高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年9月

9月30日

香港保健省インフルエンザ週報第39週 (9月19日から9月25日)
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は依然として多い状態が続いている。
 分離インフルエンザの大多数はH3N2株となっている。
 乳幼児と65歳以上での入院率は依然として多い。
 A/H1N1での重症者および死者の発生はない。
 
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合(外来患者1000人中)。

 
 分離インフルエンザウイルス株数の推移



 インフルエンザ入院数の推移


Swine flu deaths climb to 20 New Zealand Herald (ニュージーランド) ニュージーランド、豚インフルエンザ死者が2人増えて、合計20人に
 分離される豚インフルエンザウイルス件数は減少しているが、死者が2人発生して、今シーズンの死者数が合計20人となったことが、保健省から発表された。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第38週
 インフルエンザ様疾患患者数は完全に流行域を下回った。
 分離インフルエンザウイルス数も減少し、A/H1N1も少ない。
 38週には18人のA/H1N1感染者が報告された。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患数




Bird flu outbreak revives in South Sulawesi, 4 hospitalized  Jakarta Post  (インドネシア) 南スルワシで鳥インフルエンザが再発生、4人が入院
 南スルワシ州都のマカッサル、ワヒディン・スディロホソド病院で、鳥インフルエンザ様症状の患者4人を治療中であることが発表された。
 患者4人のうち3人は小児である。ピンラン地区( Pinrang )に住んでいた。
 28日夜に、高熱と呼吸困難、咳により入院した。患者達は直ちに感染症センターに移され、鳥インフルエンザの治療が開始されたと、病院長は語った。
 検査結果はまだ出ていない。
 ピンラン地区の疾病管理保健局長は、同地区で他に発熱している30人の健康状況をモニターしているが、入院した3人は重体で、多分症状から考えて鳥インフルエンザと思うと語っている。
 3人は周辺で数十羽の鶏が死亡した後に発熱したという。
H1N1 flu virus can mutate in immunosuppressed patients: study WHTC  (米国) 研究報告:免疫低下患者中でA/H1N1は容易に変異しやすい
 ロイター

 オランダのエラスムス大学医学センターの研究者が、白血病で骨髄幹細胞移植中にA/H1N1ウイルスに感染した少年の事例で、ウイルスがタミフル、リレンザ、およびペラミビルに耐性となったことを発表した。
 米国の世界的医学雑誌であるN.Engl.J.Med(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン)に短報として発表された。
 少年は骨髄幹細胞移植が行われ、そのために免疫を抑制された。
 その最中に少年はA/H1N1ウイルス感染を受けて、タミフルの投与を受けた。
 タミフルによりウイルスが消え去ったと思われた頃、骨髄移植は終了した。
 しかしウイルスはすぐに再感染を起こした。
 医師団は次にグラクソスミスクライン社とビオタ社の開発したリレンザの静脈注射を行った。
 少年は回復し、ウイルスは消えたように思われた。そして少年は退院した。
 19日後少年はインフルエンザ様症状で再入院した。
 今度はリレンザは無効であった。
 少年は3ヶ月後の、2010年3月に死亡した。
 検査室での分析によると、ウイルスはBioCryst社のペラミビルにも耐性を示していた。

 今月、シンガポールで投与2日以内でタミフル耐性が起きた事例が発表されている。

 3月には、米国の医師達からタミフル耐性になった2症例が報告されている。両患者ともオランダの少年の様に免疫が低下していた。1人の例ではペラミビルに対しても耐性が示された。しかし両者ともリレンザには感受性を示した。
 「通常は、薬剤耐性ウイルスの増殖を免疫系が抑制する。しかし免疫系の作用がない状態では耐性ウイルスが増殖する危険性が高まる」、と研究者はコメントしている。
 
9月29日

第一三共、純国産インフル薬発売 10月19日から 神戸新聞 
 第一三共は29日、開発段階から自社で手掛けた純国産のインフルエンザ治療薬「イナビル」を10月19日に発売すると発表した。
 粉末吸入剤のイナビルは専用の器具を使って服用。1回の投与で済む。昨年流行した新型インフルエンザにも効果がある。同社は年間最大1千万人分の供給体制を整えている。

*当薬剤は第一三共の独自開発品ではない。オーストラリアのビオタ社との共同開発品である。
  第2相臨床試験報告を伝えるCIDRAPニュース。

Tamiflu may prevent pneumonia in swine flu patients Britain News (英国) 中国研究:タミフルが豚インフルエンザ肺炎を予防する可能性
 中国CDC研究チームによる発表。BMJ(英国医師会雑誌)。
 2009年H1N1パンデミックインフルエンザ発病者1291人を対象。軽症患者が対象とされた。
 平均年齢は20歳。
 76%がタミフルで治療された。タミフル投与は発症後3日目が中央値。
 患者の920人で胸部写真が撮影された。12%で肺炎陰影が観察された。
 年齢、性差、ワクチン接種歴、抗生物質使用の有無、等の分析結果に影響する要因をそろえて、肺炎合併率、発熱期間、ウイルスRNA排出期間に関して、タミフルの効果を検討。
 タミフルの肺炎予防効果は有意であり、さらに投薬3日以降でも認めた。
 2日以内に投薬開始された場合は、発熱期間とウイルスRNA排出期間が有意に短縮された。

 BMJ原著

インフルワクチン1日から接種 読売新聞
 群馬県

 今シーズンのインフルエンザワクチンの接種が県内でも10月1日から始まる。ワクチンは、昨年大流行した新型インフルエンザと、季節性インフルエンザ(A香港型、B型)に対応する3種混合タイプ。昨年は、新型インフルエンザ用ワクチンの供給が遅れ、医師ら医療従事者の優先接種が行われたが、今年は安定的な供給が見込めるため、希望者全員が順番待ちをせずに接種できる。
 県によると、接種可能な医療機関は、県内1000か所以上になる見込み。費用は各市町村が決め、市町村民税非課税世帯の低所得者については、市町村が実施する予防接種費補助事業が適用される。
 「0~12歳」(2回接種)は6150円、「13~64歳」は3600円(原則1回接種)、「65歳以上」(同)は1800円をそれぞれ上限に、国や県、市町村が費用を負担する。
 県は、今年度一般会計9月補正予算案に、同事業費として3億1200万円を計上しており、約12万人が対象になると推定している。
 問い合わせは、各市町村や県の保健福祉事務所、前橋市保健所へ。接種可能な医療機関は、県のホームページで紹介している。

Free flu vaccines for young, elders Taipei Times (台湾) 若年者と高齢者に無料インフルエンザワクチンの接種が開始
 台湾CDCが昨日発表。
 CDCは297万9000接種量のワクチンを今年度は用意している。ワクチンには昨年流行したA(H1N1)インフルエンザも含まれている。
 10月1日から、小児と高齢者等に無料のインフルエンザワクチン接種が開始される。
 小児は6ヶ月から小学校3年生まで(younger than grade four students :学校で接種されることから学年で規定)。
 高齢者は65歳以上。
 慢性疾患保有者、保健医療担当者。
 鳥および家きん農場従業者。

 小児は学校で接種が行われるが、成人は地域の保健所、または契約している医療機関で行われる。
 75歳以上の高齢者は、無料の肺炎球菌ワクチンを同時に接種可能である。

Drive-through flu shot clinics offered Daily Record-News (米国、ワシントン州) ドライブスルー方式インフルエンザワクチン接種が開始
 キチアス郡保健局が開催。

 啓発文

Why get a flu shot?

The single best way to prevent the flu is by getting vaccinated each year, according to the local health department.

The federal Centers for Disease Control and Prevention (CDC) recommends that everyone over the age of 6 months receive a flu shot each year. It is especially important for certain groups of people to be vaccinated each year including:

  • Children aged 6 months up to their 6th birthday, but especially children younger than 2 years old,
  • Pregnant women,
  • People 65 years of age or older,
  • People of any age with certain chronic medical conditions,
  • People who live in nursing homes and other long-term care facilities, and
  • People who live with or care for those at high risk for complications from the flu.

59% Of Americans Thought To Be Immune To H1N1 (Swine Flu)  Medical News Today (米国) 59%の米国人はH1N1(豚インフルエンザ)に免疫となっていると推定
 下記論文内容。
 
Swine Flu no Longer a Major Threat to USA First Coast News (米国) 研究報告:米国では豚インフルエンザは最早脅威ではない
 米国の国立アレルギーおよび感染症研究所が2009年から2010年に流行したA/H1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)に関する分析結果を、医学雑誌mBioに発表した。
 研究データは米国CDCが得た分析結果に基づいている。
 
 研究によると、3億1000万人の米国人のうち、59%がA/H1N1ウイルスに免疫となっていると結論されている。
 すなわち6200万人がワクチン接種を受け、6100万人が感染して、そして57歳以上の人々6000万人が以前のパンデミックにより免疫をもっていると推定されている。

 論文では、保健専門家達が、米国では豚インフルエンザは最早大きな脅威とはならないと結論している。
 国立アレルギーおよび感染症研究所のアンソニー・ファウチ長官は、この秋にウイルスが爆発的に感染を広げることは、ほとんど考えられないと語っている。
 しかし共同研究者である、ウイルス学者で歴史研究者のデービッド・モーレン博士は、米国内で多くの人々が免疫を獲得しているとしても、未だ数千万人がウイルスに感受性を持っていると警告している。特に55歳以下の年齢層や、慢性疾患を保有している人々は要注意という。

 連邦政府は卵アレルギーやワクチンへの過剰感受性がない限り、6ヶ月以上の全米国人はインフルエンザワクチンを接種することを今年初めて勧奨した。
 ワクチンメーカー5社が現在1億5000万接種量のワクチンを出荷中である。季節性インフルエンザワクチンとパンデミックA/H1N1ワクチンが入っている。
 今年は高齢者用にさらに免疫能力が高いワクチンも用意されている。
9月28日

