高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年1月

1月31日


国内情報
・死亡鶏回収業者が養豚業も兼業 西日本新聞
・長崎市内の池で死亡したカモ類のオシドリが簡易検査で鳥インフルエンザ陽性 読売新聞
・検査した検体すべてで異常なし。野鳥の鳥インフルエンザ保有状況(平成22年12月分).。ガン、カモ類の糞系2141検体 環境省 EICネット
・福島県郡山でさらにH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出。5羽目。 時事通信
・島根県宍道湖でキンクロハジロが鳥インフルエンザで死亡した可能性  時事通信
・宮崎県、高鍋町の鳥インフルエンザ発生養鶏場。鶏4万羽の殺処分終了 徳島新聞
・鳥インフルエンザ、宮崎の高鍋町で6例目…4万1千羽殺処分へ。 読売新聞 

Kyodo news summary -5- istockAnalyst.com (国際) 共同ニュース要約 5  
  Bird flu suspected at another chicken farm in Miyazaki Pref.  宮崎県の他の農場で鳥インフルエンザが発生した疑い
 死亡した鶏が宮崎県の高鍋町の5万羽飼育する養鶏場で見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザが陽性の結果が得られた。
 高鍋町には26件の養鶏場があり、合計68万羽の鶏が飼育されている。
 ウイルス検査で確認されたら同県で6件目の鳥インフルエンザ発生となる。
 1月30日


国内情報
・宮崎県高鍋町の0養鶏場で都鈴フルエンザ発生疑い。死んだ鶏が見つかり5検体中3検体で簡易検査が陽性。 毎日新聞
・鳥取県、米子市内で野鳥がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いから、西部で野鳥監視強化 読売新聞
・愛知県、鳥インフルエンザ電話相談殺到。鳥を触っても大丈夫か、野鳥が死んでいた、鳥を飼っていても大丈夫か等  読売新聞


Japan holds emergency meeting on bird flu epidemic Hindustan Times (インド) 日本、鳥インフルエンザ流行で緊急会議開催
 日本の農水省は各県の担当者を東京に集めて、拡大対策について話し合った。
鳥インフル:宮崎で6例目疑い…高鍋町の養鶏場 毎日新聞
 宮崎県高鍋町。30日、約4万羽を飼育する養鶏場で鶏が死亡し、検査した5検体中3検体が簡易検査で陽性に。
 同県ではこれまで2市3町の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生している。合計約54万羽が殺処分されている。

WHO、インフルエンザ情報更新 1月28日
 要約
 北米におけるインフルエンザ流行程度は地域における多少の差はあるものの減少に転じている。北米における流行の主流はA(H3N2)ウイルスによるが、米国ではB型ウイルスによる感染者も多い。英国では流行の中心はA(H1N1)2009ウイルスによるものであるが、流行のピークは既に越えている。一方、ヨーロッパ大陸における流行は拡大中であるが、それは特に西部で顕著であり、多数の重症者や死者の発生が報告されている。重症例はA(H1N1)2009、A(H3N2)およびB型全てで起きているが、A/H1N1が占める割合が高い。ヨーロッパと米国で分離されているウイルスの大多数は、ワクチン株と近縁である。北アフリカと北アジアにおける流行は最近ピークを迎え、感染者数は減少しはじめている。熱帯地域では、南アジアの数カ国でH1N1(2009)が流行しはじめている。他の熱帯地域と南半球の温帯地域ではインフルエンザ発生の報告は少ない。

Flu epidemic reported in Russia  UPI.com  (国際) ロシアでインフルエンザ流行
 モスクワ市内で少なくとも9万人以上がインフルエンザに罹患したと保健当局者が発表した。
 多くの学校が休校となった。
 モスクワでは死者は出ていないとされるが、他の地域では報告がある。
Avian flu spreading at rapid pace AsiaOne  (シンガポール) 日本、鳥インフルエンザ急速に拡大
 The Yomiuri Shimbun
 日本における鳥インフルエンザの拡大状況をまとめている。 
 昨年10月に稚内でカモの糞からウイルスが検出、そして島根の養鶏場で発生、続いえ各地で広がっている状況。
 渡り鳥がウイルスを持ち込み、そのウイルスが他の野鳥に感染して家きん農場へも拡大と想定。
 農水省高官は3月頃までは高度に警戒が必要と談話。

 1月29日


国内情報


・環境省、野鳥糞調査、キンクロハジロ死骸からH5N1ウイルスが検出された宍道湖岸 読売新聞
・全国各地で「鳥が死んでいる」との通報次々 読売新聞
・宮崎県、新たな2例も感染確認。川南町と延岡市の養鶏場。遺伝子検査で確認。 時事通信


Moscow to shut all schools due to flu AFP (国際) モスクワでインフルエンザにより全小学校が休校に
 モスクワと、少なくとも他の2都市でインフルエンザ流行により1週間休校となる。1学年から8学年まで月曜日から1週間休校とされる。
 9万二千人のモスクワ市民が最近インフルエンザに罹患したとされるが、そのうち52000人が小児である。
 休校は幼稚園は対照とならなく、また9学年から11学年も対象とならない。
 *訳者注:ウイルスはA/H1N1と考えられる。
Moscow's top health official soothes public as flu sweeps through Russia Argentina Star (アルゼンチン) ロシアでインフルエンザ流行、しかし保健当局では対策は強化されていると
 モスクワでは先週9万人がインフルエンザに感染しているが、当局は病院ベッドや薬は十分用意されているから心配はないと発表。
カナダ保健省インフルエンザ週報第3週
 全体的にインフルエンザ患者数は減少に向かっているが、推移は例年の流行曲線と類似している。
 A/H3N2が主流株であるが、A/H1N1ウイルスの分離率も少しずつ上げっている。

 定点医療機関受診患者数に占めるインフルエンザ様疾患の割合
 

 分離ウイルスの推移


米国CDCインフルエンザ週報第3週

 1月16日~22日
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者の割合は増加している。
 昨年52週にインフルエンザ流行域に入っている。
 分離ウイルス中のA/H1N1比率は増加している。
 小児で3名の死亡者が報告されているが、2名はA/H3N2で1名はB型である。
 ”肺炎&インフルエンザ”の診断名での死者数は例年の域内にある。

 定点医療機関受診者中に占めるインフルエンザ様症状の患者の割合

 分離インフルエンザウイルスの推移
 


IOM report spells out priorities for flu PPE research CIDRAP  (ミネソタ大学感染症情報センター) 米国医学研究所(Institute of Medicine (IOM) )、医療関係者のインフルエンザ予防のためのPPE(個人的標準予防具)研究のさらなる重要性を発表
 PPE研究結果が190ページにまとめられたが、医療関係者のインフルエンザ予防のための必要な予防具に関しては、さらに研究が必要とされる。
 飛沫物、および空気中浮遊微粒子により感染がおきる可能性があるが、それらがどの程度感染の中で重要な位置を占めているかは不明とされる。

Flu Cases Down So Far WCYB (米国) インフルエンザ感染者数は少ない
 テネシー州、ビリストル。
 インフルエンザ患者数は今年は少ない。
Japan: Migratory birds possible cause of bird flu outbreak WorldPoultry.net  (国際) 日本、鳥インフルエンザ発生は渡り鳥が原因である可能性が高いと

Informal poultry sales raise City bird flu concerns  VietNamNet Bridge  (ベトナム) ホーチミン市、未承認家きん販売が鳥インフルエンザ発生の危険性
 2月3日の旧正月(テト)の祝いに向けて、多くの不正な家きん販売が行われていて、H5N1鳥インフルエンザの再流行が懸念されている。
 需要が高まる中で産地が不明な家きんが未承認で販売されている。
 ビンチャン地区(Binh Chanh District )では、不法な家きんの”と殺”と販売が行われている。
 当局は取り締まりに忙しく、週に産地不明の家きん1000羽を摘発している。
 

Myanmar warns against movement of virus-carrying migratory birds in winter istockAnalyst.com (米国) ミャンマー、冬期間の鳥インフルエンザ感染渡り鳥警報
 ミャンマーの野鳥保護協会(Myanmar Bird and Nature Society)は、新華社通信に2月末まで渡り鳥が越冬していいると語り、家畜繁殖獣医局( Livestock Breeding and Veterinary Department )では鳥インフルエンザウイルスを保有している野鳥もいることから警戒するようにコメントしている。
 一方、先週初めにシットウエー(Sittway,)で3ヶ月の鶏が700羽、H5N1鳥インフルエンザで死亡している。

Bird flu hits Japan French Tribune (フランス) 鳥インフルエンザ、日本を襲う
 日本で鳥インフルエンザの流行が起きていて、保健当局によると5例の鳥インフルエンザ発生事例が報告されている。
 現在、深刻な流行となっていて、患者数は5人となっていて、60万羽以上の鶏が殺処分されている。



宮崎、新たな2例も感染確認=10万羽弱を殺処分-鳥インフル 時事通信
 宮崎県川南町と延岡市の養鶏場で新たに高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったが、同県は29日未明、いずれも遺伝子検査で陽性を確認したと発表した。県内での感染確認はこれで計5例となった。
 1月28日


国内情報

・鳥取県米子市で野鳥、ユリカゴメとキンクロハジロが鳥インフルエンザ感染の疑い 47NEWS
・宮崎県の2養鶏場で鳥インフルエンザ疑い 読売新聞
・北海道のオオハクチョウ1羽、鳥インフルエンザ陽性 読売新聞
・米子でも野鳥で鳥インフルエンザ陽性反応。ユリカゴメとキンクロハジロ 読売新聞
・宮崎で新たに鳥インフルエンザ発生疑い。延岡市と川南町の養鶏農場 徳島新聞
・北海道、浜中町でまた鳥インフルエンザ発生。オオハクチョウの幼鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス陽性反応 asahi.com
・強毒性インフルエンザ流行に対応、拡大防止へ模擬訓練。竜ヶ崎市。 茨城新聞
・宮崎県、鳥インフルエンザ3例目を確認。都農町養鶏場。読売新聞
・宮崎県都農町の養鶏場で鳥インフルエンザ、H5亜型と確認 日本経済新聞


Medical masks become new trend for shy Japanese teenagers Telegraph.co.uk (英国) 内気な日本の10代の子ども達の間で医学用マスクが新トレンドに
 インフルエンザウイルスの拡大を防ぐために使い捨てマスクを着用するculture(習慣、文化)が、日本の通勤客や職場で働く人々の間で広く広がっている。特に冬期間は顕著である。
 しかしながら多くの十代の子ども達の間でも木綿のマスクを着用する例が増えてきていて、専門家は、それが社会から逃避する目的に使われている可能性が指摘されている。
 子どもの流行に関するアナリストは、数年前はマスクを着用する十代の子どもは非常に少なかったが、現在は多くの子ども達が急に着けだしている、と語る。
 理由は、これらの十代の子ども達は何か自分を隠すものを求めているという。
 子ども隊は絶えずSMSやメールで友人達とコミュニケーションしており、その結果精神的に疲れていて、マスクを着用して自分達の感情を隠すことで、精神的安らぎを得ていると考えられる。
 若者達が集まる原宿の通りには、ファッショナブルなジャケットやブーツを身につけた十代の子ども達が大勢マスクを着けている。



香港健康保護庁インフルエンザ週報第4週
 インフルエンザ感染者数の増加が続いており、乳幼児の入院患者数が急増している。
 分離ウイルスはA/H1N1が多くを占め、他にB型とA/H3N2が少数検出されている。
 

 乳幼児と高齢者の入院数の推移
 乳幼児(赤線)の入院数が急増している。
 縦軸は人口1万人あたりの入院数
 緑色の線は、インフルエンザ関連死者数
 

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第3週
 1月17日~23日

 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は減少した。
 36週以来、インフルエンザに関連した死者数は338人(詳細情報が得られている297人中92%がA/H1N1)。2009/2010年パンデミック時の死者数は457人(2010/4/26)。
 第2週における全死亡者数は予測推定数を超えている。(Excess all-cause mortality)。
 分離ウイルスはA/H1N1とB型が主となっていて、A/H3N2は散発的に分離されている。
 
 北アイルランドでは一昨年のパンデミック時に等しい患者数となている。

 上図:地域別流行カーブ (人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数)
 下図:年度別流行カーブ (イングランドとウエールズ)


アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第3週
 1月17日~23日
 インフルエンザ流行レベルは全ての指標で低下し始めた。
 2010/2011年のインフルエンザシーズンにおける流行のピークは越えたと判断される。
 5-14歳の年齢層を除いて、インフルエンザ様患者数は減少している
 分離ウイルスは、A/H1N1インフルエンザウイルスが大部分を占め、B型が少数見られている。A/H3N2ウイルスは非常に少ない。
 今シーズン749人が入院して、98人がICUに収容されている。死者数は12人。


Avian flu spreading at rapid pace / Infection routes hard to determine ... The Daily Yomiuri  (日本) 鳥インフルエンザ急速な拡大/感染ルートの特定が困難
Fifth Case of Bird Flu Reported in Japan  WTMA  (米国、サウスカロライナ) 日本の農場で5件の鳥インフルエンザ発生
Japan Sounds High Alert As Bird Flu Spreads MedIndia (インド) 日本、鳥インフルエンザ拡大で高度警戒態勢
 愛知県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したため、15万羽の鶏の殺処分が始まった。
 これまで日本では、昨年11月以来、農場での鳥インフルエンザ発生事例が5件起きており、60万羽に上る鶏が殺処分されている。


 1月27日


国内情報


・宮崎県都農町の養鶏場で鳥インフルエンザ発生疑い asahi.com
・長野県小諸市で野生のコガモの死骸が鳥インフルエンザ検査で陽性に 47NEWS 朝日新聞
・鹿児島出水市の鳥インフルエンザ発生農場、発生後数日間に亘り卵を出荷 朝日新聞
・滋賀県大津市で死亡オカヨシガモがH5N1鳥インフルエンザに感染した疑い 毎日新聞
・沖縄でインフルエンザ患者名死亡。 沖縄タイムズ
・佐賀県、インフルエンザ猛威「警報レベル」。定点平均48.44人。四分の三が新型。一昨年のピークを越える勢い。 佐賀新聞
・高知県仁淀川町で衰弱したオシドリ(カモ、日本北部から越冬のため飛来)で鳥インフルエンザの簡易検査が陽性となった。読売新聞
・愛知県の養鶏場でもH5N1鳥インフルエンザが発生疑い。 豊橋市の採卵鶏農場。簡易検査で5 羽中4羽で陽性。 時事通信 日本経済新聞


Bird flu spreads further in Japan France24  (フランス、国際) 日本で鳥インフルエンザがさらに拡大
 日本の保健当局は(Japanese health authorities )27日、昨年11月以来5件目の家きん農場における鳥インフルエンザ発生が、中部の愛知県で発生したと発表した。
 地域当局では15万羽の鶏の殺処分を開始した。
 
