で3万羽が殺処分、同県で90万羽超に 茨城新聞
・宮崎県延岡市北川町で死亡オシドリからH5亜型ウイルスが検出  西日本新聞
・宮崎県、都農町と門川町の養鶏場でH5亜型鳥インフルエンザの発生が確認.。県で9,10例目。国内で13、14例目。  日本経済新聞47NEWS

学級違うと感染率5分の1=閉鎖早めで拡大防止-小学校で新型インフル調査・CDC 時事通信
 米国CDCが研究結果を米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 2009年春、新型インフルエンザA/H1N1が流行した際の学校内流行状況を分析。
 同じ学級内での感染が最も多く、感染確率は同じ学年で学級が違うと5分の1、学年が違うと25分の1に低下した。
 患者の隣の席に座っているというだけで感染確率が大幅に高くなることはなかった。
 全児童の8割について保護者に聞き取り調査を行ったところ、男児は男児、女児は女児同士で遊ぶことが多く、同性間の感染確率は異性間より3倍高かった。
Flu death toll hits 15 with child cases still on the rise  Herald.ie (アイルランド) アイルランド、未だインフルエンザ死者数が増加
 インフルエンザ感染者数は減少しているが、5~14歳の小児では未だ増加していると保健当局では注意を呼びかけている。
 北部で2名の死者が発生して、今冬のインフルエンザ死者数が15人となっている。
 現在流行している株は、三分の二がB型で三分の一が豚インフルエンザH1N1である。
 今冬のインフルエンザ入院者数は昨日の時点で803人となり、そのうちICU入院が103人である。

 15人の死者のうち11人が豚インフルエンザで3人がB型である。
 年齢別では4歳以下が1人、15~64歳が10人、65歳以上が4人となっている。
 基礎的疾患の保有者は14人。


 2月5日


国内情報
・宮崎県都農家町の養鶏場で陽性反応、同町で2件目 国内で13件目の可能性 読売新聞
・宮崎県西都市で死亡ハヤブサが簡易検査で鳥インフルエンザ陽性に 宮崎日日新聞
・長崎県宮崎町の川原大地で死亡したオシドリから高病原性ウイルスが検出 47NEWS
・宮崎でまた鳥インフルエンザ、高千穂町で県内8例目、被害拡大 H5亜型感染が確認。全国で12件目 時事通信
・高千穂町で感染の養鶏場、九州10例目 西日本新聞
・宮崎県、高千穂町の鳥インフルエンザ、ウイルスが確認による6万羽殺処分に 毎日新聞


鳥インフルと新燃岳噴火、宮崎・鹿児島の農業に二重苦 日本経済新聞
宮崎、鹿児島両県の1次産業が、鳥インフルエンザと霧島連山・新燃岳の噴火による二重の被害に苦しんでいる。国内ブロイラー生産数の約4割を占める両県だが、感染拡大防止のための鶏の移動制限により、食肉処理場は相次いで操業を停止。降り続く火山灰で農作物の被害も広がっている。
8 Million Animals Buried Alive in South Korea Change.org (国際) 韓国で8百万匹の動物が生き埋めに
 昨年の11月以来口蹄疫拡大防止のために、300万匹近い豚と数千匹以上の牛、山羊、鹿等が地中に生き埋めにされている。
 さらに鳥インフルエンザが発生したため、540万羽の家きんがやはり生き埋め処分されている。
 鳥インフルエンザは野鳥によってもたらされていると考えられているが、農場の状況が拡大の原因ともなっている。

カナダ保健省インフルエンザ週報第4週
 インフルエンザ様患者数は減少している。流行のピークは過ぎた。
 分離ウイルス総数は減少しているが、その大多数はA/H3N2となっている。
 

 分離ウイルス数の推移
 米国のようにA/H1N1の増加傾向はなく、B型の分離数も多くはない。


米国CDCインフルエンザ週報第4週
 1月23日~29日
 インフルエンザ患者数は増加している。流行域に入っている。
 ”肺炎とインフルエンザ”による死者数は、例年の流行範囲を越えている。
 小児で6人の死者が発生。4人がB型、1人がA/H3N2、1人がA/H1N1。
 分離ウイルスはA/H3N2が多いが、A/H1N1とB型も増加している。
 入院患者の年齢別分析では65歳以上が一番多い。A/H3N2ウイルスの流行が理由と考えられる。


 定点医療機関を受診するインフルエンザ様患者の割合(%)
 

