高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年8月

8月31日

アルゼンチン保健省インフルエンザ週報第33週
 インフルエンザ様疾患はほとんど増えていない。

 A/H1N1ウイルスはほとんど分離されていない。
 赤色がA/H1N1であるが、本年度は未だに分離率は極めて少ない。
 

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第33週
 8月7日から8月13日
 インフルエンザ様疾患の顕著な増加はない。
 検査で確認されたインフルエンザ患者数は増加している。
 
 

 検査で確認されたインフルエンザ患者数
 この週に報告された362人の患者中248人がA/H1N1であった。



日光市、ひと足早くインフルエンザ接種助成を拡大へ  下野新聞 
  インフルエンザの冬季流行を前に、日光市は30日、今季の新型インフルエンザワクチン接種について、中学3年生までを対象に全額助成するなど助成枠を拡大する方針を明らかにした。9月市議会に提案する補正予算案に、拡大枠分6千600万円を加えた1億2000万円を盛り込み、10月からスタートさせる方針だ。
 30日の市議会議員全員協議会で説明した。
 昨シーズン、世界規模で流行した新型インフルエンザの予防措置として、市は1歳~小学6年生の小児を対象に6150円かかった2回のワクチン接種費のうち計3000円を助成した。今季は、1歳~中学3年生にまで対象者を広げ、助成額も全額を助成する、としている。
 このほか、1歳未満の子供を持つ保護者や妊婦、基礎疾患がある人、65歳以上の高齢者に対しては助成額を2000円から3000円に引き上げ、生活保護世帯など低所得者は全額を助成する。
 この助成の対象となるのは市内で約3万8700人。うち全額助成となる1歳~中学3年生までは約1万1000人となる。
 昨季は約1億円の予算に対し、助成額は2千200万円程度にとどまったが、市は「制度を設けた時点で既にり患者が多くいて、予防接種を受ける人が少なかったため」と説明している。
 世界保健機関(WHO)は今月10日、新型インフルエンザに関して、世界的大流行期(パンデミック)を脱したとする「終息宣言」を表明した。ただ、冬季に向け季節性インフルエンザの流行も懸念される中、今季は新型と季節性の両方のワクチンが一体となったとされ、市はワクチン接種拡大で重症患者の発生を未然に防ぐ構えだ。

Plenty of flu vaccine available as season gets early start WYTV (米国) 米国、大量のインフルエンザワクチンが準備、例年よりも早期に接種開始
 AP
 今年のインフルエンザワクチンは1回の接種で豚インフルエンザと他の2種類のインフルエンザを予防出来る。既にそれは接種可能となっている。
 昨年はパンデミック豚インフルエンザがピークに達する前にワクチンは供給できなかったが、今年は新学期前に薬局では接種を開始している。
 当局では6ヶ月以上の人々で重症な卵アレルギーを持つ人以外は、全て接種するように呼びかけている。
 また65歳以上の人に用意された高抗原量ワクチンの接種も可能となっている。CDCによると高濃度ワクチンの方が予防効果が高い可能性があるという。
8月30日


'Perth flu' warning in Bulgaria  Sofia Echo (ブルガリア) ブルガリア、パース・インフルエンザが警告
 ブルガリアの科学アカデミーの微生物学のトップであるアンジェル・ゲラボフ氏は、この冬にパースH3N2インフルエンザが流行する可能性が高いと警告した。そのピークは2010年末であろうと予想している。 
Bulgaria to Expect Flu Outbreaks This Fall Novinite.com  (ブルガリア) ブルガリア専門家、今秋にインフルエンザ流行を予想
 ブルガリア科学アKデミーの微生物研究所長アンジェル・ゲラボフ(Angel Galabov)氏は、今冬に流行する可能性があるインフルエンザ株はパースA/H3N2(Perth H3N2)である可能性が高いと30日語った。
 同ウイルスは高齢者や小児、および免疫低下状態の人々に感染しやすく、症状は通常の季節性インフルエンザと同じで、突然の高熱、筋肉痛、咳、頭痛とされる。
 ゲラボフ氏は同インフルエンザはブルガリアで2000人程度の死者を出すと語っている。それは通常の季節性インフルエンザと同じ数である。
 また同氏は、もう一つの危険なインフルエンザとしてポスト・パンデミック豚インフルエンザを挙げているが、それは主として若年層に感染するが、致死率は通常の季節性インフルエンザ以下であろうとしている。
Swine flu cases spurt, new vaccines to come shortly Thaindian.com (タイ) インド、豚インフルエンザ急増、新ワクチンが間もなく接種可能に
 インド保健省発表に最新週の感染者数は1247人、死者数は89人。
 この公式発表による数値では感染者数も死者数もほぼピークに達した印象。

European regulators probe narcolepsy reports with pandemic vaccine European Medicines Agency (ヨーロッパ医薬品委員会) EU、パンデミックインフルエンザとナルコレプシーの関係を検証に
 ヨーロッパ医薬品委員会は、英国グラクソスミスクライン社のA/H1N1ワクチン、パンデムリクスと接種後発生が疑われているナルコレプシーの関係を調査すると発表。

Corticosteroid use may raise risk of death in H1N1 patients BMC Infect Dis  (国際) 中国研究:副腎皮質ステロイドはA/H1N1患者の死亡率を高める
 北京の病院に入院したA/H1N1患者について、死亡のリスク因子について分析。
 2009年10月1日から12月23日までの期間。155人を対象。
 27人(17.4%)が死亡。
 糖尿病、LDH高値、およびステロイド使用は死亡のリスク要因となっていた。
8月29日


You'll need only 1 flu shot this year  HeraldNet (米国) 今年はインフルエンザワクチンは1回の接種で済む
 ワシントン州スノホウミシュ郡保健局。
 9月下旬から10月初旬に接種が開始される。
 全米で1億7000万回分が予定され、それは以前よりも5000万回分多くなっている。
Plenty of flu vaccine expected this season TheNewsTribune.com (米国) 今シーズンは十分量のインフルエンザワクチンが準備される予定
 今シーズンはA/H1N1インフルエンザを含む複数のインフルエンザが流行する可能性がある。
 アラスカ保健局では6ヶ月以上の全州民にワクチン接種を呼びかけ始めた。
 今年度はワクチンの不足は起きないと保健局では言っている。
 アンカレジのいくつかの薬局では既にワクチン接種が出来ることを宣伝している。
 州は9月中旬に、無料で保健センター、長期療養施設、希望する個人医院などに配布する。
 無料で提供を受けた施設は、被接種者に接種料は徴収出来ても、ワクチン代は請求できない。
8月28日

Postmortem of a pandemic Medill Reports: Chicago (米国) パンデミックの検視 -A/H1N1ヒステリー発生後1年

WHOインフルエンザ週報115 
 8月27日発表

 世界中でA/H1N12009ウイルスが活発な感染活動を続けている地域は、インドの一部の地域と、南半球の温帯地方の一部、特にニュージーランド、そして最近ではオーストラリアである。

 インド

 2010年5月末から6月にかけて、モンスーン到来の時期と同時に南部のケララ州から始まったインドにおけるA/H1N1インフルエンザ再流行は、首都を含めて西部と南部の州で続いている。西部のマハラシュトラ州では最も感染者と死者数の数は多いが、8月中旬に入ってそれらの数値の増加率は緩慢となり始め、間もなくピークに達すると想定される。デリーにおいても報告によると、8月初旬から感染者数は増え始めており、また南部のカルナタカ州とアンドゥーラ・プラデシュ州でも7月末から流行が見られている。他の多くの州、特に西部と北部で少数の感染者数が8月第3週に報告されており、地理的にA/H1N1ウイルスが程度は低いながらも広くインド国内に拡大していることが予想される。7月末以降、分離されるインフルエンザウイルスの大多数はA/H1N1である。

 ニュージーランド

 A/H1N1ウイルスの感染活動は続いており、地域によっては程度は高い。特に昨年流行が小規模だった地域では顕著である。8月第3週の時点で、インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する率は、インフルエンザ流行域下限を4週間超え続けている。しかし、最も最近の週では増加率は鈍化し始めていて、間もなくピークに達すると想定される。国全体としてのインフルエンザ様疾患発生数は、昨年の流行時に比べると低いが、地域によっては昨年並か、または昨年以上の発生数を報告している。(特にホークスベイHawke's Bay, Hutt Valley and Lakes)。現在分離されているインフルエンザウイルスの大多数はA/H1N1である。

 オーストラリア

 8月第2週の時点でいくつかの地域でインフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数が増えている。しかしながら2009年の冬期間のパンデミック流行に比較するとレベルは遙かに低い。分離されるインフルエンザウイルスの大多数はA/H1N1ウイルスであるが、H3N2ウイルスも少ないながらも分離されている。注目すべき事実として、地域におけるインフルエンザ様疾患の発生数をモニターしている”オンライン・インフルエンザ・サーベイランス”によると、最近発症している人々の多くはA/H1N1インフルエンザワクチン未接種者であることが挙げられる。感染者と重症者数は昨年に比較して有意に少ないが、感染者の年齢の中央値は(若干高い傾向にあるが)、ほぼ昨年と同じといえる(本年は26歳、昨年は21歳)。

世界におけるインフルエンザウイルス分離状況
 世界全体としてのインフルエンザ流行程度は低い。A/H1N1ウイルスと季節性インフルエンザウイルスH3N2及びB型の混合感染活動をが、オーストラリア、中国、チリ、及びインドで見られている。世界的には分析されたA型ウイルスの71.2%強がA/H1N1である。このA/H1N1はニュージーランドとインドでは流行の中心となっている。

Swine flu vaccine 'narcolepsy link' Hillingdon Times (英国) 豚インフルエンザワクチン、副作用としてナルコレプシーを誘発する可能性
 英国で数百万人に接種された豚インフルエンザワクチンが、睡眠障害のナルコレプシー発作を誘発する可能性があることから、その調査が行われると発表された。
 ヨーロッパ医薬品委員会( European Medicines Agency )は、スウエーデンとフィンランドで、接種後にナルコレプシー発作が報告されたことから、グラクソスミスクライン社で製造された豚インフルエンザワクチンのパンデムリクスの副作用調査を行うと発表した。
 パンデムリクスは英国で昨年のインフルエンザパンデミックの際に使用された主要なワクチンである。
 ヨーロッパ全体で少なくとも3080万人に使用された。
 ナルコレプシーは希な睡眠障害で、突然、予期せぬ睡眠発作を起こすものである。
 ヨーロッパ医薬品委員会は声明文で以下のように伝えている。
 「パンデムリクスの使用でナルコレプシーが発生しているとの報告があるが、現時点ではワクチンとの因果関係は明確ではない」。
 同委員会では明確な因果関係を示す根拠があるか、全ての資料を分析して結論を出す予定である。
 24日、フィンランド保健福祉局ではパンデムリクスの接種を、ナルコレプシーとの因果関係が明確になるまで保留とした。
 英国当局は、600万人に対して接種してきたが、ナルコレプシーの発生報告はないことから、パンデムリクスの接種は以前と同じように勧められる、とコメントしている。
 
8月27日


Side effects of flu vaccine warned of  The Korea Herald (韓国) 豚インフルエンザワクチンの副作用が警戒
 ある国会議員が豚インフルエンザワクチンの副作用が2000件以上、保健当局に報告されていると警告している。
 韓国CDCによると、これまで2593件の副作用が報告されているという。
 10人の死者が出ているが、発熱、頭痛、アレルギー反応等の軽い副作用も含まれている。
 しかし保健当局によると、季節性インフルエンザワクチンでも類似の副作用がでており、それほど過剰に心配すべきではないとコメントしている。
 この冬のインフルエンザシーズンに備えて政府は9月から季節性インフルエンザワクチン接種を開始する。
 政府は特に以下の層にワクチン接種を勧めているが、来年5月までは無料である。
  ・5歳未満の乳幼児
  ・妊婦
  ・高齢者
  ・慢性疾患保有者

<速報>夏季におけるAH3亜型インフルエンザウイルス集団感染事例―新潟県  国立感染研 IASR(感染病原体サーベイランス報告)
 新潟県で7月27日から8月2日にかけて高齢者を中心とした発熱者が30余名発生し、検査でAH3型インフルエンザであることが確認された。
Egypt reports 36th death of bird flu  EastDay.com (上海) エジプト保健省、36人目の鳥インフルエンザ死者を報告
 情報源:新華社
 33歳のエジプト女性が26日H5N1鳥インフルエンザで死亡したと、エジプト保健省が発表した。
 本年度9人目の死者となり、同国の総死者数は36人。
 今週初めにカイロの北方のアルクアルビア県からカイロの病院へ入院し、タミフルによる治療を受けていた。 
 
