高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年6月

6月30日

Mexico declares end to 14-month swine flu scare The State  (米国) メキシコ、14ヶ月ぶりに豚インフルエンザ警戒態勢を解除
 メキシコ政府は29日、豚インフルエンザ警戒態勢を解除すると発表した。
 保健大臣のホセアンジェル・コルドバ氏によると、昨年10月には発生インフルエンザの90%が豚インフルエンザであったが、今年の5月には10%まで低下して、大多数は感染力の弱い季節性インフルエンザとなったとされる(B型と思う:訳者)。
 メキシコでは72546人が感染し、1289人が死亡したと発表されている。
 同国では2700万人がワクチン接種を受けている。
 人口は1億1000万人。
 
新型インフル対応ワクチン2億2000万回分確保 厚労省 日本経済新聞
 長妻昭厚生労働相は29日、病原性が高い新型インフルエンザが発生した際、発生から10カ月以内に計2億2000万回分のワクチンを確保する見通しを明らかにした。厚生労働省によると、海外2社から優先的に入手する枠を計9000万回分確保したほか、国内4社が季節性から新型ワクチンの製造に切り替えて対応し、ほぼ全国民に2回接種できる分量となる。
 同省によると、ノバルティス社(スイス)から4000万回分の優先的な供給枠を確保した。グラクソスミスクライン社(英)とは、今回輸入しながら未使用のワクチン分(5000万回分)に相当する枠を確保することで合意した。ただ、いずれも輸入時には新たにワクチン購入費用は必要となるという。
 病原性の高いH5N1型の鳥インフルエンザなど新型が発生してから2カ月程度で、ワクチンをつくるためのウイルス株を入手、製造開始後6カ月で海外分で供給枠の半分となる4500万回分、国産分(8000万回分)と合わせて1億2500万回分を供給できる見込み。製造開始後8カ月で合計2億2000万回分に達するという。

WHO meeting on H1N1 response convenes tomorrow  WHO、A/H1N1対策検証委員会が明日から開催
 明日から第二回目の会議が開催される。
 委員会メンバーの変更、利害関係者へのインタビューなどが予定されている。

 WHOによる検証委員会スケジュールの通知

Antibodies May Be The Key Against Influenza IndyPosted  (米国) 抗体がインフルエンザ治療の鍵を握る可能性
 M2蛋白に対する抗体作成の話題。
Study could lead to universal flu treatment Stuff.co.nz  (ニュージーランド) 全A型インフルエンザ治療に結びつく研究結果が得られる
 昨日海外と国内で発表されたA型インフルエンザウイルス表面のM2蛋白に対する抗体が作成された研究。
 東大と米国ウイスコンシン大学で研究している河岡教授のチーム。
 詳細は昨日の報道参照。
H1N1 Flu Tests Lose Emergency Use Status from FDA GenomeWeb Daily News  (米国) A/H1N1インフルエンザ診断キットの緊急使用期間が終了、FDA発表
 昨年A/H1N1インフルエンザが流行していたころ、各種のA/H1N1診断キットの緊急使用がFDAに許可されたが、インフルエンザ流行は既に例年並みになったことから、FDAでは緊急使用承認を終了とした。
H1N1 vaccine is still available at JCHD clinics GardnerEDGE  (米国、カンサス州) ジョンソン郡保健局、A/H1N1ワクチン接種は未だ可能
 カンサス州、ジョンソン郡保健局では通常のワクチン接種外来でA/H1N1ワクチン接種も行っている。
 保健局長官は、A/H1N1ワクチン接種接種は未だ重要だ、まだ接種していない人々は、この夏に接種するように勧めている、と語っている。
 これまで米国では約6000万人が感染し、7500万人がワクチン接種を受けている。すなわち3億900万人の人口のうち、約1億7400万人、すなわち56%の人々が未だ易感染状態にあると言える。
Cambodian PM and 3 ministers treated for swine flu Sify  (インド) カンボジア首相と3閣僚が豚インフルエンザ治療を受ける
 発熱とインフルエンザ様症状でカンボジア首相(59歳)が豚インフルエンザと診断され治療を受けたと保健省が発表した。治療を受けて既に回復している。他に3人の閣僚も発病した。
5 test positive for swine flu Hindustan Times  (インド) ムンバイ、さらの5人が豚インフルエンザ感染
 29日、ムンバイで新たに5人がA/H1N1検査で確認され、6月に入って84人の感染者数となった。
 市当局は全学校に専門家を送り、家族と学校当局に対して感染対策を指導した。
 当局では学校は休業すべきではないと指導している。
 インフルエンザ様症状のある児童は家庭に留まり、また学校で感染者に接触した子供達の把握を行い、その子供達が症状を現すかフォローするように求められた。
 専門家の推測によると、この2~3ヶ月、モンスーンシーズンの間、豚インフルエンザ感染者数は増加する可能性が高いとされる。
 しかし州保健局の専門家は、35~45%の住民は既に免疫を獲得していると考えられるから、それほど心配はいらないと語っている。
6月29日

Swine flu deaths rise after onset of monsoon Expressindia.com (インド) インド、モンスーン開始による豚インフルエンザの死者数が増加
 モンスーン開始以来、豚インフルエンザの死者数は増加し続け、6月21日以降17人の死者がインド国内で発生している。
 その多くはケララ州(7人)とマハラシュトラ州(7人)である。
Study finds body's potential universal flu defence Reuters UK  (英国) 研究報告:全インフルエンザウイルスに効果を示す抗体が作成
 下記内容。
新型インフルと鳥インフル、抗体使い治療効果 東大など実験 日本経済新聞
 東京大の河岡義裕教授らと米バイオベンチャー企業などのチームは、インフルエンザの新たな治療物質を開発した。ウイルスのたんぱく質にくっつく「抗体」で、致死率の高い高病原性鳥インフルエンザと昨年流行した新型インフルエンザの両ウイルスで治療効果があることを動物実験で確認した。今後、ヒトの臨床試験を実施して実用化を目指す。
 米ジョンズホプキンス大などとの共同研究で、米科学アカデミー紀要(電子版)に29日掲載される。
 国際チームは、インフルエンザウイルスの表面にあるたんぱく質「M2」に着目。M2に結合する抗体を米バイオベンチャーのテラクローン・サイエンス社(ワシントン州)が合成した。
 この抗体を高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染したマウスに注射。何もしなければ2週間で大半が死んだが、抗体を注射したマウスは8割が生き延びた。豚から広がり昨年流行した新型インフルエンザウイルス(H1N1型)に感染したマウスは、何もしないとほとんどが1週間で死んだが、抗体を注射すると6割が2週間以上生き延びた。
 インフルエンザの治療には体内でウイルスの増殖を抑える「タミフル」などの治療薬を使うが、効かなくなる「耐性」の問題がある。M2は、どのようなインフルエンザウイルスでも共通で変異しにくいので耐性が出にくいとみられ、新たな治療の選択肢として期待される。

アルゼンチン保健省呼吸器感染症情報大24週
 呼吸器感染症は多いが、インフルエンザは少ない。
 A/H1N1ウイルスの検出もほとんどない。

 
 昨年のウイルス分離状況
 20週以降からA/H1N1ウイルスは分離されだしていた。
 
6月28日

輸入ワクチン853億円「無駄」に=ノバルティス社製も一部解約-新型インフル用 時事通信
 厚生労働省は28日、ノバルティス社(スイス)と輸入契約を結んだ新型インフルエンザ用ワクチン2500万回分のうち、未納入の約838万回分(約107億円)を解約することで同社と合意した。ただし既に製品化されているため、違約金約92億円を同社に支払う。
 使われる見込みがなく、余剰となった輸入ワクチンへの支出額は、英グラクソ・スミスクライン社(GSK)製と合わせ約853億円となる。
 ノバルティス社製ワクチンは、約1660万回分(約214億円)が納入済みだが、実際に使われたのは2465回分。すべて30日までに使用期限を迎えるため、同省は廃棄を決める一方、未納入の分について解約交渉を進めていた。
 輸入ワクチンをめぐっては、GSKとも交渉したが、5032万回分(約547億円)は解約できなかった。
 同社製ワクチンもほとんど使用されておらず、今後需要が増す見込みも少ないとみられることから、両社に支払った計約853億円は結果的に「無駄」になる。
Vietnam reports bird flu in northern province Xinhua - (中国、新華社) ベトナム、北部の省で家きんのH5N1鳥インフルエンザが発生
 北部のタイ・ニュアン省の1農場でH5N1鳥インフルエンザが発生したと、ベトナム農業省の動物保健局が発表した。
 拡大防止のために500羽以上のアヒルが殺処分された。

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第24週
 (6月12日~6月18日)
 地域によってインフルエンザ様疾患は増えているが、多くは感冒ウイルスのRSウイルスによる。インフルエンザウイルスによるものは少ない。
 この週にはA/H1N1感染者が2名報告されている。
 現在のところ、明確なインフルエンザ流行の兆しはない。
 昨年は5月末からA/H1N1の流行が始まっている。
 下記グラフ:検査で確認されたA/H1N1患者数
 

Zoonotic Transmission of Avian Influenza Virus (H5N1), Egypt, 2006-2009 Emerging Infectious Diseases (EID)  米国CDC  エジプトにおける鳥ンフルエンザウイルス(H5N1感染の状況、2006-2009
 エジプト保健省、カイロの米海軍医学研究所、および米国CDCの研究チーム。
 2006年3月から2009年3月までの間に6355人の鳥インフルエンザ(H5N1)感染疑い例が、エジプト保健省に報告された。63例(1%)が検査で確認された。24例(38%)が死亡した。死亡の危険率は、女性であること、15歳以上であること、タミフル服用が2日以降であること、が上げられた。2人以外全例、感染していると思われる家きんとの接触既往があった。
 人人感染事例はない。
 エジプトにおける致死率の低さは、エジプトの株が病原性の低いウイルスであることが原因とも推定されるが、他に多くの小児例が早期に診断され、早期にタミフルを服用していることも理由と思われる。
 感染した家きんや発病者と接触した人々5000人(無症状)がフォローされ、臨床症状の有無、そしてPCR検査でウイルス感染が確認された。全て陰性であった。感染の有無には血清学的検査が必要とされるが、これらの集団内で多くが感染しているとは思われないことから、検査は行われなかった。
Swine flu soon to hit Tassie Tasmania Mercury (オーストラリア) 豚インフルエンザは間もなくタスマニアで流行
 タスマニアではこの冬未だA/H1N1感染者が多く出ていないことから、今年はインフルエンザがそれほど流行しないと錯覚されている。
 ロイヤル・ホバート病院では、インフルエンザ外来の開設を延期した。理由は今年に入ってタスマニアでは4人しか豚インフルエンザが確認されていないからだ。
 しかし公衆衛生副局長のクリシー・ピキン医師は、昨年タスマニアで7人を死亡させた豚インフルエンザは間もなく流行が始まると警告している。
 「流行は非常に短期間のうちに始まる。2~3週間のうちに多くの人々が感染する」。
 「通常第2波は第1波よりも流行は大きい。しかし第2波は、我々のワクチン接種対策よりも後に発生する。ワクチンは既に三分の一の住民に接種されている」
 「ワクチン接種なしでは流行は拡大するだろうが、ワクチン接種を行ってきているので、最悪の状況でも流行は中等度、もしかしたら軽度で終わる可能性はある」
 ハイリスクの人々は3種類のウイルスに対するワクチンを含んだ季節性インフルエンザワクチンを接種するようにピキン医師は求めている。無料である。
 一方、ハイリスク者以外の人々は、無料でA/H1N1ワクチンの接種を受けることが出来る。

Monsoon raises concerns of Swine flu, Pune FV Current Waves (インド) マハラシュトラ州プネ、モンスーンが豚インフルエンザの拡大を起こしている

4 more swine flu cases Hindustan Times (インド) マハラシュトラ州、ムンバイ、日曜日(27日)、さらに4人の豚インフルエンザ感染が確定
 6月に入って合計75人の感染者が確認された。
 ムンバイと周辺で7人が豚インフルエンザに関連した合併症で6月に入ってから死亡した。
 豚インフルエンザの死者が出ているにも関わらず、治療にあたっている医師達のうち、ワクチン接種を受けている割合はそれほど多くはない。
 
6月27日


U.S. government panel now pushing vaccinations for all No exceptions Before It's News (米国) 米国政府諮問委員会、インフルエンザワクチン接種を全国民対象に勧奨することを決議
 米国ワクチン接種諮問委員会(Advisory Committee on Immunization Practices :ACIP)は、1人の欠席者を除いて全員一致で、季節性インフルエンザワクチン接種を全国民対象に勧奨することを決議した。一部の人々は対象外となるが、それは卵アレルギーの人、およびワクチン接種で危険性がある人々である。
 もしCDCで承認されると、勧奨内容は全国の保健医療関係者に通知される。これまでACIPの勧奨内容はCDCにより、ほとんど承認されている。
 「もはや、誰も、自分は接種した方がいい?」
 このような質問はあり得ないと、CDCのインフルエンザ専門家であるアンソニー・フィオーレ博士が語っている。
 
 現在のCDCによるインフルエンザワクチン接種の勧奨内容は、6ヶ月から18歳までの若年層、49歳以上の全年齢層、保健医療関係者、慢性疾患保有者とその介護をしている人々、となっている。
 これらの層は人口の85%を占めている。
 除外層は19歳から49歳までの年齢層で、ハイリスク者と頻繁接触しない人々である。
 これまでのインフルエンザワクチン接種率は平均33%で、毎年大量のワクチンが余っていた。

 委員会の決議は、昨年のA/H1N1インフルエンザでワクチン接種の勧奨対象者以外で多くの死者が出たことと、一般社会でワクチン接種の重要性が認識されたことが大きな理由と考えられる。

Monsoon showers raise Swine Flu concerns in Pune Central Chronicle  (インド) インド、プネ、モンスーンによる豪雨が豚インフルエンザ感染を拡大する可能性
 マハラシュトラ州、プネ市。
 モンスーン到来によりA/H1N1感染者と死者数が増加している。

Winter's chill means a big comeback for swine flu WA today (オーストラリア) オーストラリア、ビクトリア州、冬期間の低気温がインフルエンザ流行の引き金になる可能性
 ビクトリア州。
 朝の気温が最も低くなる季節を迎えている。
 今年は昨年と比較してインフルエンザ流行はそれほど脅威的ではない。専門家は流行の開始は遅く、緩徐であると予想している。
 しかし気になることとして、インフルエンザの中心はパンデミック豚インフルエンザであることだ。
 昨年は6月16日までに3611人のインフルエンザ患者が報告されていた。多くの人々が豚インフルエンザに免疫をもっていなかったからだ。
 今年は6月11日までに884人しか報告されていない。
9-month-old succumbs to swine flu Hindustan Times  (インド) マハラシュトラ州、ムンバイ、9ヶ月女児が豚インフルエンザで死亡
 今月に入ってムンバイで7人目の死者となった。
 市当局は病院へ来るのが遅すぎると警告している。
6月26日

Study: 10% of H1N1 infections produce low immunity  CIDRAPニュース(米国) 研究報告:A/H1N1感染者の10%は獲得された免疫が低い
 香港大学んも研究チーム。
 881人の回復期の患者の血清中抗体を分析。
 90%でウイルス中和抗体価が有意に上昇
 肺炎を起こし、痰が著しかった患者では抗体価が高かったが、無熱症状で終始した患者では抗体の上がりは低かった。

