高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年11月

 11月30日 (水)

鳥インフル論文、テロ懸念で米誌掲載見合わせ  読売新聞
 強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1」に関するオランダと日本などの研究論文2本について、米科学誌サイエンスが生物テロに悪用される危険を理由に掲載を見合わせている。
 強毒性H5N1は腸管の出血も起こし、死亡率が高い。現在は人間への感染力が非常に弱く、人間同士での感染例は限られている。
 しかし、同誌を発行する米科学振興協会によると、オランダ・エラスムス医療センターのチームが、人間への感染力を生み出す変異を発見し、遺伝子を組み換えたウイルスを作製。人間と似た反応を示すフェレットの感染実験にも成功したという。
 東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの国際チームによる論文については、内容を明らかにしていない。
Scientists Create Lethal Human Strain of Avian Flu In Test Tube-Now Seek to Publish Formula For How It's Done  Forbes (米国) 実験室内で人へ致死的感染する鳥インフルエンザ株が作成--その作成方法を記述した論文の発表が模索中
 ミネソタ大学CIDRAPセンター長のマイケル・オステルホルムは、研究成果は非常に重要とコメント。論文発表ではキーとなる部分を外して、詳細な作成方法を掲載しなければ、悪用されることは避け得るとコメント。容易にH5N1ウイルスが人に感染し得るようになることが理解され、H5N1ウイルスによるパンデミック軽視が再考されるきっかけとなるとして、論文発表に賛成している。

 これまで報告されている致死率は50%以上であるが、本当の致死率はもっと低いと考えられる。理由は軽症例が診断されてなく報告されていない可能性がある。
 しかし科学者達はウイルスが悪性であることに意見は一致している。
 フォウチャー氏のマルタでの発表、およびNew Scientistの報告では、ロッテルダムのチームにより作成されたウイルスは、フェレットに対してオリジナルのウイルス株と同等に致死的である。

 他、略。


Should a New Recipe for Engineered Bird Flu, Potent Enough to Kill Millions ... Popular Science (米国) 世界の人口の半数を殺す能力を持つ、人為的に作成された鳥インフルエンザウイルスの作成方法は公開されるべきか?
 研究論文の出版の是非を巡る論争。
 オランダの研究室内に数百万人を殺害できる可能性がある生物兵器がある:H5N1ウイルスの遺伝子を改造してフェレット間で容易に感染するように遺伝子が改造されたウイルスであり、研究者達は一刻も早く論文を出版すること望んでいる。
Super bird flu strain created by scientists is a recipe for disaster newjerseynewsroom.com (米国) 科学者達が作成したスーパー鳥インフルエンザウイルス株は大災害のレシピ
 映画”コンテイジョン(Contagion)”は単なる映画の世界と思われがちであるが、オランダの科学者達は本当にH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を変化させ、世界の人口の半数を殺すのに十分な感染力を保有したウイルスを作成した。
 専門家によると炭疽菌以上に危険な病原体とされる。
 ウイルスはオランダのエラスムス医学センターのウイルス学者であるロン・フォウチャー教授により作成され、フェレット間で容易に感染する。フェレットは人と同じようにインフルエンザウイルス感染を受け、人体実験の代わりとされている。
 さらに問題なのはフォウチャー教授が研究結果を論文として発表することを望んでいることである。論文内容は他の研究者やバイオテロの専門家によると大災害のレシピと言われ、悪用する人々へ容易に公開されることになる。

 投稿を希望している”Science(サイエンス)”の編集部によると、別な類似の研究結果をまとめた論文がウイスコンシン大学と東京大学のウイルス学者である河岡義裕教授からも投稿されているといる。
 
 研究者達によると研究内容は正当であり、その目的はウイルスが世界的パンデミックを起こし得るかについて明確にすることであると語っているが、多数の人々を殺す可能性があることから、他の研究者達からは、この種の研究は為されるべきではないとの意見も出ている。

 サイエンス編集部では論文の出版に関して他の専門家達の意見を聞き、現在保留している。

Fowl play: Govt responds to bird flu late  Himalayan Times (ネパール) 鳥インフルエンザ発生に対する政府の遅すぎる対応
 鳥インフルエンザ発生報告から72時間後に対策チームを送った政府の対応は遅すぎる。

 11月29日 (火)

Bird flu confirmed at Nepalese poultry farm  WorldPoultry.net (国際) ネパールの家きん農場で鳥インフルエンザ発生が確認
 ネパールのバクタプール県の農場で(H5N1)鳥インフルエンザが11月9日、10日に発生。
 500羽以上の鶏とアヒルが拡大防止のために殺処分された。
China prepares for big entry into vaccine market CBS News  (米国) 中国ワクチン市場に参入予定
 インフルエンザワクチンも含めて各種ワクチン製造と、世界の市場への参入を予定している。
 2009年のパンデミックに際して、87日間で製造した実績がある。

 中国食品医薬品局は、中国には30社以上の企業があり、年間10億回分のワクチン産生能力があるとコメントしている。この量は世界最大とされる。

インフルエンザ:宇部市が「対応マニュアル」 /山口   毎日新聞
 マニュニアルでは、園内で感染症が発生した場合、感染鳥は殺処分するが、感染鳥と一緒に飼養する鳥は「経過観察」とし、施設の防疫措置を講じる。
 営業は全園閉園は避け一部開園になどとしている。

Pandemic Possible? Scientist Genetically Modifies Bird Flu With Scary Results TheBlaze.com (国際) パンデミックは可能? 科学者は鳥インフルエンザウイルスを改造して、恐ろしい結果を発表
 オランダのロン・フォウチャー教授が作成した、人にも容易に感染し致死的となる可能性のあるH5N1ウイルスに関して、その研究論文が投稿された”サイエンス( Science )”編集部では、論文を掲載すべきか否かについて判断を保留し、米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(U.S. National Science Advisory Board for Biosecurity (NSABB))の見解を求めている。
 サイエンスの編集部によると、類似の変異実験を行って感染性の高いウイルスを作成過程を記した研究論文(ウイスコンシン大学と東京大学で研究するYoshihiro Kawaoka 河岡義裕氏がリーダー)に関しても、同委員会の見解を求めているとされる。
 同委員会はこれまでも論文のレビューを研究者や雑紙編集部から依頼されることはあったが、少数に過ぎなかったとされる。

 委員会のポール・ケイム委員長は、数週間に亘って内容を論議してきていて、間もなく委員会としての意見を公表すると語っている。
 同委員長は、これほど危険な病原体は他にはない、と語り、多くのコメントが用意されていると語った。

 問題はこうして作成されたウイルスが、どの程度人の間で感染するかということと、そのパンデミックを引き起こす可能性についてである。

 今回の研究に関しては研究者間で大きな論争も起きている。(内容は略)。

New swine flu virus alarms health officials  News-Medical.net (米国) 新型豚インフルエンザ感染者発生に当局は警戒態勢に
 アイオワ州で3人が新型インフルエンザウイルスに感染したことがCDCから発表された。
 ウイルスは豚インフルエンザ由来の新型株であるが、明らかに人人感染を起こしている。
 現時点では新しいパンデミックの始まりと恐れる根拠はないと、専門家は語っている。
Scientist that created super contagious version of the deadly bird flu asked ...  The Inquisitr (国際) 致死的鳥インフルエンザの強感染力のある変異株を作成した研究者の論文が出版差し止めの声が上がっている

Dutch Scientist Modifies Avian Flu into More Virulent Virus   Global Security Newswire (国際) オランダの研究者、鳥インフルエンザウイルスから、より病原性の高いウイルスを作成
 NTI組織の報道: 核兵器、生物兵器、および化学兵器、およびテロリズムに関するニュース速報

 NTINuclear Threat Initiative:核兵器脅威に対する国際NOP委員会、多くの専門家、知識人から構成)
 クリックで拡大


 オランダの研究者が米国から生物兵器防衛計画の一環として助成された研究で、鳥インフルエンザウイルスを改造し、より危険な致死的ウイルスを作成した。
 この研究が生物兵器によるテロに悪用される可能性があることに、関心が高まっている。

 米国国立衛生研究所(NIH)は、ロッテルダムの分子ウイルス学教授であるロン・フォウチャー(Ron Fouchier )氏に、鳥インフルエンザウイルスH5N1が集団感染を起こし得るかのテーマで研究を委託したとされる。オランダのde Volkskrant紙による。
 研究者が研究論文の要約を米国の世界的科学雑誌”サイエンス(Science)に送り、雑誌掲載の可否を尋ねた。
 雑誌編集部は(米国)国家バイオセキュリティー科学顧問委員会に、論文発表は安全であるかの判断を求めたが、同委員会では現在検討中とされる。

 多くの専門家達は、フォウチャー氏の厳格なセキュリティー下で行われたとされる鳥インフルエンザウイルス研究の結果に対して大きな懸念を抱いている。
 このオランダの研究者は伝えられるところによると、遺伝子構造に小さな変化を加えることで高度に病原性を有するウイルスに改造したとされる。
 非常に致死力を持っているが、現在のH5N1ウイルスは希にしか動物から人へ感染しない。