H1N1 (swine Flu) Activity Remains Locally Intense In Part Of India And New Zealand  Medical News Today  (米国) H1N1インフルエンザ、インドとニュージーランドの一部で流行が拡大
 ニュージーランドでは、昨年流行が見られなかった地域でA/H1N1インフルエンザの流行が見られ、重症者や入院者が増えている。しかし昨年の流行に比較して、国内の感染者数は少ない。
 インドではマハラシュトラ州を中心として感染者数と死者数が増加している。
 しかし増加率は鈍化してきている。
Swine flu deaths a concern - doctors  3News NZ (ニュージーランド) 医師団、豚インフルエンザの死亡者数の増加は重大だ
 今年、ニュージーランドでは15人の死者出ている。
 ニュージーランドの保健医療当局では十分な対策を行っていたが、昨年に比較して重症であるとのコメント。

Estimate Lowered of Typical Flu Toll New York Times (米国) CDC、平均的インフルエンザ死者数を下方修正
 CDCは26日、典型的インフルエンザシーズンにどの程度の人々が死亡するかに関して、良く引用される36000人という数字を25000人に下方修正した。
 CDCによると先の数値は、1990年から1999年に間の分析による数値であり、その間は主としてH3N2株が中心として流行していた。H3N2株はH1N1株およびB型株に比較して、高齢者に対して非常に病原性が高い。
 新しい評価は、1976年から2007年の間の分析結果に基づいている。死亡数は年により大きく波を打っており、1986年から1987年の冬期間の3349人から、2003年から2004年の48614人まで大きな差がある。
 2009年の豚インフルエンザ・パンデミックは分析に加えられていない。本年3月の評価では、約12000人と予想よりも非常に少なかったが、死者の90%は65歳以下であった。通常の季節性インフルエンザによる死者は主に高齢者であるのと対照的であった。
 新しい平均的死者数を示した26日(現地時間)、CDCはジャーナリスト達に年の平均死者数を36000人とか、25000人等と表現することを止めるように求めた。そして曖昧に”何万人もの人々が死亡する( “tens of thousands of people may die.” )”と表現するように求めた。
 しかしながら、昨年の豚インフルエンザに関する記者会見で、CDCの幹部は繰り返し、典型的インフルエンザシーズンでは、36000人死亡すると表現していた。
CDC backs away from decades-old flu death estimate IBTimes Hong Kong (香港) 米国CDC、インフルエンザ死亡者数の過去の評価を見直す
 下記と同内容。
CDC Revises Death Estimates From Flu MSN Health & Fitness (米国) CDCインフルエンザ死亡者数を修正
 下記内容。
Figures on flu deaths are misleading, CDC says Bellingham Herald (米国) 米国CDC、インフルエンザ死亡者数は誤解されている
 多くの報告では米国におけるインフルエンザ死亡者数は例年36000人とされているが、この数値は多すぎると同時に誤解されている。CDCが26日発表した。
 発行された”疾病率と死亡率週報(Morbidity and Mortality Weekly Report)”で、実際の平均的インフルエンザ死亡者数は23000人を軽く超える程度と説明されている。しかし、その数値も誤解される可能性があると説明している。
 理由は、この30年間の実際の死者数は年間3300人から5万人近くと、非常に幅があるからだ。この統計の期間は2007年までで、昨年のパンデミックインフルエンザは含まれていない。
 「平均的インフルエンザシーズンなんてものはない」、と報告責任者のデービット・シェイ(CDC免疫と呼吸器国立センター)博士は記者会見で語っている。
 「死者数は年によって劇的に変化する」
 死者数は多くの要因で変わり得る:インフルエンザシーズンの期間、感染率、感染対象者。最も重要な要因は流行するインフルエンザウイルス株。
 H3N2株が流行すると死者数はH1N1株よりも2.7倍多くなる。
 その理由は明確に分かっていないが、一つの理由としてH3N2株の変異が早いことが上げられている。
 「H3N2の場合、過去に感染していても、いつでも再感染しうる」
 またH3N2はより多くの高齢者を発病させる傾向にある。
 シェイ氏によると、36000人という死者数の平均は、1990年代の数値で、流行株は主にH3N2株であったという。
 この30年間のデータでみると、インフルエンザ関連死亡の90%近くは65歳以上の高齢者で起きている。約10%が19歳から64歳、約1%が19歳以下となっている。
 この数値が最近の豚インフルエンザに関して当惑させる一因となっている。すなわち、豚インフルエンザでは大多数の死亡は、64歳以下の年齢層で起きているからである。
 シェイ氏によると、流行するインフルエンザ株を予知することは、インフルエンザシーズンが始まるまで、または始まって2~3週経つまでは困難であるとされる。
 「インフルエンザの予知は本当に難しい」、と同氏は語っている。
 最善の感染予防は、CDCの感染予防法に従い、そして毎年ワクチン接種を受けることであると、同氏は付け加えている。

3人が新型インフル感染 鳥取県内で6月以降初 日本海新聞
 鳥取県は25日、鳥取市内の3人が新型インフルエンザに集団感染したと発表した。3人は知人とその家族で、いずれも快方に向かっている。世界保健機関(WHO)は今月10日に世界的大流行(パンデミック)が終息したと宣言したばかり。県内の感染事例は6月以降初めてとなった。
 県健康政策課によると、3人は10代男性、20代女性、40代女性。今月21~23日に県内の同じ医療機関を受診し、県衛生環境研究所で実施したPCR(遺伝子増幅)検査で陽性が判明した。感染ルートや接触者は不明という。
 同課は「WHOの終息宣言は出たが、国内では患者が散発している。10月ごろまでは大流行しないだろうが、注意してほしい」としている。
8月26日


香港保健省インフルエンザ週報第34週
 8月15日~21日
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様症状を呈する患者数は増え続けている。
 分離インフルエンザウイルス数は増加していて、中に占めるH3N2株数はA/H1N1の倍となっている。(図)
 この週にはA/H1N1重症者が3人発生。死者は発生していない。
 定点医療機関外来受診者中に占めるインフルエンザ様患者の率(対1000外来患者中)
 インフルエンザ様患者数は増加し続けている。

 分離インフルエンザ株数の推移。
 A/H3N2株数が急増している。

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第32週
 8月7日から8月13日
 インフルエンザ様疾患の軽度増加を認める。
 この週には155例の検査で確認されたインフルエンザ患者が報告されている。そのうちA/H1N1は76例占めている。先週は67例。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第33週
 8月16日から22日
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者数の増加率は減少し始めた。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスの85%がA/H1N1ウイルスとなっている。
 2010年度に入ってからのA/H1N1感染者数は1234人であるが、その中で第33週に238人が占めている。前週は375人であった。
 明らかにA/H1N1感染者数の発生は減少に転じた。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様症状保有者。


 検査で確認されたA/H1N1インフルエンザ患者数の推移。
 患者数の急激な減少が見られる。



Health Ministry announces Egypt's 122nd case of bird flu  Al-Masry Al-Youm (エジプト) エジプト保健省、122番目の鳥インフルエンザ感染者を発表 
 エジプト保健省は女性がH5N1鳥インフルエンザに感染したと推定される家きんに接触した後、鳥インフルエンザを発症し、重体であると発表した。
 カイロの病院に入院しているが重体とされる。

 *この事例の信憑性は不明。エジプトでの感染者数はこれまで111名であるので、報道は間違っている。


Swine flu concerns in N.Queensland SBS  (オーストラリア) ノース・クイーンズランドで豚インフルエンザ流行が懸念
 ノーズ・クイーンズランドの保健当局では、4人がA/H1N1インフルエンザに感染してICUに入院したことから、警戒感を強めている。
 地域内でウイルスは未だ感染活動を続けていて、易感染者に感染する可能性が高い。
 多くの感染例では既に検査を行っていないので、明確な感染者数は不明となっている。
8月25日

Finland may halt swine flu vaccine over narcolepsy fears Independent (英国) フィンランド、ナルコレプシーの恐れから豚インフルエンザワクチンの接種を保留に
 AFP

 フィンランド保健福祉局は、豚インフルエンザワクチン(パンデムリクス)の接種を、小児における副作用のナルコレプシー発生の可能性から、因果関係が確かめられるまで保留とすることを発表した。
 現在、豚インフルエンザは流行していないからワクチン接種を保留としても問題はないと当局では説明している。
Study finds measurable immunity to pandemic H1N1 virus in Norway population
News-Medical.net (ノルウエー) ノルウエーの国民の6割でパンデミックH1N1ウイルスに対する免疫が獲得
 2009年秋までにノルウエーの国民のほぼ半数がA/H1N1ワクチンを接種し、さらに夏と秋に多くが感染した。
 ノルウエー公衆衛生局では2010年に国民のA/H1N1血中抗体価を調べた。
 人口の60%で抗体が確認され、45%で感染予防効果に十分な抗体量と判断された。
Pandemic influenza--(some) reasons to be cheerful?  editorial from Lancet  (ランセット編集者論説) パンデミックインフルエンザ-見通しが明るいいくつかの理由
  WHOは8月10日にパンデミック終息宣言を行い、世界はパンデミック後期間(post-pandemic period)に入ったと発表した。しかし、パンデミックの後遺症は長期間残る可能性もあり、この宣言は(パンデミック)の再熟考の開始と考えられる。
 
 最初にワクチンに関しての問題点が述べられている。
 ・パンデミック宣言後のワクチン製造の問題。
 ・裕福な国と途上国における問題。
 ・製造方法が古い有精卵方式に頼っている現状。

 皮肉なことに先進国では備蓄ワクチンの多くを余らせた。英国では80%の人々が接種を希望しなかった。理由は危険なインフルエンザであることを疑ったことである。それは正しかったが、結果が出てから分かったことである。ほとんどの感染者は軽症で終わったが、世界で1万8449人以上が死亡し、数十万人が重症化した。
 大多数の治療が成功を収めたことは、世界の保健医療システムにとっての成果であるが、同時にパンデミックは、研究者達に多くの課題を呈した。パンデミックに関して多くの情報は得られたが、科学的分析は進んでいない。将来のパンデミックに対する確固たる治療方針は築かれていない。治療方針が既に存在していた国では、重症なH5N1インフルエンザに対するものであり、より軽症なH1N1株に対しては過剰すぎるものであった。多くの国では社会的機能には何ら変化は来さなかった。

 WHOのパンデミック宣言に製薬企業が大きく影響していた疑惑がもたれているが、それは正しいが、この問題にだけいつまでもこだわり続けるのは馬鹿げている。今は建設的問題提起をしなければならない:次のパンデミックにはどのように対処すべきか?まず我々は十分な対策を講じなければならない。世界の需要に応える量のワクチン製造、そしてワクチンと抗インフルエンザ薬の適切な世界的配布。先進国は未使用のワクチンを備蓄すべきではない。途上国ではワクチンが入手出来ないからである。適切なワクチンの配布方法には、政治的に対策を推し進める必要がある。
 
 最も重要な課題は、公衆衛生当局が一般社会の信頼性を取り戻す事である。当局が警告していたパンデミックの内容と事実の大きな違いは、専門家達の信頼性を失墜させた。今は、あらゆる方法を用いて一般社会に対する発言力を得ることである。人々がパンデミックに対する専門家達の情報や対策を信頼しない限り、どんな素晴らしい計画も意味を持たない。
Workplace hand sanitizer may lower illness rates  CIDRAP ニュース (米国) 職場での手指消毒剤の使用は感染症発現頻度の減少に
 ドイツの研究チームによる。
 職場で1日5回以上の手指消毒剤による手洗い群(64人)と、通常の手洗い群(65人)。
 手指消毒剤による手洗いは、特にトイレ使用後、鼻をかんだ後、体調不良の同僚、または顧客と接した後に行うように勧められた。対照群はこれまでの手洗い習慣を同じように続けるように伝えられた。

 手指消毒剤による手洗い群では、感冒、咳、発熱を呈する期間が有意に減少し、また気管支炎や下痢で休む日数が減少した。
 症例数が少ないという制限はあるが、日々の手指衛生方法として手指消毒方法は容易に行え、かつ継続が可能な方法、と研究チームでは結論している。
  journal BMC Infectious Diseasesに投稿された。
8月24日


THL stops swine flu vaccinations Helsinki Times (フィンランド) 保健福祉省、豚インフルエンザワクチンの接種を保留に
 フィンランド保健福祉局は、24日、パンデムリクス・ワクチンの接種を保留とした。
 豚インフルエンザワクチンとナルコレプシーとの因果関係が指摘されており、十分調査が行われるまで、同ワクチンの接種が中止される。
 過去1年間にフィンランドとスウエーデンの神経科医は、小児におけるナルコレプシーの増加に注目しており、それが豚インフルエンザワクチンの副作用である可能性を疑っている。
 これまでフィンランドでは250万人がワクチン接種を受けていて、750人に副作用が見られている。
THL Recommends Suspension of H1N1 Vaccinations YLE News (フィンランド) フィンランド保健福祉局、H1N1ワクチン接種を保留に
 フィンランド保健福祉局は、H1N1ワクチンであるパンデムリクスで睡眠発作(ナルコレプシー)の副作用が起きる可能性が指摘されており、その因果関係が明確になるまで、同ワクチンの接種ろ保留とした。
 同局によるとナルコレプシー発作の増加は、インフルエンザウイルスにより起きているか、ワクチンにより起きているか、さらには接種ワクチンと感染ウイルスの相互作用で起きているか、または他の要因による可能性が考えられるとされる。なお感染症でナルコレプシーが起きることも知られている。
 これまで15例のナルコレプシーが見られているが、その中で6例は明確にワクチンとの因果関係が指摘されている。
 
