高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年5月

5月31日

Experts find compound to fight bird, seasonal flu Reuters UK (英国) 専門家、鳥インフルエンザと季節性インフルエンザに効果を示す化合物を発見
 香港とカナダの研究チーム。
 Nature Biotechnologyに掲載
 化合物(ヌクレオジン(nucleozin)はウイルスの核酸に左右して、その増殖を抑えるとされる。
 5000種類の化合物から見つけられた。
 マウスを使った実験で、高致死性のH5N1鳥インフルエンザウイルスを接種しても、体内でのウイルス増殖を抑えることが確認された。
 H5N1の他に、H1N1、H3N2に対しても効果を示している。
5月30日

Taiwan school vaccine campaign led to mass hysteria  Eurosurveillance (ヨーロッパ感染症疫学・予防・対策雑誌) 台湾の学校におけるワクチン集団接種で集団ヒステリーが発生
 台湾CDC他。
 2009年11月16日から2010年1月22日までの間にA/H1N1ワクチン接種後に23件の副作用症状の集団発生が認められた。その事例が解析された。
 ワクチンはアジュバントを含まないA/H1N1ワクチン(台湾製)。
 ワクチン接種を受けた学童9115人中350人で副作用症状が発現し(3%)。68%が女生徒で。年齢は6~16歳で中央値は13歳。
 同一ワクチンロットを使用した多くの他校では副作用発現の報告はなかった。
 副作用の特徴は発現が急で、身体的および検査上の異常を認めないことだった。
 症状はめまい、吐き気、過呼吸症候群、頭痛。短時間で回復。MPIV(psychogenic illness after vaccination :ワクチン接種後心理的異常症状)。
 入院を要した生徒は1人。

 対策として:1)ワクチン接種に不安感を抱いていない生徒から接種する。2)ボランティアまたは教師が不安感を取り除くべくサポート、3)ワクチン接種後30分間生徒を座らせておく。
 こうした対策で生徒の訴える副作用症状は激減した。

 
H1N1 Hits Aburi Girls...More Than 80 Students Quarantined Peace FM Online (ガーナ) ガーナ、女子高校で30人以上がA/H1N1に感染、隔離。
 1週間ほど前に同じ地域の高校で170人の感染者を出したばかりであるが、今回は女子高校で80人以上がA/H1N1を発病して、学生寮に隔離された。
 集団発生は保護者には伝えられていない。
5月29日

初期の休校が流行抑えた―新型インフルでWHO担当者 キャリアブレイン
 WHO(世界保健機関)メディカルオフィサーの進藤奈邦子氏は5月28日、厚生労働省の「新型インフルエンザ対策総括会議」でプレゼンテーションし、英国などでは昨年春に流行の第一波を迎えたが、日本では春の急速な感染拡大がなく、秋まで第一波が来なかった理由について、「大英断で一斉に実施した初期の学校閉鎖が、国としての流行曲線に影響したのではないか」との見方を示した。
Panndemic(H1N1)2009-update102 WHO パンデミックインフルエンザ週報101  (5月17~23日)
 5月28日発表

 5月23日の時点で世界214カ国から少なくとも18114例の死亡が報告されている。

 パンデミックインフルエンザの発生が最も多く報告されているのは、カリブ海諸国の一部と東南アジアである。程度は低いながらもウイルスが感染活動を続けている。
 チリではパンデミックインフルエンザの発生が見られている。南半球の他の温帯地域ではRSウイルスによる呼吸器疾患が多く見られているが、パンデミックインフルエンザの発生は非常に少ない。

 カリブ海諸国と中央アメリカ:キューバとコスタリカでパンデミックインフルエンザの発生が認められている。後者の発生程度は低い。キューバでは2010年2月末に流行が始まり4月にピークに達しているが、その状況は変わっていない。またこの1ヶ月間にB型インフルエンザの散発的発生も見られている。コスタリカではパンデミックインフルエンザの発生程度は低いが、他のインフルエンザウイルスの発生も認められている。他の国では散発的にB型インフルエンザの発生が見られている。
 南米の熱帯地域: パンデミックおよび季節性インフルエンザが散発的に発生しているのみである。ペルーでの最近の小児における呼吸器疾患の増加はRSウイルスによるものである。コロンビアとブラジルではこの1ヶ月間に程度は低いがパンデミックインフルエンザと季節性H3N2インフルエンザが発生している。ボリビアでは季節性インフルエンザB型が発生している。
 アジア:いくつかの限定した地域以外ではパンデミックインフルエンザの発生程度は低い。シンガポール、マレーシア、およびバングラデシュではパンデミックインフルエンザの発生は続いている。シンガポールでは呼吸器疾患の流行程度が4月以来高くなっており、流行閾値を超えている。多くはパンデミックインフルエンザによるものである。5月中旬のデータではインフルエンザ様患者の検体から39%の頻度でパンデミックウイルスが検出されている。マレーシアでは4月中旬にピークを迎えているがパンデミックインフルエンザの流行は続いている。また少数の死者も出ている。バングラデシュでは4月中旬以来、パンデミックインフルエンザとB型インフルエンザが流行しているが、ピークは過ぎているようだ。西部インドではパンデミックインフルエンザの発生は認められているが数は少ない。また東アジア全体でインフルエンザBの発生が続いているが程度は低くなってきている。
 サハラ砂漠以南地域:パンデミックインフルエンザの発生が見られていた西アフリカでは発生数が減少してきている。ガーナ、カメルーン、アンゴラ、ルワンダでは散発的にパンデミックインフルエンザの発生が見られている。カメルーンでは3月中旬からB型インフルエンザも散発的に見られている。
 北及び南半球の温帯地域:全体的にパンデミックインフルエンザの発生程度は低く、散発的である。チリではインフルエンザ様疾患が増えているが(特にロスラゴス)、多くはRSウイルスによるもので、パンデミックインフルエンザによるものは非常に少ない。隣のアルゼンチン、パラグアイ、およびウルグアイでは発生呼吸器疾患のほとんどはインフルエンザウイルス以外のウイルスによるものである。南アフリカではインフルエンザウイルスは検出されていない。ニュージーランドとオーストラリアではインフルエンザの発生程度は低い。最近オーストラリアで、散発的にパンデミックインフルエンザとH3N2型季節性インフルエンザが散発的に見られている程度である。



カナダ保健省インフルエンザ週報第20週  5月16日~22日
 インフルエンザ様患者は数週の州で散発的発生があるが、他の大多数の州で見られない。 A/H1N1ウイルスの分離もない。
 

米国インフルエンザ週報第20週 5月16日~5月22日
 インフルエンザ様患者数はさらに減少している。
 
 定点医療機関外来受診インフルエンザ様患者数は、流行閾値下限を遙かに下回っており、通常の非流行期間と同じレベルを維持している。
 1127検体中インフルエンザウイルスが2検体で検出され、そのうちA/H1N1ウイルスは4検体で検出されている。
 大多数の州でインフルエンザ発生報告はなく、その他の州でも散発的発生に留まっている。
 インフルエンザおよび肺炎による死者数は例年域以下と少ない。、また小児の死亡はあるが全例過去の死亡例で、最近の死亡例ははない。
 タミフル耐性A/H1N1株は通算55/4769(1.3%)と増加傾向はない。

 定点機関受診インフルエンザ様患者の外来患者数に占める%。
 2.5%が流行閾値下限ライン。

5月28日


病原性に応じた対処選択を 新型インフル総括会議 東京新聞
 昨年から今年にかけ流行した新型インフルエンザへの対策を振り返る厚生労働省の総括会議が28日開かれ、厚労省は、今後の再流行や高病原性インフルエンザの発生時に向けた課題として、病原性や感染力などに応じた複数の対策を選択肢として用意しておくべきだなどとする論点案を示した。
 会合は感染症の専門家や自治体関係者などが出席し、これまで5回開催。水際対策や医療体制などテーマごとに議論した。結論は6月には報告書にまとめられる見通し。
 論点案では、空港での検疫などはウイルスの特徴が分かった時点で機動的に態勢を変更すべきで、致死率や感染力で場合分けした対応策が必要だとした。一方で、情報が不確定な流行初期には、最悪のシナリオを想定せざるを得ないことを国民に理解してもらう必要もあるとの見方も示した。
 また、感染拡大の速度を抑えるのに流行初期の学校閉鎖が有効だったが、期間中に生徒同士が接触しないような方策など、運用をさらに検討する必要があるとした。

Children respond well to swine flu vaccine University of Bristol (英国) 小児は豚インフルエンザワクチンに良く反応する
 グラクソスミスクライン社のA/H1N1ワクチン(AS03アジュバント添加)とアジュバントが加わっていないバクスター社製のワクチンの、小児に対する反応を検討した。英国ブリストル大学、ロンドン大学等の研究チーム。
 AS03アジュバント入りのワクチンは3歳以下の小児で、アジュバント無しのワクチン以上に抗体産生能力が高いことが確認された。937人が研究対象となった。
 発熱などの副作用は3歳以上の小児でアジュバント入りのワクチンで多く見られた。
 研究結果はBMJに発表された。

Glaxo adjuvanted H1N1 shot scores top in children Longevitys  (米国) グラクソ社のアジュバント添加ワクチンは小児で有意な効果
 英国の研究。
 アジュバントAS03を添加したグラクソスミスクライン社のA/H1N1ワクチンは英国で使用されているが、その効果(抗体出現率)は3歳以下の小児では、アジュバントなしのワクチン(バクスター社のセルバパン)接種小児に比較して有意に高い。なお細胞培養法で製造されているバクスター社のセルバパンにはアジュバントが加えられていないが、卵アレルギーを保有する対象者のために使用されている。
 幼小児の場合、ワクチンによる免疫ができにくいが、アジュバントAS03の効果が確認されたと関係者は語っているようだ。

英国保健省インフルエンザ週報第20週
 5月17日~5月23日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週以来分離されていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率
 


 英国におけるこれまでの死者数は474人。
 イングランド:359人、スコットランド:69人、ウエールズ:28人、北アイルランド18人。

アイルランド保健省インフルエンザ週報第20週

 5月17日から23日
 インフルエンザ様患者の定点医療機関受診数は少ない。
 A/H1N1ウイルスの分離はされてない。
 
 年齢別インフルエンザ発生数。昨年末から発生数は非常に少ない。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数

