高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年7月

7月31日

アルゼンチン保健省インフルエンザ週報第29週
 7月30日発表 7月18日から24日
 インフルエンザ様疾患は減少傾向。
 呼吸器検体中A/H1N1ウイルスの分離率は0.16%。
 ウイルス分離率を示す下記グラフではA/H1N1ウイルスは図示不能。
 大部分はRSウイルス。
 

4 more deaths take district toll to 78 Pune Newsline  (インド) プネ地域で4人がさらに死亡、死亡者数が78人に
 4人がプネ地域で死亡したが、全てでタミフル服用が遅かった。

Swine flu hits school The Nelson Mail (ニュージーランド) ニュージーランド南島で初のA/H1N1集団感染
 ニュージーランド南島の北部に位置するマルボロー地方で、50人の学童がA/H1N1に感染した。南島における今シーズン初の集団感染事例となた。
 ほとんどの学童の症状は、咳、咽頭痛、および発熱である。
 当局者によると発生は1週間前で、現在は終息しつつあるという。
 ピーク時には107人の在校生の半数近い46人が欠席した。

Flu Vaccines Are Approved and Urged for Most  New York Times  (米国) インフルエンザワクチンがFDAにより承認、ほとんどの人々に接種が勧奨
 FDAは30日、来期のインフルエンザワクチンを承認し、CDCは6ヶ月以上の人々に接種を勧奨した。
 昨年は通常の季節性インフルエンザワクチンとA/H1N1ワクチンの2種類を接種する必要があったが、今シーズンは、新たなウイルスが出てこない限り、1種類の季節性インフルエンザワクチンの接種で済む。
 6社から発売された8種類のワクチンがFDAで承認された。
 そのうちの1種類は、65歳以上を対象にした高濃度ワクチンである。研究者達は高齢者の場合、若い世代よりも強いワクチンが免疫をつけるためには必要と考えているが、CDCでは高濃度ワクチンが高齢者に対して通常のワクチン以上に効果を持つという根拠は得られてはいないとコメントしている。
Flu vaccines on the way earlier than usual Chicago Breaking Business  (米国) インフルエンザワクチン出荷、例年よりも早くに開始
 下記報道内容と同じ。
Companies start shipping US flu vaccines Reuters AlertNet  (英国) 各メーカー、米国へインフルエンザワクチン出荷を開始
 サンフィ・アベンティス 7000万接種量、グラクソスミスクライン 3000万接種量、ノバルティス、アストラゼネカ
等が2010年~2011年季節性インフルエンザワクチンを米国に出荷を開始しだした。
 CDCによると今年各メーカーから出荷される総量は1億7000万接種量の予定とされる。例年よりも1000万接種量多い。
 今年からは6ヶ月以上の米国人は全て接種が勧奨される。
 昨年、連邦政府はA/H1N1ワクチンを1億6200万接種量国内に配布したが、9000万人しか接種しなかった。
 
7月30日

英国保健省インフルエンザ週報第30週
 インフルエンザ様疾患はほとんど見られてない。
 A/H1N1ウイルスの分離は4月下旬が最後。
 昨年は第30週はA/H1N1のピークであった。


51% of H1N1 dead from rural areas: Report Times of India  (インド) 報告:プネ市、A/H1N1死者の半数は田舎地帯住民
 プネ市の病院で死亡するA/H1N1患者の51%は、周辺の田舎地域の住民とされる。
 ウイルスが田舎地帯に広がっていることと、田舎に住む住民の多くが未だ免疫を獲得していないことが原因と推定されている。
Beijing study: Obesity, pregnancy not tied to serious H1N1  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 中国研究:肥満と妊婦はA/H1N1重症化の要因ではない
 CIDRAPニュース。
 感染症雑誌(J.Infect)抄録から。
 
 2009年度北京で流行したA/H1N1感染者を対象に分析。
 475人の重症者、73人の危篤者、および69人の死亡者を対象とした。
 心疾患、糖尿病、アレルギーは重症化の要因となったが、肥満や妊婦は重症化と関連していなかった。
 6~17歳は重症化率は低かった。
 北京市における致死率は0.6%となり、また重症化率は5.7%となった。半数は基礎疾患を保有していなかった(重症者の58%、危篤者の53%、死亡者の41%)。
 
WHO、エジプトで女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと発表 
  エジプト保健省はA(H1N1)インフルエンザで人の感染例があったことを報告した。
 クリュービア県(Qliubia Governorate)の20歳女性で、7月21日に入院、レスピレーターが装着されタミフル治療がされたが、7月27日に死亡した。
 感染源は接触した死亡及び病的家きんとされる。
 25日に報道発表されている。
Swine flu taken two more life's in Delhi TopNews  (インド) デリーで豚インフルエンザで2人死亡
 デリーで2人のA/H1N1死亡が報告された。
 同日さらに7人の感染者が確認され、総感染者数は54人となった。
 保健当局によるとこれまで5人の死者が発生したとし、雨期にはさらに感染者は増加するとしている。
 医師は小児、妊婦や重病者には特に感染を避けるように注意しなければならないと言っている。
Four more victim of swine flu in Pune TopNews  (インド) インド、プネであらに4人が豚インフルエンザで死亡
 プネ市での死亡者は今年の4月以来68人となている。
 当局での予防対策にも関わらず感染の拡大は猛烈な速度で広がっている。
Novartis Vaccines Begins Shipment of Seasonal Influenza Vaccine Fluvirin(R) to ...  PR-inside.com  (米国) ノバルティス社、季節性インフルエンザワクチンを米国へ発送開始
 ノバルティス社は、4000万接種量の2010年~2011年季節性インフルエンザワクチン、フリュービリン(Fluviin)を米国へ発送開始した。
 今年度は例年よりも早い時期からの接種となる。
 米国CDCは今年から6ヶ月以上の国民全員に季節性インフルエンザワクチン接種を勧奨とした。
 これまではハイリスク者として、6ヶ月から18歳の若年層、50歳以上の高年層、合併症でリスクの高い成人、およびハイリスク者と濃厚接触する人々が対象であった。今年からは19歳から49歳までの成人全てが含まれる。
 CDCでは6ヶ月から9歳までの小児は2回接種としている。
 今年のワクチンにはA/H1N1と香港型H3N2およびB型が含まれている。

 米国でのインフルエンザで毎年死亡する人の数は糖尿病とその合併症で死亡する数7万人の半数で、また乳ガンで死亡する4万人に匹敵する。
 一方、昨年のA/H1N1で死亡した小児の数は276人(2009年8月30日から2010年5月22日)で、2008年から2009年は134人、2007年から2008年は88人、2006年から2007年は77人であった。

7月29日

Taiwan records 46th H1N1 death Focus Taiwan News Channel  (台湾) 台湾、46人目のA/H1N1死亡者が発生
 台湾で37歳男性がA/H1N1で死亡した。
 この10日間で3人目の死者となった。
 21歳女子大学生と24歳男性が先に死亡している。

 男性には基礎疾患はなかったとされる。
 今月初めにインフルエンザ症状がでたが7月19日までに医療機関は受診しなかった。23日には重体となってICUに収容されたが3日後に死亡した。
 男性に至近接触していた6人のうち1人が発病した。
 これまで死亡した46人中1人を除き、ワクチン接種者はいなかった。

香港保健省第30週インフルエンザ週報 7月18日~7月24日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加してきている。
 
 A/H1N1による重症例と死亡例は出ていない。
 全分離ウイルス株数は125、そのうちA/H1N1は49株、H3は41株、B型は35株。
 
 分離ウイルス株の推移。
 A/H1N1とA/H3N2両者が増えている。


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第29週
 7月19日~25日
 インフルエンザ様疾患は増えている。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は241人報告。29週は91人、28週61人、27週は41人、26週は17人、25週は6人、24週は4人報告されていた。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された455検体中、インフルエンザウイルスが117件分離、その83.71%がA/H1N1ウイルス。

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第28週
 7月10日~16日
 インフルエンザ様患者数の増加が地域により認められている。
 呼吸器検体の5%からインフルエンザウイルスが検出されている。最も多く検出されるウイルスはrsウイルスである。
 この週に確認されたA/H1N1感染者数は17名。
 定点医療機関に入院したインフルエンザ患者数は4人で、3人がA/H1N1。

 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患の比率/1000人患者中。
 7月中旬でもインフルエンザ様疾患の割合は非常に低い。

Winter ills see people rush to buy medicines The Bay of Plenty Times (ニュージーランド) 冬の感染症多発により、市民が医薬品を購入のため薬局に殺到
 ニュージーランド北方のベイオブプレンティー地域。
 先週から風邪様症状の市民が薬局や病院へ大勢殺到している。
 単なる風邪からインフルエンザまで様々である。
 しかし保健省が発表したインフルエンザ様患者数はここ2年来に比較して少ないとされる。

89 students fall prey to swine flu infection Times of India   (インド) プネ、89人の学生達が豚インフルエンザに感染
 マハラシュトラ州プネ市。
 学童と大学生89人が豚インフルエンザに感染したと報告。
 ほとんどの感染者は回復して学校に戻ったと、保健局では説明。
Schools on high alert Times of India   (インド) コルカッタ、豚インフルエンザの急増で学校に警報
 西ベンガル州の州都コルカッタ。
 インフルエンザ症状で欠席する学童や教師が急増。
 学校当局は感染予防対策を強化している。
7月28日


今季のワクチン接種10月開始=市町村が実施へ―新型インフルエンザ・厚労省 朝日新聞 
 今季のインフルエンザワクチン接種について、厚生労働省は28日、東京都内に都道府県などの担当課長を集め、従来の季節性と新型を組み合わせる製剤を用いた接種を10月から開始する方針を明らかにした。

Swine flu kills one more in Surat  Daily News & Analysis  (インド) スーラト地域でさらに1人の死者が発生
 グジャラート州スーラト地区で52歳男性が27日、治療中の病院で死亡。
 同州では25日までの1週間に2人が死亡、5人の感染が確認されている。
Suspected swine flu death reported in Northland Radio New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド、ノースランド地方で豚インフルエンザで死亡した疑い
 51歳男性が今月突然死亡したが、A/H1N1ウイルスに感染していたことが確認された。
 男性には基礎疾患があったとされるが、同地方では今シーズンまだ2人の感染者しか確認されていない。
Nurses show H1N1 symptoms Times of India  (インド) 看護師達がA/H1N1に感染
 コルカッタ。
 27日、12人が検査で感染が確認されたが、3人が私立病院で勤務する看護師であった。
Two more swine flu deaths in Delhi Times of India  (インド) デリーで2人が豚インフルエンザで死亡
 27日、デリーで2名が豚インフルエンザで死亡し、新たに7人の感染が確認されたことが保健当局から発表された。同市内での感染者総数は54人となった。

17mn doses of swine flu vaccines to be trashed Gulf Times (クエート) オランダ、1780万接種量の豚インフルエンザワクチンを破棄に
 期限切れが迫っている1780万接種量のA/H1N1ワクチンを破棄する予定であると保健省の広報官が発表した。
 オランダ政府は3100万接種量のA/H1N1ワクチンを購入したが、1100万接種量しか使われなかった。
 昨年4月から12月までに2156人が入院し、53人が死亡した。
 期限が残る220万接種量のワクチンは、再流行に備えて保存しておくと広報官は語っている。
 ヨーロッパ評議会は、WHOが不当にパンデミックの脅威を煽り、公共の予算を浪費したことに対する検証を求めた。
 人口は1660万人。
7月27日


インド保健省インフルエンザ週報第28週
 7月12日から18日
 インフルエンザ患者数の増加は止まっているように見えるが、この週には死者数が38人報告されている。
 

アルゼンチン保健省インフルエンザ第28週
 7月23日発表  7月11日から17日
 呼吸器感染症から分離されるA/H1N1ウイルスの割合は未だ0.16%と非常に低い(赤色)。
 最も多く分離されるのはRSウイルスである。
 分離されるウイルス数も24週をピークに減少している。