Four more swine flu deaths in Orissa, toll 14 TopNews (インド) インド、オリッサ州で4人が豚インフルエンザで死亡して、7月からの累積死者数が14人に
 24日にオリッサ州で4人のA/H1N1死亡者を確認し、本年7月以来の死者数が14人になったと当局から発表された。
Swine flu still claiming lives in NZ ABC Online (オーストラリア) ニュージーランドでは未だ豚インフルエンザによる死者が増えている
 ニュージーランド公衆衛生局のマーク・ヤコブス長官の談話。
 ニュージーランドでは今年A/H1N1インフルエンザで10人が死亡し、入院患者は昨年以上となっている。
 これまで500人のニュージーランド人が入院し、80人がICUで治療を受けている。現在16人が重体となり治療を受けている。
Swine flu vaccine arrives in Nepal Himalayan Times (ネパール) 豚インフルエンザワクチンがネパールに届く
 WHOから提供されたグラクソスミスクライン社のA/H1N1インフルエンザワクチン270万接種量が届いた。
 ハイリスク者を中心に接種が始まる。人口はやく3000万人。WHOからの提供ワクチン量は通常人口の1割とされる。
79 H1N1 deaths in India in past one week: Govt. NetIndian (インド) インド政府発表:過去1週間に79人がA/H1N1感染で死亡
 8月22日間での1週間に79人がA/H1N1で死亡したとインド保健家族福祉省が発表した。
 このうち40人がマハラシュトラ州で、12人がグジャラート州で死亡している。
 1335人の感染者が検査で確認されたが、このうち411人がマハラシュトラ州で、291人がカルナタカ州で、257人がデリーで報告された。

8月23日

英国保健省(健康保護庁)インフルエンザ週報第32週
 8月2日から15日
 英国全体でインフルエンザの発生はほとんど見られてない。
 インフルエンザウイルスの分離も見られていない。
 A/H1N1ウイルスが最後に分離されたのは第16週(4月18日から25日)である。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患でで定点医療機関を受診した患者数。



アイルランド保健省インフルエンザ週報第32週
 8月2日から15日
 インフルエンザ様疾患の報告はほとんどなし。
 インフルエンザウイルスの分離もされていない。
 昨年の流行で、A/H1N1感染者は4586人確認され、26人の死者が確認されている。
 左軸:各種インフルエンザウイルスの分離数。
 右軸:人口10万人あたりのインフルエンザ様症状を呈する人の割合。

Ten deaths as swine flu takes bigger toll in some regions Southland Times (ニュージーランド) いくつかの地域で豚インフルエンザ発病者数が増加、総死者数は合計10人に
 ニュージーランドでは今シーズン10人の死者が出ているが、いくつかの地域では入院者数が昨年を超えていると、公衆衛生局のマーク・ヤコブ長官が発表した。
 本日正午の時点で今年度のA/H1N1インフルエンザ入院数は501人となり、16人がICUに現在収容されている。
 ヤコブ長官によるとICU入院者は今年度77人に上っているとされる。全て検査で確認された事例のみである。

カナダ保健省インフルエンザ週報第32週
 8月1日~14日
 インフルエンザ様疾患の発生報告は皆無に等しい。

 定点医療機関受診1000外来患者中に占めるインフルエンザ様患者数


8月22日

特記すべき情報はなし
8月21日

Swine Flu Toll 2 in Delhi; 41 Other Confirmed Cases TopNews New Zealand  (ニュージーランド) 20日、デリーで死者が2名、41人の感染者が確認
 20日に、デリーでA/H1N1による死者が2人、感染者が41人確認され、 今シーズン、の総死者数が20人、感染者数が501人となった。
 41人の感染者のうち10人が子供であった。
 
Rapid response teams to deal with swine flu Times of India  (インド) 緊急対策チームが国内の豚インフルエンザ対策に着手
 インド国内におけるA/H1N1インフルエンザの拡大に対して、アナン・ククマールミスラ保健医療大臣は、緊急対策チームに、各地域における対策を強化するように命じた。
WHOインフルエンザ週報114

 2010年8月20日 --ニュージーランドとインドの状況は前週と大差はない。インフルエンザH1N1(2009)ウイルスの感染活動は、両国で地域的に活発に続いている。
 
 ニュージーランド
 2010年8月第1週、インフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者数は急激に増加している。ウイルスの活発な感染活動は、昨年の冬の流行が小規模であった地域で見られている;しかしながら、今日まで、インフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者数、重症者数、および死者数は、昨年の流行時以下に留まっている。現在分離されるインフルエンザウイルスの大多数はA/H1N1ウイルスである。

 インド
 いくつかの州ではH1N1(2009)ウイルスの地域内感染活動が活発に見られている。最も注目されるのはマハラシュトラ州といくつかの西部と南部の州である(グジャラート、アンドゥーラ・プラデシュ、カルナタカ、およびタミール・ナヅ)。2010年6月中旬から2010年8月第2週までの間、マハラシュトラ州では継続的に感染者数と死者数の増加が報告されている;マハラシュトラ州では流行は未だピークに達していないが、感染者数の増加率は鈍ってきているようだ。他の州でも流行は落ち着きだし、または感染者数の発生率も低下を見せている。インド全体で季節性インフルエンザBの発生が見られているが、程度はH1N1(2009)よりも低い。
 
 その他
 南アフリカとニュージーランドを除き、南半球の温帯地方ではインフルエンザと呼吸器感染症の発生数は少ない(オーストラリア、チリ、及びアルゼンチン)。南アフリカでは、6月から8月中旬まで季節性インフルエンザH3N2とB型の発生が継続的に見られている。アルゼンチンの一カ所以上の地域でインフルエンザの流行が起きていると一部のメディアが報道しているが、確認は出来ていない。
8月20日

 感染症が専門の医師らでつくる「府・京都市新型インフルエンザ対策専門家会議」が19日、府庁で開かれ、強毒型の新型インフルエンザに対応した医療体制などを協議。昨年の新型インフルエンザ(弱毒性)発生時に一部の医療機関に患者が集中して現場が混乱した教訓から、新たな患者が発生し、流行が想定される場合には府内の30程度の病院で発熱外来を同時に開設して、患者の対応にあたる方針を確認した。

 府によると、昨年の新型インフルエンザ発生時には当初、府内10病院に発熱外来を設置。その後、21病院まで増やしたが、京都市内では当初、2カ所だけで、急増した受診患者の対応に追われたという。

 新型インフルエンザなどが発生した場合に、地域の中核となって治療にあたる協力医療機関は現在、公立病院を中心に府内に25施設。しかし、その配置は、京都市や山城地域などでも地域的なバランスに欠けるという。

 府では強毒性の新型インフルエンザの発生などにも対応できるよう、協力医療機関を30施設程度まで増やす方針で、今後、私立病院にも協力医療機関になってもらうよう依頼することにしている。

 その上で、国内で新型インフルエンザの患者が発生し、新たな流行拡大が予想される場合には、その30程度の医療機関で同時に発熱外来を開設し、治療にあたるという。

  
 米厚生省は19日、昨年の新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)を受け、ワクチンの早期製造促進を柱とする総額約20億ドル(約1700億円)規模の新たな感染症対策を発表した。
 セベリウス厚生長官は同日、新たな感染症が発生した場合に現状では医療面の対応が行き詰まる可能性を指摘した上で「未知のウイルスに柔軟に対処できない危険がある」と危機感をあらわにした。
 具体的には、最先端技術を持つセンターを新設、民間製薬会社に技術提供したり、ワクチンの認可手続きを効率化したりする。同時に国立衛生研究所(NIH)にチームをつくり、ウイルスの早期発見能力を高める。ワクチンの増産などについて、政府側が民間企業と協力する姿勢も明確にした。


Study finds infection control gaps among medical students, residents CIDRAPニュース
 医学生とレジデントにおける感染予防対策のギャップ
 2009年10月から12月における米国内医学生とレジデントにおけるA/H1N1感染予防対策に関するアンケート調査。
 医学生194人とレジデント67人から回答。
 多くは感染リスクが高いことを自覚していた。ワクチン接種率は学生が43%、レジデントが66%。
 多くは非薬学的感染予防対策(頻回な手洗い等)を行っていたが、インフルエンザ様症状があったとき、学生の9%、レジデントの61%が学校や病院へ出かけたと答えている。
 調査結果は9月号の”Influenza and Other Respiratory Viruses”に発表された。
Flu activity strains New Zealand hospital  同上 インフルエンザ流行、ニュージーランドの医療機関に多大な負荷量に
 インフルエンザ様疾患の急増で、ニュージーランドのベイ・オブ・プレンティー地方の病院では、患者数があふれかえり、手術の延期などのBCPを発動している。
 現地の報道から。
Drug chains offering seasonal flu shots early Kansas City Star  (米国) 薬局、例年よりも早めにアクチン接種を提供
Dispatch: It's Not Too Soon to Think About Getting Your Flu Shot! American Council on Science and Health (米国) 米国科学衛生審議会、インフルエンザワクチン接種を早めに受けよう
 CDCは多くの人々が早くにワクチン接種を受けることを勧めている。当局は初めて、これまで対象ではなかった健康成人18歳から50歳までを含む、6ヶ月以上の全国民に接種を勧奨した。同時にCDCはワクチン接種開始時期を10月から9月に早めた。
 嬉しいことに、各薬局は以前よりもワクチン接種が容易に行えるように準備している。
3 drug chains offering seasonal flu shots early Modesto Bee (米国) 3薬局チェーンが全米でインフルエンザワクチン接種を開始
 6ヶ月以上の米国民がインフルエンザワクチン接種の対象となったことから、多くの薬局では例年よりも早くから接種を開始しだしている。
 全米で最も大きな薬局チェーン3社が来週までに接種を開始する。
 Rite Aid Corp. は既にチェーン店で接種が開始されているという。Walgreen Co., は17日に接種を開始したという。No. 2 CVS Caremark Corpは来週から開始するという。
 昨年の季節性インフルエンザワクチンは、例年よりも1ヶ月早く、9月1日から開始された。
8月19日

香港保健省インフルエンザ週報第33週
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様症状を呈する患者数は増え続けている。
 分離インフルエンザウイルス数は増加していて、中に占めるH3N2株数はA/H1N1の倍となっている。(図)
 この週にはA/H1N1重症者が1人発生。死者は発生していない。




Swine flu death toll rises to nine Sunday Star Times (ニュージーランド) 豚インフルエンザ死者数が9人に増加
 オークランドとワイカトで3人が死亡し、インフルエンザ死亡数は9人となった。
 現在14人がA/H1N1に感染してICUに収容されている。
 公衆衛生局によると現在就学前の子供達で感染が急増しているとされる。
 今年度、454人が既に豚インフルエンザで入院し、67人がICUに収容されている。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第32週
 8月9日から15日
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者数は急増を続けている。
 インフルエンザ様疾患の数は既に2008年度の数を超えている。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスの81%がA/H1N1ウイルスとなっている。
 2010年度に入ってからのA/H1N1感染者数は999人であるが、その中で第32週に375人が占めている。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様症状保有者。


 検査で確認されたA/H1N1インフルエンザ患者数の推移。
 現在急増中である。

Vietnam Reports Six Outbreaks of Bird Flu Wisconsin Ag Connection (米国) ベトナム、H5N1鳥インフルエンザが6カ所で発生したことを報告
 5月から7月中旬までにベトナム国内6カ所でH5N1鳥インフルエンザが発生し、5000羽の家きんが死亡し、1525羽が殺処分されたことが、ベトナム当局からOIE(国際獣疫事務局)に報告された。
 発生場所は2カ所の農場と4カ所の村とされる。
Swine Flu Cases on the Rise in Western India NTDTV マハラシュトラ州で豚インフルエンザ感染者数が増加
 多くの死者も出ているが、検査で確認されているのは少数のようだ。
 
Swine flu claims 35-yr-old in city Times of India (インド) ニューデリー、豚インフルエンザで35歳男性が死亡
 18日に33人の感染者(10人は小児)と1人の死亡が報告。
 ニューデリーではこれまで429人の感染者が報告され、18人が死亡している。
Sweden opens inquiry into suspect flu vaccine France24  (フランス) スウエーデン、豚インフルエンザワクチン副作用に関して問い合わせ
 英国のグラクソスミスクライン社の豚インフルエンザワクチン(パンデムリクス)接種2~3ヶ月後に、主として12~16歳の若年世代にナルコレプシー(睡眠発作)が生じる副作用が起きる疑いがもたれている。
 スウエーデン医薬品管理局(Sweden's Medical Products Agency )では、副作用状況をEU加盟国に問い合わせている。
 フィンランドでもこの春に小児の間で睡眠疾患が増えたことから、豚インフルエンザワクチン、特にパンデムリクスとの関係を調査している。
 初期の調査結果は今年度末までにまとめられる。
 