Rise in flu expected News24  (南アフリカ) インフルエンザ流行が予想
 南アフリカでは現在、季節性インフルエンザBとA(H3N2)が分離されているが、感染者数は少ない。
 しかし冬が始まった今後2~3週簡にインフルエンザが流行する可能性が高いと、国立伝染病研究所の専門家が警告している。
 今後、昨年の上半期に流行したA/H1N1が流行するか、季節性インフルエンザが流行するか判断は出来ない。
 ハイリスク者はワクチン接種が必要とされる。
 ワクチンが効果を持つまで10日間は要するから、急いで接種することが勧められる。
HHS declares H1N1 public health emergency over VaccineNewsDaily (米国) 米国保健福祉省、H1N1インフルエンザの公衆衛生的危険性は去ったと判断
 H1N1インフルエンザは、もはや公衆衛生上の緊急的対象ではなくなった。
 CIDRAPニュースによると、保健福祉省の担当者が、A/H1N1インフルエンザの緊急警戒宣言は6月23日に有効性を失うと語った。
 3月26日に決定された内容では有効期限は6月23日までとされている。自動延長はしない予定である。
 保健福祉省によると終結の理由は、この数ヶ月間感染者数は少なく、インフルエンザ様疾患で入院する患者数も少なく、また8000万人近い米国人がワクチン接種を受けたことによる。


カナダ保健省インフルエンザ23&24週
 6月6日から19日
 インフルエンザ様症状患者の発生は非常に少ない。
 A/H1N1ウイルスは総検体数1851検体中1件。



Pandemic (H1N1) 2009 - update 106  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新106
 6月25日発表  6月14日から20日

 6月20日の時点で世界214カ国から少なくとも18209例の死亡が報告されている。

 世界中でのパンデミック及び季節性インフルエンザの感染活動は低い。パンデミックインフルエンザの活発な感染活動は、熱帯地域、特にカリブ海諸国、西アフリカと、南及び東南アジアで流行が続いている。冬期間に入った南半球の温帯地域では、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザは散発的に発生しているのみである。世界的に流行していたインフルエンザBは減少してきているが、東アフリカ、中央アフリカ、中央アメリカで、程度は低いながらも流行している。過去1ヶ月間、季節性H3N2インフルエンザウイルスが程度は低いが、東アフリカと南アメリカで検出されている。

 南半球温帯地域:6月に入って2週間、大多数の地域では(チリ、アルゼンチン、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド)では、パンデミックインフルエンザウイルスと季節性インフルエンザウイルスは散発的に検出されているのみである。全体的に呼吸器疾患の頻度は低い。チリでは6月第2週に行われた呼吸器検体からのインフルエンザウイルス検出率は1%に過ぎない。その大多数はパンデミックウイルスと思われる。アルゼンチンでは6月第1週にB型インフルエンザウイルスが検出されていた。チリとアルゼンチンではRSウイルスが呼吸器感染症の大多数を占めている。南アフリカでは6月上旬から、非常に少ないながらもH3N2とB型ウイルスが検出されている。オーストラリアとニュージーランドではインフルエンザ様疾患(ILI)の数は、最近の季節性インフルエンザレベル以下で、6月中旬までの季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの散発的発生が認められているのみである。

 アジア:最も活発にパンデミックインフルエンザが流行している地域は、南インド、バングラデシュ、シンガポール、およびマレーシアである。インドでは、南部のケララ州でパンデミックインフルエンザの感染活動が活発化しており、少数の重症者と死亡者が報告されている。特に妊婦の間で多い。バングラデシュでは6月第1週段階でパンデミックインフルエンザとB型が程度は低いながらも共に発生している。タイでは十分な情報は入っていないが、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザが程度は低いながらも共存して発生している。シンガポールでは呼吸器感染症の頻度は警戒域を下回り、検体から分離されるA/H1N1インフルエンザ株の数も、28%~10%に減少している。マレーシアでは6月に入ってからパンデミックインフルエンザの発生数は減少してきている。東アジア全体では季節性インフルエンザもパンデミックインフルエンザも、その感染活動は非常に低く、発生も散発的である。中国と日本ではインフルエンザ様患者数は夏期間の平均レベル以下である。程度は低いがB型インフルエンザの発生が、中国、香港、台湾で見られている。

 アメリカの熱帯地域:一部の地域を除いて全体的にパンデミックおよび季節性インフルエンザの感染活動程度は低い。キューバとコロンビアでは程度は低いが、パンデミックインフルエンザが発生しているが、呼吸器検体がから分離されるA/H1N1ウイルスの頻度は8%である。キューバではこの4週簡易死者は発生していない。コロンビアでは程度は軽いながらもパンデミックインフルエンザ患者の発生は5月末以来続いているが、呼吸器疾患の数は程度から中等度と報告されている。他の地域では若干の季節性インフルエンザAとBが発生している。

 サハラ砂漠以南地域:季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの発生は数地域に限定されている。西アフリカのガーナでは4月中旬にピークを迎えた後も、活発なパンデミックインフルエンザウイルスの感染活動が続いている。呼吸器検体から分離されるA/H1N1インフルエンザウイスの頻度は6月第2週の結果では、16%から23%に増加している。中央および南部アフリカではB型インフルエンザの発生が続いている。カメレオンで顕著である。先の週報でも報告されているように、程度は低いながらも季節性H3N2ウイルスがアフリカ全体で感染活動を続けている。特に東アフリカであるが、6月第2週の直近情報ではガーナ、ケニヤ、南アフリカでウイルスの検出が顕著なようである。これらの地域におけるH3N2株の継続的検出は地域での感染活動が維持されていることを示している。

 北半球の温帯地域:北米とヨーロッパではこの1ヶ月間季節性インフルエンザウイルスとパンデミックインフルエンザウイルスの検出は散発的、または非常に頻度は低い。

6月25日


アイルランド保健省インフルエンザ週報23&24週
 インフルエンザ様疾患の発生は少なく、ウイルスも分離されてない。

 赤線:人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数。縦棒:各種ウイルス分離数。

英国保健省インフルエンザ週報第24週
 6月14日~6月20日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない(イングランド)。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 A/H1N1発生以来英国では474人の死者が発生している。 
 ここ数週間A/H1N1での入院者は出ていない。
 英国ではハイリスク者へのワクチン接種を継続している。

 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率
 
50人が流行下限ラインを現している。

Council of Europe calls for WHO flu handling probe France24 (フランス) ヨーロッパ評議会、WHOのパンデミックインフルエンザ対策の検証を求める決議
Council of Europe calls for WHO flu handling probe  AFP (国際) ヨーロッパ評議会、WHOのパンデミックインフルエンザ対策の検証を求める決議
 欧州評議会の議員会議は、保健部会からの報告書を承認し、24日、WHOのA/H1N1インフルエンザ対策の調査を求める決議を行った。
 議員会議はWHOのインフルエンザ対策における不透明性、それがパンデミック宣言に製薬企業が影響した疑いを呈している事実を認めた。
 保健部会がまとめた報告書では、WHOにより過剰にパンデミックの脅威が煽られたと結論している。
 
Swine flu kills three women Hindustan Times (インド) インド、ムンバイで女性が3人A/H1N1で死亡
 保有していた基礎疾患が悪化。
6月24日


 CIDRAPニュース
 米国CDCがA/H1N1および季節性インフルエンザ対策ガイドラインの草案を発表。各界の意見を聞いた上で、2010-2011インフルエンザシーズン前に正式ガイドラインとして発表する。
 いくつかの変更点がある。
 インフルエンザウイルスは基本的に飛沫物と共に感染者周辺に飛散されるが、他に接触感染の可能性もあり、またエアロゾル化した小粒子による感染もあり得る。
 医療施設は患者が到着する前に、感染予防対策を十分講じておく必要がある。
 医療スタッフが感染者、または感染疑い者がいる部屋に入る場合、外科用マスクを着用する。以前はN95マスクが推奨されていた。
 N95以上の高機能マスクは、エアロゾールが発生するような処置を行う場合にのみ着用が薦められている。
 ワクチンの安全性と効果が述べられている。


香港保健省第25週インフルエンザ週報 6月13日~6月19日
 医療機関受診インフルエンザ様疾患は減少している。
 A/H1N1による重症例および死者の発生は認められてない。
 全分離ウイルス株数は40、そのうちA/H1N1は9株、B型は25株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第24週
 第24週 6月14日から6月20日

 インフルエンザ様疾患の増加は未だ認めていない。
 2010年1月以降A/H1N1患者数は26人。24週に4人発生。
 A/H1N1ウイルスは定点および非定点機関採取された119検体中、2件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。




A pandemic of hindsight? Nature (国際、科学雑誌) 結果論からのパンデミック批判?
 今週ヨーロッパ評議会は、WHOのパンデミック宣言に製薬企業が影響したという”偽りのパンデミック宣言”の報告書(保健部会が調査して提出)を審議して投票を行う。
 Narure編集部では論説を掲載し、ヨーロッパ評議会では多くの専門家の意見をさらに聞いて判断すべきと批判した。米国、英国、オーストラリアの専門家にNature編集部では意見を聞いたが、ヨーロッパ評議会の報告書に異議を呈する専門家は多いとされる。
 また製薬企業と結びつきをもった専門家を全て、WHO委員会から除外するのは賢明ではないとも述べている。
Most businesses took steps to protect workers  CIDRAP (米国) ほとんどの企業はパンデミックインフルエンザ予防対策を講じた
 ハーバード大学公衆衛生学部のアンケート調査。
 本年4月21日から5月13日まで全米の企業を対象にアンケート。
 手指消毒剤を用意した(81%)
 体調不良になった従業員は積極的に家に帰した(80%)
 感染予防対策に関する情報を提供した(77%)
 ワクチン接種を勧めた(60%)。
 休業者が出た職場のバックアップ体制を考慮した(42%)。
 
6月23日


2 experts resign from WHO swine flu review panel Central Florida News 13  (米国) WHO豚インフルエンザ検証委員会を2委員が辞任
 WHOは2名の検証委員会メンバーが、WHO対策に深く関係していたことから、検証委員会のメンバーとして”利益相反”とみなされる可能性があることから辞任したと22日発表した。
 検証委員会はWHOのパンデミック対策を独立して検証することになっているが、2委員はマーガレット・チャン事務局長にパンデミック宣言を答申した委員会に属している。
Two experts with industry ties resign from WHO H1N1 pandemic review panel Flesh and Stone (国際) 製薬企業とつながりを持っていた2専門家がWHOのパンデミックインフルエンザ対策評価委員会を辞職
 WHOのパンデミック対策を評価している検証委員会を、2人の委員が利益相反の立場にあったことから辞職した。
 以下略。
Physician, 62, dies of H1N1 China Post  (台湾) 62歳の医師、A/H1N1で死亡
 62歳の医師が18日にA/H1N1の合併症で死亡した。
 同医師は心臓病の既往と高血圧、および糖尿病を保有していた。
 同医師は6月13日に痰を伴う咳がひどくなり医学センターへ入院した。2日後にA/H1N1インフルエンザであることが確定された。同医師は季節性インフルエンザワクチンもA/H1N1ワクチンも接種していなかった。
 主治医はタミフルを処方したが、患者は副作用を懸念して16日まで服用しなかった。同日主治医が強く服用を勧めたが、既に手遅れとなって肺水腫が進行していた。

防衛大で40人、新型インフルエンザ集団感染 読売新聞 
 神奈川県横須賀市は23日、防衛大学校(同市走水)で新型インフルエンザの集団感染が発生したと発表した。
 22日午後5時までの患者数は防大生39人と教官1人の計40人。重症者はいない。
 市保健所によると、防衛大学校の医務室から今月18日、発熱した学生を検査したところ、新型インフルエンザの患者5人を確認したとの連絡があった。
 同大は患者を隔離し、患者との濃厚接触者らについても外出自粛などの措置を取っている。
Experts still wary of swine flu Emerging Health Threats Forum  (英国) 専門家、未だ豚インフルエンザを懸念
 英国健康保護庁(HPA)主宰の2009年のパンデミックインフルエンザの検証と、将来に備えた対策を検討する会議が今週開かれた。
 次のパンデミックインフルエンザは予知されていないが、発生まで40年はかからないだろうと専門家達は予想している。
 また米国CDCのナンシー・コックス博士は、現在A/H1N1ウイルスには変化は見られていないが、ウイルスに対して多くの人々が感染、またはワクチン接種で免疫が出来たため、そうした免疫をくぐり抜けて、人に感染可能な株に変異する危険性があり、それは1年以内に起きる可能性があると語っている。
 「ウイルス変異についてこの半年から1年間、我々は十分警戒する必要がある」。
 また同博士は、世界はH5N1鳥ンフルエンザに焦点を当てて対策を講じてきたことから、豚インフルエンザウイルスが対策の中に想定されてなく、2005年から2009年に豚インフルエンザウイルスが遺伝子再集合を起こす頻度が高まってきていたのをインフルエンザ専門家達は注目していなかった、と語った。

2 experts resign from WHO swine flu review panel Houston Chronicle  (米国) WHO検証委員会から2名の委員が辞任
 AP
 WHOは22日、WHOの豚インフルエンザ対策を検証している委員会から、2名の委員が、”利益相反、利益対立”の可能性から辞任したと発表した。(WHOのパンデミック対策を答申する緊急委員会のメンバーであり、かつWHOの対策を検証する委員でもあるという矛盾した立場)。
 WHO事務局長にパンデミック対策を答申してきた”緊急委員会”委員長のジョン・マッケンジー氏とトニー・エバンス氏であるが、両者は豚インフルエンザの流行中、密にWHOに関わってきたことから、(委員を続けることは)このWHO対策検証委員会の独立性に抵触する可能性があることから辞任した。
 WHOの”検証委員会”のハーベイ・ファインバーグ氏が発表した。
 マッケンジー氏は、オーストラリアのカーリン大学の熱帯感染症部門の教授で、エバンス氏は、モントリオールの国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization)の医学責任者で、両者はWHOの緊急委員会の委員で、マーガレット・チャンWHO事務局長に豚インフルエンザのパンデミック宣言を答申した。
 
6月22日


Chest x-ray may underestimate infections BJR (英国、英国レントゲン学雑誌) 胸部写真はA/H1N1の肺炎の過小評価につながる
 米国マイアミ大学の研究チーム。
 157人のA/H1N1入院患者の胸部写真を分析。胸部写真で以上は33%でしか発見されなかった。免疫低下状態の患者ではCT検査の方が遙かに異常を検出出来る。
Hong Kong nurses show low desire for vaccine (CIDRAP) 香港の看護師達の多くはA/H1N1ワクチンを希望しなかった
 CIDRAP ニュースから。
 昨年7~8月(香港でのA/H1N1流行中直前)における看護師達817人へのアンケート調査。
 13%が接種希望。
 41%は未決定。
 45%は接種しない。
 三分二の看護師達は患者と直接接触する業務に従事していると答えている。
 報告者、[Jun 20 Am J Infect Control abstract]に。
New studies show low household transmission of H1N1 (CIDRAP) A/H1N1インフルエンザは家庭内感染率が低い
 二つのA/H1N1家庭内感染に関する論文がEpidemiology and Infection.のオンライン版に掲載された。
 両研究ともA/H1N1インフルエンザの感染率が季節性インフルエンザ、香港インフルエンザ、およびアジアインフルエンザよりも低いことを示した。

