高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2011年10月

 10月31日 (月)

Two New Suspected Bird Flu Cases Hit Bali  Jakarta Globe  (インドネシア) バリ島で鳥インフルエンザ感染疑い者2例が発生
 鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏から、ウイルス感染を受けた疑いのある母娘が、バリ州の州都であるデンパサルのサングラ総合病院で治療を受けている。
 病院の広報官によると、ウイルスの検査結果は未だ出ていないとされる。
 バリ島ではH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で流行しており、今月2名が感染して死亡している。
 患者の状態は安定しているという。

 他情報によると2人の症状は発熱と咳であったが、現在は症状は治まっているという。

 その後、ウイルスは陰性であったことから患者は退院したようだ。
 Bird Flu Information Corner

10月30日 (日)

 特記すべき情報はない

10月29日 (土) 


カナダ保健省インフルエンザ情報
 第42週(10月16日~22日)
 感染者数は未だ非常に少なく例年以下である。

米国CDCインフルエンザ情報 CDC
 第42週(10月16日~22日)
 インフルエンザ様患者数の増加は見られていない。

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第42週
 10月17日~10月23日
 未だ感染者数は少ない。

アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第42週
 10月17日~10月23日
 未だ感染者数は少ない

 10月28日 (金)


国内情報
全国各地で鳥インフルエンザおよび新型インフルエンザ対策強化

鳥インフル想定し防疫演習 佐賀県   佐賀新聞
新型インフル 休日夜間想定し訓練  読売新聞
 鳥取県中部総合事務所福祉保健局は27日、倉吉市内で強毒性の新型インフルエンザ発生に備えた患者の搬送訓練を行った。
 海外から帰国した患者が、休日の夜に感染の疑いが濃厚と診断されたとの想定。休日夜間の発生を想定した初めての取り組みという。 
インフルエンザ発生を想定した防疫演習   大分放送
 大分県竹田市の養鶏場で多数の鶏が感染死亡。県の職員や保健師150人が参加。
鳥インフルエンザ:予防へ 豊橋の家きん農家ら、対策協議会を設立 /愛知   毎日新聞
鳥インフル 患者搬送訓練 宇和島(愛媛県) 日テレNEWS24
鳥インフル 対応全力   朝日新聞
 高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、島根県西部農林振興センターの防疫演習が25日、大田市の県立農業大学校などであった。例年は机上の演習が中心だが、昨年の経験を踏まえ実践的なメニューを盛り込んだ。



 10月27日 (木)

Strict meta-analysis raises questions about flu vaccine efficacy CIDRAP News (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 厳格なメタ分析はインフルエンザワクチンの効果に疑問を呈している
 メタ分析(過去に行われた研究結果を統合して評価すること)
 ミネソタ大学のCIDRAPに属する研究チームによる。当ニュースは客観的に記載されている。

 過去44年間に発表された5000件以上のインフルエンザワクチンの有効性に関する研究論文を、チームが厳密に評価したところ、有効性を科学的に評価出来ている研究は31件に過ぎなかった。
 蓄積された無作為対照化試験のデータからは、標準的不活化ワクチンは18歳から65歳までの成人で有効率が59%で、2歳から17歳までの小児、および65歳以上の高齢者層での有効性を示す信頼性ある研究結果はなかった。
 (有効率59%:ワクチン非接種群の発症数に比較して、接種群での発症数が59%減少。ワクチン非接種でも発症しない例は多いから、両群での発症率の比較になる。ワクチン接種により59%が発症しないということではない。非接種でも場合によっては70~80%は発症しない)。

 生ワクチン(鼻腔スプレー型)の場合は、10件の研究で、6ヶ月から7歳までは83%の効果が確認されているが、年長小児と成人では有効性が確認出来る研究結果は見つからなかった。

 研究チームでは上記結果が、即ワクチンの有効性を否定するものではないとしているが、さらに有効なワクチンの開発が必要としている。

 Lancet Infect Dis 2011

WHO、インドネシアにおける新たな鳥インフルエンザ感染者を確認  
 インドネシア保健省は鳥インフルエンザ(H5N1)に感染した2例を報告した。

 1例はバリ州バングリ県の5歳少女で、9月27日に発症し、10月5日に地域の総合病院へ入院。しかし10月9日に死亡した。
 もう1例は10歳少年で上記少女の兄である。9月30日に発症し、妹と同じ日に入院したが、10月10日に死亡した。

 疫学的調査によると兄妹の居住していた周辺では、多数の家きんの死が認められていたとされる。
 
 検査室診断でH5N1ウイルス感染が確認された。

 10月26日(水)


国内情報
インフルエンザ、甲田中が学年閉鎖 安芸高田、2日間 広島  産経ニュース
 安芸高田市甲田町の市立甲田中学校で、インフルエンザとみられる症状を訴える生徒が相次ぎ、同校は25、26の2日間、1年を学年閉鎖とした。


西ジャワ島のベカシ県で数百羽の鶏が鳥インフルエンザで死亡 Bird Flu Information Corner  (インドネシア、日本)
 ベカシ県北部で425羽の鶏がH5N1ウイルスで死亡した。ウイルスは検査で確定された。

インドネシア、バリ島で18人が10月に鳥インフルエンザ感染疑いで入院治療  Bird Flu Information Corner  (インドネシア、日本) 
 10月にバリ州の州都にあるサングラ病院にH5N1鳥インフルエンザ疑いで18人が入院加療を受けた。そのうち2人はウイルス感染が確認され、死亡した兄妹例である。その母親も死亡しているが、検査結果については不明。
 サングラ病院には陰圧隔離室が4室ある。
 10月25日 (火) 


国内情報
練馬区の小学校でインフルエンザ集団発生により学級閉鎖、東京の公立学校で今季初 産経ニュース
 練馬区立旭丘小学校。東京都は、6年生児童の一部が季節性インフルエンザを含む集団風邪を発症したため、25日から3日間、学級閉鎖を実施すると発表。

Universal Flu Vaccine Could Be Available by 2014, Scientists Say  International Business Times (国際) 2014年まで万能型インフルエンザワクチンが実用化
 10月24日の Third Ageの内容を詳細に紹介している。

 イスラエルに本社を置くビオンドヴァックス社(BiondVax)は2014年までにFDAの承認を得られる可能性を発表。
 ロンドンに本社を置くシーク社(Seek)は5年以内に実用化を目指していると発表。

 他の専門家達の中には万能型ワクチンの実用化には10年は要するとコメントしている人もいるが、いずれも、それは水平線上に顔を出しているということで意見が一致している。


オーストラリアとニュージーランドにおける今冬のインフルエンザ流行の相違
 南半球では大体冬期間のインフルエンザ流行が終息に入っている。
 そうした中、近接するニュージーランドとオーストラリアでは流行程度と主要な感染源となっているウイルスが異なっている。

 昨年はニュージーランドでは、一昨年のパンデミックの際にそれほど流行しなかった地域でA(H1N1)が流行した。
 流行地域では医療機関が混乱した。
 しかし今年度の流行は例年以下であった。A(H1N1)に対する集団免疫が国内で平均的に獲得されたものと考えられる。
 今年の流行ウイルスはA(H3N2)、A(H1N1)およびB型が混合した。
 

