高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年3月

3月31日

エジプトでH5N1鳥インフルエンザに2人感染 (WHO)
 エジプト保健省からH5N1鳥インフルエンザに2人が感染したことが報告された。
 1人は30歳女性でディミエッタ県に住んでいた。3月24日に入院したが危篤状態である。
 もう1人は、4歳男児でベニスアイフ県に住んでいて、3月18日に入院したが、3月24日に死亡した。
 二人とも感染した家きんに接触したことが感染の理由とされている。
 エジプトの感染者数は今年に入って18人、死者数は6人となった。

Bulgaria health minister charged with graft  Reuters (国際) ブルガリアの保健大臣が抗インフルエンザ薬の契約で汚職容疑で告発
 抗インフルエンザ薬の契約で国に167万ドルの損害を及ぼした疑いで検察局は保健大臣を告発した。
 12月にロッシュ製薬のブルガリア支社とタミフル購入の契約を締結したが、その際、英国国家保健サービスの提供する安い薬剤を選ばなかったとされる。
 汚職容疑が確定すると10年間の刑となる。
Flu spike in Southeast prompts renewed push for shots Post-Bulletin (米国) 米国、南東部の州でのインフルエンザ増加からワクチン接種が勧奨される
 もしH1N1インフルエンザが去ったと聞いているとしたなら、それに賭けてはならない。
 南東部のいくつかの州では春としては異常なインフルエンザの入院患者が発生している。CDCは30日記者会見を行って、いまだワクチン接種を行っていない人へ接種をするように求めた。
 特に気になるのはジョージア州でのインフルエンザ再燃であると国立ワクチンおよび呼吸器疾患センター長のシュチャット博士が語った。
 この3週間、昨年のピークであった10月以来初めてとなる重症インフルエンザ患者数の入院が観察されている。ジョージアでは先週40人のA/H1N1感染者が入院した、と同博士は語っている。
 入院患者の大多数は基礎疾患を保有した成人であり、ワクチン未接種者であるという。感染しやすい層は、妊婦、そして糖尿病、肺疾患を保有している人々とされる。
 状況はジョージア州だけでなく、サウスカロライナとアラバマ州でも地域的インフルエンザ活動性が高まっている。
 フロリダ州も例外ではなく、3月23日までの1週間に39人の感染者が報告されている。特にパームビーチ郡では多い。
 シュチャット博士は第3波が発生したとは現時点では判断していないという。
 しかしCDCではA/H1N1が昨年4月から流行して夏の間流行が続いたことを重視している。
 「ワクチンを接種することは、もはや必要が無いと思っている人々の間で感染が継続することを心配している」
 
 2009~2010年のインフルエンザシーズンは、従来とは変わったパターンでインフルエンザが流行した。死者数と入院者数は特に顕著ではなかった:推定では6000万人が感染し、26万5000人が入院し、1万2000人が死亡した。(米国公衆衛生局長官ベンジャミン博士談)。
 一方、季節性インフルエンザの場合は3万6000人が死亡している。
 しかし、A/H1N1インフルエンザの特徴は、死亡者の年齢と流行ピークの時期にある。
 A/H1N1流行が始まって以来米国内で330人の小児が死亡しているが、通常の季節性インフルエンザでは90人に過ぎない。
 全体として死亡者の9割は65歳以下の年齢層であったと、シュチャット博士は説明する。すなわちA/H1N1では若い年齢層が死亡している。
 通常、インフルエンザは冬期間に流行するが、A/H1N1は昨年の春の終わりと、秋の始まりに流行した。しかし今年も春から夏に流行するかは分からないとシュチャット博士は語ったいる。
 良いニュースとして、博士はA/H1N1ワクチンは国内に十分配布されているという。この秋に2010~2011年シーズンのワクチンが接種されるが、それにはA/H1N1インフルエンザが含まれる。
 

234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省 時事通信
 欧州の製薬会社から輸入した新型インフルエンザワクチンのうち、約30億円分に相当する234万回分が31日、使用期限を迎えた。だぶつく国産ワクチンと合わせた余剰は約1億回分に上るが、今後使用される可能性は乏しい。多くは期限切れとともに廃棄される見通しだ。
 厚生労働省は同日、新型インフルエンザ対策の検証を行う会議の初会合を開く。有効性が疑問視された空港での水際対策などに加え、ワクチンの輸入についても議論する。
 同省によると、使用期限を迎えたのはノバルティス社(スイス)と購入契約を結んだ2500万回分の一部。同社製ワクチンは使用期限が製造から半年と短く、今夏までに順次期限を迎える。
 政府は国産ワクチンの不足を補うため、同社のほかグラクソ・スミスクライン(英、GSK)とも7400万回分の契約を締結した。両社からの輸入費用は計約1126億円に上る。
 輸入ワクチンは、当初2回の予定だった接種回数が1回に変更されたほか、国内販売承認が今年1月にずれ込み、出荷時期は既に流行のピークを過ぎていた。接種希望者は見込みを下回り、出荷は3995回分にとどまっている。
 同省はGSKと2386万回分の解約で合意したが、ノバルティス製を含む残りの約7500万回分をめぐる交渉は難航。国産ワクチンも3000万回分程度が余っているとみられる。
3月30日

Swine flu in Southeast raises new pandemic concerns Bend Bulletin (米国) 米国南東部でのブタインフルエンザの発生状況は、新規パンデミック発生の懸念
 米国南東部、特にジョージア州での感染者数の増加は、ブタインフルエンザの第3波の発生を危惧させる。連邦保健当局者は予防対策としてワクチンの接種を人々に勧めている。
 CDCのアン・シュチャット博士によるとジョージア州のインフルエンザ関連入院数は、昨年の10月の第2波以上に多いという。
 CDCは専門家チームを3月6日に同州に派遣したが、特に異常な発生状況み見いだすことはなく、またウイルスの変化も起きていいないことを確認している。
 地域的な感染状況は隣接するアラバマ州、サウスカロライナ州、さらにハワイ州やニューメキシコ州でも見られている。
WHO sets up external panel to review pandemic response CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO、パンデミック対策を検証するために外部専門家委員会を開催
 先に他報告にあるように、WHOのインフルエンザ対策責任者のケイジ・フクダ氏が、WHOのこれまでとってきたA/H1N1対策を検証するために、外部専門家による検証を行うと発表。

 一方、ヨーロッパ評議会は第2回目の公聴会をパリで開いた。WHOが製薬企業の影響下にパンデミック宣言を行った可能性の検証である。
 本日委員会は、WHOや政府のパンデミック対策の透明性に関する問題に焦点を合わせた。
 委員会はポーランドの保健大臣のエバ・コパチ女史に、なぜポーランドはワクチンを購入しなかったのか、その理由を尋ねた。
 他にフランスの国立医学アカデミーのメンバーであるマーク・ゲンティリニ氏に、フランスの対策について説明を聞いた。またコックラン共同計画のトム・ジェファーソン氏の意見も聞いた。

新型インフル:期限切れワクチン 234万回分廃棄へ 毎日新聞 
 厚労省によると、新型のワクチンは国内4メーカーで約5400万回分を用意。不足の懸念から昨年10月、スイスのノバルティスと英国のグラクソ・スミスクラインから計9900万回分を輸入する契約も結んだ。輸入費用は1126億円に上る。
 だが、1人2回接種の予定が原則1回に変更され、流行も昨年11月をピークに沈静化したため、ワクチンの推定接種者数は2282万人にとどまった。国産ワクチンすら余り、実際に出荷された輸入ワクチンは3995回分にすぎなかった。
 このため、厚労省はグラクソ・スミスクラインとの間で、購入予定の7400万回分のうち2368万回分(257億円)を解約することで合意した。一方、ノバルティスとの交渉は難航しているという。
 ワクチンの使用期限は製品ごとに異なる。ノバルティス製は製造から半年間で、今夏までに2500万回分すべてが期限切れとなる。国産は半年と1年間の2種類で、来月~来年3月にかけて順次、期限切れとなる。
 解約分を除いたグラクソ・スミスクライン製の5032万回分は1年半と比較的長く、備蓄して再流行や来季に備えるという。
 ただし、来季用のワクチンは、新型と季節性を混合した1種類に統一する方針で、保存分が使われる可能性は低い。
 厚労省は「インフルエンザの動向は予測が難しく、ドイツやベルギーなどでもワクチンの余剰が生じている。総括会議の指摘を今後の施策に生かしたい」としている。
WHO to review world's handling of A(H1N1) pandemic People's Daily Online (中国、人民日報) WHO:A/H1N1対策を検証に
 WHOは来月、世界がとってきたA/H1N1対策の検証に入り、今後の対策のために学ぶべき内容を検討すると、同機関のインフルエンザ対策責任者が発表した。
 「この検証の要点は、我々がとってきた対策の中の課題を露わにすることである。それを知ることにより、今後のパンデミック、および世界的健康危機対策に生かすことである」、とケイジ・フクダ氏はジュネーブの記者会見で語った。
 フクダ氏によると検証は、世界のWHOと関連していない専門家に依頼し、最初の会議は4月12日から14日に開催されるとされる。
 同時に国際保健規則(IHR)についても検証される。当規則はWHOが権限をもった世界の緊急健康危機対策に関する規則である。

オーストラリア保健省、インフルエンザ週報第11週発表
 3月13日~19日
 未だ明確なインフルエンザの流行の兆しはない。
 この週に1人のA/H1N1感染者が確認されている。
 昨年の流行開始以来の感染者数(検査室で確認された)の推移。
 各州ごとに色分けされている。
 3月19日の時点で、昨年の流行開始以来感染者数(検査室で確認された)は37636人。死者数は191人。
 今年度に入ってからの感染者数は50人となっている。
 
CDC: Not too late to get swine flu vaccination The Ledger  (米国) CDC:ブタインフルエンザワクチン接種は、まだ遅すぎはしない
 AP
 
 ジョージア州では最近A/H1N1インフルエンザによる入院患者数が増えている。他の州ではそのようなことはない。
 ほとんどの入院患者はワクチン未接種者であり、多くは基礎的疾患を保有している。
 CDCのインフルエンザ専門家であるアン・シュチャット医師によるとジョージア州はワクチン接種率の低い州の一つとされる。
 ブタインフルエンザは4月末に発生が確認され、それから国内に二つの波となって流行した。春の小波と秋の大波。11月からインフルエンザの活動性は低下している。保健当局では数千万接種量の余剰ワクチンを抱え、国民にワクチン接種を強力に呼びかけてきた。
 「多くの米国人は未だワクチン接種を受けていないから感染する可能性が高い」、と米国公衆衛生局長官のレジナ・ベンジャミン医師が語っている。同氏は29日のテレビ会議にシュチャット氏と共に出席した。また記者達も参加した。
 10月から始まったワクチン接種で約8600万人の米国人がワクチン接種を受けたとされる。
 もし第3波が発生するならば、既感染者が少なく、またワクチン接種率が低い地域が感染多発ポケットとなる可能性があると、ミシガン大学のインフルエンザ専門家であるアーノルド・モント医師はコメントする。
 ジョージア州で入院患者が多い地域は、昨年の流行で感染者がそれほど発生しなかった地域であるとシュチャット氏がコメントする。
 
 ブタインフルエンザに約6000万人の米国人が感染し、約26万5000人が入院し、そして約12000人が死亡している。死亡者数は季節性インフルエンザのそれの三分の一であるが、季節性インフルエンザよりも小児や十代の若年層が感染しやすいことから恐れられている。
 
3月29日

Outside experts to review WHO's swine flu response EDGE Boston (米国) 外部専門家がWHOのブタインフル対策を検証に

新型インフル大流行の定義で議論 WHOが有識者委設置へ 東京新聞 
 世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長特別顧問(新型インフルエンザ担当)は29日、国連欧州本部で記者会見し、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)の定義の在り方などを議論する外部有識者による委員会を設置することを明らかにした。
 委員会は加盟各国の公衆衛生専門家や科学者ら29人で構成。4月12~14日に初会合を開き、中間報告を5月のWHO総会に、最終報告を来年5月の同総会に、それぞれ提出する。
 昨年6月にWHOが大流行を宣言した新型インフルエンザをめぐっては、多くの患者の症状が比較的軽かったため、地理的な感染拡大だけで判断するWHOの現行定義には「いたずらに混乱を招く」などの批判が上がっていた。
Independent experts to review pandemic handling - WHO Reuters AlertNet  (英国) WHO:外部専門家がWHOのパンデミック対策を検証に
 WHOの高官が、H1N1パンデミック対応がいかに行われたかに関して外部専門家が検証し、次の世界的健康危機対策の参考にすると発表した。
 昨年4月に始まったH1N1インフルエンザ流行は、WHOや各国保健当局がH1N1の危険性を誇張した可能性、および”パンデミック宣言”という不必要な警告を発した、等の論議を招いた。
 またWHOは、発生インフルエンザの重症度よりもウイルスの地理的拡大を重要視したパンデミック警報システムに関しても批判されている。
 検証は、WHOと加盟国193カ国が如何にブタインフルエンザ流行に準備し、そして対応したかについて行われる。