 研究の一つは昨年のフロリダでのサマーキャンプで発病した子供達が、家庭に帰ってからの家族内での感染率の分析である。
 212人のキャンプ参加児童達の中で49人が発病した。感染率は23%。87人の家族が発病児童と接種したが発病率は3.5%であった。発病児童達の感染ピークが終えていたことと、児童が発病して帰宅することを家族達が予期していたことから、多少感染率が下がった可能性があると研究チームではコメントしている。

 もう一つの研究は香港の研究チームによるもので、511人在籍する中学校で65人がA/H1N1を発病した。
 発病した生徒と接触した家族205人中12人の感染が確認された。感染率は5.9%。18歳以下の年齢層は、それよりも年長の年齢層の15倍感染率が高かった。
 研究チームではさらにタミフルを服用した家族での感染率は、非服用者よりも感染しづらいことも示している。

 この二つの研究結果は、初期の研究における家族内感染率よりも低く、また過去のパンデミックと季節性インフルエンザの感染率よりも低いことが示された。
 2009年のNew.England.Journal.of Medicineで、米国CDCとロンドン大学の研究者達は、感染者が発生した家庭の27%で二次感染が認められ、感染者と接触した全家族員600人中13%で二次感染が見られたと発表している。そして比較として1957年のアジアインフルエンザと1968年の香港インフルエンザの際の家庭内感染率を上げているが、それは20%であり、季節性インフルエンザによっては40%になる場合もあるとコメントしている。


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第23週
 (6月5日~6月11日)
 地域によってインフルエンザ様疾患は増えているが、多くは感冒ウイルスのRSウイルスによる。ウエストオーストラリアでは、やはり感冒ウイルスの一種であるライノウイルスが中心となっている。
 この週にはA/H1N1感染者が1名報告されている。
 現在のところ、明確なインフルエンザ流行の兆しはない。
 昨年は5月末からA/H1N1の流行が始まっている。
 下記グラフ:検査で確認されたA/H1N1患者数
 

 インフルエンザ様患者の割合(外来1000患者中) 例年に比較して少ない。
 

 分離インフルエンザウイルス株の推移(2010年1月以降)。 最新州は1株のみA/H1N1が分離。
6月21日


Lessons from WHO's H1N1 pandemic scare Times of India (インド) WHOのH1N1パンデミック警告から学んだこと
 虚偽のパンデミック宣言を製薬企業の利潤のために行ったと批判されているWHOは、未だ明確な根拠でその疑いを晴らすことが出来ていない。
 WHOがパンデミックの定義を、2009年6月にパンデミック宣言することが可能になるように、その定義を微調整したことから全ての疑惑が起こった。

 以前の定義では、”数カ所で同時期に流行が起こり、非常に多くの死者と感染者が発生している(several, simultaneous epidemics worldwide with enormous numbers of deaths and illness)とされていた。しかしWHOは非常に多くの死者と感染者の発生という表現を削除して、6月11日にパンデミック宣言を行った。その時点で世界74カ国で3万人の感染者数とわずか144人の死者数しか報告されていなかった。
 WHOは定義の変更に関して未だ明確に説明できていない。
 多くのヨーロッパ諸国は、WHOがパンデミック宣言をしたときにのみ効力が発揮される、いわゆる”“sleeping” contracts ”(休眠契約?)を行っていた。
 それ故WHOがパンデミック宣言をすると同時に契約が効力をもった。
 以下略

Flu mutates easily in swine, researchers find St. Louis Post-Dispatch (米国) インフルエンザウイルスは容易に豚の体内で変異する
 19日のニューヨークタイムズの報道内容。

アルゼンチン保健省、第23週インフルエンザ情報
 6月17日発表 6月7日から13日
 呼吸器検体からA/H1N1ウイルスは検出されていない。
 多くはRSウイルスによる呼吸器疾患のようだ。
 RSウイルスは風邪ウイルの代表で、乳幼児の気管支炎や肺炎の原因となる。


CIDRAPニュースから Jun 11, 2010  Update details H5N1 activity in Egyptian poultry
 エジプトに本部を置くStrengthening Avian Influenza Detection and Response (SAIDR)が11日にエジプトの家きんにおける調査報告を発表。
 エジプトは国内の家きんの間でウイルスが土着している国の一つとされる。
 グループは102の報告を行った。多くの発生箇所は家庭における小飼育施設であった。
 5月中旬にダカーリア県で発生した事例で、調査により一件の家庭で飼育されていた猫が感染死していた。 
China: Hong Kong: Scientist in Hong Kong : H1N1 has mutated and attacks ... Spero News (国際) 中国:香港:
 香港の研究チームが世界でも名高い米国の科学雑誌”サイエンス”に昨日発表した論文は、A/H1N1が他のウイルスと遺伝子交換を行い、遺伝的に変異し、中国の豚の間で広がっていることを示し、A/H1N1ウイルスが豚の中で予期せぬ方法で変異している可能性を警告した。
 先に報告している香港大学の研究チームが発表した論文。
Bakhteeva: Parliament's health committee welcomes investigation on anti- flu... Kyiv Post  (ウクライナ) ウクライナ、議会保健委員会で抗インフルエンザ薬タミフルの発注が妥当で会ったかを検証に
 ヨーロッパ評議会が、WHOが2009A/H1N1インフルエンザのパニックを引き起こしたと非難したことを受けて、ウクライナ議会の保健委員会ではティモシェンコ政府により発注されたタミフル量が妥当であったかの検証に入った。
 同国では80万パックのタミフルが既に有効期限が切れている。ティモシェンコ政府が輸入したタミフルの60%しか使われていないとされる。
6月20日


武田がインフルワクチン復活へ 「鳥由来」含め研究 朝日新聞 

香港保健省鳥インフルエンザ週報第24週
 (6月6日から12日)
 WHOが6月8日に報告した中国湖北省の死亡例が新規に報告。
 WHO統計:2005年から2007年、年間H5N1感染者数約100人。2008年と2009年はそれぞれ44人と73人。



CIDRAP(Center for Infectious Disease Research & Policy , University of Minnesota)
ニュースから

 ・ Global activity remains stable WHO報告:世界のパンデミックインフルエンザ発生状況は程度は低く安定している
 
 WHO発表による、世界のパンデミックインフルエンザ発生状況は程度が低く、一部の中央アメリカやカリブ海諸国(キューバ)、及び南・東南アジアに限定されている。

 ・Average age at H1N1-related death in US was 40: 米国CDC発表、H1N1死者の平均年齢は40歳

 昨年の春と秋におけるH1N1死者の平均年齢と、年齢中央と等を発表。
 全体では平均年齢は40歳、中央年齢は43歳
 秋の流行に限ると平均年齢は41歳、中央年齢は45歳
 *死亡中央年齢は:全死亡者の年齢の中央値。
   春の死亡者は全て検査で確認されている。秋はランダム・サンプリングでのデータ。

 ・Study shows varied attack rate in Scotland:Eurosurveillance(ヨーロッパ感染症疫学予防管理雑誌)

 スコットランド4地域における第2波終了後の年齢別抗体価。
 地域によって差があり、グラスゴウが最も低く23%、アベルディーンが最も高く41%。
 若い世代がより抗体を獲得している傾向にある。
Experimental flu treatment may help related virus  Reuters (国際) 実験的インフルエンザ治療薬がパラインフルエンザウイルスにも効果を持つ可能性
 米国ネクスバイオ社(NexBio)が開発している抗インフルエンザ薬のフリューダーゼ(Fludase)が、マウスの実験でパラインフルエンザウイルスにも効果を示す可能性が、”Journal of Infectious Diseases.”に報告された。
  ニューヨークのWeill Cornell Medical Center の研究チームが、コードネームDAS181として知られる薬剤を研究室でマウスを使って調べた。
 パラインフルエンザウイルスは、パラミクソウイルス系統に属するウイルスで、小児でクループや肺炎及び細気管支炎を起こす。
 パラインフルエンザの治療法の開発は緊急性があるが、インフルエンザの陰に隠れて遅れてきた。研究者達はそのように語っている。
 フリューダーゼの効果はマウスの実験であり、パラインフルエンザウイルスの感染経過は人の場合と違う要素もあることから、研究はさらに必要とされる。
Two fresh cases of swine flu in Andhra Gulf Times (クエート) インド、アンドラで豚インフルエンザの2新規例が発生
 ハイデラバド県アンドラ。今年の初の事例はメダクで21歳の妊婦の感染例である。
Asthma patient succumbs to swine flu  Indian Express  (インド) インド、喘息患者が豚インフルエンザで死亡
 52歳女性。マヒムの病院で死亡。ムンバイ-タネ(Mumbai-Thane )地区で今シーズン4人目の死者。
6月19日

Prior Exposure to Seasonal Influenza May Explain the Mildness of the 2009 H1N1 ... Before It's News (国際) 以前に季節性インフルエンザウイルスに感染していたことが2009H1N1の軽症化につながった
 下記と類似内容。
 香港大学のイ・グアン、マリク・ペイリス、YL・ラウ等の研究チーム。

Why Pandemic Alert Turned Out To Be A Dud?  MedIndia  (インド) なぜパンデミック警報は不発弾に終わったのか?
 豚インフルエンザの脅威が不発に終わった現在、(その脅威を煽った)国連の保健専門家達が彼らの信頼感を失わない方策を探し求めているが、そうした彼らの手助けとなる研究結果が最近現れた。香港の研究チームが発表した仮説で、以前に流行した季節性インフルエンザが、今回のパンデミックの刃先を鈍らせたというものである。

 研究者達は、A型季節性インフルエンザに感染するか、またはワクチン接種を受けることにより、A/H1N1パンデミックインフルエンザに対する交差免疫が多くの人々に獲得されたと考えている。
 すなわち、季節性インフルエンザウイルスAに感染、またはワクチン接種を受けた人々は、体内に細胞障害性Tリンパ球の記憶細胞ができていて、それがA/H1N1インフルエンザに感染すると、細胞障害性Tリンパ球が増殖してA/H1N1感染細胞を破壊するということが、今回の研究で示唆された。
 先の研究では、H5N1鳥インフルエンザウイルスに暴露した人間は、その株の種類に関係なく、H5N1ウイルスの多くに交差反応を示す免疫記憶細胞を保有することが示されている。

 この研究論文は、「人季節性インフルエンザで誘導された細胞障害性Tリンパ球は2009A/H1N1ウイルスに交差反応性を保有する」というタイトルで、ウイルス学雑誌”Journal of Virology.”に掲載される。

 
Are We Failing to Stop The Next Flu Pandemic? TIME  (米国) 次のパンデミックインフルエンザをP阻止できるのだろうか?
 香港でのA/H1N1ウイルス遺伝子を取り込んだ新規ブタインフルエンザウイルスが中国産の豚から見つかった事例に関する論説。香港大学の研究チームが分析結果を”サイエンス”に発表した。
 さらに豚におけるインフルエンザウイルスの警戒と強める必要がある。
 米国やヨーロッパで頻回に豚のインフルエンザウイルスの調査は行われているが、今回の香港での発見は、さらに詳細にウイルスの監視を行う必要があることが示された。
 香港大学の豚におけるインフルエンザウイルスの調査は、12年前から米国から助成金が出ている研究の一環である。

Study Criticizes Swine-Flu Follow-Up  New York Times (米国) 豚インフルエンザウイルスのフォローは不十分
 中国産の豚から検出されたA/H1N1ウイルスと他のブタインフルエンザウイルスの遺伝子再集合に関する、香港大学での論文を紹介。
 A/HN1N1インフルエンザウイルスが豚に感染することが知られているが、豚に感染したそれらウイルスの変異が十分分析されていない現状を指摘。
 CDCの疫学専門家であるカロリン・B・ブリッジ博士の談話を引用。
 「我々がパンデミックを経験したからと言って、さらに他のパンデミックを経験する危険性が低下したことはない。パンデミックに対する警戒は維持する必要がある」。
HHS finds school-based pandemic vaccine clinics effective CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 米国保健福祉省、学校内インフルエンザ集団接種の有効性を報告
 保健福祉省監察総監室(Office of Inspector General (OIG)が、2009年11月と12月に行われた6地域の38小学校におけるワクチン集団接種の状況をまとめて評価した。

 昨年4月にパンデミックインフルエンザが発生する前は、学校内におけるインフルエンザ集団接種は少数の地域を除いて行ったことがなかった。
 パンデミックH1N1インフルエンザが小児に感染被害を多くもたらすことが明確になり、2009年7月にCDCのワクチン諮問委員会では6ヶ月から24歳までの年齢層をワクチン接種の優先対象者とした。それにより学校における集団接種に関心が集まった。
 CDCでは比較的新しいワクチン接種システムのため、その評価を行うことが必要であることを提案し、保健福祉省のOIGが、2009年の11月と12月に学校内集団接種の調査を、6地域の38小学校を対象に行った。
 32ページに亘る報告書が6月16日に発表された。
 調査の目的は、ワクチン接種の規模、接種場所での実施方法、および学校側が実施によりどのような問題を抱えたか等である。
 OIG報告によると、40州で学校内における集団接種が、ある程度の比率で行われた。
 調査は次の5点について行われた。ワクチンの保存方法、問診票と判定方法、スタッフ数、保護者への情報提供、およびワクチンの請求システム(ワクチン代は連邦政府が支払っているが接種にかかる他の費用を州、または自治体、または被接種者が支払う場合もある)。
 調査によると学校における集団接種では、1日で対象生徒の28%にワクチン接種が行われた。
 州や全国的接種率に比較すると明らかに高接種率である。例えば、6州における接種3ヶ月間における接種率は対象者の37%に過ぎない。これは家庭医、薬局、および地域の医療施設(外来)で行われた結果である。
 学校内で集団接種が行われた38地域では、学校内集団接種は有効なワクチン接種方法であるが、現状以上の支援や援助が無ければ将来的に継続は無理であると判断している。
 ほとんどの学校では指定されたワクチン貯蔵容器を使っていたが、温度をモニターしていたのは半数であった。
 問診票をもっと分かりやすいものにする必要があること、保護者に説明するスタッフ数を増やす必要があること等が現場から指摘された。


WVU Study Finds Airborne Flu Virus State Journal (米国) 空気中にインフルエンザウイルスが浮遊することを確認:西バージニア大学
 特殊な装置を開発して患者周辺の空中に存在するウイルスを量を分析。
 患者から6~7フィート以上(2メートル)離れてもウイルスが空中に存在し、容易に周辺の人間に吸引される可能性が示唆された。
 それらウイルス粒子が感染性を有するかについては今後の研究課題。
Pandemic (H1N1) 2009 - update 105  WHO  パンデミック(H1N1)2009-更新105
 6月18日発表

 6月13日の時点で世界214カ国から少なくとも18172例の死亡が報告されている。

 状況は前週と大差はない。
 パンデミックインフルエンザの発生は地理的に限定されている。発生が多く報告されているのは、熱帯地域であるが、特に中央アメリカ、カリブ海諸国、東南アジアおよび南アジアの一部である。B型季節性インフルエンザも、程度は低いながらも、アジアとアフリカや南アメリカで発生が認められている。最近季節性インフルエンザH3N2が東アフリカで再流行している。冬期間に入った南半球の温帯地域では全体としてインフルエンザの発生は散発的に見られているのみである。
 