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第37週
 9月11日から17日
 
 インフルエンザ様疾患の定点医療機関受診数は増加し続けている。
 しかし、検査で確認されたインフルエンザ患者数は前週から減少している。
 
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様患者数の割合(外来患者1000人中)

 検査で確認されたインフルエンザ患者数(州毎に分類)。前週から減少に転じている。


Risk factors for disease severity among hospitalised patients with 2009 pandemic influenza A (H1N1) in Spain, April - December 2009  Eurosurveillance (ヨーロッパ感染症疫学、予防、対策雑誌:ヨーロッパCDC発行) 2006A/H1N1入院患者における重症化要因:スペイン研究、2009年4月~12月。
 成人患者を対象。
 3025人が入院。そのうち852人がICU収容。200人が死亡。
 患者年齢の中央値は38歳(0~94歳)。
 26%は基礎的疾患は保有していなかった。
 48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与された患者は35.2%。
 治療開始までの中央期間は4日間。
 予後不良となる要因は:
  ・48時間以降の抗インフルエンザ薬の服用
  ・病的肥満者
  ・慢性閉塞性呼吸器疾患 

Blood test tracking shows pandemic flu prevention measure benefits J.Infect.Disease (感染症雑誌、米国) インフルエンザ感染予防対策の有効性が血中抗体測定で立証:シンガポール軍隊研究
 シンガポールの軍隊基地における研究。
 シンガポールとオーストラリアの研究チーム。
 2009年6月22日から10月9日までのA/H1N1流行期の調査。
 軍隊基地における1015人のスタッフを3群に分けて、症状発現の有無と血清抗体価で感染の有無を検討。
 1群(正常群):インフルエンザ情報を伝え、症状がでた場合は医療機関を受診と指導
 2群(重点対策群):監視態勢を強化、小グループでの業務。
 3群(保健医療担当者):N-95マスク、予防手袋、および予防衣を業務の間に使用。
 
 結果:1群は44%で抗体産生が確認(感染した証)、2群と3群はそれぞれ17%と11%だった。
 研究チームでは、ワクチンが十分入手出来ない国では、インフルエンザ感染予防対策は意義があると結論している。
Experts predict return of swine flu Buxton Advertiser (英国) 専門家、豚インフルエンザの再流行を予想
 スコットランド。
 昨年の豚インフルエンザで69人が死亡している。
 高名な微生物学者でヒュージ・ペニングトン教授は、今冬も豚インフルエンザが再流行する懸念を表し、歴史的に考察すると、2回目の流行は大きく、多くの死者が発生する可能性が高い、と警告している。
 スコットランド保健省では感染して重症化する可能性の高いハイリスク者(高齢者や妊婦)はワクチンを受けるべきと呼びかけている。
タイで新型インフル再流行 newsclip.be (タイ、日本語版)
 バンコクのタイ国立マヒドン大学付属ラマティボディ病院によると、タイで8月以降、新型インフルエンザ(H1N1型)が再流行している。6月以降に同病院が診察したインフルエンザ患者の約8割がH1N1型に感染していた。
 タイ保健省によると、1月1日―9月25日にタイ国内で確認された新型インフルエンザ(H1N1型)による死者は85人で、9月19―25日にも2人が死亡した。感染率はバンコクが突出して高く、東北部、南部が低い。
9月27日


インド保健省インフルエンザ週報9月27日
 感染者数と死者数は減少傾向にある。
 しかし昨年度の流行曲線から考えると、冬期間のモンスーンが到来する11月過ぎから再度感染者数が増加する可能性がある。
 
新型インフルエンザ:児童2人が感染 松本・学年閉鎖 /長野 毎日新聞 
 県は25日、松本市内の小学校の3年生の児童12人が発熱などの症状を訴え、うち2人から新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。この小学校の3学年は25日から学年閉鎖した。新型インフルエンザの集団発生は6月7日以来、15週ぶり。
 県健康長寿課によると、24日に3学年の児童42人中11人が発熱などの症状で欠席。うち2人にPCR(遺伝子)検査を実施したところ、新型インフルエンザの感染を確認したという。
Drive-through flu clinic offered by health department Daily Mail - Charleston (米国、チャールストン) 市保健局、ドライブスルー方式インフルエンザワクチン接種外来を設置
 外来は月曜日9時から3時まで開かれ、18歳以上の市民は全員が対象。
 接種費用は30ドルであるが、保健局は多くの対象となっている保険会社に代金を請求する。
9月26日


Four more swine flu deaths in Madhya Pradesh IBNLive.com (インド) マディヤ・プラデーシュ州でさらに4人が豚インフルエンザで死亡
 保健当局は豚インフルエンザでさらに4人が死亡し、今シーズン8月以来死者数が71人となった発表した。
新型インフルエンザ集団感染 松本の小学校学年閉鎖 信濃毎日新聞 
 県は25日、松本市の小学校1校で新型インフルエンザとみられる集団感染が確認され、3年が学年閉鎖したと発表した。県によると、県内で新型インフルエンザによる学校の休業は5月31日以来、約4カ月ぶり。「これから感染が拡大する可能性がある」として、うがいや手洗いなどによる予防を呼び掛けている。

 県松本保健所によると、24日に3年生42人のうち12人が発熱や頭痛などの症状を訴え、11人が欠席。2人から検体を採取して調べ、新型インフルエンザと確認した。学年閉鎖は25日のみ。

 同保健所は、管内のほかの学校から集団感染の報告はないとしている。国立感染症研究所(東京)によると、全国では今月5~11日に千葉県の1校が休校、茨城県などの8校が学年・学級閉鎖。同12~18日は福岡市の1校が休校、東京都などの6校が学年・学級閉鎖している。

 10月1日に新型と季節性を組み合わせたインフルエンザワクチンの接種が始まる予定で、県は今月30日に接種が受けられる県内の医療機関を公表する。
Prevention and control of influenza with vaccines – Recommendations of the United States Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) – 2010  (ヨーロッパCDC) 米国ワクチン委員会(ACIP)によるインフルエンザワクチン接種勧奨-2010年
 米国における今年度のワクチン接種勧奨対象は6ヶ月以上の全国民となった。
 欧州におけるハイリスク者に対する勧奨内容とはポリシーが異なる。
 高齢者に対する高濃度ワクチン(Fluzone High-Dose)が承認されたが、その接種で高齢者の免疫が高まることが想定されるが、米国CDCではその予防効果が高まるか否かは不明としている。
 米国は今年度から晩秋におけるワクチン接種勧奨を、接種可能になったなら迅速に受けるように勧奨している。ワクチンの効果が約1年持続するという見解に従った措置である。これまでは早期に接種すると1~2月のインフルエンザシーズンの最中に免疫が低下するとされていた。

 8歳以下の小児に対するインフルエンザワクチンの接種基準が変わった。
 それまでのワクチン接種既往歴に基づいて決定されている。
 下表
  1回接種群: 昨年A/H1N1インフルエンザワクチン接種を行い、過去に季節性インフルエンザワクチンの接種歴がある場合
  2回接種群: 昨年A/H1N1インフルエンザワクチン接種を行わなかった。
           A/H1N1は接種したが、季節性インフルエンザワクチンの昨年接種が1回だけだった場合。
 要約: 昨年A/H1N1ワクチンの接種を行い(回数に関係なく)、さらに過去に季節性インフルエンザワクチンの接種を行っていか、または昨年度の季節性インフルエンザワクチンを2回行った場合-->本年度は1回接種。
9月25日


英国健康保護庁インフルエンザ週報第37週
 インフルエンザ様疾患の増加は、スコットランドと北アイルランドで若干上昇。
 A/H1N1ウイルスはスコットランドで1件分離。
Fewer people turning out for flu shots Hawaii News Now  (米国、ハワイ) インフルエンザワクチン接種を希望する人は少ない
 インフルエンザシーズンは数週間後に迫っているが、保健専門家達は人々の間に”インフルエンザワクチン疲労”が既に起きているという。接種希望者が少ないと危惧している。
 その原因には3つの要因が考えられるという。
 ・昨年の豚インフルエンザの脅威(によるストレス)
 ・昨年ワクチン不足が起きた(ストレス)
 ・結果的に比較的軽いインフルエンザであったこと
9月24日

<速報>小学校における今季初のインフルエンザAH1pdmの集団発生-茨城県 感染症情報センター 
 茨城県の小学校で9月1日の二学期開始直後から、A/H1N1の集団発生。学級閉鎖措置がとられた。5学年26名中9名が発症。
 昨年、インフルエンザに罹患した者はいなかった。
 他にH3N2も分離されていることから、今後の発生動向を注視する必要がある。

香港保健省インフルエンザ週報第38週 (9月12日から9月18日)
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は多い状態が続いている。昨年のパンデミック時に匹敵する数となっている。
 分離インフルエンザの多くはH3N2株となっている。
 乳幼児と65歳以上での入院率が上昇している。
 A/H1N1での重症者および死者の発生はない。
 