WHO: Independent experts to review swine flu outbreak, UN body's response ... Metro Canada Ottawa  (カナダ) WHO:外部専門家がブタインフルエンザ発生に対するWHOの対応を検証
 WHOのインフルエンザ対策責任者のであるケイジ・フクダ氏が29日次のように発表した。
 29人の専門家と公衆衛生当局者が、WHOがパンデミックの定義を変更したか、そして使用した言葉は適切だったか、に関して検証する。
 フクダ氏は検証委員会は最初の会議を4月12~14日に開くと語った。
 最初の予備的報告書は5月に提示され、そして最終報告書は来年度に用意される予定とされる。
Authorities warn of double flu threat BigPond News  オーストラリア、保健専門家、今冬は2種類のインフルエンザが流行の可能性と
 A/H1N1インフルエンザと香港型パース株が流行する可能性がある。前者は若年者で重症化、後者は高齢者で重症化。
 当局ではオーストラリアのインフルエンザシーズンが5月から始まることから、その前にワクチン接種をするように勧めている。ワクチンにはA/HN1N1の他、A/H3N2パース株、B型、の3種類が含まれている。
H1N1 cases dropping but need to keep an eye: Health Ministry Indian Express (インド) インド保健省:H1N1インフルエンザは発生数が下降しているが、警戒は必要
 統計を信用するならば、感染者数と死者数の減少が始まっている。
 専門家によると、H1N1の感染活動は下降に向かっていると予想され、今後夏場にはさらに感染者は激減するが、9月のモンスーン期に再流行の可能性があるという。
 インフルエンザの流行は冬季間(1~2月)とモンスーン期の9月に2波となって現れるという。
3月28日


Situation under control Kuensel, Buhutan's National Newspaper (ブータン国営新聞) ブータン、H5N1鳥インフルエンザ発生は制圧
 2月13日に家きんでの発生が確認されたH5N1鳥インフルエンザは、3月25日までの間に4683羽の家きんと778個の卵、および533か所の囲い飼育場の撤去で、最終的に制圧されたと当局は発表した。
 政府は家きん処分のために約130万円の補償費を飼育者に払った。
 成鳥には約500円の補償費とされる。
Swine flu outbreaks are still possible The Tennessean  (米国) テネシー州、ブタインフルエンザの再流行はありえるから、ワクチン接種を
 テネシー州保健局は、ブタインフルエンザの地域的または局地的発生がしばらく続く可能性があると発表。
 インフルエンザの流行は昨年10月をピークに、以後下火になっているが、ウイルスはいまだ州内で感染活動を続けている。
 当局ではワクチン接種を受けていない人々は受けるように勧めている。
 郡保健局では無料で接種できるが、他施設では若干の費用がかかる。
WHO: Flu activity up in Central, South America CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター)
 ニュース
 WHOは中央アメリカと南アメリカの一部でパンデミックインフルエンザ流行が拡大していると発表した。
 グアテマラ、ニカラグア、エル・サルバドル、パナマ、およびブラジルの一部。メキシコでは呼吸器疾患が増えているが、パンデミックインフルエンザによるものかは不明。
 西アフリカでは流行はピーク達していないと考えられる。
 一方、流行が続いていたタイでは下降に向かっている。
 ヨーロッパではB型インフルエンザが増加傾向にある。
CDC sees sustained H1N1 activity in Southeast  CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) CDC、南東部でH1N1ウイルスの活動性が維持されていると発表
 3月26日CDC発表インフルエンザ週報。
 ジョージア州でインフルエンザ患者の入院数が増加、ルイジアナ州と周辺でインフルエンザ様疾患の増加。
 これら南東部におけるインフルエンザ流行は米国大学保健協会による報告でも、大学内での流行と一致している。
3月27日


First A/H1N1 flu case detected in Chile's earthquake devastated zone Xinhua  (中国、新華社) チリの地震被災地で初のA/H1N1感染者が報告
 5歳少年がA/H1N1を発病し入院した。現在は回復している。
 チリでは今年度に入ってから16人の感染者が報告されている。
 当局では被災地域でのA/H1N1インフルエンザワクチン接種を強化している。

カナダ保健省インフルエンザ週報第11週(3月14日~3月20日)
 インフルエンザ流行は13週終息状態が続いている。
 国内の大多数の州では発生報告はない。散発的発生(集団発生はなし)が東部の若干の州で見られている。

 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。
 縦棒は例年のインフルエンザ患者の割合(平均±1標準偏差)

Pandemic (H1N1) 2009 - update 93  WHO パンデミックインフルエンザ(H1N1)2009-更新93
 3月15日から21日。
 現在最もウイルスが活発に感染活動を繰り広げている地域:東南アジア、西アフリカ、アメリカ大陸の熱帯地域。
 この2ヶ月間流行が継続していたタイでは感染者数の減少が見られだしている。
 西アフリカでは情報が十分集積されていないが、ウイルスの感染は広がっていて、いまだピークは見られない。
 中央アメリカと南アメリカの熱帯地域では、パンデミックインフルエンザとともに呼吸器感染症の増加が3月初めから報告されている。
 流行しているインフルエンザウイルスの中心はA/H1N1ウイルスであるが、東アジアではB型インフルエンザが中心に流行しており(中国他)、東南アジアと西アジアでも少数認められている。
 ヨーロッパ、北米、南半球ではウイルス感染は散発的に認められているが、その感染活動は低い。
Resistance to swine flu antiviral drugs can develop faster than expected ... Los Angeles Times (blog) (米国) 抗インフルエンザ薬の耐性は予想よりも早くに発現
 パンデミックH1N1ウイルスはこれまで予想されていた以上に早く、抗インフルエンザ薬に耐性を獲得することが、連邦機関の研究者から報告された。
 これまでの研究では患者の体内でウイルスが耐性を獲得するまで24日間、またはそれ以上要するといわれていた。しかし今回”臨床感染症”雑誌に発表された研究によると、耐性は9日間で獲得されうる可能性が示唆された。
 耐性ウイルスが見つかった患者は2人で、2人とも数年前に血液幹細胞移植を受けている。
 1人の患者では14日後、もう1人の患者では9日後にタミフル耐性株が分離された。
 両者ともウイルスを排出し続け、ウイルスが耐性になったことが示され、ウイルス分析で耐性が確認された。
 1人が24日後に病状が悪化したため、ペラミビルが10日間投与された。しかし患者はウイルスを排出し続け、ウイルスがペラミビルに耐性となったことが示唆された。検査室での分析でそれは確認された。患者は残りの抗インフルエンザ薬であるザナミビル(リレンザ)の投与を10日間受けた。そして完全に回復した。
 研究者たちは持続する感染を示す患者に対しては、より強力な治療を行い、ウイルスの耐性の発現を最小にすべきと警告している。

H1N1 viruses that are resistant to new flu drug spotted in US flu case Trail Daily Times (カナダ) 米国で新規抗インフルエンザ薬に耐性となったA/H1N1ウイルスが確認
 米国で新抗インフルエンザ薬であるペラミビルに対して、短期間で耐性を獲得したA/H1N1ウイルスが報告された。
 国立アレルギー感染症研究所の研究者からの報告。
 免疫低下状態の患者にタミフルを投与。
 2例がA/H1N1ウイルスが短期間でタミフル耐性に。
 続いて1例がペラミビルにも耐性となった。
 研究者達は医師たちに、免疫低下状態の患者を治療する場合、短期間で耐性が起きる可能性に注意すべきと語っている。
Cuba to vaccinate more than 1.1 million against swine flu ABC 4  (米国) キューバ、ブタインフルエンザワクチンを110万人以上に接種
 キューバはWHOから提供されたA/H1N1ワクチンを人口の10%に接種する予定となった。
 ワクチン接種は2回に分けて行われ、1回目は4月1日から行われる。人口1140万人の同国で、ハイリスク者を中心に110万人以上が接種を受ける。
 国営報道紙によると接種者の80万人が妊婦とされる。

米国CDCインフルエンザ週報第11週(3月14日~3月20日)
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、非常に少ない。インフルエンザ流行閾値を下回っている。しかし数値は前週と変わりはない。(感染者数の発生率は同じ)。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数はインフルエンザ流行域下限以下にある。
 小児の死亡報告数は1人。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は99%がA/H1N1。B型は分離株全体の1.4%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.2%(50/4161)。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。南部で局地的、地域的発生が未だ目立つ。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。
3月26日


英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分-厚労省 時事通信 
  厚生労働省は26日、英グラクソ・スミスクライン社と購入契約を結んでいた新型インフルエンザの輸入ワクチン7400万回分のうち、32%に当たる2368万回分を解約することで合意したと発表した。解約に伴う違約金はなく、約257億円が国庫に戻される。
香港保健省インフルエンザ週報第12週
H1N1インフルエンザ感染者数は散発的に出ているが、流行は終息状況が続いている。
ウイルス分離株が少し増えている。ウイルス総分離株数247、A/H1N1が111、B型が130.
A/H1N1とB型インフルエンザが若干増えているが、3月は香港のインフルエンザシーズンであることが理由と保健省では説明している。
12週にはA/H1N1による死者が1人出ている。
 インフルエンザ専門外来を受診した患者数



Warning as swine flu hits   Tasmania Mercury (オーストラリア) タスマニアで今年度初のブタインフルエンザが発生
 オーストラリア最南端の州、タスマニアで今年度初のH1N1感染者が発生。保健局では4月から5月に第2波が発生する可能性があることから、ワクチン接種を勧めている。
Jabs given to developing countries Belfast Telegraph (英国) ワクチンは途上国へ提供
 北アイルランドでは余剰ワクチン(55万ポンド)を途上国に提供することが決められたようだ。この計画は英国全体に今後広がるとされる。
 すでにH1N1インフルエンザは終息したための措置であるが、途上国へ提供するワクチンの有効期限は2年間残っているとされる。
 アイルランドではH1N1インフルエンザで18人死亡ししているが、先月流行に対する緊急予算2000万ポンドが未使用のまま整理された。保健大臣は過剰な反応だったのではないかという批判を受けているが、流行の程度の予想を立てることは難しかったと答えている。
CDC advises keeping unexpired H1N1 vaccine until fall  CIDRAP (米国) CDC、有効期限が残っている未使用ワクチンを秋まで保存と
 CIDRAPニュース(ミネソタ大学感染症情報センター)
 米国CDCは州とワクチン提供施設に、2010-2011年季節用ワクチンが入手されるまで、未使用で有効期限が残っているH1N1インフルエンザワクチンを保存しておくように通知した。
 残存ワクチンの多くがこの数カ月以内に有効期限が切れるが、サノフィ・パスツールの多数回使用バイアルの有効期限は2011年まで残っている。
 H1N1ワクチンは新季節性インフルエンザワクチンの代用にはならない。季節性インフルエンザワクチンには、H3N2ワクチンとインフルエンザB、および2009H1N1が含まれる。
 ワクチンの保存に関してCDCは以下のようにアドバイスしている。
 ワクチン提供施設では冷蔵庫を空にすることを望んでいるから、各州はワクチンの有効期限が残っていて、冷蔵保存システムが利用できる限り返却ワクチンを受け入れて欲しい。連邦公衆衛生緊急基金が冷蔵保管のための費用を7月30日まで支払いが可能となっている。
 *米国ではワクチン代金は連邦政府が支払っている。
3月25日