 昨年11月以来、日本では47都道府県のうち4件で農場における鳥インフルエンザが発生しており、合計60万羽の鶏が殺処分されている。
Woman dies after swine flu infection in Hong Kong Inquirer.net (フィリピン) 香港で女性が豚インフルエンザで死亡
 香港保健当局が発表。
 27歳女性が25日、豚インフルエンザで入院。ICUに収容されたが同日死亡した。
 また16歳少年が重体となりICUに収容されている。

Bird flu recurs in Myanmar Examiner.com (米国) ミャンマーで鳥インフルエンザ発生
 日本で多くの家きん農場でH5N1鳥インフルエンザが発生し大量の鶏の殺処分が行われているが、ミャンマーでも鳥インフルエンザが発生した。
 2006年以来五回目の発生となる。52000羽の鶏と1000羽のアヒルが殺処分された。
 感染家きんの輸入が原因か、渡り鳥が原因か調査されている。
鳥インフル発生の養鶏場、大量死後も出荷 鹿児島 朝日新聞
 鹿児島県出水市の養鶏場。
 H5N1鳥インフルエンザで採卵用の鶏が大量死したが、その後も卵の出荷が続けられていた。
 卵を集めたトラックや獣医師が周辺の養鶏場を回っていたことも判明。
 鶏が死にだしてから数日間、卵は出荷されていたようだ。
 感染鶏の排泄物にはウイルスが大量に混じっているので、卵の表面にはウイルスが付着している可能性がある。
 1月26日


国内情報


・佐賀県、インフルエンザ猛威「警報レベル」。定点平均48.44人。四分の三が新型。一昨年のピークを越える勢い。 佐賀新聞
・高知県仁淀川町で衰弱したオシドリ(カモ、日本北部から越冬のため飛来)で鳥インフルエンザの簡易検査が陽性となった。読売新聞
・愛知県の養鶏場でもH5N1鳥インフルエンザが発生疑い。 豊橋市の採卵鶏農場。簡易検査で5 羽中4羽で陽性。 時事通信 日本経済新聞
・新型インフルエンザ疑いの搬送急増。前週288人が、17~23日には795人に 47NEWS
・タンチョウツルに異常なし。北海道で生息調査 毎日新聞
・兵庫県伊丹市の瑞ヶ池(スガイケ)で見つかったカイツブリからH5亜方鳥インフルエンザウイルスが検出 朝日新聞
・出水市の養鶏場、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出 FNN
・兵庫県で死亡の野鳥、鳥インフルエンザが確認される TBSニュース
・出水養鶏場鳥インフルエンザ疑い 読売新聞
・出水市養鶏場、異変20日、届け出25日。獣医師が解剖も行っていた。 読売新聞
・兵庫・伊丹で鳥インフルエンザ疑い。野鳥のカイツブリ(留鳥)の死骸でA型インフルエンザ反応が陽性 読売新聞
・松江の宍道湖の野鳥からもH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 読売新聞
・鹿児島県出水市の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生の疑い 時事通信


Japan culls chickens in key poultry farming area AsiaOne  (シンガポール) 日本、主要な家きん生産地域で鶏の大量殺処分が行われる
 日本の最も大きな家きん産業地域で、鳥インフルエンザが発生したことから多数の鶏の殺処分が開始された。地方当局が発表した。
 鹿児島県で8600羽の鶏の殺処分が開始されたが、それは隣の宮崎県の二カ所の養鶏場で42万羽の鶏が殺処分されたのに引き続いた。
 鹿児島県の事例は今年度3例目であるが、当局や農家ではさらなる拡大を懸念している。
Japan facing avian flu pandemic, 4th farm tests positive for virus Xinhua (新華社) 日本で鳥インフルエンザパンデミック、第四の農場でもウイルスが検出
 日本の南西部の鹿児島県の家きん農場で高病原性のH5N1鳥インフルエンザ発生が確認されたと、当局が26日に発表した。
 県当局の発表によると、検査した10羽の鶏のうち8羽で検査が陽性であったという。
 この事例は今年度3例目であるが、昨年末から4例目となる。
 1月25日


国内情報
・出水市養鶏場、異変20日、届け出25日。獣医師が解剖も行っていた。 読売新聞
・兵庫・伊丹で鳥インフルエンザ疑い。野鳥のカイツブリ(留鳥)の死骸でA型インフルエンザ反応が陽性 読売新聞
・松江の宍道湖の野鳥からもH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 読売新聞
・鹿児島県出水市の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生の疑い 時事通信
・北海道、防疫対策に本腰、浜中町・鳥インフルエンザ 朝日新聞
・香川県、定点3.82人、小学校や幼稚園でインフルエンザ感染者数増加、手洗いやうがいの徹底をよびかけ 読売新聞
・兵庫県、インフルエンザが本格化。注意報発令直前。ワクチン接種と、十分な睡眠とバランス良い栄養を 読売新聞
・先に養鶏場で鳥インフルエンザが発生した島根県安来市、さらに警戒態勢を継続 読売新聞
・石川県加賀町のコハクチョウ飛来千羽越える。鳥インフルエンザ警戒態勢強化 北国新聞


鳥インフル、鹿児島・出水で疑い 付近で525万羽飼育 日本経済新聞 
 鹿児島県出水市の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生した可能性。養鶏場で85羽が死亡。簡易検査を行った9羽中8羽でA型インフルエンザ陽性の結果。
 周辺10キロ以内では525万羽の鶏が飼育されている。
Bird flu Outbreak in Japan TopNews New Zealand (ニュージーランド) 日本で鳥インフルエンザが発生
 宮崎県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、一万羽を越える度重なる鶏の殺処分が拡大防止のために行われている。
 保健当局では事態を警戒すべき状況と宣言している。
 農水省の代表は繰り返し、感染鳥に長時間接触しない限りウイルスは人には感染しないとコメントしているが、人の感染例は香港やインドネシアで報告されている。
{Though representative from the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries reportedly confirmed that the virus is not infectious to humans, unless in close contact with the birds for a long period of time, human cases have been reported in Hong Kong and Indonesia.}。
Number of flu cases increases but at a normal seasonal rate TheNewsTribune.com  (米国) アラスカ、インフルエンザ患者数は急増しているが、例年のインフルエンザの範囲内である
 インフルエンザ患者数と重症者数は増えているが、例年の範囲内と当局ではコメントしている。
WHO: Europe's flu activity shows slow increase CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) WHO:ヨーロッパのインフルエンザ流行は徐々に拡大
 最近のWHOインフルエンザ情報では、ヨーロッパでインフルエンザが徐々に西部から東部に拡大している。
 いくつかの国では2009H1N1が流行の中心となり多くの重症者が発生している。
 16カ国では広汎な流行を示し、7カ国では地域的流行している。
 最も感染している年齢層は15歳以下となっている。
 アイルランドではインフルエンザ流行で、医療機関に過度な負担が加わっている。
 西部および北部のヨーロッパでは、2009H1N1ウイルスが流行の中心となっている。東部ではAH3N2とB型も流行している。
 ベトナムのハノイでは、現地報道によると、最近2009H1N1の急激な流行が見られている。
 エジプトでは医師が2009H1N1で死亡している。保健省によると喫煙による慢性の肺の炎症があったとされる。
Student Dies From Flu, Vaccination Effectiveness Questioned  Daily Health Report (米国) ワクチン接種済みの小学生、インフルエンザで死亡
 ニューjジャ-ジー。
 死亡した小学生を含めてワクチン接種済みの他の生徒でもインフルエンザを発症していることから、両親の間にワクチンに対して不信感が芽生えている。

Japan to slaughter 410000 chickens for bird flu  Zee News (インド) 日本、鳥インフルエンザ発生で41万羽の鶏を殺処分

Bird flu outbreak confirmed in Japan  WA today (オーストラリア) 日本で鳥インフルエンザが発生
 宮崎県の新富町で41万羽の鶏が殺処分


Battling bird flu Shanghai Daily  (中国) 日本、鳥インフルエンザとの戦い
 宮崎県新富町の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生して、周辺の農場を含めて41万羽の鶏が殺処分に。

 1月24日

国内情報

・防鳥ネットに穴、鶏舎に入る作業員の服・靴換えず asahi.com
・鳥インフル:「終わらせる」一転拡大、県振り回される 宮崎  毎日新聞
・宮崎、鳥インフルエンザ2例目、41万羽を殺処分に 日本経済新聞

網に穴・服や靴換えず… インフル発生養鶏場、防疫不備 朝日新聞
 宮崎県の鳥インフルエンザ発生農場の作業員が鶏舎に入る際、服や靴を換えていなかった。
 死んだ鶏の回収を先に鳥インフルエンザが発生した宮崎市の養鶏場と同じ業者に依頼。養鶏団地内では、死骸置き場を12鶏舎が共同で使用しており、各鶏舎の作業員や車でウイルスが拡散した可能性があるとして、宮崎県は団地全体の41万羽の殺処分に入った。
 また鶏の飲み水に水道水ではなく、山のわき水を使用し、消毒もしていなかったことから、ウイルスの混入の危険性も指摘されている。
香港で野鳥からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出  OIE報告
 香港当局は以下の事例をOIE(国際獣疫事務局)に報告した。

 ハシブトガラスとシキチョウの死骸からH5N1鳥インフルエンザウイルスを検出。

 ランタウ島タイオ(Tai O)で2011年1月18日にハシブトガラスの死骸が回収。H5N1ウイルスが検出
 ユエンロンでシキチョウの死骸が1月17日に回収。H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出。

自衛隊の派遣を要請=宮崎鳥インフル 時事通信
 宮崎県知事が鳥インフルエンザの防疫作業の強化のために陸上自衛隊の要請を派遣した。
Bird flu: Japan kills 400K chooks The Daily Telegraph (オーストラリア) 鳥インフルエンザ:日本で40万羽の鶏が殺処分
 
Japan to cull 410000 chickens to fight bird flu AFP (国際) 日本、鳥インフルエンザ拡大対策のため41万羽の鶏を殺処分
 日本の西方に位置する宮崎県の主要な家きん農場で鳥インフルエンザが発生し、約41万羽の鶏が殺処分されると当局が発表した。
 決定は一農場で23日朝に20羽の鶏が死亡していることが確認されたことによる。
 当該農場周辺には多くの養鶏場が集まっていることから、農業省は周辺農場の全鶏の殺処分を決めた。
 今回の鳥インフルエンザの発生は同県としては2007年以来となる。

 1月23日


国内情報
・新富町の養鶏団地、41万羽の鶏を殺処分 時事通信
・宮崎県新富町で鳥インフルエンザ発生疑い。 日本経済新聞
・北海道浜中町でオオハクチョウからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 FNN
・宮崎県、感染拡大恐れる農家 読売新聞
・大分県、県内鳥インフルエンザ発生備え態勢確認 読売新聞
・宮崎県養鶏場、死骸の多くは鶏舎出入り口付近。人や物に付着したウイルスが出入り口から侵入の可能性 朝日新聞
・北海道の浜中町で野生のオオハクチョウからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 日本経済新聞


養鶏団地の全41万羽殺処分=宮崎県新富町の鳥インフルエンザ 時事通信
 宮崎県新富町の養鶏農場で23日、鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかった。農林水産省によると、遺伝子検査で陽性となり、ウイルスが確認された。
 鳥インフルエンザ感染は宮崎市の農場に続き同県では今年2例目。
 この農場は養鶏団地の一角に位置し、農水省の対策本部は感染拡大を防ぐため、鶏舎が密集する団地の約41万羽すべてを殺処分する方針を決定した。

新たに4羽で強毒性確認=北海道浜中町の鳥インフル-環境省 時事通信
 環境省は23日、北海道浜中町の国定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区で死んだオオハクチョウ2羽とカモ2羽で高病原性鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。
 ウイルスタイプは22日に判明したオオハクチョウと同じH5N1型の強毒型だった。
宮崎で新たに鳥インフルの疑い=今年2例目、養鶏団地で 時事通信
 宮崎県は23日、同県新富町の養鶏農場で新たに鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったと発表した。
 宮崎市の農場に続き同県では今年2例目。感染を確認する遺伝子検査を行っており、同日夕に結果が判明する見通し。
 この農場は養鶏団地の一角に位置し、鶏舎が密集する団地全体では約46万羽を飼育している。

宮崎でまた鳥インフル疑い 6万羽飼育の農場、20羽死ぬ 日本経済新聞
 宮崎県の新富町で鶏20羽が死亡。5羽で簡易検査で鳥インフルエンザ陽性。同農場では採卵用の鶏6万6千羽を飼育している。
 同県では、先に宮崎市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生しているが、今回の例は2件目となった。

 *2007年に宮崎県でH5N1鳥インフルエンザが養鶏場で発生した際は、下記の3地域であった。
 新富町は宮崎県屈指の養鶏場密集地である。
 宮崎県清武町(2007/1/10)
       日向市(2007/1/23)
       新富町(2007/1/30)

全羅南道・霊岩で鳥インフル陽性反応、感染拡大か 聯合ニュース
 全羅南道は23日、霊岩郡の農場のカモから鳥インフルエンザの1次検査で陽性反応が出たと明らかにした。
 同農場は、高病原性鳥インフルエンザが発生した別の農場から半径10キロメートル以内(警戒地域)に位置しており、発生農場から感染した可能性が高いと防疫当局は判断している。
 同道は、詳細検査で高病院性鳥インフルエンザ感染が確認される前に、予防を徹底するため、同農場一帯から半径3キロメートル以内にある農家9戸の鶏とカモ12万羽を埋却処分する方針を決めた。
WHO、エジプトでのH5N1鳥インフルエンザ感染者を報告 WHO
 エジプト保健省は新規H5N1鳥インフルエンザの人感染例を発表した。アレクサンドリア県の1歳男児で1月12日に発症、13日に入院した。
 男児の状態は安定している。
 家きんとの接触が感染原因と考えられている。
 これまでエジプトでは121例の感染者が確認されていて、そのうち40人が死亡している。
Peak flu season could be 3 weeks away in Iowa Sioux City Journal  (米国) アイオワ州のインフルエンザ流行ピークは3週間先の可能性
 アイオワ州のインフルエンザ流行ピークは3週間先になるだろうと保健当局者が語った。
 現在3種類のインフルエンザが州内で広がっている。3~4週先にはさらに感染者数は増加すると予想されている。
10000 Birds to be culled in Japan TopNews New Zealand  (ニュージーランド) 日本で1万羽の家きんが殺処分に
 宮崎県の養鶏場で、鳥インフルエンザが発生したことことから約1万羽の鶏が殺処分されることが、日本の当局から発表された。
Japan culls 10000 chickens to contain bird flu Bangkok Post (タイ) 日本、鳥インフルエンザ拡大防止のために1万羽の鶏を殺処分
Swine flu back in Hong Kong Journal Online (フィリピン) 香港で豚インフルエンザが再流行
 市内で80人の死者が出てから1年半経過した香港で、2名の重症患者が発生している。保健当局が21日に発表した。
Condition of Swine Flu Patient in Iceland Critical  IcelandReview (アイスランド) アイスランドの豚インフルエンザ患者が重体に
 30歳女性がランドスピタリ国立病院のICUに19日入院した。
 女性はワクチン接種は受けてなく、基礎疾患を保有している。
 アイスランドでは、10~20人の感染者が確認されているが、他にインフルエンザ様症状の患者が100人以上報告されている。
 1月22日

