高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年4月

4月30日


H1N1: Another Fatality Involving 40-year-old Man Bernama  (マレーシア国立報道機関) H1N1:40歳男性がH1N1に感染して死亡
 H1N1に感染して発熱、呼吸困難にて入院し、死亡したが、直接死因は敗血症によるショックとされ、H1N1死亡統計には加えられない。
 H1N1死者数はこれまでと同じく81人とされる。人口は2700万人。人口100万人当たりの死亡率は3人。
No abnormalities found in flu vaccine, yet - Jim Bishop Herald Sun  (オーストラリア) オーストラリア、副作用多発の季節性インフルエンザワクチンに品質異常は見つからず
 主任医療政務官のジム・ビショップ氏は、問題の季節性インフルエンザの品質に異常が見つからないことから、可能性としてウエストオーストラリアで一度に大勢の接種が行われたことから、副作用者の数も増えたのかも知れないと語った。通常季節性インフルエンザの副作用は1000人から10000人に1人とされている。
 CSL社の季節性インフルエンザ、フリューバックス(Fluvax)の小児に対する臨床試験は2004年から2005年に行われているが、品質検査は毎年行われており、またA/H1N1抗原を使ったワクチンの臨床試験は2009年に行われている。
 注:季節性インフルエンザに使われるウイルス抗原は毎年変わるが、製法と内容物は同じである。
英国保健省第16週 インフルエンザ週報
 4月19日から25日
 英国内各地域ともインフルエンザの発生は非常に少ない。
 A/H1N1ウイルスの分離率は非常に低い。
 
 各地域における家庭医を訪れた臨床的にインフルエンザと診断された患者の割合/人口10万人

 流行閾値下限を遙かに下回る。地域ごとに色分けされている。
 スコットランドでは若干上昇傾向が見られるが、閾値以下である。なおスコットランドではインフルエンザ様疾患は他地域よりも1年を通して多い。
 流行閾値:英国 30人、 スコットランド 50人、ウエールズ25人。

4月29日


アイルランド保健省、インフルエンザ週報第16週  4月19日~4月25日
 インフルエンザ症状で医療機関受診する患者数は少ない。
 A/H1N1ウイルスは分離されていない。

 年齢別インフルエンザ様症状保有外来患者/10万人口
 冬期間に入ってから流行は終息し、本年度はインフルエンザの流行はない。


ニュージーランド保健省、インフルエンザ週報第16週 (4月21日~28日)
 インフルエンザの流行の兆しはない。
 A/H1N1感染者の報告はない。
 7ヶ月間A/H1N1の再流行は見られていない。


オーストラリア保健省、インフルザ週報第15週(4月9日~4月16日)
 当週はA/H1N1感染者は3名報告されている。1人が重症で入院。
 H1N1感染者の発生は2010年に入ってから60人。
 
 昨年流行が終息してから7ヶ月間、流行の再燃はなし。
 
 検査室で確認されたA/H1N1感染者数の推移。


香港保健省インフルエンザ週報第17週 4月18日~24日
 流行は終息状況が続いているが、H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ている
 一方季節性インフルエンザのB型の発生は続いているが、前週よりも減少しつつある。
 ウイルス総分離株数総数は減っていて112、A/H1N1が27、B型が81。.

 17週にはA/H1N1による死者は0人(合計78人)重症者は0人。
 下図はインフルエンザ専門外来を受診した患者数。昨年11月以来大きな変動はない。すでに6ヶ月間、A/H1N1の再流行はみられていない。


Mild form of 2009 H1N1 influenza infection detected by active surveillance: Implications for infection control  American Journal of Infection Control (米国) 無熱の軽症型H1N1インフルエンザの存在が確認
 ソウルの研究チームによる報告。
 入院した44人のA/H1N1感染者を分析。
 もっとも多い症状が咳で34/44(77.3%)、発熱23/44(52.3%)、鼻水または鼻づまり22/44(50%)。
 半数で発熱が見られていない。
Australian flu vaccine maker denies bad batch cause for illnesses VaccineNewsDaily インフルエンザワクチン副作用は特定のバッチに由来するものではないと、CSL社が発表
 ウエストオーストラリア州で多くの副作用を出したCSL社の季節性インフルエンザワクチンは、特定のバッチによるものではないと、CSL社の広報官が同社の調査結果について発表した。
 さらに連邦政府の関係当局と共に調査は続けられるようだ。
GlaxoSmithKline says Q1 profit up 19 pct The Associated Press (国際) グラクソスミスクライン社は、第一四半期の売り上げが19パーセントの増益を示したと発表した。新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のワクチン売り上げ増大が寄与した。
学校閉鎖は感染拡大抑制に有効 新型インフル検証会議 47NEWS 
 対策を検証する会議の第3回会合が28日、都内で開かれ、水際対策や公衆衛生、サーベイランスについて議論、専門家からは「大規模な学校閉鎖は感染拡大のスピードを抑えるのに有効だった」などの意見が出た。
 東北大の押谷仁教授は「日本はほかの国と疫学的な特徴が異なり、学校閉鎖で流行拡大がある程度抑えられたと考えている」と指摘。日本の死亡者が少ない点については「中には死亡を防げたケースがさらにあるかもしれないという視点での総括が必要だ」と述べた。
 水際対策については厚生労働省研究班が「今回の新型インフルエンザは検疫で患者を効率的にすべて検出することは困難だった」と指摘する一方、「単純にすべての水際対策を否定してしまわないように注意すべきだ」とするオランダ・ユトレヒト大の西浦博研究員の意見も紹介された。
4月28日

Swine flu death toll revised to 35 Radio New Zealand  (ニュージーランド) ニュージーランド、ブタインフルエンザ死者数を35人に更新
 ニュージーランドではこれまでA/H1N1死者数は20人とされていたが、検察医の診断で15人が新たに追加された。全員昨年6~8月に死亡した事例である。5人は病院で死亡している。
Health authorities confer over swine flu jab reaction Radio New Zealand  (ニュージーランド) 保健当局、ブタインフルエンザワクチンの副作用問題について協議
 オーストラリアとニュージーランドでは、季節性インフルエンザワクチン、フリューバックス( Fluvax)を5歳以下の小児に投与することを中止した。オーストラリアで死亡を含む重症な副作用がでているためである。
 ニュージーランドでも4人の熱性痙攣が報告されているが、当局では情報が広まるとさらに副作用報告が増えると予想している。
 昨日フランスから別なワクチン、バクシグリップ(Vaxigrip)が47000接種量が届いた。

Government 'too cosy with flu vaccine maker' ABC Online (オーストラリア) 政府はワクチンメーカーに近づきすぎている
 オーストラリア政府はインフルエンザワクチンメーカーと親密すぎた関係にあるため、その不明朗な決定に大して批判が出ている。
 最近、CSL社の製造したワクチンが250人以上の小児で副作用を起こして、政府と同社が調査にあたっている。
 現在、ワクチンメーカーは不当に連邦政府に影響しすぎていたとの批判が高まっている。政府のメーカーとの親密さがオーストラリアにおけるインフルエンザワクチン市場の発展を妨げている。
 CSL社は17年前まで連邦保健局に属していた。
 専門家によると同社は歴史的に連邦政府の保健局長官や大臣に、ワクチン発注政策などのアドバイスをしてきているとされる。

Elderly encouraged to get flu jab ABC Online (オーストラリア) オーストラリア、高齢者は積極的にワクチン接種を受けるように
 ウエストオーストラリアで250人の小児が、季節性インフルエンザワクチン接種後に副作用症状を呈しているが、成人や高齢者では副作用報告はないことから、高齢者は積極的にワクチンの接種を受けるように保健局では呼びかけている。

Flu vaccine toll may be higher The West Australian  (オーストラリア) オーストラリア、インフルエンザワクチン接種による副作用発生率は相当高い可能性
 ウエストオーストラリアで季節性インフルエンザワクチン接種を受けた子供達の間で副作用発生が注目されているが、その発生率は予想よりも高い可能性が示唆されている。理由は多くが医療機関を受診していない可能性があるからだ。
 発熱や嘔吐症状を呈した全ての子供達の把握が必要であるとの意見も出ている。
 これまでウエストオーストラリアで把握されている副作用発現小児は251人で、そのうち55人が痙攣を起こしている。
 ワクチンを製造したCSL社の広報官は、副作用が多発したのは特定のバッチ(製造単位)ではないと説明している。
 保健局の伝染病対策責任者のポール・アームストロング博士によると、季節性インフルエンザワクチン接種による副作用は毎年少数例で認めているが、今回の副作用事例は5歳以下の子供で多く、また重症であることが特徴であると語り、警戒感を強めている。
 両親は子供達がワクチン接種後に副作用を生じた場合は、”ワクチン情報センター”に電話連絡できるようになっている。

1889 Pandemic Didn't Need Planes to Circle Globe in 4 Months  Reuters (国際) 1889年のパンデミックは航空機無しに4ヶ月間で世界中に広がった
 昨日のLos Angeles Timesの報道内容と同じ。

 仮説として研究チームでは以下のことをあげている。
 現在、パンデミックが発生した場合、空港を閉鎖してもそれほどの効果は期待できない。
 都市間でインフルエンザが拡大するのは、移動する人の絶対数ではなく、都市間を結ぶネットワークの度合いによる。
Bird flu hits central province of Vietnam Xinhua  (新華社) ベトナム中央の省で鳥インフルエンザが発生
 ベトナム中央のクアントリ(Quang Tri )省で鳥インフルエンザが発生し、同国内で鳥インフルエンザが発生している省は合計4カ所になったと農業省の動物保健局が発表した。
 クアントリ省の田舎の一農場で飼育している1500羽のアヒルのうち250羽が死亡したとされる。
 地域の動物保健局ではアヒルの殺処分と地域の消毒を行った。
 これまでに鳥インフルエンザの発生が報告された省は、北部のバクカン省、クアンニン省、そして中央のクアンニャイ省と今回報告されたクアントリ省となった。
Over One Million Cubans Immunized Against A-H1N1 Influenza Virus  Cuban News Agency  (キューバ) 100万人以上のキューバ人がA/H1N1ワクチンの接種に
 キューバはWHOから提供されるA/H1N1ワクチンの90.5%(1,015,557人分)を入手し、ハイリスク者に対するワクチン接種を開始した。
 WHOはワクチン以外にもパンデミック対策のための医薬品を提供した。
 ワクチン接種の第一段階として、4月20日までに8万人の妊婦と出産42日以内の女性に接種を終えている。
 続いて5月3日から15日の間に、6ヶ月から9歳までの小児が接種される。
4月27日


Bangladesh To Kick Off Pandemic Vaccination Campaign On May 4 Bernama  (マレーシア国営通信) バングラデシュ、パンデミックワクチン接種を5月4日から開始
 中国の新華社の報道によると、WHOから提供されるワクチンが間もなく届くことから、バングラデシュでのパンデミックワクチン接種が5月4日から開始されるという。
 WHOからの提供量は総量で1550万接種量であるが(人口の1割分)、初回は250万接種量で、医療関係者を含むハイリスク者に接種される。この中には198万人の妊娠3期(最終の14週内)にある妊婦も含まれる。続いて1ヶ月後に1300万接種量が届くとされる。それはハイリスク者(糖尿病、慢性肺、心臓、腎臓疾患患者、神経疾患患者、残りの全妊婦、および6ヶ月以上の小児を含む若い成人)、に接種される。人口は1億5200万人。
 バングラデシュではこれまでA/H1N1感染者は968人と報告され、死者は7人と言われる。
H1N1 LESSONS LEARNED Vaccine production foiled, confirmed experts' predictions CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) H1N1インフルエンザから学んだこと-ワクチン製造は専門家の予測を違えた
 専門家の予測を違えたこと:ウイルス抗原の増殖が悪く、ワクチン製造が遅れたこと、1回接種で十分だったこと。

 2009年9月までに、オーストラリアの研究チームは15マイクログラムの抗原量のワクチンが成人に対して1回接種で十分量の免疫を作ることを確認して、New England Journal of Medicine に発表。
 11月までに1回接種でハイリスクの妊婦でも免疫が獲得されることを米国のNIHの研究チームが報告。
 しかし米国保健当局は10歳以下の小児には2回の接種が必要であると発表。この年齢の小児では55%しか免疫が作られないと説明。
 この米国保健当局の方針は混乱を招く元になった。なぜならその決定の3日前にWHOは、多くのワクチンを小児に接種するために、小児でも1回の接種で十分と発表したからだ。WHOのワクチン接種回数に関する説明。
 しかしCDC長官は、もしデータが違うのなら、我々は再考慮するとコメントを出しただけだった。
 オーストラリアの研究チームは、12月末に発表した第二の報告で、乳幼児でも1回の接種後に十分な免疫が獲得されることを確認した。
 しかし米国の方針には変化はなかった。
 
 余ったワクチンのウイルス抗原は、この秋から使用される季節性インフルエンザワクチンの抗原として理論的には使えることから、現在保健福祉省と各製薬企業との間で相談中である。
On H1N1 anniversary, a mother lives daily with regret CNN  (米国) H1N1発生一周年、一人の母親は後悔の念と共に日々を過ごしている
 現在H1N1インフルエンザは一般社会の意識から消え去ったように思える。
 保健当局はH1N1の危険性を煽ったと批判されている。
 WHOは世界で18000人の死者が出たと発表しているが、検査を受けていない死者も入れると数値はさらに増えると思われる。
 H1N1ウイルスはいまだ米国内で感染活動を続けている。最近、ハワイの学校で11人の集団発生が起きている。
 一人の母親の嘆き

 昨年11月に7歳の息子を失った母親の後悔の言葉。
 高熱で学校から家庭に戻され、様子をみたが改善しないため、2日後に医師の元を受診。抗生物質が処方され、十分の水分を与え休養をとらせるように指示された。その夜、少年は嘔吐し、皮膚色が蒼白となった。母親は救急車を呼んだ。病院に搬送される間、母親は少年の心拍数が150から50に低下するのに気づいた。
 少年は、「ママ、怖いよ、手を握っていて!}と声を出した。
 その後子供は亡くなった。母はそのように語っている。
 もしワクチンをしていたなら、子供は今も元気に自分と生活していたはずだ。母親はそう語って、ワクチン接種を子供にしなかった自分を責めている。