H1N1 hits Okuapeman, Achimota Schools  Ghana Broadcasting Corporation (ガーナ) ガーナの高校でH1N1インフルエンザが集団発生
 北部のアクアペン北方地域の高校でH1N1インフルエンザの集団発生が確認された。
 35人が発症したが、治療に反応して回復に向かっている。
 10人が学校の病室に収容され、25人が病院に入院している。
 学校のキャンパスは平穏で生徒たちは期末試験で忙しいようだ。
Swine flu virus not so new, study finds WXEL (米国) ブタインフルエンザウイルスはそれほど新しいものではないことが研究で明確に
 (ウイルスが細胞に侵入するときに付着する)ヘマグルチニンの解析により、H1N1ウイルスが1918年のスペインインフルエンザと類似していることが二つの研究で明らかにされた。
 これらの事実は、なぜ高齢者がH1N1インフルエンザに感染しにくいかの裏付けになった。
 一つの研究:A/H1N1ウイルスとスペインインフルエンザウイルスでワクチンを作り、それぞれをマウスに接種して、その後ワクチン作成ウイルスと別のウイルスを感染させたところ、全マウスは生存した。ワクチン非接種マウスは全例死亡した。すなわちA/H1N1ウイルスとスペインインフルエンザウイルスには交差免疫原性があることが確認された。
 もう一つの研究:両ウイルスのヘマグルチニンを結晶化して画像として捉えた。部分的に類似した構造であることを確認した。 

「スペイン風邪」と類似 新型インフルのウイルス 京都新聞
 新型インフルエンザのウイルスは、1918年に発生したスペイン風邪のウイルスと構造的な特徴が似ており、スペイン風邪の時に獲得した免疫が新型にも働く可能性があることを、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)と米疾病対策センター(CDC)のチームが突き止めた。24日付の米医学誌に発表した。
 スペイン風邪のウイルスに感染した高齢者は、新型インフルエンザへの免疫を持っているとする報告はこれまでにもあったが、ウイルスの分析で裏付けられた格好だ。
 チームは、いずれも同じH1N1型である新型インフルエンザ、スペイン風邪、季節性インフルエンザのウイルスを調査。それぞれのワクチンをマウスに接種した上で、致死性のある新型インフルエンザウイルスを感染させた。
 新型とスペイン風邪のワクチンを接種したグループはすべて生き残ったが、季節性ワクチンのグループは多くのマウスが死んだ。逆に、新型のワクチンを接種したマウスにスペイン風邪ウイルスを感染させても生き残ったため、新型とスペイン風邪には共通の免疫が働くとみられる。
H1N1 Virus Yields Up More Secrets U.S. News & World Report  (米国) H1N1ウイルスの秘密がより明らかになる
 米国の2研究チームが発表。
 スクリプス研究所のチーム:H1N1ウイルスとスペインインフルエンザウイルス(H1N1)ウイルスのヘマグルティニン構造が類似している。
 米国衛生研究所(NIH):H1N1とスペインインフルエンザウイルスのヘマグルティニンの一部が共通して欠損。マウスとコンピューター解析で露わに。
 
 スペインインフルエンザに感染した高齢者が、H1N1に免疫を持っているとされる研究報告がこれまでもあったが、それを裏付ける報告。
3月24日

Bird flu still a threat to human health: WHO Sify  (インド) 鳥インフルエンザはいまだ人に対して脅威的である:WHO
 マニラのWHO西太平洋事務所が警告。
 H5N1鳥インフルエンザは2006年ンをピークとして人での感染者が減ってきているが、それでも人に対する脅威は続いている。
 今年はH5N1感染者は21人(死者7人)出ていて、その中で16人(死者5人)がエジプトで発生している。
 その他家きんでの発生も、バングラデシュ、ブータン、カンボジア、インド、イスラエル、ミャンマー、ネパール、およびベトナムで発生している。
 WHOは家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生している限り、人が感染する危険性があると警告している。
 またウイルス遺伝子が他のインフルエンザウイルス遺伝子と再集合を起こし、新規ウイルスが誕生する危険性もあるという。
Bird flu surfaces in Banke Himalayan Times (ネパール) バンケ郡で鳥インフルエンザが発生
 ベリ県バンケ郡の数か所の村でH5N1鳥インフルエンザが家きんやアヒルの間で発生。
 地域では人への感染を恐れている。
オーストラリア保健省、インフルエンザ週報第10週を発表(3月6日~3月12日)
 この週には2人の感染者が検査で確認された。
 今年度に入ってから確認されたA/H1N1感染者総数は49人。
 総感染者数(検査で確認)は、37685人。入院数は4992人、ICU収容数681人、総死者数191人。

NASA, cruise line got H1N1 shots early on, AP reveals VaccineNewsDaily (米国) NASAの乗組員、A/H1N1ワクチンを接種、AP通信が明らかに
 22日報道のAP通信によるワクチン配布記録文書からの情報。
 10月と11月、A/H1N1ワクチンが未だ足りなかった時期に、NASAや大企業、行政機関の一部にワクチンが配布されていた。しかしその詳細は文書に残っていないという。
 配布条件としてハイリスク者を対象としていたが、それは守られず、NASAでは宇宙飛行士と家族にも接種されていた。
DRDO kit detects A(H1N1) virus in an hour The Hindu  (インド) 1時間でA/H1N1を判定可能な簡易キットが発売に
 防衛研究と対策研究機関:The Defence Research and Development Organisation (DRDO) が、1時間でA/H1N1ウイルスを検出する簡易キットを発売する。
 電気がない村でも使用が可能で、WHOの検査機器と結果は100%符合する。
 検査方法はRT LAMP法による。
Swine flu season to be 'less complicated,' disease expert Buenos Aires Herald (アルゼンチン) ブタインフルエンザシーズン到来:それほど大流行はしない
 ブエノスアイレスの専門家が今年度はブタインフルエンザの流行は、それほどインパクトのあるものではないだろう、と予測を語った。しかし、ワクチンは秋から接種すべきと呼びかけている。
 政府は4月から6月までワクチン接種の啓発を強化する必要があり、特にハイリスク者(妊婦、5か月から6歳の小児、高齢者)は十分ワクチン接種を考慮されなければならない。
3月23日

France to pay 16 pct for cancelled H1N1 doses-paper Reuters  (国際) フランス、H1N1ワクチンキャンセル料として、購入価格の16%の支払いに
 フランスはノバルティス社、グラクソスミスクライン社、およびサノフィパスツール社にA/H1N1ワクチンキャンセル料として、購入予定価格の16%を支払うことで交渉を妥結したと発表した。
 グラクソ社は2億2400万ユーロの売却価格のかわりに3600万ユーロ、ノバルティス社は6500万ユーロのかわりに1050万ユーロ。サノフィパスツール社はまだ交渉中とされるが、1250万ユーロのかわりに200万ユーロとなる予定である。
 フランス政府は9400万接種量のワクチンを3社から購入したが、3カ月前から5000万接種量のキャンセル交渉をしていた。
「新型インフル対策は成功」=政府諮問委員長が会見で総括 時事通信 
 政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会の尾身茂委員長が23日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、諸外国と比べ死亡率を低く抑えることができたと述べ、「国の対策は成功だった」と評価した。
 尾身氏は一連の対策を総括し、「死亡率は圧倒的に低く、世界の中で優等生だ」と指摘。徹底した学校閉鎖や治療薬タミフルが患者に行き渡ったことが大きく影響したとした。
 空港での水際対策は「感染の拡大防止に一定の効果はあったが、(国内発生を想定した)次段階対策へのシフトが遅れた」と分析した。
Swine flu is receding in India bolohealth.com  (米国) ブタインフルエンザ、インドで感染者数減少に
 保健省当局によると死者数と感染者数が著明に減少し始めており、ピークは過ぎ去ったと判断している。
 当局によると集団免疫がある程度確立されたため、今後2,3年間は大きな流行はないだろうと予測している。
 同国での公式感染者数は3万72人とされ、死者数は1429人とされている。
Dozens of Countries to Receive Swine Flu Vaccine VOA (米国) 世界の途上国数十カ国がブタインフルエンザワクチンの提供を受ける
 WHOはアフリカの10数カ国を含め、世界の途上国数十カ国へA/H1N1ワクチンを提供する予定と発表した。
 WHOによるとこれまで17カ国へ400万接種量を提供したとされる。現在WHOには、大手製薬企業と先進国から提供されたA/H1N1ワクチンが1億8000万接種量備蓄されている。
 WHO広報官のグレゴリー・ハートル氏によると、世界の95途上国からワクチン提供が求められていて、この2、3週間以内にアフリカ、中央アメリカ、東ヨーロッパ等25カ国に数百万接種量のワクチンを配布する予定とされる。
3月22日

Mass. No. 1 in US in flu vaccinations abc40  (米国) マサチューセッツ州、ワクチン接種率が全米で第1位
 A/H1N1ワクチン:36% (21%)、 季節性:57%(37%)  ( )内は米国全体。
 これまで32人が死亡している。人口は643万人。5人/100万人。
Many lower-risk people got first H1N1 shots AP 米国、多くのローリスク者が初期にH1N1ワクチンを接種
 AP通信が政府の文書情報公開法に基づいて、H1N1ワクチン配布先を調査。
 CDCの記録によると、初期の接種はハイリスク者に限定されていたが、企業や精錬所、刑務所等に配布されていることが判明。詳細な記録が残っていないため、誰にどの程度配布されたかは不明。
3月21日

Hong Kong: A fatal case of human swine influenza patient at United Christian ... ebnewswire.com  (インド) 香港:ユナイテッド・クリスチャン病院でブタインフルエンザで死亡者が発生
 ユナイテッド・クリスチャン病院が20日、43歳男性がA/H1N1ブタインフルエンザで死亡したことを発表した。
 
 男性は18日、1週間続くインフルエンザ症状で緊急入院した、即ICUに収容され、翌日にはA/H1N1ブタインフルエンザに感染していることが確認された。19日夜に死亡。
 男性は元来健康には問題はなかったとされる。

3月20日


International News brief Wilkes Barre Times-Leader (米国) 国際ニュース短報
 19日米国CDCはA/H1N1の第3波が起こる可能性は減少していると発表した。
 現在、流行に関する全ての指標が低い状態を維持しているので、この春から夏にかけて再流行する可能性は低いと説明。
 現在、ウイルスの有意な感染活動は南東部の州だけで認められている。
ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第10週
 検査でA/H1N1陽性者の報告はない。

 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患率/10万外来患者
 50人が流行域下限ライン


WHO、インフルエンザ週報更新第92報
 3月14日の時点で、世界で少なくとも16813人の検査室で確認されたA/H1N1死者が報告されている。
 もっともウイルス感染が活発に続いている地域は、東南アジア(タイ)と西アフリカである。
 データが限定されているが、中央アメリカとカリブ海諸国で感染が拡大しているようだ。
 多くのインフルエンザ株はA/H1N1であるが、東アジアではB型インフルエンザが中心となって流行している。
カナダ保健省インフルエンザ週報第10週(3月7日~3月13日)
 インフルエンザ流行は12週終息状態が続いている。
 国内の大多数の州では発生報告はない。散発的発生(集団発生はなし)が東部の若干の州で見られている。

 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。

 

米国CDCインフルエンザ週報第10週(3月7日~3月13日)
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、非常に少ない。インフルエンザ流行閾値を下回っている。しかし数値は前週と変わりはない。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域内にある。
 小児の死亡報告数は2人。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の1.5%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.2%(49/4049)。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。南部で局地的、地域的発生が未だ目立つ。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。


H1N1 fears worse than virus, expert says CBC.ca (カナダ) 専門家:H1N1への脅威の方がウイルス自体よりも社会にインパクトを与えた
 メキシコで初めて人のH1N1インフルエンザが報告されてから1年。世界中の公衆衛生当局はワクチン接種に焦点を合わせてきたが、そうした対策への疑問の声が高まっている。
 3月7日の時点で、世界で少なくとも16713人の検査室診断された死者がWHOに報告されているが、その数は多くの人々が恐れた数よりも遥かに少ない。(症状が軽度なために)世界中で多くが診断されてないか、検査を受けていない。
 「H1N1の流行程度は、まったく小さかった」、とフィリップ・アルカベスは語る。同氏は、ジョーンズ・ホプキンス大学で感染症疫学で博士号と生化学および公衆衛生学のマスターを得ていて、またエール大学とニューヨーク市立大学で教授の地位にある。
 H1N1インフルエンザに対してとてつもなく過剰の脅威が抱かれたとアカンビスは語る。それは最終的にワクチンや抗インフルエンザ薬メーカーのための金の卵を抱くガチョウになってしまった、と表現する。
 アカンビスは、ブタインフルエンザの流行はワクチンが製造される前に去ってしまい、結果的に大量のワクチンが不必要になったと語る。大々的なワクチン接種啓発だけが起きた。理由は製薬企業、政治家、そしてメディアが、H1N1インフルエンザは非常に致死的であった1918年のパンデミックインフルエンザに匹敵する可能性もあるように煽ったからだと説明する。
 一方、H1N1インフルエンザは重篤であると語る専門家もいる。ミネソタ州、ロッチェスターのメイオクリニックのグレッグ・ポーランド医師である。
 「自分は警告を発するのは政府の役割と考える。準備することは不安を煽ることではない。毎年、保険契約するのと同じである。年の終わりに、私は決して自分は死ななかった、金を浪費した、とは言わない」。
 H1N1インフルエンザは拡大した。ハイリスク者でワクチン接種を受けていない人がいるから、今後さらに死者が出ることもあり得る、とポーランドは語る。
 両専門家とも、ワクチンがH1N1拡大に寄与したからは明確ではないという意見では一致している。
3月19日

