高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年12月

 12月31日 (土)

China Says Man Dies From Bird Flu New York Times (米国) 中国、男性が鳥インフルエンザで死亡したと発表

Taiwan on high alert against H5N1 avian flu  Focus Taiwan News Channel (台湾) 台湾、H5N1鳥インフルエンザに対して警戒態勢を強める
 中国南部でH5N1鳥インフルエンザで人が死亡した事から、台湾CDCは31日関係機関に警戒態勢を強化するように求めた。
 台湾の全港での発熱者のチェック、広東省に滞在する台湾人、および広東省を訪れる予定の人々への衛生管理などを呼びかけている。

Chinese bus driver infected with bird flu dies in city bordering Hong Kong  Washington Post (米国) 中国のバス運転手、香港隣接の町で鳥インフルエンザで死亡
 香港に隣接する人口1000万人の深セン市のバス運転手がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡した。
 男性は発病前一ヶ月間、家きんとの接触の既往はなく、また深セン市外へ出たことはないとされる。
 
China says man dies of bird flu  Jerusalem Post (イスラエル) 中国政府、男性が鳥インフルエンザで死亡したことを発表
 深セン市で男性が鳥インフルエンザに感染して31日午後に死亡した。
 39才男性は21日に発熱して、25日に重症肺炎で入院した。
 検査でH5N1ウイルスが陽性であったが、本日午後早くに死亡した。

 広東省の公営新聞によると、男性と接触のあった120人について調査しているが、病的症状を呈している者はいないとされる。

Bird flu confirmed in man in China's Shenzhen city  BBC News (英国) 中国の深セン市で男性が鳥インフルエンザに感染したことが確認
 感染源は不明。鳥からの感染の可能性は低い。
Chinese man has bird flu, authorities say  NEWS.com.au (オーストラリア) 中国人男性が鳥インフルエンザに感染、当局が発表

Chinese Man Critical with Bird Flu Voice of America (米国) 中国男性、鳥インフルエンザに感染して危篤状態

China suspects bus driver infected with bird flu in southern city bordering ...   Chicago Tribune (米国) 中国、香港に隣接する南部の都市でバス運転手が鳥インフルエンザに感染した可能性を発表

Chinese man critical with bird flu AFP (国際) 中国男性鳥インフルエンザで危篤状態
 
Man suspected being infected with bird flu in Shenzhen Xinhua  (中国、新華社) 深セン市で男性が鳥インフルエンザに感染した可能性
 男性は21日発熱で入院し、H5N1ウイルスが検査で陽性であった。
 重篤で濃厚治療室に収容されている。
 男性は発病一ヶ月前から深セン市外へ出たこともなく、また家きんとの接触の既往もないとされる。

Chinese man likely infected with bird flu CNN International  (国際) 中国本土で男性が鳥インフルエンザに感染
 中国の香港に隣接する広東省深セン市の39才のバス運転手がH5N1鳥インフルエンザを発症したことが国営通信の新華社が伝えた。
 男性は12月21日深セン市の病院に高熱の為に入院した。検査でH5N1ウイルスが陽性であったことが広東省保健局が発表した。
 男性は入院時には危篤状態であり濃厚治療を受けている。

 男性は深セン市から出たことはなく、この一ヶ月間家きんとの直接的接触の既往はない。

 深セン市と境をなす香港では、市場で鶏の死骸からH5N1ウイルスが検出されたことから、男性が入院した日に、17000羽の鶏が処分されている。


WHO: Bird flu research raises safety questions  Medical Xpress (国際) WHO:鳥インフルエンザ研究は安全性に関する問題を解決する必要がある
 
AP
 
WHOは米国政府が研究費を提供していた研究者達が人の間で容易に感染しうるH5N1鳥インフルエンザウイルスを作成したことについて、危険な科学的情報が悪用される危険性を警告している。

 30日発表された論評では、研究情報から生物兵器が作成されたり、作成されたウイルスが事故から外界に漏れ出す危険性を強い表現で警告している。
 WHOのインフルエンザ担当責任者であるケイジ・フクダ氏はAP通信の取材に対して、これは自由に交換しうる類の情報ではない、とコメントしている。
 同時にWHOは信頼出来る研究者達が致死的パンデミックを抑えるために、より詳細な情報を入手出来るようにすることも重要である、と付け加えている。
  WHO発表原文


 12月30日 (金)

How to Do Research on Deadly Flu Germs Without Helping Terrorists: View  Bloomberg  (米国) 論説:致死的インフルエンザウイルスの研究を如何にテロリスト達に情報を公開せずに行えるか

 テロリストへの情報が容易に伝わる現在、情報の中には十分注意して取り扱うべきものがある。
 同時に危険な病原体を扱う研究に対する検閲機構を妨害することは出来ない。
 以降省略。

タミフル:副作用、専門家が分析 重篤化誘因の恐れ  毎日新聞
 NPO法人・医薬ビジランスセンター(大阪市天王寺区)理事長の浜六郎医師らがまとめ、オランダの医学専門誌「薬のリスクと安全の国際誌」に発表した。
 インフルエンザ治療薬のタミフルが、患者25万人に1人程度の割合で、服用後12時間以内に重い呼吸困難など容体の重篤化を引き起こしている可能性があるとの分析結果を発表している。
 浜医師らは厚生労働省の公表データに基づき、09年発生の新型インフルエンザで死亡した患者のうち、医師にかかった時点では重篤でなかった161人について分析した。
 タミフルを投与された患者は119人で、うち38人が12時間以内に重篤な状態に陥るか死亡した。別のインフルエンザ治療薬のリレンザを投与された患者は15人で、12時間以内に重篤化や死亡した人はいなかった。

 12月29日 (木) 

Flu research and biological warfare A deadly balance  The Economist  (米国) インフルエンザ研究と生物学的危険性の致死的バランス