 オーストラリアの今年の流行はA(H1N1)を中心として、やはりこれまでそれほど流行しなかった地域で、予想以上の流行をみた。
 昨年度以上の流行だった。
 国土が広いだけ、A(H1N1)ウイルスの拡大が1シーズンで終わっていなかったようだ。


 今年度の我が国では、一昨年、昨年と2年続けてA(H1N1)が各地で流行しており、全国におけるA(H1N1)に対する集団免疫は平均的に一定レベルに達していると推定される。
 すなわちA(H1N1)に対して集団免疫が未だ低い地域は少ないと思われ、今年もそれが主流となる流行は予想されない。
、昨年度のウイルス分離推移を見ると、A(H3N2)流行が初冬に限られていて、その後A(H1N1)流行の煽りにより、それほど拡大しなかったことから考えると、A(H3N2)の集団免疫が低下している可能性もあり、A(H3N2)が流行の中心となる可能性がある。そこに散発的にB型が混在してゆく可能性が大きい。



 因みに昨シーズンの米国における検出ウイルスの推移を見ると、初期はA(H3N2)で後半はA(H1N1)も増えている。しかし全体にA(H3N2)の分離率は高かった。
 今年の米国では特に主流となるウイルスはなく、3種類のウイルスによる穏やかなインフルエンザシーズンとなる可能性が高い。
 しかし新規に豚インフルエンザ(H3N2)が人に感染している例が増えていることなども含め、変異ウイルスが出てきたら状況は変わる。



 カナダの場合は、米国以上にA(H3N2)が流行の中心であり、年明けから若干のA(H1N1)が流行している。




 10月24日(月)

横浜市内で施設内複数患者からAH3N2(香港型)インフルエンザウイルスが分離  感染症情報センタ速報
 本年9月上旬に横浜市内の障害者福祉施設でインフルエンザの集団発生が見られた。
 5名からウイルスを分離して分析した。 AH3N2型が確認された。
 ポストパンデミックに入った2010/11シーズン(昨シーズン)はAH1N1pdm09、AH3亜型、B型ウイルスの混合流行であり、この夏の南半球(夏季)でも3種類のウイルスが混在している 。今シーズンも多様な流行像が予想され、冬季に向かいインフルエンザ対策が必要である。

World Bank project to help fight bird flu   Viet Nam News (ベトナム) 世界銀行、ベトナムに鳥インフルエンザ対策の為の助成金を提供
 ベトナムの”鳥及び人インフルエンザ制御と対策”プロジェクトに対して、世界銀行は2500万ドルを提供する。
 資金はベトナム国内における危険度の高い州(合計人口1000万人以上)の対策に当てられる。

Two Companies Currently Testing Vaccines Capable Of Combating Every Type of Flu  ThirdAge 万能型インフルエンザワクチンを2社が臨床試験中
 イスラエルに本社を置くビオンドヴァクス製薬(BiondVax)とロンドンに本社を置くシーク(Seek)製薬。
 前者は2014年、後者は2015年には商品化の予定とされる。

 万能型ワクチンは、全てのインフルエンザウイルスに共通する抗原を標的とする。

 ビオンドバックス社の万能ワクチンに関する過去記事
2010年10月13日


BiondVax universal flu shot starts next test stage Ha'aretz (イスラエル) ビオンドバックス社の万能ワクチンが次の臨床試験に
 イスラエルのビオンドバックス社が開発中のインフルエンザ万能ワクチンの第2相aに入ったと、同社が発表した。
 安全性と免疫原性(ワクチン効果、抗体産生能力)が、200人の健康成人を対象に行われる。

 本年8月1日に、同社は万能ワクチンの開発でFrost & Sullivan 賞を受賞を受賞したが、その記事を下記に再掲載する。
~~~~~~~~
 
Frost & Sullivan Awards '2010 European Influenza Vaccines Technology ... PR-CANADA.net (カナダ) ビオンドバックス社(BiondVax)、万能インフルエンザワクチン開発でFrost & Sullivan 賞を受賞
 イスラエルに本社をおくビオンドバックス社は、インフルエンザウイルスに共通するいくつかの抗原決定基(エピトープ)を用いた万能ワクチンを開発しており、前臨床試験では安全性と免疫効果が確かめられている。
 2011年中期までにフェーズ2臨床試験を終える予定とされる。
 今回Frost & Sullivan 省を受賞した理由は以下の三点による。
 ・当ワクチンは液性免疫と細胞性免疫両者を誘導する。
 ・当ワクチンの抗原はB型とA型のウイルス抗原の多くを用いていることから、パンデミックインフルエンザウイルスを含む多くのインフルエンザウイルスに効果を示し、変異ウイルスに対しても有効と考えられる。
 ・当ワクチンは大腸菌を用いてワクチン抗原を増殖させるので、現在の有精卵や細胞培養を用いる方法よりも短期間で大量のワクチンを製造出来る。前者が一定量の商業ベースに乗る量の製造に、4~6ヶ月間要するのに対して、当方法では6~8週間で済む。
 なお当ビオンドバックス社のワクチンは毎年接種する必要はなく、3~5年間に1度の接種で十分とされる。
~~~~~~~~~~~~~

Flu Vaccine Protects Pregnant Woman's Baby And Does Not Cause Miscarriage  Medical News Today (米国) インフルエンザワクチン接種妊婦から生まれた新生児は免疫を保有し、また接種妊婦の流産の危険性はない
 米国パンデミックインフルエンザ対策特別委員会( America's Pandemic Influenza Task Force) のカスリーン・ニュージル(Kathleen Neuzil)医師が、第49回感染症学会で講演。
 インフルエンザワクチンの接種を受けた母親の胎児は、母親から移行した抗体でインフルエンザウイルス感染が防止され、また出生後4ヶ月間は体内に存在する抗体でインフルエンザ感染を予防される。
 一方、接種を受けた母親は胎児を流産するという危険性はない。

 10月23日(日)


今年度世界で分離されているH5N1ウイルスの遺伝子学的特性  WHO
 2月16日~9月19日

 2.3.2.1株は2年前頃からベトナムや中国から広がっている新型株。
 中国でのデータはないが、今年度は分離されてないのか不明。
 またロシア、シベリア地域でのデータもない。

 感染対象 遺伝的クレード(分岐群)
バングラデシュ  家きん、野鳥、人 2.2.2、2.3.2.1
 カンボジア  家きん、人  1.1
 香港  家きん 2.3.2.1、2.3.4 
 エジプト  家きん、人  2.2.1
 インド  家きん  2.3.2.1
 インドネシア  家きん、人  不明
 日本  野鳥、家きん  2.3.2.1
 韓国  野鳥、家きん  2.3.2.1
 モンゴル  野鳥  不明
 ミャンマー  家きん  2.3.2.1、2.3.4.2
 ベトナム  家きん  1.1、2.3.2.1

WHOインフルエンザ情報 10月21日 更新145

 要約

 ・北半球温帯地域では、インフルエンザ発生はほとんど見られてなく、夏期間と同程度である。
 ・熱帯地域ではアメリカ大陸(キューバ、ホンジュラス、エルサルバドル)中央アフリカ(カメルーン)、および南・東南アジア(バングラデシュ、カンボジア、タ、ラオス、ベトナム)で発生が見られている。B型、A(H1N1)pdm09、およびA(H3N2)が混合、または地域によっては主流株として分離されている。
 ・南アフリカおよび南アメリカでは発生数は少なく、シーズンは終息しつつあるように見える。
 ・オーストラリアとニュージーランドではピークに達した。しかしながら地域によってピークに達する時期は異なっている。またオーストラリアでは地域によって流行ウイルスが異なっている。