 アメリカ大陸熱帯地域:コスタリカとキューバでは低いながらもパンデミックインフルエンザの発生は見られている。死者の発生も報告されている。コロンビアでは呼吸器疾患が増えていて、パンデミックインフルエンザによるものも含まれている。少数の死者も報告されていて、パンデミックインフルエンザの増加を示しているが、ウイルスの拡大程度としては低い。いくつかの国では季節性インフルエンザAおよびBの発生が見られている。

 アジア:マレーシアとシンガポールでパンデミックインフルエンザウイルスは活発に感染活動を続けている。他に程度は低いがインド、バングラデシュ、およびブータンで発生が見られている。マレーシアでは4月中旬に発生はピークに達し、5月末には減少に転じている。シンガポールでは6月第2週に急性呼吸器疾患の発生が警戒域近くに達したが、流行域には入っていない。感染者から得られた検体の28%からパンデミックインフルエンザウイルスが検出されている。南アジアでは程度は低いながらもインド西部とバングラデシュでパンデミックインフルエンザの発生が見られている。インドでは少数の死者が発生している。バングラデシュではB型インフルエンザも発生しているが、最近インドでも発生が認められている。マスメディアによると最近南部インドのケララ州でパンデミックインフルエンザの発生が増えていると報告されているが、詳細情報が間もなく入手できる予定である。ブータンでは3地域で学校における集団発生が報告されているが、全体として呼吸器疾患の発生程度は低い。

 サハラ砂漠以南地域:パンデミックインフルエンザは西アフリカと東アフリカの一部で、程度は低いが発生している。得られた検体でのパンデミックインフルエンザウイルス検出率は、タンザニアで10%、ガーナで16%である。またケニアとタンザニアでは少数ながらも季節性インフルエンザH3N2の発生が認められている。。

 温帯地域:北半球ではパンデミックインフルエンザウイルスは、散発的に検出されている程度である。南半球ではチリとウルグアイで少数のパンデミックインフルエンザウイルスが検出されている。南アフリカではパンデミックインフルエンザウイルスは検出されていないが、季節性インフルエンザH3N2とBが6月に入ってから発生が報告されている。ニュージーランドとオーストラリアでは、インフルエンザ様疾患の数は少ない。オーストラリアではパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザが最近散発的に発生しているのみである。



6月18日

英国保健省インフルエンザ週報第23週
 6月7日~6月13日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない(イングランド)。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週以来分離されていない。
 この数週間パンデミックインフルエンザでの入院者は出ていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率
 
50人が流行下限ラインを現している。


Pandemic virus enters pigs in HK, swaps genes: study Reuters  (国際) 研究報告:香港でパンデミックウイルスが豚に感染して、他ウイルスと遺伝子交換
 H1N1ブタインフルエンザウイルスが香港の豚の間で感染拡大していて、他のインフルエンザウイルスと遺伝子交換を起こしていることが確認され、研究者達は豚から新規ウイルスが発生し、人への感染の危険性があると警告している。
 
 18日発表された”サイエンス(Science)”の研究論文は、インフルエンザウイルスが豚の体内で他のウイルスと遺伝子交換を起こすことができるという理論の裏付けとなっていて、それらのウイルスにはH5N1やH9N2のような、より危険なウイルスも含まれている。
 香港大学の有名なインフルエンザ専門家であるマリク・ペイリス博士は、この研究結果は豚におけるウイルス感染の厳重な監視が必要であることを示していると語っている。
 「パンデミックインフルエンザウイルスが容易に豚に戻ってくることが示された。もしそうなるとウイルスは容易に他の”豚に感染しているインフルエンザウイルス”と遺伝子交換を起こし、予期せぬ結果が起こる可能性がある」、とペイリス博士は語っている。
 ペイリス博士とグアン・イ博士を含む他の研究者達は、2009年10月から香港の健康な豚の鼻腔ぬぐい液でウイルスのチェックを行ってきたが、その過程でパンデミックH1N1ウイルスが検出された。
 それらのウイルスは人から感染したものであることが遺伝子分析で確認された。ペイリス博士は電話インタビューでそのように答えている。
 さらにペイリス博士は、パンデミックウイルスは豚からやってきたのだから、再び豚に戻ったとしても不思議ではないとも語った。

 2010年1月に香港の豚から分離されたインフルエンザウイルスは、3種類のウイルスの遺伝子で構成されていた。パンデミックH1N1ウイルス、ヨーロッパの鳥インフルエンザウイルス様H1N1ウイルス、および人、鳥、および豚のインフルエンザ遺伝子の3重再集合遺伝子を持った1998年以来北米の豚で見つかっているウイルスである。
 パンデミックA/H1N1ウイルス+ヨーロッパ鳥インフルエンザウイルスH1N1+3重再集合ブタインフルエンザウイルス
 「人のH1N1パンデミックインフルエンザウイルスは非常に安定している。多くの人達はウイルスが人の体内で他の人のインフルエンザウイルスと遺伝子交換を起こすと心配しているが、それは起きてはいない。むしろ豚の体内で他のウイルスの遺伝子と再集合する可能性がある」
 
 A/H1N1ウイルスがH5N1ウイルスと遺伝子交換する可能性があるかという質問にペイリス博士は、可能性がある故、我々は豚のウイルスを監視し続ける必要がある、と答えた。

6月17日


香港保健省第24週インフルエンザ週報 6月6日~6月12日
 一般医療機関受診インフルエンザ様疾患は減少している。
 A/H1N1による重症例および死者の発生していない。
 全分離ウイルス株数は63、そのうちA/H1N1は7株、B型は45株。
 一般定点医療機関外来受診者の中のインフルエンザ様疾患の率(患者1000人中)。


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第23週
 第23週 6月7日から6月13日

 インフルエンザ様疾患の増加は未だ認めていない。
 A/H1N1ウイルスは107検体中5件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。
 
Epidemiology of pandemic and seasonal flu appear similar Pediatric SuperSite  (国際、小児感染症専門サイト)) パンデミック及び季節性インフルエンザの疫学は類似
 インフルエンザの家庭内感染の分析で、パンデミックと季節性インフルエンザの臨床症状、感染率、およびウイルス排出期間には差は無いことが示された。

 香港の研究チーム。
 2009年7~9月。99人のインフルエンザ患者を分析。
 パンデミックインフルエンザ患者はより若く、季節性インフルエンザよりも発熱頻度は低い傾向にあった。
 45人がパンデミックインフルエンザ、5人が季節性H1N1インフルエンザ、49人が季節性香港インフルエンザ。
 
 99人の対象となったインフルエンザ患者は少なくとも2人以上の家族と生活していた。鼻腔及び咽頭ぬぐい液でPCRと培養により診断が確定された。
 家庭内における二次感染率はパンデミックも季節性も類似していて、前者が8%、後者が9%であった。
 感染までの平均日数は、パンデミックが3.2±1.3日間、季節性インフルエンザが3.4±1.2日間であった。
 感染率は感染者が15歳以下の場合高い傾向にあったが、差は有意ではなかった。
 両インフルエンザにおけるウイルス排出期間は、発症後5~7日間であった。呼吸器症状は10日間近く続いた。
 ウイルス排出期間はタミフル服用者と非服用者の間で差は認められなかった。
 47人の感染者とその家庭内接触者の血清が、急性期と25~35日後の回復期に得られた。血清学的に感染が確認された家庭内感染者のうち36%が無症状で、またウイルス排出も認められなかった。
 またタミフル服用感染者は非服用感染者に比較して、産生抗体価が低い傾向にあった。
 
 以上の事実は。パンデミックインフルエンザが季節性インフルエンザよりも重症ではないという疫学的事実を提供するものであると、著者達は主張している。

 出典:New.Engl.J.Med
6月16日


Lessons to be learned after London's 85 swine flu deaths, says Assembly East London Advertiser  (英国) ロンドン議会委員会報告書、85人のブタインフルエンザ死者発生により得られた課題
 報告書によると12万3000人の市民がブタインフルエンザで感染し、85人が死亡した。
 報告書ではインフルエンザ流行の実態と対策について初めて検証した。

 (インフルエンザ相談ホットラインで処方され)、インフルエンザ薬を受け取りに遠方までゆく必要がある市民もいた。
 当局は最悪のシナリオを想定して過剰な程の対策を計画していた。それは結果的に毒性の低いインフルエンザに対して、どのような対策をとれば良いかの判断が付かなかった関係者も出た。
 「改善の余地がある」
 議会の保健委員会の委員長であるジェームス・クレバリー氏がコメントしている。
 
Today In History WNCT (米国) 歴史で見る今日
AP

2006 - The World Health Organization details the first evidence that a person likely caught the bird flu virus from a human, then passed a slightly mutated version to another person. But experts say the genetic change does not increase the threat of a pandemic.

 WHOは鳥インフルエンザウイルスが人から人へ感染した可能性を示唆する初の発表を行った。ウイルスはその後軽度の変異を生じて、もう1人の人に感染した。しかし専門家は遺伝的変化はパンデミックを生じる危険性はないと説明。

 当時の報道から。
 
Winnipeg Sun (カナダ) 人感染者が感染を拡大の可能性?

 
 インドネシアで発生した鳥インフルエンザの集団発生は、ウイルスが人からさらに他の人への感染に成功した初のケースの可能性があることが、WHOから昨日発表された。

 WHO報道官は世界パンデミック・アラートレベルを現在のフェース3から4へ上げる手続きにはまだ入ってはいないと語った。
 しかし報道官のマリア・チャンさんは、WHOはアラートレベルの決定にアドバイスする専門家を招集する可能性はあり得ると語り、そこで決定に必要な感染地域でのさらなる情報が話し合われると説明した。
 ”これは一人の感染者から次の人に感染したもので、WHOが初めて把握した事例である”、とチャンさんはCanadian Pressに語った。

 WHOの6段階に分かれたパンデミック対策によると、フェース3では人人感染はないか、あっても患者と濃厚接触した等の特殊な状況での感染である。フェース4になると、小さなクラスター(小集団)または制限された局所的な人人感染の発生で、ウイルスがいまだ十分効率的に、人に感染出来る状態に進化していないていない状況である。フェース6がパンデミックである。


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第22週
 (5月29日~6月4日)
 地域によってインフルエンザ様疾患は増えているが、インフルエンザによるものは少なく、多くはRSウイルスによる。
 この週にはA/H1N1感染者が2名報告されている。
 現在のところ、明確な流行の兆しはない。
 昨年は5月からA/H1N1の流行が始まっている。
 


St. Louis University researchers find a double flu fighter KMOX.com  (米国) セントルイス大学の研究チーム、インフルエンザ二重攻撃ワクチンを見いだす
 セントルイス大学ワクチン開発研究センターでの研究。
 A/H1N1ワクチン接種後の人から回収された抗体は、マウスに投与すると1918年のスペインインフルエンザウイルスの感染を予防することが見いだされた。
 同ワクチンがA/H1N1ウイルスだけでなく、スペインインフルエンザウイルスに対しても効果を持つことが示唆。
 A/H1N1ワクチンはスペインインフルエンザウイルスがバイオテロに用いられたとしても、それを防ぐ効果を持っている可能性があると、研究チームでは推測している。
Swine flu shot protects against 1918 flu - study Reuters (国際) A/H1N1ブタインフルエンザワクチンは1918年のスペインインフルエンザをも予防可能:研究報告
 ニューヨークのマウントシナイ医学大学の研究チームによる。
 A/H1N1ワクチン接種者は、1918年に発生したスペインインフルエンザのウイルスの感染をも予防される可能性が研究で示された。
 科学雑誌の” Nature Communications”に発表された。
 スペインインフルエンザウイルスは、アラスカの凍土に埋葬されていた死者の体内から得た検体から、遺伝子を再構築して得られた。
 スペインインフルエンザウイルスの再構築は、非常に危険な操作であり、それが外部に漏れ出す危険性がある。また同ウイルスがバイオテロを目的に使用される危険性もある。そのように研究者達は説明し、今回の研究結果から、そのような事態が起きた場合、A/H1N1ワクチンが有効であることを示していると推測している。

 マウスにA/H1N1ワクチン、季節性H1N1ワクチン(2007年のウイルスソ連型)、季節性H3N2ワクチン(香港型)、またはワクチン非接種の処置を施した。
 そして21日後に致死的量のスペインインフルエンザウイルスを投与した。
 A/H1N1ワクチン投与のマウスは全て生存し、季節性H1N1ワクチン投与のマウスは80%が生存した。一方、H3N2ワクチン投与、およびワクチン非投与のマウスは全て死亡した。
 季節性インフルエンザワクチンを接種した人々は、その後感染するインフルエンザウイルスに対して、ある程度の予防効果が認められるという事実がある。今回の研究は、過去のウイルスに対しても効果が認められることを示している。
 また、A/H1N1ウイルスは、スペインインフルエンザウイルスが数十年に亘って変異および変化した現在の季節性インフルエンザウイルスH1N1よりも、遙かにスペインインフルエンザウイルスに近いことも今回の研究で確認された。
 著者達は、世界で多くの人々がA/H1N1ワクチンの接種を受けていることから、1918年のウイルスに対する交差免疫が世界中で獲得されている可能性が高く、また実際にA/H1N1ウイルスに感染した人々も交差免疫ができているだろう、と語っている。
Spurt in swine flu deaths in Kerala, health ministry to send team Calcutta Tube (インド) インド、ケラーラ州でブタインフルエンザ死者が増加、保健省が専門チームを派遣
 この1ヶ月間、インド南部のケラーラ州で9人の妊婦を含む16人がブタインフルエンザで死亡し、感染者が200人以上発生していることを保健省の当局者が明らかにした。3人の専門家が派遣され状況の把握が行われている。
 モンスーンがケラーラ州を襲って以来感染者が急増している、と当局者は説明している。
 当局者によると5月15日以来、201人が検査で感染が確認され、16人が死亡しているという。しかし死亡者のうち10人はこの1週間に発生しているとされる。
 インド全体では14人がこの1週間で死亡している。
 6月9日段階で少なくとも1540人がインドで死亡している。
 
Mass buy-up of flu medication raises questions Southland Times  (ニュージーランド) 政府の大量のインフルエンザ医薬品購入に疑問が提起
 大量にニュージーランド政府がインフルエンザ薬とワクチンを購入したことに対して、疑問が呈されている。理由は、パンデミック宣言が製薬企業の利潤のために行われたとする報告者がヨーロッパで出されたからである。

 英国医学雑誌( British Medical Journal (BMJ) )の調査は、WHOのパンデミックインフルエンザに対するガイドラインを作成した主要な専門家達が、彼らの作成するガイドラインで巨額の利益を得る製薬企業のために働いたことを見いだした。
 WHOの勧告の結果、ブタインフルエンザのパンデミックの前にも最中にも、各国は大量のタミフルのようなインフルエンザ薬を購入した。
 しかしWHOは商業的利益は、勧告のどの部分にも関与していなかったと主張している。

 2005年、ニュージーランドは世界的パンデミックに備えてタミフル120万錠(12万人分)を購入したが、2万人分しか使用されず、6万人分が各地域へ配布されただけである。
 政府はブタインフルエンザH1N1がニュージーランドで発生して間もなく、もう一つのインフルエンザ薬であるリレンザを23万5000人分購入した。
 政府はまた30万接種量のブタインフルエンザワクチンを購入した。
 そして先月、90万接種量の季節性インフルエンザワクチン(ブタインフルエンザH1N1を含む)を購入した。