 12月28日 (水)

Bird flu research flap stirs security debate CBS News (米国) 鳥インフルエンザ研究、セキュリティー論争で揺れる

Information Wants to Be Free. What About Killer Information?  Discover Magazine (米国) 情報発信は自由であることが原則だが、作成可能な殺人的ウイルスに関する情報はどうなのか?
Scientists fear controversy over bird flu studies could lead to research chill  Toronto Star  (カナダ) 科学者達、鳥インフルエンザ研究に関する論争に自由な科学研究への侵害を懸念
 12月27日 (火)

Scientists are butting heads with the government over whether scientific ... TIME (米国) 科学者達、国家的セキュリティーと科学研究の自由性に関して政府と論争
 鳥インフルエンザは致死的であるが容易に人人感染を起こさない。
 しかし現在、ウイスコンシンとオランダの研究者達は空気感染して、もしテロリストが悪用すれば数百万人が死亡する鳥インフルエンザウイルスを作成した。
 この事実は難しい問題を提起した。
 医学雑誌は論文の詳細を掲載すべきか否か?

 政府の諮問委員会は(論文を受け取っている)二つの科学雑誌は、作成ウイルスに関する詳細な記述のいくつかを削除することを求めた。このような政府による求めは初のことである。
 委員会を支持する人々は、数百万人の命を救うためには必要な措置であると主張しているが、政府は自由な研究を妨げ、論文の検閲を行おうとしているとする批判も起きている。
 以下略。
 

Bird flu in Meherpur  Daily Star Online  (バングラデシュ) バングラデシュ、メールプルで養鶏場で鳥インフルエンザ発生
 H5N1ウイルスが確認されたことからメールプルの養鶏場で3000羽の鶏と1300コの卵が処分された。
Mainland suspends supply of live poultry to HK People's Daily Online (中国) 中国本土、香港への生きた家きんの輸出を保留
 香港で21日間の生きた家きんの輸出の保留を禁止した。
 香港の市場で死亡した鶏がかH5N1ウイルスが検出されたことによる。
NSABB Asks Influenza Researchers to Withhold Technical Information  Decoded Science 米国科学的バイオセキュリティー顧問委員会(NSABB)。インフルエンザ研究論文から手技的情報を外すように求める

DAN THOMASSON: NIH flu-strain decision endangers all of us San Angelo Standard Times (米国) NIHが決定したインフルエンザ株は世界にとって危険

Bird flu research dispute as US terror fears rise  Car Rentals (英国) 米国がテロの心配から鳥インフルエンザ研究が論争に

 12月26日 (月)

特記すべき情報はない。
 12月25日 (日

Twelve Swine Flu Cases Reported In Five State, Says CDC, USA
 Medical News Today  (米国) 米国CDC発表:5州で12人の豚インフルエンザ感染例が確認
 米国CDCはこの秋以降12例の豚インフルエンザ由来のA(H3N2)v感染例を確認した。11例が小児、1例が入院。
 半数で豚との接触歴があったが、残りは人からの感染。
 
 米国CDCでは監視態勢を強めている。

HK finds 2nd dead bird in week with H5N1 bird flu  BusinessWeek (米国) 香港で1週間何にH5N1死亡鳥が2例確認
 Bloomberg報道

 12月24日 (土)

Gwynne Dyer: Flu research more worrisome than Korean dictators OCRegister (米国) インフルエンザウイルスの研究は北朝鮮の独裁者達以上に厄介である
 人に容易に感染するH5N1ウイルスは、北朝鮮の核以上に恐ろしい存在である。

Standardization of terminology for the variant A(H3N2) virus recently infecting humans WHO 最近検出されている変異型A(H3N2)の標準的呼称
 FAOとOIE、およびWHOによる共同声明。

 2011年7月以来、変異型A(H3N2)ウイルスによる感染者が米国で12人発生している。
 その後、他の国からの報告はない。
 このウイルスは近年流行している季節性インフルエンザウイルスとは異なり、新しい遺伝子で構成されている。
 当ウイルスの7つの遺伝子は、北米の豚の間で流行っている遺伝子が3重再集合した(triple reassortant )A(H3N2)と、先のパンデミックウイルスであるA(H1N1)pdm09のM遺伝子が加わったものである。

 当該ウイルスに関するコミュニケーションを改善するために、FAO、OIE、およびWHOは用語の標準化を図るワーキンググループを立ち上げて検討した結果、当ウイルスをA(H3N2)vと命名した。”v”とはvariantを意味する。

 12月23日 (金)

Hong Kong officials find second dead bird in a week with H5N1 bird flu...  Washington Post (米国) 香港当局、1週間内に2例目のH5N1感染死亡鳥を確認

HK finds 2nd dead bird in week with H5N1 bird flu  FOX11AZ.com (米国) 香港、1週間内に2例目のH5N1感染死亡鳥が確認
Bird flu fears in Hong Kong  Stuff.co.nz (ニュージーランド) 香港で鳥インフルエンザの脅威
 香港当局は1週間内に2例目のH5N1鳥インフルエンザ感染鳥を確認した。
 農業局が23日、12月17日に見つかったシキチョウの死骸からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
 21日には家きん市場で死亡した鶏からH5N1ウイルスが検出されたため、3週間の生きた家きんの輸入および販売が禁じられた。
 シキチョウは香港で一般的に見られる野鳥である。

 H5N1ウイルスの検出で、香港市内では感染に対する不安が広がっている。

Bird flu strains should be secret, government says  San Francisco Chronicle (米国) 作成鳥インフルエンザウイルスの方法論は秘密に、政府が指導
 米国政府は致死的鳥インフルエンザウイルスが人に脅威をもたらすにはどのような変異が必要かについて、研究者達に研究費を支払った。
 その結果二箇所の研究室で容易に人に感染する可能性の高いウイルスが作成された。