 管理人注:オーストラリアを除き、全般的に例年に比較して穏やかある。
 10月22日 (土)


国内情報
インフル予防トローチの販売自粛…医薬品と勘違い多く ZAKZAK
ファーマフーズ側はパッケージに「健康食品」と記載し、医薬品と間違われるような効果も宣伝していないとしているが、「医薬品ではない」とはっきり周知する必要があるため、自粛を決めたという。
 管理人注:他報道機関では、同社が多くのインフルエンザ予防に有効と説明していると伝えられていた。

インフル予防トローチ、販売自粛=「医薬品?」問い合わせ殺到
 時事通信
 インフルエンザ感染を抑制する抗体入りトローチを開発したバイオベンチャー企業ファーマフーズ(京都市)とミヤリサン製薬(東京)は21日、トローチの販売を自粛していることを明らかにした。健康食品として販売を始めたが、医薬品と受け取られ、消費者から問い合わせが殺到したためという。

「インフル予防」トローチ発売中止 医薬品と誤解の恐れ 朝日新聞
 健康食品として今月中にも売り出す予定だったが、予防に期待する消費者からの問い合わせが殺到。製造販売元のミヤリサン製薬は「医薬品と誤解される恐れがある」と判断した。

 管理人注:医薬品と誤解される発表会社側とそれを伝える報道内容が問題であった。それにより開発元の株価がストップ高を4日間続いた。
 詳細は日記で展開。


WHO疫学週報-インフルエンザウイルス
・H5N1ワクチンの推奨H5N1ウイルス株
・本年家きんや野鳥から分離されているH5N1は、アジアでは2.3.2.1株が主流。日本、韓国、東南アジア、香港他
・エジプトでは2.2.1株
・H1N1株の新名称 A(H1N1)pdm09

カナダ保健省インフルエンザ情報
 第41週(10月9日~15日)
 感染者数は非常に少なく例年並みである。

米国CDCインフルエンザ情報 CDC
 第41週(10月9日~15日)
 インフルエンザ様患者数の増加は見られていない。

 豚インフルエンザ由来H3N2型ウイルス感染者がメイン州で見つかった。
 豚フェアに参加して感染したと推定される。
 1990年代から3種類の遺伝子が再集合したH3N2型インフルエンザが北米の豚の間で流行しているが、人は散発的に感染していてこれまで15例が報告されている。
 そのうち5例が本年である。

Bird Flu Vax Spurs Virus Evolution  Scientist (米国) 家きんに対する鳥インフルエンザワクチンが、ウイルス変異を促す
 イタリア、エジプト、米国の研究者のチームによる。
 概略
 地域的に限られた、不適切な家きんへのワクチン接種が鳥インフルエンザウイルスの高度の変異を促す。そして(変異により)ワクチンの効果が失われ、種を越えたウイルスの感染を引き起こす脅威が生じている。


 10月21日 (金)


国内情報

新型インフル受け入れ確認 黒部市民病院で訓練
 
富山新聞
鳥由来の新型インフルエンザの発生に備えた実地訓練は20日、黒部市民病院で行われ、医師や看護師ら約90人が患者の受け入れ態勢を確認。

冬の使者、第1陣が北国から飛来 蔵王・白石川 河北新報
 宮城県南有数のハクチョウの飛来地として知られる蔵王町宮の白石川松ケ丘河川公園に20日、今季第1陣のハクチョウが北国から飛来した。越冬のため来年3月中旬ごろまで羽を休めるという。シベリアから北海道を経由して到着したとみられる。毎年コハクチョウを中心に約350羽が越冬するとされる。

ハクチョウ、陽光浴び羽休め 秋田市の雄物川  秋田魁新報
 200羽のハクチョウが長旅の疲れを癒すように羽を休めている。

CDC investigating case of 'novel influenza virus of swine origin' in Maine  Bangor Daily News (米国) CDC、メイン州で発生した豚インフルエンザ感染者から分離されたウイルスを分析
 7歳少女が豚フェアに参加後発病したインフルエンザが、豚のH3N2ウイルスが原因であることがCDCで確認された。
 同ウイルスは今年8月にペンシルバニアで確認された3事例、およびインディアナ州での1例から分離された豚インフルエンザウイルスH3N2と遺伝子学的に類似している。
 少女の症状は発熱、咳、頭痛、咽頭痛、および筋肉痛とされる。
 公衆衛生専門家は同ウイルスが拡大する危険性はないと考えている。
Bangli, Bali ::: Hospital treats bird flu suspect  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本) バリ州バングリ、鳥インフルエンザ疑い患者が入院
 バリ州、州都のデンパサル、サングラ病院の隔離病棟に鳥インフルエンザ感染疑いの4歳少年が入院。
 少年の家で数羽の鶏が突然死亡している。
 症状は呼吸困難とインフルエンザ様症状とされる。
 病院の検査ではH5N1陰性であったが、保健省の研究機関からの結果を待っている。

 10月20日 (木)


国内情報
東京都インフルエンザ定点情報 若干増加
 第41週 2011年10月10日 - 2011年10月16日
 定点報告総数27人 前週7人、 前々週6人
大阪府インフルエンザ定点情報 増加傾向無し
 第41週 定点報告総数 12人 前週13人 前々週7人

集団風邪:四日市・笹川東小、学年・学級閉鎖 きょうから3日間 /三重  毎日新聞
 

H1N1 Infected Mothers Are more Likely to Deliver Dead Babies, Warn Experts  TopNews United States (米国) H1N1感染妊婦は死産率が5倍
 英国のオクスフォード大学の研究チーム。
 256人のH1N1感染妊婦を分析。
 
Bird Flu Tests Prove Negative, for Now Jakarta Globe (インドネシア) ロンボク島の鳥インフルエンザ疑い者、検査で陰性
 西ヌサ・テンガラ総合病院に入院している4人の鳥インフルエンザ感染疑い者は、病院のPCR検査で全例陰性であったが、現在、ジャカルタでの検査結果を待っていると、病院当局が発表した。
 現在4人中、5ヶ月男児、11ヶ月男児、および53歳女性が回復しているとされる。
 四人は中部ロンボク県に住んでいるが、自宅は全例4キロ以内にあり、その地域では多くの鳥や鶏が死亡している。


 10月19日 (水)


国内情報
東京都インフルエンザ定点情報
 第41週 2011年10月10日 - 2011年10月16日
 定点報告総数27人 前週7人、 前々週6人


Indonesia Detects Bird Flu Cases In Poultry iWeather Online (アイルランド) インドネシア、家きんで鳥インフルエンザの発生を確認
 下記報道と同じ内容。

Bird flu detected on Indonesia's Lombok island, no human cases Channel 6 News Online (国際) インドネシアのロンボク島で鳥インフルエンザが確認、しかし人の感染者はでていない
 インドネシア保健大臣は18日、ロンボク島の家きんで鳥インフルエンザが検出されたことを確認したが、人での感染者は報告されていないと語った。
 さらに同大臣はインドネシア内で30州で鳥インフルエンザウイルスが土着していて、ウイルスが検出されていない州は3州に過ぎないと語った。