 左:分離インフルエンザウイルス数の推移  右:入院患者の年齢別内訳。一昨年のA/H1N1ピーク時を参照している。

 
2月4日


国内情報
・宮崎県高千穂町の養鶏場でも鳥インフルエンザ発生疑い。簡易検査で陽性 時事通信
・長崎県、家きん農家への防疫体制を強化。長崎市内でのオシドリ死骸からH5N1ウイルス検出により 毎日新聞
・長崎県、インフルエンザ流行収まらず。定点平均56.6人。佐世保市が92.8人と突出 毎日新聞
・高齢者施設でインフルエンザ集団感染、2人死亡。全員枠員接種済み  読売新聞 
・インフルエンザ猛威、警戒を 岩手県  定点24.5人  ニュースエコー岩手放送
・インフルエンザの感染広がる。5施設で集団風邪 (秋田県) 新型とA香港型の混合流行 日テレNEWS24
・宮崎県西都市でハヤブサが鳥インフルエンザで死亡した疑い。簡易検査で陽性。感染野鳥を捕食して、感染した可能性 西日本新聞
・インフルエンザ流行警報発令 神奈川県 定点平均38.42 産経ニュース


アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第4週
 インフルエンザ流行はピークを迎えて、感染者数は減少に転じている。
 しかしながら5-14歳の年齢層はB型インフルエンザが増加し続けている。
 2月2日の時点で、803人が入院し、103人がICUに収容され、15人が死亡している。
英国健康保護庁インフルエンザ週報第4週
1月24日~1月30日
 インフルエンザ感染者数は減少し続けており、その数は例年レベル以下となった。
 36週以来、インフルエンザ関連死者数は395人となっている。
 第3週でも全死亡原因による死者数は例年の予想死者数を超えている。
 分離ウイルスの中ではB型が多い。
茨城県、城里の介護施設、インフルで2人死亡 23人集団感染 茨城 MSN産経ニュース 
 同施設では、1月26日に入所者の1人が体調不良を訴え、最初の感染が判明。独自のマニュアルに基づき隔離や消毒などの対策を取ったが、拡大を防げなかったという。3日現在で2人のほか入所者23人に陽性反応が出て、このうち1人が入院している。職員への感染はない。 水戸保健所が数人の検体を調べたところ、感染したのはA香港型と判明。隣接する医療機関でデイケアサービスを受けた際に感染した疑いがあるという。
 同施設には高齢者54人が入所。昨年10月、家族が同意しなかった1人を除き、入所者と職員全員が予防接種を行ったという。

エジプトで7歳男児が鳥インフルエンザ発病 WHO
 エジプト保健省が2日に発表。
 ガルビア県に済む7歳男児が1月20日に鳥インフルエンザを発病し、同日入院した。
 現在状態は安定している。
 感染原因は、病的になった家きんとの接触と考えられている。
 これまでエジプトで確認された感染者は122人で、死者は40人である。
2月3日


国内情報


・茨城県の介護施設でインフルエンザ集団発生。2名死亡。A香港型。 熊本日々新聞
・大分市宮尾の養鶏場、H5鳥インフルエンザウイルスを確認。8100 羽 全国11件目 読売新聞 日本経済新聞


HK confirms 2 new human swine flu cases RTHK (香港) 香港で2名の重症豚インフルエンザ患者が発生
 65歳男性と25歳女性。レスピレーターにつながっている。
 この冬、香港では豚インフルエンザで数人が死亡し、27人がICUに収容されている。

香港健康保護庁、インフルエンザ週報第5週を発表
急速にA/H1N1感染が広がっている。
 乳幼児の入院率が高い(0~4歳)
 これまで29人の重症患者が入院して5人が死亡している。

 左図:乳幼児と高齢者の人口1万人あたりの入院率。
 赤線の0-4歳乳幼児の入院率が高い。
 右図:ウイルス分離数の推移
 第3週から急激にA/H1N1の分離数が増加している。
 


 2月2日

国内情報
・大分県の養鶏場でも鳥インフルエンザ発生の疑い、簡易検査で陽性 読売新聞 毎日新聞
・高知県仁淀川町の衰弱オシドリ、H5N1ウイルス感染が確認 毎日新聞
・宮崎市高岡町養鶏場で鳥インフルエンザ発生、先に発生の制限区域外 読売新聞
・長崎県、野鳥から鳥インフルエンザウイルス検出により警戒態勢の強化 読売新聞
・神奈川県、死亡野鳥の簡易検査基準を1羽以上に強化 神奈川新聞
・宮崎市の養鶏場、鶏から高病原性鳥インフルエンザ感染がPCRで確認。19万羽殺処分に 47NEWS 時事通信

Avian flu reappears in South Sumatra  Jakarta Post  (インドネシア) 南スマトラで鳥インフルエンザが再発生

Bird flu outbreak hits Indonesia's Jambi Xinhua (新華社、中国) インドネシア、ジャンビ州で鳥インフルエンザが発生
 少なくとも数千羽の鶏が殺処分に。
 2月1日