 21日、連邦政府当局は雑誌社に提出された2論文の全容は掲載すべきではないという、全例のない結論を出した。

 心配されることは、論文内容は公衆衛生学的に多大のメリットを持っているが、逆に生物テロリストに悪用される可能性があることである。
 研究では、ウイルスがほ乳類に感染するような変異は、これまで研究者達が考えていた程複雑ではなく、容易に起こりえることを確認したとされる。

 「それは(政府の指導)簡単に出せる結論ではない」、と研究費を提供した国立衛生研究所(NIH)の感染症部門の責任者であるアンソニー・ファウチ博士が語っている。
 恐ろしい響きを伴うウイルスは、高度にセキュリティーを保って保存されているが、オランダのエラスムス大学医学センターとウイスコンシン-マディソン大学の研究陣は、世界の最高位に位置する科学雑誌に研究結果を発表する準備をしている。
 そうすることで他の研究者達が情報を共有して、さらに研究を進めることが出来る。例えば自然界における鳥インフルエンザウイルスの危険な進化について等。

 しかし、政府のバイオセキュリティー顧問委員会は、サイエンス(Science)とネーチャー(Nature)の編集部に対して、変異株発見の一般論的内容だけを発表し、人為的作成方法に関しては掲載しないように求めた。
 この要求に対して研究者達は声明をだし、不本意ではあるが、論文内容に変更を加えると語った。
 雑誌編集部は、どのようにするべきか思案中であるとされ、そして政府側は残すべき内容に関しては詳細に伝えていない。

 しかしながらサイエンスの主任編集者であるブルース・アルバーツ博士は、同雑誌が米国政府に、国際的研究者達がこの実験室で作成されたウイルスの完全な作成方法に関して情報を得るシステムを作る必要があることを求めた、と語っている。
 特に、鳥インフルエンザの発生が目立つインドネシアや中国の研究者達には必要であるという。


エジプトでH5N1鳥インフルエンザで男性が死亡 WHO
 エジプト保健省はH5N1鳥インフルエンザの人感染事例を報告した。

 症例は29才男性でダカーリア県に住んでいたが12月8日に発症し、15日に入院、19日に死亡した。
 放し飼いの家きんに暴露された既往があり、それが感染源となったと考えられている。
 本年度37例目の感染者となったが、2009年に次いで多い。
 また当症例はエジプトで累積156例目となり、また54例目の死者となった。



 12月22日 (木)


Q&A | Bird flu research and the limits of scientific censorship  CBC.ca  (カナダ) Q&A 鳥インフルエンザ研究と科学的検閲制限
 研究の自由と情報の共有、そしてそれらに対する検閲の問題。

Too late to contain killer flu science, say experts  The Independent (英国) 致死的インフルエンザウイルスの研究を抑えるには既に遅すぎる
 感染力を増強させた鳥インフルエンザウイルスの作成に関する研究論文の発表を抑えることは成功しないだろうと、研究に詳しい専門家達が語っている。
 
 米国政府は二つの科学雑誌に、H5N1鳥インフルエンザウイルスの変異株に関する論文から、テロリストが真似してウイルスを作成出来ないように、キーとなる箇所を削除するように求めた。

 しかしながら、専門家達はこのような対処は遅すぎるとコメントしていて、理由として情報は既にインフルエンザ研究者達の間で広く共有されているとしている。

Controversial 'bird flu' edits move ahead  AFP (国際) 問題視されている鳥インフルエンザ論文の出版、内容を変更することに研究者が同意
 21日、米国の指導的科学者達が、変異H5N1ウイルス作成に関する論文の詳細を発表することに反対し、制御不可能なパンデミックの発生を世界で協力して避けることを呼びかけた。
 一方、実験を行った研究者達は、政府当局と雑誌編集部(サイエンスとネーチャー)に協力して、この数週間以内に論文内容を短縮すると語っている。

Bird flu bug hits HK chicken trade  Brisbane Times  (オーストラリア) 鳥インフルエンザウイルス、香港市場で検出、鶏貿易に打撃

Terrorist Bird Flu Is Nothing to Sneeze At  MyFox Los Angeles  (米国) 変異鳥インフルエンザウイルスをテロリストが悪用する危険性

Bird flu info kept secret  Columbia Daily Tribune  (米国) 鳥インフルエンザウイルス作成情報は秘密にするように
 2箇所の研究室で容易に人に感染するH5N1鳥インフルエンザウイルスの作成に成功した。
 連邦政府は昨日研究者達に対して変異ウイルスの作成方法は公開しないように求めた。
 12月21日 (水)

HK culls chickens at market, bans trade, as H5N1 found Reuters (国際) 香港、H5N1鳥インフルエンザウイルス検出により、市場での鶏を殺処分、および中国本土からの輸入禁止に
 香港政府は、市場で死亡していた鶏からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、卸売り家きん市場の17000羽の鶏を殺処分した。
 当局者は死亡していた鶏が中国本土から輸入されてきたものか、香港内で飼育されていたものかは不明と語っている。
Federal panel asks journals to censor reports of lab-created 'bird flu'  Washington Post (米国) 連邦委員会、雑誌編集部に研究室で作成された鳥インフルエンザウイルスに関する論文の部分削除することを求めた
 国家バイオセキュリティー科学顧問委員会は、オランダとウイスコンシンの大学で行われたH5N1ウイルスの作成実験に関する2論文の掲載には、追試実験出来ないように詳細箇所を記述しないように求めた。
Bird flu: Research row as US raises terror fears  BBC News (英国) 鳥インフルエンザ:米国がテロに利用される危険性を呈したことから、研究発表が変更に
 二つの論議を呼んでいる鳥インフルエンザに関する研究論文の著者達が、米国の要求に応じた。
 米国政府の顧問委員会が、論文内容はテロリストに悪用され、作成されたウイルスが危険な生物兵器として用いられる可能性があると指摘した事から、論文の一部分を削除することが求められていた。
 二つの論文は、作成された鳥インフルエンザウイルスの変異株が容易にフェレット間で感染する事を示している。
Journals Asked to Cut Details of Flu Studies New York Times (米国) H5N1論文、詳細な方法論を削除するように求められた
 史上初めてのこととなるが、政府の顧問委員会が科学雑誌に生物医学的実験を詳述した研究論文の全容を掲載しないように求めた。
 情報がテロリストに悪用され致死的ウイルスが作成され、流行を引き起こす恐れがあることが理由である。