5月27日


香港保健省第21週インフルエンザ週報 5月16日~23日
 インフルエンザ様疾患の増加傾向はない。
 A/H1N1による重症例はない。死者も発生していない。
 全分離ウイルス株数は93、そのうちA/H1N1は17株、B型は75株。
 定点家庭医を受診したインフルエンザ様患者数/1000外来患者数
 

Less than 60%of city health-care workers immunized during H1N1 campaign National Post  (カナダ) A/H1N1インフルエンザワクチン、医療関係者の接種率は60%以下
 トロント市民のワクチン接種率は29%、保健医療関係者の接種率は60未満であった。
 トロント公衆衛生局の発表。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第20週
 第20週 5月17日から23日

 インフルエンザ様疾患の増加は認めていない。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。
 

Lessons Learned From the H1N1 Outbreak KCRG (米国) H1N1流行から学んだこと
 アイオワ市。アイオワ大学と公衆衛生対策センターが、A/H1N1流行で学んだことを市民に公表する集会を開催。
Pandemic Vaccines — The Legal Landscape New England Journal of Medicine  (米国、ニュー・イングランド・オブ・メディスン) パンデミックワクチン-法的展望
Only 28 per cent of Toronto residents got H1N1 flu shot: report  healthzone.ca (カナダ) カナダ、トロント市でのA/H1N1ワクチン接種率はわずか28%
 カナダでの流行のピークは10月末。そのころからワクチン接種が開始。 
5月26日


'Universal' flu vaccine moves ahead msnbc.com  (米国) ”万能ワクチン”の開発が進む
 本日のロイター報道。
Tropical H1N1 milder than seasonal flu: study CBC.ca  (カナダ) 熱帯地域におけるA/H1N1インフルエンザは季節性インフルエンザよりも軽症:シンガポール研究
 シンガポールでは年中の気温が23度から35度、湿度が48%から100%である。パンデミックH1N1インフルエンザウイルスにとって生存するには至適な環境ではないのかも知れない。
 2009年6月16日から6月26日の間に、A/H1N1インフルエンザと季節性インフルエンザが流行していた。
 研究者達は2683人のインフルエンザ様症状で医療機関を受診した患者から、鼻咽頭粘液を採取してインフルエンザ遺伝子検査を行い診断を確定した。742人(27.6%)からインフルエンザウイルスが検出され、547人(20.5%)からA/H1N1ウイルスが検出された。
 A/H1N1インフルエンザと他の季節性インフルエンザ(主として香港H3N2)との間の症状の違いを分析した。
 
 
A/H1N1 % 季節性 %
発熱 79.3 88
88.1 81.4
咽頭痛 53.7 38.3
鼻汁 49.9 55.7

 他の報告でも類似であるが、若年者が感染しやすく、また呈する症状の種類も少ない。

Researchers take step to 'universal' flu vaccine Reuters (国際) 万能ワクチン開発が進む
 ニューヨーク、マウントシナイ医学大学の研究チームが発表。
 ヘマグルチニンの幹部分は変異が起きなく、A型インフルエンザに共通した抗原を持っている。
 幹部分は免疫機構の中で(免疫細胞により)認識されづらいため、ヘマグルチニンの頭部分を切り離して,
"”頭部のないヘマグルチニン”を抗原としたワクチンを作成。研究チームはプラスミドを利用してこの抗原をワクチン化しているが、他にもウイルス様粒子(virus-like particle)、バキュロウイルス(baculovirus)のDNAを利用したワクチン化も考えられている。
 マウスの実験で数種類のインフルエンザウイルスに対して予防効果を持つことが確認された。
 新医学ジャーナルのmBIOに発表した。
 
 ヘマグルチニンから頭部を切り取り、幹の部分を抗原化する。研究者はそれをプラスミドを利用してワクチン化している。

 
5月25日


No More Crying 'Spanish Flu' Canada Free Press - (カナダ) スペインインフルエンザ!と、もう叫ばないでくれ
 Michael Fumento  健康および科学ジャーナリスト

 公的インフルエンザシーズンは終わった。米国では12000人が死亡したが、例年のインフルエンザ死者数の三分の一であった。WHOは過去1年間に18036人の死者を報告しているが、例年のインフルエンザシーズンでの死者数25万から50万人に比較すると幾分意気地のない数だ。
 1年前WHOの指導者達やメディアが、ブタインフルエンザをスペインインフルエンザと比較したことが信じられないことだ。後者は世界中で5000万人死亡した。米国では675000人が死亡した。それは現代の人口で補正すると世界中で1億7500万人が死亡し、米国では200万人死亡したことを意味する。
 1993年以来、3度目の”スペインインフルエンザ”の到来が叫ばれた。
 それはオオカミの叫びではなく、オオカミ集団の叫びである。
 WHOや世界の公衆衛生学専門家達。
 SARS、H5N1鳥インフルエンザ、そして今回のA/H1N1インフルエンザ。

Shedding and Transmission of Novel Influenza Virus A/H1N1 Infection in Households-Germany, 2009  Am J Epidemiol (米国、米国疫学雑誌) 家庭内におけるA/H1N1インフルエンザ感染
 ドイツの研究チーム。
 家庭内における感染率は26%(抗インフルエンザ薬の予防投与しなかった場合)。
 鼻腔粘液からウイルスが検出される期間は、抗インフルエンザ服用者では5.7日、非服用者では7.1日。有意な差はではない。しかし多くの感染者では感染力のあるウイルスは5日までとされる。
 ウイルスの排出期間は症状の多さと重症度に相関。
 多くのパラメーターで見る限りA/H1N1と季節性インフルエンザは類似。
Differing Symptom Patterns in Early Pandemic vs Seasonal Influenza Infections  Archives of Internal Medicine  (米国内科学雑誌) 初期のパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの症状の違い
 シンガポールの研究チーム。
 シンガポールでのインフルエンザシーズンは6月から7追記、および11月から1月となっている。
 昨年、A/H1N1インフルエンザが5月1日から7月28日に流行した際、流行したインフルエンザの内訳は、20.4%がA/H1N1インフルエンザ、6.2%がH3N2、0.5%がH1N1、そしてB型が0.4%であった。
 季節性インフルエンザとA/H1N1インフルエンザの間で、発病年齢、発熱の頻度、咳の頻度、呼吸困難の頻度は有意に異なっていた。
 
年齢区分 A/H1N1 季節性
6~18歳 42% 16%
19~35歳 35% 21%
51歳以上 6% 23%
症状 A/H1N1 季節性
発熱 ++
++
咽頭痛 ++
筋肉痛 ++

Novel Influenza A(H1N1) Virus Among Gravid Admissions  Archives of Internal Medicine  (米国内科学雑誌) 新インフルエンザA(H1N1)ウイルスに感染して重症化した入院妊婦の統計的考察
 18人のA/H1N1感染で重症化した妊婦が対象。
 ニューヨーク市内の教育病院に入院。
 2名は医療関係者。15人は黒人、2人はヒスパニック、1人は白人。
 以下は下記報道と同様。
What Happens When Pregnant Women Get Severe Swine Flu Wall Street Journal  (米国) 妊婦が重症ブタインフルエンザに罹患した場合、何が起きるのか
 妊婦はブタインフルエンザに最も重症化しやすい対象者の中に含まれるため、ワクチン接種が強く勧められている。
 最近発表された研究ではニューヨークの二カ所の病院に入院した18人のA/H1N1に感染した妊婦の状況をまとめ、妊婦におけるA/H1N1感染が非常に重体となることを示された。 Archives of Internal Medicineに掲載された。
 全妊婦は入院と同時にタミフルの服用を開始した。
 入院期間の中央値は4日間で、18人中3人がICUに収容された。
 状況の要約は以下の通り。
 ・13人が敗血症を合併していた。
 ・7人が院内で出産。6人が未熟児。
 ・四人が緊急帝王切開。
 ・2人が死産(1人が流産、1人が生後に超未熟で敗血症を合併)。
 ・生存新生児は全て感染無し
 ・母親の死亡はなし。
 
 対象集団が少ないことから、これらの結果を一般化することは難しい。また季節性インフルエンザと比較することも難しい。

Ohio wasting unwanted expired H1N1 vaccine FOX Toledo Online (米国) オハイオ州、期限切れの不要ワクチンが破棄
 州内で150万接種量のワクチンが期限切れに。他に100万接種量は期限は切れていない。
 しかし州保健局では、各ワクチン接種施設では状況を完全に報告していないので、データは不完全であると言っている。
  FDA approves swine flu test for permanent use WRDW-TV (米国) FDA、半永久的使用が可能なブタインフルエンザ迅速キットを承認
 カリフォルニアのFocus Diagnostics 社が開発した Simplexa Influenza test 。
 鼻腔の粘液で迅速検査する。
5月24日

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第19週
 (5月8日~14日)
 インフルエンザ様疾患は増えているが、インフルエンザによるものは少なく、多くはRSウイルスによる。
 A/H1N1ウイルスの検出は2件のみ。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 
 

Swine flu forgotten, not gone The News-Press (米国) フロリダ州、ブタインフルエンザは忘れられたが、ウイルスは消えてはいない
 フロリダ州リー郡保健局。
 ブタインフルエンザは既に恐れる必要はないが、それでもハイリスク者でワクチン未接種者は、今からでもワクチンを接種すべきであると、保健局では呼びかけている。妊婦や65歳以上の高齢者、および慢性疾患保有者。
 リー郡ではブタインフルエンザ感染で5人が死亡している。フロリダ州全域では少なくとも227人が死亡している。人口は1700万人。人口100万人あたりの死亡率20人。
 夏に南半球に旅行する人々はワクチン接種を考慮すべきと保健局では言っている。
H1N1 flu affects 170 students of St. Martin's SHS Modern Ghana  (ガーナ) ガーナの高校で170人の高校生がA/H1N1に集団感染
 発病者は近くのバンガローに隔離。
 自宅に帰しても感染を地域に広げるので、休校にはしない。
 寮は燻蒸消毒している。
5月23日