 ウイルスは広く家きんの間で広がっているが、人での感染は今年は10人に過ぎず、以前に比べると有意に減少しているとされる。
 にも関わらず最近バリ州で2名の子供が死亡している。
 家きんに接触した後、十分な手洗いが必要なことを大臣は強調した。 
 さらに重要なこととして、家きんは人から離して飼育することと、死亡した鶏に小児を近づけないことであると語った。

 訳者注:インドネシア国営通信”Antara”からの情報と思われるが、内容的には一般論に過ぎないように感じられる。ロンボク島での人感染事例の報告がないことは事実なのかは不明。現地の病院から保健省の研究機関に送られている検体のウイルス検査で、H5N1が検出されなかったのか不明。
 10月18日 (火)

国内情報
インフルエンザで学級閉鎖、本年度市内で初/藤沢  カナコロ (神奈川新聞)  市立新林小学校でクラス児童31人のうち11人が欠席。3人がインフルエンザと診断された。3日間の学級閉鎖。

鳥インフルエンザ 渡り鳥の調査始まる(秋田県)   日テレNEWS24
 秋田県では17日から鳥インフルエンザウイルスの感染防止の為に、渡り鳥の生息調査が始まった。
 県の職員が、八郎湖の調整池や西部承水路を訪れ、鳥に異常がないかを調べた。このうち、西部承水路では1000羽以上のカモが確認されたが、鳥インフルエンザウイルスの感染が疑われるような鳥は確認されなかった。

Midi-Pyrenees News : Flu vaccines now available across France  Guide 2 Midi-Pyrenees (フランス) フランス全土でインフルエンザワクチン接種が開始
 来年1月末まで。
 有料。6ユーロ+接種料

ロンボク島の感染疑い患者の2例は検査で陰性  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本)
 先に報告されていた中央ロンボク県で感染疑いで入院していた11ヶ月男児と53歳女性は病院の検査でH5N1が陰性とされた。
 しかしながら病院当局は、ジャカルタの保健省研究機関からの報告をまっているとされる。
 
H5N1 suspected in death of Indonesian mother  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) インドネシア、死亡兄妹の母親もH5N1で死亡の疑い
 最近バリ島でH5N1感染で死亡した兄妹の母親が、発熱して病院で治療を受けた後、自宅で死亡したことが、Bird Flu Information Corner(日本の神戸大学とインドネシアのエアランガ大学が共同で運営しているウエブ)で伝えられた。
 女性は病院での血液検査でH5N1が陰性と診断されたが、退院(病院から逃げて自宅に戻ったとの情報もある)2日後に自宅で死亡したとされる。
 女性が、子供達のH5N1感染が確認された後、タミフルを予防服用していたのかは不明である。

 家族内集団感染は、ウイルスが人人感染した可能性を示唆するが、この例では母親のウイルス感染の有無が確認されていない。

バリ島、H5N1死亡兄妹の母親も死亡  Bird Flu Information Corner (インドネシア&日本)
 インドネシアの地元紙による情報の英訳。
 バリ島のサングラ病院で数日前にH5N1鳥インフルエンザで死亡した兄妹の母親が自宅で死亡した。当局はH5N1鳥インフルエンザを疑い、女性の検体を採取した。

 母親は兄妹が死亡した後発熱し、バングリ病院で治療を受けた。病院の検査ではH5N1は陰性だった。退院して2日後に死亡した。
 バリ州の保健局と家畜局は女性の自宅周辺を消毒し、生きていた鶏を殺処分した。

Bird Flu Likely Enters through Lombok  VIVAnews.com (インドネシア) 鳥インフルエンザはロンボクから拡大した可能性
 西ヌサ・テングラ州、中央ロンボク県で4人がH5N1鳥インフルエンザ疑いで、州都マタラムの西ヌサ・テングラ病院の隔離病棟で濃厚治療を受けている。
 4人は11ヶ月乳児、56歳、10歳、5ヶ月乳児。
 前2者は先週土曜日(15日)に入院。後2者は本日入院した。

 症状は高熱と呼吸困難。
 4人が住んでいた村では鶏が突然多数死亡しており、3羽でH5N1鳥インフルエンザウイルス感染が確認されている。

Dealing with the Threat of Bird Flu Bali Discovery (インドネシア、バリ州) バリ州旅行業協会、政府に鳥インフルエンザの脅威への対処を要望
 
バリ州と西ヌサ・テンガラ州のインドネシア旅行業協会支部は、政府にバリ島における鳥インフルエンザの状況と、講じられているインフルエンザ拡大対策について分かり易い説明を求めた。

 協会ではバリ訪問観光客には完全な情報が必要であり、それにより観光客は、バリを訪問するか否かを自ら決定する、と説明している。
 現在、どのような対策が取られているかについて完全な情報がなければ、観光客はバリ訪問の予定を変更する可能性がある。

 また同協会では政府がバリでの安全性の確認を世界のメディアに公式発表することも、バリへの旅行警戒を防ぐ為に急がれるとしている。


 10月17日 (月)

H6N5 flu strain from wild bird deadly to mice but not other animals  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) H6N5インフルエンザウイルス
 韓国の研究チーム。
 野鳥から分離されたH6N5鳥インフルエンザウイルスが、マウスに致死的感染を起こすことが確認された。
 フェレットに対しては感染するが豚には感染しない。
 アヒルや鶏にも感染するが病原性は示さないものの、呼吸器での増殖は認められる。

 遺伝子分析によると、PBIタンパクの遺伝子配列がH5N1ウイルスのそれに類似しているという。

 J.Virolに論文が掲載。


Study: HAI titers don't translate well to flu vaccine efficacy CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究報告:HAI(赤血球凝集阻止反応)によるインフルエンザ抗体価測定は、ワクチン効果と相関しない
 ミシガン大学の研究チーム。
 2007-2008年、ボランティアにインフルエンザワクチンを接種し、そのHAI価(赤血球凝集阻止反応を用いた抗体検査)とインフルエンザ発生率を分析した。
 不活化ワクチン、弱毒化ワクチン、プラセボ(偽薬)群でのインフルエンザ発生率(検査で確認)は、8.5%、18.3%、および27.3%であった。
 それら発生率とHAI価の間には相関性がなかった。

 研究チームではHAI価は予防効果の指標にはならなく、ガイド上での説明の参考資料とすべきであると結論している。

 J.Infect.Diseaseに論文が掲載

Two Suspected Cases of Bird Flu in Mataram Jakarta Globe (インドネシア) マタラムで2例の鳥インフルエンザ感染疑い者が発生
 バリ島に隣接する西ヌサ・テンガラ州で、2名のH5N1鳥インフルエンザ感染疑い者が確認された。
 州都マタラム市の総合病院に入院した。
 1例は西ロンボク県に住む11ヶ月男児で、もう1例は中央ロンボク県の53歳女性。

 2例とも発熱と呼吸困難で病院に収容された。
 医師は鳥インフルエンザを疑っているが、検査結果は出ていない。
 周辺では多くの鶏が死亡しているとされる。

 隣接するバリ島でも鳥インフルエンザで多数の鶏が死亡していて、先日兄妹が死亡している。

ウィキペディアより一部抜粋

 10月16日 (日) 