8月18日


Swine flu: no resistance to Tamiflu, toll reaches 135 Indian Express (インド) プネ市における豚インフルエンザ死者数は135人に、しかしタミフル耐性株は検出されず
 プネ市で3人のA/H1N1死者が確認され、同市における死者総数は135人となった。多くはプネ市郊外の田舎地帯の住民である。一方、ウイルス研究所では分離ウイルスからタミフル耐性株は検出されていないと発表。
Swine flu closes Christchurch school  Sunday Star Times (ニュージーランド) クライストチャーチ市で、小学校が豚インフルエンザ発生で休校に
 1人の学童が発病したため、1日休校として、校内の消毒が行われた。学童が触れる物の表面を消毒。
Swine flu cases push hospital to crisis point The Bay of Plenty Times (ニュージーランド) 豚インフルエンザ患者数が病院の対応能力を超えた
 ニュージーランド、ベイ・オブ・プレンティー地方、主要医療機関であるタウランガ病院では、A/H1N1を含む患者数が救急部門に急増していて、病院の対応能力を超えだし、病院としてのBCPを発動した。
 15日にはA/H1N1感染者が51人発生した。
 16日午前8時から17日朝8時まで、救急部門には180人の患者が訪れ、そのうち66人が入院している。
 BCPは、入院患者の早期退院、予定手術の延期、他医療機関への患者移送、外来患者予約の延期等。
 
8月17日

Type A (H1N1) death toll now 245 Bangkok Post  (タイ) タイでのA/H1N1死者数が245人に
 雨期に入った7月初旬から季節性インフルエンザと共にA/H1N1インフルエンザ感染者が増えている。
 先週の死者数は10人と発表され、A/H1N1流行開始以来の総死者数は245人となった。
 人口は6600万人
Sick visitors told to stay away from hospital Hawke's Bay Today (ニュージーランド) ニュージーランド、ホークスベイ病院、インフルエンザ様症状の患者は自宅で療養するように求める
 ニュージーランド北島のホークベイ地方、ホークスベイ病院は、インフルエンザ様症状で体調不良の人々は自宅で療養し、病院は受診しないように求めている。
 地域内でA/H1N1ウイルスが感染活動を広げていることから、病院内の患者やスタッフの感染を防ぐために、上記の措置となっている。
15-day-old cold? check for swine flu Times of India (インド) 風邪が長引いている?それは多分豚インフルエンザ
 インドのムンバイ市で、この4月からの死者数が、州全体の1割に過ぎないという。マハラシュトラ州全体で270人死亡しているが、ムンバイでは35人という。
 この数値に対して専門家は異論を唱えている。
 すなわち医療機関での検査は高額なので、検査は行わないで治療している事例が非常に多い。
 また検査でH1N1と確定されると、隔離病棟への収容が義務づけられていることも、検査がなされない理由とされる。
 さらに他の理由として、患者が発生しても市当局が数値が増えることを嫌って報告しない傾向にもあるという。
Swine flu kills 84 in past week The Hindu  (インド) この1週間、豚インフルエンザで84人死亡
 モンスーンがピークとなっている現在、A/H1N1インフルエンザ感染者数が急増している。
 この1週間で1155人の感染が確認され、84人が死亡した。
 昨年流行が始まって以来、検査で確認された累積死者数は1945人、感染者数は37395人。


英国保健省、インフルエンザ週報第31週発表
 正確には英国健康保護庁(HPA)が担当。
 8月2日から8日
 
 インフルエンザ様症状で医療機関を訪れる患者数は非常に少ない。
 最後にA/H1N1ウイルスが検出されたのは第16週(4月中旬)。
 
 10万人人口中インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合。
 昨年と比較すると、如何にA/H1N1発生流行が起きていないか理解される。
 
8月16日

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第31週
 7月31日から8月6日
 インフルエンザ様疾患の明確な増加傾向はない。
 この週には115例の検査で確認されたインフルエンザ患者が報告されている。そのうちA/H1N1は67例占めている。



The pandemic that never was The Australian (オーストラリア) 豚インフルエンザはパンデミックではなかった
 英国医師会雑誌(BMJ)やヨーロッパ評議会によるWHO批判を中心とした論説。
 オーストラリアの専門家のコメントも含む。
 
 オーストラリア国立大学の感染症教授であり、またパンデミックインフルエンザ対策に批判的なペーター・コリングトンは、全ての事実は対策が過度であったことを示している、とコメントしている。
 過去10年以上に亘って作成されてきたパンデミック対策で示されていたオーストラリア人の死亡率1%の100分の1に過ぎなかった。0.01%、または10万人に0.9人の死亡率。
 パンデミック宣言により、また当局による過剰な煽りは、大多数の人々は、家庭で安静にしていれば回復したにも関わらず、多くの人々が病院へ殺到したことである、と同教授は批判する。そして病院の待合室は混乱し、そこで感染は広がった。
 そうした状況はオーストラリアだけではなかった。
 英国では当初65000人の死亡が想定されると発表され、それが今年の1月には1000人に下方修正され、実際には360人の死者だった。
 ボンド大学の初期医療研究教授で世界的に知られているクリス・デルマアーは、WHOはパンデミック宣言を余りも早くに出した、と評し、アドバイスしている専門家達の製薬企業との”利益相反”に関して厳しい見方を示している。

WHO says swine flu pandemic over but it's peaking in India Times of India (インド) WHOはパンデミック終息宣言を行ったが、インドではピークは迎えていない
 イン祖保健省。
 死者の多くは妊婦と高齢者である。
Sharp drop in swine flu cases Khaleej Times (アラブ首長国連邦) サウジアラビア、豚インフルエンザ感染者は急速に減少
 サウジアラビア保健省は14日、豚インフルエンザはもはや同国では脅威ではないと発表した。
 2009年には約1万7000人の感染者が発生し、124人が死亡したが、今年はこれまでわずか875人の感染者しか発生していないとされる。
 また今年発生している事例は軽症で、また散発的であると付け加えられている。
8月15日

Swine flu threat persists for India: Ministry Sify  (インド) インド、保健省、豚インフルエンザの脅威は去ってはいない
 WHOは豚インフルエンザのパンデミック終息を宣言したが、インドでは脅威は去っていないと保健省が15日警告した。
 患者数は増え続けている。警戒を緩めることは許されない。、我々はさらに注意する必要がある。保健省の当局者が語った。
 「ウイルスは国内のほとんどの地域で活発に感染を繰り広げている。死者数も増えている」。
 保健省によると8月2日から8日の週には、1週間で83人という最も多い死者数を記録している。
アルゼンチン保健省インフルエンザ週報第31週
 インフルエンザ様疾患は著明に減少している。
 呼吸器検体から分離されるウイルス株も非常に少なく、A/H1N1ウイルスは全検体中0.15%。


H5N1 widespread in Jakarta's poultry Jakarta Post (インドネシア) ジャカルタ市内の家きんにH5N1ウイルスは広く感染
 ジャカルタ市当局が市内の家きん数千羽からの排泄物中のH5N1ウイルス検査を行い、70%で陽性であったと発表した。今年は市内で2名の感染者しか発生していないが、今後の流行を警告している。
 ジャカルタでは家きん飼育が制限され、飼育する場合許可証が必要。また家きん”と殺場”も郊外の6地域に限定されている。
 しかし家きん飼育の制限は社会的批判が強く実行はされていない。
Mother-daughter duo succumbs to H1N1 Times of India (インド) インド、カルナタカ州母と娘がH1N1で死亡
 カルナタカ州のダバナゲル地方で65歳の母と、母から感染した40歳の娘がA/H1N1で死亡した。

Swine flu wave 'yet to peak'  Taranaki Daily News (ニュージーランド) ニュージーランド、豚インフルエンザ流行、いまだピークは迎えていない
 ニュージーランドでは豚インフルエンザの第2波がいまだピークは迎えていない。
 いくつかの学校では欠席率が高く、美容院や歯科医院へのキャンセルも通常よりも多く、入院率の多い医療機関も認められている。一方、ウイルス拡大程度はそれほど顕著ではない地域も見られる。
 公衆衛生局長官のマーク・ヤコブ氏は、ウイルス拡大の地域的不均一は、昨年の流行状況を考えると不思議ではないと説明している。
 すなわち、昨年流行しなかった地域や学校では、今年は流行していると説明している。
 しかし来期のインフルエンザシーズンには、A/H1N1は通常の季節性インフルエンザとして、小規模の流行となると判断している。
8月14日


Normal H1N1 flu season expected this year Xinhua  (中国、新華社) 米国専門家:今年度は通常にH1N1インフルエンザシーズンが予測
 今冬にA/H1N1インフルエンザが流行する可能性が高いが、昨年のような大流行は起こさず小規模で、そのピークは通常の季節性インフルエンザのように1月であろうと、米国の専門家が語っている。昨年は10月に米国ではピークを迎えている。

Influenza - update 113 WHOインフルエンザ週報112
 8月13日発表(ジュネーブ)  

 インフルエンザ H1N1(2009)は、インドとニュージーランドの一部で感染拡大を続けている。

 インド
 
1週間あたりのH1N1(2009)の感染者数と死者数は6月中旬以降、数州で増え続けている。特に西部のマハラシュトラ州で著しく、程度は低いがグジャラート州、アードラ・プラデーシュ州、および西ベンガル州でも見られている。これらの州では流行のピークには至っていない。8月2~8日の1週間で、インド全体で79人が死亡したと公式に発表されている。7月後半の2週間にマハラシュトラ州で検査された呼吸器検体の1/3でインフルエンザウイルスが検出され、その大多数はH1N1(2009)であった。南部のケララ州ではインドで今シーズン最初にH1N1(2019)が検出されていたが、6月末から7月初旬にピークを終えている。その後感染者数は減っている。またインドではH1N1(2009)程ではないが季節性インフルエンザBが流行している。

 ニュージーランド
 インフルエンザ様症状で(ILI)で医療機関を受診する患者の割合は、この数週間増加している。7月最終週にはインフルエンザ流行標準域内に入った。分離されるインフルエンザウイルスの大多数はH1N1(2009)である。インフルエンザ様疾患発生率、入院率、欠席率から判断すると、インフルエンザの流行程度は地理的に均一ではなく、昨年流行程度が小さかった地域で発生数が多くなっている。全体的に判断すると重症者や死者の発生率は昨年のパンデミック第1波以下であるが、状況は変化し続けていて、いまだピークには達していない。

 他の地域
 南半球温帯地方では、南アフリカとニュージーランドを除くと、インフルエンザと呼吸器疾患の発生率は低い(オーストラリア、チリ、アルゼンチン)。南アフリカでは季節性インフルエンザH3N2とB型が6月と7月に各地で発生していた。
 南アメリカの熱帯地方(コスタリカ、コロンビア、ペルー、ボリビア、ブラジル)では、H1N1(2009)が軽度から中等度でこの1ヶ月間発生している。また同じように西アフリカ(ガーナ)、および南・東南アジア(インド、バングラデシュ、タイ、カンボジア、シンガポール、マレーシア)でも見られていた。

 季節性インフルエンザ
 世界各地で様々な程度で季節性インフルエンザが見られている。季節性インフルエンザH3N2が最近アメリカの熱帯地方(特に中央アメリカ)、南および西アフリカ、そして東南アジアのいくつかの地域で見られている。また中央および南アフリカでは季節性インフルエンザB型の流行が続いている。

8月13日


エジプトで2歳女児がH5N1鳥インフルエンザに感染-WHO発表
 エジプト保健省は新規のA(H1N1)鳥インフルエンザ感染者を報告した。
 患者は2歳女児で、カイロのエルサラム地区に住んでいた。女児は8月2日に発症し、同日入院して治療を開始された。感染源は死亡及び感染した家きんとの接触と考えられている。
 これまでエジプトでは111人が検査でH5N1鳥インフルエンザが確認され、35人が死亡している。
 
Outbreak of bird flu reported in Indonesia St. Louis Globe-Democrat  (米国) インドネシアで鳥インフルエンザの発生が相次ぎ、少女が1人死亡
 インドネシア当局は、スマトラ島ブンクル州3地域で鳥インフルエンザが発生し、数千羽の鶏とアヒルが感染拡大防止のために殺処分されたと発表した。さらに14歳の中学生少女が感染して死亡したとも発表された。
 
30 more cases of swine flu in Delhi New Delhi News (インド) デリーでさらに30人の豚インフルエンザ感染が確認
 豚インフルエンザはゆっくりと首都で再流行している。12日に30人の感染が確認された。しかし死者は報告されていない。
 今年度254人の感染が確認され、14人が死亡している。