Transmission of pandemic A/H1N1 2009 influenza on passenger aircraft: retrospective cohort study  British.Medical.Journal (英国) 航空機内におけるA/H1N1インフルエンザの感染率
 ニュージーランドの研究チーム。
 ニュージーランドの高校生の9人がフライト中にA/H1N1を発症していた。
 2名の乗客が高校生から感染したが、座席が2列以内であった。この席には57名の乗客がいたことから考えると感染率は3.5%となる。
H1N1 claims one more victim Sun2Surf  (マレーシア) マレーシアでさらにA/H1N1死者が発生
 マレーシアでさらにA/H1N1死者がでて、累積死者数が86人となった。
 保健局長官は、A/H1N1インフルエンザは未だ流行しているから、手洗いや咳エチケットを遵守するように求めている。
WORLD CUP 2010: Swine flu is bigger threat than terrorism, warn experts  Daily Mail  (英国) ワールドカップ2010:ブタインフルエンザはテロリズムよりも脅威的、専門家が警告
 夏から冬に入る南アフリカでのワールドカップは、テロリズム以上に脅威的と専門家は警告している。
 南アフリカ政府は豚インフルエンザの脅威を過小評価していて、ワクチンの予備すらないとされる。

World Cup swine flu threat is very real Independent Online  (南アフリカ) ワールドカップでの豚インフルエンザの脅威は現実的である
 南アフリカにおけるワールドカップ期間中の脅威はテロリズムではなくブタインフルエンザである。
 南アフリカにはワクチンの余裕はない。
 保健省によると限定された量のワクチンは、ワールドカップのスタッフと他の必要対象者に接種され、一般医療機関には在庫していない。
 4月に1回目の接種が行われ、港湾における関係者と15歳以下のエイズ感染者。
 第2回目は24日から始まり、慢性疾患保有者と妊婦に接種される。
 南アフリカのインフルエンザシーズンは、5月末から始まり6月と7月にピークを迎える。
 
5月22日


Swine flu vaccine is widely unused Boston Globe  (米国) 米国、ブタインフルエンザワクチン、大量に余る
 米国内で6500万接種量のワクチンが使われずに使用期限が切れる。
Flu vaccine supplies dry up after surprise surge in demand The Canberra Times (オーストラリア) オーストラリア、季節性インフルエンザ接種希望者が予想以上に多く、ワクチン不足に
 政府が無料で接種するハイリスク者以外の接種希望者が予想外に多いため、オーストラリアの季節性インフルエンザワクチンが不足している。ワクチンにはA/H1N1が含まれている。
 同国のCSL社では例年の倍のワクチン量を製造しているが、すでに製造は終了している。在庫はない。
 フランスのサノフィ・パスツール社でも今年度は出荷ワクチン量を増量しているという。
 政府がどのように希望者全員にワクチンを用意するか難しい状況となっている。

Panndemic(H1N1)2009-update101 WHO パンデミックインフルエンザ週報101  (5月10~16日)
 5月21日発表

 世界214カ国からパンデミックインフルエンザH1N1 2009発生状況が報告されており、その中で死者数は少なくとも18097人以上となっている。

 パンデミックインフルエンザウイルスがもっとも活発に感染活動を示している地域は、カリブ海諸国と東南アジアである。南および北半球の温帯地域では、発生は散発的に留まっていて、ウイルスの感染活動は低い。中央アフリカではB型インルエンザが流行の中心で、分離ウイルスの85%を示している。B型インフルエンザは他にもアジア、ヨーロッパ、中央アメリカで、程度は低いながらも発生している。
 
 アメリカ大陸熱帯地域:最も活発に感染活動が見られているのはカリブ海諸国の一部である。キューバでは2010年2月末から流行第二期( second period of transmission)を迎えて4月末にはピークを迎えた。以後流行は下降しているが、この第二期では重症例や死亡例が発生したが、2009年9月末から11月末に発生した流行第一期に比較すると程度は小さかった。
 中央アメリカと南アメリカの熱帯地域(中央アメリカ寄り)では程度は低いがパンデミックインフルエンザの発生が続いている:メキシコでは2009年12月以来、コロンビアとブラジルは2010年当初から、グアテマラは2010年4月から、ニカラグアとホンジュラスでは最近地域的にインフルエンザの拡大が見られているが、インフルエンザの型については不明である。ボリビアでは2月末以来B型インフルエンザが流行が、程度は低いながらも続いている。
 アジアでは、バングラデシュ、マレーシア、シンガポールで、パンデミックインフルエンザウイルスの活発な感染活動が見られている。マレーシアでは十分なデータはないが、2010年4月初旬から流行第二期が起きている。現在流行は小康状態であるが、昨年7月から9月初旬に起きた流行第一期よりも程度は小さい。シンガポールでは呼吸器感染症の流行が続いており、最近は例年の流行域を超えている。パンデミックA/H1N1N検出率が高くなっている(インフルエンザ様症状の患者の39%でウイルスが検出)。バングラデシュではパンデミックインフルエンザとB型インフルエンザが4月中旬から流行しているが、最近は小康状態に入っている。タイ、インド西および南部、さらにカンボジア、フィリピンでは散発的にパンデミックインフルエンザ発生が見られている。
 東アジアでは散発的にパンデミックインフルエンザの発生が報告されているが、むしろ季節性B型インフルエンザが中心になって流行している。しかしながら中国や韓国では流行は終息に向かっているようだ。
 北および南半球の温帯地域では、パンデミックインフルエンザの発生程度は低い状態が続いていて、散発的に起きているのみである。オーストラリアとニュージーランドではインフルエンザ様患者の数が軽度増加しているが、オーストラリアではインフルエンザによるものではなく、流行しているRSウイルスによるもののようだ。南アメリカも温帯地域では、散発的にパンデミックインフルエンザの発生は見られているが、チリではロス・ラゴス地域でインフルエンザ様疾患の流行が続いているが、パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザの同時流行のようだ。ヨーロッパではパンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザBの発生が非常に少ないながらも発生が報告されている。グルジアでは呼吸器感染症が小児で多く発生しているが、これがパンデミックインフルエンザによるものかは不明である。
 サハラ砂漠以南地域では、数カ国からの報告ではパンデミックインフルエンザの発生は減少している。発生数が多かったガーナでは、呼吸器からの検体検査では6%でA/H1N1ウイルスが検出されている程度である。他の地域でもA/H1N1ウイルスは散発的に検出されているが、他にH3N2、B型も散発的に検出されている。
 

カナダ保健省インフルエンザ週報更新 第19週 (5月9日~5月15日)
 インフルエンザ様患者の発生は希であり、インフルエンザウイルスは2/1365検体で分離されているが、B型である。
 少なくとも20週間インフルエンザ流行は見られていない。
 数州でインフルエンザ様患者の散発的発生は報告されているが、大多数の州からは発生報告はない。
 定点機関外来患者1000人中に占めるインフルエンザ症状保有者の率



米国インフルエンザ週報第18週 5月9日~5月15日
 インフルエンザ様患者数は非常に少ない。
 
 インフルエンザ流行閾値下限を遙かに下回っており、通常の非流行期間と同じレベルを維持している。
 1621検体中インフルエンザウイルスが14検体で検出され、そのうちA/H1N1ウイルスは4検体で検出されている。
 半数近くの州でインフルエンザ発生報告はなく、その他の州では散発的発生が見られている。局所的発生が見られていた南東部の2州では散発的発生に減少した。
 インフルエンザおよび肺炎による死者数は例年域以下と少ない。、また小児の死亡報告はない。
 タミフル耐性A/H1N1株は通算54/4733(1.1%)と増加傾向はない。


Illinois Weekly H1N1 Activity Information Estimates, May 21, 2010 eNews Park Forest  (米国) イリノイ州、H1N1発生情報、5月21日、2010年
 イリノイ州のA/H1N1インフルエンザ週報
 最新州に新規に入院者が2人発生、死者は出ていない。
 累積入院数は3045人、死者数は111人。人口は1260万人。
National Vaccination Campaign against A H1N1 Flu Virus Nearing Completion  Ahora.cu  (キューバ) キューバ、A/H1N1ワクチン接種がほぼ終了
 WHOから提供されたA/H1N1ワクチンで1,265,807 人のワクチン接種が終了した。接種者は妊婦や出生後42日以内の女性を含んだ。
H1N1 vaccine skippers didn't think fu was dangerous VaccineNewsDaily (米国) H1N1ワクチン未接種者は、インフルエンザは危険とは考えてはいない
 ハーバード大公衆衛生学部が国内で昨年行われた20種類のインフルエンザに関するアンケートをまとめた。
 ワクチン量が不足していた10月以前は、半数がワクチン接種を希望していた。そして59~70%の両親が子供達にワクチン接種を予定していた。
 90%の回答者の90%はワクチンは安全と答えていたが、非常に安全と答えていたのは33%に過ぎなかった。
 子供達にワクチン接種を希望しなかった成人の33%は、他の病気を感染することを恐れ、31%は公衆衛生担当者のワクチンに対する情報を信頼していなかった。
 著者等は将来パンデミックインフルエンザが発生したとき、新規に製造されたワクチン接種を受けない多くの人々が発生する可能性があり、その理由は、インフルエンザをそれほど危険とは考えないことと、ワクチンの安全性を疑問視することからである。
5月21日

Enhanced Diagnosis of Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Infection Using Molecular and Serological Testing in Intensive Care Unit Patients with Suspected Influenza  Clinical Infectious Disease (米国、臨床感染症雑誌) パンデミック(H1N1)2009インフルエンザのICUにおける疑い例に対する、分子生物学的および血清学的検査での診断
 オーストラリアの研究チーム。
 ICUに入院したA/H1N1疑い例に対して急性期と回復期に血清を採取して抗体の上昇率をHI法で検査したら33人中29人で陽性であった。しかしPCRで陽性であったのは18人に過ぎなかった。三分の一が血清学的検査を用いないとA/H1N1感染の診断がつかなかっった。
Seasonal Influenza Vaccine and Protection against Pandemic (H1N1) 2009-Associated Illness among US Military Personnel  PLoS ONE (米国) 季節性インフルエンザワクチンがパンデミック(H1N1)2009インフルエンザに効果-米軍兵士における調査
 2008~2009年に季節性インフルエンザワクチンを接種された兵士は、A/H1N1インフルエンザ発症が中等度に抑制された。軽症よりも重症なタイプにおいて比較するとワクチンの予防効果は高かった。

英国保健省インフルエンザ週報第19週
 5月10日~5月16日
 A/H1N1ウイルスは分離されていない。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週以来分離されていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率