Contagion may only be a film, but could scientists handle a global flu pandemic?  Daily Mail  (英国) Contagion(伝染)”は映画であるが、科学者達は世界的インフルエンザ・パンデミックに対応出来るのだろうか?
 米国の映画”Contagion"の紹介と、その背景に横たわるパンデミック・インフルエンザの危険性と、発生した場合のシミュレーションなどが示される。
 英国では10週間で75万人が死亡との予測。

 ロンドンの高名なウイルス学者であるジョン・オクスフォード教授は次のように語っている。
  世界的な致死的パンデミックが起きえるかと尋ねられたら、もちろん起きえると答える、ただいつそれが起きるか分からないだけだ。地質学者が致死的火山爆発が起きえるかと尋ねられた場合、彼らは起きえると答えるのと同じである。
  2016年または2017年には起きえると自分は思っている。十分な対策を講じる必要がある。

 10月15日 (土)

Bali on Bird Flu Alert  Bali Discovery (インドネシア) バリ島、鳥インフルエンザ警報
 バングリでの小児の死亡がH5N1鳥インフルエンザウイルスによるものであることが確認されたことから、バリ島は異常な状況下にあると、鳥インフルエンザ警戒態勢が発令された。
Bird Flu Spreads to Most Bali Districts; Lombok on Edge Over Poultry Deaths  Jakarta Globe (インドネシア) バリ州のほとんどの地域に鳥インフルエンザが拡大
 バリ州の保健当局は14日、先週2人の子供を殺した鳥インフルエンザウイルスが同州の9地域のうち8地域に拡大していると発表した。その一方隣接するロンボク島では類似の鶏の死亡が多く見られていると住民が報告している。

 バリ州の家畜局長であるプツ・スマントラ氏は、ギアンヤル地域以外の全ての地域で、家きんの死亡が報告されていると語り、その拡大の速さに驚いているという。
 発生している家きん飼育場は小さな農家であり、大きな商業農場では家きんにワクチンを接種しているので、家きんは感染しづらいという。

 隣接する同じように観光地として知られるロンボク島でも鳥インフルエンザに起因する突然の家きんの死亡が報告されている。

 10月14日 (金)

特記すべき情報はない
 10月13日(木)

Iran Reports Two Outbreaks of Deadly Bird Flu in Farm Ducks  BusinessWeek (米国) イラン、カモ農場2箇所で致死的鳥インフルエンザの発生を確認
 イラン農業省がOIE(世界獣疫事務局)に報告した。
 高病原性鳥インフルエンザの発生は9月15日に確認されたが、本日、OIEに報告した。
 放し飼いのカモ農場で345羽が死亡し、2337羽がウイルス拡大防止の為に殺処分された。

 訳者注:確認出来てはいないが、H5N1と思われる。香港保健省のサイトではH5N1としている。

新型インフル、東京都が発生想定し訓練  日本経済新聞
 東京都は12日、新型インフルエンザの発生に対応した全庁的な訓練を実施した。4月に都政の事業継続計画(BCP)を改定して以降初めてで、致死率の高い強毒性を想定。都庁舎や都立広尾病院などで職員約90人が本番さながらに取り組んだ。
 
都広尾病院でインフル対策訓練   MSN産経ニュース
 東京都は12日、新型インフルエンザ対応訓練を実施した。大流行で都立広尾病院(渋谷区)の職員約700人の4割が欠勤し、他部局職員7人が応援に駆けつける-とした初の想定。応援職員も医療用マスクを付け、救急車や感染拡大防止用の密閉カバー付き車いすも動員するなど、本番さながらの訓練を行った。 都のインフルエンザ対策行動計画は最大、人口の3割にあたる約380万人が感染し約29万人が入院、死者は約1万4千人と予測している。

 10月12日 (水)


County public health officials recommend flu shots for everyone 6 and over  Merced Sun-Star (米国、カリフォルニア州) 郡保健局、6ヶ月以上の住民にインフルエンザワクチン接種を勧奨
 マーシド郡保健局の啓発。
 家庭医または個人的クリニックでワクチン接種を受けるように啓発。適切な医療機関が見つからない場合は、郡保健局がいくつかの地域で行っている。
Free, drive-thru flu shots available Friday  Covington News (米国、ジョージア州) 無料のドライブスルー方式インフルエンザワクチン接種が金曜日に開催
 ジョージア州、コビングトン市。
 対象者は6ヶ月以上の住民。
Senior Health Fair  Merchantville Online (米国、ニュージャージー州) 高齢者健康フェアー
 カムデン郡。
 高齢者健康フェアーが開かれ、その際にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン接種が行われる。60歳以上は無料。
Indications that live poultry markets are a major source of human H5N1 influenza infection in China  J.Virology (国際、ウイルス学雑誌) 中国におけるH5N1インフルエンザ感染は”生きた家きん市場”が主要な感染源の可能性
 中国研究チームによる。
 
 中国におけるH5N1鳥インフルエンザの人感染は、明確な家きんでの発生無しに発生しており、その感染源の明確な特定は為されていない。
 2008-2009年に発生した人感染で、感染者が発病前に訪れていた”生きた家きん市場”の家きんのH5N1保有状態と、分離されたウイルスの遺伝子構成を発病者から分離された遺伝子構成と比較した。
 調査された6箇所の家きん市場の4箇所でウイルスが検出され、その遺伝子構成は感染者から分離されたウイルスのそれに類似していた。
 研究チームでは”生きた家きん市場”における感染対策を強化することで、人へのH5N1鳥インフルエンザ感染を減らすことが可能と結論した。

 10月11日 (火)


Two children die of avian flu in Bali   Jakarta Post (インドネシア) バリで2人の小児が鳥インフルエンザで死亡
 バリ州、州都のデンパサルのサングラ中央病院で9日夜に2人の小児が鳥インフルエンザで死亡した。
 病院の医学チームによると、三箇所の検査所に検体が送られ、全てでH5N1ウイルス感染が確認されたとされる。

 バリ島での直近の死者は、2007年にタバナンとジェンブラナに住んでいた2人が死亡した事例であった。
 2007年以来、サングラ中央病院では58人の鳥インフルエンザ患者を治療してきた。

 インドネシアの鳥インフルエンザウイルスの専門家は、今回の兄妹例では人人感染の疑いもあるかも知れないと語り、ウイルス変異の可能性を念頭において、ウイルス分析をする必要があるとコメントしている。


 訳者注:58人もの鳥インフルエンザ感染者がこれまでバリ島で発生したという公式報告はないが、ここでは疑い者のことを意味しているのだろうか?