National Influenza Vaccination Week starts Dec. 4  HollandSentinel.com (米国) 全国インフルエンザ接種週間が12月4日に開始
 米国インフルエンザ接種週間 12月4日~10日。
 各種の媒体で啓発が行われる。
 6ヶ月以上の全国民に対してCDCが勧める。

New Swine-Origin Flu Sickens Kids in Iowa  MedPage Today (米国) 新型豚インフルエンザ、アイオワ州で3人の子供に感染
 豚インフルエンザウイルスの遺伝子に2009年のパンデミックインフルエンザ(H1N1)ウイルス遺伝子が加わった新型ウイルスに、アイオワ州の3人の子供が感染して発病した。
 CDCではこのウイルスが流行してきたときに備えて、ワクチン用ウイルスとして準備している。
CDC confirms cases of new swine flu virus  WZZM  (米国) CDC、新型豚インフルエンザウイルスに感染した3例を確認

New flu virus puzzles WHO  CBC.ca (カナダ) 新型インフルエンザウイルスにWHOが当惑
 米国で出現したH3N2新型株に対して、WHOの事務局長補であるケイジ・フクダ氏は必要ならば対策勧奨やガイドラインを準備しなければならないが、現時点ではそうした必要性が出るかは不明であると語った。
 過剰評価も過小評価も良くないことをWHOは十分認識している。適正に判断するように努めている。そのように同氏は語っている。

 11月28日 (月)

Man-made deadly flu virus could wipe out humanity  Indian Express (インド) 人為的に作成された致死的インフルエンザウイルスが人類を死滅させる可能性
 実験室から一旦漏れ出したなら人類を死滅させる可能性のあるウイルスが人為的に作成されたことを巡って、大きな議論がわき起こっている。
 致死的ウイルスはH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を変化させて作成されたもので、強力な感染力を保有し、同時に数百万人に感染する可能性があると考えられている。

 現在のH5N1ウイルスには、これまで500人しか感染していなく、世界的パンデミックを起こすには十分な感染力はない。しかしながら作成された変異ウイルスは、生物兵器として使用される可能性もあり、非常に危険と考えられている。
 以下略。
 11月27日 (日)

New cases of new swine-flu variant erupting TopNews New Zealand (ニュージーランド) 新型豚インフルエンザ変異株が発生
 アイオワ州当局は最近3人の新型豚インフルエンザ変異株に感染した小児例を報告した。
 症状は中等度の呼吸器症状と発熱であるが、ウイルスが拡大して世界的流行になることが警戒されている。

 新規に確認された変異ウイルスはS-OtrH3N2ウイルスと名付けられたが、北米の豚のインフルエンザウイルス遺伝子に、H1N1ウイルスの遺伝子が加わったものである。
CDC confirms cases of new swine flu virus USA Today (米国) CDC、新型豚インフルエンザウイルス感染例を確認
 CDCは新型インフルエンザウイルスに感染した3例を確認したが、ウイルスは豚インフルエンザウイルス由来であるが、明らかに3人の間で人人感染を起こしていた。
 
 しかしながら、再びパンデミックが起きることを恐れる理由はないと、インフルエンザ専門家でミシガン大学公衆衛生学部の教授であるアーノルド・モント氏が語っている。
 「自分は現時点では何も心配はないと考えている。豚インフルエンザウイルスはしばしば人に感染し、そして他の人に感染することを経験しているが、感染はそこで止まる。問題は持続的にウイルス感染が周辺に拡大してゆくかである」。

Deadly flu virus created in Dutch lab  Examiner.com (国際) オランダの研究室で致死的インフルエンザウイルスが作成
 米国の国立衛生研究所(NIH)の助成を受けて致死的インフルエンザウイルスを作成したオランダの研究に関して、市民の間で、なぜこのような危険な研究が自国で行われたかを問う声が上がっている。
 以下略。

'Anthrax isn't scary at all compared to this': Man-made flu virus with ... Daily Mail (英国) 炭疽菌以上に恐ろしいインフルエンザウイルスを実験室で作成
 H5N1鳥インフルエンザウイルスを変異させた改造ウイルスが実験室内で作成されたが、その研究を発表させることに関して、研究者間で論争が起きている。
 作成されたウイルスは、より感染性が高まっていて、同時に数百万人の人々に感染する可能性がある。
 以下略。
 11月26日 (土)

WHO trying to hit the sweet spot in responding to puzzling new flu virus  Winnipeg Free Press (カナダ) WHO、謎の新型インフルエンザウイルス拡大防止に態勢の強化
 豚から人へ感染するようになった新型インフルエンザウイルスの拡大が米国から報告され、WHOは態勢の強化を急いでいる。

 もしウイルスが拡大し続け、世界的対策が必要になったとき、どのような内容の対策が具体的に必要になるか、WHOでは検討しはじめている。
 WHO事務局長補であるケイジ・フクダ氏が記者会見で語った。
 WHOでは必要となったとき、各国へ各種の勧奨内容とガイダンスを示すための準備に入りたいと同氏は語った。
 しかしながら現時点ではその必要性が起きえるかの判断は難しいとも語った。

 「過剰に警告しても良くないし、また過小評価しても良くない。適切な判断が必要とされる」、と同氏は強調した。

カナダ保健省インフルエンザ直近情報
 感染者数は非常に少ない状態が続いている。
 流行の兆しはない。

米国CDCインフルエンザ直近情報
 第46週 11月13日~19日

 インフルエンザ流行の兆しはない。
 感染者数の増加傾向はない。

米 新タイプの豚インフル感染確認   NHK
 アメリカ・アイオワ州で、新しいタイプの豚インフルエンザウイルスに3人の子どもが感染していたことが分かり、いずれも豚と接触した形跡がないことから、アメリカの保健当局は限定的ながら、ヒトからヒトに感染した疑いが強いとして、医療機関にウイルスの監視を強化するよう呼びかけている。
Influenza like illness in the United States of America  WHO 米国で新型インフルエンザ様疾患が発生
 アイオワ州で3人の子供(11ヶ月、2歳、3歳)が豚由来の遺伝子が3重再集合(人、鳥、豚ウイルス)したAH3N2ウイルスに感染したことが確認された。
 3人とも豚に接触した既往はなう、ウイルスは人人感染を起こしたと考えられている。
 遺伝子分析はCDCで行われた。

 2009年以来18例のS-OtrH3N2ウイルス感染が米国で確認されているが、今回の3例は16、17、18例目に当たる。

 他の情報は既報内容通り。

2000 chickens culled in Manikganj  Bangladesh News 24 hours (バングラデシュ) バングラデシュ、マニクガンジで2000羽の鶏がH5N1感染の為に殺処分

25/11/2011US fears Dutch research could be biological weapon Expatica Netherlands (オランダ) 米国、オランダの研究が生物兵器につながることを懸念
11月25日 (金)

US fears Dutch research could be biological weapon   Radio Netherlands (オランダ) 米国、オランダの研究が生物兵器につながることを懸念
 米国は、オランダの教授が作成した鳥インフルエンザの致死的ウイルスについて、大きな懸念を抱き、研究論文の雑誌掲載を遅らせている。
 専門家はテロリストが情報を得て、生物兵器としてウイルスを作成することを懸念している。

 皮肉にも同研究は米国のNIH(国立衛生研究所)から、ロッテルダムのエラスムス教育病院の分子ウイルス学教授であるロン・フォウチャー(Ron Fouchier )氏に委託されたもので、目的はH5N1ウイルスがパンデミックを起こし得るかどうかについてである。
 フォウチャー教授はウイルス遺伝子の少数の変異で、ウイルスが非常に感染力を持つ株に変化することを見いだした。
 変異ウイルスはフェレット間で容易に感染し、致死的病原性を示した。フェレットは人と同じようにウイルス感染を受けるため、人体実験の代用とされている。

 教授は研究内容を米国の科学雑誌”サイエンス”に投稿したが、雑誌編集部は出版前に論文を米国バイオテロ顧問委員会に提出し、その判断を委ねた。
 委員会では変異ウイルスが一般社会に放たれたとした場合、世界的に重大な結果が生じるかについて考察している。

 フォウチャー博士は結果が明らかになるまでコメントは保留している。
 論文掲載の延期、そして掲載が禁止される可能性があることから、同博士の研究論文は、研究者間に科学研究の自由性に関して大きな議論を呼んでいる。
 
 またH5N1ウイルスに関する類似の研究結果をまとめた日本人の研究者の論文も同様に委員会で検討されている。

Expert unease over deadly flu virus 'created' in Dutch laboratory  DutchNews.nl (オランダ) 研究者達、オランダの研究室で作成された致死的インフルエンザウイルスに不安感を覚える
 オランダの研究チームが作成した致死的インフルエンザウイルスに関して、その研究論文を雑誌に掲載すべきかどうかについて、議論が起きている。

米で豚由来の新型インフル…人から人の可能性   読売新聞
 米アイオワ州の保健当局は22日、同州内に住む子供3人が豚由来とみられる新型インフルエンザウイルスに感染したことを確認したと発表した。