Panic in Orissa as swine flu infects two more Express Buzz (インド) オリッサ州でさらに2人が豚インフルエンザ感染が確認、州民の間でパニックが起きる
 12日、さらに2人の豚インフルエンザ感染者が確認されたことから、オリッサ州のいくつかの地域で住民がパニックとなり、マスクを着用して病院に検査を求めて押しかけている。
 学校や教育機関などは、感染を防ぐために朝の集会を行わないように指示された。
 当局によると7月以来少なくとも52人が検査され、20人が陽性であったという。そのうち7人が死亡し、3人が入院して治療を受けている。

社説:新型終息宣言 のど元過ぎた時こそ 毎日新聞 
 新型の特徴である「持病のない子どもや成人の中に重症化する人がいる」という傾向は、今後も続く可能性がある。子どものインフルエンザ脳症も要注意だ。地域によっては、通常の季節性より大きな流行が起きる恐れもある。

 予測の難しい感染症だけに、適切な監視体制の維持は欠かせない。薬剤耐性のウイルスや、病原性の変化した変異ウイルスの出現にも注意を払いたい。

 新型対策で広まった手洗いの励行なども忘れないようにしたい。ワクチンも感染拡大を防ぐひとつの手段だ。今季は、新型、A香港型、B型の3種類混合で、優先接種はない。
 今回の新型ウイルスは恐れられた強毒ではなく、日本は死者数も少なかった。しかし、それは幸運だったと考えたほうがいい。
 インフルエンザの性質を考えると人類は今後も必ずパンデミックに遭遇するだろう。強毒の鳥ウイルスが人型になる可能性は今も否定できない。豚からやってくるウイルスにも病原性の高いものはありうる。
 だからこそ、今回の教訓を生かし将来に備えることが何より大事だ。その視点からみると国の検証は物足りない。厚生労働省が関係者から意見を聞き報告書をまとめたが、不十分な部分が見受けられる。
 たとえば、発熱相談センターや発熱外来のように、見直しが必要としながら、具体的提言にいたっていないものがいろいろある。
 余剰が問題になっているワクチンの輸入決定はどうなされたのか。その時点での新型のリスク分析や、企業との交渉が適切だったかといった点も議論が尽くされたとはいえない。
 医療体制や情報の伝え方など、再検討や改善が必要と指摘された点が、実際に改善されているかどうか、点検を重ねていくことも必要だ。
 パンデミック対策が国の危機管理の問題であることを思えば、官邸の対応について再検討し、今後に生かすことも重要だ。
 パンデミック終息宣言は対策終了の合図ではない。流行が収まり、落ち着いている時こそ、将来に備え体制を整える機会としたい。
8月12日


香港保健省第32週インフルエンザ週報 8月1日~8月7日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患(季節性とA/H1N1)は増加し続けている。
  A/H1N1による2人の重症例が発生。死亡例は出ていない。
 全分離ウイルス株数は198、そのうちA/H1N1は57株、H3は107株、B型は23株。
 
 分離ウイルス株の推移。
 H3N2株の増加が著しい。


WHO list reveals pandemic flu advisors with industry ties SGGP (ベトナム) WHO、製薬企業と関係を持っていたパンデミックインフルエンザ顧問のリストを発表
 WHOは11日、緊急委員会の15人の委員達の中でワクチンメーカーを含む製薬企業から経済的供応を受けていた5人の委員の名前を公表した。また15人の名前と所属も明らかにした。
 
 WHO発表原文
WHOでは製薬企業と関係を持っていた顧問を含めた6人の立場は、緊急委員会のメンバーとして不適であるとの”利益相反”には該当しないと説明している。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第31週
 8月2日から8日
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者数は急増している。
 ニュージーランド国内平均として前週から流行域に入っている。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスの72%がA/H1N1ウイルスとなっている。
 2010年度に入ってからのA/H1N1感染者数は624人であるが、その中で第31週に196人が占めている。


18 die of swine flu in Gujarat in 2 months Times of India (インド) グジャラート州で2ヶ月間に18人が豚インフルエンザで死亡
 6月15日から8月11日間での間、グジャラート州では85人が検査で感染が確認され、19人が死亡している。
 昨年からの累積感染者数は1560人、死者数は323人。致死率は21%となり、国内で最も高い数値となっている。国内における致死率は5%である。

Swine flu death in Hawke's Bay Marlborough Express (ニュージーランド) ホークスベイ地方で男性が豚インフルエンザで死亡、ニュージーランドで今シーズン5人目の死者

8 more die of swine flu in two days Times of India (インド) プネ市で2日間に8人が豚インフルエンザで死亡
 10日と11日にプネ市で8人がA/H1N1インフルエンザで死亡し、昨年8月以来の死者数が331人となった。
 11日に46人が検査で感染が確認され、25人が重篤な状態で市内のいくつかの病院でレスピレーターにつながれている。
8月11日


新型インフル:台湾では今も猛威…WTO「終息宣言」とうらはら サーチナニュース (日本)
 台湾の疾病管制局の周志浩局長によると、台湾本島では現在も毎月、感染者が1万人程度発生するなど、新型インフルエンザはいまだに猛威を振るっている。若い世代の死亡例が多いという。中国新聞社が報じた。
  世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は10日、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)は終息期を迎えたと宣言したが、個別の国や地域での流行は否定していない。
  台南市では8日、新型インフルエンザに感染した56歳の男性が、細菌性感染症を併発して死亡した。男性の24歳の息子は新型インフルエンザで7月19日に死亡した。父子ともに新型インフルエンザで死亡したのは、台湾で初めてという。
  台湾では、2カ月ほど前から、新型インフルエンザの感染例が増えはじめた。高齢者用施設での集団感染も発生。疾病管制局の周局長は、「感染者数は予想より多い」と述べ、「暑い季節にはインフルエンザにかからないと考えている人が多いようだが、警戒してほしい。油断はできない」と呼びかけた。
  周副局長によると、若い世代に死亡例が多い。秋以降には、感染例がさらに増加する恐れがあるという。

Two die of swine flu in Orissa, toll seven TwoCircles.net (インド) オリッサ州でさらに2人が豚インフルエンザで死亡して、合計7人の死者数に
 41歳女性と27歳女性が、昨日から本日にかけて死亡。
 昨年流行が見られて以来、オリッサ州におけるA/H1N1死者数は7人に。
Latest Media Release From The Ministry Of Health - Swine Flu Still Here Voxy (ニュージーランド) 保健省からのメディア発表-豚インフルエンザは未だ流行している
 保健省は、WHOがパンデミックインフルエンザ終息宣言を出したが、ニュージーランドでは未だ流行していると国民に警告した。
 WHOのチャン事務局長は、ニュージーランドでは未だH1N1の第2波で被害者が出ていることは認識している。
 
10 new persons diagnosed with swine flu Express Buzz (インド) アーンドラ・プラデーシュ州、ハイデルバド市で10人の豚インフルエンザが確認
 本日10人のA/H1N1感染者が確認された。
 発病した3人の医師達は回復に向かっているとされる。
 当局筋によると6月以来316人の感染が確認され、26人死亡したとされる。

Swine flu back in city, 5 deaths in single day Bhatkallys (インド) デリー、豚インフルエンザが市に戻ってきた、1日に5人が死亡
 デリー市では10日、5人のインフルエンザ死亡が報告された。
 非常に致死率が高いことから、第2波でウイルスが変異していることが危惧されるが、検査では確認されていない。
 今シーズン、市内で208人の感染者と13人の死者が確認されている。

New Zealand still has 'significant' swine flu The Australian (オーストラリア) ニュージーランドでは未だ有意な感染者数が発生している
 下記報道と同内容。
 他にWHOのケイジ・フクダ氏のコメントが加わっている。
 A/H1N1ウイルスはもはや次のパンデミックを起こすだけの感染力はない。いくつかの国では深刻な流行が起きることもありえるが。

Swine flu pandemic not over in New Zealand Earthtimes (国際) 豚インフルエンザのパンデミックはニュージーランドでは終えていない
 WHOがパンデミック終息宣言をしたが、ニュージーランドではパンデミックは終息していないと同国保健省が11日に発表した。
 今年度の第2波で300人以上が入院し、30人が重体となってICUに収容されている。これまで4人が死亡している。
 「我々は昨年流行が小規模であった地域で多くの入院患者が発生している」、と公衆衛生局の長官補であるダレン・ハント氏が語っている。
 同氏によると、ニュージーランドでは地域によって多くの発生が起きているから、警戒態勢は維持する必要があるようだ。そうした地域では職場を休業する率や学校を欠席する率が高いとされる。

WHO says H1N1 pandemic is over  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) WHO、A/H1N1パンデミックは去ったと判断

 PDFファイル

 WHO事務局長は10日(ジュネーブ時間)、A/H1N1パンデミックは終息し、世界のインフルエンザ流行状況は季節性インフルエンザの特性に変わり、多くの人々がA/H1N1ウイルスに免疫を保有したと発表した。
 「世界はもはやフェーズ6の状況にはなく、パンデミック後期間(post-pandemic period)に移った。ウイルスは世界中で広く感染活動を示したが、既に活動力は弱まった」、と香港からの電話記者会見で語った。
 しかし女史は、ウイルスは消え去ったわけではなく、継続的監視が必要である、と語り、A/H1N1ウイルスは今後数年間は季節性インフルエンザとして感染を繰り返すだろうと説明した。
 
 WHOの緊急委員会は本日早くに開催され、WHOがパンデミック後期間に移った(パンデミックは終息)ことを宣言すべきと答申した。チャン事務局長はその様に説明している。
 この終息宣言は2009年6月にパンデミック宣言が行われてから、丁度14ヶ月後になされた。また米国CDCが公衆衛生上の警戒態勢を打ち切った6月23日から1ヶ月半後の宣言となった。
 多くの人々はWHOの判断が数ヶ月前になされると予想した。しかし6月と7月に開催された緊急委員会が、南半球でのA/H1N1発生状況を見極める必要があると判断した。
 最近、警戒すべきA/H1N1の流行がインド、ニュージーランド、および他の2,3地域で起きている。 インドでは先週942人の感染者が確認されている。
 しかし最近の世界における流行状況は、典型的季節性インフルエンザの発生様式に近くなっている、とチャン事務局長は説明している。
 「世界的にみて、A/H1N1ウイルスの感染パターンと感染力のレベルは、これまでのパンデミック期間に観察されたそれらとは明らかに異なっている。インフルエンザシーズン以外での発生は、北半球と南半球では見られなくなった。現在、A/H1N1ウイルスを含めて、インフルエンザの発生程度は、例年のシーズン中に発生する流行程度となっている」。
 「パンデミックの間、A/H1N1ウイルスは他のインフルエンザウイルスの感染活動を抑えたが、現在はそのようなことはなく、多くの国でウイルスは混在して感染活動を広げている。例年のインフルエンザシーズンと似た状況である」。
 さらにチャン事務局長は次のようにも説明した。
 「いくつかの地域では人口の20~40%が感染により免疫を獲得している。さらに多くの国では効果的にワクチン接種が行われ(特にハイリスク・グループ)、さらに集団免疫の獲得率が上がっている」。
 
 WHOのパンデミック終息宣言は、米国における公衆衛生対策上、何ら大きなインパクトはもたないだろう、とCDCは本日コメントし、米国における公衆衛生上の警戒態勢は6月23日に解かれていると付け加えている。
 「今季のインフルエンザシーズンに対するCDCの勧奨内容には特に変化はない。米国は既に2009H1N1インフルエンザを季節性インフルエンザとして理解して対策を考慮している」
 今季の季節性インフルエンザワクチンには、A/H1N1、H3N2およびB型が含まれている、とも説明された。

 チャン事務局長は記者からの質問に以下のように答えている。
 「自分は疲れたが、同時に安堵感も抱いている。なぜなら。この1年間はかなりきつい仕事になっていたからだ。それはWHOのスタッフだけでなく、世界中の公衆衛生担当者も含めての話である。我々は今後も警戒を続ける必要があり、決して独断的に判断することは許されない」。
 今後の予想としてチャン事務局長は次のように語った。
 「ウイルスは若い世代で重篤な症状を引きおこし続けると予想される。少なくとも、パンデミック後期間に入って直ちに発生する可能性がある。これまでハイリスク者として認識されてきた層は、今後もリスクの高い対象として存在し続けると思われる。もちろん、そうした感染者の数が減少することを期待しているが」。
 また女史は、パンデミックの間に少数ではあるが、若い世代や基礎疾患のない健康人が感染して重症肺炎を起こした事実は、通常の季節性インフルエンザで通常見られる事ではなく、その特性が今後も続くのかは不明だと、話した。さらなる警戒は必要であると強調している。

 チャン事務局長は、世界は本当に幸運だったと語っている。
 「ウイルスはパンデミックの間、危険な変異は起こさなかったし、タミフル耐性株が広がることもなかったし、製造されたワクチンは十分適合することが立証され、安全性も非常に高いことが示された」。

 WHOがパンデミックを煽ったとするいくつかの批判が、ヨーロッパを中心として起きている。WHOが利益を求める製薬企業に不当に影響されたとの非難も起きている。
 チャン事務局長は先に弁明したように、本日もWHOの対策を擁護したが、今回の流行で、コミュニケーションの取り方や柔軟性などについて色々と学んだと付け加えている。
  