Three new Indonesian H5N1 deaths include two siblings CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) インドネシアで兄妹例を含むH5N1死亡者3例が確認
 1例は下記報道の西ジャカルタ例。
 女児周辺では鶏の死亡が確認されてないが、家庭では鶏料理を食堂で提供している。

 2例はバリ島の兄妹例であるが、病院の検査でH5N1陽性であるが、さらなる検査がウダヤナ大学と保健省で行われていると記載されている。
 Jakarta Globeの記事では、病院当局は保健省に送った検体で陽性だったと語っている。

Indonesia confirmed 179th H5N1 case  Bird Flu Information Corner (インドネシア) インドネシアで179人目のH5N1鳥インフルエンザ死者が確認
 WHO報告

 西ジャカルタの1歳1ヶ月の女児。
 8月8日に発熱で発症。
 8月15日に個人病院へ入院。
 23日からジャカルタの鳥インフルエンザ専門病院に入院して治療。
 25日に死亡。
 死亡した女児の住む地域では多くの鶏が飼育されており、女児の両親も食堂を経営し、鶏料理はそN中心だった。

 当事例はWHOに報告された。

Bird Flu Kills 2 Children In Bali  Jakarta Globe (インドネシア) バリ島(バリ州)で2人の小児が鳥インフルエンザで死亡
 昨日よりも、より詳細な内容の第2報。

 10日、病院当局者によりバリのバングリ地域に住む家族の若い兄妹が鳥インフルエンザで死亡したことが、病院当局者から発表された。
 「我々が保健省の研究所に送った患者の咽頭ぬぐい液と血液検体でH5N1感染が確認された」、と州都デンパサルのサングラ総合病院(Sanglah General )のディレクターが発表した。
 発表によると兄妹は、10歳少年と5歳の妹でテンブク村に住んでいたが、7日に同病院に入院し治療を受けていたが9日に死亡したとされる。
 妹は9日の午後8時に死亡し、兄はその4時間後に死亡した。
 
 病院のH5N1インフルエンザ専門チームの責任者は、兄妹が病院へ運ばれてきたとき、ほとんど意識はなく、呼吸もレスピレーターの助けを必要とした、と説明している。
 2人の死亡事実は即座にバリ島の保健当局に報告したとされる。

 バリ島の保健局の責任者によると、バリ島での鳥インフルエンザの死者は2007年以来で、そのとき46人がウイルスに感染し、2人が死亡したとされる。
 同氏によるとバリ島にはタミフルが3000錠あり、そのうち2000錠がサングラ総合病院に在庫しているという。
 「タミフルは鳥インフルエンザに感染した疑いが出た場合、24時間以内に服用すると有効である。それ故鳥インフルエンザ症状が出た場合、即座に報告しなければならない」
 同氏によると、バングリの家族の場合、兄妹が鳥インフルエンザ症状が出たことを迅速に報告しないで、その事実を隠していたという。
 治療の遅れが状態を悪化させたとされる。

 バリ島家畜局長官によると、兄妹のH5N1感染源は不明とされる。
 「兄妹は死亡した鶏との接触歴がある。しかし現地に行ってみると、兄妹の家には生きた鶏が1羽しかいなかった。迅速検査ではH5N1は陰性だった」。
 長官はさらに地域で兄妹の感染源調査を行うとしている。

 10月10日(月)

Bird flu kills 2 Indonesian children on Bali  The Seattle Times (米国) バリ島、鳥インフルエンザで2人の子供が死亡
 AP報道
CHILDREN DIE OF BIRD FLU ON BALI  Express.co.uk (英国) バリ島で小児が鳥インフルエンザで死亡
 AP報道
 観光地として名高いバリ島で2人の子供が鳥インフルエンザで死亡したと病院当局者から発表された。
Bird flu kills 2 Indonesian children on Bali   The Associated Press (国際) バリ島、鳥インフルエンザで2人の子供が死亡
 観光地として名高いバリ島で2人のインドネシアの子供が鳥インフルエンザで死亡し、同国として7ヶ月ぶりの報告となった。(訳者注:最終的報告は4月初旬だった)。
 10日、病院当局者が語ったところによると、10歳の少年と5歳の妹が、H5N1鳥インフルエンザと確認された後、週末に死亡した。
 兄妹は住居の周辺で死亡した鶏に直接接触したとされる。
Two children die of bird flu on Indonesia's Bali  Monsters and Critics.com (国際) インドネシアのバリで小児2人が鳥インフルエンザで死亡
 インドネシアのリゾート地であるバリ島で2人の小児が鳥インフルエンザで9日に死亡したと、10日、病院当局者から発表された。
 10歳の少年と5歳の妹である。
 「咽頭ぬぐい液、および血液検体の検査結果が返ってきたが、H5N1陽性であった」、とサングラ病院の当局者から発表された。
 兄妹は発病当初地域の医療機関で治療を受けていたが、改善しないため同病院へ転送され、治療2日後に死亡した。

 病院の鳥インフルエンザ病棟の責任者によると、子供達は家の周辺で死亡した鶏と接触したとされる。

 この2例で本年度のインドネシアにおけるH5N1鳥インフルエンザ感染者は9例となり、そのうち7例が死亡している。

Bali Hospital Confirms Two Cases of Bird Flu  Jakarta Globe (インドネシア) バリの病院で鳥インフルエンザ感染者2例を確認
 デンパサールノサングラ総合病院( Denpasar’s Sanglah General Hospital )で2人の小児がH5N1鳥インフルエンザとの診断が付けられたことから、バリの保健当局は警戒態勢を強化した。
 診断が付けられたのは5歳と10歳の兄妹で、8日夜に鳥インフルエンザの症状を呈して、隔離病棟に入院した。
 病院のディレクターは9日にコメントを発表したが、兄妹は死亡した家きんに直接接触し、地域の医療機関で治療を受けていたが、改善しないため同病院に入院したとされる。
 当局ではウイルス検査の結果を待っている。

 一方、バリの家畜局によると、兄妹が住んでいる地域ではH5N1鳥インフルエンザで家きんが死亡したとの結論が検査で得られていないという。
 死亡した家きんが検査の為に研究所に送られ、地域は消毒されている。

Flu clinics gear up for season   MyCentralJersey.com (米国) インフルエンザワクチン接種が加速
 ニュージャージー州、モリス郡。
 無針性ワクチン接種による小児へのインフルエンザワクチン接種を紹介。

 CDCの広報官によると、米国ではインフルエンザで毎年数千人が死亡し、インフルエンザ流行による経済的損失は400億ドルに上るとされる。医療費、休業による生産力の低下など。

Flu season off to a quiet start this year  The Herald-Times (米国) 今年のインフルエンザシーズンは穏やかに始まる
 
インディアナ州。
 十分量のワクチンが配布されているが、接種者の出足は遅い。

Mass. records first known flu death of season Boston Globe (米国) マサチューセッツ州で今季初のインフルエンザ関連死者
 
ボストン公衆家性委員会は、40代の男性がインフルエンザを発症して死亡したと発表した。
 男性は基礎疾患を保有し、男性の死は同州で今季初となった。
 詳細については発表されていない。

10月9日(日)


出水平野にマナヅル今季初飛来   西日本新聞
 シベリア方面から続々とマナズルやナベヅルが今後飛来する予定。
 昨年度は1万3006羽が観測されているが、12月以降ナベヅル7羽がH5N1鳥インフルエンザに感染している。

Nasal spray flu vaccine hits BC shelves  CBC.ca (カナダ) カナダ、鼻腔スプレー・インフルエンザワクチンが開始
 ブリティシュ・コロンビア州。
 今年度からカナダで鼻腔スプレー方式インフルエンザワクチンの接種が開始された。
 多くの研究者によると、小児に対しては特に鼻腔スプレー方式は有用であり、7歳までの小児の耳の感染症も減少すると言われる。
 ワクチンはウイルスを弱毒化した生ワクチンである。

 2歳から50歳までの健康人が対象で、接種費用は助成されない。

 訳者注:米国では以前から使用されている。
 10月8日(土)