国内情報

・北海道浜中町でオオハクチョウからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出 時事通信
・宮崎県の養鶏場、H5N1鳥インフルエンザの感染はほぼ確実 読売新聞
・宮崎市の養鶏場で全鶏約1万200羽が殺処分に  時事通信
・茨城県大洗町の病院でインフルエンザ集団発生。患者1人が死亡。入院患者17人と職員4人。A香港型と見られる。茨城新聞
・宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。三十数羽の鶏が死亡。簡易検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性反応がでた。読売新聞


オオハクチョウから鳥インフル=強毒性と確認-北海道浜中町 時事通信
 北海道浜中町の国指定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区で19日衰弱したオオハクチョウが見つかり、強毒性H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。
 環境省は22日現地周辺10キロ圏内の警戒レベルを最高度の3に引き上げて、野鳥の監視と糞便調査を開始する。
Fourth serious swine flu case confirmed RTHK  (香港) 香港、4例目の豚インフルエンザ重症患者が発生
 59歳の男性が豚インフルエンザを発症し、1月9日に入院していたが、現在ICUに収容されている。香港では最近急速に豚インフルエンザが発生してきたが、4人目の重症患者となった。
Japan Culls 10000 Chickens to Contain Second Bird Flu Outbreak Bloomberg (米国) 日本、2例目の家きん農場での鳥インフルエンザ発生により、1万羽の鶏を殺処分に
Bird flu prompts chicken cull in Japan  Australia Network News (オーストラリア) 日本で、鳥インフルエンザ発生のため、鶏の殺処分
Japan culls 10000 chickens to contain bird flu AFP (国際) 日本、鳥インフルエンザ拡大対策のために1万羽の鶏を殺処分
 日本の西部地域にある宮崎県で鳥インフルエンザが発生したため、拡大予防対策として1万羽の鶏の殺処分が開始したと、県当局が発表した。
 東京の西方900キロに位置する同県は、21日に鶏36羽が養鶏場で死亡したと発表した。
 当局によると、予備検査でH5亜型鳥インフルエンザウイルスが検出されたという。
 拡大を防ぐために、県当局では養鶏場の全鶏の殺処分と、10キロメートル以内の鶏の移動禁止と20チェックポイントでの消毒を開始した。

First death from the flu in Salt Lake County  ABC 4 (米国) ソルトレイク郡で初のインフルエンザ死者が発生
Flu cases rising in Indiana, 3 dead across state WHAS 11.com  (米国) インディアナ州、インフルエンザ拡大、3人が死亡

鳥インフルの感染確認=1万羽殺処分、半径10キロで移動制限-宮崎 時事通信
 宮崎市の養鶏場で見つかった鳥インフルエンザはH5亜型ウイルスによるものと確認され、約1万200羽の鶏の殺処分が開始された。

カナダ保健省インフルエンザ週報第2週
 国内全体のインフルエンザ流行程度は低下傾向を示している。
 分離ウイルスはA/H3N2が多いが、A/H1N1の分離率が前週の8.5%から15.5%に上がっている。

 定点医療機関を受診するインフルエンザ様患者の割合(外来1000人中)


 ウイルス分離数の推移


米国CDCインフルエンザ週報第2週
 2011年1月9日~2011年1月15日
 51週から流行域に入っているが、前週よりもいくつかの指標では流行程度の低下が見られている。しかしピークを終えたとは判断するのは妥当ではない。
 大多数の州でインフルエンザ様患者数が発生していて、国家レベルではインフルエンザ様患者の定点医療機関受診率は2.9%を示し、流行域に入っている。(2.5%が下限)。

 分離ウイルス数は急増しているが大多数はA香港型とB型である。A/H1N1の分離数も増えているが分離率は未だ少ない。
 入院者の年齢的内訳をみると、65歳以上の高齢者の割合が非常に高い。
 小児で2人の死亡が報告されている。1例はA/H3N2で、もう一例は詳細分析されてない。
 ”肺炎とインフルエンザ”死亡数は例年の流行域内にある。

 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合(全外来患者数に対する割合)
 
 

 分離ウイルス株数の推移
 インフルエンザウイルスの分離数は急増している。多くはA香港型であるが、A/H1N1の分離数も増えだしている。


 2009年A/H1N1パンデミック時に比較した入院者の年齢別内訳
 当シーズンは高齢者の入院率が非常に高い。

 1月21日


 国内情報

・茨城県大洗町の病院でインフルエンザ集団発生。患者1人が死亡。入院患者17人と職員4人。A香港型と見られる。茨城新聞
・宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。三十数羽の鶏が死亡。簡易検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性反応がでた。読売新聞
・感染症研究所発表:インフルエンザ流行が注意報レベル。定点平均が12.09。検出されるウイルスは昨年上旬以降、新型が多い状況が続いている。20歳以上の成人層が57.7%と多い。 jiji.com
・栃木、インフルエンザ注意報レベル越え 産経ニュース
・インフルエンザ、注意報をレベルを超える、静岡 産経ニュース
・福島県で野鳥からH5N1鳥インフルエンザウイルスを検出したことで、東北5県が拡大防止へ対策 産経ニュース
・福島県、郡山市、新たに強毒性鳥インフルエンザウイルスが検出。浄水場で先に2羽のキンクロハジロの死骸からウイルスが見つかったが、さらに1羽の死骸からも検出された。jiji com


HK concerned about crowding in hospitals Channel News Asia (シンガポール) 香港、インフルエンザ患者で医療機関が混乱することが危惧
 A/H1N1感染者の増加が起きている香港の病院完治局は、公共病院が患者で溢れかえることを危惧している。
 低気温が続いている香港では、患者数がさらに増える事が予想され、インフルエンザのピークは例年よりも早く、来月には到達すると当局では考えている。
 当局ではワクチン接種を急ぐように市民に伝えている。
宮崎市の養鶏農場で鳥インフル陽性…簡易検査  読売新聞
 宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。三十数羽の鶏が死亡。簡易検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性反応がでた。
UK winter flu death toll hits 254 Coventry Telegraph (英国) 英国のインフルエンザ死者数が254人に
 前週の死者数112人から、254人に第2週には増加した。
 情報が分かっている214人中195人がA/H1N1で死亡している。
 死者数の増加は認めているが、健康保護庁(HPA)では、流行のピークは過ぎつつあると判断している。
 流行がピークを越えた1から2週後に死者数は遅れて報告されてくるので、その頃に死者数はピークに達すると当局では説明している。
Two patients critically ill with swine flu in Hong Kong Monsters and Critics.com (国際) 香港、豚インフルエンザで2人が重篤に
 21歳女性と2歳女児がA/H1N1インフルエンザで重体になっていることを、クィーン・エリザベス病院の広報担当者が発表した。
アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第2週
 インフルエンザ流行レベルは依然として高い状態が続いている。
 若干感染者数の減少傾向が示されているが、ピークを終えたかどうかの判断はまだ速い。
 全体としてのインフルエンザ様患者数は減少しているが、0-4歳と5-14歳の年齢層では増えている。
 流行は今後数週間は続くと予想される。
 A/H1N1インフルエンザウイルスが大部分を占め、B型が少数見られている。A/H3N2ウイルスは非常に少ない。
 今シーズン573人が入院して、90人がICUに収容されている。


英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第2週
 1月10日~16日

 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は減少した。
 分離ウイルスはA/H1N1とB型が主となっていて、A/H3N2は散発的に分離されている。
 第40週以後分離されたA/H1N1の1001株について抗インフルエンザ薬感受性を調べたが、27株でタミフル耐性のH275Y変異を認めた(2.7%)。
 51株について完全な感受性検査を行ったが、ザナミビルに対する感受性は全て維持していて(1株はタミフル耐性株が含まれていた)。
 国営医療サービス(NHS)のインフルエンザ相談電話へのアクセス件数も減少した。
 36週以来インフルエンザに関連した死亡数は254人となった。
 全原因死亡数は第1週でも例年の想定数を超えている。

 上図:地域別流行カーブ (人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数)
 下図:年度別流行カーブ (イングランドとウエールズ)

H1N1 Flu Is Raging in Britain; Could US Be Next? Health.com (米国) A/H1N1インフルエンザは英国で猛威をふるっている。次は米国だろうか?
 この冬は大西洋を挟んで流行しているインフルエンザは異なる。
 例えば(英国の)BBCによると、先週、英国ではH1N1インフルエンザが未だ主流となっていて112人が死亡し、病院は患者で混雑し、ある家庭医はワクチン不足を訴えている。
 専門家は同じような状況がヨーロッパ全体で起きることを懸念している。

 しかしながら米国では、臨床医は最近になってインフルエンザ患者を診始めている。最も代表的季節性インフルエンザであるH3N2である。雰囲気は静かで、またワクチンは十分あり、多くは未使用になっている。
 H1N1ウイルスは簡単に航空機で米国に運ばれる?
 この問題に対して現在のところ回答はない。
 専門家によると、インフルエンザシーズンははじまったばかりで、答えるには早すぎるという。

 ニューヨークのロッチェスター医学センターのエドワード・ワルシ博士は、我々は少数のA/H1N1を診ているが他に多くのH3N2と多少のB型も診ている、どの株が流行の主流となるか経過を見ているが、現時点では予知はできない、と語っている。
 米国CDCの発表でも、1月8日までの1週間に検体の8%がA/H1N1で31.5%がH3N2だった。
 それでもワルシ教授は、H3N2が主流である状況は突然変わり得ると主張する。

 この冬、なぜA/H1N1が米国で主流とならないのかという理由は、多くの米国人が既に先の流行で免疫を獲得したことが挙げられる。
 ニューヨーク大学の准教授であるマーク・シーゲル博士は、多くの米国人はA/H1N1に対してワクチン接種を行い、また流行が拡大しているとき多くの人々が免疫を獲得した。それが今季の流行株がH3N2となっている理由である、と説明する。
 
 しかし、この若年者に感染しやすいH1N1インフルエンザが再流行することは、問題外とはされていない。
 H1N1インフルエンザは登場したときから予知できない流行の仕方を示しているから、いつまた再流行するかは予測できない、とニューヨークのレノックス病院の肺疾患専門家であるレン・ホロビツ博士は語っている。

 他にも、どの国でどのインフルエンザが流行するのかは予知は難しい、との意見もある。

 ところで、H3N2インフルエンザを軽視してはならないと警告する専門家もいる。
 H3N2は高齢者が先のH1N1以上に感染しやすく、肺炎による死者数も多い。
 昨シーズンのインフルエンザ死者数は10000万人に過ぎなかったが、例年の死者数は34000人とされる。
 H3N2が流行したなら、死者数の多くは高齢者になるとされる。

Four more deaths from swine flu BBC News (英国) 北アイルランドでさらに4人の死者が発生
 北アリルランドでこの1週間にさらに4人がインフルエンザで死亡した。今シーズンの死者数は21人となった。
 4人のうち1人は10ヶ月の乳児で、残りは成人である。
 これまで死亡した21人の中で18人が基礎疾患を保有していた。1人に関しては不明とされる。
 なおこの1週間にB型インフルエンザで1人死亡している。
Bird flu outbreak forces poultry cull Democratic Voice of Burma (ミャンマー) ミャンマー、養鶏場で鳥インフルエンザが発生
 西部のアラカン州の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、当該農場の家きんが殺処分された。
香港健康保護庁インフルエンザ週報第3週
 インフルエンザ感染者数の増加が明確になり、冬期インフルエンザシーズンの開始が示されている。
 分離ウイルスはA/H1N1が多くを占め、A/H3N2は少数となっている。
 0-4歳児の入院患者数が増加している。
 
 ウイルス分離数の推移
 

 乳幼児と高齢者の入院数の推移
 乳幼児の入院数が急増している。
 縦軸は人口1万人あたりの入院数

 1月20日


 国内情報
・沖縄県、インフルエンザ大流行に。パンデミック時以上の患者数に。警報発令。医療機関に過度の負荷。琉球新報沖縄タイムス
・岩手県でインフルエンザ患者数が倍増。新型とA香港型。読売新聞
・郡山で検出された鳥インフルエンザは強毒性と確認。時事通信


Swine flu toll 15 New Zealand Herald (ニュージーランド) ニュージーランド、昨年の豚インフルエンザの死者は15人
 国家インフルエンザ対策委員会(The National Influenza Strategy Group)発表によると、昨年の豚インフルエンザ関連による死者は15人で、入院者は700人以上と発表された。
 1989年~2004年の平均入院者は327人とされる。
Two patients flown abroad for treatment as system struggles  Herald.ie (アイルランド) 2名の重症インフルエンザ患者が国外へ搬送
 膜型人工肺治療を受けるため2名の重症インフルエンザ患者が空路でデンマークへ運ばれた。
 アイルランドでも膜型人工肺治療は受けることは出来るが、常時稼働できるのは3台しかないという。
Bird carcass tests positive for bird flu RTHK (香港) 野鳥の死骸からH5鳥インフルエンザウイルスが検出
 17日、ユエンロンで見つかった野鳥(シキチョウ)の死骸で行われた検査で、H5鳥インフルエンザが陽性と確認された。
 周辺3キロ以内の3件の養鶏場では特に異常な死亡、鳥インフルエンザ様症状を呈している鶏は見つかっていない。
UPDATE 1-S.Korea culls 15 pct of pigs, cattle for foot-and-mouth  Reuters AlertNet  (英国) 韓国、口蹄疫のために豚と牛の15%を殺処分
 韓国政府は口蹄疫のために豚と牛の15%を既に殺処分したと発表した。また鳥インフルエンザの拡大予防対策のために家きんの3%も殺処分したことも発表した。
Taiwan takes more stringent steps to prevent avian flu outbreak Radio Taiwan International (台湾) 台湾、鳥インフルエンザ対策をさらに強化
 韓国の家きん農場でH5N1鳥インフルエンザが発生していることから、台湾検疫当局では対策を強化すると19日発表した。
 渡り鳥が北方へ飛び立つ4月まで警戒態勢を維持する。
 台湾にはモニターしている渡り鳥が集まる湿地が10カ所以上存在する。
 1月19日


 国内情報

・郡山市でカモのキンクロハジがH5N1鳥インフルエンザで死亡した可能性が高いことから、県内全養鶏場で調査が行われる。朝日新聞
・山形県でインフルエンザ注意報。定点平均16.19人。自衛隊音楽隊で集団感染。河北新報社
・群馬県でインフルエンザ注意報。定点平均16.42人。読売新聞社
・静岡県でインフルエンザ集団発生相次ぐ。幼稚園、小中学校。産経ニュース