Man-made super-flu could kill half humanity  RT (国際) 人口的に作成されたスーパーインフルエンザは人類の半数を殺す
 世界の人口の半数を殺すことが出来るウイルスが実験室で作成された。
 現在、研究者やバイオテロリズム専門家が、その研究論文を発表させるべきか、そしてこうした研究が為されるべきか論争している。

 ウイルスはH5N1株の一種であるが、遺伝子が組み変わられていて、より感染力が強まっている。
 このウイルス株はオランダのロッテルダムにあるエラスムス医学センターの研究者であるロン・フォウチャーにより作成された。
 同氏はその研究結果を初めて9月に行われたマルタでのインフルエンザ会議で発表した。

 フォウチャー氏によると、H5N1ウイルスは鳥、特に家きんの間で感染を続けているが、人へは希にしか感染しないとされる。
 ウイルスがアジアに現れてこの10年ほどに600人程度の人しか感染していない。
 しかしウイルスが一旦感染すると半数の人々が死亡する。
 ウイルスの人へ感染しにくい性格が危険なパンデミックに、少なくともこれまでは発展してこなかった理由である。

 フォウチャー氏のチームはフェレットを使ってH5N1ウイルスの感染実験を行った。フェレットへのウイルス感染は人への感染様式と似ているため、人の模擬感染となっている。
 実験ではフェレットにウイルスを適合させるために互いに感染させることを繰り返し、10代目の感染フェレットから分離されたウイルスが周辺のフェレットに容易に感染し、死亡させるような変異を遂げていた。
 フォウチャー氏は、そのウイルスは人の季節性インフルエンザと同じように感染するが、致死率は遙かに高い、という。(多分、実際に人へも感染すると考えられている)。

 長年炭疽菌に関して研究してきたポール・ケイム氏(Paul Keim)は、これだけ恐ろしい病原体は他にはないだろう、全てにおいて炭疽菌以上に恐ろしい、とコメントしている
 同氏は現在米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(NSABB)の座長をしているが、他のメンバーと共にフォウチャー氏の研究論文発表に関して、判断を下すことに苦慮している。
 フォウチャー氏は研究論文の発表を望んでいる(世界一流の科学雑誌であるサイエンスに投稿中)。
 また類似の研究結果を以前にウィスコンシン大学と共同研究で出している、東京大学の河岡義裕氏も研究論文の発表に賛成している。

 ピッツバーグ医学センターのバイオセキュリティーセンタ長で、バイオテロリズムの専門家であるトーマス・イングレスビ(Thomas Inglesby)博士は以下の様にコメントしている。
 「研究者が致死的ウイルスを、さらに致死的で感染力の高いウイルスに変異させる研究は許されるべきではないが、さらにその内容を公表して他の人間に同様な実験を可能にすることは決して許されるべきではない」。
 11月24日 (木)


国内情報

東京都インフルエンザ情報 東京都感染症情報センター
 第46週 11月14日 - 2011年11月20日
 定点報告総数 36人(前週23人、前々週12人i) 定点平均 0.087人
大阪府インフルエンザ情報 大阪府感染症情報センター
 定点報告総数 58人(前週38人、前々週29人)  定点平均 0.19人

 *インフルエンザ流行域の指標は定点報告数平均が1人以上とされる。

Limited Human-to-Human Transmission of Novel Influenza A (H3N2) Virus — Iowa, November 2011  米国CDC  アイオワ州で新型インフルエンザA(H3N2)の限定的人人感染が確認
 2011年11月20日、CDCはアイオワ州の2郡で、3例の豚由来遺伝子3重再集合したインフルエンザA(H3N2)(S-OtrH3N2)感染者を確認した。3例とも小児である。
  swine-origin triple reassortant influenza A (H3N2) (S-OtrH3N2) virus infection
 3人とも豚への接触歴はなく、互いに感染しあったと考えられる。
 アイオワ州でさらなる患者は報告されていない。監視は継続されている。

Iowa Children With Novel Swine Flu Virus Spur Search for Possible Spread  Bloomberg (米国) アイオワ州の3人の小児が新型豚インフルエンザウイルスに感染した事から、拡大の可能性を想定して対策を強化
 アイオワ州で3人の小児が新型豚インフルエンザに感染した事から、さらなる拡大の可能性を考えて、感染者検出が強化された。

 CDCによるとこの3週間に3人の子供達が感染したが、豚との接触はなく、感染は一人の子供から他の二人の子供達に起きた。
 S-OtrH3N2と名付けられたウイルスがアイオワ州で人の間で感染を広げているという事実は現在のところはない。
 アイオワ州は米国内でも最も豚の飼育数が多い州である。
 S-OtrH3N2ウイルスはH1N1パンデミックウイルスから1コの遺伝子を、北米で豚の間で感染しているウイルスの遺伝子を保有している。

 これまで少なくとも7人が新型豚インフルエンザに感染している。
 ペンシルバニア州で3人、メイン州で2人、インディアナ州で2人(CDCによる)

 CDCによると分離されたS-OtrH3N2ウイルスが製薬企業へワクチン作成の為に送られたとされるが、それは新型ウイルスが見つかった場合、パンデミックに備えるためのルーティンとなっている対策とされる。
 11月23日 (水)


国内情報

京に飛来の渡り鳥、鳥インフル感染調査へ 京産大と市衛環研  京都新聞
 京都産業大と京都市衛生環境研究所は22日、鴨川など京都市内に飛来する渡り鳥が強毒性の鳥インフルエンザウイルスに感染していないかを確認する調査を、今冬から共同で始めることを明らかにした。結果は市民に公表し、水際での感染拡大防止につなげる。
感染症封じ、空の玄関で訓練   中国新聞
 感染症患者の発生に備えた対応訓練が22日、三原市本郷町の広島空港で行われた。広島空港新型インフルエンザ等感染症対策協議会を構成する広島検疫所広島空港検疫所支所や医療機関などの計約60人が参加。海外での新型インフルエンザ発生を受けて、特別検疫体制をとる中、国際線の到着便の機内で感染の疑いのある乗客がいた―との想定。

County officials monitor novel flu strain  Daily Freeman Journal (米国) 郡保健局、新規インフルエンザウイルスを監視

US sees 3 new infections with new flu virus; looks like person-to-person spread Winnipeg Free Press (米国) 米国、人人感染で新規インフルエンザウイルス感染者3例を確認

US sees 3 new infections with new flu virus CTV.ca (カナダ) 米国、新規インフルエンザウイルスに感染した3小児例を確認

Iowa reports three novel swine-origin H3N2 cases  (CIDRAP、米国ミネソタ大学感染症情報センター) アイオワ州、豚由来新型H3N2感染者を3例確認
 アイオワ州保健当局は本日、新型豚インフルエンザA/H3N2を発症した3小児例を確認したことを報告した。
 当インフルエンザはこの数ヶ月間、いくつかの他州でも感染者を確認している。

 アイオワ公衆衛生局によると、ウイルスは豚インフルエンザウイルス由来で、遺伝子の3重集合(triple-recombinant )が起きたH3N2株で、遺伝子の中には2009H1N1ウイルスの基質タンパク遺伝子(matrix gene )が含まれている。

 他の州の患者は豚に接触したか、または接触者との接触でウイルス感染を起こしている。しかしアイオワ州の遺伝子再集合H3N2ウイルス感染者達は、公衆衛生局の発表によると人人感染でウイルスが広がったとされる。
 公衆衛生局の発表によると感染は限定的であり、先週の段階ではさらなる感染者は確認されていない。
 重症者はいなく、全員回復している。

 当症例で米国内における新型H3N2ウイルスによる感染者は9月以来10例となった。
 先に、11月4日にCDCはメイン州とインディアナ州で6,7例目の感染者が発生した事を報告していた。
 またペンシルバニア州でも発生していた。

 CDCによると季節性インフルエンザワクチンは無効と考えられるが、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)は有効とされる。

Flu Activity in Iowa Includes Novel Strain  アイオワ州公衆衛生局 (米国) アイオワ州で新規インフルエンザ株感染者が確認
 定期的インフルエンザ・サーベイランスで3人の子供から新型インフルエンザ株が検出された。
 この”遺伝子が組変わった”A/H3N2ウイルスはこの数ヶ月、他州でも見つかっている。
 症状は他の季節性インフルエンザと似ていて、発熱、咳、易労感、身体痛、食欲不振である。

 当A/H3N2ウイルスは、人インフルエンザ、鳥インフルエンザ、H1N1インフルエンザ(先のパンデミック株)、および豚インフルエンザのウイルス遺伝子から構成されている。
 3人の感染は人人感染によると考えられているが、先週の時点ではさらなる拡大は見られていない。
 豚に接触した既往をもつ感染者はいない。
 ウイルスが特殊であるため、アイオワ州公衆衛生局ではクリニックや急患室での監視態勢を強化した。
 全例とも回復している。

National Influenza Vaccination Week is December 4 - 10, 2011  Savannah Tribune (米国) 国家インフルエンザワクチン接種週間は12月4日~10日
 ジョージア州保健局ではインフルエンザワクチン接種啓発を行っている。