 インフルエンザは小企業に影響をもたらした

 小企業の従業員が感染して家庭に待機、または発病した子供達の介護で休業した例。

 病院における混乱

 テキサス、ガルベストンの病院における混乱状況。
 7ヶ月前にハリケーンで破壊された病院が十分回復しない中でのH1N1患者の発生。

 子供達がABCの歌と共に手洗いを行うようになった

 学校での手洗いや手指の消毒に対する教育が行き渡った。

One Year Anniversary of H1N1 Discovery eMaxHealth  (米国) H1N1が発生してから一周年
 現在、毎日、または毎週のレベルでH1N1インフルエンザは論じられることはなくなったが、ウイルスは未だ感染を続けている。最近ハワイの学校で11人の集団感染が生じている。
 CDCでは予防の最善策としてワクチン接種を勧めている。
You don't need modern transportation to fuel a flu pandemic Los Angeles Times (米国) インフルエンザのパンデミックは航空機が無くても短期間で起きえる-1889年のロシアインフルエンザの分析から
 カリフォルニアとメキシコで発生したH1N1ブタインフルエンザは、約2ヶ月で世界中に広がった。
 もしも高速な航空機関や汽車、そして乗用車が無ければその拡大はもっと緩慢だったのだろうか?
 多分、それは大いに違う。1889年に流行したロシアインフルエンザの拡大状況を分析した最新の研究が、そのような結論を出している。
 1889年にはロシアとヨーロッパの大きな国家18カ国とは鉄道で結ばれていて、その総距離は12万5000マイル(20万キロ)であった(現在以上に長かった)。大西洋横断航路は6日間は要した(現在ほど速くはなかった)。
 このような交通機関の状況下で、ウイルスは世界中に広がるのにどの程度の期間を要したのだろうか?
 最近、国立科学紀要( Proceedings of the National Academy of Sciences.)に発表されたフランスの研究チームの研究結果によると、わずか4ヶ月足らずでウイルスは世界中に広がった。
 
 研究チームは、ヨーロッパと米国の96都市の記録と、フランス、英国、スイスおよびドイツの軍隊の記録を分析した。
 1889年の11月末にロシアのセンクトペテルスブルグで流行のピークを示したインフルエンザは、3週間後にはドイツで流行ピークを示し、さらに2週後にはパリでピーク、そして1週間後には米国に達した。
 ウイルスの伝搬速度はヨーロッパで週に245マイル(392キロ)、米国では1010キロであった。
 ロシアインフルエンザはそれほど病原性は高くなく致死率も高くはなかった。0.1~0.28%。1957年のアジアインフルエンザと1968年の香港インフルエンザの中間程度。因みにスペインインフルエンザの致死率はその10倍。
4月26日


あのインフル機内検疫、発見は22万人中4人 読売新聞 
 新型インフルエンザウイルスの国内侵入を遅らせる目的で、昨年4月28日~5月21日に成田空港など国内3空港で行われた機内検疫は、計907便の乗員乗客21万6718人が対象となったことが厚生労働省のまとめでわかった。
 このうち、機内検疫で見つかった感染者は4人にとどまった。
 この期間には1日平均で医師28人、看護師48人が応援部隊として、3空港に動員された。厚労省は「水際作戦でウイルスの国内侵入がどれだけ遅れたかわからない」としている。
A year later, 5 lessons from swine flu outbreak USA Today  (米国) ブタインフルエンザ発生一年経過、学んだ5つの問題点
 ブタインフルエンザという奇妙なインフルエンザが発生して1年。米国では6000万人が感染し、12270人が死亡した。その中には1279人の小児が含まれる。
 ワクチン接種に関して多くの社会的警戒心があったが、大体9100万接種量が用いられた。
 この間に学んだことは以下の5点である。
 ・警告は賢く利用すべき
  WHOがパンデミック宣言をしたことで、多くの社会的混乱が発生した。
  専門委員会がWHOが過剰に反応しすぎたか検証中である。
  我々の意見は?…通常、一般人は警告を解読するがごとき医師となるべきではない。ただパンデミックの定義は、ウイルスの拡大程度と病原性の程度、両者を説明できる内容である必要がある。(ウイルスの地理的拡大程度により定義されているとされる)。
 ・過小反応よりも過剰反応の方がよい。
 他

Child's death linked to flu vaccine WA today  (オーストラリア) オーストラリア、季節性インフルエンザワクチン接種後に小児が死亡
 オーストラリアの主任医療政務官は、医師や保護者達に、小児に季節性インフルエンザワクチンを接種後に副作用が出た場合は、迅速に報告するように通知した。
 オーストラリア主任医療政務官のジム・ビショップ教授はABC放送で、ブリスベンで女児がワクチン接種12時間後に死亡したことを日曜日(25日)に、知らされたと語った。

 そのニュースは、先週ウエストオーストラリア州で60人以上の小児がワクチンの副作用で(発熱、嘔吐、熱性けいれん等)病院受診している事実を背景にもたらされた。
 その中で1歳女児が重篤であったが、様態は安定しておりプリンセス・マーガレット病院に入院しているとされる。
 
 一方、クイーンズランド州の検死官は、ブリスベンンで4月9日に死亡した2歳女児の死因について調査している。
 女児は前日に双子の姉妹と共に家庭医で季節性インフルエンザワクチンの接種を受けている。
 女児の父親は、女児の死亡はワクチン接種の副作用によるものと考えていると語っている。
 健康的問題は女児には一切なかったとされる。

 ビショップ教授はウエストオーストラリアのワクチン副作用発生により、23日、5歳以下の小児へのワクチン接種を一旦中止するように通知を出した。
 本日、同教授は医師と保護者に、小児のワクチン接種後における全ての副作用は報告するように求めた。
 同教授は、季節性インフルエンザワクチン接種が直接小児の死因となったオーストラリアでの事例は知らないと語り、2才女児の死はあくまでも検死官の責任業務の範囲内のことであると、コメントしている。
 またけいれんを生じる発熱に両親達が不安に思っていることは十分理解しているとも語っている。

 使用されている季節性インフルエンザワクチンは臨床試験は行われていない。
 理由は、これまでの製法と同じで、使用されるウイルス抗原が異なるだけであるからとされる。
 また今回の季節性ワクチンに含まれているA/H1N1ウイルス抗原は、それを使用したワクチンがすでに多くの対象者に用いられてきた実績があると説明されている。そして熱性けいれんが多発した報告もないとされる。
4月25日


Australia probes seasonal flu vaccine reactions in children
 CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) オーストラリア、小児に対する季節性インフルエンザワクチンの副作用調査に
 オーストラリアに本社を置く製薬企業のCSL社の製造した季節性インフルエンザワクチン(3価ワクチン、A/H1N1も含む)で二十数人の小児が接種12時間以内に熱性けいれんを起こしたことから、5歳以下の小児のワクチン接種は中止され、同ワクチンの分析が行われている。
 報告によると1人が重体とされる。
4月24日


呼吸困難 新型インフルに特有 NHK 
 新型インフルエンザに感染して息苦しさなどのために入院した子どもの多くが、24時間以内に呼吸困難を起こしていたことが、日本小児アレルギー学会の調査でわかり、新型インフルエンザに特有な症状として注目されています。
これは、日本小児アレルギー学会の松井猛彦医師らを中心とするグループが、去年、新型インフルエンザに感染して呼吸器症状のために入院したぜんそくの持病のある子ども316人と持病のない子ども195人について比較分析したものです。このうち、症状が悪化して呼吸困難に陥ったのは、ぜんそくの子どもが95%、持病がない場合でも76%に上っています。さらに、熱が出てから呼吸困難になるまでの平均時間を比較しますと、ぜんそくの子どもが12.9時間だったのに対し、持病のない場合は17時間で、ぜんそくの子どものほうが症状の進行が速いものの、持病がなくても多くの子どもが24時間以内に呼吸困難を起こしていました。また、ふだん、ぜんそくの治療に使うステロイドという薬剤を投与した場合、ぜんそくのあるなしにかかわらず9割前後の子どもに効果があったということです。呼吸器症状の急激な悪化は、従来の季節性のインフルエンザではほとんど見られなかったということで、調査を行った松井医師は「新型インフルエンザの場合、子どもがハアハア息をするなど、ふだんと違った呼吸器症状があれば早めに医療機関を受診することが必要だ」と話しています。この調査結果は、盛岡市で開かれている日本小児科学会で25日に報告されることになっています。
Old swine flu vaccine may still protect UPI.com  (米国) 1976年のブタインフルエンザワクチンは未だ効果を持っている
 米国の研究チームによる新知見。
 メンフィスのセント・ジュード小児病院の研究者達は、職員と配偶者を対象にA/H1N1ウイルスと季節性インフルエンザH1N1の血液中抗体を分析した。
 対象者は55歳以上も116人で、そのうち46人が1976年に製造されたブタインフルエンザワクチンの接種を受けていた。
 驚くことに90%でA/H1N1ウイルスと季節性H1N1ウイルス表面の主要な抗原に対して反応する抗体を保有していた。
 1976年のワクチンを接種していた対象者は、接種してなかった対象者以上にA/H1N1に対する免疫は強かった。
 研究チームでは、定期的季節性ワクチン接種は予想以上に予防効果を保有しているかも知れないとコメントしている。
H1N1 LESSONS LEARNED Pandemic underscored influenza's unpredictability CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) H1N1から学んだこと:パンデミックは、インフルエンザの予知性が困難であることを示した

WHO、パンデミック(H1N1)2009-更新97 (4月12日から18日)
 これまで世界で少なくとも17853人以上の死者が出ている。
 ほとんどのA/H1N1流行地域は西および中央アフリカ、東南アジア、中央アメリカに限定されている。
 一方季節性インフルエンザのB型は、東アジアで流行の中心株となっていて、他に中央アフリカ、北部および東部ヨーロッパでも流行している。H3N2型は、インドネシアをはじめとした南および東南アジアで発生が認められている。

 南半球での流行の兆しはない。オーストラリアとニュージーランドではA/H1N1ウイルスの検出程度は非常に低い。
 東アジア(中国、台湾、韓国)では季節性B型インフルエンザの発生が中心で、A/H1N1はほとんど見られていない。
 東南アジアでは、マレーシア、タイとシンガポールでA/H1N1発生が多く報告されているが、他にH3N2型も同時に流行している。インドネシアでは流行の中心がH3N2型となっている。
 

カナダ保健省インフルエンザ週報第15週 4月11日~4月17日
 少なくとも17週間、インフルエンザ流行は終息状況にある。
 全検体1379件のうち1検体でインフルエンザウイルスが検出。そのうち3検体でA/H1N1が検出。
 A/H1N1の入院例はなし。
 インフルエンザ様症状の患者報告はほとんどの州でなし。
 定点医療機関受診者中のインフルエンザ様患者の割合(1000人中)。
 4ヶ月以上に亘って患者数は例年以下である。
 


米国CDCインフルエンザ週報第15週 (4月11日~4月17日)
 インフルエンザ患者数は減少し続けている。
 流行曲線は流行域下限以下である。
 
 昨年末以降流行下限閾値以下が続いていて流行は終息状態といえる。しかし、散発的発生例は全米で未だ見られている。南東部のアラバマ州とジョージア州では地域的にウイルスの広がりが未だ見られている。
 分離ウイルス株総数は減っているが、ほとんどはA/H1N1。
 昨年9月以来のデータでは、タミフル耐性A/H1N1株は、52/4516(1.2%)。ザナミビル(リレンザ)耐性株は0%。
 下図は臨床的にインフルエンザ様症状を呈する患者の定点医療機関外来受診数の割合(%)
 15週としては例年以下の数値となっている。

4月23日

Dozens of Australian children fall ill from flu vaccine Telegraph.co.uk   英国  季節性インフルエンザ接種後に数十人の小児が副作用症状を訴える
 オーストラリアで季節性インフルエンザワクチン(CSL社)接種後に44人の小児が副作用症状を呈したため、5歳以下の小児へのワクチン接種を一時的に中止された。
 ワクチン接種数時間以内に発熱、嘔吐、熱性痙攣を起こしている。20人は入院し、1人は重態とされる。

オーストラリア保健省、インフルザ週報第14週(4月2日~4月9日)
 当週はA/H1N1感染者は報告されていない。
 H1N1感染者の発生は2010年に入ってから57人。
 
 昨年流行が終息してから半年間、流行の再燃はなし。
 
 検査室で確認されたA/H1N1感染者数の推移。


アイルランド保健省、インフルエンザ週報第15週  4月12日~4月18日
 インフルエンザ症状で医療機関受診する患者数は少ない。
 A/H1N1ウイルスは分離されていない。

 年齢別インフルエンザ様症状保有外来患者/10万人口
 冬期間に入ってから流行は終息し、本年度はインフルエンザの流行はない。


英国保健省第15週 インフルエンザ週報
 4月12日から18日
 英国内各地域ともインフルエンザの発生は非常に少ない。
 A/H1N1ウイルスの分離率は非常に低い。
 
 各地域における家庭医を訪れた臨床的にインフルエンザと診断された患者の割合/人口10万人

 流行閾値下限を遙かに下回る。地域ごとに色分けされている。
 スコットランドでは若干上昇傾向が見られるが、閾値以下である。なおスコットランドではインフルエンザ様疾患は他地域よりも1年を通して多い。

4月22日

香港保健省インフルエンザ週報第16週
 流行は終息状況が続いているが、H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ている
 一方季節性インフルエンザのB型の発生は続いているが、前週よりも減少しつつある。
 ウイルス総分離株数総数143、A/H1N1が34、B型が105。.