 英国におけるこれまでの死者数は474人。
 イングランド:359人、スコットランド:69人、ウエールズ:28人、北アイルランド18人。

アイルランド保健省インフルエンザ週報第19週

 5月10日から16日
 インフルエンザ様患者の定点医療機関受診数は非常に少ない。
 A/H1N1ウイルスの分離はされてない。
 
 年齢別インフルエンザ発生数。昨年末から発生数は非常に少ない。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数


5月20日


Tulkarem cleared of bird flu Ma'an News Agency (パレスチナ) ツルカレムの鳥インフルエンザは一掃されたとの報告
 パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区のツルカレム地域で鶏の間で鳥インフルエンザが発生していたが、当局は75万羽の鶏を殺処分し、最終的に鳥インフルエンザは一掃されたと発表した。
 *H5N1ウイルスであるとの発表はされてない。
WHO faces questions over swine flu policy BBC News  (英国) WHO、ブタインフルエンザ対策に関して批判を浴びる
 WHO加盟193カ国の代表がジュネーブの総会に出席するが、WHOのH1N1対策に関する問題が重要な議題となっている。
 医学専門家の中には、これが真のパンデミックであったのか疑問に思っている人々もいる。
WHO Committee to Assess Companies' Possible Influence Regarding H1N1 Endemic ... 
TopNews United Kingdom  (英国) WHO外部委員会、WHOのA/H1N1対策に大手製薬企業の関与の有無を検証
 情報の収集過程にあると委員長は発言。
 製薬企業とWHOの間で取り交わされた契約書等の文書を委員会は求めている。
Panic or Pandemic? BBC News (英国、BBCニュース) それはパンデミック、それともパニック
 2009年6月、WHO事務局長はブタインフルエンザのパンデミック宣言を行った。
 世界中の政府は素早く対策に乗り出し、大量のワクチンの発注を行った。
 しかし死者数は数百万人とはならず、数万人以下に留まった。
 豚インフルエンザは通常の季節性インフルエンザよりも軽症であることが立証された。
 WHOはなぜパンデミック宣言をしたのだろうか?また彼らにそのような行動をとる権利はあるのだろうか?


香港保健省インフルエンザ週報第20週
 5月9日から5月15日

 特にインフルエンザ患者数の増加は見られていない。
 5月19日の時点で34人がA/H1N1で入院中である。
 20週に重症患者2名発生、死者はゼロ。
 分離ウイルスは115株で、そのうち33株がA/H1N1で76株がB型インフルエンザウイルスである。

 左:インフルエンザ専門外来受診数、 右:専門外来におけるA/H1N1分離率/検体数

Reasons for Balking at Swine Flu Shot New York Times  (米国、ニューヨーク・タイムズ) ブタインフルエンザ接種を躊躇った理由
 米国内で行われた20のアンケート調査をまとめた結果によると、ブタインフルエンザワクチン接種を受けなかった米国人の接種を拒否した理由は、ウイルスにそれほど重大な脅威がないと考えたことと、ワクチンの副作用を恐れたことがあげられている。特に両親がワクチンの副作用を恐れた。
 これまで数百万人の小児がワクチン接種を受けたが、副作用は非常に希だった。
 ハーバード大学の公衆衛生部門がまとめ、ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスンのオンライン版に発表した。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第19週
 5月10日から16日
 全体としてニュージーランドにおけるインフルエンザ発生レベルは低い状況が続いている。家庭医を受診するインフルエンザ様患者数も流行域下限を下回っている。
 インフルエンザ検査のための32検体中1検体からA/H1N1ウイルスが検出されている。
 昨年9月に流行が終息して以来8ヶ月間インフルエンザは再燃していない。
 同国では3月から、A/H1N1を含む季節性インフルエンザワクチンが接種されている。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第18週
 (5月1日~7日)
 A/H1N1ウイルスの検出はなし。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 インフルエンザ様疾患は増えているが、インフルエンザによるものは少なく、多くはRSウイルスによる。
 
Panel investigating World Health Organization's response to swine flu outbreak ... HotIndieNews.com   (インド) WHOのブタインフルエンザ対策を検証している委員会、WHOと製薬企業の間で交わされた非公開の文書を求める
 WHOのブタインフルエンザ対策を検証している外部委員会では、同機関と製薬企業との間で交わされた非公開の文書の提出を求めた。
 委員長の米国医学研究所長官のハーベイ・ファインバーグ博士が語った。
 WHOのパンデミック宣言に、大手製薬企業が関与していたとする批判が出ていることから、委員会では調査をしている。
 求められている文書は、契約等の手紙などを含む、WHOや他の施設で保管されているものを意味している。
 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏はコメントを出していない。
 
 WHOのA/H1N1流行対策に批判が出ていることから、同機関のマーガレット・チャン事務局長は先月、外部専門家による委員会を招集して、信頼性ある独自の検証を行うように依頼した。
 委員会の最終的報告は来年までにまとめられる予定となっている。
新型ワクチン有効率、4か月で半分に低下 読売新聞 
 新型インフルエンザのワクチンを接種しても4か月が経過すると、十分に予防効果を期待できる免疫を維持している人は約半数に減ることが、大阪市立大の広田良夫教授(公衆衛生学)らの研究でわかった。
 新型インフルエンザワクチンの再接種の必要性を示唆するもので、19日開かれた、厚生労働省の新型インフルエンザ対策総括会議で報告された。
 広田教授らは大阪市内の高齢者施設で、昨年11月に新型ワクチンを接種した入所者約80人(平均約80歳)と従業員約50人(同約38歳)を対象に、1か月後と4か月後に血液を採取して免疫物質(抗体)の量を調べた。1か月後では、7~8割の人が、予防効果の期待できる量に達していたのに対し、4か月後では抗体を持つ人は高齢者では56%、従業員では45%にとどまった。
 広田教授は「今秋にもう一度調べ、抗体保有率がさらに下がるようなら再接種する必要がある」と指摘している。
5月19日


「ワクチン輸入で政治介入」=新型インフル検証会議で専門家-厚労省 時事通信
 新型インフルエンザ対策を検証する厚生労働省の第5回総括会議が19日、ワクチンをテーマに開かれ、国立感染症研究所の田代真人インフルエンザ研究センター長が「(ワクチンの)輸入には政治的介入があったと思っている」と述べた。
 田代氏は政府にインフルエンザ対策を答申した専門家諮問委員会のメンバー。「経緯を知らない人が対策本部にいたことが問題だった」としたが、介入の具体的な内容は明かさなかった。
 欧州2社から輸入した9900万回分のワクチンは、大半が使われず廃棄される見通し。同氏は「専門家を集めて対策を練り直すべきだ」とした。
新型インフルエンザ:小学校学年閉鎖--沖永良部島 /鹿児島 毎日新聞 
 県は18日、沖永良部島の知名町立下平川小で、新型インフルエンザとみられる集団感染が発生した、と発表した。6年生21人中7人が38度以上の高熱などを発症し、18、19の両日を学年閉鎖とした。県内の学級・学年閉鎖は今年3月初旬以来。
 今年2、3月の時点で、強毒性の新型インフルエンザに対応したBCP(事業継続計画)や指針を定めていた事業所は全体の13.7%で、「今後策定する予定も現在のところない」とした事業所が64.0%に上ることが、大阪市内の事業所を対象に国土交通省の国土交通政策研究所が行った調査で明らかになった。また、策定済みか策定予定の事業所でも、事業規模の縮小や従業員の確保まで想定しているのはそれぞれ26.5%、29.8%にとどまった。
Swine flu wanes, but officials expect a return   TheNewsTribune.com  (米国) ブタインフルエンザは消失したが、再度流行する、当局
 アラスカ保健当局。最後のブタインフルエンザ患者は6週間前に発生した。
 当局では、ブタインフルエンザは当初予想されたほどの流行とはならなかったが、今冬に再度発生する可能性があると警告している。
 アラスカでの死者数は13人となっている。

New avian flu outbreak hits Laos  Agra Europe (英国) ラオスで家きんの間で鳥インフルエンザが発生
 ラオスのビエンチャンで1年ぶりに鶏の間でH5N1鳥インフルエンザが発生したことが、家畜保健当局から国際獣疫事務局(OIE)へ報告された。
 報告によると発生は4月27日に認められ、1004羽の家きん中44羽が死亡し、残りが殺処分された。
 検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
 
5月18日

WHO chief says world "lucky" to have mild pandemic influenza Xinhua  (中国、新華社) WHO事務局長、軽症なパンデミックインフルエンザだったことは、世界にとって幸運なことだった
 世界保健会議で各国の保健省代表者に事務局長が講演。

World is lucky that swine flu was mild Scotsman  (英国) WHO事務局長:ブタインフルエンザは軽症であったことは世界にとって幸運で会った
 A/H1N1は軽症で、変異して病原性が変わらなかったことは世界にとて幸運だった。チャン事務局長が各国の保健省代表者に世界保健会議で語った。

新型インフル 昭和大で82人集団感染 山梨日日新聞 
 山梨県は17日、富士吉田市上吉田の昭和大富士吉田校舎で、学生ら82人が新型インフルエンザに集団感染した、と発表した。県内での新型インフルの集団感染は本年度初めて。症状は軽く、全員快方に向かっているという。県は第2波の到来による感染の可能性は低いとしながらも、「流行終息後もウイルスは完全になくなっていない」として注意を呼び掛けている。
 県健康増進課や同大によると、感染したのは同大1年の男子学生34人と女子学生47人、45歳の職員1人。12日に男子学生2人が症状を訴え、発症者が増えた14日には簡易検査で14人がA型インフルエンザの陽性反応を示した。このうち女子学生2人が県衛生環境研究所の詳細(PCR)検査で新型インフルに感染していることが分かった。
 同校舎の学生は4学部の1年生約600人で、全員が4棟の寮で生活。いずれの棟からも感染者が出ているという。大型連休を挟み、学校を再開した10日以降に寮内やキャンパス内で一気に感染が広がったとみられる。
 集団感染を受け、同大は発熱が確認された学生を1週間の出席停止にする措置を取った。また、部活動や集会の自粛のほか、外出も控えるよう呼び掛けている。
 県は「今回は学生寮という狭い範囲での限定的な感染で、再流行が始まったのではない。既に対策を取っているため、大学外に感染が広がる可能性は低い」とみている。
 県内の新型インフルの平均患者数は3月第1週に0・3人となり、県は「流行が終息した」との見解を示した。平均患者数は最新の5月第1週まで1人以下で推移している。
 流行終息後の県内での集団感染は今回が初めて。ワクチンによる免疫力が低下する秋以降、新型インフルが再流行することが懸念され、県は「うがいや手洗いなどの感染防止策を引き続き取ってほしい」と呼び掛けている。
山梨の昭和大で新型インフル感染 80人余発症 北海道新聞 
 山梨県は17日、富士吉田市の昭和大学富士吉田校舎で、1年生男女81人と職員1人に発熱などの症状があり、うち2人の新型インフルエンザ感染を確認したと発表した。
 県によると、いずれも軽症で入院患者はいない。5月12日から発熱やせきの症状がある学生が出たため、15日に詳細検査を実施。2人の感染を確認した。大学は発症した学生を1週間の出席停止にした。同校舎は1年生だけが使い、約600人全員が寮で暮らしている。
 山梨県に新型の集団感染の報告があったのは3月初旬が最後だった。県福祉保健部は「流行が沈静化しても、再流行の可能性もある」と注意を呼び掛けている。
5月17日