Diabetes and the Severity of Pandemic Influenza A (H1N1) Infection  Diabetes Care (米国糖尿病協会) 糖尿病とパンデミックインフルエンザA(H1N1)の重症度の関係
 カナダの研究者により研究論文。
 162人の検査で確認されたA/H1N1入院患者を対象。
 糖尿病患者(9人が1型、13人が2型)は一般的入院率の7倍。ICU入院率は4倍と高かった。
H1N1 vaccines for all healthcare workers Hindustan Times (インド) マハラシュトラ州、A/H1N1ワクチン、全医療スタッフに
 州には34000接種量のワクチンが医療スタッフ用に連邦政府から配布されているが、これまで10%しか使用されていない。患者と接触する医療スタッフに限定して接種啓発を行ってきたが、有効期限が10月にこれるため、州政府では全医療スタッフを対象に接種啓発に切り替えた。
 接種を拒否する理由は、安全性の問題と効果が疑問とされることのようだ。
19 more swine flu cases in West Bengal The Hindu  (インド) 西ベンガル州でさらに19人が豚インフルエンザに感染
 西ベンガル保健局は26日、19人の豚インフルエンザの感染者を確認した。これで7月1日以来感染者総数は61人となった。
 保健局の医療政務官は現在2人が重体で、61人中21人は入院していると語っている。
7月26日

 Four more H1N1 deaths in Pune  Indian Express (インド) プネでさらに4人がA/H1N1で死亡
 週末にプネで4人がA/H1N1で死亡した。全員プネ郊外からの感染者である。
 当局によると治療の開始が遅すぎるとされ、タミフルの内服が発熱4~5日後から開始されているという。
 死亡事例を防ぐためには早期の治療開始が必要と当局では警告している。
南アフリカ保健省インフルエンザ週報第28週
 A/H1N1ウイルスの分離率は低い。
 季節性インフルエンザH3N2とB型の分離率が高い。
 223定点医療機関からの検体におけるウイルス分離数
 
7月25日

Egypt announces 110th discovered bird flu case Zawya (クエート) エジプト保健省、110人目の鳥ンフルエンザ感染者の発生を報告
 エジプト保健省は24日、110人目の鳥インフルエンザ感染者が発生したと報告したが、患者は重体とされる。
 患者は20歳の女性で高熱と呼吸困難でカイロの病院へ搬送された。
 女性はタミフルで治療されているが、重体となっている。
Pvt hosps told to set up H1N1 isolation wards Times of India  (インド) 私立病院にもH1N1隔離病棟が用意
 A/H1N1インフルエンザの再流行を考え、マハラシュトラ州政府は24日ムンバイ市の私立病院に対して2~4床の隔離病棟を準備するように求めた。
 ムンバイでは4月以来450人以上の感染者が発生し、18人が死亡している。24日、市保健局は18人の感染者を確認した。
Flu cases on the rise Radio New Zealand  (ニュージーランド) インフルエンザ患者数増加
 オークランド地域保健局は、地域におけるインフルエンザ患者数が急増していると注意を呼びかけた。特にこの2週間、感染者数の増加は著しいという。
 保健局ではハイリスク者へのワクチン接種を呼びかけている。
7月24日


Pune in the grip of swine flu again? NDTV.com  (インド) プネ、今年も豚インフルエンザに見舞われる可能性
 プネで2人が豚インフルエンザで死亡した翌日、医師達は今年も市内で豚インフルエンザが拡大する危険性が高まってきている不安感を抱きはじめている。
 プネは昨年も豚インフルエンザ流行の震源地となったが、今年も保健専門家達は突然の豚インフルエンザ感染者数の増加に見舞われている。
 医師達によると1時間に1人ずつ市内では感染者が検査で見つかっているという。
 さらに今月に入ってから毎週新規の豚インフルエンザ患者500人が、プネ地域の病院に入院しているという。
Experts say H5N1 picture not greatly improved since 2003 CIDRAP (ミネソタ大学情報センター)  専門家、H5N1を巡る状況は改善されていないと報告   印刷用PDFファイル
 2003年に広がりだして以来、世界のH5N1の状況はそれほど改善されていないと、フランスの保健専門家達がユーロサーベイランス(Eurosurveillance)に論評を掲載した。
 致死的ウイルスは未だ人人感染の能力を獲得していないが、”インフルエンザA(H1N1)”の世界的状況は2003年以来、それほど改善されていない、とフランス国立公衆衛生研究所(Institut de Veille Sanitaire)の研究者達が報告書で結論している。
 「ブルガリア、ルーマニア、トルコ、ベトナム等で野鳥から定期的にウイルスが見つかっていることは、今後も適切な監視と対策が重要であることが強調される」、と著書達は付け加えている。
 著者等はまたWHOによる人のH5N1感染者数は”多分非常に少なく見積もられている”と述べている。WHOによると昨日の時点で、世界で501人の感染者と297人の死者が報告されている。
 論評によるとインドネシアの事例では致死率(CFR)が88%と高いが、2009年1月以来、確認されている事例は全てジャワ島に限られていて、診断が国内で統一されていない可能性と、重症例のみが過剰評価されている可能性があるという。
 致死率はエジプトでは低いが、多分、診断と治療が適時に行われていることが原因と考えられるが、”遠隔地での事例が公的に把握されていない可能性もあり、そうなると致死率は上がる可能性がある”。そのように研究者達は注意している。
 またサハラ砂漠以南地域では、放し飼いの家きんの間で感染が起きている可能性があるが、監視態勢の不備から把握されていないと考えられるようだ。
 エジプトとインドネシアは複雑な状況下にあるが、情報には透明性があり、また迅速に発表している。インドネシアはそれまで発表が定期的でしかなかったが、昨年12月から迅速な発表を再開した。
 ウイルスは未だ人でのパンデミックを起こす可能性がある、と研究者達は述べている。2003年と2004年の発生とは異なり、現在、家きんと人での感染は世界の中でも最も人口が過密な地域で起きている。この状況は鳥から人への感染が起きやすいことを意味し、もし人の間で感染が広がったとしたならウイルスの封じ込めは非常に難しいことを意味している。そのように研究者達は力説している。
 原論文
Pandemic (H1N1) 2009 - update 110  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新110
 7月23日発表  7月12日から7月18日

 7月18日の時点で、世界214カ国から少なくとも18366例のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。(前週よりも29名増加:訳者)。

 概略
 世界中におけるパンデミックインフルエンザの発生程度は低い。その中で活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動が熱帯地域で認められている:主として西アフリカ、中央アメリカ、カリブ海諸国、及び南・東南アジアであるが、いずれも地域的に限定されている。南半球の温帯地域では、オーストラリアとニュージーランドでこの2,3週間に呼吸器感染症の増加が認められてきている。両国ともパンデミックインフルエンザウイルスを検出しているが、その頻度は低い。南アフリカではインフルエンザシーズンとしては流行程度は低く、季節性インフルエンザB型とH3N2型、そして少数のパンデミックH1N1インフルエンザウイルスが検出されている。

 南半球温帯地域
 全体としてインフルエンザの発生程度は低いが、いくつかの地域では明確な感染者数の増加が認められている。南アフリカでは6月下旬からインフルエンザウイルスの検出率が上がっている。直近の報告では重症呼吸器感染症の検体の30~40%でインフルエンザウイルスが検出されている。主として季節性インフルエンザBとH3N2であるが、少数のパンデミックH1N1ウイルスも含まれている。オーストラリアでは徐々に呼吸器感染症で医療機関を受診する患者数は増えているが、その程度は2008年のパターンに類似している(7月~8月にかけて発生数は少なかったが8月末から9月にかけて増加した:訳者)。呼吸器感染症の増加は、RSウイルスの感染が多いことも原因と考えられている。オーストラリアで分離されているインフルエンザウイルスの2/3はパンデミックウイルスで、1/3が季節性H3N2ウイルスである。ニュージーランドでは前週よりもインフルエンザ様患者数は増えているが、未だに例年のインフルエンザ流行域以下である。発生しているインフルエンザはパンデミックH1N1ウイルスによる。チリアルゼンチンではインフルエンザ様患者の発生数は昨年に比較して少ない状況が続いている。

 アジア
 全体としてパンデミックインフルエンザの発生程度は低い。最も発生数が多く見られているのは、インド、カンボジア、およびシンガポールである。インドでは顕著な(有意な)パンデミックH1N1インフルエンザの拡大が南部のケララ州、西部のマハラシュトラ州で認められている。カンボジアでは6月上旬から呼吸器検体で分離されるインフルエンザウイルス(主としてパンデミックH1N1ウイルスと季節性H3N2)が増えている。シンガポールでは、インフルエンザ様疾患と呼吸器感染症が前週よりも増え、流行閾値を超えている。インフルエンザ様患者中で確認されるパンデミックH1N1ウイルスの検出率は15%であり、特に変化はない。検出されるウイルスは季節性H3N2ウイルスとB型ウイルス、そしてパンデミックH1N1ウイルスが混在している。

 サハラ以南アフリカ
 前週と状況は大きく変わっていない。いくつかの国でパンデミックH1N1インフルエンザと季節性インフルエンザが混じって発生している。ガーナでは6月以来パンデミックH1N1インフルエンザウイルスの感染活動が継続して見られている。東部アフリカでは少数の季節性インフルエンザH3N2の検出が続いている。

 アメリカ熱帯地域
 状況は前週と変わっていない。全体としてパンデミックおよび季節性インフルエンザの発生程度は低いが、一部の国ではパンデミックと季節性インフルエンザウイルスH3N2が混ざって流行している(コスタリカでは主としてパンデミック、ニカラグアとパナマでは季節性H3N2ウイルスが中心)。

 北半球温帯地域
 先月報告されたパンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスの検出程度は非常に低いか、散発的でしかない。

Two test positive for swine flu in Orissa Calcutta Tube (インド) オリッサ州で2人が豚インフルエンザに感染
 オリッサ州の首都で医師と女性がA/H1N1に感染したことが確認された。
Five more swine flu cases in West Bengal Calcutta Tube  (インド) 西ベンガル州でさらに5人が豚インフルエンザ感染が確認
 今シーズン36人の感染が確認された。
 現在16人が入院中で2人が危篤状態とされる。
 西ベンガル州では、2009年度は135人が感染し、死者は出ていない。
7月23日

Avian influenza – situation in Indonesia - update 2 WHO 鳥インフルエンザ-インドネシア状況
 インドネシア保健省は新規H5N1鳥インフルエンザによる死者を報告した。中央ジャワ州スコハルジョ県の13歳少女で6月16日に発病し、21日に入院、そして24日に死亡した。少女が発病する1週間前に周辺で家きんが死亡したことが調査で確認された。
 インドネシアではこれまで167人の感染が確認され、そのうち138人が死亡している。(致死率は82.6%)。
Pune records highest number of H1N1 deaths   Times of India (インド) プネ地域でA/H1N1死者数が4月以来最大の数となる
 マハラシュトラ州で1174人が4月以来感染して99人が死亡している。
 一方プネ地域では463人の感染者に対して52人が死亡、ムンバイでは436人の感染者に対して17人が死亡している。
 そこには致死率に大きな差があるが、プネ地域では昨年度流行がそれほどでは無かった田舎での発生が多くなっているせいと考えられると当局者は語っている。
 また6月よりも7月に入ってから重症者と死者数が突然増えているとされる。

7月22日

香港保健省第29週インフルエンザ週報 7月11日~7月17日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加していない。
 しかしインフルエンザウイルスの分離数は増加している。
 A/H1N1による重症例と死亡例が各1名出ている。
 全分離ウイルス株数は98、そのうちA/H1N1は38株、H3は26株、B型は32株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第28週
 第27週 7月12日から7月18日

 インフルエンザ様疾患患者数には変化がなく、未だ流行域基準以下である。
 A/H1N1インフルエンザ感染者数は増加している。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は150人報告。28週61人、27週は41人、26週は17人、25週は6人報告。24週は4人報告されていた。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された376検体中、63件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。



Flu expert linked to drug firms Sunday Star Times  (ニュージーランド) インフルエンザ専門家、製薬企業と癒着
 ニュージーランドのインフルエンザ対策に関わってきた指導的ウイルス学者が、企業から経済的支援を受けている事を公開してなかったことが批判されている。
 ランス・ジャンニングス博士はロッシュ社やグラクソスミスクライン社から報酬や航空機代、宿泊費等の提供を受けていた。
Four-year-old girl dies of swine flu Indian Express  (インド) 4歳女児が豚インフルエンザで死亡
 クジャラート州、スーラト市で4歳女児がA/H1N1で死亡し、スーラト市での死者数は25人になった。