U.S. sees 3 new infections with new flu virus; looks like person-to-person spread  mysask.com (カナダ) 米国内でさらに3人の豚インフルエンザ由来H3N2感染者が確認、人人感染で拡大
  Canadian Press

 米国の保健当局者は豚インフルエンザウイルス由来の新型ウイルスに、さらに3人の感染者を確認したようだ。
 3人はいずれも子供で、アイオワ州で確認されたが、州保健局によると、3人はウイルスの人人感染により感染したとされる。
 州保健局の疫学専門家によると、3人は豚との接触は一切なかったとされる。
 2人の子供は他の1人から感染したが、その感染元の子供の感染源は不明とされる。

 今回の事例で米国の豚インフルエンザ由来H3N2(人のH3N2ウイルスとは遠縁)感染者は10人となる。
 カナダでは同ウイルスによる感染者は報告されていない。

 同ウイルス感染による症状は中等程度とされる。

 *訳者注:豚インフルエンザウイルス(H3N2)に、先のA(H1N1)pdmの遺伝子が加わった、新型H3N2ウイルスと思われる。

 11月22日 (火)


国内情報
インフルエンザ:坂井中の1学級閉鎖 /福井   毎日新聞
 県は21日、坂井市立坂井中学校でインフルエンザ患者の集団発生があり、2年生1学級が学級閉鎖になったと発表した。全校生徒485人のうち76人が発熱などインフルエンザの症状を訴え、うち43人が欠席。2年生の1学級では28人中13人が欠席したため、22日から3日間、学級閉鎖になった。

Bioterror fears could block crucial flu research  New Scientist (国際) バイオテロの恐れが重大なインフルエンザ研究を阻止
 米国バイオセキュリティー委員会は、H5N1鳥インフルエンザウイルスに関する重大な研究結果が、論文として発表するには危険すぎるかどうかについて検討している。
 研究では僅かな変異でH5N1ウイルスが人に対して容易に感染し、致死的病原性を保有する可能性を示している。

 研究結果は9月にNew Scientist に簡単に掲載されたが、本論文は、詳細な内容が一般公開されるとテロリスト他が危険なウイルスの作成が可能となるため、その掲載は延期されている。
 しかしウイルス学者の多くは、H5N1ウイルスの動向を評価するためには論文の公表は必要と主張している。

 H5N1ウイルスは人に感染すると半数以上を死に追いやるが、容易に人から人への感染は起こさない。
 オランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターのロン・フォウチャー(Ron Fouchier )氏は、9月にマルタで行われた国際インフルエンザ会議で、以下の様な報告を行った;H5N1ウイルスに既に知られているような”ほ乳類”に適合する2箇所の変異を起こさせ、続いて変異ウイルスを繰り返しフェレットに感染させてさらなる変異を起こさせ、そして致死的で容易に飛沫感染するウイルスを誕生させた。合計5回の変異が要された。

 研究論文は世界のトップ科学雑誌である”Science,(サイエンス)”に投稿されたが、論文は現在、米国国家バイオセキュリティー科学顧問委員会へ回され、出版することが生物学的脅威につながるか否かについて評価を受けている。なお、雑誌に論文掲載の決定権は同委員会にはない。

 11月21日 (月)


国内情報
五島市で新型インフルを想定した訓練 患者搬送の手順確認 長崎新聞
 新型インフルエンザの発生を想定した訓練が15日、五島市吉久木町の五島中央病院などであり、5機関の約40人が患者搬送の手順などを確認した。
 今年2月以来で3回目。県五島振興局や同病院、市などが参加した。新型インフルエンザの流行国から帰国した男性が高熱などを訴えたとの想定。防護服姿の市消防署員が福江総合福祉保健センターから患者を隔離カプセルに包んで五島中央病院に運び、医師らが感染症病室に収容した。人口39000人。

新型インフルエンザに備える訓練(山形県  日テレNEWS24
 鳥インフルエンザのH5N1型が突然変異し、毒性の強い新型インフルエンザとして患者が発生した、との想定で行われた。訓練では、外国から帰国し感染の疑いがあるとして病院を訪れた患者役の女性に対しサーモグラフィーを使って熱があるかを調べるトリアージが行われ た。サーモグラフィーで熱が確認された患者は一般とは別に設置された専用の外来で診察を受ける。陽性反応が出た場合は検体を県衛生研究所に送り、新型インフルエンザの検査が行われる。結果が出るまでの間、患者は入院することになるが、一般の患者との接触を防ぐため、車イスごとカバーで覆い、専用の病室へ移動する。訓練には最上地域の病院関係者も見学に訪れ、外来から搬送など、一つ一つのケースについて入念にチェックしていた。県ではこうした訓練を積み重ね、発生に備えたいとしている。


Tripura bans poultry import from Bengal, Assam and Bangladesh   IBNLive.com (インド) トリプラ州、西ベンガル州、アッサム州、およびバングラデシュから家きん輸入を禁止
 トリプラ州は隣接する西ベンガル州、アッサム州、およびバングラデシュでH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生していることを受けて、本日、これらの地域からの家きんの輸入を禁止した。
 また同州では鳥インフルエンザに対する警戒報をだした。
 11月20日 (日)

Malta flu conference comments spark bioterrorism alarm Malta Independent Online (マルタ) マルタにおけるインフルエンザ会議での発表内容が、バイオテロ警戒に発展
 マルタで9月に開催されたインフルエンザ会議で、オランダのエラスムス医学センターのウイルス研究者であるロン・フォウチャー(Ron Fouchier )が、H5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子にいくつかの微調整を行うと、ウイルスがフェレットに強力に感染力を有するようになることを発表した。フェレットは人のモデルとして使用される標準的実験動物であり、それはウイルスが容易に人に感染するようになることを意味している。
 同氏は国際的研究の一環として、ウイルス遺伝子を分析中に、5個の変異でウイルスが容易に感染するようになることを見いだした。

 今週、この研究に対してバイオテロ専門家達の間で警戒感が高まり、マルタで発表された研究内容を葬り去ることを多くの専門家が主張し始めた。
 研究内容が他の研究者達と共有されることにより、この微調整されたウイルス(“tweaked” virus )が生物兵器として使用される危険性があると懸念されている。

 研究内容は現在、米国のバイオセキュリティー科学顧問委員会で精査されている。

 ウイルスは人に感染すると半数以上を殺すが、現在のところ、人人感染を起こさないことから、広汎にウイルスは広がっていない。
 しかしながら、もしウイルスが進化して容易に人の間で季節性インフルエンザのように感染し出すと、破滅的パンデミックとなり得る。
 そのため研究者達は研究室内でウイルス遺伝子を操作し、どのような遺伝子変化が人にとって危険なウイルスとなるのか等を研究している。

インドネシア、南スラエシ州で鶏がH5N1鳥インフルエンザで大量死  Bird Flu Information Corner  (インドネシア&日本)
 インドネシアの各地域でH5N1鳥インフルエンザが鶏などの家きんで発生しているが、南スラエシ州で数千羽の鶏が死亡したことが確認された。
 

 鳥インフルエンザウイルスの実験方法と発表を巡る論争に関して各国の報道機関が取り上げている。
 カナダ通信(Canadian Press)が発信した情報が世界の報道機関が取り上げているようだ。

 論点は危険なウイルスの開発方法を一般に公開することになり、それはテロリストを含めて非常に危険な生物兵器の作成方法のテキストとなる可能性。
 しかし、ワクチンや抗インフルエンザ薬の開発、現在のウイルスがどのような変異を起こすと危険であるかを予知する上では不可欠な研究で、その方法論を論文化して公表することには多大のメリットがあるとの意見も多い。

Is it safe to tell people about new bird flu research?  The Vancouver Observer (カナダ) 最新の鳥インフルエンザ研究を一般社会に公表することは安全か?