 クライストチャーチ市のオンタゴ大学のレス・トゥープ教授は、製薬企業が政府や医学関係者に不当な影響を及ぼしたことは間違いはないと語る。
 タミフルのような抗インフルエンザ薬の効果は、製薬企業により誇張され、実際にはそれほど驚くような効果は無いことが示された、と教授は語る。
 トゥープ教授は、第2波の兆候がなく、A/H1N1インフルエンザウイルス株は季節性インフルエンザワクチンに含まれたのにも関わらず、A/H1N1ワクチンがいまだ数千人の保健医療関係者や妊婦に接種されているのは疑問であると語る。
 「買った以上は、使わなければならないという発想だ」、と教授は語る。
 政府の最初の対策は、当時ウイルスは感染しやすく、致死性が高い可能性が指摘されていたから、妥当ではあったと教授は語る。
 しかし、対策内容は、多くの人々が軽症で治癒することが判明した時点で再考されるべきだった。

 BMJでの調査は、2004年にインフルエンザ薬の備蓄を勧めたガイドラインを作成したWHOのアドバイザー達が、ロッシュ社やグラクソスミスクライン社から、講演料やコンサルタント料を受け取っていたことを明らかにした。
 WHOのチャン事務局長は、同機関へのアドバイスに製薬企業の影響があったことを強く否定した。
 「いかなる時も私の決定に商業的利益が関与することはない」
 
 一方、ヨーロッパ評議会は、今月報告書を提出し、ブタインフルエンザ対策により巨額の社会的予算が浪費され、そしてヨーロッパ社会は大きな健康危機に直面していると過剰に脅威が煽られた、とまとめている。
6月15日


Chile's Daily News Brief: 15th June The Pulse  (チリ) チリで今シーズン初のA/H1N1死者
 タルカで今シーズン初のA/H5N1死者が発生した。22歳の学生で5月30日に入院した。ワクチンは未接種であった。
Flu vaccine doses top one million TVNZ (ニュージーランド) ニュージーランド、インフルエンザワクチン接種者、今年度100万人に達する(史上最大)
 保健大臣のトニー・ライアル氏は、ニュージーランドにおける季節性インフルエンザワクチン(A/H1N1を含んでいる)接種者が、今年度100万人に達し、史上最大の数となったことを発表した。
 A/H1N1インフルエンザは軽症とはいえ、中には重症例も発生し、1000人以上が昨年の流行で入院した。
 6月30日までがワクチン接種期間であるが、優先者はそれ以降で無料で接種可能とされる。
 ニュージーランドでは3月からワクチン接種が行われている。
Few doctors turn up for swine flu vaccine, fear side effects  Hindustan Times (インド) インド、マハラシュトラ州、ブタインフルエンザワクチンの接種を受ける医師は、副作用の恐れから少ない
 今月に入ってからブタインフルエンザ感染者が増えているにも関わらず、医師やパラメディカルでワクチン接種を受ける例は少ない。
 州全体で4月以来、わずか592人の医療関係者しかワクチン接種を受けていない。
 接種希望が少ないのは副作用の恐れがあげられている。
 州に入ってきているワクチンは、フランスのサノフィ・パスツール社製のものである。
Health Officials Say Swine Flu Dormant For Now, But Still A Threat KPBS (米国) 保健当局者:ブタインフルエンザは現在終息しているが、いまだ脅威的存在である
 
 1年前はブタインフルエンザは重要な問題だった。しかし現在はH1N1ウイルスに対する注意は向けられなくなっているが、州保健局では脅威はいまだ存在していると警告する。
 カリフォルニア州公衆衛生局長の談話。
 カリフォルニア州で昨年4月以来、ブタインフルエンザが流行し始め、9000人が入院し600人が死亡した。
 現在もウイルスは存在しているから、脅威は去っていない。
 これまでの歴史から言うとパンデミックは第3波及び第4波として再流行する可能性がある。
 しかし州はさらなる波が発生しても対策は十分整えている。
 インフルエンザ発生の早期発見。医師間のネットワーク。
 公衆衛生局長によると、カリフォルニア州民の1200万人近くがワクチン接種を行っており、他に数百万人が感染して免疫を保有しているという。州民の人口は3500万人。(半数以上が免疫を獲得:訳者)。
 秋に接種される季節性インフルエンザにはA/H1N1インフルエンザも含まれている。
6月14日


HealthMin: Most swine flu vaccines to be destroyed Prague Daily Monitor (チェコ共和国) チェコ共和国:ほとんどのブタインフルエンザワクチンが破棄に
 英国グラクソスミスクライン社のワクチン、パンデムリクス100万接種量のうち2月に30万接種量をキャンセルしたが、実際に接種されたのは人口の1%にも満たない66000人であった。
 未使用の60万接種量のワクチンの有効期限は夏なので大多数は破棄されるだろうと保健大臣が語った。
China urges heightened measures against bird flu China Post  (台湾) 中国保健省、鳥インフルエンザ対策の強化指示
 中国保健省は12日、湖北省で女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことをふまえ、鳥インフルエンザウイルスの拡大の可能性に対して十分な対策をとるように国内に呼びかけた。
 以下昨日の新華社通信の内容。
Korea - Bird flu strikes again Meattradenewsdaily  (英国) 韓国で再びH7N7鳥インフルエンザが発生
韓国獣医当局は、6月4日、国際獣疫事務局(OIE)に低病原性鳥インフルエンザ(我が国の家畜伝染病予防法では高病原性)が、5月18日から25日の間に4カ所の農場で発生したことを報告した。
 ウイルスはH7N7であるが、発生場所は前回(5月13日)発生したChulla namdo 全羅南道の南部の2県と、隣のChulla bukdo全羅北道である。
 32882羽の家きんが殺処分された。
Swine flu cases rise to 36 in Kerala India Today  (インド) ケ-ララ州でブタインフルエンザ感染者36人に増加
 南インドのケーララ州でA/H1N1インフルエンザ感染者が増え、今月に入って36人となった。

WHO and conflicts of interest The Hindu  (インド) WHOと利益相反(利益対立)
 インドの大手英字日刊紙の社説
 英国医学雑誌(BMJ)に掲載されたWHO批判論説を中心に問題を解説。
 世界が陰謀説を受け入れたため、パンデミック発生が誤った診断で、そして誤った宣告であり、それにより試薬企業が利潤を得たことを認識できていない。
 チャン事務局長は反論の手紙をBMJ編集部へ送っている。
6月13日

China's Health Ministry calls for heightened measures following bird flu death Xinhua (中国、新華社) 中国保健省、鳥インフルエンザ死亡者発生により、国内各地における対策の強化を求める
 中国保健省(衛生部)は12日、6月3日に湖北省で女性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことから、ウイルスの拡大予防対策を強化するように求めた。
 保健省は、各地の保健当局に対して、南部でインフルエンザのピークシーズンを迎えることから、呼吸器疾患の予防と管理対策を強化するように指示した。
 万博開催の上海とアジア大会開催の広州の保健当局は、感染の拡大対策の具体的緊急計画を作成することが求められた。
 全ての保健当局は、原因不明の肺炎が発生した場合は迅速に報告することが義務づけられ、そして鳥インフルエンザのような呼吸器疾患の発生に備えて、医療用具と医薬品を準備するように義務づけられた。

Health official suggests easing H1N1 alert in Vietnam Thanh Nien Daily (ベトナム) 保健省、H1N1警戒度を軽減の予定
 ベトナム保健省の高官が、国内では新規H1N1感染者が出ていないことから、警戒度を軽減するすることを示唆した。
 「我々はA/H1N1インフルエンザの警戒度を下げるべきである」、と保健省副大臣のトゥリン・クアン・フアン(Trinh Quan Huan )氏が報道機関に8日語った。
 同氏によるとこの2ヶ月間以上ベトナムでは新規感染者は出ていないとされる。
 同氏は、WHOは5月のジュネーブの会議で各国に、パンデミックに対する警戒度を下げないように求め、同機関は警戒度を軽減する予定はないと発表した、と語った。
 ベトナム保健省はこの件について同機関から公式通知は受けていないと、フアン氏は語った。
 しかし保健省では他の国からこの数ヶ月間、WHOが実情にそぐわない勧告を行ってきていることを聞いている。
 同氏はさらに保健省が、WHOの高官達が大製薬企業の影響を受けてパンデミック宣言が行われたことを聞いている。
 「これは大問題である」、とフアン氏は語っている。

 6月4日にヨーロッパ評議会が、WHOの大製薬企業とのつながりに関する報告書を発表した後、いくつかの報告でアナリスト達の見解が示され、それによると 各国がブタインフルエンザ用ワクチンを発注したことから、製薬企業は70~100億ドルの利潤を得たとされる。

 ヨーロッパ評議会の報告書によると、WHO、EU機関、各国政府により作成されたガイドラインは、巨額の公共予算の浪費を招き、ヨーロッパ社会が健康危機に直面しているという不当な脅威を煽ったとされる。
 報告書によるとWHOのパンデミックの決定は、その理由が十分説明されてなく、その決定過程は不透明で、今後、より重大なパンデミックが起きたとき、WHOの勧告は、十分な社会的信頼を得られないかも知れないとしている。

 またもう一つのBMJ(British Medical Journal )とジャーナリズム研究機関(Bureau of Investigative Journalism)からの報告では、2004年にWHOから発表されたパンデミック・ガイダンスは、先に他の研究でロッシュ社とグラクソスミスクライン社から報酬を受けていた3人の専門家により作成されていたとされる。
 WHO事務局長のマーガレット・チャン博士は、6月8日にBMJにレターを送り、自分の決定には片時たりとも商業主義的関心が関与したことはないと、反論している。
 チャン事務局長は、BMJ編集部へのレターで、BMJの論説は、読者にWHOの決定には製薬企業に利潤をもたらす目的が加味されているとの印象を受え付けているように思えると、批判している。
 「しかしながら、決定は明確にウイルス学的及び疫学的基準に従っている」
 事務局長は、WHOへの非難は事実に基づいていないと反論している。

 同事務局長は昨年6月にパンデミック宣言した際、死者数は少なく、また重症な感染者数が劇的に増えることも予想はされないと語ったことを、強調している。
6月12日


State gears up to tackle monsoon wave of H1N1 Times of India  (インド) インド、マハラシュトラ州、モンスーンによるH1N1インフルエンザの再流行に備える
 モンスーンの時期が到来し、気温が低下したことから州ではブタインフルエンザの再流行に備えるべく対策を強化した。
 州保健局大臣は11日にムンバイに保健担当者を招集し、H1N1ウイルス拡大防止策を話し合った。
 既にプネー市や州の他の地域では、6月1日以来、散発的にブタインフルエンザが発生している。
 この10日間で、州では5人が死亡し、28人が検査でウイルス感染が確認された。
Panndemic(H1N1)2009-update104 WHO パンデミックインフルエンザ週報104  (5月31日~6月6日)
 6月11日発表

 6月6日の時点で世界214カ国から少なくとも18156例の死亡が報告されている。

 パンデミックインフルエンザの発生が最も多く報告されているのは、カリブ海諸国の一部と東南アジアの熱帯地域であるが、その程度は下がってきている。
 南半球での温帯地域が冬期間に入るにつれ、散発的にインフルエンザ発生が見られているが、チリとウルグアイでは、少数ではあるがパンデミックインフルエンザウイルスが検出されている。2010年2月末以降、世界的に流行しているインフルエンザの中心はB型であるが、南アメリカや東アフリカ等では程度は低いながらも季節性H3N2型ウイルスの検出頻度が増えている。

 アメリカ大陸熱帯地域:パンデミックインフルエンザの発生程度は低い。しかし季節性インフルエンザH3N2及びB型ウイルスが感染活動を示している地域が見られている。キューバでは主としてパンデミックインフルエンザが発生しているが程度は減少してきている。ブラジルでは散発的にパンデミックインフルエンザが見られている。ベネズエラではA型季節性インフルエンザによる呼吸器疾患が増えている。

 アジア:全般的にパンデミックインフルエンザの発生は少ない。しかし熱帯地域であるシンガポール、マレーシア、バングラデシュでは発生数は多い。シンガポールでは呼吸器検体の34%からパンデミックインフルエンザウイルスが検出されている。マレーシアでは5月をピークとしてパンデミックインフルエンザ感染者数は減少し始めているようだ。バングラデシュでは程度は低いがパンデミックインフルエンザとB型インフルエンザが発生している。東アジアではB型インフルエンザが程度は低いながらも流行している。

 サハラ砂漠以南地域:パンデミックインフルエンザは西アフリカの一部で、特にガーナで程度は低いが発生している。ガーナでは検査される呼吸器検体の13%がパンデミックインフルエンザウイルスとされる。ケニヤとタンザニアでは、5月末から少ないが有意の数の季節性H3N2ウイルスが検出されている。

 温帯地域:北半球ではパンデミックインフルエンザウイルスは、散発的に検出されている程度である。南半球ではチリとウルグアイで少数のパンデミックインフルエンザウイルスが検出されている。南アフリカではパンデミックインフルエンザウイルスは検出されていない。ニュージーランドとオーストラリアでは、インフルエンザ様疾患の数は少ない。オーストラリアでは散発的に季節性インフルエンザが最近発生している。


6月11日

シベリアで野鳥がH5N1鳥ンフルエンザで死亡 OIE (国際獣疫事務局)
 当情報は7月4日に掲載した。
 ロシア、シベリア南部、モンゴルとの国境沿いの湖で6月11日に多数の野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡しているのが確認されていた。
 国際獣疫事務局(OIE)へ報告された。
 場所はモンゴルとの境になるが、モンゴル最大の湖、ウブス湖で多くの渡り鳥が翼を休める地帯もある。
 6月11日に確認されているが、同時にはチベット自治区でも湖周辺で多くの渡り鳥がH5N1に感染して死亡している。
 少なくとも中国南部から北方に向かってウイルスは広がっているのは間違いはない。
 2005年5月の青海湖事例と似ている。(そこからシベリア、ヨーロッパ、中東、アフリカへウイルスが広がった)。
 
 

Swine flu scare returns, 12 die in a week IBNLive.com  (インド) インド、ブタインフルエンザの脅威が再燃、1週間で12人が死亡
 モンスーンの時期になりA/H1N1感染者が増えている。この1週間で全土で12人が死亡。
 マハラーシュトラ州とケーララ州で各4人が死亡他。
Swine flu: 15 positive cases in Kerala INDOlink  (インド) インド、ケーララ州でブタインフルエンザ15人が隔離
 インド南部のケーララ州でブタインフルエンザが再燃したと保健局が発表した。
 保健局の発表で、15人が病院に隔離、47人が家庭で治療中とされる。
 さらN65人の咽頭ぬぐい液が昨日から検査に回されている。
 ケーララ州では昨年ブタインフルエンザで46人が死亡している。
アイルランド保健省インフルエンザ週報21&22週
 インフルエンザ様疾患の発生は少なく、ウイルスも分離されてない。

 赤線:人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数。縦棒:各種ウイルス分離数。

英国保健省インフルエンザ週報第22週
 5月31日~6月6日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない(イングランド)。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週以来分離されていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率
 
50人が流行下限ラインを現している。


'Swine flu' hits Techiman SHS, 16 students affected Citifmonline  (ガーナ) ガーナ、ブタインフルエンザが高校で集団発生
 ブロンアファロ(Brong Ahafo )地域のテチマン高校でA/H1N1インフルエンザが集団発生した。
 いくつかの学級が閉鎖された。約130人が病院を受診した。
 ガーナではこれまで学校を中心に患者が発生しているが、死者は1人である。
6月10日