GlaxoSmithKline Starts Phase III Study Of Intravenous Zanamivir Wall Street Journal  (米国) グラクソスミスクライン社、静脈注射用ザナミビルの臨床試験第3相を開始
 インフルエンザと確定された入院患者を対象にザナミビルの静注製剤とタミフル経口製剤の効果の比較を行う。
 第3相試験の焦点は、臨床的反応が得られるまでの時間とされる。
 北半球と南半挙20カ国で462人の患者を対象とする予定とされる。
 ザナミビルの吸入薬は1999年から発売されている。
Blood plasma helps cure swine flu patients Metro (英国) 中国研究:豚インフルエンザ重症患者に回復者の血漿輸注が効果
 中国での試験的治療。2009年~2010年。
 豚インフルエンザ重症患者93人を対象として、回復患者の血漿を輸注して治療する試験研究。
 血漿輸注に同意した20人が試験グループとなり、拒否した72人が対照グループとなった。
 試験グループでは20%が死亡し、対照グループでは55%が死亡した。

 回復患者の血漿中にはA/H1N1に対する抗体が多数含まれている。
Inundated by flu cases, hospitals out of beds London Free Press  (英国) ロンドン、インフルエンザで病院ベッドが不足
 インフルエンザ、呼吸器疾患および冬期胃腸炎の患者が、ロンドンの急性期病院に溢れかえり、病院のベッド不足が起きている。
 緊急でない限り、他の医療機関を受診するように患者に求める大学病院もある。
 当局者、非常に忙しいと語っている。
Flu epidemic to peak next month China.org.cn  (カナダ、中国情報) 中国でのインフルエンザ流行ピークは来月と、専門家
LA County flu season kicks up 89.3 KPCC (米国) ロスアンジェルス郡でインフルエンザ患者数が急増
Flu concerns Global Times (中国) インフルエンザ流行
 保健当局は北京でインフルエンザの流行が始まったと発表した。
 発表によると1月1日から16日までの間にA/H1N1感染者51人が発生した。1人は重篤で、他の1人は重体とされる。
 北京CDCでは今年はA/H1N1とA/H3N2の混合流行と予想している。
 当局では公共交通機関の消毒がより改善されなければならないと注意し、また市民はワクチン接種を急ぐべきと警告している。
 1月18日

 国内情報

・茨城県内7施設で休校や学級閉鎖が行われた。幼稚園、保育所、小学校、さらに1校の高校。茨城新聞
・野鳥監視の一層強化を国が通知。渡り鳥がシベリアや中国方面へ移動する春まで警戒の継続を求めた。感染すると衰弱しやすいハクチョウやガン、発症しにくいがウイルス保有の可能性が高いカモ、感染死した個体を食べる可能性が高いカラスと猛禽類を重点監視。 47ニュース
・九州各地でインフルエンザが拡大 長崎(幼稚園、小中高;A香港型))、福岡(小学校、高校)他 毎日新聞  毎日新聞
・熊本県で18校がインフルエンザにより学年・学級閉鎖。高校を含む。読売新聞
・京都で学校欠席者100人超。小学校と中学校。読売新聞
・山梨県、新型インフルエンザによる20代の感染者が急増。検査24人中23人が新型。山梨日々新聞
・福島県で死亡渡り鳥。郡山市内の浄水場でキンクロハジロ7羽が死亡。4羽で鳥インフルエンザ陽性反応。読売新聞

Arrowe Park Hospital doctor dies from swine flu Wirral News (英国) アロウパーク病院の医師が豚インフルエンザで死亡
 イングランド、アロウパークの病院の30代医師が豚インフルエンザで死亡した。当局は全ての医療専門家にワクチン接種を受けるように求めた。

Hospitals get back to normal as they call off swine flu emergency arrangements Manchester Evening News (英国) グレーター・マンチェスター、豚インフルエンザ緊急体制を解除
 グレーター・マンチェスターにおける医療機関は、数千件の手術を延期してきた緊急体制を解除した。
 地域の保健当局は、豚インフルエンザ重症者が急増したため、ICUベッドを確保(200床以上)するために、緊急手術以外は延期するように12月末に、各病院に求めていた。
 いくつかの医療機関は今週末まで手術の延期は継続する。
Foot-and-Mouth, Bird Flu Spread  The Chosun Ilbo (韓国) 韓国、口蹄疫と鳥インフルエンザが拡大
 昨年11月末以来、韓国内で口蹄疫発生事例が128件となり、200万頭の牛と豚が殺処分されている。
 一方、26件のH5N1鳥インフルエンザ発生が各地の家きん農場で確認され、これまで352万2000羽の鶏とカモが殺処分されている。
 2008年には全国の33カ所の家きん農場で、史上最大の鳥インフルエンザが発生して、1000万羽の家きんが殺処分されている。

Mutant Swine Flu? Pravda  (ロシア) 変異豚インフルエンザ?
 A/H1N1が変異して再流行し、先の流行で感染した人々の間で再感染しているだけでなく、ワクチンも無効になっている?
 こうした事実が明らかになっているいくつかの国では、それが隠蔽されている?
 これらの疑問に答える報告が発表された。
 米国の研究者Terrence Aym が報告している。

 現在英国で流行注のA/H1N1ウイルスは変異型であって、これまでのワクチンは無効の可能性が高いという。
 変異型であることは、一昨年感染した人々の多くが感染していることからも明らかという。
 変異ウイルスを確認するための緊急研究チームがロンドン王立医科大学の研究者により編成された。
 研究結果によっては、これから2~3ヶ月間に数千人の死者が出ることが確認される。
 王立医科大学の呼吸器感染症センター長であるペーター・オペンシャウ教授は、変異がワクチンの効果にどのように影響しているか、病原性をさらに高めているのかを明確にする、とコメントしている。

 報告ではさらに心配なこととして英国当局は、変異ウイルスが危険なことを知りながら隠していることを挙げている。

 報告原文
 1月17日


Three in four mothers-to-be miss out on flu jab Mail on Sunday (英国) 妊婦の四分の三がワクチン未接種
 妊婦の四分の三が豚インフルエンザに対するワクチン接種を行っていないと保健省大臣が発表した。
 昨シーズンの冬よりもワクチン接種者は倍増しているが、それでも未接種者は70%以上と推定されている。
 保健省が妊婦に対してワクチン接種啓発を行わなかったことが批判されているが、保健省では専門家委員会が決定したことだと反論している。

 1月16日

韓国、利川市で鳥インフル感染確認、17万羽殺処分へ 聯合ニュース (韓国、日本語版) 
 京畿道 利川市の養鶏場でH5N1鳥インフルエンザが発生したことが確認された。
 鶏17万羽が殺処分された。
 同道では10日~15日の間に、利川市と隣接する安城市のカモ農場3戸でも発生している。
 これで京畿道では合計3カ所の家きん農場で鳥インフルエンザが発生したことになる。

WHOインフルエンザ週報更新(1月14日)
 要約

北米ではA(H3N2)を中心として流行が拡大していると報告されている、他に少数のB型も流行している。英国では2週前に比較すると重症例と死者の数が増加している。主としてA/H1N1ウイルスによるが、B型も少数検出されている。直近情報では英国内のICUベッドの25%がインフルエンザ患者で占められているとされる。注目されることとして、英国主任医療政務官が臨床医達に時として、インフルエンザ感染に合併することがある、細菌感染症(肺炎球菌、グループA溶血性連鎖球菌、および髄膜炎菌)が増加していることを警告していることである。しかし現在流行中のインフルエンザとの合併率に関しては調査中とされる。A/H1N1インフルエンに関連した重症患者はヨーロッパや中東でも増加している。熱帯地域や南半休の温帯地域ではインフルエンザの発生は非常に少ない。

 全訳文

エジプトで10歳少年がH5N1に感染  WHO発表
 ギザ県Bに住む10歳の少年が1月5日に発症し、8日に入院した。
 現在、少年の状態は安定しているとされる。感染原因は、家きんとの接触とされる。
 これまでエジプトでのH5N1鳥インフルエンザ感染者総数は120人で、そのうち死者は40人。

Swine flu: hospitals 'gridlocked' Telegraph.co.uk 豚インフルエンザの急増で、英国の病院には過度の負荷が加わっている
 英国国営医療サービス(NHS、英国の医療を担っている組織)は、国内の病院がインフルエンザと他の冬期間感染症(ノロウイルス胃腸炎他:訳者注)の増加で、機能が破綻直前と報告を受けている。
 この4週間、英国の主な病院は過剰な患者数の対応に追われている。
 急患室では数時間も重症患者がストレッチャーに乗せられたまま待たされている。これらの患者はその後数時間濃厚治療を続けられなければならない例も多い。

Top doctor urges Canadians to get flu shots Global Edmonton (カナダ) カナダ、公衆衛生局、ワクチン接種が必要と訴える
 公衆衛生局長官の発表談話。
 先のA/H1N1ウイルスはほとんど見られていないが、季節性インフルエンザが流行しだしえTいる。
 例えばトロントやモントリエールの病院ではインフルエンザ患者で溢れかえっている。

 最近の公衆衛生局の発表によると、オンタリオ州とケベック州では広汎な流行が見られ、さらにブリチシュ・コロンビア州とマニトバ州、およびアルバータ州でも流行が広がっている。

 9日、公衆衛生局長官は未だ流行レベルは例年の域内であるが、自分と周辺に感染を広げないためにもワクチンの接種が必要と語った。
Two young children with swine flu have died in Northern Ireland Cumbernauld News (英国) 北アイルランドで乳幼児2人が豚インフルエンザで死亡
 10ヶ月と2歳の乳幼児が死亡。
 乳児は基礎疾患があったが、2歳幼児はアイルランドから来たが詳細は分からない。
 今シーズンの北アイルランドでのA/H1N1死者数は19人となった。人口は168万人。

 リスクのある乳幼児だけがワクチン接種対照となっている今シーズンのワクチン接種方針に、批判が高まっている。
 1月15日

カナダ保健省インフルエンザ週報第1週
 1月2日~8日

 インフルエンザ患者数は増加しているが例年の流行域内に入っている。
 全体的指標から判断するとインフルエンザ流行はピークに近づいている。
 分離ウイルス株はA香港型が大多数で、A/H1N1とB型は非常に少ない。
 A香港型は高齢者から多く分離されている。
 
 定点機関を受診するインフルエンザ様患者の割合(対1000人患者中)。
 

 分離ウイルスの株数の推移
 大多数はA/H3N2(香港型)となっている。


 
米国CDCインフルエンザ週報第1週
 2011年1月2日~2011年1月8日
 51週から流行域に入った。1週では若干感染者数は減った(クリスマス休暇中である:訳者注)。しかし。インフルエンザのピークに達したとは考えられない。
 多くの州でインフルエンザ様患者数が発生していて、11州で広汎な流行、十数州で地域的に局在した流行が見られている。
 流行の立ち上がりは、この数年間で最も早い。
 分離ウイルスの大多数はA香港型とB型である。A/H1N1の分離数は非常に少ない。
 入院者の年齢的内訳をみると、65歳以上の高齢者の割合が非常に高い。
 小児で4人の死亡が報告されている。2例はA/H3N2、2例はB型。
 ”肺炎とインフルエンザ”死亡数は流行域を示している。
 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合
 50週に流行域に入ったのは早い。
 1週には感染者数は減っているが、これはピークに達したことを意味してはいないと考えられる。
 

 分離ウイルス株数の推移
 B型とA香港型で占められる。A/H1N1は非常に少ない。


 2009年A/H1N1パンデミック時に比較した入院者の年齢別内訳
 当シーズンは高齢者の入院率が非常に高い。



 1月14日


香港でA/H1N1インフルエンザが流行の兆し 香港健康保護庁
 インフルエンザ週報第1週によると、インフルエンザ患者数が軽度増加に転じたようだ。
 冬期インフルエンザシーズンが始まったとされる。
 分離ウイルスは、A/H1N1が54株、B型が11株、そしてAH3が7株。

Chicks that don't pass on bird flu News-Medical.net (米国) 鳥インフルエンザを発病しない鶏を遺伝子操作で生産
 ケンブリッジとエジンバラ大学の研究チーム。
 1月13日の”サイエンス”に論文発表。
Don't call her if you have the flu Chicago Tribune  (米国) インフルエンザにかかったら、彼女を呼ばないこと

Seasonal flu deaths more than double in Britain Reuters UK (英国) 英国、季節性インフルエンザでの死亡数が倍に
 英国健康保護庁(HPA)の報告によると、前週よりも季節性インフルエンザの死亡数が倍増し、50人から112人となった。
 確認された死者112人中95人が、H1N1インフルエンザとなっている。
 死者の大多数は65歳以下の年齢層であるが、9人が14歳以下の小児となっている。そのうち6人が5歳以下となっている。
 当局によると前週よりも増加した62人の多くは、前週に死亡したのではなく12月に死亡した事例とコメントしている。

 HPAはインフルエンザ死者数は、インフルエンザまたはその合併症で死亡した死者数の一部分を表しているに過ぎないと説明している。
 当局では通常季節性インフルエンザでの死者数は発表しないが、今シーズンはパンデミックH1N1インフルエンザが中心となって流行することが予想されているため、データを定期的に発表している。

 通常インフルエンザによる死者数は0~5000人とされているが、これらの年齢層は多くが65歳以上となっている。しかし今シーズンの死者の多くはより若い世代となっている。
 
 HPAの専門家は、社会全体でインフルエンザの拡大を抑える努力が必要と語り、咳やくしゃみが出る時にはティッシュで押さえ、使用ティッシュは直ぐ捨てて、その後は十分手洗いを行う必要があると語っている。
アイルランド保健省インフルエンザ週報第1週
 2011年1月3日-2011年1月9日
 
 インフルエンザ流行は国全体に拡大している。
 定点家庭医を受診するインフルエンザ様患者数は前週から倍増して、10万人中204.26人となった。この値はこれまでの記録の中で最大値である(2000/2001年から観測)。2009年のパンデミック時におけるピーク値は、第43週に201.3であった。
 感染者は全年齢に渡っている。
 分離ウイルスはA/H1N1が大多数を占めていて、B型が少数分離されているが、H3N2はほとんど分離されていない。
 入院数も増加し続けていて、1月12日までに393人となっているが、ICU収容患者数は72人となっている。

 年齢別インフルエンザ様患者の割合。人口10万人あたり。
  左:本年、右:一昨年(年齢を示す色は異なっている。65歳以上は青、15~64歳は黄色、0~4歳は赤)。