 15週にはA/H1N1による死者は2人(合計78人)重症者は1人。
 下図はインフルエンザ専門外来を受診した患者数。昨年11月以来大きな変動はない。B型インフルエンザが多い。


Avian influenza – situation in Viet Nam - update 11 WHO 鳥インフルエンザ-ベトナム状況
 ベトナム保健省は2例のH5N1鳥インフルエンザ感染例を報告した。それぞれ6日と9日に報告している。これらの事例は国立衛生・疫学研究所で診断された。
 最初の事例は22歳男性でバクカン省のヌーコ自治区に住んでいた。男性は3月28日に発病し、重体なためハナオイの国立熱帯病病院へ搬送された。4月3日にインフルエンザA(H5)が確認された。
 患者の住居周辺に病的、あるいは死亡した家きんが見つかっている。

 第2例は、バクカン省コモイ地域に住んでいた2歳女児で、4月2日に発症した。4月4日に女児はコモイ地域病院へ搬送され、現在は落ち着いている。インフルエンザA(H5)感染は4月7日に確定された。
 調査によると患者の自宅周辺に病的または死亡した家きんが見つかっている。
 また患者の家族は死亡した家きんを摂食するために調理したとされる。

Pandemic Influenza H1N1 2009 (swine flu) - Update 182 New Zealand Doctor Online (ニュージーランド) パンデミックインフルエンザH1N1 2009 状況更新182
 今年度に入って4人のA/H1N1感染者が報告されているが、現時点で流行の兆しはない。
 ニュージーランドはすでに80万接種量の季節性インフルエンザワクチンを国内N配布しているが、残りはアイスランドの火山噴火での航空機の遅れで、入手も遅れている。
 現在までに国内に配布しているワクチン量は2008年度の総量以上で、また昨年の同時期は10万接種量であった。
Swine flu: UK not out of the woods The Press Association (国際) ブタインフルエンザ、英国から完全に去ってはいない
 ロンドンで専門家の記者会見。
 多くの人々は既に感染していると思っているが、未だに感染して無く、今後感染する可能性の高い人々もいる。そうした人々はワクチン接種が必要。
 英国では流行程度はそれほど大きくは無かったが、今後の流行も小さいとも言い切れない。
The CDC releases new estimates of swine flu infections Los Angeles Times  (米国) CDC、新規ブタインフルエンザ統計を発表
 米国CDCが20日発表した統計によると、3月中旬までに6000万人の米国人がブタインフルエンザに感染し、約27万人が入院した。死者は約12270人発生した。
 ブタインフルエンザは主として若年層に感染した。
 
4月21日

Cambodia reports 8th bird flu death, 1st this year  eTaiwan News  (台湾) カンボジアで鳥インフルエンザ死者が発生、今年度初めて
 東カンボジアで27歳男性がH5N1鳥インフルエンザに感染して死亡した。同国として今年度初、しかし累積8人目の死者となった。感染者数としては、累積10人、今年度は初となっている。
 感染源は未定。
行政ファイル:大洲の小学校で新型インフル /愛媛 毎日新聞 
 県新型インフルエンザ危機対策本部は20日、大洲市立大和小の児童9人が、新型とみられるインフルエンザA型と診断された、と発表した。県内での集団発生確認は約2カ月ぶり。いずれも症状は軽い。9人のうち8人が所属する4~6年は、27日まで学年閉鎖となる。
Avian Influenza Information News Update, April 19  National Wildlife Health Center  (米国)
 ベトナムにおけるH5N1人感染者発生状況

 ・バクカン省で、22歳男性と2歳女児が検査でH5N1感染が確かめられて入院した。
  自宅周辺で死亡した家きんから感染したと考えられている。男性は4月2日、女児は4日に入院。男性は重体であるが、女児の様態は安定している。患者達の親族を含む他の11人が発熱と咳、呼吸困難を訴えて隔離されていたが、検査でH5N1感染が否定された。
 ・バクカン省でもう一人の感染者が、4月9日に確認された。感染地域を訪問していた27歳の人であるが、チョモイ地域の保健センターには他にも感染疑い者が出ている。
 ・4月15日、バクカン省ではさらに2人の感染者が確認された。当局によると、患者は病院に収容されたが重体である。2人とも、先に感染者が発生した村に住んでいた。人人感染の疑いもあることから、専門家による調査が行われている。
 調査団によると、直近の感染者達は死亡した家きんから感染したと考えられ、人人感染を示唆する状況はないとされる。

BC has to throw out $20 million worth of unused H1N1 flu vaccine Vancouver Sun  (カナダ) ブリティシュ・コロンビア州、2000万ドル相当のワクチンを破棄に
 40%の住民しかワクチン接種せず。
 カナダ全体では45%。
京都府が新型インフル対策を検証 情報混乱など指摘 京都新聞 
 昨年、京都府内でも大流行した新型インフルエンザへの対応を振り返り、課題を探る検証作業が20日、京都市上京区であった。府内の行政担当者らが議論した結果、情報の混乱と事前の準備不足、関係機関の連携不備が問題点として浮かび上がった。
 検証作業は、対応の課題を洗い出すことで、新たな流行や強毒型の出現に備えるのが目的。京都府と市町村の行政担当者や消防、自衛隊など関係機関から計100人が参加し、危機管理や医療対策、広報・相談などテーマごとに8グループに分かれて当時の対応を振り返った。
 危機管理上の課題として、国と府、市町村の間で情報が混乱して適切な対応がとれなかったことや、市民に正確な情報提供ができず不安を招いたことが指摘された。対策として、情報収集・発信の一元化▽情報伝達ルートの明確化と事前の訓練実施▽広報と相談部門の連携-などが必要とされた。
 医療面では、夜間休日診療所や特定の医療機関への患者集中、ワクチン接種をめぐる混乱が課題として挙げられ、地元医師会との連携強化やワクチン配布ルートの検討などが求められた。
 ほかに「担当者以外の職員の危機意識が低かった」「休校やイベント中止の基準がなく混乱した」などの意見が出された。主催した府新型インフルエンザ対策本部は「今回の議論をマニュアルの改訂に生かしたい」としている。
Flu drugs saved many pregnant swine flu victims The Associated Press  (国際) 抗インフルエンザ薬は発病妊婦の多くを救った
 昨年度のブタインフルエンザ流行期に発病した妊婦の分析によると、早期に抗インフルエンザ薬による治療を行った場合、多くの生命が救われたという研究結果がでた。
 米国CDCの研究チームの分析によると2009年にブタインフルエンザで56人の妊婦が死亡している。
 妊婦は米国人口の1%を占めるが、ブタインフルエンザでの死亡者の5%を時々占めている。(米国では推定12000人が死亡しているが、そのうち600人前後が妊婦と考えられる)。
 分析によると死亡妊婦の1人だけが発病後2日以内に抗インフルエンザ薬を服用していた。4人が4日以内に服用していた。
 初期治療が生命予後に大きく影響している、と研究者の1人がコメントしている、
 研究結果は米国医師会雑誌に掲載される(Journal of the American Medical Association.)。

 死亡した妊婦の7.1%が妊娠第一期(~3ヶ月)、26.8%が第二期(4~6ヶ月)、64.3%が第3期(7~9ヶ月)であった。
 多くの死亡した妊婦は合併症を保有していた:44%が喘息、39%が肥満。
 健康上問題のない妊婦ですら季節性インフルエンザに対して異常に感染しやすいという。
 妊娠することで胎児を保護するため免疫が低下し、感染に弱くなると言われ、また妊婦は心拍数が早くなり、さら胎児が影響して呼吸上の問題も生じる。
 また問題点として70%前後の妊婦でウイルス検査結果が擬陰性となることがあり、そのために早期に抗インフルエンザ薬が投与されないこともあるとされる。
4月20日

Novartis profits lifted by swine flu vaccine BBC News  (英国) ノバルティス社、ブタインフルエンザワクチン販売で純益をあげる
 スイスの製薬会社ノバルティス社は、2010年度上四半期の純益が29億5000万ドルと、昨年の同期の19億8000ドルよりも大幅に増やした。同社の製造するワクチンの売り上げが11億ドルとなっている。
US health chief draws lessons from battle against A/H1N1 pandemic Xinhua  (中国、新華社) 米国公衆衛生責任者、A/H1N1対策を振り返る
 昨年のA/H1N1対策は多くの成功もあったが、未解決の問題も残っている。米国保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官が19日語った。
 ワクチン接種問題他。
 比較的多くの医療関係者がワクチンを接種しなかったこと、マイノリティーやハイリスク者が十分ワクチン接種を受けなかった問題など。
Swine flu vaccine delay concern  The Bulletin  (オーストラリア) ブタインフルエンザワクチン製造の遅れが問題
 オーストラリアでは現在季節性インフルエンザワクチンの製造が行われているが、配布されるまでにはまだ2,3週間要する。それまではA/H1N1ワクチン接種を行い、季節性インフルエンザ接種が可能になった段階でそれも接種するように啓発されている。季節性インフルエンザにはA/H1N1も含まれる。
 季節性インフルエンザワクチンの製造が遅れているのは、A/H1N1ウイルスワクチンの製造が、同一工場で行われていることによる。
 季節性インフルエンザ接種の優先者は:65歳以上、15歳以上の先住民族、6ヶ月以上で医学的に合併症を生じやすい人々である。、
 保健当局では、すぐにA/H1N1ワクチンを家庭医で受け、季節性インフルエンザワクチンが配布されたら、家庭医または他の接種施設で受けるように勧めている。
Hanoi hosts ministerial meet on flu epidemics Thanh Nien Daily  (ベトナム) パンデミックインフルエンザ閣僚級会議がハノイで開催
 世界約80カ国から、保健および農業省関係者がハノイに約700人が集まり、国際インフルエンザ会議が開かれる。
 19日、月曜日から3日間、H5N1鳥インフルエンザとA/H1N1インフルエンザの世界的状況を検証する。 
 会議では、今年および今後の国際協力の決議が交わされると予定だ。
Utah study: Swine flu strikes some minorities harder Salt Lake Tribune (米国) ユタ州調査:ブタインフルエンザは少数民族に多大な被害を及ぼした
 昨年のA/H1N1ブタインフルエンザは、若い世代、肥満者、および少数民族に多くの死者を出した。研究者達はこのような人々が初期のワクチン接種が必要であったと語る。 
 小児、妊婦、および慢性の肺疾患を保有する人々が最初のH1N1ワクチン接種の優先権を得ていた。
 しかし第1波が発生したとき、重症化するのは若い成人、肥満者、ラテン系住民、太平洋諸島系の人々であることに医師達は気づいた。
 調査結果は、5月19日から6月30日までに州内の病院委のICUに入院した47人を対象にした。
 47人の重症者は全員ソルトレイク郡に住んでいた。そのうち8人が死亡したが、全員肥満者か、病的肥満者であった。
 太平洋諸島系の人々は郡の人口の1%に過ぎないが、入院患者の26%を占めた。
 またラテン系も人口に占める割合とは比例せず、入院率が高かった。
 さらに驚くべきことは入院者の45%が健康保険に入っていないことだった。
4月19日

新型インフル期限切れワクチン、捨てられず…予算なく未だ保管中  SankeiBiz (日本)
 新型インフルのワクチンは製品ごとに使用期限が異なり、最も期限の短いノバルティス社製の輸入ワクチン233万回分が3月末に使用期限となった。
 これらのワクチンは使うことができないため、本来ならば廃棄したいところ。ワクチンは遮光した2~8度の環境で保管しなければならず、保管費用も全体で年2億5千万円と高額なため、廃棄すれば、その分節約できるからだ。
 しかし、ワクチンが使われないまま期限切れになることを想定して予算要求することはできず、今年度予算には廃棄のための費用は盛り込まれていない。今後もワクチンの期限切れは段階的に訪れ、ノバルティス社製は夏までに同社の2500万回分がすべて使えなくなり、国産も4月末から順次、期限切れが出始める予定だ。
4月18日

Get your free jabs Malaysia Star  (マレーシア) 無料のワクチンを受けて!
 ハイリスク者を対象に無料のA/H1N1ワクチンを30万接種量が2月に用意されたが、これまで接種したのは1万人に過ぎない。
 人々が十分理解してないことと、WHOが比較的軽症であることを発表したことから、安易に考えている人が多い。
 高齢者、妊婦、肥満者、慢性疾患保有者、免疫低下状態の人は積極的に接種を受けるべきである。
4月17日

Now is the time to rethink new flu tack The Daily Yomiuri (日本、読売新聞) インフルエンザ対策の進路を検証すべき時
 WHOでは日本での死者数が非常に少ないことに驚いている。
 日本の専門家は、早期からのタミフル服用、 早期からの休校閉鎖の措置が効果を収めたと判断。

 *日本での感染者数は米国と同じように多かったが、死者数が少なかった。このことは逆に米国での死者数の多い原因、または統計の取り方が異なっている可能性を示唆する。少なくとも休校措置が死者数の減少につながったとは考えられない(管理人)。
カナダ保健省インフルエンザ週報第14週 4月4日~4月10日
 少なくとも16週間、インフルエンザ流行は終息状況にある。
 全検体1671件のうち6検体でインフルエンザウイルスが検出(0.36%)。そのうち3検体でA/H1N1が検出。
 A/H1N1の入院例はなし。
 インフルエンザ様症状の患者報告はほとんどの州でなし。
 定点医療機関受診者中のインフルエンザ様患者の割合(1000人中)。
 


WHO、パンデミック(H1N1)2009-更新96 (4月5日から11日)
 これまで世界で少なくとも17798人以上の死者が出ている。
 ほとんどのA/H1N1流行地域はアメリカ大陸、西アフリカ、東アフリカ、東南アジアの熱帯地域で見られているが、前週よりも程度は低くなっている。