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合(外来患者1000人中)。

 
 H3N2分離数の増加と共に入院数は急増している。
 上図:インフルエンザで入院した乳幼児と高齢者数の推移
 下図:分離インフルエンザウイルス株数の推移



CDC finalizes flu prevention guidance for health settings  CIDRAP (米国ミネソタ大学感染症情報センター) CDC、保健医療担当者のためのインフルエンザ予防ガイダンスをまとめる
 家庭や保健医療担当者の外科用マスク使用と手洗いの有効性。
 N95マスクの使用は現場では長時間の使用が困難なため、外科用マスクで十分との結論。(相反する報告があるが)。
 ただしこれらの対策は、保健医療担当者が感染者に接する日常業務における予防方法であり、一般社会に拡大適応することを意味していないと専門家は注意を促している。
Recovery of a Multidrug‐Resistant Strain of Pandemic Influenza A 2009 (H1N1) Virus Carrying a Dual H275Y/I223R Mutation from a Child after Prolonged Treatment with Oseltamivir  Clinical Infectious Disease (米国、臨床感染症雑誌) 多剤耐性A/H1N1インフルエンザウイルスの分離
 CIDRAP(ミネソタ大学感染症情報センター)ニュースから。
 14歳少女。基礎疾患に全身性性エリトマトーデス。
 2009年10月にA/H1N1インフルエンザによる呼吸障害で入院。数週間タミフルによる治療。改善しないため静脈注射用ザナミビル(リレンザ)を使用したが12月末に死亡。
 11月に分離されたウイルスはタミフルに高度に耐性を示し、程度は低いがペラミビルとザナミビルにも耐性を示した。
 ウイルスの遺伝子分析で2つの変異が見つかった。一般的にタミフルに耐性を示すがザナミビルには示さないH275Y変異、および1223R変異(タミフルとペラミビルに軽度の耐性を示す変異)。
 単一の変異に比較して、両変異が同時に起きると耐性度が大きくなることが示唆された。
 多数のノイラミニダーゼ阻害薬に耐性を示すA/H1N1ウイルスの出現は、作用機序の異なる抗インフルエンザ薬の開発が急がれることを示している。

European Medicines Agency(EMA) updates on the review of Pandemrix and reports of narcolepsy  European Medicines Agency  (ヨーロッパ医薬品庁) パンデムリクスとナルコレプシーの因果関係について
 EMAはグラクソスミスクライン社の発売するA/H1N1ワクチン(パンデムリクス)とナルコレプシー発生の因果関係を調査したが、明確な因果関係は認められなく、最終的結論にはさらなる調査が3~6ヶ月間必要と発表。
 2010年9月17日の時点で、ヨーロッパの保健当局から81件のナルコレプシー疑い事例が報告されている。
 スウエーデンから34件、フィンランドから30件、フランスから10件、ノルウエーから6件、ポルトガルから1件。他にスウエーデンの消費者協会から13件、ノルウエーの協会から2件の報告がある。
 年齢は4歳から52歳まで渡っている。
 
 米国CDCは9月1日に、米国ではA/H1N1ワクチン及び季節性インフルエンザワクチンによるナルコレプシー発生は認めていないと発表した。また米国ではパンデムリクスは承認されていない。
9月23日


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第37週
 9月13日から19日
 インフルエンザ様疾患の数は急速に減少している。
 例年のインフルエンザ流行域下限を下回っている。
 分離されるインフルエンザの大多数はA/H1N1であるが、絶対数は減っている。


 分離A/H1N1インフルエンザウイルス件数の推移

9月22日

Influenza vaccination, pneumococcal vaccination and risk of acute myocardial infarction: matched case-control study CMAJ  (カナダ医学界雑誌) インフルエンザワクチン接種により心筋梗塞発症が抑えられる可能性  
 英国チームによる。
 対照群をP年齢、性別等十分マッチさせた分析。
 心臓に器質的疾患のない人々の場合インフルエンザワクチンを接種することで心筋梗塞の発生する頻度が有意に低い。
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第36週 (9月4日から10日)
 インフルエンザ様症状の患者数は、ほとんどの監視医療機関では増加が続いていが、増加率は鈍っている。。
 しかし検査で確認されたインフルエンザ患者数は267人(A/H1N1は149人)で、前週501人よりも著明に減少した。
 

 
 検査で確認化されたインフルエンザ患者数の推移





9月21日



More Flu Shot Clinics Sponsored by Madison Co. Commission  WAAY (米国) マディソン郡、無料インフルエンザ接種外来を設置
 今年は学校での集団接種はしない。
 6歳以上の人々は指定されたワクチン接種外来で無料接種を受けることが出来る。

Higher Incidence of Seizures Seen in Children With H1N1 Virus Compared to ... Science Daily (press release) (米国) A/H1N1ウイルスに感染した小児は、季節性インフルエンザ以上に痙攣を引き起こす頻度が高い
 米国ユタ大学の研究チーム。
 2009年のパンデミックインフルエンザA/H1N1は、季節性インフルエンザに比較して高頻度で神経学的合併症を引きおこした。
 もっとも良く見られたのは痙攣と脳炎であった。
 詳細が米国神経学会雑誌の神経学紀要(Annals of Neurology)の9月号に掲載された。
  
9月20日

Thailand reports three swine flu deaths Monsters and Critics.com (国際) タイ、先週、豚インフルエンザで3人が死亡
 保健大臣が発表。
 先週豚インフルエンザで3人が死亡し、338人の感染者が確認された。
 今年度の感染者数は11154人。
 死者数は昨年流行開始以来66人。

111 H1N1 deaths in past one week in India: Govt. NetIndian  (インド) インドでこの1週間で111人がA/H1N1で死亡
 インド保健省が本日発表した。
 9月12日から19日までのデータ。
 検査で確認されたA/H1N1感染者数は1038人、死者数は111人。
 死者数の内訳は、マハラシュトラ州が42人、グジャラト州が29人、マディヤ・プラデーシュ州が14人、デリーが10人、ウター・プラデーシュが3人、等となっている。
 6月から始まったモンスーンと共にA/H1N1の第2波が始まった。
9月19日

特記すべき情報はなし
9月18日

Mutant flu strains on the horizon Australian Life Scientist (オーストラリア) 近い将来、変異インフルエンザウイルス誕生の可能性
 ニュージーランドの研究チームが多数の人々がパンデミックインフルエンザH1N1と季節性インフルエンザH1N1(ソ連型)の両方に同時感染していたことから、近い将来新規変異インフルエンザ株が出現する可能性を警告している。
 同一の人で2種類のインフルエンザウイルスが感染しているのが確認されたのは初めてである。
 研究チームは、同一細胞内にパンデミックインフルエンザウイルスとタミフル耐性H1N1ウイルス(ソ連型)が感染した場合、パンデミックウイルスにタミフル耐性遺伝子が輸入される危険性を指摘している。
 論文は来月発行される、べいこくCDCが発行している”Emerging Infectious Diseases.(新興感染症)”に掲載される。

アイルランド保健省インフルエンザ週報第35週&36週
 定点&非定点医療機関でインフルエンザウイルスの検出はない。
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する数は非常に少ない。

カナダ保健省インフルエンザ週報第35&36週
 8月29日から9月11日
 インフルエンザの発生はほとんど報告されていない。
 2010年の3月以来インフルエンザの集団発生の報告はなく、インフルエンザ様疾患で医療機関を受診する率も例年の範囲内にある。
 この2週間、呼吸器検体から3件のインフルエンザウイルスが分離されているが、2件はH3N2で1件はB型である。

9月17日

DH: Pregnant women need flu jab Nursing in Practice (英国) イングランド保健局:ニンフはインフルエンザワクチンの接種が必要
 イングランドでのインフルエンザワクチン接種開始は未定であるが、保健局では妊婦は接種すべきであると啓発している。
 季節性インフルエンザワクチンには、今冬に再流行する可能性のあるA/H1N1インフルエンザも含まれている。
 ウエールズとスコットランドでは10月4日から接種が開始される。
新型インフル:予防接種を受けた人の方が感染率高い!? 朝鮮日報
 昨年12月、京畿道のある重度障害者施設で、新型インフルエンザの予防接種を受けた障害者の56%が、接種後に感染していたことが判明した。そのため神経機能に障害を持つ患者は、予防接種を受けても効果がないとの可能性が指摘されている。
 京畿道広州市の重度障害者施設で昨年12月23日に最初の感染者が確認され、その後今年1月1日までに、入所者107人のうち53人が感染したという。
 入所者の平均年齢は19歳(8-28歳)で、脳性まひなど手足を自由に動かせない、脳の疾患を持つ障害者が多かった。
 ワクチン接種者と非接種者での発病率をグラフで示している。
 
Swine flu keeps 65 pupils home Nelson Mail  (ニュージーランド) 豚インフルエンザで65人の児童が自宅療養に
 オークランドポイント・スクール(Auckland Point School )で、約半数の児童65人が豚インフルエンザのために欠席した。
 ネルソン地方では他にも会社や学校で豚インフルエンザの発生が伝えられている。
 
Three swine flu deaths in Delhi Indian Express (インド) デリーで3人が豚インフルエンザで死亡
 豚インフルエンザで3人がさらに死亡して、今季の死者数が55人になったと当局が16日発表した。
 検査で確認された今季の感染者数は1370人。

California urges flu, whooping cough shots Los Angeles Business (米国) カリフォルニア州、インフルエンザワクチンと百日咳ワクチンの接種を促す
Seven new cases of swine flu detected in Uttar Pradesh IBNLive.com  (インド) ウッタル・プラデーシュ州、新規に7人の豚インフルエンザが確認
9月16日


香港保健省インフルエンザ週報第37週 (9月5日から9月11日)
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は多い状態が続いている。昨年のパンデミック時に匹敵する数となっている。
 分離インフルエンザの多くはH3N2株となっている。
 65歳以上での入院率がやや減少している。
 A/H1N1での重症者および死者が各1名発生している。
 
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合(外来患者1000人中)。

 

 上図:インフルエンザで入院した乳幼児と高齢者数の推移
 下図:分離インフルエンザウイルス株数の推移



インド保健省インフルエンザ週報 9月14日
 感染者数と死者数はほぼ横ばい状態である


 昨年の流行曲線と比較。
 今後も感染者数の増加が推定される。
 茶色線が本年。6月から開始。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第36週
 インフルエンザ様疾患の数は急速に減少している。
 分離されるインフルエンザの大多数はA/H1N1であるが、絶対数は減っている。