英国保健省インフルエンザ週報第1週
 2011年1月3日-2011年1月9日
 定点となる家庭医がクリスマス休暇であったことと、学童も学校は休みだったことから、各指標の解釈には十分注意を要するとされる。
 しかし、北アイルランド以外の地域ではインフルエンザ様患者数は減少している。
 国営医療サービス(NHS)のインフルエンザ相談電話件数も減少している。
 分離ウイルスは大多数がA/H1N1で、B型が少数占めている。
 36週以来のインフルエンザ死亡者は112人人。前週よりも倍増しているが、多くの例は昨年末の死亡者で報告が遅れていたものである。
 
 上図:各地域ごとのインフルエンザ患者数(人口10万人当たり)。
 北アイルランドで患者数は増加しているのに対して、他地域ではピークに達している可能性もある。
 北アイルランドの患者数は一昨年のパンデミック・ピーク時に等しい。
 (薄い線は一年)
 
 下図:年度ごとのインフルエンザ発生数(イングラントとウエールズ)


17 die from Swine Flu in NI U.TV  (英国) 北アイルランドの豚インフルエンザ死者数が17人に
 11月以来の北アイルランドにおける豚インフルエンザでの死者数が17人になったと公衆衛生当局から発表された。先週よりも3人増えているが、当局は例年のインフルエンザシーズンに比較して、特に異常と判断する状況ではないとコメントしている。
 現在小児4人と成人30人が濃厚治療を受けている。
 感染者数の増加率は少し鈍化してきたと当局は判断している。
 
H1N1 Kills 12 in Germany, 1 in Korea Arirang News  (英国) H1N1インフルエンザ、ドイツで12人死亡、韓国で1人
 ドイツのロバート・コッホ研究所が発表したところによると、ドイツでは昨年10月以来H1N1インフルエンザで12人が死亡したことを発表した。当局で注目しているのは、このうち5人が、この5日間に死亡したことである。
 一方、韓国では12日、全羅南道で55歳男性が死亡した。
 1月13日

GPs in Wales report a slight drop in new flu cases BBC News (英国) ウエールズ:家庭医の報告ではインフルエンザ患者数が軽度の減少
 
H1N1 swine flu found in UK poultry Farmers Guardian (英国) 英国の家きん農場でH1N1豚インフルエンザが発生
 チェシャー(Cheshire)の七面鳥農場で定期検査でA/H1N1豚インフルエンザウイルスの感染が確認された。
 軽度の症状を出したが、全て回復した。
 世界各地でA/H1N1豚インフルエンザの家きんへの感染は報告されている。米国、カナダ、チリ、およびフランス。英国では初の事例。
Swine flu: The last picture of our darling daughter just hours before the H1N1 ... Daily Mail (英国) 豚インフルエンザ:H1N1で死亡する数時間前の最愛の娘の姿
 3歳少女がクリスマス・イブに風邪症状を呈した。そして2日後に死亡した。豚インフルエンザ(A/H1N1)だった。
 両親は死亡する前の娘の写真を公開して、全ての子ども達がワクチン接種を受けられるように、政府に訴えている。
 娘は何も基礎疾患がなかったことから、現在のワクチン接種規則上、接種の優先権がなかった。
 しの直前の痛々しい少女の写真が掲載されている。
Man in Croatia dies of swine flu despite having been vaccinated against it 570 News  (米国) クロアチア、インフルエンザワクチン接種男性が豚インフルエンザで死亡
 46歳男性。肥満で糖尿病他の基礎疾患を患っていた。
 一ヶ月前に季節性インフルエンザワクチンを接種していたが、豚インフルエンザに感染して死亡した。
 今シーズン、クロアチアで3人目の死者。
 1月12日

Extra Flu Jabs Allocated To NI 4ni.co.uk (英国) 追加インフルエンザワクチンが北アイルランドへ配布
 季節性インフルエンザワクチンが家庭医で不足している中、政府は備蓄してきたA/H1N1(豚インフルエンザワクチン)を家庭医への配布を始めた。
 豚インフルエンザが流行する中、ハイリスク者への豚インフルエンザワクチンの接種を勧めている。
Children's flu woes crowding Hub ERs Boston Globe (米国) ボストン、小児のインフルエンザ流行拡大により救急外来者数が増加
 特に5歳以下の小児、21%、5~17歳、15%。この中でA/H1N1がどの程度が占めているかは不明。
South Korea ups bird flu alert and foot-and-mouth spreads Reuters  (国際) 韓国、鳥インフルエンザ警戒報を引き上げに
 既に深刻な口蹄疫の拡大に苦慮している韓国は、H5N1鳥インフルエンザが4カ所の道の家きん農場で発生が確認されたことから、警戒レベルを引き上げた。

 11日遅くに、農業省は鳥インフルエンザ警戒レベルを”注意”から”警戒”に引き上げた。
 これまで34カ所の家きん農場で発生が疑われていたが、そのうち16カ所で確認されたと、同省はコメントしている。
 これまで感染拡大のために47万羽の家きん(全家きんの0.36%)が殺処分されている。
 鳥インフルエンザの発生は最初に昨年の12月31日に、韓国忠清南道天安市のカモ農場と、全羅北道益山市の養鶏場で確認されていた。

 韓国では高病原性鳥インフルエンザの人発症事例はない。
 これまで10年間に家きん農場で発生が3回起きている。
 政府によると、農業相は拡大対策のために全国的対策チームを立ち上げた。
 
 当局は、この流行は渡り鳥によってウイルスが朝鮮半島に運ばれてきたことが発端となっていると推定している。

 保健専門家は、ウイルスが変異して人から人へ容易に感染するようになり、世界的パンデミックが起きることを恐れている。
 これまでの人の発病例のほとんどは、鳥から直接ウイルス感染したと考えられている。

Flu had Toronto ERs beyond capacity Toronto Sun (カナダ) トロントの救急外来、インフルエンザ流行で対応能力を超える
 インフルエンザも含めて呼吸器症状で救急外来を受診する患者数は過去5年間平均の倍になっている。
 休日の受診患者数も過去十年間最大となっている医療機関もある。
 レスピレーターを装着する患者数も増えている。

 ナースや医師達がインフルエンザに罹患して休業する率も高まっている。

Pandemic H1N1 influenza vaccine effective in 2009-10 flu season  EurekAlert (国際) パンデミックH1N1ワクチンは2009/2010年流行インフルエンザに有効であった
 ヨーロッパCDCにサポートされた研究。
 今週のPLoS Medicineに掲載。
 ヨーロッパ7カ国に渡る医療機関のサーベイランスネットワークによる分析。フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルーマニア、ポルトガル、スペイン。
 65歳以下の年齢層と基礎疾患を保有してない人では、予防効果が明確。有効率は65~100%。(ワクチン未接種者の発症率を65~100%下げる)。
 
'Scary' death of swine flu woman, 36 Thorne Gazette (英国) 36歳の女性、豚インフルエンザ死亡の恐ろしさ
 ランカシャーに住む16歳の少女は、豚インフルエンザで死亡した母親は恐ろしいほどに状態が急激に悪化して死亡したと語っている。
 家族の話によると死亡した母親は体力があり、健康的だったという。
 女性はワクチンの接種は受けてなく、また基礎疾患もなかった。
 女性は12月19日に多臓器不全で死亡した。
 17歳の長女の話によると、女性は風邪気味でベッドについた翌朝呼吸困難となって、救急車で病院へ運ばれ、レスピレーターにつながれたという。そして10日後に死亡した。
 ”怖い話だ、高齢者や妊婦、基礎疾患を持っている人が悪化するというが、母親はそうではなかった”、と家族は語っている。

 ”母親は豚インフルエンザに感染した、そして死んでしまった。それは誰にでも起きえる。本当に怖い”。

Health services struggle to cope with record number of patients  Lancashire Telegraph (英国、ランカシャー) 保健医療サービス、記録的患者数に対応を苦慮
 東部ランカシャーの家庭医、救急外来、救急搬送サービスは、インフルエンザ患者数の記録的増加に対して、多大の負荷が加わっている。
 北西部の病院ではインフルエンザ症状の患者数がこの1週間で倍増している。
 地域のICUベッドには重症インフルエンザ患者が25人収容されている。
 多くは喘息や呼吸器疾患などの基礎疾患保有者である。
 ランカシャーでの死者は1人であるが、英国全体では50人とされる。 
Bird flu hits Jeolla provinces, FMD spread feared  동아일보 (東亜日報、韓国) 全羅道地域で鳥インフルエンザが拡大、口蹄疫も拡大
 新たに全羅南道地域で6カ所のカモ農場で鳥インフルエンザが発生し、合計13カ所に達したことが、農林水産食品部から11日発表された。
 既に同地域での殺処分数は80万羽を越えている。
 1月11日

S. Korea raises alert against bird flu Straits Times (シンガポール) 韓国、鳥インフルエンザ警報を引き上げる
 韓国は鳥インフルエンザの急速な拡大に対して警報レベルを第二高度警戒レベルに引き上げた。
 鳥インフルエンザ発生地域から3キロ以内の全鳥の殺処分を行う。

 強毒性の鳥インフルエンザが既に国内の4道に12月31日以来拡大している。
 さらなる厳密な対策を行う必要があることから措置となった。

新型インフルで70代女性死亡、蔚山市で2人目 聯合ニュース (韓国、日本語版)
 慶尚北道蔚山市で新型インフルエンザ(A/H1N1)に感染した70代の女性が死亡した。
 4日にも60代女性がA/H1N1インフルエンザで死亡している。
Swine flu survivors offer clues to new vaccine Independent  (英国) 豚インフルエンザ回復者が新ワクチン開発の手がかりに
 AFP報道
 下方のロイターと類似内容。
Flu hits South and New York City Louisville Courier-Journal  (米国) 米国、インフルエンザ、南部とニューヨークで流行を拡大
 南部とニューヨークでインフルエンザ流行が拡大しているが、じきにそれは全土に広がると予想される。
 十分量のワクチンが確保されているから、待つことなく早急に接種をうけるべきと考えられる。免疫が着くまでは2週感要するからだ。

 例年は1月と2月がインフルエンザが最も流行を拡大するときであるが、時には3月まで続くこともある。
 この冬は、よく知られた厄介なインフルエンザであるH3N2が、これまで流行を拡大してきている。
 この株は他のタイプのインフルエンザ以上に肺炎や合併症を引き起こしやすい。

 海外では状況は異なり、英国では豚インフルエンザが再流行し、ワクチン不足が起きている。ヨーロッパCDCでは、このインフルエンザが大陸中に広がるのは間違いのないことと考え、ワクチン接種の強化を勧めている。特にワクチンによる予防対策が、歴史的に十分でないフランスやドイツに警告している。

 米国政府は今シーズン、1億6000万回分のワクチン量を準備しているが、記録的量となている。
 昨年は1億1400万回分のワクチンしか使用されなく、多くのワクチンが余剰となった。理由は流行がピークを過ぎてからワクチンが供給され、多くの人々が接種に対する関心を失ったせいである。
 
 南部の州ではB型インフルエンザの流行も見られ、医師達によると例年以上に回復まで時間がかかるとされている。

Call to ban private flu vaccines BBC News (英国) 英国、ワクチン不足:個人的インフルエンザワクチン接種を禁止すべき
 英国家庭医協会(Royal College of GPs )のクレル・ゲラダ(Clare Gerada )会長は、インフルエンザワクチンの不足から、薬局での個人的接種を禁止すべきと主張している。
 報告によると家庭医の中にはワクチンが入手できない例が増えているという。
 ハイリスク者への接種を行うためにも、薬局で個人的に健康人が接種を受けることを保健省は禁止すべきと主張している。
 
 今シーズンは、例年よりも多い約1500万回分のワクチンを保健省は用意したが、重症者数が増加したため、遅れてワクチン接種希望者数が増えている。
 そのためワクチン不足が発生し、妊婦や基礎疾患保有者に接種できなくなる事態が起きている。
City opens more clinics to combat flu Toronto Sun (カナダ) トロント市、インフルエンザ様無料ワクチン接種クリニックを増設
 トロント市公衆衛生局は10日、新規インフルエンザ株(H3N2)に多くの人々が例年のインフルエンザシーズンよりも感染していて、それは高齢者と小児に危険な状況であると警告した。
 無料ワクチン接種をさらに多くの市民に提供するために、市はワクチン接種クリニックを多数増やした。
 ワクチン接種による効果が現れるまでは2週間要するが、市では今から接種しても遅過ぎはしないと説明している。

 昨年秋に見つかったインフルエンザ患者10人のうち9人から、より重症系のインフルエンザであるH3N2が検出された。
 その後739人のインフルエンザ患者がこれまで報告されているが、2004年から2009年までの5年間の平均は109人であったことから考えると、今年は異常に感染者の数が増加していると言える。
 2009年から2010年のパンデミック時には、春までに3072人の感染者が報告されたが、ほとんどはA/H1N1であった。
 オンタリオ州は現在最も感染者数が多い。
 
 今シーズンの流行が始まってから、7人が死亡し、91人が入院し、そして数人がICUに収容されている。
 当局によると、例年のこの時期のインフルエンザ関連死者数は2~3人とされる。
 感染率は4歳以下の小児と65歳以上の高齢者で顕著とされる。

 トロント市:オンタリオ州の州都、人口約500万人

 参考:カナダにおけるA香港型ウイルスの年齢別分離数(第51&52週)


For the Very Obese, H1N1 Was More Apt to Be Fatal MSN Health & Fitness  (国際) 悪性肥満者(超肥満者)はA/H1N1感染が致死的になる可能性が大きい
 カリフォルニア保健局の研究。
 2月1日発行の”臨床感染症雑誌(Clinical Infectious Diseases)に発表。
 肥満度指数(BMI)が40以上のA/H1N1感染者の致死率が一般の人々よりも3倍高いことが確認された。
 対象者には20歳以下の年齢層や妊婦は含まれていない。
Swine flu survivors built super flu antibodies msnbc.com (国際) 豚インフルエンザ回復者は万能型インフルエンザ抗体を産生
 ロイター

 A/H1N1インフルエンザ回復者から回収した抗体分析結果は、H1N1やH5N1ウイルスを含む多くのインフルエンザに効果を発揮する万能インフルエンザワクチン作成の可能性をさらに強める結果となった。研究者達が10日発表した。
 発表によるとA/H1N1パンデミックインフルエンザに罹患した人々は多くの季節性インフルエンザ、さらにはH5N1インフルエンザをも予防する抗体を産生していたとされる。
 この事実は、万能ワクチンの作成は本当に可能であることを意味している、とシカゴ大学のパトリック・ウイルソン博士は説明し、エモリー大学の共同研究者とともに医学雑誌の”Journal of Experimental Medicine’実験医学雑誌”に発表した。*訳者注:当雑誌は医学雑誌の中でも最高峰の一つ。

 米国保健当局によると、万能ワクチン作成が可能になると、米国で年間3300人から49000人死亡するインフルエンザ予防に、巨大な効果が期待されるとされている。
 
 研究結果の要約:
 86人の回復者からリンパ球採取、抗体産生-->A/H1N1ウイルスと反応する86種類の抗体を分離
 5種類の抗体が、1919年のスペインインフルエンザやH5N1を含む多数のウイルスと反応。
 これらの抗体の中のいくつかは、先に見いだされている万能型抗体と形態学的に類似。