 オランダと米国で行われた実験では、研究者達は通常は容易に人人感染しない致死的鳥インフルエンザウイルスを高度に感染しやすいウイルスに改造した。
 これは危険な方向性に向かっているが、理由は容易に人に感染する事でウイルスは世界中に拡大するからである。
 実験はフェレットで行われたが、この実験動物は人におけるインフルエンザ感染様式を知るための良いモデルとされている。

 実験はオランダのエラスムス医学センターとウイスコンシン-マディソン大学で別個に行われ、両者とも米国NIH(国立衛生研究所)から研究助成金を受けている。

 政府の顧問委員会の一つであるバイオセキュリティー科学顧問委員会(National Science Advisory Board for Biosecurity)は、論文は出版しても良いが、実験を容易に再現できる変異に関する詳細データは削除すべきと、結論を出した。

 米国からの論文はNatureに、オランダからの論文はScienceに投稿されている。
 Scienceの編集者であるブルース・アルバート氏は、今回の委員会のコメントを検閲とは思わないと語っている。
 

Lab-Created Bird Flu Virus Poses Massive Threat  Fox News  (米国) 研究室で作成された鳥インフルエンザウイルスは想像を絶する脅威を持つ
 オランダの研究者達が作成した高度に感染し、致死的病原性を示し、世界で数百何人を殺すウイルス。
 当然米国政府は重大な関心を示し、研究者達に研究結果全てを公開しないように求めている。
US Says Details Of Flu Experiments Should Stay Secret  North Country Public Radio  (米国) 米国、インフルエンザウイルスの実験の詳細は秘密にすべき
 現在、米国の一流雑誌に投稿されている2つの論文に関して、米国の顧問委員会のメンバーは、論文の中のウイルス作成の部位に関する詳細は削除すべきと語っている。

Dangerous Bird-Flu Papers Should Be Partly Censored, Federal Panel Says  Chronicle of Higher Education (米国) 危険な鳥インフルエンザに関する論文は部分的に検閲が必要、委員会がコメント
 オランダの研究者Ron Fouchierのチームと日本の河岡康裕氏が提出したH5N1に関する論文内容を検討している米国政府の顧問委員会は、両者の論文から貧弱なバイオセキュリティーの施設で改造ウイルスを作成する危険性を指摘した。

 論文の中で重要な箇所の検閲が必要で、製造の上で鍵となる部分を未記載にする必要があるとされる。

 12月20日 (火)

Killer flu created in lab sparks fears of terrorist use  Irish Independent  (アイルランド) 研究室で作成された殺人的インフルエンザウイルスがテロリストが入手する危険性

New: WHO Comment on the importance of global monitoring of variant influenza viruses WHO WHOは変異型人インフルエンザウイルスの世界的監視が重要であることを通告する
 最近豚インフルエンザウイルス由来の変異ウイルスの人感染例、および小集団発生が数例報告されている。
 またH5N1鳥インフルエンザに対しても感染した鳥との接触により、または環境内で感染する例も報告されている。

 これまではこうした変異ウイルスの動物から人への感染は散発的で限定されたものであり、地域社会内へ拡大した事実はない。
 このような変異ウイルスによる少数の感染、および小集団における感染は予想範囲内であり、決して異常な状況とは考えられない。

 しかしながらインフルエンザウイルスの変異は予知出来ないものであり、それらウイルスが2009年のパンデミックH1N1ウイルスのように人の間で容易に感染するように変異する可能性がある。そのような理由でこれらのウイルスの人感染状況を監視し、同時にウイルスの性状を分析することが非常に重要となってくる。

 WHOは再度通告するが、人における通常の季節性インフルエンザ以外のインフルエンザの発生は、国際保健規則に従ってWHOに迅速に報告する義務があることと、ウイルスが人に感染しやすくなり、人の間で感染を広げている状況があるかについて疫学的調査を行うことが加盟各国に課せられている。
 WHOは義務として変異ウイルスに関する情報を各国の公衆衛生当局と共有し続ける。

 WHOはまた以下の事を強く勧奨する:検査で分類不可能なA型インフルエンザウイルスは迅速に上位の専門研究機関、または6箇所あるWHO協力研究機関の一つに送るべきである。

Bird flu created in lab could kill millions  Belfast Telegraph  (英国) 研究室で作成された鳥インフルエンザは数百万人を殺す可能性
 人類へ感染し、数百万人を死亡させる可能性を持った致死的インフルエンザウイルスがヨーロッパの研究室で作成され、研究者は研究論文の出版を希望している。
 この致死的ウイルス作成方法の発見は米国政府内に、テロリストによるウイルス作成が可能になり、それが生物兵器となる危険性に関する不安感が高まっている。

 米国政府は現在情報を論文として公開することが危険であるか否かについて、関係機関のアドバイスを求めている。
 「もし誰かがこの致死的ウイルスを作成し、それが世界中に広がったならば、世界は多くの死者と巨額の経済的損失を受けるだろう」、と米国政府の顧問が、英国のIndependent紙に語っている。
 「その場合の最悪のシナリオは、現在予測出来る以上の想定外になる。」
 The US Government is now taking advice on whether the information is too dangerous to be published.
"The fear is that if you create something this deadly and it goes into a global pandemic, the mortality and cost to the world could be massive," a senior scientific adviser to the US Government told The Independent, speaking on condition of anonymity.
"The worst-case scenario here is worse than anything you can imagine."