Study finds side effects with mass antiviral 'blanket'  Eurosurveillance, Volume 15, Issue 19, 13 May 2010  (スウエーデン、ヨーロッパCDC機関誌、ヨーロッパ感染症疫学、予防および対策雑誌) 抗インフルエンザ薬の無差別投与による副作用発現率
 英国、シェフィールドの小学校で6月に3日間で検査室で確認されたパンデミックインフルエンザ10人が確認された。その後調査により、生徒297人中51中(17%)、スタッフ58人中10人(17%)でインフルエンザ様症状が報告された。その後53人のスタッフと273人の生徒に、治療用および予防用としてタミフルを投与した。
 発熱の他に2種類の症状を呈した場合、発病者とみなして、治療用のタミフルを5日間投与、検査室診断は行わなかった。定義に合致しなかった場合は、1日1回、10日間の服用とした。
 タミフル服用者中、スタッフでは47%、生徒では41%で副作用が発生した。治療または予防として服用している対象者の間で明確な差はなかった。
 タミフル内服を途中で中止した服用者は、生徒で37人(14%)、スタッフで11人(20%)。その理由は、服用で気分が悪くなった(50%)、飲む意味がないと思った(17%)、忘れた(15%)。副作用症状から分析すると、服用中止の最も多い症状は、吐き気、嘔吐、発疹であった。治療者と予防者の愛では明確な差は無かった。
 研究者達はタミフルを集団全員に投与することは、副作用発現以上に治療および予防に対する効果の利点が大きいと結論。また発病者に対して集団投与する場合、(インフルエンザが発生しているという)正確な診断の有無が必要で、そうで無ければ不必要な高インフルエンザ薬が投与されることになるとも問題点を提起している。
 これまで英国内でいくつかの類似研究が報告されているが、タミフル服用による副作用発現率は類似である。


症状の内訳


タミフル服用者の副作用症状

5月16日

強毒性インフル想定し訓練 神戸新聞 
 強毒性の新型インフルエンザ流行を想定した「発熱外来」の訓練を、岡山市の御津医師会が16日、実施した。感染拡大を防ぐため、患者役が車に乗ったまま受診するドライブスルー方式で、地域の住民ら約50人が参加した。
 訓練は小学校の敷地を利用。患者役の住民が乗った車が到着すると、白い防護服を着た医師らが窓越しに診察にあたり、簡単な問診や治療薬の処方をした。「救急車お願いします」「子どもがひきつけを起こしています」などの声が飛び交い、参加者は「現実的な訓練でわかりやすかった」との感想を話した。
 同医師会の森脇和久副会長は「1台につき1分間と見込んでいたが、もっとかかることが分かった」と収穫を語るとともに「新型インフルエンザの流行から1年たったが、いつまた強毒なものに変異するかわからない」と警戒を呼び掛けた。
Billions wasted on swine flu pandemic that never came Independent  (英国) 発生しなかったブタインフルエンザのパンデミックに数十億ポンドが費やされた
 -どういう根拠でWHOは750万人の死者数を予測したのだろうか?
 
 PDFファイル
 昨年発生した疫病は世界中に恐怖の渦を巻き起こした。メキシコでは学校や野外競技場が閉鎖され、エジプトからシンガポールへの旅行客が隔離され、そして外科用マスクがアジア中で一般的ファッションとなった。しかし、実際にはブタインフルエンザで、世界で750万人が死亡するだろうという予測は全く的を外れた。ウイルスはせいぜい14000人を死亡させ、しかもそれらの中の多くは基礎疾患を持っていたり、他の危険な病原体の感染を起こして死亡した事例が含まれる。それに対して季節性インフルエンザでは50万人近く死亡していて、死亡者の数ではブタインフルエンザは取るに足らない。
 WHOの心臓疾患の顧問であるユルリッヒ・ケイル教授(Ulrich Keil)は、WHOのパンデミック宣言は重要性の誤認識であったという。
 教授によると、死亡原因となる世界の大きな健康脅威は、(パンデミックインフルエンザよりも)、むしろ高血圧、喫煙、高コレステロール血症、肥満、低身体活動性、野菜と果実の摂取不足であると、ヨーロッパ評議会でコメントしている。それでも各国政府は根拠の薄弱なパンデミックのシナリオに基づいて巨額の予算を浪費した、と教授は結論した。
 WHOは現在二つの責任を問われている。
 第一は、昨年3月に第一例が報告されて、6月にパンデミック宣言を出すまでの間に、WHOはパンデミックの定義を変更した。批判によると、古い定義ではウイルスの拡大により非常に多くの死者と感染者が発生、とされていたが、新定義では、ウイルスが新しいか、容易に人の間で感染拡大しやすいか、そして人口の多くが免疫をもたないか、が定義となっている。軽度の鼻水程度の症状でも定義には合致する。
 WHOの広報官によると、旧定義は鳥インフルエンザに関して記述されたウエブの1ページでの誤記載によるもので、定義自体には変化はないという。しかしマサチューセッツ工科大学(MIT)の博士課程に在籍するピーター・ドシが昨年9月に英国医学雑誌(BMJ)に発表した論文によると、WHOの旧定義は少なくとも2003年以来世界中で適用されてきているという。
 二つ目の責任問題は、先のヨーロッパ評議会の保健部会の責任者であるウオルフガング・ウオダルグ博士が主張している、WHOが不正に製薬企業の影響を受けている疑いがあるというものである。パンデミック宣言に関与した専門家の中には、製薬企業との強い結びつきを持っている例もあるとされる。このことは否定されたが、批判では、大製薬企業から何らかの研究費の提供を受けないで、専門家として研究を維持することは難しいとされる。
5月15日

Panndemic(H1N1)2009-update99  WHO パンデミックインフルエンザ週報100
 5月14日

 世界214カ国からパンデミックインフルエンザH1N1 2009発生状況が報告されており、その中で死者数は少なくとも18036人以上となっている。

 パンデミックインフルエンザウイルスがもっとも活発に感染活動を示している地域は、カリブ海諸国と中央アメリカである。西アフリカと南および東南アジアでは発生数は低下してきている。北および南半球の温帯地域では、パンデミックインフルエンザは散発的発生が見られているのみである。
 季節性インフルエンザBは、アジア、アフリカ、およびヨーロッパの一部で見られているが、程度は低い。

カナダ保健省インフルエンザ週報更新 第18週 (5月2日~5月8日)
 インフルエンザ様患者の発生は希であり、A/H1N1ウイルスは1/1419検体で分離されている。
 少なくとも20週間インフルエンザ流行は見られていない。
 数州でインフルエンザ様患者の散発的発生は報告されているが、大多数の州からは発生報告はない。
 定点機関外来患者1000人中に占めるインフルエンザ症状保有者の率



米国インフルエンザ週報第18週 5月2日~5月8日)
 インフルエンザ様患者数は非常に少ない。
 
 インフルエンザ流行閾値下限を遙かに下回っており、通常の非流行期間と同じレベルを維持している。
 1772検体中ウイルスが26検体で検出され、そのうちA/H1N1ウイルスは7検体で検出されている。
 半数近くの州でインフルエンザ発生報告はなく、その他の州では散発的発生が見られている。局所的発生が見られていた南東部の2州では散発的発生に減少した。
 インフルエンザおよび肺炎による死者数は例年域以下と少ない。、また小児の死亡報告はない。
 タミフル耐性A/H1N1株は通算53/4689(1.1%)と増加傾向はない。


Tulkarem village devastated by bird flu find Ma'an News Agency (パレスチナ、マアン通信)
 パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区のツルカレム地域で鳥インフルエンザが発生し多くの鶏が死亡
 75万羽の鶏が感染拡大を防ぐために殺処分の予定。
 周辺を警察が監視して、家きんが持ち出されるのを阻止している。
 住民に感染者は出ていない。
 
 *H5N1トリインフルエンザウイルスと思われるが、明確な記載はない。
16th Swine Flu Death Confirmed In Orange Co. WESH Orlando  (米国、フロリダ州) 米国、オレンジ郡で16人目のブタインフルエンザ死者
 74歳の女性が死亡。
 郡保健局ではワクチンが在庫しているから、未接種者の接種を勧めている。
Illinois Weekly H1N1 Activity Information Estimates, May 14, 2010 eNews Park Forest  (米国) イリノイ州、H1N1インフルエンザ週報、5月14日、2010年

 新規入院者 1人
 累積入院者数3043人
 新規死者数0
 累積死者数111人
 
 人口は1270万人
 
100 mn Chinese vaccinated for swine flu TopNews  (インド) 1億人の中国人がブタインフルエンザワクチンを接種
 中国保健大臣は1億人以上がブタインフルエンザワクチンを接種したと発表した。
 死者数は大体800人で、人口に比較すると非常に少なく、1万人以上死亡している米国と対比した。
 ワクチンは2000万接種量以上備蓄しており、またワクチンメーカーはいつでも量産できる態勢ににあるとも語った。人口は約13億人。
5月14日