 これらの抗体はウイルス表面のヘマグルチニンの幹部分を標的とすると考えられ、この幹部分は2年前に抗原性の変化が少なく、多くのウイルスに共通する抗原部分であることが確認されている。
 A/H1N1回復者の体内で万能抗体が産生された理由は、従来のウイルスと抗原性が大きく異なることから体内の免疫機構が、ヘマグルチニンの幹部分を含むウイルスの保有する特有な抗原を認識したと推定されている。


 1月10日


Bird flu spreads to northern S. Korea Yonhap News (韓国、聯合ニュース) 鳥インフルエンザ、北部韓国へも拡大
 韓国北部の京畿道安城市(アンソンし)、ソウル南方77キロ、のカモ農場でH5N1鳥インフルエンザの発生が確認されたことを、韓国は本日確認した。
 同農場では週末に多くのカモが死亡していた。
 当事例は首都を取り巻く京畿道で、3年ぶりに発生した。
 鳥インフルエンザ(H5N1)は、空気媒介感染症で、人へも感染する可能性があが、韓国では発病例はない。
 当局によると、京畿道の事例は、昨年暮れ31日以来9例目の家きん農場発生となった。
 農場のカモ32000羽は昨日殺処分されている。
Swine flu fears rise as schools reopen  Irish Independent (アイルランド) 学校が再開されたことから、豚インフルエンザの流行が懸念
 本日から学校が再開。
 豚インフルエンザの急増が懸念される。
Cameron in call over flu vaccines  MK News (英国) キャメロン首相 インフルエンザワクチン不足は政府の責任ではないと
 本年度政府が用意した季節性インフルエンザは1400万万回分。流行の急増で接種者が増え、地域によって不足している。
 政府が財源を切ったのではないかという批判に、キャメロン首相は、ワクチン委員会で決定した量であり、政府が勝手に量を減らしたのではないと説明。
 GPs urged to save seasonal flu vaccine for two groups Irish Times (アイルランド) 家庭医、季節性インフルエンザワクチンはハイリスク者だけに接種するように指導
 季節性インフルエンザワクチンが不足している現在、家庭医達に季節性インフルエンザワクチンは妊婦と基礎疾患を保有している小児だけに接種するように、HSE(保健医療サービス)から指導されている。
 他の人々は備蓄されている先のA/H1N1ワクチンを接種して、季節性ワクチンが入荷しだい、再度ワクチンの接種を行うようにとされている。
Flu Season Could End Up Being Worst In Many Years  SmartAboutHealth (米国) 今年度のインフルエンザは過去数年間中最悪の可能性
 インフルエンザシーズンは始まり、多くの人は今年のインフルエンザは過去数年来最大の流行になることを恐れている。
 インフルエンザは今世界中に拡大していて、いくつかの株が同時に流行して多くの死者を出している。
 今日まで知られている最も致死的株はH1N1豚インフルエンザである。
 この株はこれまで世界中で多くの死者を出していて、多くの地域で脅威が続いている。

 ロンドンの王室医科大学の研究チームは、シーズンが終わる前にH1N1ウイルスが変異する可能性があることを見いだした。
 ウイルス変異でウイルスはより病原性を高める可能性が高い。
 新規ウイルスの出現を阻止することができないことは、新たな恐れとなっている。

 B型インフルエンザがH1N1以上に流行してきているが、この株に対して、高齢者にワクチンは効果が薄い。
Old flu jabs from pandemic to combat this winter's peak News-Medical.net  (英国) パンデミック時の旧インフルエンザワクチンが、この冬の流行ピークを抑えるために拠出
 今後、家庭医がどのようなシステムで必要なワクチンを入手するかの論議。
Hospitals cancel surgery to cope with flu Sleaford Today (英国) 医療機関、インフルエンザ対策のために手術のキャンセルが相次ぐ
 重症患者用のベッド確保のため、手術のキャンセルや延期を伝える医療機関が増えている。
 膜型人工肺(ECMO)も不足がちであるが、NHS(国営医療サービス)では、その数を増やしつつある。
 1月9日


Flu strikes 16000 NHS staff Mirror.co.uk  (英国) インフルエンザでNHSスタッフ1万6千人が休業
 英国の国営医療サービス(NHS)のスタッフ1万6千人が昨日、インフルエンザ関連症状で休業した。
 一週間で1200万ポンドの損失とされる。
 過去1週間で合計71900病日の休業となっている。
 この冬にNHSのナースのワクチン接種率が5人に1人であることから政府に対する批判が高まっている。
S. Korea battles bird flu, foot-and-mouth France24  (フランス) 韓国、鳥インフルエンザと口蹄疫拡大に必死の対策
 韓国、全羅南道霊岩のカモ農場3カ所でH5N1鳥インフルエンザ発生が確認された。
 12月31日以来農場における鳥インフルエンザの発生は7事例目となった。
止まらない口蹄疫感染、ワクチン接種対象を拡大 聯合ニュース - (韓国、日本語版)
 7日には全羅南道・霊巌のカモ農場でも鳥インフルエンザのウイルスが検出された。ほかの地域でも鳥インフルエンザ感染の疑いがあるとの報告が後を絶たないなど、急速に拡大する兆しが出ており、防疫当局と農家は緊急事態に備えている。
Flu threat real, Ontario health officials warn  healthzone.ca (カナダ) インフルエンザ脅威は事実、オンダリオ保健当局が警告
 今シーズン流行のAH3N2インフルエンザ高齢者にとって病原性が高い。
 H1N1パンデミックの脅威は事実であったが、個人的公衆衛生上の対策が行き届いていたことと、インフルエンザに重症化しやすい高齢者が免疫が持っていると予想外の背景もあって、多くなパニックには至らなかった。
 しかし、今年度ワクチン接種率が低いことから、H1N1パンデミック時以上の感染者と重症者が出る可能性があると、オンタリオ保健局では警告している。
Fears over mutating flu virus that could render vaccine useless
  Daily Mail  (英国) ワクチンが無効になるウイルス変異の恐れ
 政府の上級科学者達は既に軽度のH1N1ウイルスの変異を確認しているとされる。
 研究チームがウイルス変異がワクチンに対して無効になっている可能性を急遽分析し始めた。

 これまで流行中のウイルスに明確な変化生じているという根拠は得られてなく、ワクチン接種を中断したり抗インフルエンザ薬の投与をやめる必要がないが、研究チームでは重症者が変異ウイルスによて発生している可能性を調べている。
 王立ロンドン大学の研究チームが、全土から集められた数百のウイルス検体のDNAを分析している。
 チームのペーター・オッペンショウ教授は、緊急調査の目的は、ウイルス変異によりワクチンが無効化している可能性と、重症者発生の原因が変異ウイルスによるものかを判断することであると、語っている。
 現場の医師とナースの間では、ウイルス変異の可能性が言われているとされる。
Thermal image scanning for influenza border screening: results of an airport screening study  PLos one (国際、医学雑誌) 国境における体温モニター:空港におけるおける調査結果
 ニュージーランドの研究チーム。
 インフルエンザタイプにより発熱頻度が異なる。
 B型感染者は発熱頻度が低いため、検出されずらい。
 A型感染者の多くも発熱してないことも多く、今回の調査では海外からインフルエンザウイルスが持ち込まれるのを当方法では阻止は難しいとの結論。
Virological analysis of fatal influenza cases in the United Kingdom during the early wave of influenza in winter 2010/11 Eurosuveillance (ヨーロッパCDC、感染症サーベイランス) 2010/2011年シーズンに英国で流行しはじめた流行での死亡例のウイルス学的分析
 英国健康保護庁(HPA)による調査報告
 流行の中心はA/H1N1であるが、先の流行時のウイルス株と遺伝子学的に類似。
 感染者の多くは15-44歳であり、これは先の流行時の感染多発年齢が5-14歳であったのに対照的である。
 今年度の流行における入院率と死亡率も15-44歳が最も高い。
 未だ免疫が低い年齢層に感染の中心がシフトしてきていると推定される。
 これらの年齢におけるワクチン接種が重要。

 重症者と死者の多くがワクチン未接種で、早期の抗インフルエンザ薬の投与を受けていない。

CDC gives mixed report on US flu activity  CIDRAP ニュース (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) CDC、米国におけるインフルエンザ報告多様な内容
 米国CDCは7日(日本時間8日)、先週の米国におけるインフルエンザ流行報告を行ったが、その内容は多様なもので、全体的には流行の軽度減少を認めるものの、多くの州で前週よりも拡大しているとしている。
 一方ヨーロッパでは、インフルエンザ流行は数カ国で拡大していて、特に英国とデンマークで著しい流行が報告されている(WHOヨーロッパ地域事務所報告)。
 米国におけるインフルエンザ様患者数の減少は休暇が影響しているかも知れないとCDCではコメントしている。
 分離されたウイルスのうちA型が65.9%、B型が34.1%をしめた。A型ウイルスの86%はH3N2で、14%が2009H1N1であった。

 ヨーロッパでは西部地域での流行が顕著となっていて、分離ウイルスは米国とは異なり、85%がH1N1でH3N2は15%に過ぎない。

 日本では、本日のNHK報道で10週連続感染者数が増加していると報じている。
 また国立感染症研究所の発表では、シーズン当初は季節性インフルエンザが主流であったが、12月の感染者の内訳では62%が2009H1N1ウイルスによるものだったと報告している。
Facemasks and intensified hand hygiene in a German household trial during the 2009/2010 influenza A(H1N1) pandemic: adherence and tolerability in children and adults  Epidemiol Infect  (国際、医学雑誌) ドイツの家庭におけるマスクと手洗い:2009/2010のインフルエンザA(H1N1)パンデミックにおける実行率と耐容性
 ドイツの研究チーム。
 家庭内に感染者が発生した場合のマスク着用と手洗いの実行率と耐容性の調査。
 仮説:家庭内にインフルエンザ感染者が発生した場合、マスクの着用と頻回な手洗いが感染の拡大を予防する可能性がある。
 実際に指導してその実行率を調べた。
 感染者が出た41家庭の147人を対象。
 39人の感染者は14歳以下の小児。
 
 感染者が症状を出してから4日後にマスク着用率がピークとなった、小児で73%、成人で65%。
 手洗いは6日後に小児でピークとなり平均で7.7回、成人で5日後で10.1回。
 参加者の大多数はマスク着用に問題はなかったと答え、その耐容性には問題なかった。
 これらの結果から非薬学的予防法(Non-pharmaceutical interventions (NPI))は、十分実行が可能で耐容性があると考えられた。
1月8日

Fears over spread of swine flu in crowded h... Newstalk 106-108 fm (アイルランド) アイルランド、患者が殺到する病院で豚インフルエンザが拡大する恐れ
 受診する重症患者と入院ベッドがないためストレッチャーで待機する患者の間で、豚インフルエンザが拡大する恐れが指摘されている。

UK's surge in swine flu could spread News24 (国際) 英国の豚インフルエンザ大流行は間もなくヨーロッパ中へ拡大の可能性
 ヨーロッパCDCのインフルエンザ専門家であるアングス・ニコル氏は、ヨーロッパ各国の保健当局は、英国で起きているインフルエンザ大流行を十分把握する必要があると警告した。直にインフルエンザは東へ拡大してゆくはずであると語っている。
 同氏はワクチン接種率の高い国、例えば、スウエーデン、フィンランドおよびノルウエーは深刻なインフルエンザの流行は避けえる可能性が高いが、接種率の低い国、例えばフランスやドイツなどでは大流行に備える必要があると警告した。ワクチン接種プログラムと、医療機関における患者数の増加への対処が必要と語っている。
Swine flu jab to be used  West Sussex Today (英国) 豚インフルエンザ用ワクチンの使用
 英国内で今シーズンの季節性インフルエンザアクチンが不足している地域で、先の豚インフルエンザ用ワクチンを政府が提供するとされる。
 A/H1N1インフルエンザに対する効果しか期待できないことから論議を呼んでいる。
Pupils warned not to share pens and instruments when schools reopen Irish Independent  (アイルランド) 学校再開に際して、学童達にペンや楽器などの共有を避けるように警告
 アイルランド保健省は来週からの学校再開に際して、豚インフルエンザ拡大防止のために、学童達にペンや管楽器の共有を避けるように通達した。
Critical care management of adults with influenza with particular reference to
H1N1 (2009)
 英国健康保護庁(HPA)
成人重症インフルエンザ患者、特にA/H1N1に関連、の治療についてのガイドライン
 2011年1月7日
 第3版

 目次と主要な内容
 ・感染予防対策
   感染者が入院している病室に入る場合
   1メートル以内で感染者に接触する場合
   エアロゾルが発生するような処置を行う場合(喀痰吸引、挿管:訳者注)
 ・患者概要(2009年データに基づく)
  無熱者は30%
  入院率は1.3-2.5%
  入院患者の10-30%はICU収容
  入院者の50%は基礎疾患はない
  肥満、慢性呼吸器疾患、レントゲン上確認された肺炎保有者、およびCRP(炎症反応の指標検査)が100mg/dl以上、の場合は、ICU入院および死亡の確率が高い。
  ・臨床的処置
   呼吸器
    挿管と非侵襲的呼吸補助
    膜型人工肺(ECMO) 高度の呼吸障害で有効な場合が多い。
   新血管系
   腎臓
  ・微生物学的問題
  ・抗インフルエンザ薬治療
    タミフルが主流
     重症患者でも腸管からの吸収率は良好
    重症患者では吸入薬は不適
    ザナミビル(リレンザ)の静脈用製剤は承認されてないが、有効である事例が多い。
  ・トリアージに関して
  ・鎮静剤投与に関して
  ・ステロイド使用
    大量ステロイド療法の効果は明確でない。
    H5N1インフルエンザの場合は、症状の悪化とウイルス排出期間が延びる。
  ・推奨文献


カナダ保健省インフルエンザ週報第51&52週
 インフルエンザ患者数は増加しているが例年の流行域内に入っている。
 分離ウイルス株はA香港型が大多数で、A/H1N1とB型は非常に少ない。
 A香港型は高齢者から多く分離されている。
 
 定点機関を受診するインフルエンザ様患者の割合(対1000人患者中)。
 

 分離ウイルスの株数の推移
 大多数はA/H3N2(香港型)となっている。


 A香港型ウイルスの分離される年齢別内訳


米国CDCインフルエンザ週報第52週
2010年12月26日~2011年1月1日
 51週から流行域に入っているが、52週では若干感染者数は減った(クリスマス休暇中である:訳者注)。
 多くの州でインフルエンザ様患者数が発生していて、8州で広汎な流行、十数州で地域的に局在した流行が見られている。
 流行の立ち上がりは、この数年間で最も早い。
 分離ウイルスの大多数はA香港型とB型である。A/H1N1の分離数は非常に少ない。
 入院者の年齢的内訳をみると、65歳以上の高齢者の割合が非常に高い。