チリ保健省インフルエンザ週報第36週
 (9月5日から9月11日)
  インフルエンザ様疾患の数は上昇の一途を辿っている。

 分離インフルエンザウイルス件数
 36週は現時点では症例数は完結していない。今後さらに増える。
 圧倒的にH3N2が多いが、完全に混合流行のパターンを示している。
 31週以降にインフルエンザ様疾患数が増えているが、H3N2株数の検出率の増加とパラレルである。



With flu season under way, physicians say they're already seeing cases in ... Contra Costa Times (米国) 未だインフルエンザシーズンには入っていないが、医師達はすでに感染者を診ている
 ロス・アンジェルス。
 未だ患者者数は少ないが、それでも例年よりも早くに発生している可能性がある。

humans can have two flus at once Sunday Star Times (ニュージーランド) 二種類のインフルエンザウイルスに感染する事例は少なくない
 昨年、ニュージーランドでA/H1N1が流行した際、11人がA/H1N1パンデミッウイルスとタミフル耐性季節性H1N1ウイルスに感染していたことが確認された。他に可能性が高い2例も存在した。
 検査で偶然確認されたが、ウイルスが遺伝子再集合(遺伝子交換)を起こしたかかどうかは分析されていない。
 研究チーム(Environmental Science and Research's National Influenza Centre in Wellington )は人は容易に二種類以上のインフルエンザウイルス感染を起こすことがあるとコメントし、H5N1ウイルスのような危険なウイルスと人のインフルエンザウイルスが重複感染した場合、より人の間に感染しうる危険なウイルスの誕生も懸念されるとしている。
 研究は journal Emerging Infectious Diseasesに発表された。
Swine flu can become drug-resistant quickly: study Reuters (国際) 豚インフルエンザは短期間でタミフル耐性に:研究
 シンガポールの科学研究機関の発表。
 女性の発病者にタミフルが投与されたが、内服48時間後には耐性株となった。なお女性は回復した。
 Emerging Infectious Diseases journalに報告された。
9月15日


新型と季節性インフル混在=8週ぶり休校や学級閉鎖-厚労省 時事通信 
 厚生労働省は15日、11日までの1週間にインフルエンザが原因で、幼稚園と小中学校の計9施設が休校や学級閉鎖などの措置を取り、新型と季節性のウイルスがそれぞれ検出されたと発表した。
 同省によると、内訳は小学校5施設と幼稚園、中学校の各2施設で、患者は計81人。茨城、千葉、東京、静岡各都県の6施設からは新型インフルエンザが、東京、神奈川、長崎各都県の3施設では季節性のA香港型が検出された。
 以前は季節性のAソ連型とA香港型が同時期に流行していたが、昨年は季節性がほとんど報告されず、新型インフルエンザ一色となっていた。
 同省は「複数のウイルスが混在する従来のパターンに戻りつつあるようだ」としている。
 一方、休校などの数は、昨年10月の最終週に約1万7800施設を記録した後は減少。7月18~24日の週以降は夏休みだったこともあり、報告がなく、休校などは8週ぶりとなったが、同省は「まだ今年の流行が始まったとは言えない」としている。
Medical groups urge flu shots for pregnant women KMOV.com (米国) 多くの医学会団体が妊婦へのインフルエンザワクチン接種を勧奨
 AP
 いまだパンデミックインフルエンザの流行は起きていないが、医学界の中心的団体が妊婦に、インフルエンザワクチンの接種を受けるように求めている。
 米国産婦人科学会、米国医学界、CDC、そして8医学団体からの啓発文が、全米の保健医療機関に今週配布される。
 全てのインフルエンザは妊婦と胎児に危険性を及ぼすとされる。
FAO says H5N1 outbreaks are up this year CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) FAO、家きんでのH5N1発生数は増えている
 2007年以降H5N1鳥インフルエンザが発生している国の数は減少していたが、本年度は国の数と発生件数が増えているとFAO(国連食糧農業機関)が発表した。
 本年度は8月までに16カ国でH5N1鳥インフルエンザが家きんで発生している。昨年度は1年間で11カ国であった。
 また本年度半年間で390件の発生がFAOに報告されたが、昨年は1年間で297件であった。しかしこれらの件数には、世界で最も多く発生しているインドネシアを含んでいない。同国の発生件数は村レベルで評価されており、他の国のように世帯レベルでの評価がなされてないと、FAOでは説明している。
 FAOによると発生件数は、発生国数よりも主観的で、事例の定義内容、注意レベル、さらにサーベイランスの効果等が大きく影響しているという。
 特にエジプトでの発生件数の著しい増加はサーベイランスの強化によるとされる。今年度は264件の発生があるが、昨年の同期間では71件に過ぎなかった。
 今年度の発生件数の増加は主としてエジプトにおける件数の増加が影響しているとFAOでは説明している。
Effectiveness of antiviral treatment in human influenza A(H5N1) infections: analysis of a global patient registry  J Infect Dis (シカゴ、感染症雑誌) 人H5N1感染者に対する抗インフルエンザ薬の効果:国際的評価
 各国研究者による合同調査。
 世界12カ国の308症例を分析。
 アゼルバイジャン、香港、ナイジェリア、パキスタン、およびトルコの41症例は臨床記録から分析。
 エジプトとインドネシアの175症例は各種情報源から分析。
 バングラデシュ、カンボジア、中国、タイ、及びベトナムの92症例は各種出版物から分析。
 全体の生存率は43.5%
 1回以上のオセルタミビル(タミフル)服用者の生存率は60%。
 抗インフルエンザ薬を服用しなかった患者の生存率は24%。
 オセルタミビル服用の効果は、症状発現6~8日以内に服用すると明確に認められている。
 オセルタミビル服用による死亡率は49%減じる。

 研究チームの結論:迅速な診断と早期の抗インフルエンザ薬投与が、H5N1インフルエンザでは必要とされる。

 *管理人注:これまで世界で発生したH5N1インフルエンザ事例の60%を網羅した研究。
   全症例の生存率は60%であるのに対して、今回まとめられた症例の死亡率は43.5%と低い。
中国インフルエンザ週報第34週 (8月23日から29日)
 インフルエンザ様症状で基幹病院を受診する患者数は増えていない。例年の数に比較しても少ない。
 分離されるインフルエンザウイルスのタイプは南中国でH3N2が増えている。
 基幹病院を受診するインフルエンザ様疾患患者の率(%) 南中国

 南中国で分離されるインフルエンザウイルスの推移


Wards overflow as hospitals feel strain from flu The Standard (香港) インフルエンザ発症者増加で病棟が溢れかえる
 香港ではこの7日間に少なくとも5カ所の公共病院で、院内のいくつかの病棟が患者で溢れかえった。
 プリンス・オブ・ウエールズ病院では院内インフルエンザ流行を阻止するために整形外科病棟が閉鎖された。9月5日以降、51から71歳までの4人の患者が病棟内でインフルエンザに感染した。
 1人は退院したが、他の患者は隔離病棟へ移された。
 昨日病院当局が発表したところによると、この1週間、病院内のベッドは平均100%以上の使用率となっている。
 また当局では、クイーン・エリザベス病院を含む他の公共病院の多くもベッド使用率が100%を超えているという。

 香港健康保護庁(HPA)によると、インフルエンザ流行は7月に始まり、この数週間、高い流行程度が続いているという。
 「この事実は、香港では未だ夏のインフルエンザシーズンがピークを迎えていないこと意味している」、と広報官は語っている。
 「インフルエンザ関連入院患者数は、昨年の夏の流行時期とほぼ同じで、予想範囲内ではある」、と同氏は付け加えている。(昨年夏のA/H1N1パンデミック発生時と同じ)。
 広報官はさらに、患者数が増加している病院では、予備の病棟を開き、ナースやスタッフの数を増やすという。
 緊急手術以外は、ベッド確保とスタッフへの負荷量を減らすために延期される。
 広報官によると小児病棟の平均占有率は過去1週間72%とされる。
 しかしプリンス・オブ・ウエールズ病院は例外で、この2,3週間は病棟が満床となっている。
 HPAへの報告では、9月に入ってから18の学校で78人の小児がインフルエンザを発症しているという。
 ほとんどのインフルエンザはH3とされる。
Are Vaccinations Needed? Risks vs. Benefits Christian Broadcasting Network (米国) インフルエンザワクチンは必要? 副作用と効果のバランス
 接種による利益と危険性の率は20:1。
 接種による自閉症発生の不安を抱く両親がいるが、ワクチン接種と自閉症発生に関しては否定されている。
 妊娠中にインフルエンザに罹患すると出産小児の統合失調症発生率が高まる。
9月14日

今月下旬に1千万本供給を予定―インフルワクチン キャリアブレイン
 今年度に供給される見込みのインフルエンザワクチン2937万本のうち、4割弱に当たる1131万本が今月下旬に供給される予定であることが分かった。9月14日に厚生労働省が開いた都道府県インフルエンザワクチン担当者会議で、細菌製剤協会の荒井節夫理事長が明らかにした。時期は出荷日が基準で、各医療機関に実際に届くには1週間から10日程度かかる見込み。
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第35週
 8月28日から9月3日
 インフルエンザ様疾患で医療機関を受診する患者数は増えている。
 検査で確認されたA/H1N1感染者数も増加しているが、昨年に比べて少ない。
 この週に501人のインフルエンザ患者が検査で確認され、そのうち361人がA/H1N1であった。
 前週よりも増えている。
 外来患者1000人中に占めるインフルエンザ様疾患の割合(定点医療機関)
 