大阪の企業、混雑緩和対応 新型インフルでアンケート 神戸新聞
 昨年春、新型インフルエンザの流行が確認された大阪市内で、通勤時の混雑緩和につながる対応をとった事業所の割合が11%にとどまることが14日、国土交通省のアンケートで分かった。調査した国土交通政策研究所は「感染拡大を防ぐには通勤ラッシュの緩和が有効。事前の想定を急いでほしい」としている。
 調査は今年2~3月に実施し、1100事業所が回答した。新型インフルの発生が報じられた昨年5月ごろの対応(複数回答)では、87%が「手洗いの徹底」、56%が「外出時のマスク常時着用」を従業員に指示したと回答。一方で自宅待機や通勤手段の変更、在宅勤務、大幅な時差出勤など、通勤ラッシュの緩和につながる対応を指示した事業所は少なかった。
 一方、今年の調査時点で強毒性の新型インフル対応を定めている事業所は14%で、64%の事業所は「今後の策定予定もない」とした。対応を定めている事業所の27%は強毒性の新型インフル大流行時に事業規模を縮小すると回答。何割減らすかという設問では「5割」が最多だった。
Proposal for prepandemic vaccination sparks discussion  CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) プレパンデミックワクチン論議が高まる
 先のWHOのインフルエンザ対策の責任者で、現在はスイスのノバルティス社に属している専門家が、次のパンデミックに備えてプレパンデミックワクチンを作成することを提案しているが、他の専門家達の間では賛否両論の意見が出ている。

 クラウス・ストー博士は先のWHOのインフルエンザ対策の責任者であったが、次のパンデミックの原因となる可能性のあるウイルスのカクテルを含む、アジュバント添加ワクチンの開発を提案している。
 同博士の提案は、昨日発行された医科学雑誌のNatureのオンライン版に掲載された。
 ストー博士によると実際に流行が起きてから製造するパンデミックワクチンは、製造までに6ヶ月は要することが、先のA/H1N1インフルエンザの際に明らかになったという。またプレパンデミックワクチンを前もって大量備蓄しておくことは、実際の発生時のワクチン不足をも補えるという。
 同氏のアイディアでは、H2、H5、H7、およびH9のウイルスとアジュバントを加えたプレパンデミックワクチンが理想とされる。
 問題はアジュバントを使用することにあるが、今回のA/H1N1ワクチンに関しても、アジュバントの副作用の懸念が一般社会にあるため、その接種率が非常に低かったとされる。(米国のワクチンには入っていないが、ヨーロッパのワクチンには入っている)。
 しかしアジュバントを用いなければ、大量のワクチンの製造は不可能で、また接種後長期間の免疫維持も達成できないとされる。
 ミネソタ大学のCIDRAP長官で、公衆衛生学専門家のオステルホルム教授は、ストー博士の提案を現実的ではないと批判する。
 同教授が問題とする第一のポイントは、各ウイルスの亜型株が、その変異した株にも有効にワクチンとして働く保証はないというものだ。今回のA/H1N1インフルエンザに対して、H1N1ソ連型ワクチンが無効であったことから、それは理解できるという。
 そしてアジュバントを加えることは、一般社会が容認しないこともあげている。 

英国保健省インフルエンザ週報第18週
 5月3日~5月9日
 パンデミックインフルエンザの活動性は非常に低い。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 イングランドではA/H1N1ウイルスは、17週と18週には分離されていない。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率


アイルランド保健省インフルエンザ週報第18週
 5月3日から9日
 インフルエンザ様患者の定点医療機関受診数は非常に少ない。
 A/H1N1ウイルスの分離はされてない。
 年齢別インフルエンザ発生数。昨年末から発生数は非常に少ない。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様患者数

5月13日

香港保健省インフルエンザ週報第19週
 5月2日から5月8日

 特にインフルエンザ患者数の増加は見られていない。
 5月5日の時点で34人がA/H1N1で入院中である。
 19週に重症患者2名発生、死者はゼロ。
 分離ウイルスは137株で、そのうち23株がA/H1N1で11株がB型インフルエンザウイルスである。


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第18週
 5月4日から10日
 全体としてニュージーランドにおけるインフルエンザ発生レベルは低い状況が続いている。家庭医を受診するインフルエンザ様患者数も流行域下限を下回っている。
 しかし冬に向かっているので、十分な注意が必要である。
 昨年9月に流行が終息して以来8ヶ月間インフルエンザは再燃していない。
 同国では3月から、A/H1N1を含む季節性インフルエンザワクチンが接種されている。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第17週
 (4月24日~30日)
 A/H1N1ウイルスの検出は1人。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 検査室で確定されたA/H1N1患者数
 
5月12日

特記すべき情報はなし
5月11日

WHO panel to review H1N1 pandemic status in coming weeks Reuters AlertNet  (国際) WHO委員会、2,3週以内にH1N1パンデミック状況について検証
 5月末か来月早々にWHO緊急委員会が開かれ、H1N1流行のピークが過ぎたか否かについて検証すると、WHO広報官のグレゴリー・ハートル氏が発表した。
 緊急委員会は南半球の冬期間が始まったとき、A/H1N1インフルエンザの流行状況から判断をする予定と考えられている。
 広報官によると、選択されるオプションは、パンデミックは未だフェーズ6の状況か、または移行期(post-peak:ピーク後期間)か、それともパンデミックは終了したからの3種類から選択される。
 専門家委員会は15人から構成されるが、委員長のジョン・マッケンジー氏(オーストラリア)以外公表されていない。理由は各委員が製薬企業からの影響を受けることを避けるためとされている。Members' identities are kept secret to protect them from pressure from drugs companies or other interest groups.
 *しかし日本の委員は国立感染研のウイルス専門家であるが、それについては以前から出版物の著者略歴で自ら名乗っているように思えるが…。WHOのコメントも当てにはならないようだ。


Pandemic Influenza (H1N1) 2009 Is Associated with Severe Disease in India  PLoSONE (米国) インドではパンデミックインフルエンザ(H1N1)2009は重症なインフルエンザに相当
 2009年8月1日から10月31日まで期間、インド、プネ市における患者発生状況を分析して、A/H1N1の重症度を判定。
 研究期間、プネ市におけるA/H1N1および季節性インフルエンザの発生率は高かった。
 入院率はA/H1N1の方が季節性よりも遙かに高かった。
 93人のインフルエンザ関連死者が発生したが、都会では57人と8人、田舎では27人と1人が、それぞれA/H1N1および季節性が原因で死亡した。
 A/H1N1の致死率(CFR)は0.86%で、季節性の0.13%よりも遙かに高く、米国CDCのパンデミック重症度指数のカテゴリー3に匹敵した。
 流行状況から判断されることは、都会での流行が時間と共に田舎に拡大する傾向があることだった。
 
 結論として、A/H1N1パンデミックインフルエンザは、1918年のスペインインフルエンザよりも重症度は低いが、他の20世紀に発生したパンデミックよりは高い。故にA/H1N1パンデミックインフルエンザは、深刻な健康に対する脅威があると判断するべきで、空前の世界的対応策は公正なものだったと思われる。
No gene re-assortment found in virus sample News.gov.hk (香港、香港政府公報) ブタ感染H1N1ウイルスで遺伝子再集合は見られず
 本年1月に中国本土から輸入された豚で検出されたA/H1N1ウイルスの遺伝子分析で、遺伝子再集合は起きていないことと、遺伝子は人のA/H1N1ウイルスのそれとほとんど変化が無いことが確認された。香港保健省の発表による。
5月10日

Indiana health officials: Flu season over, for now WSBT-TV (米国) インディアナ州保健当局:インフルエンザシーズンは過ぎ去った
 インディアナ州ではインフルエンザシーズンは去ったと保健局が発表。
 A/H1N1では39人が死亡している。
 ピークは昨年の10月で、急患室の13%をインフルエンザ症状を保有する患者が占めた。現在は1%に過ぎない。
 小児と10代、および大学生の年代が主に感染した。
 インディアナ州の人口は620万人。人口100万人相当のA/H1N1死者数は6.3人。
5月9日

Teenage girl dies of swine flu in N. Taiwan China Post (台湾) 北部台湾で10代少女がブタインフルエンザで死亡
 北部台湾で15歳少女が昨日A/H1N1インフルエンザで死亡したと保健省が発表した。
 3ヶ月ぶりの死者である。
 少女は糖尿病を保有していたたが、27日にインフルエンザを発症し、5月3日まで家庭で様子を見ていた。5月4日に状態が悪化したため、病院へ搬送されたが翌日死亡した。
 保健省によると42人目の死者となった。台湾の人口は2300万人。人口100万人当たりの死者数は、1.83人。
Novel H1N1 Influenza (Swine Flu)  CIDRAP-authored overview, updated Apr 30  (米国、CIDRAP) 新型H1N1インフルエンザ(ブタインフルエンザ)概説 更新 4月30日

 CIDRAP編集部によるA/H1N1インフルエンザ概説の更新。
 長文であるが良くまとめられている。
 
Victorians turned away because of shortage of seasonal influenza vaccine Herald Sun (オーストラリア) 
 オーストラリアのビクトリア州、季節性インフルエンザ接種希望者が多いが、ワクチン量が現在不足している。ウエストオーストラリア州での小児における副作用多発事例にもかかわらず、H1N1インフルエンザを含む季節性インフルエンザワクチンの希望者が多い。
 オーストラリアでは5月からインフルエンザシーズンであるが、現在のところインフルエンザの流行の兆しはない。
Clinical Aspects of Pandemic 2009 Influenza A (H1N1) Virus Infection  New.Engl.J.Med (米国、ニューイングランド・ジャーナル・オブ。メディスン)
 WHOの顧問専門家達によるパンデミックインフルエンザH1N1(2009)のレビュー。
 現時点までの知見を集積。
Study: Adjuvanted H1N1 vaccine was very effective CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究報告:アジュバント含有H1N1ワクチンは非常に有効
 CIDRAP解説記事。Eurosurveillanceに論文掲載
 
 ドイツのロベルト・コッホ研究所からの研究発表。
 グラクソスミスクライン社のワクチンを用いた成績。ワクチン接種群と非接種群での発病率。
 若年者および若年成人(14~59歳)ではワクチンの予防効果は97%で認め、60歳以上では83%で認めた。
 季節性インフルエンザワクチンの場合、若年成人では70~90%の効果と考えられていることから、グラクソ社のアジュバント含有ワクチン(パンデムリクス)は有意な効果を持つと評価。
 問題はワクチン接種群は発病しても検査を受けていない例も多く存在することから、今回のデータは最大の効果についての推定値に近いとも考えられる。