Study finds H1N1 flu in pregnancy is critical risk  Reuters AlertNet (国際) 妊婦はH1N1インフルエンザに感染すると重症化しやすい:研究報告
 2009年の冬季間、オーストラリアとニュージーランドで、H1N1インフルエンザを発症し、ICUに入院した妊婦を対象にした研究報告。英国医学雑誌(BMJ)で発表された。
 妊娠20週以降の妊婦は、通常の女性(妊娠可能年齢)の13倍の率でICUに収容された。

6割超解約に向け製薬会社と交渉 神戸新聞
 長妻昭厚生労働相は19日、英国のグラクソ・スミスクライン社、スイスのノバルティス社と購入契約を結んだ新型インフルエンザの輸入ワクチン計9900万回分のうち6割超に当たる6300万回分について、解約できないか両社と交渉していると明らかにした。
 衆院厚生労働委員会で自民党の加藤勝信氏の質問に答えた。
 長妻厚労相は「契約数量のすべてを今月末までに日本に引き渡す契約となっており、3600万回分は(既に)在庫として日本にある」と説明。この在庫は備蓄に回し、未入荷分を解約する方向で「2社と厳しい交渉をしている」と話した。
 厚労省によると、輸入ワクチンの出荷は2月までに約2400回分。大半は余る見通しとなっている。
3月18日

香港保健省インフルエンザ週報第11週
H1N1インフルエンザ感染者数は少ないが分離株が少し増えている。
数週間、B型が増えてきていて、A/H1N1分離率を上回っていたが、11週には両株の分離率は等しくなっている。
総分離株数268、A/H1N1が131、B型が133.
A/H1N1とB型インフルエンザが若干増えているが、3月は香港のインフルエンザシーズンであることが理由と保健省では説明している。
11週にはA/H1N1による死者が1人出ている。
 インフルエンザ専門外来を受診した患者数


Early flu season tipped this year  The Daily Post (ニュージーランド) ニュージーランド、今年度のインフルエンザ流行開始は早い 

 ニュージーランドでは、今月にはインフルエンザ流行が始まる可能性が高いことから、保健省では早めにインフルエンザワクチン接種を行うように勧めている。
 流行インフルエンザはA/H1N1が中心になると予想されている。
 昨年の北半球におけるA/H1N1の流行が、通常の季節性インフルエンザの流行よりも数週間早かったことから、南半球での流行も早いと予想されている。
 今シーズンのワクチンは家庭医(GP)で接種が行われている。
 A/H1N1を含む3種類のインフルエンザに対する予防効果がある。
 無料接種対象の優先者は以下のとおりである。

* pregnant women,

* people with an ongoing health condition (like asthma, diabetes, a heart or lung condition, or significantly overweight people),

* people aged 65 years or over,

* young children (aged 6 months to 5 years).

Swine Flu Still A Threat One Year Later  WSFA (米国) ブタインフルエンザは1年経過した現在も未だ脅威
 アラバマ州モンゴメリー郡保健局。
 保健局の雇用者900人中50人しか感染しなかった。最悪の事態は避けられたが、未だ完全に脅威が去ったとはいえない。ワクチン接種は雇用者で100人。
 これまで30%の米国人がA/H1N1に感染したと推定。これは通常の季節性インフルエンザの倍の確率である。
 また1918年のスペインインフルエンザの場合は世界中に拡大するまで18ヶ月要したが、A/H1N1の場合は6週間しか要しなかった。


Low Demand Could Lead to Swine Flu Vaccines Being Thrown Out First Coast News (米国) 接種希望者数が少ないため、ブタインフルエンザワクチンが破棄の可能性
 テキサス州、有効期限が近いため余剰ワクチンが破棄される可能性が高い。
 連邦政府はブタインフルエンザワクチンに16億ドル(1400億円)を費やしているが、基本的に各州や地域には無償で提供している。
3月17日

Vietnam records second bird flu death this year MSN Philippines News (MSN、フィリピン) ベトナム、今年度2例目の鳥インフルエンザ死者を報告
 ベトナム、ホーチミン市で、3歳女児(男児という情報もある)が17日、H5N1鳥インフルエンザ2人目の死者となった。
 幼児はホーチミン市の小児病院で1週間の治療後、重症肺炎で死亡した。市保健局が発表した。
 ベトナムでH5N1鳥インフルエンザでの59例目の死者である。
Bird flu strikes Nawalparasi as emergency declared  Himalayan Times (ネパール) ネパール、ナワルパラシ郡で鳥インフルエンザが家きんの間で発生、警報が発令
 ネパール中央ルンビニ県のナワルパラシ郡のいくつかの村で、家きんの間で鳥インフルエンザが発生し、警報が発令された。アヒルと鶏がこの数日間に多数死亡した。
 また周辺の地域でも多くの家きんが死亡していると報告されている。 
New suspected case of A/H5N1 in HCM City VietNamNet Bridge (ベトナム) ホーチミン市で、幼児がA/H5N1鳥インフルエンザ感染疑い
 16日、ホーチミン市保健局は鳥インフルエンザの感染疑い幼児を発表した。
 幼児はビーンドゥオン省に住んでいたが、出血性熱を呈して入院したが、検査でA/H5N1陽性となった。現在ホーチミン市のナイドン病院の隔離室で治療中である。
 自宅周辺には多くの家きん飼育場があると家族は語っている。
 検体はハノイのパスツール研究所で最終的確認を行っている。

Parents reminded about second round of H1N1 shots for kids WFAA (米国) 子供達の2回目のワクチン接種を忘れないで!
 テキサスのダラス。
 10歳以下の子供達の2回目のA/H1N1ワクチン接種を、ダラス郡保健局か呼びかけている。
 いまだ1回接種者の半数しか受けていないとされる。
University life and pandemic influenza: Attitudes and intended behaviour of staff and students towards pandemic (H1N1) 2009  BMC Public Health (国際) パンデミックH1N1インフルエンザに際して、大学スタッフと学生の行動様式の変化
 オーストラリアの主要な大学におけるアンケート調査。
 2009年6月29日から9月30日の間。2882人が回答。
 64%が発生していたパンデミックに関心は無かった。76%は生活を何ら変えなかった。
 10%がインフルエンザワクチン(季節性)の接種を受けた。学生が7%、スタッフが16%。
 もし発病したとしても19%が大学に出てくると答え、試験、または締め切り間近な業務がある場合は58%が出てくると答えた。

Officials look to overhaul vaccine-supply model Globe and Mail  (国際) カナダ、インフルエンザ供給体制を見直しに
 これまで国内に製造工場をカナダに持つ英国のグラクソスミスクライン社だけに季節性インフルエンザワクチンとパンデミックワクチンの供給を頼ってきたが、昨年のA/H1N1ワクチン供給の遅れから、数社にインフルエンザワクチンの供給を依頼する体制を考慮中とされる。
Pandemic H1N1 mutation in India resembles Dutch findings CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) インドでパンデミックインフルエンザウイルスの変異株が検出、オランダの変異株と類似
 インド国立ウイルス研究所は昨日パンデミックH1N1の小さな変異株を3人の患者で検出したと発表したが、変異は昨年オランダの2人の患者で見つかったものと同じ可能性がある。
 専門家によると、もしインドの変異株がオランダのそれと同じだったとしても、臨床的には重大な変異とは考えられないとしている。
 変異はポリメラーゼ2(PB2)の遺伝子で起きたが、ウイルスのタミフル感受性には影響はない。PB2蛋白はウイルスの増殖に関わっている。
 CDCの専門家によると、この変異は昨年9月末にオランダで見つかったE627K変異と同じ可能性があるとされ、特に病原性に変化はなく、感染を起こした2人の患者は軽症治癒している。
 インドの患者も軽症治癒しており、現段階では特に重大な変異株の出現とは考えられないようだ。
 H5N1鳥インフルエンザウイルス等では、この変異は増殖力等に変化がでてくることが、動物実験で明らかにされている。
Bird flu breaks out in Romania, near Ukraine Reuters AlertNet (国際) ルーマニアの鶏でH5N1鳥インフルエンザが発生
 ルーマニアのウクライナ近くの小さな農家で2羽の鶏からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。飼育鶏は殺処分され、20キロの警戒地域が設けられ、移動制限が行われている。EUがウエブサイトで発表した。
 ヨーロッパでのH5N1鳥インフルエンザの発生はドイツで1年前に野生のカモで見つかって以来のことである。
 ルーマニアは渡り鳥ルートに位置していて、秋にシベリアから渡り鳥がスカンジナビア半島を超えて南方へ飛来し、春には再び戻る。2005年9月にヨーロッパで初めて感染した白鳥が見つかっている。
接種優先順位、専門家ら見直し指摘 府、京都市が新型インフル会議 京都新聞
 京都府、京都市合同の新型インフルエンザ対策専門家会議が16日、上京区の平安会館で開かれ、ワクチン接種者が府民の1割程度にとどまったことに対し、専門家から「完全な失敗だった」と接種の優先順位の見直しを求める指摘が相次いだ。
 会議には、医師や弁護士など9人が出席した。府はワクチン接種者が府民全体の12%だったことを報告した。昨秋の大流行時にはワクチン不足で接種が伸びず、年明けに必要量が確保できたときには流行が下火になり、希望者が少なかったことなどを理由に挙げた。
 南京都病の倉澤卓也院長は「大半の子どもが感染した後に接種が始まった。医療関係者より子どもを優先すべきだった」と指摘した。京都産業大法科大学院の川本哲郎教授も「高校生と浪人生の接種時期に差がついた。受験生の理解は得られまい」と述べた。現場の医師からは「医療従事者でも小児科の医師を最優先とすべきだ」との意見が出たほか、接種開始当初は子どもへの投与を望む保護者の電話が鳴りやまず、パニックになった様子も語られた。
 こうした指摘に対し、府は病院へのワクチン配布時期や接種の優先順位は国の指示で、自治体に権限がなかったと説明した。浅田良純・府健康福祉部長は「自治体が実情に応じて自由にやることも必要」と述べ、課題を検証し、強毒性の新型インフルエンザの流行対応に役立てる方針を示した。
京都府民の接種、12%どまり 新型インフルワクチン 在庫大量に 京都新聞
 新型インフルエンザのワクチン接種で、京都府内の接種者は約30万人で府民全体の12%にとどまり、医療機関などに大量の在庫が残っていることが16日、京都府、京都市合同の専門家会議で明らかになった。高校生以下の子どもの接種率も15%程度と低く、接種開始時に感染のピークが過ぎていたことが原因とみられている。
 ワクチンは国が都道府県に配分し、国が定めた優先順位に基づいて、昨年10月19日から医療関係者で接種が始まった。持病のある人と妊婦▽小学3年生以下▽高校生以下-の順で対象者を広げ、1月18日から府民全員に接種を呼び掛けた。
 府と市によると、2月末までのワクチン接種者は30万4千人。持病のある人は13万7千人が接種し、対象者の76%に達した。医療関係者は希望者6万人のうち、4万5千人が接種を受けた。
 しかし、感染時に重症化が懸念された妊婦は8400人で接種率は37%と低く、小学3年生以下は4万7千人で24%、小学4年生以上は4500人で6%、中学生は5500人で8%、高校生は4800人で7%にとどまった。成人の接種者は1万7千人で、わずか1%だった。
 接種が伸びなかったことで、当初品薄だったワクチンが大量に余り、府内の医療機関に5万人分、業者に25万人分が残っていることも明らかになった。
 接種率が低かった理由について、府は「感染のピークは10月下旬から11月上旬だったが、ワクチンが確保できて子どもへの接種が始まったのは11月末以降と遅れた。すでに感染した子どもが多く、接種を希望しなかった」と説明している。
3月16日