香港保健省第23週インフルエンザ週報 5月30日~6月5日
 インフルエンザ様疾患の増加傾向はない。
 A/H1N1による重症例はない。死者も発生していない。
 全分離ウイルス株数は66、そのうちA/H1N1は14株、B型は46株。
Nagqu: Bird flu found in wild dead birds People's Daily Online (中国、人民日報) チベット、ナクチュ県で野鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡
 チベット自治区のナクチュ県で、野鳥がH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染して大量に死亡したと、中国農業省が9日発表した。
 同地区のCo Nyi で5月中旬以来170羽のユリカゴメや雁を中心とした野鳥が死亡した。
 国立鳥インフルエンザ専門研究所の検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
 5月25日以降は見つかっていない。
 また家きんでの感染も報告されていない。
Studies examine H1N1 spread in military units, households CIDRAP (米国) H1N1ウイルスの兵士基地および家庭内における拡大に関する研究2件
 ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New England Journal of Medicine (NEJM))論文。
 シンガポールの研究。
 2009年6月、4カ所の兵士基地でA/H1N1インフルエンザが発生した際、感染者は隔離、接種者及び他の兵士は全員タミフルの予防内服を行った。
 タミフル予防内服を行う前は、1175人の兵士の中で75人が感染、タミフル内服開始以降は7人のみ感染。
 兵士達は週末は家庭に帰るが、それ以外の日は基地内に留まっている。
 半閉鎖的環境では患者の早期の隔離とタミフルの予防内服で、感染の拡大を防止できる。

 香港の研究。
 2009年7月から8月にインフルエンザが流行した際、A/H1N1パンデミックインフルエンザとH3N2香港型インフルエンザ、及び季節性H1N1インフルエンザが混在していた。
 14カ所の外来医療機関で348人のインフルエンザ様患者に対して色々な角度から分析した。
 ウイルス学的に45人のA/H1N1インフルエンザ、49人のH3N2香港型、および5人の季節性H1N1が対象になった。
 家族内感染の率はパンデミックA/H1N1インフルエンザで8%、季節性インフルエンザで9%であり差は無かった。症状にも差は認められなかった。
 ウイルス排出期間はA/H1N1も季節性も変わりはなく、5~7日間続いた。呼吸器症状は10日間続いた。
 パンデミックおよび季節性インフルエンザで、血清学的に確認された(抗体産生が確認)家族内感染者の36%は無症状でウイルスの排出も認められなかった。
 迅速検査で確認された感染者の44%にタミフルが投与されたが、パンデミックインフルエンザの場合、血清学的分析では回復期の抗体価が無治療の感染者に比較して低く、抗インフルエンザ薬を服用した感染者は、再流行に際して感染のリスクが高い可能性が示唆された。さらなる研究で確認する必要があると研究者達はコメントしている。
Hong Kong to dump 2.8 mn doses of swine flu vaccine Thaindian.com  (タイ) 香港、280万接種量のブタインフルエンザワクチンを破棄
 香港保健局は約280万接種量のブタインフルエンザワクチン(2820万ドル相当)を破棄する予定と発表した。
 300万接種量を購入した香港では、保健医療関係者、妊婦、乳幼児、高齢者、基礎疾患保有者に無料で接種されたが、ワクチンの安全性が危惧されて接種希望者が少なかった。
 安全性がアピールされたが、20万接種量程度が投与された。
 秋にはブタインフルエンザA/H1N1を含む季節性インフルエンザワクチンが接種される。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第22週
 第20週 5月31日から6月6日

 インフルエンザ様疾患の増加は認めていない。
 A/H1N1ウイルスは82検体中4件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。
 

Avian influenza – situation in China  WHO  鳥インフルエンザ-中国における状況
 2010年6月8日-中国保健省は新規H5N1人感染例を確認した。事例は27歳の湖北省の妊婦である。女性は5月23日に発症し、6月3日に死亡した。調査では発症前に病的および死亡した家きんに接触したことが感染の原因とされる。接触者の健康調査が観察されているが、現在のところ健康に異常を呈した人はいない。
 中国では39人の感染がこれまで確認されていて、そのういち26人が死亡している。
6月9日


Nine swine flu deaths reported in June Sify  (インド) 6月に入ってから9人が豚インフルエンザで死亡
 先週、インド国内で9人がブタインフルエンザで死亡したと保健省が発表した。
 モンスーンの季節が先月末に始まってから、南部ではブタインフルエンザ感染者数が増えだした。湿度が高くなったせいと保健省では説明している。
 5月はインドでの死者数は10人であった。
18 New H1N1 Cases Detected Bernama (マレーシア) マレーシア、18人の新規A/H1N1感染者が確認
 昨日までの24時間で18人のA/H1N1感染者が確認された。これまでの累積数は14987人となった。死者数は88人。
 現在、インフルエンザ様疾患で502人が入院しているが、そのうち51例がA/H1N1と確認されている。
WHO director replies to BMJ critique of pandemic actions CIDRAP  (米国) WHO事務局長、BMJのパンデミック対策への批評に答える
 BMJの批判、すなわち利益相反と対策決定の不透明性に対して、チャン事務局長はWHOが企業との関係を規則的に強化する必要はあるが、同女史のH1N1パンデミック宣言には商業的利益は影響していないと主張した。BMJへ同女史が送った手紙が発表された。

Conflicts of Interest? Los Angeles Times (米国) 利益相反?
 WHO事務局長は8日、ブタインフルエンザのパンデミック宣言は、製薬企業と関連を持った専門家達の影響は受けていないと、BMJで批判されている事実を否定した。
 以下昨日のAP報道。
6月8日


WHO chief rejects claim that swine flu decision was influenced by advisers ... The Canadian Press  (カナダ) WHO事務局長、ブタインフルエンザ対策に製薬企業が影響していたとの批判を退ける
 AP
 チャンWHO事務局長はパンデミック宣言に製薬企業と関係を持っている専門家の影響を受けたという批判を強く退けた。BMJ編集部へ送った手紙が発表された。
 同事務局長は、「いかなる時も、1秒間たりとも、私の意志決定に商業主義的関心は関与したことはない」、と語った。
 同女史はまたWHOが不必要に、公共に対してパンデミックの脅威を煽ったとする批判をも退けた。
 同女史が8日に出した声明は、WHOの専門家達における利益相反の対処の問題、及び各国に対するアドバイスの不透明性に疑問を呈した、BMJの論説に対しての反応である。

危機管理体制の大幅強化を 新型インフル対策で報告案 中国新聞 
 昨年から今年にかけて流行した新型インフルエンザへの対策を振り返る厚生労働省の総括会議の第7回会合が8日開かれ、国立感染症研究所や保健所など、危機管理を担う組織の大幅強化や人材育成などを求める提言をまとめた。報告書として厚労省に提出する。  会議には感染症対策の専門家や医療関係者らが参加し、医療や水際対策、ワクチン供給などを議論。座長の金沢一郎日本学術会議会長は「指摘したいろいろな問題をそのままにすることは許されない」とし、再流行や病原性の高いインフルエンザの発生に備えた国や自治体の行動計画見直しや予算充実などを求めた。  提言では、発生前の情報収集や公開、発生時の対処強化のため、危機管理体制の強化と、関係機関の役割の明確化が必要と指摘。また、政策決定の過程や根拠の公開、一元的な広報など、対策関係者間や国民との意思疎通の改善も求めた。  現行の行動計画は鳥由来の高病原性インフルエンザ発生を想定したものだが、今後は致死率や感染力に応じた複数の対処策を用意し、ウイルスの特徴などに応じて柔軟に方針転換するべきだとした。
Almost 2 million swine flu jabs went unused IrishExaminer.com (アイルランド) アイルランド、ほぼ200万接種量のブタインフルエンザワクチンが未使用
 パンデミック脅威の間に政府によって購入されたブタインフルエンザワクチンが、約200万接種量使用される可能性がないことか確認された。
 またWHOにパンデミックインフルエンザ用にインフルエンザ薬を備蓄するように勧告した専門家達が製薬企業から経済的提供を受けていたことも明らかになった。
 ブタインフルエンザのパンデミック宣言により、アイルランド保健省は300万接種量のワクチンを購入した。1280万ユーロを出費した。また家庭医に支払う金額、ワクチン接種啓発キャンペン等2660万ユーロが必要となった。
  人口の25%がワクチン接種を受け、15%が感染したと推定されている。
WHO probe to examine handling of flu pandemic AsiaOne  (シンガポール) WHOのインフルエンザパンデミック対策が精査される
 WHOのパンデミック対策を検証している外部専門委員会の委員長が、7日、先週WHOの役割に関して批判が起きたことに対して、問題点は同委員会でも検証されると語った。
 WHOの外部専門家からなる検証委員会の委員長であるハーベイ・ファインバーグ氏は、4日に発行されたBMJとヨーロッパ評議会の報告書を歓迎すると語った。
 「これらの報告は、WHOのH1N1対策に潜在的に加わっていた不適切な影響の問題を指摘し、さらにWHOの対策に決定に関係した専門家達に利益相反行為が生じることを防止しなかった問題点を指摘している」、とファインバーグ氏は語った。
 さらに同委員長は、
 「これらのトピックスは、我々の委員会でも十分検証される予定である」とコメントで付け加えている。
 検証委員会は第二回目の会議を6月30日から7月2日までの期間に開催される。
 ファインバーグ氏は、米国科学アカデミーの医学研究所の長官であり、29人のWHO外部専門家からなる検証委員会の委員長を務めている。最初の会議は4月に開かれている。

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第21週
 (5月22日~28日)
 インフルエンザ様疾患は増えているが、インフルエンザによるものは少なく、多くはRSウイルスによる。
 この週にはA/H1N1ウイルスの検出はされていない。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 昨年は5月からA/H1N1の流行が始まっている。
 


報告書まとめへ詰めの議論 神戸新聞
 昨年から今年にかけて流行した新型インフルエンザへの対策を振り返る厚生労働省の総括会議は8日の第7回会合で、広報、医療体制、ワクチンなどの課題をまとめた報告書案について詰めの議論をした。 厚労省は今後の再流行や高病原性インフルエンザの発生に備え、報告書を基に対策の改善を図る方針。
 前回の会合では(1)ウイルスの病原性や感染力に応じた複数の対策が必要(2)流行状況把握の強化-など、報告書案の柱となる主要な論点を厚労省側が示した。
 これに対し医療や自治体の関係者らからは、一元的に情報発信できる広報担当者の設置、政策決定の根拠や過程の公開、国と地方の役割明確化など、関係者間や国民との意思疎通の改善を求める意見が多く出されていた。

WHO Panel to Probe 'Conflict of Interest' Reports FairWarning  (米国) WHO委員会、利益相反問題を検証に
 英国医学雑誌(BMJ)とヨーロッパ評議会が、WHOによる多額の公共の金の浪費、不当な恐怖の煽り、決定の不透明性、および製薬企業との間の利益相反を批判したが、WHOの対策を検証する外部委員会の委員長であるハーベイ・ファインバーグ氏は、これらの批判を歓迎すると語った。
 「これらの報告は、WHOのH1N1対策に潜在的に加わっていた不適切な影響の問題を指摘し、さらにWHOの対策に決定に関係した専門家達に利益相反行為が生じることを防止しなかった問題点を指摘している」、とファインバーグ氏は語った。
 検証委員会はWHO批判者達やWHOの対策決定に関与した同機関外部の公的担当者達から6月末に意見を聞く予定となっている。最終的報告書は来年当初に発表される。

Swine flu death in Mumbai The Hindu (インド) ムンバイでブタインフルエンザ死者発生
 約8ヶ月ぶりにブタインフルエンザで死亡者がムンバイで発生した。
 25歳女性で5月30日に双子を出産し、5日に死亡した。
 6月2日に初めてH1N1インフルエンザ症状が出たため、女性はタミフルを投与された。
 過去1週間に4人が検査でH1N1感染が確認されている。

H5N1 kills mom-to-be The Standard (香港) H5N1鳥インフルエンザ、若い妊婦を感染死
 AFP
 昨年初め以来、初めて鳥フルエンザの死亡事例が、若い妊婦で報告された。
 保健省によると22歳の4ヶ月の妊婦が5月末に鳥インフルエンザに感染し、3日に湖北省で死亡した。
 女性は死亡する前日にH5N1インフルエンザと診断された。
 中国CDCの調査で、女性が発病する前に死亡した家きんに接触していたことが確認されたが、自宅の周辺で発病している家きんは存在していなかった。
 女性の明確な感染源は不明とされる。
 この死亡で、2003年にH5N1鳥インフルエンザが中国で再興して以来、中国での鳥インフルエンザ死亡事例は、WHOの統計に基づくと26人(全感染者数39人)となった。

 中国は世界で最も家きん数が多く、多くの鶏が人の近くで飼育されているため、鳥インフルエンザの人への感染の危険性が最も高い国の一つとされている。
 中国は昨年初めの2ヶ月間(1ヶ月間が正しい:訳者)に8人の感染者が発生し、5人が死亡し、パンデミック発生の恐れがでた。しかしそれ以来当局からは報告はされていない。
6月7日

Flu experts 'link' to drug firms  Pak Watan (パキスタン) インフルエンザ専門家、製薬企業と癒着
 WHOにパンデミックインフルエンザ用に抗インフルエンザ薬を備蓄するように勧めていた専門家達が、抗インフルエンザ薬を製造している製薬企業から経済的供応を受けていたことが、ある調査により判明した。
 英国医学雑誌(The British Medical Journal)に掲載された論文によると、専門家達は製薬企業との関係を他の論文では明記していたが、WHOはその関係を公表しなかった。
 その事実はヨーロッパ評議会が、ブタインフルエンザ対策に関するWHOの不透明性を批判した報告が発表されるのと同時に伝えられた。
 WHOの広報官は、ブタインフルエンザ対策のWHOの判断に製薬企業は関与してないとコメントしている。
 各国政府に抗ウイルス剤を備蓄するように勧告した(問題の)ガイドラインは2004年に作成された。
 それにより多くの国がロッシュ社のタミフルとグラクソスミスクライン社のリレンザを大量に備蓄した。
 ブタインフルエンザのパンデミックが宣言されて1年後、備蓄薬剤は使われないままに倉庫に在庫し、政府は契約を解除することを試みている。

 利益相反

 BMJはジャーナリズム研究機関と共同して、2004年のガイドラインを作成した専門家達が、ロッシュ社とグラクソスミスクライン社から、以前に講義やコンサルタント料、および研究協力料として金銭の支払いを受けていたことを確認している。