 南半球での流行の兆しはない。オーストラリアとニュージーランドではA/H1N1ウイルスの検出程度は非常に低い。
 東アジア(中国、台湾、韓国)では季節性B型インフルエンザの発生が中心で、A/H1N1はほとんど見られていない。
 東南アジアでは、タイとシンガポールでA/H1N1発生が報告されているが、その数は減少しており、マレーシアでは一部の地域で呼吸器疾患が多いが、A/H1N1感染者数は少ない。
 インドではA/H1N1感染者数は非常に少なくなっている。
 北米ではインフルエンザ活動性は低い状況が続いている。
 アメリカ大陸の熱帯地域では、全体としてインフルエンザ活動は低いが、一部の国で地域的発生が報告されている。キューバでは感染者数の増加が報告されている。メキシコでは国全体では発生者数は少ないが、一部の地地域では未だ発生数は多い。ペルーでは5歳以下の小児の肺炎が多いが、ウイルス学的検査が行われていないので明確な原因は分からないが、他の年齢層では見られてないことから、インフルエンザ以外の原因が考えられる。ブラジルの北部でインフルエンザ様症状の患者数が増えている。
 ヨーロッパではB型インフルエンザが発生している地域が多く、A/H1N1インフルエンザの発生は非常に少ない。
 アフリカでは、サハラ南部地域のガーナでA/H1N1の地域的集団発生が見られている他、セネガルやギニアでも発生を認めている。また一部の地域では、季節性H3N2型の発生も報告されている。
 
米国CDCインフルエンザ週報第14週 (4月4日~4月10日)
 インフルエンザ患者数は先週よりもさらに減少している。
 
 昨年末以降流行下限閾値以下が続いていて流行は終息状態といえる。しかし、散発的発生例は全米で未だ見られている。地域的でウイルス感染が見られていた南東部の州では、アラバマ州とジョージア以外は散発的に感染が見られる程度となった。
 分離ウイルス株総数は減っているが、全てA型で亜型分類できている株のほぼ全てがA/H1N1。B型は検出されていない。
 昨年9月以来のデータでは、タミフル耐性A/H1N1株は、52/4453(1.2%)。ザナミビル(リレンザ)耐性株は0%。
 下図は臨床的にインフルエンザ様症状を呈する患者の定点医療機関外来受診数の割合(%)


4月16日

Fresh bird flu outbreak hits Bac Kan SGGP  (ベトナム) バクカン省で新規鳥インフルエンザ発生
 4月15日、保健省は北部のバクカン省でさらに2人の鳥インフルエンザ感染者が発生したことを発表した。
 2人は重体となって省の病院へ収容されたと、保健および環境局のニュエン・フイニャ医師が語った。
 2人は先に数名の鳥インフル感染者が報告された村に住んでいた。
 この状況は地域が鳥インフルエンザ発生のホットスポットとなっている可能性と、人人感染が起きている可能性があり、重大な関心を集めている。
 最新の2人は感染家きんと接触した後に発病したとされ、患者が他の感染者と接触した既往が無いことから、人人感染の可能性はないと考えられている。
 
 *先に感染が確定していた2人とは別な事例と考えられる。もうしそうなら、同一村で少なくとも4人が発病していることになる。
Amidst swine scare, flu kills fewest in a decade Radio Netherlands  (オランダ) ブタインフルエンザの脅威にもかかわらず、オランダでは過去最低の死者
 ほとんどの予想に反して、ブタインフルエンザは西欧で少数の死者しか出さなかった。
 事実、オランダでは死亡率は過去10年間で最低であった。当局のデータではオランダの死者は60人に過ぎない。通常オランダではインフルエンザで700人が死亡するが、さらに流行程度が大きいときは高齢者を中心に1500人死亡する。ブタインフルエンザが流行したため、他の季節性インフルエンザは流行しなかった。そのため今年のオランダのインフルエンザによる死者数はこの10年間で最低となった。


英国保健省第14週 インフルエンザ週報
 4月5日から11日
 英国内各地域ともA/H1N1流行は見られていない。これまでの死者数は457人。
 11週からA/H1N1ウイルスは分離されてない。
 地域ごとに色分けされている。各地域における家庭医を訪れた臨床的にインフルエンザと診断された患者の割合/人口10万人
 流行閾値下限を遙かに下回る。
 スコットランドでは若干上昇傾向が見られるが、閾値以下である。


Mixed infections of pandemic H1N1 and seasonal H3N2 viruses in 1 outbreak Clin Infect Dis (米国、臨床感染症雑誌) パンデミックH1N1インフルエンザと季節性H3N2インフルエンザの混合感染
 9月初旬に中国、北京の大学でインフルエンザが流行した。その際にウイルス学的分析が行われ、多くの季節性H3N2インフルエンザとA/H1N1パンデミックインフルエンザの混合感染が見られた。
 インフルエンザ症状を呈した45人中40人でA型インフルエンザの感染が確かめられた。
 40人中22人でA/H1N1ウイルス感染が確認され、12人で季節性H3N2ウイルス感染が確認されたが、6人では混合感染があった。混合感染集団からの周囲への感染はA/H1N1が多かった。
 単独感染、混合感染の間には臨床的差異は認められなかった。
 遺伝子分析では全株でタミフルに対しては感受性を示した。

Received 17 December 2009; accepted 11 February 2010; electronically published 9 April 2010.
Reprints or correspondence: Dr Wu‐Chun Cao, State Key Laboratory of Pathogen and Biosecurity, Beijing Institute of Microbiology and Epidemiology, 20 Dong‐Da St, Fengtai District, Beijing 100071, P. R. China ().

アイルランド保健省、インフルエンザ週報第14週  4月5日~4月11日
 インフルエンザ症状で医療機関受診する患者数は少ない。
 A/H1N1確定例はなし。
 年齢別インフルエンザ様症状保有外来患者/10万人口
 冬期間に入ってから流行は終息し、本年度はインフルエンザの流行はない。

4月15日


香港保健省インフルエンザ週報第15週
 流行は終息状況が続いているが、H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ている
 一方季節性インフルエンザのB型が増えていたが、前週よりも急速に減少しつつあるようだ。
 ウイルス総分離株数も減少していて総数122(前週252)、A/H1N1が34(前週57)、B型が88(前週190)。.

 15週にはA/H1N1による死者は1人(合計78人)重症者は2人。
 下図はインフルエンザ専門外来を受診した患者数。昨年11月以来大きな変動はない。B型インフルエンザが多い。
 

オーストラリア保健省、インフルザ週報第13週(3月27日~4月2日)
H1N1感染者の発生は2010年に入ってから57人。
 今週は1人が検査で確認。
 昨年流行が終息してから半年間、流行の再燃はなし。

ニュージーランド保健省、インフルエンザ情報更新 14週
 4月5日~4月11日

 A/H1N1感染者は出ていない。
 インフルエンザ様症状を呈する患者の率はベースラインよりも下で、流行の予兆はない。

Expert warns A/H1N1 pandemic still not over yet Xinhua  (中国、新華社) 専門家、A/H1N1パンデミックは未だピークを超えていないと警告
 基本的に本日のロイター記事と同じ。
 WHOのH1N1対策検証会議に出席しているオーストラリアのジョン・マッケンジー教授の談話。

WHO flu experts reject business influence People's Daily Online (中国) WHOインフルエンザ専門家、製薬企業の影響を否定
 WHOのパンデミック宣言に関与していた同機関の専門家達は、パンデミック宣言に不当な製薬企業の影響があったことを否定した。
 WHOにワクチン製造や警戒基準の引き上げをアドバイスする委員会の委員長が、可能な限り製薬企業から距離を置き、疑いを抱かれないように細心の注意を払ったと語った。
 デービッド・サリスバリー(WHOのワクチンアドバイス専門家委員会SAGE)は、委員会のメンバーを選択するにあたり、入念な調査を行い、疑惑を抱かれるメンバーは外した、と説明している。
 ワクチン問題に関する討議の間、委員会のメンバーから異論は出されなかった。
 委員会は昨年WHOのチャン事務局長にA/H1N1ワクチンを製造すべきか、その時期はいつか等を答申した。
 
 ヨーロッパ評議会の議員達が、パンデミックの間のWHOの意志決定が不明瞭であり、特に製薬企業の影響があったのではないかと批判している。
 サリスバリー氏は、委員会に製薬企業の代表を招いたことはあるが、それはワクチン製造量とその期間に関して聴聞するためだったと説明している。
 「自分の知る限り、製薬企業は科学的情報を提供しただけだった」、と同氏は語っている。

H5N1 bird flu can infect donkeys, researchers find Horsetalk (ニュージーランド) H5N1ウイルスがロバに感染:研究報告
 呼吸困難に陥ったロバの鼻腔粘液からH5N1ウイルスが検出。ウイルスはエジプト株。
 研究者は鳥からさらに哺乳動物に広く感染することが示されたとコメント。
 ウイルスの遺伝子変異はほとんど見られてないという。
 Journal of Biomedical Science に掲載された。
Chair seeks to tackle bias in WHO swine flu review  kjrh.com  (米国) WHO、検証委員会の偏向回避に委員長が苦慮
 A/H1N1検証委員会の座長であるハーベイ・ファインバーグ氏(ワシントンの医学研究所長官)が、検証委員会のメンバーの中に、WHOや自国の政府と強い関連を持った委員が多数いることから、委員会の論議に偏向が生じることを懸念している。
 少なくとも10人の委員は、現在または過去にWHOのアドバイザーであった。24人の委員は自国の政府で働いている。
 各国から推薦された200人の候補者の中から、WHO事務局長が29人を選んだ。
 「概してWHOは政治的判断を行い、委員会での結論は既に用意されている。今回の委員会もそうした流れにあると思う」、とロンドンに本社を置シンクタンクく”International Policy Network.”のフィリップ・スティーブンス氏がコメントしている。
 WHOのパンデミック・フェーズ分類が問題視されているが、今回の委員会のメンバーの中で少なくとも7人が、その作成に関係している。
 そうしたことから、委員会は単にアリバイ証明的委員会になるとのコメントが、先のWHO当局者で、カリフォルニア大学の元教授を務めたジェームズ・チン氏がコメントしている。
Pandemic still threat to young, expert says Reuters UK (英国) 専門家、パンデミックは未だ若年者に脅威
 WHOのH1N1対策検証会議に出席しているオーストラリアのジョン・マッケンジー教授の談話。
 同教授はWHOの緊急委員会の座長で、昨年のH1N1パンデミック宣言をWHO事務局長へ答申した責任者でもある。
 WHOのパンデミック宣言が製薬企業の影響下で為されたという批判に対して、 同氏は緊急委員会の15人の委員が製薬企業と結びついていたかは知らないと語った。
 「このペンデミックは1957年と1968年のパンデミックと同等に重症であるが、唯一の違いは、高齢者では死亡者は少ないが、より重要な集団、すなわち若い成人層での死を多く起こすことである」、と同氏は会議で語った。
 「それは人々が語っている以上に重症である」、とも発言した。
 WHOの統計によるとH1N1は17700人の死者を世界で出している。しかし正確な数はパンデミックが終了して1~2年経たなければ分からないとされる。
 1957年と1968年のパンデミックは、それぞれ200万人と100万人の死者を出したとされる。季節性インフルエンザの場合は50万人までの死者が出ていると推定されている。
 
 ブタインフルエンザは当初恐れられていたよりも軽症であった。そのためWHOが意味のないパニックを引き起こし、欧米の政府に過剰なワクチンを備蓄させる結果になったとの批判が起きた。

 マッケンジー氏は、この2~3週間以内に再度緊急委員会が開催され、WHOにパンデミックのピークが過ぎたかどうかの判断を答申することになるかも知れないと語った。
 しかし同氏はピークを終えたと考えるのは時期尚早であり、世界は未だパンデミックの中にあると語った。
 「我々はアジアや西アフリカでパンデミックが続いている根拠を持っている」、と同氏は語った。
 「さらに我々は南半球の第二波で何が起きるか観察しなければならない。何が起きるか分からないし、そういう意味で関心を抱いている」。
 マッケンジー氏は、緊急委員会での結論は満場一致で出されたという。
 「私は座長として、製薬企業と一切関係を持たなかった。また他のメンバーが関係を持っていたかは分からないが、そうは思えない」、と同氏は語った。
 マッケンジー氏以外の緊急委員会のメンバーは、公になっていない。商業的および政治的影響を受けることを避けるためである。(*)
 
 * 日本の委員は著書などで、肩書きとして自ら公表しているようである。
4月14日

Internet Criticized For the Marking of Speculations About Swine Flu, WHO Faces ... TopNews United States (米国) インターネットがブタインフルエンザに関する多くの憶測を流し、WHOの対策の障害になった
 WHOのケイジ・フクダ氏は検証委員会でインターネットは多くの情報を世界中に伝える効果を持っているが、WHOの対策上弊害が出たと語った。
 風聞、デマ、仮説等がインターネットで流されて、WHO対策に大きく影響。
 特にワクチン接種に対する批判的情報は、各国のワクチン接種率に影響した。
Two sick with bird flu in Vietnam, 11 undergo tests Reuters AlertNet (英国) ベトナム、2人が鳥インフルエンザに感染、11人が検査に
 北部ベトナムで2人がH5N1鳥インフルエンザに感染し、他に発熱した11人が検査されていることが、保健省から発表された。
 2人は22歳男性と27ヶ月の女児であるが、他に感染が疑われている11人も同じ村に住んでいる。
 女児は男性の近隣に住んでいた。
 疑い者のうち4人は退院している。
 ベトナムの報道によると村では死亡した家きんが見られ、患者達は食べたり、濃厚に接触したりしていたので、感染源は感染した家きんと考えられている。
WHO pandemic probe focuses on media, internet impact Times of Malta  (マルタ) WHOパンデミック検証委員会、メディアとインターネットの過大な影響を指摘
 WHOのケイジ・フクダ氏は検証委員会でインターネットは多くの情報を世界中に伝える効果を持っているが、WHOの対策上弊害が出たと語った。
 風聞、デマ、仮説等がインターネットで流されて、WHO対策に大きく影響。
 特にワクチン接種に対する批判的情報は、各国のワクチン接種率に影響した。
Guillain-Barre rate low post-H1N1 vaccine St. Louis Globe-Democrat  (米国) H1N1ワクチン接種後のギラン・バレー症候群の発生は希
 米国CDCとFDAの分析:3.5人/千万人
 昨年の季節性インフルエンザでは7.3人/千万人。