Debate rages over new bird flu research; some argue it's not safe to publish Brandon Sun (米国) 新規鳥インフルエンザ研究に関する論争:論文発表は危険であるとの意見も
 
Debate rages over new bird flu research  Hamilton Spectator (米国) 新規鳥インフルエンザ研究に関する論争
 11月19日 (土)


国内情報
インフルエンザ:養鶏農家ら予防再確認 発生に備え対策会議--徳島 ...   毎日新聞
 高病原性鳥インフルエンザの発生に備えようと、県養鶏協会と県は17日、今シーズン最初の防疫対策会議を徳島市内で開いた。島根県では今月、既に野鳥の感染疑い例が確認され、渡り鳥が飛来する季節を迎えて発生確率が高まると予想されることから、参加した養鶏農家や関係者ら約40人は真剣な表情で予防策などを再確認した。

新型インフルエンザに備える訓練(山形県)   日テレNEWS24
 この訓練は、鳥インフルエンザのH5N1型が突然変異し、毒性の強い新型インフルエンザとして患者が発生した、との想定で行われた。訓練では、外国から帰国し感染の疑いがあるとして病院を訪れた患者役の女性に対しサーモグラフィーを使って熱があるかを調べるトリアージが行われ た。サーモグラフィーで熱が確認された患者は一般とは別に設置された専用の外来で診察を受ける。

To publish or not? Debate rages over bird flu research CTV.ca (カナダ) 出版すべきか否か、鳥インフルエンザ研究論文を巡り論議
 下記と同じ内容。

Debate rages over new bird flu research; some argue it's not safe to publish Global Toronto (カナダ) 新規鳥インフルエンザ研究に対する議論、方法論を発表するのは危険との意見も
 Canadian Press

 危険なH5N1鳥インフルエンザウイルスが変異して容易にフェレットに感染するようになった(多分、人へも感染)実験発表に関して科学者達の間で難しい論議を行われている。

 バイオセキュリティー専門家達は、研究方法が危険な勢力により利用される可能性もあり、その論文の出版に反対している。
 一方、インフルエンザ専門家達は、H5N1インフルエンザウイルスがどのように変異すれば人に危険なウイルスに変化するかを知る上で、そのような研究は重要と主張している。
 研究はオランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターで行われた。

カナダ保健省インフルエンザ週報 第45週
 数州でインフルエンザ患者の発生報告はあるが、全体的には流行の兆しはない。

米国CDCインフルエンザ週報 第45週
 特に感染者数の増加はなく、分離ウイルスも少ない。しかしH3N2型が多いようだ。

Scientists demonstrates how to turn H5N1 into bioweapon  Bio Prep Watch (国際) 研究者達、H5N1ウイルスを生物兵器に変えるための方法を発表
 下記内容と同じ。
 H5N1ウイルスを生物兵器化する方法が発表されたのに等しい研究内容で論争。
Scientists mutate bird flu to make it MORE contagious - but critics claim the ...  Mail on Sunday (英国) 研究者達は鳥インフルエンザウイルスを、より感染しやすくなるように変異実験を繰り返す-しかし批判が相次ぐ
 9月にマルタ島で行われたインフルエンザ会議。
 オランダのエラスムス医学センターのウイルス学者ロン・フォウキアー(Ron Fouchier )が、発表した内容で会議が紛糾。
 H5N1ウイルスに5箇所の変異を起こさせると、フェレットに対して非常に感染性の高く、致死的ウイルスに変貌。

 このような研究は生物兵器としてテロリストに利用される可能性もある。
 多くの参加研究者は、研究は抑制されるべきとの意見を主張した。
 研究内容を論文化すると作成方法が公開されることになるから危険とされる。

 同研究者の研究内容は、米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(American committe called the National Science Advisory Board for Biosecurity)により調査されている。
 11月18日 (金)

WHO warns of new pandemic  South African Broadcasting Corporation (南アフリカ) WHO、新規パンデミックインフルエンザの発生を警告
 30カ国前後から国際的保健医療専門家達がメキシコ市に集まり、新規の動物由来感染症を防止する対策に関して討論した。
 WHOが主催しメキシコ政府が後援し、3日間の会議”人と動物の生態系における人の健康リスク”が開かれた。

 WHO事務局次長のケイジ・フクダ氏は会議参加者に対して、新規に致死的パンデミックがいつ起きるか分からないが、それはもし起きたなら、という次元を越えて深刻に捉える必要があると語った。
 さらに、世界は将来のパンデミックに対して行動計画作成を急がなければならないとも警告した。
 「我々は将来新たなパンデミックを経験する。我々は将来パンミックを起こしうるインフルエンザウイルスが動物の間で感染を続けていることを知っているが、いつこれらのウイルスが人に危険なウイルスに変わりうるのか分かっていない。」

Bird Flu Research Rattles Bioterrorism Field  GPB (米国) 鳥インフルエンザウイルス研究、バイオテロとの関係で研究者間で論争

Scientists Worry About Impact Of Bird Flu Experimen KUHF-FM (米国) 科学者達は鳥インフルエンザウイルスの実験新手法に不安を覚えている

Scientists Worry About Impact Of Bird Flu Experimen  NPR (米国) 科学者達は鳥インフルエンザウイルスの実験新手法に不安を覚えている
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは未だ容易に人人感染を起こす能力を身につけていないが、研究者達は遺伝子構造を変えて、どのようになると実験室内の動物が感染力を増すのか等研究している。
 こうした実験に、バイオセーフティーの問題、安全性はどのように規制されているのかなど重大な問題が浮上している。


 11月17日 (木)

Bird flu virus found in poultry markets  China Daily (中国) 家きん市場で鳥インフルエンザウイルスが拡大

Bird flu virus found in poultry markets  People's Daily Online (中国)家きん市場で鳥インフルエンザウイルスが拡大

 PDFファイル
 H5N1として知られる鳥インフルエンザウイルスが家きん市場、特に南中国で広がっている可能性があり、国家的疫学的介入を強化する必要があると指導的専門家達が警告した。
 より悪い変異株であり、これまでのワクチンが無効であるH5N1-2.3.2.1株が、生きた家きん市場の間で見つかっていると、FAO(国連食糧農業機関)の動物保健部門のテクニカル・アドバイザーであるグオ・フシェン( GuoFusheng)氏が、China Daily紙に15日語った。
 「秋から冬にかけて中国内は家きんの間での鳥インフルエンザの流行の危険性が高まっている。同時に人が感染する危険性も高い」、と同氏は警告した。
 
 ユ・カンゼエン( YuKangzhen)農業省家畜局長は先に、秋と冬における地域的鳥インフルエンザの流行を避けるのは難しいが、大きな流行に発展する可能性は低い、と語っていた。

 8月下旬にFAOは、世界における鳥インフルエンザの再流行の可能性を警告した。
 同機関によるとウイルスが2003年に初めて検出されて以来、世界で少なくとも560人が感染し、そのうち331人が死亡している。

 また別の農業省高官は、中国は世界の鶏の25%、ガチョウの87%、アヒルの65%を生産していることから、特に鳥インフルエンザの流行の危険性は高いと語っている。

 保健省によると、これまで中国ではH5N1鳥インフルエンザに40人が感染して、26人が死亡している。
 最後の人の死亡例は昨年6月に湖北省で発生していて、感染女性からH5N1-2.3.2.1株が検出された。(中国CDC国立インフルエンザセンター)。

 これまで世界で発生した人感染例における基本的感染リスクは、直接、または間接的な感染家きんとの接触、または汚染環境での存在と考えられている(WHO)。
 FAOのグオ氏は、家きんは食べても安全だ、と語っているが、同時にそれは調理した場合で、ウイルスは加熱過程で死滅することを理由としている。

 家きんに対するH5N1-2.3.2.1ワクチンは既に農業省が製造し、臨床試験段階に入っていると、グオ氏は語っている。

 しかし地域におけるワクチン接種率は、アヒルのような水鳥の場合、50%以下とされる。

 アヒル農場経営者はアヒルはワクチン接種後産卵率が落ちるから、ワクチン接種はしたくないとChina Daily紙に語っている。

 11月16日 (水)


国内情報



インフルエンザ:コハクチョウ死骸、低病原性の可能性 確認実験へ /島根 毎日新聞
 野生のコハクチョウ1羽の死骸からA型インフルエンザウイルスが確認されていた問題で、県は15日、鳥取大で調べた結果、「低病原性」の可能性が高いと発表した。最終確認のため、ウイルスをニワトリに接種する実験を同大で行う。結果判明まで10日ほどかかるという。

コハクチョウ低病原性の疑い
‎ 読売新聞
 松江市美保関町で見つかったコハクチョウの死骸から検出されたA型インフルエンザイルスについて、鳥取大の詳細検査では低病原性のH5N2型であることが確認された。さらに鶏への接種試験で最終的に確認される。

 管理人注:H5N2は弱毒性ではあるが高病原性鳥インフルエンザに区分される。

今季初、5人がインフルエンザ感染 滋賀 MSN産経ニュース
 滋賀県でA香港型(H3N2)に感染した5人が確認された。

インフルエンザ:集団感染、県内で今季初 茅野の小学校、学級閉鎖 /長野 毎日新聞
 県は15日、茅野市内の小学校1校で、県内で今シーズン初のインフルエンザの集団感染が発生したと発表した。過去5年間(新型インフルが流行した09年度を除く)で、最も早い集団発生という。

インフルエンザ?:恵那の幼稚園、学級閉鎖--今季初 /岐阜 毎日新聞
 県保健医療課は15日、恵那市大井町鏡山の「すずめっこ杉の子幼稚園」(丸山充信理事長、園児204人)の園児13人が発熱や頭痛などインフルエンザのような症状を発症したとして、年長組の菫(すみれ)3組(20人)を学級閉鎖にした。インフルエンザによる学級閉鎖は今季県内初。


Nearly 1000 bird flu chicks killed in Ca Mau province  SGGP (ベトナム) カマウ省で1000羽近いアヒルのひよこが鳥インフルエンザで死亡
 ベトナム、メコンデルタ地域のカマウ省でワクチン未接種のアヒルのひよこがH5N1鳥インフルエンザに感染したため、1000羽近いひよこが殺処分された。

Bird flu hits Rajbari farm Daily Star Online (バングラデシュ) バングラデシュ、ラジバリ農場で鳥インフルエンザが発生