Human H5N1 toll rises in Egypt as bird outbreaks cited elsewhere CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 世界各地で鳥インフルエンザが発生している中、エジプトで死者数が増える
 WHOは最近20歳女性のH5N1死亡と18歳男児が感染して入院したことを報告した。
 WHOの3月12日の発表では、最初に11日に保健省で発表された事例の詳細を含んでいる。女性はカイロから83マイル離れたケルビア県に住んでいたが妊婦だった。彼女は3月5日に入院し、タミフルで治療を受けたが3月9日に死亡した。
 18歳の男児は、カイロから83キロ北のカフル・エルシェイク県に住んでいて、3月2日に入院し、タミフル治療を受けていて、現在は小康状態である。
 調査では両者とも病的および死亡した家きんと接触した既往があるとされる

 WHOはまた3月4日に発表したエジプトで104人目の感染者となった53歳男性の死亡を報じた。男性はカルビア県に住んでいた。2月27日に発病し入院した。同日からタミフルで治療が開始された。男性は以前から危篤状態とされていた。

 これまでエジプトでは今年度に入って16人のH5N1感染者を報告した。5人は死亡したが、その数は昨年1年間の数を超えた(昨年は4人)。


インフル、混合ワクチン「望ましい」 厚労省、新型・季節性を一本化 日本経済新聞 
 厚生労働省は15日、今年秋以降実施するインフルエンザ予防接種のワクチンについて、「A香港型、B型、新型インフルエンザの3種混合が望ましい」との考え方を示した。法的拘束力はないが、3種混合になれば、現在は別々にワクチンを接種している季節性インフルエンザと新型インフルエンザが、1度の接種で済むことになる。
 ワクチンの製造は例年、国立感染症研究所がその年に製造すべきワクチンの種類を検討。それをもとに厚労省がメーカーにワクチンの種類を通知している。日本で昨年秋以降出荷されたのは「A香港型、B型、Aソ連型」の3種を混合した季節性のワクチンと、新型のワクチンだった。
 同省は昨年秋以降にAソ連型の発生がほとんどなかったため、新型と置き換えることでワクチンを一本化すべきだと判断した。(15日 21:39)
3月15日

来季は季節性と新型、一度に接種 インフルワクチン 神戸新聞
 次のインフルエンザ流行シーズンに備えるワクチンについて厚生労働省は15日、新型と、季節性のA香港型、B型の3タイプのウイルスを対象にすることを決め、三つを組み合わせたワクチンの製造を国内メーカーに依頼する方針を明らかにした。
 季節性と新型のワクチンを一度に接種できるようになる。厚労省は接種を受ける人の経済的、身体的な負担が少ないことを利点に挙げた。
 新型だけのワクチン接種を希望する人には、今シーズン使われなかったワクチンを備蓄して対応するという。
 今シーズンに向けたワクチンは当初、季節性のA香港型、Aソ連型、B型を組み合わせたワクチンで、新型流行を受けて新たに新型のワクチンを製造した。世界保健機関(WHO)は2月、来シーズンに向け、Aソ連型を新型に置き換えるよう北半球向けに推奨、日本もこれを受け入れた形。
Bird flu appears in Bac Ninh VOVNews.vn (ベトナム) ベトナム、バクニン省で鳥インフルエンザが発生
 農場で400羽の家きんが突然11日に死亡した。生後40日にワクチン接種を受けていたという。当局の検査でH5N1鳥インフルエンザが確認され、農場の全家きんが殺処分された。
Bangladesh slaughters 117000 birds over avian flu Daily Times (パキスタン) バングラデシュでH5N1鳥インフルエンザ発生により11万7000羽の鶏が殺処分に
 バングラデシュで最大の家きん農場(タクルガオン町)で13日400羽の鶏が死亡し、検査でH5N1鳥インフルエンザと確認された。
 14日に11万7000羽の殺処分が開始された。また20万個の卵も処分された。
 農場経営者は損害は約600万ドルと語っている。

 バングラデシュでは2007年2月に初めて鳥インフルエンザが発生して、国内数千カ所の農場で100万羽以上の家きんが殺処分された。
 バングラデシュの家きん産業は世界でも最大級に属し、鶏2億2000万羽、アヒル3700万羽を年間に生産している。
 人での感染は2008年5月に16ヶ月男児の報告がある。(これは後のインフルエンザ・サーベイランスで見つかったものだった:訳者)
3月14日

WHO、鳥インフルエンザ情報更新32 WHO
 エジプトで2人のH5N1鳥インフルエンザ感染者が発生。保健省から報告。
 1人は20歳女性で妊婦。5日に入院。9日に死亡。
 1人は1歳半の男児。2日に入院。安定。
3月13日


Ha Noi woman tests positive for bird flu  Viet Nam News (ベトナム) ハノイの女性が鳥インフルに感染
 25歳のハノイに住む女性が検査でH5N1鳥インフルエンザに感染していることが確認された。
 病的または死亡した鶏が自宅の周辺にいたとされる。3月5日に感染した。
 バクマイ総合病院のICUに入院している。
Chronicle of a Hysteria: The Swine Flu Panic of 2009 Spiegel Online  (ドイツ) 集団ヒステリーの記録:2009年ブタインフルエンザパニック
 なぜブタインフルエンザの集団パニックが起きたのかを検証。ドイツの代表的雑誌”スピーゲル”のオンライン版。
 中等度のパンデミックでの想定死者
 ドイツ->10万人、米国20万人、世界-->200万人以上

 A/H1N1による実際の死者数
 ドイツ-->約240人、米国-->2600人、世界-->約16500人


 なぜパンデミックパニックは起こされたのか。多方面から検証。

訳文PDFファイル

 
WHO: influenza B gaining foothold in more countries CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO:多くの国でB型インフルエンザが流行しだしている
 今週のWHO報告。

カナダ保健省インフルエンザ週報第9週(2月28日~3月1日)
 インフルエンザ流行は終息状態が続いている。
 国内の大多数の州では発生報告はない。散発的発生(集団発生はなし)が若干のの州で見られている。

 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。

 各州におけるインフルエンザ流行状況。流行地域は見られない。
 白色:インフルエンザ確定例の報告なし、淡青色:散発的発生(集団発生なし)。


米国CDCインフルエンザ週報第9週(2月28日~3月6日)
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、非常に少ない。インフルエンザ流行閾値を下回っている。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域内にある。
 小児の死亡報告数はなかった。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の0.6%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.2%(49/4036)。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。前週とほぼ同じ。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。

Pandemic (H1N1) 2009 - update 91  WHO パンデミック(H1N1)2009-状況更新91
 もっともウイルスが活発に感染活動を行っているのは東南アジアであるが、他のアジア地域、東および南東ヨーロッパでは活動は低下している。
 西アフリカではデータは限定されているが、パンデミックウイルスの活動は地域内で活発化している。
 注目すべきは、B型インフルエンザがアジアで流行しており、それが西方に拡大していることである。

 サハラ以南地域:西アフリカの一部で地域内で拡大。
 南、東南アジア:多くの国でウイルスが感染活動を継続している。タイでは1月中旬以来流行が拡大している。しかし2009年6月から9月の流行以下に留まっている。バングラデシュでは呼吸器感染症が増加しているが全体としてはインフルエンザ流行程度は低い。インドでは西部で程度は低いながらも流行は継続している。
 東アジア:パンデミックインフルエンザ流行程度は減少し続けているか、低い状況が続いている。日本と韓国では通常の季節性インフルエンザの流行状況と同レベルまで下がっている。モンゴルと中国ではB型インフルエンザの流行が起きている。
 北部アフリカおよび西アジア:イラクとアフガニスタンで流行が続いている。アフガニスタンでは医療機関への負荷が強まっている。イラクではB型インフルエンザが主流となっている。
 ヨーロッパ:パンデミックインフルエンザの感染は減少し続けている。分離ウイルスの数も減少している。ロシアとスウエーデンではB型インフルエンザも目立っている。
 アメリカ:北部と南部の温帯地域ではインフルエンザの流行程度は低い。ブラジルでは呼吸器疾患が地域により増加しており、同時にインフルエンザウイルスの分離も報告されている。
 南半球の温帯地域では全体的にインフルエンザの発生率は低い。散発的にパンデミックおよび季節性インフルエンザが発生している。
 
 パンデミックインフルエンザウイルスが世界中で中心になって感染活動を続けているが、B型インフルエンザウイルスもアジアから東部ヨーロッパ、東アフリカ、そしてもっとも注目すべき国として中国、モンゴル、イラン、およびロシアで拡大している。

Ind. health officials keep urging swine flu shots R & D Magazine (米国) インディアナ州保健局、豚インフルエンザワクチン接種を強く呼びかける
 インディアナ州では、ワクチン接種者が11%に満たなく、保健局では接種を強く呼びかけている。
 慢性疾患保有者での接種率は13%にすぎない、
 同州ではこれまで39人の死者が出ているが、2月中旬以後はいない。
 インフルエンザは異常なくらい発生数が少なく穏やかなシーズンではあるが、ウイルスはいまだ存在しているからワクチン接種をすべきであると保健局では言っている。
Global flu death toll reaches 16713 Gulf Times (クエート) 世界のインフルエンザ死者数が16713人に
 昨日WHOが世界のインフルエンザ発生状況を発表した。
 これまで少なくとも16713人のブタインフルエンザによる死者が発生した。
 パンデミックは213の国と地域に広がった。
 しかしながらWHOは、ヨーロッパと北米の多くの国ではパンデミックは下火になっているとコメントしている。
 一方、サハラ以南地域では限定されたデータではあるが、西アフリカでウイルスが広がり続けていて、明確なピークに達していないと説明された。
 現在もっとも流行が活発なのはタイとなっている。
新型インフル:ワクチン接種は推定2278万人 毎日新聞
 新型インフルエンザワクチン接種が可能になった昨年10月から今月9日までに推定2278万6533人が受けたと、厚生労働省が12日、発表した。医療機関に納入された出荷量から分析した。
 接種後の死者は131人で、うち3人が医療機関から「接種との関連あり」と報告された。発熱などの軽い副作用は2389人、意識を失ったりする「アナフィラキシーショック」など重い副作用は402人でみられた。厚労省は「他のワクチンに比べ副作用の報告数は多いが、医師が注意深く監視している背景があり、詳細に調べたい」としている。
3月12日

H1N1 flu starting third outbreak in East Tennessee WVLT  (米国) H1N1インフルエンザ、東テネシーで第3波発生?
 2週間前は週に1人の発生だったが、今週は8から9人に増えている。
 
S'pore buys 1m H5N1 shots Straits Times (シンガポール) シンガポール、100万接種量のH5N1ワクチンを購入
 シンガポールは国民をH5N1インフルエンザから守るために100万接種量のワクチンを購入した。
 ワクチンは年度末に届く。
 H5N1ウイルスは、流行しているインドネシアとベトナムに挟まれているシンガポールでは特に危険と考えられている。両国とも今年に入ってから1人づつ死亡者を出している。
 昨年世界中に広がったH1N1インフルエンザとは異なり、H5N1ウイルスが変異すると相当な数の人々を死亡に導く可能性が高い。
 致死率は6割である。
WHO Flu Research Lab Planned for Indonesia Jakarta Globe  (インドネシア) WHO、インフルエンザ研究所をインドネシアに設立要望
 長年の国内の保健専門家達の願いだったWHOとの共同研究のための研究施設の設立が、WHO側から要望されたと、インドネシア保健大臣が10日語った。
 「WHOはインドネシアがインフルエンザ研究のための研究所を設置することを要望した。WHO協力研究センターである。私は同意した」と、インドネシア保健大臣の Endang Rahayu Sedyaningsih女史は語った。
 エンダン保健大臣自身は詳細は語らなかったが、全ては進行中とされる。
 インドネシアの鳥インフルエンザ対策は比較的順調に進んでいるが、それでも危険性は続いているとエンダン大臣は語った。ウイルスは絶えず見つかっているという。
 本年度感染者は1人見つかっている。
アイルランド保健省インフルエンザ週報第9週
 発生数は極めて少なく、アイルランドの流行域下限の17.8人/人口10万人以下となっている。
 9週では確定されたA/H1N1感染者はいない。
 これまでの感染者総数は4584人。
 これまでの死者数は24人。


ニュージーランド保健省、パンデミックインフルエンザH1N1 2009-更新175報
 国内全体のインフルエンザ発生率は極めて低い。多少の小さな変動は認められるが、予想外のことではない。
 季節性インフルエンザワクチン(A/H1N1も含まれている)接種が家庭医で始められている。
 外来患者10万人中に占められるインフルエンザ様患者の数。
 50人以上がインフルエンザ発生域。400人以上が流行域(epidemic level)。
 