 通常のギランバレー症候群の発生率は10万人当たり1~4人。

Bird flu sickens 2 in Vietnam; 11 others quarantined, recovering from flulike ... The Canadian Press (カナダ) ベトナムで2人が鳥インエンザに感染:他の11人が類似症状で隔離
 13日ベトナム保健省は、貧しい山岳地帯で2人が鳥インフルエンザに感染し、さらに11人がインフルエンザ様症状で隔離されたことを発表した。
 22歳男性と27ヶ月女児が検査で、H5N1鳥インフルエンザウイルスが陽性となり入院した。バクカン保健局の長官補のホアンバン・リン氏が語った。
 同氏によると感染確認者の親族を含めて11人が発熱と、咳、および呼吸困難で隔離入院された。
 全員タミフルが投与され、回復している。しかしウイルス検査結果は未だ出ていない。
 当局者によると11人がウイルス検査で陽性だったとしても、周辺の感染家きんからの感染と考えられ、パニックになる必要はないと語っている。

Vietnam awaits more test results in suspected H5N1 cluster  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) ベトナムでH5N1集団発生の疑い
 最近発症した2人のH5N1鳥インフルエンザ患者の周辺で11人の感染疑い患者が発生して隔離されている。本日ベトナム保健省が発表した。
 2人の患者は未だ入院中で、1人は22歳男性でもう1人は27ヶ月女児で、先にベトナムのメディアで発表されAP通信が本日報道している。
 北部のバクカン省保健局の長官補であるホアンバン・リン氏は、隔離された人々の中で何人かは、感染確定者の親族であるという。同氏によると隔離された11人はタミフル内服で回復しているが、H5N1ウイルス検査結果が未だ出ていないという。
 22歳男性は4月2日に入院し、現在治療中であるが、4月4日に入院した女児の様態は安定しているという。
 ベトナム保健省のウエブサイトでは、2人の感染者の周辺では死亡した鶏が見つかっているとされ、女児の家族は感染鳥を処分し、食べていたとされる。省の保健局によると、隔離された患者の全ては病的になった家きんと接触していたとされる。
 バクカン省は北部ベトナムの山岳地帯に位置しており、農業省が4月10日にOIEに報告した家きんでのH5N1発生地域2カ所のうちの1箇所である。
 感染源の調査では、新規家きんの搬入、不法な家きんの搬入、または渡り鳥などが関与しているとされる。
WHO admits shortcomings in handling flu pandemic Ethiopian Review  (エチオピア) WHO、パンデミック・インフルエンザ対策には欠陥があったことを認める
 出典:ロイター
 
 WHOのインフルエンザ専門家の責任者であるケイジ・フクダ氏が、WHOのパンデミック宣言のための6段階からなるフェーズ分類は、広く世界中に広がっている(H5N1)鳥インフルエンザよりも遙かに致死性が低い(H1N1)インフルエンザに対して混乱を招く元になった、と語った。
 「現実にはパンデミックに関する不確定要素が多くあった。その不確定要素をWHOは十分伝えることをしなかった。このことが多くの人々に、不透明な過程で対策が講じられたと誤解されている」。
 同氏は29人の外部専門家で構成されるWHOのインフルエンザ・パンデミックを検証する3日間の会議を主宰している。
 
 製薬企業との結びつき

 WHOがブタインフルエンザに対するパニックを引き起こし、その結果各国政府はワクチンの備蓄を促された、しかしインフルエンザは軽症であり、多くの未使用ワクチンが余った、との批判が起きている。
 またグラクソスミスクライン社やサノフィ・アベンティスのような企業が膨大な利潤を得たことから、WHOと製薬企業との結びつきを指摘する批判もある。
 ケニヤの委員は、途上国は公正にワクチンの提供をWHOから受けなかったと批判した。
 「ワクチンや薬は途上国に公正に提供されていない。それらは高価なため途上国の人々は入手できない。この状況は全く受け入れられることはできない」 (健康の平等性:WHO憲章:訳者)。
 これまで31カ国の途上国が限定された量のワクチンを、製薬企業や先進国からWHOか介して提供されている。
 インドの委員は、公衆衛生的緊急時には、重要な薬のパテントは一時保留にすべきと語った。(途上国の企業が自国で製造できる権利)。
 
 恐れと混乱

 米国の委員によると、世界銀行の評価では、パンデミック対策に世界は40億ドルを費やしたと推定される。(この金額の算定は不明だが、ワクチン代は含まれていないと思う:訳者)。
 「インフルエンザは予知できない、厄介な感染症である。重大なパンデミックに対する脅威はいつも存在している」、と米国委員は語った。(予測不能な危機に対して対策は重要:訳者)。
 
 一方、WHOのケイジ・フクダ氏は次のように語っている。
 別な、しかし高度に致死的なH5N1鳥インフルエンザウイルスの存在が、次に起きるパンデミックに対して高度の脅威感を及ぼしていた。
 H1N1ウイルスが国境を越えて広がり、多くのブログで推測や批判が飛び交う中で、WHOが一般社会に対して適切なアドバイスを提供することは困難だった。
 驚嘆すべき予想外の結果として、ワクチンが2回接種の必要がなく、1回接種で十分なことが分かったことである。それまでは1人に対して2回接種の予定で計画は進められていた。
 このことは富裕国では余剰ワクチンが発生し、一方途上国ではワクチンを入手できない(相反する)事態を招いてしまった。(製造量が十分でないワクチンを富裕国が過剰に買い占め、途上国へは行き渡らなかった。しかし結果的に富裕国のワクチンは過剰となった:訳者)。

 「フェーズと重症度の問題は論議すべき重大な問題である」と、フクダ氏はWHOの6段階のフェーズ分類が単に地理的拡大程度で定義され、重症度が考慮されていない問題にまで言及した。

Dispatch: Roundup: H1N1, One Year Later American Council on Science and Health (米国、米国科学衛生協会) 総括:H1N1、1年経過
 WHOで外部専門家によるH1N1対策の検証が始まった。チャン事務局長は手加減しない批判を求めている。
 国内では本日のニューヨークタイムズにバージニア大学のリチャード・P・ウエンツゥエル教授が、手加減しない論説を乗せている。すなわち米国では従来の季節性インフルエンザの死者数よりも少ないことからA/H1N1を軽症のインフルエンザと評価している専門家もいるが、途上国では違う。これらの国では統計データも十分集計されていないし、今推定されている以上にウイルスは大きな被害をもたらしていることもあり得ると言っている。
 今、世界中で多くの専門家がH1N1え何が起きたのか、そして我々が次のインフルエンザ流行に対して個々に何をすべきか論じだしている。
4月13日

Swine- And Avian-Origin Influenza Targeted By Immune Molecules Medical News Today (国際) 季節性インフルエンザワクチン接種で、ブタおよび鳥インフルエンザにに対する抗体が産生
 スイスの研究チーム。
 季節性インフルエンザワクチンを接種された人々の中で、H1N1ブタインフルエンザウイルスおよびH5N1鳥インフルエンザウイルスのHAに反応する抗体が検出された。
 それら抗体はマウスの感染実験で感染予防効果を認めたが、実際に人で感染予防効果を示すほどの抗体量が産生されているのか、さらに研究が必要とされる。
Journal of Clinical Investigation に発表。
WHO admits shortcomings in handling flu pandemic  U.S. Daily  (米国) WHO、パンデミック対策での欠陥を認める
 WHOは12日(日本時間13日)、新規ウイルスの不確定さを明確に伝えることをしなかったことを含めて、対策上問題があったことを認めた。
 WHOのインフルエンザ専門家のトップであるケイジ・フクダ氏は、WHOのパンデミック宣言の6段階のフェーズ分類は、広く恐れられている鳥インフルエンザとは全く致死性が異なるA/H1N1に適用したことは大きな混乱を招く元となったと発言した。
 同氏は29人のWHO外専門家による、WHOのパンデミックインフルエンザ対策検証のための委員会で発言した。
What We Learned From H1N1's First Year  New York Times  (米国) 我々は何をH1N1インフルエンザ流行の1年目に学んだか?
  リチャード P・ウエンツェル(Richard P. Wenzel)、ヴァージニア州立大学、内科教授、感染症専門家

 1年前の今日、メキシコのオアクサカ(Oaxaca)で最初のブタインフルエンザ感染者が死亡した。当時メキシコのICUで患者を目にした我々臨床医は、このH1N1ブタインフルエンザが通常の季節性インフルエンザとは全く異なった特性を持っていること気づいていた。
 流行はアジアにおいてではなく、北半球で始まり、晩秋や冬ではなく春の中程に始まった。またそれは高齢者や新生児には感染しづらく、小児や若い成人に感染しやすい傾向を示した。

 最初の死者の発生から何ヶ月かしてからウイルスはパンデミックを引き起こした。当初我々が恐れたほどには流行は致死的ではなかったが、必ずしも軽症とはいえなかった(今でも専門家の中にはそういう人々もいるが)。
 軽症とされるのは先進国での致死率から判断されているが、途上国では必ずしもそうではない。

 米国ではワクチン接種理は満足ゆくものではないが、途上国よりははるかに良い。
 貧しいワクチンを希望する途上国94カ国のうち、26カ国しかいまだワクチンの提供を受けていない。

 また我々は、若い成人、妊婦、肥満者、少数民族に高い病原性を示すインフルエンザを、決して軽症とは見なせない。

 さらに悪いことには、このウイルスは臨床的に同定することが難しい。医師達はインフルエンザの発生を、”発熱と咳”と結びつけているが、このA/H1N1インフルエンザで入院した患者の三分の一、および外来患者の半分近くが発熱していない。それでも患者達は感染性を有している。
 発熱患者だけが検査されていることから、実際の感染者数は過小評価されている。英国からの報告によると第1波後に行われた学童の横断的調査によると、3人に1人が抗体を有していた。この数値は臨床的サーベイランスで得られていた値の10倍であり、評価されていた感染者数の10倍に上ることが示唆される。

 H1N1インフルエンザは感染対策上でも大きな問題を呈した。それは特に病院内であったが、通常の季節性インフルエンザウイルスのように、ウイルスが環境中の固い物体の表面に付着するだけでなく、患者の糞便中にも存在するからであった。

 CDCは時として間違った勧奨を行った。小児や成人は1日間の無熱後には学校や職場に復帰していいとしたが、実際には小児で3週間程度、成人で5から7日間はウイルスを排出している。

 問題は容易ではないが、公衆衛生当局は不確定な事実があることを明確にし、何が分かっていて何が分からないのかを伝える必要がある。

 ウイルスが現れて1年。我々はA/H1N1ウイルスに対して多くの未解決の問題を抱え続けている。H1N1ウイルスは継続的に季節性インフルエンザとなるのか?細胞培養法による迅速なワクチン作りが可能となるのか?我々は万能ワクチンを作り出し得るのか?A型ウイルスに共有する抗原に対するワクチン。1回の接種で10年間は免疫が持続する。

 これらの課題に挑戦する間にも、我々は将来のパンデミックに対してより良い対策を試みることは可能である。
 まず我々は、感染対策を1国の問題としてではなく、世界全体の問題として捉えなければならない。
 この点においてメキシコは優れた手本を示してくれた。メキシコ政府がインフルエンザの発生を認識して、それを公表するまでわずか10日間だった。2003年のSARS勃発時には、数ヶ月経過してから中国政府はそれを発表したのと大きな違いがある。

 メキシコの発表の決定は、それによる経済的不利益を被ることを知った上での政治的決断による。現在メキシコはGDP1%のコストが費やされたと推定している。
 メキシコの発表の決断で我々は早期にウイルス対策のとっかかりを得た。
 新興感染症の早期報告に対して、何らかの経済的支援制度が必要と考える。

 Richard P. Wenzel is a professor of internal medicine and a specialist in infectious diseases at Virginia Commonwealth University.
Severity doubts, fear hit response to swine flu The News International  (パキスタン) 重症度の不確定および根拠無き脅威感が、ブタインフルエンザ対策を不鮮明とした
 世界の29人のWHO外専門家によるWHOのブタインフルエンザ対策を検証する会議が昨日から始まった。
 委員会の座長は、WHOにより指名されたワシントンの医学研究所(Washington’s Institute of Medicine)のハーベイ・ファインバーグ教授である。
WHO専門家委、新型インフル「世界的流行」の定義議論 日本経済新聞
 世界保健機関(WHO)は12日、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に対してWHOや各国政府が取った対応を検証する専門家委員会を設置し、初会合を開いた。現在は地理的な感染の広がりを重視しているパンデミックの定義を見直すことも議論する見通しだ。
 委員会は世界各国の29人の専門家で構成され、日本からは岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長が参加した。今年5月のWHO総会に中間報告、来年5月の同総会に最終報告を提出し、感染症対策の国際ルールである「国際保健規則(IHR)」の改定につなげる方針。
 パンデミックの警戒水準(フェーズ)は現在、感染地域が広がるごとに数値が上がる仕組み。WHOは昨年6月、感染の広がりを見て警戒水準を最高度の「6」に引き上げ、パンデミックを宣言した。
 だが、基準が妥当かをめぐり議論が噴出。健康被害の深刻度に関する基準を新設して「中度」と発表したが、十分に認知されなかった経緯がある。見直し作業では、ウイルスの毒性に関する判断を警戒水準にどう反映させるかがカギとなる。
 WHOによると、4月4日時点の新型インフルエンザによる死者数は世界全体で計1万7700人。今回の新型インフルエンザは弱毒性なうえ、昨年末以降は感染の拡大にも歯止めがかかり、大量に生産したワクチンが余るなどの問題が起こっている。WHOのチャン事務局長は初会合の冒頭、「うまく機能した点と機能しなかった点を分析したい」と述べた。
A Year After H1N1 Outbreak, a Look at What Could be Done Better Wall Street Journal (blog) (米国) H1N1流行後1年、対策への検証が開始
 H1N1ブタインフルエンザの流行が始まったことが報道のヘッドラインを飾ってから1年。今、なぜ当初予想されたほど、それが重症でなかったのか、そして対策はより良い過程で行われたのか、検証が始められた。
 WHOのチャン事務局長は、本日、検証のための3日間の会議を開催した。
 「WHOは、より良い対策としてどのような内容が必要なのか知りたい」、同女史は会議の開催にあたって語った。
 本日のセクションで1人の講演者が次のように語っている。
 ブタインフルエンザに対する国際的対策は、近年発生している致死的鳥インフルエンザに対するものが参考とされた。しかし結果的には比較的軽症なインフルエンザであり、対応に相違ができた。
 「でも若い世代で多くの死者が出ることから、それは必ずしも軽症とはいえなくなったが、関係者はさらに重症なインフルエンザと想定した」、とオーストラリアの感染症専門家であるジョン・マッケンジー氏がAFPに語った。
 WHOのインフルエンザ責任者であるケイジ・フクダ氏は、H5N1鳥インフルエンザが多くの推測を専門家達だけでなく、一般社会にももたらした、また、それは情緒的に大きく影響した、とAFPに語っている。さらに同氏は、ワクチンが2回接種の必要がなく、1回接種で十分の免疫ができることが分かったことは驚きだった、と付け加えている。
 世界の政府は余剰となったワクチンの処分の検討に頭を悩ませている。
Severity doubts and fear hit pandemic response: WHO panel Tolerance  (カナダ) 重症度が不明で、脅威が大きかったことが、対策の障害になった:WHO検証委員会
WHO admits shortcomings Gulf Times (クエート) WHO、対策に欠陥があったことを認める