Bird flu detected on Bangladesh farm
  BioScholar News (バングラデシュ) バングラデシュの農場で鳥インフルエンザが発生
 ダッカ周辺の農場でH5N1鳥インフルエンザが発生したため、家きん1100羽と43000個の卵が処分された。


 11月15日 (火)


国内情報
鳥インフル今季も厳戒県が対策会議‎ 読売新聞
 宮崎県。
 野鳥の飛来シーズンが到来し、高病原性鳥インフルエンザの発生が懸念されることから、県は14日、県庁で対策本部会議を開いた。河野知事や各部局長らが出席し、予防や流行防止の対策などを確認した。
 本日と明日には防疫演習。


Study says T-cell response may help identify subclinical H5N1  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) T細胞反応性検査で無症候性H5N1感染の同定
 症状を呈さない無症候性H5N1感染者の同定に、T細胞(リンパ球)のH5N1ウイルスに対する反応性を評価する検査法が有用であるという論文。
 オクッスフォード大学の研究チームにより感染症雑誌(J.Infect.Dis)に発表。

 非常に致死率が高いH5N1インフルエンザは、実際には軽症、さらには無症候性の感染者が多数いることが多くの研究者により推定されている。
 
 血清中の液性抗体価を計る通常の検査法の感度は低いことから、細胞性免疫(T細胞抗体)の測定も併用すると、より感度を高められると主張。

 T-cell interferon-gamma enzyme-linked immunosorbent spot (ELISPOT) アッセイを利用。
 ベトナム北部でH5N1鳥インフルエンザが流行し、実際に人での感染も起きている地域の747人を対象とした。
 住民の3.2%でH5N1に対するT細胞抗体が陽性であった。

 原論文の要旨

Researchers say flu hits 90 million young kids a year  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 国際研究:季節性インフルエンザに年間9000万人の乳幼児が感染
 国際的研究チームによる分析。
 過去に発表されている論文の中から科学的に評価出来る43論文を選択。
 5歳以下の小児に焦点を合わせた。
 研究結果は医学雑誌”ランセット”のオンライン版に発表された。
 世界で初の乳幼児のインフルエンザ感染状況を分析した報告。

 推定:
  世界で年間9000万人の乳幼児が季節性インフルエンザに感染。100万人が入院。
  28000人~111500人が死亡している。

インドネシア保健省180人目のH5N1鳥インフルエンザ死者を報告  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本) 正しくは182人目である
 インドネシア保健省は、先にバリ島で兄妹がH5N1鳥インフルエンザで死亡した事例を報告したが(10月10日、11日に詳細)、その母親も同インフルエンザで死亡したことを報告した。
 ウイルスは国立機関で確認された。
 感染者はバリ島に住む29歳女性で、先に死亡した5歳女児と10歳少年の母親である。
 女性は10月15日に全身の脱力感、咳、および呼吸困難を訴え地域の病院に入院した。
 しかし翌日に代替治療施術者の元へ逃げたとされる。
 女性の状態は悪化して10月17日に死亡した。

 調査によると女性の家庭および近隣で飼育していた鶏が多数死亡していたとされる。
 当症例はWHOへ報告された。

 注:兄妹の発病経過:5歳少女は9月27日に発病。10月5日に入院。10月9日に死亡。10歳少年は9月30日に発病。10月5日に入院。10月10日に死亡。
   
  WHOへの累積報告例は182例目(150例が死亡)となり、本年度は11例の感染者、そのうち9例が死亡となる。
 11月14日 (月)


国内情報

【国立感染症研究所】研究用新型インフルワク、国家検定に一部不備 薬事日報
 国立感染症研究所は、2008年と10年に危機管理用ワクチンとして出荷された沈降インフルエンザワクチン(H5N1株)について、国家検定で行った発熱試験の手順の一部に不備があったと発表した。該当製品は、医療従事者や検疫所職員らに対する効果、安全性を確認するための臨床研究として延べ6532人に使用されたが、一般には流通していない。
 感染研によると、動物に投与して体温上昇度を測定する試験で、試料を過剰に希釈していた。メーカーによる自家試験の結果を改めて精査したところ、「ワクチンの品質に問題がある可能性は極めて低いと考えられる」という。

アステラス/UMN H5N1インフルワクチンの治験薬接種完了 フェーズ2で  ミクスOnline
 アステラス製薬とバイオベンチャーのUMNファーマは11月11日、共同で開発を進めている細胞培養によるH5N1型インフルエンザワクチンのフェーズ2臨床試験で、被験者180人全員への治験薬接種が完了したと発表した。実用化は14年度後半を目指している。
 フェーズ2臨床試験では、健康な成人を対象にワクチンの効果と安全性を検討する。

高岡で鳥インフル対策始まる 北日本放送
 渡り鳥が本格的にやって来る時期を前に富山県高岡市は14日、去年、鳥インフルエンザの被害が出た高岡古城公園で感染予防の対策を始めた。
 高岡古城公園の動物園では、網目の大きさが縦12ミリ、横8ミリと野鳥が入らない細かいネットをフラミンゴ舎、ペンギン舎、エミュー舎に設置する作業を始め。
 動物園の入口やお堀の土手には、職員が消石灰を2メートル幅でまいたほか、新しい消毒マットを設置した。
 高岡市は来年5月中旬まで感染予防対策を続ける。

 11月13日 (日)


国内情報
出水のツル:「今年も万羽を」 中学生らが羽数調査 毎日新聞

インフルエンザ:消毒マットを設置 「靴から拡大」防ぐ--米子水鳥 ...  毎日新聞
 コハクチョウの集団越冬地、米子水鳥公園(米子市彦名新田)は11日、入場口に殺菌消毒剤を染み込ませた特製マット(長さ3・6メートル、幅90センチ)を設置した。ウイルスが入園者の靴底に付着した場合、マットでふき取ることでウイルスの感染拡大を防ぐのが目的。
 11月12日 (土)


国内情報

インフル陽性 鳥への警戒を強化 朝日新聞
 島根県。
 松江市美保関町の七類港で死んでいたコハクチョウからインフルエンザウイルスの陽性が確認されたが、県と環境省は11日、港から半径10キロ圏内の中海や日本海沿岸で渡り鳥の強化パトロールを始めた。「死骸を見つけたら触らずに連絡して欲しいと」としている。
 
「お口をカバー。手を洗いグマ。」 厚労省インフル対策HP MSN産経ニュース
 厚労省が今冬のインフルエンザ流行に備えた総合対策をまとめ、ホームページで状況提供をはじめた。

 咳エチケット、症状のあるときのマスク着用、全国の患者発生状況、A&A他。

 厚労省情報ページ

鳥インフル警戒強化 松江での疑い受け 朝日新聞
 宮崎県。
 松江市で鳥インフルエンザに感染した疑いのあるコハクチョウの死骸が見つかったため、県は11日、緊急防疫会議を開いて、養鶏団体や出先機関などに防疫対策の徹底を再確認した。

県内84養鶏場異常確認せず 松江で野鳥がインフル 読売新聞
 鳥取県。
 松江市美保関町で見つかったコハクチョウ1羽の死骸から、A型インフルエンザウイルスが検出され、県は11日、対策会議を開いた。
 鳥の死骸を見つけた場合は通報するよう県民に協力を呼び掛けた。
 県内の全84養鶏場への調査では異常は確認されなかったという。


Virus movie praised by scientists 3news (ニュージーランド) パンデミック映画”Contagion"が専門家達から絶賛
 殺人病原体を扱ったハリウッドの恐怖映画は、マッセイ(Massey)大学の専門家達を、シナリオは決して非科学的ではなく想定されることだと、評価している。
 映画のストーリーの正確性は世界中の専門家の間で、その正確性から賞賛されている。
 米国の伝染疾患専門家であるポール・オフィト博士は、典型的映画では興味をひくストーリーにするために科学性を犠牲にするが、この映画ではそうしたことがない、とこめんとしている。
 またオーストラリアの専門家は、映画で示された事実は過去にもあったし、これからも起きえるとコメントしている。


 
 11月11日 (金)

Pandemic contingency plan advises business as usual strategy for UK  The Guardian (英国) 英国、パンデミック対策行動計画は企業の業務は通常レベルを維持することを推奨
 英国保健省が発表したパンデミック時の国家対策計画が発表された。
 それによると世界的パンデミック発生時に基本的に企業における事業は継続とし、国境閉鎖、集会の禁止または制限等の禁止を行わないとしている。
 また大規模な休校、感染予防のための抗インフルエンザ薬の投与は行わないとしている。

 英国ではパンデミックにより21万人~31万5千人が死亡すると言われているが、新規行動計画では、ウイルスの病原性および拡大程度に応じて、低、中、高の3種類の対策に分類されている。