国内情報
・川崎市でインフルエンザ警報。第4週の定点平均が35.87人。分離ウイルスは新型が63件、A香港型が13件、1例で両ウイルスが検出 神奈川新聞
・米子市で見つかったユリカモメとキンクロハジロからH5N1ウイルスが検出。北海道浜中町でオオハクチョウからも検出。同町では5羽目 産経ニュース
・宮崎市で新たに高病原性鳥インフルエンザ感染疑い農場が発生。同市2件目 時事通信
・茨木町の病院でインフルエンザの集団感染。17人が発病して、66歳男性が死亡。昨年11月にワクチン接種済み..、型は不明  茨城新聞


インフルエンザ流行発生警報を発令、今冬で初めて/川崎市 カナロコ(神奈川新聞)
 川崎市健康安全室発表。今年第4週(1月24~30日)に市内54カ所の定点医療機関から報告された患者数は平均35・87人で、国の警報基準値(平均30人)を超えた。
 分離された85件の検体のうち最も多いのは新型インフルエンザの63件。A香港型13件、新型・A香港型の混合1件、B型1件(海外渡航歴あり)、陰性7件だった。
 市内の学校などで、学級閉鎖などを行った臨時休業施設数は1日までの報告で小学校15校、幼稚園5園の計20施設。閉鎖措置を実施した小学校5校の患者からの検体を調べたところ、3校からA香港型、2校からB型が検出されたという。
Finnish study links GSK flu shot to narcolepsy Reuters  フィンランド研究、GSK社の豚インフルエンザワクチンとナルコレプシー発症には強い相関性がある
 フィンランド国立健康研究所の調査。
 4から19歳までの年齢層を対象に、GSKの豚インフルエンザワクチン、パンデムリクス(Pandemrix)接種と、その後発症した睡眠発作(ナルコレプシー)との相関性が調査され、ワクチン接種によりナルコレプシー発症率が8倍高くなるという結果がえられた。
 2009年から2010年に60人がナルコレプシーを発症した。このうち52人、90%がパンデムリクスの接種を受けていた。
 同年齢層全体でのワクチン接種率は70%であった。
 フィンランドでは4から19歳の年齢層でのナルコレプシー発症率は、10万人に1人以下であるが、パンデムリクス接種者では8.1人であった。

 GSK社によると、世界に同ワクチンを3100万人分出荷しているが、この1月31日までに162人のナルコレプシー発症例が報告されているという。
 それらの70%がフィンランドとスウエーデンで報告されているという。
Bird Flu Spreads in Japan Wall Street Journal  (米国) 日本の鳥インフルエンザが拡大
 日本政府は1月31日、さらに1件の鳥インフルエンザ発生農場を確認した。それは感染拡大の防止が非常に困難であることを示唆する結果となっている。

 日本の南部に位置する宮崎県庁は、この週末に死亡した鶏が見つかった農場で、検査した5羽の中の1羽でH5亜型ウイルスの感染が、検査で確認されたと発表した。
 さらなる検査が行われ、ウイルスが多くの事例で見つかっている、人にも感染するH5N1か、またはH5N2のような弱毒性ウイルスであるかの確認が行われる。

 当事例は宮崎県で1月初めから確認された農場感染例の6件目となったが、既に同県では60万羽近い鶏が殺処分されている。
 最初に見つかった2事例ではH5N1ウイルスが確認されている。

 日本では11月にインフルエンザシーズンが始まっているが、これまで人への(鳥インフルエンザ)感染は報告されていない。
 
 日本の農水省では、感染した鶏の肉や卵は十分加熱調理されている限り( fully cooked)、ウイルスが人に感染することはないとコメントしている。人への感染は多くの例では感染した鳥との接触で起きている。

 「急速に拡大している」、と宮崎県の家畜衛生局のKoji Saito広報官が語っている。
 感染発生農場の位置が散在していることから、感染は野鳥がもたらしたウイルスによるものと専門家達が考えていると、同広報官は語った。
 農水省のウエブサイトによると、日本では昨年10月以来、ハクチョウやカモ等の野鳥で、鳥インフルエンザが確認された事例が7件起きている。そのうち6件でH5N1ウイルスが確認されている。
 韓国でも先週、ソウル近くで2件の鳥インフルエンザの発生が確認されているが、同国では、昨年12月31日以来40カ所の農場で550万羽の家きんが(鳥インフルエンザ拡大防止のために)殺処分されている。

 日本の他の2県、すなわち鹿児島県と愛知県でも1月に2農場で発生が確認され、合計16万羽近い鶏が殺処分されている。11月には西日本の島根県の農場でも発生して、2万羽の鶏が殺処分された。


Emergency meeting called to curb bird flu  French Tribune (フランス) 鳥インフルエンザ対策緊急会議が開催

Japanese farm ministry holds emergency meeting on bird flu TopNews United States (米国) 日本、農業省、鳥インフルエンザ対策緊急会議を開催
TOP