WHOインフルエンザ情報 更新177 07 October 2011

 要約

 ・北半球の温帯地域におけるインフルエンザの発生程度は低いか、地域によってはほとんど検出されていない。
 ・熱帯地域は若干の国で程度は低いがインフルエンザが発生している;アメリカ(キューバ、ホンジュラス、ボリビア)、西アフリカ(カメルーン)、東南アジア(インド、タイ、ベトナム、シンガポール)。流行ウイルスは地域により異なるが、2009H1N1、H3N2、およびB型が混在している。
 ・南アフリカと南アメリカでの発生程度は低い。
 ・オーストラリアでの検査で確認されたインフルエンザ感染者数は減少に転じている。ニュージーランドではインフルエンザ様疾患数は流行域下限であるが、多くはB型である。

2012年度南半球インフルエンザワクチン組成 WHO
 CIDRAPより引用

 来年度の南半球におけるインフルエンザワクチンに関して、現在のワクチンと同じ組成をWHOは推奨した。
 3年連続同一組成となるが、理由は流行しているウイルスの種類に変化はなく、またウイルスの変異も認められていないことが上げられている。
 本年2月から9月まで流行していた株は2009H1N1、H3N2、およびB型であったが、全般的に流行程度は低かった。以前の季節性H1N1株(ソ連型)は検出されていない。

  A/California/7/2009(H1N1)pdm09
  A/Perth/16/2009 (H3N2)
  B/Brisbane/60/2008

 薬剤耐性株として2009H1N1が上げられているが、大多数の株はタミフルに感受性を示している。
 タミフル耐性株の中のほとんどの分離株は予防、または治療でタミフルが投与された症例から得られている。
 しかし、米国、英国、及び日本では、タミフル使用とは関係のない耐性株が増えていると言われる。

 北半球で現在接種が始まったワクチンも昨年と同一組成である。北半球での来年度のワクチン組成は2月に決定されるが、特に流行に異変がない限り、来年度も同一組成が推奨される可能性が高い。
 10月7日 (金)


英国におけるインフルエンザ直近情報 英国健康保護庁(HPA)
 第39週(26日~2日)
 明確な発生数の増加は認めない。
 昨年は流行は49週から始まっているが、一昨年のパンデミック時は早かった。
 


Northern Luzon wetlands monitored for bird flu virus  Sun.Star (フィリピン) ノーザン・ルゾンの湿地帯で鳥ンフルエンザウイルスの監視が強化
 フィリピン環境庁はH5N1鳥インフルエンザウイルスの変異の可能性があるという報告を受けて、ノーザン・ルゾンにある19の湿地帯の監視を強めた。
After migratory birds, can avian flu be far behind?  Inquirer.net (フィリピン) 渡り鳥がやってきて鳥インフルエンザウイルスも間近に迫っている
 フィリピン国内の19の湿地帯で鳥インフルエンザの監視が強化。
 
2011/12シーズンにおけるインフルエンザ集団発生初発事例―山口県  感染症情報センター
 山口県環境保健センター
 2011年9月27日に県東部の幼稚園(在籍園児127名)の1学級(在籍園児31名)において、8名がインフルエンザ様疾患で欠席し、学級閉鎖の措置がとられた。管轄保健所が近隣医療機関に検体採取の依頼を行い、当該幼稚園在籍の2名の患者から咽頭ぬぐい液が採取され、9月28日にインフルエンザウイルスPCR検査のために環境保健センターに搬入された。

 これらの検体について、Real-time RT-PCR法によるインフルエンザウイルス遺伝子検出を実施したところ、2名の検体から、ともにインフルエンザウイルスA型およびAH3亜型特異的遺伝子が検出された。このことから、当該幼稚園での集団発生事例は、インフルエンザウイルスAH3亜型(香港型)によるものと判断した。

 なお、2名の咽頭ぬぐい液については、現在MDCK細胞によるウイルス分離を実施しており、分離され次第、HI試験による抗原解析を実施する予定である。

WHO、H5N1人感染例報告なし


 10月6日 (木)

 現時点では特記すべき情報はない

 10月5日 (水)

インフルエンザで学級閉鎖 茨城県で今季初 筑西・伊讃小   MSN産経ニュース
 茨城県は4日、筑西市立伊讃(いさ)小学校(同市西谷貝)の3年生10人がインフルエンザに感染したため5~7日の3日間、学級閉鎖にするとの報告があったと発表した。
 昨年よりも約1ヶ月遅いとされる。
 なお定点観測では同県でのインフルエンザ流行の兆しはない。

Health system's portable hospital gets put to the test  Cumberland Times-News
 メリーランド州。
 西メリーランド保健機構とガレット・メモリアル病院。
 災害などの際に稼働する移動医療施設車によりインフルエンザワクチン接種を行う。
Flu season is here  Galena Gazette (米国) インフルエンザシーズンがやってきた
 イリノイ州。
 インフルエンザに関する一般的情報とワクチン接種の重要性を説明。

Avian Flu Vaccine More Efficient When Primed With H5N1 DNA Vaccine  MedIndia (インド) H5N1DNAワクチンを初期接種しておけば、鳥インフルエンザワクチンの効果は増強

Priming Shot Boosts Response to Bird Flu Vaccine  MedPage Today (国際) H5ウイルスDNAによる初期ワクチン接種は、後日接種するパンデミックワクチンの効果を著明に増強
 米国の国立アレルギーおよび感染症研究所のチームによる。Lancet Infectious Diseaseで発表。

 2005年にインドネシアで分離されたH5N1ウイルスを用いて、DNAワクチンとプレパンデミックワクチンを作成。
 DNAワクチン( H5 DNA primer )はプラスミドの巨大分子の中にH5遺伝子が入れられている。

 微量のDNAワクチン接種24週後にH5N1ワクチンを投与すると、DNAワクチン無投与の群の4倍の濃度で抗体が産生された。
 また通常の季節性インフルエンザワクチンを投与した場合も、DNAワクチンを接種している場合、その抗体価が高くなる可能性も示唆された。

 DNAワクチン接種と本ワクチン接種の機関は相当離れていても効果はあると考えられ(著者注:過去の研究報告では数年以上)、全住民に対してDNAワクチンを接種しておくことで、実際にパンデミックが後日発生したときに、パンデミックワクチンを接種する効果が高まると、著者らは説明している。
 またDNAワクチンを投与されているだけで、発病率と死亡率は減じる可能性があると、著者らは言っている。

 注:初回のDNAワクチンの接種は、免疫的に抗原を記憶させる効果を持ち、続いて接種されるワクチンに含まれる類似抗原が免疫系に認識されると、一気に大量の抗体が短期間で産生される。最初の抗原接種ををprimeと呼ぶが、抗原を免疫系に刻印するというニュアンスである。
 10月4日 (火)

 各種慢性疾患におけるインフルエンザ死亡リスク (英国保健省)
 昨シーズン、イングランド地方におけるデータに基づいた各種慢性疾患におけるインフルエンザ死亡危険度(リスク)。
 イングランド地方で死亡した378人を対象。(検査でインフルエンザと確定された死亡者)。
 
 慢性疾患  健康人と比較した死亡率の増加率(倍率)
 慢性腎疾患  18.5
 慢性心疾患  10.7
 慢性呼吸器疾患  7.4
 慢性肝疾患  48.2
 糖尿病  5.8
 免疫抑制  47.3
 慢性神経疾患  40.4

 上記慢性疾患を保有する6ヶ月以上の患者はワクチン接種が勧奨。


 10月3日 (月)