 検査で確認されたインフルエンザ患者数の推移

 

Parents OK with closing schools during swine flu outbreak The State (米国、サウスカロライナ州) 両親は豚インフルエンザ流行による休校に理解
 CDCとハーバード大の共同研究。
 39州の523組の両親へのアンケート。
 アンケート調査で、90%の両親は、豚インフルエンザ流行で学校や託児所( day care centers )の休業に理解を示している。
 ・85%の両親は閉鎖がH1N1インフルエンザの拡大を抑えると信じている。
 ・20%が学校の休業(休校)で職を失ったと答えている。
 ・2%が休校は家庭にとって大問題であると答えている。
 ・75%が休校は家庭にとって何ら大きな問題ではないと答えている。

 オーストラリアでは流行により12日間の休校を行った場合、多くの両親が不満を漏らした。米国の場合は、休耕期間が一般的により短いせいもあり(3日以内)、さほどの不満は出ていない。
93% of women wash their hands vs. 77% of men  USA Today  (米国) 手洗い後、女性の93%、男性の77%が手洗い:調査報告 

Sanofi offers flu vaccine with short, thin needle  Reuters UK (国際) サノフィ・パスツール社のワクチン、短く、より細い針の使用を申請
 皮内接種用の短針を用いてワクチン量も従来の1/5とされる。
 従来の針は25から40ミリであったが、申請されている針は1.5ミリで、注射器メーカーのベクトン・ディッキンソンとの共同開発。
Restroom spies say we're washing hands more often ABC7Chicago.com (米国) トイレ使用後の手洗いの率
 8月に米国内の4都市で調査。
 トイレ使用後の手洗いの率は85%。
 2007年には77%であったことから、手洗いの率が上がったことが確認。
 男性の23%、女性の7%が手洗いを行っていなかった。
 ボストンの微生物学研究会で、ソルトレイク市の微生物専門家が発表。
Here's some news you may not want to hear about hand sanitizers Los Angeles Times  (米国) 手指消毒液が効果がないとのニュース
 バージニア大学の研究チーム。研究は手指消毒剤販売企業がサポート。
 116人のボランティアに手指消毒用ゲルで3時間ごとに手指の消毒を10週間依頼。他に何もしない96人の対照者。
 毎週呼吸器検体で感冒ウイルスのライノウイルスとA/H1N1ウイルスの感染有無を調査。
 ライノウイルス感染は手指消毒液使用者の42%で発生し、対照群の51%で発生した。
 またインフルエンザは手指消毒群の12%、対照群の15%で発生。
 研究チームは感冒もインフルエンザも手指を介しての感染よりも、空気を介しての感染(飛沫を介しての感染)が主であると結論している。
9月13日


インド保健省インフルエンザ週報 9月7日
 検査で確認された感染者数は、8月30日から9月5日までの1週間に1257人、死者数は128人発生している。
 
チリ保健省インフルエンザ週報第35週
 (8月29日から9月4日)
  ピークは過ぎつつあるようだが、A/H1N1ウイルスの検出率は高い。



英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第35週
 8月30日から9月5日
 英国全体でインフルエンザの発生はほとんど見られてない。
 インフルエンザウイルスの分離も見られていない。
 イングランド(地方)でA/H1N1ウイルスが最後に分離されたのは第16週(4月18日から25日)である。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患でで定点医療機関を受診した患者数。
 スコットランドで若干数の上昇は見られているが、流行下限以下である。

アイルランド健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第33&34週 (8月16日~29日)
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は非常に少ない。
 インフルエンザウイルスの検出はされていない。
 
 パンデミックインフルエンザが発生して以来アイルランドでは4586人の感染が確認され、27人の死者が確認された。
9月12日


Just about everyone should get flu vaccine fwdailynews.com (米国) 全ての米国人は直ちにインフルエンザワクチンを接種すべき
 インフルエンザワクチンは現在、米国中の多くの薬局や家庭医で接種できる。
 誰が接種すべき?という質問はあり得ない。
 今年度から、6ヶ月以上の国民は全て接種すべきとされたからだ。
 通常は1回接種でよいが、6ヶ月から8歳までの子供は4週間の空けて2回接種が必要だ。
 また今シーズンから65歳以上の高齢者用に、フルゾン・ハイドーズ(Fluzone High-Dose ,サノフィ・パスツール)が承認された。高齢者用に4倍量の抗原が入った高濃度ワクチンである。
Flu alert for Bahrain Haj pilgrims Trade Arabia (バーレーン) バーレーン、メッカ巡礼者にインフルエンザ警告
 11月にバーレーンからサウジアラビアのメッカ大巡礼に向かう人々に、十分インルエンザ予防対策を行うように保健省は注意を与えている。
 昨年のように余分な対策は行わないが、通常の衛生管理と、ハイリスク者のA/H1N1ワクチン接種を勧めている。
 また保健省では昨年のように髄膜炎、ジフテリア、破傷風に対するワクチンは用意していると啓発している。
 手洗いは非常に単純な衛生管理であるが、多くの感染症を予防できるとも説明している。
9月11日


Two die of Swine Flu in Delhi, Toll rises to 44 BreakingNewsOnline. (インド) デリーでさらに豚インフルエンザで2人の死者発生、総死者数が44人に
 少なくとも2人の豚インフルエンザ死者が報告され、デリーにおける今シーズンの総死者数が44人となった。
 今年度検査で確認されている感染者数は1281人となっている。

Swine flu claims 11 lives in state Hindustan Times (インド) チャッティスガル州、11人が豚インフルエンザで死亡
 インド中心部のチャッティスガル州、モンスーンが到来してから感染拡大している豚インフルエンザでの死者がこの3ヶ月で11人となった。
WHOインフルエンザ状況 更新116
 9月10日発表

 8月10日にWHOはA/H1N1パンデミック終息宣言を出したことから、今後インフルエンザ状況の発表は各週とする。
 
 インフルエンザの流行は現在南半球の温帯地方と南アジアで顕著である。

 インドでは未だ全国的にH1N1(2009)の流行が続いている。また数州で多数の死者数が報告されている。

 チリではこの2週間呼吸器感染症の急激な増加が起きている。全年齢層で見られているが、特に65歳以下が多い。9月における呼吸器感染症の多発はチリでは希で、通常は6~7月に見られる。これまでA/H1N1ウイルスが元も多く検出されているが、最近はB型及びH3N2型に変わってきている。そしてA/H1N1の検出頻度は減じてきている。RSウイルスは全土的に流行しており、それは小児で顕著となっている。

 オーストラリアでは8月と9月にインフルエンザ患者の発生数が増してきている。しかし救急病院を訪れるインフルエンザ様患者の数が減少してきている地域も、最近は見られ出している。全体としてインフルエンザの流行程度は2009年の冬以下である。分離されるウイルスの中心はA/H1N1であるが、B型も混在している。

 ニュージーランドでは8月最終週からインフルエンザ流行程度は減しだした。しかし全体として未だ例年の流行域を超えており、その程度は地域による差が大きい。分離されるウイルスの大半はA/H1N1である。今年度のインフルエンザの流行程度は国全体として2009年以下であるが、地域によっては超えている。

 アフリカでは、中央アフリカ共和国で初めてA/H1N1ウイルスが検出された。南アフリカではインフルエンザウイルスの分離数が減少に転じている。同国ではこれまでB型ウイルスが流行の中心であったが、最近A/H1N1ウイルスんも検出頻度が上がってきている。他に減少しつつあるが少数のH3N2ウイルスも検出されている。

Characteristics of paediatric patients with 2009 pandemic influenza A(H1N1) and severe, oxygen-requiring pneumonia in the Tokyo region, 1 September-31 October 2009  Eurosurveillance ( European scientific journal devoted to the epidemiology, surveillance, prevention and control ) (ヨーロッパCDC発行、”感染症疫学、サーベイランス、予防、管理”雑誌)
 2009A/H1N1パンデミックインフルエンザの小児感染者の特徴と重症低酸素血症誘発肺炎:2009年9月から10月における東京での経験例
 
 21人の小児肺炎患者が対象。
 3カ所の関連病院に紹介入院となった。
 全患者で呼吸不全を伴った肺炎と重症の低酸素血症を呈していた。
 症状発現から入院までの時間は14時間(5~72時間)。発熱(38度以上)から入院まで8.5時間(5~72時間)。
 全患者で酸素吸入が行われ、4人でレスピレーターが必要とされた。
 レントゲン写真では斑状の浸潤像、ないし無気肺陰影が認められた。
 全患者で抗インフルエンザ薬が投与されたが、20人で48時間以内に投与された。
 調査期間での死者は発生しなかった。
 この小児の肺炎は、インフルエンザ症状発現後急速に呼吸困難と低酸素血症を来すと考えられた。
CDC finds little disruption in short pandemic school closure  Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR) (米国、CDC) CDC報告:パンデミックインフルエンザによる短期間の休校は社会的に大きな問題は生じなかった
 電話による調査。CDCとハーバード大学による。
 全米39州、523の保護者が対象。
 90%の保護者が休校措置に納得。85%が休校措置により感染拡大効果が得られると回答。
 20%が失職。19%が子供の無料、または低料金の昼食が提供されないことに不満。3%が休校は大きな問題と回答。
 56%が休校の間、子供達が少なくとも1回以上は外出したと回答。友人宅や買い物。
 研究チームは、短期間の休校措置は大きな社会的混乱は起こさないが、公衆衛生当局と学校当局は、感染症の拡大による健康問題と、保護者の失職及び子供の世話の問題を比較して決定すべきとコメント。