新型インフルエンザのパンデミック終息を宣言=WHO事務局長 ロイター (日本語版)
 世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は10日、新型インフルエンザ(H1N1型)のパンデミック(世界的大流行)は終息したと述べた。
 同事務局長は香港からの電話会見で、「現在は、ポスト・パンデミック期に移行している」と述べ、H1N1型のインフルエンザ・ウイルスの広がりは「おおかた終了した」とした。

 同事務局長はまた、新型インフルエンザの世界的な流行は、前年に危惧されたよりは格段に軽微だったとの見方を示した。ただ、40年ぶりにパンデミックを引き起こしたH1N1型ウィルスは、今後何年にもわたり季節性のインフルエンザウィルスとして感染を引き起こす恐れがあるとして、医療関係者に引き続き警戒を呼びかけた。

 また、H1N1型ウィルスは、抗インフルエンザ薬の「オセルタミビル」に対する耐性は全般的に示しておらず、既に生産されている新型インフルエンザワクチンには治療効果があるとした。

 WHOはこの日、世界各地のインフルエンザ専門家からの報告を聞いた上で、ポスト・パンデミック期への移行を宣言。WHOがポスト・パンデミック期に入ったとしたことで、各国政府は感染に対する監視など警戒態勢を引き下げることができる。

 H1N1型ウィルスによる感染が原因と確認された死者数は、世界でこれまで約1万8450人。ただWHOは正確な死者数は、パンデミック終息後少なくとも1年経過しないと把握できないとしている。
8月10日


WHO set to declare end of H1N1 pandemic Reuters UK (英国) WHO、A/H1N1パンデミック終了宣言
 WHO事務局長はA/H1N1ウイルスの感染活動力は弱まり、パンデミックは過ぎ去ったと火曜日(10日)語った。
 「フェーズはパンデミック後期間( post-pandemic period )に移った。ウイルスはほぼ広い地域で感染を終えた」、とマーガレットチャン事務局長は語った。
 フェーズを論議していた”緊急委員会”の答申に基づいて、事務局長が発表した。
WHO emergency committee reviews pandemic status Reuters UK (英国) WHOの緊急委員会、パンデミックの状況を検証
 本日WHOの事務局長にパンデミックのフェーズを答申する”緊急委員会”の電話会議が招集された。
 委員会では現在世界のパンデミック状況を検討中であると、WHOのハートル広報官が発表した。特に南半球での状況が検証されている。
 パンデミックインフルエンザから季節性インフルエンザに移行したか否かが検討されている。
 フェーズが "post-peak(ピーク後期間" または "post-pandemic(パンデミック後期間"か決定される。
 この会議にはチャン事務局長も香港から参加している。
 広報官によると本日中に結論が発表されるという。
 
Provincial health inspectors predicting 'more normal' flu season as H1N1 dies out The Province (カナダ) ブリティシュ・コロンビア州(B.C)、保健当局者、この冬のH1N1インフルエンザは季節性インフルエンザと同レベルの発生と予想
 この冬にA/H1N1の新たな流行の波はこないだろう、とBC州の疾病対策センターの医師が語っている。
 同医師は今週末にWHOがパンデミック終息宣言を出すと予想している。
 同医師によると、WHOは南半球での流行状況を観察しているが、発生程度は低い。
 A/H1N1インフルエンザは、以前発生が想定されていたH5N1鳥インフルエンザよりも遙かに軽症である。H5N1鳥インフルエンザは未だ人人感染は起こしてない。そのように同医師は説明している。
 BC州では州民(450万人)のうち43%がワクチン接種を受けている。それによりウイルスの伝搬が効果的に抑えられたとされる。
 この11月から新規季節性インフルエンザワクチンの接種が開始されるが、ワクチンにはA/H1N1インフルエンザウイルスも含まれている。A/H1N1インフルエンザは散発的に発生する可能性があるから、接種が必要とされる。
4 more die due to swine flu in city Times of India (インド) アーンデラ・プラデーシュ州ハイデラバド市でさらに4人の豚インフルエンザ死者
 この2日以内に4人が豚インフルエンザで死亡したと当局が発表した。
 45歳の結核の女性、26歳と36歳の女性、そして50歳男性。
 一方4人の開業医が発病したが、彼らは3週間前にワクチンの接種を受けていた。しかし医師団はワクチンが効果を見せるまでには4週間要すると説明している。
 175人の看護学生から7人の感染者が発生していたが、その後28人の感染が確認されている。学生には昨日ワクチン接種が行われた。
 
新型インフル ワクチン費用市町村が判断 読売新聞
 岩手県
 昨季、県内でも1人の死者を出した新型インフルエンザについて、県は9日、10月に始まるワクチンの新たな接種制度で、接種費用は市町村が決めるとする方針を、全34市町村の担当者に説明した。国の制度変更に伴う対応で、全国一律だった接種費用が市町村の判断になることで戸惑いの声も上がっている。
 県は、今季は、年齢や持病の有無による優先順位はなく、原則的に希望者が誰でも接種を受けられ、新型と季節性の両方のインフルエンザに対し、新たな混合ワクチンの1度の接種で済む点を説明した。
 市町村は、接種する医療機関の選定も行う。ただ、接種費用の設定が市町村には悩みの種のようだ。
 季節性向けは従来も市町村が費用設定をしてきた。しかし、今回、新たな混合ワクチンに対して、設定の目安となる低所得者の負担額を国がまだ示しておらず、作業が進まない。
 説明会では、奥州市の担当者から「10月実施なら、お盆前に国に示してもらわないと間に合わない」と不満が出た。
 事前の意見聴取でも「県が費用を統一できないか」(八幡平市)といった声が相次いだ。

新型インフル流行終結宣言も、WHO緊急委開催へ 読売新聞 
 WHO当局者は9日、新型インフルエンザに関する緊急委員会を10日午前6時(日本時間10日午後1時)から開くことを明らかにした。
 WHO当局者によると、外部専門家からなる緊急委員会が、「世界的大流行(パンデミック)」を意味する現行の「フェーズ6」から、その終結を意味する「ポスト・パンデミック期」への移行を勧告する可能性が高い。その場合は、マーガレット・チャン事務局長が、昨年6月以来続く世界的大流行の終わりを宣言することになるという。
 新型インフルエンザは、冬を迎えた南半球でも大規模な流行が起きていない。
 WHOは6月、新型インフルエンザ流行の「最も深刻な時期は脱した」として、「峠越え宣言」を行った。

 *6月に公式に「峠越え宣言」は行ってはいない。(管理人)。
インド保健省、インフルエンザ週報(8月9日)発表
 8月2日から8日
 感染者数と死者数がさらに増加中。
 この週に検査で確認された感染者数は942人、死者数は83人。その半数前後がマハラシュトラ州で占められている。
 
83 H1N1 deaths in India in past one week: Govt. NetIndian (インド) インド保健省:1週間で83人がA/H1N1インフルエンザで死亡
 8月2日から8日までの期間に83人がA/H1N1インフルエンザで死亡したと保健福祉省が発表した。
 昨年WHOが6月中旬にパンデミック宣言を行って以来、インドでの死者数は1833人となった。
 83人の死者のうち、マハラシュトラ州で51人、カルナータカ州で12人、グジャラート州で7人、アンドーラ・プラデシュ州で6人等となっている。
 新規に感染が確認された患者数は942人で、マハラシュトラ州で400人を占めている。
8月9日

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第30週
 7月24日から7月30日
 インフルエンザ様疾患の数は増加傾向を示している。しかしいまだ数は例年以下である。
 検査で確認されたインフルエンザ感染者数は増加していて、インフルエンザシーズンが始まったことを示唆している。
 この週には検査で確認されたインフルエンザ症例は80例であるが、このうちパンデミックインフルエンザは46例となっている。
 定点医療機関外来を受診したインフルエンザ様疾患の割合(/1000外来患者数)
 
Woman dies after contracting swine flu  Radio New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド、豚インフルエンザで女性が死亡、今年度3人目
 ニュージーランドで今年度3人目となるA/H1N1死者が出た。
 44歳女性で基礎的疾患があった。
 昨年は35人が死亡している。
H1N1 claims three more Times of India (インド) プネ地域で3人がさらに死亡
 プネ地域で3人のA/H1N1死亡が確認された。
 3人ともプネ市郊外の田舎地帯に住んでいた。
 当局者によると発症後数日してから医療機関で治療が開始されており、早期に医療機関受診が必要とされる。
 プネ市における死亡者数は昨年の8月以降313人、この4月以降では103人とされる。
WHO may soon announce end of H1N1 flu pandemic Windsor Star (カナダ) WHO、間もなくH1N1パンデミック終了宣言の予定
 WHOはH1N1パンデミックの公的終了宣言を数日以内に行うと考えられている。
 連邦保健大臣の広報官は、2009年末以降感染者数の急激な減少が起き、WHOは終息宣言を考慮してきている、と語り、いつ終息宣言を行われても不思議ではないと付け加えた。
 しかしカナダ公衆衛生局の広報官は、発表予定に関する正式報告は8日現在(カナダ時間)受けていないと語っている。

WHO hints H1N1 could be over Toronto Star (カナダ) WHO、H1N1パンデミック終了の宣言を示唆
 マーガレット・チャンWHO事務局長は、この1~2週間に、H1N1パンデミックの終了宣言を行うかも知れないと語った。
 チャン事務局長によると、WHOや顧問専門家達は、2009パンデミックの原因ウイルスが季節性インフルエンザウイルスの特性を獲得してきたように感じているという。
 ”全般的にみて、多くの人々はパンデミック終了期に入ったことが間もなく宣言されると予想している”、とチャン事務局長は香港からのインタビューに答えている。
 パンデミック危険度を判断して事務局長に答申する、いわゆる”緊急委員会”は、今週招集される予定であると、チャン事務局長は仄めかしている。
 パンデミック終了宣言の鍵となる条件は、ニュージーランドでの学校における集団発生の状況とインドにおける最近の再流行の状況とされる。
 ”緊急委員会”は、関係国からこれらの状況報告を求めるようだ。

Flu Season Is Right Around The Corner  dBTechno (米国) インフルエンザの季節が間もなくやってくる
 夏が間もなく終了し、インフルエンザの季節に変わると聞くと、多くの人は一抹の寂しさを感じるかもしれない。
 保健当局では、昨年のようにインフルエンザワクチンが準備されるまで長らく待つことなしに、接種可能となったらすぐに受けるように呼びかけている。
 今年は1回接種で季節性インフルエンザと豚インフルエンザの両方が予防される。
 もちろん完全に予防されるとはいえないが、もし発病したとしても軽症で済む。
 両親は子供達が新学期で学校に戻る前に、接種を受けさせるように忠告されている。
 また65歳以上の全ての人は、接種可能となったら待つことなしに接種を受ける必要がある。

Swine flu pandemic all but over Calgary Sun (カナダ) 豚インフルエンザはほぼ終息
 カナダ保健当局では数ヶ月間、豚インフルエンザの気になる程の発生は記録しておらず、また死者の発生は本年1月が最後であった。
 しかしWHOはいまだ世界的パンデミックの終息は宣言していない。
 
 でも状況は間もなく変わる。
 マーガレット・チャン博士はWHOの声明文で、この2,3週間以内にWHOは世界的パンデミック警報の終息を宣言するであろうと語っている。
 カナダではA/H1N1インフルエンザで425人が死亡したが、年間4000~8000人死亡する季節性インフルエンザよりも遙かに少ない数だった。
 世界ではWHOによると18449人がH1N1インフルエンザで死亡した。
 カナダ政府は、カナダにおけるパンデミックの脅威はこの春に過ぎ去ったと発表している。

8月8日

Four new swine flu cases in West Bengal Sify  (インド) 西ベンガル州で新規に4人の豚インフルエンザ感染者が確認
 7日、西ベンガル州で4人の感染者が検査で確認され、今年度の累積感染者数が118人になったと州保健局が発表した。
 今年度4人が既に死亡している。
 昨年の感染者数は135人で死者は発生しなかった。