全米大学保健協会インフルエンザ週報発表(2月27日~3月5日) 
 インフルエンザ発生率はここ3週間あまり変動していない。10000人の学生当たり3~4人の発生率である。状況から判断して第3波が発生することは想定されない。
 ワクチン接種率は約8%である。
Two Oklahoma flu deaths reported this week Tulsa World  (米国) オクラホマ州で2人がインフルエンザで死亡
 思春期の少女と高齢者が死亡。高齢者はA/H1N1の確認はされていない。
 同州では2009年9月以来(第2波)インフルエンザ死者数の総計は43人となった。

インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る-感染研 時事通信
 医療機関1カ所当たりのインフルエンザ患者数が、流行入りの目安とされる「1人」を下回る見通しとなったことが11日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1人を下回るのは、新型インフルエンザの感染が拡大した昨年夏以降初めて。
 厚生労働省は世界保健機関(WHO)がピーク越えの宣言を見送ったことなどを踏まえ、当面は現在の警戒態勢を維持する方針。
 7日までの1週間に全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザの患者数は1カ所当たり0.7~0.8人程度で、6週連続の減少となる見通し。
 先月からB型を中心に季節性インフルエンザも報告されているが、大半が新型インフルエンザに感染したとみられる。
 インフルエンザ患者は、8月中旬に1カ所当たり1.69人となり流行入りの目安を突破。11月下旬に39.63人に達した後、減少傾向が続いていた。
3月11日

香港保健省インフルエンザ週報第10週
H1N1インフルエンザ感染者数は少ないが分離株が少し増えている。
数週間、B型が増えてきていて、A/H1N1分離率を上回っていたが、10週には両株の分離率は等しくなっている。
A/H1N1が増えだしているかは、ここ数週間の動きを見る必要があると保健省ではコメントしている。

左:定点医療機関受診者数の中のインフルエンザ様疾患の割合。1000人中。
右:分離ウイルス株の推移。


分離インフルエンザウイルス株の比率

Nepal's eleven districts at bird flu risk Zee News (インド) ネパール中央の11県が鳥インフルエンザ警戒状況に
 家きんの移動の監視など、対策を強化。
Pandemic Influenza H1N1 2009 (Swine Flu) - Update 175 Voxy (ニュージーランド) パンデミックインフルエンザH1N12009(ブタインフルエンザ)-更新175報
 全体としてニュージーランドのインフルエンザ発生状態は低レベルであるが、小さな波を描いている。しかしそれは予想範囲内である。
 今週から季節性インフルエンザワクチン接種が家庭医の下で始まったら、そこにはA/H1N1インフルエンザも含まれている。
India likely to start swine flu vaccination next week Calcutta Tube (インド) インド、来週からブタインフルエンザワクチンの接種開始予定
 サノフィ・パスツールから購入した150万接種量のA/H1N1ワクチンが来週から接種される予定となった。
 最初にハイリスク者である医療関係者が対象になる。
 インドではこれまで1300人がA/H1N1で死亡している。また3万人以上が感染したとされる。
H1N1 Flu Spreads Slower Than Seasonal Flu: Study BusinessWeek  (米国) H1N1インフルエンザ感染拡大は季節性インフルエンザよりも遅い:研究報告
 CDCの疫学専門チームによる、H1N1流行が米国内で最初に見られたテキサスの家庭を対象とした研究。
 家庭内での感染力は季節性インフルエンザよりも弱く、また感染対象者は小児が中心となっていた。
 テキサス州、サン・アントニオで、2009年4と5月に行われた。
 77家庭で97人の発症者を対象とした。
 30%の家庭で4日以内に二次感染者が出た。
 全体として9%の家族員が二次感染。5歳以下の子供の18%、5~18歳までが11%。小児が非常に感染しやすいことが明らかだった。
 家庭にインフルエンザを持ち込んだのも小児が多かった。
 研究結果はCDCで発行している”新興感染症(Emerging Infectious Diseases)に掲載される。
3月10日


Firm develops flu antibody therapy JoongAng Daily  (韓国) 韓国企業、モノクローナル抗体によるインフルエンザ治療を開発
 韓国のバイオテクノロジー企業である”セルトリオン”が、昨日、多くのインフルエンザに対する抗体治療方法を開発したと発表した。
 セルトリオン社はソウルにおける新会議の席上で同社の研究陣がA/H1N1ウイルスを含む各種のインフルエンザウイルスに対する抗体を見つけることに成功したと語った。
 新規治療法とは、人の体液内に見いだされた抗体の使用に基づく。
 科学者達はインフルエンザウイルスは頻繁に変異するため抗体を使った治療は難しいと考えてきたが、セルトリオンでは、ウイルス粒子表面の変異の頻度が非常に低い抗原に対する抗体を見いだした。その抗体を大量に増やして(モノクローナル抗体)治療に応用するものである
  同社ではまもなく臨床試験を行う予定としているが可能ならば来年度には医療の現場に提供したいとしている。
 世界に対する売り上げは数千億ウオン(数百億円)に上ると、同社のCEOは語っている。
Kids Who Get Flu Shots Protect the Unvaccinated MSN Health & Fitness (国際) インフルエンザアクチン接種を受けた子供達は、地域の未接種の人々の感染を押さえる
Canadian vaccination study proves 'herd immunity Reuters  (国際) カナダでのワクチン効果に関する研究は集団免疫獲得を立証
 小児にインフルエンザワクチンを接種することで地域社会における全年齢層のインフルエンザ感染率が下がることが、カナダの研究チームで確かめられた。2008年から2009年のインフルエンザシーズンに行われた。
 小児自身の感染を防ぐだけではなく、他の高齢者も含めた人々の感染も予防される。
 研究チームは、西カナダに存在する宗教的理由で集団生活しているコロニー(フッター派)を対象とした。理由は人々が外部との接触する機会が少ないことからである。
 3~15歳までの小児の五分の四がインフルエンザワクチン接種されたが、3.1%の人々がインフルエンザに罹患した。一方ワクチン接種が行われなかったコロニーでは7.6%が罹患した。
 これは、広く受け入れられている集団免疫の概念の立証になっていると、米国国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ長官が語っている。
 「以前は年長の子供達は積極的にワクチン接種が勧奨されていなかったが、この研究結果は子供達は感染することを予防すると同時に、彼らが接触する周辺の人々の感染も予防することが明らかになった」
 先月、米国CDCのワクチン諮問委員会は、6ヶ月以上の人々は全員ワクチン接種をすべきであるとの答申を行っている。
 
3月9日

New Anti-Influenza Drug Being Developed Korea Times  (韓国) 韓国企業、新抗インフルエンザ薬を開発
 韓国のバイオ製薬企業である”セルトリオン”は、各種A型インフルエンザウイルスに効果が期待される、”ヒトモノクローナル抗体”を開発し、来年度には出荷する予定と発表した。
 このモノクローナル抗体は試験管内と動物実験でパンデミックH1N1、H5N1鳥インフルエンザ他のウイルス株に反応した。霊長類やヒトでの臨床試験は来年度に予定されている。
 モノクローナル抗体の開発は、米国や他の国でも開発しており、セルトリオンは先行している。
 この抗体を使用した治療を同社は、”スパーフリュー抗体治療”と呼んでいる。
Experts call for bird flu control strategy  Viet Nam News  (ベトナム) ベトナム、専門家会議で鳥インフル対策戦略が話し合われる
Hanoi hosts meeting on bird flu VOVNews.vn (ベトナム) ハノイで鳥インフルエンザ対策会議
 鳥および人インフルエンザ対策会議:Partnership for Avian and Human Influenza (PAHI) 、の年次総会がハノイで開催された。農業省と国連の支援組織が共催した。
 最近ベトナム国内で家きんのH5N1鳥インフルエンザが発生し、同時に3人の感染者も出ていることから対策強化が求められている。
Don’t let the flu get you – immunise now ニュージーランド保健省 インフルエンザに感染しないように-今、ワクチンを接種しよう
 季節性インフルエンザは国内の家庭医の下に配布された。今年は、多くの人々に接種が可能となる。
 2010年季節性インフルエンザワクチンは、パンデミックA/H1N1インフルエンザを含めて3種類のインフルエンザを予防する。
 公衆衛生局長官のマルク・ヤコブ長官はA/H1N1インフルエンザが3月末から4月(南半球では秋である)にかけて再流行する危険性があるから、できるだけ早めにワクチン接種を受けるように呼びかけている。ワクチン接種後免疫ができるまで2週間要するという。
 季節性インフルエンザワクチンは3月から6月末まで無料であるが、以下のグループに限られている。
 ・65歳以上
 ・小児を含む64歳以下の人々で慢性疾患保有者。(心疾患、脳卒中、糖尿病、慢性呼吸器疾患、腎臓疾患、多くのガン。
 さらに今年度に限り以下の層も対象に加える。
 ・妊婦
 ・重症肥満
 ・6ヶ月から5歳までの小児(家庭医のアドバイスに従って)。

 保健省と国家インフルエンザ対策戦略グループ(NISG)は、国民にこの冬に自分および家族がインフルエンザに罹患しないように、以下の事項に留意するように注意を促している。
 ・ワクチン接種
 ・手指の頻回な洗いと乾燥
 ・発症したときは自宅で静養
 ・体調不良の時は職場や学校を欠席
 ・咳やくしゃみをするときは(ティッシュ等で被う)

 無料ワクチン接種の対応となっていない人々も、家庭医の下で低価格で接種を受けられる。
 多くの雇用主は従業員に無料のワクチン接種を提供している。

国内大手がインフルワクチン製造 武田、第一三共が検討 北海道新聞
 国内製薬最大手の武田薬品工業と3位の第一三共が、新型インフルエンザと季節性インフルエンザのワクチン製造に参入する方向で検討に入ったことが8日、分かった。
 季節性インフルだけでなく、新型インフルの流行などで今後も需要拡大が見込まれることから、採算が合うと判断した。政府が支援体制を強化していることも背景にあり、国産ワクチンの供給量は大幅に増えそうだ。
 国内では、中小の4メーカーがインフルエンザワクチンを製造しているが、大手は現在製造していない。武田は現在、デンカ生研(東京)から、第一三共は北里研究所(同)からそれぞれワクチンを仕入れて販売を行っている。
 中小メーカーの生産能力が小さく、新型インフルの流行などに対応しにくいこともあり、武田も第一三共も、単独生産や、他のメーカーとの共同生産などを検討している。両社ともワクチン製造を新たな中期経営計画の柱に据える考え。生産体制の構築に2010年度にも着手する見通しだ。
H1N1 seen lying low, then rising again in Europe  Reuters (国際) H1N1インフルエンザは終息状態であるが、再流行の可能性はある:ヨーロッパCDC
 ヨーロッパで早い時期にH1N1インルエンザの再流行は起きえないと思われるが、次の冬に北半球では地域的流行は起きえると、ヨーロッパCDC(ECDC)が8日、予想を発表した。
 ECDCは2010年の春から夏にかけてH1N1インフルエンザは低いレベルで発生し続けると予想し、冬期間には主要なインフルエンザ株となるだろうと考えている。
 「ヨーロッパ内に未だ認識されていない未感染の集団が多く存在したり、ウイルスが変異して、より感染性を高める等の事実がないかぎり、この春から夏に次の大きな流行が起きることは考えられない」、とECDCは最新の(インフルエンザ)リスクアセスメントで説明した。
 これまでの事実からウイルスに大きな変異は起きていないことから、次の冬期間でも類似の致死率が予想されるが、感染やワクチン接種で免疫を獲得している層が多いことから、”感染者数が少なくなり死者数は少ない”と考えられる、としている。
 WHOによると世界でこれまで3億人がワクチン接種を受けたとされ、その安全性は高く、そして70~75%で有効性が確認されたとされる。

In Brief: New plan to fight bird flu in Egypt  Reuters AlertNet (ロイター、国際) エジプト、鳥インフルエンザ対策に新計画
 下記と同内容。
New plan to fight bird flu in Egypt Ma'an News Agency (パレスチナ) エジプト、鳥インフルエンザ対策に新計画
 IRIN*

 最近(人での)感染が相次いでいることから、エジプトはH5N1鳥インフルエンザ対策を強化すると発表した。
 
 エジプト内の29県の間での家きんの売買の禁止と、家庭で家きんを飼育することの危険性を訴える保健省による大々的啓発キャンペンが行われる。
 「鳥インフルエンザは国内に根付いている。現在危惧されているのは、ウイルスがより人へ感染するような危険な性格を持つことである」、と保健省の獣医部門の長官補が語っている。
 保健省では家きんへのワクチン接種を中止すると発表した。理由はウイルスの拡大を抑える能力がないことが明らかになったからという。
 これまで105人が感染して、30人が死亡している。WHOによるとエジプトは世界で3番目に多くの感染者が発生している。