 12月19日 (月)

WHOインフルエンザ情報
 北半球では特に流行の兆しはない。
 南半球ではインフルエンザシーズンは終わっている。

 北半球における分離インフルエンザウイルスの型別推移を示す。 データ:WHO


Novel reassortant H3N2 flu found in Chinese pigs  CIDRAP(ミネソタ大学感染症情報センター) 中国の豚で新型H3N2変異株を確認
 米国で最近確認された11人の感染者から分離されたウイルスに類似の、豚インフルエンザウイルス由来で、先のパンデミックH1N1ウイルスの遺伝子が加わった株が3株分離された。
 検出されたのは南部中国であるが、豚インフルエンザH3N2が検出されたのは2005年以来初めてとされる。

 12月18日 (日)

Avian flu breakthrough raises question of potential risk  StandardNet  (米国) 鳥インフルエンザにおける大発見は、世界における危険性を惹起の可能性
 マディソン-ウイスコンシン大学の鳥インフルエンザ専門家が、連邦制政府から調査を受けている。
 理由は同氏の新しい研究が悪用される可能性があるからである。

 その研究者はYoshihiro Kawaoka(河岡義裕)氏であるが、獣医学部の著名な教授でH5N1鳥インフルエンザに関する研究をしてきた。
 同氏の研究と別個に類似の研究を行ったオランダの研究者の研究結果は、科学雑誌、さらに15日放送されたNBCニュースで重要な関心を呼び起こしている。
 問題はバイオテロリズムに応用される可能性ある研究が、科学研究の自由性として受け入れられるべきか、ということである。

 河岡氏は研究室で(人へ)感染性のあるウイルスを作成したことを、ウイスコンシン大学の当局者は確認している。
 しかし当局者は、同氏はウイルスの性状に関して、研究論文掲載に影響することから、当局者と論議してないと語っている。

 大学当局によるとウイルス作成は数年前から行われており、研究室のセキュリティーは問題はないといしている。

 当局者によると河岡氏の論文が発表されても、これまでの知見以上の危険性を及ぼす内容は含まれていないとしている。
 過去に流行したスペインインフルエンザウイルスに関しても、その遺伝子構成に関して多くの研究論文が既に発表されていると、当局者は語っている。
 

 12月17日 (土)

Viruses from bird flu cases traced to 'wet' markets; study urges clean up mysask.com (カナダ) 中国調査、鳥インフルエンザウイルスは”生きた家きん市場に”に由来、急がれる対策 
 2008年~2009年に発生した6人のH5N1鳥インフルエンザ発病者は、発病2週間前に”生きた家きん市場”を訪ねていたことが確認された。

 市場、感染者の家庭内などから検体を得てウイルス検査を行ったが多くの検体からH5N1ウイルスが確認された。

 他。

The End of the Flu Shot? Newsmax Health (国際) インフルエンザワクチン注射の終焉に?
 韓国で為された研究により、開発された経口インフルエンザワクチンが従来の注射ワクチン以上に効果があることが、マウスの実験で確認された。

 韓国にある国際ワクチン研究所の研究陣は、開発した経口ワクチンの効果をマウスで確かめた。
 同ワクチンは季節性インフルエンザに対して、従来の注射用ワクチン以上に効果を発揮したが、さらに鳥インフルエンザや豚インフルエンザに対しても効果を示した(H5N1及びH1N1を意味していると推定:訳者)。
 
 現行の非注射ワクチンは生ウイルスを使った”FluMist(フリューミスト)”だけであるが、それは鼻腔スプレー方式となっている。さらに対象ウイルスは使用されたウイルス株に限定される。
 一方、今回開発の経口ワクチンは、インフルエンザウイルスの一部分である基質タンパク(matrix protein )であり、それは多くのウイルスにが共有していることから、多数のウイルスに効果を持つ可能性が高い。
 

12月16日 (金)

Woman tests negative for bird flu  RTHK (香港) 女性、検査で鳥インフルエンザウイルスは陰性
 香港保健当局者は鳥インフルエンザウイルス検査を受けていた女性は、H5N1ウイルスが陰性であったと発表した。
 11歳の息子に関しては結果発表は保留されている。

エジプトで母子がH5N1鳥インフルエンザに感染、母親が死亡 WHO 
 エジプト保健省はWHOに2例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を報告した。

 症例はダカリア県に住む母親と幼児である。(a mother and her young child )。
 二人とも11月26日に発症し、母親は12月1日に入院してタミフルによる治療を受けた。妊娠24週であったが12月3日に死亡した。
 幼児は12月2日に入院しタミフルによる治療を受けた。現在状態は安定している。

 感染源は放し飼いにしている、病的、または死亡した鶏と七面鳥への暴露とされる。

Bird Flu killing crows in Jharkhand SamayLive (インド) インド、ジャルクハンド州でカラスが鳥インフルエンザで死亡
 ジャムシュプール県で先月から原因不明のカラスの死が確認されていたが、次第に他の県へも広がっている。
 状況を懸念したジャルクハンド州の家畜農業局で、ボパールの研究所に依頼して死亡原因を確認したが、H5N1鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された。
 これまで数百羽のカラスの死亡が確認されている。

Bird flu fears for clerk  Hong Kong Standard  (香港) 香港、学校の事務員が鳥インフルエンザ感染の恐れ
 衰弱したカモメを素手で掴んでゴミ箱に捨てた学校の48歳女性事務職員が、翌日からインフルエンザ様症状をだし、プリンセス・マーガレット病院の隔離病棟へ収容された。
 カモメの検査ではH5亜型ウイルスが検出されている。