 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合
 50週に流行域に入ったのは早い。
 

 分離ウイルス株数の推移
 B型とA香港型で占められる。A/H1N1は非常に少ない。


 A/H1N1パンデミック時に比較した入院者の年齢別内訳
 2009-2010のA/H1N1パンデミックに比較して、当シーズンは高齢者の入院率が非常に高い。


 1月7日

WHO、エジプトにおける4人のH5N1鳥インフルエンザ感染者を報告 WHO
 エジプト保健省の発表を受けて、WHOはウエブで4人のH5N1鳥インフルエンザ感染者を公表した。
 56歳女性
 シャルキア県。12月22日発症、23日入院。タミフル治療を受けて回復し12月30日に退院。感染源については不明。
 25歳女性。
 ケナ県。12月19日発症。27日に入院。29日に死亡。感染源は家きんとの接触と考えられている。
 27歳男性。
 イスマイリア県。12月23日発症。28日入院。現在入院中。感染源は不明。
 40歳男性。
 ダカーリア県。12月25日発症。30日入院。2011年1月に死亡。家きんとの接触既往がある。

 これまでエジプトでは119人の感染者が確認され、そのうち40人が死亡している。
 

Flu season could be the worst in a decade Aberdeen Press and Journal  (英国) 英国、インフルエンザは過去十年来最大の流行の可能性
 スコットランドでこの一週間に7人が死亡したことが同行政府から昨日発表されたことを受けて、専門家達は英国におけるインフルエンザ流行が、過去10年来最大となる可能性が高いと警告した。
 英国のインフルエンザ死者は、昨年9月中旬以降50人となるが、この1週間で11人死亡している。
S Korea confirms additional bird flu outbreak Xinhua  (新華社) 韓国の農場でさらに鳥インフルエンザが発生
 韓国は7日、全羅南道のカモ農場でH5N1鳥インフルエンザの発生を確認した。
 同農場と半径500メートル以内にある4カ所の農場の家きん8400羽が予防的に殺処分された(鳥インフルエンザ発生の疑いがもたれた時点で殺処分が行われた:訳者注)。
韓国南西部でも鳥インフル 全国的な拡大懸念 47NEWS
 韓国農林水産食品省は7日、同国南西部の全羅南道霊岩のカモ飼育施設から高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと明らかにした。既に韓国では、中西部の忠清南道天安や全羅北道益山などで同ウイルスが確認されていた。
 同省によると、鳥インフルエンザウイルス感染の疑いが出た段階で、霊岩の発生施設とその周辺で飼育されていたカモ計8万4千羽が殺処分された。
全羅南道・霊岩のカモ農場で高病原性鳥インフル発生  聯合ニュース (韓国、日本語版)
 全羅南道・霊岩のカモ農場でカモが多数死亡した事件で、原因は高病原性の鳥インフルエンザだったことが確認、7日に発表された。
 食用カモ1万4000羽のうち4500羽が先月暮れに死亡していた。
 全羅南道では他にも数カ所から疑い例が報告されているという。
 これまで正式にH5N1Iが検出された事例は、野鳥で4カ所、家きん農場で3カ所。
 

韓国南西部でも鳥インフル 全国的な拡大懸念 MSN産経ニュース
 韓国農林水産食品省は7日、同国南西部の全羅南道霊岩のカモ飼育施設から高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと明らかにした。
英国保健省インフルエンザ週報52週
2010年12月27日-2011年1月2日
 定点となる家庭医がクリスマス休暇であったことと、学童も学校は休みだったことから、各指標の解釈には十分注意を要するとされる。
 しかし、北アイルランド以外の地域ではインフルエンザ様患者数は減少している。
 国営医療サービス(NHS)のインフルエンザ相談電話件数も減少している。
 分離ウイルスは大多数がA/H1N1で、B型が少数占めている。
 インフルエンザ死亡者は50人。45人がA/H1N1で5人がB型。多くは今シーズンのワクチン未接種。さらに一昨年のA/H1N1ワクチンも受けていない。
 
 上図:各地域ごとのインフルエンザ患者数(人口10万人当たり)。
 北アイルランドで患者数は増加しているのに対して、他地域では減少しているのが注目される。
 北アイルランドの患者数は一昨年のパンデミック・ピーク時に近づいている。
 
 下図:年度ごとのインフルエンザ発生数(イングラントとウエールズ)

アイルランド保健省インフルエンザ週報第52週
 2010年12月27日-2011年1月2日
 インフルエンザ流行は国全体に拡大している。
 定点家庭医を受診するインフルエンザ様患者数は前週から倍増して、10万人人口中120.6人となった。この値は流行域に入っているが、これまでの記録の中でも最大値に属する。
 感染者は全年齢に渡っている。
 分離ウイルスはA/H1N1が大多数を占めていて、B型が少数分離されているが、H3N2はほとんど分離されていない。
 入院数も増加し続けていて、1月5日までに114人となっているが、ICU収容患者数は33人となっている。
 年齢別インフルエンザ様患者の割合。人口10万人あたり。因みに一昨年のパンデミック時のピークでは0-4歳児は400人前後となっている。

 1月6日


Free flu vaccination clinics in January  FOX19  (米国) 1月も、無料のインフルエンザワクチン接種クリニックを開設
 オクラホマ州シンシナチ市の保健局では、未だワクチン接種を受けていない人々のために、1月にも無料接種外来を開く。
Flu cases show spike amid complacency about vaccines Globe and Mail (カナダ) カナダ、インフルエンザワクチン未接種者が多い中、インフルエンザ感染者数が増加
 カナダでもインフルエンザが流行し出しているが、保健当局は、ワクチン接種者数が少ないことから、昨シーズン以上に流行が拡大する危険性を警告している。
 オンタリオ州の主要な病院の救急部門は既にインフルエンザ症状の患者で溢れかえっている。
 訪問者を制限している病院も出ている。
 マニトバ州の州都であるウイニペグ(Winnipeg)の11カ所の高齢者施設ではインフルエンザの集団感染が発生している。

 流行しているインフルエンザはH3N2であるが、これは特に高齢者に危険であるが、当局はさらに住民のワクチン接種率が今年は低いことを懸念している。
 ワクチン接種率の低い理由は、先の”大騒ぎ”されたH1N1流行を多くの人は無難に乗り越えたことから、今シーズンのインフルエンザに対して関心が低くなっているせいと、当局では考えている。
 可能性から言って、昨シーズン以上のインフルエンザ流行が起きると当局では警告している。

 ワクチン接種率は、オンタリオ州でで25%(例年は35%)、トロント市ではパンデミック以前の2年間に比較して20%低下しているという。
Flu cases take over NI's intensive care U.TV  (英国) 北アイルランドにおける濃厚治療ベッドが不足状態
 インフルエンザおよびインフルエンザ様疾患の増加で、ICUおよびECMO(膜型人工肺)が不足状態に。
 インフルエンザ様疾患患者数は、人口10万人当たり135人となっているが、未だパンデミックレベルではないという。
Surgery delayed amid flu outbreak  Gainsborough Standard (英国) インフルエンザ流行により、手術が延期
 北アリルランド。
 インフルエンザと他の冬期間特有の疾患の増加で、院内は濃厚治療室と重体患者の対応で追われ、手術の延期が余儀なくされている。
 健康保護局(HPA)は豚インフルエンザ患者数は急速に増えているが、まだパンデミックレベルにはなっていないと説明している。
【主張】鳥インフルエンザ 拡大の機会減らす対応を MSN産経ニュース
 国内と韓国で相次いで見つかっている野鳥や家きんでのH5N1ウイルスに対する警鐘。
 
 正論の最後で以下のように結ぶ。
 渡り鳥の間で定着しているウイルスを完全に閉め出すことは簡単ではない。この冬の間に感染した野鳥が見つかる可能性は全国どこにでもある。養鶏場への感染もありうると考えておくべきだろう。大切なのは感染の事実を把握し、拡大を防ぐ手段を早期にとれるようにすることだ。 それは養鶏の現場の協力があって初めて可能になる。そのためにも、世の中が不安のあまり、感染報告を何か罪でも犯したかのように受け止めることは自制したい。また、死んだ鳥は素手でさわらない、鳥の死骸を見つけたら行政機関に知らせるといった一般的注意も大切だ。
鳥フルと口蹄疫、日々拡散 種豚へのワクチン接種も検討 東亜日報 (韓国、日本語版) 
 全羅南道霊岩(チョルラナムド・ヨンアム)のカモ農場で鳥インフルエンザが発生した可能性。
 飼育カモ1万4500羽中4500羽が相次いで死亡したことからH5N1鳥インフルエンザと考えられる。
 昨年暮れから家きん農場3件目での発生となる。
 1月5日


Swine flu hits Israel Ynetnews (イスラエル) イスラエル、豚インフルエンザ急増
 今シーズン、既に3人が死亡し、14人が重篤状態で入院したと保健省が発表。
 重篤患者のうち6人が小児。
 流行には地域差があり、中央部で多くの感染者が出ている。
Swine flu crisis: Just three critical beds available in Greater Manchester  Manchester Evening News (英国) 豚インフルエンザ危機:グレーター・マンチェスターでICUベッドの空きは3床に
 グレーター・マンチェスター州のICUベッドは、豚インフルエンザの重症患者の急増で不足状態になった。人口は255万。
 州には119床のICUベッドがあるが、昨日のある時点で空きが3床となった。
 既に12人が豚インフルエンザで死亡し、病院への負荷量が過大となってきている。
HUNDREDS of patients with flu-like symptoms are swamping GP surgeries and out ... South Wales Evening Post  (英国) サウスウエスト・ウエールズ、インフルエンザ患者急増で医師達が対応に苦慮
 スワンジーー湾地域では、インフルエンザ様患者が毎日医師の元を、昼夜問わずに訪れ、医師達は苦闘している。
 患者は妊婦から高齢者まで、全ての年齢に渡っている。
 この地域では少なくとも2人がA/H1N1インフルエンザで死亡し、12人がICUに収容されている。
 *スワンジー地域:人口27万人
Hospitals swamped by record number of patients  Irish Independent  (アイランド) アイルランド、記録的患者数で各病院がパニック状態
 病室が足りなく廊下に予備ベッドを並べて患者の収容、さらにはストレッチャーに患者を寝かせたまま、待機させる病院も出ている。
 多くはインフルエンザと冬期の風邪で重症化した患者である。
Seasonal flu activity picks up in Canada; predominant strain is H3N2 influenza A Winnipeg Free Press (カナダ) カナダで季節性インフルエンザが流行開始。主流株はH3N2インフルエンザ
 今シーズンの流行は例年の流行に比較して早い。
 既にトロントでは病院を受診する患者数が多くなっていて、高齢者施設での集団発生が増えている。
 感染者数は休暇中を反映して少ないが、実際は多いと想定される。

H1N1 Fatigue Blamed For Low Flu Vaccination Rates  CityNews (カナダ) H1N1インフルエンザ疲労が今シーズンのワクチン接種率低下の原因に
 カナダ、オンタリオ州保健局。
 インフルエンザ接種率が例年よりも10~15%低い。
 今シーズンの流行株はH3N2で、特にインフルエンザの中では病原性が高い(potent)。
 この株は特に65歳以上の高齢者に危険で、8から10倍の死亡率となる(若い世代に比較して)。
 保健当局によると例年オンタリオ州ではインフルエンザで1500人が死亡するが、今シーズン、既に200人死亡しているとコメントしている。
 *人口は1700万人。カナダ全体の三分の一を占めている。
S. Korea battles spread of foot-and-mouth, bird flu China Post  (台湾) 韓国、口蹄疫と鳥インフルエンザの拡大で苦闘
 1日に韓国農業省発表内容。
 口蹄疫が国内5都市の7施設で確認され、昨年11月末以来74件の発生となった。
 またH5N1鳥インフルエンザが2カ所の家きん農場で暮れに確認されている。
Swine flu being "closely monitored" U.TV (英国) 北アイルランド、豚インフルエンザは詳細に監視されている
 北アイルランド健康保護庁(HPA)は、豚インフルエンザは流行してきているが、昨年冬のパンデミックに比較すると、現時点では感染者数は少ないとし、状況は詳細に監視されていると強調した。
 患者数は急増しているが、これはパンデミックとは違うとコメントしている。
Two children die of swine flu DutchNews.nl  (オランダ) オランダ、小児2名が豚インフルエンザで死亡
 4歳と11歳の小児がA/H1N1で死亡。保健当局者は、現在、A/H1N1インフルエンザが再流行し始めたが特に問題となる状況ではないとコメントしている。
 オランダでは、昨シーズン(2009 /2010)のインフルエンザ流行では63人が死亡。
Swine Flu kills 24 in Egypt Bikya Masr (国際) エジプト、豚インフルエンザ死者数が24人に
 エジプト保健省が3日発表。豚インフルエンザで24人がこれまで死亡。多くが妊婦と慢性疾患保有者。

韓国、光州、新型インフルエンザ非常事態…呼吸器疾患者の35%に感染  innolife.net (韓国、日本語版)
 光州地域で分離される呼吸器感染者からの気道分泌物の35%からA/H1N1インフルエンザウイルスが分離されている。
 当局はA/H1N1(新型インフルエンザ)予防が早急に必要となった。
出水の鳥インフル、ナベヅル2羽から陽性反応 読売新聞
 昨年12月29日以降死亡した野鳥11羽のうち、ナベヅル2羽で簡易検査でA型インフルエンザ陽性と環境省が発表。
 1月4日


Egypt: H1N1 infection toll reaches 2172  AfricaNews  (国際) エジプト:H1N1インフルエンザ感染者数が2172人に
 エジプト保健省は、直近の豚インフルエンザ感染者数は2172人となったが、例年の季節性インフルエンザと同レベルであるとコメントしている。
Egypt reports 1st bird flu death case in 2011 Zawya (ドバイ、中東) エジプト、2011年度初の鳥インフルエンザ死者
 KUNA(クエート通信)
 エジプト保健省は、3日、2011年度初の鳥インフルエンザ死者を確認した。
 2006年に流行が確認されてから40人目の死者となり、また感染者としては119人目となる。
 患者は40歳男性でアルドゥグハリア県( al-Duqhalia )に住んでいて、今朝早くに死亡した。