 英国ではH1N1パンデミックインフルエンザに罹患したほとんどの人々は比較的軽症に終わった。しかし地域の保健医療システムへのインパクトは地域によって異なった。

 季節性インフルエンザに対して行う自己感染予防対策および自己ケアの方法は、(パンデミックにおいても)感染拡大予防効果と、軽症から中等症の症状の場合、十分意義を持つと、行動計画では述べられ、それには、適切な手洗い、発病した場合の家庭待機、保温、十分量の飲料水補給、そして薬局で購入した感冒やインフルエンザ薬の使用を挙げている。
 …
コハクチョウ 鳥インフルか   読売新聞
 島根県は10日、松江市美保関町七類の海岸でコハクチョウ1羽の死骸が見つかり、A型インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
 ウイルス検査は国立環境研究所(茨城県つくば市)で遺伝子検査を行い、10日に陽性と確認された。H5亜型ウイルスが検査されたと思われる。
 詳細なウイルス分析は鳥取大で行われている。

2010/2011シーズンにおける日韓のH5N1鳥インフルエンザ発生リスト


 11月10日 (木)

鳥インフル:コハクチョウ1羽陽性 松江   毎日新聞
 環境省は10日、松江市内で野鳥のコハクチョウ1羽が死んでいるのが見つかり、インフルエンザウイルスの陽性が確認されたと発表した。
 ウイルスの詳細検査は鳥取大で行われている。高病原性鳥インフルエンザウイルスの可能性が高い。確定すれば今冬わが国で1例目となる。
 同省は同日、発生地の周辺10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定。他の野鳥の死骸や、感染を疑われる野鳥がいないか監視する。

 コハクチョウの死骸は7日に発見されていたが、簡易検査では陰性だった。しかし、10日に国立環境研究所(茨城県つくば市)で遺伝子検査を実施したところ、陽性と判明した。

 11月9日 (水)

現時点では特記すべき情報はない。

 11月8日 (火)


アイルランド健康保護庁(HPSC)インフルエンザ週報
第43週(10月24日~30日)

 発生数は少ない。

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報
 第43週(10月24日~30日)

 イングランド、ウエールズ、スコットランド、および北アイルランドにおけるインフルエンザ発生数は低い状態が続いている。
 ウイルス分離数も非常に少ない。

Critically ill US kids during pH1N1: secondary complications were mortality risk factors  Pediatrics (米国小児科学会雑誌) パンデミックA/H1N1インフルエンザ感染で重症化した米国小児の分析:二次的合併症が主要な死亡リスク要因
 米国多施設調査。

 2009年4月15日~2010年4月15日。
 全米の小児ICUに入院した21歳以下の若年層が対象。
 累積838人が分析された。年齢中央値は6歳。
 70%が1種類以上の疾患を保有していた。
 88.2%がタミフルを投与されていた。(5.8%がICU入院前から)。
 67.3%が人工呼吸器を装着した。
 8.9%が死亡した。

 全体の8.5%が入院72時間以内に肺のブドウ球菌感染症の合併を疑われた。48%はメチシリン耐性株(MRSA)であった。
 多変量解析の結果、神経疾患の存在、免疫抑制状態、脳炎(全体の1.7%)、心筋炎(1.4%)、初期のMRSA肺感染症、および女性であること、が死亡リスクの要因となっていた。
 発症前に健康状態に異常のなかった小児(251人)では、初期のMRSA肺感染症だけがリスク要因となっていた。

 *訳者注:MRSA感染者が多い事が注目される。これは院内感染も含まれる。
  下記のベルギー報告に比較して重症例が多いのは、ICU収容者が対象のせいである。ベルギー例では10%がICUに収容されている。合併基礎疾患保有率の高さ(70%vs47%)からも、米国例では重症例が多いことが判断される。
  入院中央値が6歳であり、ベルギーのそれよりも高いが、対象とした年齢層(21歳以下)がベルギーのそれよりも高いせいと考えられる。
  タミフル投与率が高い割に死亡率が高いのは、A/H1N1による死亡原因が合併症によるものであることと、タミフル投与にも関わらず早期に合併症、または潜在する基礎疾患の悪化が進行したことを推定される。
  タミフル投与が遅れ、ウイルス血症が起きてしまうと、基礎的疾患保有者の場合、基礎疾患の悪化が促進される可能性が高い。
        

Pandemic A/H1N1v influenza 2009 in hospitalized children: a multicenter Belgian survey BMC Infectious Diseases  (国際) パンデミックA/H1N1インフルエンザで入院した小児の分析:ベルギーにおける多施設調査
 ベルギーのブリュッセルにおける多施設調査研究。
 2009年7月1日~2010年1月31日。
 PCRでH1N1感染が確認されたか、インフルエンザA抗原が陽性だった小児が対象。
 
 流行期には、外来と緊急外来に通常よりも18%多い小児患者が記録された。
 215人が入院した。年齢の中央値は31ヶ月47%が1種類以上の疾患を保有していた。
 症状として発熱が最も多く、36%が消化器症状、10%が神経症状、34%が肺炎であった。
 24%の患者がタミフルを投与され、57%が抗生物質を投与された。
 10%が小児ICUに収容された。
 致死率は5/215(2%)で、それは慢性神経疾患を保有している小児だった。
 2歳以上の小児のICU入院率と死亡率が高かった。
 3ヶ月未満の乳児は軽症で、呼吸器および神経症状を呈する例は希だった。

 著者達は結論として以下のように述べている。
 パンデミックA/H1N1は概して自然治癒する性格を持っているが、小児では重症化する傾向がある。他の国の報告と比較して、ベルギーでの分析ではより若い小児が分析の中心であり、また抗インフルエンザ薬の投与された割合も低かった。
 しかしながら、臨床経過と死亡率は類似であった。

 11月7日 (月)

Tests show dead seals with flu virus  Gloucester Daily Times  (米国) 死亡アザラシからA型インフルエンザウイルスが分離
 9月からニューイングランド海岸で死亡している146匹のアザラシに対する調査を当局は強化した。5匹の検体からA型インフルエンザウイルスが検出されたことによる。
 岩礁で休んでいる間に、鳥の排泄物を浴びて鳥インフルエンザに感染した可能性も指摘されている。

 当局では詳細が明確になるまで、人やペットの立ち入りを禁止した。

【薬食審調査会】抗インフル薬の異常行動、2日間の注意を継続   薬事日報
 薬事・食品衛生審議会の調査会は2日、タミフル等抗インフルエンザ薬の服用と、突然の走り出しや飛び降りといった異常行動との関連について、「因果関係を示唆する結果は得られていないが、現在の予防的な安全対策を変更する積極的な根拠も得られていない」とし、引き続き罹患時の注意喚起を徹底すべきと結論づけた。

 国立感染症研究所の分析によると、異常行動は抗ウイルス薬を服用していない患者を含めてインフルエンザ罹患者に一定の確率で認められ、ほとんどが発熱後2日目までに発生している。
 また、昨シーズンの副作用報告では、タミフルで16例、リレンザで8例、イナビルで5例、ラピアクタで1例の異常行動が起きているが、死亡に至る事例はなかった。

Single injection 'to guard against flu for life'  The Nation (パキスタン) 一種類のワクチンで生涯インフルエンザを予防する
 下記Seed社のワクチンに関する情報。英国報道と同内容。
Single flu vaccine 'could protect against all strains of the virus for life' Daily Mail (英国) 一種類のワクチン接種で生涯全インフルエンザウイルス感染を予防できる可能性
 SeeD社の万能型ワクチンであるFlu-vの情報。
 会社では”おたふく風邪”や”麻疹”の様に一回のワクチンで生涯に渡りインフルエンザを予防できるワクチンを目指しているという。
 3~5年以内に実用化の予定。
 詳細は昨日のTelegraphに。

 11月6日(日)

Universal flu vaccine to end annual jabs   Telegraph.co.uk (英国) 万能インフルエンザワクチンが毎年のワクチン接種に終止符
 一度の接種で生涯に亘り多くのインフルエンザを予防する万能型ワクチンが開発され、臨床的効果も確かめられた。
 ロンドンに本社を置くSEEK社の”Flu-v”で、少数例の臨床試験で予防効果と症状の軽減効果が確認され、8日にワシントンDCで開催されるインフルエンザ会議で発表される。

 臨床試験第二相で効果が確認されたが、それでは健常者に対してワクチン接種後、病原性の低いインフルエンザウイルスを感染させたが、ワクチン未接種よりも発症率は低く、また発症した場合も症状は軽かった。
 さらに血中に出現した抗体は、豚インフルエンザ(H1N1)や鳥インフルエンザを含めて多くのインフルエンザウイルスに対して反応した。

 ワクチンは全ウイルスに共通して認められ、自然に変化することはないインフルエンザウイルスの内部のタンパクを抗原として用いている。
 SEEK社の担当者は、現在接種ワクチン量や、将来的に2度目の接種が必要か等、詰めの段階に入っているとコメントしている。
 さらに多数を対象にした臨床試験を行い、3~5年以内に実用化を目指している。

 現在、世界中で多くの研究者と企業が、万能型インフルエンザワクチンの作成を行っている。
 イスラエルに本社を置くビオンドバックス(BiondVax)製薬もSeed社と類似のワクチンを作成して臨床試験を行っている。