 女性はカモメ(black-headed gull)を13日に始末し(Yuen Longの中学校)、その翌日から発熱、咽頭痛、および下痢を呈して、昨日医師を訪れ、プリンセス・マーガレット病院へ入院した。ウイルス検査が行われている。
 女性の11歳息子も発熱と咳を呈していたが、現在は回復している。しかし昨夜プリンセス・マーガレット病院の隔離病棟へ収容された。

 現在中学校は閉鎖中。
 当局では鳥インフルエンザ感染鳥から人へ感染することはそのような鳥との接触をさけ、素手で触ったりしなければ、危険性は非常に低いと説明している。

12月15日 (木)

現時点では特記すべき情報はない。

12月14日 (水)

Statins linked with reduced risk of death among hospitalized flu patients  News-Medical.net  (米国) スタチン服用によりインフルエンザ入院患者の死亡率が減少
 コレステロール低下薬であるスタチンを内服させていたインフルエンザ入院患者の死亡率が、非内服患者の約50%となることが報告された。

 米国オレゴン公衆衛生局(ポートランド)の調査研究。
 2007年~2008年のインフルエンザシーズンにおける患者が対象。
 検査で診断が確定された10州59郡におけるインフルエンザで入院した患者3043人が対象。その33%でスタチンが入院前から、または入院中に内服されていた。
 スタチン内服患者と非内服患者との間で、年齢、人種、慢性疾患保有の有無、インフルエンザワクチン接種の有無、等に関して一致するように調整された。
 スタチン内服患者の死亡率は、非内服患者の50%であった。
 今回の調査では内服スタチン量との関係については検討されていない。

 これまでもスタチンがインフルエンザ死亡率を下げる可能性を示唆する研究発表はいくつかあるとされる。

 訳者注:スタチンがインフルエンザ重症患者におけるサイトカイン産生量を抑えることで、サイトカイン・ストームによる死亡率を下げるものと考えられる。
      H5N1鳥インフルエンザウイルスに関しても、スタチン投与で発病者のサイトカイン・ストームを抑制出来る可能性が先に示唆されている。

Oral Flu Vaccine May Work Better Than Shot, Study Says  Huffington Post 
 韓国の国際ワクチン研究所が、マウスの実験で経口投与できるインフルエンザワクチンを開発し、その効果が確認された。
 ワクチンはインフルエンザウイルスの基質タンパク2(M2)を標的としたもので、マウスの舌下に投与された。
 ワクチンは注射された場合よりも、効果が強かった。

 さらにワクチンは注射ワクチンにはみられない、肺組織内での免疫効果が顕著にみられた。
12月13日 (火)

World vigilant after Dutch lab mutates deadly bird flu virus  AsiaOne (シンガポール) オランダの研究室で致死的鳥インフルエンザウイルスの変異に成功、世界的警戒感が高まる
 オランダの Ron Fouchier の研究グループが人にも容易に感染する致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスの作成に成功した。
 Ron Fouchierはウイルスは予想外に簡単に作成できたと話し、その変異過程は自然界でも容易に起きえると説明している。
Poultry deaths spur bird flu fear Himalayan Times (ネパール) ネパール、多数の家きんの死亡が鳥インフルエンザの不安に
 ウダヤプルで多数の鶏が死亡し、鳥インフルエンザ発生の恐怖が広がっている。
China Confirms Bird Flu Outbreak In Tibet  Eurasia Review (国際) 中国、チベットで鳥インフルエンザが発生したことを確認
 中国農業省は中国南西部のチベット自治区の村で鳥インフルエンザが鶏の間で発生したことを確認した。国営通信新華社が報道した。

 自治区の首都であるラサの村で飼育されている鶏が200羽死亡し、検査によりH5N1ウイルス感染が確認された。
 拡大は抑えられ、感染鳥と接触した人々に異常な症状は出ていないとされる。
 当局は感染地域を封鎖し、1575羽の鶏を殺処分した。

12月12日 (月)

ヒト感染する鳥インフル変異株を開発、流出や悪用めぐり警戒感 AFPBB
 12月12日 AFP】オランダの研究所が今年9月、ヒト間で感染伝播する鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の変異株の作成に初めて成功した。この研究をめぐり、仏パリで9日開かれた世界健康安全保障イニシアチブの会合では、各国保健相らが強い警戒感を表明した。

 グザビエ・ベルトラン仏保健相は、「非常に警戒する必要がある。けさは、この問題が多く話題に上った」と会合の合間に明らかにした。GHSIは主要7か国(G7)や欧州委員会、世界保健機関で構成される。

 H5N1型は、ヒトが感染した場合の致死率が60%に達する。ただ、ヒト間では感染しないことから、これまでの死者数は世界で350人程度にとどまっていた。

■強毒性変異株、悪用される恐れも?

 ところが今年9月、オランダ・ロッテルダムのエラスムス医学センターのロン・フーシェ氏率いる研究チームが、ほ乳類間で感染するH5N1変異株の作成に初めて成功したと発表。この変異ウイルスは「想定よりも簡単に作成できる」「研究室の中では、空気感染可能なウイルスへの変異も可能だった。この(変異の)過程は、自然界でも起こり得る」などと指摘した。

 発表を受け、この変異ウイルスがなんらかの形で自然界に広まる恐れや、研究成果がテロリストに利用される危険性への不安が高まっている。

 こうした不安があることについて、欧州連合のジョン・ダリ欧州委員(保健・消費者保護担当)は、「オランダ当局からウイルスが厳重に保管されているとの確約を得ている」「研究に関する情報も十分に管理されており、変異に関する詳細な情報は明らかにされていない」などと記者団に述べた。

12月11日 (日)