H1N1 claims two more, toll 310  Times of India  (インド) プネ市、さらに2人が死亡して累積死者数が310人に
 プネ市で2人が豚インフルエンザで死亡し、昨年8月以来の累積死者数は310人になった。
 一方、州の保健局によるとプネ市内の病院でA/H1N1感染が確認された29人がレスピレーターにつながれていて、多くは重篤とされる。
 最新の報告によると152人前後の患者が市内の病院に入院している。
Students to get one less flu shot Cincinnati.com  (米国) 本年は、学生は一回のインフルエンザワクチン接種で済む
 シンシナティ市 
 昨年は季節性インフルエンザとA/H1N1インフルエンザの2種類接種する必要があったが、今シーズンは1種類で済む。
 ただし6ヶ月から8歳までの小児は2回の接種が必要である。
 今年の季節性インフルエンザワクチンの接種は例年よりも早く、9月から開始予定。
Queensland hospital staff were concerned about swine flu vaccine side-effects Courier Mail (オーストラリア) クイーンズランドの医療関係者、豚インフルエンザワクチンの副作用を懸念
 昨年オーストラリアでのA/H1N1死者数は191人、クイーンズランド州では41人発生した。
 今年度は現在まで510人の感染者しか報告されていない。昨年は7700人発生した。
 クイーンズランドにおける病院スタッフを対象にしたアンケート結果で以下のことが判明した。
 Australian Journal of Rural Health に発表された。
  ・ワクチン接種を予定していたのは44%
  ・接種しないと決めていたのは25%
  ・31%は未決定
 *アンケート調査時期については記載なし。多分、インフルエンザシーズン前と思われる(訳者)。
7 Test Positive For Swine Flu Fullhyd.com (インド) 7日、アーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード市、7人が豚インフルエンザ陽性
 7日、ガンジ病院へ入院した看護学生17人のうち7人が豚インフルエンザと確認された。
 3人が重体と発表されている。
 一方女性が死亡し、同市での死亡者数は今年の1月以来合計22人になった。
State to send vaccine doses to rural doctors Expressindia.com (インド) マハラシュトラ州、遠隔地の医療関係者にワクチンを提供
 州には中央政府から34300接種量のA/H1N1ワクチンが配布され、医療関係者に提供してきた。しかし州の多くの医師達は接種を希望してないため、これまで5557人しか接種されてない。ワクチンの有効期限が10月には切れるため、州は遠隔地(田舎)の初期保健センター(PHC)の医師達に配布することを決めた。
Situation gets worse in Latur, Beed Indian Express  (インド) マハラシュトラ州での状況は悪化
 ラツル市とビード市での感染者数が増加。

8月7日

アルゼンチン保健省インフルエンザ週報第30週
8月5日発表 7月25日から31日
 インフルエンザ様疾患は減少傾向。
 呼吸器検体から分離されるウイルス株数は減少。
 呼吸器検体中A/H1N1ウイルスの分離率は0.16%。
 ウイルス分離率を示す下記グラフではA/H1N1ウイルスは図示不能。
 大部分はRSウイルス。


Swine flu reoccurs in Vietnam: epidemiologist  SGGP (ベトナム) ベトナムで豚インフルエンザが再発生
 6日の記者会見で保健当局は豚インフルエンザ感染者が確認されだしたため、ベトナムで豚インフルエンザが再発生したと発表した。
 ベトナム国立衛生疫学研究所のニュエン・トラン・ヒーン長官は、豚インフルエンザが7月19日以来ベトナムの南部のドン・ナイ省、ティーン・ギアン省およびホーチミン市で報告されだし、6歳の小児の死も最近報告されたと発表した。ヒーン長官は疫学調査を強化して、豚インフルエンザが再流行するかどうかを確認する必要があると語った。
 ベトナムでは2ヶ月以上豚インフルエンザの発生はなかったとされる。
Swine flu: 58 deaths, 629 cases in past one week South Asia Mail  (米国) 豚インフルエンザ:インドで1週間に629人の感染者と58人の死者が発生
 先週検査で確認された感染者数が629人、死者数が58人であることが保健省から発表された。今年度最も多い数となった。
Pandemic (H1N1) 2009 - update 112 WHOパンデミックインフルエンザ週報112
 8月6日発表(ジュネーブ)  7月26日から8月1日

  8月1日の時点で、世界214カ国から少なくとも18449人(前週よりも51人増加)のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。

 概略
 世界中における状況は前週と大きな違いはない。地球上でパンデミックインフルエンザの流行が続いているのは南アジアのいくつかの地域と、中央および南アメリカの熱帯地方の一定の地域である。南半球の温帯地方では全体的にパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの発生状況は低い。ただし南アフリカでは冬期間のインフルエンザシーズンを迎えているが、季節性インフルエンザH3N2とB型が最近流行している可能性がある。季節性インフルエンザ、特にH3N2型は中央アメリカ、東アフリカ、及び東南アジアで発生し続けている。

 南半球の2010年冬期間において、最も活発にインフルエンザウイルスの感染活動が見られているのは南アフリカであるが、検出されるウイルスの大多数は季節性インフルエンザウイルスのH3N2型とB型である;パンデミックインフルエンザウイルスの検出は散発的に過ぎない。そのほかでは、アルゼンチン、チリ、ニュージーランド、およびオーストラリアでは、インフルエンザの発生率は低い状態が続いている。しかし後三カ国ではパンデミックインフルエンザウイルスが最も頻繁に検出されている。他に頻度は低いながらもH3N2とB型も検出されている。チリとアルゼンチンでは呼吸器感染症が多いが、その原因ウイルスの多くはインフルエンザウイルスではなく、RSウイルスを中心とする感冒ウイルスである。ニュージーランドとオーストラリアでは、この6~8週間、継続的にインフルエンザ様疾患が増えているが、その数は昨年のパンデミックインフルエンザ第1波に比べると遙かに少ない。パンデミックインフルエンザの臨床像や疫学的特徴に関しては、未だ発生が少ないため明確な判断は下せないが、初期のデータからは昨年の南半球における第1波と大きな違いはないようである。

 アジア
 最も活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動はインドのいくつかの地域、そして程度は小さいがネパールとブータンで見られている。インド南部のケララ州では流行はピークを迎えたように見えるが、西部のマハラシュトラ州では中等度の流行が続き、そしてオリッサ州と西ベンガル州を含むいくつかの東部の州では感染が拡大している。データ量は制限されているが、現在までのインドにおける流行程度(感染力、病原性)は、昨年の第1波で見られた程度以上にはならないと思われるが、現在感染は拡大している最中なので、確定的判断をするには早すぎると思われる。現在のウイルスの臨床的および疫学的特性に変化が出ている根拠はこれまで得られてはいない。全体として7月第3週の時点で呼吸器検体から分離されているインフルエンザウイルスは1/4である;しかしながら少なくとも1州では1/3がインフルエンザウイルスであった。付け加えるにインドで分離されるインフルエンザウイルスにはB型もこの数ヶ月間含まれ、さらに少ないながらもH3N2も含まれている。隣のバングラデシュ、ブータン、およびネパールではデータは少ないながらもパンデミックインフルエンザの発生が報告されている。ネパールとブータンでは局地的集団発生も報告されている。東南アジアでは、先月、程度は低いながらも、パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの発生が報告されている。
 
 アメリカの熱帯地方
 地域的にパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザが混合して発生し続けている国が、7月には見られていた。6月初めから季節性インフルエンザH3N2が、パナマ、ニカラグア、およびホンジュラスで見られている。コスタリカとコロンビアではパンデミックインフルエンザとH3N2の発生が報告されている。

 サハラ以南アフリカ(南アフリカは除く)
 ガーナでは6月と7月にパンデミックインフルエンザウイルスの感染が続いていた。直近の報告では呼吸器検体の27%が、パンデミックインフルエンザウイルスであった。データ量は十分ではないが、中央アフリカではB型インフルエンザ、東アフリカではH3N2インフルエンザの発生が続いている地域がある。カメルーンでは6月以来B型インフルエンザ、ケニアでは4月以来H3N2インフルエンザの発生が続いている。いずれも程度は小さい。

 北半球温暖地方
 この一ヶ月間、パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの発生は非常に少なく、発生が認められても散発的である。
 
8月6日


新型インフルエンザ、今年の冬も流行・・・予防接種操り上げる innolife.net (韓国、日本語版) 
 今年の冬にも新型インフルエンザが流行する可能性が高いという世界保健機構の予測により、韓国の保健当局も、普段よりワクチン接種を1ヶ月操り上げることにした。疾病管理本部は来月から一般人を対象に新型インフルエンザ・ワクチン接種を実施する計画だと明らかにした。
一般的に冬に流行する季節インフルエンザ・ワクチン接種は10月に始まるが、昨年は新型インフルエンザ大流行により9月に接種した。これに先立ち去る2月世界保健機構は、新型インフルエンザが今年の冬北半球でまた流行する可能性があるため、季節インフルエンザ ワクチンに新型インフルエンザワクチンを含むことを各国保健当局に勧告した。

インド保健省、インフルエンザ週報(8月6日)発表
 感染者数と死者数が急速に増加中。
 この週に検査で確認された感染者数は629人、死者数は58人。
 

Large rise in antibodies to pandemic H1N1 in Norwegians  Eurosurveillance (ヨーロッパCDC、感染症疫学、予防、管理雑誌) ノルウエーにおける流行後のパンデミックH1N1に対する抗体価の上昇
 ノルウエーの研究チーム。
 HI抗体価40倍以上で抗体陽性と評価。
 パンデミックA/H1N1流行前と流行初期、および流行後における血清抗体価を年齢別に分析。
 パンデミック流行以前(2008年8月)の血清では、平均1.7%の抗体陽性率であったが、2009年8月の流行第一波終了後は3.2%、そして2010年1月には44.9%と上昇した。最も上昇率が著しかったのは10~19歳の年齢層で65.3%の陽性率になった。
 HI20倍以上の率は、5.4、7.0、59.0%となっている。

 研究者達は、2009年8月以降の第2波の感染とワクチン接種で多くの人に抗体が出来たと判断している。
 そして、これだけ抗体を保有していれば、今年のインフルエンザシーズンでは、A/H1N1ウイルスの流行は十分抑えられる可能性があると結論している。

H1N1 flu virus uses new biochemical trick to cause pandemic: study Xinhua (新華社) 研究:A/H1N1ウイルス、新生化学的トリックで人への感染力を身につけた
 下方の報道内容。

人への感染監視に新たな目印 鳥インフル 東京新聞 
 鳥で感染が広がっているインフルエンザウイルスが人間に感染、流行するウイルスに変異したかどうかを判別できる新たな目印を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの国際研究チームが発見、米専門誌プロス・パソジェンズに6日、発表した。
 河岡教授らは、アジアなどで広がっている鳥インフルエンザH5N1や昨年発生した新型インフルエンザのウイルスで、「PB2」というタンパク質のアミノ酸を解析。アミノ酸配列の591番目がアルギニンかリシンの場合、人間の体内でよく増殖するウイルスになることを突き止めた。
 河岡教授は「(人間にはまれにしか感染しない)H5N1も、この場所が置き換われば、人間でよく増殖するウイルスになる」と話しており、H5N1が人に広がらないかを監視するのに役立ちそうだ。

Clue found to why swine flu spread in people Reuters AlertNet (英国) 豚インフルエンザウイルスが人の間に感染するようになった手がかりが得られる
 A/H1N1豚インフルエンザウイルスは2009年4月に見つかったが、遺伝子分析でウイルスが少なくとも10年間は存在していて、豚の間ではさらに長く感染を繰り返していた可能性が指摘されている。
 インフルエンザウイルスが動物から人へ感染するようになるには、遺伝子上の一定箇所のアミノ酸、リジンとアスパラギンが必要とされる。
 しかしA/H1N1ウイルスは、この二種類のアミノ酸が本来見つかる場所に存在していないのが、科学者達にとって謎となっている。
 ウイスコンシン-マディソン大学獣医学部と東京大学で研究する河岡教授等のグループは、マウスの実験で、リジンが全く異なる場所に位置していて、それが人への感染性に大きく寄与していることを確認した。

Five new swine flu cases in Bengal TopNews (インド) ベンガルで5人の豚インフルエンザが確認
 西ベンガル州でさらに5人のA/H1N1感染が確認され、感染者の総計が114人となった。なお死者数は今年度4人となっている。
H1N1 infections rate has increased to 40%, cautions NIV  TheMedGuru  (インド) インド、国立ウイルス研究所警告:A/H1N1インフルエンザの感染率が40%に上昇
 パンデミックインフルエンザA/H1N1の第2波は感染率が40%に上がったとプネ市の国立ウイルス研究所では警告した。
 今年度は感染する人の数が有意に増加している。昨年の感染率は15~25%であった。
 研究所には毎日200検体以上が検査のために送られてくるという。
 「多くの検体は昨年流行しなかった遠隔地から送られてくる」、と研究所長官は語っている。

香港保健省第31週インフルエンザ週報 7月25日~7月31日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加してきている。
 