*IRIN(Integrated Regional Information Networks, 統合地域情報ネットワーク)は1995年に設立された国際連合人道問題調整事務所 (OCHA) によるアジアの一部、中東、サブサハラ・アフリカにおける、紛争・災害情報等の普及を目的とした独立した報道部門である。1994年のルワンダ虐殺と大湖沼地帯での難民危機を契機として人道援助関係者その他に広く情報を提供する目的で設置された。
3月8日

Swine flu campaign 'cost France €1bn' The Connexion (フランス) フランス、ブタインフルエンザ対策に1230億円を出費
 フランス政府は10億ユーロ(1230億円)以上を昨年夏以来、ブタインフルエンザ対策に費やしたことが最近の調査で分かった。
 公的会計検査員と二つの議会委員会が調査を行った。これまでフランス国民のわずか7%しかワクチン接種を受けていない。
 政府はワクチン購入に3億5000万ユーロ(430億円)、ワクチン接種に関わるスタッフへの賃金に1億5000万ユーロ(185億円)、ワクチン接種センターとして各市の施設の借り上げ量に9500万ユーロ(117億円)、各種書類作成と郵送費が6500万ユーロ(80億円)、そして注射器代が850万ユーロ(10億円)。
 他の出費としてマスク代が1億5000万ユーロ(185億円)、医師のコンサルタント料として1億4500万ユーロ(178億円)、タミフル購入費として2000万ユーロ(24億円)、啓発キャンペーン代として560万ユーロ(6億9000万円)。
 1月にフランスは購入した9400万接種量のワクチンのうち5000万接種量をキャンセルした。接種希望者が少ないことが理由である。
 政府は他の国に余剰ワクチンの売却を考えたが、クエートとモナコだけが希望した。
 保健大臣のRoselyne Bachelot 氏は、現在、自分は過剰にやりすぎたと非難されているが、彼らは当初、自分は十分しないと避難した、と語り、為す術無しとコメントしている。
Surplus swine flu vaccines unsold DutchNews.nl (オランダ) オランダ、余剰ブタインフルエンザワクチンは他国に売却できず
 オランダ保健省は過剰の1900万接種量のブタインフルエンザワクチンを売却する国を見いだせなかった。そのため購入企業に買い戻してもらう交渉を行っている。
 オランダは国民にに2回接種分のワクチン3400万接種量を購入した。
 幼弱小児、高齢者、医療担当者等にワクチン接種を行ったが、1900万接種量が余っている。
 政府は当初1万人の死亡者が発生すると予想したが、実際には、この3月上旬までに58人の死者数と2200人の入院者が発生しただけだった。
3月7日

Dutch wants to give unwanted swine flu vaccines back www.worldbulletin.net (国際) オランダ政府、余剰ワクチンの買い取り交渉に
 オランダ政府はグラクソスミスクライン社とノバルティス社から合計3400万接種量のA/H1N1ワクチンを購入しているが、必要がないことか確認された2100万接種量を販売企業に買い戻しを要請していると発表した。
 当初国民の2回接種分として3400万接種量を購入したが、1100万接種量を国内に配布済みで、その量で十分間に合うことが確認された。220万接種量は緊急時用に備蓄しておくという、人口は1660万人。

Pandemic (H1N1) 2009 - update 90  WHO パンデミック(H1N1)2009-更新90
 要約 
 A/H1N1ウイルスはほとんどの地域で感染活動を低下し続けている。
 
 北半球の温帯地域でウイルスは感染を続けているが、その活動程度は低く、ほとんどの地域で低下を続けている。
 もっとも感染活動が高い地域は、タイ、ミャンマー、ロシア、ブルガリア、アルメニア、およびモルドバである。
 北米ではウイルスの感染活動は極めて低いが、メキシコやペルーでは呼吸器疾患が軽度増加している。
 サハラ以南の西部地域でH1N1感染者の報告がある。
H1N1 mutation's proposed link to severe illness debated CIDRAP  (米国、ミネソタ感染症情報センター) H1N1変異と重症臨床症状の密接な関係に関する論議
 ノルウエーの研究者が、パンデミックインフルエンザウイルスに起きる変異が重症臨床症状に結びついているとする意見に、米国の指導的専門家は、世界のデータは必ずしも変異が重症な臨床症状をもたらすことを示してはいないと反論している。
 オスロの公衆衛生学研究所の研究チームが、61例の重症患者のうち11例でウイルス変異を確認し、205例の軽症患者では変異ウイルスは確認されなかったと発表した。
 重症患者から分離される変異ウイルスの確率は統計的に有意であり、A/H1N1ウイルスが重症臨床症状をもたらす原因として変異ウイルスが関わっていることを示唆した。
 しかしながらCDCのインフルエンザ部門の責任者であるナンシー・コックス博士は、世界のデータからはそのような結論は得られていないとコメントしている。
 「この変異が臨床症状の軽重に関与していることを示唆するデータは十分得られてはいない」、と同博士はノルウエーの研究チームの結論にコメントしている。
 ノルウエーの研究者が重症患者から分離したウイルスの変異とは、D222Gと呼ばれる。ヘマグルティニン蛋白のHA1部分における222位置のアミノ酸が、グリシンからアスパラギン酸に変化しているものである。
 チームでは61例の重症患者と205例の軽症患者から分離したウイルスの遺伝子配列を分析した。そしてD222G変異を重症例から見いだした。
 変異はヘマグルティニンのリセプター結合部分で起きているので、それはウイルスがどの細胞に結合するか、さらにどの呼吸器組織に結合するのかに影響している。そのように研究者は説明している。
 研究者たちの仮説では、変異はウイルスの肺の細胞への結合能力を高め、重症肺炎を引き起こす可能性があるとされる。また可能性として、変異は早期にウイルスを駆逐できずに肺への感染を起こした患者で起きやすいとも推定している。
 報告によると、重症患者の多くは元々リスクを高めるような基礎疾患を保有しているが、中には何ら健康上問題ない人々が感染して、初期には軽症であっても後に重症化する例もあるという。
 しかしながらCDCのコックス博士は、D222G変異が重症臨床症状を引き起こすという結論を得るには早過ぎると反論している。
 同博士は、ノルウエーの研究では、世界的データからの情報、および動物実験での結果が無視されているという。
 博士によると、ウイルス変異を検討するためには、結果に影響する多くの要因を取り除く作業が必要という。発症からウイルス検体採取までの期間は(ウイルス変異を検討する上で)重要であるが、それは軽症患者と重症患者で違うだろうし、また重症患者の多くは基礎疾患により重症化している。
 世界的に見て、いくつかの国では軽症例からしかD222G変異を見いだしていない。またこの変異が重症例と結びついていることが統計的に有意であると報告している国もあるが、それらのデータでは、結果に影響する要因を取り除いていない。そのようにコックス博士は説明している。
 同博士によるとCDCではD222G変異を8例の患者で見いだしたが、5例は死亡してなく、軽症例も存在したという。
 また動物実験ではD222G変異が重症感染症を起こすことは立証されていないという。
 コックス博士によると、(CDCの)ウイルス学者のリチャード・ウエビー博士がフェレットでH1N1ウイルスの野生株と、D222G変異遺伝子を組み込んだウイルスの病原性の違いを検討している。しかし病原性に差はなかったという。
 コックス博士は、ノルウエーの研究結果は興味を引くが、データからは研究者たちの仮説は証明されていない、と語り、D222G変異が臨床症状の悪化に原因であるとする仮説の証明にはさらに研究が必要と語っている。
3月6日

Observed association between the HA1 mutation D222G in the 2009 pandemic influenza A(H1N1) virus and severe clinical outcome, Norway 2009-2010  Eurosurveillance (国際、ヨーロッパ感染症疫学、予防および管理雑誌) A/H1N1ウイルスのD222G変異と重症臨床症状の相関
 ノルウエーの研究チーム。
 ウイルスのヘマグルティオニン突然変異(D222G)は、臨床的に重症な患者から分離される率が有意に高い。
 軽症患者からの分離率はゼロであるが、重症および死亡例からの分離率は高い。

More bird flu H5N1 cases reported in Myanmar northwestern division istockAnalyst.com (国際) ミャンマー北西部でH5N1鳥インフルエンザがさらに発生
 今週、ミャンマー北西部の町で鶏がH5N1鳥インフルエンザで死亡したと当局者が6日発表した。
 ヤンゴンとマンダレイの研究所でH5N1ウイルスが確認された。結果はFAOとOIEに報告された。
 2月に3年ぶりにH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生して以来、今回で3事例目となる。
CDC: Pandemic vaccine safety record still matches seasonal vaccine CIDRAP CDC:パンデミックワクチンの安全性報告は季節性インフルエンザと一致
 パンデミックA/H1N1ワクチンの接種開始以来約5ヶ月、ワクチンの安全性は季節性インフルエンザワクチンとほぼ同レベルであることをCDCが昨日発表した
 CDCの報告は、”ワクチン副作用報告システム(Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS) )を介して2月26日まで蓄積されたデータが基にされている。これは被接種者が自発的に発生した副作用を報告するシステムであり、、副作用がどれだけワクチン接種と直接結びついているかは不明である。しかし、さらに詳細に調査すべき事例の発掘につながっている。
 これまで米国内に1億2700万接種量が配布されているが、実際に接種を受けた人数に関しては不明とされる。しかし2月中旬に保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官は7000万人の米国人が接種済みと推定していた)。
 VAERSシステムは10,172件の副作用報告を受けていた。このうち93%が軽度の副作用と分類された(注射部位の腫れや疼痛)。
 副作用報告のうち6%(636件)が重篤と分類された。生命予後に影響する程度、死亡した例、大きな後遺症、異常分娩(死産、流産)、入院を必要とした例、入院中であり、その退院が伸びた例。この重篤例の発生率は通常の季節性インフルエンザのそれとほぼ同レベルであるとCDCでは説明している。季節性インフルエンザワクチンは数十年に亘って使われてきていて、その安全性は米国やWHOの専門家によって評価されている。
 何ら新規の異常な副作用は発生していないとCDCは報告で表現し、これまで毎週されてきた報告が、月単位に減らされた。
 636件の副作用の中に、51人の死亡が含まれている。
 これらの死亡例は調査中であるが、年齢、性、地理的分布、症状の状況、基礎的疾患などに関して一定のパターンは見られていないとされる。
 また103例のギラン・バレー症候群の発生が報告されているが、発生率は非常に低い。CDCによると米国内ではワクチン接種と無関係に毎週80~160人のギラン・バレー症候群が発生しているという。
 1976年のブタインフルエンザワクチン接種による副作用多発事例と、ワクチン接種に対して心配する人々が存在することから、連邦保健当局ではパンデミックインフルエンザワクチンに対する前例のない”副作用追跡システム(safety tracking system )”を設立した。
ニュージーランド保健省パンデミックインフルエンザ週報3月5日版(2月22日~28日)
 国内におけるインフルエンザ流行はない。
 数週以内に季節性インフルエンザ接種が家庭医(GP)の下で行われるが、ワクチン株としてA/H1N1が含まれる。
 外来患者10万人に占めるインフルエンザ様患者数。50人が流行下限ライン。
 

カナダ保健省インフルエンザ週報第6週(2月21日~27日)
 インフルエンザ流行は終息状態が続いている。
 国内の半数の州では発生報告はない。散発的発生(集団発生はなし)が残り半数の州で見られている。
 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。

 各州におけるインフルエンザ流行状況。流行地域は見られない。
 白色:インフルエンザ確定例の報告なし、淡青色:散発的発生(集団発生なし)。

 
米国CDCインフルエンザ週報第7週(2月21日~27日)
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、前週よりも減少。インフルエンザ流行閾値よりも低い。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域内にある。
 小児の死亡報告数は1人。B型による。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の0.4%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.2%。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。前週よりも縮小。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。