Concern as scientists create contagious bird flu The Province  (カナダ) 研究室内で人に感染力がある鳥インフルエンザウイルスが作成され、不安材料となる
 オランダの研究チーム。

 EU保健コミッショナーは、はオランダ当局から、作成ウイルスは厳重に管理されているという保証を得ていると語っている。
Bird flu virus now deadly to humans  Trinidad News  (トリニダード・ドバコ) (H5N1)鳥インフルエンザウイルスは現在、人に致死的ウイルスとなった
 昨日のニュース内容と同一。

 研究室内から漏れ出すか、作成方法が知れ渡り、H5N1ウイルスが人に対して致死的ウイルスに変化したと判断が可能。

12月10日 (土)

World vigilant after Dutch lab mutates killer virus  Medical Xpress (国際) オランダの研究室で変異型キラーウイルスが作成されたことから、世界は警戒感を強めている。
 パリで Global Health Security Initiative (GHSI) で開かれているが、フランスの保健大臣Xavier Bertrand氏は、我々は非常に警戒しなければならない、今朝、会議で多くのことが話しあわれた、と語った。

 EUヘルスコミッショナーのJohn Dalli氏は、オランダ政府からウイルス管理が厳重に行われていると保証されていると語った。

Two Children Sickened by New Strains of Flu Virus ABC News  (米国) 米国、2人の子供がインフルエンザの新型株に感染
 米国が発表。
 
1人は、H3N2型豚インフルエンザウイルス。人、鳥、豚のインフルエンザウイルスの遺伝子から構成。昨年まで米国で10名発生している。
 1人はH1N2型豚インフルエンザウイルス。

 両者とも自然に回復している。

12月9日 (金)

今冬初のインフル注意報 予防呼びかけ 宮城 MSN産経ニュース 
 インフルエンザ注意報が発令されたのは、仙台市の泉保健所管内で1週間(11月28日~12月4日)の1定点当たり患者報告数の平均が10・63人に達し、発令基準の10人を超えたため。昨年の24日より2週間以上早い発令となった。
12月8日 (木) 

現時点では特記すべき情報はない。


12月7日 (水)

Researchers profile Egypt's H5N1 threat  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) エジプトにおけるH5N1脅威が調査結果で示唆
 エジプトでH5N1鳥インフルエンザが多発している6県(全27県中)で、2009年8月から2010年7月まで、H5N1ウイルスを保有する家きんの割合が調べられた。
 58カ所で5562件の検体が採取されたが、H5N1ウイルス保有率は5%であった。
 ウイルスは放し飼いで飼育されている個人農家よりも、商業農場で多く検出され、またほとんどは鶏で見つかった。
 さらにウイルスはと殺場や生きた家きん市場でも見つかった。

 またウイルスはカイロの野生のシラサギからも見つかった。
 家きんにおけるウイルスの検出率は年中変わりないが、人の感染者は1月と2月に増加する。感染には、他の因子が関係しているように思われる。

 研究結果はEmerg Infect Disに発表された。

12月6日 (火)

NanoViricides submits FDA new drug meeting request for FluCide  Proactive Investors Australia (オーストラリア) ナノビリサイド(NanoVicides)社は、開発中のインフルエンザ万能型ワクチン FluCideをFDAの開発中の新薬報告会議に提出した。
 12月5日 (月)

Experts watching new swine flu closely 
Did you find this page useful?
+1 to recommend it on Google search!
Belleville Intelligencer (カナダ) 専門家、新規豚インフルエンザを警戒
 米国で新規H3N2インフルエンザが発生した事から、カナダ保健当局では警戒を強めている。
 現在のところ、広く拡大をしていないようだ。
High alert to stop bird flu in Birgunj  Republica (ネパール) ネパール、鳥インフルエンザ拡大防止の為に高度の警戒報

Nepal chicken prices fall after bird flu alert MSN India  (インド) ネパール、鳥インフルエンザ警報後、鶏の価格が暴落
12月4日 (日)

“Bird Flu” Virus Experiment Sparks Controversy and a Biosecurity Review  Decoded Science (米国) 鳥インフルエンザウイルス実験、(その危険性から)多くの議論とバイオセキュリティー問題に発展

Bid to censor bird-flu details  The Canberra Times (オーストラリア) オーストラリア、鳥インフルエンザ研究の詳細を検閲に専門家が米国に
 キャンベラの専門家が今週ワシントンに、世界で数百万人を殺す能力のある人為的に作成されたウイルスの詳細に関して、その発表に関して論議するために向かう。

 ヨーロッパの科学者が人から人へ感染する能力のあるH5N1ウイルスを作成した。

 キャンベラのワクチン専門家であるイアン・ラムショウ教授(Ian Ramshaw )は、研究論文は発表されるべきだが、特異性のある部分は検閲されるべきであると語っている。

 ラムショウ教授は7日にオーストラリアを離れて、米国の衛生研究所(NIH)における討議に参加する。

 訳者注:オランダの研究チームは米国NIHより研究助成金を受けていた。
 12月3日 (土)

Cabinet moots contingency steps to prevent outbreak Himalayan Times (ネパール) ネパール、内閣が鳥インフルエンザ拡大対策に

Ministry allays bird flu fears
 Himalayan Times  (ネパール) ネパール保健省は、鳥インフルエンザ発生に対してパニックを起こさないように啓発に乗り出す。


 12月2日 (金)

Bird flu fear shuts 22 schools in Bhaktapur  Himalayan Times  (ネパール) 鳥インフルエンザの恐れから22校が休校に
 鳥インフルエンザが発生した地域で22校が5日まで休校となった。
 地域の教育委員会によると、家族が鳥インフルエンザについての知識が乏しいことと、政府が情報を十分出さないことからの措置となったとされる。