 *WHOの公式統計では、昨年末の29日段階で、感染者数が115人で死者数が38人となっている。エジプト保健省報告よりも感染者数で3人少なく、死者数も1人少ない。
Half of intensive care patients have swine flu - and that figure could rise ... Mirror.co.uk (英国) 英国内のICUベッドの半数は豚インフルエンザ患者で占められ、状況はさらに悪化の可能性
 英国内にある3000のICUベッドの半数近くが豚インフルエンザ患者で占められている。
 昨夜、専門家達から警告された。このインフルエンザはかこ20年間最大の流行となっていて、現時点では終息に向かう傾向にはないという。
 休暇が明け、多くの人々が職場に戻り、子ども達が登校し始めると、病院のICUは機能不全になる可能性が高い。
 専門家はロンドンでも他の地域でもICUの半数はインフルエンザ患者で占められ、大変な事態となっていると警告している。
Britain: Flu Cases Surge, Straining Some Hospitals New York Times (米国) 英国:インフルエンザ患者が急増、いくつかの病院で対応が不可能に
 WHOによると英国ではインフルエンザの異常な流行が起きていて、同国報道では重症者数の増加でいくつかの病院のICUベッドが不足しているとされる。特に小児用ベッドがなくなっている。ほとんどのインフルエンザは先のH1N1インフルエンザ、すなわち豚インフルエンザであるが、それは現在季節性インフルエンザとなっている。
 当局によると、先の豚インフルエンザのパンデミックで、当初警告されていたよりも遙かに少ない死者数であったため、社会全体がワクチン接種にたいして懐疑的となっていることから、今年のワクチン接種率が低いとされる。
Utah hospital fights flu by limiting visitors  Salt Lake Tribune (米国) ユタ州の病院、インフルエンザ流行防止のために面会制限を開始
 ユタ州では未だインフルエンザは流行してないが、他州での流行状況から、感染者数が増加しだすことを懸念している。病院への訪問制限を行う医療機関が出ている。
 できるだけ面会者数は少なくすることを入院患者に求め、14歳以下の小児の面会禁止などを行う。
Huge Rise In Swine Flu Feared As Children Go Back To School, UK  Medical News Today (米国) 英国、休暇が終わり学校が再開すると豚インフルエンザの大流行が懸念
 ヨーロッパでインフルエンザ感染者数が非常に多い中、学校が始まるとさらに多くのA/H1N1感染者が増加することを英国では懸念されている。
 国営医療サービス(NHS)と健康保護庁(HPA)は両親達に、インフルエンザに十分警戒するように伝えている。
 リスクグループに属する人々は、今からでもワクチン接種を受けるように保健専門家達は呼びかけている。
 王室ロンドン病院のインフルエンザ専門家であるジョン・オックスフォード教授は、歴史的に見ても学校再開によりインフルエンザ感染者数が増加するのは常であると警告している。
 既に非常に大きな流行が起きているので、さらにそれが拡大するのかということよりも、どのくらい流行が続くのかが問題となる、と同教授はコメントしている。
 「このウイルスは来週に去ってしまうことはない。よしんば既に流行はピークに達しているとしても、ウイルスはさらに2,3週間は感染活動を続ける。そういう理由で、今、ワクチンを接種することは無意味とは言えないのだ」、と教授は語っている。

 インフルエンザ様症状を呈する子ども達は登校してはならない。英国の専門家達は両親や保護者達にそのように伝えている。
 複数の情報源によると、英国のインフルエンザ流行は、現在既に多くの子ども達が感染しているにも関わらず、未だピークに達してはいないとされる。A/H1N1のようなH1亜型株は、小児の間に急速に感染拡大する。
 
 英国のメディアは本日、NHSが小児用のICUベッドの確保に奔走していることを伝えた。報告によると、重症小児患者のICUベッドを探して救急車が長距離の搬送を余儀なくされているようだ。
 英国は小児用重症患者搬送用の救急車を28台用意しているが、その台数は完全に不足しているようだ。
 この様な事態に対策を講じてこなかった政府に対する批判の声が上がっているとされる。

 738人が最近ICUに収容されているとされ、そのうち17人がECMO(人工肺)に接続されている。
 これまでインフルエンザで死亡した39人中36人がA/H1N1と確定されている。
 1月3日

Don't Underestimate Normal Flu Season! TopNews New Zealand (ニュージーランド) 季節性インフルエンザシーズンを過小評価すべきではない
 通常の季節性インフルエンザは適切に対処しなければ、死亡に至ることも多い、毎年世界で25~50万人死亡している。一方一昨年から昨年流行のA/H1N1インフルエンザは約18000人死亡したといわれる。
 
新型インフル2人目の死亡者、全羅北道の女子中学生  聯合ニュース (韓国、日本語版)
 女子中学生がA/H1N1インフルエンザで死亡したことが当局から発表された。
 今シーズン2例目の死者となった。
 1例目は先月29日に男性が死亡している。
Fears Increase as Schools Reopen TopNews United States  (米国) 学校再開により、インフルエンザ脅威が拡大の可能性
 英国でインフルエンザ重症者が激増していることからICUベッドが不足しているが、さらに学校が再開されることことから、学童の感染者が急増することが予想され、混乱が起き始めている。
 国内に空いているICUベッド数が15床しかなく、多くの重症小児が100マイル以上の距離を運ばれている。
Emergency beds filling up with flu patients  Telegraph.co.uk (英国) 緊急用ベッドはインフルエンザ患者で満床に
 ICUベッドや人工肺が不足し出していて、緊急手術以外は延期されだしている。
 重症小児がベッドを求めて救急車で遠方まで運ばれる事例も増えている。
 今週学校が始まることから重症者数がさらに増加することが予想されている。
 学童は休暇のために最悪の流行に巻き込まれていなかったが、流行がピークを迎えると推定されている、今後2週間以内に感染者数が増加すると推定されている。
New flu figures to be revealed Aylesbury Today  (英国) 英国、インフルエンザ流行情報の新規データが発表予定
 保健省はICUに収容されているインフルエンザ重症者数を発表する予定である。
 インフルエンザと診断された死者数は10月以来39名であるが、今週保健省はさらに12人確認している。

 イースト・アングリアのいくつかの病院は、インフルエンザ患者の増加で、”black alert(警戒度深刻)”を宣言しているが、他にも多数の病院が”red alert(警戒度重大)”を宣言している。
 NHS(国営医療サービス)は、インフルエンザ流行が10年来最大の規模になることを予想している。
'No beds' fear as kids send flu toll soaring The Sun (英国) 小児用ICUベッドが不足に
 明日から学童が登校し始めるが、それによりインフルエンザ感染が拡大する。
 専門家はICUベッドが不足することを懸念している。
口蹄疫、済州除いて全国に拡散 鳥インフル防疫にも総力 東亜日報
 韓国政府は、口蹄疫と鳥インフルエンザ(AI)が拡散し、済州島(チェジュド)を除いた全国が家畜の疾病で頭を悩ませている。事実上、全国が総力防御体制圏域に入った。
 昨年11月29日発生した口蹄疫は、慶尚北道(キョンサンブクド)、京畿道(キョンギド)、仁川市(インチョンシ)、江原道(カンウォンド)、忠清北道(チュンチョンブクド)を経て、2日、忠清南道(チュンチョンナムド)まで拡散した。口蹄疫は6市道37の市郡で発生し、殺処分の規模は66万頭を越えた。一方、口蹄疫が発生していない全羅南・北道(チョルラナム・ブクド)、慶尚南道(キョンサンナムド)は高病原性鳥インフルの防疫に力を入れている。全羅南道と慶尚南道は野生鳥類で、全羅北道と忠清南道は家擒類でそれぞれ鳥インフルウィルスが発見された。
Schools put on swine flu alert: As Christmas holidays end, doctors warn of a ... Daily Mail (英国) クリスマス休暇が終了し、学童が学校に戻ると、豚インフルエンザ流行が拡大の可能性
 クリスマス休暇が終わり、学校や保育園が始まるとインフルエンザの流行が拡大する危険性を専門家は警告している。
 インフルエンザは過去10年間最大の流行となる可能性が大きい。

 両親の中には子ども達を学校に戻すことを恐れている人たちも多い。
Health chiefs step up flu jab warning after deaths This Is Lancashire (英国) 豚インフルエンザによる死者数が増加により、保健当局はワクチン接種を勧奨
Swine flu increment rate is higher in Britain French Tribune (フランス) 豚インフルエンザ感染者が英国で急増
Swine flu incidence on the rise in Karachi Business Recorder (パキスタン) カラチで豚インフルエンザが流行しはじめる
 デング熱が終息したパキスタンで豚インフルエンザが発生し出した。
 1人が死亡したが、当局によると12人の感染者が報告されているとされ、そのうち11人がカラチ市内とされる。
S.Korea battles spread of foot-and-mouth, bird flu France24 (フランス) 韓国、口蹄疫と鳥インフルエンザの拡大対策に追われる
 AFP報道
S Korea battles foot-and-mouth and bird flu NEWS.com.au (オーストラリア) 韓国、口蹄疫と鳥インフルエンザ対策に追われる
South Korea battles FMD, bird flu ABS CBN News (米国) 韓国で口蹄疫と鳥インフルエンザが発生、感染拡大対策に苦慮
 韓国は2日、新規口蹄疫の7例を報告し、最悪の流行となっている。また2年ぶりに家きんのH5N1鳥インフルエンザの発生も確認した。
Rare birds in Japan have avian flu  Bellingham Herald (米国) 日本で特別保護鳥が鳥インフルエンザに感染
 下記内容と同じ。
Rare birds in Japan have avian flu  Kansas City Star (米国) 日本で特別保護鳥が鳥インフルエンザに感染
 日本でこの冬、鳥インフルエンザに感染する鳥が増えていて、専門家は対策に頭を悩ませている。
 鹿児島県の出水平野で5羽のナベヅルが鳥インフルエンザに感染しているのが確認された。同ツルは政府より特別保護鳥に指定されている。
 希な保護鳥が感染した場合、どのように扱うかを規定した法律がない。

 家きんが感染した場合の処置は法的に殺処分とされている。
 しかし野鳥の扱いは環境省が主管しているが、野鳥が鳥インフルエンザに感染した場合の取り扱いに関しては、一切法的に定められてない。
 専門家は長らく野鳥がウイルスを運んでくる危険性を指摘していたが、政府は何ら対策を講じていなかった。

 専門家会議でも特に建設的意見は出されていない。
 感染したツルを他のツルから隔離する案がされているが、それが最善とはならないことも指摘されている。

 1月2日

Sweden sees first swine flu death this season Inquirer.net スウエーデンで初の豚インフルエンザ死者発生
 豚インフルエンザを発病して、ICUで治療を受けていた7歳小児が死亡した。今シーズン初の死者となった。
 昨シーズンの豚インフルエンザ流行では30人が死亡している。
Swine flu surge causes critical shortage in intensive care beds for children Mirror.co.uk (英国) 豚インフルエンザ流行拡大のために小児用ICUベッドが不足に
 小児濃厚医療学会会長のケビン・モリス博士は、国内に小児用ICUベッドが不足していて、同博士の経験としては初めての事態となっていると、警告した。

 豚インフルエンザでこの冬に39人が死亡し、そのうち5歳以下の小児は4人とされる。
 同博士は、さらに小児用ICUベッドがないことは、他の国に患者を輸送しなければならに事態を意味している、と語った。(実際に、昨年はECMOベッドが不足して、スウエーデンに患者を運んだことがある)。
 国内に小児用ICUベッドは305あるが、その20%は重症豚インフルエンザ患者で占められ、昨夜の時点で空きベッドは国内で15となっている。
 同博士は、来週には季節性インフルエンザ(英国ではB型インフルエンザも発生している)と豚インフルエンザがさらに拡大して、ベッドは完全に無くなる状況だ、と警告した。

 他に家庭医や薬局から、ワクチンやタミフルの在庫がなくなったという報告が相次いでいる。
 保健省では、それは一時的問題であって、杉に補給されるとコメントしている。
 1月1日

Vaccine for swine flu too late as illness hits peak levels Irish Independent (アイランド) インフルエンザ流行がピークに近づいているので、ワクチン接種は遅すぎる
 英国の医師達は、豚インフルエンザワクチンの接種はこれからしても効果は得ることはできないだろうと考えている。
 インフルエンザによる死者数と重症者数は急増していて、最近のデータではICU治療を受けている重症患者は738人となっていて、この1週間で60パーセント増加している。
 ICUに収容されている患者数は、昨年のパンデミックのピーク時に比較して4倍多い。
 一般的にICUに収容されている重症インフルエンザ患者の10~15%は死亡すると考えられているから、死者数はさらに100人近く、現時点で増える。
 保健省はインフルエンザ感染予防の啓発キャンペーンを本日開始したが、医師達はそれはすでに効果は発揮できないと考えている。
 理由は、現在のインフルエンザ流行のピークは、2週間以内にくると予想されるから、現在、ワクチン接種を行っても、最大の効果を得るには2~3週間要するからである。

保健当局、AI人体感染予防活動  innolife.net  (韓国情報 日本語版)
 疾病管理本部は、忠清南道天安と全北益山(イクサン)で確認された高病原性鳥インフルエンザは、AIの人体感染を予防するために、迅速対応チームを現場に派遣した。
3人ずつ2チームで構成された迅速対応チームは、AI発生地域の農場で働いていたり、または埋没処分に参加した人などに抗ウイルス剤と個人保護具を支給し、変種AIの発生を防ぐために、季節性インフルエンザワクチンを接種するなどの予防活動を繰り広げることになる。疾病管理本部は、天安と益山市保健所に季節性インフルエンザワクチン900人分を既に支援し、確保しておいた2,000名分の抗ウイルス剤と個人保護具を必要に応じて追加支援する計画だ。
WHO、鳥インフルエンザ情報更新39-エジプトの状況
 エジプト保健省は、新規の2人のH5N1鳥インフルエンザ感染事例を発表した。
 1人は、エル・ベヘイラ県の28歳女性で、2010年12月12日に発症し、14日に入院した。22日に状態が好転したことから退院している。生きた家きん市場で家きんに接触した既往がある。
 2人目はルクソル県( Luxor )の11歳の女児で、12月18日に発症し、翌日入院した。重症呼吸障害を起こして23日に死亡した。感染源は不明であり、現在調査中である。
 両患者とも抗インフルエンザ薬で治療を受けた。

'Flu' puts 738 in intensive care The Sun  (英国) インフルエンザ、ICU収容者が738人に
Flu levels almost double among children under five  Telegraph.co.uk  (英国) インフルエンザ、5歳以下の小児で倍増
A fifth of intensive care beds occupied by flu cases  WebMD.Boots.com  (英国) 英国、ICUの1/5はインフルエンザ患者に
 昨年最後の日に発表されたインフルエンザを発病してICUに収容された患者数は738人となり、前週の460人からさらに増加した。
 国内のICUの21.2%がインフルエンザ患者で占められたが、前週は13.6%であった。
 ICUに収容されたインフルエンザ患者の年齢別内訳は次の通り。
 586人-16から64歳
 86人-65歳以上
 42人-5歳以下
 24人-5から15歳

 保健省では現在の状況はインフルエンザシーズンとして予測される範囲内としているが、専門家達はリスク者はワクチン接種を急ぐべきと警告している。
TOP