5月8日

大量の在庫ワクチン「買い取って」 病院要望、国は拒否 朝日新聞

Panndemic(H1N1)2009-update99  WHO パンデミックインフルエンザ週報99
 4月26日から5月2日
 
 世界中から検査で確認されたA/H1N1死者数が18001人以上が報告されている。

 パンデミックインフルエンザウイルスの活発な感染活動は、西アフリカ、カリブ海諸国、東南アジアで見られている。
 北半球と南半球の温帯地域では、A/H1N1インフルエンザは散発的に発生が見られている程度である。
 B型インフルエンザがアジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ大陸で散発的に発生している。

 サハラ砂漠以南地域:西アフリカ、ガーナ他でA/H1N1発生が見られている。

 アメリカ大陸熱帯地域:中央アメリカ、グアテマラでは感染が広がっている。ペルーでは、首都リマで5歳以下の肺炎が増加しているが、A/H1N1ウイルスによるものかは不明である。キューバでは3月以来パンデミックインフルエンザ感染者は増え続けているが最近ピークに達していると思われる。メキシコ、ホンジュラス、ニカラグア、コロンビア、ベネズエラ、ブラジル、エクアドル、ボリビアではA/H1N1の地域的発生が見られているが、拡大傾向はない。

 東南アジア:マレーシアではA/H1N1ウイルスの感染は続いていて、重症者も発生している。メディアの報告では休校も行われている。シンガポールでは急性呼吸器疾患が増加しており、患者数は国内流行域に入っている。A/H1N1ウイルスの検出率も高くなっている。タイは3月下旬がピークであったが、現在はインフルエンザ患者数は減少してきている。

 南アジア:もっとも発生数が多いのはバングラデシュである。4月中旬からはB型インフルエンザも一緒に流行している。西および南インドでは局地的にA/H1N1ウイルスが検出されている。
  
 東アジア:A/H1N1インフルエンザは発生数は少ない。中国、モンゴル、韓国ではB型インフルエンザが流行している。

 南半球温帯地域:A/H1N1および季節性インフルエンザ(B型)の発生は散発的に見られている。

 ヨーロッパ:全体的にA/H1N1および季節性インフルエンザの発生は非常に少ない。

カナダ保健省インフルエンザ週報更新 (4月25日~5月1日)
 インフルエンザ様患者の発生は希であり、A/H1N1ウイルスは4/1500検体で分離されている。
 少なくとも19週間インフルエンザ流行は見られていない。
 数州でインフルエンザ様患者の散発的発生は報告されているが、大多数の州からは発生報告はない。



 検査で確認されたA/H1N1入院数、ICU入院数、および死者数の推移
 2010年に入ってから入院患者は出ていない。


米国インフルエンザ週報第17週 4月24日~5月1日)
 インフルエンザ様患者数はさらに減少を続けている。
 インフルエンザ流行閾値下限を遙かに下回っており、通常の非流行期間と同じレベルを維持している。
 1170検体中ウイルスが16検体で検出され、そのうちA/H1N1ウイルスは8検体で検出されている。
 半数近くの州でインフルエンザ発生報告はなく、その他の州でも散発的発生、そして南東部の2州では局所的発生が見られている。
 インフルエンザおよび肺炎による死者数は例年の域内であり、また小児の死亡報告は3月の1例のみとなっている。
 タミフル耐性A/H1N1株は通算53/4630(1.1%)と増加傾向はない。




Vietnam finds sick chickens smuggled from China Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、中国からの密輸鶏を押収
 中国国境に接している北部クアンニン省に運ばれてきた密輸鶏がハノイの警察で摘発された。
 合計2.3トンになるが、ほとんどは弱っているか病的状態であった。出所元は不明とされる。
 
Flu virus transported by dust storms Emerging Health Threats Forum (国際) インフルエンザウイルスが砂塵嵐で運ばれる可能性
 台湾の研究チーム。
 砂塵嵐の時期とそれ以外の時期に大気中のインフルエンザウイルスの存在を調査。特殊フィルターで集積したウイルスRNAをPCR法で分析。
 砂塵嵐中には大気中にH5N1ウイルスを含むA型インフルエンザウイルスが、通常の大気中の20~30倍存在することを確認した。
 問題点:米国CDCの研究者によると、この程度の量のウイルスは量として非常に少ない、ウイルスが感染性を保有している可能性は低い等。
 研究チーム:日本や韓国の家きん等で感染源が不明で発生している鳥インフルエンザは、砂塵嵐でウイルスが運ばれてきた可能性もあり得る。
 発表雑誌: Emerging Health Threats Forum
5月7日

Avian influenza – situation in Indonesia WHO  鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況
 インドネシア保健省は2人の新規H5N1鳥インフルエンザ発症例を発表した。
 1人は45歳の東ジャワ州のマラン市に住む女性で、2月22日に発症したが回復している。発症4日前に死亡した家きんと接触している。
 2例目はリアウ州プカンバル市の4歳女児で4月19日に発症し、22日に入院、28日に死亡している。

アイルランド保健省
 A/H1N1患者の発生はない。



英国保健省インフルエンザ週報第17週
 4月26日~5月2日
 パンデミックインフルエンザの活動性は低い。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者の率は非常に低い。
 分離されるA/H1N1の数は16と17週で分離された40株中、3株がA/H1N1であった。
 下図は人口10万人当たりのインフルエンザ様患者の受診率

5月6日


香港保健省インフルエンザ週報第18週
 4月25日から5月1日

 特にインフルエンザ患者数の増加は見られていない。
 5月5日の時点で19人がA/H1N1で入院中である。
 18週に重症患者1名発生、死者はゼロ。
 分離ウイルスは123株で、そのうち24株がA/H1N1で95株がB型インフルエンザウイルスである。


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第16週
 (4月17日~23日)
 A/H1N1ウイルスの検出はなし。
 インフルエンザ患者の入院もなし。
 現在のところ、流行の兆しはない。
 

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第17週
 4月23日から30日
 インフルエンザ電話相談および家庭医を受診するインフルエンザ様患者数が少しずつ増えているが、流行域下限を遙かに下回っている。しかしその数が増え続けてゆくと流行の兆しとなる可能性もある。
 昨年9月に流行が終息して以来8ヶ月間インフルエンザは再燃していない。
 同国では3月から、A/H1N1を含む季節性インフルエンザワクチンが接種されている。
 外来患者10万人当たりのインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。


 ニュージーランド保健省では現在、昨年のA/H1N1インフルエンザがどの程度のインパクトをもって国内に感染を広げたかを判断するために、国民の血液を採取してその抗体保有率を分析している。現在結果は出ているが、専門家によって分析中である。その結果により第2波の大きさを推定することも可能である。
 また抗体価の分析は、地域、社会的階層、年齢ごとにも分析され、感染の拡大様式の評価となる。
Indonesian girl dies from bird flu, 3 undergo tests China Daily (中国、中国日報) インドネシアの女児がトリインフルエンザで死亡、他の3人が検査中
 4日のロイター記事を引用。
 4歳女児が死亡したこと、女児とは接触歴のない母と息子、娘の3人がトリインフルエンザ症状で入院していて検査中であること。

CDC: Older Kids More at H1N1 Risk EcoWorld.com  (米国) CDC:年長児童がH1N1に対するリスクが高い
 CDCの研究チームがバンクーバーで開催された年次小児科学会総会で発表。
 530万人の18歳以下の小児が対象。
 2003年から2009年までの季節性インフルエンザ、およびで2009年のA/H1N1流行初期において入院した10州の小児を分析。
 季節性インフルエンザでは入院者の中央年齢は1歳であったが、A/H1N1インフルエンザでは5歳と高かった。
 さらにA/H1N1群では、未熟児で出生していた場合、喘息や鎌状貧血症等の基礎疾患保有者が見られたが三分の一では何も健康問題は保有してなかった。
H1N1 infected 20% of Nicaraguan kids  Clin.Infect.Dis (米国、感染症学会) ニカラグアの小児での調査:A/H1N1に20%が感染
 中央アメリカのニカラグアで2009年にA/H1N1が流行した際4391人の小児を対象に調査。
 20.1%が罹患
 A型インフルエンザが流行した2007年には11.9%。
 A型とB型両者が流行した2008年には24.2%が流行。
 A/H1N1インフルエンザに感染した多くの小児は、季節性インフルエンザに比較して、咽頭痛、下部気道症状(咳、呼吸困難(、そして嘔吐や下痢などの胃腸症状を呈する率が高かった。

Researchers find lessons in first NYC H1N1 deaths CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) ニューヨーク市での最初のH1N1流行で学んだこと
 ニューヨーク市保健局が2009年4月24日から6月1日までのA/H1N1流行初期における死者47人を分析して報告。
 若い世代に流行。47人の死者の大多数は18歳から49歳。65歳以上は4%に過ぎなかった。
 死者の80%近くは基礎疾患を保有し、58%は肥満者であった。
 もっとも多く見られた基礎疾患は慢性肺疾患と糖尿病であった。10人が喘息であり、そのうち8人は他の基礎疾患はなかったが、8人は肥満であった。
 死者の全てで発熱は見られ、ほとんどは咳または呼吸困難を呈していた。嘔吐と下痢はそれぞれ30%と17%で見られた。

 入院24時間後に死亡した28人は人工呼吸器につながれていた。9人が救急室で死亡したが、全員、そこで緊急気管挿管を受けていた。
 患者が最初に医療機関を受診し、そして入院するまでの期間は平均3日間であったが、基礎疾患を保有する人々では若干早かった。死亡した人々に比較すると、死亡しなかった人々は1日ほど早くに入院していた。

 オセルタミビルの服用は32人(68%)で行われ、症状発現から服用までの期間は5.5日間であった。
 死亡者では入院後2日以内に服用している割合は生存者ひ比較すると低い傾向にあった。