WHO advisors still waiting for clear pandemic flu signals CIDRAP  (ミネソタ大学感染症情報センター) WHOのアドバイザー達はパンデミックインフルエンザ流行の明確な兆候を未だ監視
 メディアの報告でWHOがパンデミック・アラートレベルを下げる論議を行うと伝えられていたが、WHOは熱帯地域と南半球で、A/H1N1インフルエンザが通常の季節性インフルエンザに変化したか否かを判断するには早すぎると本日コメントを出した。
 南半球の温帯地域では冬期間の中旬を迎えているが、インフルエンザの発生程度は低い。各国の保健当局ではパンデミックH1N1を含めて季節性インフルエンザウイルス(H3N2,B)が混じって発生していると報告している。またパンデミックインフルエンザが流行しだしている国では、重症者や死者も出ている。
 パンデミックウイルスは熱帯地域、すなわち南及び東南アジア、カリブ海諸国、中央アフリカ、西アフリカで未だ活発に感染活動を示している。
 現段階ではパンデミックフェーズの変更の論議は早いと結論されるようだ。
 
7月21日

Only one in eight had swine flu vaccination during pandemic  WalesOnline  (英国) ウエールズ、豚インフルエンザワクチン接種率は8人に1人
 接種者数は327662人、人口の12.2%。
Tamiflu helped blunt household transmission  CIDRAP ニュース タミフルの早期服用で家庭内感染の抑制効果が確認
ミルウォーキーでの研究。
 362世帯を対象に。
 感染者の早期タミフル服用が家庭内感染の率を42%減らす結果になった。

Swine Flu Fizzles Out; WHO May Declare End to Pandemic Alert  Bloomberg (米国) 豚インフルエンザ流行は終息に:WHOがパンデミック終息宣言の予定
 WHOは今月末にもパンデミック終息宣言をする予定。
 WHOの緊急委員会は来週招集され、南半球でのA/H1N1流行状況を分析した後、パンデミック終了宣言を事務局長に答申する予定のようだ。
 事情に詳しい2人の関係者が語った。会議開催は秘密事項ということで、2人は名前の公表を拒否した。
 以下は昨日のBloomberg報道と同じ。
 会議開催が来週であることが、本日の報道内容での変更点となっている。
 事情に詳しい1人の話では、昨日早くに”緊急会議”は招集される予定であったが、WHOは遅くになって、最近のデータの分析にしばし時間が要されると決定したとされる。
Swine flu vaccine spoiling in Oklahoma Durant Daily Democrat  (米国) オクラホマ州、豚インフルエンザワクチンの半数以上が期限切れに
 連邦政府は15億ドルを費やして国内の豚インフルエンザワクチンを準備した。
 オクラホマ州には130万接種量以上が配布された。しかし州では60万接種量しか使用していない。
 連邦政府は1億6200万接種量を用意したが、9000万接種量程度しか使用されなかった。
 保健福祉省の広報官は、大量の余剰ワクチンが出たが、最悪のシナリオに対して最善の準備をしたことは適切だった、と語っている。
 オクラホマ州では1000人が入院し、44人が死亡した。
Nasal vaccine for swine flu launched in Delhi Times of India (インド) 鼻腔スプレー型ワクチンがデリーで使用開始
 インドのシーラム研究所(Serum Institute)で製造されたナゾバク(Nasovac)がデリーで接種開始された。
 鼻腔内噴霧で1回の接種で免疫がつく。
First swine flu death in West Bengal Times of India (インド) 西ベンガル州で初の豚インフルエンザ死亡者
 今年度初のA/H1N1死亡者。
7月20日

WHO still monitoring H1N1 pandemic - spokesman Reuters UK  (英国) WHO、未だH1N1パンデミックインフルエンザのい監視が必要-広報官
 WHO広報官のグレゴリー・ハートル氏は、WHOの緊急委員会が今週開かれる予定はなく、またパンデミック終了宣言を出す予定はないとロイターに語った。
 WHOは未だ流行状況を監視してゆき、南半球冬期間の残りの流行状況を把握する必要があると語った。
 ブルーンバーグ・ニュースで事情に詳しい2人の関係者からの話として、20日早期に緊急委員会が開かれてデータを分析した後、パンデミック終了宣言が事務局長に答申される予定とされていた。
 WHOでは、アルゼンチン、オーストラリア、チリ、ニュージーランド、そして南アフリカ等でのA/H1N1感染状況を追っていると、ハートル氏は語った。

WHO may declare end to H1N1 swine flu pandemic: Report Canada.com  (カナダ) WHO、H1N1パンデミック終了宣言の可能性
 ロイター

 WHOの緊急委員会は20日早くに開かれ、データを検討して、H1N1パンデミック終了宣言の予定となった。メディア報告で関係者2名からの情報とされる。
 WHOのチャン事務局長はウイルスの病原性が高まった事実がなく、また抗インフルエンザ薬に耐性になってきた事実もない中、未だ過剰な警戒を続ける必要があるのかを決定しなければならない。
 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、ブルンバーグ(Bloomberg)に、決定はウイルスの流行状況により決定されると語ったが、事務局長の発表日時に関しては未定と答えている。
 一方ロイターでは同氏のコメントを得ることは出来ていない。
Swine Flu Fizzles Out; WHO May Declare End to Pandemic Alert San Francisco Chronicle  (米国) 豚インフルエンザ流行終息:WHOがパンデミック終了宣言の可能性
 WHOは今週世界に、豚インフルエンザのパンデミックは終えたと宣言する可能性が高い。
 WHOの諮問機関である”緊急委員会”は本日早くに招集され、ニュージーランドから南アフリカまでの流行状況を検討し、WHOに今世紀初のパンデミックは過ぎ去ったと答申する可能性が高い。事情に詳しい2名の関係者から情報が得られた。2名は会議開催は秘密である事から、名前の公表は拒否した。
 WHO事務局長のマーガレット・チャン氏は、ウイルスが病原性を高めることなしに、またタミフルに耐性となることなしに、地球上で二度目の流行を迎えているなか、ウイルス監視を今後も強化する必要があるのかどうか決定しなければならない。
 何十億ドルもの予算がワクチンや抗インフルエンザ薬に費やされたが、その危険性はスペインインフルエンザとだぶってしまい、結果的には大多数の人々は発熱と咳を呈しただけだった。
 香港大学の微生物学教授のマリク・パイリス( Malik Peiris)氏は、全く幸運であった、このインフルエンザは非常に軽い感染症であった、と電話で語っている。
 チャン事務局長が宣言する日時に関しては決まっていないと、WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏が電話で答えた。

 米国の保健当局は先月、41年ぶりのパンデミックインフルエンザに対する特別な医学的対策はもはや必要はないと発表している。そして他の国も数週以内に類似の判断を下すだろうと付け加えている。
 ブルーンバーグ(Bloomberg.)によると、製薬企業はワクチンや抗ウイルス薬の販売で少なくとも100億ドルの利潤を得ている。
 ロッシュ社は昨年度と本年3月までにタミフルを35億8000万ドル販売している。また英国のグラクソ社は37億8000万ドルの収益となっている。
 他にスイスのノバルチス社、パリのサノフィ・アベンチス社、メルボルンのCSL社、そして米国イリノイ州のバクスター・インターナショナルも同様にワクチンを販売した。

 オーストラリアでは未だインフルエンザシーズンは始まってなく、これまで集まったA/H1N1ウイルスに特別の変化は見られていないと、メルボルンのWHO協力研究施設のアン・ケルソ長官は語っている。施設で検査したウイルスの5分の2は季節性インフルエンザウイルスであるH3N2株とB型であるされる。
 ニュージーランドでもパンデミックインフルエンザは通常の季節性インフルエンザと類似の発生様式を示していて、散発的発生に終わっている。
 南アフリカでは豚インフルエンザはそれほど見られてなく、むしろB型とH3N2インフルエンザの方が多い。

H1N1 immunization campaign prevented deaths, hospitalizations: Study  Canada.com (カナダ) A/H1N1ワクチン集団接種は死者数、入院数を減少に:研究報告
 カナダ、オンタリオ州でのA/H1N1ワクチン接種はパンデミック中盤から開始されたが、州内で52人の死者の発生を防止したとする、新しいカナダでの研究結果がオンタリオ大学の研究チームから報告された。
 研究チームによると、ワクチン接種によりオンタリオ州内で420人の入院、2万8000人の救急病院受診、10万人の家庭医への受診が防止されたと推定される。ワクチン接種の開始は10月下旬、すなわち秋の流行が始まって9週後(ピーク2週前)から開始されたにも関わらず効果は十分見られたとされる。
 2010年4月にカナダ全体で428人の死者数と(そのうち128人はオンタリオ州内で発生した)、9000人の入院が確認された。
 研究はワクチン接種前の流行状況から、ワクチン接種をしなかった場合のデータをコンピューターでシミュレーションし、実際のデータと比較した。
 ワクチン接種率は最終的に36%に過ぎないが、研究チームによると、大多数が流行16週までに接種していて、その期間におけるワクチン接種が重要な効果を持っているとコメントしている。
 オンタリオ州の人口は1270万人。
7月19日

Swine flu brings death toll to 21 over past week Calcutta Telegraph  (インド) インド、過去1週間に豚インフルエンザで21人が死亡
 モンスーン到来以来、再流行している豚インフルエンザで1週間に21人が死亡した。
 ケララ州とマハラシュトラ州で多くの感染者が出ているが、それぞれ8人と11人の死亡者が出ている。そしてデリーとグジャラート州でぞれぞれ1人の死者が報告されている。
 保健省発表データ
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第27週
 7月3日~9日
 インフルエンザ様疾患の増加は認められているが、多くはRSウイルスによる。
 この週に12例のA/H1N1感染者が報告されている。

 定点医療機関を受診したインフルエンザ様疾患患者の率(1000人外来患者中)。
 患者数は少ない。


11 swine flu deaths so far this month Times of India (インド) 今月、プネー区で11人が死亡
 プネー区で今月に入ってからA/H1N1重症者が急激に増加している。
 7月第2週には地区で54人がレスピレーターが装着された。7月5日から11日までの間に入院した患者数は550人となっている。6月初旬の1週間には123人に過ぎなかったのと対照的である。今月の死者数は既に11人となっており、6月の合計死者数13人以上に増える事は間違いはない。
 発熱、咳、悪寒、軽度の呼吸困難で21203人が7月第2週にスクリーニング・センターを受診した。そのうち2372人にタミフルが投与された。
 当局ではワクチンが使用可能であることから、ワクチン接種啓発を強化している。
Indonesian teenager dies of bird flu Thai News Agency MCOT (タイ) インドネシアの十代少女が鳥インフルエンザで死亡
 中央ジャワのスコハルジョで16歳少女が2,3週間前に死亡したが、原因が鳥ンフルエンザであったことが7月16日に明らかとなった。スコハルジョの保健局の担当者が18日語った。
 少女は死亡した鶏を処分した既往があった。
 以上はインドネシア国営通信のANTRAが報じた。
7月18日


アルゼンチン保健省インフルエンザ第27週
 7月15日発表  7月4日から10日
 インフルエンザ様疾患の増加はほとんどない。
 A/H1N1ウイルスの分離はほとんどなし(赤色)。



Swine flu jab campaign 'failed'  Connexion  (フランス) フランスの豚インフルエンザワクチン接種対策は失敗
 フランス議会の調査報告。
 フランス政府が行った7億ユーロに及ぶワクチン接種対策は、医師達や公衆にワクチン接種の重要性に関して啓発することに失敗した。
 わずか536万人が接種を受けたが、それは人口の8.5%に過ぎなく、政府が当初予定した1200万人には遠く及ばなかった。350万接種量が破棄された。人口は6500万人。
School closure caused missed work in 22% of households Bloomberg Businessweek (国際) 休校措置は保護者の22%で休業に
 2009年5月にA/H1N1が流行しだしたとき、ペンシルバニアの小学校で休校措置をとった。米国CDCによる調査結果。
 保護者の22%が休業。このうち40%近くが5日間休んだ。
 一方69%の学童が休校期間中、商店街、スポーツ場、レストラン、または医療クリニックを訪れていた。
 
 研究チームの結論は、休校による家庭での経済的損失はそれほど大きなものではない。
 感染拡大効果は、流行初期にはある程度期待出来るが、巷で流行しだした後は、学童が巷に出ていることを考えると効果はないとしている。
7月17日