 A/H1N1による3人の重症例が発生。死亡例は出ていない。
 全分離ウイルス株数は83、そのうちA/H1N1は34株、H3は29株、B型は17株。
 
 分離ウイルス株の推移。
 A/H1N1とA/H3N2両者が増えている。



8月5日

Swine flu claims another life in Orissa; toll four IBNLive.com (インド) オリッサ州でさらに死者発生、合計4人に
 本日豚インフルエンザで1人が死亡し、8月1日以来死者数が4人となった。
 昨年の死者数は4人であった。
Swine flu spreading rapidly in Andhra, toll 20 Sify  (インド) アーンドラ・プラデーシュ州で豚インフルエンザが拡大、死者数が20人に
 豚インフルエンザはアーンドラ・プラデーシュ州で急速に拡大しており、5日さらに1人死亡して。6月以来の死者数が20人となった。
 本年度検査で確認された感染者数は200人。
 昨年度は約800人が検査で感染を確認され、死者は54人となっている。
Blood samples sent for swine flu test  Himalayan Times  (ネパール)
 ネパールで風邪や発熱患者が増えている。鳥インフルエンザ対策チーム(AICP)は、各地域から呼吸器検体を集めて国立公衆衛生研究所に送り、病原体の分析を開始した。
 政府は鳥インフルエンザと豚インフルエンザ両面から対策を強化している。
 豚インフルエンザ(A/H1N1)ワクチンは、同国からの要請でWHOから260万接種量が9月までに届く予定になっている。
 ネパールではこれまで543検体が調べられて171検体でA/H1N1が陽性であった。死者は3人記録されている。人口は2900万人。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第30週
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者数は増えている。
 ニュージーランド国内平均として流行域に入っている。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスの78%はA/H1N1ウイルスで、急速に分離率が増えている。
 2010年度に入ってからのA/H1N1感染者数は428人であるが、その中で第30週に187人が占めている。


Two more swine flu deaths in city Pune Newsline (インド) インド、プネ市、さらに豚インフルエンザで2人が死亡
 48歳女性と52歳女性。
 4月以来プネ市での死者数は90人。898人が検査で感染が確認。そして139人が入院。
19 confirmed with H1N1 SunLive  (ニュージーランド) ニュージーランド、北島のベイオブプレンティー地方でA/H1N1感染者11人が確認
 19人の感染が確認され11人入院した。
 当局によると正確な感染者数は不明とされるが、昨年ほどの数ではないとされる。
 冬期間のこの時期はインフルエンザや他の感染症で救急病院(救急室)は非常に込んでいるので、緊急事態や重症でない限り、家庭医で診察を受けるか、健康相談電話(phone the health line )で相談するように、当局では求めている。

Flu Prevention: Vaccinate and Wash Hands ニュージーランド保健省 インフルエンザ予防のためのワクチン接種と念入りな手洗い
 インフルエンザシーズンがきて、保健省は最後のワクチン接種啓発を進めるとともに、ニュージーランド国内の人々に定期的手洗いを含め衛生管理の重要性を訴えている。
 最近の情報ではニュージーランドではA/H1N1第2波を迎えており、特に北島では著明なインフルエンザ様疾患の増加が報告されている。
 公衆衛生局長官のマーク・ヤコブ博士はこれまで第2波は地理的にパッチ状に起きていて、多くのインフルエンザが発生している地域とそうでない地域が混在していると説明している。そうしたことから推定されることは、昨年あまり発生しなかった地域で、今年流行が起きてくる可能性を指摘している。
8月4日

インドネシアで女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡:WHO発表
 インドネシア保健省のWHOへの報告による。
 バンテン省タンゲラン県の34才女性が死亡。
 7月2日に発病。4日に入院。7月7日に死亡。
 感染源は調査中とされる。
One more dies of H1N1 in Orissa, toll rises to three  Mangalorean.com (インド) インド、オリッサ州でさらに1人がA/H1N1で死亡、今シーズンの累積死者数が3人に
 1日と2日に、それぞれ50歳男性と56才女性が死亡しているが、4日に48歳男性が死亡したことが当局から発表された。

Swine flu confirmed in Wairarapa TVNZ  (ニュージーランド) ニュージーランド、ワイララパ地方で豚インフルエンザが流行
 ワイララパの学童の45%が発病して学校を休んでいる。
 症状は咳、頭痛、発熱、嘔吐及び下痢。
 検査で豚インフルエンザであることが確認されている。
 
 南アフリカ保健省インフルエンザ週報第29週
 7月17日~23日
 インフルエンザ患者の発生数はピークを終えた。
 同定ウイルスは季節性H3N2とB型が大半で、A/H1N1はほとんど分離されていない。
 223定点医療機関からの検体におけるウイルス分離数
 
8月3日

強毒インフル流行時の業務継続は6割超 宇都宮市が計画策定 下野新聞
 強毒性新型インフルエンザの発生で職員の出勤率が低下した場合を想定し、市は業務継続計画を策定した。市民生活に直結するサービスなど5751業務を検証。規模の縮小などを含め6割超の業務で継続実施することを決めた。
 市危機管理課によると、行政経営部や議会事務局など20の部局で通常通り実施する業務をAとし、規模縮小や手法変更で実施するものをB、休止、延期するものをCと判断。全体ではAが820業務(14・2%)、Bが2713業務(47・2%)、Cは2218業務(38・6%)だった。
 具体的には消防や救急、上下水道事業のほか、ごみ処理や斎場運営をA。各種窓口業務や相談業務をB、イベントや貸館業務、職員研修などをCとした。
 市は最悪の状況として(1)全人口約51万人の25%が新型インフルエンザに感染(2)流行が8週間続く(3)職員やその家族の感染で職員の4割が出勤できない-を想定しており、計画発動のタイミングは対策本部(本部長・佐藤栄一市長)が決定する。
 指定管理者や民間業者に委託する業務についても、所管部署が業者に計画の周知徹底を図り対応する。市危機管理課は「今後は各課でのマニュアル作成も進め、より実効性の高い計画としていきたい」としている。

Study shows rates of antibodies to H1N1 varied by country  Eurosurveillance (ヨーロッパCDC) A/H1N1抗体の保有率は国によって異なる
 2009年8月から10月までの間、数カ国の人々を対象にA/H1N1抗体の保有率を検討した。
 コスタリカ(26.4%)、米国(22.5%)、スイス(16.9%)、ドイツ(12.6%)、ベルギー(10.1%)、日本(5.9%)。
 ヨーロッパと日本における抗体陽性率の低さは、その時期までウイルスがそれほど拡大していなかったことを示す。
 年齢的に見ると、中高齢者ほど抗体陽性率は高くなっている。 
Expert: Pandemic definition should exclude severity The Hindu (インド) 専門家:パンデミック定義には重症度は含まれるべきではない
 多くの人々はWHOのパンデミック定義に重症度を含むべきと考えているが、世界的ウイルス学者である香港大学のマリク・ペイリス博士は新型H1N1インフルエンザがパンデミックであることは疑いのないこととであると語っている。
 「我々は重症度を推し量る良い方法を持ちあわせていない。だからパンデミックの定義に重症度を加えるとしたなら、公衆衛生対策は国際的に混乱する可能性が高い、と私は思う」。
8月2日


Australian health officials note hike in swine flu cases Australia Network News (オーストラリア) オーストラリア保健当局、豚インフルエンザ感染者の急増を警告
 ニュー・サウスウエールズ州。
 最近にICUに数人が入院した。
 7人が感染確認、1人が疑い、このうち2人が妊婦とされる。
 当局者は昨年に比較すると感染者は少ないが、その数は着実に増えているという。
'Northern India might have more H1N1 cases' Expressindia.com (インド) 今後、北部インドで多くのA/H1N1感染者が発生する可能性
 今後雨期を迎える北部インドで多くのA/H1N1感染者が発生する可能性を当局は警告。
 検査で確認される前でも症状が明確な場合は治療を急ぐ必要があると、指示した。
 特に妊婦は危険でケララ州で今シーズン死亡した75人中21人が妊婦であった。
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第29週
 7月17日~23日
 インフルエンザ様疾患で医療機関を受診する患者の割合は増えている。
 しかし分離されるインフルエンザウイルスの株数は5%と増加傾向にはない。
 最も多く分離されている呼吸器感染症を引きおこすウイルスはRSウイルスである。
 この週には28人のA/H1N1感染者が報告された。
 定点医療機関に入院したインフルエンザ患者は2人で、1人がA/H1N1インフルエンザであった。


8月1日


Frost & Sullivan Awards '2010 European Influenza Vaccines Technology ... PR-CANADA.net (カナダ) ビオンドバックス社(BiondVax)、万能インフルエンザワクチン開発でFrost & Sullivan 賞を受賞
 イスラエルに本社をおくビオンドバックス社は、インフルエンザウイルスに共通するいくつかの抗原決定基(エピトープ)を用いた万能ワクチンを開発しており、前臨床試験では安全性と免疫効果が確かめられている。
 3011年中期までにフェーズ2臨床試験を終える予定とされる。
 今回Frost & Sullivan 省を受賞した理由は以下の三点による。
 ・当ワクチンは液性免疫と細胞性免疫両者を誘導する。
 ・当ワクチンの抗原はB型とA型のウイルス抗原の多くを用いていることから、パンデミックインフルエンザウイルスを含む多くのインフルエンザウイルスに効果を示し、変異ウイルスに対しても有効と考えられる。
 ・当ワクチンは大腸菌を用いてワクチン抗原を増殖させるので、現在の有精卵や細胞培養を用いる方法よりも短期間で大量のワクチンを製造出来る。前者が一定量の商業ベースに乗る量の製造に、4~6ヶ月間要するのに対して、当方法では6~8週間で済む。
 なお当ビオンドバックス社のワクチンは毎年接種する必要はなく、3~5年間に1度の接種で十分とされる。

Pandemic (H1N1) 2009 - update 111 WHOパンデミックインフルエンザ週報111
 7月30日発表  7月19日から7月25日

  7月25日の時点で、世界214カ国から少なくとも18398(前週よりも22人増加)人のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。

 概略
 世界中におけるパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの発生程度は低い。冬期間にある南半球でのインフルエンザ発生状況は地域により多様である:チリやアルゼンチンでは発生数は少なく安定している。一方オーストラリアやニュージーランドでは発生数は未だ少ないながらも増加傾向にある。南アフリカではインフルエンザは増加したが最近ピークを迎えている。有意なる季節性とパンデミックインフルエンザの感染活動は、熱帯地方、特にアメリカと南部及び東南アジアで見られている。

 南半球
 全体的にインフルエンザウイルスの感染活動性は低く、あっても散発的である。一部南アフリカでは最近インフルエンザ発生はピークを迎えたようだ。またオーストラリアとニュージーランドでは、インフルエンザの活動性は低いが、最近、継続的に感染者数の増加が見られている。南アフリカでは主として季節性インフルエンザH3N2とB型が流行しだしたが、7月に入ってピークを終えて終息段階に入った。臨床的判断からすると今季のインフルエンザの流行程度は軽いと判断される。
 オーストラリアでは、全体的にインフルエンザ様疾患保有者数は少ないが、この4週間、軽度ながら増加している。しかしながら注目すべき事として、ウエストオーストラリア州でウイルス性呼吸器疾患で病院の救急室を受診する患者数が激増していることである。オーストラリア全体としては呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルス株数は5%にすぎないが、その2/3はパンデミックインフルエンザウイルスで、1/3が季節性インフルエンザH3N2ウイルスである。インフルエンザウイルス以外の呼吸器感染症を引きおこすウイルス(主としてRSウイルス)は、オーストラリア全体で見られている。ニュージーランドでは、インフルエンザ様疾患の発生率は、例年の流行域の下限以下であるが、この1ヶ月間着実に上昇している。最新の情報では発生率は顕著に上がっているが、地理的に多様性があるようだ。インフルエンザウイルスの検出数は未だ少ないが、検出されるウイルスの大多数はパンデミックインフルエンザウイルスのようである。
 最新のチリとアルゼンチンにおけるウイルス学的調査結果によると、インフルエンザウイルスの活動性は南アメリカでは非常に低いと考えられる。

 アジア
 最近パンデミックインフルエンザが最も活発に感染活動を見せている地域は、インド国内である。特に西部と南部の数州で著しい。新規感染者の大多数は南部のケララ州と西部のマハラシュトラ州で発生しており、特に後者では7月中旬に入ってから感染者数の急激な増加と少数の死者の発生が報告されている。少数ではあるが感染者発生は、南部の他の州、および東部の西ベンガル州でも見られている。隣国のバングラデシュではパンデミックインフルエンザとB型インフルエンザの混合感染が程度は低いが7月に入ってから見られている。東南アジアでは、程度は低いながらもいくつかの国でパンデミックインフルエンザの発生は続いている:カンボジア、シンガポール、マレーシア。シンガポールでは有意な数の季節性インフルエンザH3N2感染者の発生が続いている。

 サハラ以南アフリカ(南アフリカは除く)
 季節性インフルエンザH3N2が東部アフリカ(ケニヤ)で、B型インフルエンザが中央アフリカ(カメルーン)で発生し続けている。西アフリカのガーナではパンデミックインフルエンザの発生が6月以降継続的に見られている。

 アメリカ熱帯地方
 パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの混合発生が地域によっては見られている。6月上旬からパナマとニカラグアで季節性インフルエンザH3N2が発生している。エルサルバドルとボリビアでは季節性インフルエンザB型の発生が見られている。そしてコスタリカとコロンビアでは主としてパンデミックインフルエンザの発生が見られている。

 北半球温暖地方
 この一ヶ月間、パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの発生は非常に少なく、発生が認められても散発的である。

TOP