6月6日

World Health Organization Scientists Linked to Swine Flu Vaccine Makers - Investigation Raises Questions About WHO's Handling of H1N1 Pandemic ABC News (米国) WHOの専門家達、ブタインフルエンザワクチンメーカーと癒着-調査結果がWHOのH1N1パンデミック対策に疑問を呈する
 BMJ報告とヨーロッパ評議会報告。
 米国専門家やWHO関係者のコメントを交えて論評。
Reports accuse WHO of exaggerating H1N1 threat, possible ties to drug makers The Washington Post (米国) WHOがH1N1インフルエンザの脅威を煽り、製薬企業と癒着したと非難する2報告
 BMJ論文と欧州評議会報告書を紹介。
 WHO関係者の反論も交えている。
 最後に以下のように結んでいる。
 WHOの外部専門家によるWHOのパンデミック対策検証委員会委員長のハーベイ・ファインバーグ(米国国立科学アカデミーの医学研究所長官)は次のように電子メールで答えている。
 「これらの報告書は、WHOの2009H1N1パンデミック対策の意志決定に潜在的に不適切な影響が及ぼされた問題を提起しているが、さらに一般論として、WHOにアドバイスする専門家達の間における利益相反に関してWHOがどのように対応したか疑問を呈している。これらのポイントは我々委員会が十分検証してゆく予定になっている」
WHO created 'distortion of priorities' over swine flu scare DigitalJournal.com (国際) WHO、ブタインフルエンザ脅威を不必要に煽った可能性
 欧州評議会からの報告書の解説を中心にコメント。
 
Swine Flu: Really A Pandemic? Peace FM Online (国際) ブタインフルエンザ:本当にパンデミック?
 BMJと欧州評議会の報告書を中心に説明。
WHO scientists linked to drug companies supplying pandemic flu drugs Newsroom Panama  (パナマ) WHOの専門家達、パンデミックインフルエンザ薬を供給する製薬企業と癒着
 BMJの論文を紹介。
6月5日


BMJ, European group criticize WHO pandemic actions  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) BMJ、ヨーロッパ評議会、WHOのパンデミック対策を批判
 CIDRAPによる論説。

 BMJ論文
 パンデミックガイドラインを作成したWHOアドバイザーの名前が指摘
 バージニア大学のフレッド・ハイデン、ミシガン大学のアーノルド・モント、および英国、ライセスター大学のカール・ニコルソン。
  これら専門家の意見をBMJでは聞いている。
 WHOの決定の不透明さ
 WHOに対する弁護:CIDRAP長官、マイケル・T・オステルホルムによる
 ヨーロッパ評議会の報告書

 非常にまとまった客観的論説である。
Panndemic(H1N1)2009-update103 WHO パンデミックインフルエンザ週報101  (5月17~23日)
 6月4日発表

 5月30日の時点で世界214カ国から少なくとも18138例の死亡が報告されている。

 パンデミックインフルエンザの発生が最も多く報告されているのは、カリブ海諸国の一部と東南アジアである。
 南半球での温帯地域でのインフルエンザ流行の兆しはない。

Hong Kong: Notification of a human case of avian flu in Hubei Webnewswire.com  (インド) 香港:湖北省で人の鳥インフルエンザ感染例が公式発表
 香港保健局は、昨夜(4日)湖北省でH5N1鳥インフルエンザの人感染例が確認されたことを、中国保健省から通知されたと発表した。
 患者は湖北省に住む22才の女性で5月23日に発症し。6月3日に死亡した。女性は発症前に死亡した家きんに接触した既往がある。
 香港保健局では、さらに詳細情報を中国保健省に求めている。
Chinese woman dies of bird flu Thaindian.com  (タイ) 中国女性が鳥インフルエンザで死亡
 中国保健省が発表。
 22歳の4ヶ月の妊婦が湖北省でH5N1鳥インフルエンザで死亡した。
 5月23日に発病し、湖北省の病院に入院していたが、3日に死亡した。
 地域での家きんの鳥インフルエンザは確認されてなく、また女性の周辺での感染者は確認されてない。
European rights watchdog: WHO's handling of swine flu outbreak was wasteful .. CKFR  (カナダ) ヨーロッパ人権監視団体:WHOのブタインフルエンザ対策は予算の浪費であり、不当な脅威を煽った
 AP通信内容。
Council of Europe slams WHO handling of swine flu GulfNews (アラブ首長国連邦) ヨーロッパ評議会、WHOのブタインフルエンザ対策を酷評
 下記AP内容

Council of Europe slams WHO handling of swine flu eTaiwan News  (台湾) ヨーロッパ評議会、WHOのブタインフルエンザ対策を酷評
 下記AP内容
Council of Europe slams WHO handling of swine flu Bellingham Herald (米国) ヨーロッパ評議会、WHOのブタインフルエンザ対策を酷評
 AP

 4日発表されたヨーロッパ評議会の報告書は、WHOとヨーロッパ各国政府がブタインフルエンザの脅威を過剰に煽り、製薬企業に利潤をもたらすような決定を秘密裏に行ったと非難している。
 WHOはブタインフルエンザは”偽りのパンデミック”であるとの非難は無責任だとコメントした。
 
 議員会議の保健委員会の報告書では、WHOとEU、および各国政府による公衆衛生ガイドラインは、巨額の公共の予算を浪費し、健康危機にヨーロッパ社会が直面しているという不当な脅威を引き起こしたとしている。
 報告書は4日に公表され、6月24日にヨーロッパ評議会で論議される。ヨーロッパ評議会は、EUに属してなく、WHOに対する権限は何ら保有しない。
 委員会はパンデミック宣言は、その理由が不完全で透明性に欠けていると結論している。
 また委員会は、WHOの勧奨における信頼性は急落しており、将来、より重篤なパンデミックが発生したとき、非常に危険な事態になる可能性があると警告している。また委員会は製薬企業が個人的研究を支援するために、公共的資金援助していることも示唆している。

 数年前、鳥インフルエンザが人の間で発生数を増やして以来、世界各国ではワクチンや抗インフルエンザ薬を備蓄用に購入した。そしてブタインフルエンザの出現で、さらに薬剤を追加購入した国もあった。
 これらの薬剤の多くは未使用のまま余っている。そして流行は何人かの専門家が恐れたよりも、遙かに軽症であった。
 インフルエンザは予想がつかないことから、当局では時には最悪の事態に備えなければならない。当局の中にはブタインフルエンザが1918年のパンデミック並に致死的かも知れないと推定した例もある。
 WHOは昨年のパンデミックは、科学的に全てのパンデミックとしての特徴を保有していたと説明し、WHOは決して製薬企業から不当な影響は受けていないと主張している。
中国、鳥インフルで女性死亡 死んだ家禽類に接触 神戸新聞
 中国衛生省は4日、湖北省鄂州市内の女性(22)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスに感染し、3日未明に死亡したと発表した。
 女性は5月23日の発症前に、死んだ家禽類に接触したことがあったという。ただ、その後の当局による周辺地域の調査では鳥インフルエンザの発生は確認されなかった。
 中国では新型インフルエンザが流行する前の昨年1月末までに、鳥インフルエンザで25人が死亡した。
6月4日

WHO's Flu Advisors Got Payments From Roche, Glaxo, Report Finds BusinessWeek (米国) WHOのインフルエンザアドバイザー、ロッシュ社とグラクソ社から報酬を受けていた、調査結果が発表
 米国Bloomberg報道。
 BMJの発表内容。
Flu experts 'link' to drug firms BBC News  (英国、BBCニュース) インフルエンザ専門家達は製薬企業と結びついている
 WHOにアドバイスしているインフルエンザ専門家達が製薬企業から経済的供応を受けていることが、調査の結果判明した。
 BMJに論文が掲載。
Medical journal raps WHO's handling of swine flu  France24 (フランス) 医学雑誌、WHOのブタインフルエンザ対策を非難
 AFP

 WHOのブタインフルエンザ対策は、不透明性と製薬企業との利益相反で著しく損なわれていると、世界的医学雑誌が4日批判した。
 英国医学雑誌(BMJ)は抗インフルエンザ薬の使用を盛り込んだWHOのガイドラインは、世界的大企業2社、ロッシュ社とグラクソスミスクライン社、から顧問料を提供されていた専門家達により作成されていたことを確認した。
 WHOの規則に反する明らかな事実に対して、WHOは2004年にガイドラインが草稿されたとき、その問題に対して何ら説明は加えていなかった。BMJとロンドンに本部を置くNPO団体であるジャーナリスト研究機関の報告による。
 WHOのアドバイスは、世界中の政府に対して大量の抗ウイルス剤の備蓄を促し、そして2009年のパンデミック宣言は数十億ドルのワクチン発注につながった。
 これらの備蓄医薬品は、パンデミックが専門家の一部が恐れていたよりも致死的ではなく、遙かに軽症であったため、大量に使われないで余ってしまっている。こうした事実から大製薬企業が不当にWHOの決定に影響した疑いがもたれだしている。
 また報告書は、少なくとも”緊急委員会(パンデミック宣言を事務局長に答申した委員会)”のメンバー1人が2009年度にグラクソ社から報酬を受けていたことを明らかにしている。
 WHOのパンデミック宣言により、各国と大手メーカーとの間で締結されていたワクチン契約が自動的に有効化された(WHOがパンデミック宣言した場合、ワクチンを製造して提供する契約。基本的にH5N1インフルエンザを予想していた)。
 WHOは緊急委員会のメンバーを公表していない。理由は製薬企業からの圧力を避けるためとされる。

 「WHOの信頼性は著しく傷ついた」、とBMJの編集者であるファイオナ・ゴドリー博士は語っている。
 WHOが信頼を回復するためには、委員会のメンバーと、緊急委員会における利害争いを明らかにすること、そして、WHOの決定に商業主義が加味されないような製薬企業との厳格な関係を規定する規則を作成すべきである。そのように同博士は語っている。
WHO Slammed Over Swine Flu Drugs 4ni.co.uk  (アイルランド) WHO、製薬企業との癒着に関して糾弾される
 WHOにパンデミックインフルエンザ対策に関してアドバイスしている有力専門家が、製薬企業のための仕事を請け負っていて、製薬企業は結果的に作成されたガイダンスにより多額の利潤を得た。
 この事実は英国医学雑誌(BMJ)とジャーナリスト研究機関(The Bureau of Investigative Journalism )の共同調査で明らかにされた。

 WHOのアドバイスは各国政府に世界的パンデミック対策のために数十億ドルの抗インフルエンザ薬の備蓄につながった。
 WHOは関係した専門家達がどのように動き、結果的に彼らに何がもたらされたかに関して、何度も質問を受けているが、これまでいかなる詳細な答えを返していない。

 この報告は、WHOのパンデミック対策に対するヨーロッパ評議会の高度な批判(その報告書は本日発行された)に同調するものである。それはWHOのブタインフルエンザのパンデミック宣言と大量の抗インフルエンザ薬の備蓄が、不当な製薬企業の影響下で行われた疑いを強めることにつながっている。
 調査によると、WHOは2004年にパンデミックにおける抗ウイルス薬の使用に関するガイダンスを作成したが、その作成に関与したインフルエンザ専門家はロッシュ社とグラクソ社から、指導および相談料として報酬を受けていたとされる。
 作成されたガイダンスでは結論として、各国は抗インフルエンザ薬の備蓄を行うべく計画を立てるべき、としている。
 また調査によると2004年度のWHOのガイダンスの付属文書を作成した2人の専門家は、最近ロッシュ社から経済的供与を受けているとされる。
 BMJとジャーナリスト研究機関の調査にあたった関係者は、WHOはこうした事実を2004年のガイドライン発表時に明示していないと語っている。
 
 BMJの主任編集者のフィオナ・ゴドリー(Fiona Godlee)博士は、WHOの信頼性は著しく傷つけられたと語り、WHOが遅滞なく、また自己弁護ではなく、透明性ある説明を行うならば、信頼性は回復するかの知れない、と語っている。

英国保健省インフルエンザ週報第21週
 5月24日~5月30日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない(イングランド)。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週以来分離されていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率
 
50人が流行下限ラインを現している。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第21週
 第20週 5月24日から30日

 インフルエンザ様疾患の増加は認めていない。
 A/H1N1ウイルスは2件検出された。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。
 
Study shows full effect of Pandemic Influenza H1N1 in New Zealand in 2009 New Zealand Doctor Online (ニュージーランド) 2009年におけるA/H1N1パンデミックインフルエンザの感染状況:ニュージーランド研究
 ニュージーランド保健省公衆衛生局、副局長からメディアへの発表。
 2009年11月から2010年3月までの間に1696人から血清とアンケートによる調査結果を得た。
 またそれとは別に2004年から2009年4月までの間に採取された血清521人分を、流行前の抗体価測定用とした。
 結果:本年3月までにニュージーランドの国民の29%、または126万人がパンデミックインフルエンザウイルスに感染したと推定される。
 126万人のうち48万人は元々免疫を持っていたと推定されるが多くは高齢者であり、78万人は2009年中に感染したと推定される。
 2009年において最も感染率が高かったのは学童であり、3人に1人が感染した。しかし感染者の半数近くは無症状であった。
H1N1 flu pandemic continues, says WHO Expressindia.com  (インド) A/H1N1パンデミックは未だ続いている、WHO声明
 ロイター
 昨日の報道内容。
WHO chief says swine flu is still a pandemic WFMJ  (米国) WHO事務局長、ブタインフルエンザは未だパンデミック状態にあると発表
 AP
WHO Declares H1N1 Pandemic is Not Yet Over Infection Control Today  (国際) WHO、H1N1パンデミックは継続している
 チャン事務局長発表:流行最盛期は過ぎたが、パンデミックインフルエンザは続くと予想され、南半球での流行状況が明確になる7月中旬に再び緊急委員会が開かれ、討議する予定。
WHO advisors again hold at current pandemic phase CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO緊急委員会、現在のパンデミックフェーズを維持
 外部専門家の答申に基づいてWHOは本日、地球上のいくつかの地域で程度は低いながらもインフルエンザは再発を繰り返しているため、南半球での流行状況が明確になるまで、アラートレベルは現状のままに据え置くと発表した。Based on an assessment of outside experts, the World Health Organization (WHO) announced today that it is sticking with its current pandemic alert level, based on recurring but low-level activity in some parts of the globe and until it has more information on the Southern Hemisphere's flu season.
 WHOの緊急委員会は6月1日に8回目の会議を、WHO事務局長にパンデミックフェーズに関して答申するために開かれた。
 北半球でのパンデミック状況が小康状態にあることから、WHO専門委員会ではパンデミックを示すフェーズ6から、ピーク後フェーズに変更するかも知れないと予想されていた。
 現在、最も活発にパンデミックインフルエンザが感染活動を行っている地域は、WHO報告によるとカリブ海諸国と東南アジアである。
 発表でチャン事務局長は、活発な論議の後、委員会は全員一致で、いくつかの地域では流行最盛期は終えたが、ウイルスは他の地域で拡大しており、各国は公衆衛生学的対策と監視態勢を維持し続ける必要があると結論を出したとしている。
 チャン事務局長は委員会は7月中旬に再度パンデミック状況を評価するために開催されると語った。それまでWHOでは南半球でのインフルエンザシーズンの状況について詳細な情報を集積する予定とされる。南半球のインフルエンザシーズンは、5月から10月とされる。
 緊急委員会が役割を完全に終えた後、メンバーは公表されると事務局長は発表の中で明らかにした、
 委員会のメンバーを公表しない理由は委員会の独立性を維持するためであるが、透明性のために、役割が終わった後、氏名を公表するという。
 ヨーロッパ評議会を含むいくつかの団体が、WHOのパンデミック対策に関して批判し、パンデミック宣言とワクチン問題に関して透明性を要求していた。
6月3日

WHO chief says swine flu is still a pandemic though period of most intense .. CJBK  (米国) WHO事務局長、豚インフルエンザは最流行期は過ぎたが、未だパンデミック期にあると発表
 AP