WHO、北朝鮮の医療評価で波紋 神戸新聞 
 チャン事務局長をはじめとする世界保健機関(WHO)当局者が、北朝鮮の医療・保健事情の実態について「改善している」などと評価する発言を繰り返し、波紋を広げている。子どもを含む国民の栄養状態の悪化など、厳しい食糧、経済状況を反映して、北朝鮮の国民生活の質は保健分野でも悪化が続いているとの見方が強い中、異例の突出発言だ。
 WHOの真意は定かではないが、本来は各国の保健をめぐる状況について客観的に分析するべき国際機関として、新型インフルエンザへの一連の対応が過剰だったとの批判に続き、信頼性を損なう新たな懸念材料ともいえそうだ。
 発端は4月にWHO事務局長として9年ぶりに訪朝したチャン氏の訪朝直後の記者会見。北朝鮮の医療事情は「注目すべき業績を挙げている」「他のほとんどの発展途上国がうらやむほどだ」などと発言した。

Two-step vaccine promises victory in war against flu Canada.com  (カナダ) 2段階方式ワクチン、インフルエンザ克服を約束
 多くのA型インフルエンザウイルスの感染を予防する万能ワクチンが、2,3年以内に実用化可能であると米国の研究者達が語った。
 研究者達は1種類のワクチンで全てのウイルス感染を予防する方法を、新しい2段階方式の免疫手段で解決した。
 初期の安全性試験は既に始まっており、2013年初頭に患者での臨床試験が行われる予定になる。
 マウス、フェレット、およびサルを用いた実験で、研究チームは生体の免疫システムをインフルエンザウイルスのDNAを用いてプライム(prime)して、その後通常の季節性インフルエンザワクチンを接種することで、免疫系を賦活(boost)した。その結果、各種のインフルエンザウイルスに反応する抗体が生体内に産生されるという。
 研究は”サイエンス(Science)”に発表された。
 詳細は昨日のロイター記事を参照。

One fifth of Pittsburgh patients had H1N1 antibodies CIDRAP (米国 ミネソタ大学感染症情報センター) ピッツバーグ市民の5人に1人はH1N1抗体を保有
 ピッツバーグ大学の研究チームの論文を紹介。
 昨年の11~12月に各年代ごとに血清を集めて、A/H1N1インフルエンザへの感染率を調査。
 血清中のHI抗体による。
 その結果平均21%で抗体を確認。
 最も抗体価が高かったのは10~19歳で45%、最も低かったのは70~79歳で5%。
 流行以前から抗体を保有していた率を2008年に採取してあった血清(18~24歳)で検討したが6%で陽性あった。
 研究者達は今回の研究結果から全米で6300万人が免疫を保有していると推定している。
Pandemic (H1N1) 2009 - update 109  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新109
 7月16日発表  7月5日から7月11日

 7月12日の時点で、世界214カ国から少なくとも18337例のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。(前週よりも26名増加:訳者)。

 概略
 世界中におけるパンデミックインフルエンザの発生程度は低い。その中でも活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動は南アジア、中央アメリカ、及び西アフリカの一部で見られている。冬期間の半分を終えた南半球ではパンデミックインフルエンザも季節性インフルエンザも未だ発生数は少ない。しかし南アフリカでは6月下旬から7月上旬にかけて季節性インフルエンザH3N2とB型が増加している。季節性インフルエンザH3N2は多様なレベルで、アメリカ、アフリカ、東南アジアの各地域で発生している。中央アメリカでも季節性インフルエンザの発生は増えている。

 現在、冬期間の中旬に達している南半球の温帯地域のほとんどの国では、南アフリカを除き呼吸器感染症の発生頻度は低く、またパンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスの検出頻度は低いか散発的である。先週も報告したように、南アフリカでは6月下旬から季節性インフルエンザBウイルスとH3N2ウイルスが急速に検出されだし、7月中旬に若干低下し出した。チリやアルゼンチンでは、インフルエンザ発生程度は低いか、または散発的に過ぎない。両国ではRSウイルスが4月中旬から呼吸器感染症の中心ウイルスとなっている。オーストラリアでは6月最終週の状況は、過去3年間の冬期間に比較して最もインフルエンザ患者数は少ない。しかしながら北部の地域で入院者の発生も含めてパンデミックインフルエンザの小さな集団発生が報告されている。その他の地域ではパンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスの検出は散発的である。ニュージーランドにおいても、インフルエンザ様疾患の発生率は例年の流行域以下である。7月第1週にパンデミック及び季節性インフルエンザウイルス(H3N2)が散発的に分離されている。オーストラリアとニュージーランドでのインフルエンザ様疾患の発生率は2008年に似ていて、冬期末に流行ピークがくる可能性がある。
 
 アジア
 南および西インド、マレーシア、シンガポールを除いて、パンデミックインフルエンザの発生は少ないか、散発的である。インドのケララ州では、パンデミックインフルエンザの発生は続いているが、さらなる拡大傾向はない。最近パンデミックインフルエンザ感染者数が西及び南部の州でも見られ出している。特に西部のマハラシュトラ州で顕著である。シンガポールでは急性呼吸器疾患の発生率が7月に入って2週間増加しているが、パンデミックインフルエンザによる率はむしろ低下している。5月と6月中、季節性インフルエンザH3N2も同時に発生していた。マレーシアではパンデミックインフルエンザの発生程度は減少した。中国北部と南部では季節性インフルエンザBが程度は低いが発生している。同様に香港、台湾、タイの一部でも季節性インフルエンザ(BとH3N2)が少ないながらも発生している。

 アメリカ熱帯地域
 中央アメリカと南アフリカの一部を除いて、パンデミックおよび季節性インフルエンザの発生程度は低い。中央アメリカと南アメリカの一部ではパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザH3N2の発生が目立っている。パンデミックインフルエンザの発生が多く報告されているのは、コロンビア、コスタリカ、および程度は低いがキューバである。パナマでは6月中、H3N2季節性インフルエンザウイルスの検出率が高まった。

 サハラ砂漠以南アフリカ
 先週と状況は大差ない。ガーナではパンデミックインフルエンザの発生が未だ続いている。中央および南アフリカでは地域によってB型インフルエンザが発生している。またH3N2季節性インフルエンザが程度は低いがアフリカ全体で発生が見られていて、特に最近ではケニヤと南アフリカで目立っている。

 北半球の温帯地域(北米とヨーロッパ)では、6月、季節性とパンデミックインフルエンザの発生は非常に少ないか、または発生しても散発的である。


25 more test positive for swine flu Hindustan Times  (インド) インド、ムンバイ市、25人以上が検査で豚インフルエンザが確認
 16日、小児13人と妊婦1人を含む25人以上が検査でA/H1N1感染が確認され、同市の感染者は今月に入ってから250人となった。6月は登録された患者数は100人であった。
 しかし市の保健当局では、それほど重大な状況ではないとコメントしている。
 既に市民の30%は免疫を獲得しているとしているが、ハイリスク者は十分気をつける必要があると注意を呼びかけている。

A (H1N1) vaccine mandatory for health care workers The Hindu  (インド) インド、A/H1N1ワクチン接種を保健医療担当者は義務に
 A/H1N1流行がピークに達しているにもかかわらずワクチン接種率が低いことから、連邦保健福祉省は保健医療担当者への接種を義務とするように各州へ通知した。
 保健医療担当者が感染してウイルスを拡大することを予防するためである。
7月16日


NIH Scientists Advance Universal Flu Vaccine Health News  (国際) 米国国立衛生研究所(NIH)の研究チームの万能ワクチン開発に進展
'Universal' flu jab may be just three years away Belfast Telegraph  (英国) 万能ワクチンが使用可能になるまで3年足らず
West Bengal Minister down with Swine Flu BreakingNewsOnline (インド) 西ベンガル州の大臣が豚インフルエンザに感染して重体
 西ベンガル州の水源大臣が豚インフルエンザに感染して重体となっている。
 呼吸困難と脳出血で病院に入院して治療を受けている。
 少なくとも7人の新規か患者がコルカタで報告され、この季節における総患者数は12人となった。
Two-step vaccine may offer "universal" flu jab WTAQ  (米国) 2段階方式インフルエンザワクチンが万能ワクチンとなる可能性
 ロイター
 
 インフルエンザウイルスの表面抗原であるヘマグルティニンの遺伝子をDNAワクチンとして用い、それを用いて1回目の接種(プライム、免疫的刻印)を行うと、その後、季節性インフルエンザワクチンを接種するだけで、A型インフルエンザの多くに対する抗体が産生されることが、米国の研究者により明らかにされた。
 米国アレルギー感染症研究所のグループによる。
 科学雑誌”サイエンス”に発表された。
 ウイルス表面のヘマグルティニン(HA)は、感染細胞に侵入する際に必要な蛋白であるが、ウイルス株によって異なっていて、また同一ウイルスでも毎年少しずつ変異する。
 しかしこのヘマグルティニンの幹の部分は通常隠れていて、生体の免疫系に認識されずらい。
 このヘマグルティニンの遺伝子をワクチンとして使用することで、幹部分が免疫系に認識され、次回にウイルスのヘマグルティニンが生体内に現れると、幹部分も含めてヘマグルティニンに対する抗体が産生されるという。
 2回目のワクチンは通常の季節性インフルエンザワクチンで構わなく、この接種は免疫的ブースター効果といわれる(刺激効果)。
 マウス、フェレット、およびチンパンジーで効果が確認されている。
 プライムに用いたヘマグルティニン遺伝子を持つウイルス以外のA型インフルエンザ各種に効果を示すという。


On its way: The once-every-TEN-years flu jab that will prevent misery for millions  Daily Mail  (英国) 10年に1度の接種で効果が発揮される万能ワクチンが開発
 下記と同内容

One size fits all flu jab 'just three years away' Metro (英国) 万能ワクチン、3年以内に実用化に
 米国国立アレルギー感染症研究所のチーム。科学雑誌”サイエンス”に発表。
 インフルエンザウイルスから取り出したDNAを先に投与し(プライム)、続いて通常の季節性インフルエンザを投与し(ブースト)すると、多くのA型インフルエンザに対する抗体が産生される。マウスとフェレット、およびチンパンジーで実験。
 2013年早期に患者に対して臨床試験を開始する予定。
 DNA投与で生体の免疫系は、通常のワクチン以上に反応するという。
 今回用いられたDNAは、1999年のウイルスから得られたものであるが、1934年、2006年、2007年に得られたウイルスに対する抗体も産生した。またワクチンは、プライム及びブーストに用いられなかったウイルスも有効であった。H5N1ウイルスも含まれる。
 研究者達は、”prime-boost 法”は、新しいワクチンの考え方で、インフルエンザ以外にも肝炎などで応用可能で、幼少時に(DNA)でプライムしておき、成人になってから必要が出たときにブーストすれば免疫が獲得されると考えられる。
7月15日


香港保健省第28週インフルエンザ週報 7月4日~7月10日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加していない。
 A/H1N1による1重症例が発生、死者の発生はない。
 全分離ウイルス株数は73、そのうちA/H1N1は17株、H3は15株、B型は35株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。

WHO delays judgement on swine flu pandemic  Google News (国際) WHO、緊急委員会、パンデミックのフェーズ判断を一ヶ月遅らせるとの判断
 当初、WHOのパンデミック諮問機関である緊急委員会は、A/H1N1インフルエンザのパンデミックフェーズの判断を7月中旬に行うと発表していたが、それを一ヶ月遅らせると、WHOが発表した。
 南半球の状況が明確になるまで様子を見るためとされる。
 WHOのチャン事務局長は、北半球での状況は問題ないが、南半球の冬の流行状況はまだ明確になっていないので、判断を遅らせる、とコメントしている。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第27週
 第27週 7月5日から7月11日

 インフルエンザ様疾患は軽度増加しているが、流行域基準以下である。
 A/H1N1インフルエンザは少しずつ増加している。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は90人報告。27週は41人、26週は17人、25週は6人報告。24週は4人報告されていた。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された190検体中、27件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。



Nasal vaccine against flu gets green light in Canada Globe and Mail  (カナダ) カナダで鼻腔スプレー型インフルエンザワクチンが承認
 カナダのアストラゼネカで製造、フリューミスト(FluMist)の使用が承認された。
 弱毒化した生ウイルスを使用し、2歳から59歳までが接種可能であり、小児における予防効果は注射用以上にあるとされる。
 ただし5歳以下の小児で喘息の既往、または喘鳴の既往がある場合は接種が不可ととされる。2歳以下の小児への接種で喘息が発症、または入院した例が多い。
 60歳以上では効果が限定的とされる。
 