 初期にインフルエンザの診断を受けていなかった患者が見られ、さらに17人は初期には発熱していなかった。
5月5日

Over 1500 swine flu deaths in India, says Azad Sify  (インド) インド、1500人以上がブタインフルエンザで死亡と
 5月2日の時点でインドでの検査で確認されたA/H1N1感染者数は30581人、死者数は1501人と保健福祉省のグーラム・ナビアザド氏が発表した。
 しかしこの2,3週間患者数は減少していると付け加えた。
 インドにおける最初の感染者は2009年の5月16日、最初の死者は8月4日に報告された。
 大臣はこれまでパンデミックによるインパクトを抑えるために多くの対策を講じてきたと語った。
 国内の22カ所の国際空港における乗客のスクリーニング(1000万人以上)、国内45カ所の検査機関におけるネットワークの構築、さらに4000万カプセルのオセルタミビルの用意(そのうち2100万カプセルは各州に配布)、等。

Cuban Children get second dose of H1N1 Flu vaccination Periódico 26  (キューバ) キューバ、子供達が2回目のH1N1ワクチンの接種に
 一回目のワクチン接種を受けた15万人の小児が2回目のワクチン接種を受ける。
US has 71 million unused flu vaccine doses Reuters (国際) 米国、7100万回分のA/H1N1ワクチンが未使用に
Parents criticize government for not acting sooner American Chronicle - (米国) オーストラリア、両親達がワクチン副作用に対する迅速な対応をとらなかったことを非難
 ウエストオーストラリアで季節性ワクチン接種後に数百人の子供達が痙攣や嘔吐を起こした後に、ウエストオーストラリア州の政府が迅速な対応をとらなかったことに両親達が強く非難している。
 ワクチンは通常の季節性インフルエンザワクチンと同じく臨床試験を行っていない。しかし、ワクチン株には新規のA/H1N1が加わっている。
5月4日


カナダ保健省インフルエンザ週報第16週 4月18日~4月24日
 少なくとも18週間、インフルエンザ流行は終息状況にある。
 全検体1713件のうち2検体でインフルエンザウイルスH1N1が検出。
 インフルエンザ入院、死亡例はない。
 インフルエンザ様症状の患者報告はほとんどの州でなし。
 定点医療機関受診者中のインフルエンザ様患者の割合(1000人中)。
  

H5N1 kills girl in Indonesia TopNews United States  (米国) インドネシアでH5N1トリインフルエンザで女児が死亡
 他に3人の疑い者。検査結果を当局は待っている。
HN: Most swine flu vaccines unused by Czechs Prague Daily Monitor  (チェコ共和国) チェコ共和国、ほとんどのブタインフルエンザワクチンは未使用の状態
 チェコ共和国は70万接種量のA/H1N1ワクチンを購入したが、66000人しか接種を受けてなく60万接種量が余っている。
 当局の予測は1000万人の人口のチェコ共和国で約300万人が感染して、1万人が死亡するとされた。
 しかし実際には2471人の感染者しか報告されなく、死者数は102人であった。
 保健当局の推測では10万人の感染者はいると推定され、症状が軽症であることから医師が検査をしてない可能性が高いとされる。
社説:新型インフル 情報提供のプロ配置を  毎日新聞

コウノトリに鳥インフルエンザが感染か バンコク週報
 中部アユタヤ県パクハイ郡の湿地帯で数千羽に及ぶコウノトリが死んでいるのが確認された。
 同地では昨年、鳥インフルエンザの感染が確認されており、コウノトリの大量死もインフルエンザが原因との見方が強まっている。
 同県には、コウノトリの群生地が数カ所あるが、パクハイ郡の湿地帯もそのひとつ。


Possible link between complications and H1N1 vaccine investigated VaccineNewsDaily  (米国) H1N1ワクチン副作用に関して調査が始まる
 H1N1ワクチン接種後にギランバレー症候群の発生率が若干高まると言う報告、ベル麻痺、血小板減少症が多く見られるという報告があり、連邦保健当局では調査を開始した。
 しかしワクチンの副作用でそれらの状態が起きたかどうか判断するには早すぎると当局者は語っている。
 CDCの(ワクチン対策責任者)アン・シュチャット博士は、現時点では、ワクチン接種による危険性は、実際にインフルエンザに感染する危険性に比較すると遙かに低いとコメントしている。
 
Lessons from Swine Flu E/The Environmental Magazine (米国) 豚インフルエンザから学んだこと

Indonesia girl dies from bird flu, 3 undergo tests Reuters  (国際) インドネシアで女児がトリインフルエンザで死亡、他に3人が検査中
 当局者が3日発表したところによると、4歳の女児がH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染して死亡、そして女児とは接触歴のない他の3人がウイルス検査を受けている。
 これで同国の累積死者数は136人となったが、世界でもっとも多くの死者数が出ている。
 少女はスマトラ島のリアウ州プカンバル市に住んでいたが、4月28日に死亡したとプカンバル市のアリフィン・アハマド病院の鳥インフルエンザ部門の責任者であるアリズマン・サアド氏が語った。他に、母、7歳の子、および5歳の女児が30日に同病院へ鳥インフルエンザ感染の疑いで入院したとも発表した。
 
 サアド氏によると地域の保健当局者が、3人が高熱で発病する前に死亡した鶏と直接接触していたことを確認している、と説明している。
 集団発生の可能性についてはサアド氏はいまだ調査中と答え、保健省の広報官は(現場の調査の前に)3人の検査結果を待っていると答えている。
5月3日

A girl dies in Indonesia after suffering H5N1 virus ecPulse  (国際) インドネシアで女児がH5N1ウイルスに感染して死亡
 インドネシアの保健当局は、4歳の女児が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。また母親と息子および7歳の少女が入院して検査中であることも発表した。これらの患者は死亡した家きんに接触してウイルスに感染した疑いがもたれれいる。

Girl dies from bird flu Straits Times (シンガポール) インドネシア、女児が鳥インフルエンザで死亡
 スマトラ島のパカンバルに住む4歳の女児がH5N1トリインフルエンザに感染して死亡した。またパカンバルの北東にあるシアク県に住む、母親と7歳の子供と5歳の娘も感染した疑いで30日入院して検査中である。ペカンバルの病院当局者が発表した。
 死亡した女児と他の3人は接触既往はないが、全員、感染した家きんとの接触既往があるとされる。
5月2日


Flu vaccine shows no abnormalities TopNews  (国際) オーストラリア、季節性インフルエンザワクチンに異常を認めず
 ウエストオーストラリアで発生した季節性インフルエンザワクチンを調べていたオーストラリア保健担当局では異常を現在まで見いだしていないと発表した。

5月1日


WHO、パンデミック(H1N1)2009-更新98 (4月19日から25日)
 これまで世界で少なくとも17919人以上の死者が出ている。
 世界的発生状況は前週とほとんど変化してない。
 ほとんどのA/H1N1流行地域は西および中央アフリカ、および東南アジア、中央アメリカの一部の地域に限定されている。北、および南半球の温帯地域では、パンデミックインフルエンザの発生状況は非常に低い。
 一方季節性インフルエンザのB型は、東アジア、北部および東部ヨーロッパで流行の中心株となっているが、流行程度は低い。他に中央アフリカ、北部および東部ヨーロッパでも流行している。H3N2型は、インドネシアをはじめとした南および東南アジアで発生が認められている。

 サハラ砂漠以南地域では、西および西-中央アフリカではA/H1N1感染者数は減少しているが、ガーナでは有意な数の感染者が報告されている。セネガル、ニジェール、カメルーンでは少数の感染者が報告されている。

 東アジアではA/H1N1インフルエンザは散発的に発生している。中国、モンゴル、韓国ではインフルエンザの中心はB型である。中国とモンゴルではインフルエンザ感染者数は減少しているが、韓国では増加している。
 東南アジアでは未だA/H1N1インフルエンザが主流となっていて、そこにB型インフルエンザも少数の割合で発生している。マレーシアではA/H1N1ウイルスの分離数が未だ多く、メディアの報告によると休校などの措置がとられている。シンガポールではインフルエンザ患者数は少ない。
 南アジアでは、バングラデシュにおけるA/H1N1ウイルスの検出率が4月に入ってから高くなっている。インドでは西部のマハラシュトラ州と、最近ではカルナタカ州でA/H1N1インフルエンザの発生が報告されている。しかし、バングラデシュとインドにおける呼吸器感染症の頻度は、2009年末に最初のA/H1N1流行が起きた頃よりは低い。

 中央アメリカの熱帯地域では一部の国でA/H1N1インフルエンザの発生が続いている。ジャマイカ、パナマ、グアテマラ。キューバでは国内全ての地域で呼吸器疾患が増えている。ペルーでは、5歳以下の小児の肺炎がリマで増え続けている。しかしそれがA/H1N1ウイルスによるものかは確定されていない。RSウイルスが地域で流行している。

 北半球の温帯地域では、全体的にH1N1ウイルスの活動性は低い。米国では外来を受診するインフルエンザ様患者の割合は、流行閾値下限以下であり、ヨーロッパでは全ての国で感染者数は非常に少ない。

 南半球の温帯地域ではインフルエンザ様疾患の発生頻度は非常に低い。
 オーストラリアではA/H1N1、B、H3N2が散発的に発生している。
 
米国CDCインフルエンザ週報第16週 (4月17日~4月24日)
 定点医療機関を受診するインフルエンザ患者数は減少し続けている。
 昨年末以降流行下限閾値以下が続いていて、現在は流行は終息状態といえる。しかし、散発的発生例は全米で未だ見られている。南東部のアラバマ州とジョージア州では地域的にウイルスの広がりが未だ見られている。
 小児での死亡は報告されていない。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡数も、例年以下のレベルとなっている。
 分離ウイルス株総数は減っているが、ほとんどはA/H1N1。
 昨年9月以来のデータでは、タミフル耐性A/H1N1株は、52/4545(1.1%)。ザナミビル(リレンザ)耐性株は0%。
 下図は臨床的にインフルエンザ様症状を呈する患者の定点医療機関外来受診数の割合(%)
 15週としては例年以下の数値となっている。


More than 1000 birds killed by H5N1 virus  Phnom Penh Post  (カンボジア) カンボジア、1000羽以上の家きんがH5N1トリインフルエンザで死亡
 プレイベン州(Prey Veng )のカンポンリヴ郡( Kampong Leav)で、1000羽以上のアヒルと鶏がH5N1トリインフルエンザで死亡した疑いがもたれている。検査で確認されたら、さらに他の1500羽も殺処分される。
 同地域では1週間前に男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡している。
TOP