Adverse reaction of influenza A (H1N1) 2009 virus vaccination in pregnant women and its effect on newborns  ScienceDirect (国際) A/H1N1ワクチンの妊婦と新生児に対する副作用
 医学雑誌Vaccineに投稿された論文の紹介。
 韓国の研究チーム。
 特に大きな副作用は見られなかった。
Long-lived bird flu stays on surfaces Emerging Health Threats Forum (米国) 鳥インフルエンザウイルスは物体の表面で長期間生存
 室温では数日間で不活化したが、環境温度が下がると長期間生存。 
 特に低温、低湿度下での金属やガラスの表面で13日間以上生存する。
Dry air might boost flu transmission Science News (米国) 乾燥した空気はインフルエンザウイルスの感染を広げる
 室内の湿度が低いとウイルスの空気中の生存率が高い。
 家庭用加湿器でウイルス量は30%近くまで減少。
Free flu shots will be offered for faculty, staff, students and retirees  Stanford University News (米国) スタンフォード大学、インフルエンザワクチンはスタッフ、学生、退職者に無料で接種
Swine Flu Appears in Northwest India  NTDTV (米国) 豚インフルエンザ、北インドで拡大
 北インドのラジャスタン州でA/H1N1インフルエンザが拡大している。
 州政府はワクチンは十分あり、また検査施設も州内に多く用意していると言っている。
9月10日


Daiichi Sankyo's New Flu Drug Inavir Approved In Japan FOXBusiness (米国) 第一三共製薬の新インフルエンザ薬が日本で承認
 第一三共製薬は10日、インフルエンザ治療薬のイナビル(Inavir)が(厚労省により)承認されたと発表した。日本で二番目となる新世代型インフルエンザ薬である。
 イナビルはリレンザと同じように小さな吸入器を使うが、わずか1回の吸入で効果が期待できる。
 日本では塩野義製薬が新世代インフルエンザ薬、ラピアクタ(製品名ペラミビル)を発売しているが、開発元はバイオクリスト社である。ラピアクタは静脈用製剤で一回の注射で効果を発揮する。

新型対応、数量も確保 インフルワクチン 県「落ち着いて接種を」 福井 MSN産経ニュース
 昨年の夏から全国的に流行したインフルエンザは、今年は新型、季節性ともに福井県内で患者はほとんど確認されていない。県は10月1日からスタートするワクチン接種に向けて準備を進めているが、今年のワクチンは新型対応で数量も確保されているため、落ち着いて接種を受けるよう呼びかけている。
 接種は全国一斉に始まる。今シーズンに供給されるインフルエンザワクチンは新型と季節性の香港型、B型の3株混合タイプで、国内では5800万回接種分の製造が予定されている。数量が確保されており、新型インフルエンザで混乱した昨シーズンのように優先接種対象者は設けないという。新型インフルエンザは世界保健機関(WHO)が8月、世界的大流行(パンデミック)の終息を宣言している。

Boy, 3, dies of swine flu The Standard (香港) 香港、3歳少年がA/H1N1で死亡
 8日夜、3歳少年がA/H1N1で死亡し、チュムン幼稚園が閉園措置をとった。
 少年の家族もインフルエンザ様症状を呈しているが、A/H1N1感染は入院した母親だけが確認されている。
 幼稚園では2人の園児と1人のスタッフが発熱、または呼吸器症状を呈しているが、入院の必要性はないようだ。
 なお香港健康保護庁(HPA)には、新学期に入ってから4件の学校内におけるインフルエンザ集団発生が報告されているという。
9月9日


香港保健省インフルエンザ週報第36週 (8月29日から9月4日)
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は多い状態が続いている。
 分離インフルエンザの多くはH3N2株となっている。
 65歳以上での入院率が上昇続けている。
 A/H1N1での重症者は1人発生。死者は出ていない。
 
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合(外来患者1000人中)。


 分離インフルエンザウイルス株数の推移
 

 インフルエンザで入院した乳幼児と高齢者数の推移


Swine flu claims 18th victim  Radio New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド、豚インフルエンザでさらに1人死亡
 ニュージーランド保健省は豚インフルエンザで43歳男性が死亡し、今シーズンの総死者数が18人となったことを発表した。男性には基礎的疾患はなかった。
 また現在、9人がICUで治療を受けている。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第35週 (8月30日~9月5日)
 インフルエンザ様疾患数は減少している。
 A/H1N1感染が確認された患者数も減少に転じている。
 
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診した患者の比率。
 
 A/H1N1感染が確認された患者数の推移。

Swine flu no worse than seasonal flu for most victims, study says Los Angeles Times (米国) 豚インフルエンザは季節性インフルエンザよりも重症ではない:研究報告
 ウイスコンシン州、マーシェフィールドの臨床研究財団の研究チームの報告。
 同財団ではほぼ全ての地域住民に医療を提供しており、2007年以降のインフルエンザ罹患状況を分析し、昨年の豚インフルエンザの重症度を評価した。
 豚インフルエンザは2009年度、季節性インフルエンザH1N1およびH3N2は2007~2008年度のインフルエンザシーズン。
 若い世代の入院数が多かったが、それは若い世代が豚インフルエンザに感染しやすかったためであり、豚インフルエンザ自体は他のインフルエンザよりも重症ではなかった。
 
 入院率
 成人:豚インフルエンザ 4%、季節性H1N1 2.3%、H3N2 4.5%。
 小児:豚インフルエンザ1.5%、H1N1 3.7%、H3N2 3.1%
 
 肺炎発症率
 成人:豚インフルエンザ 4%、H1N1 2.3%、 H3N2 1.1%
 小児:豚インフルエンザ 2.5%、H1N1 1.5%、H3N2 2%。
9月8日


今年新型インフルエンザ死亡者71人…再流行憂慮 innolife.net  (韓国、日本語版)
 新型インフルエンザによる死亡者が、今年71人に達して、今秋再流行が憂慮されるという指摘が出た。
 8日ハンナラ党シン・サンジン議員(京畿城南ミッドフィールド)が、疾病管理本部と健康保険審査評価院から提出させた資料を分析した結果によると、昨年と今年全263人が新型インフルエンザで死亡し、この中の71人は今年死亡したことが分かった。
新型インフルで学級閉鎖 都内で今季初 日本経済新聞
 東京都教育庁は8日、目黒区の中学校で生徒が新型インフルエンザに感染し、7日から3日間の学級閉鎖に入ったと発表した。同庁によると、インフルエンザによる学級閉鎖は都内で今季初。同庁はうがい、手洗い指導の徹底などを求める通知を区市町村の教育委員会などに出した。
 同庁によると、この中学校では1クラスの生徒5人が相次いで発熱し欠席。うち1人を検査したところ、新型インフルと診断された。
Swine flu threat overstated, study says Montreal Gazette (カナダ) 豚インフルエンザの脅威は過剰であった:研究報告
 下記AFP報道内容
 ウイスコンシン研究報道PDF
'Swine flu less serious than other influenza' Independent Online (南アフリカ) 豚インフルエンザは他の季節性インフルエンザよりも軽症であった
 AFP
 2009A(H1N1)パンデミックインフルエンザは、最近流行した他の季節性インフルエンザよりも軽症であったとする、米国の研究者の論文が7日発表された。
 米国ウイスコンシン州における調査で、ウイスコンシン州マーシェフィールド臨床研究財団の研究チームによる。
 論文は米国医師会雑誌の9月8日号に掲載された。
 
 米国CDCによると、米国では4300万人から8900万人のA/H1N1感染者が発生したとされる。
 推定値として27万4000人の入院患者および1万2470人の死者がでたとされる。
 
 研究チームは同州の一定集団を対象に調査した結果、2009年に221人のA/H1N1インフルエンザ感染者、2007年から2008年のインフルエンザシーズンに、221人の季節性H1N1インフルエンザ感染者と632人のH3N2感染者を確認した。
 発症30日以内に入院した小児は2009年のA/H1N1では6/395人(1.5%)、2007から2008年の流行期には、季節性H1N1で5/135(3.7%)、H3N2で8/255(3.1%)であった。
 成人では2009年のA/H1N1で、6/150(4%)、2007から2008年のH3N2では17/377(4/5%)であった。
 研究者達は、臨床症状や重症化して入院する率はA/H1N1と他の季節性インフルエンザでは差がないと主張している。

インフルエンザ:壱岐・鯨伏中、2学級閉鎖へ /長崎  毎日新聞
 県医療政策課は6日、壱岐市立鯨伏(いさふし)中の2年と1年の各1クラスがインフルエンザにより学級閉鎖されると発表した。閉鎖は7、8日。患者数は計16人。県内では今年5月31日に西海市立西彼中で学級閉鎖があって以来の閉鎖となる。
 * 別情報ではH3N2香港型のようだ。

Swine Flu Found No More Severe Than Seasonal Virus BusinessWeek (国際、ブルンバーグ) 豚インフルエンザは季節性インフルエンザよりも重症ではなかった:研究報告
 昨年豚インフルエンザに感染した小児の合併症発生による入院率、肺炎発症率は通常の季節性インフルエンザよりも多くはなかった。先に出ているいくつかの報告に相反する研究結果が出された。

 豚インフルエンザに感染した小児の1.5%が30日以内に入院したが、季節性インフルエンザH1N1の3.7%、H3N2の3.1%よりも低かった。この研究報告はJAMA(米国医師会雑誌)に掲載された。
 研究ではウイスコンシン州で発生した豚インフルエンザ感染者545人と、2007年に始まった季節性インフルエンザ感染者853人を対象とした。
 約5000万人が昨年米国で豚インフルエンザに感染した。小児は例年の季節性インフルエンザに比較してより感染しやすい傾向にあった。そして先の研究ではウイルスは小児に感染しやすいだけでなく、より重症症状を引きおこすと結論された。
 今回の研究ではCDCの評価、すなわち昨年の豚インフルエンザは典型的年度のインフルエンザ死亡数の半数に過ぎないとする結果に一致する結果となっている。