WHO acknowledges pandemic campaign shortcomings Windsor Star  (カナダ) WHO、パンデミック対策に欠陥があったことを認める
 3日間の予定でWHOのH1N1対策の検証が外部専門委員によって行われているが、 WHOは12日、H1N1ウイルスの特性が明確ではないことを十分伝えなかったため、世界に多くの混乱を招いたことを認めた。
 「現実的には、余りにも多くが不明であった。WHOはその事実を伝えなかったと思う。それは多くの人に不透明な過程を踏んだと思われている」、とWHOのパンデミック対策の責任者であるケイジ・フクダ氏が語った。
 ほぼ1年前、H1N1ウイルスは発生したが、それはこれまで知られてなかったウイルスで、科学者達はウイルスがどのような特性を持っているのか把握できなかった。ただそれが急速な勢いで世界中に広がっていることは分かったが、どの程度の致死力または病原性を持つようになるかは把握できていなかった。
 流行初期におけるH1N1インフルエンザに対する多くの疑問が説明されなかったために、H1N1は脅威感をもたらしたが、カナダおよぼ世界中の保健当局は社会からの質問に十分対応することができなかった。
 
4月12日

WHO chief wants 'frank and critical' review of its handling of swine flu outbreak Metro Canada  (カナダ) WHO事務局長、ブタインフルエンザ対策の検証は、率直に批判的にと
 WHOのチャン事務局長は、将来の世界的感染症対策のために学ぶべき多くの検証を、率直に批判的に行ってほしいと、本日から3日間開催される第一回目の、外部専門家によるA/H1N1対策検証委員会に要望した。
 WHOのパンデミック宣言は製薬企業の商業主義に影響されたものだとの批判が、何人かの批評家からなされている。
Pune University confers Baba Ramdev with honorary doctorate degree KolkataObserver.com (インド) プネ大学、ヨガ導師ババ・ラムデフに名誉博士号を授与
 高名なヨガ導師ババ・ラムデフにプネ大学は名誉博士号を贈った。
 授与式の場で、ババ・ラムデフ氏はWHOと外国の製薬企業を批判し、インド国内の医師や科学者が協力して自国の保健機関を創るように勧めた。
 「ブタインフルエンザは一つの宣伝行為だった。WHOが製薬企業の一機関として動いたことを聞いたとき、自分は非常に不快だった。私は新しいWHOをインドで創設すべきと思う。インドの医師や科学者がそこで働くのである」。
Thousands of unused H1N1 vaccines expiring in Utah StandardNet  ユタ州で大量の未使用A/H1N1ワクチンが期限切れに

Panel of external experts starts review of WHO, international response to H1N1 Metro Canada (カナダ) WHO外部専門家による、国際的H1N1対策の検証が開始
 各国から推薦された29人のWHO外部専門家による、2009年度のH1N1対策が検証される。
 WHOおよび各国保健省の対策が過剰であったとする批判が起きていることも、検証の理由となっている。
 
 各委員は製薬企業等から受けている研究費などを報告する義務がある。

 WHOのパンデミック宣言が過剰な対応であり、製薬企業が関与していたとする批判が、特にヨーロッパでもたれている。A/H1N1は季節性並のインフルエンザに過ぎないとしている。
 WHOのパンデミック宣言が妥当なものであったかについては、委員会では検証しない。
 その妥当性に関しては、WHOのケイジ・フクダ氏が既に見解を表明している。

 委員会での検証は13ヶ月間に亘って行われ、2011年5月のWHO総会で結論が発表される。
4月11日

Vietnam girl found with bird flu; blue ear spreads Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、少女が鳥インフルエンザに感染
 バクカン省の2歳の女児が鳥インフルエンザに感染したと保健省が発表した。
 今年度7人目の感染者となった。今年度ベトナムでは2人の死者が出ている。
 
 *WHO統計では、ベトナムのH5N1感染者数はこれまで5人で死者は2人となっている。

Did we over-react to the swine flu pandemic? Kent News  (英国) 我々はブタインフルエンザに過剰反応したのだろうか?
 1年前、数千人が死亡するかも知れないという恐れの中で、ブタインフルエンザの脅威が英国中に広がった。
 しかし12ヶ月が過ぎ、数千本のワクチンが地方の病院で塵を被っているが、西ケント郡保健局の主任医療政務官は、過剰に反応したことは否定している。
WHO鳥インフルエンザ情報更新34
 エジプト保健省はA(H5N1)鳥インフルエンザの新規人感染例が出たことを発表した。
 フェユム(Fayoum)県の18歳女性で3月31日に入院してタミフルによる治療を受けたが4月4日に死亡した。
 感染源は病的または死亡した家きんと考えられている。
 これまでエジプトでは109例の検査で確定された感染者と34人の死者が報告されている。
Health experts warn against complacency in fighting viruses France24  (フランス) 保健専門家、インフルエンザウイルスに対して無防備になることを警告
 AFP
 第20回ヨーロッパ臨床微生物および感染症学会(ECCMID)で、オランダのロッテルダム大学のウイルス学者であるアルバート・オステルハウスが講演。ブタインフルエンザや他のウイルスの監視(サーベイランス)と予防の重要性を強調した。学会は13日まで続く。
 同氏は、ブタインフルエンザ(A/H1N1)流行が幾分弱まってきてから、各国がウイルス感染に対する警戒態勢を弱めてきている傾向があることを危惧していると語った。
 「自分が心配していることは、いわゆる”軟弱なインフルエンザ”を経験したことから、我々がH5N1を忘れてしまうことだ」、と、より危険性のある鳥インフルエンザウイルスを引用した。
 さらに西ヨーロッパではH1N1ウイルスの活動は弱まったが、ウイルスは未だ東ヨーロッパや西アフリカおよび米国の一定の地域で感染活動を続けており、今後季節性インフルエンザとして再流行する可能性がある。このようにオステルハウスは語った。
 また同氏は、インフルエンザ流行に対して、迅速なワクチン製造の必要性があることも語った。
 ECCMIDの専門家達は、インフルエンザパンデミックが起きた翌年の季節性インフルエンザは、概して前年よりも病原性が高まると警告している。理由はウイルスが新遺伝子を獲得し病原性が強化されるからとされる。そうしたことから各国は流行してくるインフルエンザに対して、より警戒態勢を強めることが必要とされる。
 ブタインフルエンザは2009年4月に流行が始まってから、WHOによるお、世界中で大体16813人の死者を出した。一方、例年の季節性インフルエンザは25万人から50万人の死者を出している。
4月10日
 
Editorial: Swine Flu What Are We Doing? Peace fm Online - (ガーナ) 論説:ブタインフルエンザに対して我々は何ができるのか?
 ガーナでA/H1N1インフルエンザが拡大している。
 もしこのインフルエンザが本当に危険なら、どのような対策を社会は講じるべきか?一般社会は何も知らない。国は情報を流して国民に注意を促し、いかにしてこのウイルスの拡大を抑えるべきか伝えなければならない。
It's Swine Flu's Anniversary  San Francisco Chronicle (米国) ブタインフルエンザ発生1周年
 ブタインフルエンザが発生して、サンフランシスコで最初の患者が診断されてから丁度1年が経過した。そしてオバマ大統領がパンデミック流行に対して国家緊急事態宣言を発してから半年経った。
 昨年10月、サンフランシスコ市の公衆衛生局が3日間で2万人にワクチン接種を行った。そして今年の1月には1日に14000人近くのワクチン接種を行った。今日まで当局によると、50万人近いサンフランシスコ市民がワクチン接種を受けたとされ、それは市民の半数にあたる。
 ワクチン接種が、政府が米国で9万人は死亡すると警告したパンデミックを回避するのに役立った。ウイルスはほんの12000人の死者を国内で、また546人の死者をカリフォルニア州で発生させた。その数は予想よりも遙かに少なく終わった。サンフランシスコ市ではたった8人の死者に終わった。(人口は約80万人)。
 ワクチン接種希望者数も大幅に減った。
 カリフォルニア大学の感染症専門家であるチャールス・チウ博士は、市民は昨年流行したウイルスを簡単に忘れるべきではないと語る。
 同博士によると、このインフルエンザは、今春遅くか初夏に再流行する可能性もあるという。
 このウイルスは真冬を好む季節性インフルエンザと、全く反対の季節を好むとされ、それ故これからの再流行があり得るという。
 しかしなぜ心配の必要があるのだろうか?季節性インフルエンザは年間36000人の死者を米国内で発生するが、ブタインフルエンザは1年間で12000人しか死者を出していない。そしてブタインフルエンザは季節性インフルエンザに置き換わってきた。インフルエンザの99%はブタインフルエンザとなっている。今後、インフルエンザの死者数は従来よりも減少する可能性がある。
 しかしチウ博士は死者の年齢を考慮に入れると、問題が明確になるという。ブタインフルエンザの死者の多くは若年齢層と妊婦である。季節性インフルエンザの90%は65歳以上の高齢者である。しかしブタインフルエンザの場合65歳以下の年齢層での死が88%を占める。
 チウ博士によると、高齢者の多くはウイルスに免疫を持っているという。理由は1918年のスペインインフルエンザウイルスに、人生のどこかで感染しているからとされる。スペインインフルエンザウイルスは発生後数十年間、世界中で感染を繰り返してきていた。
 ブタインフルエンザウイルスが、1918年のウイルスのように病原性を高める可能性もある、とチウ博士は警告するが、現在のところ分析結果では変異の可能性はないとされる。そしてブタインフルエンザウイルスの変異は、季節性インフルエンザのそれよりもペースは遅いという。
 
Swine flu - pandemic or manipulated panic? Irish Times (アイルランド) ブタインフルエンザ-パンデミック、または人為的パニック?
 原文印刷用ファイル
 WHOの”偽りのパンデミック”論争。
 アイルランドでも大量のワクチンが余っている。
 ドイツのシュピーゲルの特集に沿っている。
Swine flu causes huge rise in hospital admissions Independent  (英国) ブタインフルエンザ、病院への入院患者数の巨大な増加を招いた
 2009年度の英国におけるインフルエンザ入院数は、延べ入院日数(33376日)で2008年度の(4163日)の700%となった。増加率は特に2009年度の3ヶ月間が高く、10月から12月までの間20744日間であったが、2008年度は1585日間であった。実に13倍の増加であった。冬期間のブタインフルエンザの拡大が原因と考えられる。
 20744の入院日数を年齢別に分けると:5008が16歳以下、6253が17歳から39歳、そして6438が40から59歳、2543が60から79歳、そして409が80歳以上の年齢層。
 季節性インフルエンザに比較して若い世代の入院が顕著であった。
 NHS(国営医療サービス事業)報告。
カナダ保健省インフルエンザ週報第13週 3月28日~4月3日
 少なくとも15週間、インフルエンザ流行は落ち着いている。
 A/H1N1の入院例が1人報告。
 インフルエンザ様症状の患者報告はほとんどの州でなし。
 2010年度に入ってから、A/H1N1入院例は14人の入院および2人の死者が報告。
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様症状保有者数も非常に少なく、例年の数以下である。



WHO、Pandemic(H1N1)2009-update95 WHO、パンデミックインフルエンザ週報-第95報
 4月4日の時点で世界で17700人以上の死者が報告されている。

 前週と基本的に差はなく、ウイルスの感染活動が活発に見られるのは、東南アジア、西アフリカ、およびアメリカ大陸の熱帯地域である。南半球の温帯地域であるチリでは、例年の冬期間インフルエンザシーズンよりも早めから、地域的にパンデミックインフルエンザの発生が認められている。季節性インフルエンザのB型は、東アジアで活発に感染活動を続けているが、他のアジア地域やヨーロッパで低いながらも活動は見られている。

 東南アジア:A/H1N1ウイルスは、タイでもっとも活発な感染活動が見られていたが、2月下旬以来感染者数は減少してきている。また季節性インフルエンザのH3N2とB型が最近見られている。マレーシアでは感染者数は減ってきているようだ。インドネシアではH3N2が少数ながら見られていたが、現在は減少してきている。
 
 南アジア:データは十分ではないが、バングラデシュでA/H1N1ウイルスの活発な感染活動が2月末から見られている。西インドではA/H1N1流行は小康状態となっている。