 類似情報は10月24日にも掲載

Two Companies Currently Testing Vaccines Capable Of Combating Every Type of Flu  ThirdAge 万能型インフルエンザワクチンを2社が臨床試験中
 イスラエルに本社を置くビオンドヴァクス製薬(BiondVax)とロンドンに本社を置くシーク(Seek)製薬。
 前者は2014年、後者は2015年には商品化の予定とされる。

 万能型ワクチンは、全てのインフルエンザウイルスに共通する抗原を標的とする。

 11月5日 (土)

Double Flu Infections Pose Risk   Scientist  (国際) 2種類のインフルエンザ感染症例の発生は、ウイルス間の遺伝子再集合の危険性を示唆する
 カンボジアで数人が鳥インフルエンザと季節性インフルエンザに同時感染した症例が確認された。
 米国海軍医学研究所の分析で確認された。
 幸い、ウイルスは遺伝子再集合を起こしていなかったが、そうした危険性があることが示唆されている。

 *管理人注:ライターは、H5N1ウイルスとH1N1pdmを混同している。正しくは後者である。詳細は11月3日に記述している。

カナダ保健省インフルエンザ週報第43週
 発生数は少なく、4州で散発的発生が報告されている。

米国CDCインフルエンザ情報第43週 CDC
 10月23日~29日

 全般的にインフルエンザ発生数は少ない。
 ウイルス分離数も少ない。

WHOインフルエンザ情報 11月4日 更新146
 要約
 ・北半球温帯地域におけるインフルエンザ発生は、地域により非常に少ないか、または検出されてない。
 ・熱帯地域では程度は低いながらも発生が見られる地域はある:アメリカ、中央アフリカ、南および東南アジア(カンボジア、タイ、ラオス、ベトナム)
 ・南アフリカと南アメリカでは発生は少ない。

 アジア熱帯地域における状況
 ・インド、バングラデシュ、タイではA(H3N2)が流行していたが、ピークを追えたが、その後B型の発生が見られている。
 ・タイでは中央部で洪水に見舞われているが、インフルエンザ様感染症が増加していて、主要な感染症となっている。H3N2とBが多く検出されている。
 ・ベトナムではA(H1N1)pdm09の感染が続いている。
 ・カンボジアではBとA(H1N1)pdm09の混合流行が続いている。
 ・オーストラリアとニュージーランドにおけるインフルエンザ発生は減少し続けており、シーズンはほぼ終息を迎えている。

 11月4日 (金)

2011/12シーズンにおけるインフルエンザウイルスAH1pdm09の初検出―埼玉県   
感染症情報センター
 埼玉県内において第42週に採取された散発例の検体から、2011/12シーズン初となるインフルエンザウイルスAH1pdm09を検出した。
 10月17日に40歳男性から分離された。

中国におけるインフルエンザ最新発生状況

香港

 香港最新インフルエンザ情報 健康保護センター(CHP)
 
第44週 (10月23日~29日)
 感染者数の軽度増加が認められているが流行の予兆はない。
 分離ウイルスは大半がA(H3N2)、すなわちA香港型。
 かっての新型であるA(H1N1)09は、今年の初めから春まで猛威をふるっていたが、現在は分離されていない。

 昨年の同時期は夏から猛流行したH3N2の終息期であった。この後H1N1が新年開けから大流行を起こした、日本に似る。

クリックで拡大



中国本土でも流行の兆しはない。
分離ウイルスは中国南部ではA(H3N2)が少数報告されている。
中国北部では分離されてない。
 中国南部におけるウイルス分離状況。
 


国内インフルエンザ発生状況
第43週 10月24日~10月30日

 国内定点平均 0.1(1.0以上が流行域)
 東京都 定点報告総数 18人
  流行の兆候はない。 流行域下限は400人である。
 大阪府 定点報告総数 10人
  流行の兆候はない。流行域下限は300人。
 沖縄県 定点平均2.07 AH3N2が流行

 11月3日 (木)

エジプトでH5N1鳥インフルエンザ感染者が報告 WHO
 エジプト保健省はH5N1ウイルスに感染した人の一感染例をWHOに報告した。
 症例は1歳男児でガービア県のマハラ地区に住んでいた。
 9月17日に発症して21日に入院した。
 タミフルによる治療が行われ、回復後25日に退院した。

 調査によると、男児は近所で飼育されていた家きんに接触したことが明らかになっている。
 患者の診断はエジプト中央公衆衛生学研究所で行われたが、同所はWHOインフルエンザ監視ネットワークの国立インフルエンザ・センターでもある。

It's Possible to Come Down With Two Flu Viruses at Once  U.S. News & World Report  (米国) 一度に2種類のインフルエンザウイルスに感染することは可能?
 下記と同じ内容

Dual flu infections in Cambodia raise concern   AFP (国際) カンボジア、2種類のインフルエンザに混合感染した2例を確認
 カンボジアの23歳教師と生徒の2人で、A(H1N1)09とA香港型(H3N2)の同時感染が認められた。
 両ウイルスに遺伝子学的変化はなく、また遺伝子組み換えも起きていなかった。両者とも特に重症なインフルエンザとはならなかった。
 サンディエゴにある海軍衛生研究センターで研究論文を発表した。American Journal of Tropical Medicine and Hygiene

 専門家達が危惧するのは、カンボジアではH5N1ウイルスも家きんの間で流行していることから、人のインフルエンザウイルスとの遺伝子組み替えが起きて、さらに危険な人型インフルエンザウイルスが誕生していることである。

 他の研究によるとH1N1ウイルスと他のインフルエンザウイルスの同時感染する例は希とされる。
 シンガポールでの例は1例、中国の例では6例、ニュージーランドの例では11例報告されている。

 11月2日 (水)

Mortality due to pandemic (H1N1) 2009 influenza in England: a comparison of the first and second waves Epidemiology and Infection  (英国) パンデミックインフルエンザの際の英国における死亡率:第一波と第二波の比較
 A(H1N1)pdm09が流行した際の英国における死亡率を、第一波と第二波で比較した。
 ロンドンの公衆衛生学チームによる。
 
 第一波に比較して第二波では死亡率が4倍と高かった:第一波では100万人あたりの死亡率が1.4人、第二波では5.4人。
 両波を通じてハイリスク者の死亡率は高かった:慢性神経疾患450人、慢性心疾患100人、免疫抑制者39人。リスク因子が無い人々2.4人。
 *日本における厚労省発表データでは、日本の死亡率は1.52人。

 研究チームの分析では、第二波の死亡率の上昇は、当初認識されていたパンデミックに対する危機意識が次第に薄れて感染予防対策、および治療を求める意識の低下によるものと推定している。

 英国における2009年パンデミックの第一波と第二波
 人口10万人あたりの定点機関受診インフルエンザ様患者数。
 第一波:25週~32週
 第二波:36週~48週
 28週頃から年末まで、国家インフルエンザ相談ライン((National Flu Line service)が運営開始となり、インフルエンザと判定された相談者には抗インフルエンザ薬の支給が行われた。多くの感染者は医療機関(主として家庭医)を受診しなかった。
 北アイルランド(緑)では運用されなかったため、第二波での定点機関患者数は増加している。


 医療機関で把握される患者数は少なくても、死者数が増えたことは重要な事実となる。

 11月1日 (火)

インドネシア、東ジャワ州で数百羽の鶏がH5N1感染で死亡、住民もインフルエンザ症状を呈す Bird Flu Information Corner  (インドネシア&日本)
 東ジャワ州ジェンブル県の村で数百羽の鶏がH5N1鳥インフルエンザで死亡した。
 7人の住民がインフルエンザ様症状を呈して、タミフルによる治療を受けている。3人は回復しているという。
 感染疑い者の咽頭ぬぐい液がウイルス検査のためにスラバヤの保健センター検査機関に送られている。

Manufacturers react cautiously to flu vaccine efficacy analysis CIDRAP (米国ミネソタ大学感染症情報センター) インフルエンザワクチン効果分析結果に対して、ワクチンメーカー各社は慎重に反応を示す
 10月27日に発表されたCIDRAP研究チームによるインフルエンザワクチン効果に関する過去の研究論文分析結果に対して、世界の主要なインフルエンザワクチン製造企業がコメントを発表しているが、非常に慎重な内容である。
 
 研究論文を発表したチームでは、ワクチンによる予防はベターであることに変わりはないが、より効果のあるワクチンの開発が必要と論文では結論した。
 研究結果では、18歳~65歳までの成人で、従来の不活化ワクチンが59%の感染予防効果を示し、小児と高齢者では予防効果は明確でなかった。

 分析対象とした研究論文は以下の通りであった:
  インフルエンザ感染の有無が、検査で確認されている研究だけを対象。
  科学的にランダム化比較試験が行われている研究のみを対象。(厳密な年齢、性、健康状態などが一致する対照群の設定)。

 基本的に各社の広報担当者は研究結果に関して肯定的感想を述べているが、論文の選択方法、分析方法などにより、ワクチンの有効性はさらに異なる可能性があることをコメントしている。
 研究チームは過去の論文集からの結論を出しているだけで、インフルエンザワクチン接種の意義を否定している訳ではないことを、CIDRAPでは強調している。
TOP