Marlborough Express  (ニュージーランド) 冬期に入ったがインフルエンザは発生していない
 マールボロ地方保健局。
 秋から冬期に入っているが、現在の処インフルエンザは発生していない。しかしA/H1N1インフルエンザは発生するから十分警戒する必要がある。

Early H1N1 pandemic school closure was beneficial ICEID(国際新興感染症学会)
 本年開催のICEID抄録から。CIDRAP(ミネソタ大学感染症情報センター)の紹介記事。
 テキサス州の保健当局チームによる発表。
 A/H1N1が発生した5月に、休校を行った地区と行わなかった地区があった。チームは地域における呼吸器感染症の拡大状況を分析した。
 休校を行った地域では50%に減り、行わなかった地域では64%増加した。
 救急病院受診率も休校を行った地域では低かった。
 これらの差は学童の間で顕著だった。
7月14日

Two die of Swine Flu in Delhi, India Toll 19 BreakingNewsOnline (インド) ニューデリーで2人が豚インフルエンザで死亡、インドの今季の総死亡者数が19人に
 この1週間、ニューデリーで7人の感染が確認されているが、インド全体では330人が確認されている。
Laos - Swine flu Meattradenewsdaily (国際) ラオスで豚のインフルエンザが発生
 7月6日にOIE(国際獣疫事務局)は、ラオスから豚のインフルエンザ発生報告を受けた。
 発生はビエンチャンの農場で、600匹がウイルス感染の兆候を示し、65匹が検査でインフルエンザ感染が確認された。5匹が死亡した。
 報告によると6月21日以来、流産や病的状態に陥る豚が相次いでいたとされる。
 インフルエンザはPCRで確認された。
南アフリカ保健省インフルエンザ週報第27週
 インフルエンザ様疾患患者数は少ない。
 分離ウイルスはH3N2香港型が多く、A/H1N1は少ない。
 223定点医療機関で分離されたウイルスの型
 
7月13日


Increased Influenza A (H1N1) In The Philippines Tech Reviews and News  (国際) フィリピンでA/H1N1インフルエンザが再発生
 カンドン市(Candon City)で6人の小学生がA/H1N1インフルエンザを発症したことが確認された。
 6人の症状は高熱、咽頭痛、倦怠感、下痢である。
 保健当局では昨年もこの時期にA/H1N1インフルエンザが流行していることから、驚くことではないとコメントし、インフルエンザシーズンの開始に一致して、A/H1N1の流行が始まったと考えているようだ。
Study shows how poorly we cover sneezes, coughs NewsOK.com  (米国) 研究報告:我々が如何に咳やクシャミを押さえていないかが判明
 本日のカナダからの報告と同じ内容。
 ニュージーランドの首都ウエリントンにおける調査報告。
Study shows healthy people hit hard by H1N1 flu Reuters UK  (国際) 研究報告:健康な人々が多く豚インフルエンザで重症化した
 下記と同内容。
Most people killed by swine flu 'had no underlying health problems' Scotsman  (英国、スコットランド) 豚インフルエンザで死亡したほとんどの人々は基礎疾患がない
 最近のデータによると、豚インフルエンザで入院した人々、または死亡した人々の半数以上は基礎疾患はなかったとされる。
 英国全体のデータによると病院で死亡した患者の59%は基礎疾患がなかった。
 また第1波で入院した患者の55%は基礎疾患を保有していなかった(喘息や呼吸困難)。

 研究は王立ロンドン大学の研究者達によるもので、論文が医学雑誌”Thorax”に掲載された。。
 研究では、2009年4月27日から9月30日までの流行に焦点を合わせ、英国内で入院した631人を分析対象とした。
 年齢は3ヶ月から90歳。36%が16歳以下であり、20人に1人が65歳以上であった。
 黒人や人種的にマイノリティーが入院の60%以上を占めた。
 また27人が妊婦で、それは全体の4%を示し、また16~44歳までの女性入院患者の18%を占めた。この事実は、妊婦は通常の女性に比較して、豚インフルエンザに感染すると3倍の入院率であることを示している。
 最も共通した症状は成人も小児も発熱と咳であった。
 しかし成人も小児でも入院時に4人に1人が無熱であり、さらに半数以上は高熱を呈していなかった。このことから研究チームでは、豚インフルエンザの症状に高熱と表現することに疑問を抱いている。
 
アルゼンチン保健省インフルエンザ第26週
 7月18発表
 インフルエンザ様疾患の増加はほとんどない。
 呼吸器感染症の多くはRSウイルスによる(87%)。
 A/H1N1ウイルスの分離はほとんどなし(0.17%)。



インド保健省A/H1N1インフルエンザ週報 7月12日 インド保健省
 (7月5日から11日)
 この1週間に330人の感染者が確認され17人が死亡した。全て医療機関で確認された事例ののみである。
 発生数は前週とHぼ同じであるが、北部のデーリーや西北の西ベンガル州でも感染者が確認されだした。
 
H1N1 no longer localised, new strategy is vigilance all over Expressindia.com  (インド) ムンバイ、H1N1ウイルスは全市内に広がっているから、新規戦略が適用に
 昨年の第1波は市内で発生地域が局在していたが、現在の第2波ではウイルスは全市内に広がっている。
 そのために対策は昨年のように発生地域からの拡大を防ぐ対策から、全市内で感染者の早期発見と治療に切り替える。具体的には全市内で情報提供と教育を徹底して、一般社会と医師達にA/H1N1インフルエンザの症状の理解と治療の必要性を認識させる。
 また疑い症状を呈した市民は、検査を待たずにタミフルを服用することが勧められる。

Won't force vaccine on doctors, says govt Expressindia.com  (インド) インド、医師達にワクチン接種を強制しない、マハラシュトラ州政府
 マハラシュトラ州。
 ワクチン接種を強制することは医の倫理に反する事から、ワクチン接種に消極的な医師達に、州公衆衛生局では強制しないと発表した。
 32000接種量が中央政府から配布されたが、州内で保健医療担当者は2000人しか接種していない。
 マハラシュトラ州は最も感染者が多く、保健医療担当者は感染する危険性が高いと考えられている。
Few cough, sneeze in sleeve: NZ study CBC.ca  (カナダ) ニュージーランド、咳とクシャミを袖で受け止めている人は希
 ニュージーランドで昨年8月A/H1N1が流行している際、首都ウエリントンで医学生達が人々の咳やクシャミをする際の飛沫物の飛散対処を観察調査した。
 その結果多くの人々が衛生的対処をしていないことが判明した。
 調査は8月の2ヶ月間行われた。場所は、駅、ショッピング街、病院。
 4人に3人が咳やクシャミが出る際、口を押さえていたが、3分の2は手で押さえていた。
 手で押さえると、手にウイルスが付着して、その後それは触ったドアノブ等に付着してゆき、周辺への感染拡大の原因となる。
 保健当局ではクシャミや咳は肘で受け止めるように指導している。
 ティッシュやハンカチの使用も勧められるが、実際に使用していたのは30人に1人に過ぎなかった。
 さらに病院を含めて床につばを吐く例も何人か目撃された。
7月12日


17 more H1N1 deaths in India during past week NetIndian (インド) インド、1週間で17人がA/H1N1で死亡
 7月11日までの1週間に17人がAH1N1が死亡した。これまでの累積死者数が1624人となった。
 8人がケララ州とマハラシュトラ州で死亡し、1人がアンドラ・プラデシュ州で死亡した。
 また330人の感染が確認されたが、その中で178人がケララ州で、91人がマハラシュトラ州で発生した。
ワクチン、需要上回る供給可能 来季のインフル流行期 神戸新聞 
 次のインフルエンザ流行期に備えて接種するワクチンの需要について、厚生労働省の検討会は12日、最大で5340万回分程度になるとの予測をまとめた。国内メーカーの製造能力は5810万回分程度で、十分に供給できる見通し。実際の製造量は今後、メーカーが決定する。
 ワクチンは、昨年から今年にかけて流行した新型インフルエンザとA香港型、B型の3種を組み合わせたもので、厚労省は10月ごろの接種開始を見込んでいる。
 一方、昨年度準備して余った新型インフルエンザワクチンは、今年11月時点で7300万回分、来年2月時点でも4200万回分が使用期限内。厚労省は、接種開始時期より前に新型の流行が始まったり、流行規模が予想以上に大きくなる懸念があったりする場合に使えるとしているが、新たに製造するワクチンで需要が満たされれば、出番のないまま廃棄される可能性がある。
Study: 1918 flu pandemic didn't spare elderly in Mexico  The Journal of Infectious Diseases 2010;202:000–000  (感染症雑誌、米国) 1918年のパンデミックでは、メキシコで高齢者も多数死亡した
 米国とメキシコの研究チームによる。
 1918年のスペインインフルエンザでは、米国とヨーロッパで65歳以上の高齢者の死亡数は少なかった。
 今回研究チームはメキシコの2都市、メキシコ市とトルカでの死亡者の状況を分析した。
 ヨーロッパと米国とは異なり、65歳以上の高齢者の死亡者数も多いことから、1918年のウイルスに対する高齢者の免疫が低かったことが示唆される。以前にこのウイルスの流行があった地域が部分的であり、世界一様でなかったと考えられる。

7月11日

英国保健省インフルエンザ週報第26週
 インフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者数は非常に少ない。
 インフルエンザウイルスの分離もない。

 人口10万人当たりのインフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者の割合


Four swine flu cases in Kolkata NDTV.com  (インド) コルカタで4人が豚インフルエンザ発症
 8日以来、子供を含む4人が豚インフルエンザ発症が確認され入院治療を受けている。
Swine flu back, two kids test positive  Times of India  (インド) 豚インフルエンザが再流行、西ベンガル州で子供2人が検査で陽性
 西ベンガル州は2人の子供が検査でA/H1N1が陽性になったことから、空港、駅、バスターミナル等で豚インフルエンザ感染者のチェックを開始した。
 5歳と6歳の子供達は検査でA/H1N1陽性と確認され入院治療中である。
 州当局では感染拡大対策を強化した。
 
7月10日

カナダ保健省インフルエンザ週報 第25&26週
 6月20日~7月3日

 インフルエンザ流行は認められていない。多くの州からの報告はない。
 A/H1N1ウイルスの検出はなし。
 定点医療機関受診患者1000人中に占めるインフルエンザ様患者の割合。


Pandemic (H1N1) 2009 - update 108  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新107
 7月9日発表  6月28日から7月4日

 7月4日の時点で、世界214カ国から少なくとも18311例のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。(前週よりも72名増加:訳者)。

 概略
 世界中におけるパンデミックインフルエンザの発生状況は低い。活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動は熱帯地域が主で、特に南・東南アジア、カリブ海諸国、及び西アフリカである。初冬に入った南半球ではパンデミックインフルエンザも季節性インフルエンザも未だ発生数は少ない。少数ながらも季節性インフルエンザH3N2とB型が、南アフリカで6月に発生した。一方、チリ、オーストラリア、およびニュージーランドでは最近少ないながらもパンデミックインフルエンザウイルスを検出している。最近中央アメリカの数カ国で季節性インフルエンザの発生が増えている。

 南半球の温帯地域で呼吸器感染症が増加し始めているが、パンデミックおよび季節性インフルエンザは現在の初冬期では発生は非常に少ない。南アフリカでは6月下旬から7月上旬に季節性インフルエンザH3N2とB型インフルエンザの発生が急増したが、呼吸器感染症で医療機関を受診する患者数は増えていない。オーストラリアではインフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者数は増えているが、インフルエンザウイルスの検出数は増えていない(パンデミックと季節性)。ニュージーランドでは、6月にインフルエンザ様疾患の患者数は着実に増加したが、これまで分離されたパンデミックインフルエンザウイルスの数は少ない。オーストラリアとニュージーランドで現在認められているインフルエンザ発生数の推移は、2008年と類似していて、インフルエンザのピークは冬期間の末になる可能性がある。チリでは全体として、インフルエンザの発生程度は低い。呼吸器検体で検出されるパンデミックインフルエンザウイルスは5%程度である。アルゼンチンでもインフルエンザ様疾患の発生数は少なく、過去3シーズンの平均以下となっている。チリとアルゼンチンでは4月中旬からRSウイルスが呼吸器感染症ウイルスの中心となっている。