 「成人でも小児でも、最も重症な合併症の発生率が上がってはいない」、と研究者達は論文で結論している。
 「小児は2009年のH1N1感染で多く感染したが、症状の重症程度や深刻な結果の発生率は増加してはいなかった」

 インフルエンザウイルスの変異は早く、毎年のインフルエンザの重症度は流行する株の種類とワクチンの接種率で変わり得る。
 CDCによると約12000人が豚インフルエンザで死亡した。
 毎年のインフルエンザによる死亡数は3349人から48614人と、年によって変動している。

 研究の内容の限界

 今回の研究は対象数と地域が限定されているが、研究者達によると、豚インフルエンザが小児に対して、より重症ではなかったと結論づけるには十分の理由が得られたという。
 異なった年におけるインフルエンザ感染者の病状程度を比較するのは難しいが、理由は調査方法が異なるからである。
 ウイスコンシン研究では、3年間に亘るインフルエンザ感染に関して同一集団で分析した。
 感染は聞き取りと検査により把握した。患者の医学記録で重症度と病状結果が把握された。


Reports of narcolepsy in Europe following vaccination with Pandemrix™  GSK (英国) ヨーロッパにおけるパンデムリクス接種後に発症したナルコレプシー報告について
 GSK(グラクソスミスクライン社)は、アジュバント添加H1N1ワクチン接種後にナルコレプシーと思われる副作用が発生したことをスウエーデン医薬品管理局(Swedish Medical Products Agency)からの報告、続いてフィンランドのメディア報道で知った。

 各事例の情報内容は現時点では十分詳細ではないが、GSKでは独自の調査を行うと共に、ヨーロッパ医学委員会( European Medicines Agency )や各国の関連当局と協同して調査を行っている。
 GSKではさらにパンデムリクスを用いた他の国での調査も開始している。2010年9月2日段階で報告されている事例は疑い例であり、確定されたものではない。報告はフィンランドとスウエーデンが主で、少数がフランスからなされている。
 メディアによるとノルウエーとドイツでも少数の疑い例があるとされるが、現時点ではGSK社には両国からの報告は届いていない。
 これまでパンデムリクスはヨーロッパで3000万接種量配布された。
 カナダのケベックでは”アレパンリクス”という商品名でアジュバント入りH1N1ワクチンが1600万接種量製造されているが、そのような副作用は報告されていない。
 今回の副作用事例に関して十分量の情報がないことから、GSK社としてはパンデムリクスとナルコレプシーの因果関係は現時点では不明と考えている。
9月7日

Latest information on the current situation - Media Update 206  (ニュージーランド保健省) パンデミック・インフルエンザ状況 メディア発表206
 インフルエンザH1N1感染者数は減少している。
 保健相談電話(Healthline)へのインフルエンザ相談件数は例年並みに減ってきている。2008年の同時期とほぼ等しい。
 先週2日以来1人の死者が発生し、今シーズンの死者数は17人となった。
 本日昼までに今シーズンのA/H1N1感染者数は648人、ICU収容者は103人。現在ICU治療中の患者は11人。
Flu vaccines begin to arrive in Illinois The State Journal-Register  (米国、イリノイ州) イリノイ州、インフルエンザワクチンが届く
 幼小児、妊婦、慢性疾患保有者、高齢者は接種優先権がある。
 9月の接種で、インフルエンザシーズン全般に亘って予防効果があるという。

早くもインフルで学級閉鎖 MSN産経ニュース 
 東京都教育委員会は6日、目黒区の中学校で今季初のインフルエンザによる学級閉鎖を実施すると発表した。都内でのインフルエンザの発生は例年10月で、都教委は「9月の学級閉鎖は極めて異例」としている。
 都教委によると、学級閉鎖されたのは区立第7中学校の3年生の1クラスで、期間は7~9日の3日間。クラスの生徒34人のうち、39度以上の高熱などで5人が欠席、うち4人がインフルエンザA型の診断を受けたという。
 都教委は「昨年流行した新型インフルエンザかどうか遺伝子検査で調査している」としている。
9月6日


WHO Wants Faster, More Flu Vaccine Production CBS News (米国) WHO、インフルエンザワクチンの迅速なる製造方法を求める
 次のパンデミックにはより迅速なワクチンの製造が必要と、WHOのワクチン担当者のデービッド・ウッド氏が、香港の国際シンポジウムに際しての記者会見で語った。
 昨年のA/H1N1流行では、流行がピークに達してからワクチンが配布された。
 WHOは迅速な製造システムを検討する予定とされる。
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第34週
 インフルエンザ様疾患はサーベイランス上増加している。
 検査で確認されたA/H1N1感染者数も増加しているが、昨年に比べて少ない。
 この週に335人のインフルエンザ患者が検査で確認され、そのうち221人がA/H1N1であった。
 外来患者1000人中に占めるインフルエンザ様疾患の割合(定点医療機関)
 
 検査で確認されたインフルエンザ患者数の推移

Ministry of Health in Samoa on full alert over latest H1N1 case  Radio New Zealand International
 (ニュージーランド) サモアの保健省、A/H1N1感染者の発生により警戒態勢の強化を呼びかける
 最近妊婦がA/H1N1に感染していることが確認されたことから、サモア保健省では各港湾で入国者に対する厳重なチェックをするように求めている。
 保健局の医師は、インフルエンザ様症状が悪化する場合は、早期に医療機関を受診するように呼びかけている。
 医師によるとサモアにはニュージーランドから多くの観光客が訪れているが、同国ではA/H1N1インフルエンザが流行している。

Stay Vigilant, Bird Flu Could Spark Next Global Outbreak, Urges Expert Medical News Today (国際) 専門家、鳥インフルエンザが次の世界的大流行の可能性と
 香港で開催されている国際インフルエンザシンポジウムで、米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院のウイルス及び分子生物学研究部の責任者であるウエブスター教授が、次のパンデミックが鳥インフルエンザで起きる危険性を警告した。
 同教授は、多くの人々は(豚インフルエンザの流行が終息したことから)インフルエンザはもはや問題ではないと考えているが、私はそれは間違っているいることを確信している、と語った。
 教授は次のパンデミックは、水鳥から豚に感染したウイルスが人に感染し、それが広く世界中に広がりパンデミックとなる可能性があると語り、そのウイルスとしてこれまで世界中で300人を殺しているH5N1鳥インフルエンザウイルスが候補としてあげられる、と語った。

Expert urges health authorities to stay vigilant over flu viruses Shanghai Daily  (中国、上海) 専門家、インフルエンザウイルスの警戒を維持する必要があると警告
Children hardest hit by swine flu The Standard (香港) 香港、昨年の豚インフルエンザ流行で半数近くの小児が感染
 5日間の予定で開催されている”国際インフルエンザ・シンポジウム”で、香港大学の研究チームから発表。
 血清中の抗体分析での調査。
 2009年のA/H1N1インフルエンザの流行で5~14歳の小児の45%近くが感染。
 15~59歳で7~20%の感染率。

 香港では今年2491人の感染者が確認されているが、1月には1092人であったのに対して、7月には79人となっている。
9月5日


557 swine flu cases in Bangladesh News Views (blog) (インド) バングラデシュ、今年度557人の豚インフルエンザ感染を確認
 疫学、疾病制御および研究施設が、豚インフルエンザの本年度の統計を5日発表した。
 4月に98人、5月に56人、6月に62人、7月に129人、そして8月に125人の感染が確認された。
 死者は2人。
Expert warns of complacency after swine flu fizzle The Associated Press (AP通信、国際) 専門家、豚インルエンザ流行が終息しても、安心するのは禁物と警告
 香港で開催されたインフルエンザ会議で取材している記者団に、ウエブスター教授が楽観的になることに警告を発した。米国メンフィスの聖ユダ小児病院のウイルス学および分子生物学部門の長である、ウエブスター教授は、今回流行した豚インフルエンザは軽度の病原性であったが、次回のパンデミックは水鳥から豚に感染したウイルスが人の間で感染を広げることで発生する可能性があると語った。それは例としてH5N1鳥インフルエンザに代表されると語った。
 同教授によると数年間H5N1の人での感染者は減ってきていたが、2009年にエジプトでの発病者数の増加により、世界の感染者数は増加に転じたという。
 H5N1ウイルスは感染者の61%を死亡させるが、人から人へ感染する機構は未だ分かっていない。我々は警戒を続ける必要がある。そのように教授は警告している。
 WHOの世界インフルエンザ対策責任者( head of WHO's global influenza program)であるシルビー・ブリアンド(Sylvie Briand)は、サーベイランスでは鳥インフルエンザが人人感染する事実は、希に濃厚接触した場合を除き、得られていないとしているが、同氏はウエブスター教授の意見に呼応するように、「ウイルスは進化し続けていて、いつでも変化する」と警告している。
 しかし両専門家とも、いつ鳥インフルエンザがパンデミックを起こすか、予知することは困難だと語っている。
 香港大学のウイルス学者であるマリク・ペイリスは、科学者達は鳥インフルエンザも含めて、インフルエンザウイルスを詳細にモニターしているが、どのような変異が人の間での感染につながるのかは分かっていないという。