 WHO事務局長は、ブタインフルエンザは流行最盛期は過ぎたように思えるが、未だパンデミック期にあると発表した。
 マーガレット・チャン事務局長は、世界的流行が去ったかどうかについて、7月中旬に再検討すると語った。
 事務局長の発表は、国際的インフルエンザ専門家がアラートレベルを答申した2日後に行われた。
 
 現在アラートレベルは最高位のフェーズ6であるが、ウイルスの拡大状況が減少してくるに従って、ピーク後期間(post-peak)、またはパンデミック終了後期間(post-pandemic)に変更される。


WHO says H1N1 flu pandemic continues Reuters AlertNet (英国) WHO、H1N1パンデミックは未だ続いているとの判断を示す

 ロイター

 多くの地域で活発な感染活動は終息しているが、H1N1パンデミックはいまだ過ぎ去ってはいないとの判断をWHOは示した。
 15人の外部委員で構成された緊急委員会が、各国は未だパンデミックに対して警戒を続け、必要な公衆衛生上の対策と監視を続ける必要があると判断した。WHOのマーガレット・チャン事務局長はそのように発表した。
 「我々は未だパンデミックの中にある」、WHOのグレゴリー・ハートル氏はロイターに語った。
 チャン事務局長はパンデミック・インフルエンザは今後も続くと予想し、緊急委員会が再度7月中旬に開催され、冬季間における南半球での流行状況を分析して、検証される予定と語った。
 チャン事務局長の決定は、委員会の答申に基づくもので、ブタインフルエンザの流行はフェーズ6の状態にあり、それは2009年6月以来継続しているというものである。
 
 東南アジア

 次回の会議では、パンデミックは続いているか、ピークを終えたか、さらには終了したか、を決定する予定とされる。
 ウイルスは現在、カリブ海諸国と当南アジアで最も活発に感染活動を続けている。
 緊急委員会は南半球での冬期間の流行状況を見極めてから、パンデミック状態の結論を出す予定である。


ピーク越えを認定=新型インフルで-WHO事務局長 時事通信 
 世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は3日、新型インフルエンザに関する声明を発表し、世界的な大流行(パンデミック)が最盛期(ピーク)を越えたと認定した。新型インフルエンザの感染状況を審議した1日の緊急委員会の討議を踏まえた判断。
 チャン事務局長は新型インフルエンザの感染状況に関して、「(ウイルスの)最も活発な活動の時期は過ぎた」と言明。一方で「(今後も)パンデミックが続くことが予想される」とし、7月半ばまでに改めて緊急委を開き、感染状況を検証する考えを示した。
 新型インフルエンザの警戒水準は、パンデミックの発生を示す「フェーズ6」が最高。ピークを越えたとの判断は、新型インフルエンザがパンデミックの終息に向けた移行期に入ることを意味する。ただ、最終的なパンデミックの終結にはまだ時間がかかるものとみられ、緊急委は「新型インフルエンザへの警戒態勢を維持することが、各国にとって依然重要だ」としている。
香港保健省第22週インフルエンザ週報 5月23日~30日
 インフルエンザ様疾患の増加傾向はない。
 A/H1N1による重症例はない。死者も発生していない。
 全分離ウイルス株数は103、そのうちA/H1N1は21株、B型は73株。
 定点家庭医を受診したインフルエンザ様患者数/1000外来患者数
 

Swine Flu vaccine arriving in Nepal in September Himalayan Times (ネパール) ネパールへのWHOからのブタインフルエンザ提供は9月
 WHOはネパール保健省からの求めに従って、9月までに270万接種量のA/H1N1ワクチンを提供すると、WHOの当局者が語った。WHOはネパールに対してワクチン接種の技術的指導も行う予定。
 WHOは途上国に対して人口の10%分の接種量のワクチンを提供する。ネパールの人口は290万人。

<速報>沖永良部島の知名町における新型インフルエンザA/H1N1pdm集団発生(ワクチン接種者)―鹿児島県 感染症情報センター

 鹿児島県環境保健センターからの報告

 鹿児島県沖永良部島の知名町で、新型インフルエンザウイルスA/H1N1pdmが原因とされる集団発生を認めたのでその概要を報告する。
2010年5月12日に、沖永良部島を管轄する保健所に、島内医療機関から「インフルエンザ様疾患の患者が多数受診しており、迅速検査の結果、A型が確認されているので、新型インフルエンザ集団感染ではないか」との情報提供があった。当該保健所より行政検査として遺伝子検査の依頼が当センターにあったので、この概要について報告する。
鼻腔ぬぐい液10検体が搬入され、14日にリアルタイムRT-PCRを実施した。結果は、10検体中9検体から新型インフルエンザウイルスA/H1N1pdmの遺伝子が検出された。10人の症状や共通点は(表1)のとおりであり、38℃以上の高熱と、咳、鼻汁がほぼ全員に認められた。年齢層は6~56歳と幅があった。56歳の社会人以外は、全員、新型インフルエンザの予防接種を接種済みであった。
沖永良部島には、和泊町と知名町という二つの町があるが、今回発生が認められたのは知名町の住民であったことから、限られた地域での集団感染が疑われた。5月18日には、同じく、知名町の小学校でインフルエンザ様疾患の集団発生があり、学年閉鎖の措置がとられている。14日に検査した患者の中にも、同小学校の生徒が4名含まれていたことから、18日の集団発生も新型インフルエンザウイルスA/H1N1pdmに起因した事例と思われた。感染経路は定かではないが、沖永良部島の高校生が、沖縄中部において合宿し、帰島する船中で39℃の発熱があったとの情報を得ている。
ワクチン接種者が多数感染していることから、遺伝子の解析などを行い、今後の発生動向に注意する必要がある。

Test for H1N1, H5N1 could aid early diagnosis CIDRAPニュース  中国でH1N1ウイルスとH5N1ウイルスを同時に確認すえう迅速検査が開発
 北京の研究チーム。
 H5N1鳥インフルエンザウイルスとA/H1N1ウイルスを同時に確認できる迅速キットが開発された。
 PCR法によるが、研究チームによると、両インフルエンザは初期の症状が類似しているので迅速な鑑別が重要とされる。216検体を用いた結果では良好な結果が得られている。
 研究は世界的ウイルス学雑誌である”Virology Journal ”に本日掲載された。

H1N1 in skunks suggests wildlife transmission  CIDRAPニュース スカンクがA/H1N1に感染して死亡
 カナダのブリティシュ・コロンビアの研究チームが、ミンク農場で死亡していたスカンクからA/H1N1ウイルスを検出した。ミンクの中で呼吸器症状を呈していた例もあったが、検査はされていない。
 農場従業者は発症していないが、無症状感染を起こしていた可能性がある。
 研究チームは、スカンクが人と胴部との間のウイルスの橋渡しをしている可能性があると考え、野生動物における監視態勢も強化する必要があると結論している。
 論文は”Emerging Infectious Diseases”は掲載されている。
Melbourne attack rate lower than expected  CIDRAPニュース メルボルン市民のA/H1N1感染率は10%足らず
 メルボルン市民のA/H1N1ウイルスに対する抗体価が分析された。
 706人の市民を対象に、昨年の8月から10月の期間。
 16%で抗体が検出。研究チームはパンデミック以前からの抗体保有率を6%と推定。
 今回のパンデミックでウイルス感染を受けた市民は10%と結論。予想したよりも低い感染率と判断。
 研究者達はこの結果からワクチン接種の必要性が強調されると結論している。 

6月2日

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第20週
 (5月15日~21日)
 インフルエンザ様疾患は増えているが、インフルエンザによるものは少なく、多くはRSウイルスによる。
 A/H1N1ウイルスの検出は2件のみ。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 昨年は5月からA/H1N1の流行が始まっている。

 
Airlines should stop sick passengers boarding, researchers say Earthtimes  (国際) 航空会社は病的旅客者の搭乗を阻止すべき:研究報告
 ニュージーランドの報告。オークランド地域公衆衛生局がまとめて英国医学雑誌に発表した。
 昨春、メキシコから帰国した高校生10人がA/H1N1に感染していた。米国から搭乗した時点で症状は出ていた。ニュージーランドに到着した後、2人の乗客が発症したことが確認された。
 潜伏期間から考えて機内で高校生から感染したと考えられた。
 機内での感染率は非常に低く、また感染者のそばにいた乗客しか感染していない。
 エアロゾオルを介し空気感染ではなく、飛沫物を介した感染であると考えられた。
Flu vaccine 'should not be given to healthy under-fives' PerthNow  (オーストラリア) インフルエンザワクチンは5歳以下の小児に接種すべきではない
 オーストラリアで今年度の季節性インフルエンザワクチン接種で、5歳以下の小児で1000人に1人の割合で熱性痙攣が発生した。通常の季節性インフルエンザの9倍とされる。
 昨日主任医療政務官が5歳以下の小児のワクチン接種をこれまで保留とそてきたが、さらにそれを継続することを発表した。事実上の中止である。
 北半球での今冬のワクチン接種を控えて、WHO、米国、カナダなどはオーストラリアの調査結果を待っているが、オーストラリアでの接種中止は、北半球におけるワクチン接種に対しても大きな影響を持つと考えられる。
Scientists could end flu pandemic alert: WHO Canada.com (カナダ) WHO緊急委員会、パンデミック終了の結論を出す可能性:WHO
 WHOの緊急委員会が1日開催され、パンデミックが去った可能性について検証した。
 結果はチャン事務局長が2日に発表する。
 委員会開催前にハートル広報官は、委員会ではパンデミックは続いているという結論、または終えたという結論のどちらかを選択するだろうと語っていた。

 2月に開催された同委員会では、北米やヨーロッパで流行が終息に向かっていたが、アラートレベルは変更しなかった。
 委員長のマッケンジー氏は4月に、秋から冬に入る南半球でのA/H1N1発生状況を観察する必要があると語っていた。
 先週WHOのインフルエンザ週報では南半球の温帯地域ではチリを除いてインフルエンザ発生の兆しは見られてないと伝えている。
 ハートル広報官は、南半球での状況の確認が委員会での結論に大きく影響すると思う、と語っていた。


WHO experts meet to assess if flu pandemic over  Reuters (国際) WHO緊急委員会、パンデミック状況の検証に
 WHO緊急委員会が1日開催され、A/H1N1パンデミックが終えた可能性について検証した。
 その結果について2日にチャン事務局長から発表される予定となった。
 委員会開催前の予定では、委員会終了後に決定が発表される予定が翌日に延期になった理由は定かではないが、事務局長の判断とされる。
 委員会の前に広報官のハートル氏は、結論は、現在のまま(ピークは終えていない)、またはパンデミックは去ったの、の二通りから選択されるだろうと語っていた。
 これは専門家委員会がピーク後期間を超えて、パンデミック終了後期間を選択する可能性があることを意味している。
 チャン事務局長は通常委員会の勧奨に従うことから、2日にパンデミックは終えたことを発表する可能性が高い。

6月1日

WHO: Panel may recommend ending swine flu alert  eTaiwan News   (台湾) WHO:緊急委員会がブタインフルエンザ警報の終了を勧奨の可能性
 緊急委員会が1日開催され、現在のA/H1N1パンデミックインフルエンザの状況を検証し、パンデミックが去り、パンデミック終了後期間に移行したことをWHOの事務局長に諮問する可能性が高いと、WHOの広報官が語った。
 もしそうならWHOのチャン事務局長は、パンデミックは過ぎたことを宣言するだろうと、広報官が語った。
Breaking news: influenza vaccine remains suspended for young kids Crikey (オーストラリア) ニュース速報:インフルエンザワクチン接種、乳幼児は接種保留のままに
 オーストラリア主任医療政務官、ジム・ビショップ教授が発表。
 季節性インフルエンザ接種により5歳以下の幼小児で熱性痙攣が多発した原因を調査してきたが、明確な原因は見つかっていない。しかし5歳以下の小児への季節性インフルエンザワクチン接種の保留は継続する。
 CSL社の季節性インフルエンザワクチンを接種した5歳以下の小児1000人中9人で熱性痙攣が発生している。予想値は1人である。
 またA/H1N1ワクチンでも熱性痙攣の発生は認めているが、率は季節性インフルエンザワクチンのそれとほぼ等しい。
 インフルエンザに罹患した場合重症化する可能性のあるハイリスク小児は、主治医と相談して、季節性インフルエンザワクチンの接種を考えることも選択肢としてはある。


緊急委、1日に開催=新型インフル-WHO 時事通信 
 世界保健機関(WHO)は31日、新型インフルエンザに関する緊急委員会を6月1日に開くと発表した。世界各地の専門家による電話会議で、新型インフルエンザの感染状況を分析し、世界的な流行(パンデミック)が最盛期(ピーク)を越えたかどうかなどを審議する。
 2月下旬に開かれた前回の緊急委では、アフリカなど一部で新型インフルエンザの感染が拡大したことを踏まえ、「(パンデミックが)ピークを越えたと結論付けるのは時期尚早」との見解で一致。感染状況の見極め作業を当面、継続することを決めていた。
 新型インフルエンザの感染は、世界全体ではおおむね収まりつつあるが、チリなどでは増え続けている。(

City scientists forge a swine flu breakthrough The Standard (香港) 香港の科学者、ブタインフルエンザ撲滅に新発見
 香港とカナダの科学者達は、H5N1鳥インフルエンザウイルスも季節性インフルエンザウイルスも増殖できなくする化合物を同定した。
 もし抗インフルエンザ薬となるならば現在の抗インフルエンザ薬以上の利点を要する。
 現在の抗インフルエンザ薬はウイルス表面の蛋白を標的として、ウイルス粒子の組み立てを阻止するだけで、ウイルスを殺す作用はない。
 今回発見された化合物は、”ヌクレオチン”と呼ばれ、ウイルス粒子の心臓部である遺伝子を保有する核酸に働く。その結果ウイルスの増殖が阻止される。
 研究結果はNature Biotechnologyに掲載された。
Experts to review status of flu pandemic on Tuesday WHTC (米国) WHO専門家委員会、1日にパンデミック・インフルエンザの状況を検証
 WHOの緊急委員会はパンデミックインフルエンザがピークを終えたかについて6月1日検証し、WHOに諮問する。
 WHOは5月31日に、同委員会を電話会議で開くことを発表し、結果については1日中にウエブサイトで告知すると発表した。
 5月初めにWHO広報官は緊急委員会は3通りの状況を検討して、その中から結論を得ると語っていた。
 一つは、パンデミックはいまだピークを終えていなくてフェーズ6にある、一つはパンデミックはピークを終えて”ピーク後期間に入った、一つはパンデミックは去った、とされる。

 WHOのパンデミックに対する判断は、193加盟国がワクチンや抗インフルエンザ薬の備蓄などを含めて、パンデミックへの対応策に強く影響を及ぼす。
 WHOはA/H1N1に関して過剰にその危険性を訴えたとして非難されている。
 感染した人々の症状は最近発生したパンデミックに比較すると軽症であるが、それでもWHOの専門家は現在の流行はいまだ深刻であるといい、感染力が強いからもし病原性が高いタイプに変異した場合、非常に危険であるとしている。
 WHOは世界で18000人以上の検査で感染が確認された死者が発生しているといい、しかし正確な数はさらに多いと予想している。
 ウイルスは現在、カリブ海諸国や東南アジアで最も活発に感染活動を続けている。またチリの一部の地域でも感染者が出ている。
 緊急委員会は結論を得るために南半球での流行開始の状況を待っていた。
TOP