 アジア
 インド、マレーシア、およびシンガポールを除いてパンデミックインフルエンザの発生は少ないか、散発的である。インドでは南部のケララ州でパンデミックインフルエンザの発生は未だ多いが、安定している。6月中旬以降、毎週のように類似した感染者数と死者数が報告されている。また6月中旬以降、他の南部、及び西部の州でも少数ではあるがパンデミックインフルエンザの発生が起きている。シンガポールでは、5月をピークとして6月に入ってから呼吸器疾患とパンデミックインフルエンザ患者数は減ってきている。2010年7月上旬における呼吸器検体から分離されるパンデミックインフルエンザウイルスの比率は16%と低下している。注目すべきはパンデミックインフルエンザと同時に有意な数の季節性インフルエンザH3N2が、5月と6月に発生していることである。マレーシアではパンデミックインフルエンザの新規感染者数は減少していて、6月に入ってからその流行が終息に向かっていることを示唆している。非常に少ないが、中国、香港、台湾および韓国で季節性インフルエンザBが発生し続けている。

 アメリカ熱帯地域
 中央アメリカ以外パンデミック及び季節性インフルエンザの発生は少ない。中央アメリカのいくつかの地域では最近パンデミックインフルエンザと季節性H3N2インフルエンザが混在して発生している。パナマでは、季節性H3N2型が6月に急増した。最近の情報では呼吸器疾患の増加と医療機関への負荷量の高まりが見られている。ニカラグアでは5月末から発生しだしたH3N2が6月中旬にピークとなり、現在は減少している。多くの国ではRSウイルスによる呼吸器感染症の発生も報告している。

 サハラ砂漠以南地域
 先週から大きな変化はない。数カ国でパンデミックと季節性インフルエンザの発生が報告されている。西アフリカのガーナでは、4月中旬にピークを終えたが、その後もパンデミックインフルエンザの発生は続いている。中央と南部アフリカでは季節性インフルエンザBが発生している。アフリカ全体で少数ではあるがH3N2季節性インフルエンザの発生が報告されている。

 全体として北半球の温帯地域では(北米とヨーロッパ)、パンデミックおよび季節性インフルエンザの発生は散発的か、非常に少ない状況である。
 
WHO: Flu activity builds slowly in the Southern Hemisphere CIDRAP  (米国) WHO:南半球でのインフルエンザ流行開始は遅れている
 本日のWHOの発表によると、南半球のインフルエンザシーズンは始まっているが、その発生程度は低い。検出されているウイルスは主にパンデミックインフルエンザH1N1ウイルスで、チリ、オーストラリア、及びニュージーランドから報告があり、他にインド、マレーシア、およびシンガポールでもウイルスの活発な感染活動が続いている。
 WHOによるとこれまでオーストリアとニュージーランドでのインフルエンザ流行は2008年に似ているとされ、その年は流行のピークは冬期間の後半にあった。
 昨日ニュージーランド保健省は、インフルエンザの感染活動は例年並みになったと発表した。パンデミックインフルエンザウイルスは社会の中で検出されるが、それでも医療機関を訪れるインフルエンザ様症状の患者は、例年の季節性インフルエンザのレベル以下である。
 アルゼンチンやチリでは、インフルエンザ様疾患の数は少ない。RSウイルスが4月から呼吸器感染症の主な原因ウイルスとなっている。
 WHOによると南アフリカでは6月末から7月上旬にかけて、季節性インフルエンザH3N2とB型が突然増加したとされる。
 サッカーのワールドカップが南アフリカで行われているが、明日、ウルグアイと3位決定戦を行う予定のドイツの選手達がインフルエンザを発症したとされる。
 インドでは、ケララ州でパンデミックインフルエンザが未だ流行しているが、WHOによると状況は安定している。インドの保健当局では、ケララ州と他の州で始まったモンスーンがパンデミックインフルエンザの再流行を引きおこしていると説明している。
 中央アメリカでは、季節性インフルエンザH3N2とパンデミックインフルエンザが混合して流行している。
 北半球でのインフルエンザは散発的にしか見られていないがB型インフルエンザが中心とされる。

 分析されたほとんどのA/H1N1ウイルスはワクチンに使用された株と類似していて、タミフル耐性株はWHOに報告されていない。
Two deaths in two days take swine flu toll in Mumbai to 10 Daily News & Analysis  (インド) ムンバイで2人死亡、総死亡者が10人に
 この2日間に2人が死亡して、 9日までに豚インフルエンザの死者が10人となった。9日に新たに20人が検査でA/H1N1と確認された。
インフルエンザ:今年度初の学級閉鎖--鯖江、越前市 /福井 毎日新聞
 県教委は8日、鯖江中学校の2年生7クラス(230人)のうち20人がインフルエンザに感染し、9日から3日間の学年閉鎖にすると決めた。また越前市の南越養護学校でも小学部10クラス(35人)中4人が感染し、同様に3日間の学部閉鎖と決めた。
 県内のインフルエンザによる学級閉鎖は、今年度初めて。いずれも新型インフルエンザとみられる。

天理大柔道部員が新型インフル=重症者なし、快方へ 時事通信 
 奈良県は9日、天理市にある天理大柔道部の男子寮で部員14人が新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。重症者、入院者はなく、全員快方に向かっており、活動自粛などの予定はないという。
 県保健予防課によると、部員は今月2日から6日にかけて発熱やせきなどを訴えた。この間、天理市の医療機関で1人が簡易検査で陽性と診断され、この日、遺伝子検査を実施した5人の感染が確認されたという。
 柔道部の寮には寮生83人、職員5人がいる。天理大は6月下旬に東京で開催された全日本学生優勝大会に参加した。 
7月9日

India to unveil second swine flu vaccine Sify  (インド) インド、2種類目の国産豚インフルエンザワクチンが使用可能に
 先月から一種類目の国産ワクチンが使用されているが、国産二種類目のワクチンが間もなく使用可能となることが保健大臣から発表された。
Canterbury Doctors Encourage Flu Vaccination  Voxy (ニュージーランド) ニュージーランド、カンタベリー地方、医師達が季節性インフルエンザワクチン接種を勧める
 南カンタベリーで10人のA/H1N1感染者が発生したことから、医師達はインフルエンザワクチン接種を急ぐように住民に指導している。
 妊婦、5歳以下の小児、65歳以上の高齢者、慢性疾患保有者は無料で接種を受けることができるが、一般人も有料で家庭医で接種を受けることができる。
Mexico health chief: H1NI led to discrimination Colorado Springs Gazette   (米国) メキシコ保健大臣:A/H1N1インフルエンザ流行でメキシコが差別視された
 メキシコへの渡航禁止、輸入制限等。本来は世界的感染症であるにも関わらず、メキシコが差別視されたのは遺憾。
 ある国際会議で発言。
Flu vaccine free for all Nova Scotians CBC.ca  (カナダ) カナダ、ノバスコシア州、季節性インフルエンザワクチン接種を無料に

First swine flu death for 2010 Stuff.co.nz (ニュージーランド) ニュージーランド、2010年度、豚インフルエンザで初の死者
 ベイ・オブ・プレンティー地方の女性がA/H1N1に感染し、2,3週間の入院後合併症で死亡した。
 保健省によると、この冬に入ってから4人のA/H1N1重症患者が発生しICUに収容されたとされる。
Bay of Plenty woman dies from swine flu Otago Daily Times  (ニュージーランド) ベイ・オブ・プレンティー地方の女性が豚インフルエンザで死亡
Doctors rush to take swine flu vaccine Daily News & Analysis  (インド) ムンバイ、医師達、豚インフルエンザワクチンの接種を受け出す
 6月に入ってモンスーンの影響で豚インフルエンザがマハラシュトラ州で再流行しだしたが、州都ムンバイの医師達はワクチン接種に拒否反応を示していた。しかし、今月に入って患者数が増加した事から接種者が急増し始めた。
 6月はわずか70人に過ぎなかったが、今月はすでに380人となっている。
Six more test positive Times of India  (インド) さらに7人が検査で感染が確認される
 インド南東部アーンドラ・プラデーシュ州で7人がA/H1N1感染が確認され入院した。
 
7月8日


香港保健省第27週インフルエンザ週報 6月27日~7月3日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加していない。
 A/H1N1による1重症例が発生、死者の発生はない。
 全分離ウイルス株数は47、そのうちA/H1N1は13株、H3は9株、B型は23株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。


Ministry records one possible death from swine flu Radio New Zealand  (ニュージーランド) ニュージーランド保健省、豚インフルエンザ死亡可能例を発表
 直近のインフルエンザ週報で保健省はインフルエンザの感染活動性は高くなってきていて、パンデミックインフルエンザウイルスは社会の中で感染活動を始めているとしている。しかし人々がインフルエンザ症状で病院を受診する率は未だ低いと説明している。
 当局によると冬に入ってから4人がA/H1N1に感染してICUに入院し、1人が死亡した可能性がもたれている。
 北部のタウランガの48歳女性である。
 保健省によると、感染した人々は昨年と同じように、合併症を起こすこともなく軽症で治癒するとされる。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第26週
 第26週 6月27日から7月4日

 インフルエンザ様疾患は軽度増加している。
 しかし流行域下限以下である。
 A/H1N1インフルエンザは少しずつ増加している。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は49人報告。26週に17人、25週に6人報告。24週は4人報告されていた。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された129検体中、13件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。



Sanitiser, mask... schools reintroduce steps to keep flu at bay  Expressindia.com (インド) プネ市、手指消毒液、マスク、ティッシュを学童は携帯の義務に。
 昨年に続いてマスク、手指消毒液、ティッシュが大量に売れ出した。
 ボランティアの保護者がスクールバスの停留所に待機して、感染者のスクリーングを開始した学校もある。 
7月7日


新型インフル・ワクチン、4社に計120億助成 読売新聞
 厚生労働省は6日、病原性の高い新型インフルエンザの発生に備え、国内4社にそれぞれ約30億円の助成金を交付すると発表した。全国民分のワクチンを半年で生産できる体制の確立を目指す。
 交付するのは〈1〉化学及血清療法研究所〈2〉北里研究所〈3〉武田薬品工業〈4〉UMNファーマの4社。国内最大手の武田薬品工業も選んだのは、中小企業に頼ってきた国内生産体制を強化する狙いがある。
 ワクチンのもとになるウイルスを動物細胞で大量増殖させる「細胞培養法」を実用化させる。助成金は実験用の設備費として交付。
 1~2年かけて各社の生産方法を検討した後、評価の高い2~3社に対し、本格的な工場整備に向けた助成を改めて行う。
Maharashtra: No takers for swine flu vaccine NDTV.com  (インド) マハラシュトラ州:豚インフルエンザワクチン接種者がほとんどいない
 2009年度、マハラシュトラ州は豚インフルエンザの震源地となったが、今年もモンスーン時期に入ってから既に200人以上の感染者が出ている。
 公衆衛生担当者は感染する可能性の高いハイリスク者であることから、ワクチン接種は感染拡大を抑えるために重要であるが、多くの公衆衛生担当者はワクチン接種を拒否している。
 理由は副作用の恐れと、既に患者に接していることことから免疫が出来ているとの判断からである。
 インド政府は150万回分のワクチンを、公衆衛生担当者のためにフランスから輸入した。そのうち35000回分がマハラシュトラ州に配布されたが、この6ヶ月間に使用されたのはわずか811回分に過ぎない。
 一方、グジャラトやタミル・ナドゥ州等では豚インフルエンザ流行はさほどではないが、公衆衛生担当者の90%以上がワクチン接種を受けている。
Avian influenza – situation in Indonesia - update  WHO
 7月5日
 インドネシア保健省はH5N1鳥インフルエンザの新規感染例を報告した。
 南ジャカルタの34歳女性で5月25日に発症し、27日に入院したが、6月1日に死亡した。
 感染源は野菜栽培に用いた肥料の可能性が上げられている。
US songbirds carry low-risk bird flu, study finds U.S. Daily (米国) 米国の鳴鳥、低病原性鳥インフルエンザウイルスを保有
 ロイター
 ツグミやスズメなどの鳴鳥が各種の鳥インフルエンザウイルスを保有していて、それが豚や家きんに感染拡大する可能性が、最近の研究で明らかになった。
 ウイルスは低病原性で危険性はないが、遺伝子を組み替えたりして病原性の高いウイルスに変異する危険性が研究者達により指摘された。
 もっとも危険性が高いのはウイルスが豚に感染して、その体内で他のインフルエンザウイルスと遺伝子交換(遺伝子再集合)を起こすこととされる。
 研究結果は、”Biomed Central journal BMC Infectious Diseases”に発表された。
 調査は41州から225種類の鳥13000羽について行われた。そして22種類、主として鳴鳥から低病原性のウイルスを検出した。鳴鳥:スズメ、ツグミ、ウグイス、ヒバリなど。