 東アジア:全体的にA/H1N1ウイルスの感染活動は低い状況が続いている。中国では例年並みのインフルエンザ発生状況であるが、その大半はB型インフルエンザである。モンゴルではB型インフルエンザが流行していたが、感染者数は減少している。香港、台湾、韓国ではインフルエンザ発生程度は低いが、その中心はB型である。

 サハラ以南地域:情報量は十分ではないが、西アフリカ、および西-中央アフリカで地域的にA/H1N1が発生している。東アフリカでも発生が見られている地域もある。分離ウイルスの大半はA/H1N1であるが、季節性H3N2も少数分離されている。

 ヨーロッパ:限定された地域ではあるが、少数のA/H1N1感染者が発生している。しかし分離ウイルスの多くはB型である。
 
 アメリカ熱帯地域:インフルエンザ発生程度は全体として低いが、地域的に活発な感染活動が見られている国もある:キューバ、グアテマラ、ペルー、ボリビア。メキシコでは地域によって、A/H1N1が発生していて、重症患者や死者も出ている。ブラジルでは国全体でA/H1N1ウイルスが感染活動を示しているが、多くは北部である。

 北部アメリカ:全体としてA/H1N1感染活動レベルは低い。米国南東部の3週では地域的流行が報告されている。

 南半球温帯地域:散発的A/H1N1および季節性インフルエンザの報告は見られているが、全体としては発生程度は低い。そうした中、チリでは重症例も含めてA/H1N1感染者が少なくとも3地域から報告されている。このような冬季インフルエンザシーズン前にA/H1N1ウイルスが感染活動を示していることは、警戒すべき状況である。

 H3N2ウイルスの散発的感染活動は低いながらもアジア、アフリカ、オーストラリア、およびアメリカ大陸で見られているが、もっとも顕著なのは(全体としては程度は低いが)インドネシアである。

米国CDCインフルエンザ週報第13週 (3月28日~4月3日)
 インフルエンザ患者数は先週よりもさらに減少している。例年のインフルエンザ発生数よりも少ない。
 下図は臨床的にインフルエンザ様症状を呈する患者の定点医療機関外来受診数の割合(%)
 流行域下限以下を数週間続けているが、散発的発生例は全米で未だ見られている。南東部の地域では局所的、または地域的に広がった発生も見られている。
 分離ウイルス株は全てA型で亜型分類できている株のほぼ全てがA/H1N1。B型は1.9%の検出。
 タミフル耐性A/H1N1株は、52/4423(1.2%)。ザナミビル(リレンザ)耐性株は0%。

4月9日


英国保健省第13週 インフルエンザ週報
英国内各地域ともA/H1N1流行は見られていない。これまでの死者数は457人。
今週はA/H1N1ウイルスは分離されてない。
 地域ごとに色分けされている。各地域における家庭医を訪れた臨床的にインフルエンザと診断された患者の割合/人口10万人



 イングランドにおけるワクチン接種率:2010年2月28日時点。
 妊婦を含むハイリスク者 37.1%、6ヶ月から5歳までの健康小児 20.4%、医療担当者39.9%。

アイルランド保健省、インフルエンザ週報第13週  3月29日~4月4日
 A/H1N1確定例はなし。
 年齢別インフルエンザ様症状保有外来患者/10万人人口


Vaccines in short supply Citizen  (南アフリカ) 南アフリカ、A/H1N1ワクチンが不足
 冬のインフルエンザシーズンとサッカーワールドカップに備えて、季節性インフルエンザワクチン接種が開始されている。
 今冬のインフルエンザはA/H1N1が流行する可能性が高いが、ワクチンが不足している。
 季節性インフルエンザワクチンには、A/H1N1も含まれているが、供給量は現在足りない。
Prevention: More Health Care Workers Got Flu Shots This Season New York Times  (米国) 予防:今年は多くの医療担当者が季節性インフルエンザワクチンを接種。しかしA/H1N1ワクチンの接種率は低かった。
 インフルエンザワクチンの接種は全ての医療担当者に勧められているが、例年のインフルエンザシーズンでは半数も接種は受けていない。
 しかし今年は違った。
 CDCの報告によると、1月中旬までの62%の医療担当者が季節性インフルエンザワクチンの接種を受けた。しかしA/H1N1ワクチンは37%しか接種していない。
 両方のワクチン接種を受けたのは34.7%に過ぎない。
 調査の対象は1417人。
 病院で働いている場合は接種率が高く、季節性インフルエンザワクチンは71%が接種、A/H1N1ワクチンは半数であった。
 長期療養施設で働いている担当者の場合は、季節性が54%、A/H1N1が20%。

 調査に協力した担当者の80%以上は、季節性インフルエンザは安全と思うと答えたが、A/H1N1ワクチンが安全と思うと答えたのは66%に過ぎなかった。
 ワクチン接種を受けなかった担当者の主たる理由は、接種の必要はない、または副作用が出る可能性がある、ということだった。
4月8日


香港保健省インフルエンザ週報第14週
H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ているが、流行は終息状況が続いている。
一方季節性インフルエンザが増えているが、例年のインフルエンザシーズン並みとされる。B型である。
ウイルス総分離株数252、A/H1N1が57、B型が190.

14週にはA/H1N1による死者は2人(合計78人)重症者は3人。
 下図はインフルエンザ専門外来を受診した患者数。昨年11月以来おおkな変動はない。現在はB型インフルエンザが多い。

ニュージーランド保健省、インフルエンザ情報更新
 3月29日~4月4日

 A/H1N1感染者は出ていない。
 インフルエンザ様症状を呈する患者の率はベースラインよりも下で、流行の予兆はない。


Swine flu outbreak hits parts of Accra Joy Online (ガーナ) アクラでブタインフルエンザが流行
 学童の間で急速に拡大しているという。
H1N1 Vaccine, Still Available New York Times (blog)  (米国、ニューヨーク・タイムズ) H1N1ワクチンは未だ接種可能
 編集者論説

 数ヶ月前には神経過敏な米国人が、彼らをブタインフルエンザ感染から守るワクチン接種を受けることができないと騒いでいた。しかし今は保健当局では過剰となったワクチンを目の前にして、今後再流行する場合のために、市民にワクチン接種啓発を新たに強化している。
 一方、WHOは、製薬企業と共謀してA/H1N1の脅威を過剰に警告したという根拠無き告発を受け、その対処で大変な目にあっている。こうした中、我々が恐れることは一般社会や関係当局が、次のインフルエンザ流行に無関心になることである。
 
 ブタインフルエンザウイルスは1年前、一般社会に認識されたが、そのときウイルスはメキシコで多くの人々を発病させ、そして死者を出した。その後ウイルスは世界に広がった。そしてWHOはパンデミック宣言をした。それはウイルスの毒性に基づいたものではなかった。ほとんどの感染者は当初軽かったが、その後ウイルスがどのように病原性を変えてゆくか知る方法は無かった。病原性の程度の代わりに、ウイルスの地理的拡大程度と、ウイルスが新規に出てきたものであることから、大多数の人々が免疫を保有していないことが示唆されたことが、パンデミック宣言の理由となった。
 米国の保健当局では国民の半数にワクチンを接種すべく、ワクチンメーカーに製造のスピードアップを求めた。しかしメーカーは必要量を迅速に供給できなかった。
 幸いなことにインフルエンザは比較的軽症であることが確認された。さらにワクチンはほとんどの人に対して、1回接種で十分であることも分かった(それは現在ワクチンが過剰となったことの一因となっている)。
 現在流行はほとんどの地域で下火となっていて、ワクチンの要求度は減じている。
 
 ワクチンが過剰となったが、保健当局を責めるのは間違いであり、また危険でもある。当局は彼らの抱える人々を守るために、必要な段階を踏んだだけなのだ。
 もしウイルスがより致死的であったならば、ワクチン配布の遅れや不十分量の供給は、公衆衛生上の大惨事を招くことになるかもしれない。
 我々は次回も幸運であるという保証はないのだ。
2009 Pandemic H1N1 Influenza Virus Replicates in Human Lung Tissues  Journal of Infectious Disease (米国、感染症雑誌) 2009パンデミックH1N1インフルエンザウイルスは人肺細胞で増殖する
 中国広東省と香港の研究チーム。
 22個の人肺組織を用いて、A/H1N1、季節性H1N1ウイルス、およびH5N1鳥インフルエンザウイルスの感染実験を行った。
 もっとも良く増殖したのはH5N1ウイルスで、ついでA/H1N1ウイルスが増殖した。季節性H1N1ウイルスの増殖は良くなかった。
Study: No H1N1 immunity in older Singaporeans CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究:シンガポールの高齢者にはH1N1ウイルスに対する免疫がない
 シンガポールの研究者グループが1958年以前に生まれた50人の健康成人を対象にして、A/H1N1ウイルス抗体の血清学的調査を行った。これまでの欧米での研究では1957年以前に生まれた年齢層では、A/H1N1ウイルスに対する免疫を保有しているとされていた。しかし今回の研究では対象者の血清中にA/H1N1抗体は検出されなかった。
 研究チームでは、この違いは、シンガポールでは季節性インフルエンザワクチンの接種率が非常に低いこと、または東南アジアの人々は西欧のブタインフルエンザウイルスに接する機会が少なかったことが原因かもしれないと考えているようだ。

Negative effects from pandemic false alarms Gulf Times (クエート) 虚偽のパンデミック警告で多くの弊害が発生
 昨日のBusinessDayの内容。
4月7日

オーストラリア保健省、インフルザ週報第12週(3月20日~26日)
H1N1感染者の発生は2010年に入ってから51人。
 今週は1人が検査で確認。
 昨年流行が終息してから半年間、流行の再燃はなし。



The pandemic that wasn't BusinessDay  (米国) H1N1はパンデミックインフルエンザではなかった
 多くのインフルエンザ専門家や公衆衛生専門家は、WHOが過度に警告する傾向にあると思っている。
 WHOのパンデミック定義では、いかに広くウイルスが広がっているかが問題とされ、その病原性は関係がないとされる。H1N1インフルエンザよりも死者数が多く出る季節性インフルエンザや、とるに足らないウイルス性感冒や胃腸炎は世界に広がってもパンデミックに分類されないのはおかしい。
 H1N1インフルエンザは昨年6月にWHOがパンデミックインフルエンZナと宣言したが、それは予想をはずれて既に終息状態にある。
 WHOがパンデミック宣言をしたために、おおきな打撃を受けた業界も多い。
 また”偽りのパンデミック宣言”は、次に真のパンデミックが発生したとき、WHOが警告を発しても誰もそれを信頼しない危険性につながっている。
GSK agrees to one-third cut in UK H1N1 vaccine order  Reuters AlertNet  (英国) グラクソ社、英国政府のワクチン発注量の三分の一のキャンセルに同意
 グラクソ社と英国政府は、これまで入荷した分を含めて、3480万接種量のワクチン量の購入契約で同意した。元々の契約量の三分の一が節約できることになった。キャンセル量は生じない。
 英国政府によると、同意の背景にはH5N1インフルエンザワクチンの購入と抗インフルエンザ薬のリレンザの購入などの新たな契約が存在している。
Seasonal flu jab linked to increased H1N1 risk: Canadian study France24  (フランス) 季節性インフルエンザワクチンはH1N1インフルエンザ発症リスクを高める可能性:カナダ研究
 カナダの研究者チームによる研究発表。
 2700人を対象に季節性インフルエンザ接種の、H1N1インフルエンザ発症率に対する影響を分析。
 先に季節性インフルエンザワクチンを接種していた人々が、その後流行してきたH1N1インフルエンザを発症しやすい傾向にあった。その差は微妙で、他に原因となる因子が存在している可能性があるとの専門家の意見もある。
WHO retracts admission that swine flu was exaggerated Mangalorean.com (インド) WHO、ブタインフルエンザ脅威の誇張を否定
 IANS(インド通信社)
 6日、WHO東南アジア地域長官が、WHOがブタインフルエンザの脅威を誇張したと語ったが、同長官はその後声明文を出して、WHOの行動と各国に対するアドバイスを正当化した。
 「パンデミックが誇張されたとするいかなる示唆も、最近の歴史と科学を無視するものであり(パンデミックの実態を知らない)、またこれまでH1N1で死亡した17000人の死、および多くの重症者の発生を矮小化するもので」
 同長官はさらに、世界はいまだパンデミックの中にあり、現在のインフルエンザ・パンデミックは、科学的に十分検証された出来事であり、新型インフルエンザウイルスが出現して急速に世界に拡大し、世界中に通常では見られない感染症の流行を起こしたものだ、と語った。
 プリアンバンチャン長官はタイ国籍を持つ。

WHO official admits H1N1 scare was exaggerated GulfNews  (クエート) WHO高官、H1N1インフルエンザの誇張説を肯定
 昨日のIANS報道。
4月6日


Swine flu vaccine orders cancelled Telegraph.co.uk  (英国) 英国、ブタインフルエンザワクチンをキャンセル
 英国は約1億3000万接種量のA/H1N1ワクチンをグラクソスミスクライン社とバクスター社に発注していたが、その1億接種分を解約したと発表した。
 違約料は支払わない。
 当初1人2回接種として人口分のワクチン量を契約したが、A/H1N1インフルエンザは当初予想したよりも軽く、英国での死者数は457人であった。
 1億接種量をキャンセルしても、英国は4400万接種量のワクチンを購入したことになる。
 これまで550万接種量がハイリスク者に接種され、700万接種量が家庭医に送られて、いまだブタインフルエンザが流行中の地域に旅行する人々等、感染リスクの高い人に接種される。
 しかしそれでも3100万接種量が余剰となっている。
 未使用ワクチン代、213億円が無駄になっていると保守党から非難されている。