 ヨーロッパの政治家達は繰り返し、WHOが豚インフルエンザの危険性を過度に警告してきたと非難している。そこには製薬企業の影響があり、すでに巨額の利益を得ているとされる。
 しかしブリアンド氏は、「WHOは最悪の事態に備えて最善の対策を施した。そして情報が集積されると共に、計画やコメントを現実に適応するように変更した。しかしそれには若干の時間が要した」、と弁明している。
Nepal suspends import of A/H1N1 flu vaccines following reports of complications Xinhua (中国) ネパール、副作用発生の疑いからグラクソ社のA/H1N1ワクチンの輸入を保留に
 ネパール政府は英国のグラクソ社から270万接種量のパンデムリクスを輸入する予定であったが、接種後の副作用報告が出ていることから、WHOが調査して因果関係がないことが分かるまで、輸入と接種を保留とすると発表した。
 グラクソ社のワクチン接種後に神経異常症状を呈する副作用が報告されている。
 オランダ、英国およびスウエーデンでグラクソ社のパンデムリクス接種を受けた後に、手、足、舌の麻痺(numbness)が発生することが報告されている。しかし、現在のところ因果関係ははっきりしていない。

Two more die of flu, staff strength increased Times of India (インド)
 デリー、4日にA/H1N1インフルエンザで2人の死者と46人の感染者が確認された。
 本年度の感染者数は1133人となった。

Two more die of flu, staff strength increased Times of India (インド) ラージャスターン州、さらに豚インフルエンザで2人が死亡し、州はパラメディカル・スタッフを増員
 5日に豚インフルエンザの死者2人と39人の感染者が報告された。
 昨年は9月末までに2人の死者と82人の感染者しか確認されてなかった。
 一方、本年は4月以来、州は387人の感染者と25人の死者を確認している。
 9月だけでも9人が死亡し、133人が感染を確認されている。
 専門家は検査施設数が昨年よりも増えたため、感染が確認される数が増えていると説明している。
 しかし感染は地域社会の中にまで広がっているとも懸念している。

 ラージャスターン州:インド西北部に位置して同国最大の州
9月4日


カナダ保健省インフルエンザ週報第33週&34週
 8月15日~28日
 インフルエンザ様疾患はほとんど報告されていない。
 縦棒は例年平均±1標準偏差(各年の値の95%が含まれる範囲)

アイルランド健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報33&34週
 インフルエンザウイルスの分離はされていない。
 インフルエンザ様症状を呈する患者も少ない。

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第33週
 8月9日から22日
 英国全体でインフルエンザの発生はほとんど見られてない。
 インフルエンザウイルスの分離も見られていない。
 イングランド(地方)でA/H1N1ウイルスが最後に分離されたのは第16週(4月18日から25日)である。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患でで定点医療機関を受診した患者数。
 
 2009年秋から冬にかけての第2波では、北アイルランド以外では国家インフルエンザ相談ラインで、インフルエンザ様症状の市民の相談を受け付け、そこでタミフル等の投与が行われたため、北アイルランド以外の地域では医療機関を受診する患者数は少なかった。
 



H5N1 avian influenza: timeline of major events  WHO H5N1鳥インフルエンザ:主要な事例の発生経過
 2003年から2010年8月までの主要な事例の発生経過のまとめ。
 鳥、かきん、及びひとにおけるH51N1鳥インフルエンザの発生経過集。
9月3日


Swine flu claims 16 lives Hawke's Bay Today (ニュージーランド) 豚インフルエンザで16人が今シーズンに死亡
 今シーズン、豚インフルエンザで16人が死亡。現在14人がICUに入院中。
 当局では国全体のA/H1N1感染者数は減ってきているが、地域的に感染拡大が見られる例もあることから、まだ安心は出来ないと注意を呼びかけている。
Predicting need for hospitalization of patients with pandemic (H1N1) 2009, Chicago, Illinois, USA  パンデミックH1N1インフルエンザの重症度の判断(入院必要性)
 シカゴのルウシュ大学医学センター(Rush University Medical Center)の研究チーム。
 入院必要性を予知する個別のパラメーターは、多数のハイリスク基礎疾患の有無、呼吸困難、低酸素血症。これらの指標は入院の必要性の79%を予知。
It's not fall yet but flu shots are ready Queens Chronicle (米国) 秋ではないが、既にインフルエンザワクチンの接種が可能
 ニューヨーク。
 もはや秋から冬がインフルエンザシーズンとは限らない。
 出来るだけ早めに接種することが望ましい。
 既に大手薬局チェーンでは接種を開始、または近々予定となっている。
 「労働の日(9月第1月曜日)」以降に接種者が増える予定。
 新学期は労働の日の翌日から始まる。
9月2日

香港保健省インフルエンザ週報第35週
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は増え続けている。
 分離インフルエンザの多くはH3N2株となっている。
 65歳以上での入院率が上昇続けている。
 A/H1N1での重症者は1人発生。死者は出ていない。
 
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合(外来患者1000人中)。


 分離インフルエンザウイルス株数の推移
 

 インフルエンザで入院した乳幼児と高齢者数の推移


WHO鳥インフルエンザ情報-エジプトの状況-更新37
 2010年8月31日発表-エジプト保健省はA(H5N1)鳥インフルエンザに感染した新規例を発表した。

 症例は33歳女性でクアルイビア( Qaluibia )県に住んでいた。女性は8月17日に発症し、8月24日に入院した。タミフルによる治療を受けたが、8月26日に死亡した。
 感染源の調査では病的及び死亡した家きんとの接触が確認された。
 
 これまでエジプトでは検査で確認された鳥ンフルエンザA(H5N1)感染例を112人報告しているが、そのうち死亡例は36人となっている。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第34週 (8月23日~29日)
 インフルエンザ様疾患数は減少に転じだした。
 一方、A/H1N1感染が確認された患者数は先週よりも増えている。
 先々週からの状況では感染者数が波打っている感じである。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診した患者の比率。
 
 A/H1N1感染が確認された患者数の推移。


The 2009 H1N1 Influenza Pandemic and Minnesota's K-12 Schools Public Health ...  Minnesota Medicine (米国) ミネソタ州における2009年のA/H1N1インフルエンザ流行時の学校対応
 ”ミネソタ医学”掲載論文。
Health officials promote early flu vaccines Adrian Daily Telegram (米国、ミシガン州) 保健当局、早期のインフルエンザワクチン接種を勧める
 ミシガン州、レナビー郡保健局。
 小児への接種は本日から。
 成人は8日から開始。
Experts warn deadly bird flu could return  Bangkok Post  (タイ) 専門家達、タイで致死的鳥インフルエンザが再流行する可能性を指摘
 タイでは2006年7月以来、人での鳥インフルエンザ感染例はない。
 しかし周辺国では未だに家きんや人での発生が続いている。
 専門家達はいつタイで再流行するか分からないと警告。
 
9月1日


CDC begins national bird flu vaccination program Focus Taiwan News Channel (台湾) 台湾、鳥インフルエンザワクチン接種が開始
 台湾CDCは9月30日までの予定でH5N1鳥インフルエンザワクチン接種を開始した。
 CDCが接種を勧めているのは、動物検疫官、空港港湾でセキュリティー・チェックの従事者、湾岸警備員、および鳥インフルエンザ発生国に頻繁に出かける人々である。
 ワクチン代金は無料であるが、接種を受けるための検査費用は有料である。

 一方、10月1日から298万接種量の政府出資季節性インフルエンザワクチンが、ハイリスクグループに接種開始となる。

Nine children diagnosed with narcolepsy at Hyks Helsinki Times  (フィンランド) ヘルシンキで9人の小児がナルコレプシーと診断
 ヘルシンキ大学病院は9月1日、今年度9人の小児に対して、ナルコレプシーと診断したと発表した。そしてさらに6人が検査での確定診断を待っているとされる。
 ヘルシンキ周辺では毎年小児のナルコレプシーはゼロから2人程度発生している。
 フィンランド全体では平均して年に3人程度のナルコレプシーの発生がある。
 1日までフィンランド国立保健福祉局に、19人の小児ナルコレプシー疑い例が報告されている。
 これらのナルコレプシー発生と豚インフルエンザワクチン接種んも因果関係について調査されている。

武田、ワクチン量産へ 読売新聞
 武田薬品工業は31日、新型インフルエンザワクチンの製造を始めると発表した。米製薬大手バクスターと技術提携し、短期間でワクチンを大量生産できる先端技術「細胞培養法」で、大量生産を目指す。2012年度半ばまでに山口県内の工場に製造施設を建設する。
 国内製薬大手は、このワクチンを生産しておらず、09年に流行した時は海外からの輸入に頼った。厚生労働省はワクチンの開発を後押しする助成制度を設け、武田などが対象とされた。

致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 朝日新聞 
 人に感染すると6割近い致死率を示す高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)が、インドネシアで豚に感染し、一部が人ののどや鼻の細胞に感染しやすいウイルスに変異したことがわかった。解析した東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの研究チームは、致死性の高い新型インフル出現に備え、豚インフルの監視の必要性を強調している。
 
Epidemiology of H1N1 (2009) influenza among healthcare workers in a tertiary care center in Saudi Arabia: a 6-month surveillance study  Infect Control Hosp Epidemiol (米国) サウジアラビア、保健医療担当者におけるA/H1N1感染率
 シカゴで発行されている”感染制御と院内疫学”雑誌のオンライン論文。
 サウスアラビアの首都リヤドの医療機関勤務の保健医療担当者におけるA/H1N1感染率の調査。

 期間は2009年6月1日から11月30日。
 526人の保健医療担当者がA/H1N1に感染した。8月初旬と10月下旬に二つのピークがあった。
 PCR検査で確認された感染率は臨床に従事していた保健医療担当者で4.3%、臨床の場以外の担当者で4.3%。
 救急部門で従事していた担当者の罹患率が17.4%で他の部門が5%。
 感染者の平均年齢は34.5歳。
 感染源は41%が患者、23.8%が家族、旅行による可能性が13.3%。
 症状:呼吸器症状98%(咳90.1%)、筋肉痛66.2%、発熱62.5%、頭痛57.9%、下痢16.5%、嘔吐9.8%。
 死者は発生せず、また入院せずに全員が回復した。
TOP