Study proposes Tamiflu dosing for preemies Jounal of Infectious Disease (感染症雑誌、国際) 未熟児へのタミフル投与適量の研究報告
 アラバマ大学医学部小児科の研究。
 緊急時には1歳以下の小児に対してタミフルの投与が可能とされているが、至適投与量に関するデータはこれまでなかった。
 今回の研究で32人のICU入院未熟児がウイルスに暴露されタミフルの投与が行われた。
 その結果、体重1キログラム当たり1mgのタミフルを1日2回投与で、年長乳児(3~12ヶ月)に対する3mg/体重1キロの2回投与と類似の血中濃度が得られることが確認された。

WHO pandemic review wraps up second meeting
 CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) WHOパンデミック対策検証、2回目の会議を終了
 WHOのパンデミック対策を検証する委員会は、第2回目の会議を終えた。
 3日間の会議の間、保健当局者から批判者まで多様なグループから意見を聴取した。
 ジュネーブでの会議後の記者会見で、委員長のハーベイ・ファインバーグ博士は、記者団に次のように語った:委員会は国際保健規則が機能しているかを評価する役割も担っているが、現在は事実の把握の段階である。米国科学アカデミーの医学研究所の長官でもあるファインバーグ博士は、委員会は9月末にさらに会議を開くことで合意したが、最終的報告書の提出は2011年の5月となっている。
 WHO事務局長から任命された27人の委員達は4月に第一回目の会議に参加した。その後、2人の委員はWHO対策に関係していたことから、WHO対策を検証する委員会の独立性に影響する可能性から辞任した。
 検証委員会の最初の会議開催以後、ヨーロッパ評議会が、WHOやヨーロッパ各国政府によるH1N1対策への批判報告を承認した。さらにBMJ(英国医学雑誌)の論説が、WHOのパンデミック対策顧問達が製薬企業との結びつきがあった事から、”利益相反”の可能性があった問題を提起した。
 ファインバーグ博士によると3日間の会議の間、検証委員会はヨーロッパ評議会の報告書を作成した英国議会の議員(労働党)であるポール・フリン氏、及びBMJの編集者であるファイオナ・ゴドリー博士の意見を聞いた。2人を含めて数人が20分間の意見を述べた。同委員長によると、他に数カ国の保健担当者、製薬企業代表者、およびジャーナリストからも委員会では意見を聞いた。
 委員長は次回の会議開催は似た内容で行われ、WHO当局者、他の保健機関の代表者、ヨーロッパCDCの代表者、およびジャーナリストから意見を聴取する予定とされる。
 記者団からの質問で、ファインバーグ委員長は、パンデミック対策は良く行われたとする保健当局者の意見と、それに対する批判意見との間の高い垣根に驚いたと答えている。さらに同委員会は論争の展開を目的としているのではないとし、委員会としてのを結論を導き出す方向に向かわなければならないと語った。さらに目標はWHOのパンデミック対策の検証から課題を明確にすることで、WHOに罪をかぶせる事ではないと付け加えた。
 
Swine flu situation in the country continues to be serious bolohealth.com (インド) インド、豚インフルエンザは未だ警戒域にある
Swine flu: 16 died of H1N1 virus in a week! MyNews.in (インド) 豚インフルエンザ:インド、1週間で16人がH1N1ウイルスで死亡
 6月28日から7月4日までの1週間、インド国内で16人が死亡したと、インド保健省が発表した。10人がケララ州、4人がマハラシュトラ州、2人がアーンドラ・プラデーシュ州。
 朗報として、インド国内企業が開発した鼻腔スプレーワクチン(ナゾバク)が使用可能となったことが上げられる。
 
WHO H1N1 Response Probe's Second Meeting Highlights Divergent Views Kaiser Family Foundation (米国) WHO検証委員会、第2回目の委員会を開催、対立する見解の聴取
 WHOのA/H1N1対策を検証する独立委員会は2日、第2回目の公聴会を開いた。
 意見の聴取は保健当局者からWHO対策の批判者まで多岐にわたった:国家保健当局者、製薬企業代表者、そしてメディア関係者、ニュース・ライター。
 会議の後、委員長のハーベイ・ファインバーグ氏は、対策は十分行われたとする保健当局者達の意見と、対策への強い批判との間の大きな垣根の存在に驚いていると語っていた。
 
7月6日

New case of severe H1N1 infection reported  Focus Taiwan News Channel (台湾) 台湾、重症H1N1患者が発生
 台湾CDCは6日、重症H1N1患者が発生したことを発表した。
 昨年の夏以来938人目の重症者となった。
 患者は9歳少女で発熱と咳を呈して2日後の6月26日に入院した。
 少女はその後状態が悪化してICUに入院したが、現在は治療により回復中である。
16 swine flu deaths in one week: indigenous vaccine on stands Hindustan Times  (インド) インド、1週間に16人が豚インフルエンザで死亡:国産ワクチンが使用可能に
 この1週間にインドで16人が豚インフルエンザで死亡。国産の鼻腔スプレー式ワクチンが使用可能状態になった。
31 New Swine Flu Cases In Kerala TopNews (インド) ケララ州で31人の新規豚インフルエンザ患者が発生
 7月5日、ケララ州で31人のA/H1N1感染者と1人の死亡者が報告された。
アルゼンチン保健省インフルエンザ第25週
 7月1日発表
 インフルエンザ様疾患の増加はほとんどない。
 呼吸器感染症の多くはRSウイルスによる(87%)。
 A/H1N1ウイルスの分離はほとんどなし(0.18%)。


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第25週
 6月19日~25日
 インフルエンザ様疾患の増加は認められているが、多くはRSウイルスによる。
 この週に10例のA/H1N1感染者が報告されている。

 定点医療機関を受診したインフルエンザ様疾患患者の率(1000人外来患者中)。
 患者数は非常に少ない。



 検査で確認されたA/H1N1患者数の推移。
 25週は10人。2009年に比較して、感染者数の発生は非常に少ない。


7月5日

Maharashtra doctors say no to swine flu vaccines Indian Express (インド) マハラシュトラ州の医師達、豚インフルエンザワクチン接種を拒否
 昨年最もH1N1感染者が多く発生し、今年もモンスーン到来で再び第2波が発生しているマハラシュトラ州で医師やパラメディカル達はワクチンの接種を拒否している。
 理由は、効果に対する疑い、接種様式への疑い、及び副作用の可能性であるが、さらにこれまで患者に接してきていて、既に免疫が得られている可能性まで上げられている。
 ワクチンの有効期限は10月に切れることから、州では最終的にワクチン接種を呼びかける。また余剰ワクチンの返却についても考慮している。
 しかしケララ州では状況は全く異なり、州では16人が5月以来死亡しており、45000接種量が医師達に送られているが、95%が使用されている。
7月4日


Saudi remains alert over swine flu threat KolkataObserver.com  (インド) サウジアラビア、豚インフルエンザ警報を維持
 6月にインドのムンバイからサウジアラビアに航空機で入国した巡礼者の中で、約100人が豚インフルエンザを発症していた。
 豚インフルエンザに対するワクチン接種が入国ビザにはいまだ必要とされる。
シベリアで野鳥がH5N1鳥ンフルエンザで死亡 OIE (国際獣疫事務局)
 ロシア、シベリア南部、モンゴルとの国境沿いの湖で6月11日に多数の野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡しているのが確認されていた。
 国際獣疫事務局(OIE)へ報告された。
 場所はモンゴルとの境になるが、モンゴル最大の湖、ウブス湖で多くの渡り鳥が翼を休める地帯もある。
 6月11日に確認されているが、同時にはチベット自治区でも湖周辺で多くの渡り鳥がH5N1に感染して死亡している。
 少なくとも中国南部から北方に向かってウイルスは広がっているのは間違いはない。
 2005年5月の青海湖事例と似ている。(そこからシベリア、ヨーロッパ、中東、アフリカへウイルスが広がった)。
 
 

51-yr-old dies of swine flu, 14 more test positive  Hindustan Times  (インド) 51歳男性が死亡、さらに14人の感染者が確認
 ムンバイ市で51歳男性がA/H1N1に感染して死亡した。高血圧を基礎疾患として保有していたため、感染しやすかったと考えられる。モンスーンが始まって8人、今年度10人目の死者となった。
 病院によると治療の遅れはなかったという。
 他に3日、5人の小児と1人の妊婦を含む14人の感染者がムンバイ市で確認された。
7月3日

H1N1 Vaccine Recovery Program WNCF (米国) H1N1ワクチン回収期間
 アラバマ公衆衛生局は連邦政府のH1N1ワクチン回収計画に沿って、州内のA/H1N1ワクチンの国への返却を行う。
 この情報は2009年と2010年に保健局を通してワクチンを発注した全医療機関に通知された。

 回収計画は2期間に分けて行われる。
 第1期回収期間は、現在有効期限が終了したワクチンを対象に行われる。
 これらのワクチンはワクチンメーカー3社から供給されていた。
 保健局では7万8000回分が連邦政府に返却されると推定している。
 第2期回収期間は、7月末から8月初めに行われ、残っているワクチン全てが対象となる。このワクチンは第4番目のワクチンメーカーから供給されていた。
 保健局では9万2000回分のワクチンが政府に返却されると推定している。
 2010年-2011年季節性インフルエンザワクチンは、A/H1N1インフルエンザを含む3種類のインフルエンザを対象としていて、8月下旬から9月初旬に配布される予定である。

 今回の回収計画は、季節性インフルエンザとの混乱を防ぐ目的で措置された、と保健局では説明している。


Pandemic (H1N1) 2009 - update 107  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新107
 7月2日発表  6月21日から27日

 6月27日の時点で、世界214カ国から少なくとも18239例のパンデミックインフルエンザH1N1による死亡が報告されている。(前週よりも30名増加:訳者)

 要約
 世界中でのパンデミック及び季節性インフルエンザの発生は少ない状況が続いている。南半球の温帯地域では、チリとアルゼンチンが初冬に入ってから、少数のインフルエンザの発生を認めているが、季節性インフルエンザウイルスとパンデミックインフルエンザウイルスの検出数は少なく、散発的である。南アフリカ、ニュージーランド、及びオーストラリアでは呼吸器感染症の発生頻度が軽度に上昇している。南アフリカでは初めてA/H1N1感染者が確認された:しかし現地での主たるインフルエンザウイルスは季節性H3N2型である。南アフリカで検出されたH3N2型ウイルスは”パース型(オーストラリア南部のPerth由来”で、今シーズンの季節性インフルエンザワクチン対象株である。活発なパンデミックインフルエンザの感染活動は、未だ熱帯地域の限定された地域で認められている。特に南及び東南アジア、カリブ海諸国、西アフリカである。この2~3週間、季節性インフルエンザH3N2がニカラグアでの発生が顕著となっていて、そしてオーストラリア、中央アメリカ、南アフリカでも少ないながらも発生が見られている。季節性B型インフルエンザは、少ないながらも、東アジア、中央アフリカ、中央アメリカで発生を続けている。

 地域的特徴概略
 南半球のほとんどの熱帯地域では(チリ、アルゼンチン、南アフリカ、オーストラリア、およびニュージーランド)、季節性およびパンデミックインフルエンザの発生は6月には散発的でしかなく、2008年のインフルエンザ流行に比較して、開始時期は遅れている(2009年度は当然早かった:訳者)。そして全体として呼吸器感染症に罹患している数は少ない。アルゼンチンでは、6月中旬に季節性インフルエンザBが少数ではあるが発生が認められた。チリとアルゼンチン、両国ではRSウイルスの流行が続いており、小児の間での呼吸器感染症の発生は未だ多い。南アフリカでは季節性インフルエンザH3N2とB型が6月中旬の時点で増加している。オーストラリアとニュージーランドでは、インフルエンザ様疾患の発生数は増加しているが、未だ例年のレベル以下である。