Swine flu scare was exaggerated, admits WHO (Lead) Thaindian.com (タイ) ブタインフルエンザの脅威は、過剰に主張された、WHOの高官が認める
 IANS (インド通信社)
 WHOは6日、インドを含む数カ国が申し立てていたように、ブタインフルエンザは過剰に警告されていたことを認めた。しかし、製薬企業に利益をもたらすためであったかどうかに関してはコメントを控えた。
 WHO東南アジア地域の長官であるサムリー・プリアンバンチャン氏(Samlee Plianbangchang)は、H1N1の脅威はWHOにより誇張されたのかという質問に、”Yes, it was,  (その通りだ)”と答えた。
 しかしながら、同長官はその過剰警告は、製薬企業に利益をもたらすためになされたかどうかに関してはコメントしなかった。
 そのことに関しては指定された広報官が説明するだろう、とWHOの女性広報官が答えている。
 
 WHOは2009年にA/H1N1が世界中で発生した後、パンデミック宣言を行った。
 インドは既に、その宣言に不快感を現し、WHOにより不必要な脅威がもたらされた可能性の調査を求めた。
 保健福祉長官のディネシ・トリベディ氏は、WHOと製薬企業が結びついているかどうかを明確にすることは極めて重要だ、と語っている。
 WHOはパンデミックは少なくとも世界の人口の三分の一が発病し、世界中で大きなパニックが発生すると説明していた。しかしながら実際のインパクトは予想よりも遙かに小さいものだった。
 インドの人口は12億人以上であるが、2009年の5月以来感染者はわずか3万人に過ぎない。この中で2010年4月5日までに1465人が死亡している。WHOの予想に従うならば、3億3千万人以上の人々がウイルス感染すると考えられた。
 世界で数社の製薬企業がワクチン製造で忙しくなり、インドも150万接種量を多国籍企業のサノフィ・パスツールから輸入した。インドで製造するアクチンは未だ市場に出ていない。
Some afebrile patients shed viable H1N1 virus  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) H1N1感染者が無熱になってもウイルスを排出している可能性
 カナダ、ケベックの研究チーム。米国CDC発行の{新興感染症Emerg Infect Dis}に発表。
 A/H1N1感染者は無熱になった発病8日後に検査を行っても8%がウイルスを排出している。
 家庭における自己隔離は発症後8日間は必要。
Few doctors volunteer for H1N1 vaccine shots Indian Express (インド) インド、H1N1ワクチン接種を希望する医師がいない
 マハラーシュトラ州プネ市。A/H1N1感染者が多く出ていた地域である。
 サノフィ・パスツールのA/H1N1ワクチンが入荷したが、接種を希望する医師がほとんだいないようだ。
 当局は特にコメントを出してはいない。
 流行が小康状態に向かっているからだろうか?
Collier, Lee health officials push for swine flu vaccinations following four ...  Naples Daily News 
 (米国) フロリダ州保健当局、4人の死者が発生したことからH1N1ワクチン接種を受けるように忠告
 先週フロリダで4人がH1N1インフルエンザで死亡したことから、リー郡とコリアー郡の保健局では、A/H1N1ワクチン未接種者に接種するように求めている。
 リー郡では、インフルエンザ様症状で救急病院を受診する患者は、1日約30人と状況は変わっていない。
 危険性の警告がなされているのは、中年の基礎疾患を保有した人々である。
 ワクチンさえしていたならば、先週、死者や入院者を出さずにすんだばずであると、保健局では言っている。
A bird flu case detected in Bac Kan province  VOVNews.vn (ベトナム) ベトナム、バクカン省で鳥インフルエンザ感染者が発生
 22歳男性。(Na Tao hamlet, Nhu Co commune, Cho Moi district)。
 3月30日に高熱と咳で発病。当初バクカン省立病院に入院したが、4月3日に熱帯病中央病院へ転送され、そこでH5N1鳥インフルエンザと診断された。重体となっている。
 現在、Nhu Co commune で4人の類似症状(高熱と咳)を呈する患者が発生していて、バクカン省立病院の隔離病棟に収容されている。
Plenty Of H1N1 Vaccine KWQC 6 (米国) 大量のH1N1ワクチンが余っている
 イリノイ州スコット郡保健局。
 南東部の州でA/H1N1の再流行が起きている。
 昨年の秋とは異なり、H1N1ワクチンは大量に余っている。
 2回目の接種を受けていない小児も含めて、未接種者はワクチン接種を急ぐべきだ。
Officials: Mich. Children Remain At-risk of H1N1 MyFox Detroit  (米国) ミシガン州:半数以上の小児が2回目のワクチン未接種
 1回目のワクチン接種を受けた10歳以下の小児334,745人中、2回目のワクチン接種を受けた小児は148,239人で、半数にも満たない。保健局では未接種の小児が感染する危険性があるとして、ワクチン接種啓発を進めている。
4月5日


Avian Influenza Situation In Bangladesh Stable, But Risks Remain AHN  (国際) バングラデシュのH5N1鳥インフルエンザは小康状態だが、危険性は続いている
 2009年、2010年とバングラデシュでの家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザの発生数は減少している。しかしバングラデシュでの家きんの飼育は屋外での放し飼いなので、感染の危険性はいつでもありえる。世界銀行が発表。
Bhutan - Bird flu confirmed Meattradenewsdaily (blog) ブータン、鳥インフルが確認
 インド、西ベンガル州国境近くで家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生。
Ayipe school closed down due to outbreak of H1N1 flu Joy Online  (ガーナ) H1N1インフルエンザ流行で学校が閉鎖に
 小学校で5検体のうち2検体からA/H1N1ウイルスが検出されたため、2週間の休校に。
 他に孝行では採取検体からウイルスが確認されている。
California 22nd in swine-flu vaccinations OCRegister (blog)  (米国) カリフォルニア州、ワクチン接種率が全米で22番目と
 今週のCDCの発表によると、21州がカリフォルニアよりもワクチン接種率が高いとされる。
 しかし当局ではもう少しの努力で地域で50%の集団免疫が獲得されると説明している。
 これまでカリフォルニアでは1100万人がワクチン接種を受けている。そしてSらに500~550万人が感染している。カリフォルニア公衆衛生局による。
 この事実は人口3800万人の44%が免疫を獲得していることを意味する。
Flu vaccine shortage in New Zealand News-Medical.net  (国際) インフルエンザワクチンがニュージーランドで不足に
 先月から開始されたニュージーランドの季節性インフルエンザワクチンが供給が間に合わなく不足してる。
 先月53万接種量が国内に配布されたが、多くの施設から足りないとの声が出ている。
 保健法では急遽95000接種量を追加配布した。
 保健省の説明によると毎日2万~3万人の人々が接種を受けているとされる。
 予想よりも接種希望者の数が多いようだ。
4月4日


Intravenous Zanamivir for Patients with Pneumonitis due to Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Virus  Clin. Infect. Disease (臨床感染症雑誌)
 ドイツの医師団が2人のHIN1合併重症肺炎にザナミビル(リレンザ)の静脈内投与を行い、良好な成績を収めた。
 1人は39歳男性で基礎疾患はなし。もう1人は49歳男性で2型糖尿病を患っていた。それぞれザナミビルを5および8日間投与を受けて、人工呼吸器を外すことができた。
 
3rd H1N1 wave is expected Wausau Daily Herald  (米国) H1N1第3波が発生の可能性
 ウイシコンシン州保健局。
 夏には第3波が発生することが推定される。
 アクチン接種で集団免疫を獲得することが必要。
 ウイスコンシン州では四人に一人以下のワクチン接種率とされる。
2 Malaysian women die of swine flu, baby healthy Jakarta Post  (インドネシア) マレーシアの2女性がH1N1インフルエンザで死亡、分娩された新生児は感染無し
 54歳女性がA/H1N1インフルエンザに感染し、糖尿病の悪化で3月31日、死亡した。その2日後、29歳の娘が呼吸障害で死亡した。娘もA/H1N1ウイルスに感染していた。
 しかし、娘が産んだ36週の新生児はウイルス感染を起こさず、状態は良いとされる。
 マレーシアでのA/H1N1死者数は80人となった。
4月3日

Doctors save young mother from bird flu Viet Nam News  (ベトナム) 医師団、H5N1鳥インフルで重症化した若い母親救う
 ハノイのバクマイ総合病院の医療スタッフが、25歳の鳥インフルで瀕死の状態にあった若い母親を救った。
 女性は3月10日に高熱と呼吸障害を呈して5日後に入院した。
 女性は多臓器障害を起こしていて、さらに血液は過凝固状態を呈していた。明らかに入院が遅すぎた状況だった。
 病院で2時間状況を分析している過程で状態は急速に悪化してきたため、スタッフは敗血症性ショックに対するポリミキシンB固定化ファイバーを用いた直接血液潅流療法を開始した。当方法はバクマイ病院と日本の国際医療センターの共同研究により考えられた治療方法である。
 女性は10日後に完全に回復した。

 保健省によると、今年度5人が鳥インフルエンザに感染し、1人が死亡している(WHOでは2人となっている)。昨年は5人が発病し5人が死亡している。
 またH5N1鳥インフルエンザウイルスは、次第にタミフルに抵抗性を獲得していると、保健省では言っている。
 
英国保健省12週インフルエンザ週報 (3月22日から28日)

 英国内各地域ともA/H1N1流行は見られていない。これまでの死者数は457人。
 地域ごとに色分けされている。各地域における家庭医を訪れた臨床的にインフルエンザと診断された患者の割合/人口10万人
 


 年齢別に見たインフルエンザ患者の推移。英国家庭医協会によるイングランドとウエールズにおけるデータ(スコットランドと北アイルランドは含まれない)。
 第1波では14歳以下で多くの感染者を認めている。続いて15~44歳。
 第2波では45歳以上の感染者は非常に少なく、多くは4歳以下となっている。



 年度別にみたインフルエンザ患者数。検出機関は上記と同じくイングランドとウエールズ。
 2008/2009は、香港型ブリスベン株。1999/00は香港型の大流行。


Summer slows down H1N1 virus Times of India  (インド) 夏の気温がH1N1ウイルスの感染力を減弱
 3月に入って感染者数は減少に転じた。夏の気温がウイルスの感染力を弱めはじめたと、プネの保健当局では説明している。
Australia's swine flu season starts International Business Times Australia (オーストラリア) オーストラリア、ブタインフルエンザのシーズンが始まる
 クィーンズランド保健局の今週の発表。
 オーストラリアでブタインフルエンザの第2波が今年度発生する可能性がある。
 できるだけA/H1N1ワクチン接種をするように啓発。
 季節性インフルエンザワクチンは準備中であるが、それにはA/H1N1インフルエンザも含まれている。
 
カナダ保健省インフルエンザ週報第12週
 A/H1N1の確定例は3人のみ。
 インフルエンザ様症状の患者報告はほとんどの州でなし。
 インフルエンザウイルスの検出率は、(0.32%, 7/2,177)と著しく低い。3検体がA/H1N1。B型は1例。
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様症状保有者数も非常に少なく、例年の数以下である。






米国CDCインフルエンザ週報第12週 (3月20日~27日)
 臨床的にインフルエンザ様症状を呈する患者の定点医療機関外来受診数の割合(%)
 流行域以下を数週間続けているが、散発的発生例は全米で未だ見られている。南東地域では局所的、または地域的に広がった発生も見られている。
 分離ウイルス株は全てA型で亜型分類できている株のほぼ全てがA/H1N1。B型は検出されていない。
 タミフル耐性A/H1N1株は、52/4289(1.2%)。


 南東部のアラバマ、ジョージア、およびサウスカロライナ州ではウイルスは地域的に拡大して感染活動を継続している。
 
4月2日

アイルランド保健省、インフルエンザ週報第12週
 A/H1N1確定例は1例のみ。集団発生はなし。
 年齢別インフルエンザ様症状保有外来患者/10万人人口


4月1日

香港保健省インフルエンザ週報第13週
H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ているが、流行は終息状況が続いている。
一方季節性インフルエンザが増えているが、例年のインフルエンザシーズン並みとされる。B型である。
ウイルス分離株が増えている。ウイルス総分離株数341、A/H1N1が119、B型が221.

12週にはA/H1N1による死者は出ていない。重症者は3人。
 インフルエンザ専門外来を受診した患者数 若干増加しているが、季節性インフルエンザが増えているせいである。



インフルエンザウイルス分離株の推移。B型が増加している。



ニュージーランド保健省、インフルエンザ週報を更新
 

 インフルエンザウイルス(A/H1N1を含めて)分離されていない。
 インフルエンザ様症状を呈する患者数も少なく、例年のこの時期と同じ。


Swine Flu Update Voxy (ニュージーランド) ニュージーランド保健省、ブタインフルエンザ週報更新
 インフルエンザ活動性は低く、例年のこの時期の状況と変わりない。
 3月29日までの1週間、インフルエンザ様症状を呈した患者からインフルエンザウイルスは検出されていない。
 インフルエンザ様症状で家庭医を受診した患者数は前週と同じレベルで、インフルエンザ流行を示唆するベースライン以下である。

Solano County Has Its 8th H1N1 Death KCRA Sacramento  (米国) カリフォルニア、ソラノ郡で20代女性がH1N1に感染して死亡
 詳細は不明。ワクチン接種を当局は勧めている。
Kansas Woman Dies From H1N1 Infection Kansas CW  (米国) カンサスで女性がH1N1感染で死亡
 71歳の基礎疾患のある女性がH1N1ウイルスに感染して死亡した。
 カンサス州では感染者の発生数は少ないが、ウイルスはいまだ感染活動を続けている。南東部の州では感染者はいまだ多いことから、ワクチン未接種者は接種を受けるように保健局では勧めている。

Health Officials: H1N1 Cases Could Spike Again WISN Milwaukee  (米国) 保健当局:H1N1インフルエンザの再流行はあり得る
 ウイスコンシン州保健局。
 南部の州で感染が続いていることから、注意を呼びかけている。
 春の休暇で南部へ旅行し、感染することもあり得ることからワクチン接種を勧めている。

H1N1 child death rate 5X higher than seasonal flu  Examiner.com (米国) 小児、H1N1インフルエンザ致死率は季節性インフルエンザよりも5倍高い
 3月31日にCDCのシュチャット博士の談話から。
TOP