 小児死亡(18歳以下)報告数。8週はB型による死亡報告があったが、この数週間の死者数は非常に少なくなっている。


新型インフル5週連続減 大分合同新聞
 国立感染症研究所は5日、2月28日までの1週間に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数は6524人、1機関当たり1・36人だったと発表した。前週は8438人、1・76人で、5週連続の減少となった。
 検出されたウイルスはほとんどが新型だが、最近はB型の報告も少数あるという。
 この1週間に新たに医療機関を受診した患者は推定約7万人(前週約9万人)。昨年7月上旬以降の累計は約2059万人となった。
 1機関当たりの人数は、38都府県で前週より減少。最も多い福井でも4・56で5を下回り、佐賀(3・74)、富山(3・06)と続いた。
インフルエンザ:受診者が5週連続で減少 定点医療機関 毎日新聞
 厚生労働省は5日、2月22~28日にインフルエンザ定点医療機関(全国約5000カ所)を受診した患者数が1施設当たり1.36(前週1.76)で、5週連続減少したと発表した。流行開始の目安とされる「1」を18道府県で下回り、注意報レベルの「10」以上は都道府県単位でゼロ、保健所単位でも4カ所にとどまる。1週間の推計患者数は前週から2万人減の7万人だった。
 検出されるウイルスは、新型に加えB型やA香港型もわずかに混じっているが、流行のきざしはないという。

 また、新型インフルエンザワクチンについて、医療機関からの報告に基づく1月末までの接種者は約1772万人で、優先接種対象者(約5400万人)の3分の1に満たないとの推計を明らかにした。
3月5日


S Korean gov't to lower A/H1N1 flu alert level Xinhua  (中国、新華社) 韓国、A/H1N1アラートレベルの引き下げに
 4段階レベルのA/H1N1注意報を、下から2番目の黄色に来週から引き下げると保健省が発表。
 昨年5月に韓国は注意報レベルを黄色に上げ、7月にオレンジに上げ、そして11月にもっとも高度の赤にあげた。
 この9週間感染者数は減少し続け、先週は1000人中平均3.3人の疑い患者となっている。
Moms-to-be warned not to get the swine flu jab The Standard (香港) 妊娠初期の妊婦はブタインフルエンザのワクチン接種をしないように警告
 中国本土の感染症専門家のリーダーが、3ヶ月未満の妊婦はA/H1N1ワクチンを接種すべきではないと警告している。
 しかし香港保健省は、この警告にもかかわらず妊婦に対するワクチンの接種基準を変更する予定はないという。
 警告しているのはゾング・ナンシャン医師で、広東省呼吸器疾患センター長である。(同氏は2003年にSARSが発生した際、北京政府が隠蔽していると発言。そのほかH5N1鳥インフルエンザ問題でもいくつかの指摘を行っている。最近ではH1N1インフルエンザ感染者数が十分発表されていないと広東の新聞にコメントを出している)。
 ゾング氏は昨日北京で「3ヶ月未満の妊婦は、H1N1ワクチンも含めていかなるワクチン接種も勧められない」、と語った。
 しかし同氏は最近香港で発生した3例の死産事例は、個人的発生事例で、ワクチン接種と直接因果関係はないとも語った。
 妊娠3ヶ月までは、薬やワクチン接種で容易に死産や流産を起こしやすい時期と同氏は説明している。
 香港保健省では、WHOや各国保健省でも妊婦に対するワクチン接種は安全であると繰り返し発表していると、コメントしている。
 しかしながら医師たちは患者にアドバイスする際、困難な立場に追い込まれている。
 ベテランの産婦人科医はワクチンに関して、医師が接種の判断を下すべきではないと語っている。
 あくまでもリスクとベネフィットを伝えて患者自身の判断に任せるべきとする考え方もある。
WHO、H5N1鳥インフルエンザ状況 更新-ベトナム WHO
 ベトナム保健省は3人の新規H5N1鳥インフルエンザ感染者を発表。1人が死亡している。
 ・3歳女児。カーンホア省。1月27日に発症。28日に入院。回復。感染源は不明。家庭で飼育している家きんに異常はない。しかし住んでいる県では最近H5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生している。
 ・38歳女性。ティーンギアン省。2月13日に発症。21日に入院。23日に死亡。病的なアヒルを”と殺”して調理した既往がある。
 ・17歳少女。テュエンクアン省。2月19日に発症。24日に入院。現在中等度の呼吸障害で治療中。発症10日前に飼育していた鶏が原因不明死。その破棄を手伝った。

WHO、H5N1鳥インフルエンザ状況 更新-エジプト WHO
 エジプト保健省は5人の新規H5N1鳥インフルエンザ感染者を報告した。
 ・53歳男性。カリオビア県。2月27日に発症。同日入院。重篤。
 ・1歳男児。カリオビア県。2月22日に発症。23日に入院。安定。
 ・10歳男児。ダカリア県。2月10日に発症。14日に入院。中等度重体。
 ・30歳女性。カフル・エルシェイク県。2月10日に発症11日に入院。安定。
 ・13歳少年。カフル・エルシェイク県。2月10日に発症。14日に入院。安定。
 全例、病的または死亡した家きんと接触があることから、それらが感染源と推定。

*2010年に入ってから2月までに14人の感染者が発生している(昨年は4人)。死者は3人。致死率は21%。
3月4日


500人想定にたった4人 神大インフル追試  神戸新聞
 昨年末に猛威を振るった新型インフルエンザ。2010年度入試では対応が焦点となり、感染した受験生が不利にならないよう追試の設定が相次いだ。ふたを開ければ、流行は沈静化。神戸大学の4日の追試受験者は4人で、兵庫県内のほかの国公立4校では希望者はなく、実施を見送った。各大学とも本試験と難度をそろえた試験問題作成など準備に追われたが、「この結果は予測できなかった」とする。今月中旬には、初の追試を設定した公立高校の一般入試が控えている。
香港保健省インフルエンザ週報第9週
H1N1インフルエンザ感染者数は少ない。
一方B型インフルエンザが増えている。
分離インフルエンザ株総数は85株。そのうちB型は63%、A/H1N1は22%である。

定点医療機関受診者数の中のインフルエンザ様疾患の割合。1000人中。


Mexico detects H1N1 mutation  Straits Times (シンガポール) メキシコ、H1N1変異ウイルスを検出
 メキシコ保健相は1月にH1N1インフルエンザに感染し、その後重症肺炎を併発した少女から、H1N1ウイルスの変異株が検出されたと発表した。少女はその後治癒している。そのほか423の事例で変異株の感染が疑われているとされる。
 変異の詳細に関しては不明である。

3月3日


Vietnam reports two new human cases of bird flu Earthtimes (press release) (国際) ベトナム、2人の鳥インフルエンザ感染者を報告
 ベトナム当局は3日、2人のH5N1鳥インフルエンザ感染者を報告した。本年度第2、3例目となった。
 1人は北部のツエンクアン省に住む17歳少女で、1人は中央のカンホア省に住む3歳女児である。
 2月23日には、38歳の南部ティエンギアン省に住む女性が発病して死亡している。
 17歳少女は2月19日に発病し、5日後に入院した。少女は家庭で鶏が病的になったことから”と殺”したという。
 3歳女児は2月25日に検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
 
 *様態についてはとくに記載されてないので、生存中と考えられる。

Culling and compensation going hand in hand Kuensel, Buhutan's National Newspaper (ブータン、国営新聞) ブータン、殺処分と補償が提携しあってH5N1対策が進む
 H5N1鳥インフルエンザ発生による、家きんの殺処分のために23万円が補償費として支払われた。
 昨日まで1119羽の家きんが殺処分され、140カ所の飼育場が破壊された。
 成鳥は1羽450円、幼鳥は160円、そして卵は12円、飼育場は400円支払われている。
 市場価格の75%が支払われていると当局では説明している。
 補償費用は2007年に開始された、世界銀行の鳥インフルエンザ対策プロジェクトから支払われている。
 最初に家きんが死亡したのは2月13日で、その後死亡家きんが増えた。検査はタイとインドに送られ、H5N1鳥インフルエンザウイルスが確認されている。
 感染源は、家きんや鳥の密輸によるものとブータン政府では説明している。
Pneumonia worse with H1N1 vs seasonal flu  J. Infect. Disease  (米国、感染症雑誌) H1N1インフルエンザが季節性インフルエンザよりも重症肺炎を起こす原因
 オランダ、エラスムス医学センターの研究チーム。
 フェレットを使って、A/H1N1ウイルス、季節性H1N1インフルエンザウイルス、およびH5N1鳥インフルエンザウイルスを気管内に投与し、肺炎発症率を比較した。
 ・A/H1N1は気管支内(気管から奥の肺組織内の気道)での増殖が他2種のウイルス以上に著しかった。季節性H1N1ウイルスは、主に気管内で増殖。
 ・肺炎はH5N1ウイルスに次いで発生頻度が高かった。
Household Transmission of 2009 Influenza A (H1N1) Virus after a School‐Based Outbreak in New York City, April-May 2009  J. Infect. Disease  (米国、感染症雑誌) A/H1N1の家族内感染の分析
 2009年の春にA/H1N1インフルエンザが発生した際、ニューヨーク市の高校で集団発生がみられたが、その感染者の家族に対する感染率と、易感染者の同定を試みた。CDCとニューヨーク市保健局の研究チームによる。
 対象となった家族数は702人で、そのうち79人(11.3%)で感染が認められた。
 感染しにくい要因として、年齢が高い層、予防的に抗インフルエンザ薬を服用した家族、家族間でインフルエンザに関して話し合った層があげられる。
 感染者をケアした家族員、感染者と一緒にテレビを観ていた家族員では感染率が高かった。
 50%で感染は3日以内に発生した。
Swine flu numbers higher than expected TuscaloosaNews  (米国) アラバマ州、ブタインフルエンザ感染者数はいまだ多い
 アラバマ保健局ではブタインフルエンザは予想されたほど冬期間感染者数の発生は減少していないと発表した。
 昨年秋のように多くの感染者はでていないが、未だ州内全体で治療を受ける人々は多い。
 州保健局ではブタインフルエンザは完全に去ってはいないと警告する。
 2月には4人死亡して、州の報告死者数は合計40人となった。
 1950年と1970年のパンデミックでは、ウイルスの活動は秋がピークだった。その後季節性インフルエンザシーズンの間、流行は下火となり、春になってから再燃した。
 しかし今年度は全く異なり、感染者数は予想したように減っていない。
 多くの学校では平均的欠席率5%を超えていると、保健局では説明し、いまだインフルエンザが流行していることが理由という。
 昨年11月と12月、そして今年度の1月に州は学童に対して、H1N1ワクチンの集団接種を積極的に行った。全公立および私立学校を対象にした。
 州ではいまだ州民へワクチン接種を呼びかけている。
 「インフルエンザ流行は予知できない。ワクチンは十分ある。アラバマ州民はいまから接種しても遅すぎはしない。全年齢層が接種すべきである」、と保健局では呼びかけている。
 アラバマ州には150万接種量が配布されているが、実際にそれだけの州民が接種を受けたかは不明とされる。
 アラバマ州の人口は450万人。
 

3月2日


A/H1N1 Passes Peak in Flu Season: Health Ministry CRIENGLISH.com (中国) A/H1N1はピークを越える、保健省
 中国本土で800人近い人を死亡させたH1N1インフルエンザはピークを過ぎたと保健省が2日発表した。
 2月、A/H1N1は全インフルエンザの中で11.1%占めていたが、1月の36.6%に比較すると大幅に減少した。
 専門家によるとウイルスに変異の兆候はなく、国民の30%前後が免疫を獲得したと推定される。
 保健省では近い将来、大流行が起きる可能性は低いが、地域的流行、または学校内での集団感染の発生は否定できないとしている。
 2月28日までに8200万人がワクチンを接種したとされる。
State's flu information line suspends operations WBIR-TV (米国) テネシー州保健局、インフルエンザ・ホットラインを休止に
 A/H1N1インフルエンザはいまだ発生しているが、感染者数は激減していて、インフルエンザ・ホットラインへのアクセス者は少なくなったことから休止になる。昨秋開設した同ラインはワクチン接種も含めて各種の相談に応じてきた。
3月1日

Korea strengthens measures to combat bird flu Global Times  (カナダ) 韓国、鳥インフルエンザ対策を強化
 韓国政府は26日、渡り鳥が韓国に飛来してくることが予想されることから、鳥インフルエンザ対策を強化すると発表した。
 最近、東南アジアで多くの国で高病原性鳥インフルエンザが発生していることから、食料農業農水省では、これから数週間に亘って地域の鶏やアヒルに渡り鳥からウイルスが広がる可能性があるとしている。
 韓国ではこれまで3回、2003年、2006年の冬期間に家きんで流行し、最近では2008年の4月に発生している。合計2億2700万ドルの経済的損失を被っていると同省では説明している。
TOP