 アジア
 最もパンデミックインフルエンザの発生数が多いのは、南インド、バングラデシュ、シンガポール、およびマレーシアである。南インド以外発生数は減ってきているが、インドでは6月中旬以降、検査で確認されるパンデミックインフルエンザ感染者の数は増えてきている。中心となっているのは南部のケララ州であるが、報告によると重症例と死亡例も増えている。それは特に妊婦の間で顕著である。バングラデシュではパンデミックおよび季節性インフルエンザBが6月中旬に程度は低いながらも混在して流行している。シンガポールでは6月第3週の時点で、急性呼吸器感染症の発生数は警戒レベル以下を維持しており、インフルエンザ様疾患の中で占められるパンデミックインフルエンザの率は19%から15%に減少している。マレーシアでは、6月中、パンデミックインフルエンザ発生数は減少してきたが、ウイルスは未だ低いレベルながら感染活動を続けている。東アジア全体では、インフルエンザ発生数は非常に少ない。中国と日本ではインフルエンザ様疾患の発生数は例年の夏レベル、またはそれ以下となっている。発生数は減少続けているが、季節性インフルエンザBが、中国全体、香港、台湾、および韓国で見られている。

 アメリカ熱帯地域
 全体としてパンデミックおよび季節性インフルエンザの発生数は非常に少ない状態が続いている。キューバでは4月中旬から5月中旬にパンデミックインフルエンザの発生はピークとなり、その後減少し続けている。この5週間、死亡例は出ていない。周辺の他の数カ国では季節性H3N2とB型が最近発生している。特にニカラグアではH3N2型が急速に増加し、パナマでも程度は低いが検出されている。多くの国ではRSウイルスの感染活動が見られている。

 サハラ砂漠以南地域
 パンデミックおよび季節性インフルエンザがいくつかの国で見られている。ガーナ、西アフリカでは4月初旬にピークに達していたが、未だパンデミックインフルエンザの発生は続いている。季節性インフルエンザBも中央および南アフリカで発生し続けている。最も顕著なのはカメルーンである。前回の報告にもあったように、アフリカ全体で少ないながらも季節性インフルエンザH3N2が発生し続けている。特に東アフリカで顕著である:直近情報では、6月中旬、ガーナ、ケニア、南アフリカから報告されている。これらの地域でのH3N2の持続的発生は、ウイルス感染活動が地域内で広く続いていることを示唆する。

 北半球温帯地域
 全体として(特に北米とヨーロッパ)パンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスは、この1ヶ月間、散発的、または非常にに低頻度でしか検出されていない。

パンデミックインフルエンザの活発な感染活動は、熱帯地域、特にカリブ海諸国、西アフリカと、南及び東南アジアで流行が続いている。冬期間に入った南半球の温帯地域では、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザは散発的に発生しているのみである。世界的に流行していたインフルエンザBは減少してきているが、東アフリカ、中央アフリカ、中央アメリカで、程度は低いながらも流行している。過去1ヶ月間、季節性H3N2インフルエンザウイルスが程度は低いが、東アフリカと南アメリカで検出されている。

 南半球温帯地域:6月に入って2週間、大多数の地域では(チリ、アルゼンチン、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド)では、パンデミックインフルエンザウイルスと季節性インフルエンザウイルスは散発的に検出されているのみである。全体的に呼吸器疾患の頻度は低い。チリでは6月第2週に行われた呼吸器検体からのインフルエンザウイルス検出率は1%に過ぎない。その大多数はパンデミックウイルスと思われる。アルゼンチンでは6月第1週にB型インフルエンザウイルスが検出されていた。チリとアルゼンチンではRSウイルスが呼吸器感染症の大多数を占めている。南アフリカでは6月上旬から、非常に少ないながらもH3N2とB型ウイルスが検出されている。オーストラリアとニュージーランドではインフルエンザ様疾患(ILI)の数は、最近の季節性インフルエンザレベル以下で、6月中旬までの季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの散発的発生が認められているのみである。

 アジア:最も活発にパンデミックインフルエンザが流行している地域は、南インド、バングラデシュ、シンガポール、およびマレーシアである。インドでは、南部のケララ州でパンデミックインフルエンザの感染活動が活発化しており、少数の重症者と死亡者が報告されている。特に妊婦の間で多い。バングラデシュでは6月第1週段階でパンデミックインフルエンザとB型が程度は低いながらも共に発生している。タイでは十分な情報は入っていないが、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザが程度は低いながらも共存して発生している。シンガポールでは呼吸器感染症の頻度は警戒域を下回り、検体から分離されるA/H1N1インフルエンザ株の数も、28%~10%に減少している。マレーシアでは6月に入ってからパンデミックインフルエンザの発生数は減少してきている。東アジア全体では季節性インフルエンザもパンデミックインフルエンザも、その感染活動は非常に低く、発生も散発的である。中国と日本ではインフルエンザ様患者数は夏期間の平均レベル以下である。程度は低いがB型インフルエンザの発生が、中国、香港、台湾で見られている。

 アメリカの熱帯地域:一部の地域を除いて全体的にパンデミックおよび季節性インフルエンザの感染活動程度は低い。キューバとコロンビアでは程度は低いが、パンデミックインフルエンザが発生しているが、呼吸器検体がから分離されるA/H1N1ウイルスの頻度は8%である。キューバではこの4週簡易死者は発生していない。コロンビアでは程度は軽いながらもパンデミックインフルエンザ患者の発生は5月末以来続いているが、呼吸器疾患の数は程度から中等度と報告されている。他の地域では若干の季節性インフルエンザAとBが発生している。

 サハラ砂漠以南地域:季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの発生は数地域に限定されている。西アフリカのガーナでは4月中旬にピークを迎えた後も、活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動が続いている。呼吸器検体から分離されるA/H1N1インフルエンザウイスの頻度は6月第2週の結果では、16%から23%に増加している。中央および南部アフリカではB型インフルエンザの発生が続いている。カメレオンで顕著である。先の週報でも報告されているように、程度は低いながらも季節性H3N2ウイルスがアフリカ全体で感染活動を続けている。特に東アフリカであるが、6月第2週の直近情報ではガーナ、ケニヤ、南アフリカでウイルスの検出が顕著なようである。これらの地域におけるH3N2株の継続的検出は地域での感染活動が維持されていることを示している。

 北半球の温帯地域:北米とヨーロッパではこの1ヶ月間季節性インフルエンザウイルスとパンデミックインフルエンザウイルスの検出は散発的、または非常に頻度は低い。

Expired Swine Flu Shots to be Burned, Cost U.S. $260M AOL Health (blog) (米国) 米国、期限切れA/H1N1ワクチンが焼却に、2億6000万ドル相当
Millions of swine flu vaccine doses to be burned USA Today  (米国) 米国、大量のワクチンが焼却に
 AP
 4000万回分のA/H1N1ワクチンが期限切れで焼却される。
 例年の季節性インフルエンザワクチンの4倍量であり、歴史的に見ても最大量の破棄となる。
 しかし政府の推定では、さらに3000万回分のワクチンが未使用のまま期限切れを迎える可能性が高く、そうなると購入ワクチンの43%が破棄されることになる。
7月2日


香港保健省第26週インフルエンザ週報 6月20日~6月26日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は増加していない。
 A/H1N1による重症例および死者の発生は認められてない。
 全分離ウイルス株数は56、そのうちA/H1N1は10株、H3は6株、B型は25株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。


40 Million H1N1 Vaccine Doses to be Incinerated WIBW (米国) A/H1N1ワクチン、4000万回分が焼却に
 有効期限がきたA/H1N1ワクチン4000万回分が焼却される。歴史的にみても異常に多い量とされる。
 さらに政府の試算によると3000万回分が未使用のまま有効期限が切れる可能性が高いという。となると米国が購入したワクチンの43%以上が焼却されることにある。
 
Global BC  (カナダ) カナダ公衆衛生局、パンデミックインフルエンザの妊婦への影響を調査に
 カナダ公衆衛生局は50万ドルの予算で、A/H1N1ウイルス感染、ワクチン、および抗インフルエンザ薬の、妊婦と出産した新生児に対する長期間の影響を調査すると発表した。
 ワクチンも抗インフルエンザ薬も妊婦や新生児に影響は及ぼさないとされているが、長期間にわたる影響に関しては不明な部分も多い。
 トロント大学に研究は委託され、新生児は6ヶ月までの健康状態を調査する。
Independent  (英国) 香港研究:新規ブタインフルエンザ治療方法が有効
 A/H1N1回復患者からの血漿を重症患者に投与。死亡した事例もあるが、多くが回復した。
 患者は30人の抗インフルエンザ薬が無効であった患者。
 回復患者の血漿中にはウイルスに対する抗体が多く含まれている。
 * 中国ではH5N1感染者に対しても、回復患者からの血漿を投与して有効性を以前に発表している。
BBC News (英国) 12億ポンド(1596億円)が英国のブタインフルエンザ対策で費やされた
 昨年の英国におけるブタインフルエンザ対策を検証する独立委員会は、国により行われた対策に関して概ね妥当として承認した。
 12億ポンドが対策費として費やされたことになる。
 ただし委員会では、多くの抗インフルエンザ薬とワクチンが未使用に終わったことに関して、製薬企業との契約のあり方を改善するように勧告している(免責条項を設ける)

AP IMPACT: Millions of vaccine doses to be burned Forbes  (米国)4000万回分のワクチンが焼却に
AP IMPACT: 40 million doses of expired swine flu vaccine to be burned; $260 ... 
Minneapolis Star Tribune   (米国) 4000万回分のワクチンが焼却に、2億6000万ドルが灰に
 AP
 
H1N1 vaccine: Millions of doses to be burned Today's THV  (米国) A/H1N1ワクチン:大量の未使用ワクチンが焼却に
 AP
 4000万回分のA/H1N1ワクチンが期限切れとなり焼却される。
 批評家の中には政府が豚インフルエンザに過剰反応したと批判する人々もいる。
 1億6200万回分のワクチンを最悪の事態に備えて購入したと政府は発表している。
7月1日

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第25週
 第25週 6月21日から6月27日

 インフルエンザ様疾患は軽度増加している。
 しかし流行域下限以下である。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は32人報告。25週に6人報告。前週は4人報告されていた。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された142検体中、5件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。


Adjuvanted vaccine shows promise in young kids  Science Direct (国際) アジュバント添加ワクチン、乳幼児でも使用可能
 スペインの研究者とグラクソスミスクライン社の研究者による研究発表。
 6~35ヶ月の157人の乳幼児を対象にグラクソスミスクライン社のアジュバント(AS03)添加豚インフルエンザを2回接種し、抗体産生率と安全性を確かめた。
 1回接種後に、ヨーロッパ規則基準(European regulatory criteria)以上の抗体産生量が確認された。副反応は2回目の接種で多く見られた。
Outbreak reported in Australia's Northwest Territories  NT News (オーストラリア) オーストラリア、北西部の町で豚インフルエンザが集団発生
 オーストラリアのNorthwest Territories (NT)の町で、少なくとも29人のA/H1N1感染者が発生した。当局ではハイリスク者にワクチン接種を急ぐように求めている。
 この発生以前には地域では2人の感染者しか報告されていなかった。
Is pandemic planning now a laughing stock?  Continuity Central (国際) パンデミック計画は現在嘲笑的対策か?
 ヨーロッパ評議会はWHOと各国政府のA/H1N1対策を過剰な対策で、多額の公共的予算を浪費し、ヨーロッパ市民に不当な健康危機を煽ったと批判している。
 そうしたことを背景に”Continuity Central”は、各企業の業務継続対策担当者を対象にアンケート調査を行った。
 99企業からの回答があったが、26%が自分たちの対策は過剰と批判された(嘲りを受けた)と答え、52%はそういうことはなかったと答えた。また23%が現在組織では対策は軽視されているが、71%はそういうことはないと答えている。
 また対策は保留、ないし棚上げとなっているとの答えも見られた。
Another state in India reports H1N1 cases PTI  (インド) インド、さらに別な州でもH1N1が発生
 南部のタミール・ナードゥ州でA/H1N1が発生した。
 21人の感染者が報告され、拡大対策がとられている。
 州保健大臣は、各地の病院で21人が入院して治療を受けていると発表した。
 専門チームが構成され、州境で入ってくる通行人のチェックを行っている。
 保健大臣によると十分量のタミフルが州内に配布されているという。
 州民は、発熱、寒気、身体痛等が発現した場合、近くの州立病院に報告するように求められている。
 個人病院と個人診療所は、患者は隔離して診療するように求められ、そして地域の保健局に報告するように求められている。
 下図:ウィキペディアから
 
TOP