Cull follows Nepal bird flu outbreak  Gulf Times  (クエート) ネパールで鳥インフルエンザが発生、家きんの殺処分が開始
 カトマンズで500羽以上の鶏とアヒルがこの3日間に殺処分。
Bird Flue hit Nepal  GroundReport (ネパール) ネパールで鳥インフルエンザが発生

Scientists create a lethal version of avian flu in lab  Catholic Online  (米国、ロスアンジェルス) 科学者、研究室内で鳥インフルエンザウイルスの致死的株を作成
 オランダのH5N1ウイルスの研究者が研究室でほ乳類に容易に感染する株の作成に成功したが、さらに作成したウイルスはオリジナルのウイルスと同等の致死力を保有している。

 それは正しく今年のハリウッドのヒット映画である”コンテジョン(Contagion)を思い出させる。
 もしウイルスが研究室から漏れ出たり、生物テロリストの手に入ったりすると、世界的パンデミックが起き、数百万人の人々が死亡する可能性がある。

 米国保健福祉省によると、H5N1ウイルスは世界十数カ国で500人以上に感染してきた。非常に病原性が高く致死的であり、感染者の60%前後が死亡する。

 ロッテルダムのエラスムス医学センターの研究者であるロン・フォウチャー氏(Ron Fouchier)はチームを率いて変異ウイルスの作成に成功した。
 同氏は研究結果を9月にマルタ島で開かれた会議で発表し、そして現在論文の発表を模索している。

 しかし、論文発表は良くないとする専門家達が科学領域で現れている。

 「致死的性格を持つウイルスから、さらに致死的で感染力の強いウイルスを作成することは悪い発想であり、さらにその作成方法を詳述した論文を発表することは、他の人々が危険なウイルスを作成出来ることになり、非常に危険な発想である」、とピッツバーグ大学のバイオセキュリティー・センター長のトーマス・イングレスビー博士がコメントしている。

 感染症研究と施策センター長(CIDRAP:ミネソタ大学)のマイケル・オスターホルム氏は、研究室での実験を擁護している。
 「これらの研究は非常に重要である。研究者達はインフルエンザ研究者達の間で十分に支持されている。なぜなら研究結果は公衆衛生(public health)に利益をもたらす可能性があるからだ。結果は、軽視されているH5N1パンデミックを再考慮すべきであることを示している(容易にウイルスは人類にとって危険な株に変わり得る:訳者)」、そのように同氏はブログで記述している。

 論文は現在米国バイオセキュリティー科学顧問委員会で審査されている。
 同委員会は、連邦顧問委員会の一つで、生物学的研究が合法的に行われ、公衆衛生および国家安全性に対して生物学的危険性を及ぼさないか等を精査している。
 

インフルエンザ研究を米諮問委調査 生物テロへの悪用懸念   USFL.COM
 米公共ラジオ(NPR)は11月30日までに、欧州の研究チームが毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザウイルスの感染力を高める実験に成功し、米政府の科学諮問委員会がバイオテロに悪用される恐れがあるとみて調査を始めたと報じた。
Biosecurity panel said to be reviewing another H5N1 transmissions study CIDRAP (ミネソタ大学感染症研究と施策センター) バイオセキュリティー委員会、もう一つのH5N1ウイルス感染実験の論文を調査中
 オランダの研究者のロン・フォウチャーによるH5N1ウイルス変異実験はバイオテロの応用される危険性があるとの批判が起きているが、類似の研究がウイスコンシン大学と東京大学のウイルス学者である河岡義裕氏によってなされ、その論文も米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(NSABB)によって検討中であることが関係者から明らかにされた。
 両研究者の論文は科学雑誌に投稿されている。
 フォウチャー氏の研究ではH5N1ウイルスをフェレットに10回感染させて、空気感染する変異ウイルスを誕生させた。5回の遺伝子変異が起きていた。
 一方河岡氏の研究も類似の結果を得ているとされる。

 NSABBの委員長であるポール・ケイム博士は、自身で詳細な議論は出来ないが、委員会は間もなく見解を公表する予定であるとし、そして”軍事・民生”共有の研究(dual use" research)に対する提言も加えると語った。
 フォウチャー氏は、米国の国立衛生研究所(NIH)が彼の研究を助成していて、知見を発表することを許可していると語っているとされる。
 ケイム博士は軍事・民生共有の研究は、発表前に精査されるべきとする人々の意見に同意すると語っている。
 NSABBは論文発表を阻止する権限は保有していないが、雑誌編集部に掲載しないように勧告は出来る。
 さらにこうした例の別なオプションとして、掲載論文の中で重要な鍵となる部分を削除する方法もあると、CIDRAPの長官であるマイケル・オスターホルム氏がコメントしている。

 12月1日 (木)


Scientists Deliberately Created A Strain Of Bird Flu Even More Deadly Than The ... Business Insider (国際) 研究チーム、意図的により危険性の高い鳥インフルエンザ株を作成

Bird flu-like virus killing Jharkhand crows  Times of India (インド) ジャルクハンドで鳥インフルエンザ様ウイルスにカラスが感染
 500羽から1000羽のカラスが鳥インフルエンザ様感染症で死亡した。
 ボパールの研究所では検体から鳥インフルエンザ様ウイルスを検出した。
 しかしながらウイルスは脳からだけ検出し、便や食道からは検出されていない。

エジプトで鳥インフルエンザ感染者が確認  WHO
 エジプト保健省は鳥インフルエンザH51Nに感染した1例をWHOに報告した。

 感染例はダカリア県に住む31歳の女性で、11月10日に発症し、16日に入院した。危篤状態で人工呼吸器に接続されている。

 感染源は自宅庭で飼育している家きんの死骸または病的状態になった家きんへの暴露とされる。
 ウイルスはエジプト中央公衆衛生研究所で確認された。同所はWHO協力インフルエンザセンターである。

 下図では当事例を死亡と見なした。

 


TOP