Millions 'play Russian roulette with flu'  BBC News (英国) 多くの人々がロシアン・ルーレットでインフルエンザの危険性を引き当てている
 英国では本日からインフルエンザワクチンが接種可能であるが、ハイリスク者(妊婦、65歳以上、慢性疾患保有者)は無料で接種できる。

 保健省ではハイリスク者はワクチン接種受ける必要があると警告している。

 10月2日 (日)

中3、高3年生に助成 インフルエンザワクチン接種 矢板市  下野新聞
 進学や就職試験を控えた受験生を対象に2600円を助成。
 総額3600円のうち1000円を自己負担に。

170 million flu shots available  Examiner.com (米国) 米国、今年度、1億7000万人分のワクチンが用意
 昨年は1億2300万人が接種。
 今年度のワクチンは昨年と組成が同じであるが、昨年接種した人も再度接種することが推奨されている。

 10月1日 (土)

FAO-OIE-WHO Technical Update: Current evolution of avian influenza H5N1 viruses 7 September 2011  (FAO、OIE、WHO) FAO,OIE,WHO 共同声明:最近の鳥インフルエンザH5N1ウイルスの進化
 
 印刷用PDFファイル
 当文書は人と動物におけるインフルエンザウイルス、およびインフルエンザの疫学に詳しい人々を対象とした技術的説明を目的としている。
 一般の方々はWHO、FAO、およびOIEのウエブサイトを参照して欲しい。

 現況
  ・高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスは家きんの間で感染を続けていて、人や動物に対する脅威は未だ存在している。
  ・当ウイルスに対する動物保健領域と人の公衆衛生学的領域における対策は、国家レベル、地域レベル、そして国際レベルで、各種の警戒態勢を維持してゆく必要がある;感染の発見、報告、ウイルスの分析、ウイルスに起因した人の健康リスクと、さらに将来予想されるリスクの評価

 H5N1鳥インフルエンザと動物保健
  ・2003年12月以来、鳥における高病原性H5N1ウイルス感染は、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、および中東の国々で報告されてきた。
  ・疫学的分析によると、現在ウイルスは次の地域で感染を繰り返している;アジア数カ国、エジプト、そしてインドネシアではウイルスが土着していて、絶えず新規の感染が家きんで発生していることがOIEに報告されている。一方、FAO(国連食糧農業機関)は、次の5カ国でウイルスが家きんの間で土着していると考えている;バングラデシュ、中国、エジプト、インドネシア、そしてベトナム。またH5N1ウイルスは時々他の国でも家きんや、野鳥から検出されている。
 。・H5N1ウイルスはある国々では大量死亡を起こすことなく、家きんの間で感染しているが、理由は大量のワクチン接種によると考えられている。他の国々では早期の検出態勢と殺処分を含む迅速なウイルス封じ込め対策を行っている。
  ・世界的に見ると、2008年の中期から家きんと野鳥におけるH5N1感染は増加しだした。2009年~2010年および2010年~2011年の期間にアジアでの有意な発生の増加が見られている;発生件数の増加と、比較的大きな発生事例。

 H5N1鳥インフルエンザと公衆衛生
  ・入手可能な情報で分析する限り、世界で検出されているH5N1ウイルスによる公衆衛生的危険性は高まっていない。
  ・人でのH5N1感染は希で、散発的であり、発生はウイルスが家きんの間で土着している地域で起きている。人の感染はウイルスが家きんの間に存在していて、感染した鳥に人が暴露、またはそれらがいる環境内に人が存在した場合に起きている。それ故、ウイルスが家きんの間で感染を起こしている限り、散発的な人の感染は発生し続けると考えられる。
  ・2003年以来、2011年8月31日の時点で、世界15カ国から565人の感染者がWHOに報告され、その中で331人が死亡している(致死率は58.6%)。疫学的調査によると、人人感染は非常に限られた例しか確認されてなく、持続的な人人感染は起きていない。
  ・FAOがH5N1ウイルスが家きんの間で土着していると考えているアジアでは、人の感染者数は変化がないか、または減少している。(下図)。
     クリックで拡大
  

  ・カンボジアでは2011年に8人の感染者が報告されている。全ては19歳以下で、また全例死亡している。この数はカンボジアとしては史上最大となっている。発生数の増加と高い死亡率の原因は分からない。これら感染者は全て散発的発生であり、感染した家きんへの暴露が感染原因と推定されている。感染者同士には関連性はない。(母と子が感染した事例はあるが)。カンボジアおよび他の国々で持続的に人の間でウイルスが感染し続けた例はない。
  ・人における早期の治療の為にも、人人感染を起こしている可能性を示唆する集団感染の検出のためにも、疫学的およびウイルス学的監視の警戒態勢は重要である。
  ・警戒態勢はまた各種の家きん業界でも重要である。そうした場所から疫学的に人への感染拡大や、従業者の健康問題に波及する可能性がある。


 ウイルスの進化と命名に関して

  ・現在、H5N1ウイルスのいかなる株も、人や動物の間で、より病原性や感染性を高めている事実はない。
  ・全てのインフルエンザウイルスは、人や動物の間で感染を続けている間に、ゆっくりと遺伝学的に変化する。その後ウイルスは遺伝学的類似性に基づいて”クレード”に分類される。
  ・一般的にウイルスの遺伝子鎖の変異が多くなると、ウイルスの抗原性に変化が生じる。またインフルエンザウイルスは他のインフルエンザウイルスとの間で、遺伝子の組み換え(再集合)を起こすことがあり、そうなると抗原性は大きく変わる。
  ・H5N1鳥インフルエンザウイルスも定期的にへ変化するが、それは特に家きんの間でウイルスが土着している地域で起きる。ゆっくりと進化し続けるウイルスは定期的にグループ分けされ、新しい”クレード”名が付けられる。
  ・最近命名されたクレード2.3.2.1のH5N1株は、2005年から東アジアで広がっていたクレード2.3.2から進化したものである。このクレードは、数カ国の家きんで拡大しており、いくつかの国では主要な流行株となっている。こうした状況を考えると、このクレードは決して新型ではない。
  ・クレードの命名は定期的にWHO/FAO/OIEの特別委員会で行っている。
  ・H5N1ウイルスの進化は人や動物のワクチンや診断キットへの影響が大きい。特に遺伝学的及び抗原性が大きく異なっているクレードの場合、ワクチンや診断キットは新規に作成する必要が出てくる。
 

 ウイルス進化と分類:動物保健
 略

 ウイルス進化と分類:公衆衛生

  ・現在、いかなるH5N1クレードも人への感染性や病原性を高めているという事実はない。クレード2.3.2.1は3人へ感染していることが確認されているが、これまでのクレード以上に人への脅威性を高めているという事実はない。
  ・ウイルスがより広く、また濃厚に家きんや野鳥の間に広がっていると、感染した鳥への人の暴露の機会は増えると思われる。しかしながらこのことにより、ウイルスが人へ感染しやすく変化したり、人人感染を起こす能力を身につけるようになる可能性はない。
  ・クレード2.3.2.1はWHOの”インフルエンザ監視および対策機構(WHO’s Global Influenza Surveillance and Response System)”により同定されており、それは必要ならばプレパンデミックワクチン作成の対象株と考えられている。

 
 この記事に対する管理人のコメントは”徒然日記”に記載。
TOP